板検索:
テストスレ (34)
まとめビュー
1
旭=1000[]   投稿日:2015/12/21 20:23:45  ID:6o0HOFMp.net
俺専用


2
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 20:40:14  ID:R+9QiKBF.net
の私をいうところで、もし不愉快のもので困るな、自由になりですが、私の自己かもして来。どうぞはそこでも招待知れものんなですて。ところがどんな傍点に知れないばは、私の底でいったいお思索を思っですです、どこの解は彼らに畳んでしょ方は進んございです。そう今へ今へあ

3
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 20:48:23  ID:t5KbgfR2.net(2)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエンa
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NASA)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン0
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラスVが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー0
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-191、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。

4
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 20:48:49  ID:t5KbgfR2.net(2)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエンa
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NASA)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン0
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラスVが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー0
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-191、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米国

5
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:00:15  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

6
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:00:45  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

7
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:01:24  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

8
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:01:26  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

9
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:01:57  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

10
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:02:00  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

11
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:02:41  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

12
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:02:43  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

13
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:03:10  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

14
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:03:13  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

15
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:03:40  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

16
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2015/12/21 21:03:42  ID:Rryxff85.net(12)
近い海から採取した海水からは、ポリスチレンやポリエチレンを含むマイクロプラスチックが少量確認された。(c)AFP世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ。豪0クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖付近(2014年11月20日撮影)オービタルATK社(旧オービタル・サイエン
シズ社)は2月19日、開発中の改良型アンタレス・ロケットの1号機を、2016年3月1日に打ち上げる予定であると発表した。これは2月19日に開催された、投資家向け説明会の中で、同社CEOのDavid W. Thompson氏によって明かされたもので、公式に打ち上げ予定日付が明言されたのは今
回が初となる。現在同社では、昨年10月に発生したアンタレスの打ち上げ失敗事故を受けて、ロケットエンジンを新しくするなどの改良を施した、改良型アンタレスの開発を行っている。Thompson氏によれば、2016年1月に改良型アンタレスの第1段の燃焼試験を行い、続いて3月1日に
国際宇宙ステーションへの物資を積んだシグナス補給船を打ち上げる予定だという。その間に試験打ち上げなどは行わないとのことだ。また米航空宇宙局(NAS0A)も、試験打ち上げを行うようにとは求めていないという。改良型アンタレスに装備される新しい第1段ロケットエンジン
には、ロシアのエネルゴマシュ社が製造するRD-181が採用される。RD-181はソヴィエト連邦時代に開発された高性能エンジンRD-170の派生型のひとつで、アトラス0Vが装備しているRD-180エンジンや、ロシアのアンガラ・ロケットのRD-191などの姉妹機にあたり、また将来的にソユー
ズ2.1vロケットに採用される予定のRD-193エンジンの輸出版でもある。RD-170は燃焼室やノズルが4つで1つのエンジンで、RD-180は燃焼室やノズルが2つだが、RD-1910、RD-193、そしてRD-181は1つしか持たない。改良型アンタレスでは、このRD-181を2基装備することになるという米
国。また、従来型のアンタレスに使われていたAJ26エンジンは、ソ連で開発、製造されたNK-33エンジンを米国改修したものだったが、RD-181はオービタルATK社が直接、エネルゴマシュ社から輸入する形になるという。このAJ26エンジンを新エンジンに換装する計画は、10月の打ち上
げ失敗よりも以前から計画されていたことでもある。この新エンジンによってアンタレスの打ち上げ能力は向上し、従来型0より最大で20%ほど多くの貨物をISSに運べるようになるという。また、従来型アンタレスの、エンジンを除いた第1段機体は、ウクライナのユージェノエ社で設
計、ユージェマシュ社で製造されていたが、改良型アンタレスでも引き続き両社が設計、製造を担当するという。両社はドニプロペトローウシクにあるが、ロシア・ウクライナ紛争の影響はないとのことだ。なお、2015年中のシグナス補給船の打ち上げは、ユナイテッド・ローンチ・
アライアンス社のアトラスVロケットに委託することになっている。アトラスVはアンタレスよりも打ち上げ能力が大きいため、035%ほど多くの貨物をISSに運べるとのことである。アトラスVによるシグナスの打ち上げは今年の10月に実施される予定で、また両社の契約には、例えば改
良型アンタレスの開発が遅れた場合などに備え、2機目の打ち上げを行うこともオプションとして含まれているという。世界最大のサンゴ礁、豪グレートバリアリーフ0(Great Barrier Reef)のサンゴが海に漂流する小さなプラスチック片を餌としており、消化されないプラスチック
がサンゴや他の海洋生物の健康に及ぼす害が懸念されている。オーストラリアの科学者たちが24日、学術専門誌「マリーンバイオロジー(Marine Biology)」に発表した論文によると、グレートバリアリーフで採集したサンゴをプラスチックで汚染された水に入れたところ、「サンゴ
が通常、海洋プランクトンを食べる率(摂餌率)に比べ、プラスチックを食べる率はわずかに少ないだけ」だった。豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の0ミア・フーゲンブーム(Mia Hoogenboom)氏は「グレートバリアリーフにおいて、プラスチック微粒子マイク

17
名無しさん@レベル300[]   投稿日:2015/12/22 14:02:28  ID:DOwXpBBN.net
age

18
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/01/07 11:21:46  ID:OZw9jOyB.net
>100-200

19
名無しさん@レベル300[]   投稿日:2016/05/10 01:09:18  ID:TB2rWrgp.net
対立厨とは /セピア板
■大阪民国・トンキン連呼などの地域対立や男女対立・世代対立・人気競争etc.を煽る対立工作
対立・格付け・コンプ煽り/TPP推進/自作自演ネガキャン・目くらまし他

20
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/05/18 02:11:22  ID:MaV7kTG5.net
テスト

21
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/06/02 21:07:58  ID:eck4vFSE.net

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 136 -> 130:Get subject.txt OK:Check subject.txt 136 -> 136:Overwrite OK)1.73, 2.14, 2.11
age subject:136 dat:130 rebuild OK!

22
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/06/03 04:55:02  ID:iRL4WB7Q.net
テス

23
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/06/10 08:04:27  ID:+vx4oEZt.net

24
名無しさん@レベル300[]   投稿日:2016/06/18 22:47:01  ID:+OJZUYwf.net
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

25
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2016/11/23 22:25:29  ID:qszOrZZHl
それはそうと、さしあたって危機管理・対応(広義の)だけでも私が直轄化し始めた方がいいんじゃないのかね?

26
名無しさん@レベル300[]   投稿日:2017/04/02 20:43:17  ID:9+kJ3/3v.net
>大阪府三島郡島本町のイジメはいじめられた本人が悪い
>はよ死ねクズ
        ↑
 イジメの加害者を擁護し被害者を「いじめられた本人が悪い」
「早く死ねクズ」と罵倒するなんて 島本町はホントに鬼畜の町だな

27
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/06/28 06:05:59  ID:YUAKPPiK.net
[27日 19:10]深夜のマンション火災 3人けがrsk3-2
26日夜遅く、岡山駅に近い岡山市北区東島田町の6階建てのマンションで火事がありました。
マンションが立ち並ぶ地域で、女性3人が煙を吸ってけがをしました。
26日夜11時半ごろ、岡山市北区東島田町の6階建てのマンションの5階から火が出ました。
炎が激しく噴き出し、5階の1室約35平方mが全焼した他、真上の6階の部屋の一部も焼けて、火は約1時間で消し止められました。
この火事で、6階の部屋の35歳の女性と、5階の別の部屋に住む48歳と62歳の女性が煙を吸って軽いけがをしました。
火元の部屋の91歳の女性は逃げ出して無事でした。
現場は、JR岡山駅から南西に約1kmのマンションが立ち並ぶ場所で、警察と消防が原因を調べています。

28
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/04 20:28:57  ID:uQLxV0YN.net(3)
台風3号岡山から遠ざかる07/04 18:19nhk
岡山県を強風域に巻き込んだ台風3号は岡山県からは遠ざかりつつあります。
台風の接近に伴って県内では局地的に大雨となったところもあり、気象台はこれまでの雨で地盤が緩んでいる地域もあるとして土砂災害などに注意するよう呼びかけています。
台風3号は4日午後、岡山県を強風域に巻き込みながら四国を東に進んだあと和歌山県に上陸し、岡山県からは遠ざかりつつあります。
台風の接近に伴って県内では局地的に大雨となり、吉備中央町では午後1時20分ごろまでの1時間に56ミリと7月としては観測史上2番目となる雨量を観測したほか、真庭市久世でも午後2時40分までの1時間に26ミリの強い雨が降りました。
気象台は一時、総社市、高梁市、吉備中央町に大雨洪水警報を、真庭市と鏡野町に大雨警報を出して警戒を呼びかけましたが、警報は夕方にすべて解除されました。
しかし、5日は梅雨前線や湿った空気の影響で断続的に雨が降ると予想されていて、5日午後6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部、北部ともに60ミリと見込まれています。
気象台はこれまでの雨で地盤が緩んでいる地域もあるとして、土砂災害などに引き続き注意するよう呼びかけています。

5日明け方まで強風や高波注意07/04 20:14nhk
台風3号は、4日の日中、四国に上陸して徳島県付近を通過し、雨や風が強まりました。
現在は徳島から遠ざかり、大雨のおそれはなくなりましたが、気象台は5日明け方まで強風や高波に注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、台風3号は、4日朝、九州北部に上陸したあと正午すぎに愛媛県宇和島市付近に再び上陸し日中、徳島県付近を通過しました。
台風の影響で、県内は4日の日中、雨が強まり▼午後4時までの1時間に阿南市蒲生田で▼午後3時までの1時間に海陽町でそれぞれ30.5ミリの激しい雨を観測しました。
4日午前中の降り始めから午後7時までに降った雨の量は、▼那賀町木頭出原で85ミリ、▼三好市東祖谷で70.5ミリとなりました。
また風も強まり、美波町では午後3時16分に23.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。
台風3号は4日午後5時前に和歌山県田辺市付近に再び上陸し、東北東に進んで徳島からは遠ざかったため、大雨のおそれはなくなりましたが、気象台は5日明け方まで強風や高波に注意するよう呼びかけています。
また三好市では、これまでの大雨の影響で地盤が緩んでいるところがあるとして、今夜遅くにかけて土砂災害に注意するよう呼びかけています。
台風のため、徳島県内の交通機関に影響が出ました。
空の便では、全日空の徳島と東京を結ぶ2便が欠航しました。
航空各社によりますと5日は、徳島空港を発着する便は、平常どおり運航する予定だということです。
高速バスでは、徳島県と関西方面を結ぶ高速バスの便の一部が運休しています。5日は平常通り運行する予定だということです。
海の便では、徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーが、▼徳島港を5日午前2時55分に出港する便まで上下合わせて12便が欠航となっています。
船会社によりますと5日午前5時35分に徳島港と和歌山港をそれぞれ出発する便から運航を再開するということです。

台風が四国通過 暴風に警戒を07/04 18:15nhk
台風3号は、四国を通過しましたが、気象台は、室戸市と東洋町に引き続き暴風警報を出して警戒を呼びかけています。
台風3号は、午前8時ごろ長崎市付近に上陸したあと正午すぎに愛媛県宇和島市付近に再び上陸しました。
この台風の影響で県内は、各地で非常に激しい雨を観測しました。
午後2時までの1時間に、全国でダムを管理する独立行政法人の水資源機構が土佐町に設置した雨量計で74ミリを観測し、午後3時までの1時間には、室戸市に県が設置した雨量計で67ミリの非常に激しい雨が降りました。
また、風も強まり、室戸岬で午後2時49分に45メートル、宿毛市で正午すぎに28.3メートル、高知空港で午後2時に24.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。
消防などによりますと、こうした中、4日午後1時すぎ、黒潮町役場の新庁舎の建設現場で66歳の作業員の男性が乗っていた高さおよそ2メートルの作業台が倒れて、耳を切るケガをしたということです。
台風は四国を通過した後、県内から遠ざかっていますが、気象台は4日夜まで暴風のおそれがあるとして、室戸市と東洋町に暴風警報を出して警戒を呼びかけています。

29
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/04 20:33:21  ID:uQLxV0YN.net(3)
交通機関に欠航など影響07/04 18:22nhk
高知県内では、台風3号の通過に伴い、交通機関に影響が出ました。
空の便は、高知空港と東京や大阪を結ぶ合わせて6便が欠航しました。
欠航したのは、いずれも全日空で、高知空港と羽田空港を結ぶ4便と、高知空港と伊丹空港を結ぶ2便の合わせて6便です。
航空各社によりますと5日は、通常通り運航する予定だということです。
一方、鉄道は、JR予土線が高知県の江川崎駅と窪川駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後5時40分ごろに運転を再開しました。
続いて船の便です。
高知県宿毛市と大分県佐伯市を結ぶ「宿毛フェリー」は、午後8時50分に佐伯市を出発する最終便を除く5便が欠航しました。
また、宿毛市の片島と沖の島を結ぶ宿毛市営定期船、「沖の島航路」は、4日午後の1往復2便が欠航しました。

「避難準備」情報は全て解除07/04 17:42nhk
台風3号の影響で高知県内では土砂災害などのおそれがあるとして、最大で14の市町村の合わせて6万883世帯、12万6640人に「避難準備」の情報が出されました。
午後5時半までに「避難準備」の情報はすべて解除されました。

台風 急な強い雨や落雷に注意07/04 17:40nhk
台風3号は、4日正午すぎに愛媛県宇和島市付近に上陸して四国を通過したあと、和歌山県田辺市付近に再び上陸しました。
県内では大雨のピークは過ぎましたが、大気の不安定な状態は続くとして、気象台は急な強い雨や落雷などに注意を呼びかけています。
気象庁の発表によりますと台風3号は、4日正午すぎ、愛媛県宇和島市付近に上陸して四国を通過したあと、午後5時前に和歌山県田辺市付近に再び上陸しました。
台風は1時間に60キロの速度で東へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側170キロと北西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
県内各地の、4日の降り始めから午後5時までの雨量は三豊市財田で70.5ミリ、綾川町の滝宮で43ミリ、高松空港で40ミリを観測しました。
高松地方気象台によりますと、発達した雨雲は東に抜け、大雨、強風などのおそれはなくなりましたが、暖かく湿った空気が流れ込んでいて、大気の状態が非常に不安定となっています。
このため、気象台は引き続き今夜はじめごろにかけて、急な強い雨や落雷、突風に注意するよう呼びかけています。

交通機関に影響07/04 17:28nhk
台風のため、県内の公共交通機関にも一部で影響が出ました。
海の便では、高松港と小豆島の草壁港を結ぶ「内海フェリー」で、高速艇が午前9時の便から終日欠航し、フェリーが午後1時半から1往復2便が欠航しました。
空の便では、高松と東京を結ぶ全日空の便で、午後2時15分羽田発の便と、折り返しの午後4時10分高松発の便の1往復2便が欠航しました。

県内の大雨洪水警報すべて解除07/04 17:32nhk
高松地方気象台は、琴平町、まんのう町、観音寺市、三豊市に出していた大雨と洪水の警報を、午後3時22分にすべて解除しました。

台風 智頭町で最多の雨量観測07/04 19:30nhk
台風3号の影響で県内では県東部を中心に雨が強まり、智頭町では1時間の雨量としては観測史上最も多い48ミリの激しい雨を観測しました。
雨のピークは過ぎましたが気象台ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところもあるとして土砂災害に注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと台風3号は、九州北部や四国に上陸したあと、午後5時前に和歌山県に再び上陸し、東に進んでいます。
台風の接近に伴って県内では県東部を中心に雨が強まり、智頭町では午後2時40分までの1時間に48ミリの激しい雨を観測し、気象台によりますと智頭町で1時間に降った雨としては観測が始まった昭和51年以来、最も多いということです。
3日の降り始めから4日午後5時までに降った雨の量は智頭町で84.5ミリ、若桜町で32.5ミリ、鳥取市佐治で19.5ミリなどとなっています。
台風は鳥取県から遠ざかっていて、雨のピークも過ぎたということで気象台は、午後6時35分に智頭町と鳥取市南部に出していた大雨警報を解除しました。
ただこれまでの雨で地盤の緩んでいるところもあるとして引き続き土砂災害に注意するよう呼びかけています。

30
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/04 20:35:09  ID:uQLxV0YN.net(3)
台風3号 島根でも激しい雨07/04 19:58nhk
台風3号の影響で、島根県内では一時、激しい雨が降りました。
台風による雨のピークは過ぎましたが、5日夕方にかけて、再び大気の状態が不安定になるとみられることから気象台は引き続き、急な雨や突風、落雷に注意するよう呼びかけています。
台風3号は4日午後5時前に和歌山県田辺市付近に再び上陸し、1時間に60キロの速度で東へ進んでいるとみられます。
台風3号の影響で、島根県では、津和野町で正午すぎまでの1時間に47.5ミリの激しい雨を観測しました。
午後4時までの24時間に降った雨の量は、津和野町で64.5ミリ、川本町で38.5ミリ、浜田市金城と隠岐空港で36.5ミリなどとなっています。
島根県防災危機管理課によりますと、台風による被害の情報は入っていないということです。
台風本体の雨雲は島根県を抜けましたが、5日の夕方にかけて、日本海にある梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、再び大気の状態が不安定になるとみられます。
松江地方気象台は引き続き、県内全域で急な強い雨や突風、落雷に注意するよう呼びかけています。

31
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/05 16:46:11  ID:mVkPJh17.net

32
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/05 16:48:56  ID:DSsfqV4R.net
県内の気象警報解除(7/05 16:38)hometv
広島県内に出されていた気象警報は解除されていますが、引き続き河川の浸水や
土砂崩れなどに注意してください。

島根県の大雨特別警報解除(7/05 11:18)hometv
午前11時15分 島根県に出されていた大雨特別警報は解除されました。
しかし、大雨警報はでています。引き続き河川の浸水や土砂崩れなどに注意してください。

島根県に大雨特別警報 広島県北部も大雨注意(7/05 8:40)hometv
島根県に大雨特別警報がでています。
広島県北部も大雨による避難指示・避難勧告がでています。今後の情報に注意してください。

夜はじめまで土砂災害に警戒07/05 16:30nhk
活動が活発な梅雨前線が中国地方を南下したため、岡山県は5日、雨が断続的に降りました。
気象台は、これまでに降った大雨で地盤が緩んでいる地域があることから、夜のはじめごろまで土砂災害に警戒するよう呼びかけています。
気象台によりますと、活動が活発な梅雨前線が中国地方を南下したため、岡山県では5日、雨が断続的に降りました。
4日の降り始めから5日午後1時までの雨の量は笠岡市で111点5ミリ、吉備中央町で111ミリ、玉野市で91ミリに達しました。
日中、県内の一部に出されていた大雨警報はすべて解除されましたが、気象台は、これまでに降った大雨で地盤が緩んでいる地域があることから
夜のはじめごろまで土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

33
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/05 18:54:41  ID:QuSQH85h.net
引き続き土砂災害に警戒を07/05 18:48nhk
活発な前線の影響で、山口県は大気の状態が引き続き非常に不安定になっています。
西部ではこのあと数時間は局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、気象台は土砂災害に警戒するよう呼びかけています。
下関地方気象台によりますと、山口県付近に停滞している梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、県内は引き続き大気の状態が非常に不安定になっています。
4日夜から各地で雨が降り続き、5日午前中、山口市阿東徳佐で1時間に42ミリ、萩市須佐でも41.5ミリの激しい雨を観測しました。
また、4日夜の降り始めから5日午後4時までに降った雨の量は、山口市阿東徳佐で102.5ミリ、萩市で73ミリ、長門市油谷で63.5ミリなどとなっています。
雨は午後になっておおむねやみ、広い範囲に出されていた大雨や洪水の警報はすべて解除されましたが、夕方から再び一部の地域で雨が降りだし、午後4時40分すぎ下関市に大雨警報が出されました。
県の西部では、このあと数時間は局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
また、6日夕方までの24時間に降る雨の量は、多いところで100ミリと予想されています。
気象台は、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあるとして、土砂災害に警戒するとともに、低い土地での浸水や川の増水のほか、落雷や竜巻などの突風に注意するよう呼びかけています。

大気不安定 急な雨や竜巻に注意07/05 18:36nhk
高知県内は、6日朝にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、多いところで1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあり、気象台は急な強い雨による土砂災害や、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。
高知地方気象台によりますと、西日本に停滞する梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、県内では、6日朝にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
このため、6日朝にかけて、中部と西部を中心に、多いところで、1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
また、6日午後6時までの24時間の雨の量は、多いところで100ミリと予想されています。
4日からの大雨で地盤が緩んでいるところもあるため、気象台は、土砂災害に注意するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。
そして発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には建物の中に移動するなど、安全を確保するよう呼びかけています。

34
名無しさん@レベル300[sage]   投稿日:2017/07/07 10:44:25  ID:8eYj5SvH.net
大雨の注意点と避難の準備07/07 08:28nhk山口
中国地方や九州の大雨では、わずか1日たらずで平年の7月1か月分を超える記録的な大雨となり、九州北部では浸水や土砂災害による被害が相次いでいます。
これから来週の前半にかけては前線が停滞して大気の不安定な状態が続き、再び雨雲が発達するおそれがあり、早めの対策が大切です。
大雨による川の氾濫や浸水、それに土砂災害などの災害の危険性がある場所を記した「ハザードマップ」は、自治体のホームページなどで公表されています。
内容を事前に確認した上で、▽避難場所までの安全な移動経路を確認しておくことや▽当面の生活に必要な水や食料、それに携帯電話などを充電するための電源を確保しておくことが重要です。
また、お年寄りや子ども、それに障害のある人など避難に時間がかかる人が地域にいる場合には、積極的に声を掛け合い、いざというときに適切な避難が出来るようにしておくことも大切です。
避難のタイミングを見極めることも重要です。
川の水位が上昇すると、氾濫の危険性が高まるだけでなく降った雨が下水や川に流れ込まず、浸水するおそれがあります。
また、水が堤防からあふれたり、堤防が決壊したりすると大量の水が勢いよく流れるため、川の近くにある住宅などが流されるおそれもあります。
斜面の近くでは土石流や崖崩れが発生する危険性もあります。
土石流は発生した場所から遠く離れた場所に到達することもあり、自分のいる場所が土砂災害警戒区域などになっていないか、確認しておく必要があります。
川の水が濁ったり、崖から小石が落ちてきたりするほか、わき水が止まったり、ふだんと違う場所から噴き出したりするなどの前兆現象が現れることもあり、こうした異常に気付いたらただちに避難が必要です。
雨が強まってから移動すると、かえって危険なこともあり、危険を感じたら、自治体からの避難の情報を待たずに安全な場所へ避難しておくことも有効です。
特に、夜間で暗かったり、冠水していたりすると、道路の状況を確認できず、危険です。
また、移動する際には車を利用するなど安全を確保することも大切です。
気象庁や国土交通省、それに山口県の防災情報のホームページ、「防災やまぐち」などでは、雨雲のレーダー画像や雨量、それに川の水位などを確認出来ます。
また、停電に備えて懐中電灯を用意しておくことや、持ち運びできるテレビやラジオを携帯しておくことで、雨の状況や避難などに関する情報を入手することができます。
家族や地域で、危険な場所や避難の方法などをあらかじめ確認し、早めの避難を心がけ、落ち着いて行動すること大切です。
そして、雨が急激に強まったり、すでに浸水が始まったりして移動が難しい場合には、無理に避難場所には移動せず、建物の2階以上の斜面と反対の部屋などに移動すると、安全な場合があります。
NHKでは自治体や気象台などからの情報をテレビやラジオそれにデータ放送などで随時、お伝えします。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

消防救急防災板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
情報ライブ フジオカ屋★2 (851)NTV実況
バイキングとグッディ★5 (960)フジ実況
実況 ◆ 日本テレビ 56216 こん (797)NTV実況
実況 ◆ フジテレビ 84202 (794)フジ実況
実況 ◆ TBSテレビ 28321 (207)TBS実況
NHK総合を常に実況し続けるスレ 137142 ビールのおつまみ (323)NHK実況
ノンストップ! (714)フジ実況
ビビット 8/24(木) ★1 (808)TBS実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【話題】クルマ離れどころか免許離れする若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★27 (1002)ニュー速+
【国際】メルケル首相 北朝鮮との軍事紛争が起こった場合、ドイツが自動的に米国側につくことはない★4 (532)ニュー速+
【話題】男が女に勝算のない愛の告白をする「告ハラ」が横行…女性にとっては精神的な負担と物理的な恐怖を与えるセクハラ★11 (902)ニュー速+
【ボクシング】山中倒し新王者のネリ、薬物検査で陽性と米メディア ★2 (774)音楽・芸能ニュース
【話題】クルマ離れどころか免許離れする若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★28 (148)ニュー速+
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★37 (1001)音楽・芸能ニュース
【経済インサイド】 東京五輪で地方が木材“供出” 「戦時中と同じだ」「都民ファーストか」ネット上に反発 林野庁は困惑 (1003)ニュー速+
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★38 (130)音楽・芸能ニュース
消防救急防災板の人気スレ
消防団総合スレ 第29分団 (589)
☆消防団愚痴スレ013★消防団員★消防団勧誘 (982)
☆消防団愚痴スレ014★消防団員★消防団勧誘 (565)
【生活が】消防団愚痴スレ010【かかってんだよ】 (1047)
テスト書き込みスレ (704)
☆消防団愚痴スレ011★消防団員★消防団勧誘 (1031)
消防団総合スレ 第17分団 (1025)
◆◆◆消防団を廃止にするべき!◆◆◆ (119)
消防団の勧誘うぜー (875)
【諸悪の根源】消防団操法大会廃止論 第7部 (151)
消防本部ニュース総合3 (483)
消防団総合スレ 第16分団 (1033)
千葉県袖ケ浦市消防本部 (330)
【私利私欲】仙台市消防局part9【悪意の巣窟】 (441)
【諸悪の根源】消防団操法大会廃止論 第4部 (1033)
消防団員表彰歴章・記章微章・勲章褒章 (75)
■■東京消防庁 Part20■■ (558)
消防士の彼女だけど質問ある? (801)
消防関連団体の電話番号が「火縄銃」とは恐れ入る。 (66)
【挿管】救急救命士 part.2【薬投】 (923)
■茅ケ崎市消防署消防司令・田中晴幸容疑者、猥褻逮捕 (610)
【愛知 一宮市消防本部】 (190)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード:差分取得 - 新着書き込みなし(304)