板検索:
【アトキンス・釜池】糖質制限全般37【その他の剽窃者】 (1060)
まとめビュー
1
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/09 14:35:09  ID:r6hpChnx0.n(5)
糖質制限の問題点を検証します。

指摘事項を参考にして、どうすればよいか各自で考えてください。
個人ごとに違います。

★★【糖質制限を考えてる人は、過去スレ全てに目を通して、 】★★
★★【その実態を把握・理解の後に、自己責任でお願いします】★★

※前スレ
【アトキンス・釜池】糖質制限全般36【その他の剽窃者】
コメント3件


2
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/09 14:35:59  ID:r6hpChnx0.n(5)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

3
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/09 14:36:25  ID:r6hpChnx0.n(5)
1) 数パーセントに全身倦怠感、筋力低下、痩せ過ぎ
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2715.html

2) 10パーセントにこむら返り
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2716.html

3) 高尿酸血症
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2733.html

4) 高LDL血症
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2734.html

5) 全身倦怠、筋力低下、無気力、髪がぬける、生理不順、体重減りすぎ、低体温、冷え、色素性痒疹
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2735.html

6) 3割に便秘
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2748.html

7) 高血糖の記憶
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2753.html
コメント1件

4
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/09 14:36:51  ID:r6hpChnx0.n(5)
糖質中毒かもしれません
倹約遺伝子の持ち主かも知れません
大食漢タイプかも知れません
摂取カロリーが足りません
筋肉量が多いタイプかもしれません
基礎代謝が低いタイプかも知れません
脂質代謝異常です
信心が足りません
そのデータは高糖質と中糖質を比較したもので、スーパー糖質制限は当てはまりません
諸般の事情でスーパー糖質制限のデータは出せません
糖質制限食実践により、全身の血流・代謝が良くなります、それにより自然治癒力が活性化されます
生理学的事実です定説です、理由やデータは不要です、
糖質制限の有用性を否定するデータは、その論文は信頼性がありません
糖質制限に有利なデータは、何でもかんでも見つけてきて宣伝に使います、その論文は信頼性があります
糖質制限の長期データは教団に蓄積していますが、諸般の事情により外部に出せません、論文に書けません
食後高血糖ガー、酸化ストレスガー、が「今ここにある危機」です
標準体重です、BMI**程度が一番長生きできます
糖質制限なら、バストやヒップなどは保たれ、女性らしい体型になっていきます
マサイ族タイプかも知れません
イヌイット遺伝子の持ち主かも知れません

5
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/09 14:43:40  ID:r6hpChnx0.n(5)
今後のカルト教団の行状予想
・高ケトン血症を呈した妊婦より出産した児には将来障害が発症する可能性は否定できず,長期的な予後の観察が必要である。
・信徒の子どもが重病で入院するも、糖質を含む点滴を「信教上の理由」として親が拒否。子どもは死亡して社会問題に。
・世界無形文化遺産「和食」からコメの要素を外すことを求め、永田町でデモ(参加者は主催者側発表5万人、警察発表50人)。世間の耳目を集める。
・病状悪化をきっかけに教祖のハルマゲドン予言。糖毒テロ発生。教団ドクターが作製した毒物が某所にて米飯に混入される。

糖毒テロって猛毒の糖質をばら撒いて誰も死なないってオチかと思ったよ。

6
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 10:05:03  ID:+/HidvJ90.n(2)
「花粉症が良くなりました」
 →免疫が改善したんですね。おめでとうございます。

「帯状疱疹が悪化したんですが・・・」
「癌が転移しちゃったんですが・・・」
 →免疫が弱くなったなんてあり得ません!何かの間違いですっ

どっちかにせーや

>1

7
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 11:56:04  ID:+/HidvJ90.n(2)
日本語来ましたよー

27-ヒドロキシコレステロールによるエストロゲン受容体に依存性の炎症反応を介した動脈硬化の亢進
http://first.lifesciencedb.jp/archives/9083
>27-ヒドロキシコレステロールは体内における存在がはじめて確認された選択的エストロゲン受容体モジュレーターであり,
>その血中濃度はコレステロールの血中濃度と密接な相関があり,また,加齢により増加することから1),
>エストロゲン受容体の関与が知られている乳がんや動脈硬化をはじめとした疾患において重要な役割をはたしていると考えられる.

「コレステロールが多い方が長生き (キリッ」

 ↑
  w
 

8
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/10 15:01:35  ID:AGE5V6lnl
スタチンで心筋梗塞3割減る理由を
説明してくれ。>大櫛 & 江部

>1

9
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 16:43:03  ID:fqqJDSdV0.n(2)
「血糖上昇のホルモンは複数ある! 糖質制限で低血糖ってw」

 ↓

低血糖回避策はないものか
バーンスタイン博士の著作も読み、糖質制限食の効用は身に染みて実感している、1型暦30年(女)です。
最近、女性専用の筋力トレーニング教室に行き始めたせいもあり、低血糖に苛まれています。
家人がグルカゴンで処置してくれますが、自分で対処できない悔しさに悶々と。
ランタス朝 12単位、ラピッドは食事量に合わせて。運動量と注射量が合わない結果とはわかっていますが。
今朝8時は103だったので通常のランタスを止め、自分の体の変化を観察することにしました。
既に、昨日のランタス分は薬効切れと判断し。
朝食はほとんど食べませんので、レモン水のみ。午前11時は低血糖気味の兆候有りの88。
桃(大)を食しました。
質問は、糖質制限食を実践するにあたり、インスリン注射の持続型ランタスをすべきか、はたまた速攻型ラピッドのみでの対処とすべきかです。
通常は併用が望ましいとされ、しかしポンプ使用の場合の薬剤は速攻型のみだと知り、迷っています。

10
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 16:44:00  ID:fqqJDSdV0.n(2)
視界に低血糖の兆候が現れるくらいの軽度の場合(50-90)は通常人でも起こり得るし、対処も簡単なのでよいのですが、
意識障害(反応が鈍い、計算が出来ない等々)は自分でも糖分摂取の意思がなくなってしまうので、厳格に低血糖を回避
したいのです。
これから一人暮らしを始めようという身でもあり、何が自分にとって最良策なのか、試行錯誤です。
五十路なので食欲も落ち着き、暴飲暴食はありませんし、糖質(ごはんやパン、麺類)制限も気にはなりません。
低血糖さえなければ、糖尿病で注射も苦じゃ有りません。
バーンスタイン博士によれば、厳格な糖質制限食では、インスリンを速攻型だけという事例もあるとか。
基本の持続型ランタスのみで対処するか、ラピッドのみがよいか、人それぞれとはわかっていますが、なにかアドバイスが
いただけたら幸いです。
運動量との関係で、ラピッドのみの場合、一日の注射量=インスリン量がゼロという事もありそうで、その場合、ケトアシドー
シスが起こるのじゃないかと危惧しています。
主旨がまとまりませんが、よろしくお願い致します。
2014/08/07(Thu) 12:02 | URL | まっつん | 【編集】

11
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/10 17:34:46  ID:X5S8+TPh0.n
>1

12
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 17:41:34  ID:388gO5gE0.n
今日、講演会行く予定だった。

台風で、電車止まっていた。

*捏造君を虐待するのは、人権侵害
*教団ネタがない時は、良いオモチャ

暇じゃなかった。

13
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 18:54:25  ID:gcXL+nqJ0.n
イメージ
「糖質制限」を、現状の食事から、お米や、カップ麺、パン、うどんを「除外」するだけの
食事と思いこむと、極端な糖質制限食は低カロリーとなってしまうと思いこみます。しか
し、実際に食事指導をしていくと、金銭的な面から「タンパク質」を増やせない家庭も多く
あります。油の活用を進めていたところタイムリー(8月7日)な出版助かります。一つ懸
念は「自家中毒」があります。血中ケトン上昇が原因とされている、「嘔吐」又は「嘔吐感」
です。自分も経験あり、要は食べなければ良いのですが体の「異常」と捉えるか、正常な
反応と捉えるかで、油を増やす際の対応が異なるので、「自家中毒」の存在と、対応につ
いて記事にしてもらえると嬉しです。
2014/08/10(Sun) 10:32 | URL | ナリ | 【編集】
コメント1件

14
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 18:55:31  ID:cZiH+qUz0.n(6)
>>前スレ985

>・スタチンは飲みますか?
>・高血圧の薬は飲みますか?

なんでSGLT2阻害薬の話がスタチンの話になるの?w
変な粘着やめてくれる?
スタチンについてはいろんな意見がありますね。私は飲んでいいと思います。
高血圧については新井先生が結果出してますね。
これでいいですか?


15
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 18:57:26  ID:cZiH+qUz0.n(6)
ちなみに薬のことなんかまったく詳しくありません。
薬屋さんにはかないませんよ。

16
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 18:59:17  ID:cZiH+qUz0.n(6)
>>前スレ996
あなたはどう思いますか?
まずは自分の意見を言おう。

17
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 19:06:26  ID:69caUD320.n(2)
前スレ>996
>不老長寿の秘薬
>SGLT2阻害薬、ゼチーア、ラジレス、プラセンタに、リピディルを明日から追加です。
>これにて、私の血管は、永遠にコギャルレベル

新井先生なんとなくアマローネに似てきた気がする

それはともかく、動的な調節を無視して阻害剤と作動薬を飲みまくって大丈夫か
血圧下がり過ぎたりしないんかね
http://hobab.fc2web.com/sub4-RA.htm

前スレ>989
>空腹時血糖やA1Cには反映されていませんが、食後には尿糖が出ます。

一時的な高血糖なのか、ブドウ糖の再吸収に失敗してるのか
糖質制限していて食後に糖が出るって相当ヤバい
コメント1件

18
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 19:08:16  ID:69caUD320.n(2)
>13
こんな奴に指導されてる奴も不幸だなぁ

19
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 19:11:32  ID:cZiH+qUz0.n(6)
>17
>それはともかく、動的な調節を無視して阻害剤と作動薬を飲みまくって大丈夫か

人体実験。
オレも大丈夫じゃない気がする。

20
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 19:23:03  ID:cZiH+qUz0.n(6)
>>前スレ1000
*SGLT2阻害薬はケトン食に近い効能。
これ言ったのかくちゃんだから。

*興味な筋トレの無駄話
最初は筋肥大しないはずって前提でずいぶんカラんで来てたのになw
そこそこ結果が出てきたら興味ないって話になるのかあ。そうかあ。

*公務員であることを隠す
違うから。なんでだもーんくんの妄想が事実になってんの。
うちは完全に営利企業。

21
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/10 19:29:15  ID:cZiH+qUz0.n(6)
*相手が親切に数多くの間違いを正してくれても、教団ゆずりの厚顔無恥
*さすがに呆れ果てられて相手にして貰えなくなると、答えないは負けとか言って誤魔化す

わかります。こういうやりとりですね。

299 : あのにます ◆klokDYkn/k : sage : 2014/07/27(日) 16:21:11.56 ID:UghFLpUl0
HOMA-Rが正常値でも
インスリン抵抗性によって発症したって言い張る理由がわかんない。

303 : 病弱名無しさん : sage : 2014/07/27(日) 17:10:45.77 ID:Hkt9V0JH0
>299
それがわからんと言い張るのは捏造君と悟のパパだけ。
同じ人物だからかw

304 : あのにます ◆klokDYkn/k : sage : 2014/07/27(日) 17:13:12.13 ID:UghFLpUl0
>303
ではあなたはあのHOMA-Rのグラフをみてインスリン抵抗性がある、という判断なのですね。

----------------------以降ID:Hkt9V0JH0返事なし----------------
コメント1件

22
おもいやり ◆fHUDY9dFJs [sage]   投稿日:2014/08/10 21:32:24  ID:CDUjwgUQ0.n
人権侵害イクナイ!!
コメント1件

23
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 01:59:59  ID:PIvoifUK0.n(2)
>21
恐らく捏造は高脂肪食でケトン体生成が増える(ケトン食)という基本的なことすら
知らないと思われ。

高脂肪食→中性脂肪増加→遊離脂肪酸増加→β酸化→アセチルCoA増加→クエン酸回路渋滞→ケトン体増加

遊離脂肪酸が過剰に増えるからβ酸化が亢進しケトン体が生成される。
遊離脂肪酸が増えなければ絶対にケトン体は生成されない。
(元になる材料がないから)
コメント1件

24
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 06:34:59  ID:hHxwPV8h0.n
○○になれば△△だから??になる!
??にならないなんてあり得ない

25
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 06:41:40  ID:fsOPXiq20.n
捏造って自分のウスラバカを棚にあげて、他人の間違いを指摘してやってるつもりなの?
ほんとオマエってゴミだな
コメント1件

26
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 08:52:48  ID:Q8NLSyuT0.n
こんな質問をいただきました。以前にも話題になった問題ですが,皆様はどのように考えますか?
 最近、気になっていたことを 1つ質問させてください。

 ADA(米国糖尿病学会 2004)は、3大栄養素について、
   1、血糖を上げるのは糖質のみ
   2、糖質は速やかに吸収され120分で100%糖質に変わる

 これが、糖質制限食の大前提となっています。
 ところが最近の内視鏡所見の記事では,2について、胃内の食物(炭水化物)残渣がかなりあること。
それに比して、蛋白質は、速やかに、消化されています。(と考えていいのですよね) その食物残渣は、
これから小腸に送られるわけですから、その後に血糖が上がる(はず)。
 その辺は、どう考えたらいいでしょうか? 2と矛盾します。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0811-06:00-3)
コメント3件

27
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 09:11:45  ID:kKKafc+r0.n(2)
最終結果

>100.2kg→96.3kg(-3.9kg)
>復食をしてしまうと、思うようにはやせていきませんね。

ビミョー

28
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 09:39:00  ID:kKKafc+r0.n(2)
「糖質制限を語る会 in 仙川 2014年8月」の御報告
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-383.html

>「やせ型の人が糖質制限をしていると体重が減って困る」という話題がありました。

>糖質制限でやせていくのは基本的に脂肪であり、
>ケトン体が安定供給されて血糖値が一定以上保たれていれば蛋白の分解はそれほど起こらないはずです。

「はず」

>さらには絶食時、細胞はオートファジーという機構で自分の蛋白質を分解し再利用することが分かってきています。

田頭デブ先生、オートファジーでミトコンドリアも分解されるって知らないのかなぁ

29
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 09:52:57  ID:45FUDmdi0.n
開業のための修行いろいろやっています。

「糖質制限+蛋白制限」を学ぶ
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-384.html

コウノメソッドの話題2
大学神経内科医が目撃したコウノメソッド外来
http://dr-kono.blogzine.jp/ninchi/2014/08/2014811_416e.html

>ところで私は糖質制限推進派の稀有な神経内科医です。
コメント2件

30
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 09:58:22  ID:ACH89qS40.n
>26
>ADA(米国糖尿病学会 2004)は、3大栄養素について、
>   1、血糖を上げるのは糖質のみ

> これが、糖質制限食の大前提となっています。

エベデンス(江部)なんだもん。

31
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 10:21:20  ID:smndM8Ka0.n(6)
>29
開業の準備だったんだw
開業したいなら、まず痩せないと

>グルタチオン点滴、是非とも本格的にやってみたいですが、
>今の私の環境ではいろいろな制約故それができません。
>今は無理せず時機が到来するのを待ちたいと思います。

よく見つけてくるなぁ

32
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 10:59:18  ID:PjgxRIk30.n(5)
>26
同じページに
>国外となると東南アジアのいくつかの国を除けば全くゼロです。
アメリカにもドイツにもフランスにも湿潤治療で熱傷を治せる医者はいません。
こういう場合,患者さんが自己判断でネットを見ながら治療をするか,
現地の病院に行って皮膚移植されるか,2つに1つになります。

これ本当なのかな?湿潤療法ってアメリカ発だと聞いていたけど。
2択みたいな書き方からして怪しいし、東南アジアならOKで先進国では
受けられないってのもおかしい感じする
コメント2件

33
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 11:18:38  ID:mnVDpggE0.n(23)
>23
とっくの昔に議論した件。

それより高脂肪食>中性脂肪増加というのが議論になってたところでしょ。
ほんまか?と。それならそのソースを出そう。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo1958/41/10/41_10_885/_pdf

糖質の摂取が少ないとホルモン感受性リパーゼが活性化して
中性脂肪の分解が進んで遊離脂肪酸が増加するんでしょ?
それがクエン酸回路の必要量を上回るとケトン体になる。

遊離脂肪酸は半減期が1.7〜3.1分ですって。交代率は23〜41%/分。
つまりずっと血中にとどまっているわけではない。
代謝正常なら遊離脂肪酸濃度はどんどん高くなったりしないわけです。
エネルギーとして利用されたりケトン体になるわけでしょ?
だから血中濃度が高くなるのは遊離脂肪酸ではなくケトン体のほう。

逆に低糖質高脂肪食で遊離脂肪酸濃度が高くなるというなら
そのデータを出してみればいいと思うよ。
ちなみに江部センセのところのデータでは患者さんのFFA濃度は正常範囲内だそうです。
そもそも糖質制限食だろうが高糖質食だろうが食後は遊離脂肪酸濃度は下がるしね。
コメント2件

34
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 11:23:01  ID:smndM8Ka0.n(6)
>26
どう思いますかも何も、まず「2004年」がおかしい

>32
適当にググったらドイツでこんなのが引っかかったけど
krankenhaus「病院」
feuchte Wundbehandlung「湿潤創傷治療」

http://www.krankenhaus-werne.de/index.php?id=717
Google翻訳
>この処理の一部として、全体の創傷面は、特殊なスポンジで覆われ、次いで密封フィルムで密封した。
>箔の小さな開口部がわずかに負の圧力を生成ポンプに接続されている。
>ここでの大きな利点は、創傷が感染から保護し、創傷分泌物を連続的に吸引することができるということである。
>創傷治癒を大幅に真空とサポートによって加速される。

陰圧閉鎖療法かな

Wikipedia
>1995年、キネティック・コンセプト社(KCI)の陰圧補助閉鎖治療システム(V.A.C. 、Vacuum Assisted Closure)は、
>深い外傷、裂傷、皮膚弁と接合、圧性潰瘍及び難治性創傷に特定して、
>陰圧閉鎖療法の製品として初めてアメリカ食品医薬品局(FDA) の承認を取得した[13] 。

ふつーにFDAの承認受けてるっぽいけど
夏井センセなに言ってんの
コメント1件

35
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 11:34:57  ID:mnVDpggE0.n(23)
>25
いつもは無視してたテンプレにちょっと煽り返してみただけですよ。

36
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 11:36:23  ID:smndM8Ka0.n(6)
>32
あぁ、熱傷を湿潤療法できる医者が海外にいないって夏井は言いたいのかな
でも、

http://ja.wikipedia.org/wiki/陰圧閉鎖療法
>陰圧閉鎖療法とは、慢性、難治性の創傷の治療に用いられる技術であり、1度や2度の熱傷に対しても延用される。

>1度や2度の熱傷に対しても延用される。

http://www.krankenhaus-werne.de/index.php?id=717
>Indikationen fur eine solche Therapie sind chronische, akute und traumatische Wunden sowie Hauttransplantate (Mesh Graft) und Lappenplastiken.
>このような治療の適応は、慢性、急性および外傷性創傷および皮膚移植(メッシュグラフト)とフラップである。

夏井センセー、陰圧閉鎖療法ではダメなんスか

>9月27日(土)の「豚皮揚げを食べる会 in 静岡」ですが,依然として出足がちょっと遅いようです。残り枠14名とまだまだ余裕があります。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0806-07:30-8)

 ↑
第二のアマローネになりたい奴、早く応募しろよw
コメント1件

37
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 11:46:28  ID:PjgxRIk30.n(5)
>36
湿潤療法はあのサイトに書かれている医者じゃないとできないって言いたい
んだと思うけど。
夏井さん独特のやり方ではそうなのかもしれないけれど、そんなことはないよねぇ。
ウィキにも外部リンクにこんなサイトもあったけど、そんなに特別な治療じゃ
ない感じがするんだよなあ。
http://www.woundhealing-center.jp/

こういう言動がいわゆる教祖的?
コメント1件

38
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 12:01:54  ID:smndM8Ka0.n(6)
>37
保険で使えるみたいだしね

http://www.kyorin-prs.com/new-technique.html
>新しい創傷治療法「陰圧創傷治療システム」は、KCI社の「V.A.C.ATSR治療システム(VAC療法)」により、
>難治性の傷を被覆材で密閉し、専用機器で吸引して陰圧状態を維持しながら創傷の治療を行う方法です。

>2009年11月に厚生労働省から承認を受けて、2010年4月より保険診療で使用できるようになりました。
>2010年10月7日の朝日新聞の医療ページにも紹介されました。

>当科でも、本治療法を行っております。

これを導入してる病院を近くで探した方がいいだろうな
手がロクに動かない医者を頼るよりは
コメント1件

39
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 12:15:14  ID:smndM8Ka0.n(6)
Wikipedia
>ブルームらによる2008年に刊行されたDiabetes Careの、糖尿病性脚部創傷342例の無作為臨床試験では、
>通常の湿潤療法と比較して陰圧閉鎖療法の方が、治療の効果と期間が「極めて良好」であったとしている[29]。
>ブルームは、湿潤療法の群より「全治期間はVAC群の方がはるかに短かった」と述べた[11]。

>通常の湿潤療法と比較して

プゲラッチョ

そして夏井も紹介していたVAC
http://www.wound-treatment.jp/next/case/963.htm
>10月17からVAC療法を3週間施行し、残った壊死組織は適宜除去した。
>VAC療法は湿潤療法の1つだと思っています


40
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 12:18:30  ID:PjgxRIk30.n(5)
>38
その病院のサイト含め、夏井さんサイト関連医療従事者・病院以外の
「最新の治療」って意味が違う気がしてきたwこのニュースとか。
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/49209/Default.aspx
湿潤治療ってもう前提の話になっているってことだよね。つか100年前とか
1990年とか歴史に出てくる時点で、古いww
コメント1件

41
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 13:29:18  ID:smndM8Ka0.n(6)
>40
しょせんは民間療法なんだよな
注目されるのは最初だけで、科学的に検証されて機械化された技術には太刀打ちできない

田頭センセも一人やっちまってるしな
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
>湿潤療法に切り替えたことで傷の痛みはかなり軽減しました。しかし待てど暮らせど傷がなかなか閉じてきません。

>そんな状況が続いていたある日、その患者さんにこう言われました。
>「先生、やっぱり専門の先生に診てもらった方がいいんじゃないか?」

>数ヵ月後のある日、その病院の形成外科の先生から私宛に一通の手紙が届きました。
>それはその患者さんが亡くなったということを知らせるものでした。

VACを導入している病院を紹介すれば死なずに済んだのに

42
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 14:26:07  ID:mnVDpggE0.n(23)
>22
http://www.e-clinician.net/vol44/no462/pdf/sp_462_23.pdf

>今日、経中心静脈高カロリー輸液施行時にビタミンB1欠乏による
>乳酸アシドーシスが出現しました。これは衝心脚気です。
>これも糖質過剰によるビタミンB1の相対的・絶対的不足が主因です。

やはり糖質過剰によりビタミンB1は「相対的」に不足して
脚気になることはあるそうですよ。
コメント2件

43
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 14:28:14  ID:mnVDpggE0.n(23)
>33
>それより高脂肪食>中性脂肪増加というのが議論になってたところでしょ。

http://gifu.heart-center.or.jp/tayori/tayori008.pdf
糖質制限食の指導前と指導後の血液検査データ。
中性脂肪低下してますやんか。

44
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 14:29:29  ID:mnVDpggE0.n(23)
あれ?いつのまにかコテが外れてた。

45
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/11 14:49:53  ID:LWOWyM3sf
>29
糖質制限+蛋白制限 って
それタダのケトン食じゃん。

46
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 14:56:48  ID:ONsdcL0t0.n(2)
江部は仏教では死刑
ーーーーーーーーーーーーーー
もし仏弟子が、自分から酒を売り、他人に酒を売らせれば、
そこに酒を売る原因、酒を売る条件、酒を売る法、
酒を売る行いがある。いかなる種類の酒であれ売ってはならない。

酒は罪を犯す原因・条件である。そもそも菩薩は生きとし生けるもの
すべてが、涅槃に向かう智慧を生じるよう活動すべきものである。
にも関わらず、(酒を売り、飲酒させることによって)
生きとし生けるものに(「わかっちゃいるけどやめられない」と
言った類の)逆様な心を起こさせれば
、これは菩薩として、死罪に等しい罪である。

仏教経典『梵網経』(『大正新修大蔵経』24,P1004下段)より

47
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 14:58:06  ID:ERlJoyCL0.n
>42
静脈栄養にこだわっているようですね。

その当時以前、ビタミン添加は保険で査定された。
すなわち、ビタミンB1は入っていなかった。

乳酸アシドースが起こる症例が多数出てきて、
ビタミンB1を入れるように通達が出た。
(3mg以上)

偏食による脚気はありうる。
コメント1件

48
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 14:59:13  ID:ONsdcL0t0.n(2)
第一軽戒より第十軽戒
  
2.飲酒戒
酒を飲まず、人にも飲ませない。

3.食肉戒
肉を食わず、人にも食わせない。

4.食五辛戒
五辛(ニンニク、タマネギ、ニラ、ラッキョ)を食わず、人にも食わせない。



 梵網経 解説
http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/BonmouKyou/BonmouKyou0...

49
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:04:09  ID:mnVDpggE0.n(23)
>47
こだわってるというかビタミンB1の相対的不足によって脚気が起こる、
って当たり前の話が、なぜか納得してもらえないから書いてるだけです。
コメント1件

50
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 15:09:45  ID:eEbjFA340.n
>49
納得できるのはあんただけ。

その文章の別の箇所が大事。
コメント3件

51
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:12:54  ID:mnVDpggE0.n(23)
>50
明治大正のビタミンB1の摂取量。

52
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:13:54  ID:mnVDpggE0.n(23)
>50
じゃあ、あなたの理解では
ビタミンB1の必要量は相対的ではない、ということですね。
コメント1件

53
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/11 15:28:50  ID:Uw+VDFZ70.n(4)
>42
こういうこともある を探してきて永遠にウダウダ言ってるから、捏造君っていわれるんだもん

中心静脈輸液してる患者では、こういうこともありえるwww
だから脚気は、白米食い過ぎが原因

って言いたいのかぁああああああ、捏造君絶好調なんだもん
コメント1件

54
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:31:40  ID:mnVDpggE0.n(23)
>53
これ間違い、って言ってるだけ。

702 : だも〜ん ◆fHUDY9dFJs : 2014/08/04(月) 00:11:22.13 ID:4BRcsAe60
相対量でビタミン不足生じると思ってる時点で、家庭科の先生にでも教わって来い

55
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/11 15:39:06  ID:Uw+VDFZ70.n(4)
教祖だって、GIや食べる順序や温度や糖質の種類や、パンにオイル掛けるとかじゃなくて、糖質の絶対量が問題だって言ってるだろw

自分の場合だけ棚に上げて
自分以外には、無限に細かい所をほじくって揚げ足とってたら、限りがないぞ

だから、捏造君って言われるんだよ
コメント2件

56
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/11 15:40:42  ID:Uw+VDFZ70.n(4)
脚気の原因はビタミンの摂取不足、白米食い過ぎではない
捏造君以外は、世界中が上記
コメント2件

57
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:41:34  ID:mnVDpggE0.n(23)
>55
相対的か絶対的かは細かくねーだろ?w
そこでさんざんごちゃごちゃ言っといて今更かよ。

それに教祖のことなんか知るか!w

58
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/11 15:42:45  ID:Uw+VDFZ70.n(4)
>>55
>56
>56

限りがないから、これでオシマイ
コメント1件

59
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:43:48  ID:mnVDpggE0.n(23)
つかだも〜んくん、なんでそんな白米守るのに必死なん?w

60
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:45:00  ID:mnVDpggE0.n(23)
>58
ポイントはそこじゃない。
ビタミンB1の必要量が絶対的か相対的か。
絶対的だというならその絶対量は?って話。
コメント1件

61
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 15:46:51  ID:mnVDpggE0.n(23)
>50の人でもいいや。
>60に答えてみ。

62
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 15:49:49  ID:LdiI52sC0.n
アボンしてるからよくわからんけど、脚気って神経の病気なんでしょ
神経の機能が働く分だけビタミンB1が取れればそれでいいんじゃねーの
なんで糖質を取り過ぎると脚気になるということになるのか、よくわからない

63
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/11 16:16:47  ID:N5TtcJIdO.n
>33
血中の遊離脂肪酸を肝臓が取り込むのは約30%な。
残りの遊離脂肪酸は糖尿病患者がどう処理してどこへ行くのか説明してもらおうか。
コメント1件

64
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 16:24:21  ID:mnVDpggE0.n(23)
>63
エネルギーとして使えますけど。

つかその前にそもそも中性脂肪と遊離脂肪酸が基準値以上に増えるということをデータで出してもらわないと。

65
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 17:03:12  ID:mnVDpggE0.n(23)
http://d.hatena.ne.jp/kuiiji_harris/20081227/1230341292

7日間の絶食によるケトーシス状態でも遊離脂肪酸濃度はこの程度らしいですね。
遊離脂肪酸濃度はほとんど上がらずケトン体はどんどん上がる。
コメント1件

66
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 17:35:01  ID:/MEjttQx0.n
しょーもない証拠とやらを探してきてグタグダ粘着してるのは工作員だからですか
コメント1件

67
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 18:13:58  ID:mnVDpggE0.n(23)
>66
何の話なのか意味がわからないですが、あなたはお米の国の工作員の方ですか?

68
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 18:23:07  ID:mnVDpggE0.n(23)
>65
ケトン食によるケトーシス状態ならインスリンの濃度も絶食時よりは上がりますから
中性脂肪の分解は抑えられますから遊離脂肪酸濃度はもっと低くなるわけです。

69
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 18:26:20  ID:PggD82NN0.n
結局遊離脂肪酸が増えなきゃケトン体も増えないじゃないかww
コメント1件

70
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/11 18:32:32  ID:gp7wiRxB0.n
http://www.yamadatoyoharu.com/?p=5081
我慢すると落ちぶれるんだってw職を転々としたおっさんが吼えてます
コメント1件

71
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 20:03:41  ID:qyIIbszK0.n
糖尿病
2型ですが。治療をはじめて6か月になります。炭水化物を食べず薬も飲まず。夕食後2時間で120台、
今までは、朝空腹時107〜108でしたが最近120・128・と高いのはなぜでしょうか?
1か月前から、夜焼酎を1〜2合飲んでました。
2014/08/11(Mon) 17:25 | URL | クニタン | 【編集】
Re: 糖尿病
クニタン さん

気温が上がると血糖値が上がるタイプがいます。
夏は血糖値が少し高めで、冬は低めというタイプです。

あるいは、寝不足やイライラ、風邪などでも血糖は上がるので
あまり気にせずに、このままスーパー糖質制限食で経過をみられて
大丈夫と思います。

焼酎はOKです。
2014/08/11(Mon) 18:17 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

72
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 20:19:58  ID:brROFdjt0.n
超低炭水化物食VS高炭水化物食、RCT論文
2014年08月11日 (月)

>要約まではインターネットで見ることができます。
>私も要約まででブロックされたので、本文はみていません。

-------------------------------------------------------------
日本語で書かれた会員サイト写しただけだもん。
ハッタリとイメージが大事なんだもん
ブロックされたって書けば、信じてくれるんだもん。
英文購入しても読めないだもん。

京大卒です、ドゾヨロシク
関連会社の食材買ってください

73
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 20:53:29  ID:vfP1jBj/0.n(2)
山田さん

読んで解説(上の論文とは別の論文)

「低糖質・地中海食」の有効性
過去最長の2型糖尿病食事療法試験
北里研究所病院糖尿病センター 山田 悟
研究の背景:長期の有効性・安全性についての検討が乏しかった

 2型糖尿病の治療の出発点は食事療法にあるとされているが,その一方で,薬物療法と異なり長期の有効性・安全性についての
検討が長らくほとんどなされていなかった。ようやく,最近になってDIRECT試験(N Engl J Med 2008; 359: 229-241,関連記事)の
長期フォローアップ結果が報告され(N Engl J Med 2012; 367: 1373-1374,関連記事),低糖質食(糖質制限食)と地中海食の6年
の有効性(減量・脂質改善)と安全性が示されたところである。また,PREDIMED試験によって地中海食の5年の有効性(心血管疾
患予防)と安全性が示されたところである(N Engl J Med 2013; 368: 1279-1290)。

 このたび,米国糖尿病学会(ADA)の機関誌Diebetes Care(2014; 37: 1824-1830)に低糖質かつ地中海食という,ある意味良い
とこ取りの食事法の8年での有効性(血糖改善)が示されたのでご報告したい。
コメント4件

74
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 20:57:49  ID:vfP1jBj/0.n(2)
>73
・この知見は日本人にも当てはまるのか?
 さまざまな食事療法について,最近,RCTが一流ジャーナルで目に付くように感じる。しかし,日本人を対象にした
試験は皆無であり,日本人でも当てはまるか否かは保証がない。1万例規模が当たり前の薬物療法のRCTと異なり,
経済的なサポートが付きにくい食事療法の試験では,せいぜい100例〜数百例規模でも一流ジャーナルに掲載され
ている。2013年3月の日本糖尿病学会の食事療法に関する提言にあるように,これからの日本人を対象としたエビデ
ンスの構築が大切であろう。瀬戸内の魚と小豆島のオリーブを摂取しつつ,伊予柑・みかんをふんだんに食べる群
(地中海式瀬戸内食群)と神戸牛をふんだんに食べる群(低糖質瀬戸内食群)とで,オリーブを避けてうどんをふんだ
んに食べるコントロール群(高糖質瀬戸内食群)と比較する臨床試験をやったら、日本版PREDIMED試験となって面
白いと思うのだが難しいであろうか。

75
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/11 21:32:40  ID:r0gjSv/Xi.n
>55
こんな見苦しい言い訳初めて見たw

教祖だって適当なこと言ってるもん!
細かいこと突っ込んでほしくないんだもん!
コメント1件

76
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 21:32:45  ID:mnVDpggE0.n(23)
>69
当たり前だ。
なにを言っているのだ?君は?
上がらないといったか?基準値以上に上がるか?という問題だ。
コメント1件

77
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 21:33:06  ID:PIvoifUK0.n(2)
>71
順調に耐糖能悪化してるねw

78
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 21:40:11  ID:PjgxRIk30.n(5)
糖質摂ったら脚気になるって。
白米食べ=脚気なら、現代の市井の人みんな脚気だわ。
コメント1件

79
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 21:53:02  ID:mnVDpggE0.n(23)
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4548170.html
ダンベルデッドリフト1RM体重2倍目標として
さきほどダンベルデッドリフト片側40kgx13、7、7。
http://www.sports-japan.com/1rm/
体重57キロの2倍の1RMは114。
80キロx13repで1RMが114キロ。
デッドリフト初心者卒業ってことで。
しかし実際のところ114キロ1RMを挙げる自信はないですが。
この表ほんとなのかね?
コメント2件

80
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 21:53:47  ID:mnVDpggE0.n(23)
>78
だれがそんな話をしてるんだ、ばーか。
コメント1件

81
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 21:56:48  ID:mnVDpggE0.n(23)
>79
まあいずれにしてもベンチプレスもデッドリフトもそこそこ結果が出ました。
筋トレちょうど4ヶ月です。
糖質摂らなくてもプロテインだけで筋肥大しますってことで。
コメント1件

82
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 21:58:23  ID:PjgxRIk30.n(5)
前スレの元はそうだっただろ。おまいは糖質摂ったら病気になること前提で
必死に探しているからだ、ばーか。
コメント1件

83
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 22:00:06  ID:6OXDjATL0.n(2)
ほとんど食べずに生きるとか・・・摂食障害になりかけじゃないのかな、Tせんせい。

84
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 22:00:51  ID:6OXDjATL0.n(2)
摂食障害で骨皮になって死んでく子、たくさんいるのしらないのかな。
食べずに生きるって特異体質だと思うけど

85
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 22:03:39  ID:mnVDpggE0.n(23)
>82
何言ってるの?
糖質に対して相対的ビタミンB1不足で脚気って話をしたわけですよ。
そしたら
702 : だも〜ん ◆fHUDY9dFJs : 2014/08/04(月) 00:11:22.13 ID:4BRcsAe60
相対量でビタミン不足生じると思ってる時点で、家庭科の先生にでも教わって来い

なーんていうから無駄な議論になっただけ。

86
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 22:09:18  ID:ftnbbnS30.n(2)
>70
>・ネットビジネスで成功していたひと。
>なぜか、「1日1食」「糖質制限食」「睡眠制限」という我慢にはまり、急速に落ちぶれていきました。

ワロタw

>73
タンパク質を食べるとインスリンとグルカゴンが同時に出るらしいけど、
http://diabetologistnote.blog119.fc2.com/blog-entry-268.html
2型の人は元々α細胞>>>β細胞だからグルカゴンの方がいっぱい出そうな予感

タンパク質でインスリン抵抗性が上がって、タンパク質でグルカゴンの方が多く出て、
アルコールでインスリン抵抗性が上がる=高血糖でβ細胞アポーン

>73
>神戸牛をふんだんに食べる群(低糖質瀬戸内食群)

前から思ってたんだけど、山田って馬鹿だよね?
コメント1件

87
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 22:25:19  ID:Dpt8ddaw0.n
お薬について・
こんばんは、始めて質問させていただきます。糖質制限半年A1Cは9.4〜6.0になりましたが
朝の血糖値が130台と高いのです。寝る前は100ぐらいですが、、、暁現象?ということで止め
たいと思っていたお薬ですが ジャヌビア50
そしてメトグルコ250mg追加しました。まだ4日ぐらいなので下がりませんが、この二つ効きます
か? 本当はジャヌビア止めたいのですが、、、。2型女子です。
2014/08/11(Mon) 19:23 | URL | miyabu- | 【編集】
Re: お薬について・
miyabu- さん

暁現象でしょうね。

暁現象に、メトグルコとジャヌビアは効きます。
早朝空腹時血糖値がコントロール良好を維持できるようになれば、
経過を見て、ジャヌビアは休薬できる可能性があります。
2014/08/11(Mon) 20:14 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

88
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/11 22:28:59  ID:mnVDpggE0.n(23)
>86
インスリンの分泌が枯渇した1型や重度の2型では
タンパク質摂取>グルカゴン分泌で血糖値が上がります。

89
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 23:16:08  ID:ftnbbnS30.n(2)
>87
暁現象は成長ホルモンで(=IGF-1で)インスリン抵抗性が上がるせいとか聞いたな
しかもIGF-1はPDE↑cAMP↓でインスリン抑制
つまり肉とチーズ食べすぎ

>暁現象に、メトグルコとジャヌビアは効きます。

インスリン抵抗性を下げるメトグルコと、DPP-4阻害剤のジャヌビア、そりゃあ効くだろ
でもまずチーズ減らそうず

>経過を見て、ジャヌビアは休薬できる可能性があります。

肉とチーズを減らさないと休薬できる可能性はありません
つか教祖、前スレのosmといい女を糖尿病にしすぎだろw
いま日本で一番の害虫は間違いなく江部

90
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/11 23:35:30  ID:MEM/rJMk0.n
糖質制限ではお馴染みの「暁現象」

暁現象は糖尿病でも重症患者にしか現れない現象
絶対必要量のインスリンが出せない危機的徴候

91
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/12 00:46:21  ID:Qqey0hovO.n
>81
4ヶ月もかけて57キロのマッチ棒もやしで、筋肥大できますって
笑う所だよな、それww
コメント1件

92
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 01:10:30  ID:Eql2IkBy0.n(6)
筋肥大狙っての筋トレ記録探してみた。
http://www.youtube.com/watch?v=_MlbJv6IoBI

5か月目。そしたらタイトルがたまたま
「毎日米3合。。。ラーメンが食べたい」だったw

最後の記録がこれかな。 
http://www.youtube.com/watch?v=KJD5uziGdIs&;feature=youtu.be
実際に筋肥大できたらこういう風に引き締まって体重は増加するんだよね。

あのにます氏は元は何キロだったんだろう?

93
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 01:15:48  ID:Eql2IkBy0.n(6)
と思ったら、最後の見たら59kしかないってw
それしか体重がないということは、胸しか筋肉ついてないで、背中と下半身は
筋肉ついていない・バランス悪い身体とのコメントが。
切り取られた情報だけではわからんもんだなあ。

94
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 01:32:54  ID:Eql2IkBy0.n(6)
これならあのにます氏に近い体重。55kから70kへ。
http://linearsokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

95
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 01:35:06  ID:Eql2IkBy0.n(6)
でも、↑これも下半身はやってないらしくて15キロ増加。

96
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 02:48:48  ID:DVekZact0.n
日本とアメリカの糖尿病学会誌
江部先生、先日の日本糖尿病学会誌のレターに対する詳細な反論ありがとうございました。
インスリンが使われるようになる前は、糖質制限食は、糖尿病の治療食だったということです
が、インスリンを使うようになっていつでも血糖を下げられるという安易な治療が中心になって、
食事療法や糖質に対する警戒がなくなっているように思えます。「それは当時は、空腹時血
糖値とHbA1cのみで血糖コントロールを評価しており、酸化ストレスの最大リスクである「平
均血糖変動幅増大」「食後高血糖」のことは、全く知られていませんでした。当然この文献で
も無視されています。」理解しました。
1991年のRizzo等論文を引用して妊婦のケトン体高値のリスクを語る方が多いのですが、これ
はケトン体が100-180μmol/Lというレベルで評価を下しており、普通の妊婦の臍帯血や胎盤の
ケトン体が1000μmol/Lくらい当たり前という値から見たら、まったく意味のない数字ですね。
でも1)ケトン体=知能低下説と2)ケトン体=飢餓説は、日本糖尿病学会に蔓延している慢性
疾患です。糖質制限食に対する偏見もひどいですが、糖質制限ではない症例を使って、責任の
ないレターで個人のつぶやきレベル( エビデンスレベル最低) で批判する日本の糖尿病学会誌
と大勢のデーターをRCT論文(エビデンスレベル最高)にまとめて掲載しているアメリカ糖尿病学
会誌の研究を比べると驚くべきレベルの差を感じます。悲しいことですが、かえって、先が見えて
きたように感じるのは私だけでしょうか?
2014/08/11(Mon) 20:18 | URL | 産婦人科医 宗田 | 【編集】
コメント3件

97
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 02:59:27  ID:xYc3xz2s0.n
>96
まず、大学病院にあなたの患者が逃げないように
することですね。

病院からケトアシドーシスの患者を救急車で大学病院に搬送した病院の
理事長を連帯保証人にしてもね。

将来、因果関係がなくても、障害が出たtら訴えられる可能性あり。

98
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 07:26:44  ID:fKFbKuEc0.n(3)
「緊急内視鏡で見えるのは炭水化物だけ」についてのメールです。
 「糖質は速やかに吸収され120分で100%糖質に変わる」ですが、消化と吸収を別に考えれば
解決するのではないでしょうか。ブドウ糖液と芋の澱粉では、”口に入れてから小腸で吸収される
までの時間”が異なるはずです。
 「(消化され小腸まで達した)糖質は速やかに吸収され120分で100%血糖に変わる」というニュ
アンスだと思います。

 ただし、江部先生のブログによれば
2012/02/27 16:19
「Carbohydrate,protein, and fat contain calories. Only Carbohydrates directly affect blood glucose
levels. 」 3rd Ed,2004
直訳すると、
「炭水化物・タンパク質・脂肪はカロリーを含有している。炭水化物だけが、血糖値に直接作用する。」
 とあります。「速やかに」とは表現されていないのでは。

 あと、「糖質は速やかに吸収され120分で100%糖質に変わる」では、糖質が糖質に変わることにな
ります...
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0812-06:00-4)

99
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 07:31:49  ID:fKFbKuEc0.n(3)
 「緊急内視鏡で見えるのは炭水化物だけ」についてのメールです。
 > 2、糖質は速やかに吸収され120分で100%糖質に変わる
 「100%血糖に変わる」の誤りでは、ないでしょうか? 120分でというのは、体内に吸収可能な単糖類を意味する糖質なのでしょうね

 そもそも、多糖類は腸内の細菌群によって体内に吸収可能な単糖類に分解されて吸収されるもの
 腸内細菌群は、人それぞれですし、食べた糖質による分解過程もさまざま...
 現在は、GIという考え方が取り入られてますので、2004年の...てなが、古すぎてます

 あるいは、語句の捉え方、あるいは翻訳ミス(英語ちんぷんかんぷんです)の類の気がします。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#)

100
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 07:34:07  ID:fKFbKuEc0.n(3)
「緊急内視鏡で見えるのは炭水化物だけ」についてのメールです。
 一般人です。
 糖質の消化が内視鏡観察下明らかに遅いのに血糖値が速やかに上がり、ADAが言う「2.糖質は
速やかに吸収され120分で100%等に変わる」について以下のように推察してみました。

 まず、
1. ADAがいう糖質は具体的には何をどう食べた場合なのか?
 糖質といっても色々あるので、パンやマッシュポテトは米飯や麺とは消化スピードが違うのではな
いでしょうか?

2. 胃に入った麺・米飯は全て消化されるのに時間がかかる件
 糖質を食べると血糖値が速やかに上昇するのは、消化が始まったら全て消化されなくても吸収が
始まるからではないでしょうか? そしてインスリンが追加分泌されるので、しばらくすると血糖値は
安定し麺・米飯が消化され血中にダラダラ糖が供給されている間は血糖値を安定させるように分泌
される。
 消化が完了し、糖の供給が止まるとインスリンは血糖値を下げすぎてしまい空腹になる、小腹が
すくということに(「たまごかけごはんの3時間」は食後3時間程度で「おやつ」になるのと符合しています)
 おそらく俗にいう「腹持ちがいい」は「消化が遅い(悪い)ので血中に継続的に糖が供給されるため
小腹がすきにくい」ということではないでしょうか。
 これで、麺、米飯の消化の悪さと血糖値の変遷の説明がつきませんか?

 よくある食後血糖値のグラフは、75gブドウ糖の一気飲みで試験してますからきれいな山になりますが、
実際の食事で血中に供給される糖の量とインスリンの分泌量の関係は2.で考察したようなことなのではないかと考えます。
 どうでしょうか?
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0812-06:00-6)

101
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 07:36:00  ID:uOOoHjLsO.n(2)
>52
なにと相対的か。糖質摂取量とは相対しないだろう。
コメント2件

102
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 08:01:34  ID:jAgjmqLL0.n
教団の教義
ADA2004

の元の英文を要求すればよいだけ。
出せるかな?
コメント1件

103
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 08:10:24  ID:J4JroZ4w0.n
>102
まとまった英文はないだろう。

下記の表1が根拠

http://www.hhk.jp/gakujyutsu-kenkyu/ika/140308-070000.php

1.血糖値を上げるのは糖質だけ(3大栄養素と血糖値)

 米国糖尿病学会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、
タンパク質・脂質は血糖に変わりません(表1)。また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇
させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素
の生理学的特質です。
 1997年版のLife With Diabetes(ADA)では、「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が
血糖に変わる」という記載がありましたが、2004年版では変更されています。このように糖質、脂質、タンパ
ク質のうち糖質だけが血糖値を上昇させます。従って、糖質を摂取した時にはインスリンが大量に追加分
泌されます。脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質はごく少量のインスリンを
追加分泌させます。

>また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇
>させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

ここは別の英文がある。

104
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 08:17:51  ID:Q0nGjaK10.n
そこで質問で申し訳ありませんが、
1) 大量のチーズ摂取でLDL-Cは上昇しますか?
2) LDL-Cが上昇すると、ヤバイんでしょうか?
 どなたかお詳しい方にご解説頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0808-06:00-4)

ここやると思っていたら、その後ない。

MECについて書いていたが、即、削除された。
ここはタブーなんだろう。

教団の教義(ADA2004)については、うそをあばいて欲しい。

105
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 08:31:05  ID:E3VA7AxN0.n
>101
捏造が静脈栄養の例を出してきて、
相対・絶対を説明したところ
もう一度解説してくれ。

106
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/12 09:22:44  ID:bW11x8gH0.n(3)
[2014年8月11日]

私の考察:低脂質食はいずれガイドラインから消え,低糖質・地中海食が主役になる?

 本試験は8年の長きにわたって新規発症2型糖尿病患者に対する食事療法の効果を検討した点で画期的である。

山田 悟
コメント1件

107
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 09:26:31  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>101
言うまでもない話ですが
ビタミンB1はピルビン酸デヒトロゲナーゼ複合体。
解糖してできたピルビン酸をアセチルCoAに変換してクエン酸回路に回すのに必要。
これが足りなくなると、ピルビン酸は乳酸になる。
これが過剰になると乳酸アシドーシス。
糖質の摂取量が減れば必要なビタミンB1も減るし増えれば必要量は増える。

理屈を考えれば当たり前の話。
コメント1件

108
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/12 09:26:42  ID:bW11x8gH0.n(3)
>106
 食事介入法としては,いずれの群でも男性1,800kcal, 女性1,500kcalのエネルギー制限が指導され,
その上で,LCM食ではエネルギー比率として糖質50%未満,脂質30%未満に設定され,野菜や全粒の穀類,白肉(鶏肉,魚肉など),オリーブ油の摂取が推奨された。
一方,LF食でも全粒の穀類が推奨されたが,脂質はエネルギー比率30%未満(かつ飽和脂肪酸はエネルギー比率10%未満)が推奨された。

-----------------------------------
教祖!
 カロリー制限は不要です、肉食べ放題 ではありませんw
 糖質制限です糖質50%未満
 もちろん、 ヘンテコリンな、スーパーなんたら(笑)の修行食ではありません
コメント2件

109
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 09:43:34  ID:ZB9bEzAS0.n
>96
産婦人科医の癖して何も知らんのか
インスリン注射が有った日本でもほんの数十年前までは20−30歳で糖尿病になった女は原則避妊
妊娠したら人工妊娠中絶させるのが普通だったんだよ
妊娠糖尿病は産ませていたけどな巨大児、肥満体質、小児況薪尿病、子供はトラブル続き
ケトン児も外見は小さいだけで五体満足でも中身は発達不足
低出生体重児のリスクも知らんのか大学やり直せ

110
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 11:03:05  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>91
予想通りこんなときだけキン肉マン登場。
完全に想定の範囲内w

体重増加は55キロから57キロなので2キロ増。
この増量分は筋肉が水分を持つからであって筋肉が増えたわけではないと推測。
糖質摂ってないから基本的に体重が大きく増えることはないことも想定済み。
筋肉は一日に7g増えるのが限界といわれているそうで
それから考えると4ヶ月みっちり完璧に筋肉増やしても
たった840gしか増えない計算ですよ。
となれば、それ以上に増えた体重は脂肪じゃないのっと。

111
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 11:09:37  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>75
人権侵害イクナイ!w

112
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 11:37:12  ID:2vnqIq/o0.n(9)
体重は増えてないが筋肉の付き方がなんか全然変わってきた。
元々脂肪があまりないので筋肉の形の変化がわかりやすいのでおもしろい。
大胸筋って脇に向けて斜め下向きにラインができるのな。

扱える重量も増えているんでどのぐらいまで伸びるのか人体実験継続。
初心者ボーナスでそこそこ増えてくれると期待。
しかし10キロプレートを使ったダンベル40キロは足に当たってじゃまです。
デッドリフトの重量を上げるにはもうバーベル買うしかない。
幸い一軒家なので嫁の了解さえ得られたら。。。。

113
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 11:52:37  ID:kz8wcL4H0.n
仏教経典 梵網経(現代語訳)

四十八軽戒(第二〜第四軽戒)
  
2.飲酒戒 酒を飲まず、人にも飲ませない。
3.食肉戒  肉を食わず、人にも食わせない。
4.食五辛戒 五辛(ニンニク、タマネギ、ニラ、ラッキョ)を食わず、人にも食わせない。

 梵網経 解説
http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/BonmouKyou/BonmouKyou0...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他人に酒を売り、飲酒させることによって)
生きとし生けるものに(「わかっちゃいるけどやめられない」と
言った類の)逆様な心を起こさせれば
これは菩薩として、死罪に等しい罪である。

仏教経典『梵網経』(『大正新修大蔵経』24,P1004下段)より

114
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 11:55:23  ID:uOOoHjLsO.n(2)
>107
糖質を消費するときにビタミンB1が必要なんだよな。
摂取するときではなくて。
しかも補酵素として必要なんだから、消費してるわけでもないし。
まあそんだけ自信満々なんだから、糖質1グラム消費するのに、ビタミンB1がなんグラム必要か、しってるんだろ。
コメント1件

115
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/12 12:13:20  ID:bW11x8gH0.n(3)
まーだ、やってんのかw

脚気は、ビタミン不足が原因、白米の喰い過ぎが原因じゃない
普通に推薦量のビタミンB1摂取してれば、白米3杯喰っても、脚気などにはならん
これ、世界の常識

116
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 12:14:46  ID:3hAOVtSG0.n(3)
悪阻
江部先生
こんにちは。
以前も何度か質問をさせて頂いたスペイン在住の者です。
先月、妊娠していることが発覚し、現在10週になります。6週位から悪阻が始まり、今まで食事の中心だった
動物性タンパク質に抵抗を感じるようになってきました。無理に食べずに食べられる自家製無糖質ゼリーを食
べてみたり、一度冷凍させた生ハムを食べたり、ヨーグルトを食べたりとしてみたんですが、一週間で歩くのも
やっとというくらい体力が落ち、これはいかんと思って無理やりまたお肉を食べ始めました。
先週までは無理に食べれていたのですが、今週から見るのも嫌になってしまい、代わりにスモークサーモンば
かり食べていました。が、まず値段も高いのと、調べてみると妊娠中は食べてはいけないそうで、壁にぶち当た
っています。
糖質制限食の中で、ポーチドエッグにマヨネーズをかけたもの、豆乳ヨーグルトぐらいは食べられますが、それ
だけでは身体にも頭にも力が入りません。
せっかく糖質制限によって様々なことが改善されたので続けて行きたかったんですが、日々、悪阻が治まるま
で糖質制限はお休みしようかという気持ちも強くなって行っています。因みに素直に食べたいと思う物は全て糖
質です。
先生からもし何かアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。
2014/08/12(Tue) 05:18 | URL | Espana | 【編集】
Re: 悪阻
Espana さん
妊娠中であるので、優先順位の一番は、摂取エネルギーの確保です。
飢餓では、胎児にも母体にもよくありません。
糖質制限は、一時お休みしてもいいので、
食べることができるものを食べて、兎に角摂取エネルギーを確保しましょう。
2014/08/12(Tue) 10:26 | URL | ドクター江部 | 【編集】

117
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 12:18:00  ID:3hAOVtSG0.n(3)
>96
Re: 日本とアメリカの糖尿病学会誌
宗田先生

同感です。
先生のコメントを取り上げて記事にしたいと思います。

ところでスペイン在住のEspana さんの悪阻と糖質制限食、
なにか産婦人科医としてのアドバイスありますでしょうか?
2014/08/12(Tue) 10:42 | URL | ドクター江部 | 【編集】

118
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 12:19:32  ID:3hAOVtSG0.n(3)
Re: オーソモレキュラー講演会
精神科医師A さん
オーソモレキュラー講演会・・・サプリメント
私は、スーパー糖質制限食を、足かけ13年、実践してしていますが、サプリはゼロです。
糖質制限食実践なら、「必須脂肪酸、必須アミノ酸、食物繊維、ビタミン、ミネラル、微量元素」の
全てが充分摂取できます。
糖質制限食は人類本来の食事、人類の健康食です。
従ってサプリは必要ないというのが、私の立場です。
2014/08/12(Tue) 10:34 | URL | ドクター江部 | 【編集】

関連会社の加工食品よろしく。
コメント4件

119
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 12:21:38  ID:sVDJa2Bi0.n
>118
サプリメント服用している、捏造先生。
どう思いますか?

120
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 15:05:01  ID:pJNHb2Dg0.n(3)
>118
>肉、ゼリー(ゼラチン)、ハム、乳製品
>スモークサーモン、卵とマヨネーズ、豆乳ヨーグルト

生 ま れ る 前 か ら 幼 児 虐 待

>118
こいつ>118の直後に、よくもこんなことをヘラヘラ書けるなぁ
クズすぎる

121
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 15:18:21  ID:pJNHb2Dg0.n(3)
>108-106
>私の考察:
>低脂質食はいずれガイドラインから消え,低糖質・地中海食が主役になる?

山田先生は 「飽和脂肪酸はエネルギー比率10%未満」 という記述を見た上で>108
「神戸牛をふんだんに食べる群(低糖質瀬戸内食群)」 でテストするとか言ってるのかな>76

1日1食を糖質制限と言い張る誰かと似たような気持ち悪さを感じる
脳がやられてるんじゃあ・・・

122
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 15:47:34  ID:pJNHb2Dg0.n(3)
以前、血液検査に行きにくいと書いて(、何件かのアドバイスを貰ったものです。いろいろと ありがとうございました。結局、半年ご無沙汰だった先生の所へ行って、血液検査をしてもらいました。
繰り返しになりますが、昨年11月から夏井先生の本の影響で、糖質制限をはじめ、最初のころは夕食には、トンカツ+サラダ、から揚げ+サラダ、サバカン+サラダさらには豆腐などを食べていました。
昼食は、サンドイッチなどが大半でした。朝食も、パン、果物だったので、プチ糖質制限に近かったと思います。
今年の4月以来、いわゆる肉、卵、チーズ食に移行しました。献立が簡単ですから。
ただし、週末の朝昼は、どうしても炭水化物摂取となっています。パン、果物、麺類などです。
で、検査結果の比較です。

  2013/12 2014/8
グルコース 110 102
尿酸 5.2 6.6
総コレステロール 163 265
HDL 50 66
LDL 86 188
中性脂肪 185 99
HbA1c(NGSP) 6.0 5.7

ただし、昨年12月の数値は、薬あり(尿酸、コレステロール、血圧)のもので、本年8月の数値は、半年間何も薬なしのものです。
総コレステロール、LDLの値がHですが、個人的にはOKで薬を飲むつもりはありません。
この間の体重変化は、69→65kgでした。
ただ、以前は基準値内だった、尿素窒素とクレアチニンが少々オーバーになったのが気になるところです。尿中タンパクは出ていません。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0809-06:00-2)

はい、未来の透析患者さん一名ごあんなーい。チーン

123
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 16:40:04  ID:YVIRDQk70.n
最近、気になっていたことを 1つ質問させてください。

 ADA(米国糖尿病学会 2004)は、3大栄養素について、
   1、血糖を上げるのは糖質のみ
   2、糖質は速やかに吸収され120分で100%糖質に変わる

 これが、糖質制限食の大前提となっています。

(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0811-06:00-3)

--------------------------------------------------------------------------
以前、購入した本を見た。
この通りの文章はない。

無理やり脳内で変換すれば捏造できるレベル。
どうするの、Eさん。

いつも原典は某ブログ。
コメント1件

124
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 16:44:12  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>114
>摂取するときではなくて。
あ、たしかに。

>まあそんだけ自信満々なんだから、糖質1グラム消費するのに、ビタミンB1がなんグラム必要か、しってるんだろ。

どのぐらい必要かはこんな調べ方らしい。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuk...

日本人男子学生に食事性ビタミン B 1 含量が 0.03 mg/日以下となる食事を与え、欠乏症が認めら
れた後に、0.7 mg/日のチアミン塩酸塩を与えたところ、ビタミン B 1 欠乏症は回復した 4) 。0.7
mg/日のチアミン塩酸塩を食事性ビタミン B 1 量に換算するために、相対生体利用率(60%)を考
慮すると、1.17 mg/日となる。実験期間中の食事はエネルギーが 2,400 kcal であることから、食事
性ビタミン B 1 の必要量は、チアミン塩酸塩として、0.49 mg/1,000 kcal 以下と算定される。

125
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 17:16:57  ID:Eql2IkBy0.n(6)
ポイントはだもーんが書いているように、白米や食パン三食ごとに食べたって、
推奨ビタミンB1とっていれば、脚気にはならないってことだろ。
それを静脈注射がどーとか、糖は毒だと思ってないとかぬかすけど、
糖毒説言っている奴と思想は同じとしか思えん。
コメント2件

126
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 17:31:57  ID:YvdNlkgU0.n
目先の糖質にとらわれるな

127
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 17:48:13  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>125
だーれも三食米食ったから脚気になるなんて言ってねーっつの。
ポイントとか勝手に設定するなよ。
何度も繰り返させるな。

128
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 17:54:30  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>125
>糖毒説言っている奴と思想は同じとしか思えん。

米食わなくても結構糖質摂ってるんだよ。
だから糖質の塊でしかない米はできるだけ少なくと言ってるわけで。

でもこの件については発想はむしろ反対で糖質を大量に食うなら
同時にビタミンB1も大量に摂れ、摂りすぎるぐらい摂れっていいたい。
急性症状のでる脚気にならずとも「隠れ脚気」なるものがあるそうで。
コメント1件

129
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 17:55:54  ID:2vnqIq/o0.n(9)
特に糖尿病の人は血中ビタミンB1が75%も少ないとのこと。
http://www.drmakise.com/supplementbible/prescription10.cfm

130
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 18:18:49  ID:U3mejLUG0.n(3)
糖質の摂り方について
江部先生 こんにちは。
ブログの更新、いつも楽しみにしています。
私はスーパー糖質制限食を始めて5カ月になるのですが、最近、食後1時間と2時間の値を測ってみて、どうすればいいのか
分からなくなってしまい、アドバイスを頂けたらと、コメントしています。
Aパターン 
 朝食(毎日同じ内容です) 推定摂取糖質量 12g
  空腹時 140
  1時間後 173
  2時間後 142
  5時間後(昼食前) 116
 2度測定しましたが、ほぼ同じ数値でした。
 ある日の昼食 糖質量 16.5g
  食前 117
  1時間後 164
  2時間後 151
  4時間後 116
Bパターン 
 ある日の昼食 糖質量 5.2g
  食前 127
  1時間後 140
  2時間後 147
  4時間後 137
 ある日の昼食 糖質量 5g
  食前 134
  1時間後 149
  2時間後 148
  4時間後 134
すべて運動なしのデータです。
コメント1件

131
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 18:19:42  ID:U3mejLUG0.n(3)
この結果だけ見ますと、ある程度糖質を摂ったときのほうが、4,5時間後にぐっと下がっていて、少ない糖質量のときは、
大して上がらないけれど、下がりきらないということになります。Bパターンの場合、糖質量が少ないため、追加のインス
リン分泌がないか、少なく、また基礎分泌も少ないために、下げることができないということでしょうか? 
そして、これが大きな疑問なのですが、Aパターンのように、1時間後が180を超えない範囲の糖質を摂り、上がるけれど
下がるほうがマシなのか、Bパターンのように、下がる時間帯がなくても、上げずに、常に中途半端に高い状態でいるほう
がマシなのか、どちらでしょうか? ヘモグロビンは、どちらが高く出るのでしょうか?

また、スーパーを始めて最初の2,3ヶ月は早朝空腹時血糖値が好調で100〜120台でいましたが、7月初旬くらいから徐々
に上がり始め、今では140前後になってしまいました。昼食前も平均で20位高くなり、全体的に底上げという有様です。これ
は、スーパーを実践して最初は下がっても、5か月の間に膵臓がだんだん疲れてきて、悪化してしまったということなのでし
ょうか? ちなみに、糖尿が発覚したときのヘモグロビンは11%台でした。

私のいる部屋には冷房がなく、この季節、朝から晩まで一日中暑くて汗だくです。慢性的に睡眠不足でもあります。そんな
ことも体のストレスになって血糖値を上げているのかと、かすかな望みを持っていましたが、主治医に訊いたところ、代謝の
鈍い冬よりは、夏のほうが血糖値は下がると言われました。やはりそうですか? 先生は、この季節は高い、この季節は低
いなどという傾向がありますか?
これからもスーパーを続けるつもりです。どういう糖質の摂り方をすればいいのか、アドバイスをいただけましたらとても助か
ります。

132
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 18:20:31  ID:U3mejLUG0.n(3)
ストレスと言えば、イライラしたり怒ったりすると、血糖値は上がるのですよね? そうして精神的なことで上がった
血糖値は、気持ちが落ち着くと、ひとりで下がるものなのでしょうか? それとも糖質を摂ったときと同じように、追加
のインスリンが分泌されるのですか? はたまた運動でもしないと下がらないのでしょうか?
先生がテニスをされて上がった血糖値が、お休みになると下がるというのは、やはり追加のインスリン分泌のため
ですか? とても気になります。

血糖値というのは、本当に奥が深いですね。疑問が絶えません。

どうぞよろしくお願いします。
2014/08/12(Tue) 14:52 | URL | Ruru | 【編集】

133
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 18:52:13  ID:jNmUNk5y0.n(7)
>123
元の記述は知らないけど、どうせ、

「炭水化物は血糖値に直接影響を与える」
 ↓
「炭水化物は血糖値を直接上げる」
 ↓
「血糖値を上げるのは糖質だけ!」
みたいなムリ変換では

>130-129
>全体的に底上げという有様です。
>悪化してしまったということなのでしょうか?
>ですよね? でしょうか? ですか? でしょうか?

ゲラゲラゲラww

>これからもスーパーを続けるつもりです。

えっw
コメント1件

134
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 19:06:02  ID:Eql2IkBy0.n(6)
>128
だからその発想が白米を摂っていると脚気と言っているのとほとんど同じだっつーの。
普段の食事で糖質が十分多いから、白米はとらないことが脚気予防って発想。
糖質の過剰摂取によるビタミンB1欠乏を予防のために白米を摂らないって
普通の発想じゃない。
スポーツドリンクなどの清涼飲用水(乳幼児にも親が与えすぎ)、
スナック菓子、インスタント食品、酒の飲みすぎなんかが普通の原因。
それをまずやめて、ビタミンB1含む健康的な食事していたら、
白米食べてたって何の問題もない。
コメント1件

135
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 19:09:00  ID:I/Fodlc00.n
Nさんの糖質制限の講演のスライド
複数から抽出

三大栄養素と血糖

血糖値を上げる食品は糖質のみ
蛋白質・脂質をいくら食べても血糖は上がらない

糖質を食べないと血糖は上がらない

糖質を食べなければ糖尿病になりようがない

136
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 19:16:42  ID:4p2AvMKV0.n
スーパー糖質制限実践者:
糖質12g食って血糖値あぽーーん。

王城メソッド実践者:
スシローで寿司20皿とラーメン2杯とマンゴーパフェ食って筋トレ

137
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 19:34:44  ID:N4UVuk8D0.n
>133
おそらく、下記の表1の
http://www.hhk.jp/gakujyutsu-kenkyu/ika/140308-070000.php

血糖に与える影響
大きい
小さい


「Carbohydrate,protein,and fat contain calories.
Only Carbohydrates directly affect blood glucose levels. 」 3rd Ed,2004

から
血糖値を上げるのは糖質のみ。
タンパク質・脂質は血糖に変わりません。

となったのでは?(この文章は本にはない。)
コメント1件

138
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 19:54:49  ID:/ig0HiyW0.n
Eさんの新しい本購入してちら読みしていたら
とんでもないことが書いてあった。

*私なら自分のがんをケトン食で治療する

このスレの住人なら、これで行方不明になった人知っているのに。

とんでもない本だ。
コメント2件

139
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 21:24:35  ID:jNmUNk5y0.n(7)
>138
癌のことを何も知らないんでしょう
癌の増殖と悪性化の区別もついてない

>137
なるほど、これか

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2042.html
>2004年版「Life With Diabetes」からは
>「糖質・タンパク質・脂質はカロリーを含む。糖質だけが血糖値に直接影響を与える。」
>という記載に変更になりました。
>つまり、「糖質だけが血糖値を上昇させ、タンパク質・脂質は上げない」ということです。

「炭水化物が血糖値に直接影響を与える」なら、「他は間接的に影響を与えないのか?」と思う件について
そして「血糖値に直接の影響が出ない=インスリンもグルカゴンも出ない」じゃないよねっていう

まぁなんとなく面白そうなのでLife with Diabetesの2014年版を注文してみますた

140
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 21:32:07  ID:jNmUNk5y0.n(7)
そしてこれ

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2751.html

>日本糖尿病学会さん、何の根拠もあげずに

>・血糖値に影響を及ぼす栄養素は主に炭水化物ですが、脂質とたんぱく質も影響を及ぼします
>・脂質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります。

>食品交換表に、ADAの見解とは全く異なるこのような記載を載せられてますが、米国糖尿病学会に、真っ向から喧嘩を売っておられるのでしょうか?
>人ごとながら、心配になります。

脂質とタンパク質も血糖値に「影響を及ぼす」のは、正しいのでは?
根拠を上げないもクソも、ADAがそう言っているのでは?

江部先生、大丈夫ですか?
コメント2件

141
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 21:40:13  ID:jNmUNk5y0.n(7)
例えばホエイ(whey)とGLP-1

前スレ>390
>ホエイプロテイン摂取が,GLP-1の分泌を促進することは,マウスを用いた実験で知られている(Endocrinology 2006; 147: 3173-3180)

>ホエイプロテイン摂取時には,食後の180分間を通じてプラセボ摂取時と比べ血糖値が28%低下し,
>インスリン応答とCペプチド応答がいずれも有意に上昇した(それぞれ,105%と43%の上昇)。
>食後30分以内の早期のインスリン応答は,ホエイプロテイン摂取時で,プラセボ摂取時と比べ96%高かった。
>さらに,ホエイプロテイン摂取時には,プラセボ摂取時と比べ総GLP-1とintact GLP-1の値が有意に上昇した(それぞれ,141%と298%)。

脂質もタンパク質もGLP-1に影響しますよねぇ?

142
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 21:50:17  ID:jNmUNk5y0.n(7)
Endocrinology 2006; 147: 3173-80
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16627575
http://press.endocrine.org/doi/full/10.1210/en.2005-1442

ホエイでもオレイン酸でもフツーに下がってるみたいですが、江部先生これは?
直接ではありませんけど、間接的には影響してますよね?

143
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 22:15:32  ID:jNmUNk5y0.n(7)
引用元はどこかなーと思って検索すると、ここの過去ログが引っかかる

http://www.logch.org/body/1326643278/

697 : 病弱名無しさん : sage : 2012/02/03(金) 19:58:51.71 ID:hpteCwToO
> Only Carbohydrates directoly affect blood glucose levels.
> 「蛋白質・脂質は間接的に血糖値に影響をあたえる。」
>ということと思います。
>ていうか、directolyなんて書かないでください。恥ずかしい。

700 : 病弱名無しさん : : 2012/02/03(金) 20:10:37.71 ID:pIHG7Z1k0(3/3)
>だ、か、ら、「血糖値を上げるのは糖質だけ」なんてどこにも書いてないちゅーの!!
>
>わし、人類700万年くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」
>糖質制限は完全無欠のロックンローラーなんだもん
>BMI30アメリカンデブ2型でも、日本人に多いガリ2型でも、1型でも、オールマイティなんだもん
>本買ってください

だもーん2年前から変わってないなぁ
コメント3件

144
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 22:28:13  ID:jNmUNk5y0.n(7)
糖質制限食って、アルコールダイエットのパクリじゃね?
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-535.html

>「酒飲みダイエット」と「アルコールダイエット」どこが違うの???
>同じじゃん

アル中の考えることはみんな一緒

145
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/12 22:32:51  ID:ObFsHDfs0.n
>143
ん、呼んだ?
酔っぱらってる

146
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 22:47:53  ID:4hfjrObF0.n
>138
Eさん実際にがんになったら真っ先に放射線治療受けて抗がん剤治療受けて
体力温存にアイスクリームを貪ると思う
禁酒を厳しく言い付けられ代謝に使ってた酢酸が断たれるから


ブログには書かないけど

147
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/12 23:34:07  ID:2vnqIq/o0.n(9)
>134
あんたの解釈なんか知るかって〜の。
オレの考えは書いたとおり。

148
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 23:34:13  ID:txC1bdas0.n
>>あのにます

筋トレ4か月目
最近筋肉痛が無い 追い込むにも限界重量じゃ回数行かない
軽めでセット増やすべきかな?通常週2日2セットだが今日はウエート軽めで3セット

まだ、筋肉痛にはなってない(筋肉痛無いと筋破壊無いのかな?)  もっと追い込むべきか? てか週3〜4にして部位ごとに鍛えるか どんな感じ?

有酸素もやってるから 週3日が限界かも・・

 
コメント1件

149
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 23:52:21  ID:stT76kAh0.n(3)
激しい筋肉痛
こんにちは。はじめまして。
53歳・男です。
身長166cmですが、体重が78kgありました。
4月初めにスーパー糖質制限にチャレンジし始め、おかげさまで7月中旬には71kgまで減量できました。
7月下旬に夏休みを取得し、東南アジアの国立公園のトレッキングに出かけました。
軽いトレッキングだったのですが、翌日両足の太腿が激しい筋肉痛となり、数日間、階段どころか歩行も
大変辛かったほどでした。
3年前にもこのコースは歩いたのですが、そのころは体が重かったにも関わらず筋肉痛や疲労は感じま
せんでした。
元々炭水化物を多く摂る食事はしていなかったので、朝食の果物をマヨネーズたっぷりのサラダに、昼食
のご飯を茹で卵3個に、夕食時のビールをウイスキーに変えた程度でカロリー不足にはなっていないと思
います。
ただ、旅行先でのスーパー糖質制限は大変困難なため、トレッキング前の3日間は炭水化物も普通に摂
る食事でした。
ご多忙のところ大変恐縮ですが、この筋肉痛に関する江部先生のご意見やアドバイスをいただければ幸
いです。
よろしくお願いいたします。
2014/08/12(Tue) 19:39 | URL | マヨネーズマン | 【編集】
コメント3件

150
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 23:53:06  ID:stT76kAh0.n(3)
>149
Re: 激しい筋肉痛
マヨネーズマン さん
この件に関しては
経験がないので、よくわかりません。
「しかし、日本でスーパー糖質制限食実践、
東南アジア到着後、3日間、炭水化物を普通に摂取」
これってまさに、「カーボローディング」ですね。
「カーボローディング」は一時は一世風靡でしたが、最近は批判もあるようですね。
カーボローディングの弊害の一種かもしれませんね。
2014/08/12(Tue) 22:18 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

151
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/12 23:55:51  ID:stT76kAh0.n(3)
糖質制限の食事療法のPFCについて
江部先生
いつも貴重な情報ありがとうございます。
質問したい事が二つあります。
1)糖質制限食事療法のPFCバランス比率は、いくらですか?またその根拠はありますか?
2)高雄病院「糖質制限給食」朝 昼 夕 14日間完全プログラムに記載されている糖質制限の
パンの栄養価(エネルギー、PFC、塩分)は、いくらですか?
お願いします。
2014/08/12(Tue) 16:30 | URL | 栄養士R | 【編集】
Re: 糖質制限の食事療法のPFCについて
栄養士R さん
スーパー糖質制限食では、1食の糖質量を10〜20g以下を目指します。
高雄病院給食の1回の糖質量は、7〜8gから17〜18gです。
朝昼夕の高雄病院給食のPFCバランス比率は、平均値で
P:32% F:56% C:12%
です。
糖質制限パンの栄養価は、高雄病院栄養科に確認してみます。
2014/08/12(Tue) 23:20 | URL | ドクター江部 | 【編集】

152
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 00:07:35  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>148
アドバイスできるようなことはないですね。歴も同じですから。

単純にやってることだけ羅列すると
最初のセットで8Repから10repできる重さで3セット。
セットごとにRep数が減っていくので
Rep数が少ないと感じたら重さをちょい減らして更にセット数を稼ぐ感じ。

週の回数に関しては部位を変えてできるだけ毎日。
仕事の都合や飲み会などで自動的に休日ができたりするので。

気分で有酸素もしてたけど最近は筋トレメインにしてる。
オレの場合は痩せる必要は一切ないからあまり意味ないかなと。

筋肉痛はオレもあまりひどいのは出ない。慣れちゃってるんだね。
そんなもんでしょ。

153
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 00:18:19  ID:OtVLzatF0.n
>Rep数が少ないと感じたら重さをちょい減らして更にセット数を稼ぐ感じ。

セット数が大事かな やってみる 
毎日は凄いよ 宅トレ? 俺も筋力付いたら部位ごとトライしてみる サンクス!
コメント1件

154
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 06:15:17  ID:nctP8P+y0.n(5)
>149-148
>軽いトレッキングだったのですが、翌日両足の太腿が激しい筋肉痛

気になってPubmedでmyalgiaを検索すると、候補に"myalgia q10"って出た
「スタチンでの筋肉痛/ミオパチーは、CoQ10が低下するせいじゃないの」って仮説っぽい
まぁインスリン↓mTORC1↓SREBP2↓HMG-CoA↓ならCoQ10も低下している悪寒
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23725917
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24176465

下にあるような筋損傷による発痛物質が原因だとしたら、発痛物質の代謝が遅れているのか、
修復/炎症の回復過程がおかしいのか
何にしても嫌な予感しかしないんだもん
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/pain-muscle.html

155
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 06:24:24  ID:nctP8P+y0.n(5)
>149
>元々炭水化物を多く摂る食事はしていなかった
>朝食の果物をマヨネーズたっぷりのサラダに
>昼食のご飯を茹で卵3個に
>夕食時のビールをウイスキーに変えた

Q10どころかミトコンドリア全滅してそうだな、この小デブは

156
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/13 09:00:18  ID:/IdvMYLDO.n
>150
カーボローディングやると筋肉痛になるんだw
アスリートは糖質制限できないねw
コメント2件

157
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 09:17:20  ID:y4+zCQyz0.n
>150
Re: 激しい筋肉痛
江部先生、ご回答ありがとうございます。
カーボローディングについて調べてみます。
また、スーパー糖質制限を続けながら筋肉痛を発症するかどうか観察を続けます。
何か変化がありましたらご報告いたします。
ありがとうございました。
2014/08/13(Wed) 05:02 | URL | マヨネーズマン | 【編集】

158
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 09:30:52  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>153
宅トレ。だから毎日できるんですね。もちろん部位は変えながらやります。
セット数が大事というか、重い重量できっちり追い込みきれるなら
少ないセット数でいいんだろうけど、
追い込みきれてない自覚があるのでそこをセット数で追い込む。
最後の方は軽い重量でもrep数が少なくなるのでそこそこ追い込めてるんじゃないかなと。

159
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 09:45:14  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>156
筋肉痛の是非は別にして、こういう仮説はいかが?

筋肉痛は主に速筋の損傷によって発生する。
(筋肉のほとんどが遅筋の10歳ぐらいまでの子供は筋肉痛にならない)
カーボが十分に供給されていれば速筋が多く使われるが
カーボが十分に供給されなければ速筋よりも持久系の遅筋の比重が増える。
だからカーボローディングで速筋を使う比重が高くなれば
筋肉痛になりやすい、ということは可能性としてはあり得る。

スポーツにおけるカーボローディングを否定しているのではないので念のため。

160
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 10:11:16  ID:nctP8P+y0.n(5)
>156
耐糖能が壊れた信者がカーボローディングやると危険かもしれないなー
数スレ前にもカーボ取りながらマラソンやって、耐糖能が壊れたオッチャンがいた

>糖質制限しているのに高血糖
>58歳の男性です。身長170センチ、体重56KGです。糖尿と診断されて10年ぐらいです。
>先生のブログに出会ってから5年近く糖質制限と食後の運動等を行い、おかげで薬なしでA1Cも悪くて6%前半を維持してきました。
>しかし、この1、2年近くは急に数値が悪くなっては超速効型の薬を飲んだり、節制するなどして数値を下げるの繰り返しでした。
>しかし、1月、2月のA1Cは9%→10.3と悪化。ついにアマリース(0.5)とインクレチン薬を飲む破目に。
>この薬を飲み始めて2週間後の空腹時の血糖値は335→255(病院で検査)です。
>
>年末にフルマラソンに参加したのですが、レース前後の練習で糖質を摂取する機会が多く、高血糖になったまま、その後も激しい練習をしました。
>さらに、練習による体重減防止のために食事量も増えました。たぶん、基礎分泌が不足しているために逆効果になったのでしょうか?
>次の検診で結果が悪ければ、主治医の紹介で専門医で基礎分泌を調べてもらうつもりですが、カロリー主義の治療にはどうも抵抗があります。
>先生の著作を読み、糖質食にはかなり知識はあるつもりです。今後も投薬をしながら、糖質制限も継続したいと思います。ただし、運動はどうしたらいいでしょうか?
>現在は最低でも昼食及び夕食後は30〜40分のウォーキングを行っていますが、運動は当面しないほうがいいのでしょうか?
>2014/02/28(Fri) 18:36 | URL | ライオン | 【編集】

糖尿病は血糖値が上がるだけの病気じゃなくて、血糖値の上げ下げの調節が狂う病気
運動は健康にいいという「常識」と、糖質制限とカーボ何とかを素人がテキトーに組み合わせてもダメだろ
怖いってマジで。アポーン

161
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 11:32:28  ID:Va9XfnTD0.n
【アメリカ】ロビン・ウィリアムズさん自殺、
Hollywoodをむしばむ薬と酒…アルコールとコカイン中毒に陥り、
更生施設への入退院繰り返す
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仏教経典 梵網経(現代語訳)

四十八軽戒(第二〜第四軽戒)
  
2.飲酒戒 酒を飲まず、人にも飲ませない。
3.食肉戒  肉を食わず、人にも食わせない。
4.食五辛戒 五辛(ニンニク、タマネギ、ニラ、ラッキョ)を食わず、人にも食わせない。

 梵網経 解説
http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/BonmouKyou/BonmouKyou0...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他人に酒を売り、飲酒させることによって)
生きとし生けるものに(「わかっちゃいるけどやめられない」と
言った類の)逆様な心を起こさせれば
これは菩薩として、死罪に等しい罪である。

仏教経典『梵網経』(『大正新修大蔵経』24,P1004下段)より

162
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/13 13:14:04  ID:4nIBG5/g0.n
糖質制限1年です。
健康診断で中性脂肪や血糖値などは良好ですが、
γGTPなどの肝臓に関する値が高くなっていました。
あとLDLも高めです。レントゲンでみると肝臓が真っ白で
脂肪肝の判定がでました。

糖質は制限していますが酒量は制限していません。
私の勝手な推測ですが糖新生とアルコール分解の
二役に肝臓が耐えられず脂肪肝を起こしているのではないかと
考えています。

お詳しい方にお聞きしたいです。
コメント3件

163
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 13:40:39  ID:3J+Qk7C70.n
>162

GOT,GPT,γ-GTPなど肝機能は良好になると思う。
数値的には、10〜15ぐらい。
悪くても、20を上回ることはない。

酒が原因だと思う。
自分は酒は飲まない。

164
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 13:42:17  ID:QsZxNpK60.n
>162
酒やめた方がいいよ
俺別に肝臓は悪くないけど
糖質制限で減量も考えてるので
最近平日の晩酌は控えてる
控える前の血液検査で
γ-gtpが4月時点で65で
毎日糖質ゼロ発泡酒500ml二本
休肝日なしで糖質制限のみで
8月9日の数値が27に下がってるので
糖質制限が肝臓悪化の原因では
無いと思う
ちなみに晩酌やめたのは先月27日から
週末は解禁で糖質ゼロ発泡酒500ml2本
です

165
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 13:48:32  ID:nctP8P+y0.n(5)
>162
アルコールはNADHを生じる
脂肪の分解もNADHを生じる

>私の勝手な推測ですが

勝手な推測だね
今すぐ酒か糖質制限をやめれ

166
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 14:48:34  ID:Ex72DuwM0.n
Eさんの新し本にによると

糖質制限食を始めると、脂肪肝はたちどころに改善
します。と書いている。

ただし、これを信じていはいけない。
おかしい場合は食事、アルコールを疑う。

167
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 14:59:22  ID:pPPf+kR/0.n(7)
江部センセの「糖質制限食パーフェクトガイド」誰かかってないの?
高いから全く買う気がないが立ち読みしようにもどこにも置いてない。
臨床データとかあるなら見てみたいんだけど。
コメント1件

168
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 15:01:17  ID:UzMHX4+B0.n
臨床データは、ありマース

169
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 15:11:59  ID:A42yC+wC0.n(2)
>167
江部さんの本は、ブログを
ゴーストライターがまとめたもの。

新しいことは書いていない。

このスレの方が、症例が多い。
考察も多い。
コメント1件

170
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 15:17:04  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>169
読んだ?
糖質制限している患者さんの血液データなどの統計とかないのかな?
コメント1件

171
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 15:17:50  ID:A42yC+wC0.n(2)

172
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 16:19:25  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>171
意味ねーーーー!なんでそういうデータ出さないの?出せないの?

173
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 18:25:41  ID:lvFimHBq0.n(2)
郡山の新井医師

不老長寿の秘薬

SGLT2阻害薬、ゼチーア、ラジレス、プラセンタ、リピディルを

SGLT2阻害薬、ゼチーア、アジルバ、プラセンタ、リピディルに変更

リピディルを追加して1週間であるが、体脂肪が減り始めた印象である。
私には、中性脂肪代謝障害(未だ定説ならず)があった可能性がある。
今後が楽しみになってきた。
コメント2件

174
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 18:28:26  ID:lvFimHBq0.n(2)
SGLT2阻害薬と食事療法。痩せ続ける?
2014年08月13日 (水)

-------------------------------------------

捏造先生

新井医師と江部ブログの違いは?
コメント1件

175
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 18:36:18  ID:dwnBrvP70.n
五辛【定義】(タマネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョ、生姜)

5つの、辛みのある野菜のこと。大蒜(おおにんにく)・革葱(おおにら)
・慈葱(ひともじ)・蘭葱(にんにく)・興蕖(こうく)をいう。
なお、道元禅師は『宝慶記』にて、如浄禅師から初心の弁道に於いては、
五辛を食べてはならないと指示を受けたと示し、また『衆寮箴規』でも、
五辛を衆寮の近くにもってきてはならないと示している。


『梵網経』では、五辛を食べることを、四十八軽戒の一として誡めている。
  ↓
若仏子「五辛を食することを得ざれ。大蒜・革葱・慈葱・蘭葱・興蕖となり。
この五種、一切の食の中に食することを得ざれ。もし故らに食せば、
軽垢罪を犯す」と。 

『梵網経』第四軽戒
http://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%B8%DE%BF%C9

176
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/13 19:03:49  ID:pPPf+kR/0.n(7)
>174
前にも言ったでしょ。
あなた自身の意見は?

177
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/13 21:36:47  ID:nctP8P+y0.n(5)
Glut1欠損によるてんかんにはトウゴマ(castor bean)由来のトリプタノインが有効
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/08/140811165819.htm

>For the estimated 38,000 Americans suffering from this disease, the only proven treatment has been a high-fat ketogenic diet, which only works for about two-thirds of patients.

>In addition, this diet carries long-term risks, such as development of kidney stones and metabolic abnormalities.

ケトン食の安全性は確認されてるって言ってたよね?
また嘘か、このクズ
コメント1件

178
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 07:12:30  ID:2jwVEhyP0.n
これ出てたっけ

Negative effect of a low-carbohydrate, high-protein, high-fat diet on small peripheral artery reactivity in patients with increased cardiovascular risk
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22850317

179
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 08:52:25  ID:7EdJNy9c0.n(4)
確実に改善してます
久しぶりに投稿させていただきます。
2011年12月、スタンダードから始めた糖質制限食も33ヶ月を過ぎようとしています。
途中からスーパーに変更し、SU剤やベイスンを中止しレベミル6単位とネシーナに変更し、
さらにトレシーバとジャヌビア6単位に変更しました。
制限食開始当初のHbA1Cが7.8で最近は6.2〜6.8の間で推移しています。
インスリンの基礎分泌量が不足しているので、注射で不足分を補って現在に至っています。
トレシーバも6単位――>5単位――>4単位となり、最近では4単位でも空腹感や眠気
が出ることが有ります。
早朝空腹時血糖値は100〜130mg/dl,食後血糖値は2時間で140mg/dl以下、食後1時
間で160mg/dl以下の範囲です。
トレシーバ4単位で、どの程度血糖値の上昇を抑えているのかを見るため、注射を休止して
みました。
休止後1〜3日間は空腹時が120前後、食後1時間で150l前後、2時間で130前後でした。
4日目 食前140、1時間後174、2時間後131
5日目   158     188     156
まだインスリン離脱は時期尚早のようです。
コメント1件

180
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 08:52:56  ID:7EdJNy9c0.n(4)
糖尿病と診断されて今年でおおよそ24年、その前4〜5年は健康診断で尿糖が検出されたり、
されなかったりを繰り返していたので、それも含めると30年近くになります。
糖質制限に出会うまでは従来のカロリー制限食と服薬で、治療開始時は血液検査結果は改善
を示していました。
空腹時血糖値100台で推移しておりましたが、次第に空腹時血糖値と食後血糖値が上昇し、特
に食後の血糖値が乱高下するようになってきたのです。
検査結果を振り返ると、食後で最高300程の時期もありました。
これでは、治療しながら悪化したのも肯けます。
従来の治療を受けている多くの方々が、この事実に気づいて糖質制限食にたどり着いてくれれば
と願います。
最後に、私が先生の著書をプレゼントした7〜8名の方々も全員改善しております。
2014/08/13(Wed) 23:02 | URL | 解決ZERO | 【編集】

181
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 08:54:49  ID:7EdJNy9c0.n(4)
胃瘻患者での臨床研究
日本老年医学会雑誌51巻増刊60頁, 2014

O-45
胃療栄養患者における糖質制限食の有効性について
医療法人平成博愛会博愛記念病院1)、平成アメニティ2)
元木由美1)、大和 薫1)、武久敬洋1)、伊井節子2)、武久洋三1)
【目的】

 糖質制限食は食後過血糖改善・インスリン分泌量減少効果により血糖コントロールを改善させるため、
糖尿病の食事療法として有効と考えられるが、炭水化物を好む日本人にとって自主的な糖質制限の徹
底および継続は困難なことが多い。

 当院は高齢者中心の慢性期病院で多くの患者が胃瘻による経腸栄養管理を行っている。今回胃瘻栄
養患者における糖質制限食の有効性について検討した。
【方法】

1. 胃瘻栄養中の糖尿病患者13名に対して糖質制限食(糖質:33%、脂質:42%、蛋白質:25%)を提供(平
均153日)し、食後過血糖の改善効果及び内因性インスリン分泌能を比較した。

2. 胃瘻栄養中の非糖尿病患者7名に対して同様の糖質制限食を提供(平均233日)し、インスリン分泌量減
少による肥満改善効果を検討した。
コメント2件

182
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 08:55:33  ID:7EdJNy9c0.n(4)
【結果】

1. 糖尿病患者13名は糖質制限食提供前後で食前血糖値138→116、食後血糖値195→136、
HbAlc 6.48→6.20と共に有意に低下した(P<0.05)。

 9名は薬物治療の中止及び減量後もHbAlc 6.15→6.12と良好な血糖コントロールを維持でき
た。内因性インスリン分泌能をCPIで比較し、食前CPIは2.0→ 1.3と有意な低下を認めた(P<0.05)。

 糖質制限食による蛋白負荷で尿蛋白量が増加した4名の患者の糖質を47%に変更したところ、
尿蛋白量が減少、血糖コントロールも良好で、うち1名は約1年間糖質制限を継続できた。

2. 非糖尿病患者は食前及び食後CPIの有意な変化はなく、高脂肪食であるが内臓脂肪等の肥
満の数値も不変だった。

【結論】

 糖質制限食は食前及び食後血糖の上昇を有意に抑制した。それに伴い薬物治療を中止でき
た症例もあり有効な治療法と思われた。

 しかし腎機能の低下した高齢者では蛋白負荷が負担になり、全例での継続は困難であった。

 今後は腎機能の程度に応じて糖質割合を変更し、胃瘻栄養患者に糖質制限食を継続するこ
とによる効果を検討していきたい。
2014/08/13(Wed) 22:08 | URL | 精神科医師A | 【編集】


183
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/14 09:15:33  ID:iMfwvTuhc(3)
>177
Juan M. et al.
Triheptanoin for Glucose Transporter Type I Deficiency (G1D).
JAMA Neurology, 2014; DOI: 10.1001/jamaneurol.2014.1584
トリヘプタノインね。

184
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 11:24:14  ID:hYBw0RTr0.n(3)
相変わらずの難波先生、とうとう一日二食に

http://blog.goo.ne.jp/motosuke_t/e/bd6e71eecbccffb3f596cb05caf98e2c
先週の金曜日に受診した検査データが送られてきた。
HbA1c 5.9% (4.6〜6.2)、血糖値(空腹時)117mg/dl (70〜109)で、他は肝機能、腎機能、血液学検査、血清脂質等も異常がない。
インスリン 3.8、Cペプチド1.07とだけ印字されている。インスリンの基準値は5〜15μU/ml、Cペプチドの基準値は1.2〜2.0ng/mlとなるはずだ。

昨年10月に測定した値ではHbA1cが6.0で以後3月に6.4まで上昇したので「食べ過ぎ」と判断して1日2食にした。

糖質制限食だが、肉魚野菜が主体とはいえ量を食べればその分炭水化物の量も増える。朝起きて昼過ぎまでにその日の仕事を片づける。胃に入れるのはパルスィートを滴下したコーヒーのみ。これで今回は5.9と基準値内に納まったというわけだ。

ところが空腹時血糖値の方は、14時間絶食してもなかなか140mg/dL以下にならない。今回はじめて117という値になった。これは1日2食と16時間絶食のせいだろう。これだけ絶食すれば空腹感や低血糖発作が起きるかと思いきや、全然ない。

5年前、2009/8にアマリール1錠で治療中の血糖値(空腹時)が205mg/dL、HbA1c値が6.7%だから、それに比べると今は無治療で血糖値117、HbA1c5.9だから、ほぼ正常化したといえるだろう。

酒は相変わらず35%の「果実酒用甲類焼酎」をお湯割りして飲んでいる。不純物がないぶん、後引きがなくてよい。

http://blog.goo.ne.jp/motosuke_t/e/04eb8bc6f32c8a132349c2ce0aebe263
私の場合は身長166cmなので、標準体重は60.6Kgとなるが、実体重は45Kg
コメント2件

185
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 11:45:53  ID:hYBw0RTr0.n(3)
>179-178
>確実に改善してます

え?w
糖質を制限してこのザマ↓なのに?w

>4日目 食前140、1時間後174、2時間後131
>5日目   158     188     156

ちなみに去年のカイケツ↓

496 2013/05/05 22:20 病弱名無しさんs
解決ZEROさんから、 糖質摂取実験の結果をコメントいただきました。
<糖質摂取実験>
開始時間 血糖値
午前5時 105 6枚切り1枚(糖質約27g)
 5時30分 154
 6時    231
 6時30分 242
     :
解決ZERO さんの場合、1gの糖質が、90分後のピーク時には、 血糖値を5mg上昇させていますね。
1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を3mg上昇させ、 1型糖尿人なら、5mg上昇させます。

186
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/14 11:57:01  ID:iMfwvTuhc(3)
>184
食べ過ぎ云々より
基礎インスリンが出ていないので、それだけは打ったほうが
いいと思われ。

187
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 11:53:02  ID:hYBw0RTr0.n(3)
>181-180
>内因性インスリン分泌能をCPIで比較し、食前CPIは2.0→ 1.3と有意な低下を認めた(P<0.05)。



>糖質制限食による蛋白負荷で尿蛋白量が増加した4名



>4名の患者の糖質を47%に変更したところ、尿蛋白量が減少、血糖コントロールも良好で、

うん

>うち1名は約1年間糖質制限を継続できた。

4名中3名が脱落w

>今後は腎機能の程度に応じて糖質割合を変更し、胃瘻栄養患者に糖質制限食を継続するこ
とによる効果を検討していきたい。

なにこの患者ギャクタイ病院
オモチャじゃねーんだよw

188
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 11:56:10  ID:RIi7Wyz40.n
>184
>私の場合は身長166cmなので、標準体重は60.6Kgとなるが、実体重は45Kg

BMI 16.3

いづれ寝たきり。

新井、田頭医師、捏造  1日1食


痩せられず、薬服用
コメント1件

189
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 12:05:26  ID:gcMyyC5N0.n
>188
江部ブログより

◇血中ケトン体濃度が上昇する.
◇尿にケトン体が出る.
◇肝臓糖新生が亢進(注1)して肝中グリコーゲンが枯渇する.

その結果;
◇サルコペニアが懸念される
◇ケトアシドーシスの可能性がある.


これ,糖質制限食について書かれたのではありません. これはメディカル朝日の2014年8月号P.30に掲載されていた,
『SGLT2阻害薬と食事療法』という記事の中で,SGLT2阻害薬により発生する問題点として挙げられていることです.

(注1) SGLT2阻害薬は肝臓の糖新生を亢進させる
J. Clin. Invest. Vol.124(2), 509-514, 2014

190
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/14 12:24:21  ID:iMfwvTuhc(3)
基礎インスリンが出てない
重症2型糖尿病とか1型糖尿病は
痩せるんだよね。
インスリンは肥満ホルモンの側面があるから。

191
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 12:32:07  ID:YACdxGBt0.n
1日一食で豚肉400gて・・・
コメント1件

192
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 12:39:36  ID:o0JlBlj50.n
>191
小食ってこれかよ。

捏造も血液検査しよう。
コメント1件

193
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/14 12:50:59  ID:0vB8WbVj0.n(2)
>192
そんなに食えるわけないだろ。
そもそも1食でもそんなに空腹感があるわけじゃないので
ばかみたいに食べることはできません。

ただし、飲み会の日は昼に腹になにかを入れることにしています。
空腹だと酔いが回りやすいので。

194
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 12:59:57  ID:6OtRSRGW0.n
Nさんのホームページでやっていた

・チーズとLDL

・教団の教義(ADA2004)

わざと終わらせたの?

最後までやってよ。
コメント1件

195
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/14 14:14:37  ID:0vB8WbVj0.n(2)
今朝久しぶりにオムロンさんに乗ってみたら体重が57.8でした。
増えてるというほどでもない微妙な数字。体脂肪率は9.9で殆ど変わらず。
プロテインに関しては当初無難にWPCのマックスロードを買って飲んでいたんだけど
甘ったるいのが我慢ならず、WPIのアルプロンに変更。
もう純粋にタンパク質だけってのが男らしい。
甘みを抜いた粉ミルクのような味で個人的には飲みやすい。
無糖コーヒーに入れて飲むのがおすすめ。
朝と夕のトレーニング後に摂取。

なお、私の場合、守るべきものも宗教心も利害関係もございませんので
人体実験の経過において問題点やトラブルがあれば
包み隠さずここで開示することをお約束しますよ。

196
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 16:37:07  ID:6oQWI8FKO.n
白米食べ過ぎて脚気になってみりゃ良いじゃん

197
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 17:22:00  ID:ymwgBafh0.n
>9月27日(土)の「豚皮揚げを食べる会 in 静岡」ですが,依然として出足がちょっと遅いようです。残り枠10名とまだまだ余裕がありますので,ご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。
>(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0806-07:30-8)

田頭先生は糖質制限+蛋白質制限に転向したので、参加しません

>194
>教団の教義(ADA2004)

マトモな人なら江部の間違い>143に気付いちゃうから、マトモでないメールしか来ないのでは
夏井センセはお話にならないし

>チーズとLDL

夏井センセはお話に(ry
コメント1件

198
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 17:27:48  ID:mXccXf7p0.n
>197
・教団の教義(ADA2004)

As much as 100% of the carbohydrate you eat may be changed into
glucose in your body.

All absorbable carbohydrate foods turn to sugar in the blood. In equal
amounts, sugar and starch affect blood glucose in a similar way.

Most carbohydrate is digested and absorbed within 2 hours after eating.

Fat takes longer to be digested and absorbed. Because fat leaves the
stomach more slowly, it slows down how fast carbohydrate (including
sugar) reaches the bloodstream. glucose.

Your body needs all the nutrients to feel good, repair itself, and fight
disease. We all need carbohydrate, protein, and fat every day.

血糖値を上げるのは糖質だけ(3大栄養素と血糖値)

 米国糖尿病学会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、
タンパク質・脂質は血糖に変わりません。また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇
させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素
の生理学的特質です。
コメント3件

199
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 17:30:20  ID:udKXnpE60.n
>198
江部さん!

どうするんだYo!

200
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 17:43:21  ID:e1IElBjd0.n
>198
訂正

Fat takes longer to be digested and absorbed. Because fat leaves the
stomach more slowly, it slows down how fast carbohydrate (including
sugar) reaches the bloodstream.

201
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 17:46:31  ID:Q20yr3d30.n
>198
ということは

教団の教義は捏造ってことですか?

202
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 18:16:51  ID:FtmUjfGQ0.n
「STAP細胞はありまぁす」

血糖値を上げるのは糖質だけ(3大栄養素と血糖値)

すごーい。

本や講演で利用するよ。
-------------------------------------------------

Nさんの糖質制限の講演のスライド
複数から抽出

三大栄養素と血糖

血糖値を上げる食品は糖質のみ
蛋白質・脂質をいくら食べても血糖は上がらない

糖質を食べないと血糖は上がらない

糖質を食べなければ糖尿病になりようがない

-------------------------------------------------

Wも利用。MECでLDL爆上げ。
コメント2件

203
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 18:46:41  ID:KXHINhtR0.n(2)
>173
https://www.facebook.com/keisuke.arai.372/posts/644370519010247
>新井 圭輔
>8月11日 19:21

>糖尿病学会員への問題
> 『糖尿病体質では、糖質1g摂取につき、血糖値は3mg/dl上昇する。
>糖質55?60%の食事を推奨するということは、1日3回食事の度に、糖質100g摂取させるとしても、+300mg/dl血糖値を上昇させることになる。
>血糖値コントロールを目標とされる患者において、明らかに矛盾していると思われるが、このことの正当性を証明せよ』
> 参考意見:(10歳の子供の感想)『がん患者のがんを治すのに、いったん大きくする必要があるの?』

なるほど
ヒトはどうせ死ぬんだから、生まれない方がいいってことですかね?w

つかこの人ヤバイ
誰か助けてあげて

204
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 19:09:04  ID:luYPRsIh0.n
>173
捏造先生。

この薬を服用している人が病気として
(新井さんのことではない)

どのような病気を予想しますか?
また、

ラジレスをアジルバに変更した理由は?

・そんなのわかるかよ。あんあたが先に答えれば。

  その通り。
コメント1件

205
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 19:32:18  ID:ONiU7BW80.n
>202
捏造先生。

>糖質を食べなければ糖尿病になりようがない

これはわかりにくいね。

・健常人が糖質を食べないと、糖尿病にならない。← これはどうかな?
・糖尿病の人が糖質を食べなければ、数値は正常。
コメント2件

206
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 20:37:04  ID:WyKAq6zG0.n
>140
ADAが言っているっていうのは

教団の教義よりも
糖尿病学会のほうが近いね。

207
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 21:33:42  ID:KXHINhtR0.n(2)
>202>205
>糖質を食べなければ糖尿病になりようがない

医学大辞典にはフツーに飢餓糖尿病(starvation diabetes)の項目があるしなぁ
俺なら質問タイムで医学大辞典を読み上げるけど

208
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/14 23:58:00  ID:0DE8WMD80.n
五辛(タマネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョ、生姜)を食ふべからず、
肉を食ふべからず、
多く乳並びに蜜等を食ふべからず、
飲酒すべからず、

諸の不浄食を食ふべからず、諸の生硬物を食ふべからず、
久損せる山茶、及び風病薬を喫すべからず、
諸の椹を喫することなかれ、多く乳並びに蘇蜜等を喫することなかれ、
扇ダ・半荼迦等の類に親厚することなかれ、
多く梅干し及び乾栗を喫することなかれ、
多く龍眼・茘枝・橄欖を喫することなかれ
多く沙糖・霜糖を喫することなかれ、
兵軍の食を喫することなかれ



曹洞宗の開祖 道元 著書「宝鏡記」より

209
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 00:53:11  ID:KL4OEwDT0.n(3)
>204
わかりやすく書いて。なにが言いたいの?意味不明。
薬にあんまり興味ないし。
さすがのコミュ障。

210
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 01:02:30  ID:f/ZpouXx0.n
『憂食論 ──歪みきった日本の食を斬る!』(柏井壽 著/講談社)より

「鮨もラーメンも、とんカツも食べずして痩せたとしても、微塵も嬉しくない。こんな旨いものを食わずして、何が愉しいのか。
そもそも痩せれば健康になれると思っていることからして、間違っている」

「人類を滅ぼすとまで言うのなら、著者は瑞穂の国から去りなさい。糖質制限食ダイエットの著者も然り。
自らの不摂生が招いた肥満を、炭水化物のせいにし、それを制限することで痩せた、痩せたと大喜びしている様は、
みっともない!の一語に尽きる。糖質バンザイ」
コメント1件

211
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 01:03:11  ID:KL4OEwDT0.n(3)
>205
アルコールの代謝が出来ない人はアルコールの摂取するなというレベルの話じゃないですかな?

代謝できるなら食べたいだけ食べればよろし。
その代謝能力が分かればだけど。

212
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 07:39:06  ID:cL3oLqak0.n(3)
>210
キター

>自らの不摂生が招いた肥満を、炭水化物のせいにし、
>それを制限することで痩せた、痩せたと大喜びしている様は
>みっともない!の一語に尽きる

江部、夏井、田頭センセ、顔真っ赤(でも言い返せない)
コメント1件

213
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 08:20:03  ID:cL3oLqak0.n(3)
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-373.html
>糖毒カルト系のブログなんかを見たりすると、糖を吸収できない自分の身体のどこかが悪いとは考えず、悪いのは「糖」というあさっての理屈で、
>「治らないのは病院が悪い」だの、「悪徳医者のせい」だの、「糖尿病学会が悪い」だの、果ては「製薬会社の陰謀」だの、全編に渡り恨み節とルサンチマンの塊です。

>私なんか、これらを見ると、
>お前ら、たまたま糖尿病になっただけで、元々悪いのは頭の方じゃないのか?
>と、よく思います(笑)

頭も悪くなる糖質制限
コメント1件

214
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 08:29:00  ID:KL4OEwDT0.n(3)
>213
陰謀論はアレだが、
頭が悪いのは同レベル。
糖代謝能力に応じた糖しか食えないという話。
それは個人の能力。
分泌能が低けりゃ仕方ない。
王城くんもそういったよな。

ビール二杯飲んでぶっ倒れる人はビール一杯でとどめましょう。
身体が悪いと言えばその通りですが、別に必須アルコールはありません。
コメント2件

215
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 08:58:39  ID:NjZ/0wT+0.n
>214
新井さんのように

「不老長寿の秘薬」
飲もうよ。

216
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 09:34:09  ID:mUzoaNSzH
http://genetics.fc2web.com/file/klotho.html
不老長寿を目指すならエディロールも飲まなくちゃ。

217
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 10:06:33  ID:cL3oLqak0.n(3)
>214
酒は飲むほど耐性が上がる
糖質も取るほど耐性が上がる
そして糖質は運動しても吸収される

頭悪いね
コメント2件

218
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 14:41:55  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>217
>糖質も取るほど耐性が上がる

え?多ければ多いほどいいって主張?

219
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 14:46:00  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>217
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2011/12/post_1347.html

>酵素が増加すればアルコールがアセトアルデヒドに分解されるまでの
>スピードが速くなるため、酔うまでの時間が遅くなるわ。
>その結果、アルコールの摂取量を増やすことができるのよ。
>
>でも2日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解能力がUPするわけではないから、
>2日酔いになる可能性は変わらないわ。

>アルコールは百薬の長と言われるけれど、それは適量を守って飲んだ場合のみ。
>自分のアルコール分解能力を超えた量の飲酒は、肝臓に負担をかけるだけよ。
>無理をせず、自分の体質に合った量を飲みましょうね。

220
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 16:23:48  ID:ckqEPPsU0.n
アホか
糖質だけじゃなく、タンパク質や脂質も代謝に限界があるんだよ
タンパク質、脂質を代謝するのにどれだけ消化酵素を必要としているか知らんのか
特にタンパク質は消化分解する過程で身体に有害なアンモニアを生成するからな
コメント2件

221
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 16:25:23  ID:h/zw/JQQO.n
糖代謝能力は変化するんだろうか。
糖質制限すると、一時的には耐糖能が下がるのは事実らしいが。
糖質を取るようにすれば耐糖能は上がる?
コメント1件

222
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 17:44:21  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>220
代謝に限界があるからどうしたって話ですね。
何でも摂り過ぎたらいかんのは当然です。
何がアホか、なのか意味がわかりません。

223
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 18:08:16  ID:La2062PZ0.n(5)
一日一食のアホニマスは、糖質制限の代表みたいなツラして話題に参加すんな
話が噛み合わないだろ
みんな江部か夏井の糖質制限を前提に話してんだよカス
コメント1件

224
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 18:10:29  ID:7DSdv3jEO.n(9)
捏造は奇形みたいなチビもやしだから糖代謝が低いんだろ。
1日1食で十分なんだよ。
そんな奇形の理屈を一般化すんなよ。
コメント2件

225
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 18:10:58  ID:VcfvahnlO.n
>212
不良が少年院に入って更正して出てきたら「偉いねえ」と誉めるようなもんか

226
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 18:13:22  ID:La2062PZ0.n(5)
>221
ベータ細胞が減って、増えなければ耐糖能は戻らないだろう
糖質制限をして耐糖能が下がる/インスリン抵抗性が上がっているところに、チートデイなどといって炭水化物を取りまくるとアウト
GLP-1を分泌させまくっても戻るかどうか

227
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:04:46  ID:5sPj9S3v0.n(7)
「糖尿病診療マスター」を読んで◆血糖を上げるのは糖質のみなのに・・・
2011年03月02日 (水)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1572.html

その後、ADA発行・2004年版

「Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004」
において、
「血糖を上昇させるのは基本的に糖質のみであり、蛋白質・脂質は血糖に変わらない」
と、1997年版から明確に文言が変更されました。
この変更は、東海大学の大櫛陽一先生からご教示いただきました。
これを受けて、私が書いた「内科」の小論文に、その旨を記載しました。(*)
おそらく、私の「内科」の2010年の論文が、ADA発行・2004年版の変更を、本邦初で紹介したことになると思います。
私も大櫛先生のご指摘まで気がついてなかったので、大きなことは言えないのですが、糖尿病専門医の先生方には、
ADA発行・2004年版
「Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004」
の変更を、是非認識していただきたいと思うのです。
このように大きな変化に、英語に堪能な糖尿病専門医の方々が、何故2004年から数年経過した今もお気づきにならないのかが不思議です。
コメント2件

228
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:06:54  ID:5sPj9S3v0.n(7)
原文は?
> 「血糖を上昇させるのは基本的に糖質のみであり、蛋白質・脂質は血糖に変わらない」
一度くらい原文を載せて頂けませんか
文脈解るように、前後含めて数行なら引用という事で問題ないと思いますが
あと、ページ番号なども付記していただけると幸いです
2011/03/02(Wed) 23:38 | URL | korune | 【編集】
Re: 原文は?
korune さん。
もし医療関係の方でしたら、ご自分で確認して頂けば幸いです。アマゾンでも手に入ります。
「Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004」
の55,56ページに載っています。
1997年版ではあった、タンパク質・脂質が血糖値に変わるという記載は削除されています。
64ページには、Nutriennts in food group の表があります。
血糖値への影響はタンパク質・脂質はなしとされています。
2011/03/03(Thu) 17:27 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

229
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:10:18  ID:5sPj9S3v0.n(7)
>228
見たけれどないんだもん。

表から作文したってことだね。

230
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:14:14  ID:5sPj9S3v0.n(7)
>227
>このように大きな変化に、英語に堪能な糖尿病専門医の方々が、何故2004年から数年経過した今もお気づきにならないのかが不思議です。

不思議だ。妄想だちゅうの。

231
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 20:31:32  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>224
チビ、奇形、
こういう言葉を平気で吐く人が江部や夏井を批判してるのを見ると
批判されてる人のほうが正しいんじゃないかと思えてくるねえw
コメント1件

232
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 20:33:17  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>223
なんでそれを前提にしないといけないのか?

>指摘事項を参考にして、どうすればよいか各自で考えてください。
>個人ごとに違います。

ってスレだろ?

233
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:40:26  ID:La2062PZ0.n(5)
>227-223
あぁ、「本に載ってない」ってそういう意味か

>143
>Only Carbohydrates directoly affect blood glucose levels.

これ、江部の作文なの?
「直接は影響しない」なら「間接的には影響する」と読めるような文章を、江部が書けるとは思えない件
(directolyがアレすぎるから不思議ではないけど)
コメント1件

234
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:41:48  ID:5sPj9S3v0.n(7)
http://livedoor.blogimg.jp/my_voyage/imgs/2/2/22869ddd.jpg

これの、ブドウ糖への変化率がなくなったということだろう。

235
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 20:44:10  ID:7DSdv3jEO.n(9)
>231
正しいだろw
一般的にインスリン分泌は体格に相関するから
そもそもコビトやもやしが一人前に糖質を食べることが間違っている。
コメント1件


236
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:45:55  ID:5sPj9S3v0.n(7)
>233
それは、昔、私が間違って書いたもの。
近い文章を探したら、それしかなかった。

これしかないと指摘した時に、スペルミスった。

江部さんが指摘したページにはない。
コメント1件

237
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:46:59  ID:La2062PZ0.n(5)
この過去ログを見ると、変な奴がいるんだよな

【カロリー信者】糖質制限スレ4【必死すぎ】

78 :病弱名無しさん:2012/01/18(水) 11:27:40.66 ID:g3sfZZAp0>79
この件に関しては私も疑問を持っています。

4th Edition では、下記の記述しか見つけられませんでした。

Carbohydrate,protein,and fat contain calories.
Only Carbohydrates directoly affect blood glucose levels.

With Diabetes:A Siries of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center ,4th Edition

79 :病弱名無しさん:2012/01/18(水) 11:39:02.57 ID:BxrY7y0M0【摂取直後には、糖質は急峻に血糖値を上昇させ2時間以内にほとんどが吸収されるが蛋白質・脂質は血糖値に影響をあたえない。】
唯一のよりどころが、文脈勘違い和訳ですか。
それを繰り返し繰り返し、さらに何行にも増やして強調して記載できる才能は驚愕ものですね。
砂糖局が研究スポンサードしてるだけで批判して…、わし英語苦手だもん勘違いするのは勝手だもん明確な嘘は書いてないもんってか。

80 :病弱名無しさん:2012/01/18(水) 11:41:45.73 ID:BxrY7y0M0>80
そこの部分は、【directoly】ですからね。
【blood glucose levels】は血液中のブドウ糖濃度ですから当たり前なんですね。


これ江部だろ?
「そこの部分は、【directoly】ですからね。 (キリリッ」
directoly
directoly
directoly

238
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 20:48:13  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>220
そういえば、私も筋トレに際しましてプロテインを摂取しておりますが、
かの王城大先生も摂取されていらっしゃるようですよ。
ブログにも書いておられます。
アンモニア生成するから危険!ってコメしてきてよw

239
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 20:50:02  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>235
体格に相関するなら小さいやつが糖尿病になりやすく
でかいやつはなりにくいのかあ。

そうかあ。知らなかったなあ。
コメント1件

240
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 20:52:40  ID:La2062PZ0.n(5)
>236
あ、さいでしたかw

えーと、

1、江部がLife with diabetesの表から「血糖値を上げるのは糖質だけ」と勝手に解釈

2、スレ主「そんな文章ないお。近い文章ならこういうのがあるけど」

3、俺混乱

orz
コメント2件

241
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 20:55:34  ID:7DSdv3jEO.n(9)
>239
当たり前だろ。
アンドレ・ザ・ジャイアントみたいな奴が
お前みたいなコビトもやしと同じ分泌量だったら
たちまち糖尿病になるわ。
コメント1件

242
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 20:58:41  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>241
たちまち糖尿になってるデブがいっぱいいるじゃん。
何いってんのこいつ?

243
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:01:14  ID:5sPj9S3v0.n(7)
>240
1版から5版まである。

3、4はほぼ同じ。

2、5は注文中。
コメント1件

244
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:02:09  ID:JDTcRkA40.n
筋トレしても筋肥大しないなんて、よっぽどインスリン少ないんだな捏造
1日1食じゃなくて3日に1食でいいんじゃないの
田頭みたいに絶食道場に入門してこいよ
コメント1件

245
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:02:50  ID:7DSdv3jEO.n(9)
ははぁ、お前インスリン分泌量が体格に相関することすら知らなかったのか?w
コメント1件

246
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:04:48  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>245
はあ?
分泌量が体格に相関してもそもそもの摂取カロリーが違うだろ?
お前の前提がおかしいの。
「一人前の糖質量」ってなんだよ?w

247
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:05:59  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>244
さて、質問です。
4ヶ月の筋トレで最大何kg筋肥大するでしょう?

248
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:09:51  ID:7DSdv3jEO.n(9)
何もおかしくない。
コビトもやしが一般人の糖質摂取量より減らすべきということの何がおかしいんだ?
コメント1件

249
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:11:11  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>248
一般人の基準もなんにも示さずに適当すぎるんだよ。
脳筋。

250
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:22:53  ID:7DSdv3jEO.n(9)
一般人と言えば平均的な体格の一般人に決まってるんだが。
じゃあ馬鹿のお前にも解り易いように言ってやろう。
アンドレとコビトもやしのお前では当然インスリン分泌量が違うので、同じ量の糖質は代謝できない。
よってコビトもやしはアンドレのように糖質を食べてはいけない。
当然減らすべきだ。
コメント1件

251
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:26:36  ID:DFkUNjez0.n
コビトは腎臓も胆嚢も小さいからタンパク質と油も制限しないと

>243
そこまでしなくても・・・

252
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:30:16  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>250
そらアンドレとオレでは摂取カロリーが同じなわけないよね。
当然糖質量も違うね。そんなん自動的にそうなる。当たり前だよね。
そんなことが言いたかったの?
コメント1件

253
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:34:36  ID:YCbJ4CST0.n(3)
捏造はコビトもやしとか奇形って言われたことが悔しくて、常識的なことにケチつけてんの?w
コメント1件

254
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:38:53  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>253
いや、「一人前の糖質」とか定義の曖昧なことをいうから突っ込んだだけ。

コビトだのもやしだのは今までだってずっと言ってる。今更腹立てるかよ。
脳筋が下劣な人間性を晒すことが趣味だってことは最初から分かってるから。

255
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:39:51  ID:7DSdv3jEO.n(9)
>252
そうだろ?w
だからコビトもやしは、一般人よりは糖質摂取量を減らした方がいいのは当然のことなのだ。
コメント1件

256
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:41:03  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>255
でも君って糖尿病になっちゃってるんだからオレより分泌量が少ないんでしょ?w

257
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:43:12  ID:QZ86Xl950.n
>240
想定外の文章認めてしまったから、
書いていることが合わなくなった。

258
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:45:03  ID:7DSdv3jEO.n(9)
おい、俺糖尿病じゃないぞw
誰と勘違いしてんの?w
コメント1件

259
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:45:27  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>258
はいはい。

260
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:46:31  ID:YCbJ4CST0.n(3)
たいていの糖尿病患者は捏造よりもインスリン分泌量は多いわなw
コメント1件

261
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:47:03  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>260
OGTTクリアできない糖尿病患者さんが?

262
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/15 21:52:16  ID:YCbJ4CST0.n(3)
OGTTクリアできないでぶは、捏造の倍ぐらいのインスリンを分泌してるぞw
コメント1件

263
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:55:25  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>262
高インスリン血症の人はね。
しかしながら、
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9314636
日本人においてはデブじゃないひとだけじゃなくてデブであっても
耐糖能正常から異常への進展は初期分泌の低下に関連する。
日本人では高インスリン血症は一般的じゃない。
インスリン抵抗性は高血糖および/あるいは肥満の結果。

264
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/15 21:55:44  ID:7DSdv3jEO.n(9)
よって
>224
は、その通りということだ。
コメント1件

265
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/15 21:57:13  ID:rJuiqyMr0.n(18)
>264
バカ。

266
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/16 00:12:14  ID:XsqouBmlO.n
馬鹿はお前だろ。
平均的一般人には全然役に立たないんだから、奇形にしか当てはまらんようなことを一般化して語るなということだ。
コメント1件

267
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 01:16:33  ID:tK3lSSV70.n
そもそも捏造の話を真に受けてるやつがいるのだろうか?

268
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 04:47:22  ID:Jg2v2QdR0.n
「STAP細胞はありまぁす」

「血糖値を上げるのは糖質だけ(3大栄養素と血糖値)」


同じ運命。
コメント1件

269
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 07:01:38  ID:X4aHRgf80.n
The Complete Guide to Carb Counting, 3rd Edition ADA

For People with Type 1 Diabetes

in people with type 1 diabetes, protein has little effect on blood glucose,
unless it is eaten in very large portions; large portions of protein can
increase blood glucose and cause a need for more insulin. For people who
take oral diabetes medications, adjusting one dose of the medication won't
help reduce the rise in blood glucose.

2型では、反応は人によって違う。食後2時間より3,4時間でチェック。
コメント3件

270
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 07:05:41  ID:Ipa1+/om0.n
「糖質制限:何食べてる?」
http://www.wound-treatment.jp/1/glucide/meal/

単に食べてる量が少ないだけのように見える。
コメント1件

271
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 07:56:55  ID:Ct8gTNJ40.n(3)
>270
朝: 食べるの面倒
昼: 糖質少ない食材選ぶの面倒
夜: 酒のつまみはやっぱ肉とチーズだろ

典型的なダメ人間
こいつらに食品交換表とか無理

272
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/16 08:30:49  ID:CVqOtXgz/(3)
>269
1型糖尿病患者において
タンパク質は少量であれば血糖への影響は少ない。
高タンパク比率の食事は血糖を上昇させうるので、
インスリンを多く必要とすることがある。

嘘つきやな>教祖

273
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 09:21:18  ID:eSrC3m780.n
有酸素運動と無酸素運動
有酸素運動はミトコンドリア系のエネルギー生産が関係していて、呼吸で取り入れた酸素を使用しているので、
エネルギー効率が抵抗運動(無酸素運動)に比べ、19倍もよい(同じ量の糖質だと19倍のエネルギーを生産で
きる)ので、健康によかったり、癌の予防にはよいと言われます。抵抗運動(無酸素運動)は解糖系のエネルギ
ー生産が関係していて、エネルギーの生産効率は悪いのですが、エネルギーの生産スピードが約100倍と言
われますので糖質の消費は多くなります。ただし解糖系は癌が使用するエネルギー生産システムといわれま
すので注意が必要です。
分厚いステーキを食べた後でもスイーツは別腹といってデザートを食べれることから考えると、高炭水化物は
満足度が低いというより、炭水化物は食欲関係のホルモン(オレキシンかも)を出しやすく習慣化しやすいので
はないかと思います。
2014/08/16(Sat) 06:02 | URL | JUN ISOBE | 【編集】

274
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 09:44:12  ID:j1yzffKQ0.n
高雄病院のホームページ
http://www.takao-hospital.jp/sjt.html

3大栄養素と血糖値   
食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わり、タンパク質・脂質は血糖に変わらない(表1)。
糖質は摂取直後から急峻に血糖値を上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収される。一方蛋白質・脂質は血糖値に影響をあ
たえない。



いまだに、(表1)が存在しないのですが。
コメント2件

275
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 09:46:49  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>266
あのさあ、一般人って女性は含まれないの?
それに日本人男性の平均身長って171程度だけど
それを一般人男性として
5センチの身長差が代謝に及ぼす影響はどのぐらいなの?
ちゃんと定義も考えて裏付けのある発言をしようね。

276
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 09:52:25  ID:Ct8gTNJ40.n(3)
>269
>large portions of protein can increase blood glucose and cause a need for more insulin.

「1型がタンパク質をたくさん食べた場合、より多くのインスリンが必要になる可能性がある、
 経口薬を飲んでいる人は1服では足りないだろう」

この"The Complete Guide to Carb Counting, 3rd Edition ADA"って出版が2011年だよね

>274
>1997年版のLife With Diabetesデワー
>2004年版デワー

何この滑稽なモヤシ
コメント1件

277
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 09:59:26  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>276
それはグルカゴンの分泌のせいですってば。
通常はタンパク質摂取でインスリンが分泌されるけど同時にグルカゴンが分泌されるから
血糖は上がらない。
でもインスリンが枯渇した人はグルカゴンだけ分泌されるから血糖値が上がる。
って何度も話題になってるでしょ?
コメント1件

278
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 10:10:02  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>268
江部センセが捏造しててもしてなくても
http://www.dm-net.co.jp/kanshoku-file/catagorydata/kihoninfo/
糖尿病ネットワークさんにこんなグラフがあるんで
それでもういいんじゃないですか?
コメント2件

279
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/16 10:26:32  ID:CVqOtXgz/(3)
>277
インスリンが枯渇した
重症2型糖尿病にも、1型糖尿病にも
「タンパク質は血糖をあげない」といって
糖質制限食をすすめる教祖は
嘘っぱちでしょ?

>278
だからそれは健常者。

280
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 10:20:40  ID:QFXVO4Yt0.n
>278
糖尿病でない人のデータ。
コメント1件

281
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 10:26:06  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>280
糖尿病っつってもいろんな人がいるよね。
抵抗性だけの人、基礎分泌まで枯渇した人、基礎分泌もやばくなってる人、基礎分泌は確保されてる人。その他もろもろ。
それぞれのデータが必要ってことですか?
コメント2件

282
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/16 10:38:52  ID:CVqOtXgz/(3)
>281
それぞれにあった検査・治療があるはず。
それを「糖質制限さえすれば糖尿病は治る」などとを
宗教(例:たがしゅう、夏井)にしてしまったのは
犯罪ともいえる詐欺。

283
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 10:32:29  ID:k+jxhXx/0.n
>281
>269

>2型では、反応は人によって違う。食後2時間より3,4時間でチェック。

だから、江部ブログに相談が来る。
取り上げるのはよい人だけ。

このスレでは、悪い例を取り上げている。
コメント1件

284
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 10:43:03  ID:Ct8gTNJ40.n(3)
江部

・血糖値を上げるのは糖質だけ
・糖質を取ると分泌されるインスリンが肥満の原因
・糖質を取らなければ膵臓が休息できて痩せるので、糖尿病が改善する

・糖質制限でも痩せないのは遺伝子のせい
・糖質制限で痩せすぎるのはカロリーが足りないせい

・糖質制限ならすべての栄養素が満遍なく取れるのでサプリは不要

捏造

・一日一食は糖質制限
・一日一食ではすべての栄養素が満遍なく取れないのでアミノ酸サプリを飲むよ
コメント1件

285
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 10:43:57  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>283
タンパク質や脂肪の摂取後3,4時間で血糖値がどんどん上がるってこと?
それは一体どういう機序ですか?
コメント1件

286
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 10:45:43  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>284
定期的に湧いてくるバカ。

>・一日一食は糖質制限
一日一食+糖質制限です。

>・一日一食ではすべての栄養素が満遍なく取れないのでアミノ酸サプリを飲むよ
筋トレによる筋肥大の実験をしているのでタンパク質を多めに摂取している、とご理解ください。

287
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 10:49:25  ID:WIHjVQMZ0.n
>285
捏造の特徴。

書いてないことを、別の話題にすり替える。
コメント1件

288
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 11:04:50  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>287
すり替えてないだろ?
3,4時間後の血糖値に注目するってことは
そのタイミングで血糖値が上がるってことじゃないの?
上がらないのに注目するの?
コメント1件

289
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 11:08:03  ID:Xjl7+uWT0.n
>288
さらにすり替え。

捏造=工作員。
コメント1件

290
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 11:09:52  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>289
なんでやねん?
どこがすり替えかちゃんと説明しようや。
工作員かよ?

291
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 11:39:36  ID:DNq+zqHS0.n(14)
http://www.overlander.co.jp/jitetore/jitetorehint20120109.html

>注意点としては、筋肉の増加ピッチの限界は「約2/年(7g/日)」とかなり遅い点だ。

ちょっとこれにこだわらせていただきますけれども。
王城くんは3ヶ月で糖尿病が治ったとおっしゃいました。
「圧倒的な筋肉量」とやらで。
さて、彼が最大限筋肉を増やしたとして3ヶ月ではたった630gしか筋肉量は増えないわけです。
たった630g筋肉量が増えただけで糖代謝が正常化するでしょうか?
そもそも筋肉量はもともと少なくなかったはずですし。
デブだったので最低限に見積もっても
骨格筋率が30%として29キロ程度の筋肉量があったわけですが
それが30キロにもならないわけです。2%増えるかどうか?

ということは、彼が治った理由は違うんですね。
彼は2月に97キロあった体重が5月に84キロになったそうです。
つまり、減量した結果、抵抗性が改善されたんですね。
もちろんダイエットに筋トレの効果があったことは間違いないですが。
圧倒的な筋肉量とやらで治ったわけではない、ということです。
コメント1件

292
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 11:45:30  ID:7KTbVOYK0.n
仏典では次のような飲酒の欠点が挙げられる。
1.財産を失う。
2.病気のもととなる。
3.あらそいごとを起こす。
4.評判が悪くなる。
5.怒ったり乱暴したりする。
6.智慧が段々失われていく。

293
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/08/16 11:51:35  ID:bxAo/gb20.n
ハワイから帰って来た

捏造君、相変わらず頑張ってるなぁ

294
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 12:52:32  ID:yuUeKyhN0.n
僧尼令(そうにりょう) 

第七 飲酒条
http://www.horakuji.hello-net.info/lecture/nippon/souniryou/souniryou.htm
僧尼が、酒を飲み、肉を食い、五辛(タマネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョ、生姜)
を服したならば、三十日間の苦使を科す。
もし疾病のための薬として用いるならば、三綱はその日限を設けること。
もし酒を飲んで酔い乱れ、人と争って暴行したならば、それぞれ還俗のこと。
ーーーーーーーーーーーーーー
僧尼令(そうにりょう)とは? 

僧尼に関する行政と刑罰の規定。贈賄・音楽・博戯・
飲酒・食肉・食五辛(ネギ、ラッキョウ、ニラ、ニンニク、ショウガ)・
蓄財・商取引・焚身を禁止し、また、天文による占い、
霊媒師、民衆教化、私度僧なども禁止している。
山林修行や乞食行も届け出が必要だった。大宝元年(701)に施行された。

295
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 13:25:19  ID:qKRnVngMO.n
>291
筋肉が糖質を処理する量は筋肉量だけに依存するわけではない。
コメント2件

296
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 14:53:53  ID:bld9f4V90.n
>274
全然関係ないけど写真は素材事典のものを使ってるんだね。
https://www.sozaijiten.com/sozaijiten.asp?vol=212&;p=7

297
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 15:43:34  ID:u1usrVgM0.n
逆捏造化(捏造が反論論文を探して来たと想定)

Dietary Protein and the Blood Glucose Concentration
http://diabetes.diabetesjournals.org/content/62/5/1371.full

Dietary Proteins Contribute Little to Glucose Production, Even Under Optimal
Gluconeogenic Conditions in Healthy Humans
http://diabetes.diabetesjournals.org/content/62/5/1435.long

糖質制限をして、グリコーゲンが枯渇していた場合、
糖新生の原料はどこから来るのか?
コメント1件

298
W.Star[]   投稿日:2014/08/16 18:33:30  ID:T7Pxe8Ges
未承認多焦点眼内レンズ、販売枚数✖️金額の5%が
入る仕組みとか。そりゃ全国回って稼ぐわな!

299
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 18:47:56  ID:ZZ5QACgn0.n
筋トレでなくロードレーサーのHPで王城に反論か
相変わらず捏造だな
コメント2件

300
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 19:36:41  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>299
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/201205/kinniku....

ロードレーサーでもなんでも一緒です。

301
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 19:41:30  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>295
具体的に。

ちなみに以前オレがグリコーゲンを枯渇させることで血糖値を下げるって説を唱えたけど
筋トレなどの無酸素運動では血糖値は下がらないという結論になったな。
コメント1件

302
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 19:44:54  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>297
つーか、そもそも糖新生は肝グリコーゲンが枯渇してるから起こるんでしょと。
その材料は糖原性アミノ酸だからタンパク質ですね。

303
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 19:46:42  ID:zH69MOYk0.n
筋肉 1年 上限 でぐぐれば?
コメント1件

304
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 19:47:33  ID:DNq+zqHS0.n(14)
>295
まいずれにしても王城くんがいう「圧倒的な筋肉量」じゃないってことだけは確かだな。

305
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/16 19:56:26  ID:DNq+zqHS0.n(14)
そもそも、よく考えたら3ヶ月で14キロという急激な減量をしたらむしろ筋肉量は減ってしまいますね。

306
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 21:19:11  ID:c3EXHaIG0.n
捏造

・ビルダーには糖尿病が多い→捏造

・俺ずっと糖質制限してる→捏造

・3ヶ月でたった630gしか筋肉は増えない→捏造

おまえ嘘しか言えないのかよ
コメント2件

307
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 21:23:34  ID:JJIjBZeg0.n
でも、王城式で治った人は週2くらいの維持程度の筋トレ続けているだけで
糖質が普通に食べられるという治った状態になる。

一方糖質制限でやせた人は、ずっと糖質を食べない状態でないと血糖値が
上がるというか、食べてしまうと爆あげになる。

痩せたといっても雲泥の差である。
少なくとも糖質制限は治療法とは言えないと思う。
(ただの数値だけの改善方法である)

308
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/16 23:57:21  ID:IvaZ9zRG0.n(3)
米国 TIME誌 6月23号 飽和脂肪酸無害説 及び 低炭水化物食の特集「Eat Butter」
http://www.dietdoctor.com/wp-content/uploads/2014/06/TIME-600x800.jpg

「この40年あまりの食事指導は誤りであった」

Scientists labeled fat the enemy. Why they were wrong. BY BRYAN WALSH
Don't Blame Fat
For decades, it has been the most vilified nutrient in the American diet.
But new science reveals fat isn't what's hurting our health

数十年にわたりアメリカ人の食事で最も批判されてきた脂肪が、
新しい科学により健康を害するものでないことがわかった。

心臓突然死を始めとする虚血性心疾患がその当時(現在も)アメリカ人の死因の第一位であった。
この病気をなんとかして防ぎたいという考えがベースにあった。
こうして1977年マクガバン報告で米国の食事目標が設定された。

1. 炭水化物の比率を(全カロリーの)55-60%に増やす。
2. 現在40%の脂質を30%に減らす
3. 飽和脂肪酸を10%に減らす。多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸を10%にする。
4. コレステロールを1日300mgに減らす。
5. 砂糖を15%に減らす。
6. 塩分を3gに減らす。

その後もUSDAなど公共機関の栄養指針が示され、
心臓病死を防ぐ目的で、上記の「健康的な食生活」が推奨された。

食料品店の棚にはローファットの商品が並ぶようになった。アメリカは壮大な人体実験を開始したのだ。

40年あまりが経ち、この実験が失敗であったことが証明された。
2型糖尿病の有病率は1982年から2012年の間に166%増加した。(成人のおよそ10人に1人が糖尿病)
国民の3分の1以上が肥満の状態となった。
コメント3件

309
>>298続き[sage]   投稿日:2014/08/16 23:59:18  ID:IvaZ9zRG0.n(3)
現在、ローファットが健康的であるという考えは深く人々の考えに根付いている。

New research suggests that it's the overconsumption of carbohydrates,
sugar and sweetners that is chiefly responsible for the epidemics of obesity and Type2 diabetes.

しかし、(新しい臨床研究では、炭水化物過剰が肥満と2型糖尿病の原因と考えられている)
アメリカ人の食事は、脂肪に注目し過ぎることで、間違った方向に進んでしまった。

1970年と比較して減った食物

ゝ軻(ホールミルク) 78%減
∪裟什重 35%減
5軻 29%減
ね顱21%減
ゥ丱拭次8%減
μ邵據3%減

その代わりに増えたもの

.魁璽鵐轡蹈奪廖8853%増
▲魁璽鸚宿福198%増
スキムミルク(ローファットミルク)129%増
ぅ船ン 112%増(牛肉より脂肪が少ないので)
ゥ拭璽ー 102%増
ε魂辰気譴詭脂 67%増

脂肪についての真実
飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させるので良くないと考えられてきた。
現在、悪玉コレステロールは2種類あると考えられるようになった。

)榲の悪玉(small and dense LDL cholesterol)を増やすのは精製炭水化物
¬簑蠅覆ぁlarge and fluffy part of LDL cholesterol)を増やすのが飽和脂肪酸

310
>>299続き[sage]   投稿日:2014/08/16 23:59:49  ID:IvaZ9zRG0.n(3)
The Unintended Diet(意図せざる栄養分)

脂肪を制限することで、結果的に糖質の摂取量が増加した。
1個のベーグルパンを食べるのは、スキットル(甘い菓子)を食べるのと本質的に同じである。
糖質はインスリンを分泌させ、体脂肪を合成させ体重を増やす。
その後、飢餓感が増し、過食につながり、悪循環に陥っていく。

All calries, it turns out, are not created equal.
(同じカロリーであっても同じ結果を生じない)

デュークライフスタイルクリニックのWestmanらは、
糖質を脂質に置き換える治療法(ultra-low-carb diet)が糖尿病に有効であることを報告している。
ただしすべての専門家が賛成しているわけではないが。

311
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 00:49:34  ID:3sJB6WY/0.n(5)
【捏造チビもやしの捏造の歴史:その1】

当スレにおいて次の論文が紹介される。
Saturated fatty acid and TLR signaling link β cell dysfunction and islet inflammation.
2型糖尿病での膵β細胞の機能障害において炎症性マクロファージの浸潤が重要な役割をはたす
http://www.cell.com/cell-metabolism/abstract/S1550-4131(12)00064-2?switch=standard

論文趣旨:
糖尿病(インスリン抵抗性またはインスリン分泌不全)により脂肪の合成が憎悪(脂肪の分解が亢進)し、遊離脂肪酸濃度が増える。
更に高脂肪食を続けると遊離脂肪酸濃度は増大し、パルミチン酸によりすい臓での炎症が惹起されすい臓が機能障害を起こしインスリン分泌不全になる。
コメント2件

312
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 00:51:16  ID:3sJB6WY/0.n(5)
>311の続き

すかさず捏造チビもやしが捏造で反応

捏造>2014/01/13(月) 12:37:03.88 ID:c7iu0p330
元の論文をちゃんと読んだのかな?
パルミチン酸によりすい臓で炎症が起こるのは正解ですが
遊離脂肪酸が増加するのは
内臓脂肪の増加によって炎症にともなう脂肪分解が原因です。
つまり内臓肥満です。

捏造チビもやし、突っ込まれる

病弱名無しさん:2014/01/14(火) 06:50:30.42 ID:VtSh6mElO
いや、だからそんなこと元の論文のどこにも書いてないじゃんw
「内臓脂肪の増加によって炎症にともなう脂肪分解が原因です」ってどこに書いてあるの?
英文で示してよ。
コメント1件

313
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 00:52:30  ID:3sJB6WY/0.n(5)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

314
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 00:57:58  ID:TsZlexaL0.n
江部や夏井の糖質制限→ちょと糖質摂取で血糖値爆上げ
江部の糖質制限はただの対処療法であり根本的な解決ではない

まだ刑務所食(2200&#12316;2600Kcal PFC比率2:2:6の)の方が、
8割の糖尿病患者が薬を辞められ、血糖値爆上げもなく優れているのは明らか

315
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 01:05:59  ID:Zx3oS7ZB0.n
糖質制限は人類本来の食事で糖尿病には最善の治療である。

湿潤療法なら福知山の花火の大火傷でも治せてしまう。

糖質制限も湿潤療法もこういう大言壮語がなければ対処療法だったり、
治療法としてはありなんだけど。
そもそも始めた人たちじゃないのに教祖化。
いろんなとこ、そっくり。

316
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 01:34:35  ID:Nx510ZLY0.n
規則正しく早寝早起き、シャバの外食より減塩、酒なし。
豚皮揚げや酒が好きなら死ぬまで糖質制限。

油モノと飲酒で膵臓痛めつけると膵臓が休息できる理由が不明だけど、好きな方選べばいいと思う。

317
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/17 06:31:44  ID:M76YfErB0.n(3)
>313
で?
糖質制限で遊離脂肪酸が増えるの?っとw

318
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/17 06:34:55  ID:M76YfErB0.n(3)
>306
どのぐらい増えるの?
減量している場合は?

319
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/17 06:42:49  ID:M76YfErB0.n(3)
それと一日7gに関しては諸説あるとしてもわりと浸透している数字のようだが。

320
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 07:20:21  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
>306 >311-303
捏造は何も変わってないな
糞ボロいハシゴかけて高い屋根に登って、ハシゴ壊れて降りられなくなる
そんなんばっか

321
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 07:38:20  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-388.html
>この夏,きよすクリニック以外に,もう一つのクリニックへ見学に行きました.
>コウノメソッドを考案された,河野和彦先生のいる名古屋フォレストクリニックです.

>糖質制限に関して言えば,河野先生は,否定はしないものの,積極的に取り入れるというわけでもなく,
>一歩引いた傍観者的スタンスであるように見えたのが正直少し残念ではありました.

>私自身は予防に糖質制限,治療にコウノメソッドを取り入れる事によって,
>認知症という病気には十分に立ち向かっていけると考えています.

自分のデブも治せないくせに、どうして認知症は予防できるって思えるんだ
図々しいデブだな

322
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 10:27:35  ID:3sJB6WY/0.n(5)
【捏造チビもやしの朝日新聞並みの嘘八百名言集】

捏造>2014/02/07(金) 19:19:08.91 ID:EFgxiXq+0
インスリン分泌能という側から見たら糖質摂取の頻回のみでも
β細胞の疲弊が起こる可能性がある(ボディビルダーの糖尿病)

捏造>2014/02/10(月) 14:04:11.01 ID:p7FGm1jG0
ボディビルダーを持ち出すのがなぜいけないのかわからない。
彼らは大量に食べるけどそれに見合った運動をしている、
まさにキミが仰るとおりの生活をしてるもっとも完璧な例だ。
しかしむしろ糖尿病になるんだよ。

捏造>2014/02/10(月) 14:41:35.94 ID:p7FGm1jG0
ボディビルダーの件は、実に明快で、
なぜいつもその例を出すかというと
彼らは運動しても糖質の摂取を頻回したら糖尿病になる、という典型例だから。
つまり食べた分だけ運動したらいい、というだけでは足りないという証明。
理屈から言えば、
内臓肥満による炎症からインスリン抵抗性が上がるところが
糖尿病の前駆状態で、そこからインスリンの過剰分泌が始まり
それがβ細胞を疲弊させて糖尿病になる。
しかしボディビルダーの場合は内臓脂肪もなく、筋肉もあるのでインスリン抵抗性は低い。
だから糖質を摂取しても大丈夫なはずなのだ。しかし糖尿病になる。
つまり、運動しようが、痩せていようが、筋肉があろうが
糖質摂取することそのものが糖尿病のリスクになる、ということなのだ。

捏造>2014/02/10(月) 15:18:31.69 ID:jRNUcowl0
ビルダー達が糖尿病になるのは、運動量以上に食べていることが原因だと思うが、これがβ細胞の酷使に繋がっているのかも知れない。

捏造>2014/02/10(月) 15:28:56.07 ID:p7FGm1jG0
ボディビルダーはばかみたいに糖質摂るらしい。
彼らに糖尿病が多いのは事実。
コメント1件

323
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 10:28:25  ID:3sJB6WY/0.n(5)
>322 の続き

結果:
「ボディビルダーに糖尿が多いというソースを出せ」と言われると「2ちゃんのウエイトスレで糖尿の話題があった」とごまかし出すw
苦し紛れに「知人のビルダーガー」と言い出し、更に突っ込まれると「自分で調べろ!」と逆切れw
「お前が言い出したんだろ」と言われると、

捏造>2014/02/11(火) 22:11:38.23 ID:X7nWDhPr0
本質的な議論をしましょう。

www

最終的には、IFBBのプロボディビルダーで糖尿病は0、JBBF、NBBFのアマチュアボディビルダーでも糖尿病は確認されていない。
唯一JBBFの83歳になる青山昭二さんは40歳で糖尿病を発症した後ボディビルを始め、糖尿病が完治した人。
コメント1件

324
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 10:33:45  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
★捏造君@糖質制限スレ

*教団に反することを投稿すると、絡んでくる
*でも、自分では意味のある事が全く言えない
*ただ単に、相手の言った事を自分で勝手に変えていき、それを攻撃する
*そして、自分自身で何言ってるか解らなくなり
*いつのまにか、自分自身と戦っている
*相手が親切に数多くの間違いを正してくれても、教団ゆずりの厚顔無恥
*さすがに呆れ果てられて相手にして貰えなくなると、答えないは負けとか言って誤魔化す
*ちなみに、教祖に呆れられて教団破門になった
*捏造君を虐待するのは、人権侵害
*教団ネタがない時は、良いオモチャ
*自称、糖尿病でない
*1日1食
*7年間主食なし
*チビ男なのに、派遣社員で捏造経理
*前頭葉がイカれて、自分では気付かない
*ダミースレで工作
*その他

2014/07/29版

325
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 10:35:45  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)

326
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 10:40:39  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
http://www.do-yukai.com/medical/50.html
低炭水化物食は気分に悪影響を与えたり(*6)、うつ病のリスク(*7)になる事が多く報告されています。
そしてこれは、実際に低炭水化物食に取り組んだ方の訴えとしてよく聞く内容です。
低炭水化物食は仕事や勉学には不利益である事は確実と思われます。
コメント2件

327
286[sage]   投稿日:2014/08/17 10:55:34  ID:uaNxmKG5O.n
>301
>筋トレなどの無酸素運動では血糖値は下がらないという結論

無酸素運動は筋肉グリコーゲンを使うから血糖値は下がらない、てことかな。
でも、使ったグリコーゲンは補給しないといけないからな。補給元は血糖しかないだろう。枯渇と充填を繰り返せば、より多くの糖質を取り込めるようになるんじゃないか。
マラソンのカーボローディングはそういう考えだろ。
コメント1件

328
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 11:06:40  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45606&-lay=lay&-Find
食物繊維のような働きをする特殊なタイプのでんぷんの摂取は、牛肉豚肉などの赤肉をたくさん食べたときの大腸がんリスクの上昇を抑えてくれる働きをもつようだ、という豪州フリンダース大学からの研究報告。

「赤肉とレジスタントスターチは大腸がんを促進するmiRNA、miR-17-92クラスターに対して反対の効果をもっている。
 この発見は、レジスタントスターチの摂取が、大量の赤肉の摂取によるリスクの上昇を抑える可能性を示唆するものだ。」

「レジスタントスターチが豊富なのは、わずかに青さを残したバナナやポテトサラダ、全粒穀物、豆類だ。
 研究者は、レジスタントスターチを豊富に含むトウモロコシの品種改良にも取り組んでいる」とハンフリー博士は語っている。

329
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 11:30:23  ID:hLuZ1Ssc0.n(7)
ただの有酸素運動では血糖値は下がらない
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45579&-lay=lay&-Find

チンタラ歩いただけの群はインスリン感受性が変わらなかった
http://link.springer.com/article/10.1007/s00125-014-3334-5

細胞内のエネルギー(ATP/NADH)を枯渇させるのがいいんだろうな
http://hobab.fc2web.com/sub4-insulin.htm

330
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 12:13:19  ID:ufHAbn3I0.n
第603回 糖質制限論争−江部医師派 vs 日本糖尿病学会
http://good-looking.at.webry.info/201402/article_3.html

第617回 インスリン分泌を高めるのは糖質だけ??
http://good-looking.at.webry.info/201402/article_17.html
コメント1件

331
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/17 12:34:40  ID:jPWSYnyd5(3)
>326
同友会のホームページ 引用文献 6
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3789132/
低炭水化物食も高炭水化物食も、認知能力には同様の結果だった。
とういう論文。低炭水化物が悪いとか嘘ばっかり>同友会

332
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/17 13:25:41  ID:jPWSYnyd5(3)
>326
同友会 引用文献 7
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22776859
ω3不飽和脂肪酸の多い魚介類は鬱病リスクを軽減する
という論文。低炭水化物食と無関係。
>>無茶苦茶やな、同友会

333
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 14:21:12  ID:0QHCm43q0.n(3)
>330
久々に糖質制限関連のまともなブログを見た気がする

334
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/17 14:59:00  ID:VG8RMVQX0.n
ぷ、

自演乙

335
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 15:07:31  ID:0QHCm43q0.n(3)
第634回 高脂肪食の回数を増やすと代謝性疾患リスクを高める
http://good-looking.at.webry.info/201403/article_16.html

第647回 糖質制限すると攻撃的な性格になる
http://good-looking.at.webry.info/201404/article_13.html

第685回 ダイエット vs 科学的根拠(統計学)
http://good-looking.at.webry.info/201406/article_4.html

がんばってるなー
代謝性エンドトキシン血症も知らない人多いね
コメント1件

336
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 16:33:54  ID:0QHCm43q0.n(3)
かくちゃん、だんだんおかしくなってきたの巻

http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11902991583.html
減塩で高血圧に変化がない方々いらっしゃるそうです。
理由は簡単です。食塩摂ってるからです。
本当に3g/日以下を一ヶ月続けて血圧が下がらなかったら高級焼肉にご招待します。

337
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/17 18:06:52  ID:JOj3hB980.n
>335
医師の書いたダイエット本はエビデンスではない!

今もヤフー知恵袋では、糖質制限狂徒が『江部康二先生の「糖質オフ!健康法」という本が617円で売ってるから読んでください』と
執拗に叫び続けています。
医師の書くダイエット本がまるで教典の如く扱われていますが大きな誤解です。

最近では糖質制限による不調を訴える声もチラホラ上がっています。
当の江部医師はブログで次のような主旨の弁明をしています。
・ブログ読者の皆さんの質問への私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見である。
・ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見である。
・読者が私の参考意見を読んで、どのように利用するかは読者の自己責任である。

そもそも医師法では、“医師は患者を診察せずに診断を行い、治療や投薬等に関する方針を決めてはいけない” と定められています。
今さら何なんでしょう!
サナダ虫ダイエットで知られる藤田教授が、健康食品「プロポリス」の販売幇助で書類送検されましたが、江部医師もTV出演で微妙
な発言をしてダイエット本で大儲けしているだけに、保身のための窮余の一策ですかね!
それにしても、「未必の故意」あるいは「認識ある過失」の責を追及されればヤバいのでは・・・!?

338
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/17 20:52:47  ID:jPWSYnyd5(3)
New England Journal of Medicine は
かくちゃんよりも過激らしい。
食塩 2g/day を推奨だって。
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11910094506.html

339
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 08:42:18  ID:ygMA59Ot0.n
江部先生、コメントが埋もれてしまったようなので再度コメントします。
Reコメありがとうございます。大変お忙し中どなたにも丁寧に回答してくださり、頭が下がります。
先月の検査結果が出ました。中性脂肪、HDL LDLともにあまり思わしくない結果でした。
糖尿病と診断された1年前からの変化は
HbA1c 10.5%→5.6%
血糖値 300→110(食後3時間)
γGT142→42
GOT 30→16
GPT 48→19
中性脂肪 629→398
HDL 37→36(いつもこのくらい)
LDL 113 → 186(3月は145)

糖質制限を開始してから10か月ですが、血糖値、HbA1cは正常値に落ち着くようになったものの、
中性脂肪は相変わらず高く、L/H比は今回5.2という結果がでました。
先生のブログを通して、コレステロールに関してはあまり心配していなかったのですが、担当医師
からはクレストール錠を処方されました。副作用もある薬のようなのでちょっと心配しています。
確かに母も全くの健康体ですが、昔からコレステロール、中性脂肪のみ高めなので、家族性の可
能性もあります。
また、私自身30代初期に白血病の治療で卵巣が機能しなくなったため、ホルモンの関係でずっと
中性脂肪、コレステロール値が基準よりも高めでした。
糖質制限に疑いを持つ妹(薬局勤務)からは、LDLが今まで以上に高くなったのは糖質制限食の弊
害だと言われてしまいました。
私自身は糖質制限のお蔭で糖尿病の危機的状況から救われましたし、体調もお肌の調子も大変良
く、今後も、たぶん一生、糖質制限を続けるつもりでいますが、中性脂肪の件と合わせ、コレステロー
ルの件に関しても何かアドバイスがあったらお願いいたします。
2014/08/17(Sun) 21:57 | URL | peco | 【編集】

無視した。
コメント5件

340
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 09:27:39  ID:ssug7giA0.n(2)
>339
Re: タイトルなし
peco さん

HbA1cの改善、良かったです。

家族歴はどうでしょう?
通常は、糖質制限食で中性脂肪は、早朝空腹時は、速やかに基準値内になります。

スーパー糖質制限でも、300〜600mg/dlならば、家族性・遺伝性の可能性もあります。
まあ、米国の基準なら、大櫛先生によれば、経過観察でOKですが、
一度大櫛先生に質問してみます。

2014/08/07(Thu) 08:16 | URL | ドクター江部 | 【編集】

これの次の投稿。

>一度大櫛先生に質問してみます。

これやっていない。

341
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 09:32:52  ID:ssug7giA0.n(2)
「沖縄の食事」についてのメールです。
 昭和15年から35年間のフィルドワークの記録です。本全体としては「白米の多食」は短命とし、大豆・海藻・緑黄色野菜を進めています。
 pdfは、南西諸島部分と、目次です。
     ⇒【日本の長寿村・短命村】
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new_2014-03.htm#0317-06:00-2)

【「白米・果物の大食」短命の元と42年前に警告した本があった】
 偉大なる先人の名著。この本,手に入るかなぁ? 図書館に行けば見つかるかも。

(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0818-06:00-5)

Re: 白米の大食は短命
精神科医師Aさん

貴重な情報をありがとうございます。

『日本の長寿村・短命村』(サンロード出版)

アマゾンで中古で購入できました。
読んでみます。
2014/08/17(Sun) 12:04 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

342
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 09:55:33  ID:3HF+EA1N0.n(6)
>327
>無酸素運動は筋肉グリコーゲンを使うから血糖値は下がらない、てことかな。

短期的な話ね。
糖質摂取後に筋トレしたらグリコーゲンを消費するから充填するために
血糖値が下がるんじゃないの?って思ったけど
実際にはアドレナリンなどの分泌で血糖値そのものは下がらない。
よく考えたらそらそうだ。筋トレ中は血糖が必要な状況なんだから。

>マラソンのカーボローディングはそういう考えだろ。
カーボローディングはむしろ前もって糖を枯渇させて一気に充填するって考え方では?

まあいずれにしても基本的には筋肉のグリコーゲン貯蔵量は筋肉量に依存するのは間違いない。
そして減量しながら筋肥大しないことも間違いない。
コメント1件

343
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 10:03:12  ID:3HF+EA1N0.n(6)
>323
脳筋、必死だなw
実際今でもウエイト板でも糖尿病のリスクの話題は結構出てるよ。
どうしてだろうね。
ばかみたいに食え食え言ってる人もいるし。

それより本質的な議論をしましょうw
ね、君がオレのことを捏造といった遊離脂肪酸の話ね。
糖質制限食で遊離脂肪酸が増えるの?ね。

344
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 10:34:19  ID:3HF+EA1N0.n(6)
とにかく本質的な議論をしましょうw

遊離脂肪酸が問題であって内臓肥満の問題ではない、
それが論文の主旨だというのならばそらそれでええですよ。
じゃあどういう状況で遊離脂肪酸濃度が上がるのか?って話ですよ。
なるほど、糖質制限食ですか?
では糖質制限食でβ細胞を阻害するレベルで遊離脂肪酸濃度が上がるっていう
データを出してください。

王城くんは圧倒的な筋肉量で糖尿病を克服したというのなら
3ヶ月で14キロ痩せながら筋肉量を増やしまくったっていう
その素晴らしい王城メソッドで金稼げますね。
そんなことはありえないよね。
脳筋でもそのぐらいのことはわかるだろ?

345
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 11:14:35  ID:vn9SdCfv0.n(2)
>339
w

つーかこの「肝臓の数字が良くなる=炎症が治まる」って、何が起きてるのか何となくわかるよなー
そらLDLも上がる罠

前スレ>862
中性脂肪のみ300〜600です。
今回の記事を読むと、あまり心配しなくて良いのでしょうか?
2014/08/06(Wed) 16:31 | URL | peco | 【編集】

前スレ>871
スーパー糖質制限でも、300〜600mg/dlならば、家族性・遺伝性の可能性もあります。
まあ、米国の基準なら、大櫛先生によれば、経過観察でOKですが、一度大櫛先生に質問してみます。
2014/08/07(Thu) 08:16 | URL | ドクター江部 | 【編集】

前スレ>927-928
中性脂肪の件と合わせ、コレステロールの件に関しても何かアドバイスがあったらお願いいたします。
2014/08/08(Fri) 21:54 | URL | peco | 【編集】

>339
中性脂肪の件と合わせ、コレステロールの件に関しても何かアドバイスがあったらお願いいたします。
2014/08/17(Sun) 21:57 | URL | peco | 【編集】

346
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 11:15:40  ID:2JqReivbO.n(2)
>342
>基本的には筋肉のグリコーゲン貯蔵量は筋肉量に依存するのは間違いない。
そして減量しながら筋肥大しないことも間違いない。

そうだね。つまり、君の王城君の糖尿病が治ったのは、筋肉量ではなく、筋トレそのものだった。
コメント1件

347
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 11:21:31  ID:vn9SdCfv0.n(2)
>341
沖縄って米食べない代わりにサツマイモ食べてたんじゃねーの?
なんかまたしょーもない予感が

精神科医師Aも糖質制限をどうしたいのやら>181-180
コメント1件

348
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 11:31:07  ID:x1Hnogd10.n
自分が治ったんだからそう誤解
するのは致し方ないとは思うけど
このやり方が全てとか思うのは危険
人それぞれだし極端な話
えべっさんが糖質制限せずに筋トレ
したら糖耐能まで回復したとは
ブログから経緯を見る限り難しそうだし
デブでインスリン抵抗性のみで痩せれば膵臓もぶっ壊れて無いような
人は糖質制限でも筋トレでも快方に向かう確率は高いだろうね
コメント2件

349
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 11:36:51  ID:6Jv7Z6O/0.n
>347
MEC軍団が反対するから、これは終わりだな。

>胃瘻による経腸栄養管理

INがアンケートでなく、一定だから、ある程度信頼できる。

>糖質制限食による蛋白負荷で尿蛋白量が増加した4名の患者の糖質を47%に変更したところ、
>尿蛋白量が減少、血糖コントロールも良好で、うち1名は約1年間糖質制限を継続できた。
コメント1件

350
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/18 12:27:41  ID:FB9oIAbj0.n(2)
>341
白米"ばかり"食べるのが体に悪いからといって、
白米を食べることが体に悪いわけじゃないだろうに。

351
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 12:37:26  ID:3ofWyKjD0.n
糖質無制限サイコー!

352
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 12:43:50  ID:2JqReivbO.n(2)
>348
>このやり方が全てとか思うのは危険

まあそうだね。でも誰もなおってない食事法よりは安全だろいな。

353
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/18 13:48:30  ID:Ap7LfLGPG(2)
脚気の話はこれで完了できそう。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20081221

炭水化物過剰説というのがあったとはね。

354
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 13:50:22  ID:Lei9MwB/0.n(4)
厚労省と農水省が、「炭水化物」をススメている理由
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1408/05/news032.html
(中略)
そのなかに個人的に非常に興味深い記述があった。
厚労省が定める「食事バランスガイド」についてである。
http://image.itmedia.co.jp/makoto/articles/1408/05/yd_kubota1.jpg

1日に「何を」「どれだけ」食べたら
よいかの目安を分かりやすく並べた逆ビラミッド型の図で、
一番上が「主食」である「ごはん」や「パン」という炭水化物。
二番目が「副菜」として野菜料理、
その下は「主菜」として肉料理、そして牛乳などの乳製品、果物という順番で並んでいるものだ。
学校、病院、役所などにポスターが貼られているので、ご覧になったこともあるかもしれない。

これを見ると、まずはとにかく主食として炭水化物をガッツリとり、
野菜大目で肉や魚をちょびっというのが理想的な食生活とされているのだが、
先生の新著によると、
これは欧米の最新医学に照らし合わせると非常にバランスの悪い食生活だというのだ。

厚労省がガンガン食えと位置づける「ごはん」というのは実は糖質が高い。
糖質ゼロ」の発泡酒が次から次へと世に出ていることからも分かるように、
糖のとり過ぎというのは明らかに身体に悪い。
適度にとりましょうと呼びかけるのなら分かるが、なぜバランスの頂点にされるのか。
コメント2件

355
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 13:52:05  ID:Lei9MwB/0.n(4)
そこで大櫛先生はある学会で、
「食事バランスガイド」の作成に携わった研究者に質問をしたという。
「なぜ炭水化物が一番上になっているのですか? 身体に良いというなにか科学的根拠があるのですか?」
すると、その研究者は気まずそうな顔をして、「そんなもんありません」と答えたという。

健康的な食生活ということではなんの根拠もない
「炭水化物」がなぜここまでゴリ押しされているのか。
それはこの「食事バランスガイド」を厚労省とともにつくった人が誰かを考えれば分かる。

農林水産省である。

http://image.itmedia.co.jp/makoto/articles/1408/05/yd_kubota1.jpg
この「食事バランスガイド」の説明文には「望ましい食生活」とあるのだが、主語がない。
要するに誰にとって望ましいのかが明記されていないのだ。

 国民の健康を司る厚労省が「望ましい」といえば、
なんとなく「国民の健康にとって望ましい」というのは分かる。
では、同じ理屈を農林水産省に当てはめてみると、彼らが顔色をうかがい、
ひたすら保護政策を行ってきた「稲作農家の方たち」が浮かんでくる。

 つまり、「食事バランスガイド」というのは「国民の健康にとって望ましい食生活」ではない。
国民の健康もちょびっと考慮しつつ、
「稲作農家の方たちの生活」に対する気遣いもバランスよく紛れ込ませた「国家にとって望ましい食生活」なのだ。

「一揆」や「米騒動」の時代から、国家にとって「農家」というのは気を使わなくてはいけない存在だった。
それを象徴するのが「主食」という言葉だ。
食糧難だとかでタロイモやジャガイモを主食にせねばいけない国なら分かるが、
食に関して国民にさまざまな選択肢がある先進国で「主食」という概念はあまりない。

そんな言葉がなぜ日本にはあるのか。子どものような素朴な疑問に対して、農林水産省はこう答えている。

356
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 13:52:54  ID:Lei9MwB/0.n(4)
日本人がお米を主食としているのは、

&#8226;初夏に梅雨があるなど雨が多く、また、
夏には気温が熱帯と変わらないくらいに高くなる、日本の気候が稲の栽培に適していたこと
&#8226;お米は長い間保存することができるので、収穫が少ないときも保存したものが食べられること
&#8226;お米は日本人の味の好みによくあった食べ物であること
 などがおもな理由です。
(農林水産省 消費者の部屋 こどもそうだんしつ より)

 最後のはさておき、要するに供給者側の都合という感じがしなくもない。
我々は1日に何度も米を食う。ただ、それは「おいしいから」「体にいいから」という自分たちのためではない。
心のどこかに「日本人はやっぱり白いごはんだよな」という刷り込みがある。
それは日本政府が戦後一貫としてやってきた「米は主食キャンペーン」の成果ではないのだろうか。

357
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 13:53:49  ID:Lei9MwB/0.n(4)
日本人がお米を主食としているのは、
初夏に梅雨があるなど雨が多く、また、
夏には気温が熱帯と変わらないくらいに高くなる、日本の気候が稲の栽培に適していたこと
お米は長い間保存することができるので、収穫が少ないときも保存したものが食べられること
お米は日本人の味の好みによくあった食べ物であること
などがおもな理由です。
(農林水産省 消費者の部屋 こどもそうだんしつ より)

 最後のはさておき、要するに供給者側の都合という感じがしなくもない。
我々は1日に何度も米を食う。ただ、それは「おいしいから」「体にいいから」という自分たちのためではない。
心のどこかに「日本人はやっぱり白いごはんだよな」という刷り込みがある。
それは日本政府が戦後一貫としてやってきた「米は主食キャンペーン」の成果ではないのだろうか。
コメント1件

358
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 14:10:36  ID:EQvWCb5t0.n
>354
『血圧147で薬は飲むな』(小学館)という本を出した東海大学名誉教授の大櫛陽一さんという方がいる。

 健診医学の専門家であり、かつて全国約70万人を対象とした健診結果から、日本初の男女別・年齢
別基準範囲を発表したことで大きな話題になった大櫛先生は、日本の健康診断や人間ドックで「健康」
とされる基準というのが、世界的にもかなり厳しく、これによって飲む必要のない人が薬を飲まされてい
る、ということをかねてより警鐘を鳴らしていらっしゃる。

------------------------------------------------------------------------------------

とんでも、大櫛www

「STAP細胞はありまぁす」

「血糖値を上げるのは糖質だけ(3大栄養素と血糖値)」
コメント1件

359
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 14:51:46  ID:lQdhkOyE0.n(3)
>348
つまり産業でまとめると、

「悪いのは治らない江部!
 どうせ何をやっても治らなかった!
 糖質制限は悪くない!」

ってこと? ひでーな
おまえらの教祖サマだろ大事にしろよ

>349
>糖質を47%に変更

実はAセンセ、「スーパーはやめとき」って忠告してるんですかねぇ
コメント1件

360
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 14:55:25  ID:Up+9cQBk0.n
>358
事実、アメリカでは2004年にはそれまでとはまったく異なる「基準」が
発表されます。血糖を上げるのはスターチ(でんぷん)、フルーツ、ミルク
だとして、肉、魚、バターなどの脂肪はまったく血糖値を上げないという
基準になったのです。
(その本より)

・血圧、コレステロールは高い方が長生き。

その本には新基準が載っている。

40〜44歳 男 目標範囲

血圧 109〜129
     68〜 82
脂質 LDL 103〜143
中性脂肪 65〜120


大櫛の言う、欧米の基準ってwww
 

361
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 15:05:12  ID:lQdhkOyE0.n(3)
>354-343
よくこんな頭の悪い文章を連投できるなぁ
恥ずかしくないの?

362
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 15:56:14  ID:lQdhkOyE0.n(3)
久々に見たらMECになってた
まだ脂漏性皮膚炎が治ってない

http://ameblo.jp/feliz8101429/entry-11905273243.html
>お肌の調子ですが、生理前の高温期に入り鼻の下に赤みが出ていました。
>生理が始まって数日で治まってきました。

>でも去年10月からひどい悪化は今のところありません。
>お肉、卵、チーズ中心にしてからです。
コメント1件

363
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 16:48:32  ID:+WzMm5uX0.n
>357
違うよ。米は縄文時代後期から栽培され、長らく主食として存在してきたんだ
政府のキャンペーン如きに左右される底の浅い問題じゃない
米が優れているのは、なんと言っても保管性の良さだよ
長年、飢饉に苦しめられてきた社会にとって、長期保管に耐えられる米の魅力は圧倒的なんだ
コメント3件

364
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/18 17:21:34  ID:Ap7LfLGPG(2)
>363
それは小麦にも、乾燥大豆、乾燥とうもろこしにも
いえる。穀物により、飢餓を克服することができた
民族・地域があった。
小集団で、広い縄張りを持てるときには良いが、
人口密度が高くなると、採取狩猟では食っていけない。

365
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 17:26:11  ID:uOicAqb40.n(3)
蛋白質も食後の血糖上昇を抑制する
北里研究所病院糖尿病センター 山田 悟
研究の背景:蛋白質の血糖上昇抑制効果は脂質ほど明確でなかった

 今年5月9日の本欄(関連記事)において,単に主食だけを摂取するよりも,主菜・副菜を合わせて摂取する方が食後の血糖上昇を
防ぎやすいという論文(Br J Nutr 2014; 111: 1632-1640)を取り上げた。その際,試験食の栄養組成の関係で,脂質による血糖上昇
抑制効果は明確である一方で,蛋白質の血糖上昇抑制効果は脂質ほど明確ではないことを説明した。

 このたび,欧州糖尿病学会(EASD)の機関誌Diabetologia(2014; 57: 1807-1811)に乳清蛋白による食後の血糖上昇抑制効果を示
した論文が掲載されたのでご紹介したい。
コメント1件

366
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 17:27:54  ID:uOicAqb40.n(3)
 ますます栄養素とインクレチン,インスリン分泌,血糖上昇の関係性,あるいは栄養素と腸管・脳・肝臓の関係性が
面白くなっていくことであろう(Diabetes 2013; 62:3005-3013)。ただ,間違いなく言えることは,β細胞が残存している
限り,糖質以外の栄養素である蛋白質と脂質は,食後の血糖上昇に対して保護的だということである(関連記事)。エ
ネルギー制限かつ高糖質食という指導は(少なくとも非肥満2型糖尿病患者においては),患者に空腹というつらい思
いをさせるばかりで得られるメリットは小さいように思えてくる。
コメント2件

367
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 17:47:58  ID:ttBUBeJQ0.n(2)
>365-351

>蛋白質と脂質は,食後の血糖上昇に対して保護的だということである

それは確かだけど、だからって

>73-72

>神戸牛をふんだんに食べる群(低糖質瀬戸内食群)とで,
>臨床試験をやったら、日本版PREDIMED試験となって面白いと思うのだが難しいであろうか。

これは違うでしょう
山田先生、なんかヤバイよ
コメント1件

368
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 17:55:08  ID:uOicAqb40.n(3)
>366
この解釈と

糖尿病をコントロールする新たな「乳清」
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45522&-lay=lay&-Find

の解釈が違うような。


山田さん、強引って感じ。
コメント1件

369
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 17:59:05  ID:2VGS5cvQ0.n
>367
ホエイって脂肪も含まれていると解釈しているのかな。

370
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 18:18:14  ID:0dIyR3pW0.n
>359
何俺信者になってるわけ?
意味わからん、誰と戦ってるんだ?
誰も三行で纏めてくれなんて頼んでないし
言ってる事も的射てないし
コメント1件

371
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 18:33:33  ID:ttBUBeJQ0.n(2)
>370
そういう絡み方してくるだけで十分キモイんだよ
カスのくせに中立みたいなツラしてんじゃねぇw

372
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 18:57:28  ID:GKV4Ig+t0.n(5)
>368は乳清タンパク質を加えればインスリンの投与を減らせると言ってるけど、
>366のように
「カロリー制限・高炭水化物イクナイ! (もっと高タンパク質・高脂肪食!)」
とまでは言ってないだろうな

373
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:02:40  ID:JIm76r3c0.n(6)
>339
Re: タイトルなし
peco さん

糖尿病と診断された1年前からの変化
HbA1c 10.5%→5.6%
血糖値 300→110(食後3時間)
γGT142→42
GOT 30→16
GPT 48→19
中性脂肪 629→398
HDL 37→36(いつもこのくらい)
LDL 113 → 186(3月は145)

HbA1cと血糖値、素晴らしい改善ですね。
糖質制限食実践で、このデータなら、
もう糖尿病合併症のリスクはないと思いますのでとても良かったです。

米国ガイドライン(心臓病学会 2013年11月)
LDLコレステロール値
正常 189以下
*低下治療目標値は廃止。

なので、186は、心疾患の多い米国でさえも正常です。
またいつもいっておりますように、徐々に年単位で数値は元の113に戻っていくと思います。

中性脂肪も398mg/dlなら、心配ないと思います。
大櫛陽一先生によれば、欧米のガイドラインでは、
心筋梗塞の既往歴が無ければ999mg/dlまでは治療の必要なしです。
2014/08/18(Mon) 17:33 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

374
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:06:55  ID:JIm76r3c0.n(6)
>373
責任もてるかな?

大櫛さんの書いているの、他にも見ているところだけれど

アメリカの基準ってのが、どれをどう解釈しているのか
よくわからない。
コメント3件

375
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:19:15  ID:JIm76r3c0.n(6)
>374
ガイドラインではこれまでのスタチン関連RCTから,安全性マージンの範囲内でASCVDリスクの最も大きな減少が
期待できる4つのグループを設定。スタチンによる治療を勧告している。

ASCVDの既往がある
LDL-Cが190mg/dL以上,原発性に上昇している21歳以上
40〜75歳でLDL-C70〜189mg/dLの糖尿病患者
40〜75歳でASCVDの既往はないが,10年以内の推定ASCVD初発リスク※2が7.5%以上

 なお,ガイドラインではASCVD初発・再発予防のためのLDL-Cあるいは非HDL-Cの目標値に関する勧告は「なし」
とされているが,AHAはリリースで「100mg/dL以下が理想的で,160mg/dLでは高いと考えられる」との見解を示して
おり,LDL-Cが39mg/dL低下するごとに心臓病や脳卒中のリスクが約20%低下するとの知見を紹介している。

376
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:38:23  ID:JIm76r3c0.n(6)
>374
大阪での講演での質問

糖質制限していても、中性脂肪が高い場合

遺伝子検査→薬


コレステロールが高い場合

遺伝子検査+血栓の遺伝子検査
コメント2件

377
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:38:34  ID:GKV4Ig+t0.n(5)
>374
>大櫛陽一先生によれば、欧米のガイドラインでは、

予防線張りまくり
自分で読んでいないのは確実

>アメリカの基準ってのが、どれをどう解釈しているのかよくわからない。

いつものアレでしょ

http://diabetologistnote.blog119.fc2.com/blog-entry-46.html
>中性脂肪1000−1500 mg/dl 異常の場合は膵炎を減らすため、フィブラートで治療する。

これを「中性脂肪999まではフィブラートで治療する必要はない」と読めなくもないけど、
そんなふうに読む奴はいない
江部デンス

>ガイドラインでは、LDLがターゲットレベルに達したら、中性脂肪が200mg/dlを超えないようにすることを推奨している。

これが10年もたたないうちに「999までは何もしなくてもオk」になってたらビックリすぎる
コメント1件

378
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:43:47  ID:JIm76r3c0.n(6)
>376
『血圧147で薬は飲むな』

50〜54歳 女性

中性脂肪目標範囲 53〜81
LDL          109〜148

379
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:55:54  ID:JIm76r3c0.n(6)
>377
普通の食事で、病気のない人の基準なんだが。
コメント2件

380
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 20:56:44  ID:GKV4Ig+t0.n(5)
>376
>糖質制限していても、中性脂肪が高い場合
>糖質制限していても、コレステロールが高い場合

糖質制限でコレステロールや中性脂肪が上がることもある理由が、彼らは本気でわからないんだね
遺伝子ガーガーガー

381
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 21:00:43  ID:GKV4Ig+t0.n(5)
>379
pecoが普通の人かというと、ちょっと違うっぽいのが難しいけど>339

pecoの「ホルモンの関係でずっと中性脂肪、コレステロール値が基準よりも高め」の「高め」が、
どれくらいだったのかがわからないんだよね

妹がLDLが今まで以上に高くなったのは糖質制限食の弊
害だと言われてしまいました。

382
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/18 21:04:44  ID:FB9oIAbj0.n(2)
>363
343は高校生あたりが、あちこちの情報を集めてきて「上手にまとめました」というレベルの文章だよね。
糖質制限反対が政府のキャンペーンだという陰謀論を書くやつは、読んでいて本当に恥ずかしい。
それをいうなら、糖質制限推進論者は、日本人にもっと肉を食わせようとしているアメリカ政府の手先なのでは?

383
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 21:05:45  ID:3HF+EA1N0.n(6)
>346
「君の王城くん」の意味がわからんのだけどw

筋肉量だといったのは「ボクの王城くん」なんだ。
つまり彼は間違っていた。

そして、君は改善理由を筋トレそのものだというけど
体重減少ではない、とする理由は何?

体重減少による内臓肥満の減少>抵抗性の改善は関係ないと?
コメント1件

384
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 21:07:50  ID:3HF+EA1N0.n(6)

385
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/18 21:09:44  ID:3HF+EA1N0.n(6)
>383
そして王城くんのもう一つの大きな間違いは
糖質制限すると遊離脂肪酸濃度が高くなる、という主張だ。

本当にこればっかりはバカとしか言い様がない。

386
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/18 21:14:48  ID:GKV4Ig+t0.n(5)
失礼

>379
pecoが普通の人かというと微妙だけど
中性脂肪が400で良いという基準はないだろうなー

遺伝性なら、家族性高リポ蛋白血症のIV型はLDL正常、中性脂肪上昇みたいだから当てはまるのかな
IV型の高TGは「高炭水化物により誘発される」ともあるし

387
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 07:30:49  ID:glXO8RLe0.n
9月27日(土)の「豚皮揚げを食べる会 in 静岡(清水)」ですが,出足がちょっと遅いものの,
少しずつ参加者が増え,残り枠7名となりました。ご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0806-07:30-8)

そこで来月,私は二つイベントに参加しようと思っています.

9月27日(土)「豚皮揚げを食べる会 in 静岡」
9月28日(日)「一般社団法人日本糖質制限医療推進協会主催 講演会(東京) 」
 「脂肪・コレステロール、糖尿病の真実」
いずれも,過去に同様の会に参加した事がありますが,
繰り返すようですが,私が重要視するのは,実践者との交流の時間なのです.

田頭医師

388
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/19 11:06:57  ID:nZz0St0D0.n(2)
>362
そのブログ見たけれど、こんな食事を毎食つくって食べているのか。
毎日お祭りという感じ。見ただけで気分が悪くなる。
体が欲しているとは思えないから、無理やり「健康にいい」と信じて食べているんだろうね。
まさに洗脳。

389
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 11:50:15  ID:pGJ09QJHO.n(2)
>インスリン刺激の低下は、糖代
謝に重要な役割を果たす骨格筋および脂肪組織の GLUT-4 に対して、遺伝子レベルから
影響を及ぼし、その発現量を低下させることで、糖代謝能を悪化させると考えられてい
る。

390
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 14:07:04  ID:IkQZ1w8o0.n
日本という国は、人類を滅ぼすために歴史を積み重ねてきたのか。
炭水化物が人類を滅ぼすとまで言うのなら、著者はの日本から去りなさい。糖質制限食ダイエットの著者も然り。自らの不摂生が
招いた肥満を、炭水化物のせいにし、それを制限することで痩せた、痩せたと大喜びしている様は、みっともないの一語に尽きる。
二十キロ痩せた、三十キロ痩せたと大喜びの医師たちに、あんた一体、元の体重は何キロだったの?どんな食生活をしてそこま
でになったんだ?と言いたい。
これから、医療者以外のまともな「感覚」を持った人の本や言動が登場するようになって、バカ騒ぎも終焉に向かうのでしょうね。
コメント1件


391
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 14:08:57  ID:y4WXle1B0.n
A:
『高血圧の原因は原則動脈硬化である』と仮説を立てれば、治療はできます。
この治療が効果を発揮すれば、仮説は真実に近づきます。

W:
私は「動物性蛋白質」の不足が第一の原因と考えて食事指導をしています。

A:
当院では、高血圧治療薬の優先順位は、動脈硬化治療を目的とするため、
糖質制限>コレステロール低下薬>中性脂肪低下薬>ARB>利尿剤>カルシウム拮抗薬>βブロッカー・・・・・

A:
食事指導は、タンパク質中心で、基本『生(なま)』で食べましょうといったところです。

O:
コレステロールは高い方が長生きです。コレステロール低下薬は副作用が多いです。
中性脂肪は999まで正常です。薬を飲ますのは、製薬企業の陰謀です。

A:
お前医者かよ。医業は医師のみ許させる。

E:
コレステロール、中性脂肪はOさんにまかせています。患者の病状が悪化しても
Oさんの責任です。患者さん、症状が悪化したら大学病院に救急車で行ってください。
症例報告の対象になり学会発表されます。

N:私は本が売れればよいです。豚皮揚げ宣伝すれば、お金もらえます。
専門外ですので、がん、糖尿病はEさんにまかせています。

392
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 14:18:57  ID:oMO/gvHl0.n(3)
低栄養 認知症リスク倍増…70歳以上、赤血球など調査
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=101818&;from=popin
「高齢者は、認知機能を維持するためにも、粗食ではなく、肉や魚、牛乳などを積極的にとった方がいい」
(2014年7月14日 読売新聞)

393
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/19 15:40:08  ID:9JPh3YXSI
このスレの趣旨じゃないけど、
高血圧には海外では利尿薬がファーストチョイスだよ。
http://www.jomf.or.jp/include/disp_text.html?type=n100&file=2003110...

394
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 17:38:49  ID:M7Hl7mew0.n(8)
大櫛氏の論文に対する批判と回答

 私は,日本脂質栄養学会ガイドラインの関連論文とされた大櫛氏の論文に対して以下のように批判した。
(1)総死亡率にのみ着目して作成されたはずの同学会ガイドラインの関連論文でありながら,LDL-Cの診断基準作成において死亡率に着目していない。
(2)観察研究のみから結論を出していて,しかも交絡因子を考慮しておらず,仮説立証になっていない。
(3)「LDL-Cが高い方が長生きする」とする同ガイドラインの関連論文でありながら,糖尿病男性では高LDL-Cでの総死亡率が高くなっており,論理的に理解できない。
(4)高脂血症のない脳卒中患者の方が,高脂血症のある脳卒中患者よりも臨床指標が悪かったことについては,家族歴・喫煙などの因子での調整も必要である。
(5)脳卒中患者と一般健康人を比較すると一般健康人の方が高脂血症の治療を受けている比率が低いことについては,治療を拒むことができないほどの重度の高脂
血症患者の方が,治療を拒むことができるほど軽度の高脂血症患者よりも脳卒中を生じやすいという解釈もでき,それだけでは高脂血症治療が脳卒中発症に関与す
るとは結論付けられない。
 これに対する大櫛氏の回答は以下のようなものであった。
(1)診断基準の作成に死亡率を用いていないことに対して


 診断基準の作成法には,目的によりさまざまな方法がある。国際的な臨床検査基準範囲設定法に基づいて作成しており,問題はない。
(2)観察研究で結論付けしており,交絡因子にも配慮がないことに対して


 肝硬変や肝臓死について配慮した研究でもコレステロール低値群で死亡率が有意に高い。過剰な調整は真の関係を見失わせる可能性がある。よって,問題はない。
コメント1件

395
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 17:39:26  ID:M7Hl7mew0.n(8)
(3)男性糖尿病患者ではLDL-C高値群で死亡率が高かったことに対して


 男性糖尿病患者でも同じ基準(LDL-C≧190mg/dL)でよいことを示したものである。糖尿病患者でLDL-C 190mg/dL以上の場合はコレステロール低下治療ではなく,
エネルギーバランス,血糖値管理の徹底や血管炎症に対する治療が適切であろう。また,LDL-C 190mg/dL以上の症例の中には家族性高脂血症患者が多く含まれてい
る可能性が高く,家族性高脂血症患者においてもLDL-Cは虚血性心疾患の原因ではない。
(4)脳卒中患者では高脂血症合併患者の方が臨床指標が良いことに対して


 高脂血症,高血圧症,糖尿病で服薬中の人を除外している(だから,他の因子の調整は不要だということと推測される)。
(5)脳卒中患者と一般健康人との比較では因果の逆転がありえることに対して


 非薬物療法患者のみを抽出して高脂血症の有無による解析を行い,薬物治療の効果を調べるため高脂血症者のみを抽出して解析している(だから,因果の逆転はあ
りえないということと推測される)。

396
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 17:41:24  ID:M7Hl7mew0.n(8)
上記の回答に対する私の感想は以下のようなものである。

(1)について
私は,大櫛氏の論文の内容が誤りだと言っているわけではなく,その論文を日本脂質栄養学会ガイドラインの関連論文にすることが誤りなのだ
と言っているのである。同氏が述べているのは,自らの論文の正当性であって,同学会ガイドラインが同氏の論文を関連論文に挙げていることの
正当性ではない。同氏の論文は同学会ガイドラインの「死亡率にのみ着目して作成する」というルールに従う限り,同学会として無視しなくてはなら
ない。すなわち,この点については回答になっていない。
(2)について
「未知の交絡因子を調整する方法は存在しない。したがって観察研究で結論付けてはいけない」とする点は日本動脈硬化学会をはじめ,多くの第
三者が日本脂質栄養学会ガイドラインを批判するポイントになっている。観察研究における過剰な調整が真実を見誤らせる可能性があるという大
櫛氏の論調は一般論として正しいのだが,「だから介入試験が必要である」と誰しもが達する結論を記載せず,尻切れとんぼに終わっている。この
点についても回答になっていない。

397
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 17:41:50  ID:M7Hl7mew0.n(8)
(3)について
 何をおっしゃりたいのか意味が不明である。「男性糖尿病患者にも同じ基準でよい」というのは,「男性糖尿病患者ではLDL-C 190mg/dL以上なら
ば高コレステロール血症としてスタチンによる治療をしてよい」ということなのであろうか?
大櫛氏は男性糖尿病患者でLDL-C 190mg/dL以上の状態を高リスクと考えるのかどうかを明らかにしていないが,「高リスク群へのコレステロール
低下療法の意義は揺らいでおり,高リスクでない者へのコレステロール低下療法は不要である」という記載と合致させるためには,何をもって高リス
クと呼ぶのかについて同氏は明確化する必要がある。
さらに,一般に高リスクと考えられる家族性高脂血症患者の可能性についても言及しておられるが,そこでもLDL-Cが虚血性心疾患の原因ではない
と述べている。それならば,そもそもLDL-C 190mg/dL以上の基準とは何のための基準なのであろうか?
また,家族性高脂血症について言及し,家族性高脂血症患者とそうでない高脂血症患者の区別をすべきと主張されるということは,臨床的にすべて
の高コレステロール血症患者には遺伝子検査をやれということなのであろうか? 遺伝子検査が不要とするなら身体所見のみで家族性高脂血症患者
を同定することの感度や特異度はどの程度なのであろうか?

398
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 17:42:43  ID:M7Hl7mew0.n(8)
大櫛氏の主張は,高脂血症患者を目の前にした臨床家にとって何の役にも立たないものに思われる。
また,大櫛氏が適切とする治療についても疑問だらけである。エネルギーバランスに対する治療とはどのような治療なのか?
具体的なPFCバランスは記載がないようであるが,健康的なPFCバランスについての結論はいまだ出ていないはずである。さらに,
血糖値管理の徹底は良いとして,血管炎症に対する治療とは何を想定しておられるのであろうか?
私の理解では,一般的に血管炎症に対する最も効果的な治療とはスタチンである。結局のところ,「LDL-Cは真の虚血性心疾患の
原因ではない。悪いのは血管炎症であり高C反応性蛋白(CRP)患者にはLDL-Cの値にかかわらずスタチンを投与せよ」ということ
であれば,Ridkerらの主張(Lancet 2009; 373: 1175-1182)と合致する。よもやそのような主張を大櫛氏がされるとは思わないが,
血管炎症に対する治療法とは何か,という質問に対して同氏がなんとお答えになるのかが興味深い。
このように,大櫛氏の主張は具体性に乏しく,家族性高脂血症患者のことを考えるならどのように鑑別するかを記載すべきであるし,
血管炎症に対する治療を述べるなら具体的な治療方法を記述する必要がある。これも回答になっていない。

399
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:05:37  ID:fDi/dF9H0.n
>394-382
大櫛センセの回答が、ちっとも回答になっていない件について

「適切であろう」
「可能性が高く」
「原因ではない(キリッ」

こいつ臨床を知らないだけじゃなくて、偉そうなことを言いたいだけの屁理屈バカだろw

400
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:06:36  ID:M7Hl7mew0.n(8)
(4)について
私の批判は,非薬物療法の脳卒中患者に関するデータについて,大櫛氏の調整不足の可能性を指摘したものであるが
(私が記載した家族歴,喫煙歴のほか,飲酒歴や肝疾患既往歴での調整も必要と考えられる),同氏は薬物療法者を除
外すれば十分とのことである。ただ,それで十分と断言するだけの根拠は記載していただいていないように思われる。この
点は一応回答になっているのだが,今1つ合点がいかない。

 「脳卒中治療ガイドライン2009」の27〜30ページには,「高脂血症(脂質異常症)患者にはスタチンの投与が推奨される」と
明記されており,高脂血症が脳卒中の危険因子である,あるいは高脂血症への介入により予後が改善するという内容の論
文が23本提示されている。その中で,同氏らが認める2006年以降の論文に限定し,さらには大櫛氏らが否定するMEGA試験
を無視したにしても,韓国からの論文が残存する(BMJ2006; 333: 22)。この論文では,78万7,442人に発症した6,328件の虚
血性脳卒中のデータ解析がなされており,日本動脈硬化学会の主張に一致してコレステロール値が高くなるほど虚血性脳
卒中や虚血性心疾患の危険度は高まっていた(strongly and positively associated)。

401
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:08:32  ID:M7Hl7mew0.n(8)
さらに,この研究で興味深いのは,日本脂質栄養学会の主張に一致して出血性脳卒中の危険度はコレステロール値が低いほど
危険度が高まっていたのだが,この関係をγGTPで層別化すると,正常γGTP者ではコレステロールと出血性脳卒中の負の相関
はなくなり,高γGTP者でのみ出血性脳卒中との負の相関が見られたことである。このことから,この論文の著者らは,低コレステ
ロール血症ではなく,飲酒と出血性脳卒中に関連があることを推測している。大櫛氏の論文の調整不足を感じるのは私だけではな
かろう。
(5)について
「非薬物療法患者のみを抽出して高脂血症の有無による解析を行い,薬物治療の効果を調べるため高脂血症者のみを抽出して解
析している」とは何のことであろうか?
日本語としての理解が困難なのであるが,コホートの中から非薬物療法患者のみを抽出しての1回目の解析とは別に,高脂血症患
者のみを抽出して2回目の解析をした,ということならば,大櫛氏の関連論文の図8はどちらの解析なのかをはっきりしていただきたい。
図8では「脂質異常なし(所見なし)」,「未治療」,「治療あり」の3群分類がなされている。非薬物療法者を抽出したならば,治療あり群の
治療とは何のことであろうか? 脂質異常症患者のみを抽出したとするならば,脂質異常なし(所見なし)とは何のことであろうか? 回
答になっているのかもしれないが,残念ながら私には理解が不可能であった。

402
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:10:02  ID:M7Hl7mew0.n(8)
 この回答の中で,大櫛氏は私に「元の論文を読んでからコメントしていただきたい」と記載され,以下のような文献を挙げている。
(1)大櫛陽一ほか: 脳卒中 2010; 3: 242-253.


(2)大櫛陽一: コレステロールと中性脂肪で,薬は飲むな, 祥伝社, 2008.


(3)大櫛陽一: 脂質栄養学 2009; 18: 21-29.この中で,日本脂質栄養学会ガイドラインの関連論文とされた大櫛氏の論文の参考文
献に挙げられているのは,(2)のみである。そもそも,同学会ガイドラインを理解するために関連論文まで読んだ一読者である私に
対して,さらに別文献まで読まなければガイドラインについての真の理解が不可能であるという主張自体に問題があるのだが,これ
まで参考文献にすら挙げていなかった新規の論文〔(1),(3)〕までをも読んでおけとは理不尽ではなかろうか。そして,(2)は論文で
はない。同氏には書籍を記載する前に英文論文を記載し,査読のある一流誌に掲載させ,それを引用する形で書籍を執筆されるよう
お願いしたい。(2)のような書籍は,科学的フィクションなのか,科学論文なのか,誰にも判断は不可能である。はっきりしているのは
第三者による査読がなされていないので,客観性が担保されていないということである。そのようなものを参考文献に挙げてはいけ
ない。同氏がこれを参考文献にして思考する限り,同学会ガイドラインは非難にさらされるであろう。
コメント1件

403
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:44:21  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

404
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 18:45:01  ID:pGJ09QJHO.n(2)
>363
>米は縄文時代後期から栽培され、長らく主食として存在してきたんだ

栽培はされてたけど、あくまで雑穀のひとつだ。
大規模になるのはやはり弥生時代。
それも主食と言えるのは、一部の支配層だけ。
庶民レベルだともっとあと。津々浦々まで米が食べられるようになったのは、江戸以降じゃないかな。
コメント2件

405
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 19:43:40  ID:m2L3x9tL0.n
>404
句点で区切ってあるだろ。長らく主食である事実に変わりはない

406
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/19 21:32:06  ID:nZz0St0D0.n(2)
>404
米はそうかもね。
でも、クリやクルミのような糖質はかなりとっていたようだし、
ドングリもあくを抜いて食べていた。

たまにしかとれない肉を頼りにしている食生活はありえない。

407
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 21:33:01  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
第548回 米国糖尿病学会が推奨する栄養療法
http://good-looking.at.webry.info/201310/article_14.html
>補足説明の部分を追加的に和訳してご紹介した理由:

>某医師が“糖質制限ダイエットが米国糖尿病学会に認められた”と大はしゃぎしているブログ記事を見たからです。
>米国糖尿病学会は上記の声明の中で斯様なことは述べていません。

屁部w

408
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 21:49:18  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
http://ameblo.jp/kotarou003/entry-11906082932.html
>私は最初の頃に動物性脂肪(飽和脂肪)が怖くて、白い部分(豚骨ならラード)を全部捨てていました。
>今では脂質の部分も残さず全部食べています。
>今朝は散歩で久しぶりにあった人に「痩せが治ってきたね」と言われました。

「・・・。(久々に見たけどデブってきたなぁ)」

http://ameblo.jp/kotarou003/entry-11907215833.html
>私は、早朝の空腹時血糖値は低めにコントロールできているのですが、
>HbA1c(NGSP値)だけがなぜか高め(5.5)なのです。
>昼間の血糖値もあまり高くはなく、糖質も一日合計20g〜30gほどに控えているので、
>なぜHbA1cだけが下がらないのか今まで不思議だったのです。

不思議ですねぇ (そろそろかな)

409
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 22:00:10  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-393.html
>肥満すると見た目が悪くなるという明らかなデメリットがありますが、
>肥満自体はエネルギーの備蓄であったり、高血糖の害から身を守る側面もあったり、
>必ずしも悪い事ではないという見解を私は持っています。

さすがデブ先生。デブの味方

>肥満により酸化ストレスマーカーが上昇していく事は,ある段階までは人体に対して好ましい効果をもたらしている可能性があるのではないか,という気がしてきます.
>少なくとも「酸化ストレス=悪」という一義的な捉え方は控えた方がよいと私は思います.

デブ自己擁護しすぎw
やっぱコイツ駄目だわ

410
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 22:01:58  ID:oMO/gvHl0.n(3)
>308
TIME誌の原文が見たいな
どこかないのけ?

411
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 22:09:58  ID:oMO/gvHl0.n(3)
米国CBN放送曰く
http://www.youtube.com/watch?v=Qy_Nm-L_nv0

炎症を引き起こす毒
・トランス脂肪酸
・オメガ6脂肪酸
・砂糖
・HFCS異性化糖 (ぶどう果糖液糖、コーンシロップ
・精製炭水化物

問題ないもの
・天然の飽和脂肪酸
・オメガ3脂肪酸
コメント1件

412
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 22:40:29  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-376.html
>実際には体内では、そんな単純なことは起こらず、もっと複雑怪奇なことが起きています。

>De novo lipogenesis in humans: metabolic and regulatory aspects.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10365981

>上記論文によれば、通常のグリコーゲン貯蔵量を超えて糖質を摂取すると、糖質から脂質合成される前に、グリコーゲンの貯蔵量を増やして対応します。
>このグリコーゲン飽和状態から、更にこれでもかと糖質を摂取すると、ついに糖毒系モヤシの皆さんお待ちかねの脂質合成が始まります。(よかったね。笑)
>1日当たり、およそ475gの炭水化物から150gの脂肪が合成されます。

王城先生、それ引用してる論文にこんな記述がありますよ

http://www.nature.com/ejcn/journal/v67/n8/full/ejcn2013116a.html
>Although Hellerstein [31] has recently reported that de novo lipogenesis contributes only ~20% of new triglycerides,
> this greater conversion of dietary carbohydrate into fat,
> much of it entering the circulation as saturated fat,
> is a metabolic abnormality that significantly increases risk for diabetes and heart disease.

これ書いてる著者も論文のインパクトファクターも知らないけど、自信満々に糖質制限を攻撃できる論文じゃないっぽいですよw
こういうことあるから検索で見つけた初見の論文を引用するのはコエーっす(素人なんでw)
コメント1件

413
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 22:57:26  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
>308
新聞って面白いよな

>2型糖尿病の有病率は1982年から2012年の間に166%増加した。

アメリカ人は1982年で既に1日3300キロカロリー弱も食ってたんだろ。太らないわけねーだろブタ国家
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0200.html

あとこれ
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=44667&-lay=lay&-Find
>肥満の原因についての直感は多くの場合間違っている

TIME(笑)

414
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 23:17:42  ID:cgeB7+Gz0.n(7)
>308
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0205.html
>(9)油脂類
>肉食文化圏では油脂類(植物油、獣脂)の消費量が多い。
>米国751キロカロリー、日本359キロカロリー。

で、なんだっけ?
「ローファットの商品が並ぶようになった」
「40年あまりが経ち、この実験が失敗であったことが証明された」

へー、そーなんだー、ふーんローファットね、へー

>米国751キロカロリー

TIME(笑)
全世界にウンカス記事垂れ流すなよw

415
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 23:53:43  ID:CUn6rxmb0.n
大櫛の言う「基準」

アメリカでは2004年にはそれまでとはまったく異なる「基準」が
発表されます。血糖を上げるのはスターチ(でんぷん)、フルーツ、ミルク
だとして、肉、魚、バターなどの脂肪はまったく血糖値を上げないという
基準になったのです。


「STAP細胞はありまぁす」
コメント1件

416
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/19 23:58:00  ID:ukgfsW910.n
オメガ-3系脂肪酸とスタチンの組み合わせに心臓保護効果
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=44323&-lay=lay&-Find

417
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 04:36:56  ID:iqTt5+bw0.n
>411
オメガ6=炎症促進だけじゃねーぞ
まさか知らないで言ってるのか
http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20130410&;dir=2013s&number=13s_sy003S3-2

>アラキドン酸から生成されるリポキシン
コメント1件

418
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 06:38:22  ID:OaoCq13Z0.n
>417
炎症だけなんてどこにも書いてないたろうがw
おまえの日本語読解力がおかしいだけ
コメント1件

419
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/20 07:09:24  ID:nH5i6mbM2
>415
江部も大櫛もよく平気でウソをばらまけるよねぇ。

420
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 08:25:44  ID:wC20xkII0.n(2)
スーパー糖質制限からプチ糖質制限に。
江部先生

はじめまして。ミルクと申します。
31歳、5歳と2歳の子供がいます。
20代から顔の湿疹と手の湿疹が出始め、マクロビオティックをベースに体質改善をしていましたが、
手の方はなかなかよくならず、4ヶ月程前から友人から糖質制限のことを教えてもらいスーパー糖
質制限を実践しています。

症状はもちろんよくなり嬉しい限りです。
ただ、すごく身体が糖質に敏感になっていて、ありがたい反面、環境的、精神的に過ごしにくくなって
います。
プチ糖質制限、出来ればこちらで紹介して下さっていた高雄病院の食事法のような食事に戻したい
と考えているのですが、今は昼食にお米3口ほどで夜には顔が痒くなり翌日は赤い湿疹が広がります。

身体が嫌がっていて、今戻すのは難しいのでしょうか。
少しずつ上手く戻していける方法はあればアドバイスを頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。
2014/08/20(Wed) 00:11 | URL | ミルク | 【編集】
コメント1件

421
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 08:27:08  ID:wC20xkII0.n(2)
権威による思考放棄をしない!
診察室やライブや講演会での江部先生はいつも飄々としておられます。そう映ります。
夏井先生の著書かHPで、「権威による思考放棄をしないことを信条にしている」とありま
した。で、江部先生の信条を伺いたくなりました。
差し支えなければ教えて下さいませ。
2014/08/20(Wed) 07:22 | URL | 信条 | 【編集】
コメント1件

422
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/20 09:01:50  ID:cnBdjgKX0.n
>3
>1) 数パーセントに全身倦怠感、筋力低下、痩せ過ぎ
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2715.html
>
>2) 10パーセントにこむら返り
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2716.html
>
>3) 高尿酸血症 か、か
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2733.html
>
>4) 高LDL血症
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2734.html
>
>5) 全身倦怠、筋力低下、無気力、髪がぬける、生理不順、体重減りすぎ、低体温、冷え、色素性痒疹
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2735.html
>
>6) 3割に便秘
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2748.html
>
>7) 高血糖の記憶
>http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2753.html

423
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 10:32:05  ID:CZr7R22/0.n
>421
飄々とするとはどういう意味でしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212498007

424
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 10:36:31  ID:G7zv9hHXO.n
>412
>論文のインパクトファクター

どういう意味なんですか。
コメント1件

425
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/20 11:41:09  ID:5HbsdubvW
impact factor というのは雑誌の格付けで、
どれくらい論文が学術に影響を与えるかを点数化したもの。
EJCNのImpact factor
2013 Impact Factor 2.95*
Rank:28/78 Nutrition & Dietetics
*2013 Journal Citation Reports® Science Edition (Thomson Reuters, 2014)
これ(2.95)は臨床医学としては結構高い数字。
American Journal of Tropical Medicine and Hygiene(Case Western Reserve University) で 2.736

426
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 11:30:28  ID:llMUuhYA0.n
Single enzyme is necessary for development of diabetes
http://medicalxpress.com/news/2014-08-enzyme-diabetes.html

427
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 12:10:34  ID:NhXXSwgR0.n
果糖が強く結ぶ? 異性化糖と糖尿病
http://robust-health.jp/article/cat29/mohnishi/000337.php
異性化糖消費量の少ない国と多い国を比べると、
肥満、全カロリー摂取量、全糖質摂取量や他の甘い物の摂取量はほぼ同じなのに、
糖尿病有病率は国際糖尿病連合のデータで6.4%対7.7%、
GBMRF(公衆衛生に関する研究者・開業医の世界的ネットワーク)のデータでも
6.9%対8.2%と、後者の方が有意に高くなりました。

僅か1%程度と思うかもしれませんが、日本に当てはめれば患者数120万人以上の極めて大きな差です。
ちなみに日本の異性化糖摂取量は9番目でした。
砂糖摂取は他の国に比べて少ないのが特徴で、要注意です(表参照)。
http://robust-health.jp/article/images_thumbnail/2013/03/90-o-thumb-3...

フルクトース(果糖)の「不健康作用」
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/61/46a6533bcee8ff896c8589f1932a...
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/7c8733637a07f7343e05a6c...
穀物(米、小麦、トウモロコシ、イモ類など)に含まれる糖質は
グルコースが多数結合したデンプンが主体。
果物や清涼飲料水やケーキやアイスクリームなどにはグルコースやフルクトースのような単糖類と、
グルコースとフルクトースから構成される蔗糖(スクロース)や
異性化液糖(高フルクトース・コーンシロップ)が多く含まれる。
グルコースに比べてフルクトースは血糖上昇作用やインスリン分泌刺激作用は弱い。
しかし、甘味による脳の報酬系の刺激作用、肝臓におけるインスリン抵抗性の誘導作用、
肝臓における中性脂肪合成亢進、脂肪肝の発症、高脂血症・動脈硬化・虚血性心疾患の発症促進、
肥満・2型糖尿病・メタボリック症候群の発症促進、がんの発生や進展の促進、
タンパク質の糖化や老化の促進などの作用においては、フルクトースの方がグルコースより強い。
つまり、グルコースよりフルクトースの方がより健康に悪いと言える。

428
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 14:45:45  ID:N33DXrS50.n
>418
>炎症を引き起こす毒
>オメガ6脂肪酸

はぁ
炎症は引き起こすけど炎症を抑制もするって意味で「毒」なんて書くんスかね

>420
「顔と手の湿疹」→マクロビ→「手はよくならず」→糖質制限→「お米3口ほどで夜には顔が痒くなる」

→「症状はよくなり嬉しい限り」

面白いなぁ

>424
もちろん雑誌のだよ
眠くて書き間違えたよゴメンナサイ

429
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/20 15:44:41  ID:yQLUDrjf0.n
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17762187

「オメガ6脂肪酸は毒!」

へー

430
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/20 20:21:45  ID:dl9Ezfga0.n
マクロビからスーパー糖質制限へ。
極端から極端へ走る人がいるんだね。
自分を人体実験にさらしている情報弱者がいる一方で、こういう人を食いものにしているやつがいるわけだ。

431
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 03:27:28  ID:ajGF8niV0.n(4)
健康になりたいなら糖質なんて制限せずに
活性酸素の除去、生成回避、損傷修復のために努力しろよ

糖尿病ならいざ知らず、過度な糖質制限は社会生活や
ライフワークに支障を来すし、得られるものが少なすぎるよ
1日最低100~130gは取らないとだめ
コメント1件

432
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/21 07:10:39  ID:OoDBeV+U0.n
>431
なんで社会生活との関わりで糖質の摂取量が決まるのか分からん。
その観点からなら社会生活上必要なときにとればいいだけでは?
コメント1件

433
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 07:31:00  ID:ajGF8niV0.n(4)
>432
社会生活を営む上では、頭を使わなきゃいけないんだから
炭水化物の摂取は必須でしょう

必要なときというけれど、週に5日も働くんだから
摂取する必要のない日なんてほとんどないでしょ
コメント3件

434
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/21 08:48:00  ID:WcZlW6pxA
>433
炭水化物なんかいらんよ。
蛋白質から糖新生できるから。
脳が一時間に5gしかブドウ糖を消費できないのに
75gとか100gの炭水化物が一、二時間で血中に流れこんでも
使えないよ。余っちゃう。
脳の消費スピードに合わせるんだったら、
一食5〜10gだね。

435
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 08:46:47  ID:4uVxBWl30.n
>433
頭使ってみよう。

郡山 新井医師
こんな問題も可能だ
『高血圧治療の第一選択薬剤をARBとすることが論理的に誤りであることを証明せよ』

新井
食塩感受性のない人に効かない薬は、第一選択薬には適しませんからね。高血圧治療
ガイドラインは、高血圧の元凶が食塩であるとの仮説に依っている。かろうじて必要条件
を満たして入るが、十分条件にはほど遠いので、薬が効かない人が多いという現実を突
きつけられている。

新井
『やくほう紙』なるリーフレットがある。『降圧薬を服用し、血圧が140/90mmHg未満にうま
くコントロールされている患者の割合は、・・・・・、男性で約30% 女性では40%と、まだ
まだ血圧が十分にコントロールされていません』なる一文があるが、気の毒としか言い
ようがない。私なら、容易に90%以上にできているので。
コメント1件

436
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 09:16:36  ID:ajGF8niV0.n(4)
>435
まったくの反論になってないよ
血圧気にしてるならGI値の低いものを取り入れればいいだけ
コメント1件

437
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 09:34:42  ID:k0GfQRp00.n
>436
新井
当院では、高血圧治療薬の優先順位は、動脈硬化治療を目的とするため、
糖質制限>コレステロール低下薬>中性脂肪低下薬>ARB>利尿剤>カルシウム拮抗薬>βブロッカー・・・・・
コメント1件

438
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 09:41:36  ID:v9Epe9ry0.n
>437
大櫛
コレステロール低下薬
効果ありません。副作用で苦しみます。
コレステロールは高い方が長生きです。

中性脂肪低下薬
中性脂肪は999まで正常です。

新井
お前医者じゃないだろ。
リピディル飲んでゴルフやった。

439
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 09:54:23  ID:RbDT5LqG0.n
沖縄 W医師おすすめ
とりかわジャ−キ−
http://ameblo.jp/mickey-mom/entry-11912652931.html

N医師おすすすめ
豚皮揚げ

新井
基本『生(なま)』
そのようなものは食べません。

440
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 10:45:49  ID:ormPbVy60.n
豚皮揚げは、チッチャロンといって、フィリピンでは日常的に食している
ビネガーにつけて食べるのが一般的

441
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 11:22:30  ID:rR4gUpvt0.n
【ベストセラー健康法】大切なのは「食べない我慢」より「食べる工夫」 長続きのコツは“ゆるい糖質制限”
http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20140821/dct1408210830001-...
■「ゆるい糖質制限」十カ条
(1)糖質量の多い食品の傾向を覚える>
(2)主食は朝にしっかり食べ、夕食で減らす>
(3)タンパク質は魚や大豆製品で取る>
(4)野菜、きのこ、海藻類を積極的に取る>
(5)おやつはタンパク質食品を選ぶ>
(6)丼もの、ラーメンなどの単品メニューは避ける>
(7)ミニ総菜を組み合わせる>
(8)品目の多いサラダを選ぶ>
(9)スープやみそ汁を加える>
(10)もずく酢、めかぶパックなどの「お助け食品」を常備する
コメント3件

442
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 12:45:32  ID:0DY3W2Ym0.n
郡山 新井医師

糖尿病患者にSGLT2阻害薬を使用すると、動脈硬化が改善するので(私の仮説)、
血圧はすばらしく低下する。

対策には、降圧薬を中止せざるを得ないほどである。

アジルバ錠20mg   1 錠
シルニジピン錠5mg 1 錠
フルトリア錠1mg 1 錠
が今は、
  オルメテック10mgのみであるが、これでも100/60なので、
  今度はこれも中止しようかといった状態です。

『降圧薬は、高血圧治療には使えない』こともあるということになるのかな?
コメント1件

443
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/21 13:37:00  ID:GcjkXLzh0.n
>441
ばかばかしい。なにが「ゆるい糖質制限」だ。
30年前くらいの日本人の平均的(伝統的)な食事をベースにして、「夜は食べ過ぎに注意しよう」というだけじゃないか。
コメント2件

444
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 13:38:23  ID:2GAIng2K0.n
>441
4、7、8、9、10
よほど気をつけないと塩分やばい

445
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 13:46:28  ID:jntpLjZH0.n
>442
特許

Sglt2阻害薬と抗高血圧薬との組み合わせ
WO 2014034842 A1
http://www.google.com/patents/WO2014034842A1?cl=ja

446
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 15:18:24  ID:ajGF8niV0.n(4)
>443
そうだよ?
それが本来正しい姿

447
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:00:04  ID:EvO6Woz0O.n(3)
お茶やブラックコーヒーだけだとどうにも我慢出来ない時がある
コーラを無性に飲みたくなる

448
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:04:53  ID:y4KEnW+00.n(2)
サントリーのレモンの香り付けした
炭酸水あるけどあれで十分美味いよ
コーラが甘ったるくて飲めなくなった

449
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:06:05  ID:EvO6Woz0O.n(3)
いい事を聞いた
コメント1件

450
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:06:46  ID:y4KEnW+00.n(2)
>449
711のグレープフルーツの炭酸水も美味いよ
試してみて
コメント1件

451
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:38:41  ID:EvO6Woz0O.n(3)
>450
ありがとう

452
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/21 19:49:56  ID:m5yemlpL0.n
>443
そうそう
>441を「糖質制限」と呼ぶの は 無理がある罠
制限が多すぎるだろ常考w

ま、信者もさすがに「糖質さえ制限すれば良い」なんて考えてないってことだな
だから「昔の日本食」や「地中海食」に似せて、糖質制限の弊害が見えにくいように誤魔化す
いかにもクズのペテン師が考えそうなことだ

でも根っこは結局「糖質が悪い、タンパク質と脂質は問題ない」だから、人によってはだんだんおかしなことになる
病気を治したいって人は特に
コメント2件

453
424[]   投稿日:2014/08/22 00:25:50  ID:l1J5QtoL0.n(5)
>452
家に帰ってきたので、427氏への返事を書こうと思ったら、いいたいことをすべて書いてくれていた。
ありがとう。
コメント1件

454
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 00:34:04  ID:a5qKierT0.n(3)
>453
いや、俺は基本的に>452と同じような意見だが・・・w
正にいいたいことはこれだよ
だから糖質はそこまで制限するなって話だよ
糖尿病患者でもなければGI値気にしてれば大丈夫

>でも根っこは結局「糖質が悪い、タンパク質と脂質は問題ない」だから、人によってはだんだんおかしなことになる
>病気を治したいって人は特に

455
424[]   投稿日:2014/08/22 00:44:21  ID:l1J5QtoL0.n(5)
いやいや、ご心配なく。
わかってます。
だから、「反論」じゃなくて、「返事」を書こうと思ったわけ(笑)

456
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 00:51:16  ID:Taf4DLK10.n
昔の日本食が糖質制限食なら、幕内秀夫氏の食事で正解になるwww
書店でたまたま手に取った一般ピープルにはこの矛盾わかるんだろうか。
コメント1件

457
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 04:34:41  ID:L71tnFH/0.n
「乳がんだけど無治療」と夏井医師関係
http://ameblo.jp/nonsugar3/entry-11913214124.html

---------------------------------------------------
良い先生との出会いに感謝ラブラブではありますが、
”あなたの希望通りに”
”良い最期を”
的な感じがヒシヒシと伝わって来ました…あせる
---------------------------------------------------

458
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 04:39:30  ID:5h8/TsB90.n
郡山 新井医師


不老長寿の秘薬

SGLT2阻害薬、ゼチーア、アジルバ20mg、プラセンタ、リピディルを

SGLT2阻害薬、ゼチーア、オルメテック10mg、プラセンタ、リピディルに変更

血圧が下がってきたから。
コメント2件

459
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 06:51:17  ID:VGpEV3juO(2)
不老長寿とはいわんが、脳卒中や心筋梗塞、心肥大を
減らすエビデンスがあるのは
ナトリックスなどの利尿薬(ナトリウム排泄)だけどね。>アジルバ、オルメテック
リピディルは大規模臨床試験でエビデンス出なかったハズレ薬。
スタチンは心筋梗塞を3割減らした。

460
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/22 10:45:35  ID:9GVUw7DX0.n(5)
>433
頭使うのに糖質摂取が必須なんてこたあないわけです。
完全頭脳労働で、
業務アプリからWeb系、D3Dのアプリまで
炭水化物抜きでプログラミングしてますけど何か?って話です。
コメント1件

461
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/22 11:17:11  ID:9GVUw7DX0.n(5)
新井医師なんか>458のとおり糖質制限したうえにSGLT2阻害薬で尿糖駄々漏れにしてるわけですから
本来糖質が足りずに頭脳労働なんかできるはずもないはずですが、
実際には大丈夫なわけです。

まあそこまですか?とは思いますが。
筋肉に憧れるなら筋トレしろよと。

462
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/22 11:20:11  ID:9GVUw7DX0.n(5)
>456
幕内秀夫って初めて聞いて調べてみたけどダメだろ?糖質中心主義じゃねーか。

463
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 11:52:17  ID:rNcBDoH2O.n(4)
>それが本来正しい姿

本来正しい食生活なんてものがあると考えるから騙される。
コメント2件

464
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 12:26:09  ID:gBZkdLaY4(3)
>463
原始人食(パレオ食)

465
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 12:32:55  ID:nObdV0690.n(2)
糖毒カルトの連中か

466
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 13:29:34  ID:gBZkdLaY4(3)
>458
エゼチミブはLDL-コレステロール(LDL-C)値を下げるが、
アテローム性動脈硬化の進行抑制作用は持たないことを示した
大規模臨床試験ENHANCE試験の結果が2008年1月に公表され、
4月に論文発表された。

血管の健康ねぇ。。。はぁ。。。

467
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 13:46:58  ID:2QRY/L/h0.n(2)
>463
本来正しい食生活というのはある
それはホモサピエンスになって20万年の大部分を占めてきた食生活であり、
すなわち狩猟採集に沿った食生活である
これが、もっとも遺伝子的に引き継いできた体に素直に合うということなのだ
また、人類史というのは飢饉の歴史であり、軽い飢饉状態くらいがちょうど体に適合している
コメント1件

468
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/22 13:50:17  ID:9GVUw7DX0.n(5)
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11909191284.html
>水タンクを作れるようになれば
>海のそばに住めますが、
>技術のない、初期人類は海のそばには
>住めなかったと思います。

かくちゃん、これはおかしい。
日本の貝塚は過去の海岸線の位置を教えてくれる。
つまり縄文人は海岸沿いで貝を常食していた。
まあこれだと1万年前程度の話だけど
貝はかなり古い時代から食べられていたわけで。
(ネアンデルタール人も貝を食ってた)
だから海の近くに住めないとするのはおかしい。
河口付近なら真水もあり、海の幸も手に入る。
文明発祥の地は確かに川沿いだが、下流域が多い。

469
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/22 14:03:03  ID:9GVUw7DX0.n(5)
>467
もっとシンプルに野生の肉食動物は基本飢餓状態だと言っていい。
食料は手に入りにくいが高カロリーなので食い続ける必要はない。
空腹になると狩猟に出かけるわけで、空腹時こそ体は活性化される。
消化器官は体を動かしやすいようにシンプルな構造。

逆に草食動物は食料は手に入りやすいが
低カロリーなのでひたすら食い続ける必要がある。
また消化器官は複雑になり腹は大きくなる。
食料を得るために苦労はしないのだからこれで問題ない。
コメント1件

470
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 14:57:18  ID:a5qKierT0.n(3)
>460
そのうち体にガタが来るだけ
そんなことができるのは今だけだよ
コメント1件

471
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 14:58:05  ID:a5qKierT0.n(3)
>469
人間は草食動物ではないからな
糖質は最低でも130gはとった方がいい
コメント2件

472
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 15:49:03  ID:gBZkdLaY4(3)
>471
ゴリラはホモ・サピエンスの近縁種だが
主食として草を延々と食べてるよ。あと昆虫ね。
http://www.doubutsu-no-kuni.net/special/episode7/p3.html

473
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 15:56:51  ID:l1J5QtoL0.n(5)
体が求めていなくて、誰が見ても奇妙な食生活を続けるために、
懸命になって根拠を求めたり、論文を探したりしている感じだよね。

糖尿病になってしまった人は、藁にもすがる想いだからしかたがないけど、
まずまず健康な人間がまねするのは単なる人体実験。
10年後に後悔しても遅い。自業自得。

474
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 16:00:24  ID:gYjCxZNc0.n
捏造は業務アプリのプログラミングごときで
頭脳労働なんて恥ずかしいこと言うのは
やめて欲しい。
コメント1件

475
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 16:41:42  ID:l1J5QtoL0.n(5)
(450のつづき)しかも、自分の意見に合わない掲示板に1日じゅう張りついて、
異を唱えるばかりか、自分の健康法を披瀝している人までいる。休日も。
コメント1件

476
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 18:32:22  ID:rNcBDoH2O.n(4)
狩猟採集と言ってもいろいろあるんだが。あざらしやトナカイの肉ばかり食ってるイヌイットから、いもばかり食ってるニューギニア高地人まで。
本来の食生活なんてありはしない。人は、その場で手に入るものを食ってきたんだよ。
コメント1件

477
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 19:10:06  ID:BIaUpDFq0.n
歯がエナメル質で覆われたという進化を考えれば、ヒトは「硬いものを食べるようにできている」とは言える
硬いものは消化しにくいから腸内細菌もそれに応じた進化をしてきただろう
ただそれは一般論であって、地域によって手に入る食物が違うんだから「本来」が異なるのも当然な罠

478
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 19:20:58  ID:vB7SXb7K0.n
>476
君はマクロの視点を持てるようになろう
ミクロの個別的事情に注目するのではなく、最大公約数的な共通点を炙り出すことで、ベースになる食生活がみえてくるのだ

479
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 19:36:35  ID:rNcBDoH2O.n(4)
糖質制限論者の語る人類史など笑止。
入門書すら読んでないのは明らか。糖質制限本しか読んでない。
なにがマクロの視点だよ。おまえらの人類史なと、ただの絵空事だ。
語るにあたいせん。
コメント3件

480
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 21:57:12  ID:VGpEV3juO(2)
>479
イブはどこにいたでしょう?
それこそが人類本来の食事じゃない?
イヌイットやニューギニア高地人はしょせんイブの子孫、
diaspora の結果。

481
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 21:45:06  ID:xihztx5t0.n
うちのあたりではその辺に勝手になってる瓜とか果実をもいで食べてたらしい
糖質制限は無理だな

482
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/22 22:23:47  ID:l1J5QtoL0.n(5)
糖質制限論者って、なんであんなに上から目線なんだろう。
「自分は最先端の食生活を知っている」とでも思っているつもり?

483
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 22:25:45  ID:nObdV0690.n(2)
日本人より寿命がずっと短いエスキモーを長寿とか言ってる連中だからなぁ。
「人類本来の食事である糖質制限食()を実行しているエスキモーは長寿に違いない。いや、長寿でなくてはならない」
とか本気で信じ込んでそうだからな。

484
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 23:06:06  ID:2QRY/L/h0.n(2)
>479
俺は糖質制限論者ではない
コメント1件

485
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/22 23:26:57  ID:rNcBDoH2O.n(4)
>484
語るにあたいはしないが、読むのはかまわん。語ってみろよ。
楽しませてもらおう。

486
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 09:34:32  ID:zaA3p3uY0.n
糖質制限食。がんと玄米菜食。
2014年08月23日 (土)
----------------------------------------------
夏井先生主催の飲み会に出発!
14時からとんでもない量の酒を飲んでしまいそうな予感(笑)

持ち込みの酒類、現時点でリストにあるのが、ビール類350缶が120本、焼酎一升瓶が5本、日本酒が1本、あとワインとスパークリング。

確か参加人数25人だったので、酒が足りないことは絶対無いだろう(笑)

この前始めての病院行ってみたら、入院しろとしつこく言われた。
「昔の人間は断食してりゃ勝手に治るもんだぜい!」
と説教して帰ってきた(笑)

自分のよみまちごえかたが、どんどん変化もしている。ここ何日も急に。
自分が泣きたい。怖い。

やべえ。
脳の動きが変な働きになってすまった。
変な受容の為に、自分の頭おかしくなった。
怖い。。

顔の風雷がいつ痔全部痛い。全文痛痛い。

487
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 09:42:40  ID:ILGdYAat0.n
MECで減量中

卵5個 6Pチーズ1パック 普通のツナ缶2個 糖質0のハム1パック4枚のを3パック
でメーカー・卵のサイズにもよるけど1200~1300kcalで収まるはず

糖質制限始めたのは途中からだけど
2ヶ月半で25kg痩せた経過画像ブログに貼っておいた
http://ameblo.jp/akqjt/entry-11913764755.html

488
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 11:55:07  ID:5IxeDgb90.n(5)
>474
業務アプリは確かに楽勝だよね。ぶっちゃけSQL書ければなんとかなる。
でも頭脳労働であることは間違いない。

489
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 11:58:09  ID:5IxeDgb90.n(5)
>470
脳が血糖不足でガタが来るのは通常かなり急性の症状では?

490
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 12:00:33  ID:5IxeDgb90.n(5)
>479
また単に否定するだけか。
否定するなら同時に自分なりの人類史を語れよ。
こういう理由で絵空事だ、とね。

491
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 12:04:00  ID:5IxeDgb90.n(5)
>471
むしろ草食動物じゃないから糖質はそんなにいらないわけです。
コメント1件

492
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 12:06:55  ID:FVHcVw0R0.n(2)
>491
人間は何もしなくても1日に144gの糖質が必要なんですよ
コメント2件

493
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 12:08:52  ID:5IxeDgb90.n(5)
>475
分かってないなあ。
意見が違う人や反論する人がいることが大事なんだよ。
まあ中には無駄に人格攻撃してくる奴もいるがまあその程度の副作用は許容範囲。

494
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/23 12:13:04  ID:0eyNh2Nf0.n
>492
いまさらそんな当たり前をいわれても。

糖新生って知ってますか?
コメント1件

495
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/23 13:06:14  ID:7deaeN3MC
>492
一日に最低 144g の""ブドウ糖""を消費する。
ブドウ糖の原料は、炭水化物(糖質)でなくとも良い。

496
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 14:08:28  ID:GTgM9tq4O.n(2)
糖質1グラム作るのになんグラムのタンパク質が必要なんだろ。
コメント1件

497
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 14:39:42  ID:GTgM9tq4O.n(2)
てまひまかけて吸収したタンパク質を、糖質作る材料に回す。効率悪いわな。だからやせるのか。

498
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 19:35:42  ID:gEzh2lbF0.n(3)
>496
アミノ酸は脱アミノ化しないと使えないし、側鎖も無駄になることが多いだろうから効率は悪いだろう
こんな話もある

http://good-looking.at.webry.info/201108/article_14.html
>ビーフの形で50グラムのタンパク質を摂取した処、
>たった2グラムのグルコースが産生され血中に分泌された。

糖新生による影響は少ないだろう(もちろん間接的な影響はある)
コメント1件

499
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 20:36:08  ID:FVHcVw0R0.n(2)
>494
糖新生も糖質から補給されてるんだぞ?
糖質がなければ糖新生はできないよ?
コメント2件

500
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 21:06:23  ID:/1u/gpvs0.n
>498
In Silico Evidence for Gluconeogenesis from Fatty Acids in Humans
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3140964/
コメント1件

501
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 22:10:09  ID:gEzh2lbF0.n(3)
>500
あぁ、なるほど
炭水化物を制限するとCYP2E1が上昇するのは、そういう理由だったのか

502
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/23 22:11:37  ID:gEzh2lbF0.n(3)
>499
糖新生に必要なグリセロールがどこから来るのかっていう

503
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 00:01:40  ID:PXARBWXV0.n(10)
糖質制限信者に忠告しておくけど
過度な糖質制限は腎臓と肝臓をダメにするよ
低炭水化物で高タンパク食は死亡率が高いと研究結果もあるし
コメント1件

504
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/24 01:03:09  ID:KIvwBJkV0.n
糖新生でやせたやせたと喜んでいるけれど、がんになってもやせる。
過度の糖質制限は、ゆるやかな死じゃないの。

糖尿病患者にとっては、そのリスクを冒しても即死をまぬかれる意味はあるだろうが、
健康人にとっては、ただ命を縮めるだけ。

こんなことをいうと、またエビデンスを出せと言うだろうけど、そのくらい直感でわからないものか。
心配しなくても、10年もすればエビデンスが出るよ。
コメント2件

505
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 04:54:21  ID:Z99WXqQS0.n
>504
提唱者(複数)が病気になったり、死亡すれば気が付く。
実践者が病気になったり、不明になったのは、すでにあり。

実践者と非実践者の区別ができるか?
つまりどちらが長生きするか?
死ぬまでわからない。
どちらにしれも、いずれ死ぬ。

ちなみに私は実践者。(独自)

506
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 07:08:51  ID:EVH8/igg0.n
国民皆保険をなくせば白黒はっきりする。

507
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/24 07:30:35  ID:09j3GMU3f
>503
それは高蛋白食のせい>高死亡率
加工肉を多く食べると
高血圧と癌のリスクがあがる。

508
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 09:26:52  ID:7Y4z4tm80.n
>504
肉食に偏った過度な糖質制限で死亡率が上がることはわかっている
わかっている以上、前向きのエビデンスはもう出ない
エコアトキンスやケトン食は別物だしね

江部はブログでMECや肉食ダイエットを否定するべきだった
こいつはもう終わり

509
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 15:18:58  ID:ZRv5LLNa0.n
ボディビルダーはなぜ糖質制限をしてコンテストに挑むのか

http://blog.livedoor.jp/koms_club/

510
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 15:50:28  ID:d3A1ACjC0.n
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-378.html
>ボディビル業界でアナボリックステロイドとともに人気なのが、インスリンなのです。

511
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 17:42:45  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>499
無茶苦茶すぎる。
あんたが言ってるのは肝臓の貯蔵分のグリコーゲンじゃないの?
コメント1件

512
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 18:24:18  ID:PXARBWXV0.n(10)
>511
横からだけど糖新生による肝臓や膵臓への負担はどうやって回避するつもりなの?
死亡率も高いって研究あるけど
コメント2件

513
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 18:31:54  ID:klOCvm1a0.n
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント2件

514
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 18:41:52  ID:PXARBWXV0.n(10)
>513
アミノ酸も肝臓で生成されるんだけど
1日1食だからあまり負担しないって論理?

なんだかすげぇな・・・w

515
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 18:53:13  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>512
http://ameblo.jp/carpincho3blanco3/entry-11409473420.html

まあ、何かを食えばなんらかの負担がある。
という話でしたとさ。
コメント2件

516
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 18:54:34  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

517
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 19:42:29  ID:PXARBWXV0.n(10)
>515
短期的には肝機能が改善されるのかもしれないが
長期的には酷使することになるよ
コメント3件

518
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 20:55:50  ID:peHkP4r2O.n
>515
そのブログ、糖質とったら肝臓に脂肪がたまるみたいに書いてるが、あんたもそう思ってるのか?
コメント1件

519
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 22:24:57  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>518
あなたはどう思う?
脂肪が増える要因としてある程度真実ではないでしょうか?
間違いがあれば指摘してあげてください。

それよりもオレが言いたいのは、肝臓ってのは栄養を摂っても摂らなくても
お仕事してるってことです。
糖質を摂らなければ糖新生する。
糖質を摂れば糖代謝の負担がある。

では、どちらがより負担になるのか?
>517の方が疫学データを出してくれるようですよ。
コメント1件

520
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 22:30:30  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
まあ、一つだけ言えるのは、
糖質が摂れなければ肝臓やられるってんなら
精製糖質をカロリーの60%も摂取できなかった初期人類は
みんな肝臓を患って死んじゃったはずってことです。

521
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 22:37:13  ID:3YEYsaAf0.n
>516
筋トレにプロテインは必要なの?

糖新生の材料はどこから来るの?
コメント1件

522
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 22:46:51  ID:PXARBWXV0.n(10)
>519
その論理であれば糖質制限してもしなくても肝臓への負担は変わらないということだな 笑
コメント2件

523
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 22:53:59  ID:PXARBWXV0.n(10)
>糖新生って結局体に負担かかってよくないですよね
>強制的に脂肪燃焼させるみたいなやり方で内臓にはかなり負担かかるし
>活性酸素でまくりで痩せて脂肪はへるかもしらんが活性酸素=老化の促進ですからね
>糖尿病治療でもないのに医師の指導もなく炭水化物抜くやつとかあほだわ
コメント3件

524
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:11:38  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>521
筋トレそのものにプロテインが必要なわけないじゃん。。。。
筋肥大にはプロテインが必要ってことだよ。
なにを言っているのだ?きみは。。。。
コメント1件

525
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:14:40  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>522
どの論理だ?
どちらもそれなりに肝臓は仕事してるって話。
オレがどちらがより負担が大きいかについてはオレは知らん。
>517は疫学データを持っているようだよ。

ちなみにオレは肝臓の数値は完璧。
悪化して行ったら報告するよ。
コメント2件

526
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:18:07  ID:bQ0NoeiR0.n
>524
米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、
タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 

これらはカロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 

http://www.mainichi-daizu.com/room3/vol5/

>タンパク質・脂質は血糖に変わりません。

ならば、糖新生の材料は何?
コメント1件

527
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:18:11  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>525
あれ?w
>522>517と同一人物じゃんwwwwww

ボケたこと言ってないで糖質摂らないほうが負担がでかいってデータだせよwwww
コメント1件

528
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:18:34  ID:PXARBWXV0.n(10)
>525

>523の事実に反論は?
コメント1件

529
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:19:17  ID:PXARBWXV0.n(10)
>527
死亡率が高い時点で高いのは明白
wiki見て元ソース辿れよばーか

530
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:20:21  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>526
江部センセのネタでオレに突っ込むなよ。
タンパク質は糖新生で血糖になるよ?
血糖値を保つためにね。当たり前じゃん。

531
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:21:21  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>528
>523の事実って?それなんなの?
URLも示さずに事実って言われても。

532
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:24:09  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>523
>活性酸素でまくりで痩せて脂肪はへるかもしらんが活性酸素=老化の促進ですからね
http://syodokukai.exblog.jp/17603919/
コメント1件

533
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:25:39  ID:PXARBWXV0.n(10)
>532
別にケトン体の話はしてないんだが 笑
コメント1件

534
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:27:36  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>533
あれ?
そこがわかっていらっしゃらない?
もう、出なおしてきて。
コメント1件

535
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:32:07  ID:PXARBWXV0.n(10)
>534
終わってんなw
アンチエイジングの基礎がわかってないw
コメント1件

536
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/24 23:34:44  ID:dEFUcJ+z0.n(13)
>535
なんのこっちゃ?
糖質制限とケトン体は不可分ってことぐらい最低限の知識だろ。

537
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/24 23:44:12  ID:Op17syes0.n
膵臓を休ませる?
膵臓を鞭打つ?

健康人がプロテイン?(糖質摂らないで)
糖尿病の人は?

http://www.nutritionandmetabolism.com/content/3/1/16/figure/F2
コメント1件

538
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 00:22:41  ID:qQZ9yCT+0.n
教団の教典ボロボロ。

捏造だまされた。

539
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 00:59:00  ID:JbCX+9S60.n
いくら糖質制限しても血糖値は基準値の1/2までしか下げることができない。
つまり過度な糖質制限は無意味なんだよね。糖質が従来比1/2になっている。
半ケトン食を摂取して適度に糖質制限をすればいいこと。

あのにますがどれくらい制限しているのかわからないけど
過度なのは無意味だよ
コメント1件

540
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 06:20:53  ID:tO13eBHuO.n
> 糖質を摂れば糖代謝の負担がある。

肝臓の?
これは初耳。どんな負担なのだろう。脂肪に変換することかな。ほとんどおきない、て王城君がいってたが。
コメント1件

541
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 08:16:25  ID:UY+zJJ9J0.n
>539
まるで普通にやれば効果があるみたいな言い方だが
おまえも捏造と同レベル

542
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 08:18:15  ID:HfMHTC9K0.n
>537
食ったたんぱく質の半分がグルコースに換わる?
4時間のなだらかな上昇だとしても衝撃的なトランスだな
インスリン抵抗性が少ないであろう健常者と糖尿病患者が同じ50gの肉を食っても必要とされるインスリンが倍必要になるのも興味深い
グラフでは強力なインスリン分泌促進作用で1~3時間後に5時間後には血糖値が50mg/dl下がって良さそうに見える
しかし膵臓を休ませたいならSU剤モドキの肉はやばいな
コメント1件

543
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 12:09:36  ID:8nmPuF3F0.n
>542
タンパク質のグルコースへの変換率は、低いようだ。

Effect of Protein Ingestion on the Glucose Appearance Rate in People with Type 2 Diabetes
http://press.endocrine.org/doi/full/10.1210/jcem.86.3.7263

Dietary Proteins Contribute Little to Glucose Production, Even Under Optimal
Gluconeogenic Conditions in Healthy Humans
http://diabetes.diabetesjournals.org/content/62/5/1435.long

Dietary Protein and the Blood Glucose Concentration
http://diabetes.diabetesjournals.org/content/62/5/1371.full

544
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 15:02:48  ID:64Wt4Rgu0.n
Re: 立川講座 ありがとうございました
ユッキ さん

立川講演会、ご参加、ありがとうございます。

サプリなしの、医師で、東京在住の方を、提携医療機関にしようと思います。

社団法人 日本糖質制限医療推進協会のサイトに
近々載せようと思います。
2014/08/24(Sun) 17:45 | URL | ドクター江部 | 【編集】
糖質制限の誤解
言葉のイメージから、今の食事から「糖質」だけを抜くのが、糖質制限食と思われてしまうのです。
蛋白質を増やすためには、思い込みを変えなければいけないのですが、これがそうとう難しいの
です。蛋白質と脂質で2000Kcalを構成するには、相当なイメージ改革が必要なのです。どうし
たら思い込みを変えられるか、心理的なアプローチも必要だと思います。糖質が多い方は「変化」
しづらい傾向が感じられます。副腎ホルモンは、緊張を生みます。筋肉を緩められないようです。
同様に固執と「変化」を難しくさせます。筋肉を緩めるマグネシウム・カルシウムのアプローチも糖
質制限の中に組み込んではどうでしょうか。
2014/08/24(Sun) 21:44 | URL | ナリ | 【編集】

↑ 削除されている。
コメント1件

545
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 15:22:04  ID:fXerIOkE0.n(3)
リウマチ患者です
はじめまして。
先生の御本を拝見し今年4〜7月の3か月間、スーパー糖質制限をしまして体重が5キロ減りました。
適正体重まではあとマイナス10キロというところです。
なのですが、7月に間接リウマチの診断をされました。
体重の減りがウワサに聞くよりにぶいと思っていたのですがリウマチのせいでむくみがあるからなのか
もと感じています。(膝の水を抜かないと歩けないほどむくんでます)
8月に入ってプチ制限に切り替えました。体重は1キロ増えましたが体脂肪は減り続けています。
(運動はしていないので筋肉ではないと思われます)
お尋ねしたいのはサイト上で、リウマチ患者は卵を食べた方がよい、食べない方がよいと両方の意見を
みかけるのですが、江部先生はどう思われますか?
あと、リウマチに関して何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。
2014/08/25(Mon) 08:33 | URL | あまつ | 【編集】
Re: リウマチ患者です
あまつ さん
拙著のご購入、ありおがとうございます。
イヌイットが、生肉、生魚のスーパー糖質制限食のころは、糖尿病や心筋梗塞が極めて少なかったです。
実は慢性関節リウマチも極めて少なかったようです。
従いまして、リウマチ患者さんは、卵も含めて糖質制限食実践で、問題ないと思います。
2014/08/25(Mon) 15:11 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

546
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 15:25:29  ID:fXerIOkE0.n(3)
チーズについて教えてください。
江部先生こんにちは。前回も回答ありがとうございました。その後はスーパー糖質制限に切り替え頑張っているはるはるです。
私は医師から「予備軍とか、糖尿病」と言われたわけでは無いのですが、健康診断の結果、Hba1cが高く(昨年は5、7で今年は
5、5でした)自主的に糖質制限をしているので、血糖測定器も無く、糖質制限の結果は来年の健康診断までわかりません事は
江部先生のレシピ集を見ながら作っています。

質問なのですが、糖質制限では肉やチーズはOK食材となっているので、体重を減らしたくない私はよく食べるのですが(158セ
ンチの48キロです)チーズについて調べたら、食べ過ぎると2型糖尿病になるリスクが56%あがったという研究データがありました。
私は1日に小分けされているクリームチーズを2個は食べるのですが、食べ過ぎもよくないのでしょうか?教えてください。
2014/08/23(Sat) 18:42 | URL | はるはる | 【編集】
Re: チーズについて教えてください。
はるはる さん
糖尿病ネットワークに載っていた記事ですね。
「肉やチーズなど酸性食品の取り過ぎに注意 糖尿病リスクが上昇」
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/021032.php
これは、所詮は普通に糖質を摂取している人のことです。
糖質制限食を実践している人においては、肉やチーズなどの酸性食品を食べても大丈夫です。
勿論、ビタミンC補充の意味もこめて、葉野菜や、ゴーヤ、ピーマン、
食物繊維補充に海藻や茸も食べましょう。
2014/08/24(Sun) 17:23 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

547
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 15:29:33  ID:fXerIOkE0.n(3)
Re: 糖質制限4年
tomo さん

中性脂肪   85→40
HDL      56→103

素晴らしい改善です。
中性脂肪が正常低めで、HDLコレステロールが多めの人は、
LDLコレステロールも正常なものがほとんどなので、心配ないです。

中性脂肪が多くて、HDLコレステロールが低め人は
小粒子LDLとか酸化LDLとか異常なものが多くなるので要注意なのです。
2014/08/24(Sun) 17:28 | URL | ドクター江部 | 【編集】

>373
は大丈夫なの?
コメント1件

548
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/25 18:14:58  ID:Uh8y6elU0.n
>545

>イヌイットが、生肉、生魚のスーパー糖質制限食のころは、糖尿病や心筋梗塞が極めて少なかったです。
>実は慢性関節リウマチも極めて少なかったようです。
>従いまして、リウマチ患者さんは、卵も含めて糖質制限食実践で、問題ないと思います。

まだこんなことを言っているのか。
寿命が40歳くらいだから、糖尿病や心筋梗塞になる前に死んでいたんだろう。
そこまでいうなら、糖質制限食なんて中途半端なこと言っていないで、
生肉と生魚を食べるように勧めたら?

549
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 19:17:39  ID:iBKqmUdG0.n(2)
>544
糖質制限し過ぎて、こういう前頭葉がイカれた感じになるヒトって多いんだろうな
運営もさすがにヤバイ雰囲気を察して削除w

>545
関節痛は腸の状態と関係あるって言うけどね
油過剰で代謝性エンドトキシン血症、飽和脂肪酸でTLR4、
アミノ酸過剰のmTORC1でDC活性化、
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4021118/figure/F2/
酪酸不足で炎症が起きた、、いろいろありそうで怖いな

550
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 19:33:18  ID:iBKqmUdG0.n(2)
>546
そこはビタミンC「補充」じゃなくて、ビタミンC「不足」だろw
ごまかすなクズ

あと「食べ過ぎもよくないのでしょうか?」と聞かれてるのに、
「食べても大丈夫です」は返事になってねぇw
しょっぼいペテンだなぁ

551
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 19:37:37  ID:Rmt6AYak0.n
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

552
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/25 22:48:35  ID:tN880p0E0.n(4)
>540
王城くんの何を信用しているのだ?君は?
彼は痩せて糖尿病が治っただけのデブですよ?

インスリンがあれば糖を取り込もうとする。
インスリンがなければ糖をつくろうとする。
ぶっちゃけ糖を取り込みすぎると脂肪肝になるわけだ。
で、糖を作ること=糖新生の亢進でどういう病気になるの?
コメント3件

553
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/25 22:51:41  ID:tN880p0E0.n(4)
>551
なんで教団はデータを公開しないのだろう?
あるなら出したらいいのにね。

554
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/25 23:04:43  ID:tN880p0E0.n(4)
とりあえずタンパク質がインスリンを出すことも血糖になることもわかった上で
プロテイン摂ってるんですけどね。
筋肥大の人体実験ですから。
とはいえ健常者なら糖新生はコントロールされてるから大きな問題はないと判断している。

そういや王城くんはタンパク質を摂れって言ってるけど
信者の方々その辺はどうなのっと。

555
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/25 23:10:15  ID:JxF2xxk60.n
>511
肉50gの結果最大インスリンが45±10μU/mlドバドバ

>517
こっちは肉50gで結果80±15μU/mlドバドバ

この差は牛肉と豚肉の違いだろうか?
調理方法が違うのだろうか?
コメント1件

556
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/25 23:21:32  ID:tN880p0E0.n(4)
よく考えてみたら当然のことなんだけど、
タンパク質を摂ってインスリンが分泌されるのは必然があるからなんですね。
筋肉の維持のためにタンパク質を同化しないといけない。

自分が筋トレしながら言うのもなんだけど、
ガンガンタンパク質を摂って効率よく筋肥大させることはリスクもあるといえる。
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11907616794.html

557
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/26 06:50:39  ID:MW/5rmYeM
>555
すまんが、ソースを教えてもらえまいか?
論文でも url でもいいから。

558
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 07:53:42  ID:CYZU0ZY1O.n(2)
>552
糖を取り込むと脂肪になるのか、あんたは。
かわってるな。糖質制限するとそうなるのか?
コメント2件

559
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/26 08:28:05  ID:5QiZwBYUk
>558
インスリンとブドウ糖が、基礎インスリンレベルなら
ブドウ糖は脂肪に転換されない。
しかし、高インスリン血症・高血糖であれば
消費スピードを上回る余剰ブドウ糖はグリコーゲン・脂肪に転換される。

560
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 08:35:13  ID:4770otcX0.n
>552
>ぶっちゃけ糖を取り込みすぎると脂肪肝になる

捏造は馬鹿なんだからあまり書きこむなよ
コメント1件

561
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/26 09:54:48  ID:07S3PEjc0.n(4)
>558
>560
http://toushitsu.jp/topics/?page=437#0
グリコーゲンの形で蓄えられる量には限りがあるので
それ以上は中性脂肪にします。
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/67.html
で、脂肪肝は中性脂肪が肝臓にたまっちゃった状態ですね。

562
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/26 10:11:17  ID:07S3PEjc0.n(4)
糖尿病の権威の方のご発言です。
よく読むように。
http://www.dm-net.co.jp/tg/tg03-01.htm

>トリグリセライドの日本語の名称「中性脂肪」には「脂肪」とついているものの、
>脂肪分の摂り過ぎだけでトリグリセライド値が高くなるのではありません。
>むしろ炭水化物の摂り過ぎが原因です。
コメント2件

563
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 11:37:17  ID:Npoy/LpcO.n(5)
>552
痩せても治らない江部よりは信頼できる。
治ることが重要
コメント1件

564
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/26 12:00:00  ID:07S3PEjc0.n(4)
>563
もう、本当に馬鹿だな、君は。
王城くん自身も「分泌力低下した人は完治しない」と言ってるわけだろ?
王城くんが治ったのはβ細胞の機能が阻害されていない、
インスリン抵抗姓が主因の糖尿病だったからだ。

つまり分泌力低下してないのにデブになりすぎたから糖尿病になった。
その後早めに痩せたら治った。それだけのこと。

分泌力低下が先立つ人の場合は完治しない。
当たり前のことだな。

筋トレによる糖代謝改善を否定しているわけではない。
しかし現実としては、王城くんは14キロ痩せて糖尿病が治った。
ウエイトトレーニングでは常識だけど体重を減らしながら筋肉は増えない。
つまり、彼は筋肉は減ったのに糖尿病は治ったってこと。
王城メソッド?なにそれ?なわけです。
コメント1件

565
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 12:04:04  ID:PlfjZXCc0.n(2)
>564
この前俺も同じこと言った
えべっさんが筋トレしたら治るのか
と言ったら信者認定されたあげく
変なのに絡まれた、延々同じ話のループ
コメント1件

566
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 12:11:10  ID:cG1XZklj0.n(2)
2014/08/26
【08:30】
こんなメールをいただきました。

医学<生理学
夏井先生や江部先生、そしてこの加茂先生は、生理学的な視点で治療されるので、素晴らしい
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0826-08:30-1)

タンパク質を食べるとインスリンが分泌されることすら知らないのに?

567
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 12:11:39  ID:cG1XZklj0.n(2)
>565
おまえが絡まれたのは馬鹿だからだろ
人のせいにするなよ
コメント1件

568
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 12:13:17  ID:PlfjZXCc0.n(2)
>567
あ、そっか、ごめんなさい

569
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 12:21:07  ID:Npoy/LpcO.n(5)
江部が糖尿病になった時に既に分泌不全だったんですか?
何でそんなこと解るんですか?w
得意の捏造ですか?w
コメント1件

570
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/26 12:43:45  ID:07S3PEjc0.n(4)
>569
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9314636
日本人においてはデブじゃないひとだけじゃなくてデブであっても
耐糖能正常から異常への進展は初期分泌の低下に関連する。
日本人では高インスリン血症は一般的じゃない。
インスリン抵抗性は高血糖および/あるいは肥満の結果。
コメント1件

571
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 13:54:21  ID:Npoy/LpcO.n(5)
>570
捏造先生、答えになってないんですけど。
コメント1件

572
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:05:16  ID:gVCZRvym0.n(2)
正しい答えじゃなくても100回繰り返せば相手は諦める

573
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:14:35  ID:Npoy/LpcO.n(5)
チョンか?ww

574
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:32:06  ID:fJ7iyFbJ0.n
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

>運動で消費されるエネルギーはたかが知れているという事です.
>やはり身体をやせさせるかどうかを決定づけるのは,食事の量と質だと思います.

>実際,私もここ2年以上は毎日片道30〜40分の道のりを徒歩通勤して有酸素運動を習慣化していますが,
>断食を経験するまでの間は,ずっと体重の停滞期が続いていました.

30分歩くだけなら「たかが知れている」のは当たり前
こんなタワゴト書いてるヒマあるなら運動しろw
コメント1件

575
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:35:43  ID:OuDQV6qx0.n
妊娠糖尿病は小児2型糖尿病のリスク?β細胞機能が先天的に障害か
 米・Yale University School of MedicineのSonia Caprio氏らは,正常耐糖能(NGT)の肥満児255例を約3年間追跡し,
耐糖能異常(IGT)もしくは2型糖尿病の発症リスクを検討した結果,妊娠糖尿病(GDM)の母親から出生した児は,そう
でない児と比べ著しくリスクが高いことをDiabetologia(2014年8月25日オンライン版)で報告した。同氏らはGDMが先天
的なβ細胞機能障害の原因となる可能性を指摘している。

母親がGDMの児に対するスクリーニングが必要

 Caprio氏らは「GDMの母親から出生した児にIGTが多いことは,これまでにも多くの研究で示されているが,今回の知
見はそれらを追認しただけでなく,GDMが先天的なβ細胞機能障害の原因となり,IGT発症リスクを増大させる可能性を
新たに示唆している」と指摘している。

 GDMは増加しており,将来,小児糖尿病は現在よりもはるかに増えることが危惧される。同氏らは「母親がGDMであった
場合,児に対してIGTか空腹時血糖異常のスクリーニングを実施し,臨床的な糖尿病を発症する前に予防と治療を行って
いくべきである」と述べ,「重度肥満や高リスク人種など,GDM以外の危険因子が存在する場合には,臨床的判断に基づき,
特に思春期中期からOGTTを反復実施することを提案する。一方で,β細胞機能障害の原因となりうる遺伝的因子や後成
的因子,出生後の環境因子の役割解明を目的とした研究が急務である」と付け加えている。

576
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:41:03  ID:UUtkwy2D0.n
>574
>やはり身体をやせさせるかどうかを決定づけるのは,食事の量と質だと思います.
>断食を経験するまでの間は,ずっと体重の停滞期が続いていました.

ということは、痩せたんだろうな。
糖質は肥満の原因ではなかった。少食なら痩せると。

結果早く報告して。

577
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 14:50:41  ID:7kDpctzk0.n
『月刊糖尿病』2014年9月号で境界型糖尿病の特集
2014年08月26日 (火)

>何の根拠もあげずに、上記の記載があります。
>米国糖尿病学会は、2004年以降は、患者教育用テキストブックにおいて、
>「摂取後血糖に変わるのは糖質のみで、蛋白質・脂質はは血糖に変わらない。」
>と明言していますので、日本糖尿病学会は、米国糖尿病学会に真っ向から喧嘩
>を売っているようなものですね。

明言しているなら、その部分の英文書いてください。
コメント1件

578
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 15:58:27  ID:gVCZRvym0.n(2)
明言していると100回書けば、それは実在するものとみなせる
コメント1件

579
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 16:08:18  ID:Npoy/LpcO.n(5)
チョンか?ww

580
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 16:10:41  ID:V3lljxMq0.n
>やはり身体をやせさせるかどうかを決定づけるのは,食事の量と質だと思います.

結局カロリーじゃないかwww
やっと気づいたか、豚。

581
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/26 16:11:39  ID:UNSMnIxB0.n
江部先生と糖質制限のお陰です。
本当にありがとうございました。

582
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 17:16:31  ID:ylZnt+rn0.n
>578
そのようだ。(原典は?)

Q1 脂質・たんぱく質は血糖に影響しないのですか?

元国立病院管理栄養士  野**子

A1 消化吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、
   たんぱく質、脂肪は血糖には変わりません。各栄養素の
   生理的な特質なのです。2004年以降、血糖の上昇は
   糖質のみであることが明確になりました。

Q2 糖質を減らしたら、低血糖にならないでしょうか?
A2 糖質制限食により高血糖は改善されます。低血糖にも
   なりません。それは肝臓内でたんぱく質から血糖が
   作られるからです。
   人間の体は、ブドウ糖であれ、コレステロールであれ、
   本当に必要なものは食物に依存せず肝臓で作られます。
コメント2件

583
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:10:52  ID:WpxgfokB0.n(3)
>577
江部がテレビに出れない理由その2だな (その1はもちろん救急車)
ADAが書いてもないことを明言してると勝手に言いふらしてる
これ報道されたら江部は死ぬ

http://www.wound-treatment.jp/title_new.htm
>しかしここに「血糖値を上げる食物は糖質のみであり,しかも,糖質は摂取しなくてもいい。糖質摂取をしなければ血糖は上がらない」という事実が加わってしまうと,「公理系自体に矛盾がある」ことが明らかになります。
>つまり,糖尿病標準治療とは,矛盾を含んだ治療体系から証明された命題にすぎないのです。

>私はよく「医療現場は伏魔殿」と言っていますが,これはまさに「矛盾を含んだ公理系が真であると証明した命題」が「正しい治療」としてまかり通っていることを示します。
>悲劇的なのは,大多数の医者がこれに気がついていないことです。
>「医者は全てゲーデルを読め」とは言いませんが,少なくとも「公理系と矛盾の関係」くらいは知っておくべきだと思います。
>そうでなければ,自分がしている治療はもしかしたら間違っているかも,という発想が生まれません。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0826-06:00-4)

夏井はまずADAの出版物をぜんぶ読め。英語で

584
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:24:44  ID:WpxgfokB0.n(3)
>582
>本当に必要なものは食物に依存せず肝臓で作られます

ではなぜ本当に必要なオメガ3やビタミンは肝臓で作られないんですかね

駄目だなこの人
ペテン師失格

585
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:36:09  ID:CYZU0ZY1O.n(2)
>562
糖尿病の人の話だろ、それ。あんた糖尿病だったのか。気の毒に。
正常なら糖質はグリコーゲンとして筋肉と肝臓が取り込む。
コメント1件

586
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:46:26  ID:pOHCLm/y0.n
366 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/25(月) 10:52:26.42 ID:eA7Ju1hi0
貧乏人は金ない、調理の時間なんてないでカーボまみれになる

広島の避難所
菓子パン、カレー、駄菓子、カップ麺、バナナ
http://m2.upup.be/f/r/BwE4vYd5cB.jpg
http://m2.upup.be/f/r/asNZt6qBs4.jpg
http://m2.upup.be/f/r/3CfEnZMRIN.jpg
http://m2.upup.be/f/r/CbFfmzH7Wo.jpg

肥満深刻化のブラジル、スタジアムには特大座席も
http://www.cnn.co.jp/world/35050671.html
>(CNN) かつては栄養不良に苦しんだ同国だが、今や肥満人口は増え続ける一方。
>2012年の統計ではほぼ7人に1人が肥満に分類された。
>太り過ぎの割合は1975年の時点で男性19%、女性29%だったのが、
>2014年は男性54%、女性の48%を占めるまでになった。

>専門家によると、中南米全体で過去20年の間に太り過ぎが急増し、
>人口に占める割合は10%未満から50%超に増えている。
>ブラジルでは低所得層ほど炭水化物や糖分の多い食事に偏る傾向があるという。
コメント1件

587
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:46:41  ID:WpxgfokB0.n(3)
「アルツハイマー病と糖尿病」というメールです。

昨日、カーラジオから流れる”85歳以上の1/4は認知症の疑いがある”というCMを聞き、
早速調べてみたのですが、それ以外の記事に目が止まりました。
     ⇒【アルツハイマー患者の脳内、糖尿病と同じ状態に】

やはり糖質制限は真理であることを再認識し、今後も継続していくべきと肝に銘じました。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0822-06:00-3)

Q1 糖尿病は糖質制限で治るか?
A1 治らない(江部が実証済み)

Q2 糖尿病は糖質制限で予防できるか?
A2 怪しい(ブログでの被害報告多数)

Q3 では脳の糖尿病ことアルツハイマーは、糖質制限で予防できるだろうか?
A3 え?(笑)

588
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 18:55:19  ID:i4Hfp7jf0.n(4)
>586
231 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/12(木) 13:11:28.00 ID:rj2xDQY60 [2/2]

私は糖質制限を2年続けてますが、食費が掛かってしょうがないです。
180円で食べられるうどんと同じ満腹感を得ようとすると、どうしても800円ぐらいかかります。

貧しい人が口福を求めるのなら、炭水化物以外の選択肢はないんですよ。
貧しい中で食べる幸せすら奪われたら、生きていくのが辛くなります。

お金持ちのお医者様には、貧しい人の気持ちはわかんないですかね?
2014/06/11(Wed) 23:26 | URL | Anderson | 【編集】

589
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 19:12:26  ID:mV36AwTg0.n
>562
後援:科研製薬株式会社
     ↑
   リピディル販売

郡山 新井医師

不老長寿の秘薬

SGLT2阻害薬、ゼチーア、アジルバ20mg、プラセンタ、リピディルを

SGLT2阻害薬、ゼチーア、オルメテック10mg、プラセンタ、リピディルに変更

血圧が下がってきたから。


>近年では、フィブラートのうちのフェノフィブラート(リピディルR)という薬が、インスリン抵抗性を改善し
>インスリンの働きを強め)たり、血管障害を防ぐアディポネクチンを増やすなど、いろいろな働きがあ
>ることがわかってきています。

さりげなく宣伝いれているの気づかないないんだもん。

590
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 20:44:52  ID:i4Hfp7jf0.n(4)
Life with Diabetes 5thが届いた

p40.
>Eat breakfast.
>Reserch shows that eating early in the day helps to set an increased metabolic rate and helps you manage overall intake and maintain weight loss.

ADA、いきなり捏造虫を全否定

そして当然のようにアルコールはFatグループとして分類されている

p44.
>Fat. Butter, margarine, cream, ... Alcohol is included in this group.

江部先生、あなた「アルコールは糖質に属さないエンプティカロリー」とかトンチンカンなこと言ってADAにケンカ売ってますよね?
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1388.html

で、

>8.4
>Only carbohydrate directly affect blood glucose levels.

ですよねー

591
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 20:50:47  ID:i4Hfp7jf0.n(4)
>9.3
>INSTRUCTOR'S NOTES
>The recommended daily allowance (RDA) for protein is 0.8g/kg.

ADAの本にはこのように書いてある件
江部先生、あなたタンパク質を過剰に取らせてADAにケンカ売ってますよね?

>9.4
>Milk and protein group are high in protein.

>INSTRUCTOR'S NOTES
>Protein does not appear to have a significant effet on blood glucose
> but does appear to increase insulin response in type 2 diabetes.

江部先生、あなた「タンパク質は少量のインスリンを分泌させます」とか言ってADAにケンカ売ってますよね?

>140
>日本糖尿病学会さん、何の根拠もあげずに
>ADAの見解とは全く異なるこのような記載を載せられてますが、米国糖尿病学会に、真っ向から喧嘩を売っておられるのでしょうか?

 お ま え が 言 う な 糞 虫
 
コメント1件

592
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/26 21:38:05  ID:i4Hfp7jf0.n(4)
p46.
>Too much saturated fat increases the risk for heart and blood vessel disease because your body makes cholesterol from saturated fat.

p.362.
>Excess fat intake leads to excess fat on our bodies. Fat can bo stored almost directly on the body.
>A total of 97% of excess dietary fat is converted to body fat.

江部先生、これ説明してください
あなたADAにケンカ売ってますよね?

p363.
>In summarym to decrease calories without eating less total food:
>Eat more fresh fruits, vegetables, and whole grains.

>Note that tnis is the recommended way of eating for everyone.

ADAはこう書いてます

江部先生、あなたは何の根拠もあげずに
ADAの見解とは全く異なる記載をブログに載せられてますが、
米国糖尿病学会に、真っ向から喧嘩を売っておられるのでしょうか?

593
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 06:06:17  ID:qH8SIYe80.n(2)

594
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 09:21:03  ID:qH8SIYe80.n(2)
UCP2とグルカゴン
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23434936

ROS制御はグルカゴンでも大事

595
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 14:10:32  ID:EgjJBNcu0.n
食品交換表
江部先生おはようございます。大酒のみのヘルミです。
「脂質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります。1回の食事でとりすぎないようにしましょう。」
・・・先日管理栄養士と話していて(いじめていて?)変なことを言うな、と思ったら、出所はここか!
困りますね、管理栄養士のバイブル的な本がこんなでたらめを堂々と書いては…
うちの病院なんて患者指導にバンバン使っていますよ。いったいどうしたらいいんでしょう…
2014/08/27(Wed) 10:13 | URL | ヘルミ | 【編集】
Re: 食品交感表
ヘルミ さん
そうなんです。
折角11年ぶりに改訂された
<糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版>
なのに、困ったものなのです。
米国糖尿病学会の患者教育用テキストブックの記載を
栄養士さんに教えてあげてください。
血糖と糖質・蛋白質・脂質 米国糖尿病学会 2004年
摂取後血糖に変わるのは糖質のみである。
糖質は速やかに吸収され、120分以内に100%血糖に変わる。
蛋白質は血糖に変わらない。
脂肪は血糖に変わらない。
「炭水化物・タンパク質・脂肪はカロリーを含有している。
  炭水化物だけが、血糖値に直接作用する。」
1997年版では蛋白質50%、脂質10%未満が血糖に変わるとしていたが、2004年版で削除・変更。
*ADA:Life With Diabetes A Series of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center 2004
2014/08/27(Wed) 13:08 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント3件

596
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 14:15:40  ID:Rb339L4D0.n
>595
「STAP細胞はありまぁす」

>582
のように書いて、原典になかったらどうすの?

597
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 17:50:14  ID:uCglWQ+k0.n
>595
困ってるのは糖毒教教祖

糖だけが絶対悪でないと成り立たない経典がある限り信者に嘘を吐き続ける必要がある

598
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 18:46:00  ID:JsLMDghj0.n
鳥取大学医学部の田頭医師の患者S

>今日、たがしゅう先生と2週間前の頸動脈エコー検査について、話し合いました。
>結果は、半年前より少しですがさらに改善していました。
>私は完全な脂質異常症(今回中性脂肪247・LDLコレステロール455)で、動脈硬化リスクは
>高いとされるのですが、ケトン食で少しづつ良くなっています。
>たがしゅう先生は、尿酸などが増えるのも、体にとって必要な意味があるのではないか、とおっしゃっていました。

http://ameblo.jp/kotarou003/entry-11913430790.html#c12583069596


患者に問題起こった場合、医師生命終わり?
コメント1件

599
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 18:55:07  ID:LcWKSxhR0.n
メディチーナ(medina) 2014年8月号と糖質制限食
2014年08月27日 (水)

京都府立医大 内分泌・免疫内科学部門准教授    
福井 道明氏

----------------------------------------------------

京都では、京大医学部と京都府立医科大学は、すぐ近く。
糖尿病関係の連携もある。

京大病院の救急車事件、有名ですよ。

600
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 22:11:14  ID:ylCj4BX/0.n
血圧が下がりません
江部先生、
著書にてご紹介のありました糖質制限に取り組んで早1年。お陰様で10?12キロほど体重が減り、随分と動きやすい体になったなぁという状況です。
ところが血圧だけ、以前のまま下がりません。上が150、下が110位の状態が続いています。
体重が減るだけでは、血圧を下げるにはまだ不十分ということでしょうか。それとも暫くすれば下がってくるものと(楽観的に)考えていて良いでしょうか。
アドバイス頂き度くお願い致します。
2014/08/27(Wed) 21:01 | URL | たな | 【編集】
コメント2件

601
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 22:40:18  ID:fLR9ynUZ0.n(2)
>600
Re: 血圧が下がりません
たな さん
肥満が主たる原因での高血圧は、肥満が改善すれば、治ると思います。
しかし、両親とも高血圧であるとか、遺伝的素因が大きい場合は
体重が減るだけでは、高血圧は改善しない可能性があると思います。
2014/08/27(Wed) 22:24 | URL | ドクター江部 | 【編集】

新井医師に教えてもらおう。

602
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 22:43:23  ID:fLR9ynUZ0.n(2)
ちょっと気になる記事
【EU発!Breaking News】「肉中心の食事は認知症の原因にも」。英科学者がサイエンス誌に発表。

http://japan.techinsight.jp/2014/02/yokote2014022515220.html

こういうの見ると、肉食生活に不安を覚えます。まあ、1986〜8年、アメリカ赴任中に牛肉が安かった
のでタラフク食べてたころみたいには食べられなくなってますけれど。欧米人並に食べていたら、怖い
ものがあるよ、ってことでしょうか?
2014/08/27(Wed) 19:30 | URL | かやねずみ | 【編集】
Re: ちょっと気になる記事
かやねずみ さん
情報をありがとうございます。
肉中心の食事といっても、結局、普通に糖質(パン、ご飯、イモなど)を食べいる人における研究ですね。
スーパー糖質制限食実践者には関係のない研究といえます。
この研究、「糖化」もよくないとしていますね。
糖化は高血糖により生じるので、糖質摂取が良くないこととなります。
さらに、日本の「久山町研究」では、
肉食ではなく、白米摂取が多い人に認知症が多いことが報告されています。
2014/08/27(Wed) 22:21 | URL | ドクター江部 | 【編集】

捏造ごくろうさま。
コメント1件

603
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 23:05:27  ID:0HfCmDjz0.n
動物性食品の過剰摂取が原因と思われる症状でも、すべて糖質のせいにしちゃうんだろうな、この人。

604
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/27 23:40:27  ID:VvREA01f0.n
食事摂取基準2015
食事摂取基準は管理栄養士にとってバイブルである。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuk...
422頁 図2 栄養素摂取と高血糖の関係
脂質・蛋白質は、内臓脂肪型肥満を介して血糖値を上げる
直接血糖を上げるのは糖質のみである
2014/08/27(Wed) 18:31 | URL | 精神科医師A | 【編集】
Re: 食事摂取基準2015
精神科医師Aさん
情報をありがとうございます。
日本糖尿病学会の「食品交換表第7版」7ページの
誤った記載
『●血糖値に影響を及ぼす栄養素は主に炭水化物ですが、
 脂質とたんぱく質も影響を及ぼします。
 ●脂質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります。
 1回の食事でとりすぎないようにしましょう。』
に対して
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、
『血糖に直接変わるのは糖質だけ』ということが、
明記されていて、当然のことながら正しい記載ですね。
2014/08/27(Wed) 21:58 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

605
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 00:18:55  ID:BHARbXSp0.n
直接変わるのが糖質だけってことは、糖質以外は間接的に影響を与えるのだろう。
なぜ彼は糖質以外は影響を与えないと誤読させたがるのか?誰得?
コメント3件

606
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/28 10:40:12  ID:9eqXX4q2r
>605
宗教の教義が根本から崩されることを嫌ってのことでしょう。
もはや彼らのやってることは、科学・医学ではなく宗教です。

607
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/28 13:01:34  ID:fotGoDmY0.n(4)
>571
江部センセは分泌不全型だから、痩せても治らないんだよw
彼の病態がまんまそういうことなわけです。

王城くんみたいに超デブでインスリン抵抗性が主因で膵臓健康って人のほうが珍しい。
まあ王城くんも分泌不全は一切ないと断言はできない。
コメント1件

608
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/28 13:09:13  ID:fotGoDmY0.n(4)
>585
もうむちゃくちゃやな。
正常な代謝の人が全部取り込みきれるなら誰も肥満にならんわ。
枯渇してればそりゃ取り込み切れるでしょうが。

糖尿病じゃなくても脂肪肝にもなるだろが。。。。。

609
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/28 13:20:38  ID:fotGoDmY0.n(4)
>605
そこまで言うならタンパク質も制限してケトン食推奨。
筋肉落ちるけどな。

610
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 14:01:01  ID:mvGRxl0nO.n(2)
>正常な代謝の人が全部取り込みきれるなら誰も肥満にならんわ。

運動不足でも、過食でもなければ、取り込める。だから体重が変わらない。
コメント2件

611
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/28 14:57:01  ID:CrBZzt639
>610
一食あたり 60-100g の炭水化物由来の
ブドウ糖が1〜2時間で身体に流入する。
1〜2時間で60-100g のグリコーゲンが作れるの?

612
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/28 14:40:35  ID:fotGoDmY0.n(4)
>610
いや、だからさ。。。。
糖尿病じゃなくてもなるだろ?って話をしてんですけども。

613
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 15:52:25  ID:2jidRrgv0.n(4)
>605
576みたいな猿芝居で騙されるのは信者だけ
誰得ってもちろん教団の金儲け


614
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 16:27:06  ID:mvGRxl0nO.n(2)
過食や運動不足のひとなら、なるな。正常な人なら、ならないね。ちゃんと代謝できる。
糖質を余分に摂取したときは、糖質を余分に代謝し、脂質の代謝を減らすんだと思う。
糖質を脂肪に変換するんでなくて、使いやすい糖質から使う、そんな仕組みがあると思う。
コメント1件

615
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 16:53:41  ID:2jidRrgv0.n(4)
>598
>尿酸などが増えるのも、体にとって必要な意味がある

尿酸値が低下し過ぎた江部先生の立場は?

>600-573
http://low-carbo-diet.com/blog/vascular-effects-of-lcd/
>厳しい“糖質制限食”では他の二群に比べ圧倒的に動脈硬化の範囲が広い

616
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 17:18:19  ID:3lA7usvy0.n
だから、厳しい糖質制限、過度の糖質制限をしなければいいのではないかい?
コメント2件

617
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 17:34:59  ID:2jidRrgv0.n(4)
>616
具体的に。

1日の総カロリーは?
糖質とそれ以外のバランスは?
タンパク質と脂質の比率は?
脂質の不飽和と飽和脂肪酸の比率は?
タンパク質は動物から?植物から?具体的に。

はい、答えて。
「厳しくない」というのは「定義しなくてよい」と同義ではないよ
コメント2件

618
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 17:40:09  ID:2jidRrgv0.n(4)
>616
ついでに聞こう。
痩せようとして糖質制限をして、痩せない時はどうする?
糖尿病で糖質制限をして、問題が起きたらどうする?
コメント1件

619
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 17:48:29  ID:Nn3h4NFV0.n
こいつキモイわ。

620
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 17:58:33  ID:HtLQKZD90.n
徹底的にレッテルを貼り続けないとね!

621
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 18:19:51  ID:Ici+P1ZC0.n
>617
じゃ、特に定義せずに、ちゃらんぽらんにいい加減に、適当な制限で行う
効果測定はまめに行い、短期実施とする
長期実施は不可
いつでも中断、中止できるつもりで
コメント1件

622
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 19:45:06  ID:9vOqgswt0.n
>617
>1日の総カロリーは?
特に計算しない。腹7〜8分目

>糖質とそれ以外のバランスは?
糖質 1日30〜50g 目分量(食べ物に含まれているもののみ
で具体的には不明)

>タンパク質と脂質の比率は?
タンパク質 1g/kg  目分量  計算なし
脂質は食物に含まれているもののみ+魚油
計算なし

>脂質の不飽和と飽和脂肪酸の比率は?
脂質は食物に含まれているもののみ+魚油
計算なし

>タンパク質は動物から?植物から?具体的に。
鶏肉、魚、卵、豆腐、豆乳ヨーグルト(自家製)
生アーモンド、チーズ少量

その他
くるみ、マカデミアナッツ、海藻、まいたけ、緑黄色野菜
乾燥おから、寒天末、サイリウム、ペクチン、グアガム、エビオス、大麦若葉
ラフィノース、ミヤリサン、タウリン
ビタミンC、B1、B2、B12、D、E、Ca,Mg、Zn
コメント1件

623
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 19:46:58  ID:Cds/F4+R0.n(2)
>621
やり方は「ちゃらんぽらん」なくせに、効果測定は「こまめ」にできるの?
糞同然の返答ありがとう。
キミもういいよ

624
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 19:58:52  ID:Cds/F4+R0.n(2)
>622

585「厳しい糖質制限食は動脈硬化になる可能性」

586「厳しくなければいいのでは?」

587「具体的に」

592「1日30から50g。江部のスーパー糖質制限よりも厳しく。サプリたくさん」

すみませんが、サプリはチートなのでお引き取りください。
江部もサプリは不要って言っているでしょう(そこだけは立派。アホだけど)

625
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 20:04:50  ID:d3kFRewf0.n
>607
まさかそれ結果だけ見て想像で言ってないよね?
糖質制限で耐糖能悪化した人は全員分泌不全なの?
コメント1件

626
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 20:32:43  ID:+hctdiw60.n
イヌイットのような食事・生活
スーパー糖質制限食(単なる糖質だけ抜いているのではない)

でサプリ不要

糖質だけ抜けば健康になれると洗脳。

ナトリウム、リン、カリウムなど全く考慮なし。

将来、病人多数。今も、ブログで相談多数。

回答は、おかしいですね。しばらく続けてくださいwww.
ADAがー。
生理的な特質でーす。

627
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/28 21:39:29  ID:aNMRfkSF0.n
Associations between Rice, Noodle, and Bread Intake and Sleep Quality in Japanese Men and Women
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0...
コメント2件

628
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 01:34:08  ID:Sdykz21a0.n
>614
>糖質を脂肪に変換するんでなくて、使いやすい糖質から使う、そんな仕組みがあると思う。

代謝がまともなひとも、食後の余剰血糖をいったんグリコゲンや中性脂肪に変換してから代謝する。
体脂肪よりもグリコゲンを優先して代謝する仕組みは、ある。
「糖質を脂肪に変換するんでなくて」の部分は、間違い。
糖質過剰摂取なら必然的に、肝や筋に貯蔵できるグリコゲン容量を超えるんだから。
コメント1件

629
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 02:55:34  ID:PPiZ1lKP0.n
糖質教キモス

630
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 07:00:33  ID:Oenul5OQ0.n
> 何はともあれ糖質制限を信じ、心の中ではたがしゅう先生と共に標準体重への道を歩んでいきたい
と勝手ながらに思っている所存です。m(__)m

有難うございます。

糖質制限での体重停滞期の打破のコツは、当たり前のようですが「少食」にあると思っています。是非とも一緒に取り組みましょう。

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-402.html#comment2875
コメント1件

631
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 07:12:29  ID:njb4aqio0.n
>618
>痩せようとして糖質制限をして、痩せない時はどうする?

消費>摂取 +筋トレ
(太っていないので仮定)

>糖尿病で糖質制限をして、問題が起きたらどうする?

問題を分析し、対応を考える。
(糖尿病でないので仮定)
(糖質制限は江部、夏井、渡辺の真似はしない。)
海外から情報収集。
コメント1件

632
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 07:57:16  ID:NdfEPfLj0.n(4)
>627
The Role of the Endocrine System in Feeding-Induced Tissue-Specific Circadian Entrainment
http://www.cell.com/cell-reports/abstract/S2211-1247(14)00483-5

633
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 08:47:31  ID:NdfEPfLj0.n(4)
>630
田頭秀悟は断食する以前から、1600kcalぐらいしか食べていなかったはず
体重100キロで1600kcalは十分に「少食」、なのに痩せなかった
ここからさらに減らして、さらに糖質を制限するという田頭先生
大変なことになりそうな予感

634
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 08:52:40  ID:7IPqvCbw0.n
スリムになりたいなら車は使わず通勤を
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&;view=article&id=5227:2014828&catid=24&Itemid=108

糖尿病患者の生活改善は年500ドルの節約になる
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&;view=article&id=5226:5002014828&catid=24&Itemid=108

635
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 09:15:30  ID:NdfEPfLj0.n(4)
>631
今までの食生活から主食を抜いた「だけ」の適当な糖質制限の何が問題って、
元々食べてたのがブタの糞だったら意味ないってことなんだよね
そして悪化した時に原因を分析できないと、結局「カロリーガー」「遺伝子ガー」「糖質少ない方ガー」になる
で、崩壊
コメント1件

636
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 09:58:16  ID:nxIJ/ZZ90.n
>635
*医師が江部さんを崇拝

・太って痩せた
・糖尿病で血糖値安定
・専門外

*一般人が江部さんを崇拝
・太って痩せた
・糖尿病で血糖値安定(これだけで、健康に長生きできない場合あり)

・失敗する人もいる(ブログで症例収集)

*健康のためにやっているある人
・単に糖質を抜くのではない
・糖質制限で不足するものを追加
・運動
・糖質制限批判本、論文読む
・健康関連連情報毎日収拾
・薬、治療について毎日勉強(全分野)
・このスレで情報収集、提供
・種々情報から、食べ方(種類含む)、生活習慣を変更し、
 人体実験、さらに変更(この繰り返し)
コメント1件

637
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 10:16:27  ID:XC/8noMiO.n(2)
>628
だから、糖質を脂肪に作りかえるより、使った方がはやくないか。
安静時は脂肪がよく使われるらしいが、その脂肪の代わりに糖質を使うほうが、簡単でしょ。
コメント2件

638
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/29 10:29:22  ID:eCFV3rRlG(2)
>637
ブドウ糖の消費は260g/day,
つまり約11g/hour
これを超える速度でブドウ糖が血液に流入すると、
どうやっても消費しきれずに蓄積に回る。

639
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 11:05:15  ID:XC/8noMiO.n(2)
マラソンのカーボローディングは、余分に取った糖質を、筋肉グリコーゲンとしてたくわえる。
一時的なオーバーカロリーなら、脂肪に変えることなくグリコーゲンとしてたくわえられる、ということ。
コメント1件

640
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/29 11:26:44  ID:eCFV3rRlG(2)
マラソンとウルトラマラソンでは違うかもしれんが
参考資料
http://ashita-seikatsu.jp/blogs/38344
消費+カーボローディングを超える炭水化物は、
脂質に変えられ蓄積される。

641
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 11:59:46  ID:NdfEPfLj0.n(4)
Insulin receptor isoform switching in intestinal stem cells, progenitors, differentiated lineages and tumors: evidence that IR-B limits proliferation.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24127567

糖尿病と関係ないけど

>636
>医師が江部さんを崇拝
>専門外

患者向けのLife with Diabetesチョト見ただけで、良いとこ取りしてるだけのインチキってわかるしなー
「1型は炭水化物が利用できないとケトアシドーシス」ってしっかり書いてあるのに、救急車を呼ぶT病院
ちっとも読んでない

642
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 12:17:04  ID:vOyZl1/W0.n
食事摂取基準2015 (2)
食事摂取基準(2015)策定検討会構成員に糖尿病学会の門脇理事長が入っているよ
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuk...
2014/08/28(Thu) 12:22 | URL | 精神科医師A | 【編集】
Re: 食事摂取基準2015 (2)
精神科医師A さん
情報をありがとうございます。
そうすると、「門脇理事長、血糖値に直接作用するのは、糖質だけ」
ということはご存知のはずですよね。
あーそれなのに、食品交換表では
「タンパク質と脂質も血糖値に影響を与える。」
という明白な間違いの文言があるのは、何故でしょうね?
2014/08/29(Fri) 11:18 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

643
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 12:22:51  ID:xCib9rw50.n(2)
>642
Only carbohydrate directly affect blood glucose levels.

なぜぜしょうね?
コメント1件

644
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 12:23:49  ID:xCib9rw50.n(2)
>643
単純な間違い

何故でしょうね?

645
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 12:47:30  ID:LjslpOtf0.n
仲間割れ
閉鎖されそうだな

>彼には注意したほうがいいでしょう

今頃かよw
もっと早く気づけよw

http://dietforlife.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

(しかし、MECを商標登録するなんて、信じられない!ナベちゃんは、
この商標登録を当然知っているハズですから、彼も、ヨコシマな欲が出て、
どこかの誰かさんと同様に、一儲けを企み始めたということでしょうね。皆さん、
もう今後は、彼には注意したほうがいいでしょう。)

このブログが閉鎖にならないよう、皆さんのご協力をどうぞよろしくお願いします。
コメント4件

646
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/29 15:29:09  ID:Tq3xZ3su0.n
低糖質ダイエット 糖をゼロにしたら 低質ダイエット
(字余り失礼)

647
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 15:45:30  ID:a8eswB7W0.n(2)
糖をゼロは不可能だし、むしろやっちゃいけないことでしょ
コメント1件

648
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 16:49:45  ID:OWjB/UT30.n

649
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 16:52:00  ID:a8eswB7W0.n(2)
>648
あくまで一時的なものね
日常生活では無理

650
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 17:26:17  ID:/qkqw5XQO.n(2)
>しかし、危なかったですね。
HbA1cが下がったことで糖尿病が改善したなんて勘違いしそのまま糖質制限を続けていれば、間違いなくドクターもやし教祖のように糖質食えば血糖値大爆発のポンコツになっていたと思います。
スーパーポンコツ制限とか名前変えたら良いと思うんですけどね(笑)

wwwww
スーパーポンコツ制限w

651
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 17:55:42  ID:pX2Iv6SL0.n
血糖値大爆発とは、具体的にどのくらいの数値変動をいってるの?
コメント2件

652
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 18:42:04  ID:KBMWiHQB0.n
>642-611
江部はまだ寝言ホザいてるのか
精神科医師Aがそれとなく教えてくれてるんだから、いい加減気付けよ>604

>645
この人もポアされるん?

>651
重症は糖質1グラムで3mg/dLの上昇
軽症は前スレ>310-311参照

653
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 18:43:33  ID:/qkqw5XQO.n(2)
>651
えべっさんの教団ブログ読めばいいじゃん
自分で書いてんだからw

654
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 19:09:40  ID:WxYmWEyC0.n(2)
>645
つーかそこのブログもひどい内容だな

http://dietforlife.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
>この食欲自体に、実はインスリンやドーパミンが絡んでいることが、
>どうやらあり得そうだとわかり

自信なさげw
素人が無理すんなw

>1日1食で、その1食は沢山食べてもらう

捏造じゃんw
おい良かったなクズ、お仲間だぞw

655
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 19:17:56  ID:Fq31t7GU0.n
添加物もへっちゃら!なMEC食
http://mec-neko.seesaa.net/article/404534807.html

MEC、検証しようがないからってむちゃくちゃ言ってるw
信者が女ばっかなのも納得だわ。
コメント2件

656
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 19:37:46  ID:bnxZC9MT0.n
>655
MECは滅びるな。
圧力すごいが。

すなねず☆お肉でダイエット
ブログ削除

大柳珠美
ブログ記事削除

夏井 睦
自分の記事削除

ローカーボ女子部? ブログ中止
↑ は理由知らない。関係ないかも知れない。
コメント2件

657
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 20:15:34  ID:y9BxqLQF0.n
すなねずが江部ブログに質問したのも削除されたな

>645のサイトは絶対削除される。あいつらのしつこさから言って下記記事を放置しておくことはできないだろうw
http://dietforlife.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
みんなに宣伝を頼んでおいて、広まってきたらイキナリ商標登録して、
今度は許可がなければ使用禁止にするというのは、どう考えてもまともな理性のある
人間のすることではありません。
みんなに対する裏切りですよ。
医者は、本当に偽善者の塊だと、身にしみました。
特に彼は表面的には、人の良さそうな表情で、優しそうな語り口ですから、その偽善度もすごいなと、逆に感心します。
きっとそのうちバチが当たるでしょう(笑)。

僕は、彼の本はみな捨てました。
もう読む必要はないし、他人にも推薦しませんから。

そもそも、普通の健康で少し肥満ぎみの人が、あの人の本を読んでダイエットを実行したら、
じわじわと太ってしまうわけですから、すでに理論に欠陥があるわけです。
それを、商標登録するんですから、ひどく間抜けたことをしたなと思います。
誰も、ヤりたがらないダイエットの名称を商標登録するなんてね(笑)

もう彼は終わりましたね。
彼みたいな人を英語で、
He's history.
といいます。
不加算名詞で使います。「彼は終わった、過去の人物」ということです。

これ以上こんなアホな連中に付き合うと、ストレスがたまります。
悪性細胞が繁殖します(笑)から、話を前に進めることにします。

658
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/29 21:11:39  ID:WxYmWEyC0.n(2)
>656
ローカーボ女子部はクレーム来まくってた
子どもにまで糖質制限やらせて、このクレームの嵐。普通の神経なら逃亡する

http://ameblo.jp/lowcarblife2012/entry-11872075109.html
糖質制限・MEC食と生理 パート2
2014-06-07
>糖質制限を始めて2ヵ月で生理が2週間ほど遅れてきました。低体温になり、平熱が35度台になりました。
>そして何より、脱毛症になってしまいました。
>脱毛は行くところまで行ってしまい、今も治っていません。
>ささ2014-05-01 23:00:24

>糖質制限で生理止まりました。
>それまでは順調だった生理が、すぐに遅れ出して、いまでは、もう半年もきません。
>本当にショックです。

>糖質制限開始、7ヶ月くらい…?で、確か生理止まってしまいました。
>まえだ2014-05-02 06:43:55

>生理は、普通ですが、前回の生理は、だるさや量からして、重かったです。
>その時は、やたらとチーズを食べていました。体重も増えてしまいました。
>たまごまご2014-05-02 08:30:22

>寒気がつらいため、糖質制限をしばらくやめていましたが、二月くらいから、また、ゆるゆる糖質制限を始め、
>なにが原因かはわかりませんが、2月を最後に生理はきていません。。。。
>3月、4月と、生理ストップしてますが、原因は、わかりません。。。
>こんにちは2014-05-02 09:45:07

 ↓
http://ameblo.jp/lowcarblife2012/entry-11883350082.html
しばらくお休みします
2014-06-24

659
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/30 00:10:03  ID:8d0EqRhF0.n
しょうがねえなあ。

低糖質ダイエット "糖"をカットで 低質ダイエット

これで作者の意図はわかる?

660
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 02:20:23  ID:XyEPiZQJ0.n
>645
商標登録したってその商標をブログで使用するのまで
制限はできないでしょ?

「ビッグマック」だって商標登録されてるけど「マクドで
ビッグマック食べてきた」ってブログに書いたら
「商標権の侵害だ」ってマクドナルドから抗議が来た
なんて聞いたことがないよね。
コメント1件

661
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 08:52:29  ID:ClnNUJPl0.n
初めまして…先生の本を読んで次の日から
スーパー糖質制限ダイエットを始めて2週間が過ぎたところです。
最初の1週間で55,3キロから51,5キロになり2週間で51,4キロに落ちついています。
昔から炭水化物のお米が一番苦手だった20代までの生活を思いだしました。ただ一つ気になることがあるのですが…
頭がスッキリしない感じだったり、貧血のようなクラつき感があります。英会話の勉強をしていても集中力がなくなって…。
食事はは肉と魚と野菜、卵にチーズなどが中心で量は2人分くらいは食べています。お肉は1食150〜200g摂取したり魚
も小さめだと2〜3匹は食べています。糖質はざっと計算して1日50〜60gに抑え、カロリーは気にしないで食べています。
何か気を付ける点があれば教えて頂けますか…
よろしくお願いいたします。
2014/08/29(Fri) 22:37 | URL | nao | 【編集】
Re: タイトルなし
nao さん
拙著のご購入、ありがとうございます。
摂取エネルギーですが、魚はほとんどが、低カロリーです。
野菜も低カロリーです。
肉も、牛ヒレだと200gで380kcalくらいです。
もし、クラクラ感や頭がすっきりしないなら、結果として摂取カロリー不足の可能性があります。
一度、一日の摂取カロリーを計算してみましょう。
炭水化物なしで、一定のカロリーを確保するのは、
個人差はありますが、思った以上にしっかり食べる必要があるようです。
2014/08/30(Sat) 08:31 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

662
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 09:14:22  ID:uyPHmUDl0.n
>660
商標権とは、商標、つまり、商売上、商品名に同じ、もしくは、類似の名前を付けちゃダメってことだ
おまえの言ってることは、言うこと事態が筋違い

663
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 09:53:25  ID:nqfsIETL0.n
>661

>量は2人分くらいは食べています。
>カロリーは気にしないで食べています。
>2014/08/29(Fri) 22:37 | URL | nao | 【編集】

>摂取カロリー不足の可能性があります。
>2014/08/30(Sat) 08:31 | URL | ドクター江部 | 【編集】

江部は頭わいてんのか

つかこの人もし低血糖なら将来は痴呆症まっしぐらだね
英会話も無駄。かわいそう

664
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 10:48:29  ID:zVyF9X0uO(2)
>656
こわすぎw

665
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 10:50:15  ID:zVyF9X0uO(2)
夏井先生までmecの記事削除したのかよ...

666
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 15:11:55  ID:ijeNPHn/0.n(2)
玄米なら勧めてた南雲も
玄米よりタンパク質と言うようになってきたよね、
新刊やTVで。

667
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 15:12:45  ID:ijeNPHn/0.n(2)
訂正

玄米なら勧めてた南雲も
炭水化物よりタンパク質と言うようになってきたよね、
新刊やTVで。

668
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 15:43:15  ID:tjKEee2t0.n(2)
老人性イボが消えました
こんにちは、江部先生。初めまして。

当方アラフィフの主婦です。
今年始めの検診で、肥満、脂肪肝を指摘され、5月から、3食ごはん抜きのスーパー糖質制限食と、時々20gほどの
スイーツあり、で、3か月後の現在、10キロ痩せることができました。
しかし、肥満で無いレベルまではあと10キロ、理想体重まではあと20キロ、と遠い道のりです。

ここのところ停滞期なので、食の内容を見直すべく、40代半ば(6年ほど前)に購入した先生の『糖質制限食 秋のレ
シピ』を読みかえし、糖質・たんぱく質・脂質の比率を見直しているところです。
また、両親の、1人が重篤な癌、1人がアルツハイマーを患っており、自分の今後の健康も不安なのですが、『炭水化
物の食べすぎで、、、』のご著書を拝読し、今さらながらですが、糖質制限の重要性をひしひしと感じております。

体重は停滞していますが、体の変化で、喜ばしいことがありました。
足の魚の目の盛り上がりが無くなり、ほとんど消滅、首の回りにプチプチあった老人性イボが、消えたかのように縮ん
でいました。今までのザラザラした首筋が、今はサラサラです。
元々できモノ体質で、老化と思って諦めてたんですが、これには大喜びです。

先生のブログもずっと励みにしております。
お忙しい中、いつも新しい情報をありがとうございます。
先生、お体に気を付けて、これからも希望を与えて下さいね。
長文、失礼いたしました。
2014/08/30(Sat) 13:50 | URL | .あぷりこっとん | 【編集】

669
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 15:44:42  ID:tjKEee2t0.n(2)
1度の食事で・・
スーパー糖質制限では20g以下/毎食、という内容でしたが、30gも摂取するとNGなのですね。
少なければ少ないほど良いのでしょうが、普通に摂取していれば、25gくらいになったりしますが、
努力します。
2014/08/30(Sat) 12:17 | URL | クワトロ | 【編集】
コメント1件

670
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 16:57:57  ID:dunDCgva0.n
>669
Re: 1度の食事で・・
クワトロ さん
1)一つの目安は、糖尿人なら合併症予防には
食後1時間値が180mg/dl未満、
食後2時間値が140mg/dl未満、
を達成できる「糖質量」となります。
ほとんどの場合は、10〜20g以下の糖質量で達成できます。
2)もう一つの目安は、正常人においても
追加分泌インスリンの量は少なければ少ないほど身体には優しいということです。
2014/08/30(Sat) 15:51 | URL | ドクター江部 | 【編集】
ご回答ありがとうございました
1度の量を減らし、血管への負担を軽減します。
2014/08/30(Sat) 15:59 | URL | クワトロ | 【編集】
コメント1件

671
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 18:21:43  ID:o2QvKi3P0.n
MECに加えて糖質とったら何が起こるかを伏せたままで
「MEC食は糖質摂取を禁じていない」「反省しないダイエット」を建前にしつつ
自発的な行動変容を期待する方針が、両刃の剣になってるんだと思う。
渡辺先生はここの部分の本音と建前を開示するつもりはないのだろうか。
(Kenさんは詳細に理解していて対処方法も見つけているのが、頭一つ抜けていると思う)

摂食中枢がぶっ壊れた糖質依存のひとたちは
食べたい糖質に到達することを無意識の目標としてしまい
MECの一日ノルマ量をいとも易易とクリアしてしまってる。
挙句、糖質依存が抜けないうちに脂質依存まで合併して、チーズ過食に走る。

あるいは「いくら食べても太らない」を検証してやろうじゃないのという
疑心暗鬼型、天邪鬼型メンタリティ持ちは
親の仇かってぐらいの詰め込み型過食を試みる。
そこに、自己の身体からの欲求に耳を澄まそうとする姿勢はない。
あんた本気で痩せる気ないし体質変えたいとも思ってない、その必要も感じてないでしょっていう食べ方をしてるわけ。

そりゃ栄養過多かつオーバーカロリーになるのも必定。
コメント1件

672
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/30 21:23:50  ID:XGzqs71N0.n
MECは渡辺先生より編集者のMが積極的に動いてるみたい。
ツイッターやブログで目立つ人たちと直接に連絡取り合って
面会とかもしてる。
MEC流行らせて一旗揚げようとしてるんじゃないかな。

673
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 02:49:41  ID:/lK++K6U4
ほう、なるほどね
優秀なフリーの編集者がついてるなら渡辺先生もMECも安泰だね
出版計画もどんどんあるんだろう

でもあの編集者さん吉岡先生にちょいちょいいじられてるよねw
まあ、関係者みんながMECの御輿を担いでるんでしょう
俺はMECのロゴ入ったTシャツなんて絶対着ないわww

674
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 08:05:53  ID:niT/ha0S0.n(3)
>627
米ってメラトニンが入ってるのかー
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12495587

あとこれ
そら食後眠くなる罠
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21349213

食後眠くなるのは生理学的事実(笑)

あ、糖尿病のはただの低血糖だから一緒にすんな

675
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 08:24:13  ID:niT/ha0S0.n(3)
>670
クワトロって胆泥になって家族に叱られた馬鹿じゃん
まだやってたのか

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2837.html
私も朝から家族からバッシングの嵐でしたよ(笑)
2014/01/28(Tue) 15:55 | URL | クワトロ | 【編集】
 ↓
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2930.html
調べた結果、石はなかったのですが、胆泥だと診断されました。
2014/04/20(Sun) 09:06 | URL | クワトロ | 【編集】

 ↓

救急車 「血管への負担ガー」
PNAS 「え、違うよ?」
http://low-carbo-diet.com/low_carbo_food/to_dr/contents-of-review/vascu...

676
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 10:10:35  ID:niT/ha0S0.n(3)
>671
摂食中枢がぶっ壊れたって具体的に何なのか説明してくれよ
気持ち悪いよキミ
コメント1件

677
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 11:56:05  ID:9KuTcvFR0.n(2)
> 友人の弟さまが、2年半前に肺癌が発覚。
> お仕事の環境が許さず、
> 入院手術が選択出来ず、
> 様々な代替療法の情報の中にから、
>
> 「糖質制限療法」
>
> を選ばれました。
> 指導者がお医者様であり、あらゆる方面の学会で「糖質制限療法」を発表されており、信頼できると思われました。
> ガン細胞は、糖だけで増殖出来ます。
> 健康な白血球などは、
> 糖、酸素、日光、体温が揃わないと、健全増殖出来ません。
> が、ガン細胞は、酸素も必要とせず、日光も要らない。低体温で増殖し続けます。
> なので、
> 「糖質制限療法」は理に叶っています。
> お砂糖から穀物類のデンプン、果物をカット。かなり厳しい食事制限です。
>
> 友人の弟さまの日常的な食事は、
> カマンベールチーズを丸ごとや、
> 豚の脂身、、、私には出来ない、、、
> 2年ほどこの「糖質制限療法」が功を為し、ガン細胞は大人しくしていました。
> 消えもせず、増えもせず。
> が、このゴールデンウィークに、
> 脳に、いきなり転移してしまいました。
> しかも、
> 握りこぶしサイズの癌が3つもです。
> 脳癌からリンパ節に更に転移。
> 検査時に、
> 「余命3日、、、」
> と宣告されてしまいます。
> それから1ヶ月半で帰らぬ人となりました。45歳です。
コメント3件

678
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 11:56:37  ID:9KuTcvFR0.n(2)
> せめて脳癌がこんなに育つ前に、
> 検査は続けてられたらヨカッたのに、
> と悔しい思いです。
>
> ちょうどあるカルチャーセンターのプログラムに、
> 癌患者対象の「糖質制限療法」講座が紹介されていました。講師は、お医者様です。
> カルチャーセンターに連絡をして、
> 「糖質制限療法」で癌完治された方のお話しを聞きたいと講師の先生にお願い依頼しましたら、
> 個人情報ウンヌンで、不可!でした。
>
> 私も、癌患者であった時、様々な、
> 「これで、癌が治った!」
> なる代替療法、サプリメント、治療器具の情報がなだれ込みました。
> 簡単な選択法があります。
>
> 「その○○の実践者で、癌完治者を紹介して欲しい。」
>
> と依頼しますと、ほぼ連絡が来なくなります。こんなに癌患者が多いのに。
>
> カマンベールチーズ丸ごと、、、
> 豚の脂身、、、
>
> が2年以上の常用食。
> 極端はいけない、と強く感じます。

http://ameblo.jp/ganwajitakudenaosu/entry-11917546669.html
コメント1件

679
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 12:27:49  ID:3TMmoFxN0.n(2)
>677
年齢、時期、病状 あの人に似ている。
コメント1件

680
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 12:32:21  ID:3TMmoFxN0.n(2)
私なら自分のがんをケトン食で治療する

江部康二

『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』
生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
江部康二著 東洋経済新報社
コメント2件

681
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 12:42:03  ID:ve6Lw3Y30.n
>676
レプチン欠損(ob/ob)や機能低下に関係する異常で後天性、の意味。
雑駁な比喩ですまんね。具体的に説明しました。
コメント1件

682
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 13:14:16  ID:B15iHAF+0.n(2)
>680
> 私なら自分のがんをケトン食で治療する

えっこれ江部の発言?

683
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/31 13:57:01  ID:4UVSF+oJ5(2)
>679
肺がん 自力で治す 人体実験 ??

684
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 14:46:40  ID:ijo0YG5M0.n(5)
>677-643
似てるけど、「増えもせず」が少し違うかな。例の人は増えまくってたし
でも似てるね

・生クリーム→チーズ
・ココナッツ油/豚皮の唐揚げ→豚の脂身

>681
何にしても「Kenさんは詳細に理解していて対処方法も見つけている」の対処方法が一日一食?
Kenとかいうのもただのアホ
潰されて当然

685
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 15:08:13  ID:ijo0YG5M0.n(5)
>678
その人は同じ一日一食でも「ごはんにお味噌汁にお漬物」の高炭水化物食で癌が治りました、なのか
http://ameblo.jp/ganwajitakudenaosu/entry-11916136260.html

肝臓癌ってウイルスの方かな
この分野はホント面白いっすね

686
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 15:50:11  ID:B15iHAF+0.n(2)
>680
江部のはずないか
自分のポリープも治せなかったんだから

> カマンベールチーズ丸ごと→チーズ
> 豚の脂身→肉(ラード)
=MEC

http://ameblo.jp/ganwajitakudenaosu/entry-11209701429.html
肺がん治ったってよ
同じケトンでも食べないほうのケトンだな
アマローネとの違いは油脂を全く摂っていない上に3ヶ月目にはお粥を食べてる

687
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 16:13:35  ID:ijo0YG5M0.n(5)
田頭秀悟は相変わらず寝言
専門医の勉強しろよ

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-404.html
>減らすべきは両方ではなく糖質だけでいいのです。
>なぜならば中毒性が強いのは糖質の方であり、
>脂質だけを摂取していれば適量貯蔵され、
>適量エネルギーとして利用する本来の働きが駆動されるからです。

こいつ自分で何を言ってるかわかってないだろ
コメント1件

688
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 16:26:26  ID:3FvGvR7A0.n
>687
豚のくせに何を言ってるのでしょうねwww
コメント1件

689
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 16:37:42  ID:ijo0YG5M0.n(5)
>688
糖質を制限しててピタリと痩せなくなったくせになw

一方王城

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-381.html
>脂肪は善玉なのか悪玉なのか?っちゅう話です。
>糖毒カルトの皆さんは、よく「脂肪は素晴らしい!コレステロール万歳!くるくるパ〜に光を!」と言っています(笑)
>脂肪がそんなに素晴らしいなら痩せる必要ないだろ、と思うんですが、その辺はどういう納得の仕方をしてるんでしょうか?

田頭ディスり過ぎw

690
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 17:55:54  ID:7v0+MpE91
夏井先生がMECの記事削除したっていつよ?

691
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 18:59:29  ID:ijo0YG5M0.n(5)
>677
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11898251492.html

>今日のお題はコチラ↓↓

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00000109

>この中にN医師とかE医師とかT医師が入る日も近いのかな?

他人ごとじゃないですよK先生

692
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 19:21:35  ID:nC6HMCov0.n(2)
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11904081401.html
>ω3不飽和脂肪酸による良い影響は否定的な結果に終わっています。

>低炭水化物食の影響 >> ω3不飽和脂肪酸の影響
>なのでしょうか?

この人もうダメっぽいな

693
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 19:25:12  ID:nC6HMCov0.n(2)
http://ameblo.jp/jykdkk/entry-11904594256.html
>低炭水化物・高タンパク食は何を引き起こすのか?
>それを研究した論文はコチラ↓↓

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19706393

>血液検査には出ないけど動脈硬化を示すそうです。血管に悪いそうです。

>かくちゃん理論では単純に獣肉を増やした高タンパク食は推奨しておりません。
>タンパク質の「質」にも注意が必要です。
>今回の研究から考察するとやはりケトン食推奨となるのでしょうか?

K先生、トンデモ化が進行中
 

694
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 19:51:24  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>637
簡単とか関係なく筋グリコーゲンは速筋の緊急出力用に蓄えてるので普通は使わないよ。
筋トレや高負荷な運動を毎食後でもすればつかうけど。
だから筋グリコーゲンという「タンク」は三食糖質摂ってりゃいつもそこそこ満タン。
またこれは筋肉用なので血糖値維持にも使われない。
だこらやはり糖質は一度は中性脂肪になるしかない。
コメント1件

695
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 19:56:06  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>639
脂肪にも変わってるよ。
厳密に筋グリコーゲンになるだけの量を摂るなんて出来ません。
溢れさせるまでいれる。
中性脂肪になってもそれもエネルギー源だしね。
コメント1件

696
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 20:05:18  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>625
江部さんの場合仮にインスリン抵抗性主因ならどこかで高インスリン血症になるよね。
その記述がない。
コメント1件

697
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 20:30:30  ID:FOVJ0c4TO.n(3)
>694
>筋グリコーゲンという「タンク」は三食糖質摂ってりゃいつもそこそこ満タン。

三食で糖質補充するから満タン、ということは筋グリコーゲンは使うんだ。

ところで、糖質が脂肪に変わる、具体的な過程しってるか?
コメント1件

698
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 20:38:02  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>697
はあ。
普通に生活してても消費ゼロではないわな。
例えば階段を駆け登るとか重い荷物を持つとか。
で脂肪になるプロセスは知ってますけどそれが何か?
コメント1件

699
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 20:40:22  ID:FOVJ0c4TO.n(3)
>695
>脂肪にも変わってるよ。

あんたはそう思うんだね
コメント1件

700
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 21:03:59  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>699
http://www.sc-runner.com/2013/05/carbo-loading.html
>現在では炭水化物の制限を行わず、大会(試合)の約1週間前から運動量を
>減らしてグリコーゲンの消費を抑えつつ、3日前から大量の炭水化物を
>摂取して、グリコーゲンを体内に蓄える方法が推奨されている。

>カーボローディングに必要な1日に炭水化物は、体重1kgあたり9gだそうです。
>体重54kgの私の場合は、1日あたり 54 × 9g = 486g = 1944kcal の
>炭水化物摂取が推奨されています。

これで脂肪にはならんとはとても思えないが。
あんたはどう思うんだね?
コメント1件

701
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 21:22:30  ID:FOVJ0c4TO.n(3)
>698
ぐぐってもよくわからなくてね。
ATPの濃度が高くなると、TCA回路が途中で止まって、クエん酸がミトコンドリアから出て脂肪酸になる、ていうんだが。
解糖系が働いてて、ATPが余ってるってどういう状態なんだろうな。
コメント1件

702
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/08/31 22:19:07  ID:4UVSF+oJ5(2)
http://hobab.fc2web.com/sub4-Fatty_Acid_Synthesis.htm
解糖系「だけ」働いて、ATPを産生して、
TCAサイクルは途中で止めて、クエン酸→アセチルCoA→脂肪酸
となるらしい。

703
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 22:01:21  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>701
解糖系が働くのは糖が入ってきたら当たり前として
ATPはクエン酸回路にどかどかアセチルCoAが入ってきて消費されてなければ余るよね。
要は摂食時でしょ。

704
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 22:39:34  ID:UDGOqsns0.n
糖尿病の分類。1型糖尿病と2型糖尿病。2014年8月。
2014年08月31日 (日)
こんにちは。
糖尿病は、
血糖を下げるインスリンというホルモンの作用不足によって引き起こされる病気です。

インスリンは、膵臓のβ細胞でつくられ、常時少量分泌されている基礎分泌と、
食事のときに分泌される追加分泌があります。

インスリン分泌能が正常な場合は、
糖質を一人前摂取時は、追加分泌は基礎分泌の数倍〜30倍でます。
タンパク質摂取時は少量の追加分泌インスリンがでますが、
グルカゴンもでるので血糖値への影響は相殺されます。
脂質はいくら食べても、インスリン追加分泌は生じません。


<糖尿病の分類>
1型糖尿病と2型糖尿病、皆さん言葉は聞いたことはあるでしょうが、
その実態はというと、案外誤解されていることも多いので、整理整頓してみます。

実は、私も恥ずかしながら、
調べてみるまで知らなかったことが結構ありました。σ(=_=;)ヾ

  ・
  ・
  ・

江部康二
--------------------------

1型と2型の分類を知らずに糖尿病の患者を診察てました
コメント4件

705
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/08/31 23:01:21  ID:Pp2Vpavd0.n(7)
>704
ワロタ。
いや、ワロエナイ。

706
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/08/31 23:10:48  ID:FMmdrKEcO.n
>696
まさかそんな当てずっぽの当て推量で言ってないよね?
ほとんどの糖尿病ブログにはそんなこと書いてないよ。
王城ブログにも書いてないんだけどw
コメント2件

707
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 01:34:44  ID:EgyaUpCt0.n
糖尿病学会と米作農家は共謀している。
間違った知識を喧伝するものはこの世で名誉を剥奪され、死して無間地獄に落ちる。

708
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 03:52:55  ID:bJQCD86K0.n
>704
「スーパー糖質制限食で血糖コントロール良好を保てば、インスリンフリーの
期間がかなりのばせるのではないかと期待しています。」
SPIDDMと診断されて頑なにインスリンを拒んで悲惨な目に遭った
みいこタンという信者さんもいたよね。

709
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 07:01:54  ID:cvZzEYm6O.n(2)
>700
そういう研究成果がでてるなら、そうじゃないか。ランナーとしての実感ともあうし。だから実践されるんだろう。
やればわかるよ。
筋グリコーゲンタンクを容量一定の金属製みたいなイメージを持ってるんじゃないか。
コメント2件

710
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/01 07:28:59  ID:eb5KxbpL0.n

711
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/01 08:46:52  ID:PlzE2UDLF
炭水化物の流入速度 > ブドウ糖消費速度+グリコーゲン生成速度
のとき
ブドウ糖はどこに行くの?
グリコーゲン・ローディング自体はいいんだけど
「あふれた」ブドウ糖の行方を知りたいね。

712
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 09:07:17  ID:v5sSzxvC0.n
死者が出なかったのは偶然だったのかwww

713
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 11:02:12  ID:16RLlhNq0.n(2)
>704
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3089.html
>1型糖尿病ではインスリンの量を減らすことが可能になります。

それで救急車を呼んだことをもう忘れたのか
さすが「一般医家」

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2806.html
>しかし,最近,1型糖尿病患者に対して盲目的になされた極端なレベルの糖質制限食に伴って糖尿病ケトアシドーシスが発症したという報告が日本糖尿病学会の機関誌『糖尿病』に掲載された(糖尿病 2013;56:653-659)。
>これは,(1型糖尿病の診断を付けることができない)一般医家が盲目的にケトン産生食を実施することの危険性を示しているといえる。
>現状においては,ケトン産生食は1型糖尿病の診断を間違いなくできる糖尿病専門医が研究目的で取り扱うようにするところから始めるのがよく,
>一般医家においてはケトン体産生を来さない程度の緩い糖質制限食に限定して指導するのがよいと思われる。
>2014/01/10(Fri) 16:34 | URL | ym | 【編集】

>Re: 日本でケトン産生食は推奨できるのか
>ym さん
>情報をありがとうございます。
>2014/01/10(Fri) 19:00 | URL | ドクター江部 | 【編集】

おまえのことだろw

714
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 11:07:36  ID:fGq+wcUH0.n
>709
http://ajcn.nutrition.org/content/48/2/240.abstract

糖からの脂質合成が始まる場合の炭水化物摂取量は、
グリコーゲン貯蔵を空にしてから1日約3200kcalの炭水化物を7日間
(最終日約4200kcalまで炭水化物摂取量を増加)で脂質合成が始まる。
それより少ない場合は脂質合成は起こらずグリコーゲン貯蔵量が増える。
(体重1kgあたり15gまで貯蔵量は増加)
コメント1件

715
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 12:59:40  ID:obZeVH0FL(2)
10km走る人に、カーボローディングは必要ありません
http://number.bunshun.jp/articles/-/724046?page=2

- 市民ランナーには、どのようにカーボローディングを指導されていますか?

関根 走る人なら誰にでもお勧めしているわけではなく、走る距離と時間、そしてスピードを聞いて判断します。
例えば10km走る人に、カーボローディングは必要ありません。
お腹がすかない程度にご飯を食べてれば十分です。

- フルマラソンは高強度の運動ですよね?

関根 それもタイムによります。5〜6時間の方には積極的にはお勧めしません。
また、糖質とともに水分も体内にため込むため、どうしても体重が重くなるので、
それがデメリットになる場合は避けます。

716
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 13:01:47  ID:obZeVH0FL(2)
アメリカのコーチに「カーボローディングなんて意味ない。」と笑われました。
http://number.bunshun.jp/articles/-/724046?page=3

- 鏑木くんは今、糖質ではなく体脂肪をメインに使う体を作っていると聞きました。

鏑木 そうなんです。トレイルランの100マイルレースは、
フルマラソンの4倍近い距離を20時間以上かけて走ります。
だから、体内に蓄えられる量に限界があり、
どれだけ蓄えても数時間で枯渇してしまう糖質はあてにならない。
体に蓄えた体脂肪をエネルギーとして優先的に使える体にする方がいいんです。

鏑木 僕はレース前に追い込んだ練習すると体脂肪率は5〜7%まで落ちるのですが、
それでも計算上は体内に3〜4kgの体脂肪がある。脂質は1kg=7000キロカロリーのエネルギーを生むので、
2〜3万キロカロリーを体内に蓄えていることになり、理論上は余裕で100マイル走れる。
いまトレーニングの8割は、体を体脂肪を使えるようシフトさせるのが目的と言ってもいいかもしれません。

- フルマラソンを走る時、1日の消費エネルギーは
通常の約2000キロカロリーの他に約3000キロカロリー、 つまり合計約5000キロカロリーです。
普通の人は食事をそこまで摂れないので、補うためにカーボローディングをするわけですが、
体脂肪を優先して使える体になれば必要ないですね。

鏑木 僕は100マイル走る時でも、お腹いっぱいご飯を食べません。炭水化物はせいぜいご飯1杯。
レース前に限らずご飯は少なくしておかずを多く食べ、
血糖値が急激に上がらないような食生活を心がけています。
逆に、脂肪蓄積、つまり“ファットローディング”をやってます(笑)。
レース3日前ぐらいからコーヒー用のクリームをヨーグルトにたらしたりサラダにかけたり。

鏑木 慣れるとそうまずくないですよ(笑)。
アメリカのトップクラスのトレイルランナーはけっこうやってますよ。
以前アメリカのコーチに
「カーボローディングなんて意味ない。霜降り肉を食べた方がいいぞ」と笑われました。
でも確かに、実践してみるとその方が自分に合っていました。

717
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 16:06:36  ID:16RLlhNq0.n(2)
α細胞のインスリン抵抗性
http://www.pnas.org/content/early/2014/08/21/1409638111

これもヤバイんじゃねーの

718
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 16:37:15  ID:cvZzEYm6O.n(2)
一時的な糖質過剰摂取は、まず貯蓄に回すと。
一週間続くと、脂質に変換しはじめる、と。
簡単には変わらない。糖質制限論者の生理学は、やはり絵空事。
コメント1件

719
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 20:12:14  ID:OSS4xtAQ0.n
http://www.shimizu-clinic.biz/blog/2014/01/post_43.html
蛋白摂取量について米国糖尿病栄養ガイドラインが改定されました(Diabetes Care 2013)。
その中の蛋白摂取量について紹介します。

腎障害がない人の理想的な蛋白摂取量:
よくわかってない。

糖尿病性腎症がある人(微量蛋白尿、顕性蛋白尿)の蛋白摂取量:
通常の蛋白摂取量から、さらに下げることは推奨しない。

蛋白は血糖を上げずにインスリン分泌を増加させる:
低血糖の治療・予防に蛋白を多く含む炭水化物は使うべきでない。

米国内科学会のCKDガイドラインでも、
「軽中等症のCKDでは摂取蛋白量を減らしても末期腎障害への
進展には差がなかった、全死亡にも差がなかった」
としています(Ann Intern Med 2013)(CKD:慢性腎臓病)

米国では蛋白摂取量の考えが変わってきています。
コメント1件

720
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 20:54:28  ID:pAYTpqQv0.n
>719

>通常の蛋白摂取量から、さらに下げることは推奨しない。

下げることを推奨しないは
無制限ということではない。

>591

>INSTRUCTOR'S NOTES
>The recommended daily allowance (RDA) for protein is 0.8g/kg.

721
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/01 21:35:28  ID:8omZZxZA0.n(4)
>706
おまえさw王城くんはただの患者。
江部センセは仮にも医者。
コメント1件

722
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/01 21:40:30  ID:8omZZxZA0.n(4)
>709
なにいってんの?
カーボローディングがいいかどうかの議論ではないでしょ。
悪いとはヒトコトも言ってない。オレもチャリ乗りだったから。
カーボローディングが脂肪になるかならないか?って話。

723
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/01 22:14:40  ID:8omZZxZA0.n(4)
>706
それと、江部センセは両親ともに糖尿病。
二型の遺伝的な素因がある人は初期分泌の遅延が起こる。
典型でしょ。
コメント1件

724
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/01 22:19:57  ID:KTDFyZMu0.n
下げるなは、上げろとか増やせじゃないからな
通常量を摂れって読むんだからな
通常量=上限かつ下限と考えて食っとけばおk

725
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/01 22:24:49  ID:8omZZxZA0.n(4)
バーベルとベンチプレス用のベンチ買った。
バーベルベンチ60キロは1repしかできずに2発めで潰れた。ワロタ。
セーフティスタンドも一緒に買っててよかった。

バーベルはグリップ位置が広くなるので持ち上げにくい。
ダンベルベンチの方が挙げやすい。
ただ、安全性はバーベルベンチの方が上。潰れても安心。不安なくトレーニングできる。
コメント1件

726
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/01 23:58:12  ID:zN6KC/go0.n
ここはあんたのブログか。
コメント1件

727
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 00:01:14  ID:VGRPbQjT0.n
>714
http://ajcn.nutrition.org/content/48/2/240.abstract

これ古いけど凄く面白いね。ご紹介ありがとう。

Fig2,3を見ると、高炭水化物負荷食の摂取開始して2日目から
de novo lipid synthesisが起こっていますよ。
重要な前提は、実験開始から3日目までは
カロリー制限された高脂質食と運動負荷プログラムで
筋グリコゲンを徹底的に枯渇させているということ。

だから

>718
> 一時的な糖質過剰摂取は、まず貯蓄に回すと。

は、糖質制限かつカロリー制限+厳しく追い込む運動で
グリコゲンを枯渇させた直後のみ当てはまる、極めて特殊な現象。
高炭水化物負荷食が二日続けば、翌日からでも余剰を脂質に変換し始める。

厳しく追い込む運動をしない一般的な生活習慣の人や
運動習慣があっても普通に糖質食を摂る人は、
グリコゲン補充と脂質変換がデフォールトで同時に起こる。
コメント1件

728
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 06:45:40  ID:D1N6m+jqO.n(4)
>727
>高炭水化物負荷食が二日続けば、翌日からでも余剰を脂質に変換し始める。

問題はどの程度か、てことで。
蓄積と言えるほどなのか。
コメント1件

729
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 09:31:57  ID:ZYuK35oG0.n(3)
10km走る人に、カーボローディングは必要ありません
http://number.bunshun.jp/articles/-/724046?page=2

- 市民ランナーには、どのようにカーボローディングを指導されていますか?

関根: 走る人なら誰にでもお勧めしているわけではなく、走る距離と時間、そしてスピードを聞いて判断します。
例えば10km走る人に、カーボローディングは必要ありません。
お腹がすかない程度にご飯を食べてれば十分です。

- フルマラソンは高強度の運動ですよね?

関根: それもタイムによります。5〜6時間の方には積極的にはお勧めしません。
また、糖質とともに水分も体内にため込むため、どうしても体重が重くなるので、
それがデメリットになる場合は避けます。

730
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 09:32:42  ID:ZYuK35oG0.n(3)
アメリカのコーチに「カーボローディングなんて意味ない。」と笑われました。
http://number.bunshun.jp/articles/-/724046?page=3

- 鏑木くんは今、糖質ではなく体脂肪をメインに使う体を作っていると聞きました。

鏑木: そうなんです。トレイルランの100マイルレースは、
フルマラソンの4倍近い距離を20時間以上かけて走ります。
だから、体内に蓄えられる量に限界があり、
どれだけ蓄えても数時間で枯渇してしまう糖質はあてにならない。
体に蓄えた体脂肪をエネルギーとして優先的に使える体にする方がいいんです。

鏑木: 僕はレース前に追い込んだ練習すると体脂肪率は5〜7%まで落ちるのですが、
それでも計算上は体内に3〜4kgの体脂肪がある。脂質は1kg=7000キロカロリーのエネルギーを生むので、
2〜3万キロカロリーを体内に蓄えていることになり、理論上は余裕で100マイル走れる。
いまトレーニングの8割は、体を体脂肪を使えるようシフトさせるのが目的と言ってもいいかもしれません。

- フルマラソンを走る時、1日の消費エネルギーは
通常の約2000キロカロリーの他に約3000キロカロリー、 つまり合計約5000キロカロリーです。
普通の人は食事をそこまで摂れないので、補うためにカーボローディングをするわけですが、
体脂肪を優先して使える体になれば必要ないですね。

鏑木 僕は100マイル走る時でも、お腹いっぱいご飯を食べません。炭水化物はせいぜいご飯1杯。
レース前に限らずご飯は少なくしておかずを多く食べ、
血糖値が急激に上がらないような食生活を心がけています。
逆に、脂肪蓄積、つまり“ファットローディング”をやってます(笑)。
レース3日前ぐらいからコーヒー用のクリームをヨーグルトにたらしたりサラダにかけたり。
コメント1件

731
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 09:34:17  ID:ZYuK35oG0.n(3)
鏑木 慣れるとそうまずくないですよ(笑)。
アメリカのトップクラスのトレイルランナーはけっこうやってますよ。
以前アメリカのコーチに
「カーボローディングなんて意味ない。霜降り肉を食べた方がいいぞ」と笑われました。
でも確かに、実践してみるとその方が自分に合っていました。

732
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 09:46:23  ID:cF5DxpX70.n
日常生活の強度は何キロ何時間相当?

733
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 10:03:23  ID:zT+ZVYBu0.n
鏑木選手の記事読んで相当糖質制限してるのかな?と思ってたけど雑誌で2週間?ぐらいの食事の写真を見たらこれで糖質制限?って感じだったなあ
食事回数はともかく釜池式みたいな感じで徹底的に糖質制限してケトン代謝にしてるとばかり思ってたのに競技中はエナジージェルを摂ってるとか拍子抜けした感があった
コメント2件

734
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 10:24:06  ID:rgXT3eyA0.n(2)
>733
そんくらいでいいんだよ
徹底して糖質制限することはない

735
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 10:42:22  ID:ckNGqrEOO.n
>721 >723
捏造先生、お戯れをw
王城が素人だとか江部が医者だとか江部の出自が悪いとかそんなことどうでもいいですよ。
江部が最初からインスリン分泌不全で王城は抵抗性とあなたは言い切ってるのだから、思いつきや想像じゃなかったら証拠出してよという話です。
ないの?
コメント2件

736
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 10:53:17  ID:D1N6m+jqO.n(4)
鏑木さんのは、いかに有効に糖質を使うか、だから、糖質を悪とする糖質制限とは、方向が真逆。

737
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 11:01:35  ID:D1N6m+jqO.n(4)
>733
ケトン体はエネルギーを捨ててるようなもん。そんなのでは走れない。
コメント1件

738
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 11:23:22  ID:dTfCv6dIh
>735
江部先生の出自が悪いってねーよwパッパは軍医だし
江部兄弟は元藩校の修道いってんだぞ
釜池センセが江部先生の名前さえださなかったけどおぼっちゃんとは私は違うと日記で臭わせてた
士族出だろ

739
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 11:51:09  ID:S5LK2M5H0.n
>730
この人、タンパク質の分解はまったく考慮してないのかね
そもそも脳にブドウ糖が行かなくなったら死ぬんじゃね
ちょっと適当すぎ
コメント1件

740
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/02 13:33:20  ID:quxLxvWd/
>737
心臓と血管内皮の使用するエネルギーのうち
70%はケトン体/脂質だよ。

741
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 13:32:14  ID:4tAjJ1yA0.n(3)
糖質制限しても、血糖値が上昇する件
先生、はじめまして。初めてのコメントがいきなり質問で申し訳ありません。私は、2型糖尿病と診断されてから、
そろそろ6年になります。現在、46歳です。担当医の指導により、診断当初からインスリン注射でした。A1Cは13
前後をウロウロ…。年に一度はケトアシドーシスで緊急入院…。いつもだるくて、辛かったです。昨年は、白内障
で手術。お陰様ではっきり見えるようになりました。担当医からは痩せろ、食べ過ぎ注意とことあるごとに指導され、
自分なりに玄米食にしてみたところ、A1Cが少しづつ下がり始めて先月は8.6迄落ちてくれました。でも食後血糖値
はあいかわらず200越えしてた筈です。さて、7月に会社の健康診断の結果で、肝機能障害が新たに加わりました。
今迄は、正常範囲でした。私はお酒は飲みませんので、ビックリしていろいろ調べて、NASHの事を知りました。その
際、こちらのブログにも行き着き、目から鱗の落ちる思いで読ませていただきました。
早速スーパー制限を実践しています。インスリン量もレベミルは寝る前に22単位打ち、ノボラピットは1/3ににしてます。
低血糖は今のところなっていません。自己測定で140以下になっている表示を見て小躍りして喜びました。身体も軽くなり、
今迄のような足が上がらないような倦怠感もなくなりました(^-^)/ありがとうごさいます。ですが、ひとつ気がかりがあります。
本日食後2時間後68でした。少し汗もかいていたので、豚肉ヒレ肉を3切れ程食べて、(小麦粉は無し)その後、1時間程ウォ
ーキング。帰宅して血糖値を測定すると385。何故?まだ、糖質制限を始めて12日程なので安定しないのでしょうか?少し風
邪気味だから?それにしても、上がりすぎているような…
どうしたもんでしょうか?
2014/09/01(Mon) 22:35 | URL | メタル | 【編集】
コメント3件

742
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 13:33:14  ID:4tAjJ1yA0.n(3)
甘味料
初めまして
私もアッピさんと同様合成甘味料は摂取したくないのですが、エリスリトール摂取でアレルギー
反応が起こるのです(主にじんましん)
羅漢果顆粒とかも甜菜糖などが混ざっているからダメなんですよね?
そういう人が糖質制限する場合は、おいしくない合成甘味料を我慢して使うか、甘味をあきらめ
るしか手はないのでしょうか
2014/09/02(Tue) 09:34 | URL | ナオ | 【編集】
Re: 甘味料
なおさん

羅漢果顆粒に含まれる甜菜糖や蔗糖は100g中に2〜5gていどなので、血糖値に関しては大丈
夫と思いますよ。

2011年06月10日 (金)の本ブログ記事
「羅漢果と羅漢果顆粒とラカントS」

をご参照ください。
2014/09/02(Tue) 11:15 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント3件

743
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 13:34:10  ID:4tAjJ1yA0.n(3)
>742
ありがとうございました
お返事ありがとうございました
自分なりに糖質制限のことを調べ、参照先の記事ももちろん何度も読ませていただいていました。
でも最終的には「でも、一番いいのはエリスリトールだよ」と言われているような気がして・・・
いろんな先生のHPやブログを読み漁りましたし、本も買いました。実践している一般の方の経験談
やブログも読み漁りました。ほとんどの方がラカントを使用して成功しており、また糖質制限のレシピ
もラカントを使用しているものばかり。
エリスリトールアレルギーは100万人に一人という記事も読みましたので、気のせいだと思い再度エ
リスリトールに挑戦したみたのですが、やはり顔が真っ赤になり蕁麻疹がでる。
ある医師の記事には「エリスリトールを摂るのをためらうのならば甘味をあきらめるしかない」と書い
てあるものもあり、かなり落ち込んでいました。こんな稀な体質の私にお返事いただけて、ちょっと気
持ちが楽になりました。羅漢果顆粒試してみようと思います。長文すみませんでした。
2014/09/02(Tue) 12:48 | URL | ナオ | 【編集】

744
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 14:09:56  ID:rCGQSw9x0.n
>741
ヘモ13もありながら食事制限もダイエットも血糖管理も出来ない駄目患者の代表
さぞかし糖質制限生活は居心地が良かっただろうなw
江部に最後まで面倒を診てもらえ

745
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 15:05:29  ID:p1ddPqRz0.n
>739
脳の栄養はブドウ糖だけじゃないってことなんだろう
鏑木選手は長距離トレの途中でコンビニ補給する時も糖質を積極的には摂らないらしいすると体脂肪が使われているのが実感出来るそうだ

ただ雑誌に乗ってた食事内容はそれほど厳密に糖質を制限してるとも思えない
正直あの食事内容で糖質じゃなく体脂肪を積極的に利用できる様になれるのか疑問なんだけど
あれだけの成績を残してる人が言うのだからそうなんだろうとしか言えない

釜池ドクターはトライアスロンを厳格な糖質制限しながらやってるんだっけ?
ショートかロングか知らんけど糖質抜きでやるとは凄い
コメント1件

746
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 15:56:57  ID:xghU32Vd0.n
>741
HbA1c13を6年も続けていて体が怠い程度で済んでいたのか
凄い丈夫な奴だな

747
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 17:08:39  ID:eFRZkA3y0.n
>745
>体脂肪が使われているのが実感出来る

それ思い込み(妄想)だよね

>釜池ドクターはトライアスロンを厳格な糖質制限しながらやってる

彼は耐糖能が壊れて行方不明になったよね
コメント1件

748
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 18:25:14  ID:NHnax+QU0.n(6)
>741
ケトアシドーシス(遊離脂肪酸が出過ぎ)+高血糖でβ細胞が壊れてた
糖質制限の過剰なタンパク質と飽和脂肪酸でインスリン抵抗性の追い討ち&ミトコンドリアも壊れた

糖新生の能力は低下したがα細胞は増えてβ細胞は減っていると、インスリンでα細胞を抑えられない
肉を食べて分泌されるインスリンとグルカゴンの割合が低下して、肉食べて高血糖
IGF-1もインスリン抑制

>少し風邪気味だから? それにしても、上がりすぎているような…

http://hobab.fc2web.com/sub2-cox-nsaids.htm
>COX-2により産生されたPGE2は、EP3受容体に結合し、cAMPを低下させ、
>ブドウ糖(グルコース)によるインスリン分泌を、抑制する。

749
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 18:27:28  ID:NHnax+QU0.n(6)
>742

652 :病弱名無しさん:2013/05/16(木) 09:01:29.43 ID:9OfvauICP

教祖はこのトリテルペン配糖体が血糖値を上げるとは考えてないようだが、「院長」氏は

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1695.html
>5倍濃縮の羅漢果98%顆粒ですが、血糖値の上昇を測定したところ、60分後には白砂糖の約半分の値で血糖値を上昇させます。
>ラカンカは血糖値を上昇させない、はウソです。

と書いている。いくらなんでも「混じり物」の果糖とブドウ糖だけで白砂糖の半分も上がるわけはない
トリテルペン配糖体が消化・吸収されているか、腸内細菌によって分解されるかして、血糖値を上げているんだろう
コメント1件

750
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 18:30:09  ID:NHnax+QU0.n(6)
>742-700

555 :病弱名無しさん:2013/05/10(金) 18:02:21.04 ID:9H3WT7nM0

加工食品などに使われている甘味料が原因とみられる食物アレルギーの患者が30人余り報告されていたことが、
専門の医師らの初めての全国調査で分かりました。
医師は、甘味料がアレルギーの原因になることはあまり知られていないとして注意を呼びかけています。

調査したのは、国立病院機構相模原病院の医師や栄養士などのグループで、去年10月、食物アレルギーの患者
を診療している全国の医師などに依頼し、およそ880人から回答を得ました。
それによりますと、食事の後にアレルギーの症状が出て、医療機関を受診した人で、甘味料による食物アレルギー
と診断された人が15人、疑いがあるとされた人が18人いたことが分かりました。
中には呼吸困難などの重い症状が出た人もいるということです。
甘味料別では▽「エリスリトール」が15人、▽「キシリトール」が10人、▽「ステビア」が2人などとなっています。
甘味料はアレルギー物質としての表示義務はなく、含まれる量が少ない場合、原材料としての表示を省略すること
もできます。
調査を行った海老澤元宏医師は「甘味料がアレルギーの原因になることはあまり知られておらず、見逃されている
ケースも多いとみられる。ダイエットのための低カロリー食品が増えているので注意が必要で、今後は表示につい
ても検討すべきだ」と話しています。
この調査結果は消費者庁にも報告されていて、消費者庁の担当者は「内容を詳しく精査するとともに、患者の数な
どを見ながら、今後、アレルギー物質としての表示が必要かどうかについても検討していくことになる」と話しています。
また、調査結果は11日から横浜市で始まる日本アレルギー学会で発表されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/t10014473591000.html

751
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 18:54:02  ID:F4vcXsFy0.n
>749
江部さんが無知なのか、知って書いているのか。

羅漢果の抽出物は、糖質だらけ。
これを顆粒にするために、ショ糖を添加している。
血糖値が上がるのは当然のこと。

まぎらわしい名前の、ラカントSは、
高純度羅漢果配糖体をごく微量添加している。

http://www.lakanto.jp/hiwa/lakanto-s/04.html
コメント1件

752
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/02 19:07:06  ID:mBzuOInG0.n(5)
>735本人が遺伝だって言ってるでしょ。
確実に初期分泌不全。
コメント1件

753
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/02 19:11:20  ID:mBzuOInG0.n(5)
>726
糖質制限で筋肉増えるかどうかの人体実験。
あと低糖質高タンパクの体への影響も。
コメント1件

754
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/02 19:28:02  ID:mBzuOInG0.n(5)
>728
考えてみればわかる。
筋肉と肝臓は摂取したグルコースをグリコーゲンという形で蓄えることができる。
しかしそれ以外の血管内の過剰なグルコースはどうなる?

755
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 19:29:30  ID:EPgronO60.n
>753
高タンパクって、総量は?

g/kg (体重)は?
コメント1件

756
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/02 19:46:19  ID:mBzuOInG0.n(5)
>755
いまプロテイン含めて大体体重x2g。

757
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 20:09:09  ID:D1N6m+jqO.n(4)
>747
>それ思い込み(妄想)だよね

必ずしも妄想ともいいきれない。
高糖質な補給食をとると、効き始める実感はある。それとは逆の感じなんじゃないかと思ってる。
コメント1件

758
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 20:22:08  ID:hEz7PaNw0.n(2)
実際の食生活や競技中に糖質それなりに摂ってる選手を挙げて、いわゆる糖質制限だから的な
のは変だなあ。

759
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 20:29:00  ID:rgXT3eyA0.n(2)
糖質制限と糖質をそれなりに摂ることはなんら矛盾しないだろ
コメント1件

760
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 22:34:39  ID:NHnax+QU0.n(6)
>759
「糖質を制限するほど健康に良い」

「糖質をほどほどに制限する」
では意味がまったく違う

江部や夏井は前者
区別しない人は、前者と後者が同じだとでも?
コメント1件

761
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 22:50:34  ID:NHnax+QU0.n(6)
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
>今,脳腫瘍の患者さんを診ています.
>患者さんとさんざん話し合って一つの結論に達しました.
>2回目の脳生検は見合わせ,その代わり「できる限りの糖質制限で腫瘍の発育を防ごう」と試みることです.
>2013-09-12

1年前。続報は?

>751
羅漢果の抽出物(エキス)を顆粒に加工したものと、羅漢果の配糖体は当然別物だ罠

>757
糖質を取らない長距離トレーニングの感覚と、糖質を摂取する時のそれは違うだろうけど
それを「俺いま脂肪を使ってるのがわかる!」と言われてもナー。
低血糖で目まい起こしてるだけじゃねっていう

762
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/02 22:59:49  ID:mBzuOInG0.n(5)
>760
糖質を適度に制限しろ。
いまの基準は多すぎる。
コメント1件

763
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 23:13:25  ID:NHnax+QU0.n(6)
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20140901/Diamond_58418.html
>50歳以上の男性では、1週間あたりの自転車漕ぎ時間が長くなるほど、前立腺がんリスクが上昇することが判明した。
>例えば、1週間あたり8.5時間を超えて自転車を漕いでいる男性の前立腺がんリスクは、3.75時間未満の男性の6.14倍に跳ね上がった。
>また、週に3.75時間以上〜8.5時間未満の自転車漕ぎでも、3.75時間未満よりリスクが約3倍高かった。

まさに過ぎたるは及ばざるが如し

764
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 23:15:09  ID:LWHFncfl0.n
>762
適度?
今まで昼飯代わりに、カップ麺にメロンパンにアメリカンドックとカルピスウォータと、デザートにカップモンブランをペロリと食べた奴が、
幕の内弁当1つとお茶だけで我慢するのも糖質制限に入るのか?
それは食事を人並みに変えただけで糖質制限食とは言わない

765
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/02 23:44:25  ID:E8v+Y3si3
75gOGTTで60分値240mg/dL を記録した漏れの実験結果。
豆乳に含まれてた炭水化物10gで血糖上昇は5mg/dL。
蔗糖、炭水化物 20g-30gであれば血糖上昇は20-30mg/dL。
ラーメン一杯≒60gであれば血糖上昇は80mg/dL。
ブドウ糖75gであれば血糖上昇は150mg/dL。
∴結論=炭水化物は一食30gまでが吉。

766
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/02 23:41:18  ID:hEz7PaNw0.n(2)
王城ブログ
>「脂肪は悪玉か?」という記事の中で、ADA(米国糖尿学会)が推奨する飽和脂肪酸の摂取量は、総カロリーの10%未満というお話をしました。
量に換算すると、1日およそ20gだそうです。

意外と皆さん、読み流していたのではないでしょうか?
私も書き流していました(笑)

これって実際どれぐらいなのか?と計算してみると、意外や意外、とんでもなく少ないのです(笑)
普通の食事をしていたら、とてもじゃないですが達成できません。
糖質制限なんかやり出せば、ほとんど脂まみれになります。

767
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 00:08:49  ID:4239ttTc0.n(6)
「糖質を制限するほど健康に良い」は論外として

「糖質をほどほどに制限するのが良い」の場合、別の選択肢が増える
つまり「足りなくなったカロリーを、タンパク質や脂質で補うか」

補わない場合、カロリーが不足して痩せすぎる人がいる
どうする?

補う場合、タンパク質で補うと、こういう心配もある
http://www.nikkeibp.co.jp/aging/article/innovator/20140115/01/01.html

脂質で補うと、細菌叢によっては代謝性エンドトキシン血症
飽和脂肪酸が過剰になるとTLR4
不飽和脂肪酸が過剰になると酸化

すべて対策が必要
「糖質をほどほどに減らす」なんて一般人に言ってもテキトーでメチャクチャになるだけ
コメント1件

768
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 00:13:36  ID:4239ttTc0.n(6)
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2014-08-21
>ナトリウム排泄量が3から6グラム(食塩摂取量で推定7.6グラムから15.2グラム)の間が最も死亡と心血管疾患の発症リスクが低く、
>それより高くても低くても、リスクが増加することが確認されました。

>心血管疾患のリスクがない方では、1日7グラムを切る塩分制限は、 却って逆効果のケースがあるという認識は、 持っていた方が良いように思います。

過ぎたるは及ばざるが如し

769
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 00:19:28  ID:4239ttTc0.n(6)
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2014-08-20-1
>血圧をコントロールする上での減塩の有効性は、1日12グラムを越えるような食生活では、 大いに意義がありますが、
>7グラム未満のような塩分摂取の食事においては、それほど大きな影響を与えなくなります。

>むしろ適度には塩分を摂り、カリウムの摂取も心掛けた方が、
>実現可能な指導の指針である、という言い方が可能かも知れません。

絵に描いた餅

770
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 01:01:17  ID:i06gLVse0.n(3)
>767
考え過ぎだと思うがな
今までより多少減らす程度でいいんだよ、一般人はね
それで痩せ過ぎになることはない
よって、無い頭を捻って不足分云々に頭を悩ませることもない
もっとシンプルに考える癖を付けたほうがいいな
複雑かつ細密にはまり込んでいく発想は大抵の場合間違っているからだ
コメント1件

771
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 02:56:02  ID:i1NMNdSdi.n(2)
中性脂肪は肉の脂肪でも激増するんだよな
前日の肉のカルビだけ1週間とハラミだけ1週間を食べた双子のタッチの血液検査でカルビ1週間の方の中性脂肪が激増してた

772
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 05:19:03  ID:4239ttTc0.n(6)
Role of p66shc in renal toxicity of oleic acid.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23988748/

脂肪は本当に健康?

>770
このスレで痩せ過ぎの例があった
にわかは半年ROMれ

773
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 06:19:23  ID:lQqIUoRU0.n
MECって超高タンパクだよな

774
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 06:39:15  ID:i1NMNdSdi.n(2)
テレビで放映してたカルビだけ1日1キロ1週間食べる、ハラミだけ1日1キロ1週間食べる、は観てた人少ないんだな

775
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/03 07:22:14  ID:LuLq8v3qO.n
>752
捏造先生、願望や思いつきはもう十分です。
糖尿病が遺伝だから確実とはどういう理屈なんすか?w
糖尿病の遺伝はアジア人にも欧米人にも大勢います。
糖尿病が遺伝の人は全員もれなくインスリン分泌不足で発症というデータを示してもらわねば困ります。
王城の糖尿病が遺伝ではないとどうやって知ったんですか?
コメント2件

776
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 07:28:12  ID:Rs0MGSks0.n
ブログ読んでこいよ日本語で書いてあるわ

777
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 07:34:11  ID:4239ttTc0.n(6)
p66ShcA Promotes Breast Cancer Plasticity by Inducing an Epithelial to Mesenchymal Transition
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25071152

778
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 09:37:45  ID:4239ttTc0.n(6)
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/08/140826085726.htm
>ALK7を脂肪細胞特異的に欠損させるとアドレナリン等への感受性が高まった
>栄養が豊富だと脂肪細胞はアドレナリン等への感受性が低下する

糖質さえ制限すれば痩せるというクズの妄想を一蹴
さすがカロリンスカ
コメント4件

779
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 12:58:54  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>775
しつこい。
王城くんが本当に完治したのならインスリン抵抗性主因で確定。
β細胞は健全だったということなのだから。
仮にβ細胞が健全ではなかったとすれば完治してはいない。
寛解したのみ。
でもこれ以上のことはわからない。

江部センセは糖尿病になって、なおかつ両親も糖尿病。
この時点で遺伝的素因があったことは明確。
糖尿病の遺伝的素因は、初期分泌の不全。

それにしてもなんの意味があって絡んでるのかさっぱりわからないな。君。

780
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 13:05:25  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>775
>糖尿病が遺伝の人は全員もれなくインスリン分泌不足で発症というデータを示してもらわねば困ります。

逆に考えよう。
仮に江部センセがインスリン分泌は完全だったとしたら
ものっすごいデブになる必要がある。
王城くんなみのね。そこから高インスリン血症を発症し、
その後β細胞は機能阻害されていくってパターンなわけよ。
欧米型の糖尿病ってことだからね。

日本人の場合、通常は初期分泌不足とインスリン抵抗性のバランスで発症する。

で、江部センセがそうであるという確実な証拠を出せ!と?
それになんの意味があるの?
コメント1件

781
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 13:10:27  ID:i06gLVse0.n(3)
>780
まあ、そいつがアホなだけだろうね
2ちゃんではよくみかけるアホの類型

782
おもいやる ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/03 13:11:44  ID:UmWXQ9ne0.n(2)
教祖は自分で言ってるがな、恵比寿ビール飲み過ぎでシャチホコ体型になったのが発症誘因だって
コメント1件

783
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 13:11:56  ID:3LWuL5KW0.n(10)
願望でもなんでもなく江部センセの糖尿病は
両親が糖尿病で中年以降にメタボになって発症っていう
まさに日本人の典型的なパターン。

そうじゃない、というなら逆にそちらの証拠を出した方がいい。

限りなく少ない可能性があるとかいうレベルの話に付き合ってもしかたないので
これにて終了。

784
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 13:12:55  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>782
だから初期分泌不全とインスリン抵抗性のバランス。

785
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 13:17:20  ID:6OBK6ltrO.n
β細胞は健全か、そうでないかの二択なんか。
単純でわかりやすいね。
でも、人はもう少し複雑なんだよ。
コメント1件

786
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 14:10:09  ID:zPyJW8De0.n
糖質制限は徹底的に潰すよ!

787
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 15:54:02  ID:/6S9uky10.n
玄米もりもり大好き
ぶくぶく太ってた江部さん
今は角砂糖一個で血糖値大上昇
糖を取り込もうにもβ細胞は殆ど残ってない
遺伝? 食生活の問題?
コメント1件

788
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 15:54:43  ID:yJAbfju00.n(5)
足のつりと胃の痛み
江部先生こんばんわ。
28日の日に来院させていただいたものです。
お蔭様であれから後、まだ足は1度もつってません。
指導された通りお薬も飲んで、
油とカロリーを増やしていますが、
体重が5日でトータル0.6キロ増えて、
ちょっと心配してます。

また今回の京都への旅の前半は、
慣れない列車の乗継で食事がまともな時間にとれずに、
間食(ナッツ、ゆで卵、サラミ、チーズ)等を食べ始めると
必ずその後胃が痛み出し、
脂汗が出て初めて痛み止めを飲んでやっとおさまるというのが続いていて、
受診後もホテルに着くと同時に痛み始めたので(3回目)
心配して夜なのに高尾病院にお電話さしあげてしまいましたが、
その後痛みが引いてきたので様子を見ながら食事し、
入浴するころにはすっかり治って、無事に帰ることができました。

ご迷惑をかけてすみませんでした。
2014/09/02(Tue) 19:41 | URL | フーテンのnan | 【編集】
コメント1件

789
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 15:56:19  ID:yJAbfju00.n(5)
>788
Re: 足のつりと胃の痛み
フーテンのnan さん

遠路はるばる、京都までのの受診、お疲れ様でした。
その後、足のつり(腓返り)がなくて何よりです。
胃の痛みも改善して良かったですね。

摂取カロリーを増やしても、脂質や蛋白質なら体重は増えないと思います。

テレビ朝日「お試しかっ!」
2014年9月1日
http://www.tv-asahi.co.jp/otameshi/contents/bn/
#173『もしもの1週間〜カルビとハラミを食べ続けたらどうなるのか?』

カルビ1kg、ハラミ1kg・・・4000〜5000kcal/日でも体重減ってますね。
2014/09/03(Wed) 12:00 | URL | ドクター江部 | 【編集】

790
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 15:57:52  ID:yJAbfju00.n(5)
人工甘味料とインシュリン2
度々申し訳ありません。
ある方がケトジェニックダイエットアドバイザーの勉強会に参加され、人工甘味料を使った後の明らかな血中ケトンの
下降データを見たそうです。つまり脂肪燃焼は一気に減退するとおっしゃるのです。そこには血糖値の上昇について
の関連はデータには入っていなかったそうですが。その方は思い当たったので、その日から人工甘味料をやめ、一
週間で3キロ体重が落ちたそうです。これは本当でしょうか?
2014/09/03(Wed) 09:57 | URL | 大畑 | 【編集】
コメント1件

791
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 16:00:48  ID:yJAbfju00.n(5)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント2件

792
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 16:01:59  ID:yJAbfju00.n(5)
>791
Re: 牛肉毎日1kgで体重減った
宝樹真理 先生
血糖正常化、良かったです。
肉1kgなんて、兄はカルビだからおよそ5000Cal、弟はハラミで4000Calくらい。
いやはや、一日3食肉ばかり・・・そんなにすごい量だったのですね。ヾ(゜▽゜)
そして、二人とも体重減少したとはすごいです。
2014/09/02(Tue) 14:32 | URL | ドクター江部 | 【編集】
Re: 牛肉毎日1kgで体重減った
私も見ましたが、毎日極上の国産牛ばかりで正直羨ましかったです(笑
体重減少は最初の2,3日で、それ以降は停滞(やや戻り)でした。
しかしながら、本人たちも相当辛そうに無理して食べていましたから(特に朝から焼肉300gはしんどいかと…)、
普通に食欲通りの食事量へと落としていけば停滞することはなかったと思います。
また、健康番組で良くお見かけする医師の方が、食事後の代謝熱が盛ん(ご飯を食べた後と比較してました)なのを、
「ご飯より肉は消化に時間がかかるからだ」
とおっしゃっていたのにはたまげました。。。
2014/09/02(Tue) 17:56 | URL | 福助 | 【編集】
Re: Re: 牛肉毎日1kgで体重減った
福助 さん
植字誘発熱産生(DIT)のことを、その先生、ご存じなかったのでしょうね。
2014/09/03(Wed) 11:55 | URL | ドクター江部 | 【編集】

793
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 16:05:40  ID:dr7F7KRz0.n
>791
毎日牛肉食べると体重が減る
http://makoto-mylife.blogspot.jp/2014/09/blog-post_2.html

794
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 16:10:32  ID:uFU+h9Ne0.n
江部さん印象操作。

最初、水分が抜けただけ。
続けると太る。

795
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 16:30:03  ID:q5UB5nXe0.n
カルビ、ハラミ1kg/日で減量。カロリー神話崩壊!
2014年09月03日 (水)

来ました。番組見ないで印象操作。

不健康だっちゅの。

796
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/03 18:18:22  ID:UmWXQ9ne0.n(2)
>725
> バーベルとベンチプレス用のベンチ買った。
> セーフティスタンドも一緒に買っててよかった。

俺も買おうかな
それぞれ、何を買った?
お勧めある?
コメント1件

797
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 19:34:29  ID:3pbQlQaS0.n
有名ダイエットは、どれも有効!
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45846&-lay=lay&-Find

毎日の朝食で子どもの2型糖尿病リスクが下がる
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45847&-lay=lay&-Find

798
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 19:36:54  ID:bwYFKua40.n
ご報告と御礼とオーソモレキュラーとは
http://lowcarbkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

799
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 19:43:09  ID:dzhfDd2A0.n
ADA2014 第74回米国糖尿病学会

全粒穀物食で前糖尿病成人の耐糖能やインスリン抵抗性が改善
 全粒穀物の摂取は2型糖尿病発症リスクの低下と関連するが,この関連性を検討したランダム化比較試験(RCT)の
エビデンスは限られている。米・Cleveland ClinicのSteven K. Malin氏らは,成人の前糖尿病者を対象に二重盲検RCT
を実施。全粒穀物食により食後血糖値が下がり,インスリン抵抗性が改善,β細胞機能も増大したことを報告した。

食事はADA栄養ガイドラインに即した栄養素比率(炭水化物54%,脂質28%,蛋白質18%)で用意され,対照食には全
粒穀物食と同カロリーになるよう調整された精製穀物が使われた。食物繊維のみ全粒穀物群で7g/日有意に多かった。

 食後の血糖曲線下面積増加量(iAUC)を求めたところ,対照食群に比べて全粒穀物食群で有意に改善(血糖上昇抑制)
していた。肝でのインスリン抵抗性は両群ともベースライン時に比べて改善していたが,末梢でのインスリン抵抗性の有意
な改善は全粒穀物食群でのみ認められた。

 全粒穀物食群では対照食群に比べて空腹時脂質酸化(脂質利用)が有意に亢進し,メタボリックフレキシビリティも有意
に改善。全粒穀物食で糖刺激によるインスリン分泌が有意に増加し,膵β細胞機能が改善することも分かった。全粒穀物
食による食後血糖値の低下は,骨格筋でのインスリン抵抗性の低下やメタボリックフレキシビリティの増大と有意な相関を
示した。

800
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 19:58:45  ID:i06gLVse0.n(3)
全粒穀物とは、具体的にいうとなんだ?
コメント1件

801
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 20:47:43  ID:jhQksf3n0.n
>800

全粒粉パンとか玄米みたいにブランや糠を残した食品ということかな。
白ご飯や普通の白い食パンに比べて食物繊維が増えるので
糖質の吸収が緩やかになるとかじゃない?
コメント1件

802
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 21:01:37  ID:FccYyTP70.n
捏造は何言ってんの。江部さんの食生活は明らかに問題があった。
さらに運動不足と本人。その結果の糖尿病。
コメント1件

803
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 21:20:57  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>785
複雑だとどうなるのっと。

>802
問題がないとは言っていない。
怠惰な生活をしていたのは明らか。
しかし問題があっても糖尿病にならない人もいるしなる人もいる。
たいした問題がなくても(インスリン抵抗性はなくても)糖尿病になる人もいる。

その違いは何かって言うと遺伝だっつー話。
その人達は初期分泌が不全、あるいは不全になりやすい。
コメント1件

804
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 21:28:33  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>796
とりあえず、ベンチは多機能性と金額を重視して
ファイティングロードのこれを買った。
http://www.fightingroad.co.jp/top/detail/asp/detail.asp?scode=F-b03
ただし、バタフライはバーベルベンチするときに邪魔なので外した。
ダンベルフライをすればいいし。
インクラインベンチプレスもできる。したことないけどw
結構頑丈なので基本的には問題ないです。

セーフティスタンドはこれ。
http://item.rakuten.co.jp/super-sports/10000006/?scid=af_pc_etc&;sc2id=245768293

この手の狭いタイプもあるけど幅が広くないとズレたときに危険だと判断した。
http://item.rakuten.co.jp/f-road/bench-safety/?scid=af_pc_etc&;sc2id=245768293
コメント1件

805
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 21:33:05  ID:3LWuL5KW0.n(10)
バーベル使った感想としては、とにかくベンチプレスはやりやすい。

ダンベルベンチは25キロになるとスタートポジションに持っていくのが
とてもリスキーだったがバーベルベンチはそういうことは一切ない。
潰れても腕をひねったりすることもないから安全性は高い。
ただし、手首の角度が固定されるので手首は痛めやすそう。

806
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 22:08:34  ID:3LWuL5KW0.n(10)
デッドリフトもダンベルよりはバーベルがやりやすい。
ダンベルはプレートが膝に当たる。

今日はデッドリフト85キロx10rep、90キロx9rep、80キロx10rep。
90キロは初挑戦だけどなんとかなった。
もっと行けそうだけど、腰を壊すのが怖いので重量は徐々に上げていく。
膝にも妙な違和感がある。

チンニングもいつもどおり10repx9回したが最近肘の腱に痛みが。。。。

今更ながら正直なところを言わせてもらうと

高 強 度 筋 ト レ は 体 に 悪 い w
コメント1件

807
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/03 22:12:17  ID:ADvGsuHN0.n
>804
おお、アリガトウ
見てみる

808
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 22:32:21  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>806
>高 強 度 筋 ト レ は 体 に 悪 い w

冗談めかして書いたが、真面目な話、結構冗談ではなくて
高齢者が糖尿病対策で高強度筋トレなんかはじめてしまって
なんかの弾みで筋やら膝やら痛めたらえらいことですよ。
逆に動けなくなって運動できなくなっちゃうよ。

高齢者は王城くん推奨の高強度筋トレなどはせずに
低強度高repの筋トレするべき。

とかいうと青山さんとかいうビルダーのおじいさんの話を持ち出すバカがいるけど
その人、高齢なのにスゲー!って人なわけで
そんなの一般的じゃないっつーことの裏返しなんですね。
コメント2件

809
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 23:27:31  ID:AoYN5Ab70.n
>803
>問題があっても糖尿病にならない人もいるしなる人もいる。
まるで糖尿病にならないのが特殊なような言い方
大食い好きの人が全て馬鹿ばかりとは限らない
体重計に乗ってみて少し摂生をしてみたり運動を増やしてみたり
普通は体重や体格を気にして日常的に微調整するのが普通の人

働き盛りの四十で早くも境界型と宣告されても尚
独学健康法で玄米飯二杯食い続けデブってはプチ絶食ダイエットで痩せてはまたリバウンドを繰り返し
終には冷蔵庫を荒らすゴキブリ症候群を発症これでは糖尿病が悪化して死ぬと家族が心配して
兄貴の伝で釜池式に入門させ辛うじて命を取り留めたアホ丸出しドクターなら知ってる
コメント1件

810
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/03 23:47:04  ID:3LWuL5KW0.n(10)
>809
>まるで糖尿病にならないのが特殊なような言い方

誰もそんなこと言ってないだろ?
糖尿病になってない人が必ずしも節制しているとはかぎらない。
デブでも糖尿病になる人もならない人もいるだろが。
遺伝的になりやすい人となりにくい人がいるというのが厳然たる事実。
そしてなりやすい人は、初期分泌が悪いことも厳然たる事実。
これはアンタが何を言おうが動かしようがない。

811
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/03 23:53:17  ID:fE6Qgyjv0.n
不思議なんですが&昨日のお試しか
先生、はじめまして
血液検査でHbA1cが7.5になり、慌てて2週間糖質制限をして6.6まで下げた者です
最近はちょこちょこ炭水化物を口にしてしまって自分でもいけないと反省しているの
ですが、昨日気がついたことがあります

一昨日は野菜やお刺身に加えておにぎりを1つ食べてしまったのですが、いつもは
起床時血糖値が115?120なのが、翌日は97になっていました

昨日は夜寝る前にクッキーを口にしてしまいましたが、今朝の血糖値は111でした

これはどう解釈すればいいのでしょうか? 数値は悪くありませんが、起床時血糖値
が下がっているのはいい傾向だと考えていいのでしょうか?

昨日の「お試しか」は私も見ましたが、お肉ばかりの食生活でコレステロール値は悪
くならないのでしょうか? 動脈硬化を診断する超音波検査で悪いほうから二番目だったので不安です
2014/09/03(Wed) 21:44 | URL | まりあん | 【編集】
コメント1件

812
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 01:28:12  ID:yuIcbjRa0.n
初期分泌が多少劣る人=1型ではない遺伝要素ありの人。
が、食生活の乱れがなく(いわゆる米中心の和食の粗食。ジャンクや
過度の飲酒なし)、運動不足がなくても、糖尿病を発するから、
糖質制限が人類にベターな食事というなら理論的にわかる。
でも、そうじゃなくて捏造君は、食生活の乱れや暴飲暴食、運動不足の
問題があるというのだ。(問題が全くない人は糖尿病にはならないのだ)
じゃあまずは幼いころからまっとうな食生活と、適度な運動が身につく
生活習慣をつけたほうがよっぽどよいじゃないか。
なぜ脂ギッシュになる糖質制限が第一選択なのだ。そんなの病人の
一選択で十分なのである。
たとえばわが子に、一般人と付き合えなくなったり、リスクがありそうな
食生活勧めるのか?普通の精神の持ち主なら健全な生活習慣を身に着けさせる。
コメント1件

813
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 07:21:37  ID:HQTrEf+o0.n
さて先生のサイトで話題になるかと思っていたのですが、出てこないので、すでにご存じかもしれませんが、
先日9月1日にテレビ朝日で放送された 「お試しか」という番組での人体実験について書きます。

 内容は、「もしもの1週間〜カルビとハラミを食べ続けたらどうなるのか?」ということで、双子 のお笑い芸
人が、毎日1kgのカルビとハラミを食べ(炭水化物なし、野菜なし)、どうなるかというものだったのですが、
結果は、それぞれ体重 が
●カルビ(身長152.8cm)
  シミュレーション前…体重73.90kg
  7日目…71.70kg

●ハラミ(身長153.4cm)
  シミュレーション前…体重73.00kg
  7日目…72.20kg
 ということでした。体重減少は予想していた通りだったのですが、自分が疑問に思ったのは、中性脂肪の
値が、カルビの人は90以上増え、ハラミの人 は80近く減っていたことです。
 しっかり見ていなかったので、うろ覚えですが、出演されていた内科医が、カルビの方が脂肪分が多くカロ
リーが高いから、中性脂肪が増えた、という ことを話しておられて、あれっ?と自分の経験から違和感を感
じました。自分自身、糖質制限を始めたとき、一番おどろいたのは、脂肪たっぷりでも中 性脂肪が激減した
ことなので、今回の実験でも中性脂肪はどちらも減ると思っていたので、この結果に少々がっくりきています。

 もちろん、バラエティ番組で、どこまで厳密に炭水化物カットしたのか判らないのですが、中性脂肪で差が
出たのは、本当に意外でした。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0904-06:00-4)

814
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 07:34:08  ID:MXhgIXD10.n
鳥取大学医学部、田頭医師患者にMECを勧める。

>この時にあなたは言われなくとも野菜や魚を食べているとおもいますが、
>それらはこれ以上増やす必要はありません。
>その代わりに増やすおかずは肉、卵、チーズを中心に増やすようにして下さい。
>実は最近、100歳まで元気に生きている方の秘訣は肉食だという事がわかってきています。
>またそういう方は肉をしっかり食べるだけではなく、ごはんの量も3分の1くらいだったのです。」

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-410.html
コメント2件

815
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/04 07:35:58  ID:tae2RGmz0.n(3)
>812
素因があって食生活に問題がないならリスクは減る。
それでも糖尿病になる人はなる。
食生活に問題があればさらにリスクは増える。
遺伝的な素因も人によってレベルの違いがある。

816
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/04 08:42:35  ID:iGAKxvbu/(2)
>814
腎不全・透析まっしぐらやな。

817
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 08:51:05  ID:9nSbrrG00.n
>811
Re: 不思議なんですが&昨日のお試しか
まりあん さん

簡易血糖自己測定器は、10〜20%の誤差があります。
したがって本当に下がったのかどうかは、よくわかない所があります。
ともあれ、起床時血糖値が下がったのはいい傾向です。

スーパー糖質制限食実践で、動脈硬化のリスク要因の全てが改善します。
スーパー糖質制限食は、農耕以前の人類700万年間の本来の食事であり、人類の健康食です。
2014/09/04(Thu) 08:03 | URL | ドクター江部 | 【編集】

逃げる時には、人類700万年間の本来の食事。
コメント1件

818
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/04 10:48:55  ID:iGAKxvbu/(2)
牛肉/豚肉は約8000年前から食べ始めたんだけどね。
>>「人類700万年間」は虚構

819
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 14:22:01  ID:jR7DdV9+0.n
なんだその人類700万って屁理屈は??
江部って医者は判っていて嘘吐いてるな

820
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 16:27:25  ID:+uRbbPXl0.n
パルミチン酸なんて炭水化物多過な食事で
ブドウ糖から生成される量のほうが
飽和脂肪酸多い食事よりも多いべ
コメント2件

821
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 17:13:40  ID:rf/w/kVv0.n(3)
>814
田頭先生とうとうMECに逝ったか
一日一食ステーキダイエットに走るのも時間の問題w

>817
>起床時血糖値が下がったのはいい傾向

夜間低血糖はどうなのよ
一般医家こわい

822
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 17:41:57  ID:YPqUBfxGI
たがしゅう先生はMECじゃなくてアミーチョ信者だよ^^

823
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 17:44:22  ID:CquQecEM0.n
人類に700万年の歴史はないんだがw
コメント1件

824
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 17:47:55  ID:rf/w/kVv0.n(3)
>801
細菌叢の改善や炎症の抑制もあるだろう
フィトケミカルも関係あるかも

825
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 18:11:59  ID:rf/w/kVv0.n(3)
>823
1300万年かもしれないってさ
なんかもうどうでもいい数字だなw
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140616002

826
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/04 19:24:00  ID:6Kw10cqsO.n(2)
>790
その青山さんって人は若いうちから矢吹丈や伊達直人みたいに鍛えてたんだろ?
親戚に浦見魔太郎が爺さんになったようなのがいるけど筋トレより黒魔術使って治せよと言いたくなる。

827
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/04 19:25:43  ID:6Kw10cqsO.n(2)
アンカーミス
>808だったスマソ
コメント1件

828
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/04 20:05:50  ID:KjjmlDk80.n
人工甘味料とインスリン、人工甘味料とケトン体
2014年09月04日 (木)

まず、人工甘味料とインスリン分泌に関してですが、
結論から言うと、

経口摂取した人工甘味料が直接、
人体においてインスリン分泌を促すということはありません。

江部康二

----------------------------
でた、直接wwww
直接インスリン分泌を促すものは、何だろう?

829
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/04 22:18:24  ID:/sG97AFQ9
アルギニン、ロイシン、ヒスチジンといったアミノ酸は
直接β細胞を刺激して、インスリン出すんだけどね。

830
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/04 22:38:00  ID:tae2RGmz0.n(3)
>827
>青山昭二さん(82歳)はボディビル歴40年、体脂肪率は8.2%の日本最高齢のボディビルダーです。
>全日本選手権シニアの部など数々の大会で入賞する実力者。
>ボディビルを始めたのは43歳の時。糖尿病を患ったのがきっかけでした。
>今では糖尿病も治ってしまったと言います。

ですってよ。

831
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/04 22:41:23  ID:GcTPszyy0.n
直接も間接も
江部さんの膵臓は糖質制限のやり過ぎで
甘味を感じても膵臓からはもう出せない
人には戻れない
コメント1件

832
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/04 22:47:02  ID:tae2RGmz0.n(3)
>831
だからさ。
糖質制限のやり過ぎでってのがほんとなのかよ?って話。

833
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 00:11:58  ID:G3wZ9PZn0.n
延々ループ
コメント1件

834
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 07:20:25  ID:B8rwiNxr0.n
>808
青山さんは40から筋トレ始めた例だろ
おまえ誰と戦ってんの?
筋肥大に失敗したくせに大口たたくなよ
コメント1件

835
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/05 07:33:36  ID:wT0kP6Jx0.n(4)
>834
失敗してないけど?
まだまだがんばりますよ。
青山さんは特殊例ということ、
そしてレジスタンストレーニングには怪我のリスクもありますよ、という話。

836
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/05 07:35:21  ID:wT0kP6Jx0.n(4)
>833
耐糖能悪化するって言う側がエビデンス出さねーもん。

837
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 07:47:37  ID:cwOYda760.n
2004年版のLife With Diabetes(米国糖尿病協会・ADA)によれば(☆☆)、
「食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わり、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。」

「Carbohydrate,protein,and fat contain calories.
Only Carbohydrates directly affect blood glucose levels. 」 3rd Ed,2004

直訳すると、

「炭水化物・タンパク質・脂肪はカロリーを含有している。炭水化物だけが、血糖値に直接作用する。」
コメント1件

838
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 08:19:19  ID:vVafemid0.n
体重の減少について
江部先生
先日は牛乳についてのご質問にお答え頂きありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ありません。
糖質制限食を始めて1か月ちょっと、血糖値は(自己測定ですが)食後2時間が150〜120mg/dl、空腹
時が85〜105mg/dlとまずまずの値に落ち着いていると思います。
ですが体重が一向に減りません。合併症で入院中はカロリー制限食を3週間、退院までに5kgほど痩せ,
73kgになりました。退院してからは糖質制限食に切り替え、3食主食抜き、NG野菜、砂糖、みりん、ケチ
ャップ等も控えていますが調味料については若干、甘いかもしれません。そのような状態で1か月。現在
は70kgを境に200g減った翌日は100g戻るというような感じで平衡状態です。
簡易測定の血糖値は誤差があるとのことですし、体重が減らないということは、
糖質制限のやり方が悪くて、実は血糖値もさほど下がってなくてコントロール不良なのではないでしょうか?
調味料について少し緩いと申しましたのは例えばウスターソースを水で薄めてソースに少し加えるとか、
味付けに白だしを少量使ってしまうなどです。間食等はしておりません。
もっと厳密に調味料を制限し、糖質を排除すべきでしょうか?
2014/09/04(Thu) 23:13 | URL | たま | 【編集】
コメント3件

839
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 08:29:46  ID:L/mEHrdB0.n
>838
信者には
単に食う量を減らせばいいだけということが分からない馬鹿が多い
コメント1件

840
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 08:51:33  ID:umQ2k9eO0.n
>838
予想回答。

体重は直線的には減りません。
そのまま続けてください。

T医師、少食に気づくが、MECに逆戻り。
早く、結果報告して。

841
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 10:10:50  ID:pDj8CRr90.n
無糖尿病、無CVD 正常人対象 RCT : 低炭水化物食 vs 低脂肪食 
1年間というスパンでは、低炭水化物ダイエットの優位性が、
単に減量効果だけでなく、動脈硬化指標にも明らかになった

"Effects of low-carbohydrate and low-fat diets: a randomized trial"
Bazzano L, et al
Ann Intern Med 2014; DOI:10.7326/M14-0180
http://annals.org/article.aspx?articleid=1900694

【被験者】臨床的心血管疾患・糖尿病無し148名男女

【介入】低炭水化物(40g/日未満) 、低脂肪(総エネルギー30%未満(飽和脂肪酸7%未満)

両群ともトライアル中規則正しい間隔で食事カウンセリング

【測定】体重、心血管リスク、食事構成データ収集(0、3、6、12週)

【結果】
低脂肪群:60名(82%完遂)
低炭水化物群:59名(79%完遂)

12ヶ月時点で、
低炭水化物食群では、低脂肪食群に比べ
体重減少著明 (変化量平均, &#8722;3.5 kg [95% CI, &#8722;5.6 to &#8722;1.4 kg]; P = 0.002)
脂肪量減少(変化量平均, &#8722;1.5% [CI, &#8722;2.6% to &#8722;0.4%]; P = 0.011)
総コレステロール/HDL比 (変化量平均, &#8722;0.44 [CI, &#8722;0.71 to &#8722;0.16]; P = 0.002)
中性脂肪 (変化量平均, &#8722;0.16 mmol/L [&#8722;14.1 mg/dL]
[CI, &#8722;0.31 to &#8722;0.01 mmol/L {&#8722;27.4 to &#8722;0.8 mg/dL}]; P = 0.038) 以上減少
コメント2件

842
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 12:00:43  ID:9JOvrZmJO.n
青山昭二さんの場合は殆どアスリートみたいなもんだろ、素人が40代からやったってとてもあんな風には

843
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 12:22:44  ID:tHLBZkt80.n


844
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/05 14:38:06  ID:wT0kP6Jx0.n(4)
>841
あらあら。まあそうでしょうね。

845
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 16:52:22  ID:OTMTgAsk0.n
>837
江部センセはいつまで2004年版を引用し続けるんだろう

>839
田頭センセは1600kcalでもピタリとやせなくなった
食う量の問題だけではなさげ
コメント1件

846
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 17:41:18  ID:aMZ/nHPx0.n
>845
大櫛
3rd Ed,2004
よい表があるよ。。

江部
すごーい。(表を捏造して本書いている。)

Life with Diabetes 5th Ed,2014

あれ、表がない。削除されている。(江部はまだ気づいていない。
だって、5版あるの知らないだもん)

「STAP細胞はありまぁす」

「Carbohydrate,protein,and fat contain calories.
Only Carbohydrates directly affect blood glucose levels. 」

↑ 最初、想定していなかった、この文章は残った。
これが救い。
コメント2件

847
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 17:59:38  ID:/JzMjkbr0.n
>846
Fat leaves your stomach more slowly and may delay
the blood glucose rise after a meal up to 10 hours when
eaten in large amounts.

>595

848
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 18:25:29  ID:SHh1aJTl0.n
>838
Re: 体重の減少について
たま さん

73kgから70kgですので、少し減量ですね。
直線的にやせることはなく、階段状にやせますので、じっくり構えてください。

体重に関しては、血糖値よりも、インスリンの量が大きく関与しています。

「食後2時間が150〜120mg/dl、空腹時が85〜105mg/dl」
少々の誤差があるにせよ、血糖コントロール良好は間違いないです。

インスリン抵抗性があると、インスリン過剰分泌されやすいです。
じっくりと
地道にスーパー糖質制限食を継続されて、「体重減少とインスリン抵抗性の改善」
を目指すのが王道と思います。

折角ですから、調味料もネットでOK食材があるので、そちらにしましょう。

2014/09/05(Fri) 17:57 | URL | ドクター江部 | 【編集】

あら、関連会社の製品推奨ですか?
コメント1件

849
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 18:30:04  ID:tXm1HMVZ0.n
>インスリンの量が大きく関与しています。
わたくし江部康二のように枯渇に近づけば痩せます

850
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 19:33:48  ID:6tmoIrX4Z
果物食べると2,3キロ太ると書いていたがな

851
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 19:46:09  ID:6bpvsj8o0.n
>846
>だって、5版あるの知らないだもん

誰も確認しないんですかねw
俺は出典が2004年って聞いただけで「は?」と思いましたけど>34

>848
糖質をほとんど取らずに2時間で150のどこが「コントロール良好」なんだYO!

>スーパー糖質制限食を継続されて、「体重減少とインスリン抵抗性の改善」を目指す

スーパー制限で痩せないって相談なのに何言ってんだw
痩せなければ抵抗性は下がらないし、過剰な肉と油は痩せなくなる上に抵抗性も上がる罠
メチャクチャ
コメント1件

852
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/05 20:11:27  ID:wT0kP6Jx0.n(4)
>851
>過剰な肉と油は痩せなくなる上に抵抗性も上がる罠
>841について一言どうぞ。
コメント1件

853
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 20:28:12  ID:EehGRfY40.n

854
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 22:08:35  ID:mT1ejY0E0.n
13%でケトアシドーシス入院今月6%にヘモグロビン低下
今年6月30日に嘔吐で夜間緊急入院。ヘモグロビン13%台。インスリンを入院一週前〜切らしてしてなかった。
仕事もしたくない、食欲低下。また、三食食べず、二食が多かった。7月25日退院。9月5日通院して検査。ヘ
モグロビン6%迄に。血糖値は180台。先月、生理期間低血糖になってましたが、生理期間だけ。網膜症もレー
ザー確定。これは、危険ですか?
2014/09/05(Fri) 20:58 | URL | なつパンダ | 【編集】
コメント2件

855
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/05 22:12:27  ID:8L8VychO0.n
http://hamac.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/_-38f1.html

まぁ、こんな馬鹿も居るには居るけどね
コメント2件

856
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 22:21:28  ID:u9hY+JudO.n
そんなにまで呑みたいかね

857
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 22:27:05  ID:y7QKui3Z0.n
肉、脂食べるほど長生き。
糖質少ないほどよい。

昨日、テレビでやっていた。

肉の量

どんな肉が高齢者に良い?
脂身が適度に入った肉
豚肉であればロース肉
牛肉であれば霜降り

高齢者になると体内に蓄えられる油は減少する
肉の油はエネルギーとなり筋肉や骨を丈夫に

各年代別1日に肉を食べる量
20代 120gまで
30代 100gまで
40代 100gまで
50代 最低90g(牛丼の並盛程度)
65歳以上 最低70g(から揚げ4つ程度)
※他のものもバランスよく食べることを前提にした数字です。

http://kininarukoto01.blog.so-net.ne.jp/2014-09-05-1

江部さん、勘違い誘導。将来訴訟リスク。

858
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 22:41:19  ID:5DKkvuGL0.n
>854
聞かなくてもわかってるくせにー
弱ってる時は新興宗教に縋りたくなるから
ブックマーク消して、本持ってたら捨てた方がいいよ

859
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 22:48:55  ID:Ny8a0/Vb0.n
尿酸値が高い!!!
http://hamac.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8955.html

血糖値だけ考えている人、カワウソ。
コメント1件

860
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 23:02:01  ID:qjox0IDn0.n

861
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 23:11:51  ID:CHXB39Y60.n
昨夜は炭水化物祭り(>_<)
http://hamac.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/_-aa8b.html


治るどころか、ぶ壊れちゃった。

862
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/05 23:58:33  ID:Oe+C2fks0.n
〜餅でカーボローディング〜 全餅工がイベント協賛
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140905/prl14090514320104-n1.htm
コメント1件

863
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 02:54:14  ID:vEuUxU8z0.n
果物食べた後って血糖値ってそんなに上がる?
私は大したことないので食べてます
特にりんごとかなしとかは
個人差あるのかな

864
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 04:07:46  ID:tp2B0smK0.n
>855
>ランゲルハンス島のβ細胞くんは元気なようで
元気な人は起床時の血糖値が500になんてなりません(>_<)
γ-GTPも危険水域すれすれです。

865
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 08:22:56  ID:9ZTfZzcu0.n
>854
Re: 13%でケトアシドーシス入院今月6%にヘモグロビン低下
なつパンダ さん

「ヘモグロビン6%迄に。血糖値は180台。」

なら、危機は脱出して、コントロール比較的良好です。
生理期間中に低血糖になりやすいなら、特に注意して、低血糖を予防しましょう。

今後、低血糖を起こさないよう注意して、
空腹時血糖値130mg/dl未満、食後2時間血糖値180mg/dl未満、HbA1c7.0%未満を達成すれば、
日本糖尿病学会的には、合併症の予防となります。
2014/09/06(Sat) 08:13 | URL | ドクター江部 | 【編集】

866
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 08:31:31  ID:mDyOB80y0.n
808
医者で無いおっさんがいうことだから
コメント1件

867
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 08:56:25  ID:wb2iYDKL0.n
>866
医者が正しいって?

とんでも多いよ。

868
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 09:39:17  ID:oFMFCtv+0.n(3)
>855
そいつ検査の前日に酒飲んで「血糖値下がった!」って喜んでた馬鹿じゃん
まだ生きてたのか

869
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 09:56:31  ID:oFMFCtv+0.n(3)
>859-812
耐糖能が下がってるところへ、炭水化物ドカ食い
>806の高血糖でβ細胞が一気に壊れたっぽいね

少し落ち着いたか??? (2014.09.04)
下がらん(>_<) (2014.09.03)
本日も高め安定(T_T) (2014.09.03)
やれやれ(>_<) (2014.09.01)
まだ下がらない(>_<) (2014.09.01)

で、これ

http://hamac.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c6a1.html
>もしかすると、プレシジョンの誤作動かもと。
>今週様子を見つつ、下がらないようなら検診と器具の買い換えをしましょう

さらに高い値が出たらどうなる

870
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 10:50:09  ID:oFMFCtv+0.n(3)
適度な酸化LDLはむしろ健康にいい、かも
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/09/140904121247.htm

871
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 11:06:52  ID:q0OcJxX00.n
このスレは嘘を垂れ流す犯罪者の巣窟として見放されてるよ
コメント1件

872
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 11:25:34  ID:e8ODWXbJ0.n(2)
医学のあゆみ Vol.250 No.9 (2014年08月30日発売)
http://www.fujisan.co.jp/product/116/b/1097008/
糖質制限食 北里研究所病院糖尿病センター長 山田悟 寄稿

糖質オフの太らない食べ方
http://www.amazon.co.jp/dp/4777925579/
AGE牧田クリニック 牧田善二 監修

873
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 15:02:06  ID:pJl9cgQN0.n
タッチのお2人が普段以上にカロリー摂取しているという可能性はないでしょうか。
2014/09/06(Sat) 08:39 | URL | コタックス | 【編集】

874
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 15:05:57  ID:uTfshjeN0.n(3)
 昨日の日テレ【あのニュースで得する人損する人】で「短命金ランキング上位の秋田県南外地域で,
毎日お肉を食べるようにという栄養指導をした結果,その地域だけ平均寿命が伸びた」という特集が組
まれていました。私は食事をしていたお店のテレビでなんとなく見ていただけなんですが,ご覧になった
方はいらっしゃいますか?
 私は秋田生まれの秋田育ちなのでよく知っていますが,米どころ秋田では「米をオカズにコメを食べる
」なんて言葉が冗談でなく通じるほどの米食県です。おかずはコメを食べるためにしょっぱいし,それに
対抗するかのように砂糖も山ほど入れます。しょっぱい漬物(がっこ)に醤油をかけて食べ,甘くてしょっ
ぱいおかずで米を腹いっぱい食べるのが秋田の伝統食です。糖質まみれです。
 今回の番組では御飯の量はそのままでお肉だけ加えたのか,あるいは御飯の量を減らしたのかは不
明ですが,とりあえず,肉食メインにすると健康で長生きできるようです。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0905-11:00-1)

875
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 15:08:56  ID:uTfshjeN0.n(3)
日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」についてのメールです。
 このblogに紹介されています
--------------------------------------------------------------------
もう少し知りたいので、
さっそく 熊谷修先生の著書をアマゾンで注文した所です。
「介護されたくないなら粗食はやめなさい ピンピンコロリの栄養学」
「適齢食」
の2冊。
その下に出てきたこれも買いました。
「肉食のすすめ?いまの肉なし食生活では早死する」
桜美林大学 柴田博
---------------------------------------------------------------------

(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0906-06:00-2)
コメント1件

876
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 15:17:35  ID:uTfshjeN0.n(3)
>875
粗食と肉食
っていう単純なものではない。

なにをどれだけ食べたらよいか。(書籍)
柴田 博

肉類60〜100g


脂中毒(書籍)
白澤 卓二

最近、ケトン体マニアの白澤医師

「肉食が健康に役立つ」に科学的根拠はほとんどなかった
「たんぱく質をとりなさい」はあっても「肉を食べなさい」はない

877
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 16:24:40  ID:e8ODWXbJ0.n(2)
魚肉 鶏肉 牛肉 豚肉 畑の肉の大豆

878
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 17:47:58  ID:nNV8bjs+0.n
で魚、肉食いすぎて痛風か

879
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 17:51:56  ID:hg2pvUth0.n

880
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 18:30:58  ID:FC7e19sa0.n
痛風には薬で
糖尿には肉食い放題
無責任トウシツ制限

881
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 18:42:20  ID:fyVa2RwO0.n
江部式糖質制限

・肉食べ放題
・酒飲み放題

実行する人、いるのかと思っていた。
いたのね。

その結果

・膵臓壊れる
・肝臓弱る
・高尿酸血症・痛風

血糖値の数値よいのは、アルコールで糖新生阻害か?

人体実験の結果、透析、癌ってことないか、見ていく。
コメント2件

882
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 19:09:49  ID:4Ne9+xpf0.n
>881
>血糖値の数値よいのは、アルコールで糖新生阻害か?

http://hamac.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/_-38f1.html

>酒飲むともっと早く下がると思う

自覚あり

糖質制限して、肉食べてインスリンをしぼり出して、酒飲んで糖新生を阻害
そらHbA1cも下がる罠
壊れたけど

883
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 19:31:42  ID:Rtpc/8Bgz
>655
どいw
mecのブロガー女ばっかじゃねーかww
ブログ内容もmecマンセーの宣伝ぽい記事ばかりなのな
サイトへの訪問お願いしてるし
ありゃmec喜び組的なものなのかね

884
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/06 19:55:58  ID:cwM2HnDl0.n
>843
774じゃないけど

脂肪酸の合成
http://hobab.fc2web.com/sub4-Fatty_Acid_Synthesis.htm
>2.脂肪酸合成は、解糖系と共役している
>脂肪酸合成には、解糖系(アセチル-CoAやATPを供給する)と、
>ホスホグルコン酸回路(HMS:NADPH2+を供給する)が、協調して働く。
>肝臓の肝細胞内で、ブドウ糖(グルコース:分子量180)は、
>脂肪酸(パルミチン酸:分子量807)に変換(転換)される。
>
>パルミチン酸1分子を生成するのには、グルコース18分子が消費される
>グルコース重量の28%が脂肪酸になる。
>ブドウ糖50gを過剰に摂取した場合、脂肪14gが生成される
>デンプン100gを過剰に摂取した場合、脂肪30gが生成される。
>糖分(砂糖など)を摂取し過ぎると、脂肪酸合成が行われ、肥満になり易い。
コメント1件

885
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/06 22:05:05  ID:B1e7r9qd0
かくちゃんって、2ちゃんねらーなんだなwwww

886
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/06 22:08:53  ID:qJmJIUljI
森園マンセーのコメント入れてた新免二刀流とやらもコイツかwww

887
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/06 21:59:09  ID:901gwv1/0.n
>853
痩せなくなるとも抵抗性が上がるとも書いてないですねえ。
そもそも人間じゃなくマウスだし。

888
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/06 22:26:08  ID:PMH+/lgdA
新免二刀流はガンらしく、江部と同じ糖質制限を謳っているが、
1日一食で厳格な糖質制限であり、江部と仲が悪い釜池寄り。
かくちゃんも、糖質制限を推奨してるが、1日一食で、江部はもとより、江部と親しい夏井、たがしゅうやMEC食推奨の渡辺を攻撃。
バレバレでキモイ。

889
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/06 22:49:57  ID:ThKhvUrIO
age
そういや、かくちゃんもガンと糖質制限についてエントリーした
たがしゅうのブログに唐突に現れて噛みついたしな。
もっとも、かくちゃんの主張はピントがズレて噛み合ってないので、
コメント欄ではヒンシュク買ってたけど。
まあ、ガン患者としては必死なんだろうけどね。

890
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 02:14:57  ID:HvKrePi60.n
>881
酒を飲みたいから蒸留酒なら飲んでおkな糖質制限に飛びつく層が一定の割合でいる

891
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 06:01:51  ID:Dg3JaWaSO.n(5)
>884
100g過剰なら、28gの脂肪酸が合成される。過剰じゃなければ合成されない。
一回の食事でなんグラム糖質をとると、なんグラムが過剰になるか、そこをはっきりさせないと。

892
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 06:09:50  ID:Dg3JaWaSO.n(5)
糖質400キロカロリーが252キロカロリーの脂肪になる計算か。むしろ痩せれるんじゃないかね。

893
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 06:19:52  ID:Dg3JaWaSO.n(5)
脂肪を過剰摂取したら、100%脂肪になるんだろ。
糖質過剰の方がましな気がする。
コメント2件

894
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 07:03:04  ID:elrLnQ5U0.n
>893
97パーセント。>602

p.362.
>Excess fat intake leads to excess fat on our bodies.
>Fat can bo stored almost directly on the body.
>A total of 97% of excess dietary fat is converted to body fat.

97パーセント対30パーセント。

>820は捏造なみの捏造。
コメント2件

895
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 07:28:01  ID:Dg3JaWaSO.n(5)
要は食べ過ぎはだめ、てことで。

896
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/07 09:02:58  ID:jSvgpUlV0.n
>894
あれ?じゃあ高糖質食のほうが痩せるはずだよね?
糖質制限食が痩せないってこと?いまさら?
コメント2件

897
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 09:41:20  ID:EDV9f53Q0.n
>778
>879
βAR Signaling Required for Diet-Induced Thermogenesis and Obesity Resistance
http://www.sciencemag.org/content/297/5582/843

Diet-Induced ThermogenesisもβAR
コメント3件

898
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 11:12:25  ID:TJ8Kydf60.n
痩せると脂肪が減るは別。
グリコーゲンや筋肉が減れば体重は落ちる。

899
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 11:42:39  ID:nKVEuPRu0.n
>896
有名ダイエットは、どれも同じくらい有効!
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45846&-lay=lay&-Find

摂取量<消費量、つまりアンダーカロリーなら痩せる。
摂取量=消費量、つまり現状維持。
摂取量>消費量、つまりオーバーカロリーなら太る。

糖質制限は空腹感なくなるから、食べる量減らせる。

夏井さんは、普段の食事から、糖質抜いただけだと言っている。
(問題あるが。)
コメント2件

900
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 12:09:53  ID:EBotq+u80.n
だから飽和脂肪酸でTLR4ではなく
飽和脂肪酸に多いパルチミン酸でTLR4活性、
M1型マクロファージで炎症増、膵島負担増というその説を信頼するとして
そのパルチミン酸は脂肪の一部の飽和脂肪酸のさらに一部なのだから
糖質多い食事のほうが負担増だろてこと
一際多いバターでも15%いかんわ

901
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 13:20:55  ID:Dg3JaWaSO.n(5)
>896
だから、そういうことは起きてないってことだろ。
過剰糖質が脂肪になるわけではなく、脂肪燃焼が節約されてる。

902
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 13:56:29
無塩バター100g中パルミチン酸24.2g
豚ロース100g中パルミチン酸20g

903
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 13:59:55  ID:vcW5SnWh0.n
無塩バター100g中パルミチン酸24.2g
豚ロース100g中パルミチン酸20g

904
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 14:42:21  ID:wIceuuyQ0.n
バターは100g中21gだな

バター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC
バター100g
中脂肪81g
中飽和脂肪51g
中パルチミン酸21g

しかしインスリンと併せてやはり糖質のほうが膵臓疲弊しますね。
脂質は1グラム9キロカロリーだから、糖質と比べるなら、
その半分以下の量で同等の栄養補給が可能だし。
コメント2件

905
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/07 14:57:12  ID:T+GqvOYdO.n
>904
そうだな。
結局おまいら糖質食ったらあぽーんだもんなw

906
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:12:05  ID:j6mUPqUS0.n(2)
農家悩ますコメ余り 止まらない価格下落 お前ら米食え! [768037515]

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 19:38:55.54 ID:JNt/Gjd00
炭水化物抜きダイエット

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 19:45:33.68 ID:bDw7yA/P0
糖尿病になりたい奴だけ食え
俺はもう結構

36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 19:46:44.04 ID:Rjxu/Snz0
炭水化物やだ

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 19:59:51.51 ID:ngaMYAZK0
炭水化物は太るって事がばれたからな

71 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 20:06:56.74 ID:YIlwAOwm0
低糖質ダイエット

75 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 20:08:59.70 ID:eShmhrhv0
原発事故後の一年はコメの値段下がってなかったよ、茨城とかの米でも
低炭水化物ダイエットの影響の方が大きいんじゃないか

907
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:12:52  ID:j6mUPqUS0.n(2)
135 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 20:50:32.21 ID:oeN9HxGO0
米なんていらねえよ
穀物ってのは昔の貧しい連中がエネルギー源に困ってしかたなく食ってたもんだろ
今は糖分そのものである砂糖をいくらでも食える時代なんだから米や麦を「主食」とか呼ぶことそのものが時代錯誤
甘いもんと肉と魚と野菜を食ってりゃいい

167 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 21:14:42.69 ID:QOTP53pci
昼食に米止めて、プロテインとおかずにしたら、昼食後体が軽くなったわ
炭水化物は体が重くなるわ
夜は米食ってる

168 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 21:15:26.56 ID:XKAcjjPS0
糖尿病と肥満の源だってバレたからな

182 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 21:27:25.47 ID:892d6Bl+0
日本人の糖尿病の要因は米ですしお寿司

188 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/09/06(土) 21:38:27.42 ID:Qs7K0o1d0
糖尿病になるしな

908
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:23:29  ID:G2jVdqhl0.n(5)
メディカル朝日 2014年9月号
メディカル朝日の今月号では,先月号の『前篇』に続いて『糖尿病治療 up to date(後編)』として,『最新の糖尿病食事療法』を特集しています.

特集各記事は以下の通りです(番号は筆者).

(巻頭言) 糖尿病の食事療法の現状と課題
[1] 糖尿病における食事療法の在り方−炭水化物栄養の考え方
[2] 食事療法における脂質摂取の在り方
−日本人の食事摂取基準(2015年版)に向けて
[3] 糖尿病腎症の病期分類改訂と食事指導の在り方
[4] 医師が把握すべき食品交換表第7版への改訂ポイント

これらの各記事全文を,特に【最新の】糖尿病食事療法 と銘打った以上は,どこまで最新のエビデンスを引用しているか,という観点から読んでみました.

論外だったのは[4] (著者は,やっぱりねの杏林大学:石田先生)で,『最新の』どころか,引用文献は食品交換表第7版以外,一切ありませんでした.

また,[3]も引用文献 9報中,2012年のものが1件のみで,とても最新の進歩を解説したとは思えません.

これらに対して,[2]は引用12報中,2010年以降の論文が7報と,特集の趣旨にかなった最新の情報を提供しています. しかも内容をみても,『難しいコレ
ステロール摂取基準の設定』,『n-3PUFA(=不飽和脂肪酸)摂取効果の現状』などでは,一方的に「コレステロール=悪」,「不飽和脂肪酸=善」などと決
めつけるのではなく,最新の医学情報を根拠にして,冷静にこれらのメリット/デメリットを評価しています.

最後に,タイトルを見てもっとも期待した[1]ですが,この記事も[4]と同様に,文献は一切引用していません.しかし,米国糖尿病学会(ADA)が昨年発表し
た「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明(Position Statement on Nutrition Therapy)」(Diabetes Care Vol.36,3821-3842)には言及しています.これ
は,おそらく日本糖尿病学会の幹部としては初めてではないでしょうか. ただし,その引用の仕方は下記の通りです.
コメント2件

909
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:23:58  ID:G2jVdqhl0.n(5)
" 一方,近年では米国糖尿病学会(ADA)のように,糖尿病の状態によっては必要な栄養素には違いがあり,特定の比率を決めることはできないとして,数
値を示さないガイドラインも見られる"(p.17)

" 米国糖尿病学会は,2013年10月,食事療法に関する新たなstatementを発表した. 従来の「低脂質,地中海食とともに低炭水化物食は体重減少に短期
的には有効」との記述は廃し[※],個々人の食パターンは維持しながら,総エネルギー摂取量の適正化を優先するとしている"(p.18)

私だけかもしれませんが,後者の文章のこの表現では,これを読んだ人は,『なんだ,やはり米国でも日本糖尿病学会の言う通り,カロリー制限食を推奨し
たのだな』と思うのではないでしょうか? しかもこの記事の最後は,下記で締めくくられています.

"生活習慣病の食事療法を論ずるに際して,よって立つべき視点は,日本人がこれまで培ってきた伝統的な食文化である"(p.18)

いよいよ高糖質・カロリー制限食が形勢不利になってきたので,最後は『食文化の違いはどうにもならないのだ』と,論点をすり替える伏線を張り始めたかな?
と思いました.


[※] したがって,メディカル朝日の先月号で,『低炭水化物食は2年までという制限がある』とした記事は間違いであることは,ここでも示されています.同じ雑
誌の特集なのに,前篇と後編とで,内容が正反対という奇妙なことになっています.
2014/09/07(Sun) 10:54 | URL | しらねのぞるば | 【編集】

910
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:24:26  ID:G2jVdqhl0.n(5)
Re:メディカル朝日 2014年9月号
訂正です

>したがって,メディカル朝日の先月号で,
>『低炭水化物食は2年までという制限がある』とした記事は
>間違いであることは,ここでも示されています.
>同じ雑誌の特集なのに,前篇と後編とで,
>内容が正反対という奇妙なことになっています.


申し訳ありません。 勘違いしておりました。
『低炭水化物食は2年までという制限がある』
という記載があったのはメディカル朝日8月号ではなくて、
月刊糖尿病9月号でした。
月刊誌2誌について連続投稿したので、
両者を混同してしまいました。

もし可能であれば御削除願います。

2014/09/07(Sun) 14:24 | URL | しらねのぞるば | 【編集】

911
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:26:07  ID:G2jVdqhl0.n(5)
はじめまして
江部先生のぼろ具を拝見しております。
糖質制限を始めてちょうど2年です。糖新生と血糖値の質問に答えていらっしゃいましたが私からも質問させてください。
現在Ha1cは5.6%と落ち着いておりますが、体重が減りません。(糖質制限を始める前の一番ひどい時は11.8%あった
こともあります。)アルコールが好きなので、かなり飲んでしまってますが、翌日の空腹時血糖は大体80〜95dlmlです。
逆に飲まなかった翌日は120〜135dlmlです。糖尿病の観点からすると血糖値は低いほうがよいのかもしれないですし、
糖新生をブロックしているので減量効果が薄いと考えてます。朝の空腹時血糖が120は問題ない範囲でしょうか?
2014/09/07(Sun) 13:21 | URL | 今井 久 | 【編集】
コメント1件

912
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 17:30:19  ID:G2jVdqhl0.n(5)
>908
Re: Re:メディカル朝日 2014年9月号
しらねのぞるば さん

部分削除は、できないみたいです。

いったん、前回のコメントを削除しますので、
訂正されたコメントを投稿しなおしていただけるでしょうか?
2014/09/07(Sun) 17:26 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

913
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 18:03:04  ID:y52qT0XP0.n
>911
Re: はじめまして
今井 久  さん

早朝空腹時血糖値は、日本糖尿病学会の熊本宣言(2013年6月1日発布)によれば、
合併症予防のためには、130mg/dl未満を目指します。

境界型レベルなら、110mg〜125mg/dlです。

正常レベルなら、110mg/dl未満です。

120mg/dlなら、境界型レベルなので、問題ない範囲と思います。
2014/09/07(Sun) 17:32 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

914
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 19:17:08  ID:UVNL1//q0.n(2)
>912
ログ保存w

>913
今井 「飲まなかった翌日は120〜135dlmlです。朝の空腹時血糖が120は問題ない範囲でしょうか?」
屁部 「120mg/dlなら、境界型レベルなので、問題ない範囲と思います。」

120から135だって書いてるじゃん! 問題あるだろ!w
屁部先生、とうとう頭が・・・

915
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 19:40:01  ID:8PZErDfS0.n
>913
その基準はバランス食+運動の療法をしている患者の蓄積データから導かれた数値
糖質制限食の基準は高雄病院の患者のデータで独自に算出しないと駄目

高雄病院の患者は合併症やリタイアが続出してデータが取れない?
柚木さん熱心にスーパー糖質制限して6%台だったのに透析送り

916
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 20:04:49  ID:DDFz2Ee+0.n
入院食のごはんは175gでした
江部先生 12/22救急車で入院し緊急透析で10kgの除水と心臓カテーテルでステント3本が入り
命を取り留め人工透析生活が始まり1/22退院しました 入院中の透析患者の食事は1600kcalで
すが、ごはんがなんと175g パン食では90gで糖質制限食でせっかく食前インスリンをやめられた
のに、また糖尿病になりました さらに食前インスリンの決め方がおかしいのです 食前45分に測
った血糖値でインスリン量を決めます 今から食べる糖質量に対してインスリンを打つのが正しいと
思いますが、1/26お目にかかり、その後の透析患者への食事についてご助言を賜りたいと思います
2014/01/26(Sun) 09:05 | URL | 柚木信也 | 【編集】
Re: 入院食のごはんは175gでした
柚木信也 さん

大変でしたね。
まずは、ご無事で良かったです。

ご指摘通り、カーボカウントせずにインスリン注射するのは、
目をつむって運転するようなもので、非論理的です。

透析になった場合、タンパク制限は必要ないので、
スーパー糖質制限食で、インスリンを最小限にするのが
最も身体に優しいです。
2014/01/26(Sun) 12:06 | URL | ドクター江部 | 【編集】

917
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 20:39:46  ID:UVNL1//q0.n(2)
Life with diabetes面白いね

p.48/12.7
"If you divide carbohydrate among all your meals and snacks, your body can use the glucose more easily and keep your blood glucose levels moreeven.
 This dose not necessarily mean eating less total carbohydrate."

ADA「必ずしも炭水化物の総量を減らすという意味ではない」だってさ、屁部センセ

13. Finding balance
"We all need carbohydrate, protein, and fat everyday."

ADA「我々は全て炭水化物etcが必要である」だってさ、夏異センセ

"But too much carbohydrate makes blood glucose too high,
 too much fat and protein contribute to weight gain and heart and blood vessel disease."

ADA「炭水化物も脂肪もタンパク質も多すぎると良くない」だってさ屁部センセ

13.5
"Foods with added sugar or fat can make your meal plan more enjoyable."

ADA「砂糖や脂肪を加えた食品は食事のプランが楽しくなるよね」だってさ
これ一番新しいADAの本ですよ>908さん
コメント1件

918
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 21:02:39  ID:htVqctVj0.n
>917
しらねのぞるば さん

ADAの最新の患者用テキスト読んで、違うところ江部さんに教えてあげて。

919
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 22:13:08  ID:j9orTuo70.n(3)
血糖値以外の数値が…
江部先生
ご無沙汰しております。
いつも泣きついた質問で恐れ入ります。耐糖能異常を指摘され3年、先生の糖質制限食に出合い
救われました。現在Hba1cは5.5あたりで落ち着いています。高かったLDLはゼチーア半錠を隔日に
服用して、基準値内に収まり、HDLとの比は1:6あたりです。ただ、どうしても尿酸値が高く、ザイロ
リックを服用しても6.6です。
そんな状態で、本日お尋ねしたいことは、血圧です。糖質制限食でずっと下がっていた血圧が、こ
こ数ヶ月150/100などという数値が続いております。独自で調べたところ、インシュリン抵抗性から
高尿酸血症を発症し、高血圧を招くとあります。これらもすべて合併症だとか。3種類も生活習慣病
の薬を飲みたくないのですが、夜中や安静時も高い値ですので、仕事などで急いだりしているときに
はかなり上がっていると思われます。せっかく糖質制限食で血管の損傷を防いでいますのに、これ
では何もならないなぁと落胆しています。いくらHba1c値が正常でもインシュリン抵抗性が隠れている
と、こんな症状を引き起こすのでしょうか。
カロリーが少なすぎると尿酸血が上昇するとおっしゃっていましたが、しっかりカロリーは摂っています。
糖質制限食の継続に何の躊躇もないのですが、このような方はいらっしゃるのでしょうか。
メタボの典型のような数値ですが、極めてスリムです。
ご質問が少し糖質制限食からズレいるかもしれませんが、こんなことも生じるのかご教示くださいますれ
ば幸甚です。
2014/09/07(Sun) 18:31 | URL | a.m | 【編集】
コメント1件

920
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 22:15:55  ID:j9orTuo70.n(3)
メディカル朝日 2014年9月号
メディカル朝日 2014年9月号

メディカル朝日の今月号では,先月号の『前篇』に続いて『糖尿病治療 up to date(後編)』として,
『最新の糖尿病食事療法』を特集しています.

特集各記事は以下の通りです(番号は私がつけたものです).

(巻頭言) 糖尿病の食事療法の現状と課題
[1] 糖尿病における食事療法の在り方−炭水化物栄養の考え方
[2] 食事療法における脂質摂取の在り方−日本人の食事摂取基準(2015年版)に向けて
[3] 糖尿病腎症の病期分類改訂と食事指導の在り方
[4] 医師が把握すべき食品交換表第7版への改訂ポイント

これらの各記事全文を,特に【最新の】糖尿病食事療法 と銘打った以上は,どこまで最新の
エビデンスを引用しているか,という観点から読んでみました.
論外だったのは[4] (著者は,やっぱりねの杏林大学:石田先生)で,『最新の』どころか,引用
文献は食品交換表第7版以外,一切ありませんでした.
また,[3]も引用文献 9報中,2012年のものが1件のみで,とても最新の進歩を解説したとは思
えません.
これらに対して,[2]は引用12報中,2010年以降の論文が7報と,特集の趣旨にかなった最新の
情報を提供しています. しかも内容をみても,『難しいコレステロール摂取基準の設定』,
『n-3PUFA」(=不飽和脂肪酸)摂取効果の現状』などでは,一方的に「コレステロール=悪」,
「不飽和脂肪酸=善」などと決めつけるのではなく,最新の医学情報を根拠にして,冷静にこれ
らのメリット/デメリットを評価しています.

921
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 22:16:32  ID:j9orTuo70.n(3)
最後に,タイトルを見てもっとも期待した[1]ですが,この記事も[4]と同様に,文献は一切引用し
ていません.しかし,米国糖尿病学会(ADA)が昨年発表した「成人糖尿病患者の食事療法に
関する声明(Position Statement on Nutrition Therapy)」(Diabetes Care Vol.36,3821-3842)に
は言及しています.これは,おそらく日本糖尿病学会の幹部としては初めてではないでしょうか.
ただし,その引用の仕方は下記の通りです.
" 一方,近年では米国糖尿病学会(ADA)のように,糖尿病の状態によっては必要な栄養素には
違いがあり,特定の比率を決めることはできないとして,数値を示さないガイドラインも見られる"(p.17)
" 米国糖尿病学会は,2013年10月,食事療法に関する新たなstatementを発表した. 従来の「低脂質,
地中海食とともに低炭水化物食は体重減少に短期的には有効」との記述は廃し[※],個々人の食
パターンは維持しながら,総エネルギー摂取量の適正化を優先するとしている"(p.18)
私だけかもしれませんが,後者の文章のこの表現では,ADAの原文を読まずに,これだけを読んだ人は,
『なんだ,やはり米国でも日本糖尿病学会の言う通り,カロリー制限食を推奨したのだな』と思ってしまうの
ではないでしょうか? しかもこの記事の最後は,下記で締めくくられています.
"生活習慣病の食事療法を論ずるに際して,よって立つべき視点は,日本人がこれまで培ってきた伝統的な
食文化である"(p.18)
いよいよ高糖質・カロリー制限食が形勢不利になってきたので,最後は『食文化の違いはどうにもならないの
だ』と,論点をすり替える伏線を張り始めたかな?と思いました.
[※] したがって,今月号の『月刊糖尿病』で,『低炭水化物食は2年までという制限がある』とした記事は間違
いであることは,ここでも示されています.
2014/09/07(Sun) 19:30 | URL | しらねのぞるば | 【編集】
コメント1件

922
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 22:24:31  ID:llVtfqSW0.n
「低糖質食vs 低脂質食」RCT研究論文、低糖質食に軍配
2014年09月07日 (日)

論文全文読んでね。

Link to full study - http://filecloud.io/eiu7n6gh

↑ 数字入れる

または

https://drive.google.com/file/d/0B-PNpZO95GCUNzNaWUlMZ3hBS1U/edit?usp....
コメント1件

923
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 22:36:16  ID:/quXw57U0.n
>921
>『なんだ,やはり米国でも日本糖尿病学会の言う通り,カロリー制限食を推奨したのだな』と思ってしまうのではないでしょうか?
そんな平和ボケなことを言ってる場合ではない

There is no cure for diabetes, but it can be managed.
Balancing the food you eat with exercise and medicine (if prescribed) will help you control your weight and can keep your blood glucosethe main sugar found in the blood and the body's main source of energy.
Also called blood sugar.X in the healthy range.

This can help prevent or delay complicationsharmful effects of diabetes such as damage to the eyes, heart, blood vessels, nervous system, teeth and gums, feet and skin, or kidneys.
Studies show that keeping blood glucose, blood pressure and low-density lipoprotein cholesterol levels close to normal can help prevent or delay these problems.X.
Many people with diabetes live long and healthful lives.

糖質制限の経典を全否定
人類700万年健康食大ピーンチ!
ADAが本気で江部式潰しに乗り出した

924
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/07 22:38:07  ID:q7zSOfzJ0.n
ADA : 江部? なにそれ知らね
コメント1件

925
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 23:19:45  ID:7gXNCVQN0.n
>924
ADA 江部(康二

米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に
変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 
また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどす
べてが吸収されます。これらはカロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。

926
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/07 23:34:00  ID:RLvZV+bU0.n
郡山 新井医師

この症例 昨年の私の処方は、
1 ゼチーア錠10mg 0.500 錠
クレストール錠2.5mg 0.500 錠
分1、朝食後服用 1 x 30 日分
2 シルニジピン錠5mg「サワイ」 1 錠
アジルバ錠20mg 1 錠
分1、朝食後服用 1 x 30 日分

その後来院されず、2014.7.14に来院 165/111 75/min 59.60
今年の私の処方は、
1 ゼチーア錠10mg 1.000 錠
リピディル錠53.3mg 1 錠
分1、朝食後服用 1 x 30 日分
2 アジルバ錠20mg 1 錠
分1、朝食後服用 1 x 30 日分

2014.9.6 112/67 64/min 59.00 本日から、アジルバ錠20mg----10mgに

『高血圧治療は、動脈硬化を治療すべし。
 動脈硬化の元凶は中性脂肪かもしれませんね。(低HDL)』

高血圧治療のガイドラインに名を連ねる薬はあまり役に立たないのかもね?

927
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 09:00:49  ID:5uFNur9S0.n(6)
>899
おかしいんだよね。
カロリー信者の人って。
んじゃ、例えば>778>897
もう、これらを見るだけで、脂肪蓄積が単純にカロリー収支ではないことがわかるわけじゃん?
あるいは、ガリな人ってカロリー収支と関係なくガリだったりするよね。
例えばガリの二型の人とかその予備群。
コメント3件

928
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 10:34:07  ID:aojA7k3HO.n(3)
>927
カロリーを理解してないから、カロリーを否定する。
いわゆるトンでもさんだな。

929
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/08 10:46:06  ID:b2XVR/bN0.n(4)
>927
> あるいは、ガリな人ってカロリー収支と関係なくガリだったりするよね。


アホウスwww
ついに、教祖を超えたw

930
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 11:13:35  ID:w16fnVBh0.n(2)
確かに糖尿病ガリは治療しないとガリのままだが

931
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 11:17:39  ID:ue2USAQv0.n
カロリー信者www
やっぱあのにますってアレな人ね。教団の関係者で破門されたって本当か。
コメント1件

932
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 11:32:06  ID:5uFNur9S0.n(6)
んー、じゃあ、みんなカロリーの足し算引き算がすべてだと本当に思ってる?
コメント1件

933
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 11:32:48  ID:5uFNur9S0.n(6)
>931
どうしてそういう話になるのか脈絡がまったくわからん。

934
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 11:36:19  ID:5uFNur9S0.n(6)
もう一度書くけど
>778とか>897とか、カロリー収支だけで説明できないわけだけど。

935
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 12:05:52  ID:w16fnVBh0.n(2)
>787>894>897
そこに出てくる「高脂肪食」は、「高・飽和脂肪食」でもある
(例えば、P20 : C20 : F60、飽和37 : 一価48 : 多価15。 飽和はほぼラード)

>787が必ずしもヒトで正しいとは限らないが、ここで紹介された失敗例にはチーズ偏食がけっこういた
たぶんデブに特に良くないのは飽和脂肪酸
同カロリーでも飽和脂肪酸は代謝が下がって(脂肪分解が低下して)痩せにくくなると思われ

デブはアドレナリンが効きにくい
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8200997

下手すると遺伝
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18249203

カテコールアミン抵抗性は部位によって違う
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10193856
コメント1件

936
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/08 12:35:51  ID:b2XVR/bN0.n(4)
>932
世界中が、そう思ってる、教祖も含めて

捏造君以外は…
コメント1件

937
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 12:39:51  ID:5uFNur9S0.n(6)
>936
>935の人は
>同カロリーでも飽和脂肪酸は代謝が下がって(脂肪分解が低下して)痩せにくくなると思われ
と思っているようですが。
コメント1件

938
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/08 12:48:25  ID:b2XVR/bN0.n(4)
>937
> >同カロリーでも飽和脂肪酸は代謝が下がって

出て行くカロリーが減るってからって意見なんでしょ
コメント1件

939
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/08 12:59:09  ID:5uFNur9S0.n(6)
>938
摂取したカロリーの種類によって代謝が変わるということですよね、それすなわち。

940
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/08 13:04:47  ID:b2XVR/bN0.n(4)
だから何?
肉喰った時とゼリー喰った時、同様にできない
リゲイン飲めば24時間戦える、米食えば戦えてもコンニャクでは戦えない

つーか、捏造君と議論すると、本質からズレて行って限りが無いから、おもいやりで終わり
コメント1件

941
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 13:36:31  ID:aojA7k3HO.n(3)
やっぱりカロリーを理解してない。糖質制限本以外の本もよめ。

942
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 13:51:40  ID:aojA7k3HO.n(3)
>摂取したカロリーの種類によって

カロリーに種類があると思ってる。こういう人にカロリーを理解してもらうには、どう言えばいいんだろうか。
コメント1件

943
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 15:22:58  ID:7aOxtFsJ0.n
肉は太らないと言うけど、
人の肉の消化効率は通常何%なんだろうね
それを超えた蛋白質と資質は何処に行くんだろうね
コメント1件

944
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 15:48:49  ID:LmE4Plrb0.n
捏造ぐらいの馬鹿ともなると
口から火でも吹いて熱量を放出するんだろ。

945
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 15:53:00  ID:Axc1NYTr0.n
肉は太る

946
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 16:08:49  ID:fM9WPEA20.n
>943
http://ja.wikipedia.org/wiki/呼吸商

>タンパク質は体内で完全に燃焼しないので計算は簡単ではないが

素人には理解するのは難しいモヨリ

947
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 16:48:39  ID:Q8Aeyn2r0.n
NYタイムズも
正常人対象で低脂肪ダイエットよりも減量効果に優れHDL、LDLも改善
http://www.nytimes.com/2014/09/02/health/low-carb-vs-low-fat-diet.ht...
コメント1件

948
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 17:35:09  ID:5zBSgqJV0.n
>947
実際に食べている内容
論文で見たほうがよい。

論文は

>922

カロリー少ない。
糖質多い。

体重は最初減るが、その後不変または増加傾向。

949
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 18:32:55  ID:Ly1MCWhY0.n
>919
Re: 血糖値以外の数値が…
a.m さん

スリムな体型なら、インスリン抵抗性は、そんなにないと思います。
「インシュリン抵抗性から高尿酸血症を発症し、高血圧を招く」

このようなケースは肥満の人です。
肥満でインシュリン抵抗性が増強し、高尿酸血症、高血圧を発症したなら、
糖質制限食で肥満解消すれば、血圧も改善します。
やせ型の高血圧は、遺伝がかなり関与します。
年齢と共に血圧が上昇してきます。
父上か母上が高血圧ではないでしょうか。

尿酸も遺伝的体質がかなり関与します。
2014/09/08(Mon) 17:38 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント2件

950
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 19:09:52  ID:nd4/p4gl0.n
>949
>スリムな体型なら、インスリン抵抗性は、そんなにないと思います。

「そんなには」 「思います」

自信なさげ
本当に分かってないのか、分かっててすっとぼけてるのか

あとこれ知らないのかな。知らないんだろうな

http://meddic.jp/%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B...
>URAT1は近位尿細管管腔側の膜上に発現している。
>乳酸、ニコチン酸、アセト酢酸、ヒドロキシ酪酸、などの有機酸が近位尿細管上皮細胞内に蓄積すると、尿細管腔から尿酸を取り入れて有機酸を排泄する。
>これが有機酸血症のときに高尿酸血症をきたす原因である。 
>飢餓(ケトン体増加)、von Gierke病(乳酸増加)のときに高尿酸血症をきたすのはこのため。

>飢餓(ケトン体増加)のときに高尿酸血症をきたす

それと
http://www.tufu.or.jp/gout/gout4/447.html
>プリン体を多く含む食品は、 レバー類(210〜320mg/100g)、白子(300mg/100g)、
>一部の魚介類 エビ、イワシ、カツオ(210〜270mg/100g)が挙げられます。

魚は健康に良いだけじゃねーですよっていう

951
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 21:26:38  ID:Dkum+zTJ0.n(2)
糖質制限中に糖質を取ることについて
以前糖質制限を始めて冷えが酷いとご相談させていただいたまおです。

その後糖質制限をストイックにやりすぎてストレスとなってしまい現在1食30グラムを目安にして、たまに
糖質開放日を作りつつ緩く続けています。体調も問題なくおいしく楽しくの状態です。(でした。)
ところが先日フレンチのコースをいただいた際(この日は糖質開放日なのでパンもデザートもいただきまし
て)、食事が終わった頃から急に発汗とふらつきが・・・。
よくわからないまま帰宅し小一時間ほど横になったらすっかり回復。
始めはお酒が回ってしまったのかと思ったのですが、この回復の仕方はお酒じゃないよね、と連れと疑問」
だけが残りました。
でも、そういえばその少し前にも同じ状況があったことを思い出し(発汗→休憩→回復)そのときも謎だねー
なんて話ていたのですが、その日お寿司を食べていたのです。
ということで糖質が原因かもと思いこちらのブログを探してみると食後低血糖なのかと。
こんな症状になったことは今までなかったので思いつきもしませんでした。
糖質制限中の人がたまに糖質を取ると、頭痛や動悸を感じる方がいるというのは拝見しましたが、糖質制限
中でもたまにフレンチも食べればお寿司をいただくこともあり問題を感じたことはなかったのです。
糖質がだめだとわかったならやめればいいということなのでしょうが、この体質の変化は普通のことなのでし
ょうか。
たまにはご褒美に糖質を取りつつ、緩い糖質制限を続けていたいと考えている私としてはこの変化がどういう
ことなのか気になってしまいます。
何か私の体質に変化が起きつつあるということなのでしょうか。
もし参考になるようなケースがあればお教えいただければ幸いです。
2014/09/08(Mon) 20:19 | URL | まお | 【編集】
コメント1件

952
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/08 21:28:11  ID:Dkum+zTJ0.n(2)
糖質制限療法にて体質改善
古希を迎え遅ればせながら江部康二先生の糖質制限療法を徹底的に実行しています。

今週で17週目ですが、体重変化は75.5Kgから74.5Kgに減量し、血液検査の数値は、中性脂肪と悪玉コレステロール値
が200と留まるほかは、血圧は150/92から116/78と大幅な改善をみて、主治医もびっくりしています。
先生の最新著では、ガンを含む生活習慣病の防御に効力ありとのことで、糖質制限療法の将来を楽しみにしています。
週末の日経新聞にて「糖質制限療法は、BMI25以上、半年以上の継続は危険」との警鐘があり、やはり医薬既得権益サイド
はしぶといと痛感し、真実の底難さを確信しています。
生来の天の邪鬼を自認する私ですが、近代栄養学の危うさを知るにつけ、江部康二先生の医学での検証と並び、物理学の
熱エネルギー値であるカロリー量と生体のエネルギー摂取を無理矢理に接合した非常識のまかり通る現実に呆れています。
比叡山延暦寺の荒行、千日回峰行は七年の間、冬季以外の百日および二百日を平均40Kmを巡拝しますが、行者の食事は
僅かにて、たぶん毎日200Calではないかと思われます。
かかる食事制限でも走れるとは驚きですが、私自身が糖質制限療法をしつつ、腹三分でも十分に活動できる現実を知り、行者
の驚異的なエネルギー摂取を確認しています。
お暇の折に触れて、応答いただければ幸いです。
2014/09/08(Mon) 20:39 | URL | 浜千鳥 | 【編集】
コメント1件

953
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 08:17:28  ID:Tl82TGPo0.n
「糖質制限とコレステロール」についてのメールです。
 私の場合、175cmで糖質制限開始時82kgが半年ほどで68kg。3年程度経過した現在は70kg弱で
推移させてしまっております。腹囲も100cm前後から80cm前後へと減少しておりおます。
 しかし、今朝の記事の方同様、下っ腹や脇っ腹に、肘掛けのような(笑)贅肉が残っております。こ
れを減らすにはやはり運動なのかなと思う次第ですが、どうも持続的運動が苦手で・・・。
 通勤程度の徒歩では変わらないみたいです。ピンポイントで腹回りの脂身だけ減らすというのには
もともと無理があるようですね。長期にわたる運動が必要なんでしょうか。

 また、総コレはいつも200前後と基準値の上限ギリです。LDLは通常は100を切るくらいですが、一
過性に160前後に上がる事もありました。まあ、コレステロールも必要なホルモンだもんな・・・程度で
受け流してますが(笑)(そんなんで、いいんだろうか?ともおもいつつ・・)
 尿酸値はいつも9.0前後、中性脂肪はいつも150〜200を推移しておりました。

 そこで、もう2〜3ヶ月くらいになりますが、ガラにも無く「休肝日」というのを作ってみました。それま
では365日フルで飲酒日です。すると月々の測定で近々の3回は
    ●尿酸値  8.6 → 7.2 6.8
    ●中性脂肪 146 → 45 → 66
 といった感じです。
 ああ、やはりアルコールだな・・・と勝手に理解して、楽しいアルコールライフを送っております。

 担当医さんから頂いてこられたリーフレットですが、鼻で笑ってしまいそうですね(いや、失礼) 夏井
先生や江部先生の書籍を拝読した方が、よほどタメになります。
 糖質セイゲニストであると同時にズボラダイエッターですので、腹回りの脂身に関してはもっと長期
的に観察を続けたいと思います。

 (PS)
 70kgを越えたのが13年前、Max 88kgで折り返して、70kgを切ったのが2年前。腹回りは気になれど
も、11年間で18kg増減してきたわけですから、たかだか3年の結果は途中経過くらいに捉えて、気楽
にやってます。
 ただ、飲酒による記憶のあやふやさが増えてきて、カミさんに小言を言われることが多くなりました。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0909-06:00-5)
コメント1件

954
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 08:22:45  ID:CrWp1HmS0.n
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

955
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 09:35:40  ID:3D/ATBZR0.n(5)
>952
腹三分て、一日一食レベルw
ケトン出まくりの食欲低下で 70のじいさん寝たきりの危機w

>953
>2年前

こういうふうに脂肪の分解が止まるのが、カテコラミン抵抗性なんだろうな

>長期にわたる運動が必要なんでしょうか

チンタラ長く運動しても、ストレスから糖質コルチコイドで筋肉が分解して余計にダメな希ガス
エピネフリン出ないだろうし

956
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 10:05:01  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
>940
だから何はこっちのセリフだな。
実にその場しのぎ的発言。
ゼリーと肉でカロリーが一緒なの?
コンニャクとコメでカロリーがいっしょ?

>942
カロリーに種類があるってのは中身の話だよ。
要はタンパク質なのか脂質なのか糖質なのか。
脂質でもその中身によって代謝下げるんだろ?。
つまり中身によって代謝が変わるんだろ?って話。

957
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 10:07:35  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
そもそも同カロリーでも
糖質はほとんどエネルギーになる。
脂質とタンパク質は体を構成する要素にもなる。
この時点で脂肪の蓄積をカロリーベースでのみ考えるのはおかしいとわかると思うが。
コメント1件

958
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 10:35:35  ID:3D/ATBZR0.n(5)
>957
>糖質はほとんどエネルギーになる

アミノ酸の合成もするよ(1割)
他にも色々あると思う

959
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/09 11:03:29  ID:oA5DiYx40.n
捏造君、さっそく本質からズレてきたから、議論しない方が良いよ、限りが無い

★体重の増減は、カロリー収支で決まる

まあ、水大量に飲んだ直後はドウダ?
とか言い出しそうだが、そんなこと言ってたら、何一つ無理
コメント1件

960
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 11:53:49  ID:3D/ATBZR0.n(5)
議論するような内容でもないんですけどね

http://hobab.fc2web.com/sub4-glycosaminoglucan.htm

>糖鎖を構成する単糖は、グルコース(Glc)から合成される誘導体である。

http://hobab.fc2web.com/sub4-Glycolipid.htm

>グルコース、ガラクトース、マンノース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、フコース、キシロース、シアル酸などの糖は、複雑に連なって、糖鎖を形成する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ペントースリン酸経路

>解糖系のグルコース-6-リン酸から出発して、NADPHや、デオキシリボース、リボースといった核酸の生合成に不可欠な糖を含む各種ヘキソースの産生に関与する。
>肝臓、脂肪組織、精巣、副腎皮質、授乳期の乳腺においてペントースリン酸経路の活性は高い。

961
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 12:04:32  ID:3D/ATBZR0.n(5)
田頭センセ、やっぱりダメ

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-414.html
>その後も当直の度に丸一日食事を抜くという事を不定期で行っていますが,
>自宅という環境においてどうしても食欲を掻き立てられてしまう自分がいます.

>その為,スーパーで食糧を買い込んでしまい,家に帰ってたくさんの量を食べてしまうのです.
>すると,せっかく24時間断食で減った体重も,一夜にして元に戻ってしまうという一進一退状態が続いてしまっています.

断食→MEC食いまくる→下痢気味

>そのように24時間断食したあとにたくさん食べてしまった時,私の場合,その後頻回に便意を催すようになります.

>「消化管よ,自分のために頑張ってくれて有難う」という自然に有難いと思う気持ちが沸き起こるというものです.

アホか

>物事の悪い面ばかりをみるのではなく,できるだけ良い面を見るようにして,
>今後の人生も楽しくスイスイと生きていきたいものですね.

デブの良い面て何
やっぱダメだ

962
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 12:08:54  ID:3D/ATBZR0.n(5)
デブのたわごと

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-410.html
>私は御高齢の方を診る機会が多いです。
>その中で小太りで膝腰が痛いという人の割合は結構多いです。

>やせた方が腰にもいいですよ、という話の中で、
>食生活について尋ねると十中八九「野菜と魚をしっかり食べるようにしています」と答えます。

>決して米の事に意識が行く事はありません。そこに意識を向けるように仕向けても、
>まさか自分達がごはんを食べ過ぎているとは思っていないから、私との会話が噛み合う事はありません。

糞デブに「痩せた方がいいですよ。米は良くないですよ」とアドバイスされて、素直に聞くやつなんかいるかよw

963
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 12:22:27  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
>959
ゼリーとか意味不明なこといってる君が言うな。ばーか。

964
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 12:31:41  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
摂取量<消費量、つまりアンダーカロリーなら痩せる。
摂取量=消費量、つまり現状維持。
摂取量>消費量、つまりオーバーカロリーなら太る。

これが議論の前提として、
そりゃ、摂取するカロリーが同じ場合でも
その摂取した内容によって消費量(代謝)が増える、あるいは減る、
ということも消費量側に含めるならその通りだがそんなの詭弁だろ?
通常、この場合の消費量は身体活動と考えるべきだろ?

例えば、同じカロリーでもケトン食なら脂肪分解が亢進するから痩せるという現象を
消費量が増えることでアンダーカロリーになってるから痩せるのだ
と言うならまあ、その通りですねって話ですが。

コメとコンニャクの話してるバカは何が言いたいのかさっぱりわからないが。
コメント2件

965
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 12:36:05  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
>964
>通常、この場合の消費量は身体活動
あー、突っ込まれる前にいっとくわ。
基礎代謝も含むよ。

966
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 14:34:15  ID:a2unl/9L0.n
チートデイは健康体でしかも糖質制限してない人の特権
糖質制限やるなら生涯続ける覚悟でどぞー

967
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 14:50:12  ID:cJk4v/l60.n(2)
不妊治療後の内服続行について
先生おはようございます。
いつもブログを拝見させていただいております。
私は不妊治療中ですが、卵子の質向上の目的でジャヌビアを内服しております。
昨年、食後高血糖と診断されました。
父が況薪尿病です。

私の75gGTTのデータですが
2013.1(内服前:体重56キロ)身長159センチ
血糖:空腹時75 30分154 60分207 120分203
インスリン: 3.1  19.1   25.2   30.7
A1C(JDS)4.9

2014.3(内服1年経過後:体重52キロ)
血糖:空腹時88 30分154 60分185 120分146
インスリン2.8    3.1   36.9   51.6
A1C4.8
1.5アンヒドロDグルシートル10.7

食事は1日1回玄米を食べていますし、間食もしますが、1日の糖質量130gを目標にしています。
糖質制限はゆるいです。
コメント1件

968
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 14:51:05  ID:cJk4v/l60.n(2)
ご質問なのですが
.献礇魅咼△麓N鼎終われば処方はされませんが、このまま飲み続けたほうが私の場合、糖尿病を発症せずいけるのでしょうか。

△泙燭蓮△海里罎襪い覆蠅砲眇事制限のみで内服は必要ないでしょうか。

または、グルコバイを炭水化物を摂るときだけ飲み、ジャヌビアは継続で構わないでしょうか。

もう一点、このゆるい糖質制限でも1.5アンヒドロDグルシトールは低値を示すものでしょうか。

糖尿専門の有名な地元愛知の先生に受診したところ、糖質制限を否定され、ジャヌビアの服用により卵子の質が向上するという話
にも首をかしげてみえました。
(実際かなり受精卵の質はよくなりました。)

最近抗糖化が不妊の領域でも取り上げられ、糖質制限も勧める病院もあります。
是非ご教示頂けましたら幸いです。
2014/09/09(Tue) 10:08 | URL | 涼子 | 【編集】

969
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 19:05:16  ID:MBC2fYcG0.n
摂取量とは口から食べた量だよね(鼻から飲んでもいいけどw)
摂取したからといって100%体内に吸収されるとは限らないよね
栄養素によって吸収率は異なるはずだから単に摂取量だけではなく
摂取量 × 吸収率で体内に吸収された量で考える必要があるはず

970
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 20:08:42  ID:QYxBZn/M0.n
何言ってんだこいつ

971
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 20:33:30  ID:YuDlpA/g0.n(3)
>964
消費の仕方によっても代謝は変わる
単純に大小で比較はできない
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=45579&-lay=lay&-Find
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&;-Format=detail.htm&kibanID=44918&-lay=lay&-Find

>967-968
>食事は1日1回玄米を食べていますし、間食もしますが、1日の糖質量130gを目標にしています。
>糖質制限はゆるいです。

糖質の制限はゆるいつもりで、蛋白質と脂質が無制限なのか?
インスリン抵抗性高すぎる
コメント1件

972
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/09 20:48:20  ID:O9+ZSlHG0.n(6)
>971
そんなの最初に単純化して語った>899に言ってくれよ。。。
コメント1件

973
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 21:09:18  ID:YuDlpA/g0.n(3)
>778>879は、ALK7のリガンドであるアクチビンB/GDF-3の発現条件が今ひとつよくわからなかった
高脂肪食なのか、それによる脂肪の蓄積、インスリン抵抗性なのか

別のを見ると、インスリンで促進、糖質コルチコイドで抑制とあるからAMPK/mTORC1のような
http://jme.endocrinology-journals.org/content/43/4/171
>In differentiated 3T3-L1 adipocytes, where receptors to activin have been previously reported,
> insulin increases the expression of INHBB, while dexamethasone decreases the expression of INHBB when compared with untreated control cells.

とすれば「高脂肪食が」ではなく、mTORC1の活性化につながれば何でもいいのかもしれない
運動不足、炭水化物過剰、アミノ酸過剰、インスリン抵抗性によるインスリン過剰、あるいはそれら全て

974
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 22:05:13  ID:YuDlpA/g0.n(3)
>972
短期的には、摂取量よりも消費量が多ければ痩せるには違いない
ただ、消費をやめた瞬間にリバウンドするのでは意味がない

蓄積しやすい脂肪の方が(ミトコンドリア等にも影響して)痩せにくくなるだろう
短時間でも高強度運動の方が(褐色脂肪や筋肉が増えて)痩せやすくなるだろう
(そして短時間の方が続けやすい)
長期的に見れば、単純に<=>で比較はできない

こんなのも
http://keton.info/blog/?p=4168
>どんな種類のダイエットであれ、減量に取り組みさえすれば、ほとんどの人が体重減少に成功する。
>だが多くの場合、のちにまた体重が戻ってしまう。

>「減量そのものはそれほど難しくない」と彼は言う。
>彼のテーマのひとつは、減量に成功して、それを維持している個人についての研究だ。

975
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 23:26:27  ID:cZRtw7pJ0.n(2)
しこと申します。

先生、二点ほど教えてください。

私は、高脂血症、BMI28。
スーパー糖質制限をはじめ、1週間が経ちました

お陰様で、食後の眠気がなくなり、
3キロ減りました。

 MEC食は、高脂血症にはよくないでしょうか?

高脂血症の場合、
たまご・チーズでしたら、
1日の摂取量は、どのくらいが適量でしょうか?

∋匐(10歳)には、
MEC食は、どうでしょうか?

3食とも、主食を摂取(菓子類なし)
MEC食にしますと、感覚的ではありますが、よくないのかな〜と思うのですが、いかがでしょうか?

まだまだ勉強不足でございまして
申し訳ありませんが、
どうぞ宜しくお願い致します。
2014/09/09(Tue) 21:05 | URL | | 【編集】
コメント1件

976
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/09 23:45:00  ID:cZRtw7pJ0.n(2)
糖質制限食始めてもいいでしょうか?
初めまして。
主人が糖尿病と診断され、今薬を飲んで5日目です。
糖質制限食は、クレアチニンが高い人はいけませんとありますが、主人は、1.01です。
高いのでしょうか?
結果は赤色でBでした。
HbA1cは7.1です。D判定でした。LDLコレステロール135でB、総コレステロール210でBでした。血圧も高めです。
私としては、カロリーではなく糖質を減らすこの食事を実践してみたいのですが、このまま薬を飲んで、間食をしない方
法しかだめでしょうか?
私もやせていますが、血圧が高めですから、食事を塩分、糖質少なめを試してみたいのですが、ご指導お願いします。
2014/09/09(Tue) 17:05 | URL | おてんちゃん | 【編集】

977
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 08:48:37  ID:cNvJTzZB0.n
「糖質制限を普及させるための裏ワザ?」というメールです。
 医師です。
 江部先生のブログ(8月26日)で、
「2013年11月に11年ぶりに改訂された<糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版>
(編著:日本糖尿病学会、発行所:文光堂)では、7ページに
◆ 血糖値に影響を及ぼす栄養素は主に炭水化物ですが、脂質とたんぱく質も
影響を及ぼします。
◆ 脂質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります。1回の食事で
とりすぎないようにしましょう。
 何の根拠もあげずに、上記の記載があります。
 米国糖尿病学会は、2004年以降は、患者教育用テキストブックにおいて、「摂取後血糖
に変わるのは糖質のみで、蛋白質・脂質はは血糖に変わらない。」と明言していますので、
日本糖尿病学会は、米国糖尿病学会に真っ向から喧嘩を売っているようなものですね。」
 という記事を読んでびっくりした次第です。なんとまぁいい加減な大嘘を…!! それで、本
日管理栄養士を陥れる(?)罠を決行してみました。
1.まず、あまり忙しくしていない管理栄養士を捕まえて、「ネットで読んだのだが、糖尿病
食事療法のための食品交換表 第7版に大嘘が書いてあるそうだが、見せてほしい」と頼
みます。

2.初めからぱらぱらページをめくり、「こんな短時間では探せないな」、と本を返し、「『脂
質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります』と書いてあると聞いたのだが、
脂質では血糖値は全く上がらない。いい加減なことを言うなと言いたい。書いてある場所を
見つけたら教えてほしい」と頼みます。

3.物陰からそっと様子を伺い、罠にかかったか確かめる。
 当院ではこの本を使って毎週糖尿病教室を開いており、誠実な管理栄養士であれば
にかかると踏んでいるのですが、いかがなものでしょう?
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0910-06:00-7)
コメント2件

978
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 09:31:18  ID:5J1TbBS/0.n(2)
>977
>◆ 脂質は食後しばらくたってから血糖値が上がる原因となります。1回の食事で
>とりすぎないようにしましょう。

Fat leaves your stomach more slowly and may delay
the blood glucose rise after a meal up to 10 hours when
eaten in large amounts.
コメント1件

979
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 09:33:49  ID:5J1TbBS/0.n(2)
>977
> 米国糖尿病学会は、2004年以降は、患者教育用テキストブックにおいて、「摂取後血糖
>に変わるのは糖質のみで、蛋白質・脂質はは血糖に変わらない。」と明言していますので、

この英語の文章出してください。江部さん。

980
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 09:53:28  ID:kswOMpDCJ
ここに書いてもしょうがない
ブログにコメすればいい

981
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 10:07:26  ID:2PcssSJY0.n(2)
>949
Re: ご回答ありがとうございました。血糖値以外の数値が…
江部先生
早々にご回答くださりありがとうございます。
高血圧も尿酸もそして糖尿病も遺伝かもしれません。他界した母も痩せていましたが、コレステロールが高いだけで、
メバロチンで正常数値を保てていました。しかし、その母(祖母)は糖尿病で目や心臓を患いました。尿酸値は当時あ
まり測定しなかったので高かったのかどうかよくわからずじまいです。祖母はポッチャリ体型でいかにも糖尿病や高血
圧という感じでした。性格はおおらかで、心配性の私とは対照的でした。悪いところだけ受け継いだようですね。
4、5ヵ月前に人生最大のストレスが生じ、仕事はできているものの、ひずみが血圧に来たのかもしれません。糖質制
限食で糖尿病だけは免れたことを喜び、あとは3種のお薬を飲むしかありませんね。
2014/09/10(Wed) 00:43 | URL | a.m | 【編集】

982
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 10:10:29  ID:2PcssSJY0.n(2)
>975
Re: タイトルなし
よしこ さん

「MEC食」は、沖縄の渡辺信幸先生が提唱しておられます。

私ではなく、渡辺先生に質問されるのがよいと思います。
2014/09/10(Wed) 08:09 | URL | ドクター江部 | 【編集】

983
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/10 10:54:25  ID:vz/ywHDC0.n(3)
王城先生お勧めの、バギ読んでる、結構面白い
元祖のプンクラーだけ入手できず、他は全巻読破中
コメント1件

984
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/10 11:36:05  ID:vz/ywHDC0.n(3)
あらら
バギじゃなくバキだった、プンクラーじゃなくグラップラーだった

985
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 12:44:36  ID:zRh7E2wQ0.n(3)
>893
違う、脂肪栄養が運動や基礎代謝によるエネルギー消費量を越え、
さらに必要量の体脂肪も越えるような余剰な体脂肪になるには、

・糖質摂取時に大量に、タンパク質でもそれなりに分泌されるインスリンホルモン
・1日の糖質摂取量が多く常に貯蔵グリコーゲンがだぶついていて脂質代謝を阻害
・肝臓での脂肪再合成時も糖代謝による生成素材が必要

という条件が必要、
コメント3件

986
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 12:45:22  ID:zRh7E2wQ0.n(3)
http://www.kenkou-club.or.jp/kenko_tokusyu_sh0607.jsp 
>一般社団法人 日本健康倶楽部「未病」から始まる健康長寿
>国際医療福祉大学附属熱海病院内科教授 都島基夫
>第4回 メタボリックシンドロームと中性脂肪
> (中略)
>食事でとった中性脂肪は十二指腸から出る胆汁によって乳化され、
>膵液の消化酵素によって脂肪酸とグリセロールによって分解されて小腸から吸収されます。
>吸収された脂肪酸とグリセロールは小腸で中性脂肪に戻り、
>コレステロールやリン脂質とともにカイロミクロンというリポ蛋白となります。
>小腸で作られたカイロミクロンは胸管という
>太いリンパ管を経由して血液中に放出され、これが毛細血管の細胞の近くにある
>リポ蛋白リパーゼという中性脂肪を分解する酵素によって脂肪酸とグリセロールに分解されます。
>空腹時には分解された脂肪酸がエネルギーとして利用されます。
>食後にインスリンが分泌されるとブドウ糖がエネルギーとして使われるので、
>不要な脂肪酸は インスリンの作用により中性脂肪に再合成され脂肪細胞に蓄積されます。

>中性脂肪のもうひとつの合成経路は肝臓です。
>食事から取った ブドウ糖や砂糖は、肝臓でグリセロールの合成素材となり、
>血液中の脂肪酸をくっつけた中性脂肪に合成されます。
>肝臓で合成に使われる脂肪酸は、内臓脂肪が分解されたものが多く含まれるので、
>内臓脂肪蓄積型の悪性肥満では過食も伴う人が多いため、高脂血症になりやすいのです。

>このように中性脂肪は、
>摂りすぎて余った糖質を材料にして、肝臓で多く作られています。

987
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 12:49:21  ID:zRh7E2wQ0.n(3)
>904
脂肪食のみならインスリンも追加されず
脂質の代謝も亢進して蛋白、糖質より太りにくい栄養になる
現実には単独の構成の食事は難しいので
ローカーボ食は江部式であれ何であれ
それに準ずるような脂質で最もカロリーを稼ぐ構成になっている

988
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 13:18:32  ID:/Zj8cBwK0.n(2)
>978
>Fat leaves your stomach more slowly and may delay
the blood glucose rise after a meal up to 10 hours when
eaten in large amounts.

脂質は血糖値を上げると書いてるねw

教団の捏造を妄信する糖毒信者ww
コメント1件

989
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 13:37:21  ID:haYE28klO.n(4)
>985
そういうのを過剰という。
コメント1件

990
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 13:45:27  ID:/Zj8cBwK0.n(2)
>985
空想科学はもういいよ。
消費量を上回ったエネルギーがどこへ行くんだ?クズ

991
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/10 15:11:45  ID:vz/ywHDC0.n(3)
この宇宙で唯一、江部教団だけはエネルギー保存則を超越してるんだ

992
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 15:38:52  ID:sdrJYRpH0.n
再生可能エネルギーみたいだな
案外流行るかも

993
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 15:53:06  ID:p4ydIzDW0.n
>985
その「条件」という妄想はどこから出てきたんだw

994
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 16:29:12  ID:fQPl6mI20.n(2)
>988
そっちが捏造のデタラメなんじゃねえのw
どういう作用機序なんだよw
コメント1件

995
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 17:10:14  ID:haYE28klO.n(4)
吸収した脂肪を同化するのに、インシュリンが必要だから。
肝グリコーゲンが放出されて、インシュリンがでて、糖質抜きでも同化できる。
コメント1件

996
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 17:13:18  ID:TjBcA9n/0.n
>日本糖尿病学会さん、何の根拠もあげずに
>ADAの見解とは全く異なるこのような記載を載せられてますが、米国糖尿病学会に、真っ向から喧嘩を売っておられるのでしょうか?

教団の教義が正しい。
教団はADAに、間違いを指摘すべき。
コメント1件

997
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 17:29:04  ID:fQPl6mI20.n(2)
>995
基礎分泌ってやつで足りるだろw
だいたい基礎分泌がなんのために常にあると思ってんだよw
コメント1件

998
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 17:45:49  ID:+fx8GDHEO.n
>994
捏造を指摘されたら、今度はADAが捏造なのかよ、カスw

999
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 18:14:08  ID:haYE28klO.n(4)
>997
足りないからでるんじゃないか。なんで足りるとおもうんだ?

1000
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 20:01:16  ID:haYE28klO.n(4)
高脂肪だと、基礎分泌自体が高くなる。
コメント1件

1001
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/10 21:05:46  ID:ZntRS6alB
ついにMEC派の歯科医が切り込み隊長よろしく糖質制限批判開始か???
母屋を乗っ取ることができるのか???
まあいつかこうなるとは思っていましたよw
時系列まとめ班も忙しくなるね

1002
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/10 23:09:27  ID:SpMWnkZn0.n(2)
>983
まだ王城君を先生とか呼んでんの?
きみってほんもののばかだったの?

1003
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/10 23:11:03  ID:SpMWnkZn0.n(2)
>1000
お、それは初耳。機序を教えて。

1004
おもいやり ◆fHUDY9dFJs []   投稿日:2014/09/11 00:16:31  ID:XlyYyZF70.n
王城先生、まんせー

1005
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 08:14:30  ID:LVX5X5f10.n
糖質制限と半日断食についてご質問

過去のブログ記事へのコメント恐縮ですが、糖質制限と断食の関係について調べていたところこの
記事にたどり着いたので質問させてください。

私も江部先生はじめいろいろな方々の著書やブログ等を拝見し糖質制限を行っているのですが、数
ヶ月前に甲田先生の半日断食の書籍を手にとり感銘を受けたことがきっかけで半日断食も並行して
心がけるようになりました。ですので、江部先生と同じく、1日原則2食、糖質制限食となります。

そのうえでご質問があります。(ちなみに前提として私は糖尿病患者ではなく、ダイエットと健康を糖質
制限の第一義的な目的としています。)

1. 糖質制限の文脈では糖新生のために必要なたんぱく質や脂肪を十分に摂取するべきと言われてま
すが、1日2食ではそれだけの量を摂取できないと思います。実際、甲田先生自身やその患者さんも1日
の摂取エネルギー量が800?1000kcal程度だったと聞きました。これと糖質制限を並行していくと筋肉が
痩せ細る結果になるという認識であってますか?プロテインやサプリメントを利用するべきなのでしょうか?
2. 糖質制限では肉を食べることは推奨されてますが、半日断食では消化がよくなく避けるべきとされてい
ます。こちらについて江部先生の見解をうかがいたいです。内臓を休ませる夜間の直前の食事(夕食)だ
け肉を避ければ昼は大丈夫なのか、むしろ昼は回復食に相当するので胃に負担をかけるものは避けたほ
うがよいのか等、よく悩んでいます。(ちなみに現在は肉の代わりに魚中心の食事でたんぱく質を摂取する
ようにしています。)

もしよろしければご回答いただけますと幸甚です。
なお、先述した通り、病気の治療等ではなくダイエット・健康法として行っているところもありそこまで厳密
に節制しているわけではありません。そこはまさにこの記事で述べられている「美味しく楽しく糖質制限食」
を実践しているつもりです。(食事に誘われれば基本的に参加しますし、糖質制限や半日断食を理由に断
ることはほとんどないです。お酒も飲み過ぎない範囲ではそこまで我慢していないです。)
ですので、「医学的に厳密にはNGだけど、そこまで致命的ではない」等のご回答でも大変ありがたいです。

1006
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 08:16:13  ID:wlz3sZfj0.n
何がなんでも酒飲みたいのな
コメント1件

1007
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 08:22:27  ID:XTDh2LhH0.n
 「何を食べるかではなくいつ食べるかについてのメールです。
 「何を食べるかではなくいつ食べるか?」ですが、マウスはそもそも穀物摂取動物であり、それに高脂肪食を食
べさせる実験というのがそもそもおかしいと思うのですがいかがなものでしょうか?

 そういえば以前、認知症の研究会でとある先生が「アルツハイマーモデルマウスに高脂肪食を食べさせたところ
脳内アミロイド蓄積が2倍になった」という文献を紹介されたので,「そもそもマウスに高脂肪食を食べさせるのがお
かしいのでは?」と質問したところ「バックグラウンドまで調べていませんでした」とかわされてしまいました。
 おそらく「マウスに高脂肪食を食べさせる」ということに違和感を持っていなかったと思われました

http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0911-06:00-3

おわりに
 今回の研究により,“何を食べるか”だけではなく“いつ食べるか”も重要であることが明らかとなり,薬を用いること
なく肥満やそれに関連する病態を防ぐ方法の糸口をみつけることができた.ただし,これらの知見はマウスから得ら
れたものであり,ヒトでも類似した結果が得られるかどうかが今後の課題であろう.

1008
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/11 08:33:48  ID:0ExUdiEt0.n(3)
>1006
すごいバイアスのかかった見方だな。

1009
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 10:16:02  ID:8ALigvai0.n
範馬勇次郎の世界ではもやしは生きる価値がないからなw

1010
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 12:06:55  ID:FYXGVHkC0.n
糖質は体に悪い、脂肪はむしろ体に良いって宗教。
江部も捏造もその点は同じ。
コメント1件

1011
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 13:31:09  ID:VbvHVlhV0.n
「脂肪が体にいいなら痩せる必要ないだろ。」

王城先生:談

ww
コメント1件

1012
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 13:41:35  ID:Sbw5cDza0.n
人体に不可欠な栄養素である糖質が体に悪いなんて誰が言ってるの?

1013
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/11 14:33:40  ID:0ExUdiEt0.n(3)
>1011
相変わらずアホだな。
過剰にたまるのがよくないだけだ。

1014
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/11 14:38:53  ID:0ExUdiEt0.n(3)
>1010
糖質も過剰に摂ると体に悪い。
どのぐらいなら過剰かで議論が分かれてるだけ。

1015
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 16:07:21  ID:olmplAHV0.n
糖質は毒。少なければ少ないほど良い。
脂質とたんぱく質が人類本来の食事、だからこの2つは無制限に摂れってのが教祖の教えじゃないの?
コメント3件

1016
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 16:12:51  ID:c4FWsP5/0.n
炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
https://www.youtube.com/watch?v=a_UketV1ABs

1017
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 17:22:26  ID:unlqNzzSp
>1015
おい捏造すんなよw
無制限なんて話聞いたことねーぞww
それはどちらかといえばMECだろ
MECは超高たんぱく摂取

1018
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 18:50:18  ID:zj8bKC0N0.n
>1015
だよね

江部 「糖質制限すれば、1型糖尿病でもインスリンを減らすことができます」
 ↓
江部の病院、救急車を呼ぶ

1019
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 19:07:50  ID:sTxuLegY0.n(2)
Re: 宇都宮一典氏について
江部先生 こんにちは。

昨日本屋さんで見つけた「糖尿病 あなたに合った治療」(NHKムック)で、件の氏が相変わらずな持論を展開されてました。
以下がその一文です。
-------------------------------------------
『炭水化物制限食とは』

【炭水化物制限食は、昔、厳しい食事療法として行われていた】

近年、「炭水化物制限食(糖質制限食、低炭水化物食)」が話題になっています。
炭水化物を一切摂らない、あるいは摂取量を極端に少なくし、体重を減らして血糖値を下げるというものです。
実は、炭水化物制限食はかなり古くから行われている方法で、子どもでの発症が多かった「1型糖尿病」が主な対象となっていました。
甘い食べ物は一切食べられず、つらい思いをした子どもは少なくないといわれています。
1920年代初頭、インスリン注射が行われるようになると、炭水化物制限食をしなくてよくなりましたが、近年、健康な人のダイエット法としても、再び注目を浴びるようになったのです。

【体重が減少する点には、いくつかの疑問点がある】

今世紀になって発表された研究では、炭水化物制限食を行うことで、体重の減少が認められましたが、1年ほど経つと、元に戻ってしまうことが分かっています。※1
炭水化物を含む食品を制限し、脂質やたんぱく質が多い食品ばかり食べる生活が長く続けられず、多くの人がやめてしまうからです。
体重の減少効果についても、炭水化物を制限した効果というより、それによって総エネルギーが減るためで、何を食べても体重が減少するわけではないと考えられています。
また、炭水化物の代わりにたんぱく質を過剰に取ることで、糖尿病腎症を合併した人の腎機能がさらに低下したり、「狭心症」や「心筋梗塞」などを起こしやすくなることが分かっています。
脂質の摂取量を増やせば、動脈硬化が起きやすく、「脳梗塞」や心筋梗塞で命を落とす危険性も現れてきます。※2
こうしたリスクを考慮すると、バランスの良い食事で治療を続けることが有効と考えられます。
-------------------------------------------

1020
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/11 19:08:18  ID:sTxuLegY0.n(2)
反論のための反論であり、根拠の薄いデマレベルです。
何をどうすれば氏のような理解・解釈ができるのかと、呆れるばかりです。
体重を落として血糖値を下げる方法だとか、総エネルギーが減るから体重が減るだとか、脂質の摂取量を増やせば動脈硬化が起きやすいだとか。。。
なぜそこまでして糖質制限に反対するのか、唯一血糖値を上げるもの・太りやすいもの・動脈硬化の元の元を食べさせ続けようとするのか、
氏が危険だと言ってること以上に危険なことが起こるハイリスクな現在の投薬治療・食事療法を続けようとするのか、
ほんと理解に苦しみます。
2014/09/11(Thu) 11:49 | URL | 福助 | 【編集】
コメント1件

1021
病弱名無しさん[]   投稿日:2014/09/12 04:41:59  ID:bPJ+DB362

1022
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 07:24:50  ID:yiYD/YEO0.n(2)
【ランチ代、平均520円=消費増税が響く?】
 私の昼食は「198円の6Pチーズ2片」+「ベビーカルパス5個くらい」+「ミックスナッツ5個くらい」+
「トマトジュース」なので,[60+50+20+80=210円]と520円どころでないやすさです。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0912-06:00-4)

単に食べる量少ないから痩せるのでは?

この先、どうなるか?
コメント1件

1023
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 07:31:00  ID:yiYD/YEO0.n(2)
カロリーオフセットなるもの
江部先生
さきほどニュースでちょっと驚くものを見つけたのですこし紹介させてもらいます。
糖質制限している人にも助かる低糖質食品を作っているローソンですが、「カロリーオフセット」
というキャンペーンを始めたようです。
どんなものかというと、ローソン等でカロリーを抑えた健康的(と称される)な弁当や食品を購入
すると、それが途上国などへの援助になるというものです。
また、タイアップしたフィットネスなどで痩せると、一キロあたり100円の寄付がされるなど、「カ
ロリーを埋め合わせる(=オフセット)」という考えのもと、行われているようです。

カロリー信仰もいい加減にしろ!と思ってしまいますが、もっと驚くべきはカロリーの少ない健
康的な食品とされている対象商品の中身です。
http://prtimes.jp/i/8886/20/resize/d8886-20-762335-2.jpg

このお弁当は436kcalということですが、半分以上(!)が米で、おかずは糖質制限NGのかぼち
ゃ、蓮根、にんじん、玉ねぎの入ったあんかけ!
率直な感想としては、普通のお弁当と比べても美味しそうではないし、またこれが500円なのだ
から驚きです。

ヘルシーメニューを謳うものには糖質制限をしている人にとっても助かるものもありますが、い
かに健康の概念が違うのかということを思い知るニュースでした。。
米を減らすという程度の事をなぜ考えないか?とつくづく思います。
健康を信じてお弁当を食べて、糖尿病になる人が続出するのではと心配してしまいます!

記事とも関係なく申し訳ありませんが、ご報告までに。
2014/09/11(Thu) 19:29 | URL | mina | 【編集】

1024
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 09:27:41  ID:nF3FbeQf0.n
コンビニで飯を調達する層に何を求めているんだ

1025
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 09:50:39  ID:tSu6WnDC0.n
糖質制限に反するものはすべておかしい、糖質制限は宗教

1026
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 09:54:19  ID:U1lELHwV0.n
>1020
ハーバード「厳しい糖質制限はEPCが低下して動脈硬化が起きやすい」

福助「何言ってるかわからない。デマ言うな!」

江部「糖質制限するとインスリンガー」

福助「俺でもわかる!ブラボー!」

>1022
これがあの「焼き肉食べ放題を全力で食べても大丈夫」と豪語していたオッサンか
みっともないことになってきたな

1027
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 15:34:21  ID:Wdwvc+Fb0.n(3)
しかし平気で捏造をする人の心理は恐ろしいな
嘘は大きいほど、嘘は多いほどバレないと高を括ってるみたいだ

1028
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/12 15:34:54  ID:ZgqILrZD0.n(5)
>1015
カロリー守れって言ってなかったっけ?

1029
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 15:49:07  ID:Pn6S5YKA0.n
朝日心理

1030
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 15:53:10  ID:ak7qTyTu0.n
「STAP細胞はありまぁす」

1031
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/12 16:11:14  ID:ZgqILrZD0.n(5)
床引きバーベルデッドリフト100キロx6rep。
ようやく1rep換算体重2倍をクリア。
デッドリフトは怖いので正直重量を上げたくない。
腰も怖いけどそれより膝の関節がぽきぽきと鳴るのも怖い。

これ、関節にめちゃくちゃ負担かかってるんじゃねえの?
コメント1件

1032
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 16:28:31  ID:XeWn6N6W0.n(2)
カロリー神話崩壊というのは
番組をみていないので確実なことは言えないですが、
この企画をもって”カロリー神話崩壊”というのはどうかと思います。

まず、この企画の前に被験者の二人がどれぐらい日常カロリーを
摂っていたかわからないので、単純に肉1kgというだけで、糖質制限で
痩せたかどうかの評価は不可能です。

また、日常、高糖質食を行っていた状態から糖質制限をおこなうと、
初めの数日で数キロ体重が落ちることは当たり前です。グリコーゲンに結び付いた
水分が抜けるからです。
この現象は、場合によって減量にカーボカットをおこなうボディビルダーや
階級制の格闘家などは、だれもが経験していることです。
私も糖質制限歴7年ですので経験しています。今は卒業しましたが。
再度カーボ摂取始めればまた数キロいきなり増えます。

厳密な体組成の計測によって純粋に脂肪がどれだけ減少したかを証明してもらわないと、
これをもってカロリー神話崩壊を言うには無理があります。
コメント1件

1033
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 16:28:58  ID:XeWn6N6W0.n(2)
1週間で1kg脂肪を落とすとなると、9000kcalの負債です。1日あたり、
1300kcalの負債。高糖質食→糖質制限食に替えることで、余分に1日1300kcal
消費してくれるなら、世のボディビルダーや格闘家は減量に苦労しません。

被験者の二人は芸人です。150cmで70kgオーバーなのでかなりの肥満です。
営業の仕事も多いでしょうから立ち仕事で相当なカロリーを消費していると推察
できます。つまり肉1kgが被験者にとって多いのかどうか、一概には
言えないということです。

基礎代謝および日常活動で消費する熱量を厳密に見積もった上、糖質制限による
オーバーカロリー状態を最低2カ月は続けてから結論してくださいよ、という
話です。もちろん初期の水分減少をさっぴいた上で。

高タンパク食によってDITは増えます。ゆえに摂取カロリーが同一であれば、
減量に有利と言えますが、これ、そもそもカロリー計算の範疇と言えますので
これをもってもカロリー神話崩壊というのは無理があります。

よろしくお願いします。
2014/09/12(Fri) 14:08 | URL | めっつ | 【編集】

1034
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/12 16:35:49  ID:ZgqILrZD0.n(5)
>1031
>ようやく1rep換算体重2倍をクリア。
1RM換算の間違い。

バーベルベンチプレスは現在60x2rep。1RM換算64.5。
一応、こちらも徐々に伸びているようです。
ただ左肩に痛みがあって、左の肩から潰れる。
なんかダンベルフライのほうが胸に効いてる感じ。

もう、オレとしては「糖質制限してると筋肥大しない」なんてのは
間違いであると断言してもいいと思いますが。
肥大するスピードは遅いかもしれんけど、それは想定の範囲内です。

今度気が向いたらカーボを摂ったときと摂らないときとで
パフォーマンスが変わるか実験してみる。

1035
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 16:47:08  ID:Wdwvc+Fb0.n(3)
>1032-1033
予想回答
糖質制限食は人類本来の食事でありなんちゃら700万年ちんぷんかんぷん

江部康二

1036
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/12 16:52:35  ID:ZgqILrZD0.n(5)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3102.html
>1)の場合は、見かけ上はHbA1cは急速に改善したように見えても、
>その実態は、
>「低血糖」と「平均血糖変動幅増大」という最大の酸化ストレスリスクをともなう
>『質の悪いHbA1c』だったのです。
>従って、網膜症悪化や眼底出血を生じた可能性が高いのです。

違うと思う。
これに関しては
「インスリンの作用で網膜の血管新生が亢進するから」
というかくちゃん説のほうが説得力がある気がする

新井先生も糖尿病合併症はインスリンによる薬害説だから同意見か?

1037
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 18:42:54  ID:iKY/xYoL0.n
>1032
Re:カロリー神話崩壊というのは
彼らの身長は151cmです。標準体重に対して必要とされる摂取エネルギーは、立ち仕事の営業職で1,500〜1,800kcal、
1日2時間以上の力仕事を伴う肉体労働者でも2,000〜2,300kcalです。
なのに彼らは、ハラミで3,420kcal、カルビで5,180kcalを毎日食べ続けました。
この摂取カロリーで太らなかったどころか減少した訳で、これまでのカロリー神話は完全に崩壊したと言って過言では
ありません。
2014/09/12(Fri) 17:50 | URL | 福助 | 【編集】
Re: Re:カロリー神話崩壊というのは
福助 さん

コメント、ありがとうございます。
2014/09/12(Fri) 18:40 | URL | ドクター江部 | 【編集】

夏井さんの食事はどう説明するの?

1038
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 18:46:45  ID:RSzrv1tk0.n
 「痛風と糖質制限」についてのメールです。
 スタンダードとスーパーの間くらいの糖質制限を続けている内科医ですが、最近の痛風などのコメントに思うところがあり、
メールをさせていただきました。

 私自身、今年の健診で尿酸値の上昇(6.1→7.8)を指摘されました。糖質制限前は正常範囲でしたので、糖質制限による
影響があると考えています。
 しかし、以前にもメールしましたが、糖質制限をした状態で、尿酸値やコレステロールなどの数値は、どの程度が正常な
のか、というデータは存在しません。現在正常範囲と言われているものは、「糖質を多量に摂っている中で健康に思える人」
を集めてきてデータをとり、その標準偏差に入ったものといった感じで決められていると思います(かなりアバウトな表現です
が)。
 つまり、糖質制限をした状態での「健康と思われるデータ」というのは存在しません(そもそも『健康である状態』をどう定義
するかも問題がありますが)。

 このため、尿酸値が上がったことが問題なのか、それとも良いことなのかは、10年や20年といった時間が経過してみないと、
判断できないと思います。
 なので、私自身は尿酸値の上昇に関しては、人体実験のつもりで経過をみようと思っています。

 母集団の違うデータを基に、現在の状態を判断するのはかなり難しいので、現時点で結論を得ようとすると間違いの原因に
なるように思います。
 この先生が指摘なさっているように,これまでの「正常値」とは「大量の糖質摂取状態での正常と思われる値」であり,それが
糖質セイゲニストに当てはまるかどうかはわかりません。だから,世界に先駆けて糖質制限ライフを楽しんでいる人間のデー
タを集積し,そこから「次世代の正常値」を見つけていく作業が必要と思われます。正常値,異常値の概念自体が大きく変化す
る可能性もあります。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0912-11:30-2)

1039
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 19:26:15  ID:vgNB9QMt0.n
平成27年度から使用される「食事摂取基準(2015年版)」
http://kawaru.biz/shokuji2015/

炭水化物(糖質)の位置付けはどのようなものか気になります。
2014/09/12(Fri) 12:12 | URL | もうあかん | 【編集】
食事摂取基準2015
栄養/医療関係者向けの研修会が開催されます

http://kawaru.biz/shokuji2015/
2014/09/12(Fri) 13:44 | URL | 精神科医師A | 【編集】
Re: 平成27年度から使用される「食事摂取基準(2015年版)」
もうあかん さん

佐々木 敏 先生には、期待したいですね。
2014/09/12(Fri) 18:18 | URL | ドクター江部 | 【編集】
Re: 食事摂取基準2015
精神科医師A さん

佐々木 敏 先生のご講演なら、聞きたいですね。
2014/09/12(Fri) 18:20 | URL | ドクター江部 | 【編集】
コメント1件

1040
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 19:47:54  ID:Jh4axATs0.n
>1039

東京大学大学院教授 佐々木 敏氏 は江部さんの味方ではない。

3 糖尿病
1.糖尿病と食事の関連
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuk...

1041
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 20:40:03  ID:Wdwvc+Fb0.n(3)
腎不全と漢方生薬「養腎降濁湯」
2014年09月11日 (木)
こんにちは。

腎不全の漢方<養腎降濁湯>への問い合わせが、結構あります。
  :
  :
同じ腎不全でも、血清クレアチニン値が、2〜3mg/dl以下くらいまでのほうが、効果はでやすいです。
それ以上だと効果はでにくいです。
やはり、漢方治療も早ければ早いほどいいのです。

ただし、一旦、約7割の人に有効なのですが、
それが、半年、1年、2年・・・数年と安定して続くか否かは、
個人差が大きく、今後の課題と言えます。

江部康二

----------------------
> 【アトキンス・江部】糖質制限スレ【二匹目のドジョウ】
> 1 :病弱名無しさん:2009/09/09(水) 09:10:06 ID:tU2tXK9m0
> 信者の隔離スレです。
> 存分にドゾー
あれから5年目の信者さん達お勤めご苦労さま
最終ステージのご案内

お布施は保険外漢方処方の言い値価格
生き残った1/3の糸球体を半年-数年で使い切る魔法の薬
存分にドゾー
コメント1件

1042
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 20:46:13  ID:FtwOL6CF0.n
>1041
これ甘草を大量に与えて、副作用で、数値よくしているだけ。

柚木さん、たこ焼き頭 透析。

1043
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 20:53:34  ID:fucL6gUu0.n
解釈違うよ。論文読もうね。

本研究では、糖尿病や心疾患のない肥満成人148人を対象に、約半数を低炭水化物群、残りを低脂肪群に無作為に割り付けた。
低脂肪群には1日の摂取カロリーのうち脂肪が30%を超えないよう指示し、低炭水化物群では1日の炭水化物摂取量を40g(およそ
パン2切れ分)未満に制限した。

1年後、低脂肪群の1日の炭水化物摂取量は約200gであったのに対し、低炭水化物群では約130gだった。最終的に食事指導を1年
間守っていた被験者は低脂肪群で82%、低炭水化物群で79%だった。低炭水化物群では体重が平均12ポンド(約5.4kg)減少したの
に対し、低脂肪群では4ポンド(約1.8kg)の減少にとどまった。

低炭水化物食は減量に「最善」というわけではないが、優れた選択であることが示されたとHu氏は述べている。研究に参加した同大
学教授のLydia Bazzano氏は、被験者の多くが低炭水化物食のプランに厳密に従っていなかった点を挙げて、炭水化物を厳しく制限
するよりも、摂取する量と種類に注意することが鍵だと述べている。

米国栄養士会(AND)のSonya Angelone氏は、低炭水化物食では食物繊維を十分に摂取できないことが懸念されると指摘し、炭水化
物を「過剰に」減らすよりも、精白パンやパスタなどの精製炭水化物を繊維質の豊富な食材に置き替えるよう勧めている。

また、こうした研究では食生活単独での効果をみるために被験者は運動を勧められないが、実生活では食生活と運動両方を改善する
ことが理想だ。筋肉は炭水化物を燃料として利用するため、「低炭水化物食では運動するのが難しい可能性がある。炭水化物の多い
低脂肪食を食べる人が運動を続ければ、より大きく減量できるかもしれない」と述べている。


低脂肪食よりも低炭水化物食のほうが減量と心臓によい
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&;view=article&id=5250:2014911&catid=49&Itemid=98
コメント1件

1044
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 22:07:43  ID:FS0yb/pe0.n(2)
アメリカ心臓協会
 「肥満の睡眠時無呼吸と高血圧にはカロリー制限が有効」
http://newsroom.heart.org/news/restricting-calories-may-improve-sleep-a...

※糖質制限ではありません

1045
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/12 22:14:19  ID:FS0yb/pe0.n(2)
>1043
そういう体重の比較を見るたびに思うんだけど、5.4kgと1.8kgの差って水分が抜けた分を考慮してるのかな
コメント1件

1046
あのにます ◆klokDYkn/k [sage]   投稿日:2014/09/12 23:08:50  ID:ZgqILrZD0.n(5)
>1045
グリコーゲン400gとして水分は1600gていど。
合わせて2キロ。
しかし低糖質食でもグリコーゲンが完全枯渇するわけではないですね。
コメント1件

1047
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 00:13:45  ID:JI/c4XMo0.n
養腎降濁湯の経験者から
江部先生に2011.6.20から養腎降濁湯を処方してもらい2013.5.8まで服用しました スタートのデータは
クレアチニン2.20 HbA1C(JDS)6.6 尿蛋白3+=298(糖尿病歴30年 インスリン歴15年)でした 効果
はすぐ出ました・・・クレアチニン 7/19・1.62 9/5・1.49 11/18・1.48 2012・3/26 1.90でいた
がなぜか?4/23・2.27とまた上がりだして12/26・3.46とキケン域に入ってしまいました 
2013・4/11 4.16 5/2 5.27で江部先生と相談して服用を止めました その後、腎臓内科医にかかりま
したがクレアチニンはどんどん上がり、2013.12.22 9.04で糖尿病性腎症〜末期腎不全〜心筋梗塞を起こ
し、緊急搬送されて、緊急・人工透析になり、いきなり13kgの除水と心臓カテーテル手術(ステント3本で)で救命 
1ヶ月の入院でドライウエート54kg 血流150ml/分 週3回(4時間)の透析が始まり クレアチニンデータにび
びった慢性腎臓病+糖尿病のころの1600kcal 糖質1日30g 蛋白質1日45gに変わって、2014.9の今は、
1950kcal 糖質1日130g(ごはん1食100g) 蛋白質1日80g になり、体重60kgレベルでドライウエート
58.5kg 血流250ml/分 火木土週3回(4時間)の透析 GA17〜18でがんばっています
2014/09/12(Fri) 21:59 | URL | 柚木信也 | 【編集】
コメント1件

1048
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 06:53:50  ID:EEu3ltW+0.n
低糖質食vs.低脂肪食でレビュー、食事療法間の差はわずか
http://dm-rg.net/news/2014/09/015257.html

1049
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 07:18:52  ID:/mAqd4uL0.n(2)
iPS細胞、より受精卵に近い状態に 英ケンブリッジ大が成功
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1104J_S4A910C1CR0000/

>英ケンブリッジ大の高島康弘研究員とオースティン・スミス教授らは、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞を、より受精卵に近い状態の細胞に変えることに成功した。
>2つの遺伝子を操作して一時的に働きを高めた。効果的な不妊治療などにつながる成果と期待される。米科学誌セル(電子版)に12日、発表した。

>高島研究員らはマウスのES細胞で働く2つの遺伝子「NANOG」と「KLF2」に着目。ヒトのES細胞やiPS細胞を遺伝子操作して、より受精卵に近い細胞を作った。

http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(14)01099-X
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/09/140911125047.htm

STAP細胞とは何だったのか

1050
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 07:38:31  ID:/mAqd4uL0.n(2)
>1046
2キロか、、そんなものだろうな (巨デブは知らないが)

筋肉や骨量、各臓器の大きさもMRIで計測してくれないかな
以前のマウスみたいに腎臓が肥大してたら悲惨だ

1051
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 07:40:03  ID:Sj0r8Aws0.n
「STAP細胞はありまぁす」  江部

1052
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 08:17:41  ID:1BM2g1d20.n

1053
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 08:53:14  ID:GKGLWd7x0.n(3)
>1047
横からすみません
柚木信也さま

突然のコメントで申し訳ありません。
急な透析導入・心臓カテーテルと、さぞ御辛い経験をされたことと存じます。
週三回の透析は生活の一部であり、半日仕事です。無理のない程度でがんばってください。
また、旅行(国内外)へ行っている方のいますので、今後の透析ライフを頑張ってください。
現状は長時間透析が主流になりつつあるので、しっかり透析量を確保してください。リンのコ
ントロールは大切になってくるので、リンを抑えつつアルブミンを確保してください。ポイントは
加工食品・添加物の多い食品を避けることです!
2014/09/13(Sat) 06:36 | URL | もうあかん | 【編集】
Re: 養腎降濁湯の経験者から
柚木信也 さん

7ヶ月間くらいまでは1.48mg/dlと、養腎降濁湯が有効で、クレアチニン値が改善していたのが、
9ヶ月めに、1.9mg/dlと再び上昇して、その後はくい止めることができませんでした。

数年レベル効果が続いている人もいるのですが、その効果の持続の差が何故なのか、よくわか
らない段階です。
より、勉強したいと思います。
2014/09/13(Sat) 08:38 | URL | ドクター江部 | 【編集】

1054
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 08:56:36  ID:GKGLWd7x0.n(3)
「痛風と糖質制限」についてのメールです。
 尿酸の基準値を7mg/d以下に置く理由は、血漿中の尿酸の溶解度を基準にしたものです。
通常の条件では、血漿の中で尿酸は7mg/dLまでは溶けます。しかし、これを超えると結晶に
なる傾向があります。
>つまり、糖質制限をした状態での「健康と思われるデータ」というのは存在しません(そもそ
も『健康である状態』をどう定義するかも問題がありますが)。
 糖質制限をしても溶解度が増えない気はします。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0913-06:00-2)

1055
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 08:57:41  ID:GKGLWd7x0.n(3)
「一流アスリートの管理栄養士」というメールをいただきました。
 さて、錦織圭、高梨沙羅、浅田真央,みんな同じ管理栄養士なんですね。
 やたら、栄養バランスを強調し、きれいな円グラフになるよう指導しているそうです。きれいな円
グラフに何の価値があるのでしょうかね。三大栄養素はきれいな正三角形にとw
 漫画家の基礎練習じゃあるまいし。

 試合の前は、炭水化物主体とのこと。3人とも、最後の最後で惨敗したのは、こういう栄養指導に
も原因の一端があるように思います。体力面もさることながらメンタル面においても。
(この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0913-06:00-1)

1056
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 09:15:05  ID:bKpKLjEp0.n(2)
一例では肯定も否定もできない
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-416.html

1057
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 09:18:03  ID:bKpKLjEp0.n(2)
食物の好みは変えられる ―「揚げ物よりサラダを選ぶ」脳をつくる
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&;view=article&id=5248:2014911&catid=51&Itemid=104

1058
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 09:18:47  ID:O7hRfoPO0.n(2)

1059
病弱名無しさん[sage]   投稿日:2014/09/13 09:19:23  ID:O7hRfoPO0.n(2)
「STAP細胞はありまぁす」  江部

1060
1001[]   投稿日:0000/00/00 00:00:00
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

身体・健康板 タイトル検索