板検索:
ヌーヴォー・ロマン☆2ューヨーク革命計画☆(594)
まとめビュー
1
エドワール・マヌレ[]   投稿日:2005/07/25 21:18:26
いつまでも、新しいままに。
コメント1件


2
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/25 21:19:42
>1
おつ
2ゲト

3
エドワール・マヌレ[]   投稿日:2005/07/25 21:33:57

4
エドワール・マヌレ[]   投稿日:2005/07/25 21:37:48
迷路のなかから救出。

フランスのヌーヴォー・ロマン
別板リンク(book)kako/985/985793368.html

クロード・シモン
別板リンク(book)kako/992/992968308.html


5
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/25 21:48:31
ロブ=グリエの著作、ホントに手に入り難いな
どこかの出版社でまとめて文庫に入れて欲しいよ

6
落ちたスレからのコピペ[sage]   投稿日:2005/07/25 22:08:08
アラン・ロブ=グリエ クロード・シモン ミシェル・ビュトール
ナタリー・サロート マルグリット・デュラス
ロベール・パンジェ クロード・オリエ サミュエル・ベケット
ジャン・リカルドゥー
フィリップ・ソレルス ジャン・マリ・ギュスターヴ・ル=クレジオ
レーモン・ルーセル ジョルジュ・ペレック レイモン・クノー
イタロ・カルヴィーノ ウラジミール・ナボコフ ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ
ピエール・ギュヨタ ジャン・エシュノーズ フロランス・ドゥレ
トーマス・ベルンハルト

アラン・ロブ=グリエ 
迷路のなかで(講談社文芸文庫)
覗くひと(講談社文芸文庫)
反復(白水社)


クロード・シモン
路面電車(白水社)
歴史(白水社)
フランドルへの道(白水社)
ファルサロスの戦い(白水社)
三枚つづきの絵(白水社)


ミシェル・ビュトール
なし


ナタリー・サロート
生と死の間(白水社)
コメント1件

7
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/25 22:13:24
>6
ビュトールは筑摩の『即興演奏』が入手可能じゃないかな?
持ってないけど、内容はどんな感じ?>読んだ方

8
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/25 22:14:41
筑摩あたりが、シネ=ロマン集として
『去年マリエンバートで』(天沢退二郎訳・蓮實重彦解説)
『不滅の女』(蓮實重彦訳)
『快楽の漸進的横滑り』(平岡篤頼訳・蓮實重彦解説)
なんてのを出してくれたらなぁ。

9
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/25 22:25:56
ロブ・グリエ映画のDVDも欲しい

10
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/26 21:26:53
それよりまだ翻訳されてない本の出版のほうが先だ

11
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/27 10:08:45
ヌーヴォー・ロマンってなに?

12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/27 11:35:45
あんちもだにずむ

13
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/27 16:45:14
文庫でヌーヴォー・ロマンのシリーズ化すればいいのにね。
ロブ=グリエの文芸文庫に入ってたやつなんか
俺みたいなアホにも普通に凄い面白かった。読みやすいし。
クロード・シモンは即効挫折したが…

14
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/27 19:38:46
ロブグリエはエロイから読める

15
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/27 21:59:33
クロード・オリエを読んだ人いるの?

16
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/28 00:36:43
どうせどれも難解なら一番難解なやつをってことで
フランドルへの道を買ってしまったアホな俺

17
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/28 11:20:31
「ヌーヴォー・ロマンの作家の共通点は、ただエディシオン・ド・ミニュイから作品を出版していることだけだ」

18
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/28 11:32:27
数年前まで、河出書房新社から小説を出すとJ文学と呼ばれた
コメント1件


19
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/28 12:35:52
富士見、メディアワークス、メディアファクトリー、エンターブレイン、角川(スニーカー文庫)から出せばライトノベル。

20
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/28 13:46:23
>18
ワロス
何度聞いても「じぇいぶんがく」って・・・

21
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/07/29 03:34:50
白水社万歳

22
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/07/31 22:52:55
新宿の京王百貨店の催事場でやってる古書市で「快楽の館」と「新しい小説のために」が売ってた。
三、四千円くらい。
昨日の閉店時まだあったよ。ちなみにこの市2日まで。
コメント1件

23
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/05 22:19:22
あげ

24
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/06 21:03:18
>22
どちらもネット古書屋で千円台から入手可能。
グリエならネットで「ニューヨーク〜」ではじめて四千円の値が付くって感じかな。
コメント1件

25
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/06 21:10:21
グリエとはいわんだろ

26
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/06 21:40:15
とかって目くじら立てる人多いみたいねw

27
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/06 21:44:33
でも、蓮見みたいに、ロブとかいうのもどうかと思う。
アランじゃ、もうすこし有名な作家になってしまうし、いちいち「=」を使うのもめんどいだろ。
よってグリエでいいと思うぞ。

28
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/06 22:12:15
ロブグリでいいよ

29
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/06 22:34:10
>24

グリエw

30
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/06 23:36:30
ロリ

31
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/07 02:38:51
俺はいつもロブ・グリエ、めんどくさいときはグリエと表記してる。
関係ないが、ある映画作家の名にいたってはゴダールもしくはゴダで済ますw

32
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/07 05:08:23
ゴダールをゴダールというのは無問題。たぶん、ジャン=リュックをジャンとかリュックとかするのがいかんらしい。ガルシア=マルケスとかロブ=グリエも同様だとおもうが、詳しくは分からん。詳しい人、詳細プリーズ。

33
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/07 11:48:04
今月の文学界で予想通り前田塁がシモンに触れてくれてた

34
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/07 13:38:05
ガルシア=マルケスはガルシアが母親の姓でマルケスが父親の姓。
日常的にはガルシア(父親の姓)で呼ぶのが一般的な習慣。
これはスペイン語圏の名前のお話
コメント1件

35
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/07 20:00:09
>34 最初の文と次の文では反対になってるのだが、どっちが正解なの?
コメント1件

36
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/07 20:23:58
↑ガルシアもマルケスも姓ということだけは、わかったが。
アメリカや南米だと、愛称・略称みたいなもんで通用してるよね。
日本だけじゃない?会社の肩書きや本名を気まじめに言い合ってるの。
ロバート・ケネディーは「ロブ」?「ボブ」?。あそこは、ミドルネームがフィッツエラルドだったっけ?

37
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/07 21:18:19
アンナ・カリーナは私のかわいいジャンリュックっていつもいってたね。

38
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/07 21:30:56
>35
ごめんよ。
父親の姓=母親の姓の順だ。

39
朝日の追悼[]   投稿日:2005/08/19 13:21:22
 九一歳のクロード・シモンが静かに息を引きとったと聞いて、ほっとしている。
 多くの優れた作家がそうであるように、彼もまた書くことであらかじめ死を受け入れていた存在であり、
その身に訪れたごく最近の死が、彼の作品を、文学にふさわしい生きた時間へとようやく解き放ってくれたように思えたからだ。
 言語という高度に抽象的な形式によって世界を記述する文学は、死の死ともいうべき矛盾を解してしか世界と触れあうことはないのだが、
どうやら人類は、その矛盾になお鈍感なままである。
コメント3件

40
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/19 13:22:19
 近代とは、この鈍感さの共有によってかろうじて維持される何とも脆い社会にほかならず、優れた作家は否応なしにその現実を直視する。
 ノーベル文学賞受賞者、ヌーヴォー・ロマンの旗手、ジョイスやプルーストの後継者、等々、この作家をめぐって口に出される言葉のほとんどは、
社会がみずからの脆さを視界から遠ざけて発信する生存本能の記号化されたものでしかない。
 そんな言葉がシモンの作品を視界に浮上させるはずもないが、それとて近代の小説が感受すべき宿命にほかならず、
とりわけ目新しい事態ではない。

41
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/19 13:23:51
 「ピレネ地方在住の葡萄栽培者にノーベル文学賞!」という言葉で彼の受賞を伝えた全国紙があったように、クロード・シモンは、
国際的な高い評価にもかかわらず、フランス本国では必ずしもポピュラーな作家ではない。
 だが、農園主でもある彼の文章のほんの数行を読んだだけで、言葉をめぐる感性と知性とが異様なまでに研ぎ澄まされていることに誰もが驚き、
その作家の同時代人たりえたことに、言葉にはつくしがたい至福感を覚えずにはいられないはずだ。

42
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/19 13:24:57
全文はまずいかな、と思ってとりあえず半分だけ。

コメント1件

43
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/20 11:07:44
>42
乙です
あとの半分はシモンスレの方でどう?
コメント1件

44
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/21 03:05:50
なんか笑ったw

45
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/25 10:19:04
>43
続き書いておいたよ
コメント1件

46
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 12:54:09
>45
お手数かけました。ありがと。

47
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/25 17:28:15
>39
よい文章ですね。どなたの文でしょうか
コメント1件


48
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/25 19:05:03
最悪の文章だと思う。死に勝手なロマンちっくな感傷をくっつけて、
「シモンは死んでよかった」というひどいことを言ってるだけ。
昔から自殺や発狂を美化して陶酔しているバカな文学屋しか書けない
青臭く醜悪な文章。

49
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 19:13:46
>47 読めば歴然。明らかに蓮實節だが。重彦かそのエピゴーネンだろ。

50
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 19:16:47
何がほっとしているだよ
てめえが死んだら喜んでやるよ

51
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 20:06:22
最悪の文章だと思う。>39に勝手なロマンちっくな感傷をくっつけて、
>39は死んでよかった」というひどいことを言ってるだけ。
昔から自殺や発狂を美化して陶酔しているバカな文学屋しか書けない
青臭く醜悪な文章。

52
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 21:29:06
蓮見元学長がw

53
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/08/25 21:35:36
死んでよかったなどどこにも書いてないわけだが。

54
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/26 23:48:14
文盲なんだろ。

55
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/30 04:46:21
スレタイがダサい件

56
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/08/30 10:07:56
遅っ

57
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/09/20 21:48:29
なんだかんだでベケットクラスの作家はシモンただ一人。

58
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/09/20 23:32:36
ノーベル賞クラスということか

59
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/09/21 01:28:07
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

60
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/09/21 02:58:30
>59
で、どのスレの誤爆なのか、ほんのちょっぴり興味があるわけだが

61
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/11 19:17:57
11月に岩波文庫からビュトールの『心変わり』が出るらしいぜ!!
岩波やるな!


でもおれは古本で持ってるわけだが・・・・・・

コメント1件

62
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/11 19:36:00
いやぁ、ヌーヴォーロマンほど読む気のしなくなる文学も珍しい。

63
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/11 19:51:38
別に読みたくなければ読む必要はないわけだが

64
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/13 21:29:04
>61
これ、ほんと?
『心変わり』は河出だから、
文庫になるとしたら、河出文庫かとおもっていたが。
コメント1件

65
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/13 21:56:30
>64
本当です。訳者は清水徹のままだから河出のやつをそのまま出すのか、それとも改訳版なのか。
コメント1件

66
64[sage]   投稿日:2005/10/13 22:09:08
>65
そうなんだ。
去年、『心変わり』を2500円だしてかったのだが
ビュトールが文庫化されるのはいいことだと思う。
俺は持ってるのだが『ミラノ通り』とか『段階』とかも
岩波その他で文庫化して、読者が増えるといいな。


67
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/14 01:51:06
清水徹はなぜか晩年になってメジャー化(相対的に、だけど)したよな
岩波は作品じゃなくて人脈でしか本出さないけど、
これは歓迎すべきだ

68
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:13:56
『心変わり』だすまえに、もっと文庫化すべき本があると思うけど。

ロブ・グリエはエロいから、岩波的な教養の範疇に入らないって
ことなの?

69
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:24:59
同じエロでも、大衆エロ要素満載だからだろう。

70
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:27:50
ていうかロブ=グリエを文庫で出してるところなんて文芸文庫しかないだろ。
いろいろ難しいんだろうな。エロ関係なしに。
コメント1件

71
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:30:06
縛られた女のマン毛を燃やしたり

72
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:36:06
>70
いろいろ難しいって、権利が高いとか?
いまいち、海外文学出版の仕組みがわからん
コメント1件

73
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:39:16
>72
いや、簡単に言えば売れないんじゃないかなって思ってw
『心変わり』の文庫だって本来は河出が出すべきなんだが。

今回は訳者の清水徹つながりで岩波で再刊するんだろうけど。

74
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:46:53
まあ、売り上げはあまり見込めないかも。
でも、若い人でも、ロブ・グリエって名前くらいは
知ってるんじゃないかな? 中原昌也とかがよく名前だしてるし。
中原が読んでるなら、オレも読んでみようって人なんていないのかしら?

コメント1件

75
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:48:01
中原ってロブ=グリエの名前よく出してるの?

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:50:31
>74
中原にそんな影響力あるかね?
ゴンブロビッチの帯書いてたけど、
中原に釣られて買ったやつがいるか疑問

77
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 14:53:12
たしか、リトルモア(?)とかいう雑誌の対談で、
ログ・グリエを全部集めたとかいってましたよ。
コメント1件

78
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:53:39
でもゴンブローヴィッチならいそうな気はする

79
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 14:54:45
>77
へえ、そうなんだ。ロブ=グリエ好きだったのか。
意外なような、意外でないような。

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 15:00:27
私が知ってる限りでは、中原昌也が好きだといってた作家は
ゴンブロ、ロブ=グリエ、クノー、藤枝静男、後藤明生、
ボリス・ウ゛ィアン、大西巨人とかかなぁ。

わかるような、わからないような
コメント1件

81
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 15:08:08
王道だな。
中原昌也の場合、ロブ=グリエは映画から入ったかもよ。
「囚われの美女」とか見たけど、
ああいうの好きそうだ。

82
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 15:13:12
『囚われの美女」どこで観たの?
どんな映画?

83
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 16:16:07
DVDが出ているよ
なぜか場末の中古屋で激安だった。
2000円でゲット
この前TSUTAYA新宿二階で見たな

84
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 17:00:08
>80
中原って意外にいい趣味してるんだよなw
映画もそうだけど。

85
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 17:00:37
マリンちゃん!!

86
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 17:07:06
すっーごい昔に、渡部直己が、中原の「あらゆる場所に〜」と、
「ニューヨーク革命計画」の類似性を指摘してた。
詳しい内容は忘れた。

87
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 17:10:19
渡部は何読んでもつなげるからな…
コメント1件

88
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 17:23:11
>87
同感です。
実際、中原の作品が、
ヌーヴォー・ロマンを意識してるかどうか疑問。
さまざまな場面がシャッフルするとこが、似てるといえば、似てる。
でも、ロブ=グリエのほうが鮮やかだね。
コメント1件

89
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 17:30:43
>88
厳密に言うなら、
ロブ=グリエが意識しているポップカルチャーの断片性を、
中原も意識しているということだろう。
渡部はアート関係に弱いから気付かない。

90
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 17:42:47
中原が、ロブ=グリエについて語ってた対談みつけました。

中原:ロブ=グリエはほとんどコンプリートコレクションしてるから。よんでないのに。
阿部和重:なんで、ロブ・グリエなんですか?
中原:パッと見いいかなっと。
阿部:そういう現代文学にもひととおりの関心あると。
中原:関心だけで終わってます。


91
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 17:47:21
中原はインタビューを適当にはぐらかす人だけど、
ロブ・グリエから学んでいることは確かだと思います。


92
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 18:08:43
読んでないのかよ!

93
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 19:45:40
読んでるだろ
20歳でゴンブローヴィチとかブロッホとかロベルトヴァルザーとか読んでたくらいだから
でも読書量のわりには作品に反映されないが

94
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 19:55:51
じゃあ何で読んでないって言うの?

95
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/19 20:14:46
中原昌也って、そういうポーズとりたがる人だから?

96
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 20:22:32
本当は教養があることをひた隠しにする挙動不審さが重要
ひた隠しにしているせいで本物の教養にはなってない
というか、教養人になったら負けだと思っている

97
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 20:31:26
爪を隠せば能があると思ってくれるから
コメント1件

98
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 20:37:39
>97
それも短絡的。

俺のようなファンは、
「能がないのを隠している」中原の文章が読みたいのだから。
でも時々断片的に面白いフレーズが出てくる。
彼の音楽と一緒だね。

99
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/19 23:29:07
ゴンブローヴィチは読んだと言いながら、ロブ=グリエは読んでないと言うポーズが理解できないんだけど。
コメント1件

100
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/20 00:21:06
「ポルノグラフィア」ネタじゃないか?

101
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/20 00:57:51
>99
>ゴンブローヴィチは読んだと言いながら、ロブ=グリエは読んでないと言うポーズが理解できないんだけど。
 渡部との対談では、ロブ=グリエについて「何の話してるのか理解できない」
 と言ってた。だからこそ興味がわくとも。

102
101[sage]   投稿日:2005/10/20 01:00:29
ごめん。上の忘れて。

103
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/20 11:13:39
お! 中原昌也がロブ=グリエから受けた
影響について盛り上がってたのか!
面白そうだな。


104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/20 14:08:58
阿部との対談で(青山もいたかも?)中原は、映画版『去年マリエンバードで』は駄作と言ってた。

105
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/20 14:13:56
レネのやつね。

106
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 19:49:13
>ゴンブローヴィチは読んだと言いながら、ロブ=グリエは読んでないと言うポーズが理解できないんだけど。

ちょっと、レスが遅れちゃたけど、こういうことではないでしょうか。
ヌーヴォー・ロマンにはどうしても、教養というかアカデミックな
イメージがついてるので、それを愛読してるなんていうと、
どうもいやらしい感じを与えてしまう。
「本当は教養があることをひた隠しに」したい、
中原としては、それはイメージ的によくない。
一方、ゴンブロービッチは、ヌーヴォー・ロマンと比べて、
いい意味でガサツというか、適当に無茶苦茶なことを書いている
みたいにもみえるので、中原の好き好む映画にも通じるとこがある。
だから、読んでるし、好きだとも名言しやすい。

まあ、自分に置き換えても、実生活で、ヌーヴォー・ロマン読んでます、
なんて、口にしづらいよ。
だから、「本当は教養があることをひた隠しにする」らしい、
中原としては、

ロブ・グリエを愛読してるなんていうと、
コメント3件

107
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 19:51:24
↑おっと校正しわすれた。
下の三行は、なしね。

108
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 20:02:21
>まあ、自分に置き換えても、実生活で、ヌーヴォー・ロマン読んでます、
>なんて、口にしづらいよ。

そうか? 別に全然口にしづらくないが。

109
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 20:18:29
入社試験の面接で愛読書をきかれて、

「はい、わたしはロブ・グリエが好きです。
消しゴムは私の座右の書です」
とは答えれませんよ。
デュラスならいいかも。シモンも×。


コメント1件

110
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 20:19:38
中原の自意識の問題についてなら、もうお腹いっぱい
方法論についてまだ何かあるのであれば別だけど、
この話、もうこれ以上拡がらないんじゃない?

111
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 20:20:04
お前の偏見なんてどうでもいいよ。
シモンはノーベル賞作家だぞ。

112
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 20:20:41
ていうか、変な中原ファンが来てこのスレが荒れだした。うざいから消えろよ。

113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 20:23:35
あと、ゴンブローヴィッチこそ入社試験で答えづらい気もするがなw

114
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 20:25:20
そもそも入社試験を例に出してる時点でイタイな

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 21:10:20
ニートなんだろ

116
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 22:44:54
>106
べつに、口にしづらくはないが。

>109
なぜ入社試験なんて出してくるんだ? 阿呆ですか。

117
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 22:59:57
でも>106がいいたいことはなんとなくわかると思う

ちなみに手元の昔の雑誌には、編集者が、地方で中原が
東京にはめったにないロブグリエ買ってきた旨いってるので
おそらく目は通しているだろ

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 23:11:21
あのー、中原昌也以外でヌーヴォー・ロマンから影響を
受けている日本人作家っていないの?
コメント3件

119
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 23:14:04
>106の言わんとしてることは分かる。
誰かから愛読書を聞かれたって、ただ自分の趣味を語るんじゃなくて
その真意を察して適切な返答をするのが普通だと思う。
「ヌーヴォーロマン」と言って通じる相手になら言っても問題ないけど。

120
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 23:14:38
>118
俺も知りたいな。

121
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 23:20:48
泉鏡花
金井美恵子
後藤明生
古井由吉
三浦俊彦
コメント1件

122
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 23:23:09
>118

118です。質問して自分で答えるのもなんだが、
金井美重子「柔らかい土をふんで」、
蓮實重彦「陥没地帯」

他にもある?


123
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 23:24:55
泉鏡花は違うだろ…
コメント1件

124
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 23:32:11
>123
剥げ堂

125
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/21 23:41:30
>121
泉鏡花は
ヌーヴォー・ロマンの問題意識をさきどりしてたというべきかな?

126
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/21 23:43:29
ロブグリエのほうが鏡花の影響を受けたんだからねエ。

127
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/22 00:01:14
僕は読んだことないんだけど、
倉橋由美子は影響うけてるの?

128
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/22 00:21:18
なにしろパクリ疑惑があったくらいだからな
コメント1件

129
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/22 00:23:40
>128
へ―興味深い話。
お手数ですが、詳しくおしえてください

130
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/22 02:04:50
福田和也が金井美恵子の文体を吉田健一の模倣って言ってるけど
これって金井はヌーヴォーロマンと並べられるようなものじゃない
って感じでわざと嫌味で言ってるの?

131
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/10/22 10:28:23
リカルドゥー読んでる奴いる?

132
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/10/24 01:27:59
福田がなにをいおうと、
金井のヌーヴォ・ロマン風(なんて評すと金井に怒られるだろうが)
小説は凄い!

さっきも名前も出た柔らかい土や、岸辺のない海なんて、
神懸かってる。

133
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/12 12:01:34
あげ

134
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/12 12:02:18
しまった!
保守あげ

135
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/12 12:44:09
Ton's of toon

136
みほみほ ◆fXdBq/cRPI [sage]   投稿日:2005/11/14 13:07:28
ビュトールそろそろ出るね。
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch

すごく楽しみです。
ロブ=グリエの他の作品や、サロートなんかもでないかな。
「マルトロー」しか読んだことない。

137
みほみほ ◆fXdBq/cRPI [sage]   投稿日:2005/11/14 13:11:02
あ、ごめんなさい。上のアドレス間違い。
こっちです
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/37/6/3750610.html

138
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/14 14:58:02
青木淳悟もなんとなくヌーヴォーロマンな印象・・。

139
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/15 00:04:18
ブランショを出してほしいなー。アミナダブ。<岩波文庫

140
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/16 20:39:00
中原はヌーボーに対してはただ単にパンクとして興味を持ってるだけみたい。
でも、読めないみたい。あんまり活字は得意じゃないらしい。
活字が得意じゃないと、いくらその心意気みたいなものに共感できる予感を
持てたとしても、ちょっと読めないんだよね、ヌーヴォーって。
中原のジレンマはよく分かるw ヌーヴォーな漫画が出たらあの人は
きっとむさぼり読むでしょう。

141
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/16 22:14:56
あ〜よくわかる。俺と同じだw

142
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/16 22:27:37
一応作家なのに活字が得意じゃないなんて言うなよ。

って、中原が出てくるとまた荒れそうだな。

143
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/16 23:39:16
今いる作家の中で中原くらい本読んでる奴は珍しい
読めないってのは口だけで、本気でヌーヴォーロマンと
関連付けられたらヤバいと思ってるから
そうやって逃げてるんだよ

144
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/17 00:32:08
何を根拠にそう言えるんだ?

145
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/17 00:41:34
ほら荒れてきたw

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/18 13:33:15
>264
長々と書いてるが、ラプターでなければライノという理屈がワカラン。
他の候補の方が邀撃に適してるし、下手すると台風導入する方がマシ。
コメント1件

147
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/18 14:50:08
そうだよな、マシだよな

148
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/18 18:03:55
>146
あぁ、ほらガムやるよ。

149
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/18 18:10:56
さんきゅうベリーフラワー

150
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/18 18:20:57
くだらね

151
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/18 18:23:28
そうだよな、くだらないよな。

152
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/18 19:00:18
>264
漏れ、7400と706MK2Gの組み合わせで使おうと考える
7400は主力機として位置付ける
06MK2Gは2台目・車載・予備という位置付け

153
みほみほ ◆fXdBq/cRPI [sage]   投稿日:2005/11/19 04:25:37
珍しく、レスがのびてると思ったら…、
こりゃ、あんまりだ。

「心変わり」の読了報告を、
だれか書いてくれたのかと思っちゃったよ…。

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/22 19:45:47
「ニューヨーク革命計画」がえらい面白かったんで、「覗くひと」を読み始めたんだけど、
どうにもこうにも読みづらくて断念しそう。今第二章の最初なんだけど、この後面白くなりますか?
それともずっとこの調子??

155
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/22 19:48:59
ずっとその調子だよ。
でも、たいして長くないし、
いっきに読んでみな。
それか、一日50ページとかさ。

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/22 20:23:04
ニュー革が面白かったなら同じ平岡訳の『迷路のなかで』なり
『反復』なり『新しい小説のために』なりを読めばいいのに

157
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/22 20:55:45
『嫉妬』辺りを境に客観から主観に切り替わるから『覗く人』は微妙かもしれないね。
俺としては訳者読みよりも書かれた時期が近いものを薦めます。
『快楽の館』とか『ジン』とか。『ジン』を教材にフランス語習いたい。

158
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/22 21:01:13
いやいや、「覗くひと」の面白さを分からないと、彼の本当の面白さは
分からないんじゃないかなあ・・・?などといってしまいたくなるくらい
あれは面白くて、かつ、美しい一品だと思うのですが。

159
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/22 22:10:18
ボジョレー・ヌーヴォー飲みながら、ヌーヴォー・ロマン読むと眠くなるな。

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/22 23:25:55
つか、今回はスレタイが悪すぎるね。
なんで特定の作品名を入れるんだか・・・あきれる。

161
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/22 23:54:24
ヌーヴォー・ロマン☆新しい小説のため2☆

162
154[]   投稿日:2005/11/23 18:23:36
154です。いろいろご意見ありがとうございます。
とりあえず後回しにしていた「快楽の館」を読み始めつつ、「覗くひと」も
平行して読んでます。やっぱりがんばって読み通します。革命が面白かったのってやっぱり平岡さんの訳っていうのも
大きいと思うんで次は「反復」読んでみます。

163
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/23 22:56:31
『心変わり』見つからない(つд`)

164
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/11/23 23:03:43
生協にすら置いてあるというのに

165
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/23 23:14:50
そだな。おれも生協で買ったがまだてつけてない・・・

166
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/24 00:43:27
『心変わり』は改訳してるの?
コメント1件

167
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/11/24 00:49:01

168
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/07 23:47:42

しかし岩波で出るような時代になったのか。。。

169
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/14 19:50:19
『心変わり』、「全面的に改訳をした」って書いてあるじゃん

170
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/14 19:56:23
せっかく『心変わり』の古いやつ持ってるのに。
改訳したんなら買わないとな。

ところで誰も『心変わり』の感想まだ書いてないね。

171
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/14 21:30:13
じゃあ俺が読んでみよう。ヌーヴォーロマン自体講談社文芸のグリエしか知らないけど

172
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/15 16:33:43
「去年マリエンバートで」も文庫で出してほすぃ
高くても買うから、ほんとお願い。>気概あるどこかの出版社

173
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/15 16:41:46
映画のほうを買ったらどうですか?

174
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/16 14:48:40
映画のDVDがなぜか高騰

175
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/16 15:43:21
お、アマゾン見るととんでもない値段で中古を売ってるね。
でも探せばもっと安い値段で買えるんじゃないかな。
おれはすでに持ってるけど。

176
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/16 16:52:20
なんか発売中止に等しい勢いで店から消えた気がする
だから再発しない限りだめかもな
俺は諦めてビデオ版を買った

177
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/17 12:38:18
DVDがあるんならレンタルして焼けばいーじゃん。

178
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/18 10:12:55
おれはシェアでおとして
CDにやいた。
コメント1件

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/18 15:37:38
>178
通報しました

180
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/26 10:27:25
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/27 06:03:17
>180
2004年にアカデミー・フランセーズ入りしたんだね。ちょっと驚きだ。

182
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/27 07:57:49
文章を書ける人材の枯渇は深刻だからね

183
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2005/12/29 18:40:33
アカデミーフランセーズって「不死の人」ってやつか

184
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2005/12/29 19:35:22
それみたいね。死んだ人がいたらしくて席が一つ空いたらしい。
なかなか決まらなくて、数回の投票があった後、グリちゃんに決まったらしい。

185
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/22 06:21:16
【J・M・G・ル・クレジオ】スレより

ル・クレジオが来日するらしい。
1月29日に東京外語大学でシンポジウムがある。
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nishitani/

ポスター:
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nishitani/kikaku/leclezio.flier.p...

案内:
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nishitani/kikaku/leclezioLT.pdf

とのこと。そしてage。

186
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/02/02 00:39:12
シモン以外でノーベル賞とる人はもういないのかな

187
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/02/02 00:44:54
そろそろロブグリエにあげてほしいよ。
ヌーヴォーの連中のプロ意識あるところ好きだなあ。

188
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/02/07 08:59:37
>118
鹿島田真希と青木淳悟
若手だとこの二人?

189
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/02/07 09:18:45
かなりの遅レスだね。青木の話題が出したいだけかな?w
青木はよく分からないが鹿島田に対しては
福田和也がヌーヴォー・ロマンやブランショの小説を完璧に咀嚼して書いてる
とか大絶賛していた。亡くなった平岡さんもデュラスに絡めた書評がある。
以前は「多和田葉子の亜流」(山城むつみ)なんて言われてたが躍進したもんだ。

190
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/02/09 19:39:59
岩波、ビュトールの『心変わり』、ブクオフでゲト!
500円だった。

191
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/02/10 15:03:41
『アフリカのひと 父の肖像』 ル・クレジオ・著/菅野 昭正・訳
2006年3月17日  1,890円(税込) 集英社

192
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/02/10 21:02:35
しっかしル・クレジオばかりよく翻訳されるなあ

193
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/13 04:21:29
デュラスのインディアソング意味分からん

194
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/14 04:09:58
再読したらちょっと分かった

195
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 21:49:57
「幻影都市のトポロジー」(ロブ・グリエ)購入!!
ずっと探してたから嬉しい。ちょっと高かったけど満足

196
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 21:57:21
小宮山書店で7000円で売ってたよ

197
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 22:02:04
7000円は高いなあ。僕は4500円でした。
じゃあ、けっこう安めだったんだな。

198
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 22:19:13
クレジオはノーベル賞候補といわれるようになってから、急に
翻訳される機会が多くなりましたね。

199
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/10 03:05:25
ていうか小宮山書店が高すぎるだけじゃないの?
あそこはほんと高い。
コメント1件

200
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/10 09:49:02
>199
あそこは高いよ。足下見過ぎ

201
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 10:38:46
スーパー原氏で検索したら12000円ついてたよ!>幻影都市のトポロジー
コメント1件

202
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 17:23:24
幻影都市のトポロジーは、高値で売るためだけに持ってる。どんどん値上がりして欲しいな。

203
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 17:29:58
>201
ついてたとゆーより、だめもとでめちゃくちゃな値段つけてる書店が
たまにあるってだけでしょ?いくらなんでも相場はそこまでいってない。
「消しゴム」「幻影都市」¥3000「ニューヨーク」¥4000
このくらいが都内古書店の相場。

204
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 17:36:05
>高値で売るためだけに持ってる

数時間はたらけば、そのくらい稼げるんだから
そんなの期待するってどれだけさもしいんだよw

205
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 18:40:42
無職なんだよ。

206
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/10 19:01:57
中学生です。

207
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/11 16:59:01
消しゴム、400円、嫉妬、200円で各手に入れましたよ。
某都内書店で。

208
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/05/18 01:31:37
今日いった古書店に『ニューヨーク革命計画』
売ってたのだが、ちょっと高くて買わなかったよ。5千円。
4千円だったら、ちょっとは迷ったと思うが・・・
それにしても高めのねつけの店だった。
馬鹿らしいことに、岩波の900円の『心変わり』に
絶版でもないのに1500円の値がつけられてた。
こういうのはほんと馬鹿らしいと思う。

209
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/05/18 08:32:03
>馬鹿らしいことに、岩波の900円の『心変わり』に
>絶版でもないのに1500円の値がつけられてた。

ひどいなあ。。文庫絶版になったら、その店すごい値段つけそうだな

210
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/05/18 14:22:30
そりゃぼったくりの店ですね。そんなところでは一切買わないほうがいいよ。

211
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/05/18 15:06:05
表紙の背のとこ焼けちゃってるけど、
ニューヨーク革命計画、100円で地元の古本で買った、
これかなり得なのか

212
208[]   投稿日:2006/05/29 16:14:23
今日、別の古書店で
また、ロブ=グリエを何冊か見つけたよ。
『快楽の漸進的横滑り』帯無し(そもそも帯はあるのか、俺はわからんのだが)
が4000円、『ニューヨーク革命計画』 帯無しが4000円。
興味はあったが、持ち合わせもなかったので
集英社の世界の文学25『嫉妬/段階』(1500円)だけ買ってきたよ。
『嫉妬』は読みたかったので楽しみだな。

213
瀬戸内蘭頁寂尊[sage]   投稿日:2006/05/30 21:52:38
ナタリーサロートって面白いのかしら?平岡さんの「パリふたたび」を読んだら
彼女のこととその翻訳についてのことが載ってましたので気になりましたの。
ウフフ。

214
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/06/14 18:43:21
age

215
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/06/14 19:47:29
『幻影都市のトポロジー』とか『快楽の漸進的横滑り』なんかの
相場っていくらくらいなんでしょうか?
というか、ネット書店以外では見かけないんだが・・・orz

216
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/14 23:30:46
ちょっと前のレスくらい読めよバカ
俺が見るかぎりでは幻トポは5000円位で快横は4000円位だな
中央線沿線の古本屋にはけっこう見かけるよ
コメント1件

217
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/15 23:03:55
今日、『ニューヨーク革命計画』 かったよ。
読むの楽しみ。

218
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/06/28 22:50:36
快横 5200,アカシア 4200でそれぞれネットとリアル書店でゲット。
超お買い得じゃないけど大満足。
コメント1件

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/29 02:14:44
>218
おめ。
少し高くても読みたいものは買って正解。
もちろん、あまりに吹っかけた値段は論外だけどね。

220
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/24 03:17:01
迷路と覗くひと読んだけどこらたまらん。
学生のうちに借りて片っ端から読みますわ。

221
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/28 13:19:42
保守

222
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/28 13:24:08
まぁ迷路と覗くひとの切り替えってのが大事なんじゃないか?
読むときはなるべく迷路先によんで。呼んだあとに覗くひとについて客観的な判断が下せるとか。

223
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/29 16:41:52
トゥーサンの質問はここでしちゃすれ違いでしょうか?
ミニュイ系でロブ=グリエにも褒められてますが、
ヌーヴォー・ロマン系かっていうとあれなので。

224
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/31 14:34:01
216 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2006/06/14(水) 23:30:46
ちょっと前のレスくらい読めよバカ
俺が見るかぎりでは幻トポは5000円位で快横は4000円位だな
中央線沿線の古本屋にはけっこう見かけるよ

けっこう見かけるほどあるんですか?良かったら教えてください。
コメント1件

225
みほみほ ◆fXdBq/cRPI [sage]   投稿日:2006/07/31 15:01:55
>224
>216さんじゃなけいけど、中野ブロードウェイ4階の古本屋は
けっこうヌーヴォーロマンの本が置いてあった。
値段もだいたい4000〜5000円くらい。
わたしもそこで「幻影都市のトポロジー」買いました。
ただ、いつ開いてるのかよくわからないお店だけど。

あと、高円寺のあづま通りのお店とか。

226
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/31 16:17:14
荻窪・西荻窪にもあるよ
古本屋の店先にはだいたい『日本の古本屋』の地図が置いてあるから
それを参考にしてみて

227
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/31 17:23:17
お店の取り扱いジャンルに「現代海外文学、幻想文学、SF」って書いてある店を狙え

228
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/31 18:16:59
しかし、『快楽の漸進的横滑り』はシナリオだからなあ。
あれは4・5千円出して買うのはどうも躊躇してしまわないか?

229
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/08/01 00:44:34
つか、DVDが欲しいよむしろ

230
224[sage]   投稿日:2006/08/02 10:51:35
情報ありが
>値段もだいたい4000〜5000円くらい。
(*´Д`)ハァハァ

いまリカルドゥ読んでるんですけど、おもろいですね

231
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/28 00:35:09
ビュトール読んでる人いますか?

232
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/28 03:33:33
心変わりくらいなら。

233
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/28 21:54:51
ビュトール『即興演奏』はどう?

234
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/28 22:11:16
ヌーヴォーロマンって面白くない、ゆえに糞

235
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/08/29 17:13:29
ロブ=グリエは面白い
身体的って感じがする。なんとなく作家本人がアホっぽいノリ好きなんだろーなーと思えるところもある。
本当にガッツリ文学の勉強しまくったインテリインテリというわけでもなさそう、みたいな
よく知らんけど

シモンはムズ過ぎる。堅苦しい。

偏見ですが。

236
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/29 19:40:45
たしかに、シモンのは読む苦痛の多い小説だね。

237
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/29 20:42:09
骨は折れるけどシモン読む体験の快楽は他のでは味わえないと思う。
先入観捨てて頭真っ白にして読んでみては。
コメント1件

238
236[sage]   投稿日:2006/08/29 20:53:08
>237
おっしゃるとおり。
読む苦痛が多いが、快楽も多いのがシモンの小説だよね。

239
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/31 01:04:41
ヌーヴォー・ロマンについて語るのではなく、作品を暗誦すべきだというよう
なことを平岡先生が書かれているね。先生は「自分は読むのが遅くてねえ」
なんて言っていたが、それだけじっくりと味読されていたのだろう。
翻訳するのが一番の精読だからねえ。たしかにロブグリエはゆっくりと読んだ
ほうがいい。速読しても何も残らないようにできているから。

240
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/08/31 23:15:46
トゥーサンの新作情報ないー?

241
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/08/31 23:30:44
いくらなんでも、
トゥーサンはヌーヴォーではないだろ・・・

242
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/01 01:18:56
こっちで聞いて見れば?
現代フランス文学

243
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 19:26:41
サロートの『生と死の間』を読んだがいまいち楽しめなかった。
今度はロブ=グリエの『ニューヨーク革命計画』を読み始めたが
こちらはなかなか面白く読める。

244
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 19:36:19
>たしかにロブグリエはゆっくりと読んだほうがいい
カメラになってつもりで読むといいね。

>トゥーサンはヌーヴォーではないだろ・・・
某所で彼の朗読会(懐かしいな)で映画つながりで「ヌーヴォー・ロマン
についてどう思います?」って質問したら「非常に好き。強い影響を受けている」
って答えがありましたよ。

ついでに「小説においては過去形や未来形という時制をあやつる形式があるけど、
映画においては基本的にはつねに現在進行形でしか語れない。で、その
両方の形式を使う(トゥーサンは小説も書き、映画も撮る)あなたにとって、
時制とはどのような意味をもっていますか?」って聞いたら非常に複雑かつ
長舌な回答えがかえってきて、通訳がギブアップしちゃいました(笑)。
とうぜん、フランス語のできない僕も沈没。

245
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 19:39:56
トゥーサンといったら盗作作家の篠原一を思い出しますねwwついでに日本の似非ヌーヴォーロマン作家に付いてはどう思います皆さん?wwww
コメント1件

246
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 19:43:41
>245
>日本の似非ヌーヴォーロマン作家
だれのこと?

247
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 20:02:46
日本の真正のヌーヴォー・ロマン作家は筒井康隆、安部公房につきる。
似非は誰だ?

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 20:04:51
鹿島田

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 20:05:45
筒井はいっとき騒いでいたがヌーヴォー・ロマンの作家とはいえまい。
安部もシュルレアリズムではあるが、ヌーヴォー・ロマンに直接
影響を受けていただろうか?

せいぜい金井恵美子くらいじゃないだろうか=ヌーヴォー系

250
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/03 20:09:09
金井美恵子がまず挙げられるよね。
それから、本人にその気はないだろうけど
古井由吉は意外とヌーヴォだな。

251
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/03 20:12:32
>意外とヌーヴォだな。
ワロタ 御意。

古井のばやいは視覚だけではなく聴覚嗅覚などなどフル仕様で
読んでいると病人じいさんになった気分になるよ。

252
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/04 01:11:17
筒井の「夢の木坂分岐点」は結構意識してると思う。
他のは違うけど。

ところで元祖フランスでは今どんなんなってんのかなー。
まぁロブ=グリエはまだ生きてるみたいだけど。

仏語ちゃんとやっときゃよかったなー。
くぁー、原著五ヵ年計画!

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/04 01:15:54
ビュトールもまだ生きてるよね。
しかし、みんな長生きしていてうれしい。
サロートは100近くまで生きたし
シモンも90過ぎまで生きたもんね。

254
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/04 19:20:10
ロブ=グリエはすっかり文壇の権威だし、著書も本屋でふつうに買える。
サロートはプレイヤード版に収録され、文学史の人となった。シモンや
ロブ=グリエもいずれプレイヤード版が出るだろう。

255
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/04 19:22:48
筒井の「虚人たち」もそうだね。いまはむかし。

256
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/05 10:31:09
虚人たちはペレックの失踪じゃない?ウリポだっけか。でタイトルはル・クレジオの巨人たち?

257
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/06 22:56:32
あたしゃ、〈ヌーヴォーロマン〉より断然〈視線派〉を好む。

258
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/07 13:15:51
そこのお人、教えてください。
「視線派」ってどこら辺のことなの?
ググッてもよくわからないのでお願いします。
ロブ=グリエもはいってるみたいだし、うーん。
コメント1件

259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/09 06:56:40
出版業界の事情なんかなんも知らんのですけど
シモンは代表作がああいう形でここ2,3年?くらいで出てるけど
そのシモンも含めてロブ=グリエやそれ以外のヌーヴォー・ロマンの諸作家の代表作品くらいは
ガンガン文庫で出せばいいのに、シモンをああやって出すならね。
それはなんでなんですかね? 

260
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/09 10:21:27
売れないから。
シモンはまがりなりにもノーベル賞獲ってるから。

261
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/09 20:21:04
あノーベル賞か、忘れてた…

262
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/09 23:45:10
くだらんですが数年前に『消しゴム』の物語内容忘れたが田舎なので図書館にもないし
買っても高いのでなんとか思い出してネットでも調べた範囲だと
探偵が殺人事件を操作してたが(そもそもなんでだ?)
実はその殺人は嘘で医者もそれに協力して嘘ついてて(なんでだ?どうやって)
警察官と探偵と犯人(?被害者)の視点で書かれてて
三人(探偵とあと誰と誰だ?)の容姿が似ていて三人が混じって混乱してきて
なぜか母親とやって(?エディプスが下敷きらしいので、この作品内ではなんでだ?)
24時間後に犯人が、初めに嘘ついた方法で撃たれて死ぬんだよね。(どういう方法で?その時撃ったのは誰?)
犯人=被害者が探偵の父親だから、エディプス的には探偵が犯人か?

思い出せないよー
あと囚われの美女のDVD出てたの知らんかった、廃盤だった…田舎はもう嫌だ
数年内に高くても買おうかな
コメント1件

263
243[]   投稿日:2006/09/10 21:13:32
200ページほどの『ニューヨーク革命計画』をまだ読んでるよ。
ゆっくり読んだ方がいいというのは、おっしゃるとおりだと思うが
俺の場合、この本を速く読むことはそもそも不可能だ。
シモンほどじゃないけど、ロブ=グリエもじりじり読んでいくほかない。
しかし、読む苦痛のなかにやっぱり快楽があって楽しい。

>262
古本屋で『消しゴム』を見つけるのはけっこう難しい気がするが
ネットの書店ではよく見かけますよ。
価格も千円台と、安価な場合が多いです。
コメント1件

264
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/10 22:01:22
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント2件

265
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/10 22:09:13
おまえが何が好きかなんて誰も聞いてねえよ

266
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/10 22:11:57
うるせえ、低脳。冬瓜でオナニーでもしとれやw

267
おまえが何が好きかなんて誰も聞いてねえよ []   投稿日:2006/09/10 22:15:30
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

268
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/10 22:22:26
「語る」の中でシモンに触れていたね、一瞬だけだけど。

269
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/10 23:34:21
『消しゴム』はいちおう中村真一郎訳だもんな。活字がぎっしり詰まってる
割り付けで読みづらい。講談社学芸文庫あたりで文庫にしてもらいたい。
『迷路の中で』のように。

270
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/11 03:17:17
>263
昭和34年発行のやつだと初版でも1000円代であるんだけど、
新しめのやつだと4000円近いのばっかで。
たぶん34年だと旧字体だと思うんだけど、正直旧字体あんま好きじゃない。

DVD廃盤早すぎ!
ビデオは持ってるけど…

271
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/11 12:29:21
と思ってたら旧字体から新字体へ移行したのって昭和21年と24年なのね勘違いしてた…
というわけで買います。くだらん連投すまそ

272
ニュートン[sage]   投稿日:2006/09/11 22:57:52
>258 賢そうに見えた?ごめん、知らない。
ロブ=グリエの読後感がまさに<視線派>という言葉の方が
言い表していると思ったことあっただけでした、実は。

273
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/12 12:03:39
セベロ・サルドゥイって読んだことあるヤシいる?
ロブ=グリエっぽいらしいんだけど。

274
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/12 17:31:32
ロブ=グリエがまさに視線派と言われた時期があったということさ。
でも「快楽の館」あたりから事物の描写だけではなく想像力の戯れへと
変化したので、視線派という名称も無効になった。

275
ニュートン[sage]   投稿日:2006/09/13 01:04:07
片岡義男は<視線派>に入らない?

276
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 01:13:26
ビュトール「段階」を読んだ
非常に不愉快な小説だった
きみは〜した、となにげなく語られているけど、どうして
そんなことわかるんだ?と終始疑問だった。
読んでて楽しくない。最低の小説だと思う。人間の認知のしくみを
無視した悪しき進歩主義の産物だと思った。

277
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 03:49:54
小説が駄目なんじゃなくて、自分が馬鹿じゃないのかと疑ってみることも一度は必要。
数年後に読むと分かるようになってるかもよ。
この小説のことではなく一般的な話だが。

278
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 15:26:29
「段階」を読んでおもしろくなかったと思うのは当然だと思うよ。
物語を楽しくよみすすめることができないようになっているんだから。
娯楽が提供できているかどうかという観点からすれば最低といわれて
当然ではないかと思います。この小説の存在意義を否定している訳では
ないんだから。わたしは先日読んだ時点での感想を述べていて、その
内容は未来永劫変わる事はない訳、個人の歴史的事実だから。
ある小説のよさをわからないのは前提とされる知識が足りないからだと
いう意見は否定したい。小説とはそんなつまらないもんじゃない。
特定の知識がないとうまくない水や空気なんてありますか? 小説家は
水や空気や山や川を作って読者に体験させる人間ですよ。
この観点からすると「段階」はなかなか得がたい珍妙な味があったと思
っています。ただし、もっとおいしくいただけるような味付けがなされる
べきだった。この小説が絶版になって読めなくなっているのは大衆性が
足りないからだよ。小説は読まれてなんぼでしょう。

コメント1件

279
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 17:06:18
う〜ん、なんか言ってる事が矛盾しているような・・

280
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/13 21:40:35
>この小説が絶版になって読めなくなっているのは大衆性が
>足りないからだよ。小説は読まれてなんぼでしょう。

商業的にはそのとおりなのだが、技法の追求過程で一般的な読者の関心から
それていく作品もアリでしょう。それを否定したら芸術とは言えないよ。
スラスラ読める、現実逃避できるおもしろさは、ヌーヴォー・ロマンには
期待しない方が良い。

281
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 22:06:40
>278
文末に「だと思った」と付け加えるだけで、どんな内容のレスでも
(未来永劫変わる事はない個人の歴史的事実として)是認される
ようになるんなら世話はないよ。

水や空気の比喩では、生存に不可欠であるがゆえの「うまさ」と
色々な水や空気のうまいまずいを云々する好悪判断のレベルとが
なにやらごっちゃにされているようで、それが論旨の一貫しない元凶
みたいになっている。後者の場合なら杜氏さん並みの経験や知識が
要求されるだろうに。

ただヌーヴォーロマンは前者の次元でさえ読み手に要求をつきつけて
くるような代物で、水と空気の話でいえば、酸素の薄い高地で呼吸し、
ごっつい硬水を飲むようなものだろう。肺や足腰から鍛えなおさにゃ
ならん。そういう「娯楽」に大衆性がないという話なら同意できる。

282
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/13 22:45:16
山は登られなくなっても山であり続けるけれども、小説は読まれなくなったら
消えてしまう。ただし、消えるのは書店の棚からだけである。文学が
今ある書店の棚のみで構成されていると思うのは愚かである(佐分利信)

コメント1件

283
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/14 05:42:22
佐分利信はなかなかうがったことを言うなあ

284
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/14 07:14:02
ヌーヴォー・ロマンは…って俺はヌーヴォーでも作家ごと、作品ごとに好き嫌いあるぜ。
あと絶版のでも好きな作品嫌いな作品あるぜ。
山や川に例えるなら、シモンは見上げる崖だな。文学版ロッククライミングみたいな…

285
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/14 08:32:35
べつに出来の違いや好き嫌いを認めないような括り方はしてないと思うが

286
224[sage]   投稿日:2006/09/18 13:52:11
>282
存在論的ではなく、機能論的に定義するという、
50年前くらいからの認識ですね。

287
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/18 13:56:18
>小説家は水や空気や山や川を作って読者に体験させる人間ですよ。
小説とはそんなつまらないもんじゃない。 というか、そもそも、
そうした疑似体験、ミメーシス、再現前といったものを拒否するところに、
ヌーヴォーロマンがあるのではないか。
小説、および、小説家というものの定義を先取りしてはいまいか。

288
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/24 19:35:49
そうそう。水や空気や山や川が感じたかったら山にでも登ればよし。
小説には小説ならではの体験がある。ヌーヴォー・ロマンがこだわったのは
まさにこの擬似ではない言語体験だった。

289
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/24 19:53:22
http://miz.vis.ne.jp/cgi/enq.cgi
でロブ=グリエ「幻影都市のトポロジー」がファンタジーとされてるね。他にも多々ポストモダンの文脈で読める作家がファンタジーとされてるけど。
コメント2件

290
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/24 21:09:21
水やら空気やらって一から生存に不可欠なものわざわざもちだしてきたのは
そういう言語的現実の独立性みたいなところに触れたかったからじゃないの?
でも喩えやご本人の理解がゆるすぎて、そのあとは山や川を体験させる話に
横滑りしてしまったような。

291
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/24 21:36:04
そんな弄り回すレスでもなかろうに。

ところで復刊もぜひお願いしたいところだけど
未訳のやつ新しく翻訳されないかなぁ。

292
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/25 01:20:21
>289
ロブ=グリエがハリーボッターに敗れ去るのが人気投票。
当然といえば当然のことだが…。

293
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/25 04:29:15
ハリーポッターは真のポストモダン
コメント1件

294
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/25 07:41:31
私はヌーヴォー・ロマンはクロード・シモンの『路面電車』しか読んだことがないけれど、おもしろかったです。ロブ・グリエの『新しい小説のために』の復刊を希望します。

295
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/25 11:46:59
幻想文学のルビを、ファンタジーとすればそうかもしれんが……
マンディアルグとかも指輪物語と同列か

296
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/25 12:28:12
>289
>・ファンタジーかといわれるとちょっと違うような気もする幻想小説もいくつかいれてあります。
>・じゃあタイトル違うやんけ!というツッコミは勘弁してください。厳密にやると語呂悪いし。
コメント1件

297
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/25 16:31:43
>296
逆もまた真なら、>293が正しいなw

298
243[]   投稿日:2006/09/28 18:03:28
今日、ようやく『ニューヨーク革命計画』読み終えた。
他に平行して読んでいたものがあったせいもあるけど
とにかくゆっくりと読むしかない。
そうしないと楽しめない小説だな。
苦痛もあるのだが、また読みたくなるから不思議だ。

299
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/28 18:57:11
ゆっくりと読むしかない小説を速く読むことの楽しみ。これを否定してはなるまいよ。

300
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/30 02:38:54
いや、ロブ=グリエ速く読むのは無理だろう・・・
高橋源一郎は、文字からまったく想像をせず、
ただ文字の上をぽんぽんと飛ぶように読むそうだが、
俺には無理だな

幾何学用語での描写は、逐一想像しないとわけがわからなくなるw

301
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/19 13:13:35
『快楽の館』辺りからかな、幾何学的描写が減少したと思うんですが、
この変化についてロブ=グリエ自身が何か述べていたら教えてほしい、と妹が言うんです。

302
天皇[]   投稿日:2006/10/21 00:28:14
つうか、アランは映画のほうに行ったっしょ。
コメント2件

303
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/21 02:29:53
>302
つまり?
コメント1件

304
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/21 04:27:13
>303
《饒舌なスフィンクス》になったということ。

305
301[sage]   投稿日:2006/10/21 06:59:08
>302
いや、『快楽の館』以前/以降で、幾何学の描写が減ったでしょ?
で、それについてロブ=グリエは何か言っているのか、ということです。

306
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/21 07:03:33
くだくだしいレトリック乙

307
301[]   投稿日:2006/10/21 11:12:19
アランって。友達かよw

308
301[]   投稿日:2006/10/21 11:14:19
やっぱり自身の言及はないのかな。
「もの」や「現前」との関連で述べていたら面白いな、と義妹が言ってたので。

309
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/21 11:15:55
ARG

310
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/22 02:58:38
ノーベル賞をもらうには人間性への生々しい接近が必要だよ、とアドヴァイスされて
急遽作風を変えようとしたのだけど、でもそれってどうやったらいいの?と、
はたと考え込み、その結果、自分にできることとして好きなSMを取り入れる
くらいしかないなあ、心理描写とか大の苦手だし・・・とゆーことで、
あーゆー作風になったそうだ。その甲斐もなくシモンにさらわれて
地団太を踏んだらしいけど。

311
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/23 16:50:26
大人の事情ですね

312
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/06 01:29:05
河出文庫 『時間割』 ミシェル・ビュトール 著 清水徹 訳
文庫 ● ISBN:4-309-46284-7 ● 予価1,260円(税込)
発売日 2006.12.06
濃霧と煤煙に包まれた都市ブレストンの底知れぬ暗鬱の中に暮した主人公
ルヴェルの一年間の時間割を追い、神話と土地の霊がひき起こす事件の
細部をミステリーのように構成した、鬼才ビュトールの最高傑作。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/4309462847

313
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/06 06:28:11
高いな
コメント3件

314
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/06 12:59:37
中公の時間割もってるのに。まだ読んでないけど。
ほかの作品も出してくれよ。
即興演奏を文庫化してくれ。
コメント1件

315
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/07 01:40:29
河出って色々と文庫にしてくれてるからありがたいですわ。
文藝賞がアイドルのスカウトだろーがなんだろーが。

アマゾンでビュトール見たら「仔猫のような〜」が98000円・・・。
まぁ9800でも高い。
コメント1件

316
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/09 16:48:08
>313
容量あるからな。

アランの自伝的小説、だれか訳してくれないもんかな

317
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/10 23:29:45
>313
「仔猿のような」でしょ。
なんだその、かわいらしい芸術家は。
コメント1件

318
317[sage]   投稿日:2006/11/10 23:31:40
>313 じゃなくて>315でした。

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/11 05:29:52
>317
不覚にもワラス

320
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/11 18:00:34
にゃーにゃにゃー。
新しい小説書くニャン。

321
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/12 08:14:44
ロベール・パンジェの邦訳って「仮設」だけ?
コメント2件

322
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/13 18:34:28
>321
ラッパ我リヤ邦訳されてなかったっけ?

323
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/11/14 18:02:26
権力は反対の極にスパイを置く

324
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/14 18:27:44
ビュトール『時間割』なつかしいな。
中公文庫で読んだよ。
>314
『即興演奏』文庫化、賛成。
ハードカバーがけっこう高くて、迷いつつもまだ買ってないんだよな。

325
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/19 13:27:23
>321
早稲田文学に載った抄訳の「息子」がある
コメント1件

326
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/11/24 23:28:22
>325
情報ありが

327
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/11/24 23:34:39
ここにいるのはビュトールを先に知ってて
ロベール・パンジェを読んだ人ばっかりだ。
まー多分日本の全人口中の割合でいうと多数派のハズ。
上に出てるようにパンジェは日本ではメジャーなんだろーし。
コメント1件

328
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/11/25 23:07:55
>327
何が言いたいのか、よくわからない

329
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/26 00:46:12
確かに意味不明だな

330
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/07 12:02:02
楽天フリマで買おうかどうか悩んでいたら全部消えてた('A`)

331
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 13:10:15
私もそれ見てた!どこかで一度に買えないかな?

332
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/21 19:01:36
河出の「時間割」買ったが読んでない。
読んだ人読んでる人、コメントよろしく。

333
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/25 16:27:19
333get
一年五ヶ月でやっと三分の一だ。

334
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/25 16:43:14
このスレはクロード・シモンへのオマージュです

335
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/01 13:12:29
理論的にはリカルドゥーに尽きるのかな。
ロブグリエは部分的だし、ジュネットは散発的だし、
バルトは単なる応援団って感じだし。。。
日本人もちらほら書いてるが、
しっくり来るものを読んだことが無い。

336
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/01 17:36:25
日本にわかるやついないだろw  誰も見てないっしょ

337
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/02 00:06:39
ヌーヴォー・ロマン、アンチロマン自体が一枚岩ってわけじゃないんだから
日本だけでなくて、理論のもとに包括できないってのがあるんじゃないのかな。
それにしてもリカルドゥやクリステヴァは面白くないな・・・・・・

338
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/02 14:09:23
クリステヴァってどこでヌーボーロマンについて書いてるの?

339
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/02 14:27:37
クリステヴァの理論はヌーボーロマンっていうかいわゆるヌーヴォーヌー・ヴォーロマンだろう。
テルケルの。そのくせリカルドゥはロブ=グリエがもっとも相性いいんだけども。

340
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/03 14:04:30
しかし、本当に情報少ないな。
まあ、過去の流行りだっていうのもあるけど。
まあ、既に俺が学生の頃、
ヌーボーロマンの代表的訳者が仏文に何人かいる大学だが、
その仏文の先生が、「今時ヌーボーロマンでもないでしょう」といっていた。
プルーストやフローベールはいいらしかったが。。。

341
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/03 15:33:06
そう言う奴は大抵最初からヌーヴォーロマンが嫌いだったんだよ

342
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/04 03:37:07
嫌だな、普遍性と一過性という対立軸を持ち込むのはw
だからヌーヴォーロマンこそ普遍的なのだよ、と言ってみようか。

343
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/04 15:28:54
いやー、そうなのかー?
じゃあどのあたりが普遍的なのだ?
と調べだすと、資料は少ないし、
ヌーボーロマンと言っても単なる流行で一括りになっているだけで、
それぞれの作家の方法論は一枚岩ではないとか、
そんなのばっかりなわけで。。。

リカルドゥーがヌーボーとヌーボーヌーボーを並べた論文は、
分からなくは無いが俯瞰しすぎで。。。
特にヌーボーヌーボーについては、いや、マジかよ、この先に何も無いよ、
って感じだったし。。。
その後皆自伝的なものに走ったのもわかる気がするのではあるが。。。
コメント2件

344
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 01:42:24
ヌーヴォーロマンこそ小説の本流
コメント1件

345
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 13:49:29
>344
こんなやつばっかり
スレも低迷するわけだ
まあ、2ちゃんだしなw
フランス語圏をあたるか

346
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 06:30:02
>343
例えば、ヌーヴォー・ロマン(的)などの小説に「前衛」の語を与えて、
いったい何を守っているのだろう?という問いを問うてみる。
それはたぶん、後ろにいる者たちの、こっちへ来い、「今時……」と
引張ろうとすることから守っているんではないのかな。
つまり、常に前に居続けること。その姿勢。

ヌーヴォー・ロマンを「形式主義」呼ばわりする批判に対する批判として、
ナタリー・サロートが言ったのも、そのようなことではないですか。
既存の形式に満足して、探究しないものこそ「形式主義」ではないかと。

そうした探究の姿勢は共有されていると思う。
少なくとも、「それぞれの作家の方法論」のばらつきよりも。
プルーストやフローベールにしたって、その姿勢を共有しています。
だから、ヌーヴォー・ロマンの作家たちに好まれているのではないですか。

その意味で、ヌーヴォー・ロマンは一過性ではなく普遍的であるし、
その意味で、ヌーボーヌーボーも、ヌーボーだと思います。

347
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 07:18:59
いやあ、むしろそれだからこそサロートに批判されるような形式主義が
本流なんじゃないの? 普遍的じゃないの?
ポモ的論理にいまやラディカルさはない。
不信の時代どころか、なんも考えてないんだよ。それが本流。

348
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 23:38:59
ヌーヴォー・ロマンは非常に狭く先細りの小川のような本流を進んでると思う
それと個人的にはヌーヴォー・ロマンを「前衛」扱いするのは好きじゃない
あといまだに「アンチロマン」って言葉を平気で使ってる批評家もどうかと思う

349
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/07 06:15:16
確かに「前衛」だとは思わないね。むしろ「王道」を愚直に行こうとしてるというか。

>343
資料調べたりひとに聞いたりしないで、少しは自分で考えろよw

350
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/19 20:44:13
本日、シモンの『ペテン師/風/ル・パラス』(2100円)、
ビュトール『中心と不在のあいだ』(1050円)ゲット。
シモンはちょっと高いと思ったが
ビュトールの方は初めてお目にかかった本なので
運が良かった。

351
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 02:52:53
ヌーヴォー・ロマンは一時期革新的な形式を持った形式主義にすぎない。
「形式」というものがお洒落だった時代の産物。
形式での勝負に見切りをつけて、重厚な「知」の世界に旅立ったソレルスはやはり偉い。
なんだかんだいっても、結局はそこに戻っていく。
ヒップホップなんかも近いものかも。昔は革新的に見えた手法もいまや形骸化し
ジャンルとしても頭打ち。その新鮮味のなくなった手法に拠った音楽の中でも
今だにかろうじて聴けるのは、やはり古典に対して深い造詣を持った、いわば、本質的には
保守的な連中の音楽。
ゴダールの映画がそれなりに見せるのも同じ。ゴダールのなかの保守性がそれを見せるものにする。
結局、なんだかんだいっても伝統(文学の場合なら文学史)への造詣と
それを料理するセンスにかかっているという意味で、みんな保守的なのよ。
でも、それでいいんだと思う。
コメント1件

352
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 13:41:59
ビュトール「時間割」文庫化で初めて読んでるけど、意外と読みやすい。
(もっともあの地図が無かったらちょっときびしいところもある)
ただ、訳者ががんばってるのかな?
普通なら句点で区切りそうな日本語が読点で区切られて並んでいる文体。。。
実はフランス語ではシモンのような、あるいは全く別な難解さがあるのかな?
原書読める人、どうですか?

353
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/21 02:59:44
「時間割」といえば、俺の持ってる「中公 世界の文学版」だと、ページの下に
日記の書かれた時期と書かれている内容の時点が漢数字と算用数字で
示されていたり、ブレストン市街図が最初に載ってたり、早見表みたいな栞が
付録でついてたりするするんだけど、文庫版はどーなの?

354
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/21 03:54:14
文庫版にも付いてるよ

355
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/23 17:16:57
原書にもついとる。
これがなきゃ、なにがなにやらわからんでしょう。

356
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/23 17:23:26
ええ??
俺あんなのすぐ捨てちゃったけど、特に問題なく読めるけど?
くどいくらいこれはいつの頃のことで、いまはいつでって説明が入る文章じゃん?
むしろ含意されてる物語の二重性なんかのほうが、知識の面で苦労させられた。

357
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/23 17:37:49
つか、基本的にビュトールはつまらん。
なんだあの胡散臭い中途半端な文体は、描写も気合が全然足りん。
ナボにふくらし粉呼ばわりされても仕方があるまい。

358
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/23 20:15:06
ビュトールは嫌いではないですが、どちらかといえばオーソドックスな作家って感じですね。
サロート女史も同様です。
ロブ=グリエ、シモン、ソレルスなんかとは本質的に違う種類の作家ですね。

コメント1件

359
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/24 00:13:30
おれは『心変わり』しか読んでないけど、いまいちピンと来なかったな。

360
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/27 01:00:03
ロブ=グリエやシモンにあって、ビュトールに決定的に欠けて
いるのは、「エロ」だろう。
ロブ=グリエはいわずもがなだが、シモンの性描写もかなり
そそる。

361
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/28 20:36:27
>358
いやなオーソドックスだなw

362
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/29 05:51:00
>351
昔は革新的に見えた手法は形骸化する。
そうした形骸化した手法を否定したのがヌーヴォーロマンだったのでは?
例えばゴダールのなかの保守性だけをとりだして安心すること。
例えば保守的な連中の音楽だけを選り分けて聴き入ること。
差異の抹消。全ては(「みんな」)保守的なのだと結論して不安なものを排除すること。
だが文学史の伝統は常に否定的な運動をしている。
とりわけ現代文学は騎士道小説の形式を批判する小説にはじまる。
このような伝統を守るという意味では、保守的なのよ。
でも、それでいいんだと思う。
コメント1件

363
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/29 14:31:22
>362
>そうした形骸化した手法を否定したのがヌーヴォーロマンだったのでは?

ヌーヴォー・ロマンが躍起になって否定したのは旧来の手法の一部であって
いま思えばその否定性は普遍性に手をかけるほどのものではなかったのでは?
移り行く表現手法のバリエーションをみて、その底に横たわる重々しい物から目を逸らすこと。
なにかしらの革新がなされたのだと信じ込み安心すること。
微妙な差異を抽出してみることで否定的な運動に自らも参画していると感じ入ること。
だが現代文学は未だ否定されず、その時々の流行の裏側で、依然かくしゃくとしております。
それはそうそう容易に否定できるものではないのかもしれない。
でも、それでいいんだと思う。

364
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/29 20:13:06
あほくさ

365
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/31 02:27:15
>いま思えばその否定性は普遍性に手をかけるほどのものではなかったのでは?

まさにその通りで、移り行く表現手法をただ信じ込む亜流たちを否定性してきたのでは?
形骸化した手法を用い続けることで、その底に横たわる重々しい物から目を逸らすこと。
チボーデのいう「小説のノン」の否定をする亜流を否定すること。
テル・ケルはさらにそれを乗り越えようと試みたが、その行為においてはヌーヴォーロマンと変わりない。
現代文学は未だ否定されず、その時々の流行の裏側で、依然かくしゃくとしております。
それはそうそう容易に否定できるものではないのかもしれない。
でも、それでいいんだと思う。

366
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/31 07:36:16
そう思えばいいさ

367
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/31 20:51:28
歴史的に眺めてみれば、否定って意味じゃやっぱフロベール、ルーセル、
マラルメ、カフカなんかは凄かったんじゃね?
近いところじゃ、ジョイスやベケット、ブランショのラインもあるし、カミュの文体とか。
そこらに比べりゃヌーヴォーだのウリポだのテルケルなんてのは、マイナーな場所での一騒ぎ
みたいな感じに思える。そもそもヌーヴォー・ロマンなんて曖昧な概念としてしか存在しないし。
これが脚光を浴びたのは、当時の凄腕文壇プロデューサーだったサルトルの恣意性によるところが大きいだろ?
いや、決してきらいじゃないんだがな>ヌーヴォー

368
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/31 22:59:57
そう思えばいいさ

369
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/01 20:53:10
たしかに批評家の道具として重宝されてたよーなとこはあるね。


370
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/04 19:59:01
知り合いで新人賞の下読みをやってるやつから聞いたけど、いまだに応募作に
いわゆるヌーヴォーロマン風味の作品がやたら多いんだってね。
村上春樹もどきのものも呆れるほど多くて、業界的にはどっちも無条件で
はじくということになってるらしいw
コメント2件

371
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/05 14:31:37
>370
後者はわかるが、前者は何故だ?
まさか渡部直己の「それでも」シリーズの影響か?

372
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/06 03:51:03
>370
もったいないな
そういうので落選したやつを読んでみたい

373
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/06 16:00:26
下読みも編集者もヌーヴォーかクソかの区別ができないからだろw

374
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/06 20:04:30
その下読みの言うヌーヴォーロマン風味ってどんなのだろう
下手な前衛小説的なものをヌーヴォーロマン風味って言ってるのか

375
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/07 22:03:07
そうやって下読み段階でいい作品が切られてるんだろうな

376
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/08 04:05:52
そりゃそーだろ、ヌーヴォーなんて商業的な観点からみて売れるわけが無い。
模倣の域を超える程の咀嚼が成されるほど、我国では受容されていないし、
結果的に読者も成熟していない。清水さんや岩崎さん平岡さんががんばった程度でしょ。
こんな状況下でそれを最もうまくやったところで一時期の金井美恵子程度のパスティーシュ
くらいしか出てこないんじゃん?
経営的な判断からいえば、そんな商売にならんものばっかり書いてくるなよ!ってとこだろ。
インテリジェンスは低レベルでも、一見、赤裸々でキラリと個性が光るようにもみえる物語でも
若い子に書いてきてもらったほうが出版社としてはよほどありがたい。

377
KEMANAI[]   投稿日:2007/02/08 21:53:20
映画でもヌーヴェルヴァーグの亜流はひどい代物。
小説も同様やね。

378
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/08 22:27:26
ヌーヴェルヴァーグの亜流というと、たとえば?
コメント1件

379
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/08 22:31:47
おれも同じこと聞こうと思ったw

380
瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン[kuge]   投稿日:2007/02/08 22:51:58
ビュトールちゃんの心変わりとボジョレエヌウヴォオ購入いたしましたので、
ヌウヴォオ上げときますわね。

>378
ボサノヴァかしら?ウフフ。

381
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/08 23:22:46
ニュージャーマンシネマとかの他国の映画の事かな?

382
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/08 23:35:44
ヴェンダースとかだったら全然「ひどい代物」じゃないしなあ。

383
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/08 23:52:03
映画はよう知らんけど、何でもよく噛んで食べないとね。
猿真似がつまらんのはここら辺に限った話じゃないでしょうが。

384
吾輩は名無しである[ssage]   投稿日:2007/02/09 00:09:18
英国式庭園の何たらという映画はひどかったな。
去年マリエンバートでに雰囲気は似てないこともなかったけど。

385
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/09 03:04:28
確かカメラマンは同じだけどな

386
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/09 03:39:15
>ヌーヴェルヴァーグの亜流
ヴェンダースとかそんな一流どころの話じゃなくて、一時ヌーヴェルヴァーグが
脚光を浴びた頃に粗製乱造された一連のゴミ映画のことじゃないかな。
超B級予算で脚本はメロメロ、カメラだけ一見「勝手にしやがれ」のラウル・クタール風
(実は単に下手糞なもんで、ぶれたり、構図がめちゃくちゃなだけ)
糞すぎてソフト化さえされてないから見る機会もなかなかないけど、
フランスでもこんなのたくさん作られたみたい。
以前ロンドンでそういう作品の特集上映があってまとめて見せられたが
いやあ、ひどいもんだったw

387
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/09 20:16:39
もしかして松竹ヌーヴェルヴァーグだったりw

388
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/09 21:58:29
ヌーヴォーロマンもヌーヴェルヴァーグも「亜流」と「本流」の違いがわかりません。
こんな私にどなたか解説していだだけないものでしょうか。。。

389
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/09 22:15:29
ヌーヴォーロマンとヌーヴェルヴァーグも「グループ」としての意味合いが違うしね。
ヌーヴェルヴァーグのほうがもっと横のつながりがあるし。
ヌーヴォーのほうは方々勝手に変な小説書いてたって感じだろうし。

どっからが本流で、どっからが亜流かというのは厳密に考えるとなかなか難しい。
影響を受けたらといって必ずしも亜流ってわけでもないわけで。


390
瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン[kuge]   投稿日:2007/02/09 22:24:39
そういえば田代まさしが「ヌーボー」ってお菓子のCMをやってたわね。
田代まさし=亜流=ヌーヴォオ
やつぱりヌーヴォオって亜流なのかしら?ウフフ。

391
「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/02/09 23:51:45
たとえば、三枝和子の『思いがけず風の蝶』なんかは
ロブ=グリエ好きならどんなふうに読むんだろう。

392
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/10 02:57:15
「ヌーヴォーロマン」って言葉も「ヌーヴェルヴァーグ」って言葉も
いまならさしずめ「JPOP」「J文学」「韓流」なんかとある意味同じだろ。
本質的な傾向を求めようとすると、かなーり無理がある括りだと思う。
既存物への否定性くらいしか見当たらない。
サロートとシモンの小説は全然違うし、ゴダールとシャブロルの映画も全然違う。
これが絵画だったら、例えば印象派っていえば、それなりに画風としての共通項
があったりするけど、そういうものが見当たらないよーな気がする。

393
:「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/02/10 15:39:35
確かに仏語「ヌーヴォーロマン」という名前も
なんてことはなくただ単に「新しい小説」なわけで
シュルレアリスムのような主義もなければ
内容もたいしてなかったわけだけれど、
(ついでにいえば表現形式も多種多様)
従来の小説とは境界線を引きたがったのが
ロブ=グリエの評論「新しい小説のために」で、
まあそのフレーズがすんなりと流通してしまったのは
ポスト構造主義やポストモダンなんかと同じなわけで。

394
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/10 19:13:49
でもヌーヴェルヴァーグの場合は批評家時代から徒党を組んでたからな。
一まとめにするのは理解できる。

395
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/15 17:08:54
仏語「ヌーヴォーロマン」は、単にそういう名前というわけじゃなくて、
伝統小説の亜流への皮肉でもあるわけだけども。
いわば政治的ではあるわな。その点で「JPOP」とはちがう。
「J文学」ほど無茶でもないと思うけど。

まあでも一応、ミニュイから宣言する案があったらしいし。
実現しなかったわけだが。

396
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/15 19:26:43
パルザックこそヌーヴォーロマンのはしりですよね。
コメント1件

397
瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン[kuge]   投稿日:2007/02/15 22:12:21
ヌーヴォーマロンあげ。

398
:「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/02/15 23:18:57
強いていえば、
ブルトンの「シュルレアリスム宣言」にあたるのが
ロブ=グリエの「新しい小説のために」で、
「ナジャ」に相当するのが「嫉妬」かな。

399
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/16 00:55:03
>396
セルパンテス、ズターン、ディトロでしょ
コメント1件

400
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/16 01:22:11
それもちょっと違う

401
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/17 02:51:18
「谷間の百合」がヌーヴォーの連中に与えたヒントは大きいと思う。

402
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/17 18:47:58
どういうヒント?

403
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/18 04:49:10
あの作品のいくつかの描写がね、セザンヌの絵のようなんよ。

404
:「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/02/18 23:21:13
>396 >399
そういう言い方流行ってんの?
ロプ=クリエになっちゃうけど。

405
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/19 00:20:31
セザンヌの絵のようって例えばどういった描写ですか?

406
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/21 06:35:31
モプ=ノリオ

407
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/21 07:55:33
セザンヌの絵は筆先が太いものを使っているのかなあとは思う

408
:「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/02/24 00:49:15
サンマルコ寺院の何たらってのは翻訳されないんだろうか?

409
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/31 14:38:15
すまん。
ヌーボロマンのどこが面白いのか私に教えてくれ。
当方、ヌーボロマン以前の小説はそれなりに読んでるし、現代小説もそれなりに読んでる。アンチモダニズムとか、それまでの小説では自明とされていた作者の身分の否定、物語の否定とか、やろうとしていることはわかる。

でも我慢なしには読み通せないんだよ。どうしても『これは小説にとっての自殺行為なんじゃないか?』という考えが拭いされない。

410
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/03/31 17:20:55
ていうかヌーヴォーロマンと言ってもいろいろあるから一まとめにされても困る。
個々の作家で言ってくれ。

411
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/01 07:32:04
まあもともと死んでるのが小説ですから

412
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/04 16:46:54
サロート『黄金の果実』を本日ゲット。
525円。これでサロートは全て揃った。
サロートは著作が少ないね。

413
【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ[sage]   投稿日:2007/04/05 02:20:43

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html


414
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/08 19:42:55
今日から、A.R-G.『迷路の中で』を読み始めた。
最初のほう、無機質な描写の連続で
ちょっと読みづらいね。
だけど、いかにもロブ=グリエらしくていい感じだ。

415
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/22 18:41:25
ロブ=グリエってエロイよね

416
414[]   投稿日:2007/04/24 01:33:34
本日、ようやく『迷路の中で』読了。
後半、とても面白かった。
これで、所持しているロブ=グリエの本で
まだ読んでいないのは「ジン」のみになってしまった。
行きつけの古本屋さんで『快楽の漸進的横滑り』が4000円で
売っていたけど、あれを買おうかな・・・
しかし、小説でないから迷うな。

417
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/24 06:23:26
なにごとも「調」をつけて語られるようになったら終わりのような気がしないでもない。
規制概念の打破を掲げたヌーヴォー・ロマンだったわけだが、時を経て
いまやその作家や作法も一つの既成概念に数えられつつある。
もはやすこしも「ヌーヴォー」ではない。
それをベースにした発展がなかったせいだろうか?
ヌーヴォー・ロマン以前に立ち返ることは論外にせよ、ヌーヴォー・ロマンを
刷新するような方法論ってのは出てこないんだろうか?
こんなことを嘆くよりはむしろ好意的に、おかげで文学表現のバリエーションが
増えたと捉え、いつまでも慈しむべきだろうか?
コメント2件

418
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/24 07:01:05
>417
>それをベースにした発展がなかったせいだろうか?

というより、それ以前にマイナーすぎたってことでしょう。パンクロック風の音が
今やジャニーズのCDのなかにさえ垣間見られる、みたいな浸透力が無かったと。
消化されていない、ご新規の読者をいまだに作り続けてる、って意味で
今だに「ヌーヴォー」かもしれないですよ。

419
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/24 13:23:44
今読んでも新しいよ、ヌーヴォーは

420
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/24 16:22:19
デュラスの「愛」

これはまるでポストモダンだ

そして詩的でうつくしい

421
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/24 16:45:51
デュラスなら「死の病」のほうがすごくね?

422
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/24 20:06:38
ヌーヴォーロマンのマイナー性と知的スノビズムとの関連について考えてみたい。

ヌーヴォー・ロマンは本気でメジャー化を目指したのか?また、そういう努力は払われたか?
それとも本当は、一部のわかる人間だけにはわかるといった文学世界の上席を確保したかっただけなのか?

どっちだ??
コメント1件

423
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/24 20:17:36
>422
とりあえずシンポジウムとかはやった。
一、二回しかやらなかったみたいだけどw
コメント1件

424
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/24 22:37:36
>423
サロートが完全に孤立したのはそのシンポジウムだったかな?

425
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/24 23:16:40
別にメジャー化なんてしなくていいよ

426
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/26 02:55:16
しかしメジャー化しないと、(少なくとも目指さないと)革命にならん。

427
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/26 13:19:55
ジョイスだってプルーストだってメジャー化なんてしてないだろ。実際に読んだ奴なんてほんの少しだろうし。
名前だけは売れてるけど。フォークナーなんてもっとマイナーだし。
だからと言って彼らの仕事が無駄だったわけでもない。

そもそもメジャー化って意味が分からない。
コメント1件

428
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/26 13:36:47
>427
ジョイスやプルーストと違い、ヌーヴォーは意図的に政治性をはらんだ文芸活動だったはずだけどな。
ARGの例のマニフェストなんかを読むとそのへんはよくわかるよ。
革新的であることと革命的であることとは微妙に違う。
メジャー化ってのはいわばヘーゲル的否定のことですな。

429
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/26 14:13:47
もっと具体的に言ってもらわないと分からない。
「政治性」とか「革新的」と「革命的」の違いとか「ヘーゲル的否定」とか。
コメント1件

430
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/26 14:51:16
>429
ARG自身が、私たちの方法論は将来否定されるだろうがむしろ
そうあるべきなのだ、ってことを言っている。
彼は自分たちが、ある意味で捨石であることを見据えているわけです。
ここがジョイスやプルーストとは違い、革命家であるゆえんです。

つまり、ヘーゲルの「弁証法」ってやつですよ。
「正」+「反」→「合」、「合」がふたたび「正」+「反」→「合」・・・

メジャー化って言葉は(稚拙でしたが)、これでいう「合」の意味で使いました。
はたしてヌーヴォーの企図したはずの「合」の招来はあったのか?という問いを背景にして。

431
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 10:58:20
そのメジャー化というのを果たした作家なり小説なり文学運動なりってのは何になるのでしょうか?
ヘーゲル的否定とか弁証法と言われてもいま一つピンとこないので具体例をあげてもらえないでしょうか。

私はたんじゅんにジョイスもプルーストもヌーヴォーロマンの作家も普通にメジャーだと思ってるのですが
読んでる読んでないは別にしても、上記作家は誰でも名前や存在くらいは知ってるんじゃないでしょうか?
コメント1件

432
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/27 12:53:34
>431
セルバンテス

433
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 14:11:28
名前だけあげられても・・・すいません
セルバンテスをヘーゲル的否定(弁証法)というメジャー化の図式に
あてはめてもう少し説明してもらえないでしょうか?
コメント1件

434
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 14:36:57
>433
一連の騎士道物語→「正」
セルバンテス→「反」
近代小説→「合」
コメント2件

435
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 14:37:54
なんかもうギャグになってきたなw

436
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 14:57:50
>434
ありがとうございます。その図式のような発展で捉えるなら
近代小説

サロート・ロブ=グリエ・シモン・ビュトール・etc

ヌーヴォーロマン

という理解もなりたつのではないかと思うのですがどうでしょう?

437
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 15:22:33
近代小説→「正」
ヌーヴォー→「反」
????→「合」

すくなくともヌーヴォーロマン当事者が標榜したのはこの構図(だったはず)。
コメント1件

438
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/27 15:44:34
>417
80年代アメリカその他のポストモダン文学に括られそうな作品なんかは
ヌーヴォー・ロマンの延長線上にあるのでは?
よくしらんけど

他の系譜の実験小説の類とヌーヴォーの違いってなんだろうか、
独特の色があるよな。
細かいことを積み重ねていって、バーンてわかりやすい図式を出したりしない感じとか。
コメント1件

439
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 15:50:07
>437 それですと>434の話も
一連の騎士道物語→「正」
近代小説→「反」
???

ということになるのでは?
それともセルバンテスと近代小説は全く・・・とは言わないまでも半分しか共有するものがない
という理解になるんでしょうか?
(どうもセルバンテスと近代小説を同軸上におくのは無理があるような・・・)

私には正・反・合というのがいま一つ理解できてないのかもしれないのですが
合というのは正と反が総合されたものという事でよろしいのでしょうか?
だとすると近代小説というのはセルバンテスも騎士道物語も
すべてうちに含むものなのでしょうか?
それとも三つはもっと別の在り方をとっているのでしょうか?

質問ばかりしてすいません
コメント1件

440
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 16:05:55
>438
ポストモダン文学はヌーヴォーの延長よりも構造主義以降の
記号的操作に終始しているような気がしてどうも味気ないんですよねー
ヌーヴォーはエクリチュールの冒険を極端におしすすめましたがそれでも物語だけは
きっちり語ってくれてるので特に実験性をつよく意識しないでも楽しめると思うのですが
コメント1件

441
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 17:12:35
>439
ドンキホーテはある意味で騎士道物語によく似てるよ。
パスティーシュだからね。
ヌーヴォー・ロマンが既存の小説のスタイルに多いに拠っている
ってのも同じじゃないかな。例えばミステリースタイルの採用とかね。
でも、どちらも、それまでと違うものを戦略的に持っている。

正と反の間には「否定」ってものがあるんだが、否定は反からだけのもではない。
つまり正反双方が否定しあうわけだ。その結果生じるのが「合」。

442
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/27 20:38:47
>440
たしかに、いわゆるポストモダン文学ってのはつまんない、俺も苦手だわ。
うまく言えんが、理論的なものと身体的な感覚がなんかそぐわないんだよなあ〜
ヌーヴォー・ロマンの作家の作品は、難しくてもなんとなく感じることができるんだよねえ〜

443
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/15 17:32:24
ロブ=グリエの
『消しゴム』『快楽の漸進的横滑り』『快楽の館』あたりを
復刊してくれ。
シモンとかビュトールは近年、何作か復刊してるじゃないか。
ロブ=グリエもよろしく。

444
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/16 00:45:44
頭かたい馬鹿にはそもそも読めないでしょ、ロブグリエもナタリーサロートも、デュカスも

445
443[]   投稿日:2007/05/18 15:32:53
『快楽の漸進的横滑り』買ってしまった。3500円。
近所の図書館にもないので
まあ、いいか。

446
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/18 16:12:17
小宮山書店かどっかでべらぼうな値段で売ってたな
コメント1件

447
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/18 16:30:16
>446
いくらくらいで売ってたの?
まあ、小宮山は高いよね。

448
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/25 02:15:33
いまだにガチヌーヴォーな書き方してる作家っているの?
ソレルスはヌーヴォーっぽい書き方はしなくなったし、ARGが久しぶりに
新作を出したと思ったら、物語を大々的に取り入れたものだったし、
シモンは死んじゃったし・・・
フランスにはまだいるのかな? 日本では皆無じゃね?
もっとも、書いても出版してもらえないと思うけど。

449
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/25 02:18:16
ARGの新作って『反復』か?
いま再読してる。
おもろいわ。今年はなんだかARGばかり読んでる。
コメント1件

450
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/25 02:31:04
>449
うん。
『反復』はおもしろいし、ARGらしさもちゃんとあるけど、文体が
-狙いなんだろうが-パルプフィクション的紋切型の模倣になってて、
例のクラクラするような描写が影をひそめてしまっていたのには、
一抹の寂しさも感じた。
いまあーゆーの書く人っていないんだろうか?
コメント1件

451
449[sage]   投稿日:2007/05/25 02:37:52
>450
ああ、描写は確かに浅めかもね。
物語的要素が強いかな。『嫉妬』なんかだと
かなりくどく描写して、それを執拗に繰り返すもんね。
それと、いまARG見たいなの書く作家は
浮かばないなあ。だから、未訳作品を訳してほしいんだよなあ。
平岡さんが亡くなられたのは痛いよ。
シモンもまだ未訳があるしね。
コメント1件

452
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/25 02:52:32
>451
そうね、昔のARGは描写を錯綜させたり反復することで
クラクラさせようとしてたかんじだけど
『反復』では挿話(物語)を錯綜させる方向にぐっと傾きましたね。

シモンの未訳は読みたいなあ〜。平岡さんがいなくなったのはほんと痛い。
将来、訳出されるにしても堀江あたりがやりそうな悪寒。
あと、パンジェって人の作品もぜひ読んでみたいなあ

453
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/14 10:15:26
パンジェは「息子」という短篇の抄訳が『早稲田文学』
に掲載されたことがあったはず。バックナンバーを見て
みて下さい。

454
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/14 11:10:18
江中さんがいるだろ

455
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/20 02:22:34
今日クロード・オリエの『治安維持』を入手した。
嬉しくてうんこちびった。
いまリカルドゥー『言葉と小説』のページちぎってケツ拭きながら読んでる。

456
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/20 15:18:59
21世紀、ヌーヴォーロマンの流れはどこの国に受け継がれてるの?

457
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/20 18:07:02
ジャポン

458
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/21 09:06:07
457>>それじゃ、フランスじゃないすか(w

459
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/24 23:57:00
新訳の情報とかないかなー

460
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/25 00:58:38
翻訳されるかどうか知らんがロブ=グリエの新作が出ておるぞよ。
http://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/2213632618/
コメント2件

461
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/25 01:04:58
>460
すげー!!
たしか80代半ばでしょ?
嬉しいねえ。これはそのうち翻訳されるでしょ。
欲を言えば平岡さんの訳が読みたかったけどな

462
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/04 13:10:39
春樹の名前を出すとこのスレの住人は眉をひそめるかもしれないけど、
『アフターダーク』ってヌーヴォロマン風味じゃない?あくまで風味だけど。
ロブグリエを思い出す。当然一般の評判はあまりよくないらしいけど。

463
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/04 16:10:07
わかるよ、描写でしょ?
ヌーヴォー風だよね。

464
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 16:14:13
描写は無いし、
話の錯綜は無いし、
テレビの中の世界が新たな展開を示すわけでは無いし、
いったいどのへんがロブグリエ?

465
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 16:15:40
かぶったけど、描写は無いよ。

466
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 16:27:27
春樹はエッセイで「若い頃はフィッツジェラルドみたいな古い作家が好きで当時の前衛的な小説は嫌いだった」
みたいな事を書いてたのにアフターダークはそれこそヌーヴォーロマンを真似しようとして失敗した見本のような
小説を何をトチ狂ったか書いちゃったんだよな、あれは痛々しかった

467
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 16:44:30
真似しようとしたとさえ思わなかったんだが、
何かソースがあるの?
そういう発言があったとか。
それとも作品からわかるところがある?
コメント1件

468
463[]   投稿日:2007/12/04 16:58:26
ある。
観覧車からの描写があるのってたしかアフターダークってやつじゃなかったっけ?
あれなんかはあきらかにロブグリエ風タッチのものだったと記憶する。

469
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 18:29:11
ない。
描写を勘違いしている。
村上のは全部語り、ナレーション。

470
463[sage]   投稿日:2007/12/04 19:55:59
そっか、じゃ、かん違いだったわ

471
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 21:02:50
カフカ→ARG(さらさら系)
フォークナー→シモン(汁系)

472
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 21:51:05
スレすすんでる、と思ったら春樹の話題が出ただけか・・・
>460の新作、早く翻訳されないかな。
されたら発売日に買って読むんだけどな。

473
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/04 23:17:42
>467
読めば分かるだろ
コメント1件

474
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/05 00:39:59
>473
ああ、真似していないということが分かった

475
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/05 01:56:25
真似かどうかは知らんが、意識はしてるだろ。ヌーヴォー・ロマン。
読者と作者の間の壁を無くそうとしたり、カメラに例えた視点があちこちうつったり、いわゆる物語性を破壊しようという試みは見えるだろ。
成功してるかどうかはわからんが。

476
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/12 14:54:03
ソレルスはスレ違いだけど、
『女たち』が文庫化されたね。
『ドラマ』も改訳中らしい。

477
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/13 02:11:48
あの見事な訳を誰が改訳するんだろう・・・
岩崎さん本人なら納得できるんだが

478
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/27 17:31:27
岩波文庫の『心変わり』が見つからん…。

479
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/13 17:15:49
アラン・レネの映画を見てヌーヴォーロマンに興味を持った。
皆さんのきっかけは何ですか?

480
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 19:28:28
『去年マリエンバートで』か?
俺はなんだったかな?
まあ、ロブ=グリエとかなんとなく買って読んだのがきっかけだろうな。
それからは、しばらく熱心に集めたもんだよ。
絶版多かったからね。いまは、これでもけっこう手に入りやすくなったと思う。

481
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/18 01:09:37
サロート人気ないね

482
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 01:27:57

483
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 02:55:56
合掌

484
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 07:45:47
南無阿弥陀仏

485
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 10:50:09
ご冥福をお祈りいたします。

486
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/19 11:35:02
いまニュースを見ましたよ・・・。合掌。
これを機に、後期の自伝的小説が全て翻訳されますように。

487
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 12:38:00
俺もニュース今見たよ。年齢的にしょうがないとはいえ、ショックだ。
シモンとロブグリエがこれを機にしてでももっと訳されてくれれば…。

488
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/19 12:44:38
ZARDの訃報なみのショックだわ・・
来月の文芸誌でアランの日本の友人、シゲヒコの追悼コメントが載るだろな
(シモンの時のコメントを思い出しながら)

489
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 13:16:03
新潮は追悼して全部復刊しろや

490
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 15:10:05
自身の葬儀に参列者として現れる。。。


に10ユーロ

491
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 15:43:06
サングラスに付け髭の見るからに怪しげな参列者がそこかしこに。

492
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/19 16:27:32
双子の片割れみたいだよ

493
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/19 17:43:17
久々に上がってると思ったら、訃報か・・・
残念だが、天寿を全うしたと思いたい。

494
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 18:10:43
合掌。85は天寿でしょう

495
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 18:49:10
合掌

496
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/19 19:54:13
これで残ってる世界的文豪はソルジェニーツィンだけか

497
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/20 06:24:12
ブラッディ・マリーを飲むたびに思い出すよ俺は・・・。

498
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/21 01:08:35
つーかARGって今まで生きてたんかw

499
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/21 06:40:08
ゴダールが死ぬより先に死ぬと思ってなかったからショックだったよ

500
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/25 11:06:33
『治安維持』手に入れたけど
装丁が洒落ててびっくりした
コメント1件

501
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/04 20:13:23
さっきコンビニで早稲田のフリペもらってきた。
一行目から蓮実節でなんか笑った。

《あたかもそれが自分にとっての悦ばしき権利だというかのように、
アラン・ロブ=グリエは、その生涯の終わりに、一篇の「笑劇」を自作自演してみせる。》
コメント1件

502
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/04 22:27:54
オリエは眠たくなる

503
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/04 22:34:06
>501
コンビニにおいてあるんだ?いいなあ。
俺の場合、電車に乗って、大きな図書館か大型書店まで行かないと
ダメなんだよな。

504
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/06/15 17:43:35
おっぱいをフライパンで焼く感傷的な話の翻訳マダー? (・∀・っ/凵⌒☆チンチン

505
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/15 18:37:57
>500
副題がいいんだよな
ー革命を内包した風景ー

506
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/07 16:41:23
浮上

507
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/26 11:10:45
ビュトールが来日してただなんて知らなかった
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2008/09/1127/
http://www.institut.jp/agenda/festival.php?fest_id=47

508
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/04 03:01:52
ビュトールの立教大学でのシンポジウム行ったよ
ビュトールってサンタクロースみたいなおじさんだった

509
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/18 02:20:53
早稲田文学で「特集 ミシェル・ビュトール」
http://www.bungaku.net/wasebun/magazine/wasebun2_1217.html

510
由希 ◆YUKI/DfWf. []   投稿日:2008/12/28 18:00:39
ボジョレヌーボー

511
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/09 16:08:06
ヌーヴォーロマンの影響をもろに受けた日本の作家って誰ですかね?
あべこうぼうとか中原将弥は既出なんでほかに

512
弧高の鬼才 ◆zD.tvziESg []   投稿日:2009/02/09 16:41:18

513
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 17:22:53
まあがんがれ・・・いまどきはやらないヌーヴォ・・・いまやれば目立つかも?

514
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/09 19:01:27
今の文壇はひねくれたハードボイルドが流行ってるよな

515
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/08 14:46:28
河出文庫 ロ2-1
カイラクノヤカタ
快楽の館
アラン・ロブ=グリエ 著
若林 真 訳

定価924円(本体880円)
ISBN 978-4-309-46318-6 ● Cコード 0197 ※未刊


英国領香港の青い館〈ヴィラ・ブルー〉で催されるパーティ。
麻薬取引や人身売買の話が飛び交い、ストリップやSMショーが
行われる夢と幻覚の世界。
独自の意識小説を確立した、ロブ=グリエの代表作。
コメント1件

516
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/08 15:29:12
>515
情報サンクス。
うれしいなあ。最高じゃないか。
河出書房に感謝。

517
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/11 03:40:38
ジュヌセッパ、ムシュウ

518
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/17 06:59:07
A・R=G晩年の自伝的著作は訳される気配なしかねえ
コメント1件

519
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/03 04:35:22
訳す人がいないもんねえ

520
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/11 23:31:18
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件

521
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/17 16:34:34
>518
カトリーヌ未亡人の『若き妻の日誌 1957-1962』“Jeune mariée Journal, 1957–1962”
と併せて出版して欲しい。

522
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/25 12:47:41
私のこと忘れないで

523
ザ・スミス[]   投稿日:2009/08/23 22:21:04
河出はシモンには手を出さないのかな?
白水社モノはダメか?

524
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/24 17:02:04
筋のないエッセイのような小説を得意としたのは、ヌーヴォー・ロマンの作家の中ではだれですか?

525
弧高の鬼才 ◆zD.tvziESg []   投稿日:2009/08/25 11:40:50
>520
古事記

526
ザ・スミス[]   投稿日:2009/08/26 22:00:54
>筋のないエッセイのような小説
なら日本の私小説作家のほうが得意じゃね?

527
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/27 20:49:57
吉田健一?

528
消しゴム[]   投稿日:2009/08/27 23:43:33
ヌーヴォーロマンなら、リカルドゥはどうなってんの?
ロブ=グリエはリカルドゥをファシスト?呼ばわりしていたけれど、ヌーヴォーロマンの理解には必読の書だと思う。
リカルドゥ自身、ヌーヴォーロマンを書いているけど、紹介がない、どっかの出版社がやってくれないかね。

529
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/30 21:07:50
もうリバイバルブームみたいなのはないだろうね
新しく翻訳されるということもないだろう
ヌーヴォーロマンとは阿部良雄が言う通り過去のものなんだよ

530
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/30 23:45:38
野崎歓と浅田彰の対談があった

531
消しゴム[]   投稿日:2009/09/01 14:33:54
現在の日本の文壇や文芸の状況じゃ、ブームみたいのはないだろ。
日本の文学はポストモダン=江戸的だから。ナイーヴな心象がブームだよ、24時間テレビとか。

そういった意味で、ヌーヴォーロマンが過去のもんだとかいう学者の発言は信用できないんじゃないの?
学習院の篠沢教授も、ヌーヴォーロマンの連中は内面を描くのが怖いのだ、とか言って非難していたけれど、
ヌーヴォーロマンの革新性はそういうところにはないと主張することだったんじゃないか?
孫引きだが、「革命の文学」から、「文学の革命」へというあり方は今も古くなってないと思うよ。

532
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/02 01:09:07
要するに、ロブ=グリエもビュトールも面白くないんだよね。
文学のパラダアイムチェンジを目指そうがどうしようが
最終的に「面白さ」のないものは消えて灰になってく。

533
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/02 09:59:55
ロブは面白いとおもうけどなあ
良い意味で俗っぽいし
シモンは読むと疲れるので苦手…
コメント1件

534
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/02 15:36:33
面白いっていうのは、いろんなレベルがあるから。
エンタメ小説とか漫画読むような面白さやカタルシスは期待できないな。読んでもれなく感動をもらえるっていうわけでもない。
ロブ=グリエは通俗と戯れることで、通俗さと文学の境界を動揺させていた。シモンはどっちかっていうと、日本の私小説家に近い。
それで、ノーベル賞ももらえたんだと思う。
世界的にも、ヌーヴォーロマンは過去にあった、永遠に到来しない未来の何かなんだと思う。

「革命」とか、そういうのにリアルさが感じられない世の中だってこともあるだろう。
政権交代っていっても、せいぜい税金が安くなるとかならないとか、そんな関心しかもてない世の中だからな。
フランスではドゥルーズなんかにも影響を与えた小説運動だった。まあ、いまじゃゴダールみたいに無視されているらしいが。

535
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/02 19:05:46
>面白いっていうのは、いろんなレベルがあるから。
確かに面白さの定義はいろいろあるから一概にいえないけど
そのひとつに「感情移入」ということがあると思う。
プルースト、カフカ、フォークナーにはそれが可能なんだけど
ロブとビュトには感情移入できるエレメントが稀薄なんだと思う。
あえて内面や感情を捨象するスタイルを選んだわけだし。

俗っぽさやエロスをロブに感じることはできるし
そこに読者がエモーショナルに入り込もうと思えばできるけど
最終的に作家のモチーフが強く感じられないから弱い。
「芸」が鼻についてしまうということもできる。

シモンは確かに読むと疲れるけど、感情移入はできる。
読書においてボーダーラインを超えてしまえば、
作家のモチーフもリアリティをもって感じられるから
苦痛が面白さに転換されるんだと思うんだな。
シモンの場合、モチーフの強さが「芸」を凌いでいく感じ。

536
535[]   投稿日:2009/09/02 19:11:13
概観せずに、具体的な作品で見ていくと
またニュアンスは多少違っていくんだけどね。
晩年のロブ「反復」とシモン「アカシア」なんかは
かなり共通点をもってきたりするのと同時に
プルーストにかなり近づいていった感じだしね。

537
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/02 19:41:50
エルネスト・サバトがロブ=グリエの客観性を重視し、主観性を否定する書き方を激しく批判しておりましたが、それはいかが(笑)
文学で客観性を主張する事自体が大きな間違いである、と(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

538
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/02 20:38:49
サバトにとって人間の内面、即ち主観を書けない物は文学ではない、ようです(笑)

539
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/02 23:30:04
日本でのロブ=グリエ批判(主に仏文学者の)もそういう感じだったらしい。
エッセイ「客体の文学」でバルトがそれを擁護したわけだけど…
日本では、蓮実の他、柄谷行人が「知性の悪闘」といって擁護(?)らしきことをした。
まあ、映画もいつからかCGやドラマの続きを見るメディアに成り下がった観のある日本(世界?)の状況だから。
過去の遺物といって忘れたい人も多いし、無理に読めとはいえない気もするね。

540
535[]   投稿日:2009/09/03 00:02:13
過去の遺物となりつつあるのかもしれないけど、
とはいえ、ヌーヴォーロマンなんてなかったことにはできないよね。
ヌーヴォーロマンが60年前後に提議した問題ってのは
多かれ少なかれ何らかの影響は与えているだろうから。
何の疑いもなく主観や感情を描くことのナイーブさを感じない作家は
それはそれでつまんないだろうし。

541
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/03 20:02:56
まぁ確かにサバトの意見は依怙地と言えば依怙地でしょうねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
ですがさばとの言う主観と客観を統合した物で無ければ今後の文学は存在し得ない、というのもまた一理あると思われます(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
ところでこちらでは全く取り沙汰されませんが、もう一つのヌーヴォーロマンはいかが(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
二十世紀初頭のイギリスに現われた殆ど戯曲かと見まがうくらい地の分が少なく、台詞ばかりで構成された小説の事です(笑)
地の分主体であったヴィクトリア朝小説を打破したムーブメントとして知られておりますが、描写に主体を置くフランスの物とは違い、台詞に主体を置いておるのが違いですか(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

542
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/03 22:34:14
>ヌーヴォーロマンが60年前後
ってとこだけど、最初アンチロマンっていわれてたってのをどこかで読んだ。
ARGがヌーヴォーロマンなんて言い出さなきゃ
アンチロマンの名称が浸透してたかもしれない。
で、アンチロマンの前にはアンチテアトルの動きがあって
不条理劇とも呼ばれたベケットやイヨネスコがいたわけだよね。
不条理劇という名称にはカミュの影響があるんだろうけれど
実存主義からヌーヴォーロマンへという歴史的動きの中間に
ベケットたちがいたことになるから
演劇の動きが先行してヌーヴォーロマンを用意したようにも見える。
で映画ではゴダールなんかのヌーヴェルヴァーグが50年代に起こってたから
ヌーヴォーロマンよりひと足早かったわけで
映画における波を小説のほうでも受けた、と見ることもできる。
ヌーヴェルクリティックとなると、ヌーヴォーロマンより後になるかな?
で、アンチテアトルのほうには笑いの要素が結構あったのに対し、
アンチロマンのほうにはほとんどなかったんだよね。

543
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/03 22:39:31
>533
>ロブは面白いとおもうけどなあ
というのは同意。一見無味乾燥な客観描写に徹してるように見えるけど、
結構推理小説的な要素が濃く入ってると思う。
基本的に主人公の視点はスパイ(覗き屋)。
もちろんそこにエロも絡んでくるわけで、盗撮マニアも楽しめるんじゃないか?w

544
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/03 22:48:40
このスレ、スノッブなバカしかいないな。
コメント2件

545
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/03 23:28:00
アンチロマンの名称は、サロートの「見知らぬ男の肖像」にたいしてサルトルがつけたものだった。
サルトルとロブ=グリエはその後、例の文学と現実との関係に対する観念や意見で対立した。
まあ、そういう小説外での出来事も影響したが、ヌーヴォーロマンにはそれまでの小説を総括するという面もあったから、
安易に「アンチロマン(反小説)」とはいえない部分があった。パンクロックなんかで、楽器をぶっこわせば「パンク」で革新だってやつもいたけど、そうでなかったのとおんなじ。
作風も作家それぞれだったから、小説の「ぶっこわし」とか単純な「アンチ」ではないと思うよ。

546
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/03 23:37:09
↑ やっぱり、バカだ

547
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/04 11:54:40
日本では「ヌーヴォーロマン」で一括りにされるが、年代的な変化も見落とせない気がする。
だいたい70年前後から、それぞれの作家の中でも変化が起こって、仏の識者によると「ヌーヴォーヌーヴォーロマン(新新小説)」という動きが認められる。
ロブ=グリエだと、「迷路のなかで」あたりから変化してる。
シモンだと「トリプティック」あたりが代表例。そうした新しい傾向によって、物語的な緊張がうすれていった、という感じにもなった。
やはり「68年の革命」以降、ヌーヴォーロマンの緊張感も変化したんだと思う。
シモンの小説も仏ではロマン(小説)でなく、テクストという括りで出版されているようだ。

「客体の文学」のバルトからすると、やはり「覗くひと」あたりで関心がうすくなるのもしょうがない感じもする。
むしろ新しい書き手、ソレルスなんかのほうに関心が移行したが、それよりドゥルーズやデリダといった哲学書のほうのセールスが増えていった。
教皇ロブ=グリエの変容に対応する形で、蓮実重彦は描写を意識的に抑制した「陥没地帯」や「小説から遠くはなれて」といった物語論を展開していったことは周知のことだろう。

548
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/04 12:17:02
セールスが増える

549
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/04 12:39:11
ヌーヴォーロマンっていうと、
やっぱり50年代後半から60年代にかけてのもの、
というイメージがあるね。

550
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 00:08:15
中原昌也はヌーヴォーロマン的。

まあ、インテリ向けだね、彼の作品は。

551
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 02:39:51
中原昌也をヌーヴォーロマンにしたいのは、新潮の編集部や一部の評者くらいなんじゃない?
たしかにデビュー前後にヌーヴォーロマンをよく読みこんでいたらしいが。

渡部直巳もフランボワン式「ボヤ」とか言ってたし。
技術的な面で、ヌーヴォーロマンに欠けているし、むしろ80年代の熾き火みたいでもあるんじゃ?
バブルの頃のシブヤ文化村の生き残りってくらいじゃないかね。

552
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/05 16:26:47
>544
「スノッブ」ですら褒めすぎ。
学生のレポートの下書き以下でしょう。

しかし過疎スレに急に湧いたな。
コメント1件

553
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/05 19:17:41
過去の文学運動の作品と引き比べて、これは似ている、といわれましてもそれが如何なのだ、という問題はありませんか(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
過去の小説は劣っていて、学ぶ必要は無く、現代の小説のみ読めばよい、と仰っていた方もおられましたが(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

554
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 23:26:28
中原昌也はヌーヴォーロマンじゃないな
シュルレアリスムっていうのならまだわかる

555
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/05 23:29:06
>544 >552
それこそ「スノッブ以下」の自己言及的書き込みだよw
といわれたくなかったらお手本をどうぞw
コメント1件

556
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 23:31:59
日本で代表的なヌーヴォーロマンっていうと
蓮實の「陥没地帯」になるのかな?

三枝和子にもロブグリエそのまんまっていう
ヌーヴォーロマンはあるけど。

557
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 23:38:30
ヌーヴォーとグループ化される全員に共通した作風は存在しない

558
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 01:57:26
絶対的な客観性とは同時に絶対的な主観性である

559
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/06 02:01:02
>555
言われないよ。
なぜならお前が「自己言及」を間違って使っているからw

560
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/06 02:01:45
蓮實がロブ=グリエを卒業したように、阿部がシモンを卒業したように、
ひとはヌーヴォー・ロマンを卒業しなければならないのだよ

561
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 10:55:50
ヌーヴォーロマンという名前が消え去っても
残っていく作家はシモンだと思う

562
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 12:07:29
シモンが残ったらヌーヴォーロマンの名前も消えない。
不可分。
コメント1件

563
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 14:26:26
ヌーヴォーロマンの名前を知っているひとや書き込んでいるひとで、

>三枝和子にもロブグリエそのまんまっていう
ヌーヴォーロマンはあるけど

と思っているひとはどのくらいなんだろう。たぶん、作品を読んでもこう思っているひとが多いんじゃないかな。
三枝和子氏は深い心理を描こうとして、ヌーヴォーロマンの文体を採用した。その意味で、ヌーヴォーロマンとは違う。

前レスで
>中原昌也をヌーヴォーロマンにしたいのは、新潮の編集部や一部の評者くらいなんじゃない
としたが、心理と切れているという意味でなら、中原氏はヌーヴォーロマン的といえると思う。

また、心理や意識とは別のところ、エクチチュールとか制度的な記号について考察しつつ創作したという点で漱石はフローベールの位置にあった。
蓮実や柄谷が多くの漱石論を集中的に書いたのもそのためだ。
ヌーヴォーロマンの日本での受容は未だ、ほとんど皆無なんじゃないか。もちろん、受け入れられず消えたとしてもいいんだろうが。
コメント1件

564
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/06 16:21:20
中原はベケットっぽいような気がするけどな

565
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 17:51:03
>562
それはきっと違うな。ARGならともかく。
単にプロフィルで言及されるぐらいだろう。
ノーベル賞作家という名称すら必要とはしない、
そういう独自のポジションを占めている。

566
吾輩は名無しである[sge]   投稿日:2009/09/06 19:38:21
中原はヌーヴォーロマンはもちろん
ベケットともたいして似てないだろ。
むしろアメリカのアヴァンポップのほうが近い。

567
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/07 08:53:20
漱石はもろにモダニズムなんだが。

568
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/07 10:15:47
アカシア意外に読み易い

569
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/09 22:02:55
>563
>三枝和子氏は深い心理を描こうとして、ヌーヴォーロマンの文体を採用した
というのは、的を外していることになるだろう。
『思いがけず風の蝶』の中の「小説の消滅」という作品を読んだなら
そのことに思い当たるはずだ。

570
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/11 21:34:58
>アカシア意外に読み易い
うん、シモンの中ではかなり読みやすいほうだよね

571
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/12 02:37:05
ベケットはなぜヌーヴォーロマンから外されるのか
コメント1件

572
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/12 03:10:17
子供電話相談室で聞け。

573
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/12 15:32:18
>571
少し前のレスを読んだらわかると思うよ

574
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/12 19:38:50
ヌーヴォーロマンの50%はARGで
ビュトールが22%、シモンが13%
サロートが10%って感じじゃなかろうか?
コメント1件

575
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/12 21:15:51
>574
個人的には、ロブ=グリエとシモンに尽きるな。

576
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/13 00:32:07
太宰はヌーヴォー

577
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/13 08:35:54
俺のヌーヴォーは太い。

578
563[]   投稿日:2009/09/15 02:15:03
三枝氏は深い心理なんて描くつもりはなかったのかもしれないね。
でも、リカルドゥ言うところの比喩の構造化とか紋中紋といった、ヌーヴォーロマンに特徴的な技法はあんまりなかったのでは。
むしろ、日本では詩人がそういう技法を使えていたんだと思う。

『思いがけず風の蝶』って、ヌーヴォーロマンってより日本の前衛芸術ですって主張してるんじゃないの?

579
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/17 22:26:39
『思いがけず風の蝶』の中の「小説の消滅」は
特にARGの『マリエンバート』の影響が濃い。
機械的に反復される特定の無機質な風景描写とか。

580
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/21 02:53:35
んじゃ、「イノセンス」の押井学や「藪の中」芥川龍之介、それを映画化した黒沢明もお仲間かあ?
イノセンスには、ロクス・クルス(?)社なんてのも登場してるし、夢落ちだけど「反復される」屋敷の風景なんかもあったから、そうだよね。
コメント1件

581
きりん[]   投稿日:2009/09/21 04:15:51
フランス革命からルーマニア革命まで

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0202/9/191.html

1789年から1989年まで、この200年の間、世界は、「9」の年に革命や大事件が起こった。

582
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/21 04:32:26
ちょっと栗本慎一郎思い出した。
勤労感謝の日が誕生日なんだ…

583
ザ・スミス[]   投稿日:2009/09/23 20:31:03
>580
それってミソクソってやつじゃね?

584
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/12/19 10:45:34
ビュトール「合い間」を読んだけど
「時間割」の焼き直しって感じだね。

585
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 01:04:17
ロブグリエは嫉妬、迷路のなかで、快楽の館の他には何がオススメ?

586
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 01:17:20
ニューヨーク革命計画 今のご時世この題名じゃ復刊はないね

587
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 18:37:31
ロブ=グリエはやっぱり「嫉妬」が一番面白い気がする。
快楽の館、ニューヨーク革命計画、幻影都市のトポロジーなんかだと
初期の頃にあったサスペンス的要素が希薄になっていく感じ。
仏語はできないから自伝三部作はどうか知らないけど。

588
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 09:46:22
うむ

589
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 11:18:50
ゴム

590
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 15:26:53
ナタリ・サロートの黄金の果実買ったんだけど、正直後悔してる、独白
ばかり、でおもしろくない、プラネタリウムかある男の肖像、地の文あるか?
読んだことある人教えて
コメント1件

591
ザ・スミス(ストーリーテラー)[]   投稿日:2010/03/08 21:44:37
昔、名前の知れた「サロート」で食事をしたことがあった。
ボジョレ・ヌーヴォーを出す店では4大リストランテのひとつだと聞いていた。
おすすめ料理は「ミシュラン男の肖像」プロヴァンス風。
ソースがどうも口に合わなかったのか、単に不味かったのか、
私がその店に二度目に足を運ぶことはなかった――。

592
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/09 02:43:17
>590
多分その三つとも昔読んだけど、内容は全く覚えていない 地の文についてもあったかどうか
でも読後「ああ、サロートだなあ」といずれも感じた 自分としてはサロート結構好きだけど

593
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/09 21:06:45
シモンとサロートは文庫がないね

594
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/06/15 08:12:01
前衛文学はけっきょく時代が変わると後衛文学になってしまったのかねえ
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
実況 ◆ フジテレビ 84186 (846)フジ実況
実況 ◆ 日本テレビ 56192 (906)NTV実況
潜在能力テストSP〜男性軍vs女性軍!才能あるのはどっち?〜★1 (465)フジ実況
火曜サプライズ 台湾アポなし旅!&八王子でアポなし旅!★1 (434)NTV実況
この差って何ですかSP★1 (432)TBS実況
実況 ◆ テレビ朝日 48933 にっこーり (494)テレ朝実況
情報ライブ ダン藤村屋★3 (868)NTV実況
NHK総合を常に実況し続けるスレ 137078 ポテトサラダはデリシャス (518)NHK実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【ヘイトクライム】女性の首を切りつけた韓国籍・金輝俊、「全ての日本人を大量虐殺・根絶やしにする」と予告していた (1001)ニュー速+
【話題】クルマ離れどころか免許離れする若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★17 (1001)ニュー速+
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★28 (325)音楽・芸能ニュース
【世論調査】安倍内閣の支持率、「若高老低」 10、20代は支持が不支持を上回る★3 (1001)ニュー速+
【音楽】山下達郎、聴覚検査でケンカ「ヘッドホンのSNが悪すぎる」「こんな性能の悪いヘッドホンで聞こえるワケない」 (166)音楽・芸能ニュース
【埼玉】O157食中毒 問題のポテトサラダは「量り売り」、自分でトングで取る方式 陳列後に汚染の可能性も★2 (410)ニュー速+
【神奈川】公園で息子とキャッチボールをしていた男性を金属バットで殴り殺害しようとした疑い、大工の少年(19歳)逮捕/横須賀 (1001)ニュー速+
【芸能】ゲス・川谷「大阪は盗撮する人多すぎ」とマナー違反に苦言 「“関西人最低”みたいに一括りにするな」と大阪府民から反論★2 (354)音楽・芸能ニュース
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレ239【獅子たち2】 (555)
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (933)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (205)
夏目漱石 八十四夜 (808)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (261)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (896)
西村賢太 21 (745)
町田康8 (965)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
三島由紀夫Part54 (362)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (887)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
文学理論 10 (437)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+2【120度】 (127)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
羽田圭介が気になる その5 (873)
小林秀雄 その九 (951)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: