板検索:
ジョルジュ・バタイユ(320)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 20:07:08
意外にもスレがないのでたててみました

関連スレ
◎◎◎ ジョルジュ・バタイユ ◎◎◎/哲学板
コメント4件


2
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 20:08:36

3
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 20:15:42
>2
有難う

4
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/09 20:29:15
>1


ブランショなんかもないな。

ブランショを理解する
http://mimizun.com:81/2chlog/book/book.2ch.net/test/read.cgi/book/1022362363/

5
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 20:32:03
ニューアカ時代にちょっと流行ってたけど、今でも読んでる椰子いるの?

6
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 20:33:10
ブランショスレはあるよ。

Maurice Blanchot,L'ecriture du desastre
文学板の別スレッドへ

7
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 23:03:59
三島も晩年にバタイユからの影響を隠さずにいたし、酒鬼薔薇やタリウム少女の事件にもバタイユは生きているでしょう。異様な殺戮によって〈不可能な存在〉を狙うという発想はバタイユじゃないかな。価値形態からの逸脱を狙うという発想としてね。
コメント1件

8
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 23:09:04
〈不可能な存在〉を狙うバタイユ,存在忘却からの想起を狙うハイデガー,この人達の思想は異常な事件の中に今も息づいていると思える。その辺を脳裏に描きながら読むと物凄く面白い。

9
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 23:20:56
《しかし、これらの見たところ単に有害なもの、そして語り拒むものすべて(…技術の支配を指す)から、有の本質に対する全く別の観入が発源し、有それ自体が拒絶として自らを〔覆いを除いて〕露呈させるとすれば、あるいはともかく響きへもたらすとすれば、→

10
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/09 23:24:01
→どうであろうか。》これは『哲学への寄与』邦訳P.138-139にある一文である。《有それ自体が拒絶として自らを露呈させる》とは何を指しているのか。つまりは〈死〉他者の死,或は私の死ではないのか。

11
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 00:03:15
『呪われた部分』は良いね。

12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 02:01:38
『眼球譚』(河出文庫)と『マダム・エドワルダ』(角川文庫)を一緒に買って(´・ω・`)
コメント1件

13
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 10:44:55

14
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/10 16:22:08
「眼球譚」はいいね。
ただホントに理解するとなるとめちゃくちゃ時間掛かりそうな気がする。

15
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/10 19:29:30
>1
関連スレ追加

【思想家にして】ジョルジュ・バタイユ【ポルノ作家】
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eroacademy/1092802197/

16
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 19:33:44
ランスの大聖堂面白いですか?
呪われた部分しかよんでないです。
コメント1件

17
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/10 22:27:03
バタイユって無神学大全以降が面白いんじゃないの?
コメント1件

18
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 23:40:19
>17
例えば?

19
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/10 23:48:14
バタイユはエロがわかってない。

20
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/11 00:30:30
>13
『眼球譚』は『マダムエドワルダ』にも所収してあったの。河出版と訳も一緒。

21
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/12 16:47:23
「ニーチェについて」や「有罪者」は文庫にならないのかなあ。

22
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/12 16:57:41
バタイユじゃ勃たない

23
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/14 07:40:21
『エロティシズム』イイよ〜 (・∀・)イイ!!

24
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/14 07:42:58
おまえらにバタやんが理解出来るのか!?

25
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/14 09:00:10
バタやんマンセー!(^o^)丿

26
sage[sage]   投稿日:2005/12/14 17:18:35
>16
「ランスの大聖堂」は、
バタイユのモノグラフィ的研究をする時は
必須の文献だけど、
ふつうの人は読む必要なし。
コメント1件

27
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/17 03:30:42
>26
そう? 結構読みどころあるよ。まあ読みどころ以外の方が圧倒的だけど。

28
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2005/12/20 11:02:49
ちくま文庫はそろそろバタイユ全集と文庫の表紙に銘打っていい頃だな。

29
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/23 12:11:11
非-知、読んでるので揚げ


30
吾輩は名無しである[]   投稿日:2005/12/25 00:09:26
太陽肛門てけっこう大事な作品だよ。
あと興味ぶかいのはトレヴィル版エロスの涙。
書簡の内容がね、割と
人間関係を知るのにいいかなあと思うんだけど。
コメント1件

31
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/04 17:58:02
あけ

32
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/04 19:33:35
「ランスの大聖堂」が
もうすこし発売日より
早く出ていたら
靖国神社と対比的にとらえる関連で
どこか雑誌に論考が載って
いたかも知れないね。

33
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/04 21:01:59
               ,.. -──- 、.
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
            ,: ´:::::/::::// ̄|.:ト、:::ヽ::::::ヽ
             /':::,イ _∠!/   |:::!::ヽ!ヽ:ヽ:::::ヽ
          /::::::/::::イ/ /     Tヽトヽ.:::!:::::::::::|
           ' |::,イ /,ィャ、      ‐ュ 、::::ヽ i::::::::::|
          |::|/l ! {,,il|     {,,,,ill|ヽ ヽ|-、::::::| 
          |::::,'  ゞリ      ゞッ   ,イj }::::::|
           |::::l '"   丶___  '''''  ,_ヒノ:::::ノ
 .       ,、、、‐ 、ヽ、.  |'    |   /'´ノ/⌒ゝ‐、
       ,、(、‐、 )、__):::`''‐ヽ._,ノ,、‐'i:::::/ /´ _,、、 '  ヽ
      (、-‐-、)' \::::::::,i `;" ~  /::ノ ,ノ、ノ  ,、  i ヽ
      {,,、‐-、 )\\\ノ''‐--`―'‐'' ,´/ ,、‐';ー(  , ヾ、ヽ
      {__,,、‐' | i ヽ`、`ー‐--,,、-=='-‐‐‐<_r''' |、`t' ノ|っヾ、
       `ー/ | `、 {''''。''~:::   ::  。   ::|  ノヽ i_,',r'ミ. |
        /  i    人  ...ノ  丶.. ..ノ :i  i | i. | ヽヽ |
        /   ! / ,i            :i  i |iヽ|   /
       i    iノ ,' /           :i  ' | |ヽ|;  /
       i  ー''´ :,' /             i    ! | | |ヽ'
       i     / /       ’        }   i | |\
       |    ./ i             i  ./  i i  ヽ
       |   /  i'     、  ::  ,    'i /  | :|   \
      /|  /  i      ヽ_j_ノ     |'   / i    \
     / ノ / i:  |      ::| |::       l  /  |ヽ    }
    / / /   i.  |      ::|. |::       | ノ   | ヽ   /
    /ノ~    i  |      ::| i::      i    :|  ヽ  /
   (     i   |      :| iヽ:      '、     |   ヽ |

34
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/05 10:23:26
kimoi

35
関場 ◆dhJAsyE57E []   投稿日:2006/01/05 18:20:43
こんにちは
「日本文学の革命」という文学運動をやっている関場というものです
(「日本文学の革命」というホームページを出してます。「日本文学の革命」で検索すれば一発で出てきますので、見てください)


ジョルジュ・バタイユは岡本太郎のパリ時代の同志だったそうですね

いったいどういう思想を持っていたんでしょうか?

興味があるので、どうか教えてください

36
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/05 18:24:32
本読め。自力で調べる力も無いのか。

37
関場 ◆dhJAsyE57E []   投稿日:2006/01/05 18:31:47
教えてくれてもいいじゃないか
コメント1件

38
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/05 18:57:36
>37
バタイユの『エロティシズム』でもよんでみれば?

39
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/05 19:04:41
読まないで欲しいなあ。

40
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/05 19:55:09
仮に入門書からはいって、
それから著作読んで
「ああわかった」
ってすぐになれる奴はそうそういないよ。
その発想自体はじつに単純だけども。

41
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/06 03:12:04
>7
逸脱は規範を前提としているので、それ自体としては無価値。
殺戮はとどのつまり、ただの殺戮であって、一瞬価値を転倒できる
かも知れないが、すぐ「意味」に満ちたイマージュになってしまう。

「逸脱することで不可能性を『狙う』」ということはできない。
バタやんが自分の思想を体系化できなかったのは、
彼が伝えたいのは分節化され、自然から不連続なものとして
切り離された個としての存在者が、
分節を突き破り言語以前の連続性に融けていく「体験」であって、
「体験」を体系化することは即ち、言語によって体験を分節すること
だから。あくまで「体験への手引き」しか書けない。
(これは西洋哲学よりも東西の様々な宗教思想に近い)
それで哲学者が神懸かりになったようなあの訳わからん書物になる。

42
関場 ◆dhJAsyE57E []   投稿日:2006/01/06 04:10:16
ジョルジュ・バタイユは岡本太郎に対して

「われわれは癌のように痛みを与えずに社会に侵入して、社会をひっくり返す
 無痛の革命だ」

と述べていますが

その辺のことはどうです?

43
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/06 06:54:12

44
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/06 06:55:12

45
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/06 06:56:27

46
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/08 21:40:33
読書猿がウゼーーーーーーー

47
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/13 00:35:30
読書猿がどうかしたのか?

48
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/16 21:09:23
岡本太郎は、バタイユの結社「アセファル」に入っていた。太郎とバタイユ
ならそのあたりから読んでいくといい。

49
弧高の鬼才[]   投稿日:2006/01/22 02:42:46
保守

50
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/22 11:59:39
『眼球潭』初めて読んだのが夕暮れのDenneys.そこでアレを読んだ私は冒頭から激しく勃起した。ひどく小市民的なファミレス空間で背徳的な欲情に駆られていたあの時間が妙に残っているのである。

51
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/22 12:15:12
ちなみに私が最もお気に入りの場面は、主人公とシモーヌが叢で汚らわしい行為に没頭してる中、可憐でウブなマルセルに見つかり、同時にマルセルに襲い掛かり、脱がせ、マルセルもまた背徳の仲間にしてしまうシーンである。シモーヌもマルセルも“一本の竿を奪い合う”。

52
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/22 12:21:23
もう一つのお気に入りは、主人公達が家で乱交に及んだ所へやはり“可憐でウブな”マルセルがやってきて、乱交を目撃したマルセルが洋服ダンスに潜り込み、大声あげてオナニーに耽りだし、最後イク瞬間、長々と小便を漏らし、タンスの中から小便が流れだすシーンである。

53
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/23 00:37:44
おおらかでいいね!

54
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/26 00:48:48
霊的交通説についてどう思う?

55
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 00:28:39
眼球譚しか読んだ事ないんだけど
この人の作品はだいたいこんな感じにエロいの?

56
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 01:00:08
マダム・エドワルダなんてもう・・・

57
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 01:13:26
さうだなう

58
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 01:16:11
読んでも昂奮を覚えないけどね。

59
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 06:31:39
マダム・エドワルダのテーマって何?

60
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 07:36:04
涜神、かな。つまらんけど。

61
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 08:45:31
神に当たるのはなんですか???
マダムじゃなくて、キリスト教における「神」ですか?

62
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 13:36:03

63
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/27 14:15:45
とくしんだけでテーマになるか?
テーマの意味を分かってないようだ
コメント1件

64
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 14:16:30
いわゆる

65
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 14:29:45
>63 テーマ=主題

66
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[sage]   投稿日:2006/01/27 14:35:57
ゴッド

67
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/28 00:39:59
キリスト教に影響を受けながらも
「無神学大全」ではその題名どおり徹底的に
無神論的な立場でものを書いています。しかし
そうでありながらどこか神秘性に向かうような。

68
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/28 08:04:29
マダムエドワルダのオチは何ですか?

69
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/28 10:05:14
なんかつぶやいておわるんだっけ?
よくわからないけど、結局最後にどういう真理に行き当たったの???????

70
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/28 11:36:48
何だかんだ言った挙句
「俺はまだふるえている。」で終わりだったと思う

71
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/29 01:54:23
まあ作品の出来としては、
『空の青み』>『眼球潭』>『マダム・エドワルダ』
かな。

72
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/29 08:25:41
空の青みのあらすじ教えろや

73
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/01/29 09:46:06

74
名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中[]   投稿日:2006/02/11 18:00:11
挙げ

75
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 00:07:51
C神父はどうなん?

76
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/24 00:17:55
バタイユ。
名前だけ聞くと高カロリーで血糖値が高そう。

77
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 01:39:59
おい先生
いつまで俺の女房と乳繰り合ってんだ

78
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 03:52:44
てバルトに言ったとか言わないとか。

79
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 08:41:06
デリダじゃなかった?

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 09:04:35
デリダは活動年代がバタイユより後だね。バタイユは1962年に他界してる。“デリダの出発点”と浅田彰が呼ぶ『幾何学の起源』の序文附き翻訳がその1962年。あと、調べたところ、元バタイユ夫人と結婚したのはバルトじゃなくジャック・ラカンだな。

81
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 12:23:30
そうとうエロい人だったんだろうな多分

82
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 13:26:45
難解すぎてさっぱりですね

83
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/24 22:28:23
ある瞬間に一気にわかる

84
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/25 00:22:01
元バタイユ夫人とラカンの関係を
クロソフスキーが描いたとか描かなかったとか

85
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/25 01:01:03
「ラカンのところで過ごした夏」

86
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/25 23:12:24
バタイユとラカンは女房を贈与するほど仲がよかったからな。ラカンもそうとう
バタイユ思想にはインスパイヤされている。アンリ・ヴァロンから鏡像段階も
インスパイヤされるし、なかなかの才人だったようだ。

87
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/25 23:46:34
哲学板のヘンな盛り上がり方なんだアリャ
バタイユに触れてまだ年数浅いと見た
俺もかつてはあんな感じだったからわかるけれども

88
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/25 23:56:24
たぶんあれ、
俺がH大でバタイユ熱に先鞭つけてから読み始めたやつらだと思う。
ヘーゲルやヒュームのが断然格上だね。
バタイユは哲学者じゃないし
書いたものはいつも誰かを批判しているようで批判になっていないという。
あと、みんな気付いてないけどバタイユはヘーゲルなんて読んでないよ(笑)マジで(笑)

89
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/26 00:08:30
別に難解でもない

90
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/26 07:14:05
うん

91
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/02/26 19:21:45
ヘーゲルなんざ読む意味無し!

92
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/27 23:23:26
バタイユはドイツ語は読めたとハンス・マイヤーが証言している。
ル・ブレールのバタイユが借りた図書目録によれば、ヘーゲルも読んだ形跡
はあるんだけどな。コジェーヴのヘーゲルがメインであったことは事実。
コジェーヴのヘーゲル像の問題については、『コジェーヴからヘーゲルへ』
に詳しい。

93
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/02/27 23:44:08
バタイユとあわせて岡本太郎もどうぞ


94
ばたい湯[]   投稿日:2006/03/03 23:02:04
はびばのんの

95
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/07 23:01:50
248 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:2006/03/07(火) 18:15:38
4月新刊
「古事記注釈」(7) 西郷信綱
「益田勝実の仕事」(4) 益田勝実
「トクヴィル―民主主義の三つの学校」 小山 勉
「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」 野矢茂樹
「聖なる陰謀―アセファル資料集」 ジョルジュ・バタイユ吉田 裕
「πの歴史」 ペートル・ベックマン 田尾陽一ほか

96
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/09 09:02:45
>94
目が点

97
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/10 00:10:17
バタイユスレっていろんな板に散らばってねぇ?


『ランスの大聖堂』は地味に面白かった

98
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/10 21:26:36
PINKな学問板にも、バタイユスレあるよ

99
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/11 22:34:12
ちくま学芸文庫出しすぎじゃね?

100
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/12 01:29:34
「聖なる陰謀―アセファル資料集」で何冊目の文庫?
コメント1件

101
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/12 11:42:09
また出んのかよ!!
バタイユ文庫化されまくりだな

102
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/12 15:40:30
編集者にバタイユヲタがいるんだろうな

103
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 15:46:27
バタイユ的なものが現代で求められてる証

104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 16:11:48
エロスの涙が出た時も驚いた

105
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 17:11:06
哲学村ではバタイユってホットな思想家なの?

106
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 17:17:33
哲学村でも文学村でも宗教村でも扱うに手に余る
コメント1件

107
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 17:33:35
エロス村でもちょっと扱いに困るな
コメント2件

108
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/12 17:36:39
美術村でも手に余る

109
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 21:29:15
『ランスの大聖堂』の「半睡状態(まどろみ)について」にあるように
作品より存在の(険しい道の)方へ向かって行った人だからね
しかも決してサルトル的実存的意味ではなく

110
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/12 21:34:41
ロザリンド・クラウスやディディ=ユベルマンによって再評価されてるね。

111
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 21:44:40
どう再評価されてるのか詳しく
てかその人らの名、初めて聞いた
コメント1件

112
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/12 23:44:00
ディディ=ユベルマンはこれから日本でもブレイクしそうな批評家だね。
コメント1件

113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/13 00:18:49
>111
二人とも美術批評家・研究者だよ。クラウスはアメリカ人。オクトーバー派の総帥。
ユベルマンはフランス人。

どう評価されてるかまではおれの手に余るなあw
クラウスは「アンフォルム」という概念に注目してる。いずれ『アンフォルム』という本が翻訳されるはず。

>112
そうだね。面白いよね。
でも最近翻訳された新著は高すぎだ。ヴァールブルク論。

114
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/13 10:48:26
1万円くらいだっけな。高いよなあ

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/03/26 00:19:10
ユベルマンはとっくにブレイクしてるだろ。翻訳が少ないからアレだが。
本国ではオタク的なところが傍流あつかいだが、リスペクトされている
学者の一人であることは間違いない。
コメント1件

116
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/26 00:21:08
日本での話だろ、ユベルマンは。
日本ではまだブレイクしてないよ。

117
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/03/26 16:16:29
>115
そのぐらい言われなくたって知ってるよ。いちいち知ったかぶりするな。

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/08 17:11:03
>107
エートル叢書の「無頭人(アセファル) 」は『アセファル』第1ー4号の全訳だけど、
ちくま学芸は新訳あるんだろうか。

119
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/08 18:23:40
なぜ>107なのか
無為の共同体がなせる業なのだろうか?

120
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/08 19:28:45
そういえばナンシーがもうすぐ来日するらしいね。

121
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/08 22:43:26
死んだだろ。消しゴムの人。
コメント2件

122
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/08 22:44:49
探偵物語のか?

123
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/08 22:54:58
どうもここはサッパリでんな。
バタイユは大好きな作家だが、語ることは難しい作家なのかな。

124
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 00:01:58
>121
つまんね
コメント1件

125
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 03:11:45
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjllf/links/ken-bataille06p.html
こんなのあるんだねえ
行ってみたいが高卒としてはどうも気が引ける
バタイユ読者にあるまじき弱腰ぶりだが
コメント1件

126
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 10:47:37
>124
長点一つもない能無しは文句しか言わないな。ここもそうか。

127
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 12:12:26
でも>121は本当につまんないな

128
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 12:28:51
あんなもんだろう?普通。いちいち、指摘することか?

129
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 12:41:49
つまんない書き込みして突っ込まれて逆ギレか・・・
カッコワリ~

130
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 13:06:22
は?
誰のこと?128は121ではないよ。それとも、126のことか?
ま、どうでもいい話だが。

131
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 13:11:01
全然どうでもよさそうにはry

132
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/09 16:00:33
つまんねと言われて逆切れしてる奴が一番恥ずかしいなw

133
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/09 16:07:36
で、バタイユ先生と、何か関係あんのか?

134
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/10 00:41:31
>125
バタイユ読者にあるまじき… ホントだよ(ry
面白そうじゃん時間あるのならいけば。
そしてここで報告とかしてくれれば嬉しい。マジ

135
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/11 08:17:17
age

136
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/12 00:33:41
学歴でびびってたら、バタイユに笑われるぞ。非知の笑い。

137
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/12 11:33:31
レヴェル高すぎだよ、このスレ

138
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/12 11:50:39
マダム・エドワルダでオナヌーしました。
みんなするよね?
コメント1件

139
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/12 11:54:07
確かにレベルたかいなあ。>138とか

140
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/12 12:24:05
文学的だね

141
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/12 12:50:09
バター湯

142
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/12 12:55:40
レベルの高い書き込みが続くね。さすが!

143
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/12 16:00:33
バター犬

144
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 15:27:15
昔の翻訳だと「バターユ」と表記されてたりするね

145
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/13 16:03:12
当然ですが人名ですので最初の「バ」にアクセントがつきます

146
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/13 16:33:17
他にどこにアクセントがつくというんですか?

147
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 20:35:07
ジョルジョ

148
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 20:56:14
タイ

149
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 21:02:18
オナニーするなら『眼球譚』じゃないかねえ。ウブなマルセルが草原で貪り合う二人を見付け、呆然としてるとこへ襲い掛かり、全裸にし絡み合う。マルセルの穴をシモーヌがほじくる、マルセルは「私」の棹をシモーヌと奪い合う、てとこ。数回は抜けたね。

150
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 22:42:40
わざわざオナニーするより
集中して読むだけのほうが脳内麻薬ドピュドピュ出ると思うんだが

151
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/04/13 23:39:36
まだ16歳、そういう時期もあんじゃないの?

152
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/04/14 06:59:37
1616あるさ

153
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/05/22 11:58:12
age

154
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/05/31 02:27:02
高校生のときならバタイユの小説でオナニーしますた。

155
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/23 00:25:50
ヲナぬーなら男性はサドのほうがいいんじゃないの?
バタイユでヲナぬーってんなあほな

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/23 00:45:51
このスレ圧倒的に男性が多いんでしょうけど、歳とってからバタイユ読むの辛くないですか?
なんかこう、精神的に辛いかな。

157
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/06/24 22:55:53
『聖なる陰謀―アセファル資料集』どうでした?
509ページもあるらしいけど現代思潮社のとどう違うんでしょう?

158
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/06/27 04:12:55
バタイユとかサドとか読むの女が多い件

159
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/06/27 07:05:29
それは腐女子
ヴィレッジ・ヴァンガードで三島由紀夫や夢野久作を立ち読みしてる
コメント1件

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/05 21:33:17
バタイユ原作の映画「ママン」見た人いる?
http://www.at-e.co.jp/maman/
コメント1件

161
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/06 02:32:36
それ映画板の黒沢清スレで知ったよ
バタイユ作品を映像化する野心は買いたいけど
はたして映像化する意味があるかどうかと言えば疑問
いや見てはいないんだけどね

162
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/06 03:26:06
キネマ旬報で、レビューの対象になってたな

163
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/12 10:55:56
age

164
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/12 13:40:31
>159
腐ってないってorz
Sっ気があるだけだよー

165
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/07/13 13:27:41
>160

○ 7/15〜8/11 銀座テアトルシネマ レイトショー
R18指定
21時20分〜23時15分
終電ぎりぎり・・・帰ったら翌日
なんでこんなに開始時間が遅いのかな、、、?

166
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/07/28 13:34:46
保守

167
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/25 23:01:33
死守

168
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/26 13:27:50
こんど新訳で眼球譚が「目玉の話」ってんで出たじゃん。
かなり読みやすくなったって話だよ。

169
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/26 13:33:55
読みやすさをやたらと売りにするだけの改訳本にはうんざりだ。

170
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/26 14:46:29
読みにくさをやたらに売りにする旧訳本にはうんざりだ。
特にリラダン
コメント1件

171
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/26 14:49:10
>170
>読みにくさをやたらに売りにする

読みにくさは売りにはならないだろ

172
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/09/26 17:04:45
で、あなたは読んだの?

173
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/09/28 02:43:20
よんだけど、正直よくわからんかった、
目玉の話もエドワルダも。
どう解釈するのが一般的なの?

174
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/10/24 00:18:28
神への冒涜がエロスを掻き立てる。

175
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/25 15:53:44
エロスの涙は、とてもいい!

176
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/25 16:24:42
馬体湯の秘密結社ってなんだったけな
あれはに笑ったよ
コメント1件

177
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/25 19:20:09
>176
アセファル(無頭人)でしょ。
バタイユのほかにクロソウスキー兄弟とかも参加してた。
この三人だけでもすげえ結社だと思うけどな。
それにアセファルなくしてニーチェの復権もなかったんじゃないかなぁ。
いずれにしろ、現代思想にかなりの影響をあたえてるはず。

しかしまあ、あのカバラっぽいノリは、
いまとなってはたしかに恥ずかしいかもね。

178
ペンギン ◆od0qY8Ss/. []   投稿日:2006/10/26 03:41:38
読んだけどつまらんかった
蹴りたいピアスのコはこんなもんに感激したのか
高校生の頃に読んだってんならわかる気もするが
それにしても過激なだけで文学作品としては論外

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/10/26 04:14:30
>30
『エロスの涙』で注目すべきは、書簡よりも図版と写真だろう。
中でも、三島由紀夫が死ぬ一週間前の古林尚との対談でもなお
深い関心を寄せて語ったことで有名な数葉の写真…
あれらは圧巻。

三島由紀夫が
自死へのスプリング・ボードとなる唯識論に深く傾倒した背後には
バタイユ経由で接したあの写真の存在が大きく作用したとみる。

ーー人間の「死」とはそも何であるのか?ーー存在の究極では
エロスとタナトスが甘美な結合の内に昇華するのか?−−
まがまがしく進行する公開処刑の「死の表情」を細部まで撮した写真は、
見る者(=まだ生きている人間)に吐き気をもよおさせると同時に
眼を逸らすことを許さない不思議な蠱惑にみちている。

180
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/10/26 04:15:59
>1-10
いま眼についた。遅まきながら、良いスレだな。

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/10/27 08:42:55
サドとかクロソウスキーなんかただの変態でしょ?
文学的文脈で彼らの仕事が評価されるのがなぜ
なのか、理解するのは時間がかかるし難しいよ。

182
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/10/28 15:57:41
>ただの変態
変態にただも糞もあるか。
それだけで値打ちがあるんだよ。

183
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/05 18:12:06
気持ち悪かった
人におすすめできない
読む必要もないと思う

184
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/09 21:17:11
あーぁ、言っちゃった。

185
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/11/12 05:46:26
ベリーズ工房を聴きながらバタイユを読む俺が来ましたよ
コメント2件

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/11/12 16:11:34
>185
おお同志!
みやびの乳首には驚いたな

187
名無し募集中。。。[sage]   投稿日:2006/11/12 17:02:12
>185-186
僕はれいなヲタです
よろしく

188
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/05 22:05:45
バタイユ読んでた風俗嬢は元気にしてるかな……と、ふと思った。

189
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/08 01:37:25
バタイユ好きの風俗嬢・・・・だとなんか楽しい気分になれるけど
バタイユ好きの医者、とかナースだと不安になるのはなぜだろう
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

190
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/10 22:41:42
ここってこんなレベルか。

191
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/10 22:46:08
お嬢ちゃん、お坊ちゃんがバタイユを語る時代になったのか。
アホくさい。

192
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/10 22:57:11
うれしくなっちゃうなー

193
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/16 16:48:24
バタイユに洗脳されて女の体にしか興味がなくなった
コメント2件

194
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/25 07:15:06
>193
やばいね

195
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/26 04:03:09
>193はバタイユに洗脳されてるというよりは、
バタイユを誤読している可能性の方が高い
と思う
コメント1件

196
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/26 05:45:20
安川奈緒

197
吾輩は名無しである []   投稿日:2007/01/27 21:58:40
「眼球譚」こと「目玉の話」
キモ杉

198
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/31 19:27:52
age

199
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/01 10:13:55
>195は押し付けがましくてうざがられるタイプの可能性が高い
と思う

200
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/01 14:18:12
エロ

201
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/02 07:18:51
確かに眼球譚はエロかった。
読みながら我慢しきれずオナった高2の夏・・・

202
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/02 11:34:33
チョルチュマタイユ

203
:「KEMANAI」@タコシェ[]   投稿日:2007/03/16 01:01:04
雨も振ってないのに雨傘を開いて哄笑したっていう描写はどの作品だっけ?

204
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/16 15:11:21
マダム・エドワルダでしょ

205
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/09 21:27:08
雨降ってて哄笑するのは「雨に唄えば」

206
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/10 17:52:37
ぼろぎれ、って表現が好いよね。

207
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/16 23:59:40
あたしのぼろぞうきんを見てというおまんこの表現は的確なのか?
ぼろ雑巾というのはひどすぎるし俺は見たくもないのだが、
ぼろ雑巾という比喩になにか意味があるのでしょうか?
教えてほしい。
コメント4件

208
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/17 13:08:04
>207
写実的な表現として考えても「ぼろ雑巾」って、意外とあってるんじゃね?

209
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/07 07:58:04
あげ

210
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/08/07 19:14:04

211
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/14 05:36:06
>207
シフォンじゃないのか?

212
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/17 20:45:54
   ___l___   /、`二//-‐''"´::l|::l       l! ';!u ';/:::l ', ';::::::l ';:::::i:::::
   ノ l Jヽ   レ/::/ /:イ:\/l:l l::l   u   !. l / ';:::l ', ';:::::l. ';::::l:::::
    ノヌ     レ  /:l l:::::lヽ|l l:l し      !/  ';:l,、-‐、::::l ';::::l::::
    / ヽ、_      /::l l:::::l  l\l      ヽ-'  / ';!-ー 、';::ト、';::::l:::
   ム ヒ       /::::l/l::::lニ‐-、``        / /;;;;;;;;;;;;;ヽ!   i::::l:::
   月 ヒ      /i::/  l::l;;;;;ヽ \             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l::l:::
   ノ l ヽヽノ    /:::l/:l /;;l:!;;;;;;;;;',               ';;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l:l::
      ̄ ̄    /::::;ィ::l. l;;;;!;;;;;;;;;;;l            `‐--‐'´.....:::::::::!l
   __|_ ヽヽ   /イ//l::l ヽ、;;;;;;;ノ....      し   :::::::::::::::::::::ヽ /!リ l
    | ー      /::::l';!::::::::::::::::::::  u               ', i ノ l
    | ヽー     /イ';::l          ’         し u.  i l  l
     |       /';:';:!,.イ   し    入               l l U
     |      /,、-'´/ し      /  ヽ、   u    し ,' ,'  l
     |        /l し     _,.ノ     `フ"       ,' ,'  ,ィ::/:
     |       /::::::ヽ       ヽ    /     し ,' ,' / l::
     |      /::::::::::::`‐、 し      ',  /    u   ,、-'´  l,、-
     |      ``‐-、._::::::::::` ‐ 、     ',/       , -'´`'´ ,-'´
     |      _,、-‐'"´';:::::::::イ:l';:::` ‐ 、._____,、-‐'"´  u /
   | | | |    \ l::/ l::::::/リ ';:::::lリ:::::l';:::l l:l:::::l\  u /
   | | | |


213
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/25 00:40:21
近々バタイユを初めて読もうと思っています。
バタイユのお勧めの小説を3つ教えてください。
参考にしたいです。

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/26 13:04:49
「眼球譚」「マダム・エドワルダ」はきまりだろ?
あとひとつ何よ?
↓↓↓

215
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/26 14:56:23
C神父

216
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/26 15:45:07
俺は小説でなく『内的体験』から入った
その前に夜想のシュルレアリスム特集の「シュルレアリスム、その日その日」でバタイユの存在を知ったが

217
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/26 23:58:15
空の青さ、だっけ? あれは眼球 マダムの次じゃない?

218
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/28 12:03:18
とりあえずはさ、眼球譚とマダム・エドワルダを呼んでいれば良いよ。

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/28 14:42:12
大昔、少年アシベというマンガでバタイユを知った私が通りますよw
コメント1件

220
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/28 16:44:27
ミシェル・バタイユっていなかったか?
コメント1件

221
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/28 17:22:27
クリストフ・バタイユなら聞いたことあるが

222
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/28 18:25:08
>219
ナカーマ!テラナツカシス(・ω・)

「バタイユってけっこうエッチじゃん。ほかにこういうのないの?」
「サドのソドムの120日なんかどう?」

みたいな流れでしたよねw てかカンジくんがフランス語できるのに吹いたw
コメント1件

223
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/29 00:32:10
>220
ある。
昔の角川文庫からも、『クリスマス・ツリー』という本が出てたっつうか
俺持ってる、まだ読んじゃいないが、なんでも、バケーション先のコルシカ島
上空で突如として核を積んだ飛行機が爆発し、けっか父とその十歳になる息子
パスカルは被爆してしまい、そして…、といった感じの話らしい。
コメント1件

224
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/30 08:42:31
>222
白鳥さんみたいなOLってのは絶滅危惧種なんだろうね。

>223
それだけ聞くと微妙にあてこすりとして成立していそうな
あらすじだ…、って過去のベストセラーで映画化済みか。
チェックしてみよう。

225
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/08 02:31:15
角川のバタイユ集が一番だね。
まだむ がんきゅう ししゃ が入ってるやつ。

226
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/08 19:33:43
225の文庫は天井がギザギザですか?

227
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/26 15:06:05
死者 ってバーセルミみたいな、フラグメンタルなやつだよな。あれは大傑作だ。だれか短編映画化してくれないだろうか。

228
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/27 03:46:00
バタイユの「死神」はすばらしくシステマティックな作品。最近のゆとり世代は、ああいう断章形式の小説の緻密な概念連続たとしてのエクリチュールを感覚で楽しむ能力はないと思われる。
ミステリが売れる国だからな。つまり左脳型論理主義の読者の多い日本はまじで、知性も感性も低い。

229
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/27 03:46:40
間違えた 死者 だ。

230
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/29 19:47:36
これはひどいw

231
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/30 20:59:45
吹いたwwwwwwwwww

232
お腹いっぱい[]   投稿日:2007/10/30 21:05:15
ミステリ=知性も感性も低い。その紋切り型の感性に乾杯!

233
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/14 03:07:07
マダム・エドワルダの完全版って出ないんですかね?文庫本で。
コメント1件

234
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/14 15:38:14
>233
「聖なる神」のこと言ってるの?

235
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/14 22:28:58
中条省平さんと野崎歓さんが古典新訳について語り合うんだね。
毎日ホールで12月1日(土)。
無料だって。
東京や東京近辺の人が羨ましいよ。

236
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/15 19:45:12

237
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/29 18:29:55
興味があるんだが、何から読み始めたほうがいいかね。
オススメ教えてくれ

238
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/30 11:44:03
眼球譚

239
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/06 16:05:33
こいつの小説、萌える純文学とかいう本に載ってた。

240
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/07 14:43:30
最近買ったよ
エロティシズム
翻訳が最悪

241
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/12 23:24:21

242
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/19 20:17:34
À

243
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/21 23:53:30
エロスの涙はどういう内容ですか?

244
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/22 23:43:40
エロティシズム
原文がないし
この野郎

245
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/01/23 00:29:25
翻訳が最悪だと思われる「エロティシズム」は
渋沢訳(二見書房)か、別の訳(ちくま学芸文庫)か、
どちらでしょう?

コメント1件

246
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/24 23:45:54

247
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/11 12:47:32
澁澤訳の方が話にならないのですが

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/11 12:53:13
>246はバカなんでしょ

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/12 05:49:13
>100-108
(´_ゝ`)

250
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/31 01:24:35
呪われた部分が欲しい。バタイユはほとんど借り物で一読しただけだから再読できないんです。
でも1冊1冊が1500円とかじゃないですか?他にも欲しい本あるし、欲しいのは本だけじゃないし、
貧乏な私にはいっぱいいっぱい。1冊500円、ワンコインにして欲しい。
コメント1件

251
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/09 00:37:13
著作集高くて呪われた部分しか買ってない
他にも読みたいけどね俺も

252
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/16 12:00:44

253
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/06/18 12:01:54
『小説とは何か』のなかで三島由紀夫は、バタイユの「マダム・エドワルダ」について述べながら、神=母の愛の残酷さ等を語っていますが、そこに三島自身の哲学を重ねています。

「人間の神の拒否、神の否定の必死の叫びが、実は〈本心からではない〉ことをバタイユは冷酷に指摘する。
その〈本心〉こそ、バタイユの〈エロティシズム〉の核心であり、ウィーンの俗悪な精神分析学者などの遠く及ばぬエロティシズムの深淵を、われわれに切り拓いてみせてくれた人こそバタイユであった。」

コメント1件

254
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/19 17:36:27
>253
つまり欲しい愛を得られなくてスネて、それでもなお渇望するところからエロティシズムは生まれる、と。

255
エロは世界を救う[]   投稿日:2008/06/26 00:18:53
今日初めて読んだよ。新宿の喫茶店で勃起しながら。
隣に座ってきた女性がすごく素敵で彼女をイメージしながら熟読した。
途中我慢しきれず駅のトイレでしごいた。
コメント1件

256
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/16 16:03:46
>255
wwwwwwwwwwwww

257
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/16 18:01:04
最近の日本人の蕩尽ぶりは至高性が足りない

258
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/16 18:50:49
蕩尽?
蕩尽とはほど遠い消費でしかないだろ?

259
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/18 14:40:45
蕩尽理論

260
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/08/15 20:47:32
バタイユっていったら、経済学とか政治学とかもっと多面からアプローチできるのに、
ここはエロばかりで残念無念。

261
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/15 20:57:42
文学板だからじゃね?

262
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/08/16 02:10:21
>250
英訳だとネットで公開してたりするけどね。著作権大丈夫なのだろうか。
バタイユにもそんなサイトあったよ。

263
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/21 09:02:25
>106-108
……。

264
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/21 10:46:13
小説は面白いけど、文芸批評家としてはどうなん?

265
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/21 12:47:45
「文学と悪」とか、割と面白いじゃないですか

266
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/05 17:04:51
>207
今更なので読んでいないかもしれないが、そのぼろきれって言うのはサルトル
が解釈してるね。
バタイユの思想には、ただ現実世界にテーゼとアンチテーゼとの悲劇的葛藤を
見る。人間とは絶えず諸力の葛藤の場として自らを作り出していく、その葛藤
を抱える人間のうちに暗黒の夜に向かってその傷口を開く裂け目が生じる、こ
れがバタイユが、「ぼろぎれ」という表現でもって示そうとしているものなの
だそうだ。

267
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/05 22:31:37
単にビラビラがジュルジュルなだけなんだろ。
>207は童貞じゃね?

268
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/23 05:07:36
眼球譚の感想を誰か述べてみてくれないか
コメント1件

269
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/23 11:56:40
『死者』のほうがおもしろい。以上。

270
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/06 23:36:23
>268
小五のころ感想文で書いたよ。「母さんが、シモーヌは『インラン女』だとおっしゃっていたけど
ぼくはそうは思いません。むしろどんな女の子よりも純潔だと思います。ぼくもその純潔にあやかりたいものです」

271
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/09 22:01:06
神のまなざしから生涯逃れられなかったのですね

272
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/12 17:05:45
イケメンでよかった。
もしもブサメンだったら、これほど評価されなかったかも。

273
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/22 18:27:44
スタンダール、『あるブサメンの生涯』

274
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/22 09:54:20

275
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/24 01:57:26
バタイユ特集してるよ。
http://www.suiseisha.net/blog/

276
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/11 17:36:51
純然たる幸福
ジョルジュ・バタイユ 著 酒井 健 編訳
ちくま学芸文庫 文庫判 512頁 刊行 10/07 ISBN 9784480092489 JANコード 9784480092489
定価1,575 円(税込)

277
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/11 21:37:54
バタイユはなぜこんなに文庫化が進むのか?
二見の版権の取り方がゆるかったのか?

278
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/13 21:29:59
売れるからだろう。

279
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/23 06:01:15
そう、売れるからだ。

http://hp.kutikomi.net/mayonaka/
コメント1件

280
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/24 18:46:12

な〜に、このサイト? 踏んで大丈夫なの?

281
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/24 19:57:15
「真夜中ゆき」って人のサイトらしいよ。

282
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/25 05:59:06
2ちゃんのレスでどんなものが一番腹が立つかって何がしたいのか本気で分からない不思議なことを書き込む奴ね
>279
そのレスは何?その全く関係ないリンクは何?何がしたいの?

283
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/25 08:11:44
バタイユはわからん、いちおう文庫になっているものは読んだが、どうしてもわからん、
おまえらほんとうにわかってるのか?

284
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 08:26:09
正直言って、ジョルジュ・バタイユって2流の文学者だよなw

285
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 08:40:23
生田耕作に興味があったのがきっかけで読んでみたが、眼球譚だけは普通に楽しめた
そのあとに二見書房の聖なる神を読んでみたが、こっちは話の中にバタイユ哲学が盛り込まれすぎてて途中から本気で理解不能になった。
低脳といわれようと、マダム・エドワルダの序章の時点で、何を言っているのかをどうにかを読み取るだけでも相当苦労した。
他の作品がどんなものかは分からんが、俺はこの本の途中でいったん諦めた。
処女作の眼球譚で分かりやすい文章で釣って、じわじわと読者を洗脳してやろうという作戦なのかと思ったほどだ。眼球譚から一体つぎ何を読むのが良いかむしろ教えて欲しい

コメント2件

286
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 09:00:16
バタイユって、正直哲学者としても微妙っていうか、
はっきり言うと2流なんだよなぁw

別に理解する内容なんてないよ。書いてある通り。
ヘーゲルとか多少、バタイユが読んだであろう、
先行する哲学の系譜は知っていたほうがいいけど
バタイユ自身の思想は2流だよ。全編、これミスティフィケーション。
アイデアがちょっと変わってるね、っていう程度。
こんなもので、「哲学」とか言われたら本当の哲学者の人が可哀相だよ

思想に対して初心者の人がはまりやすいね
コメント1件


287
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 11:56:41

286さんの考える1流の思想でお勧めのものを教えて
願えませんか?

288
286[sage]   投稿日:2009/09/25 12:37:45
たぶん、ブランショは1流。同時代のベケットも戯曲家として超1流。
バタイユだけやや落ちる。
他にも1流の思想家はいくらでもいる

289
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 21:14:23
>285
青空マジおすすめ

290
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/26 16:58:06
>286
ブランショのいい作品は何(スレチスマソ)

291
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/27 00:30:24
バタイユを読んで勃起するなという方が
無理な注文だ。豊かな肉体の褐色の女と
やりたいものだ。

292
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/01 00:22:45
>285
文学的価値云々とは別次元で言うけど、バタイユは文章を書くのが下手だと思う
解りにくく書かれたものが解りにくいのは当然だから低脳とか関係ない
むしろバタイユがすらすら解るなんてのは自分好みの解釈で悦に入ってる人だよ

293
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/01 19:21:18
いや
エロティシズムを読んで彼の哲学をある程度認識してからじゃないと
バタイユの文学は理解できるはずも無いんだよ

294
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/01 21:38:58
バタイユの哲学上の主著って何だろ?
『無神学大全』?

295
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/05 08:08:13
20そこそこの時に書いた、ランスの大聖堂という小編は名文だ。

296
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/05 18:51:58
ところで全然知らなかったんだが、眼球譚はいつのまにやら目玉の話とかいう書名になっていたんだな
なんかカッコわりーぞ。あんまり読みたいという気になれないタイトルだな

297
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/05 20:56:53
既訳と差別化したかったんじゃ?
光文社の新訳だし。

298
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/05 22:52:13
殺人衝動と性欲処理って似ているね。
女を犯す夢を見ることで激情を抑制できるからね。
女を支配する。
実際、女がイク時ってのはほんとうに逝ってるんだそうだ。
オーガズムの際、女の腹がヘコヘコ動いてる時は仮死状態にあるんだそうだ。
だから「イクー」なときは一時的に危ない状態で、あの瞬間、女は彼岸と此岸を目まぐるしく行き来しているという。
だからセックスと文学は結びつきやすいのだろう。

299
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/27 00:51:38
そう、だからヒッチコックはラブシーンは殺害シーンのように、殺害は性交
のように撮った。

300
守中高明[]   投稿日:2009/10/27 01:07:49
「裏窓」とか?

301
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/25 16:30:13
「プラトー(高原・台地)」とは、「イク」寸前の極限状態の持続である。

302
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/13 13:21:46
エロを通っていない自分がエロを知りたいがために、
なんとなくエロティシズムをパラパラ見たら、今は読みたくなさそうだったんで、やめて。
このスレで見かけた眼球譚を購入、こっちは、パラパラ見たらなんとなく読めそうだなと・・・
小説自体は普段読まないんだが、あまりに内容が読んだことない感じだったんで。

それにしても「ひどい」な、、、というのがはじめに思った感想。
ま、芸術的に自分にないことを開けっぴろげに書いてるからであって悪い意味じゃないけど、驚いた。
「ひどい」は、ちょっとした自分の抵抗感を正当化したのであって、実はバタイユのほうが普通なだけかもな。
逆に言えば、自分の好きなことをこれだけ書けるってのいうのが理想かもな。
バタイユの目には美しく見える世界なのだな、いいなー俺なんて異性に抵抗感ありありの小さい世界に生きてるな。

自分はエロっていうと罪悪感で見て見ぬふりしてたけど、眼球譚を読んだら
こういうのもありなんだ、と思わせられ、小説の力って面白いなーと思ったよ。

エロティシズムは自分でエロを考えてから読みたいなと思ったんで、あとあとで読む。

までも、俺は人間の価値観ってことで一呼吸入れて読んでるけど、
分別のつかない人間がこういう系統の内容の物語を読んだら、真に受けて犯罪をしてしまうんじゃないだろうかとか思ったよ。
「この人は、バカなこと書いてる」くらいに笑って読んでます。

303
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/14 04:02:26

304
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/18 14:59:15
強引におまんこをほじくりながら

305
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/04 18:39:54
あまりにも表現が過激だから、匿名で出版してたんだよね>小説
『不可能なもの』読んだけれど、そんな過激って感じはしなかったが。

306
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/06 14:23:57
強引におまんこをほじくりながら

307
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/09 02:17:40
しばしば笑いなんかで表現されてる「力」なんやけど
出産の時なんかに感じるらしい責任感からくるノイローゼの時に
子供の顔見て素直に笑う。って風に解釈したら
なぜかバタイユなのに彼の小説ばりに泣き要素を感じたw

ん〜。文体滅茶苦茶w酩酊中乙
しかもセンチメンタリズムはいってハズい

308
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 23:53:52
強引におまんこをほじくりながら

309
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/26 03:25:03
エロティシズム面白かった
直観を何とか言葉で表現しようと悪戦苦闘してるみたいで、論理性は薄かったけど

310
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/06/12 18:05:15
『ラスコーの壁画』を借りた。

311
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/06/25 19:53:47
おまんこ大好き男

312
佃煮マニア[sage]   投稿日:2010/06/28 15:28:53
ここ、誰かいるでしょうか?

313
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/06 11:43:27
ごめ
オナヌーに勤しんでた
これからは日3におさえるよ

314
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/17 00:41:33
バタイユ好きな人はヴェイユは読むのかな?

315
佃煮マニア[sage]   投稿日:2010/07/17 18:27:12
読みませんねえ。ベケットとかボルヘスは読んだけど。
不幸の美学ですか?
コメント1件

316
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/17 19:15:21
>315
激情的で、宗教的な至高性を求めるという意味ではある種の共通点が有ると思ったので。
ちなみにバタイユはヴェイユと親交が有ったらしいですよ
http://ameblo.jp/yuunagi2005/entry-10446348309.html
個人的に重力と恩寵は詩的で素晴らしいと思いました。
コメント1件

317
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/18 01:14:55
『カラマーゾフの兄弟』の中のイワンの議論。

「この壮大な塔の構築によって今まで見なかったようなどんなにすばらしい光景
があらわれるとしても、それがただひとりの子どもにただ一滴の涙を流させず
にはあがなえぬものなら、ぼくはおことわりするね。」(第5編第4の末部)

わたしは、この意見にはまったく固執する。ひとりの子どもの一滴の涙をつぐなう
にたるものとして、たとえ人がどんな理由をもち出してくるとしても、わたしはこの
涙を容認することはできない。知性によって考えつくことのできるかぎりのどんな
理由があろうと、絶対に。ただひとつの理由だけを除いて。ただし、それは超自然
的な愛によってのみ理解できるものである。すなわち、神のみこころであったとい
うことである。そして、この理由のためならば、わたしは、子どもの涙はおろか、悪
にすぎないような世界をも受け入れるだろう。
                       
シモーヌ・ヴェイユ『重力と恩寵』(一章「悪」より)

318
佃煮マニア[sage]   投稿日:2010/07/19 15:15:39
>316
工場日記が個人的には気になりますがやっぱり代表作重力と恩寵を読んだ方がいいのかな。
美と不幸こそが真理に至るという話をしているのはどの本ですか?
コメント1件

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/19 20:26:29
>318
自分もそんなに読んだわけではないのですが
「神を待ちのぞむ」には結構そのことについて述べられていた気がします
「重力と恩寵」でも美についてかなりの考察が述べられていますが。

320
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/27 01:26:17
日本語の翻訳が悪いよね。
三島由紀夫が最も親近感がある作家と言い、岡本太郎と親交が深かったと後に知り興味が沸いた。

バタイユと出会ったのは新宿の古本一だったな。空想を頭一杯に放浪してた頃、マダムエドワルダを手に取り、その序章も見て戦慄した。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
実況 ◆ テレビ朝日 48930 暇か (971)テレ朝実況
第99回全国高校野球選手権大会 準決勝★325 (985)NHK実況
情報ライブ ダン藤村屋★3 (868)NTV実況
実況 ◆ TBSテレビ 28307 江藤愛のサバ缶 (938)TBS実況
[再]ガリレオ #02「離脱る」 (350)フジ実況
実況 ◆ フジテレビ 84184 (687)フジ実況
羽鳥慎一モーニングショー★6 (786)テレ朝実況
ビビット 8/22(火) ★1 (887)TBS実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【高校野球】準決勝 花咲徳栄9-6東海大菅生 花咲徳栄が高井のV打で延長十一回の激戦を制し初の決勝進出 埼玉勢初の夏制覇まであと1勝 (616)音楽・芸能ニュース
【芸能】ゲス・川谷「大阪は盗撮する人多すぎ」とマナー違反に苦言 「“関西人最低”みたいに一括りにするな」と大阪府民から反論 (343)音楽・芸能ニュース
【世論調査】安倍内閣の支持率、「若高老低」 10、20代は支持が不支持を上回る★2 (866)ニュー速+
リッチな県職員が万引き おにぎり3個を両手に持って堂々と店を出る 所持金9万円・広島 (237)ニュー速+
【高校野球】炎上中のネットに仙台育英の選手が反論 「足蹴りぐらい高校野球ではありえることなので、渡部を責めるのはおかしい」★3 (943)音楽・芸能ニュース
【埼玉】O157食中毒 問題のポテトサラダは「量り売り」、自分で取る形式 客を経由した可能性も (481)ニュー速+
【提訴】「本官が怪しいと思った」職質は適法? 会社員男性(30)が都を訴える 東京地裁 ★9 (1001)ニュー速+
【話題】世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち…ポルノまがいのイラスト乱発に「頭が痛くなる」★16 (493)ニュー速+
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレ239【獅子たち2】 (527)
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (933)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (205)
夏目漱石 八十四夜 (808)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (259)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (895)
西村賢太 21 (745)
町田康8 (965)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
三島由紀夫Part54 (362)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (887)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
文学理論 10 (437)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+2【120度】 (127)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
羽田圭介が気になる その5 (873)
小林秀雄 その九 (951)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: