板検索:
セリーヌとは誰であったか(361)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 08:52:18
フィルディナンは今
どこに立っているのか
コメント1件


2
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 08:53:58
夜の果てってどこ?

3
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 08:56:41

4
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 09:15:32
世界の中心

5
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 09:33:06
世界の非中心的中心

6
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 10:44:27
絶望。絶望が生み出した存在、それがセリーヌ。

7
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 10:51:08
セリーヌの価値って今はどこらへんにあるんだろう?

8
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 11:12:48
フランス文学の頂点

9
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 11:42:40
一つの頂点だろう

10
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 13:38:10
まあね。

11
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 13:41:53
虫けらどもをひねりつぶせって面白いの?
誰か読んだ?


12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 14:43:54
汁かよ

13
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 14:47:22
セリーヌ・ディオン
文学板の別スレッドへ

14
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 14:57:10
ていうかそっちのスレタイはひどい。分かりにくいし。

15
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 15:53:20
こっちのスレタイもひどい。
意味不明。
コメント1件

16
ペンギン ◆od0qY8Ss/. []   投稿日:2006/12/12 19:00:18
つか女の作家かと思ってた。男でセリーヌって、本名じゃないのか?
ヴォードレールは男かと思ってた。

17
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 19:01:40
平野啓一郎



金原啓一郎

18
ペンギン ◆od0qY8Ss/. []   投稿日:2006/12/12 19:02:15
と思ったらルイで始まるのか。

19
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 19:02:58
なんか変なにおいがしてきたな

20
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 19:07:55
>15
ふつうに、

ルイ・フェルディナン・セリーヌ(Louis-Ferdinand Celine)

というスレタイで良いのにな

なんでこう、他人の名前(勘違い)とかクソセンスのないスレタイとかつけるのかねぇ?
コメント1件

21
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/12 19:23:10
>20
さらにそれが長すぎるなら、
セリーヌ(Louis-Ferdinand Celine)でいいのにな

22
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/12 19:26:31
2ちゃんでもセリーヌは不遇だなw

23
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 19:49:27
まあセリーヌ・ディオンよりマシだろ。あっちはスレタイだけでは作家セリーヌのスレかさえ不明だ。

24
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 20:14:33
というわけで「なしくずしの死」を買ってきた。

25
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/12 20:26:10
国書のやつを通しで七十回ほど読んだから
セリーヌの翻訳文体は俺のものになった

26
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/12 20:48:25
生田の『夜の果てへの旅』の翻訳文体は好きだ

27
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 02:57:05
すごいな

28
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 02:58:27
70かい読んで何になるの? でもすごいね 読むの早いんだろうねきっと

29
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 04:43:54
でも海外の小説家だったら僕は今一番セリーヌが好きです
原文で読んだ事はありませんし
まだ16なもんで色々と勘違いしてる部分はあるとは思いますが

30
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 05:45:07
センスがいいよ

31
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 06:21:45
セリーヌはセリーヌを青臭いと思ったのちに、
倦むことをせずに読み返す作業を通じて
セリーヌは貴方に真の魅力を持って再び現れることとなるだろう
大江がプルーストを差しおいてセリーヌを20世紀フランス最高の作家と評した理由がここにある

コメント2件

32
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 07:50:14
「海外の小説家だったら僕は今一番セリーヌが好きです」
といえるのが16才の特権だな。セリーヌを読むことよりも素晴らしいことだ。

33
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 07:54:00
セリーヌを青臭いと感じたあとにたち現れるセリーヌの魅力についての説明希望

34
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 10:18:48
かわいそうだから、突っ込まんどいてやれ。


35
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 11:07:25
突っ込むって言うか純粋に聞きたいだけですよ

36
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/13 12:11:32
冗談の通じない奴がいるな。

37
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 12:47:44
どうも気に食わないんだよこの作家
コメント1件

38
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 12:48:19
まあ、好みだから。

39
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/13 12:48:29
>37
そう言われればセリーヌも本望なんじゃないか^^

40
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 12:54:27
ノンノン?

41
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 13:57:41
>31
まァいいたい事はわかる

42
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 14:08:32
どういうこと?

43
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 14:18:32
まあ、ようは、
始めにセリーヌを読んだときに青臭いと思わなかった奴は、
その後に真の魅力を知ることはないだろうってこと。


アホだな。
コメント1件

44
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 15:15:55
青臭いとか青臭くないとかどうでもいいよw
あほくさw

45
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 15:56:05
>43
すいません
僕最近好きになったからよくわかんなかっただけなんです
ちょっと気になったから聞いてみただけだったんです
コメント1件

46
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 16:00:28
わからない人間を馬鹿にするやつはさらに馬鹿だな

47
43[]   投稿日:2006/12/13 16:36:54
>45
ふざけただけだから気にせんで。

48
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 17:00:04
>31
いっぱい釣れたな?

49
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 20:04:26
このスレをみてセリーヌを読んでみたくなったのですが、
みなさんのおすすめの作品は何ですか?

50
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 20:05:48
夜の果てへの旅

51
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 20:17:38
なしくずしの死

52
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 20:26:34
夜の果ての旅

53
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 21:59:50
このスレをみてセリーヌを読んでみたくなった人にオススメの作品と、
セリーヌを読んでみたくなった人にオススメの作品は、ちょっと違うんだな。

54
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 22:35:09
どうちがうの?

55
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 22:37:25
簡単に謂うと『北』を読むのか『リラダン』を読むかの違いだ
コメント1件

56
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 23:04:51
なるほど勉強になるなあ
コメント1件

57
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/13 23:11:01
国書のセリーヌって訳が悪すぎて監修者が途中で降りたwww
コメント1件

58
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/13 23:17:23
訳悪いの?

59
57[sage]   投稿日:2006/12/13 23:38:15
当時の国書の編集者から聞いた話。
刊行中に監修者の名前が消えてるから多分本当。

60
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2006/12/13 23:59:24
>55
『リゴドン』では? リラダンだと『残酷物語』ですよ。

61
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 00:17:13
かわいそうだから、突っ込まんどいてやれ。

62
55[]   投稿日:2006/12/14 00:18:54
はずかしキャ!!
教えてくれてありがと!

63
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 03:54:48
>56を辱めるなよ

64
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 09:24:02
国書の訳が酷かろうが使われてる日本語がカッコいいから問題ない

65
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 10:11:41
国書は装丁がカッコイイ。

66
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/14 11:06:00
生田信者は多いから、こんなこと書くと荒れるかもしれないけれど

生田の訳のほうが酷いだろ。
コメント2件

67
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 11:10:13
                      そいやー!!
             ∧_∧
        / ̄ ( ・∀・)⌒\
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .|
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |  
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |   
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ ←>66
                                /.// ・l|∵ ヽ\       

68
吾輩は名無しである[釣られてみるw sage]   投稿日:2006/12/14 11:12:00
>66
氏ねよ、オマエ

69
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 12:45:26
まあ好みだからさ
一番生田に拘っているのは66なんでしょうな

70
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 15:10:24
確かに生田の訳はひどいね

71
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 15:47:31
もっと色んな人が訳してくれたらいいのにね

72
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/14 17:08:33
セリーヌ読むと気分が落ち着く。

73
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 18:33:32
大磯ロングビーチでセリーヌさんを見かけました

74
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 18:41:29
マリファナ吸ってセリーヌ読むとすごいことになるよ
誰か試してみた事ある人いる?

75
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 18:58:41
セリーヌと唱えると落ち着く。

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 19:55:36
16歳でセリーヌか
16のころはドイツ文学バリバリだったな。 
大学入学してフランス文学を読むようになった。。。 

貴様らどうなの

77
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 19:57:42
16の頃はライトノベルを読んでいました。

78
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 21:38:53
16の頃はホラーにはまってました

79
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 21:46:41
で、なしくずしの訳は読むに値するんか?

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 21:48:39
高坂なめんなよ
肥溜め軍団が
コメント1件


81
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/14 23:04:43
肥溜め軍団って斬新な響きだな

82
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 23:12:21
肥溜め軍団か、80のセンスははかり知れないな。

83
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/14 23:18:23
蛆虫>肥溜め

84
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/14 23:37:24
ど〜も〜
肥溜め軍団でぇーす

85
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 01:12:42
まあ、晒しあげはこれくらいにしておこうか。

86
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 05:24:01
>80
セリーヌの隠し子ハケーン
コメント1件

87
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/15 11:11:33
          終わりだって言ったじゃねーか!
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )←>86
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

88
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 16:34:38
で、セリーヌは誰だったの?

89
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 17:08:46
セリーヌ物語見てなかったのか?

90
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 17:36:34
見てない。

91
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 18:04:52
つまらん。

92
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/15 18:22:33
なしくずしの死をよむか

93
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/15 22:23:24
ビジュアル系コピーバンドをロックと信じてた16の夏

94
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/17 08:24:31
生田先生も斉藤先生やら渋澤さんやらの翻訳を貶してましたね。
バイロス事件で京大首になった頃は荒れてましたからw

95
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/17 14:43:43
結局セリーヌの作品で何が一番いいの?
夜の果てへの旅しか読んでないんだが。

96
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/17 16:05:26
『なしくずしの死』

97
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/23 20:41:52
高坂和彦死んだのか
結構いい年だったのね
御冥福

98
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/23 23:38:36
セリーヌ八王子

99
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/24 01:14:58
高坂さん
あなたの翻訳大好きでした。
ありがとう。

100
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/24 19:44:39
先生は酒とロマンと文学を愛し、自由奔放に生きた人でした。
「先生の生き方ってセリーヌと重なるところが有りませんか?」と聴いたら、
「バカ言うなよ〜、僕はあんなに滅茶苦茶じゃないよ〜(笑)」と仰ってました。
ご冥福をお祈りいたします。

101
吾輩は名無しである[]   投稿日:2006/12/30 23:04:01
セリーヌとは、菅である

102
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2006/12/30 23:26:05
すが? くだ? すがひでみ…?  くだっぽい

103
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/01 08:31:22
カモン

104
ペンギン ◆od0qY8Ss/. []   投稿日:2007/01/04 18:27:51
夜の果て読んでるけどヒドイな
ずっとこんな取るに足らないグチだけか
コメント2件

105
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 20:24:32
>104
そう思える君は幸せだ。羨ましいよ。

106
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/07 06:11:53
>104
おまえもひどいグチだけだな、ボケ

107
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/08 02:56:13
セリーヌは神だと思っている。
7年ほど前の正月休みに両親とのセリーヌ実家(クレープ屋)に
食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなりセリーヌが
玄関から入ってきた。クレープ屋に似合わない浮浪ないでたちで。
セリーヌが「俺いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた学生集団が「セリーヌさん!セリーヌさんかっけー!」「セリーヌセリーヌ!ワーオ!」などと
騒ぎ出し、セリーヌが戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い
サインをしてくれた。
学生達がセリーヌの母校パリ大学のサッカー部だとわかったセリーヌは
いい笑顔で会話を交わしていた。
そしてセリーヌは「またな〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。
私と両親はセリーヌの気さくさとかっこよさに興奮しつつ
食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、店員さん(セリーヌ妹)が
階段の上を指差しながら
「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。
あれには本当にびっくりした。

コメント1件

108
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2007/01/09 00:04:00
>107
コピペじゃねーかYO

109
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/09 18:14:05
フランスだけあってクレープ屋ですか

110
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/14 23:15:00
高坂訳を読んでるんだが、作中で36って数字がやたらと出て来るんだよ
あれおそらくは日本でいうと八百、とにかく多いことを暗示する数なんだと思う、それにしてもどうして36?

111
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/15 03:03:45
セリーヌの墓石は実際はノンとは刻まれてなくて、名前とヨットの模様だとか。
アマゾンのレビューはいまだにそのように紹介されてるが・・・。
かっこいいからまあいいか。
コメント1件

112
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/16 23:13:14
>111
本人ですか? と言いたくなるくらいタイムリー。
http://rokugomarunisai.blog15.fc2.com/blog-entry-542.html

113
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/17 20:12:31
蛆虫共が悪態をつき、罵り合うスレはここですか?
コメント1件

114
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/17 22:47:42
そうです、そしてあなたも栄光あるお仲間というわけだ。

115
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/19 19:58:25
>113
我々はウジ虫ではなく肥溜めです。
あなたのように、のこのこやってくる生き物がウジ虫なんですよ。ええ。
コメント1件

116
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2007/01/31 00:50:42
>115
君は肥溜めの底に沈む石コロだよ。

117
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/10 02:03:14
『なしくずしの死』読もうと思うのですが、国書のほうと文庫の方どっちがいいですかね?
コメント1件

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/10 02:07:35
訳者の名前比べてみろよカス
コメント1件

119
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/10 08:50:52
>117
>57-59

120
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/10 12:47:36
>118
あ、そうか、『なしくずし』の方は高坂訳しかないんですね。
『夜』の方を先に読んだもので、勝手に『なしくずし』の方も生田訳があるのかと思ってしまった。

121
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/11 00:57:16
今の「なしくずしの生田訳」は改訳って書いたあるけど昔のとどこが違うの?

122
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/11 02:11:17
そもそもなしくずしは生田訳あるの?

123
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/11 03:18:43
なしくずしは滝田訳ならあるけど

124
3[sage]   投稿日:2007/02/14 21:21:22
キムタクの恥ずかしい過去
http://ic.39.kg/prin/1/aki.htm
芸能裏情報

125
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/18 23:39:32
「旅」に感動して、「なしくずしの死」100ページほど読みすすめたんだけど
いまいちピンとこないっつーか、おもしろくなってこん。
いってる意味よ〜分からん箇所も多いいし。

これって訳の出来のせいなん?(高坂訳)
それとも頑張って読み続ければ、おもしろうなってくるもんなん?
これだけの大著、英訳で読むのも億劫だし、どうでっしゃろ?
コメント1件

126
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/20 16:55:30
セリーヌはやっぱ,「虫けらどもをひねりつぶせ」や「死体派」といった
政治パンフレットが文字通り一番あぶなく、かつイキがよかったんじゃないかな。
ひとつ苦悩?が弾け、暴言がピチピチ、言いたい放題好き放題。
人種差別や反ユダヤ主義の恐ろしく不用意な発言の連発される。
(正直いってアレを誤解するな、いう方が無理)
大戦前夜に書かれたそれらのパンフレットが、あの後のセリーヌのセリーヌ性を決定づけ、
「亡命三部作」には、いわばツケを払わされるような書かかされ感、
不自由な息苦しさがつきまとっている気がする。身から出た錆だけどねwwwwwwww
コメント1件

127
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/07 05:09:20
>125
俺は変態発明家が出てきてからが好きだよ

128
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/12 06:12:29
セリーヌ擁護した作家を晒せ

129
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/12 08:27:29
山ほどいるぞ
例えば…大江

130
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/12 14:02:36
ヴォネガット

131
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 00:22:47
もし日本で「チョンどもをひねりつぶせ」って本だしたらどうなる?中身はすっごい出来で。

日本作家って全てゴマすりタイプでキモイよね。

132
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 02:20:46
何が言いたいんだか…

133
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 04:05:00
全集買った。
デザインかっこいいなあ。

134
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 07:22:36
>126
現在人種差別を含むパンフを読むことのできる言語は日本語だけなんだっけ?

135
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/13 18:59:32
ストローブ・ユイレの作品を一番DVD化してるのも
日本だしそう考えると不思議な国だなー

136
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/14 04:44:45
だね。
そういうところに寛容、なのか鈍感、なのか……。

137
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/16 13:39:15
中上、筒井……

138
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/05 08:35:40
しかしこのセリーヌってのは誰だ

139
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/05 08:38:25
鞄屋だろ。

140
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/05 23:54:58
書評空間にセリーヌ伝の書評が出ていたけど
今頃生田を引き合いに出す意味はあるの?

141
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/06 02:04:17
ない!
出すならば、出すならば…

だーれだ

142
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/06 11:17:16
吉林勲三

143
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/14 10:59:51
餅搗き師

144
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/31 14:24:05
マルセル・エメのことも忘れないであげて

145
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/13 17:28:17
こういうことを書くとお前は幸せもんだなとか
言われると分かった上で書くけどよ、

「反抗と罵りと怒りを爆発させ、人生のあらゆる問いに対して
〈ノン!〉を浴びせる、狂憤に満ちた「悪魔の書」。」

こういうレビューとか読んで、めちゃくちゃ期待して読んだんだ。
『夜の果てへの旅』と、『なしくずしの死』。
そうしたら、まるで深みを感じなかった。
というか、むしろ、笑えた。

「これで呪われた作家とかwwwwww」みたいな。
「墓石が「ノン」とか、こういうのをいちいち
かっこいいとか思っちゃうやついそうwwwwww」みたいな。
「俺の時間返せよwww」みたいな。

よかったらもっとちゃんと「世界を呪いまくった」本を教えてください。
別にかっこよくなくていいんで。
コメント3件

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/13 23:12:19
・・・乙一とか?

147
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/14 00:24:35
YOSHIもいいんじゃ?

148
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/14 00:30:37
めちゃくちゃ期待しすぎるから。

149
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/10/14 10:25:41
>145
ワロタ

150
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/14 20:32:20
YOSHIは世界を呪いたくなるね。

151
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/15 17:01:53
結論。YOSHI読んでからセリーヌ読む。

152
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/16 23:26:25
憎悪がよじれて笑いにまで転化されてしまうところがミソ。

153
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/17 17:40:36
“リゴドン”にインスパイアされて創られた
セリーヌ、リュセット、ベベールが登場する
CGアニメーション。作者は東京在住。

http://www.youtube.com/watch?v=OzDnpzKC0SM

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/08 03:25:45
教えてください。
夜の果ての旅と、なしくずしの死は、
一人称でしょうか? それとも三人称でしょうか?

155
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/09 02:51:43
セリーヌって奥さんの名前だったっけか?
お母さんの名前だったっけか?

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/10 03:15:17
おばあちゃん

157
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/05 19:03:15
なぜこの人はノーベル賞を取れなかったの?
才能は凄いのに

158
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/06 12:40:26
才能が無かったから取れなかった。
これくらいの才能は世界には一杯いるから

159
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/06 13:53:07
音楽におけるロックの発明に匹敵する
小説文体の革命だす。
剥きだしの生の感情を書き言葉に定着させただす。
セリーヌ以後は、リアリズムの枠のなかにとどまろうとする者は、
もはやセリーヌのようにしか書けないだす。
まあ、リアルの基準を変えちまったってとこだす。
対独協力の嫌疑かかった奴にノーベル賞なんて
やるわけないっしょそりゃ。

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/06 14:02:27
ノーベル文学賞はノーベル政治文学賞に名前を変えるべき

161
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/07 15:19:33
159が言ってる文体は、夜の果ての旅にも出てる?
それともそれ以降の作品?

162
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/07 21:39:07
世の果て以降は、みんなセリーヌのように書いたから
革命の衝撃は薄れたよね。あたりまえだけど。
文体って意味で完成度が高いのは、やっぱ亡命三部作じゃね。
城から城、北、リゴドン。もっとも仏語でおれ読めないけど、
エロイ先生たちはそういってるよ。

163
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/20 12:21:34
ノーベル賞を取れなかった普通の作家だね

164
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/20 19:09:20
生田スレ もうないのか

165
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/01 03:00:56

166
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/01 11:25:12
>145  それ俺も思った。セリーヌってけっこう笑えるよね。
困ったことに「激烈な反ユダヤ文書」といわれる檄文?
パンフレットもどこか可笑しくて、
これでまじ絞首刑になりかけたんだな、
と思う不思議な気持ちになる。

167
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/02 14:45:16
何度読んでも>145で笑ってしまう

168
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/02 23:10:16
生田耕作にぼろくそに言われただけあって、高坂訳はやっぱり酷い。
河出文庫版「なしくずしの死」を冒頭部分だけでも
集英社の世界文学全集の滝田文彦訳と較べれば一目瞭然。

んで、前にixionも言ってたんだけど、筑摩世界文学大系の第80巻「セリーヌ」を
古本でもいいから手に入らんもんか。都内に売ってる店あったら教えてください。

169
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/03 02:11:57
私は高坂訳の方が好きだけどね。

170
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/03 22:11:52
登場人物が作中で自作を「セリーヌのコピー」と批判する
ソレルスの『女たち』が文庫化されたけど
セリーヌの読者の大半はもう読んでるかといえば
まだだろうと思われ。

171
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/04 01:41:31
俺日本人じゃなくて良かったー
よかっぺーよかっぺー

172
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/04 01:42:04
誤爆しまんた><

173
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/04 01:45:24
生田スレ は永久不滅

【京都大学教授】生田耕作スレ【マニアから人気】

174
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/04 15:13:53
煽り王、死神博士とかいうのどこ行った?

175
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/12 14:33:45
冒頭読んだけで腹筋が崩壊しそうだ
もしかして俺にセリーヌは早すぎたのか?

176
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/12 16:52:40
いいえ、むしろあなたには実にしっくり来たということでしょう

177
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/15 19:34:53
『なしくずしの死』高坂訳冒頭部分
 みんなまたひとりぼっちだ。こういったことはみんな実にのろくさくて、重
苦しくて、やりきれない……やがて私も年をとる。そうしてやっとおしまいっ
てわけだ。たくさんの人間が私の部屋へやって来た。連中はいろんなことをし
ゃべった。たいしたことは言わなかった。みんな行っちまった。みんな年をと
り、みじめでのろまになった、めいめいどっかの世界の片隅で。
 きのう八時に管理人マダム・ベランジュが死んだ。夜中に大嵐が起きた。高
台の、私たちが住んでいるところでは、家が揺れた。やさしくて親切で忠実な
友だちだった。明日ソール通りで埋葬だ。彼女はほんとに年寄りだった、老い
の極みに達してた。私は彼女が咳をし始めた日に言った。《とにかく横になら
ないようにね!……ベッドの上に坐ってるんですよ!……》心配してたんだ。
それがとうとう……どうも、なんともはや……
コメント1件

178
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/15 19:44:48
『なしくずしの死』滝田訳冒頭部分
 こうしてわれわれはまたも孤独だ。すべてはこんなにも遅く、重く、もの悲
しい…… もうじき私は年をとるだろう。そしてついにはこれも終わりになる
だろう。私の部屋には大勢の連中がやって来た。奴らはいろいろなことを言っ
た。たいしたことじゃなかったが。そして出て行った。奴らはめいめい世界の
片隅で年をとり、惨めで、のろくなった。
 昨日、八時に、門番のべランジュ婆さんが死んだ。夜のあいだに大嵐が起る。
われわれの住んでいるてっぺんの方じゃ、家は震える。彼女はやさしくて、親
切で、信頼がおける友だった。明日、ソール街で埋葬がある。本物の年寄りで
、まったくよぼよぼの婆さんだった。咳を始めた最初の日、「とにかく横にな
っちゃ駄目だ!…… 寝床で坐ってるようにしなさい!」と、言ってやったも
んだ。あぶないとは思ってた。たら、とうとう……でもまあ、仕方がない……
コメント1件

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/20 13:35:27
訳だけ比べても、フランス語が読めないと
どっちが原文のニュアンスに近いのか・・・

180
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/20 21:08:31
読みやすさで言えば断然下の訳だな

181
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/23 20:13:31
文学部のジャルゴンでは、それを下訳という。な〜んてね。
てっか、直訳に近いだけだろ。

182
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/12 23:25:38
>1
チャールズ・ブコウスキー「パルプ」を読んで
そう言ってるのかな?

183
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/17 23:18:42
筑摩の世界文学大系の後期3部作の訳はかなりいいね。
3千5百部しか刷られなくって
しかもそのほとんどが図書館だったろうから
読んだ人はごく限られてるだろうけど。

184
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/04 06:13:14
>177
>178
セリーヌを感じられるのは断然に高坂訳だ。

185
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/05 23:58:16
>みんなまたひとりぼっちだ。こういったことはみんな実にのろくさくて、
「こういったことは」(何を指すんか?w)「のろくさくて」???www

>彼女はほんとに年寄りだった、老いの極みに達してた。
「老いの極みに達していた」って???www
コメント1件

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/06 01:10:18
>185
訳にまだまだ工夫の余地はありそうだが、
君が可哀相な人であることは良く分かった。


187
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 02:03:10


188
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 17:33:55
「パルプ」で車に轢かれちゃう人?
コメント1件

189
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/06/09 18:12:57
>188
YES.
ブコウスキーがマジリスペクトしてた数少ない小説家

190
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/16 20:12:22
ノン

191
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/19 18:52:17
だっせースレタイだなしかしw

192
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/20 17:37:16
ブコウスキーはどうしてセリーヌをリスペクトしてたのかなぁ?
いろいろ作品読んでもよくわかんないなー。

193
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 00:50:43
大江がセリーヌのこと好きな件についてこのスレの人達はどう思ってるの?
あと、大江の作品についてはどう思ってるの?

コメント1件

194
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/08 02:13:30
 

195
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 05:31:44
いつもの笑顔がもどったら

196
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 10:36:31
>193
貴方がセリーヌや大江の作品をどう思うかが問題でしょうに
コメント2件

197
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 16:02:25
>196
セリーヌは好き。
大江の本は読んだこと無いけど、政治的なこととかで嫌い。
自分の凄く好きな作家(人)を「絶対に」相容れない人が絶賛する、、
こんなことは頭を混乱させたり、すっきりしない気持ちにさせないだろうかね・・自分だけかな・
コメント2件

198
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 17:12:26
>196
君が、政治的なこととかでたぶんだいっきらいな
たとえばトロッキーとかは、初期のセリーヌをほめたたえてたっけな。
コメント1件

199
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 17:41:09
>197
それは若い頃によくあるあれじゃない?恋に恋。
セリーヌの小説が好きなのではなく、セリーヌ好きなハイカラな自分が好きみたいな。
コメント1件

200
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/08 18:15:19
 

201
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/08 23:18:36
>198
>199
むむむ、、
ブコウスキーを読んでた時は文中にサリンジャーの文字を探してたな。
見つけた時は驚いたし、褒めていたのは意外だけど嬉しかった。
逆に言うと、相容れない人との繋がりに気付くと動揺しないかな。
んー自分が未熟なだけか

202
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/07/17 10:00:31
てか大江ってホント節操ないから(文学の趣味は良いと思うけど)、
奴が誉めてたから云々とか言ったら20世紀の文学ほとんど読めないよ。
セリーヌ、ガルシア=マルケス、フォークナー、ナボコフ……
あと古典だとセルバンテスとかウィリアム・ブレイクとか。

彼の偽善的な主義は相容れないものを感じるけど、
体制側に付いちゃう作家なんて面白くないだろ、とも思う。

ま、セリーヌスレなんでこの辺で。文庫で三部作とか出るといいなー。

203
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/17 10:44:53
>197
大江読めよ、読んでから判断。

大江の魅力のひとつは、悪いところだよ。
君も思ってるだろうが、偽善の悪人だろ。
善い小説じゃなくて悪い小説としての魅力があると思うよ。

体制側に行った偉大な詩人や作家なんて過去にいくらでもいるぞ。

そりゃセリーヌは超一流の作家だから、そこと比べると大江がダメなのはわかるけど
コメント1件

204
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/17 18:46:28
セリーヌの政治的態度は気にならないのに
大江の政治的態度は気になるのかw

205
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/17 20:31:26
このオレサマ、を持たない人間にとってはそりゃあ、
このオレサマだからこそ引き受けざるを得ない「人間のこと」、
こんな意識だって当然に、理解出来よう筈もない。
馬鹿に判ることはない。なにひとつない。
意味なり価値というものはあくまでも、それを見出す、
能力のある者に対してのみ開かれている。

206
202[age]   投稿日:2008/07/17 21:08:21
>203
この辺で、とか自分で言っといてなんだけど、
その「体制側に行った偉大な詩人や作家なんて過去にいくらでも」
の例を良ければ挙げてみてくれないかな?
いや、あんまり思い浮かばないもんだから……ちょっと興味本位で。

207
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/17 21:37:00
横だが、T・S・エリオットとか。

208
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/18 19:37:53
体制側に行ったとか、ついたとか、ことばが雑駁すぎてどうも...
エリオットとかってただ保守主義者だってだけでしょ。
偉大な詩人や作家は、おしなべて天邪鬼で、まわりが
ソビエトマンセーしていれば反対のことをいうってことだと思うよ。

209
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/29 18:42:55
ある本で、「小説家になるには、何千冊の小説を読むか、
誰それみたいに一冊も読まずに書くか、どちらかじゃなきゃダメだ」という
言葉があって、
その誰それってのがセリーヌかジャン・ジュネだったんだけど
どっちだと思う?

セリーヌって一冊も他作品を読まずに自作を書いたの?

210
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/29 18:45:18
競り犬wwwwwwwwwwww

211
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/29 20:20:43
競り犬(気に入った!)は、頼まれてゾラについて講演とかしてるし、
同業者を口汚くののしってたりするからまじめに
人の作品読んでると思うよ。

コメント1件

212
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/29 23:54:44
ジュネも本をガンガン万引きしてたし
デビューしたのもコクトーに会いに行ったからだし
他人の作品を読んでないなんてありえないよ

213
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/30 00:46:53
>211
それは、作家になってからじゃないの?
デビューしてから読むようになったのかもよ?

あと、ゾラについての講演って、作品じゃなくて
ドレフュス事件がらみじゃないの?

誰だっけな、外人(たぶんフランス人)作家で
小説を一冊も読まずに小説を書いたという人

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/30 01:20:37
”ゾラについて”は自然主義についての話だったよ

215
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/30 05:00:12
鬼ごっこ何とかの人では?

216
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/30 12:07:46
それ日本人じゃないの
鬼ごっこ

楢山節考の人は、たしか、ほとんど読まずに書いたとか

217
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/30 18:57:11
セリーヌはかなりインテリじゃないの?
小説に変わる知識とかがあったろうし
深沢は非インテリだ的な語られ方をよく目にする。

ジュネって文章がすごくキッチリきれいで古典的なフランス語だって聞いたことあるが…
邦訳しか読んでないのでしりませんが

218
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/03 02:17:07
19世紀の作家だから>>209の言ってるのとは違うかもしらんがマルグリット・オードゥーは何も勉強せずに作家になったといっているよ。
「孤児マリー」しか読んでないけど、純朴な女性が書いた自伝的小説という感じ。

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/14 19:36:08
一冊も読んでない作家なんてまずいないんじゃないかな。
セリーヌもジュネも少年期に謎が多いけど、読書家ではあったらしいし
読まなくなったのはむしろ作家としてデビューしてからじゃないかな。
セリーヌに関しては、ラブレーの影響は明らかにあると思うよ。
まあ二人とも影響を自分のものに昇華してるから、オリジナルな作家だよね。
コメント1件

220
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/25 21:59:15
夜の果て?
アタシもういいから
おまえら行っとけ!
みたいな

221
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/26 02:19:32
浮上

222
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/05 10:49:54
セリーヌを体験するのは良くも悪くも
薬物依存症になることと似ている。
その一度の経験が鮮烈すぎて
一般的に良いものとされる他の文学作品(ヘミングウェイとか)
が全て色あせてしまうから。
その後の読書生活が不毛になる可能性もある。

223
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/05 10:55:09
そんなに凄いの?ちなみに何を読めばいいのさ?
コメント1件

224
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/05 15:31:59
凄いというか文体がかなり特殊なんで
それに慣れると普通の文章が変に見えてくる

225
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/05 16:08:57
ヘミングウェイが色あせることに悪い面なんてあるの?


226
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/06 01:18:54

227
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/06 01:38:21
へミングウェイは結構、誤読されていたと思うんだけどな
逆に言えば世間がそれに気づきだして
離れていっただけなんだろうが、
フィッツジェラルドやコンラッドのような形で
再評価されると思うよ。
まあ、作品がテキストになるというのは
そういうことなんだろうけどさ

228
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/06 21:12:08
>223
ぼくはリゴドンだと思う。文体ってい意味では。核時代のラブレーってだれかいってた。
長い嵐の夜の雷鳴みたいだ。あるいは壮大な交響曲。
最初のページから最期まで、生の純粋持続がそこにある。

229
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/06 22:30:59
正直そろそろ新訳がほしいな

230
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/07 18:50:40
やはり最初は夜の果てへの旅でしょ。

231
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/08 06:27:49
「・・・」多すぎ・・・
コメント1件

232
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/09 20:11:28
「・・・」が人生なんだよ。だからセリーヌの文体は人を打つんだよ。

233
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/09 20:18:58
テリーヌならば好きだが

234
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/13 00:27:10
年に10冊ぐらいしか本を読まないリーマンだけど、セリーヌの「世の果てへの旅」
は読んだし、再読を重ねてるな。
あとはケルアックの路上と麻雀放浪記は好きだな。
別に仕事ができるようにはならないけど、俺の生活には必要なんだよな。

235
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/14 22:38:23
セリーヌの「世の果てへの旅」が必要なリーマン生活ってどんな生活かな。

236
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/15 21:36:45
>231
宮沢賢治みたいに判読不明箇所がたくさんあるのかと思った

237
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/19 22:55:22
血管きれるまぎわまで、推敲かさねて意識的に狂気を紙に定着させた
セリーヌにそれは失礼だろ。

238
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/30 17:39:47
この人それほど才能は感じないな。中二病。
ドストの方が遙かに才能ある。
ドスト>>バロウズ>セリーヌかな。

239
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/30 22:07:01
セリーヌ>ドラゴンボール>バロウズ>ドストだね。

240
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/30 22:42:24
>238
中二病とかいうレッテルを安易に張る人間には才能を感じないな。
そして何故にそこでバロウズ? 比較対象がちょっと……

241
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/31 03:50:01
>219
遅レスだけど、セリーヌは哲学書を読みまくってたらしいよ。
ただ小説はどうなんだろうか。そこまでは読んでないんじゃない
かな。セリーヌは、裕福な家に生まれて高等遊民してる作家と違うから
読書にあてる時間もそんなになかっただろうし。

242
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/09 23:07:51
自分に子供が出来たらセリーヌを読ませたいと思う?
俺は思わないな

243
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/13 00:38:12
大江がセリーヌを評価したのはなぜか?
敬愛するヴォネガットがすでにセリーヌを評価していて、
「こいつは褒めても大丈夫だ」と安全確認をしたからではないか。

そのヴォネガットを高く買うようになったのも、
すでに一部のSFファン以外の間でも評価が定まってからであった。
再評価の波が起こったときに尻馬に乗ることはあっても、
自ら率先してその波を起こしたことはない。
安全牌にしか手を伸ばさないタイプと見るがどうよ?

244
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/13 00:45:18
違う気がする。

245
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/14 16:59:02
セリーヌ読むならランボーも読みなよ
きっと世界が変わるよ
コメント1件

246
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/14 18:44:24
このスレ見て興味を持ったけど、この人の本はどれも高いね。

247
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/16 22:01:45
ヒューマニスムの袋は、外側が理性で内側に感情が閉じ込められている。
セリーヌもまたヒューマニストだ。
ただし、袋は底をつまんで引っ張り出したように裏返っている。
われ感ずるがゆえに我あり。デカルトの転倒。人間観の転回。
書くべきことの20世紀的発見。
そして、裏返ってはいてもヒューマニスムであるがゆえの限界。
だが、それがかけがえのない魅力。

248
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/17 20:40:10
愛情故に憎悪か
コメント1件

249
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2008/11/18 23:26:38
>248
完同。白洲正子がこんなこと言ってたのを思い出した。
「本当に人間が好きな人は、人嫌いになるのが必然ではないか」
コメント3件

250
粗野太郎[]   投稿日:2008/11/18 23:47:34
>245
>きっと世界が変わるよ

んなもん変わらねぇよ。
敢えて言うなら、世界を変えたのはNASAのアポロ計画だ。

http://jp.youtube.com/watch?v=5QS3JSRGk3o
コーヒータイム VOICE MP3
http://maiise.9.dtiblog.com/blog-category-30.html

コメント1件

251
粗野太郎[]   投稿日:2008/11/19 00:01:47
オマエんちにテレビねぇのかよ。

252
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/19 08:16:45
>250
アポロで世界? まあ君の世界は変わったのかもね。
科学技術の帰結の、そこそこの象徴イベントでしょ。
それ以上の意味は無い。

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/19 12:50:23
>249
そこから遠くにあるのが、無視や無感情などの無関心だからね…
昨夜ショーペンハウアーの人生論読みながら寝たよ
コメント1件

254
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/19 12:53:49
結果、諦観だ。

255
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/19 23:41:10
>253
書くってことは、まだ完全に望みを絶っていない訳だからね。
楽天する気にはなれないけど、それでも……と。
血塗れのユーモアなんだろうね、これが。
コメント1件

256
川俣軍司 ◆kapwcKvnKE []   投稿日:2008/11/20 11:55:27
>249
いい言葉だなぁ
コメント1件

257
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/20 18:50:14
>255
例えば、晩年の芥川は悲惨だ。
河童や或阿呆の一生は、血塗れのユーモアで書いたのだろう。

笑えない事実(現実)
コメント1件

258
249[age]   投稿日:2008/11/20 22:56:48
>256
ちょっとうれしい。書いておいて何だけど、
この逆説を分かる(分かってしまう)人間、
てのは随分と限られてしまう気がするからさ。

>257
でも時折、その悲惨さこそが何かの証しのようにも思えるんだよ。
当人は端から見た悲惨を悲惨と感じていたのかな、と……

259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/22 16:09:26
何冊か読んだけど、自分視点で饒舌に語っておきながらキャラも面白い。
でもいまの時代とどうつながってるのかは謎。単行本高杉だから文庫版で全巻出して欲しい。

260
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/28 00:19:54
夜の果てへの旅が今枕元に
読んだら益々絶望する?それとも慈悲に?

261
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/28 00:30:46
赤いの? だったら枕にはむかない。

262
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/02 14:17:00
哄笑に徹することができずにセンチメンタルに着地してしまう弱さが反ユダ公に繋がっていく

263
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/02 15:29:27
てか"公"ってああたw

例によってでこれもじぶんは、大江で覚えたんだよな。

264
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/03 14:04:58
否(ノン)

265
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/04 13:37:19
non

266
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/06 01:11:04
就職の面接で落ち続けるくだりが超笑えるんですけどww

267
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/06 09:35:54
笑えるってことは今貴方が仕事に恵まれてるってことじゃないかな

268
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/07 12:28:42
いや数年前にリストラされて自宅警備してますが

269
267[sage]   投稿日:2008/12/07 13:04:25
俺もつい先日リストラされたよ

270
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/07 13:11:34
夜の果てへの旅なんてしたくもない
そこに慈悲あらず

271
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/12 17:37:45
(^公^)

272
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/12 17:44:06
セルバンテスよりおもすれぇのかな

273
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/15 20:31:34
ドストエフスキーも反ユダヤ主義者だったらしいが、どこか似てる?

274
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/22 22:13:45
「虫けらどもをひねりつぶせ」読み始めました
…けど、これ何なんだ
コメント1件

275
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/22 22:16:57
>274
小説じゃないよ。
セリーヌヲタ以外は読んでも(ry

276
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/26 14:46:18
虫けらどもをひねりつぶせみたいなのは
2chでいくらでも読めるからねw
コメント1件

277
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/27 00:43:04
「虫けら〜」も文学と呼ぶのかな
コメント2件

278
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 00:40:14
>276
うまいこというな。
>277
どう思うか一週間考えたけど、やっぱりセリーヌの場合は文学だな。
リゴドンの冒頭の黄禍論をみると体質だよ、骨の髄までヨーロッパ人だよ。
そのバカッ正直っぶりが、かえってリアルで俺は好きだけどな。

279
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/15 00:39:45
今夜の果てへの旅を読んでる
すごくおもしろいね

280
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/15 17:07:59
夜の果てと、なしくずしは読んだけど、
あとは文庫で出てないんだよな。漏れは文庫が好きなんだけど、出ないだろうな。
図書館で分厚いの借りるかな。

281
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/19 03:41:20
セリーヌ好きな人は他にどんな小説が好きですか?

282
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/23 20:50:35
ムージル、ルルフォ、ガルシア=マルケス、矢作俊彦、須賀しのぶ。
ルルフォの『ペドロ・パラモ』がまた絶版になったのがショック。

283
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/23 22:50:27
赤川次郎、カミュ

284
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/15 02:34:53
夜の果てがおもしろかったから期待してなしくずしを読みはじめたけど微妙

285
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/16 01:03:19
>277
文学だよあれは

286
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/16 03:48:02
新左翼のネ申だったのか知らん。

287
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/22 02:12:45
T・ベルンハルトとかはどう?

288
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/23 08:17:42
カミユ、ムージル、サルトル、ドストエフスキー ラディゲも好きです。

みなさん音楽は何好きか教えてください。

289
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/26 14:04:57

「「塩山芳明は、日本のセリーヌだ」(・・・)罵りが芸術の域に達しているだけではない、
些細なことから宇宙まで、さまざまな事象にたいする癒されることのない憤りと、自らの
ヒューマニティにたいする含羞、暗いユーモアとやりきれないほどの哀愁において、塩山
芳明は、中上健次よりも柳美里よりも、セリーヌに喩えるにふさわしい。小説家じゃない
けどね。」(『出版業界最底辺日記』解説福田和也)

http://park22.wakwak.com/~mangaya/sio/kira196.html
http://park22.wakwak.com/~mangaya/nikkann.html
http://park22.wakwak.com/~mangaya/simojimo/simojimo17.html

290
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/05 13:41:23
ドンキホーテ読み終わって次は夜の果てへの旅を読むぞ
ずっとずっと読みたいとおもっとって初セリーヌだ

291
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/06 02:07:07
高坂訳、読みにくすぎる。
コメント1件

292
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/05/06 14:39:06
>291
『旅』の翻訳は圧倒的に幾多交錯。
ただ、交差火薬『なしくず死』文庫版は別人のように読める。
コメント1件

293
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/06 16:54:02
>1
うまっ <スレの立て方

294
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/06 18:17:20
>292
そうなのか?
なしくず死でダメなんだが…

295
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/07 14:08:11
俺は旅は高坂のほうが全然良いと思ったけど
フランス語が読める人だとどうなんだろ?
セリーヌ自体が基本的に読みやすい文を書く人じゃないよね?

296
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/08 15:24:15
セリーヌの小説の書き方は散文に該当するんでしょうか?

297
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/09 01:24:57
あれが韻文だとでも?
コメント1件

298
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/09 23:49:24
>297
無知なものです。
では散文なのですか?

299
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/11 12:36:13
韻文ではないよな

300
粗野太郎[]   投稿日:2009/05/11 12:57:21
風邪とともにセリーム、ってか。
はは。
おい、オマエら、なんで笑わねんだよ。

301
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/11 12:59:25
↑深刻なバカ。

302
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/11 16:16:55
>セリーム

きみセリーヌしらないの?

303
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/16 23:55:27
夜の果てへの旅読み終わった
何これ
なんだかな

304
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/24 16:13:07
敗残の巨人読んだ人いる?

305
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/06/01 20:35:31
一応読んだ。資料的価値はあると思う。
けど、セリーヌって作品が凄すぎるから、
どんな論考読んでも不満になるんじゃないかな。

306
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/28 19:35:24
セリーとセリーがごっつんこ

307
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/29 23:41:26
セリーヌって結局「夜の果てへの旅」だけじゃね?

異論は大いに認める

308
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/30 01:07:09
バーから飛び出した途端に車に轢かれて死んじゃう人?
コメント1件

309
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/04 21:51:42
夜の果て と なしくずし の後は何がいい?
亡命三部作?ギニョルズバンド?
コメント1件

310
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/06 11:30:06
>308
そうそう、
ってブコウスキーファンじゃないと分らない気が。

>309
個人的にはインタビューがオススメ。
『ライターズ・アット・ワーク』の奴とか。
自分の文体について語ってたりとか、
「カネがあったら誰が書くかボケ」とか。

311
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/14 20:19:23
開高健が
もっと若いときに読んでいたなら、人生違ってた
と言っていたけど、俺は思った以上にハマらなかったな
ちなみに、愛読書はチェーホフ
コメント1件

312
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/14 21:15:01
おじさんの場合は、ちょっと人生変わったかもしれない。
観念の世界から、世の果てへ、なしくずしの死へ=死ぬべく予約されてる人生へ、
出ていけと背中押されたような気がするね。いまから思うと。

313
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 10:13:04
おじさん良いこというね
その一言に尽きるね

314
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/31 10:20:49
自宅警備員としての孤独な生活は世の果てといえるのでしょうか?
精神的にはかなりきついですが

315
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/01 01:35:24
セリーヌもバルダミュもあれでお医者さんだからなあ。
職業的プライドの高さと商売のせち辛さとの、
ものすごいギャップを味わってる気がするから、
そういう俗な意味では、自宅警備員はまだ世の前段階かもよ。

316
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/02 13:13:15
高坂以外の訳で読みたい。
コメント1件

317
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/08 02:05:24
>316
逝く田耕作じゃダメなの?
英訳もなかなかだったけど。

318
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/08 02:46:00
>311
チェーホフの方がセリーヌよりずっと闇が深いからな

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/08 08:23:38
でもセリーヌの小説は読んでたら笑っちゃうことあるよな
どたばた喜劇みたいなところもあるよ

320
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/08 09:09:39
吉本新喜劇=セリーヌ

321
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/08 21:21:12
現実の悲惨さを際だたせるために現実以上の悲惨さをもって描写するという手法はお笑いに通じる
志村けんのお婆さんの真似みたいな

322
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/09 21:59:41
>249
どの本で言ってたんでしょうか?

323
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/04 23:48:09
セリーヌ、チェーホフ、ゾラ、モーパッサン、スタインベックあたりが好きな人は鬱と自殺に気をつけましょう
何を隠そう当てはまる私は鬱歴22年、自殺未遂3回経験者です
いつの間にか深みにはまって這い上がれなくならないように笑い飛ばして読みましょう
コメント2件

324
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/05 01:53:14
>323
どれも大好きな作家だけど自殺なんて考えた事もない
まぁ悲しさの漂う作品かいてるけど、根本は下手くそなりに頑張って人生生きてる人達の話なんじゃないかな?
でも感受性が強いと悲しい部分に強く影響受けて鬱になんのかな?

325
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 20:24:11
読んだから鬱になるのではなく
鬱気質の人が好きになることが多いと思うのであります
そんな人だからのめり込んで思い込んでドツボにはまるのであります
コメント1件

326
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/06 00:49:58
そうかな。

327
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/07 20:17:05
>325
で、セリーヌ読んで元気になると。

328
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/08 20:40:58
虫けらのユダヤ人を朝鮮人に置き換えて読むと元気になれます

329
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/08 22:48:36
カス。くそネットウヨ。

330
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/09 06:54:04
セリーヌはネトウヨ

331
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/09 20:52:02
セリーヌはネットウヨじゃないよ。セリーヌ生きてた時、ネットねーし。
匿名に守られて悪意のプロパガンダするやつをネットウヨ言うんよ。
銃殺されたフランスの右翼の方がJapのネットウヨよりよっぽど、
せいせいどうどうスガスガしいぜ。
コメント1件

332
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/14 00:13:13
セリーヌとブコウスキーを同時に読んでいる俺は
死にたいなんて思わないね
本で感化されすぎるって怖いよ

333
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/16 18:06:51
>331
はいはいjapjap。
お前も匿名に守られてjapとか使っちゃってるねー。語るに落ちるとかこの事だなw
フランスの右翼がすがすがしかろうが、あんたはネットウヨと同列だよ

334
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/16 18:28:58
糞チョンgookなんかほっとけよ

335
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/18 22:28:28
こんな過疎スレにまで、嫌韓厨がでっぱってくるって、しんそこ怖いよな。
日本どうなる。てか、2chて罪作りだよな。
バカに発言機会与えたって意味でさ。セリーヌは墓場で泣いてるね。

336
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/18 22:48:01
>323
自殺に3回も失敗したのは何で?
最初から死ぬ気のないなんちゃって自殺?

337
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/22 22:18:28
墓石に”NON”の一語

シブ過ぎ!

ちなみに奥さまはバレーリーナー



コメント1件

338
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/23 16:50:43
"Non"は神話。
実際は帆船の絵が刻まれているらしい。
コメント1件

339
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/23 18:52:17
>338
「らしい」はいらないよ。事実だから。
おれの心の中では「Non」のままだけどね。
コメント1件

340
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/23 19:17:15
あっそ(おならプッ)

341
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/01 21:35:32
自分の心の中にしかないと知りながらそれを挙げて
「シブ過ぎ!」とかいっちゃうのって頭おかしいだろ……
負け惜しみもここまで来ると清々しいな
コメント1件

342
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/03 08:30:50
>341
格好つけてるのは確かだが、負け惜しみ……なのか?

343
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/05 19:49:28
337の時点では「墓石に“Non”」のガセネタを信じてたのに
338から事実を知らされて「そんなの知ってるもーん
僕ちんの心の中ではそうだからいいんだもーん」って
絵に描いて額に入れたような負け惜しみだろ
コメント1件

344
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/05 21:34:16
>343
ああ、なるほどね。
おれには何度見ても>337>339は別人としか読めないんで、
負け惜しみ云々がまったく意味不明だったわ。

345
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/11/19 22:51:49
後期三部作読みたいが値段がorz

346
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/20 14:20:11
カート・ヴォネガットが
40代過ぎて初めてセリーヌ読んで
おおいに驚愕したそうだけど
そういえばヴォネガットとセリーヌって
作品の通奏低音が似ている気がするな
コメント1件

347
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/20 14:58:20
セリーヌってブランド物のことかと思った

348
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/20 23:40:50
あとガルシア=マルケスな
やめてくれっての

349
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/21 00:18:18
セリーヌでNON

350
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/11/22 10:20:37
>346
正直セリーヌ読んで作家としてダメになっちゃった気がする。
下手に社会派に走っちゃったというか……
『スローターハウス5』は「セリーヌの無惨な模倣」、
ってヴォネガット自身も言ってたっけ。
コメント1件

351
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/24 17:59:11
作品の通奏低音が似ている気がする
コメント1件

352
ザ・スミス[]   投稿日:2009/11/24 21:35:50
作品の通底音をいうならギュヨタじゃね?
コメント1件

353
346[]   投稿日:2009/11/26 10:31:31
>350
『スローターハウス5』は「セリーヌの無惨な模倣」
という発言は知りませんでした。

>351
>352
「作品の通奏低音」=小生の音楽的素養の発露です。
音痴の皆さんごめんね

354
ザ・スミス[]   投稿日:2009/11/27 00:41:15
やっぱロックだよなw

355
ザ・スミス[]   投稿日:2009/11/27 01:23:13
もしかしてエデン×3誰も読んでないとか?w

356
ザ・スミス[]   投稿日:2009/11/28 16:47:32
うふふ

357
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/11 00:30:42
朝食とスラップスティックしかヴォネガットは読んでないけど、
なしくずしを読んでる途中に似ているなぁと感じたら、案の定セリーヌの影響受けてるのね。
ヴォネガットは人から薦められて、セリーヌはドアーズの影響で読み始めたけど、
不思議なところで繋がるものですね。求めている何がしかが近いからかしら。

358
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/28 11:11:00
虫けらの冒頭部面白いなぁ。
当時(今も?)の彼の作品への世間の反応やら彼自身の反応やら。
コメント1件

359
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/13 16:30:40
>358
いっとくけど、原題のBagatelles pour un massacreって、
虫けらどもをひねりつぶせじゃないからな。

360
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/01 23:01:32
同じような反ユダヤ作家でルバテの作品読んだ人いる?
「残骸」って興味あるのですが、どう?

361
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/08/15 06:40:54
 
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
実況 ◆ テレビ朝日 48944 ぽんぽこ (494)テレ朝実況
実況 ◆ フジテレビ 84195 (341)フジ実況
第99回全国高校野球選手権大会 閉会式★356 反省会 (346)NHK実況
第99回全国高校野球選手権大会 決勝 広陵×花咲徳栄★555 (725)NHK実況
NHK総合を常に実況し続けるスレ 137110 雷様 (971)NHK実況
実況 ◆ TBSテレビ 28314 (988)TBS実況
ごごナマ おしゃべり日和「白石美帆さん シシド・カフカさん ひよっこ秘話」 (606)NHK実況
バイキングとグッディ★4 (465)フジ実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【高校野球】花咲徳栄が14-4で広陵を下して春夏通じ初の全国優勝 埼玉県勢、夏の甲子園初制覇★2 (972)音楽・芸能ニュース
【高校野球】花咲徳栄が14-4で広陵を下して春夏通じ初の全国優勝 埼玉県勢、夏の甲子園初制覇 (1001)音楽・芸能ニュース
【話題】男が女に勝算のない愛の告白をする「告ハラ」が横行…女性にとっては精神的な負担と物理的な恐怖を与えるセクハラ★3 (260)ニュー速+
【話題】男が女に勝算のない愛の告白をする「告ハラ」が横行…女性にとっては精神的な負担と物理的な恐怖を与えるセクハラ★2 (1003)ニュー速+
【高校野球】広陵・中村プロ志望明言「プロの舞台で悔しさ晴らしたい」[一問一答] (325)音楽・芸能ニュース
【北方領土】露・メドベージェフ首相 北方領土をロシアの経済特区に指定 日本側の反発必至 (321)ニュー速+
【犯人はやはり】仏像の顔、壊される被害 熊本最古の磨崖仏群、県警捜査 (744)ニュー速+
 高須院長「24時間過ぎました。提訴するよう、指示しました。なう」 (960)ニュー速
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレ239【獅子たち2】 (718)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (938)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (206)
夏目漱石 八十四夜 (810)
町田康8 (966)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (284)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (901)
西村賢太 21 (750)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (887)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
三島由紀夫Part54 (364)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
文学理論 10 (437)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+2【120度】 (127)
文学板でレイシズムについて議論しよう vol.4 (549)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
小林秀雄 その九 (951)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
羽田圭介が気になる その5 (873)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: