板検索:
池澤編世界文学全集を予想するスレ(715)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 03:08:28
池澤夏樹の個人編集で河出書房から刊行が始まる世界文学全集の
ラインナップを好き勝手に予想してみるスレ。

第一弾はケルアック『オン・ザ・ロード』で、二十世紀後半の作品中心に
行くそうなのでその線で。


2
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 03:11:45
じゃ、ケルアックに続き北米から。
フィリップ・ロス、カート・ヴォネガットは堅いはず。

3
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 04:59:47
ピンチョンも來そうだな

4
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 10:59:17
埼玉大学理工学部物理学科中退って経歴がマニアックだな。w

5
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 12:03:27
ロブ=グリエ
シモン
あたりもかな

コメント1件

6
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 12:28:44
キャベルとかはどう?

7
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 17:04:33
>5
それは出して欲しい。でも期待しないけど。

8
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 17:06:05
一発目が路上ってのはなかなか良いじゃん
新聞広告見たときちょっと興奮したよ

9
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 19:26:40
路上は単に河出が翻訳権を持ってるだけだと思うんだが

10
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 19:46:20
ソースは?

11
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 20:14:38
河出文庫に入ってる
もしくは
文庫になってるのは要らないわな
セリーヌとかやめてよね
コメント1件


12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 20:29:11
百年の孤独とか入れんなよ?
な?

13
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 20:33:22
スティル・ライフ

14
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 20:46:42
本人のじゃねーかよ!
オンザロードってまあまあいい題名だな。

15
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 21:17:51
>11
ブコウスキー、デュラス、カルヴィーノ確定では?

16
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 21:34:04
あとバロウズか

17
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 21:45:00
結局、河出文庫中心になるんじゃない?
他社が翻訳権を独占してる作品はなかなか難しそうだし。
20世紀後半の作品だと著作権も継続してるし、新訳すると金かかるし

18
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/05 21:50:18
じゃああんまり意味ないな。よほど既存の訳がひどいなら別だが。

19
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 22:10:41
ル・クレジオ大洪水とか

20
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 22:23:47
ファウルズ魔術師とか
カルビーノとか
ダンセイニ…

は、ないか。

21
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/05 22:32:46
あ、カルビーノ出てたか
じゃあ、アンジェラカーター?

つか殆ど嫌がらせに近いね、このスレ。

22
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 00:59:00
ラテンアメリカは新潮社と集英社がかなり翻訳権独占しちゃってるから、
それこそボルヘスくらいしか出せそうにない。
未訳作品が発掘されるなら、逆に歓迎できるが。

23
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 02:29:20
まあ、新潮も集英社も殆ど絶版の状態だから
意外と了承してくれるかもしれんね。
ガルシア=マルケスは全小説を刊行の途中だから、無理だろうけど
別に、全集じゃなくても国書の「文学の冒険」みたいのでも良かったんだが

24
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/06 13:19:20
昔の作家だとしても未訳であるなら出して欲しいもんだが。
二十世紀後半と言う目途に縛られてつまらない作品は止めてほしいな。

25
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/08 12:33:38
タブッキはどう?

26
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/08 13:09:55
版権の関係から、第二回配本からは全部ギリシャ現代文学です。
すべて池澤訳という話。
コメント1件

27
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/08 13:59:48
なんか途中で打ち切りになりそうな悪寒

28
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/08 14:16:08
春奈

29
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/08 16:46:53
>26
まじすか
だったら池澤翻訳全集として欲しいよ

30
26[sage]   投稿日:2007/01/08 17:22:49
うそです。すみません

31
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/08 22:21:36
池澤編世界文学全集そのものがウソだろw
つーか池澤夏樹ほんにんがウソっぽい作家だろ

32
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/08 22:54:13
それは違う

33
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/10 01:02:02
イギリスはどうなるか。もうゴールディングやマードックでもあるまい。
かといって後目立った人いないし...石黒?
今ならバラードも純文学で通るか。

34
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/10 17:17:07
というか、河出HPで告知はされないのか。

35
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/11 12:44:52
21世紀最初の「世界文学全集」って、狙いは悪くないと思うな。
でも、何となく、かつて集英社が出してた「世界の文学」ぽいセレクションになりそうな・・・
案外、このスレもリサーチしてたりしてw

当然、ナボコフは確定でしょ? 
コメント1件

36
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/11 12:57:07
一冊いくらくらいかな

37
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/11 13:11:29
ベルンハルトは入れてほしい。

38
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/11 14:01:45
ネタスレ?

39
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/11 18:48:22
oui

40
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/12 00:21:42
ネタじゃねーよ

41
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/12 10:03:13
>35
ロリータが入らないナボコフ買う気にならんだろう?
結局河出でやるのは無理なのよ

42
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/12 10:28:37
ナボコフはロリータのみにあらず
ロシア語で書いたものとか、短編とか、まだまだ“お宝”はあると思うよ
そういったところをイケザワ氏が趣味よくセレクションしてくれたら、俺は定期購読確定

43
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/12 10:29:59
でもそれじゃあ「文学全集」にならんのよ
作家の代表作が入ってなきゃ企画物として糞タイトルだ

44
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/12 10:37:58
まあアーダとか賜物を新訳で出してくれるならうれしいな。
ナボコフ短編は短編全集がすでに出てるからいまさらないだろ。

45
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/12 11:45:50
集英社の「世界の文学」のころはまだラテンアメリカとか
アンチロマンとかの代表作が収録できたけど、いまはどうなんだろうね?

46
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/13 00:24:09
今回はその辺は当然の基本として、その先どのくらい行っちゃうかじゃね?

47
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/13 05:13:07
1巻で終わりに100ペソ

48
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/13 06:50:46
途中で頓挫しそうだよな、いまどき「全集」なんて売れんよ

49
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/13 08:57:33
図書館も財政難でなかなか買ってくれそうにないしな。

50
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/14 00:38:00
まあ10年ほど前の松田哲男の糞仕掛け「ちくま文学の森」よりは、志としては100倍マシ

51
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/15 20:27:11
@@

52
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/16 20:09:32
ロレンス・ダレルの『アレクサンドリア四重奏』は結局ここかな
コメント1件

53
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/17 02:03:03
>52
正月の新聞読んでねぇーだろ

54
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/24 22:47:24
ロレンス・ダレル読んでみた。ジュスティーヌ、
街の描写は好きだけど、愛についての考え方がよくワカリマセン
どうしたらいい?

55
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/28 02:35:11
華麗にスルー

56
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/01 10:55:46
澁澤龍彦がひっそり入っていたりしてw

57
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/01 20:23:06
シブタツが入っていたら、ひっそりでなく目立つよ

58
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/03 03:32:36
世界文学全集って、「日本以外の世界」が対象と決まってたが、
池澤ならそんな常識もぶち壊してかかるかも知れん。

59
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/13 17:17:19
世界文学全集 宣言
 人が一人では生きていけないように、文学は一冊では成立しない。
 一冊の本の背後にはたくさんの本がある。本を読むというのは、実はそれまで
に読んだ本を思い出す行為だ。新鮮でいて懐かしい。
 そのために、「文学全集」と呼ばれる教養のシステムがかつてあった。それを
もう一度作ろうとぼくは考えた。
 三か月で消えるベストセラーではなく、心の中に十年二十年残る読書体験。
 その一方で、それは明日につながる世界文学の見本市、作家を目指す若い人々
のための支援キットでなければならない。敢えて古典を外し、もっぱら二十世紀
後半から名作を選んだのはそのためだ。
 世界はこんなに広いし、人間の思いはこんなに遠くまで飛翔する。
 それを体験して欲しい。             池澤夏樹

60
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/15 17:46:47
てことは、ブルース・チャトウィンは確実に入るなぁ。
楽しみ楽しみ〜♪

61
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/01 09:13:10
ガルシアマルケスキタコレ

62
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/01 13:00:08
もうちょっとありそうな嘘をついてくれ

63
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/01 13:30:33
もし人文書院から再刊行するめどがつかないなら、
恋する虜をここで拾ってほしい。

SFはどうだい。どんな作品を入れられるだろうか。
また入れたいか。

64
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/01 13:37:08
宣言にはマニフェストとルビをふるんだろう。
世界文学マニフェスト全集。すばらしい。

65
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/03 23:11:49
ファウルズの魔術師を入れたら、神。
つーかマジで頼む。

66
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/03 23:15:12
いらね

バロウズとか法の書で

67
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/04 02:33:29
いらねえよ

っていうセレクトするよ。
だって池澤だもの。

68
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/15 15:45:43
いっそエンタメ系でもいいよ
だって池澤だもの。

69
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/20 08:57:51
丸谷&篠田一士の影響でコレットも入れたりして。

70
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 17:38:24
http://www.kawade.co.jp/np/index.html

出たぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

71
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 17:39:52

72
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 18:30:00
おいおい、こういう情報のあるときはageなさいよw

なんかいまいちかなあ。

賜物キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!ではあるけど。

これって全部新訳なのかな?

73
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 18:31:09
あ、横に書いてあったねw
比較的新訳が多いね。それはいいかも。

74
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 18:35:37
でもよく見ると楽しみなのがあるな。初訳もいくつかあるし。

75
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 18:49:18
数冊に関しては今すぐにでも欲しいくらいだ。
沼野訳の賜物はホントにうれしいな。新訳というよりロシア語版初訳か?
池内訳ブリキの太鼓もうれしい。

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 20:22:01
灯台へ
また新訳か

77
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 20:25:46
岩波文庫の新訳、べつに悪くないと思うんだけどな>灯台へ

個人編集の全集のわりに冒険はしていないという印象を受ける。
あれか、原稿取立てを池澤個人でやるのか。

78
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 20:27:16
確かに灯台へは新訳必要ないな
コメント1件

79
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 20:40:05
これに、あと6巻を足して30にするとどうなる?

・フィッツジェラルド+サリンジャーで<1巻>
・ヘミングウエイ短編集で<1巻>
・ダレル、「アレクサンドリア四重奏」で<2巻>
・ボルヘス1巻
・マルケス、「百年の孤独」で1巻

てのはどう?
フィッツ、サリンは春樹訳でいいと思う。
コメント1件

80
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 21:16:54
期待はずれだな。半分弱は既に持ってるものだし

81
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 21:35:04
>79
全部、すでに手に入るものじゃないか?
百年の孤独なんて、新装丁版がでたばかりだろ?
アレクサンドリアも復刊されたばかりじゃなかったっけ・・・
未訳or絶版がいいわな。

82
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 21:41:53
>78
役者がかなりでしゃばりだからだと思う。
嵐が丘を滅茶苦茶な訳文で絶版に追いやった。
コメント1件

83
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 21:50:02
ジャン・ジュネ『恋する虜』
クロード・オリエ『治安維持』
ウラジーミル・ソローキン『青脂』
ディーノ・ブッツァーティ『タタール人の砂漠』
スタニスワフ・レム『浴槽で発見された手記』
トーマス・ベルンハルト『霜』

これでFA。
コメント1件

84
81[sage]   投稿日:2007/05/08 22:56:17
>83
いいねえ!
それだったら、喜んで買わせてもらう。

85
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 23:11:18
ソローキンの「青脂」は望月哲男が訳しているという噂を聞いたけど
コメント1件

86
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 23:22:06
>82
嵐が丘は新訳の方がずっと良い

87
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/09 20:06:15
みなさんディープな文学好きなんですね。
私は現代文学にからっきしだめで^^;
今回の池澤文学集でたっぷりと20世紀を味わってみたいと思います。

>85
>ソローキンの翻訳
どこのソースですか?
よろしかったら教えてください。
コメント1件

88
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/09 20:20:44
このラインナップ、強烈なゲソ色は全くないよね? 避けた?

『青脂』ってーのはウェブ上に公開されている紹介・解説文を一読するかぎり、
訳者が自分に設けるハードルが高いと泥沼化しそうな作品だね。

89
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 01:07:32
>87
えーと、早稲田で望月哲男が講演会をしたときに
市川真人が早稲田文学での連載の確約をとったとか。
たぶん、無料じゃなくて有料の方で連載することになるんだろうけど
コメント1件

90
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 10:31:47
盛り上がらねーな大江賞のほうがまだ盛り上がった
村上春樹とか有名どころの個人編集だったら池澤の三百倍は盛り上がっただろう

91
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 14:42:31
別に盛り上がるような物でもないだろう。

割と本読んでる文学部生とかが喜びそうな感じだなー。
自分は20世紀物あまり読んでないからちょこちょこ買うなり借りるなりしそう。

92
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 18:13:46
というか、果たして完結まで持つのかどうか

93
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 18:14:20
途中で中断しいつの間にか企画終了に花京院とアブドゥルの魂を賭ける

94
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 18:16:06
池澤春菜は好きだが父は嫌いだ

95
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/10 20:29:58
>89
どうもありがとうございます。

96
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/11 04:33:46
ラインナップも分かったから、このスレも終了だな

97
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/11 08:08:52
ここの常連さんは、このラインナップを全部、乃至半分は読まれたんですか?

98
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/17 23:10:27
「名作との格闘は恋愛より大切」 世界文学全集選者の池澤夏樹さん

 ――なぜ今、世界文学全集なのですか?

 「今は口当たりのいい、おなかにもたれない小説を好む読者の層が膨らんでい
る。だが、歯ごたえのあるものを頑張って理解した時の達成感は大きな喜びにな
る。そうした格闘の体験は恋愛より大切なものだ。全集体験は、読書とはその場で
値打ちがわかる取引だけではないということを知るいい機会になる」

 ――中国やベトナム、アフリカなど第三世界の文学も多く収録しています。

 「今の生き方にびんびん響いてくる作品を選んだ。地理的に目配りして拾い、社
会階層のバランスも考えた。世界的に文学の水準が上がり、各国が自分なりの文学
で社会を表現できるようになってきた」

 ――最近、名作が注目されるようになったのは?

 「何でもありの世界だからこそ文化的基準が求められる。10年前には古典が消
えたとグチを言っていたものだが、欠落が一定レベルを超え出版人が気付いたのだ
ろう。一時、出版点数の多さが書店の棚を圧迫し本が入手しにくくなったが、ネッ
トで欲しい本がすぐ買えるようになり、マーケットが本来の形に戻った。書評やブ
ログの読書日記など本を探す目安も増えた」



世界文学の名作 脚光 18年ぶりに全集発行など
http://book.asahi.com/clip/TKY200705100115.html

99
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/24 13:05:00
河出から出すのにファウルズを入れないなんて。
池澤は嫌いらしいが、入れろよ。

100
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/09/01 17:54:23
あげ

101
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/01 18:23:44
もう死んだスレをあげないでください
コメント1件

102
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/09 22:19:17
あげあげ

103
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/10 00:29:18
「巨匠とマルガリータ」の新訳楽しみ。
ディーネセンの「アフリカの日々」もすき。
びっくりと同時にヤッホー!だったのがモレンテの「アルトゥーロの島」。
以前「禁じられた恋の島」とかって映画の題で出てたけど、これが入るとは
うれしい驚き。

104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/10 00:31:49
あ、モランテね。失礼

105
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/10 07:45:39
>101
死んだスレが何度も蘇生して生き延びるのが文学板...
コメント1件


106
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/10 12:14:32
>105
それはただの荒らし行為です

107
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/10 21:21:39
オン・ザ・ロード読んでるけど
新訳いいね。
旧訳は文がカタイ

108
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/11 19:13:52
age

109
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/18 18:05:13
あげ

110
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/19 12:13:47
『巨匠とマルガリータ』、もう新訳?

111
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/20 14:01:37
『巨匠とマルガリータ』は集英社版と同じ訳じゃない?
あと存在するのが群像社版(2000年)と郁朋社版(2006年)?

112
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/20 17:14:44
ちゃんとサイト見れば、全面改訳って書いてあるじゃないですか

113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/20 20:39:37
あらほんとだ。これか。
http://www.kawade.co.jp/sekaibungaku/
こっち見てたわ。ごめん。
http://www.kawade.co.jp/sekaibungaku/list/01.html

114
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/20 22:12:53
上の画像を見ると積み上げられた順でカバーの色がわかるね。
賜物マダァ〜?

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/22 13:32:31
『オン・ザ・ロード』の新訳、すっごい、いい感じなんですけれども。
これだ〜って!
しかし、これしか言えない、「わお」はw。

116
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/25 20:28:54
この全集いい。
他社も出さないかな。
これ売れてるのみたら
企画するとこもでてくるかな

117
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/28 18:24:10
クリスマスプレゼントに全巻予約してもらった
コメント2件

118
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/28 20:39:02
予約して「もらった」……?

金持ちで文学に理解がある親を持った厨房(だか公房だか大棒だか)の>117に嫉妬。

119
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/28 20:51:17
>117には1巻ずつ読破して、感想を
書き込んでもらうことを期待

120
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/29 03:44:45
池澤夏樹じゃなきゃよかったのにな。
「池澤夏樹」って名前がまとわりつく全集ってだけでかっこ悪すぎ。
内容自体は、カラフルな装丁はなかなか面白いし、いくつかの新訳も期待できるだけに残念。
普通に出版社編でいいのに・・・
コメント1件

121
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/30 13:52:11
拘っている貴方もかっこ悪い。
出版社編で出来ない理由をもっとよく考えてみたら?
おそらく、ありきたりの定番になっていたはず。
コメント1件

122
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/30 13:54:17
オン・ザ・ロードの新訳は安いのはいつ頃出るの?

123
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/30 14:30:26
>120
禿同すぎて、俺かと思ったw
しかし>121も言うように今時人気作家の名前でも使わなければ
全集の企画なんて成立しないのだから、そこは我慢我慢。

124
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/30 16:03:53
ナツキたんて、人気作家なの?
ナツキたんのパパも、娘も素晴らしいけど、ナツキたんだけは、たいした作品書いてない…つか、普通。翻訳者としては、まー、好き。
なんでこのおじたんがいろんな賞の選考してるのか、わからないよ。
人気あんのかな。売れてんのかな。

125
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/30 16:05:51
ドーターはともかくパピーは素晴らしかったな

126
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/30 16:25:21
パピーの文章やテーマはかっこよすぎますな。
ナツキたんが、パピーを超えたとは思えないんだけど、やけに持ち上げられてない?
まず、パピーの作品をひろめて欲しいなあ。

127
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/30 16:30:40
121ですが、
この度出た「ちくま日本文学」も出版社でやった定番例だと思います。
もっと、いい作品があるはずなんですが…
出版社リードでやっていくと、無難な線でいくという好い例なのでは?

http://www.chikumashobo.co.jp/special/nihonbungaku/

128
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/01 01:22:20
全集の編集委員なんて名前貸してるだけのが多いんじゃないの

129
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/05 23:04:40
定期age

130
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/06 10:33:16
柄谷とか載らないの?

131
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/28 00:07:24
店頭で見て知った
「集英社版世界の文学」の現代版だなぁと思ったら
やっぱりそう思ってる人が多そうだね

あれはいい全集だったが
これもなかなか良さそうだ
ただ、今の時代にこういうのがどれだけ売れるんだろう

132
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/01 12:38:26
おまえら「スティル・ライフ」は読んでいるの?
池澤を語るには先ずそれからだっての。

133
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/02 13:53:32
逆に言えば「スティル・ライフ」以外はとことん微妙だけどな。
小説家にはあまり向いていない、この人は。
コメント1件

134
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/02 13:56:30
「スティル・ライフ」の佐々井は日野啓三

135
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 12:07:36
>133
評論家としての能力はかなり高いと思うけど(三島の表現についての批判はかなり同意できた)
中途半端な政治趣味が嫌だよ...
コメント1件

136
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 17:31:29
俺がよくお前さんのそんなを罵るのはね、考え方の違い以前に、
お前は何故自分がそう考えるのかを、ひとに伝えるための努力も払わずに、
一方的に(俺から見れば全く以て話にならない「小さな頭」によって。
まぁそれは、今はいいんだが)他者を裁断する人間だからなのだな。
そうして断じて、それはフェアではない。

こういった調子のときの俺は、あくまでこのときこの瞬間までに
己が培ってきたものを「のみ」担保として、言葉を発している。
――がお前は、ないしはお前たちはどうだ? 全体。みんな。
みんながそう云ってる、そんな風に云われている、それが常識だから。
みんな。みんな。

俺の云う「馬鹿は黙れ」ってのはそういうこった。
そこに「お前」が居ないのならば、黙っていろ。そんなものには、
言葉を口にする資格なんかないんだ、能力以前の話として。

137
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/04 15:03:18
何いってんのかわけがわかんない。

138
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/04 21:40:43
「師匠とマルガリータ」は買う。3月だよね。

139
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/04 23:53:18
>135
親父も一緒だよね。草の花なんて面白くもなんともないw
中村眞一郎もそうだった。批評家としては小林秀雄を軽く超えていたと思う。
日本のサント・ブーヴと言ってもいいのではないか。

140
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/05 08:34:41
池澤の小説に魅力は感じないが
この全集はいい仕事だと思った。
第2期もやって欲しいな

141
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/05 10:52:00
正直池澤なんてどうでもいいんだよ。全集さえ出てくれれば。

142
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/11 20:25:15
第二回配本はバルガス=リョサだぞ、おまえら。
発売記念カキコw

143
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/11 22:29:04
トゥーサンの浴室かムッシュー辺りはどうかな?

144
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/11 22:41:47
げっとしました。
このシリーズ、軽くて質感がよいですね。
ポップな感じも読者層広げそう。

オンザロードは注釈も十二分に力はいってたし、
コストパフォーマンスはなかなかのものです。

145
悪い太郎 ◆LziSwFxVAU []   投稿日:2008/01/11 22:43:53
池澤なんかどうでもいいんだバカ。
それよりオマエら、。メタリカ、メガデス、スレイヤー、アンスラックスについてどう思う?

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/11 23:03:44
よ、悪い太郎だね
元気にしてっかい

147
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/11 23:04:17
澁澤龍彦編世界文学全集を妄想するスレかと思って来たのに…ダマサレタ

148
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/11 23:06:35
このシリーズ、軽くて質感がよいですね。
ポップな感じも読者層広げそう

残るかどうかは不明だがな。
それとも、今がよけりゃいいかい。
コメント1件

149
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/11 23:50:14
春樹のサリンジャーだって「余計なことをするな!」といわれてるのに。
いけざわ、、、池沼、、

150
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 11:55:44
何言ってるのこの馬鹿↑

151
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 19:55:58
池澤叩きスレなら他にあるんじゃないのかね
などと、2ちゃんで言うのも無駄な事かw

152
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 23:57:44
で、売れてんのかなあ?

153
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/14 21:48:48
うちの近所の本屋
オン・ザ・ロードは2冊入ってたが、
リョサは1冊だった。
次回はオレの予約以外は0だろうな。

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/14 22:44:57
>148
>このシリーズ、軽くて質感がよいですね。
>ポップな感じも読者層広げそう

何言ってるのこの馬鹿↑

155
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/01/15 00:22:52
それにしても詰まらなすぎるラインナップですよねぇ(笑)
まぁキシュの翻訳が出ることは寿ぎましょう(笑)

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/15 00:59:58
少なくともサガンはいらねーだろ、とは思った。

157
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/15 16:40:38
賜物出してくれるだけでありがたい。まあいらないのも多いけど。

158
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/16 00:10:47
おまいらがいらねー巻を買ってやらないと、
キシュや賜物まで出せんかもしれんぞw

159
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/16 02:26:40
これだけおおっぴらに宣伝しといて未完はねーわ。
まあ、今月のリョサは買うけど

160
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/17 13:36:21
池澤をしばいてやりたいヤツこの指とまれ

161
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/23 16:50:58
>それにしても詰まらなすぎるラインナップですよねぇ(笑)

おもしろすぎる、ラインナップってどんな感じになるのでしょう??
今後の読書体験の参考にしたいと思います。是非、教えてください。

162
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 02:40:00
もっとこう、何者だかわからないような作家を加えてもよかったとおもう。
有名な作家、しかも既訳あり作品が多すぎて、冒険心とか遊び心が足りない。
悲しみよこんにちはとか、存在の耐えられない軽さとかはいらねー
コメント1件

163
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 12:52:30
確かに既訳ありが多いのがひっかかるね

164
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 18:19:40
全部初訳、新訳にしろとは言わんが、現在も普通に買える本を訳を弄るわけでもなしに、
表紙だけ挿げ替えて売るってのはどうなんだろうか
意義もなければ、大して売れないだろうし

165
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 18:52:53
こういうのは図書館・図書室向けって部分が大きいんじゃないの、やっぱ。
コメント1件

166
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 23:32:58
>162-165

ですからどのような本だと、あなた方は足ることをしるのですか?
是非お教え願えないでしょうか。
コメント2件

167
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/25 23:38:38
俺は要するに既訳をふんだんに取り揃えているのが気に食わないだけだが
このご時世に文学全集を売ろうっていう野心にそぐわない

168
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/26 02:05:09
単純に、5分の2は既に持ってる(だけで読んでものも中にはあるがw)から。
集英社の『世界の文学』であれば、未所有分も全て揃えたい気持ちがあるんだが。
コメント1件

169
168訂正[sage]   投稿日:2008/01/26 02:06:55
あれw 

読んでもの→読んでないもの

170
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/28 22:40:52
>166
既訳じゃなくて新訳や初訳を出せと言ってるんだろ。理解能力のない馬鹿だな。

171
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/30 00:40:12
>166
足るを知ることなんか永遠にないよ。
とはいえ、もっと面白いラインナップを組むことは可能だったはず。
未訳の『楽園への道』『庭、灰』『鉄の時代』、入手困難な『賜物』、
このへんを出してくれることはもちろんありがたいとは思う。
が、数百円の文庫で買える本を入れて、未訳作品を落とすのはどうなのさ。

たとえば、クンデラの代わりにクリーマを入れる。
『巨匠とマルガリータ』ではなく、『劇場』を訳す。
『精霊たちの家』は外して『エバ・ルーナ』を復刊する。
ピンチョンも『ヴァインランド』じゃなくて、未訳の新刊を出す。
これくらいしてくれたってよかったはず。
コメント1件

172
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/09 08:55:02
>171
そもそも文学全集はそういうのを求める玄人向けのものじゃない
自分で何を読んだらいいか分からないような、素人のためのものだと思うぜ
そういう意味では、今回の選出は評価できると思うな
コメント2件

173
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/09 11:12:29
>172
だよな。
あくまでも全集を読んだ後も読書をしていくためのバックボーンを作るためのもの。
そういうことをするなら全集というくくりに意味がない。
叢書でやればいいってなっちゃう。

174
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/09 11:26:10
素人はこんな全集買いません

175
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/02/09 13:03:52
南米を入れればそれで通の文学者という顔をされるのも失笑ものですけどねぇ(笑)ナバコフの翻訳の出来も恐らく酷い物になるんじゃ無いでしょうかねぇ(笑)

176
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/09 16:38:37
俺、残雪とハワーズエンドは買うつもり

177
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/09 16:55:16
俺は初訳の作品は一応買ってみようかと思ってる
新訳は周りの反応次第で

178
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/09 21:17:23
文庫で出すなら全部買うのにな
ケルアックを三千円出して買う人なんてなかなかいない気がします
読書初心者が買うわけもないし
河出には文庫出版をお願いしたい

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/09 21:18:32
おれは図書館で借りた。ナボコフぐらいは買うと思うけど。

180
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/09 23:15:28
俺もナボコフはかうかな。
福武の賜物、持ってるけど
訳があまりよくないからね。

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 13:01:07
166ですが、

答えていただいた一部の方のご意見に半ば呆れております。
未訳、初訳を含め「新訳」を出せと。
それじゃ、その文学的価値、評価は誰が決めるんですか?
「文学全集」にならないでしょう。
ただの自慰的マニアですね。

>172-173の方が仰ったことにつきるとおもいます。

それとも、「世界文学全集」を希望されていない?
それなら、別スレへどうぞ、と言う他はない・・・
コメント1件

182
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 13:22:18
>>それじゃ、その文学的価値、評価は誰が決めるんですか?

馬鹿か、池澤夏樹が決めるんだよ。池澤編なんだから。
コメント3件

183
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 13:29:51
…といった趣旨をこめ書いた>165を正しく読み取ることが出来ずに、
俺にアンカーつけてる時点で「ワロスw」なんだけど、こっちはね。

その上で(何故だかアンカー付いてるんで)、
>168では「俺個人の」ニーズとの距離を指摘した。それだけだ。
コメント1件

184
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 13:31:46
ああ、>183>181へのレスであって、自分は>182とは別人。

185
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 16:14:45
高校の図書館、それも揃えの悪い図書館に買ってほしいな。
六万円なら予算の厳しいところでも捻出できる範囲と信じたい。

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 19:51:10
181です。

>182の方へ
主旨が読み取れないという、ここの掲示板の象徴的なイタイお人のようですので、
最後に説明します。

池澤さん本人がそのようなマニアックな本を選出してしまっては、
「3ヶ月で消えるベストセラーではなく、心の中に十年二十年残る読書体験。
明日につながる世界文学の見本市、作家を目指す若い人々のための支援キットで
なければ…」という主旨から逸脱してしまうじゃないですか。

それをあえて貴方が「池澤がそれをやるんだ、ばか。」と仰るのなら、
貴方は何様?と言う他はないでしょう。
ですから、前にも言ったように、貴方が納得するラインナップを
早くあげてください。と言ってるんですよ。

それに、いわゆる「新訳」の文学全集を池澤さんが出したところで、
どこにそれを共感できる人がいらっしゃると思いますか?
もちろん、貴方を含めごく少数の文学マニアしか共感を得ないでしょう?
一体そこに、どこに新しい文学的価値、皆さん(読者)の評価が
決められるのですか?

随分乱暴な方ですね。

187
182じゃないが[sage]   投稿日:2008/02/12 09:29:26
「マニアックな本」で、なおかつ「明日につながる世界文学の見本市」を
組んでみせ、初心者もマニアも納得させるのが、編者の腕の見せ所だろ?
評価の定着した本で「世界文学の見本市」を作ることくらい、俺でもできるっての。
コメント1件

188
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/12 10:36:30
俺は173だけど、「明日につなげる」ってのは小説を読んで過去の作品を思い出す、
って意味だけじゃあなくて、例えば文学論だとか、文庫の最後に載ってる解説でもいいから
そういうのを読んだときに言及されている作品を知っておくって意味もあるんじゃないかな。
そういう意味では『劇場』より『巨匠とマルガリータ』が正しいと思う。
初訳作品もいくつかあるし兼ね合いはとれてるんじゃないかな。
『ヴァインランド』を『重力の虹』にする、みたいなことはしてもよかったと思うけど。

189
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/12 17:40:01
>182
>187
池澤直樹が自分の評価だけでこの選出をしたとでも?

190
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/13 21:51:45
この全集、十分マニアックな気がするんだけど

191
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/13 22:20:51
確かに、わりと本を読んでないとピンとこない作家が多いな

192
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/13 22:26:53
たしかに
これまでに組まれた世界文学全集のどれかと、この全集を読ませれば、文学部入学時点でかなりの通ぶりを披露することができるな

193
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/14 20:49:50
現在35才、学生時代は本好きだったけど、今の仕事についてからは殆ど
まともな読書はしていない。家にも雑誌と仕事関係の本があるだけ。
この全集の広告を新聞か雑誌かで目にして(池澤夏樹は高校生の時スティル
ライフを読んだ)何となく気になっていた。それを妻が横で見ていたんだと思う、
こないだの誕生日に、プレゼントだと言って1巻と2巻を渡された。
ネットで購入したのだという。
今寝る前に少しずつON THE ROADを読んでいる。1週間かけて第1部を読んだところです。
コメント3件


194
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/02/14 21:02:04
見事な日記ですねぇ(笑)

195
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/14 22:12:31
>193
いい話だなwwwwww

全部揃うのは11年後か・・・・・・


196
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/14 22:40:19
河出書房新々社

197
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/14 23:49:27
誕生日に本をプレゼント、それも文学なんて素敵な奥さんですね。

198
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/15 00:10:26
>193
素敵な奥さんだな。
ジンときたよ。

199
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/02/15 00:20:54
実を言えば羨ましいですけれどもねぇ(笑)

200
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/16 20:49:48
路上が2万5千部であのリョサが1万越えたって聞くと出した価値あったと思うわ
コメント2件

201
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/16 22:52:05
>200
ホント?俄かには信じがたい数字なんだけど。

202
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/17 01:47:46
>200
信じがたいな、ソースは?

203
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/17 23:36:19
河出の公式で書名検索

204
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/18 01:07:57
バロウズの爆発した切符出してくれ

205
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/21 02:38:14
「存在の耐えられない軽さ」の新訳ってどうなんだろう

206
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/25 14:16:52
age

207
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/26 20:27:13
池澤夏樹がまだ読んでもない本をラインナップに加えたと
告白している件について

208
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/26 21:50:08
その本こそが全集の目玉だからなんら問題なし

209
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/12 17:52:53
五月刊行予定の作品が「ハワーズ・エンド」に変わってるんだけど、残雪飛ばされた?

210
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 22:17:15
訳者のサイトによると7月刊行。
河出では5月「ハワーズ・エンド」6月「アフリカの日々・やし酒飲み」になってるから
翻訳が遅れて入れ替えなのか初めからその予定だったのか。
なんとなく「ハワーズ・エンド」は青が良かったな。
コメント1件

211
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/15 00:28:08
>210
発刊順序がずれただけで、1-07のままだし青なんじゃね?次回配本のチラシも青だし。
あと7月の配本はアブサロムになってる。だから残雪は8月以降だな。
残雪が読みたかったのに残念

212
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/15 02:28:52
そうなの?まだ「巨匠とマルガリータ」手に入れてないんだよ。
今見たら「存在の耐えられない軽さ」の時点で五月配本予定書いてるけど、「ハワーズ・エンド」だった。
きっと遅れてるんだろうな。
色はよく考えるとそうだね。
順番バラバラなんて普通のことなのに1から順に来てたからそう思っちゃった。

213
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/15 03:19:29
>193
その後が気になるなあ

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/16 10:52:06
「巨匠とマルガリータ」買いました。ピンクのカバーがなんかうれしい。
ゆっくり読みます。

215
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/16 11:05:00
巨匠と〜は群像社の貴重な収入源だったろうに

216
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/17 10:38:17
『巨匠とマルガリータ』読了。文句なしに面白かった。
訳文も読み易い。旧訳を新しいテクストに基づいて修正したとあったけれど
そのためか、修飾句のもたつきが多少見られはするものの、十分及第点。

この全集、装丁、字体、紙質と、あらゆる点に気配りがなされていてるのがよく分かるね。
手にしただけで読む楽しさが伝わってくる本って久し振りだ。

217
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/17 23:49:57
アブサロム早く読みてええええ

218
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/18 01:39:51
アブサロムって訳は変わってないよね?

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/18 19:14:26
アブサロムって何の意味?

220
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/18 20:08:00
父よ、…なんだっけ

221
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/19 19:55:53
『…マルガリータ』面白いですね。
5巻の中では読書しているという重量感があってとても心地よい。
今のところ登場人物も覚えられる程度で助かってます。

222
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/11 22:28:54
『ハワーズ・エンド』購入。
解説は池澤。吉田健一の昔の文章を引っ張ってきてくれたほうがよかったが、
まあいいや。明日から読み始めるぞ宣言。

223
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/20 21:46:44
残雪の巻はいつ出るんですかね

224
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/18 20:33:00
「マルガリータ」まだ読んでないんだけど、youtubeにTVムービー版がUP
されてるんで、そっちを先に見てる。しかし上映時間が全部で500分。
どっちにしても、しんどい。。。

225
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/30 13:10:02
アブサロムは旧訳だからな

226
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/30 23:39:17
しかし朝吹登美子のクソ訳に比べれば、遥かにまし。
なんであんなものを出版したのか理解に苦しむ。

227
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw []   投稿日:2008/07/01 10:58:20
おやおや、ゴージャスさんではないですか(笑)まだ拘っておられたので消化ねぇ(笑)

228
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/13 10:47:56
『やし酒のみ』は、おもしろかった!
『アフリカの日々』はちょっと読むのがつらかったです。
あんまり、女性の主人公という設定は感情移入がしにくいですね。

229
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/13 23:07:32
残雪の本なんで絶版ばっかなんだよ(涙)
全集の刊行も飛ばされてるし、日本の出版業界に嫌われてでもいるのか?

230
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/15 10:04:09
中国の作家の本なんて、そんなんばっかりだろ?
高行健や莫言の本ですら文庫化もされない。
魯迅クラスの古典か、金庸などの武侠モノ以外は大して売れんのだよ。

231
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/15 18:55:39
サガンとデュラスが1冊に入ってるなんて信じられない
二人とも知ったら吐くだろうなwww

これだけでこの全集には興味が無い。
コメント1件

232
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/15 23:31:40
>231
あの1冊くらいだよ、手抜きは。

233
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/15 23:53:15
むしろ、あえてと感じた。
サガンなんか文庫でいくらでも手に入るのに。

234
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/17 20:17:09
アブサロム!  濃密だ・・・夏の暑さがよけいそう感じさせてくれる。

235
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/26 01:12:31
アブロサムは濃いねえ

236
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/03 10:19:33
恥ずかしながらフォークナー初体験なのだが
けっこう読みにくいな・・。

237
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/04 13:34:23
読みにくいですね。
他の作品はどうなんだろう?

「熊」 「響きと怒り」 「八月の光」など

238
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/08 13:51:09
アブラサムは、講談社文芸文庫のより 文章がしつこくなくて初心者の私には読みやすい。

239
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/08 14:34:28
デュラスとカップリングできるサガンなんて「阿片」くらいだろう。
それにしたってデュラスは鼻で笑ったろうがww

240
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/14 23:43:39
『暗夜』
カフカを研究しているだけあって、ある意味アブサロムより
読みづらい。
不条理キライじゃないけど…

241
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/15 18:58:41
残雪だけでよかったような。ベトナムの方はなんか読む気がわかない

242
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/15 23:35:31
うむ。河出が出してる残雪纏めるだけで済むのにね。
品切れにしておくくらいなら、やって欲しかったな。

243
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/07 20:25:59
バオ・ニンの『戦争の悲しみ』は、なぜ、"井川一久「改竄疑惑」"
として週刊文春(1997.11.27)でスキャンダルにまでなった
井川訳をあえて使うのだろう? 理解できない。


井川訳には、大量の加工(補筆、省筆、語彙変更、文節置換など)があることが
あらかじめ訳者本人によって宣言されているのだが、
問題は、豊富な註がついているにもかかわらず、同時に本文にも加筆がなされ、
どこまでが原テキストでどこからが訳者による加筆なのかが、
明示されていない点にある。



しかも加筆の分量がおもいのほか大量であることに驚かされる。
一例を挙げれば世界文学全集版p208-209の大部分に、
はたして該当する原文はあるのだろうか? 


大川均氏は井川訳『戦争の悲しみ』の翻訳を「改竄」と批判している、
もっともなはなしである。
しかも井川訳は、翻訳・加工にあたって、北ヴェトナム軍を称揚し、不行跡を隠蔽し、
米軍、南ヴェトナム軍を貶める目的でなされていると大川氏は批判する。



この作品には、ほかに大川均訳『愛は戦いの彼方へ
〜戦争に裂かれたキエンとフォンの物語』(遊タイム出版刊 1999年)
が存在している。

コメント1件

244
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2008/09/07 20:50:56
>243
調べて見ましたが井川は文章を捏造する等小汚い事をやっておるようですねぇ(笑)さて果て(笑)まぁ残雪の小説が翻訳されただけでも吉ということで(笑)

245
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/11 23:07:59
当の本人はなんと言ってるんですかね?

246
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/12 00:09:51
クッツェー薄いな‥。
この厚さがアリなら、一作家一巻で出して欲しかった。

247
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/13 16:12:16

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/09 20:29:56
ル・クレジオいれといてよかったな
コメント1件

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/09 20:33:11

250
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/09 23:32:02
>248
第挟の構成を大幅見直し、ル・クレジオを1巻にする

‥ってことはないか。

251
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/10 00:37:23
てことは無いだろうけど
今すぐでも出したほうがいいなw

252
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/10 01:15:42
早くしないと新潮社が「全小説」出しちゃうから。

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/10 01:31:26
だからピンチョンは入れ替える可能性あるんじゃね?

254
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/14 00:09:03
二段組みって‥

255
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/18 22:51:13
第三期出ないかな

256
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/19 01:18:51
正直ケルアックとリョサが素晴らしすぎて
その後つまんなくなってきました

257
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/27 08:06:03
本日、朝日新聞で秋の読書欄、池澤さん再び登場です。
正直、私もこの勢いで第三期を望みます。

258
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/29 02:39:51
みんなどのくらい読んだ?
俺半分くらい。

259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/29 16:08:34
なにを?

第一期だったら、今のところ全部読み終わっている。
今回の配本だけだったら4分の一。
アルトゥーロ読みやすいんだけど、なんとなく引き込まれない…

260
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/09 11:04:50
残雪だけ読んでしばらく放置してたバオニンを今更読んだが……
面白いじゃないか。語り手の構造とか効果出てたと思った。つか訳というがあんまりこの話楽しむ分では政治的な要素絡んでない気がする……

261
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/10 19:17:35
ばおにんいいですよね!
戦争文学で始めてリアリティを感じてしまった・・・今年33歳

アルトゥーは一々もっともなことが述べられてたので、
身の丈の文学ではなかったような・・・
女性の視点って、ハッとさせられることも多いけど、
話の運びでいらいらすることも多々ある。

結局自分が女じゃないからわからないけど、
なんとなく、クッツェーの鉄の時代の女性像に共感が持てた。
クッツェーがうまいのかな?

262
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/11 11:03:57
クッツェーはうまいと思うけど
『鉄の時代』の老婆は、作られた感が拭えない。
その点『恥辱』は、違和感なく、小説としても出来が上。

263
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/12 22:14:46
ニザン/ルオー買ってきた。楽しみにしてた巻だからうれしい。
この全集買ってる人って、やっぱセットで買ってる人多いんだろうか。
それとも俺みたいに選んで買ってる人もけっこう多いのかな。
俺は今のとこリョサとクンデラとクッツェーとニザン/ルオーの四冊。

264
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/22 07:01:23
今コーヒー飲みながら画家ミュシャが遺した写真をいくつか見てたら
リョサの「楽園への道」に登場するジャワ女アンナが写ってて驚いた
ゴーギャンも写ってるけど、下半身裸でオルガン弾いてる…変態すぎる

265
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/07 22:58:32
カフカの失踪者いいよね

266
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/18 10:29:59
やし酒飲み最強

267
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/18 20:16:07
やっぱり「巨匠」が一番良かった。今再読してる。
アルトゥーロは・・・スゴ本の人も言ってたけど、エロゲじゃん・・・。

268
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/19 09:51:46
クッツェーの鉄の時代だけ何故か図書館に置いてないorz

269
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/19 23:01:11
鉄の時代図書館で読んだ俺が来ましたよ
年間ベストにあげてる人もいたが、個人的には凡作でした
全然悪くない作品ですけどね、むしろいい作品だろうけど。

270
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/20 06:59:26
基本的にこの全集に悪い作品はないと思うよ

271
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/20 07:30:16
求道的なようで挑戦してるものはいくつかあるよね。
成功してるかどうかはともかく

272
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/20 17:53:25
商業的な面は考えないなら今回池澤さんはいい仕事したと思うよ

273
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/23 18:28:58
第3集出してください

274
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/24 15:03:34
このスレ全部読んだけど、『アフリカの日々』を評価するコメントが一つもない・・・。
あの作品好きなのに。
コメント1件

275
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/24 15:12:26
>274
君が評価していれば、それでいいのだ。

276
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/25 00:01:12
ホールデンも評価してるしね。
コメント1件

277
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 00:04:11
>276
ライ麦の?


278
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 02:11:12
〆はグラスのブリキの太鼓なんだな

279
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/25 02:25:08
最初ライ麦の作中作だと思ってた

280
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 02:36:44
悪のビートが鳴り響く

281
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 09:04:38
やっぱり一番人気があるのはオン・ザ・ロード?
コメント1件

282
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 15:55:52
>281
うむ。永遠の青春小説と言っていいだろう。
若き日の大江健三郎も絶賛していたな。

283
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/25 17:45:43
第三集でるらしいよ。
コメント3件

284
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/25 19:33:41
せっかく1,2集で各一色ずつ揃うように買おうと思ってるのに

285
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/26 21:45:33
今売り上げどうなんだろうね
オンザロードが2.5万部で楽園が1.2万で
その後書いてないな・・

286
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/27 11:33:47
>283
ここは2ちゃんだからな。
ソースを出さないと叩かれるぞw
コメント1件

287
土曜日のアイツ[]   投稿日:2008/12/27 13:38:28
高橋源一郎の全著作が累計で七千五百万部突破したらしい。
さすが全共闘崩れの稼ぎ頭は違う。
あとはブックオフで専用コーナを作ってもらうだけ。
せめてネームプレートだけでも、、

ってか、このデコスケどもが。

288
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/27 14:26:32
まで読んだ。

289
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/27 14:38:10
>286
ソースというか、書店で店員と出版社の人が話してるのを聞いた。
信じてくれなくても別にいい。
というかこれ漏らしちゃまずいのかな?
じゃあ俺の妄想ってことにしといて。
コメント4件

290
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/27 17:01:41
>289
詳細キボンヌ

291
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/02 12:09:27
>289は釣りです
餌をやらないでください

292
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/06 16:55:27
バオ・ニン最強だぜ

293
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/10 21:05:40
ほんとに第圭現个襪澆燭い世
柴田はロード・ジムだって
ソースは文藝
コメント1件

294
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/10 23:54:50
だったら二段組だの、二人抱き合わせだのしないで
最初から一作家一巻で出してくれればいいのに‥。
無計画にも程がある。

295
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/11 17:23:53
>二人抱き合わせ
全集じゃよくあることだろ。

296
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/11 23:04:04
しかし巻によって段組みが異なる全集なんて聞いたことがない。
新潮世界文学全集のように束を揃えるために行数を調整することはあるが
池澤全集の場合、束の厚みは気にしてないのに。

297
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/11 23:57:59
>293
コンラッドのロード・ジムは
既に持ってるからなあ。
それよりもモンテルラン、モーリヤック当たりの新訳が読みたい。

298
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/11 23:58:30
辺り

299
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 00:33:49
ドス・パソス、ブコウスキーは入れようぜ

300
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 00:39:17
うわー、河出のサイトにマジで第3期の刊行決定と書いてあったよw
詳細は追って発表だそうな。池澤さんには元気でいて貰わなけりゃな。

301
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 03:05:30
ロブグリエとかシモンあたりも来そうだな

302
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 08:26:07
>283>289は本当だったわけか。

303
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 08:36:35
すべて新訳で出せとは言わんが、既訳ものならしっかり選んで欲しいな。
サガンのように新潮文庫のお下がりなんか誰も買わんぞ。
コメント1件

304
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 09:50:30
「苦海浄土」をいくらで売るつもりだろうか

305
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 11:30:53
>283>289は田代まさし以来の2ちゃんのネ申

306
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 11:35:07
『世界』文学全集なんだから日本の小説も入れてほしい。

307
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 12:33:17
何が入るんだろ コーマックの午後の子午線とか未訳をいれるか
訳されてるけど、日の目にあってない作品にあてるか
訳かえるだけで味わいもかわるからなぁ
いったい何がくるのか楽しみだわ

308
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 16:07:14
クレジオ
巨人たち

309
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 19:15:05
ジョルジュ・ペレックの「失踪」をお願いします。
アルファベットのEを全く使わずに書かれた小説。
邦訳もえけせてね〜を抜いてお願いします。

310
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 19:17:29
逆に母音字に'e'しか使わない小説「戻ってきた女たち」をなどを書いています。

311
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 19:22:43
とにかく既訳の作品じゃなければ何でもいいよ

312
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 19:28:36
>303
あれでも意外と良かったよwあの色とかにあってた
まあはじめて読む人&お金持ち専用だけど

313
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/12 20:12:11
ドス・パソスの「USA」を頑張って出してくれ・・・

コメント2件

314
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/12 20:23:11
>313
それいいね。

315
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/13 21:55:37
知らなかった、第3期やるのか。楽しみ

316
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/14 16:37:48
リョサ 夏樹 残雪 作品 池澤 河出 全集

317
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/16 13:35:32
第3集にはサンテグジュペリが入るそうです
コメント1件

318
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/16 19:15:04
まあ、他には朝鮮半島の文学が入るだろう。

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 09:31:33
>317
池澤氏が好きそうだな

320
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/17 11:29:43
ジュール・ロマン「善意の人々」をお願いします。
コメント1件

321
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/17 11:35:35
ショタと皆と仲良くやってます☆
新規さん募集中
http://sakubbs.com/sax/index.html

322
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/17 14:02:36
アラゴン「共産主義者たち」を所望する。

323
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 17:29:06
科学・旅・左翼

このキーワードの何れかに当てはまる作品が選ばれるw
コメント1件

324
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/17 17:45:47
トーマス・マン「ヨセフとその兄弟」
ムジール「特性のない男」

コメント1件

325
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 18:29:49
>323
ワロwwww

326
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 20:02:02
アジア諸国の作品入れてほしいね

327
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 22:21:17
漸くスレの本来の趣旨に近い内容になってきたなw

サンテックスなら『城砦』キボンヌ

328
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 22:23:19
アゴタクリストフ「悪童日記」

329
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/17 22:38:54
みんなフランス文学好きそうだねw

330
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 22:45:00
>313 >320 >324
版型変えて3段組になりますが、いいですか?

331
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 22:47:40
台湾・韓国あたりの作品キボンヌ

332
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 22:48:36
オーウェル「動物農場」

333
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 23:09:24
文庫で出てるのはやめてください!

334
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 23:18:08
バリー・ハインズ「鷹と少年」

入手困難なので

335
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/17 23:29:30
池澤夏樹の作品も入れればいいのに
コメント1件


336
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 00:43:43
ジョン・ファウルズの魔術師希望
まだ河出版権もってるのかな

337
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 01:24:17
>335
そりゃ無理だwwwww

マシアス・ギリの失脚!

338
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 07:55:20
アラン・シリトー「土曜の夜と日曜の朝」「長距離奏者の孤独」

339
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 09:24:58
レイチェル・カーソン「沈黙の春」「センス・オブ・ワンダー」

340
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 13:37:34
やっぱりG・ガルシア=マルケスの作品はは版権の問題で難しいのかなー。
一般論でいえば当然入っていて然るべきなのに、何故か誰もが
避けて通る。
コメント1件

341
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 13:40:25
あと12冊追加だよな?

コメント1件

342
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 13:44:58
第三回やるんならそこに戯曲や詩は入らないのかな?

343
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 13:46:10
今のところ中東・オセアニアの作品がないね

344
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 13:47:01
最初から第三回をやるつもりだったんだろw

345
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 13:50:20
せっかくだし日本の作品入れればいいのになー

346
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 14:51:15
日本語で普通に読める作品をわざわざ入れる意味がない

347
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 15:13:11
だから池澤作品を入れればいいだろИ

348
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 15:48:55
イスマイル・カダレを入れてください

349
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 15:53:27
川島和津実
コメント1件

350
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 16:02:00
ボルヘスを…

351
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 16:17:55
>349
是非入れてほしいw

352
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 17:14:40
>340
そりゃ全集でてるし、入れなくていいじゃない

353
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 18:59:51
世界詩集は絶対に入れるでしょう。
個人的にはマラルメをメインにお願いしたい。

354
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 19:38:46
池澤氏はフォレスト・カーターを評価してる?

355
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 19:45:28
ニザンの翻訳者が・・・

356
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 19:54:01
アレックス・シアラー「13ヶ月と13週と13日と満月の夜」「スノードーム」

357
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 20:59:11
C.W.ニコル「ティキシィ」

358
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/18 22:02:29
ずばり、20世紀最大のアメリカの詩人
エズラ・パウンドが採択されるはず。間違いない。

359
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 22:11:15
>341
ウルフ/リースの巻の折り込みチラシによれば6巻。

>第圭検α苅挟、刊行決定!
>2010年刊行開始

360
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/18 22:39:03
何だ6刊か。
中途半端だ。
最初から15巻+15巻にしとけよw

361
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/19 16:25:32
ラクスネス「独立の民」

現在入手困難

362
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/22 23:02:48
今、ヘミングウェイやヘッセ、カミュは人気ないの?

ザミャーチンの「われら」新訳とか。

SFは入んないのかな?
コメント2件

363
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/22 23:23:39
ヘッセいいですね。
でもヘッセは定番すぎてわざわざ入れる必要もないかなと思います。
コメント1件

364
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/22 23:24:16
魯迅あたりで頼む

365
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/22 23:29:29
>363
ヘッセは臨川書店の全集も完結したばかりだしね。
俺は郷愁とデミアンが好き。涙なしには読めない青春の一冊。

366
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/22 23:39:12
ヘッセは無さそう、あまり取り上げられないような作家、
20世紀後半中心に考えてるっぽいから無いのでは。
まあ、好きだけどw

367
理科男[]   投稿日:2009/01/22 23:46:25
>362
「われら」はついこの前岩波文庫で読みましたね。読んでSFだったので驚きました。
結構面白かったです。

368
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 07:04:05
レーモン・クノー

369
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 07:40:26
あ それ穴だったな
いいと思う

370
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 09:41:48
もうフランスの作家はないんじゃないか?
中東やオセアニアの作品はまだ選ばれてないよな?

371
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 16:43:42
>362 です。

レスありがとうございます。
それでは、トルコのオルハン・パルクとかはどうですかね?
イギリス近辺ではベケット、ピンター…
みんなノーベルですが。
コメント1件

372
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 17:25:33
>371
いいと思います。

373
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 18:06:06
ドリス・レッシング

374
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 21:11:37
そもそもこの全集にとりあげられる前提として、あまりにも有名すぎて
当たり前の作品は最初の段階で候補にならないの。
価値あるか無いかより、メジャーかマイナーかで決まるの。
だから今更カフカもヘッセもヘミングウエイもお呼びじゃないの?


コメント1件

375
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 21:16:45
朝鮮や中国、中東あたりのが欲しい。

376
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 21:17:09
>374
はじめから趣旨としそうだとは言わないけれど、
結果としてはそういことになるのかな。

377
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 21:23:19
カフカは入ってるじゃねえか

378
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 21:28:05
アブサロム、ハワーズ・エンド、サガン(悲しみよ・・・)や
デュラスの愛人などは当たり前じゃないんですか?

379
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 21:45:52
結局池澤の好みの問題

380
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:05:29
トーマス・マンやリルケやレマルクだとどうにも古すぎるのかな?
どんなに古くてもカフカやフォークナーが限度なんだろうか?


381
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:09:39
ケルアックはファッションでありえたとしても、真摯に論ず
べき文学とは言えないね。
コメント1件

382
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 22:23:49
メジャーかマイナーって・・・第2集までにマイナーと定義できるようなものあるか?

383
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:24:04
>381
アメリカ文学にしかなし得ないダイナミズムというものがあるんだよ。
俺はフランス・ドイツ・イギリス文学を好むが、ケルアック「路上」を読むたびに
眼前に果てしないハイウェイの幻影を夢想してしまう。永遠の青春小説だ。
コメント1件

384
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:24:39
第3集第1弾は"魯迅"です
コメント1件

385
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:25:09
>384
えええええ、アカデミックすぎるだろw

386
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:25:17
カフカの失踪者も永遠の青春小説なんだぜ

387
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:26:03
メジャーとかマイナーとかダイナミズムとかアカデミックとか、おまえら横文字使いすぎw
意味わからんw
コメント1件

388
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:27:39
>387
じゃあテレビを箱形電波受像機とでも言ってろw

389
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:29:07
せっかくだから後の6冊が何になるか真剣に議論しましょう
コメント1件

390
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:31:31
>383
アメリカって、合衆国のことかい?どこがダイナミズムだよ。
言葉の残骸だろ「路上」なんて。ハリウッド映画と混同してん
じゃねえか。少なくとも高校の授業でテキストとして扱えるレ
ベルじゃない。

コメント1件

391
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:31:48
>389
うんそれがいい。
個人的には1冊を批評集(ヴァレリー、ブランショ、サルトル)、
1冊を詩集(マラルメ、パウンド)に割り当てて欲しい。いやそうすべきだ。

392
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:33:28
>390
高校の授業でテキスト云々言ってるだけで
文学の可能性を閉ざしてしまっていることに気がつけ。
コメント1件

393
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 22:34:58
青春小説か、アデンアラビアも若い時読んでたら
印象違っただろうなと思う

394
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:35:43
もうとにかく、釣りとしか思えないようなのも含めて次々に名前だしていきませんか?
まずは

・魯迅
コメント1件

395
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:36:34
トーベ・ヤンソンはどう?

396
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:37:39
>394
魯迅はいいってのw
散々読んだから。池澤さんならダレル「アレキサンドリア四重奏」が固いか?
河出だし。

397
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:37:44
活火山の下

398
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:38:44
戯曲はどうだろうか。
ユージン・オニールの再評価を希望する。

399
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:39:08
もうヨーロッパやアメリカの作品はいいよ・・。
アジアアフリカの作品で頼む。

400
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:39:38
何か場当たり的にル・クレジオも入るんじゃなかろうかw

401
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:40:04
ジョイス「ユリシーズ」

402
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:40:20
おまえら、左翼と旅がキーワードなんだぜ

403
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:40:46
2重書き込みのため表示しません 内容を確認する

404
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:41:10
入手困難な老舍の作品がいいな

405
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:42:21
意表をついてイプセン、ストリンドベリ

406
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:42:58
>392
逆だね。全く逆だ。文学をオタク的な趣味志向の中に閉じ込め
てんのが「路上」だのなんだのいった、
書物といった形式の中に言葉をただねじ込んだ代物を「文学」
などと言ってしまう文壇的輩イズムだね。そろそろ直視しろ。
コメント1件

407
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:43:21
フラン・オブライエンの第三の警官は?

408
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:47:16
入手困難はラクスネス"独立の民"

409
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:47:58
ジャン・コクトーをアッー!

410
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:49:22
>406
たとえば高橋源一郎の「さようなら、ギャングたち」をどう思いますか?
自分は全く駄目でした。破り捨てて尻拭き紙に使いたいくらいでした。
コメント1件

411
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:49:25
レオス・カラックス

412
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:50:29
老舎

413
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:50:36
今からでもいい、
グラス「ブリキの太鼓」はブクオフでも文庫が買える。
今こそ中野孝次の幻の名訳「犬の年」に差し替えて欲しい!欲しい!

414
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:52:18
サガンの「悲しみよこんにちは」はブックオフに大量に置いてあるよなw
コメント1件

415
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:53:24
>414
クンデラ「存在の〜」も105円で買える。
その辺も考慮して欲しいよなあ。
コメント1件

416
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:56:47
>415
いや、でも、それは訳が違うでしょ?
サガンよりはましじゃね?

417
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:57:26
今更だが日本の作品が収録される可能性はないんだろうか?
コメント1件

418
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:58:22
>417
萩原朔太郎くらいかな、世界に誇れる詩人なら。。

419
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:58:54
>池澤
『真夜中の子供たち』よろ

420
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 22:59:04
>410
高橋源一郎さんは、ただのおっさんだ。何を書こうがいいけど。
俺が問題にしてるのは、世界文学全集の編纂という責任ある仕事
にだ。いい加減なものに文学という「称号」を与え、あたかもそ
れが読まれるべきテクストととして世に出回ってしまう犯罪的行
為に対して言ってるのだよ。
コメント1件

421
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:02:13
老舎の四世同堂

422
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:02:30
『真夜中の子供たち』ありそう。

423
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:04:12
ビクトル・エリセ

424
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:05:41
>420
後半の下りは特に同感です。
池澤さんの熱意は大変なものですが
個人編纂はやはり無理があると思います。

手元に50年前のグリーン版・河出世界文学全集があります。
編集委員は「阿部知二/伊藤整/桑原武夫/手塚富雄/中島健蔵」!
最低このくらいは同志を募るべきではなかったかと。

コメント1件

425
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:07:14
しばらくぶりに来たが
偉い盛り上がってるねw
池澤さん本人も時折覗いてたりして?
少なくとも河出の社員は間違いなく読んでるよなw

426
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 23:07:38
ボリス・ヴィアンを新訳で読んでみたい

427
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:09:36
池澤氏の書き込みもあるかもなw

428
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:12:53
老舎『四世同堂』
ラクスネス『独立の民』
サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち』
マルカム・ラウリー『活火山の下』
フラン・オブライエン『第三の警官』
バルガス・リョサ『世界終末戦争』
でどうっすかね
コメント1件

429
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/23 23:13:12
ドス・パソスを入れてくれ池澤よ

430
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:17:22
ヴェルギリウスの死 ヘルマン・ブロッホ

431
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:18:20
>424
そうですよ。仰る通り。池澤さん個人を責めるつもりはない
けど、もう少し、文学を愛するものであるなら、社会的文脈
に配慮された見識と自覚を促したいところです。
コメント1件

432
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:18:45
>428
何で魯迅を外すんだよ
コメント1件

433
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:20:34
>432

じゃあダブりのリョサの代わりに入れといてやるよ

434
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:20:35

435
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:20:54
『眩暈』エリアス・カネッティ

436
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:21:06
魯迅w

437
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:24:33
ベケットの戯曲あたりも入っていてもいいかと
コメント1件

438
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:24:41
>434
『ヨブ記』w

439
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:24:51
魯迅の作品は素晴らしいけれど、他でも読めるじゃん!
せっかくだから手に入りにくい小説を優先してほしいんだよう。

440
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:25:28
『独立の民』読んだ奴いる?
どんな話?

441
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:35:47
>431
フランス文学なら誰がいいと思う?
鹿島茂なんて言わないでねw

渡辺守章さんが元気だったら絶対にお願いしたい。
阿部良雄さんが存命だったら絶対にお願いしたかった。

442
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:37:39
手に入りにくい小説は確かに読みたいけど、あんまりマイナー過ぎると
売れなくなる。映画化してる作品多いのはそこら辺意識しているかも

443
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:37:48
>437
ベケットは確かに外せないかも。。

裏ワザでトルーマン・カポーティとかダメかしらw
コメント1件

444
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:52:55
映画意識してるならジョセフ・コンラッドあたりもあるかも

445
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/23 23:54:00
レーモン・クノー「地下鉄のザジ」

446
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 00:02:50
>443
カポーティは最近結構新訳とか出てるから
イマイチ新鮮味がない気がする

447
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 00:06:23
まあ無難にヘミングウェイ「日はまた昇る」でしょうな。
本当はフィッツジェラルド「グレイト・ギャツビー」を入れたいのだろうが
村上春樹に先を越されてしまったから。

448
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 00:08:18
結局メジャーかマイナーかのどちらかに分類されて全部却下されていくね

449
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 00:09:42
絶対に固い作家がいる。
池澤さん向きのカトリック作家・ジュリアン・グリーン!

俺はグレアム・グリーン「情事の終り」でもいいけどね。

450
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 00:10:36
後はアンドレ・ジイド!

451
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 08:03:43
やっぱり魯迅だな

452
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 09:41:59
ユイスマンスの新訳はどうだろうか。

453
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 10:01:48
魯迅の全集買えよw

454
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 10:28:30
おまえらに質問。
商業的な面を無視すればやっぱりマイナーな作品を選んでくれるほうがいいんだろ?
コメント2件

455
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/24 10:40:00
>454
マイナーというか、質が高いのに絶版の作品を選んで欲しい。
しごく普通の希望だと思うが。

456
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 11:11:07
やっぱり"独立の民"だな

457
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 11:11:23
>454
読みたいんだが手に入らない作品、噂は聞いてるんだけど
絶版とかが読みたい。
あとメジャー作品でも訳が古臭いとかは新訳で読みたいとかはある
コメント1件

458
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 11:14:36
スティル・ライフ

459
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 11:16:00
アジアの作家が二人ってのは寂しいよね

460
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/24 13:56:54
>457
賛成です。

あと池澤さんを理解するのに「世界」というキーワードがあると思います。
池澤<わたし>さんにとっての対<世界>。

461
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 17:14:50
みなさん、たくさんの書き込み有難う。
期待を裏切らぬよう、最高の6冊を選びます。
楽しみにお待ち下さい。

N.I

462
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/24 17:18:46
うおおおおおお!! 本人光臨か!!!?
SUGEEEEE!




で君、誰?www
コメント1件

463
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 17:37:09
>462
福永武彦です。

464
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/24 18:08:02
メジャーでもマイナーでもいけない
アジアの作家が二人だけなのも寂しい
となると、やはり・・・



















魯迅

465
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/25 08:58:41
恋空(笑)

466
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/25 17:53:54
現代日本文学の代表作といえばやはり"恋空"だよな。
収録されないのはどう考えてもおかしい。

467
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/26 15:18:31
池澤さんの本を読んでみたくなりました。
スティルライフのほかにもお勧めありますか?
コメント2件

468
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/26 18:29:23
>467
ありません><

469
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/26 18:56:14
池澤夏樹スレ行きなよ

470
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/26 22:14:15
>467
全くありませんww

471
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/27 03:38:25
2、3巻立てにしていいから収容所群島を・・・
コメント1件

472
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/27 10:59:48
老舎かな

473
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/30 08:36:09
コルタサルの『八十世界なんちゃら』というやつ。

474
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/30 09:39:30
>471
収容所群島はブッキングから出てるだろ

475
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/30 14:52:54
トマス・ウルフは?

476
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/01 09:15:32
何で魯迅がネタにされてるんだ?
是非収録してほしいんだが。

477
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/01 14:28:56
最近の風潮でしょう(笑)何事もラフなものが受けるのです(笑)おやはや(笑)

478
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/02 01:18:04
魯迅と恋空は収録してほしいよね。

ところで、これどうよ?
おまえらは買う?

http://www.hakusuisha.co.jp/exlibris/

479
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 01:22:12
刊行後十年位して揃いで三分の一くらいになったら。
コメント1件

480
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/02 01:54:22
>479
値段は池澤編より安いんだぜ

481
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 01:55:14
恋空(笑)
腹痛いわwwwwww

482
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 02:09:46
でもじぶんホントに貧乏なんでw

483
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 02:10:30
あ。漢字で書くと重いww カタカナで。

484
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 09:55:09
ビンボウww

485
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 10:33:59
そこは「ビンボー」では

486
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 10:42:51
白水社の台等で池澤ピンチだなw

487
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 11:14:15
デニスジョンソン2冊出んのかw
気づいたらtree of smoke途中で投げ出して半年くらいたったな・・

488
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/02 13:35:56
それほど困難な英文でもないでしょう(笑)おやはや(笑)

489
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 18:56:09
池澤w
白水社への対抗策として残り6冊を全てケータイ小説(笑)にするとかしろよw

490
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/02 21:29:06
狸は誰かしらにかまってるけど
ずっと誰も相手にしないのが凄い

491
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/02 22:33:41

492
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/03 09:51:51
池澤オワタwwww

493
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/04 08:41:31
白水社のラインナップってマニア向けですか?
一人も知っている作家がいないんですけど・・・w

494
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/04 13:12:03
先物買い?

495
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/04 17:31:25
そこそこ話題になってるけど日本では未訳の人たちだな
よって知名度は無いが内容は別にマイナーではないと思うぞえ

496
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/04 19:51:22
魯迅って書くとネタ扱いされるみたいだが、魯迅入れてくれないかな。
あと、ドリス・レッシングも。

497
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/04 20:10:41
サガンは要らないと思う。
それよりロブ=グリエとかクロード・シモン入れたほうが、
ヌーヴォーロマンつながりでデュラスと釣り合うんじゃないの?
未邦訳の本もけっこうあるし。

498
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/04 20:44:14
フォード・マドックス・フォードはいかがでしょうかねぇ(笑)おやはや(笑)

499
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/04 21:37:44
サガンは要らないと思うって・・・もう既に入ってるだろ。

500
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 04:55:45
《第3集 巻立て》
 第1巻 〈初邦訳〉ボフミル・フラバル『私は英国王に給仕した』阿部賢一訳
 第2巻 〈初邦訳〉リシャルト・カプシチンスキ『黒檀』工藤幸雄・阿部優子・武井摩利訳
 第3巻 〈新訳〉ジョゼフ・コンラッド『ロード・ジム』柴田元幸訳
 第4巻 石牟礼道子『苦海浄土』三部作
 第5巻 短篇集1(約20篇)(「短篇集」の内容については決定次第お知らせいたします)
 第6巻 短篇集2(約20篇)(「短篇集」の内容については決定次第お知らせいたします)
 ※巻数と刊行順は異なります
http://www.kawade.co.jp/np/news.html#0624999648

501
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/05 07:26:42
おまえら、どうよ?

502
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 08:49:09
コンラッドと石牟礼道子しか知らん。
日本人作家は避けた方が良かったんじゃないかなあ。
そこで持ってくるのが石牟礼道子というのがまた政治的で好かん。
コメント1件

503
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 09:22:00
海外作家でも日本で購入できる作家は入れないで欲しい

サルトルとかは?
出版されてない作品ありそうだが

あとエーコとか

504
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/05 10:02:23
決まったことに文句言ったって意味ないんだよ、おまえら

505
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 10:25:17
>502
池澤の選択は、反西欧・反近代に固執しているという点で、そもそもが政治的。
それがために二十世紀文学のいい部分を見失っている。

『サルガッソーの‥』なんてクレオール文学であるというだけ。
読んでこれほどがっかりさせられた小説は久し振りだ。

506
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 10:31:20
第1巻 〈初邦訳〉ボフミル・フラバル『私は英国王に給仕した』阿部賢一訳
第2巻 〈初邦訳〉リシャルト・カプシチンスキ『黒檀』工藤幸雄・阿部優子・武井摩利訳

聞いたこともねーおw

507
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 12:17:46
フラバルは有名になりましたけれども、カプシチンスキは初耳ですねぇ(笑)おやはや(笑)工藤さんの翻訳はまだ残っておったのですねぇ(笑)おやはや(笑)

508
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/05 12:47:13
サルトルもカミュもいないのね

509
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 13:01:20
実に哀れ(笑)

510
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 13:12:13
カミュは兎も角サルトルの『嘔吐』(嘔吐感/吐き気)は
新訳で入れてくれてもよかったお。

511
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 15:48:51
この全集がどうも政治屋(広い意味でです(笑))に読まれている事実ということに関しましては、中々妖しい感じがすると思われるのですけれどもねぇ(笑)おやはや(笑)

512
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 15:56:43
日本代表で他もいいのあると思うんだけどね
どうよ、みなさん?

513
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 16:03:30
おまえら、白水社に期待しようぜw

514
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/05 16:14:53
ハ=ジンの日本語訳2冊はどっちも面白かったので、
未邦訳の本を入れてほしかったね。

てか2ちゃんねる文学板編世界文学全集作ったら面白そうだね。

515
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 16:21:41
>>2ちゃんねる文学板編世界文学全集

プw

516
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 18:11:23
カプシチンスキのサッカー戦争とかけっこう話題になったと思うんだが・・
お前らさてはスポーツ音痴だな?
コメント1件

517
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 18:13:35
スポーツ音痴というよりノンフィクションあんま読まない奴が多いんでは。
文学好きなんだかんだいってそういう人多いと思う

518
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 18:29:34
さて、短編集のラインナップでも予想しますか(笑)おやはや(笑)

519
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 18:30:54
>516
私はあくまでリヴレスクですからねぇ(笑)おやはや(笑)

520
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 18:41:34
狸さん構っても仕方無いんだがノーベル文学賞候補だったし
リヴレスクなら知ってると思う。
今日はあまりにも的外れな発言しすぎじゃないの。

521
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/05 18:44:35
どもどもですねぇ(笑)確かに今日は頭が回りませんねぇ(笑)おやはや(笑)
最近東欧文学を調べることを怠っていたので、と言い訳をしておきましょう(笑)おやはや(笑)

522
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 19:39:45
獲る狸って映画板のバルダミュみたいで痛いなw

523
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/05 22:47:24
狸は2ちゃん文学版随一の碩学だと思うぞ。
これからも健筆を奮って欲しいね。


524
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 23:04:24
バルダミュ(笑)

525
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 23:11:32
狸はけっこう読んでるだろうに
今日みたいにろくでもないことしか書けないのが不思議w

526
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/05 23:30:17
やっぱりコンラッドきたか。フラバルは公開された映画のヒットが大きい
かな。

527
(o`.´o)materialist[]   投稿日:2009/02/05 23:50:33
頭が回らないのは何時もの古都では(笑)

528
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/06 00:02:45
狸さん、あなたのファンなので
専用スレを立ててもいいですかw

529
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 00:37:38
ロード・ジムの新訳、,柴田元幸なのか。

530
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 00:42:59
闇の奥を依頼されたがジムがいいと言ったらしい
ソースは文芸
コメント1件

531
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 06:55:49
バルダミュはエリセやカラックスのスレで暴れすぎ(笑)

532
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 22:27:40
>530
そうなのか、なんか闇の奥も読んでみたかったな

533
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 22:45:45
柴田闇の奥はちょっと読みたいな
ロードジムは伊丹十三出てるから大江が訳したら面白かったんではw

534
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 22:46:20
あ もちろん映画の方ね>伊丹

535
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/06 23:57:09
短編集気になるな。レイモンド・カーヴァーあたりは
入ってきそうな気がする。

536
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 00:28:08
ウィリアム・トレヴァーとか、アリス・マンローあたりもあるかな?

537
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 00:35:57
短編でスティルライフはいったりしてw

538
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 09:17:07
『スティルライフ』は原著作者の意向により割愛させていただきました。
コメント2件

539
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/07 09:22:34
スティルライフ入りそうだなw
スティルライフを入れたら池澤の評判は確実に落ちるぞw

540
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/07 10:17:51
フィッツジェラルドはどうだろう、池澤さんの新訳で。
リッツホテルみたいに大きなダイヤモンドとか最適では?

541
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/07 15:38:44
川島和津実
吉野サリー
吉井愛美
可愛あずさ
深田美穂
竹内あい
北原多香子
木下七海
清水かおり
如月カレン
神谷姫
春咲あずみ
伊東遥
みなみありす
美竹涼子
夏目ナナ
薫桜子
大浦あんな
みひろ
古都ひかる
小倉ありす
ひろせまなつ

コメント1件

542
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 17:13:39
フィッツジェラルドは入ると思う。
モームは?(20世紀だっけ)
ウォルター・スコットやヘミングウェイも短編はいけてると思う。
ガルシア・マルケスやアップダイク、カポーティ、サリンジャー、
マンスフィールド、オコーナー、ヴォネガット、ナボコフも!

543
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/07 17:50:40
おやはや(笑)池澤は「反西欧・反近代」を前提に掲げているわけでしょう(笑)
それゆえにヘミングウェイ・フィッツジェラルド・カポーティ・アップダイク・サリンジャーは入りにくいのでは(笑)おやはや(笑)
ガルシア=マルケスは小説全集が既に出ておりますし、マンスフィールドも全集はありますからねぇ(笑)
ナバコフは既に賜物が入っておりますから、入るとすればヴォネガット、オコーナー(当然フランクでしょうかねぇ(笑))辺りでは(笑)

544
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/07 18:03:09
>541
是非入れてほしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

545
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 19:48:17
ハワーズエンド辺りは西欧、近代の臭いがぷんぷんしたんですけど。
もちろん、近代からの脱却期ではあったわけですが・・・

546
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 20:45:02
図書館でよんだけど、ナボコフは結構短編いいんだよな。
コメント1件

547
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/07 20:46:22
>546
あの全集ですか(笑)あれはいけません(笑)誤訳の塊ですよ(笑)おやはや(笑)

548
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/07 22:45:40
>538
2002年センター追試乙 w

549
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/08 13:49:23
> 第3巻 〈新訳〉ジョゼフ・コンラッド『ロード・ジム』柴田元幸訳

20世紀の小説、もっと言えば第一次大戦後の作品と云うのが暗黙の了解かと思っていたけど
なんで『ロード・ジム』?
コメント1件

550
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/08 16:43:21
>549
いや、なんでコンラッド?と言いたい。
ロレンス・ダレル辺りを入れて欲しかったぜ。

551
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/08 16:54:11
ダレルは何があるの?
四重奏なら出たばっかりだね。


552
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/08 16:55:00
>538
センター試験の国語過去問集を買ってみても、ここだけ割愛していたので
腹立たしかった記憶がある。

553
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/08 17:11:39
しかし「池澤編」ってのが凄いね。
生き残りをかけた必死さしか伝わってこん。
名作なんか誰が読んだって名作じゃねぇか。
くだらねぇよ、オマエら。

554
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/08 19:54:26
生き残りをかけた必死さwwww
一発屋の芸人みたいで笑えるなwwww


555
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/08 20:50:30
“笑えるな”の後にwをつけない方がいい。

556
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 16:22:27
おまえら池澤が嫌いなのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

557
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 22:06:32
池澤氏の不人気ぶりに吹いたw

558
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 22:15:00
池澤の小説はともかく、文化人としての出世術には感心する。

559
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 22:40:52
人気がないかどうかは興味がない。
彼がいなかったら成り立たなかったという事実があるだけ。

560
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/02/09 22:53:59
さて、池澤がどういうカードを出してくるのか、予想しましょうかねぇ(笑)おやはや(笑)

561
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 23:49:03
短篇には興味ないので希望を込めて第4集予想。

ペソア『不安の書』新訳
ヘッセ『ガラス玉演戯』新訳
セリーヌ『城から城』
コルタサル『石蹴り遊び』
ベルンハルト『霜』本邦初訳
パムク『私の名は紅』新訳

562
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/09 23:51:34
さすがに第4集はないだろw

563
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/10 00:07:11
白水社のエクスリブリス、初っ端から躓いちゃったね。

564
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/10 07:59:37
ドリス・レッシング

565
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/10 14:31:32
レッシングは簡単に購入できるからな・・

566
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/10 15:59:43
略してドレッシング

567
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/10 21:38:13
08. 池澤春菜 「God Save The Queen」 (Sex Pistols)

吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

568
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/11 08:19:06
この親にしてこの子ありw

569
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/17 09:51:05
すみません、お聞きしたいことがあるのですが、
河出書房から発売された単行本(海外小説)は、
一般的にいつ頃文庫化されるのでしょう?
コメント1件

570
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/17 20:14:28
>569
時間がかかる時は30年くらいかかる。
文庫化されないこともままある。絶版、プレミア化する本の多いこと。
単行本があるうちに買っておいた方がいいよ。

571
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/17 21:26:46
ありがとうございます。
そういえば、ダンテの神曲も今頃ですものね・・・

ナボコフの「ディフェンス」も今のうちに買っておいた方がいいのかな?
コメント1件

572
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/17 23:57:47
>571
ああ、あんなのは急いでおいた方がいいよ。
神曲とかは何だかんだいって知名度のある作品だから待っていてもよかったけど、
そういうのは文庫化されないリスクを考えたら買っておくべき。

573
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/18 21:50:42
ケルアックの路上とかカフカのアメリカとか
他の出版社から出てて、買おうと思ったけど、まだまだ積読あるから買わんかった

微妙に題名変えてるんだね(笑)やっぱり
コメント1件

574
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/18 22:03:26
ナボコフはすぐ絶版になるから
すぐ買わなきゃ駄目だよ。
それと、アーダ出してくれ。
早川のは手にはいらん。

575
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/18 22:19:33
『アーダ』は若島が訳すらしいが
ロレンス・ダレルも危ないと思う

576
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/18 22:22:59
ナボコフの話題が出ていたので・・・

みすず書房から出ている『ベンドシニスター』は、
昔のみすずのようなフォント(薄くて小さい)で読みにくいですか?
一応2001年に出版されているみたいなのですが。

577
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/19 09:02:22
>573
アメリカと失踪者は、編集が違う、言わば別バージョンだよ。

578
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/25 17:33:30
娘もいろいろ大変なんだな

579
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/08 15:44:23
ついに、白水社まで手を出してしまった…

「ジーザス・サン」読みやすくていいです。
ドラッグとセックスがアメリカは相変わらずなんだなと思いました。
比較はしずらいけど、「オン・ザ・ロード」の方が世界文学って感じがする。

580
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/29 09:14:47

581
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/04/12 23:31:39
また2段組か。このレイアウト読みにくいんだよね・・。

供03「エリアーデ/キシュ」、06「モラヴィア/カルヴィーノ」を
供03「エリアーデ/モラヴィア」、06「キシュ/カルヴィーノ」という
不自然な組み合わせに変更したのも分量的な配慮?
だとしたら無計画すぎるぞ。

582
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/06 22:19:43
「フライデー…」読了。
新しい価値を与えてくれたのには感謝するが、
これを読むことで益々本家のロビンソン・クルーソーが普遍的な価値を帯びてきた。
こういう解釈本が時代性を考慮して生まれたとしても古典に敵わないのは、
読んでいて空しさを覚えてしまう…

これからの世界を見据えた価値本の選出を願いたい。
そういった意味では白水社の選集の方が価値はあるのかもしれない。

583
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/06 22:43:34
だね。『カッサンドラ』然り、『サルガッソー』然り。
所詮スピンオフはスピンオフに過ぎないのに加え
或る種の偏向が見え隠れしているから、結局小物の印象しか残らない。
もっと選ばれるべき作品はあるはずなんだが。

584
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/07 14:33:31
レスありがとうございます。
河出による『20世紀の世界文学選集』という位置づけですよね。
決して世界文学全集ではない。

注釈の付け方にも不満が残ります。
「マンドラゴラ」にしても魔術に使われた迷信性のある植物だけではなく、
シェイクスピア(オセロー)にも謳われているように、催眠性のあるクスリとか、
神が人間を作る前に雛形としてこしらえたものとか。
文脈や背景を手助けしてくれる訳が欲しいですよね。
他の作品でも多く見受けられたけど、ぶっきら棒な注の付け方が目立っているのが残念です。

これらの文学を考えた時、戦争と科学と心理、宗教を抜きにして
小説を書くことはありえなかったでしょうし、クリストフ、レム、
ザミャーチン、クラーク、ヴォネガット、クリスティ、クイーン、ボルヘス、
チェスタトン…など20世紀文学に対する側面という形でも考慮してもらいたかったです。

ブルガーコフは大正解でした。

585
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/07 23:43:10
>他の作品でも多く見受けられたけど、ぶっきら棒な注の付け方が目立っているのが残念です。

これは河出の編集能力の問題かもしれませんね。『アレクサンドリア四重奏』でも
本文との関連付けのない、事典丸写しのような無粋な註が目立ちましたし、
その一方で同じ註(プロティノスなど)を無意味に何度も入れたり・・。

>ブルガーコフは大正解でした。

同意です。あと個人的にはクッツェーの新訳と残雪を教えてもらったこと。
クンデラも読み易い訳でよかったけれど、ブルガーコフのインパクトには負ける。
『巨匠とマルゲリータ』一冊が読めただけでも、この全集には感謝してます。
(それだけに朝吹のサガン、須賀のギンズブルクのように駄作・駄訳も
かなりあるのが気になるんですね。)

キシュとナボコフ、それに第圭犬離侫薀丱襪亡待。

586
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/05/19 21:31:06
ブックオフで装丁にひかれて、なおかつ105円だったから
「アフリカの日々/ヤシ酒のみ」を買って読んだ。
そうでもなければ普段文学なんて全く読まない。
すばらしい作品に出会うきっかけとなった装丁とブックオフに感謝!!
次は「太平洋の〜」だ。

587
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/16 09:53:43
この文学全集の収録作品のうちで文庫で出てる作品ってどのくらいありますかね

588
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/16 10:13:28
ドス・パソス USA

これ出そうぜ
20世紀文学を代表する傑作だよ
なのに世界文学全集の類には全く収録されないわ
絶版だわで何とかしなさいよ池澤

589
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/16 22:26:13
むむ・・・なぜ『マイトレイ』なのだ?
面白いのか?
本当に何度も読み返したくなるものなのか?

池澤!

590
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/18 15:40:28
エリアーデは20世紀を代表する人だと思うけど

小説はねえ・・・

591
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/21 07:06:00
解説に「(この作品の)面白さは抜群である」とかかれてあったが、
本文からの引用もなく、訳者がどの辺に魅力を感じているのかが一切書かれていない。
ただ、エリアーデは…と紹介するのみ。

個人的にこの本はこのシリーズの中で一番面白くなかったものなのだが…

エリアーデにとっての悦楽的神話の象徴である“マイトレイ”の魅力が、
私には他の小説に出てくるどの女性よりも魅力的には映らなかった。

エリアーデ(とこの本の主人公)の悩みがそれほど文学的なものへと達しているようには思えない。

登場人物と作者の関係やそれを取り巻く環境は希薄で何か出来事があっても、
それほど印象を与えるものにまでなってはいない、低密度の関係である。

知識人が好みそうな文章のスタイルになっているようだが、
それは20世紀にとどめておくような一過性のもので、
敢えて今世紀に読み返して、悦に入れるようなものなのか?疑問である。

592
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/21 15:30:17
短編にサリンジャーはいれないでくださいね?ね?

593
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/07 06:19:26
671 :菜の花 ◆qS5Y1mPhJ2 :2008/10/22(水) 17:44:27 O
今までありがとうございました
2ちゃんねるを去ります
さようなら…

594
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 01:36:05
秋からは隔月刊宣言とは。やれやれ。
売れてないのか、翻訳が間に合わないのか・・。

595
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 02:17:29
ナボコフで手こずってるのかねえ

596
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/02 01:01:46
9月がキシュで、残るはナボコフ、ピンチョン、グラスの3冊。
ピンチョンは既訳の流用だから、やっぱりナボコフでしょうかね。

597
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/06 19:57:34
短篇にブコウスキー入れたら認めてやってもいい


そしていつまでたってもどの文学全集にも
ドス・パソス「USA」は入んないのね・・嗚呼・・・

598
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/07 08:39:17
『クーデタ』読了。
技巧的過ぎてうまく乗れなかったぞ。
企業商品、ブランド、人名など多くの比喩(ないし直喩)が多く、
知らないとイメージ湧かずに断絶しまくり。
直接的会話を好まないので場面転換と技巧的な文章の世界を浮遊してばかりで、
上手く地に足が着かない…
知識と経験と豊かな想像力の持ち主のための本かな?

気になるのは丸谷さんたちの世界文学全集(文藝)の話。
アレって継続中なの?
コメント1件

599
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/07 09:08:43
正直 やし酒飲み 以外いらない

600
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/07 12:38:22
>598
あれは架空のものじゃない?
どうでもいいけど、春樹みたいに紹介の方に回ってくれないかな
あまり日本では知られてないけど、こいつは凄いぜ、みたいなやつをさ

601
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/07 16:44:59
そう、架空のもの。
でも実在の名前がたくさん出て来るんだよ。
架空だから小説を書く上で制限がない(自由である)と池澤は言っているが、
アップダイクの集大成みたいだから、世界観は濃いいねぇ。

J.ジュネの『花のノートルダム』を読んでいるが、かなり面白い。
こういう嗜好の本も入れて欲しかったな。新人のテクストにはなるだろうに…

602
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/09 01:44:23
娘さんに小説書かせて入れたら買うよ

603
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/21 23:14:59
むしろ娘さんの写真集だな

604
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/21 23:41:04
もうおばはんだろ?

605
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/07 23:03:59
>アメリカどり

いろいろ場所を変えてるけどスケールが小さく感じられるのは気のせいだろうか。
著者の衒学的な趣味なのか引用が多く、
こういうスタイルじゃないと世界を語れないのかと、少し飽きてくる。
飛ばし読みも可能だ。

衒学やメタファーだったら「ユリシーズ」があるもんなぁ・・・

ただ、作者が女性だという点で男の童貞観をうまく引き出しているところなど、
政治情勢や会話も含めて評価はできると思う。

だけど、やっぱりそんなに面白いモンでもないなぁ。

606
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/24 05:56:42
・「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」発売日変更のお知らせ

今年9月の第21回配本『庭、灰/見えない都市』刊行後、第22回配本より隔月での配本を
予定しておりましたが、諸般の事情により、第22回配本『ヴァインランド』を2009年12月刊行、
第23回配本『ブリキの太鼓』を2010年4月、第24回配本『賜物』を6月刊行と変更させていただきます。
また、それに伴いまして、2010年5月刊行開始予定の第3集全6巻につきましては、7月刊行
開始とし、2011年3月完結の予定となります。
読者の皆様には誠に申し訳ございませんが、鋭意編集作業を進めておりますので、引き続き
ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

『ヴァインランド』 2009年12月10日頃
『ブリキの太鼓』 2010年4月20日頃
『賜物』 2010年6月
第3集 2010年7月刊行開始予定

・NHK「知る楽」にて10〜11月、8週連続で「世界文学全集」特集

放 送:10〜11月の毎週月曜日 22:25〜22:50
再放送:翌週月曜日 05:00〜06:00
放送局:NHK教育テレビ
番組名:「知る楽 SHIRURAKU」
テーマ:「池澤夏樹の世界文学ワンダーランド」

第1回 世界文学とは何か……10月5日放送
第2回 恋はサスペンス――『マイトレイ』……10月12日放送
第3回 名作を裏返す――『サルガッソーの広い海』……10月19日放送
第4回 野蛮の幸せ――『フライデーあるいは太平洋の冥界』……10月26日放送
第5回 戦争は文学を生む――『戦争の悲しみ』……11月2日放送
第6回 アメリカを相対化する――『老いぼれグリンゴ』……11月9日放送
第7回 アメリカ化する世界――『クーデタ』……11月16日放送
第8回 さまよえる良心――『アメリカの鳥』……11月23日放送
http://www.kawade.co.jp/np/news.html

607
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/24 06:11:58
やっぱりナボコフで手こずってたか
コメント1件

608
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/24 13:48:44
『戦争の悲しみ』が入ってるのか。
あれ読んでいたら自分もベトナムにいたような感覚にとらわれたよ。
疑似体験できた貴重な本だった。

609
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/24 13:54:41
賜物の翻訳に手こずることぐらいは予測できただろうに
沼野さん、がんばれ
コメント1件

610
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 00:50:24
今月のキシュにはそんなこと書いてなかったのにね。

>607, >609
と見せかけて実は池内の『ブリキの太鼓』かもしれんw
仕上がってるなら間の3月刊でもいいはすなんだから。

611
山形[sage]   投稿日:2009/09/25 01:23:55
アップダイクとマッカーシーは、「世界」文学に入る作家ではないと思う。
フィリップ・ロスやマラマッドなんかと同じ、アメリカローカルの作家に
とどまるもので、アメリカ人にしか関係ないと思うんだ。

だから今回の全集になぜ入れたのかは謎。

河出は、ダレルのアヴィニョン・クインテットの訳が進行中のはず
だから「ムッシュー」「リヴィア」をセットで入れてその後の期待を
高める手もあるのに……

あとは第三期の短編集にどのくらいヘンテコなのが入るかが残された
期待です。


612
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/25 04:03:18
アヴィニヨン動いてたのか…

613
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/26 22:15:57
アヴィニヨン知らないんですけど、読む価値あるのですか?
アレクサンドリアは読みました。

614
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/27 00:35:41
「トゥンク」「ヌンクァム」なんてのもあったな。

615
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/27 02:54:49
編者の発想は良いと思う。が、

なぜ、今更サガン?
なぜ、今アデンアラビア?
なぜ、この翻訳をまだ採用?

こんな感じの疑問点はちらほらある。
編者は旅と辺境的な場所が好きなのだろうが、現代都市の閉塞と苦闘した小説が少ないのも残念。

616
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/27 11:43:07
現代都市の閉塞と苦闘して勝った小説ってあるのかな。
逃亡がひとつのオチというか結末の典型としてあるような気はするんだけど。

今回の文学全集も、何となくリアルに「逃亡」を手助けするものとして
機能するようなの集めてんじゃないかと思う。
人間の精神がどこまで遠くに行けるかみたいなフレーズがあった気がするけど、
そこで想定されてる「人間の精神」は既に都市にあって(ひょっとしたら窒息しかけていて)、
それをどっか別の場所につれてってやるための選出、みたいな。

617
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/27 18:31:49
では辺境で勝った小説とは?

618
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/27 19:05:35
まず勝ち負けが全てじゃないんじゃない?特に小説は。
それに現代文学の結論のひとつが逃亡というのは、頷けるものもあるけど、寂しいところもある。
何より、期待したほどアジア圏の文学が挙がってなくて、西欧中心なのも疑問だ。

619
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 00:26:54
勝ち負けって言い回しがまずかったかなw
息苦しい環境みたいなものと対立するとき、結末は四択あると思うのね。で、
環境を変化させられずまた自分も変わらないで「耐える」のと、
環境は変化できないが自分の方が変質する「適応」と、
それまでの環境から別世界に行くことで己に変化をもたらす「逃亡」、
ここらへんまでが都市の物語の結末の典型としてありそうな感じがした。

本当はもう一つ、自分じゃなくてもっぱら環境を変化させるみたいなオチがあってもいいんだと思うけど、
それが「克服」よりは「征服」に落ち着く感じがして、開拓物語ならともかく都市とやりあうときには
あんまり見られないよなあ、と思った。というようなことです。
都市を征服してカタストロフってなると何か文学っていうよりはエンタメがやってそうなことで、
しかもそのエンタメにおいても都市の行き詰まってるところを逸脱者が無理矢理破壊するような感じで
内部でなるべくして行き詰まってるってこと自体はなーんも解決されないのな…みたいながっかり感が拭えない。

あー何か書き出したらあまりにも大雑把でいろいろひどかったw
もっかい全集読み直してきます。

コメント2件

620
山形[sage]   投稿日:2009/09/28 01:12:20
>619

えー、なかなかよいまとめだと思う。村上龍のいうように文学というのが
近代化に対する葛藤を主軸とするものであるなら、近代化の大きな影響
として都市化は大きな課題だし、それに対する態度で文学的な類型を
作るのは十分ありでしょう。

環境を変化させるとSFになってしまって、都市をあやつる悪の
セントラルコンピュータを主人公が破壊、みたいな話に落ちてしまうから
むずかしゅうございます。あるとすれば、革命小説みたいなのがそれに
属するかも。あるいは『愛と幻想のファシズム』みたいな政治小説や、
ラテンアメリカ文学などの独裁者小説は、環境を変えようとしてそれに挫折
する話、のような気もします。


621
◆yVLRSvhMc6 [sage]   投稿日:2009/09/28 03:05:14
自分でやっといてなんだけど、ホントは分類するならもっと細かくしなきゃダメなんだよね。
単純に「自己」と「環境」、「変化」「変化なし」で4マス表みたいにして考えたけど穴がでかい。でかすぎる。
たとえば変化×変化の結末を「逃亡」って分類したけど、ホントはこれ反則ですよね。環境は文字通り別物であって元のとこは変化してないわけだから。
ここにくるのが本来だったら「征服」じゃない「克服」だったんだ。乗り越えると同時に自己も変化しているってパターン。
この「克服」が、実は「逃亡」の中に隠れている可能性があるんだなって思った。「逃亡」の中で擬似的にそのヒントが得られる可能性。
で、話が戻るけど、この全集ってその手助け的な感じなんじゃあないでしょうか。

独裁者って言えば『マシアス・ギリ』、あれは四類型のどこに属するのかよくわからん、というよりは
四類型の複数個にまたがってますよね。あるいはどこにも属していない。「克服」の萌芽を残した破滅が結末的な。
ギリはああなったけどひょっとして彼の島は西欧主義をまんまなぞるような後追いはしないかも的な…いや、ちょっと印象がウロなんだけども。
ただ、「逃亡」をとっかかりにした「克服」の割とリアルな失敗例と言うか、「結局逃げ切れませんでした・融合が限界でした」オチとして
ゴーギャンがちょっと焼き付きつつあるのでそういう手段もどうなのかなあ…と思ったりしています。

アジアとかから選出がないのは残念だと思う。
ぶっちゃけこういう全集とかで出してもらわないと、自分は日本も含めてアジア圏とかの文学の状況ってまるでわからないんですよ。
日本の古典をほんのちょびっとと、あとは神話の類しか知らない。よそも日本みたいに近代化がどうので苦労してんのかなあ。

622
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 13:34:15
もう一度、“世界文学”というものを定義してみる必要がありそうだね。

623
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/28 14:14:02
おやはや(笑)少し皮肉を言ってみますか(笑)その種の「エクソダスもの」というのはこれはもう旧約聖書の昔からある種のパターンとして存在しておる話なのでは(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
「都会」をその他のものに置きえれば何でも話が出来てしまうでしょう(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
確かに二十世紀の文学はそういう「エクソダスもの」のかたちを借りた物が多かったのでしょうけれどもねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
「逃走」それ自体がある種のロマンティズムを刺激しますから、それを題材にしやすい、ということなのですよ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

624
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/28 14:16:21
日本の文学といえば平凡な日常にちょっぴり不思議をまぶして見せて、今の現実を捉えました等と言う作品が増えたような気がいたしますけれども、気のせいかもしれません(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

625
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 14:29:57
NGワード=( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw

でお願いします。

626
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 20:11:22
私は>618なんだが、>619氏は応じてくれてありがとう。
アジア等が少ないと自分で書いて何だが、翻訳紹介の事情は分からなくもない。
そういうのは白水社とか新潮クレスト辺りがやってるからなぁ…

ただ、こう言うと何だが、ここでの池澤氏の文学観は思ったより
ある時期の欧米が中心になっているように思えた。
サガンや「アメリカの鳥」も今になって…?という感じだ。

627
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 20:35:56
>626

それは、個人名で文学全集を出していることに最初に感じなければならない疑問だ。
出来事は個人の頭の中で起こったことの出力だからだと思う。
画期的なことだと思うが、バランスに何を持ってくるかによって、随分と色合いが違っただろうと思う。
コメント1件

628
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 20:53:37
>627
分かりますよ。

まぁ当方の期待し過ぎだったかな、と言うと、池澤氏に失礼なのかもしれんが…
諸々の事情(おそらく)を考えると大健闘だろうし。

ただ、まぁ、世界の広大さへの誘いがテーマの一つにしては、
否応ない移民性を扱った文学も少ないなぁ、と。 

629
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 21:25:41
サガンこれのおかげで読んだよ。
もし入ってなかったら、一生読まなかったかも

630
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/28 22:02:14
俺は、残雪さんですね。
ああいう文学者が同時代にいることは嬉しいことです。

631
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/12 08:05:00
第3集の短編の中身は決まった?

632
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/12 08:59:02
かたいよこの全集

633
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/12 09:22:32
それよりも従来の全集なんて全然面白みがないぞ

634
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/12 11:13:43
従来の全集でも本当に面白いものは、決定版の役で大きな活字で読んでみたい。
無理に新訳にする必要はないと思う。



635
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/12 23:43:16
だね。
この全集の体裁(紙質、フォント、但し2段組は駄目)でこの値段なら
昔読んだものでも欲しいと思う。

636
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/26 17:10:16
みんな、NHKの知る楽見てる?

637
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/06 23:05:23
NHKのあの番組の中で唯一感動したのが「戦争の悲しみ」なんだな。
若い人だけじゃなく、いろんな人にも是非読んでもらいたい。

正直他のラインナップは印象が薄く、ぴんと来ない。
池澤さんの解説は面白く見てますけど・・・
コメント1件

638
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/07 00:22:58
>637
しかし一番評判の悪い翻訳なんだが‥

639
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/11 23:29:14
あの番組、もうちょっとシリーズ前半の作品やって欲しかった

640
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/24 22:52:18
途中からやってたことに気づいた、最初から見とけばよかった

641
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/28 08:22:22
ルーマニア人作家の作品が気になった。

642
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/29 07:21:02
ヴァインランド
トマス・ピンチョン 著
佐藤 良明 訳

発売日 2009.12.14
定価2,940円(本体2,800円)
506頁

アメリカ文学最高峰の鬼才が、17年の沈黙の後に発表した過激でポップな大傑作。
ヒッピーおやじとティーンズ娘の軽妙な会話で始まる巨編は次第に陰謀渦巻くダークな
世界へ。全面改訂の詳注付。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309709635

643
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/29 10:13:07
やっと出るのか

644
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/29 10:46:57
周回遅れの連中はほっといて
早く第3期スタートさせろよ。

645
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/30 00:33:39
短編集ってあれから情報でた?

646
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/30 00:37:51
短編集に良作なし

647
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/04 01:23:47
NHK見た。意外に面白かった。
思わず本を買いたくなった。

648
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/14 20:46:10
短篇のラインナップ、来たよ。

(内容見本 より)
http://www.kawade.co.jp/sekaibungaku/sekaibungaku.pdf

-05『短篇コレクション1』
(南北アメリカおよびアジア、アフリカの傑作22選)

バース「夜の海の旅」
カーヴァー「ささやかだけれど、役に立つこと」
バーセルミ「ジョーカー最大の勝利」
コルタサル「南部高速道路」
パス「波との生活」
ルルフォ「タルパ」
など南北アメリカの名作から、

イドリース「肉の家」
高行健「母」
目取真俊「面影と連れて」
などアジア・アフリカの傑作まで。

モリスン「レシタティフ」
アチェベ「タマゴのごくもつ」
張愛玲「色・戒」
など新訳・初訳も収録。
コメント1件

649
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/14 20:46:57
-06『短篇コレクション2』
(ヨーロッパの傑作18選)

ゴンブロヴィッチ「ねずみ」
クノー「トロイの馬」
など二十世紀前半の作品から、

トレヴァー「ローズは泣いた」
グルニエ「あずまや」
タブッキ「芝居小屋」
バイアット「そりかえった断崖」
ラシュディ「無料のラジオ」
イシグロ「日の暮れた村」
など現代ヨーロッパを代表する作家の傑作まで。

ランペドゥーサ「リゲーア」
ベル「X町の一夜」
ウエルベック「ランサローテ」
など新訳・初訳も収録。


 ぼくは世界が多様であることを証明したいと思い、
せいいっぱい手を広げてさまざまな短篇をいくつもの国と言語から
集めた。むずかしかったのはこの二巻に収まるところまで厳選する
ことだった。今はこの目次そのものが自分の作品であるような
気がする。(池澤夏樹)
コメント1件

650
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/14 23:48:50
ほほう

651
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/14 23:51:35
>648
乙。
新訳は全部で何点くらいになるんだろうね。

それと「2010年刊行開始」としか書いてないのが気になるなあ。
『賜物』の予定が立たないってことなんだろうか。

652
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/14 23:52:43
しかしさ、池澤さんの文明批評に多様性を感じないんだよね。
近代vs反近代レベルの話に収斂される。
池澤さんの評論をトリガーにして、興味を広げるのは本当に各作品の良さに触れているのか疑問に感じる

653
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/15 00:13:24
思ったよりいい選別だな

654
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/15 00:21:55
多分カーヴァーの作品しか読んだことないな

655
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/15 00:55:20
この全集人気を笑いながら
SF全集作ろうとしてる人たちは、まあ失敗するだろうね

656
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/15 10:02:39
ヨーロッパ/非ヨーロッパという分け方をしたのか。
(ラシュディが前者に入ってはいるけど)

657
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/16 10:00:40
全部読んだことないから、とてもワクワクするよ!

658
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/27 10:12:12
短編について言った「自分の作品」というのが引っかかるな。

659
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/27 23:53:17
2部刊行するまえに3部刊行開始なの?
コメント1件

660
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/12/29 17:12:41
>659
(河出書房新社のサイトより)
http://mag.kawade.co.jp/sekaibungaku/

(第2集について)
第23回配本『ブリキの太鼓』を
2010年4月、
第24回配本『賜物』を6月刊行と変更させていただきます。

(第3集について)
また、それに伴いまして、
2010年5月刊行開始予定の第3集全6巻につきましては、
7月刊行開始とし、2011年3月完結の予定となります。

661
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/23 01:34:42
フラバルを早く読みたい
それよりも、賜物を真っ先に読みたい

662
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 01:37:29
『賜物』、また延びたりして

663
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/15 12:17:49
遅延の原因は『賜物』じゃなくて『ブリキの太鼓』なのか?

664
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/17 01:39:57
両方遅れてる。どっちも俺の好みではない。先行訳で読んだが。

665
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:41:22
どこで読めたの?

666
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 12:37:23
両作とも訳者からして旧訳よりは良いものになりそうだな。

667
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 19:00:42
池内紀の翻訳は我が強いというか
知識が邪魔をしている感があって苦手だ

668
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 16:16:05
大津栄一郎と高本研一の訳文の読みにくさには苦労した。

669
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/19 23:30:47
2010.03.12
発売日のお知らせ

次回配本の『賜物』の発売日がほぼ決まりました。4月23日です。
もう少々お待ち下さい。
なお、最終回配本の『ブリキの太鼓』は5月13日の予定です。
そして、7月から第3集の刊行が始まります!
第3集の第1回配本は初訳・新訳も収録した『短篇コレクション1』です。
ご期待下さい!


とうとう『賜物』が来月発売か。
沼野先生、乙でした。

↓ 河出書房のサイト、第3集のページ作ってたんか。
http://www.kawade.co.jp/sekaibungaku/list/03.html
コメント1件

670
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/20 01:45:01
>669
>次回配本の『賜物』の発売日がほぼ決まりました。

一ヶ月前の段階で「ほぼ」って大丈夫かいなw

「短篇コレクション」については>649の内容から一歩も出てないね。
1巻目があと10篇、2巻目が7篇残ってるけど、さて果て。

671
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/25 04:30:40
ブリキの太鼓は買おうかな
池内訳で読みたい

672
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/25 12:20:33
『ブリキの太鼓』は買わない。
今さら池内訳で読みたくない。

673
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/25 12:39:45
ただ、高木訳は、「集英社版 世界の文学」の時点までは、堂々と
「そのとおり、ぼくは気違い病院の住人である。」
としていた冒頭の一行を、文庫(のたぶん中途の版以降)では
「そのとおり、ぼくは精神科病院の住人である。」に変更した軟弱者。

これを池内がどう処理するかには興味があるw

674
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/25 23:39:01
ええっ。それってまったく意味が違うくね?

675
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/20 02:10:11
賜物って面白い?

676
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/25 21:49:55
無謀な、反社会的な、有害な即興作

677
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/25 22:53:23
僕はキ印病院の住民です!

678
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/26 10:21:56
確かにキ印ならオーケーだよね

679
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/27 00:03:05
なんだ2ちゃんのことか。

680
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/07 02:52:24
オン・ザ・ロードが6月に文庫化するみたいだね
コメント1件

681
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/07 05:58:45
とりあえずボフミル・フラバルが早く読みたい

682
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/07 11:06:38
え。文庫化するなら、全部してくれ。

683
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/09 06:07:21
マジかよ・・・
もしかして全部文庫化するの??
じゃーハドカバー買わなくていいじゃん

684
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 13:05:43
たぶん売れそうなものだけでしょ。
文庫になるにしても2作入ってるのは分けて出すだろうし
分厚くなれば値段も高くなる。
保存によく綺麗なカバーで読みたいならハードカバーでもいい。

685
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 14:52:12
この全集は格安だよね。一部造本に難のある巻もあるけれど、紙も文字もいいし
何より手にとって読む楽しみがある。今後も、文庫とは違う需要が見込めるんじゃないかな。

ただ、まだ完結もしてないのに、文庫落ち早すぎる気がするね。
一部でも文庫化しちゃうと、他のも文庫になるだろうと全集版の買い控えをする層が出るのは
間違いないだろうし。店頭にあれだけ売れ残ってる、いや常備されているwのを見ると
何だかねって気にはなるな。

686
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 18:02:42
『ブリキの太鼓』の帯の絵を見てると激しく鬱になる。
コメント1件

687
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 18:05:35
オン・ザ・ロードの文庫化は↓との絡みらしい

6月14日刊
ジャック・ケルアック 『スクロール版 オン・ザ・ロード』
ひとつながりの巻紙(スクロール)に3週間で打ちこんだという、伝説の 『オン・ザ・ロード』 草稿版。
すべてが実名で登場し、刊行版では削除された部分も読むことができるファン待望の一冊。青山南訳。
(河出書房新社 予価3675円)
コメント1件

688
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 18:16:19
まー元々旧訳も河出で文庫化されてたんだし。

689
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 20:00:01
>686
池内訳の?
むしろおとなしめじゃない?

690
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/09 23:13:43
>687
なんだ、ロール紙に印刷されるんじゃないのか

691
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/15 22:59:22
ようやく2期完結か

692
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/19 09:19:55
「賜物」ってプルーストみたいだね。
自分にも淡い記憶があって、みょうにこびり付いてたりするんだけど、
そういうのを表現してみると、あんな感じになるのかな。
コメント2件

693
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/19 11:34:14
ナボコフってあまり好きじゃないんだけど
>692読んで、食指が動いてきたよ。

んで『アメリカの鳥』ってどう?
コメント1件

694
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/19 20:39:33
 アメリカの鳥は、アメリカの左翼かぶれのひ弱なインテリたちが
ヨーロッパにでかけてヨーロッパぶった実存主義っぽい苦悩をあれ
これしたあげくに何もしない話で、つまらないよ。エヴァに乗らずに
優雅に悩むシンジくんのお話ってところ。

コメント1件

695
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/19 22:22:06
>692
うまいな。

岩波文庫の世界文学の中では、何がオススメ?
そっちの板行っても、カオスで訳がわからなくって。

696
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/19 22:38:11
池内グラス、駄目だわ。
精神病院はともかく、「処女の紙」だから顔を赤らめたんだろうに
「けがれのない」じゃ全く意味が通じない。
刊行時期を遅らせてこれとは。

697
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/19 22:56:31
池内は温泉旅行に忙しいんだよ

698
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/26 20:38:24
読めてよかった作品はあるが、ぶっちゃけ変化球多すぎ

699
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/29 11:18:35
>693
アメリカの鳥、基本的にはつまんないと思うし、>694に同意だが
町の様子や生活のこまごまとした描写は面白かったかなぁ。

まぁ個人的に感銘を受けたのは、そこだけなんで強くおすすめはしない。

700
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/29 15:21:02
>680
河出からじゃないけど。訳者は同じなの?
コメント1件

701
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/29 15:59:16

702
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/29 17:16:50
ああ、ごめん。じゃあ本屋にあったのは前にでたのか。

703
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/29 20:13:43
コーマック・マッカーシーのザ・ロードと間違えたとか?
旧訳の「路上」も河出だよ。

704
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/30 11:36:05
なにかちがうの?

705
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/30 18:06:45
表紙が違うよ

706
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/31 08:52:46
On the Road(1957)
ジャック・ケルアック(邦題『オン・ザ・ロード』『路上』)

The Road(2006)
コーマック・マッカーシー(邦題『ザ・ロード』)

The Road(1907)
ジャック・ロンドン(邦題『アメリカ浮浪記』『ジャック・ロンドン放浪記』)


ややこしい…。

707
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/31 16:37:22
ネタに返事ありがとう。
どちらも読んでみるよ。

708
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/31 18:41:32
そこは虎舞竜も入れてほしかった

709
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/31 19:01:56
俺も思った

710
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/07 22:37:14
Amazonで『短篇コレクション I』の予約が始まってますね。

以下目次。

【収録作品】
コルタサル 「南部高速道路」
パス 「波との生活」
マラマッド 「白痴が先」
ルルフォ 「タルパ」
張愛玲 「色、戒」
イドリース 「肉の家」
ディック 「小さな黒い箱」
アチェベ 「呪い卵」
金達寿 「朴達の裁判」
バース 「夜の海の旅」
バーセルミ 「ジョーカー最大の勝利」
モリスン 「レシタティフ──叙唱」
ブローティガン 「サン・フランシスコYMCA讃歌」
カナファーニー 「ラムレの証言」
マクラウド 「冬の犬」
カーヴァー 「ささやかだけれど、役にたつこと」
アトウッド 「ダンシング・ガールズ」
高行健 「母」
アル=サンマーン 「猫の首を刎ねる」
目取真俊 「面影と連れて」


個人的にはマラマッドとブローティガンが入っててビックリでした。
うれしいかも。

711
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/13 21:59:14
短篇集、もう書店に並んでたね。

712
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/13 22:19:32
アジェンデと残雪最高。

713
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/13 22:35:00
俺はキシュ&カルヴィーノだな
帯の装画の味も良い

714
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/14 07:58:32
目取真俊って沖縄の作家だっけか。
猫を袋に入れて溺死させる婆さんの話にげんなりした記憶があるが。

715
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/14 11:52:22
アル=サンマーン 「猫の首を刎ねる」

動物保護団体がアップを始めました
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
実況 ◆ テレビ朝日 48893 睾丸 (972)テレ朝実況
バイキングとグッディ★3 (716)フジ実況
実況 ◆ TBSテレビ 28290 (625)TBS実況
第99回全国高校野球選手権大会 第10日★209 (399)NHK実況
実況 ◆ TBSテレビ 28291 (203)TBS実況
ビビット 8/18(金) ★1 (984)TBS実況
羽鳥慎一モーニングショー★4 (518)テレ朝実況
連続テレビ小説 ひよっこ★253 (802)NHK実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【愛知】レゴランドが新たなキャンペーン、「1日パス購入で次回無料」 (889)ニュー速+
【芸能】ビッグダディが“AV男優デビュー”を発表 (492)音楽・芸能ニュース
【卑劣な人体実験】NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評…「同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元」★8 (533)ニュー速+
【米国】アップルCEO、社員に大統領批判メール (944)ニュー速+
【芸能】ウーマン村本「愛国心って言うなら愛するに足る国になれ」「国のために死を覚悟してる人がいることにゾッとした」★8 (287)音楽・芸能ニュース
【卑劣な人体実験】NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評…「同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元」★7 (1001)ニュー速+
【日テレ】24時間テレビ直前 女性スタッフが「飛び降り搬送」★2 (850)音楽・芸能ニュース
【北朝鮮ミサイル】Jアラートの緊急情報の送受信訓練、メール電文が文字化けして読めないなどのトラブル (152)ニュー速+
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (591)
【仲の良い】文学板雑談スレ237【塩対応】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (895)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
純文学5誌総合スレ第61巻目 (1034)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (185)
夏目漱石 八十四夜 (784)
西村賢太 21 (737)
町田康8 (952)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (886)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+2【120度】 (127)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (216)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (886)
タブーなし!ビートたけし「安倍政権メッタ斬り」 (73)
三島由紀夫Part54 (345)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
文学板でレイシズムについて議論しよう vol.4 (472)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
トマス・ピンチョン12 (926)
文学理論 10 (434)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: