板検索:
倉橋由美子 その2(452)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/06 07:39:00
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する
コメント1件


2
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/06 07:39:51
著書(ウィキペディアより)
『パルタイ』(文藝春秋新社/1960年8月)※明治大学学長賞、女流文学賞受賞、芥川賞候補
『婚約』(新潮社/1961年2月)
『人間のない神』(角川書店/1961年4月)
『暗い旅』(東都書房/1961年10月)
『聖少女』(新潮社/1965年9月)
『妖女のように』(冬樹社/1966年1月)
『蠍たち』(徳間書店/1968年10月)
『スミヤキストQの冒険』(講談社/1969年4月)
『暗い旅』(学芸書林/1969年12月)
『ヴァージニア』(新潮社/1970年3月)
『わたしのなかのかれへ』(講談社/1970年3月)※エッセイ
『悪い夏』(角川文庫/1970年5月)※文庫オリジナル
『人間のない神』(徳間書店/1971年3月)
『夢の浮橋』(中央公論社/1971年5月)※桂子さんの物語 4部作
『反悲劇』(河出書房新社/1971年6月)
『迷路の旅人』(講談社/1972年5月)※エッセイ
『アイオワ 静かなる日々』(新人物往来社/1973年11月)※写真集・写/熊谷冨裕
『迷宮』(文藝春秋/1977年4月)
『夢のなかの街』(新潮社文庫/1977年4月)※文庫オリジナル編集
『磁石のない旅』(講談社/1979年2月)※エッセイ

3
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/06 07:40:27
城の中の城』(新潮社/1980年11月)※桂子さんの物語 4部作
『大人のための残酷童話』(新潮社/1984年4月)
『倉橋由美子の怪奇掌編』(潮出版社/1985年2月)
『シュンポシオン』(福武書店/1985年11月)※桂子さんの物語 4部作
『最後から二番目の毒想』(講談社/1986年4月)※エッセイ
『アマノン国往還記』(新潮社/1986年8月)※泉鏡花文学賞受賞
『ポポイ』(福武書店/1987年9月)※桂子さんシリーズ
『交歓』(新潮社/1989年7月)※桂子さんの物語 4部作
『夢の通ひ路』(講談社/1989年11月)※桂子さんシリーズ
『幻想絵画館』(文藝春秋/1991年9月)※桂子さんシリーズ
『夢幻の宴』(講談社/1996年2月)※エッセイ+小説2篇
『毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選』(講談社文芸文庫/1999年7月)※エッセイ・文庫オリジナル編集
『あたりまえのこと』(朝日新聞社/2001年11月)※評論集
『よもつひらさか往還』(講談社/2002年3月)※桂子さんシリーズ
『パルタイ・紅葉狩り 倉橋由美子短篇小説集』(講談社文芸文庫/2002年11月)※文庫オリジナル編集
『老人のための残酷童話』(講談社/2003年10月)
『偏愛文学館』(講談社/2005年7月)※文芸評論
『大人のための怪奇掌篇』(宝島社/2006年2月)※倉橋由美子の怪奇掌編からタイトルを変更

全集
『倉橋由美子全作品』(全8巻)(新潮社/1975年−1976年)

4
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/06 07:41:09
訳書(ウィキペディアより)
『ぼくを探しに』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1977年)
『歩道の終るところ』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1979年)
『嵐が丘にかえる 第1部』(作 A・レストレンジ 三笠書房/1980年)
『嵐が丘にかえる 第2部』(作 A・レストレンジ 三笠書房/1980年)
『続 ぼくを探しに ビッグ・オ−との出会い』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1982年)
『屋根裏の明かり』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1984年)
『クリスマス・ラブ 七つの物語』(レオ・ブスカーリア/文 トム・ニューサム/絵 JICC出版局/1989年)
『サンタクロースがやってきた』(グランマ・モーゼズ/絵 クレメント・C・ムーア/文 JICC出版局/1992年)
『イクトミと大岩 アメリカ・インディアンの民話〈1〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局/1993年)
『イクトミと木いちご アメリカ・インディアンの民話〈2〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局/1993年)
『オオカミと羊』(作 アンドレ・ダ−ハン JICC出版局/1993年)
『イクトミとおどるカモ アメリカ・インディアンの民話〈3〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局1/994年)
『レオンのぼうし』(作 ピエ−ル・プラット JICC出版局/1994年)
『イクトミとしゃれこうべ アメリカ・インディアンの民話〈4〉』(作 ポ−ル・ゴブル 宝島社/1995年)
『ラブレター 返事のこない60通の手紙』(作 ジル・トル−マン/文 倉橋由美子・古屋美登里 共訳 宝島社/1995年)
『クロウチ−フ アメリカ・インディアンの民話〈5〉』(作 ポ−ル・ゴブル 宝島社 1995年)
『愛の殺人 オットー・ペンズラー・編』(『そのために女は殺される』作 シェル・シルヴァスタイン・倉橋由美子ほか訳 ハヤカワ・ミステリ文庫/1997年)
『人間になりかけたライオン』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1997/年)
『天に落ちる』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/2001年)
『新訳 星の王子さま』(作 アントア−ヌ・ド・サン・テグジュペリ 宝島社/2005年)

5
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/07 18:30:39
ABUCHI

6
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/07 18:33:41
復刊

7
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/10 20:02:32
おぉ、今頃2スレ目が。
何か復刊決まったの?

8
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/10 21:08:36
「パルタイ「貝の中」を読んだ

左翼活動を醒めた眼で見てる女のナルシズムという感じだけど、
なかなか読んで心地よかった

9
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/10 21:25:43
「あたりまえのこと」が「あたりまへのこと」でないのは納得ゆかぬ。

10
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/11 20:09:00
この人はナルシズムというよりはニヒリズムじゃない?

11
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/18 16:08:36
あげ

12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/18 17:22:14
ニヒリズムってのは大体つまらない。自分だけ一人分かっているようなふりして、他は馬鹿っていうことだからね。
コメント1件

13
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 02:02:51
保守

14
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 06:14:05
確かに「あたりまえのこと」から窺える
彼女の文学感からは、ニヒリストであるような印象を受ける。
そして、
私もニヒリストは
つまらない奴だと思うが彼女の作品は何故か好きである。

15
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 20:39:50
大概の「ニヒリスト」ってのは>12の言うように、
世の中を見下しているようなつまりはナルシストだけど、
この人の場合は客観視が徹底しているというか、
世間やら概念やらから距離を置いているからじゃないかな。
多分、ニヒルって本当はそういうもんだと思うし。

16
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 20:56:24
佐藤亜紀じゃとても代用にはならない訳ね。
コメント1件

17
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/20 21:29:40
ニヒルってだけじゃくくれないっていうか
小説というものをとおしてもう何か別世界的なものに
見てる部分もあったんじゃないか。
皮肉ったり批判したりするんじゃなくてもっと純粋な目で。
と一連のKLM小説を読んで思う。

18
通りすがりの966[sage]   投稿日:2007/01/21 01:39:37
倉橋由美子は、三島由紀夫氏が好んだらしい言いまわしを借りると、
「言葉の真の意味で」ニヒリストであった、と思います。

>1
スレ立てご苦労様です。

19
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/21 11:24:20
確かにギリシア神話とかモチーフにしている
桂子さんシリーズなんかは、ただのニヒリズムの産物とは思えないしね。
ニヒルと少女趣味と幻想的SF的浪漫趣味と児童文学……
なかなか懐の深い人だと思う。

20
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/01/21 23:34:55
ユーモアのある人でしたね。
少々毒のあり一癖もふた癖もありなユーモアでしたが…

21
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/01/23 12:51:53
>16
佐藤は日本古典の知識の無さを何とかしろといいたい。

22
通りすがりの966[sage]   投稿日:2007/01/24 00:05:34
「言葉の真の意味で」ニヒリストであれば、それはユーモリストであることと
矛盾しない。むしろ、非常にしっくりくるものなのである。

ニーチェがそうだった。
「ツァラツゥストラ」の「上機嫌」、「この人を見よ」の哄笑を思い出してみよう。

あるいは、シェイクスピアの笑い。吉田健一氏の「上機嫌」。カフカのユーモア。
他にもドストエフスキーの、また、ヘンリー・ミラーの等々、きりがない。

23
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/03 18:23:54
『暗い旅』『聖少女』『スミヤキストQの冒険』を数年ぶりに読み直した。

日本文学の奇跡。復刊しる!いや、私はもう持ってるからいいけどね。

24
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/04 11:25:20
スミヤキストって炭焼き主義ってこと?
ミスキャストのアナグラム?

25
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/04 22:12:42
カルボナリ

26
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/02/12 23:43:17
別に意味はないんでないの。
「アマノン」はアマ(女)のって意味があるみたいだけど。

27
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/13 01:26:53
カルボナリ(炭焼き党)からとってるよ

ニヒリストというか、自分で言ってたけど「階級主義者」が一番正しいと思う

28
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/02/14 20:47:05
英語でいうところのclassの問題だって
桂子さんがさんざんいっていたものね。

こじつけだけど、早くから格差社会(格差文化?)を
意識していた人なのかもしれない。

29
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/03/10 19:27:45
前スレにも書いたが、新潮文庫の『残酷童話』の島田雅彦の内容空疎な解説をなんとかしてほしい。
『怪奇掌編』の北杜夫の解説は本文にも負けない風格が感じさせられるのに。

30
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/15 21:53:44
倉橋さんと同じような読後感のある作家って、だれでしょう?

31
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/03/15 22:09:19
ウエルベック? なんとなく。 突き放したような冷静な分析(素粒子)が。

32
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/15 22:47:02
豊崎だとか千野だとか、どうでもいいような奴等の売名に利用されてる感じがする。。。。。。。。。。。。

33
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/16 21:20:25
ウエルベックですか、読んでみます。
ありがとうございました。

34
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/03/17 00:48:25
まあ全作品の解説読めば、参考にした作家の名前沢山載ってるから、それ見てもいいんじゃない?

35
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/17 16:55:42
立川直樹も倉橋ファン



36
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/27 21:25:30
この人の作品を実写版で
キャスティングすると
面白い。
未紀は昔なら加賀まりこ、今なら沢尻だな。
桂子さんは…誰か続けて呉

37
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/29 00:51:46
桂子さん:高橋恵子?
ちょと違うな。

38
吾輩は名無しである[>>37]   投稿日:2007/03/29 11:32:55
高橋惠子、悪くないけど
年代別(作品別?)に
桂子さんランキングを作るのもいいぜ。 けど、猪俣さん=劇団ひとり、李さん=インリンくらいしか思い浮かばんww最悪だな。

39
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/30 19:57:33
うーん、桂子さん難しい。。
鈴木京香
原田美枝子
貴乃花の嫁(名前忘れた。。。)
どう?

40
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/03/31 19:20:32
質問なのですが、この人の作品で、一般的なリアリズムの原則にわりと沿った長編ものはありますでしょうか?
「パルタイ」とか「死んだ眼」はすごく好きなので、この系列の長編があれば読んでみたいなと思いまして・・
といっても初期の短編と『スミヤキスト』と、あとはエッセイ位しか読んだことのない初心者ですが、
ご教示ねがえれば幸いです。
コメント2件

41
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/01 01:30:29
>40
初期の長編なら「暗い旅」「聖少女」あたりがおすすめです。いわゆる桂子さんシリーズも実に面白いけれど、好みが分かれそうですね。
コメント1件

42
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/01 01:42:52
一般的なリアリズムって何? 全然分からない…
パルタイとか、カフカ・カミュあたりの影響の強かった時期のものが読みたければ、
新潮の『パルタイ』に収録されてる短編…いや長編を御所望か。
そうしたら『夢の浮橋』が、桂子さんシリーズに入れるほど排他的な感触もしないし、
良いと思う。

43
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/01 19:03:29
>41-42
ありがとうございます。ぜひ当たってみます。
「一般的なリアリズムの原則」と言ったのは、
現実世界で起こっても(自然科学的ないし社会科学的に)おかしくないくらいの範囲内で物語が進行する、
という程度のごく雑駁な意味です。

44
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/03 21:35:24
うーん?それだったら初期のパルタイやらにしろ
桂子さんにしろ(むろん残酷童話にしろ)倉橋作品からは
遠いような……まぁ「城の中の城」なんかはまだありえる話かも。
コメント1件

45
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/03 21:57:17
大学新聞の懸賞小説に応募したのがデビュー作というから
大江健三郎と似ているような・…

その頃は大学新聞の程度が高かったのだろうか?
コメント1件

46
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/04 01:19:25
>44
パルタイとか死んだ眼とかは別に現実世界のルールやぶってないでしょ。

47
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/04 21:32:46
破ってはないけど、あれ読んで「これは一般的なリアリズムの原則破ってないな
(だから面白い)」とは感じないでしょ。そういう要素で楽しむ傾向じゃないってこと。
コメント1件

48
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/04 23:00:02
>40です。

>47
>「一般的なリアリズムの原則破ってないな(だから面白い)」とは感じない

いや、あくまで個人的な感想ですが、
この人の作品のなかでも、「パルタイ」などにみられる極度に鋭敏な感覚と低熱さ(それが好きなのですが)は、
ファンタジーやカフカ的不条理などの奇想に流れすぎるとちょっと後退するような気がするのです。
なので、「パルタイ」のようになるべく現実世界にとどまってるものを読んでみたかったということです
(「パルタイ」は文体においてはカミュ〔というか訳者の窪田啓作〕の影響が強いですが、内容はまったく不条理世界ではないですし)。
わかりにくかったようですみません。
コメント1件

49
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/04 23:01:13
まあパルタイとか初期の短編は、まだ現実世界が舞台と言えなくもないからね。
スミヤキストとかアマノンは完全に観念世界だもんなあ

50
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/05 00:38:05
>45
だろうな。
スミヤキストQの冒険はちゃんと時代背景と空気を映し込んだ作品

51
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/06 00:41:49
ブルバキやポントリャーギン読んでいる女子高生がいたら、マジで惚れてしまうかも。

52
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/06 11:44:44
この人の階級主義は、案外初期作品からその萌芽が見えていた。とくにDQNの描写は秀逸。笑える要素も盛り込んでるけど、読む側にある種のセンスがないと笑えない。だから?このスレ荒れてなくていいよねw

53
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/06 20:12:56
貴族的なところがずーっとあるよね。特にシュンポシオンとかもろにそれが出てる
雑人っていうのが品性のない人間のことなのかな

54
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/08 12:28:22
松浦寿輝が持ち上げてるけど、どう?

55
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/08 20:57:03
貴族趣味が性に合うんじゃないの?
コメント1件

56
長井[]   投稿日:2007/04/08 22:12:09
それにしても絶版が多すぎる。全集も早く出して欲しい

57
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/08 23:02:55
んでも、大抵の本は、図書館で読めるだけマシだとおもう。

58
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/09 03:34:04
>48
全作品の1の後書きで倉橋自身が書いてたが、あなたみたいな感想は当時も多かったらしい。
「パルタイ」でデビューしたが、どんどん怪奇譚とか寓意系の話に移行していってしまったので、
どうしちゃったのこの人、的な

59
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/09 16:45:03
ABUCHIの意味って誰かご存知ですか?高知の方言?

60
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/10 13:22:05
>55
優雅で典雅な文化っていうのは貴族趣味からしか生まれないことが分かってたんだろう。



余談だが、谷崎も『細雪』で亡命ロシア人に「社会主義に最後まで戦うのは日本であると信じています」
と発言させている。
谷崎は谷崎で、社会主義は貴族的文化の最大の敵だってことを認識してたんだろうな。
もちろん軍国主義もだが。

61
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/12 22:30:08
いいや。
そんなことたあない。
革命への運動の中にしか美も何も存在しないというべきである!
新しい存在の革命!!
ここにこそ芸術も成り立ちうるのである。
誤謬の宇宙史にNonを突きつける。
永久革命者の悲哀にこそこの世のものとは思えぬ美しさ・偉大さがある!!

62
健一[]   投稿日:2007/04/13 00:09:05
倉橋の自由自在な文章力はなにしろ凄い。

63
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/15 18:32:21
なにしろABUCHIが解んねェ。
ググッたら高知市に実在した風変わりな人物らしいって事だけ判明。

64
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/20 17:31:41
なんか夏の海すきだよね。
よくそういうイメージが出てくる。

65
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/21 23:30:21
森鴎外はお茶である。
みたいなこと書いていたエッセーを読んだ覚えがあるんですが、
どの単行本に収録されているかご存知ではないですか?


66
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/21 23:55:01
『最後から二番目の毒想』

67
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/21 23:58:47
ありがとうございます。
図書館で見てみます。

68
名無し募集中。。。[]   投稿日:2007/04/22 00:45:50
DARABUCHIなら金沢弁でバカタレの意味なんですがね

69
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/22 22:49:58
ABUCHI確認しようと思ったら今度は「夢の中の街」が見つかんねェ。
コメント1件

70
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/04/23 00:18:06
講談社のパルタイに入ってる

71
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/24 23:07:20
いや、高校ん時に古本で買った文庫が見つかんねェ。

・・・パルタイは有るけど買い直します。

72
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/25 23:58:58
age

73
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/27 22:29:45
しかし過疎スレ…
いいんだけどさ。
倉橋さんスレは、いっそ
18世紀サロン風に、
いや革命派が大激怒か。

74
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/27 23:59:30
倉橋さんの作品はエッセイ以外のモノは大概読んでると思うのですが、
あの人の音楽の趣味ってどんなだったんでしょうね?
バッハなんかと、もっと前はモンクなどの前衛ジャズ?
現音もかなり漁ってそうな匂いはありますが・・・。

倉橋ファンの音楽嗜好も同時に気になります。
私自身はアヴァン/チェンバー・ロックと一部(ほんの一部)の現音、
バルトーク、ストラビンスキーなどの一部の近クラ。

ジャズはどの流派聴いても殆ど良さがわかりません・・・w

75
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/28 23:11:48
>>74
バッハはジャズにもなりますから、さもありなん。
ただし倉橋さん自身は
鍵盤楽器の事を
それほどわかって
いなかったような気がしますが。

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/28 23:59:58
一番好きだったのはラベルのボレロらしいです

77
74[]   投稿日:2007/04/29 17:47:59
バッハがジャズに・・・?
バロック周辺は特に疎いからなぁ。
ラヴェル・プロコフィエフなんかまでだとなんとかいけそうですが。

桂子さんシリーズなんか読むとかなり鍵盤その他には含蓄があったのかな、と
想像してましたが、やはりそう単純では無いでしょうね。

読んでる作家から音楽嗜好を探る、というのは最近興味を持ったのですが、
やはり倉橋ファンはジャズ・クラのリスナーと被ってる場合が多いのかな?

78
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/04/29 22:55:02
倉橋さん世代では、ジャズとフランス文学は
リンクしていたようなところがある。現代はそうでもないと思うので、比較的若い倉橋さんの読者の音楽嗜好を調べるのは確かに面白いかも?クラはともかく、ロックファンはいるかしら?
コメント1件

79
74[]   投稿日:2007/04/30 22:25:19
>78
ジャック・ベロカル、ペーター・ブロッツマンなど前衛シーンとサルトル
なんて組み合わせはいかにも有りそうですね。

とりあえず私はロック聴くけど、所謂チェンバーロックのユニヴェル・ゼロや
アール・ゾイが一般にロックと認識されるか不明です・・・。

日本のチェンバー(と言えるかどうか微妙だけど)グループにハッピー・
ファミリーってのが居て、「パルタイ」というタイトルの曲を演奏してます。
只、倉橋作品との関連は探ってみたけど不明でした。
因みにH・ファミリーは全曲インスト。

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/01 00:49:27
音楽嗜好といえば、
入江さんに語らせている
音楽観がそのまま
倉橋さんのそれなんだろうな。しかし桂子さんと違い、御本人はフランス料理には偏見を抱いていると
ある雑誌に書いていた。

81
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/01 22:07:34
俺もやっぱりジャズが好きだな。あとクラシック。

ところで『夢の浮橋』で、主人公はオースティン研究してた(卒論で)けど、
これも本人の趣味だよな。自分は仏文でサルトルだったのに、
どのあたりから英文学(ウォーとかオースティン、チェスタトンも入ってたっけ?)
に関心でてきたのかな?

82
吾輩は名無しである[sage ]   投稿日:2007/05/02 00:23:20
ウォーなんかは吉田健一を通じて読むようになったのかな。
後のほうでは、カミュもサルトルもほとんど関心が無くなった、と
いうようなことを書いていた。

83
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/02 09:44:52
というか、『夢の浮橋』では仏文の連中は人間扱いされて無い...

84
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/02 11:31:32
フランス文学は健康に悪いという結論に達した
のでしょう。
彼女は土佐の田舎で育った知識階級?のお嬢様だから生い立ち的には
フランスよりも英国の
女流作家に近い。青春期のフランスへの傾倒は、恥と愛おしさの入り混じった
思いでみていたような気がします。

85
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/02 11:34:35
佐藤亜紀が結構意識してそうだよね。
コメント1件

86
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/02 14:17:39
>85
自分もそう思う。
両者の文学の好みは似てるというか、佐藤が倉橋の影響を受けたようにみえる。

87
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/04 00:05:12
佐藤亜紀は、倉橋さんに
比べると泥臭い。
それはパッションの出し方であったり、あるいは
趣味の問題とも関係があると思います。

88
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/04 00:18:45
   ↑
♪なんと〜哀しい自演スレ〜〜あ〜ほ いほい♪

89
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/04 07:01:20
死んだんだって知らなかったな
70年代はスターだったけどな当時の長編新作待望度は三島なんかよりずっと上だったな
コメント2件

90
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/04 08:23:02
頭の良すぎる女は家庭の幸せを享受出来ないの法則

91
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/05 08:14:10
>89
あれは新左翼連中が勘違いしてただけじゃないの?

92
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/05 21:14:41
>89
拡張性心筋症は最終的に心臓移植しか手立てがない難病。
アメリカまで移植手術に行く人もいる。費用が一億円はかかるので
広く募金を募ってなんとか実現にこぎつけるんだが…

倉橋氏は闘病記などを残したのかどうか

コメント1件

93
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/05 22:11:16
>85-87
臭いバーサン自演売名w なんちゅうアホか

94
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/05 22:30:19
倉橋由美子をデビュー時に激賞したのは
晩年の室生犀星(当時71歳)。
曰く「あんな文章めったな才能じゃ書けるもんではない。
あれは20年か30年に一人という天才だ」……すごいな。

明大新聞が公募した懸賞小説に『パルタイ』が入選、
東大新聞から出発した大江と同様、大学在学中のデビューで、以来
独自の世界を紡ぎ出したのはよく知られるところ。、
広く深い知識に裏打ちされ確かな批評精神も高く評価されている。

人柄は、その作風とは異なり、土佐の女らしいおおらかさだった

95
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/05 22:36:59
>92
彼女は闘病記のたぐいのものは軽蔑してたから、書いていないと思うし、万一書いてたとしても公開しないと思うよ。

『夜、その過去と現在』というエッセイ(『夢幻の宴』または文芸文庫『毒薬としての文学』所収)の中にそれらしき記述があるのみ。

96
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/05 22:44:24
この人の文庫ほとんど絶版じゃん

97
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 09:56:36
全集もなぜ出さないのか分からない

98
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 11:41:23
商売にならないからでしょ。

99
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 11:55:34
フロイト全集が売れてるのか気になる
まあ研究機関で購入するんだろうけどそれ以外は??だよな
新潮が身銭切って出すくらいのことをする価値は少なくともある作家

100
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 12:19:48
言いたいことは判るが
個人全集なんかほとんど全部赤字だと思われ

101
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 13:51:17
比較的売れてるのは誰だろ?
太宰とか谷崎、澁澤? あとはカルト幻想文学は売れてそう
小栗とか

102
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 16:04:48
小説なんて読み捨てでいいんだよ
漫画と同じ
全集なんて馬鹿じゃないの

103
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 16:15:58
馬鹿じゃないの

104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 17:15:25
あきらかに倉橋より売れないだろう作家の全集が出てるのに。

105
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 18:15:42
個人全集は、とりあえず誰だって買うだろ。
特に文学に興味はない俺ですら、出るのは全部買ってるくらいだしな。



コメント1件

106
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 18:21:02
ポポイとか海外でも評価されそうな傑作なのに日本では絶版

107
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 18:23:31
>105
全集高いよ(´・ω・`)
もっと文庫充実させて欲しい

108
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 18:26:44
むしろザ・シリーズで出してください

109
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 18:29:16
そうだね。全集無理なら文庫からでもいい。ただヤフオクで高価格で全集や絶版本やりとりされてるから固定ファン根強いんだけどな。

110
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 18:32:58
全集出たとして、せいぜい一冊あたり7〜8千円くらいだろ?
全巻揃えても20万もしないんじゃね?

111
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 18:35:56
文庫は眼が辛いよ(´・ω・`)
もっと読みやすくして欲しい

112
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/06 18:50:52
ホント。細菌の文庫は字がばかでかすぎ。
束出して単価上げてるだけだろ。
昔の本とか読むと、ちょうどよい大きさだよな。


113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/06 21:25:12
少し庇っとくと、文庫の読み手がシャレにならん程高齢化しとるのよ

114
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/07 00:17:04
実際自分がヨボヨボになったときを考えると、文字小さいのを根絶しろとは
言わないまでも二種類出すくらいのフォローしていかないと、
出版やばいんじゃね、とは思う

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/07 11:43:12
倉橋の最高傑作はなんだろ?

116
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/07 12:17:21
娘二人

117
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/07 22:49:27
聖少女。
いややっぱり、
パルタイかなあ。

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 00:32:15
反悲劇は素晴らしい 個人的にはポポイが好きだけど

119
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 00:42:48
>69
いまごろ…
死後一年の特別展やったのは去年です!

120
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 00:43:16
聖少女とスミヤキストでFA!

うーん、やっぱり初期と後期でファンが分かれるのかね。

後期の作品はいまひとつワクワク感が…

121
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 00:52:19
後期の棺おけに片足突っ込んでるような作品も好き
今ごろは立派な鬼になってるかなぁ

122
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/08 01:13:27
夢の浮橋猛プッシュ

123
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 02:06:34
偏愛文学館も素晴らしい

124
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/08 22:52:30
幻想絵画館、再販しないかなあ

125
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/10 22:56:57
夢の浮橋、どういうわけか単行本2冊、文庫2冊ある。
古本屋で見つけると、つい手が出てしまうんですよね。
安いし。

126
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/12 14:39:01
その微妙に売れないミュージシャンのファソみたいな心理なんとかならんのか


まだ一冊も持ってなくて必死で探してた時の感覚が残ってっから
もう持っててもついつい「保護」して買っちまうんだよなw
コメント1件

127
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/12 16:06:46
全共闘を見下す桂子さんを見て、「細雪」の妙子が妹の彼氏を「粗野だ」って見下すのを思い出したな。

128
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/12 18:04:19
>126
>微妙に売れないミュージシャンのファソ

上手いこと言いますな。

129
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 14:05:56
倉橋、晩年本が売れなくなること話しながら泣いたらしい。意外だが。誰かが追悼で書いてた
コメント1件

130
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/13 14:07:16
サヨ学生が絶滅してパルタイあたりが売れなくなったとかそんなんじゃないの。

131
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/13 14:44:43
嘘だろ? そんなのどうでもいいじゃんかもう
パルタイ読んで左翼が喜ぶとも思えないし

132
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/05/13 14:50:06
実際、「夢の浮橋で幻滅した」って奴も多いらしいし。
コメント1件

133
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/13 21:08:31
小説は面白いもの。倉橋がよくエッセーとかで書いていた。読んで面白くなければ駄目。パルタイも桂子さんシリーズも残酷童話もアマノンも面白いもん。

134
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/14 03:42:13
>129
うっそーん。本当ならその文章読んでみたいな。

てか残酷童話出しといて売れないって泣いてたんじゃ日本は作家と作家志望の涙で沈没するぞw

私も夢の浮橋以前の方が好きだったなー。
コメント1件

135
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/14 10:20:30
現在文庫で倉橋読めるのは本当に僅か。過去にはベストセラーを出した小説家だが自分の本の未来を予言したんだろうな。偏愛文学館のアルゴールの城にて、の最後あたりにもそれについて少し言及されてます。

136
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/14 16:37:43
小説が売れないだけだろ
読者も馬鹿じゃあるまいし
時間がもったいない

137
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/14 23:41:07
いま馬鹿も沢山います。自分も含めてだけど。馬鹿が次々金出してセカチューみたいな本が大ヒットします。

138
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/16 23:51:57
倉橋の書評もっと読みたかったな。偏愛図書館は良いね
コメント1件

139
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/20 18:56:53
「ヴァージニア」はよかったな。

140
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/22 23:39:01
「ヴァージニア」のアメ女は実在モデル在り、なんだったっけ?

141
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/23 01:38:13
体験に基づいてますが、いわゆる私小説と違いますし、私小説批判にもなってます。

142
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/05/26 15:55:07
私小説であって、私小説でない、独特の作品だな。

143
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/06/06 02:24:43
倉橋の三島への傾倒ぶりだけは理解できない
コメント1件

144
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/06/06 09:38:05
反悲劇がよかったなあ。

145
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/06/13 13:33:34
>134
「売れない」ことというよりも「書けないこと」と「読まれなくなる」ことを嘆いていたと
書いてあったと記憶(いま探したが群像が見つからず)

もう数年も一行も書けていないし、私みたいな作家は忘れ去られてゆくだけだ云々と
電話で訴えたらしい。
筆者(当時若い批評家)ははじめての電話でそんなふうに言われて驚き、悲しくなった。
「倉橋由美子ほどの作家であれば、経済的な意味はさておき、文学的には恵まれた晩年
を過ごしてしかるべきではなかったか」とか。

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/06/16 23:24:46
予言通りに今文庫で読めるの数冊だ 屑みたいな本が売れて倉橋は絶版ばかり 哀しくなるなあ

147
名無し募集中。。。[]   投稿日:2007/06/20 19:47:57
>138
あれ良いね
和漢洋幅広く取り上げられてて

148
(o^v^o) ◇m0yPyqc5MQ []   投稿日:2007/06/20 20:09:44
>倉橋の三島への傾倒ぶりだけは理解できない

倉橋は三島にほれていたってことだよ。

149
(o^v^o) ◇m0yPyqc5MQ []   投稿日:2007/06/20 20:11:49
三島は禁欲として男色を書いた。
倉橋は近親相姦を書いた。

150
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/06/20 23:56:18
ポポイに三島が出てくるね

151
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/06/27 11:43:13
三島と吉田健一両方にはまるのがらしい気がする。
大抵はどちらか一方だと思うが...

152
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2007/07/02 16:56:31
>132
「夢の浮橋で幻滅した」

理由が知りたいな。

153
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/02 19:38:08
ゆみこたんの美少女時代の画像きぼんぬ
コメント1件

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/07/02 22:18:51
>143
三島と倉橋の共通点。「私」の特異性。

155
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/03 12:23:03

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/03 12:50:00
宇多田と中井美穂を掛け合わせて糞田舎で培養したって感じ

157
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/03 16:54:41
>155
一枚目はどう見ても別人。
パルタイ発表当時も晩年と大して顔立ちに変わりは無い。
二枚目は海外版聖少女たしか台湾か香港で出版された物。

158
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/15 18:32:43
『交歓』文庫の古本で購入した。



なぜこれが絶版のままなのだろう...
「純文学:貧乏臭い」の呪縛はまだ生きてるのか?

159
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/18 11:45:42
「桂子さんの物語」、あと数作は書いて欲しかったよ。
宇治十帖みたいに「桂子さんの死後の物語」(近未来ものになるけど)とかも。

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/07/30 08:41:22
まあ最新テクノロジーがらみの記述は今となってはかえって古臭さを感じさせるばかりなのだが...

161
降松 桜[sage]   投稿日:2007/08/04 18:01:06
亡くなられた方に捧げます。

http://www2.ocn.ne.jp/~kude
コメント1件

162
降松 桜[]   投稿日:2007/08/16 19:55:14
これは、わたくしが30年前に試作した、倉橋もどきの掌編集です。
ほかに、石川淳、島尾敏雄、松尾芭蕉などの影響を受けています。
一点を除いてすべて旧字旧かなです。

163
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/08/17 22:37:35
乙 >161
ひととほり読んではみたのだが似て非なるものといふしかないといふことで。

164
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/19 07:06:51
スミヤキストQの冒険は品切れなんだね。
寂しい。

165
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/08/19 10:30:31
最近倉橋由美子の作品を読んで
パルタイと貝のなかが凄く気に入ったので
絶版になった作品は復刊して欲しいです

166
たかあき[]   投稿日:2007/08/22 10:06:15
誰かも書いていたが聖少女に倉橋以降の作家の中身がつまっている ばななや春樹など 当時はかなりセンセーショナルだったのだろうなあ
コメント1件

167
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/22 22:58:58
>166
もうすこし
分かりやすく
書いてもらえませんか?

168
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/24 12:24:15
「日本に上流階級など存在しない」という吉田健一と、
「上流階級が存在する」ことにしていた三島両方に傾倒してたのも
不思議といえば不思議。
『交歓』の「上流階級誕生プロジェクト」は両者の溝を埋めようとしていたのだろうか?

169
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/29 20:03:03
倉橋は、
上流階級は存在する
てか、上流人種は存在する
という立場だったよね?

コメント1件

170
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/08/29 21:01:35
このおばさん、一人称のは認めないとかいって
自分が書いてんじゃん

171
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/08/30 12:22:30
>169
「人種」(或いは魂レベルでの問題)として存在はしても
現実の日本を支配しているわけでは無いって感じか。
それなら吉田と三島両方の中間ってことになるな。

172
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/14 11:20:02
いわゆる「文壇人」が嫌いだったのは分かるけど、
中村真一郎とか丸谷才一みたいな「古典快楽主義者」まで避けてたのは理解できない。
丸谷はアンチ三島だから分からないこともないけど、中村は交流があったんだし。
正直、この二者の「知識人小説」は倉橋の桂子さんシリーズにも通じると思う。



まあまた誰かに「頭が固い」とか言われそうだな...
コメント1件

173
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/14 11:24:11
『ヴァージニア』には「多くの人との関係を切りはらって独りになること」が自分の根源的な欲求って書いてあるね。
自分でも反省的に述べてたようにこれは「私小説」(小説とも言いがたいので括弧でくくるが)的性格を帯びてるので、
そのまま当てはめてもそんなに問題が無いと思う。
中村とか丸谷とかあたりまで避けてたのは要するにこういうことなんじゃないかな?

174
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/14 11:56:18
分からんこともないが、桂子さんシリーズなんて「サロン小説」以外の何物でもないぞ。



ちなみに丸谷は倉橋について多少言及してるとか。

175
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/20 12:15:42
山崎正和が「人間は内面に孤独を抱えているからこそ「社交」するのだ」って主張してるけど、
たぶん、「孤独」と「社交」、両方への願望が極端に強い人だったんだろうな。
まあわかったような事を書いて申し訳ないが...

176
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/28 12:09:31
桂子さん四部作が『夢の浮橋』だけ中公文庫なのは何故?
谷崎の方の作品も今度出るし、紛らわしくなりそう。
コメント1件

177
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/09/30 01:07:56
中公は神童大谷崎を抱えて上手いことやってるよなぁ…

178
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/04 12:50:53
細雪も早く新版を出して欲しいよ。
まあまる一冊のあれがなかなか売れないという事情もあるのかもしれないけど。



シュンポシオンの聡子さんが細雪を中学辺りから愛読してたってあったし、
倉橋も好きなんだろうな。

179
かつ[]   投稿日:2007/10/04 21:57:01
倉橋は日本の長編なら細雪、楡家の人びと、我輩は猫を勧めていた。

180
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/16 16:56:32
我輩は猫はやはりトリストラム・シャンディつながりか?

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/16 23:59:20
吾輩です。

182
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/26 21:32:08
>176
『海』に連載したから。

183
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/30 08:10:01
なるほど。

184
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/10/30 09:54:58
向井敏とは交流があったの?
向井が逝ったときかなり惜しんでたらしいし。

185
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/11/12 18:17:28
>172
なにを不思議がることあるか!倉橋ほどの作家が丸谷なんかのいかがわしさ
に気付かぬはずがあろかいな。おいらは、倉橋は内心軽蔑していたと思っと
りまつぅ。

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/13 12:42:16
まあ丸谷は名だたるアンチ三島だからな...

187
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/11/13 13:05:18
ちなみに向井敏は丸谷・倉橋とも評価していた。

188
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/06 18:47:44
絶版になってる作品ってどれですか?

189
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/07 00:13:50
そんなの、アマゾンで調べろよ。。。

190
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/08 13:17:50
登場人物が多かったり、会話が凝ってるのが多いのもオースティンの影響?

191
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/16 17:59:53
こんなこと言ったら早速反撃されそうなんだけど、後期倉橋は登場人物がかつての上流階級ばっかりで正直共感しにくい。
現代の金持ちってあんなんじゃないでしょ。もっと忙しいはず。
なんかすごい昔の小説を読んでるみたい。

普遍性という意味では前期の方が上かなーっと。

192
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/17 12:28:33
あれは主人公が「神々」だから、どれだけ現実離れしていても仕方ないよ...

193
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/17 18:08:13
『葬儀の日』松浦理英子は倉橋の模倣の一つ。
『親指Pの修業時代』もそうですね…

194
大江健三郎が2chを工作しようとしている。[]   投稿日:2007/12/20 07:16:22
倉橋って前だれかが美人だったと言っていたけれど
どう考えてもブスだよね?

195
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/22 15:14:07

196
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/23 13:22:20
文庫の写真しか知らないけど、日本的な美人ともおかめともとれる顔なんでしょう。

197
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/23 16:30:44
三島や澁澤みたいな暗黒エログロ系が好きな一方で
それとは全く正反対のオースティンも好きだったりする。
この一見正反対に思える嗜好を一緒に出来るのは何なんだろうな。
コメント1件

198
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/23 17:24:25
三島由紀夫や澁澤龍彦だって一面でかなり古典主義的だったが。

199
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/24 23:42:34
>197
私小説が嫌い

200
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/25 22:51:27
高校生のとき幻想絵画館を読んだのだけど交歓場面にドキドキした。
現実から非現実にトリップしていく感じが好きで読んでいて愉しい。
文章なのか登場人物の性質なのか全体から瑞々しい感じ?透明感?がある印象を受ける。
そういうところが好き。久々に読みに図書館行こうかな・・。

201
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2007/12/28 00:11:13
聖少女が来月復刊するってさ
コメント1件

202
197[sage]   投稿日:2007/12/29 16:33:48
ダーシーはツンデレだし、ナイトリー→エマは一種の妹萌えだから、
ある意味では三島よりも濃厚なのかもしれないけどね...

203
吾輩は名無しである[]   投稿日:2007/12/30 21:06:07
助平な顔してるね
勃起しました

204
【大吉】 【1352円】 []   投稿日:2008/01/01 18:00:06
今年こそ、全集が出ますように。

205
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/02 19:50:50
>201
どこ情報?
コメント1件

206
!omikuji!dama[]   投稿日:2008/01/02 21:00:22
どこ情報でもなく、
これほどの作家ならいつか全集が出るんじゃないか、
という野生の勘。

207
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 00:13:27
>205
先月復刊した小島信夫「アメリカンスクール」の帯に書いてあった
コメント1件

208
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/03 12:55:21
・・・倉橋由美子って成績がクラスで3・4番の子が読んでたのよ、1・2番の子は読まないの(笑) by金井美恵子

209
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 17:54:24
>207
マジか
ありがとう

210
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 18:35:45
自分が買ったのには書いてなかったが・・・


211
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/03 18:47:01
ガセか?

212
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 18:57:35
帯が2種類ある。新刊帯と二度読む本の帯
後者に書いてあった

213
210[sage]   投稿日:2008/01/03 19:21:55
いや、人生で二度読む本の帯だけど書いてないよ

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 19:44:44
じゃあいいや、ガセってことにしといてくれ
どうせそのうち分かるだろ

215
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/03 19:50:56
http://d.hatena.ne.jp/YokoiMoppo/20071228

ぐぐったらここにあった

216
214[sage]   投稿日:2008/01/03 20:02:51
ごめん、言い捨てといて申し訳ないんだけど大人の時間の帯だった
こういうやつね
http://www.shinchosha.co.jp/bunko/otona/gifs/images/top_img_01.jpg

217
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/05 09:00:33
他の文庫も復刊されないかな

218
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/05 15:22:18
とりあえず、古本で一通り揃えた。
もう倉橋の時代は来ないだろううな orz

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/07 12:35:27
全八巻の全作品?
それとも文庫か単行本?

220
218[sage]   投稿日:2008/01/07 23:43:41
全作品は古本。
単行本は古本と、最近のものは新本。
文庫も古本と、最近のものは新本。
文庫の一部(単行本のあるもの。ポポイとか)は持ってない。

古本屋で見かけると、状態が良かくて値段が安いと、持っていても買ってしまうことがある。夢の浮橋の単行本は2冊。文庫にいくつかダブリ。

221
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/08 10:57:05
全作品持ってるのか、いーなー
でもあれスミヤキスト載ってないんだよな なんでだろ・・・

222
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/01/08 16:51:55
全作品、普通に古本で買えるんじゃないの。
http://search.newgenji.co.jp/sgenji/01001201/

223
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/10 12:39:17
全作品、20年くらい前に古本屋でそろいで1万5千円で買った。

そういや早稲田の古本屋で探していたときに「倉橋由美子の全集ありませんか」
て聞いたら店のオヤジが「少女漫画は置いてないよ!」て返したの思い出した。

224
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 19:11:01
『スミヤキストQ』は講談社アンケートで復刊希望多かったので
2月頃復刊ですと。
『聖少女』の新潮文庫復刊も同時期かな?

225
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 19:21:36
聖少女は今月

226
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/13 19:30:59
今月の割には告知ないよね?
発売日いつだろ

227
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/28 20:05:49
tp://www.shinchosha.co.jp/book/111309/

これかな?

228
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/01/28 23:31:03
解説があれですねぇ(笑)

229
たける[]   投稿日:2008/01/29 09:25:26
祝 聖少女 復刊

230
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/29 09:48:39
表紙…前のがよかった

231
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/30 16:31:56
帯や装丁がきっかけでもいいから、
倉橋由美子という作家を知ってもらえたらいいな。

232
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/31 19:42:08
今回の直木賞やつ、倉橋の聖少女を下敷きにしたって
新聞でインタビュー答えてたな。
どんな波でも良いよ。
出版業界厳しいだろうけど、新しい形で全集復刊してほしい、な。

233
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/01/31 23:39:44
それはどこの新聞ですか?
コメント1件

234
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/01 14:33:40
そういえば芥川の方のかたは
倉橋由美子追悼の記事(ブログ)を書いていた

235
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/02 04:14:49
>233
朝日

236
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/02 07:04:52
倉橋ブームくるかも

237
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/04 08:40:49
>235

メルシ!

238
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/06 21:00:19
未紀タン萌え

239
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 06:33:49
スミヤキストQが買えるようになってるぞい

240
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/11 10:47:40
聖少女の新潮文庫、字が大きくなって読みやすくなってよかった。
最近トシのせいで、小さい字が読みづらくなっていたんだ。

んでも、あの解説はいかがなモンかと思った。
なんかつまんなかった。

241
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/02/11 11:35:52
残念ですがあの作家に倉橋さんを語る資格はありません(笑)
おそらく少女小説を書いていると言う事で抜擢されたんでしょうが、少女小説と言ってもピンからキリまでありますよ(笑)

242
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/11 14:24:54
なるほど。

あの人を選んだ新潮社も、人を見る目が無くなっているということか。
暗澹たる気持ちになった。

243
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 17:02:14
残酷童話の島田雅彦といい勝負だな...

244
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/11 17:15:08
みち友こんなとこで何してんの?w

245
たかあき[]   投稿日:2008/02/17 22:34:32
怪奇掌編、ポポイも文庫復刊しないかな

246
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/02/29 20:29:15
「あの作家」とか「あの人」とか陰険な感じだが桜庭一樹のことね

247
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/02/29 21:11:43
「日本三大少女小説」には異論のある人もいるのではないかな〜?
ていうか個人的にありますw
尾崎翠のように再発見されていい人がまだまだいるはず。
コメント1件

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/03 09:45:02
聖少女の人気が矢鱈高いが、俺なんかはよく解らん。

城の中の城が一番笑ったな。
アレは凄い。

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/06 13:51:44
未紀すごい大人っぽい
私と同い年なんて嘘みたい

私の中ではなぜか川上未映子で映像化されています
コメント1件

250
売国[]   投稿日:2008/03/06 17:47:33
パチンコスレで遠隔、ホルコン、サクラ、マネーロンダリングなどについて書き込むと渋谷マルハン社員やマルハンに依頼された
ネット工作会社がスレ荒らしをしてスレが機能停止します。
↓↓工作員の荒らしのやり方↓↓
2008/01/10(木)ID:iA54n BU50
■■■■マルハン総合スレッド 9■■■■別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→87021165/783-784
【宮崎県都城市】パチ事情その∧魅好譽奪匹悗離螢鵐(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→87189246/658-659
【山と川】宮崎県児湯付近PART1【自然イパーイ】別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→88235164/471-472
【基地外が大暴れ4】エスパス日拓総合スレ【18発目】別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→88885488/401-410
2008/01/13(日)ID:1HLcWz UK0
【基地外が大暴れ4】エスパス日拓総合スレ【18発目】別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→88885488/461-462
■■■■マルハン総合スレッド 9■■■■別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→87021165/809-810
【香川】パーラーグランドのスレ2【徳島】別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→88315438/324
【延岡】宮崎県北情報PART3【日向】別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→96865970/186

パチンコ産業は荒らすことでレスとレスの間を空けて読む気をなくさせたり
マネーロンダリング、さくら、ホルコン、遠隔、などの風評被害を最小限に抑えようとしてる。

新スレ→○○○マルハンパチンコタワー渋谷パート10○○○
★★★★★このスレの解説★★★★★を読んでみるとよく判る。
別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/パチンコ店情報板)←左右くっつけて→1304777/559
ネット工作員については→【電通TBS】ピットクルー(株)【プロ工作員】
別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/マスコミ板)←左右くっつけて→9187503/65
【朝鮮玉入】パチンコ廃止すれば内需増加【20兆円】
別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/経済板)-100
◎ハンの今後の目標は売り上げ5兆円、500店舗、上場すること。

251
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/07 13:17:39
>247

>尾崎翠のように再発見されていい人がまだまだいるはず。

って、誰よ?
幸いにも三つとも好きな作品だから、俺は桜庭の意見、好意的に受け止められたけどね。
『聖少女』をもっと広く読んでもらうためには、このぐらいの決めつけが必要だろう。
コメント2件

252
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/03/07 14:04:17
>249
おやおや、別に「大人っぽ」くある必要などないと思いますけれどもねぇ(笑)それはそれで大変でもあり、詰まらなくもあるのでは無いで消化ねぇ(笑)
>251
馬鹿に広く読まれても倉橋さんとしては嬉しくないのではないでしょうかねぇ(笑)

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/08 00:46:34

254
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/08 19:53:58
>251
内緒でっすw
そもそもが思い入れと思い込みだけで成り立ってる世界なんだから、そんな大上段からの決め付けには反発しちゃうぞ、と。
それだけです。

>『聖少女』をもっと広く読んでもらうため

なら、ご当人申告によるところの「最後の少女小説」がインパクト大でいいのでは?
ただ倉橋さん自身は、止めを刺す気もアンチ少女小説をぶち上げる気も更々なくて、失われゆくものへの郷愁を滲ませただけなのかも、だけどね。
ま、それならそれで、このジャンルが宿命的に背負ったテーマみたいなものだから、大事にはしません、個人的に(w)

255
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/09 12:44:09
倉橋ファンって選民意識をさらけ出すイタい人たちが多いね。

256
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/09 17:23:49
その煽りもどうで消化(笑)

257
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/13 01:34:42
誰にだって、独占欲は多かれ少なかれあるんです。

258
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/13 12:17:59
いま聖少女読んでる

ヴァージニア読みたくて古本屋探してるけど見つかんない
コメント1件


259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/13 12:56:41
じゃあ自慢してやる(笑
ってか、文庫本だとこれしか自分は持ってないが。
新潮文庫は1976年11月10日発行の6刷で、解説は高野斗志美。

260
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/13 23:44:51
う〜む。
どっちも実家には眠っているはずなのだが。

261
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/15 05:26:07
亡くなってどれ位経つ?
あの人が老境になって書くものも楽しみにしていたのに。
でも、早めに亡くなって、やっぱり・・という気もしたが。

262
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/15 12:27:31
>258
ネットで古本屋探してみな。一杯あるぞ。スーパー源氏とか。

263
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/18 10:26:06
2005年6月10日没。
もうじき3年経ちますね。

264
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/18 21:10:42
倉橋由美子さん死んだのか
茫々たるもんだな

265
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/19 15:03:28
田中絵美利・川島みどり編『倉橋由美子』〈人物書誌大系〉、日外アソシエーツ発行・紀伊國屋書店発売、2008年3月[18日頃?]刊行予定。 ISBN: 9784816920998 < http://www.nichigai.co.jp/newhp/new_book/4.html >.

「作家・倉橋由美子(1935〜2005)の著作と研究文献を収録した本格的個人書誌。
1960年の鮮烈なデビュー以来、幅広い作風と批判精神で、
戦後文学史において独自の位置を占めた倉橋由美子の全著作・翻訳・座談会・
インタビューと、書評・作品研究・作家論・新聞記事を網羅」(版元)。

266
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/20 03:19:59
高いなあ
だれか買ったらレポートよろしく

267
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/23 01:35:56
「ヴァージニア」読んだけど面白かったな。
一見、私小説に見えるような小説も書いていたんだ、と意外だった。

268
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 17:16:35
慧君萌えが通りますよ

以前全集で読んだ記憶のみがあり、
現在どの単行本に収録されているのか、また題名さえも不明だが、
倉橋由美子タンが昔書いた【お手伝いさんはアンドロイド】系話は
大変良かったです。
倉橋由美子タン、今読んでも全然古くない。寧ろ新しい。
やっと時代が追い付いてる感じ。
芸術って、やっぱ千歩先を歩いてますねw

269
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 17:26:29
いかにもな現代風人形彫刻が造れる 舟越桂 とか。
普通のおやじなのに、どこからそんな感性が?みたいな。

物を造り出す人には、底知れぬ何かがあるなって言う・・・
連投スマソ

270
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 19:23:36
>268
「合成美女」です。全集の3巻に入っています。
コメント1件

271
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 21:42:30
>270
おおっ〜〜!
ずっと何と言う題名か長年に渡り気になっていたので
(先程もググッてみたのですが解らずじまいでした)
お教えに感謝致します。VERYクス!!

272
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/02 12:46:55
出版社は
桂子さんシリーズをまとめて単行本化し、発刊する気はないのでしょうか?

273
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/02 22:51:54
それって中途半端じゃない?
どうせなら全集がいいな…

でも全集もなー 出るとしたら新仮名かなあ?
個人的には歴史カナの方が雰囲気あって好きなんだけど
やっぱ無理だよね

274
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/03 15:16:46
どのあたりから旧かな使ってるの?

275
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/03 20:19:45
近くの古本屋に「反悲劇」の文庫があったのですが、これは買いでしょうか

276
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/04 21:42:27
買う必要はありません。立ち読みを奨めます。

277
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 14:51:21
愛称はユーミン。

278
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/19 09:14:03
実写は糞、という漫画の典型

279
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/19 09:14:52
ごめん、誤爆です

280
たなか[]   投稿日:2008/04/20 12:11:44
反悲劇最高です ぜひ読んでくださいね

281
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/20 19:57:26
立ち読みで

282
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/21 11:04:04
買わずの立ち読みって醜いよな

283
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/22 15:49:45
桂子さんシリーズに出てくる人たちは立ち読みしません!

284
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/24 10:14:24
上げて隠岐ま消化ねぇ(笑)

285
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/25 13:36:30
新刊書店ならともかく古書店での立ち読みは難しい。

286
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/23 21:11:00
全集、出ないですかねえ

287
(o`.´o)[sage]   投稿日:2008/05/23 22:29:49
出ないで性根、売れません殻ねぇ〜(笑)

288
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/03 00:09:16
『倉橋由美子』 復刊特集ページ
http://www.fukkan.com/fk/GroupList?gno=1314

高い本が多いですねえ。

289
( ̄ω ̄)獲らぬ狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2008/06/03 01:47:02
いやはや(笑)
売れるばかりが脳でもありませんよ(笑)

290
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/04 21:52:41
「夢の浮橋」を単行本、文庫それぞれ2冊ずつ持っている。
特に旅先の古本屋で見かけると、つい買ってしまうんですよね。

291
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/09 18:28:43
せめて、美人だったらねぇ。

292
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/09 22:07:49
河野多恵子よりは美人だろ!!!

293
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/09 22:44:50
しかし富岡多恵子と較べると・・・・

294
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/10 23:42:21
桂子さんってどんなイメージですか?
私は倉橋由美子さん本人の顔が浮かびます。


295
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/12 01:33:18
それはないw

もっと美人というか 凛としつつ妖艶な感じの…

と思ったけど、でも
倉橋由美子本人の亡霊みたいなのは見える。
桂子という着ぐるみを着た倉橋由美子 みたいな

296
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/16 23:20:55
桂子さんと耕一くんが連れ立って歩くと
思わず振り返りたくなるほどの美男美女なんでしょ。

でも具体的な美貌の描写はほとんど無い。
どこにもいない女、それが桂子さん。

297
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/17 13:05:01
自分はあんまり桂子さん話は好きじゃないなあ。
若い頃のSFぽいのが好きだ。

298
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/04 23:05:46
7月17日発売

スイキョウタン
酔郷譚
倉橋 由美子 著
定価1,575円(本体1,500円)
ISBN 978-4-309-01874-4 ● Cコード 0093
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309018744

299
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/26 07:50:08
これが遺作になるのでしょうか?

300
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/27 10:25:00
『蟹工船』なら『スミヤキストQの冒険』のほうがよっぽどおもしろいわ。

301
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/28 23:18:02
遺作は『新訳 星の王子さま』らしいよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/倉橋由美子

302
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/30 17:14:35
「ポポイ」が来年オペラとして初演されるわ。
コメント1件

303
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/30 20:19:51
桜庭一樹の『私の男』って聖少女のパクリ?

304
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/31 09:52:02
「スミヤキストQの冒険」はロマンだよね。
ヒジカルな描写が多い。ユミコスってヒジカルな表現を形而上的イメジにもっていくのが上手いよね。個人的に副院長ってカッコい。
最後では冒険らしくスルリな場面もある。

マスメデの影響でか、「大人のための残酷童話」が有名だけど。
ユミコスの真髄は長編の物語で発揮してると思う。

305
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/31 09:53:32
倉橋氏のファン筆頭がトヨザキみたいになってるのってどう思う?

306
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/31 12:32:12
むしろ最近の若者には『パルタイ』を読んでほしいね。
スミヤキストQはやがてアマノン国に変化していく上での通過点。
よりSFチックになっていったのは個人的には残念。
スミヤキストQは砂の女と並べてもいい日本文学の傑作だと思う。

307
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/08/02 22:19:53
偏愛文学館買ったよ。
倉橋流文学ガイドって感じ?

308
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/02 23:21:46
アマノン国とスミヤキストはもはや記憶が混然一体となってしまって全く区別がつかないな。
というか殆ど思い出せない。
そろそろ読み直す時期かな。
「ああ、これは家畜人ヤプーと同系のお話だな」と思いつつ読んだのは果たしてどちらだったか…。

309
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/02 23:52:15
アマノンじゃないの>308

310
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/05 22:11:04
http://www.kawade.co.jp/np/news.html
河出の編集者もレベル低いな

311
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/06 12:00:38
2008.07.31 『酔郷譚』誤植のお詫びと訂正

(誤)彗(ルビ:すい)君がかたむける
(正)慧(ルビ:けい)君がかたむける


ひどいw

312
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/08/06 12:15:17
雑誌「文藝」の東直子のブックレビューにも
「彗君」(ルビ付き)になってるとか。

編集担当、何やってるわけ?

313
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/08/12 16:53:08
● 2008.08.12 ● 2008.08.12 『酔郷譚』誤植のお詫びと訂正
倉橋由美子著『酔郷譚』の帯において、誤りがございました。ここに深くお詫びいたしますとともに、訂正させて頂きます。
また、季刊誌『文藝』(2008年秋号)の『酔郷譚』書評におきましても、同様の誤植がございました。書評をご執筆いただきました東直子氏をはじめ、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。重ねてお詫び申し上げます。

(誤)彗(ルビ:すい)君
(正)慧(ルビ:けい)君

なお、単行本をご購入された方で、下記修正を施しました新しい帯をご希望の方は、お手数をお掛けいたしますが、小社(TEL.03-3404-1201または、Eメールアドレスinfo@kawade.co.jp)までご一報ください。新しい帯をお送りいたします。



314
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/03 01:07:35
とりあえず長篇一通り読んだけど、
やっぱ『聖少女』と『夢の浮橋』がすごいと思った。
『スミヤキスト』は「?」だったなぁ。

315
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/03 20:50:44
スミヤキストは1969年昭和44年か。
あの時代の空気を知っていないと、分かりにくいんじゃないかな。
69年に15才として、54年生まれだから、
いま53才以上くらいの高齢者になるね。

316
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/08 13:18:41
学生運動や浅間山荘に興味持ってれば若くてもわかるよ
そりゃ同時代の空気までは不可能だけどさ

317
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/08 14:38:42
全集出して欲しい

318
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/08 18:49:28
でてますが

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/09 02:32:08
1975,6年の全作品のこと?

320
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/09 10:48:00
全集絶版でしょう スミヤキ以降も入れて全集出して欲しい 暗い旅文庫出た!祝

321
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/09 20:08:00
祝! 暗い旅 復刻
全作品は今でも簡単に古本で入手可能。
てか、殆どの単行本は入手可能でしょう。

322
武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s []   投稿日:2008/09/09 23:05:30
スミヤキストなんたらを昔読んだら
後書きで「風刺小説じゃない」と倉橋は力説してたけど
風刺小説じゃん。
そう読まれるしか能はないよ
あれは。
でも倉橋って変に力んでるな。
つまんないくせに。

323
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/09 23:12:25
お前ババアだもんな。
コメント1件

324
武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s []   投稿日:2008/09/09 23:18:44
>323
お前よりか若いと思うよ私
昔ってのは子供の頃のことだよ
私はまだ若いもん
子供の頃に多読したからここで片っ端からレスできるわけさ
忙しい大人になって、こんなに読んでられねえよ

325
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/09 23:20:55
コテハンうぜ

326
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/10 09:07:24
ウザコテババア消えろよ

327
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/10 12:00:00
『スミヤキスト』読むと、
倉橋さんは本当に『魔の山』が好きなんだなぁ、と思う。

328
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/11 01:37:44
まったく馬鹿げた、教養主義の作家だよねえ。理詰めの売れない作家さん。

329
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/11 10:30:06
残酷童話はかなり売れたよ アホ作家が林立してる中に理詰めの作家いてもいいでしょう

330
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/11 14:21:05
コテ取ったのか
コメント1件

331
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/20 22:05:14
桂子さんシリーズ、シュンポシオン以外読んだんだけど、
シュンポシオンだけなかなか進まない…
他のはすごく読みやすかったのだけど、なんか読みにくい…
つまらない訳じゃないのだが。

コメント1件

332
武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s []   投稿日:2008/09/21 03:07:49
>330
人違いだ。私は名無しじゃ書かない。

333
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/15 09:09:41
>331
核戦争近未来物だからな...
コメント1件

334
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/16 12:20:01
自分331じゃないけど
>333の言葉でちょっと読む気になった

初めの方の海のシーンで読むの止まってたんだけど

335
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/24 21:30:04
KAWADE道の手帖 倉橋由美子
2005年に急逝した後も、今なお多くの読者に愛され続ける作家、倉橋由美子の全貌に迫る入門書。「聖少女」の原型となった単行本未収録作品「わたしの心はパパのもの」一挙掲載。対談:川上弘美×桜庭一樹等。

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68311051
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309740195

336
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/30 20:19:52
道の手帖、表紙キタ
http://www.kawade.co.jp/img/cover_l/74019.jpg

337
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/01 13:35:23
まさかのゆみこたん

338
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/01 22:22:06

339
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/11 03:52:22
有吉佐和子とどっちが作家として格上だろう?

340
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/11 22:27:10
倉橋に決まってる

341
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/15 00:22:10
有吉はあざとすぎて読むに耐えん。
てか、女流作家ということ以外は共通点がなさすぎて比較対象にならんな。

342
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/15 00:42:57
倉橋好きが倉橋好きに薦める作家って誰?

343
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/18 21:05:59
林真理子とかw

344
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/23 14:53:06
オースティンでしょう。
ただの婿取り物語で芸術的な長編数本書くなんてやっぱり天才。

345
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/23 19:48:41
桂子さんシリーズ以前が好き 
>342 安部公房

346
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/24 10:09:05
>342

エッセイなら吉田健一とか青木正児。


347
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/25 19:52:49
著者匿名だった「逆光の部屋」って倉橋由美子で確定なの?
コメント1件

348
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/25 21:22:51
>347
知らなかった
読んでみます

349
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/28 17:25:09
アルミン・ハリー書いたのが面白かったな
ローマの記録映画みてイマジネーションが湧いたらしいけど
ああいう男が好みなんだね
当時はテレビ中継もなかっただろうから
あれだけ見て一遍でっちあげるなんて大変な執心ぶりですよ

350
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/28 20:25:04
KAWADE道の手帖[倉橋由美子
2005年に急逝した後も、今なお多くの読者に愛され続ける作家、倉橋由美子の全貌に迫る入門書]

読んだよ。野崎歓が書いてたから読んだ。野崎も王子訳してるからその視点からの指摘がおもろかった。

351
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/15 22:36:13
>347
>逆光の部屋
読んでみた。
くだらないと思った。
本当に倉橋さんの作品なら、残念だ。

352
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/17 11:43:12
倉橋ファンなら、文章読んだだけでその人の作品かどうかくらいわかる。

353
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/17 23:26:31
逆行の部屋の作者が倉橋説、
おれは、違うと思ったが、
とりあえず、事実を知りたい。

354
334[sage]   投稿日:2008/12/22 12:53:32
シュンポシオン面白かった。
魔の山だったのね。

2010年に大震災とか核戦争(日ソではないだろうけど)って、ありそう。
コメント1件

355
334[sage]   投稿日:2008/12/22 15:18:03
>354 自レス訂正

×ソ連 ○ロシア

356
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/01/26 07:30:58
夢の浮橋猛プッシュ

357
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/29 02:07:10
KとかLとか出て来る頃の気取った小説が好きだったな。
『怪奇掌編』の短篇も感心したけど。

358
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/01/29 21:21:30
かんしーん♪

359
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/04 21:29:28
とにかく全集を出してほしい。
出すなら、ぜったいに旧かなで。
10万くらいまでなら買いたい。

360
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/13 04:14:18
全集は無理だろうな……
旧かななんて絶対不可能だろ。
文庫でもいいけど、新潮社がやる気ないだろうし。

361
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/27 00:39:18
ところで、今月の文学界は「特集 倉橋由美子」なのだが。

362
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/27 00:42:00
ナオコーラさんの写真しか載ってなかったけどな

363
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/04/12 21:01:52
文学界、買ったぞ!
お布施お布施

364
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/22 04:04:12
バージニアっていう表題の文庫にのっている3篇とも、
すごくよかった。
まじ天才ですね。倉橋さんは。
なかでも「長い夢路」というのは、とくに鬼気を感じさせるね。
ところで、倉橋由美子には歯科医の父親という設定がよくでてくるけど、
実際にお父さんは歯科医だったんだろね。たぶん。

365
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/23 04:17:57
そうだよ
そして倉橋由美子は歯科衛生士の学校へ行かされていた

366
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/05 03:41:53
暗い旅をよんだ。セックスの描写は若いときから凝っていますねw

「・・・それは灼けた円筒形の宇宙、無数の星の密集する円管の束だ、
あなたはそれを手に握り、背後に広がる重たい暗黒を操縦しはじめる、・・・」
コメント1件

367
名無し募集中。。。[]   投稿日:2009/05/24 20:17:17
>366
何やってんのかサッパリわからんwww

368
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/24 22:42:44
桂子さんシリーズ好き

369
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/29 03:17:06
「あたりまえのこと」で、倉橋が生理的に合わないといっていた、
ピエール・ガスカールを連想させる題名のベストセラーの児童文学って、
たぶん灰谷健次郎の「兎の眼」のことだろうね。

コメント1件

370
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/29 03:53:26
ジュネが好きな作家って多いよな

371
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/05 18:24:22
今、俺、聖少女読みはじめたよ

372
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/09 19:34:26
(・∀・)挫折しました

373
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/10 22:13:59
命日age

今「あたりまえのこと」を読み返してる。

374
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/11 14:14:40
絶版になった新潮文庫の一部が電子ブックでダウンロードできるのはありがたい
が、電子ブックは読みずらくてなかなか進まない。。。

375
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/12 18:17:41
そうずらね

376
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/23 02:16:27
スミヤキストQよんだ。
政治パロディーのかげで、意外と人肉食というテーマが書きたかったんかもな。
なまなましい描写が印象的。

377
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/29 20:41:30
>302
オペラは作品としてはともかくラスト主人公の周巡がアレだった。

378
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/07 00:54:58
この人の写真集も持ってたら捕まっちゃうの?
捨てられないよね
コメント1件

379
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/11 22:18:32
復刊きた
『蛇・愛の陰画』講談社文芸文庫  8月10日
『夢の浮橋』中公文庫 8月22日

380
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/11 22:48:34
全作品の、体の内蔵だして塩塗って日干しして…ての繰り返す話が面白かった。

381
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/12 14:18:33
永遠にレバーをついばまれる…

逆光の部屋の著者が倉橋さんかはわからないけど
汚物や虫ケラ(変態教師・リゾート先の少年)に対する目線は、それっぽいと思った。
あと吉田健一のファニーヒルのように
猥語や下卑た表現なしにポルノグラフィを書くとか、やりがいをもって試みそう。

382
sage[]   投稿日:2009/08/22 12:44:01
最近、復刊した「蛇・愛の陰画」の収録されてる作品って
全部、全作品に収録されている作品なの?



383
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/24 05:34:29
>378
それ倉橋のぞみじゃないのか。

384
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/29 21:07:52
レベッカ・ブラウンの「私たちがやったこと」読んで
倉橋さんと似てるって思った自分安直かな?

385
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/01 23:17:07
夢の浮橋の中公文庫の新刊、
amazon やBK1で、なぜか在庫無し
本屋の店先には沢山あるのに。。

386
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/01 23:40:54
「蠍たち」が読みたくて、やっと「悪い夏」角川文庫の古本を探し当てて買ったのに、
こないだ出た「蛇・愛の陰画」にあっさり収録されているという。。。

387
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/02 10:33:23
「全作品」買えばいいのに。古本屋探せばあるだろう。
あれには書き下ろしエッセイ「作品ノート」と自作年譜が付いてるぞ。
コメント1件

388
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/02 22:56:41
>387
できれば文庫が良かったんですよ。
それはともかく「全作品」はそろそろ買わなきゃと思ってます。

389
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/03 01:07:46
夢の浮橋がなぜか店頭にならばない。
アマゾンや楽天でも新品あつかっていないみたい。
なぜ?

390
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/05 14:37:01
>369
その同じ本の中で、書く技術が身についてない元女作家といういうのは瀬戸内晴海
だろう?おれはそう思っただけど

391
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/06 07:23:20
書く技術が身につけば作家になれるんなら
誰でも作家になれる罠

392
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/06 11:49:32
ジュンク堂池袋に22冊あるってよ。
ジュンク堂が買い占めていたのか。

夢の浮橋 改版
中公文庫
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0110376721

393
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/08 20:24:33
予約していたのに、
やっとアマゾンから
発送だ>浮橋

394
388[sage]   投稿日:2009/09/08 21:21:41
古本の通販で「全作品」揃い8000円で入手。
本の状態も良くて、買い物としては満足。

395
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/12 22:51:03
初めてこの作家の本を読みました
「聖少女」。
後味、描写の仕方、登場人物、すごく気に入ってしまって何度も断片的に読み返してしまいます
回想の台詞をカタカナにしたりするのは画期的だと思いました
同じように少女がテーマのものを読みたいのですが、オススメを教えてくださいますか?
または、似たような書き方をする作家を

396
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/12 23:23:36
桜庭一樹 コピーしてます
コメント1件

397
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/13 00:25:03
短編に少女モノがあった気がするけど思い出せない。
少女ではないけど、「聖少女」で倉橋を気に入ったのなら
「暗い旅」と「夢の浮橋」をとりあえず薦めてみる。

コメント1件

398
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/13 13:03:24
>396
復刊で解説書いていた人ですね

>397
有難うございます!
さっそく読んでみます
少女でなくてもあの作風ならすごく楽しみです

399
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/13 22:38:38
『蠍たち』もぜひ読んでみて。
初期の倉橋は、なかなか毒のある作風でいいです。

400
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/19 04:04:16
アマノン国よんだ。
おもしろかったけど、最後がなんかちょっと性急だった感じ。
エピローグはどう解釈したらいいんだろ。
全編が受精と出産のメタファーだったってことだろか。

401
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/21 10:41:30
私も最近アマノン国を読んだ。
エピローグをどう解釈すればいいのか、高校生の私には
分からなかった。皆さんは、どう解釈しているのですか?
スミヤキストQのような終わり方だったら、よかったのになぁ。


402
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/21 16:06:55

個人的にはスミヤキストのほうが好きだな。
筋が荒っぽくて展開が少々グロイけどw

403
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/09/21 16:07:55
おやはや(笑)解釈、ばかりも止められても仕方が無い、という面はありますけれどもねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

404
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/04 03:15:03
桜庭一樹以外に
現在、倉橋由美子みたいな作風な人いないのかなぁ(>_<)

405
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/06 01:36:40
桜庭なんかライトノベルじゃないか。
くだらん。

406
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/10 09:29:36
アマゾンのレビューでこんなことが。
「森茉莉、金井美恵子、松浦理英子、川上弘美、小川洋子、桜庭一樹といった作家が好きな方は、まず倉橋由美子を読むべきでしょう。 」

私は同意できないんだが。。

407
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/20 04:55:40
高橋たか子の『誘惑者』を読んだとき、作風が似てると思った。

408
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/25 00:33:07
初期の高橋たか子の『空の果てまで』とか『骨の城』とか、
倉橋と並んで好きだったな。
ただし、カトリックに入信してからは無関心になった。
体制や男性社会に向ける女の悪意を描いたという点で、
高橋と倉橋、似たところがあるかもしれません。

409
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/01 02:11:21
蠍たちって、なんか別の作品にも似た設定のなかったっけ。

410
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/04 20:30:23
見事に過疎っているね。
最近再読しているが、やはり初期の作品が好きだな。大人になってしまう前の。
後期も好きな作品はあるけど、熱狂できない。
倉橋本人がもう熱がなくなったのか…

妖女のように、面白いなあ。

411
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/05 22:01:51
あげるつもりかい?

412
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/29 02:13:59
きょう夢の浮橋よんでいてきづいたんだけど、
中公文庫でいう50ページの真ん中へんの佐々木のせりふ
「一年次に二年留学して、今年で三年目になるんだよ」
っていうのは、
「留学」→「留年」の間違いでないかな。
それともこのあとに留学のエピソードがでてくるんだろか。

413
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/29 02:25:34
♪股が割れるのよォ〜 ギョウザ作るのよォ〜
   うすかわ広げてェ〜 ハムハムニダ〜

平岩弓枝スレじゃねぇのか?
どこにあんだよ?

414
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/11/30 13:11:39
>412

初版も、「全作品」版も「留年」になってるよ。
コメント1件

415
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/11/30 14:42:26
>414
じゃあ誤植だね。
中公文庫に通報しようかな。

416
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/12/07 22:04:59
中公文庫版の夢の浮橋の105ページ。
桂子と耕一のホテルおける会話の場面。
桂子が想起する、「あなた、もう、でしょう?」というセリフをもつ小説って、
三島の「仮面の告白」だね。
あとがきみると、三島がちょうどまさに死ぬころに、この夢の浮橋はかかれている。

417
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/12/24 06:18:27
夢の浮橋読んだ。面白かった。
しかし気になったのは、
作者は、ちょっと大学教員という種族を買いかぶりすぎていないかな。
実際は桂子のような聡明な若い女性が惚れるような優雅な生き物ではないでしょ。
性的劣等感の塊だし。
ちょっと気持ち悪かった。
なかでも、山田はともかく、堀田とキスさせる必要はあったのかね。
男の優雅というものを現代に体現させるには、インテリ大学教員しかなかったのかな。
耕一の引き立て役ということなら、その程度でいいってことかな。
それとも別の狙いがあったのか。

418
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 13:47:32
倉橋が嫌がるような解釈しかできない凡人ばかりのスレで素敵です

419
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 01:26:26
オマエモナー

420
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 03:54:13
若い頃は前衛を気取り、
年をとってから保守化する典型例だろ、この人。

421
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/09 21:40:50
前衛から保守に変わった作品は何でしょうか?

422
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/09 23:51:44
人間的に中身も何もないような、若いタレントのような人たちが、自衛隊の反応は正しかった、とか社会的な
影響はどうだとか、三島さんを断劾するようなことをしたり顔でテレビやラジオでいっているのを聞くと、ばかげてる。
ほんとに蹴とばしてやりたくなりますよ。

倉橋由美子
週刊現代増刊・三島由紀夫緊急特集号のコメントより

423
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/10 00:08:25
>422
テレビなんて、見る方が悪い。

コメント1件

424
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/10 08:28:40
>423
売文のネタだから、正しいだろwww
コメント1件

425
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/10 22:12:01
>424
なるほど

426
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/11 19:59:34
倉橋由美子が書いたにしちゃあ華のない文章だな。
一部抜粋だからか?

427
吾輩は名無しである[あげ]   投稿日:2010/03/11 21:49:10
こういうの読むとつくづく、文学者ってのは人間の葛(の中の屑)だと思ってしまう。
っていやさ、葛なら葛で別に一向に構わないんだけども、ただし、そうであることの、
自覚の欠如がなんとも胸糞が悪い。糞糞糞とアレだけれどもw
ナニサマかという。

428
吾輩は名無しである[あげ]   投稿日:2010/03/11 21:51:29
あ、いっぱい誤変換だわ例によって(苦笑 ベタつきそw


たかが文学だろという。
実質閉じているものに、まあ、よくもそこまでと。

429
吾輩は名無しである[あげ]   投稿日:2010/03/11 21:53:54
いや本当に。

ゾッとする。

430
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/12 00:03:25
>422は、電話のインタビューだろ。
倉橋が書いたなら、こんな文章にはならない。絶対に。

431
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/12 14:36:25
この人、性格が捻くれてね?

432
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/12 16:19:00
倉橋に下世話な話は似合わないかもしれんが、この人同郷の作家とはいちいち
ウマがあわなんだらしい、瀬戸内なんか名前は出していないけど、あんなばかげた
文章かいてても長年作家をやっていけるとかなんとか、襤褸かすに言ってるし、
、また名前忘れたが桐生印花子云々の小説書いたおばちゃん作家にも、二人が若いときは
なかようにして、自分の見合い相手まで探してもらったりしていたらしいが、もっとも結婚
した熊谷とかいう亭主はおばちゃん作家のせわかどうか知らんが、晩年はあまり付き合いもし
なかったらしい、倉橋はどこか性格に偏りがあると思うな、作家なんぞそんなもんよ
といったらそれまでだけどww

433
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/12 19:59:16
でも金嬉老事件の時なんで人殺しの朝鮮人893
の言うことをまともに聞かなきゃならんのアホクサって
言ったのこの人くらいだよ。

434
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/24 11:56:44
『アマノン国往還記』読んだ。
『スミヤキストQの冒険』の方が好きな人多いんだろうけど、
アマノンは読み安くて楽しかった。
後期の長篇ではいちばん軽い気持で書いてるんじゃないかな。

435
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/31 03:20:55
そりゃ凡百のクズ作家とはレベルが違いすぎるもん
国公立の医学部受験するような女(まあ落ちてるけど)がショボ私文や短大出のアホ女と馬が合うわけないだろw

436
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/07 23:20:11
私もスミヤキより、アマノンが好きでした。
アマノンの後半の展開は、確かにイマイチだったけれども。
そこで質問なのですけれども…
アマノンには、色んな箇所にパロディがあるらしいですが…
アマノン国=日本、モノカミ教=キリスト教、Pとヒメコの関係=光源氏と若紫の関係…くらいしか分かりませんでした。
他には、どんなのがあるのでしょうか?
分かる方、教えてください!

437
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/08 12:16:58
英雄や天才が卑小な人間に愛想をつかすのは当然の特権であって、これは病める人間が陥りやすい人間嫌いなど
とは全然別物である。私たちの敬愛は、三島氏が「おまへたちは阿呆ばかりだ」と思っていたことで損われる
性質のものではないので、三島氏は大声でその思っていることをいえばよかった。阿呆は自分以外の人間を
すべて阿呆だと思っている、などと歯切れの悪いことをいった芥川龍之介(鬼才とか秀才といった言葉はむしろ
この人にふさわしい)の場合とは違うのである。とにかく、そういう境地に達していた天才ならば、あとは
阿呆に対しても礼儀正しくふるまい、晴朗な顔をして憤死するだけだった。
昔から日本では三島由紀夫氏のような人があんなふうに憤死すれば神になることになっていた。ここで
神というのは英霊のもうひとつ先を考えているのであって、ユダヤ人が発明した神などとは無論関係ない。
(略)日本人は昔から三島由紀夫氏のような人間の霊を祀り、それにつながってその先にあるはずのものを
拝んできた。三島氏はみずから死んでそういう神と化す以外になかったのである。

倉橋由美子「英雄の死」より
コメント1件

438
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/08 14:47:46
荒らすなバカ

439
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/08 19:36:40
三島の自死を礼讃するためにわざわざ芥川を貶めて見せたとはw
倉橋も恥ずかしい奴よのうw
だが倉橋の卑怯さはまだ許せても、芥川を三島の引き立て役に使った
文学的無知は許せんw

あの三島の行動を誉めたり、感動してる文学者達は戦前の文学報国会の
戦争協力よりはるかに下衆だよw

だが、437は面白い。文学者の戦争責任を追求した吉本隆明も絶賛して
いるだろうw
コメント1件

440
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/10 08:32:38
芥川を貶めているか?

441
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/11 01:50:20
馬鹿自慢してる奴に突っ込むのは無粋

442
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/11 07:08:43
アマノン、面白いよね。

443
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/11 07:46:22
浮橋

城城
が好きですね。

444
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/11 07:55:14
440や441のようなぬるいレスを突っ込みとは言えなw

445
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/11 10:40:27
>439
戦争責任(笑)
ジジイサヨク発狂

446
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/20 21:05:52
>437
三島は天才、芥川は鬼才か・・
妙に納得してしまった

447
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/24 20:58:05
どの小説か忘れたが、
ネットから楽譜をダウンロードして、
という描写があったとおもう。
どの小説かわかる方、教えてください。
コメント1件

448
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/25 10:05:34
>447
おそらくシュンポシオンだと思うよ

そういえば、シュンポシオンは、時代設定が2010年だったね


449
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/08/09 23:45:18
シュンポシオンって、海燕の連載が1983〜85年
日本でパソコン通信が普及したのが80年代後半

450
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/08/14 23:05:48
こうかん



ゆめのかよいみち

買った
ポポイ以外の桂子さんシリーズ制覇

451
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/08/22 11:10:43
ゆめのかよいじ、なorz

452
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/08/22 17:53:09
>戦争責任(笑)

だよな。
馬鹿は最初から口を閉じていればいいんだ。だって馬鹿なんだから。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
Mr.サンデー★6 (965)フジ実況
日本サッカー応援宣言 やべっちFC★1 (954)テレ朝実況
Going! Sports&News★1 (757)NTV実況
変してたって、秘密はある。 #6 ★3 (857)NTV実況
サンデースポーツ ★2 (929)NHK実況
NHKスペシャル「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」★10 (907)NHK実況
Love music【星野源 話題の新曲披露&音楽ルーツを語る】 (677)フジ実況
おしゃれイズム『山里亮太』★1 (885)NTV実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★10 (496)音楽・芸能ニュース
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★9 (1001)音楽・芸能ニュース
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★8 (1001)音楽・芸能ニュース
【捕鯨文化】「なぜクジラだけが特別なのか」捕鯨是非 ガチンコ論争で露呈した反対派の“論点ずれまくり”★4 (649)ニュー速+
【話題】世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち…ポルノまがいのイラスト乱発に「頭が痛くなる」★7 (324)ニュー速+
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★7 (1002)音楽・芸能ニュース
【大阪】維新憎し…大阪で「自民共」共闘、再び/堺市長選(9月10日告示、24日投開票) (875)ニュー速+
【捕鯨文化】「なぜクジラだけが特別なのか」捕鯨是非 ガチンコ論争で露呈した反対派の“論点ずれまくり”★3 (1001)ニュー速+
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレ239【獅子たち2】 (328)
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (932)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
純文学5誌総合スレ第61巻目 (1034)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (200)
夏目漱石 八十四夜 (804)
町田康8 (963)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (892)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (253)
西村賢太 21 (742)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (887)
三島由紀夫Part54 (356)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
文学理論 10 (435)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
トマス・ピンチョン12 (941)
文学板でレイシズムについて議論しよう vol.4 (546)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: