板検索:
若島正 part2 【ロリータ ロリータ ロリータ】(306)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/27 16:46:46
文学の集積が若島正
文学板の別スレッドへ


2
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/27 16:48:38
立てたよ
次の期待は
リチャード・パワーズとアーダですかね
コメント1件

3
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/03/27 16:49:37
いやはや(笑)若島糾弾が楽しみですねぇ(笑)

4
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:05:01
若島正(京大教授)は語る
「数学から文学にかわって驚いたのは、周りの人間の頭が悪いことだった。
数学をやっていたときはみんなが天才に見えたし、事実本当に凄いやつもいた。
でも、文学研究ではついぞ、そういうやつにお目にかからない」

コメント2件

5
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:05:55
2001年12月10日 TrackBack
昔の雑誌を読み返していたら、懐かしい話題を見つけた。
若い部員は知らないと思うので紹介する。
将棋世界昭和63年4月号の付録に「タイムトライアル112」というのがあった。
プロ棋士達がどれだけの時間で解けたかが載っていた。
初級編(3手・5手詰)40題で、谷川4分21秒 森内4分26秒 村山4分39秒 
羽生4分40秒 佐藤4分59秒 田中5分28秒 浦野5分48秒 清水女流7分55秒 
塚田8分35秒 沼15分20秒 山田女流22分52秒という結果だそうである。
これを見た岡田敏氏(あぶり出しで有名な詰将棋作家で全日本詰将棋連盟会長)
が挑戦したところ8分34秒だったという。ところが、
とてつも無く凄い人が居た。そう、あの若島正氏(詰将棋の神様のような人)
である。何と!2分29秒!!1問あたり約3.7秒である。頁をめくる時間を考えたら
3秒くらいで解いている計算になる。ちなみに今の若島氏は詰チェスに転向し、
日本人初のインターナショナルマスターとなっている。
「詰将棋でやりたい事が無くなった」のが転向の理由とか


6
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:06:15
パズル同様、作者の意図を見抜く
小説の細部から全体を読み解く

英米文学者 若島 正さん
 自分が何げなしに読んでいた小説に織り込まれている作者の仕掛けを析出し、
作品世界の奥深さや小説の面白さを教えてくれる−英米文学者で京都大学教授
の若島正さん(51)はそんな達意の小説読みの一人だ。B級ミステリーから
ナボコフ、ジョイスまで縦横に語った評論集『乱視読者の帰還』(本格ミステ
リ大賞)に『乱視読者の英米短篇(たんぺん)講義』(読売文学賞)と、読書
の楽しみにあふれた著作を最近続けて世に送り出している若島さんを京都に訪ねた。

7
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:06:56
タイトルの「乱視読者」は、学生時代から山のように英米小説を読んできた「乱読
をもじり、自身の視力も加味してつくったが、「ひょっとしたら自分の小説の読み
方がゆがんでいるかもしれないという自己韜晦(とうかい)も含んでいます」。

 これら著作を読んで思うのは、小説の細部に注目して仕掛けや構造を分析し、
自らの読書体験を交えながら作品の手ざわりも伝える手際の鮮やかさだ。例えば
『短篇講義』の中でジョイスの『ダブリン市民』を扱った章では、学生時代から
引っかかっていたという一編の書き出しの文章の意味を解きほぐし、作者の意図
へと話を展開していく。

8
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:07:36
 細部への目配りは、文学研究で文献の注釈を重んじる京大の学風と、専門で敬愛するナボコフ
の影響が大きいという。「ナボコフは『小説は細部がすべて』という小説観の持ち主で、彼の作
品はストーリーを追っても意味がない。ナボコフの考え方に沿って読むと、彼以外の小説もよく
分かるようになるところがある」。

 精緻(せいち)な分析は、もともと数学者志望の理系だったことと無縁ではないだろう。京大
理学部に進んだが、一年のときに英米小説に開眼。英語がいちばん苦手だったのに、不思議なこ
とに授業に使われた長編小説を読破できた。「視界がバーンと開けた感じで、分かる快感がたま
らず」ペーパーバックを読みあさる日々に。理学部を卒業して文学部に入学し直した。

9
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:42:09
 以来どっぷり英米小説に漬かっている若島さんは『短篇講義』で、小説の登場人物
の女性にあてた書簡の形でこんな告白をする。「わたしは一冊の小説の世界以上に、わ
たしが生きている現実の世界をおもしろいと思ったことがありません。たとえばあなた
という虚構の女性を理解したいと思う以上に、現実に存在する生身の女性を理解したいと
思ったことがありません」と。「『本当か?』という反応を期待してわざと書きました。
まあ半分うそで半分本当」とけむに巻く。

10
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:42:30
 パズルの達人でもある。詰め将棋作家であり、詰め将棋のチェス版であるチェス・プロブレムでは日本で
ただ一人、インターナショナル・マスター(解答競技)の称号を持つ。

 小学生のときに将棋を覚えたが、すぐ周りに敵がいなくなったので詰め将棋に没頭し、創作にも興味を持
って中学一年で専門雑誌に作品を発表。図は著書『盤上のファンタジア』の中の一作品。将棋もアマ全国大
会優勝の経験があり、観戦記も手がけてきた。一方のプロブレムは十年前から本格的に始め、毎年のように
世界大会に出場している。

 「駒の動きなど最初のアイデアがないと創作する気がしないし、作者の意図が伝わる創作でなければ意味
がないと思う。私が問題を解くのが早いと言われるのは作意が見えるため」


11
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/27 19:43:11
 何だか小説の読み方とも重なり合うようだ。「一枚の駒の配置からすべて
が見えてくるように、作者が意図を持って置いた小説の細部は全体の構図に
つながりうる。ナボコフは『文学とは科学プラス詩』と言ったが、科学の部
分は私には比較的分かりやすい」

 現在は詰め将棋よりプロブレムが活動の主軸で、専門雑誌の編集長も務め
る。「論理性、抽象性が強いプロブレムの方が私には向いている。ものを書
くことはやめないと思うけど、早くプロブレム専業になりたいですね」。こ
ちらは半分以上本当なのだろう。 (勝見 啓吾)


12
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 02:19:18
>4
これ本当の発言なの?
出所は?

13
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 05:46:35
新冒険

14
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 07:32:36
天才

15
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 07:41:17
博士課程における、若島先生の指導についてお尋ねしたいのですが、若島
先生の指導可能守備はどんなものですか?

どの時代の、どの作家についても指導いただけるのでしょうか?

マイナーではない、マイノリティ作家(黒人、ユダヤ系、アジア系、ラテン系)
の作家についてもご指導いただけるものでしょうか?

まぁ「本人に聞け!」と言わずに、皆様のご意見を頂戴したく存じます。

16
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 11:41:16
文学目覚めるきっかけになったのが
黒人文学の金字塔
リチャード・ライト「アメリカの息子」らしいから
大丈夫でしょう

17
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 14:53:33
どうでもいいけど、修士からではなく博士から編入するつもりなのか?
コメント1件

18
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 15:09:56
若島はフォークナーのことはどう評価しているの?

19
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 16:06:01
ペーパーバック・フォークナーという文章書いてるのと
文学部の学生向けの読書案内100冊でフォークナーの項を書いてるけどね
頭をぐちゃぐちゃにされる作家だと言ってる
絶賛はしないんじゃないかな
グレアム・グリーンは絶賛してるね

20
15[]   投稿日:2008/03/28 16:11:29
>17

他大学においてすでに修士号取得済みなので

21
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/28 16:13:09
博士って文学部でとるのに指導なんてあるの?

22
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 20:29:08
外国文学の花形たちとは
柴田元幸 亀山郁夫 ☆若島正 沼野充義 野崎歓 和田忠彦
こんなところ、だろう
こいつらでもっと日本語で書かれる文学も牽引したらいいのに・・・ 

23
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/03/28 20:33:07
ぶたごろうさんですか(笑)名無しで今更書かれてもといった感じがありますけれどもねぇ(笑)
コメント1件

24
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 20:46:22
>2
何リチャード・パワーズって
その人の作品も翻訳中なの?
若島はナボコフだけ訳してりゃいいのに

25
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/28 21:35:51
>23
匿名者を匿名で探索するバカもいるんだねえ

26
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/29 01:28:23
リチャード・パワーズ The Gold Bug Variations, 1991 ←?←?←?←? これを訳してる?
『舞踏会へ向かう三人の農夫』(Three Farmers on Their Way to a Dance, 1985):柴田元幸訳
『囚人のジレンマ』(Prisoner's Dilemma, 1988):柴田元幸訳
『ガラティア2.2』(Galatea 2.2, 1995):若島正訳

生涯で唯一の英語論文 つ Wakashima,Tadashi
Between Art and Life--The Case of Philip Roth′s My Life as a Man
The Albion p23〜42,1986/10(ISSN 0568921X) (京大英文学会)

英文学やってる日本人教授または翻訳家としては、ごくごく平凡な能力の人なんだが、 なぜ信者がついてるの? 信者は数人だけなの?

スペックを見れば、20年前に糞紀要に糞英語論文を1本書いただけの男。 今の若手では、これほど実力の無い男は助教授にもなれないだろう。

628 誰が若島より上か言ってみろよ

629 そもそも土俵に上がってないから比べようがないw  安全な場所から「俺は天才だ」とか吠えてるだけ。

630 詰将棋?  はいはいスゴイスゴイ

631 自慢するならせめて「将棋で羽生に勝った」とかにしてくれw  詰将棋で勝っても、ね。

632 というか文学者が将棋強くても 「だから何?」って感じだが、 まだ「詰将棋」よりは凄いと思う。

>4
633 なんでこいつ文学やろうとか思ったのかな?
「みんな馬鹿に見えた」って誇る事でもなんでもない。
むしろ自分の感受性の鈍さを恥じるべきなのに。
「私は馬鹿です」と喧伝して回ってるのと一緒。

27
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 01:30:43
なぜ?

28
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 04:54:09
マイノリティ作家(黒人、ユダヤ系、アジア系、ラテン系など)の小説も
読みこなしているのか、知りたい

29
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/29 09:11:12
自分で博士持ってない、学問的業績も無い、英語も読み書きも満足にできない若島正に博士課程における指導ができるのかな?


若島正(わかしまただし、1952年8月10日 - )は日本の英文学者、文芸評論家、翻訳家。

京都大学理学部卒。当初は数学者を目指していたが、英米文学専攻に転向し、同大学院文学研究科修士課程修了。

コメント1件

30
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 10:39:58
文学の教授はたいてい博士号持ってないだろう。
博士(工学)や、博士(理学)ほど簡単に取れるものではない。
コメント1件

31
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 18:11:17
>30
というか、大学教員への就職において必要でないからこそ取らない。
例えば、東大なら、修士課程を終えることが最も重要であり、そのことが実力の証しとなる、ということ。
誰でも取得できる医学博士など何の意味もないといった具合に、博士号は学部によって意味づけが全く違う。

32
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 19:03:21
でも修士しかとってないってわかったら、
普通拍子抜けするよな…

コメント4件

33
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 20:23:34
>32
だから、普通の人にはわからない事情ってものがあるのさ。
逆に、医学博士とかいうと、世間ではひれ伏してしまうやろうもいるもんだが
(そんなやつに限って、お医者さま、とか、醜い日本語を使う)、医者になるのと同様、
馬鹿でもなれることを、医師周辺の人間は知っている。
素人に話すのに、自分たちのことを、お医者さま、といいながら、話をする馬鹿医者が
決して少なくないことは、また別の話になる。

34
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 20:37:41
>32
つまり、文学の教授連、博士号が取れない、というより、
(就職に関係なかったから)取りに行かなかった、という人が多いのだよ。
たとえば、仏文に河盛コウゾウ(ごめん、どんな字だったかわすれた)
という高名な学者がいたが、あの人は確か、80を超えて博士号を取得した。
博士号とは、文学部においては、シャカリキになって取りに行くものなのではなく、
余裕の中で、あるいは一生の研究の中で、半分道楽がかった欲求として、取得するものでもある(あった)のである。

35
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 21:01:24
>32
若島は修士まで。そう、修士を終えることが大切であり、その通り、修士を終える(修士論文が通る)や、
もちろん優秀だからだろう、教員(助手か講師)に採用されたのである。
よって、>29 などの阿呆が、「自分で博士持ってない、」とか書いていたが、彼は、何ら、事情も知らないのに
自分のいいかげんな思い込みだけで、なまくらに語っているだけなのである。

36
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 21:06:21
>32
まあ、こんなとこに書いてるやつ、みちるの友、なんかのセイハクを中心として、
ひまな、おかしいのばかりだからな。脳髄ときたら、1グラムくらいしかないやつら。
ここに来てるので、例外はひとり、おれ、ぶたごろう、だよ。

37
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/03/29 21:18:30
笑わせますねぇ(笑)
さすがぶたごろうさんだけあって、低脳な文章は名無しでも変わりせんねぇ(笑)

38
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/29 22:35:00
ぶたごろうの文章はいいぞ。多分、流れ見ると、31辺りからみんなぶたごろうのだろうけど
結構いいぞ。少なくともみちるのともより遥かにいいな。みちるのともはおもっしょねえ。消えれ。
コメント1件

39
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/29 23:01:56
東大の大橋、京大の若島正、どちらも英語の実力の無いクズ。 3行の英文も書けない。
英語では論文・記事、一切ナシ。

両方とも学位(博士号)ナシ。 両方とも博士論文の指導はしてないハズ。

>>> 『文学部唯野教授』効果なのか東大の教授にはなったが、大橋氏だけはいまだに博士の学位はない。

一般に、学位論文を書いたことのない者は専門書を書けないと思っていいし、大学院生の指導もまともにできない。大橋氏は実際に、修士論文の指導はするが博士論文の指導実績は上記の資料にはなかった。

40
ぶたごろう[]   投稿日:2008/03/29 23:05:11
>38
お疲れさまです。
う〜ん、確かに。
馬鹿でもせめては面白ければいいんだが… 面白くも何ともない馬鹿――最悪だあ…
それにしても… みちるの友、みじめなやつ……、みじめすぎる……

41
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/30 06:39:38
それにしても、若島さんを必要以上に叩く人って、何なんだろう。
私は若島さんとは面識もないし、彼とは無関係な人間だが、ここで彼を
一生懸命叩いている人って、何か利害関係でもあったのかなぁ?


コメント2件

42
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/03/30 13:35:40
どっかの英文学者のファンじゃないの?

43
ぶたごろう[]   投稿日:2008/03/30 21:35:48
>41
同じ疑問を抱きます。
あと、どこからどうみても文学とは関係のない資質の人間(例えば、みちるの友)が
どうしてこんなにも文学板に書き込むことによって文学と関係していようと思うのか?
とても不思議です。

44
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/03/30 22:00:26
おやおや(笑)「文学とは関係のない資質の人間」等とレッテルを貼って決め付ける辺り、あなたが「文学とは関係のない資質の人間」と認めているようなものですけれどもねぇ(笑)

45
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/03/31 01:05:32
> 3行の英文も書けない。 英語では論文・記事、一切ナシ。

英文が全く書けない無能者ということは本当だろうが、そういう無能者の若島でも本場の研究者にとって面白い視点を提供する可能性はあると思う。

http://www.libraries.psu.edu/nabokov/wakashima.htm
Double Exposure: On the Vertigo of Translating Lolita
by Tadashi Wakashima

translated from the Japanese by Jeff Edmunds in collaboration with Akiko Nakata
コメント1件

46
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/03 06:32:03
いつも自分がいかにナボコフと「ロリータ」の理解者かを自慢してる男が
短い英語の記事一本が書けなくて、二人に英訳してもらってやっと、か・・・

47
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/04 11:38:40
中田晶子さんこそもう少し名前を出していかれるべきなのではありませんかねぇ(笑)若島ごときの理解力ではろくな翻訳が出来ませんからねぇ(笑)

48
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/04 12:08:37
本当に優秀だから向こうから訳詩に来るんですよ

49
通りすがり[]   投稿日:2008/04/04 12:23:13
>41
その若島という本人にみえる

50
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/05 00:39:12
誰かガイジンに手伝ってもらって英語に訳すのなら分かるが、それもできないのか。

「自分で書いた記事」を辞書引きながらやっとこさ読んでる若島の姿が目に浮かぶ。

51
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/06 07:08:43
http://cruel.org/newwords/newwordslolita.html
ここでロリータの若島訳が山形浩生という人にこき下ろされていて、

「この訳で引っかかる部分に遭遇するたびに、人は悩むことになる。
これは翻訳が変なのか、それとも何かのことば遊びや他の文学
作品への言及なのか? 実は二割くらい前者だが」

と、誤訳が多いと言われているのだけど、これはハードカバー版への書評なのかな?
文庫だと誤訳はなくなってると思って良い?

コメント1件

52
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/06 16:56:59
山形を昔若島がこき下ろしたからね
もう時代遅れの山形さんでてこないでね
コメント1件

53
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/06 17:13:59
「英語青年」で自分の訳で意味不明のところがあるのを書いてるよ

54
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/06 17:15:55
>52
乱視さんですか(笑)

55
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/09 08:11:13
若島正による、ナボコフ短編 A Dashing Fellow 「さっそうたる男」についての駄文。

わかしま 2005年10月13日
「さっそうたる男」と、ボイドさんの解説についての疑問の件で、私見を申し述べます。...

It follows the unpleasant twists of the hero's mind this
way and that: the fraudulent patter of the pickup, a
polluted stream of consciousness, a would-be imposing
narrative "we" that grates like everything else about the man:
"We have a swarthy complexion, a network of purple-red
veins, a black mustache, trimly clipped, and hairy
nostrils... During the last trip we were unfaithful to
Katya three times, and that cost us thirty Reichmarks." (Brian Boyd, Vladimir Nabokov: The Russian Years)

短編は、主人公の心の不快な屈折をさまざまに追跡する。行き
ずりの相手をだますおしゃべり。澱んだ意識の流れ、ほかのあ
らゆることと同じく、不快感をあたえずにはおれない、ひとり
よがりで鼻につく「ぼくたち」という言いかた――「ぼくたち
は、赤紫色の静脈が網の目のように浮き出た、浅黒い顔をして
いて、短く切りそろえた黒い口髭をたくわえ、毛深い鼻孔をし
ている……この前の旅行で、ぼくたちは三度カーチャを裏切っ
たが、その費用は三十マルクだった」のように。 (ブライアン・ボイド『ナボコフ伝 ロシア時代 下』みすず書房 p.468 )

56
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/09 08:14:57
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

57
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/10 13:20:24
若島正はロリータとアーダどっちがより好きなの?

58
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 18:42:52
アーダ
コメント1件

59
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 19:56:07
>58
どこでそういってる?

60
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 20:06:46
乱視読者の帰還
コメント1件

61
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 20:18:37
>60
文章抜き出してみてよ

アーダを翻訳するのが夢、とはどこかで言ってるみたいだけど、
それはアーダがナボコフの作品の中で最難関だから、成し遂げてみたいということじゃないの?
作品としての評価はロリータのが上と見ているかもよ
コメント1件

62
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/12 20:21:20
無人島に1冊もっていくならアーダだといっている
これまでのナボコフの翻訳および研究は全て
アーダ翻訳とそのコンパニオンピースとしてのアーダ論のためである

63
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/12 20:52:03
ですが果たして若島に翻訳できるので消化ねぇ(笑)
これまで何度も知れてされてきました通り誤訳の多さは数知れず、といったところで賞からねぇ(笑)

64
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 01:08:50
アーダは読んだことないけど、
ジョイスでいうところのフィネガンズウェイクに相当するのかな?
その作家の技巧が極限まで詰め込まれていて、
作家も自身の最高傑作として認めているが、
懲りすぎていて一般受けは良くないという。

65
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 08:03:06
>61
お前が本買うか借りるかして
読めよ。

66
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/13 13:14:30
翻訳家はたくさんいるけど、単独スレッドはすくない。
若島スレッドが2chにできる理由はやはり態度がでかすぎるから?

67
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 14:25:26
ナボコフファンが多い(海外作家ではドストとトルストイの次くらいに板で人気?)ことが
主な理由だろう。
他の翻訳家は1人の作家にそこまで人生を費やしていないが、若島の場合はナボコフに集中しすぎているから、ナボコフファンから注目される。
ここまで1つの作品を愛しているのは、他には村上春樹のグレート・ギャツビーくらいしか知らない。

将棋、チェスファンからの出張というのもあると思う。

68
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/13 14:53:44
それほど多いわけでもないのでは無いで消化ねぇ(笑)一般でのナバコフの認知度は両ロシア文豪に劣りますよ(笑)
現にロリータが何十年も翻訳されなかった、ということから明らかなのでは内で消化ねぇ(笑)

69
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/13 14:55:15
「何十年も翻訳されなかった」というのは、両ロシア文豪の作品が長大でありながら頻繁に翻訳されたのに対して、ということですねぇ(笑)

70
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 15:44:09
ナボコフがドストとトルストイに人気で勝ってるなんて一言も言ってないだろ?
その2人の次に人気があると言ってるんだが。
実際、スレの伸びもその2人の次に速い。
part4以上なのはどすととトルストイだけだし。

71
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 16:05:15
失礼。カフカスレは5までいってるな。
じゃあ、ドスト>トルストイ>カフカ>ナボコフの順だな。

72
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/13 16:10:35
一部の粘着やら荒らしの連投やらでスレッドが伸びる事もありますからねぇ(笑)
それに過去ログを調べて見ましたが1000レスポンス近くまで達したナバコフスレッドはpart2と3だけです(笑)
4は継続中ですし1に当たるスレッド(ナボコフについて)は200レスポンス程度で落ちておりますからねぇ(笑)
part4と言ってもレス量ではヘッセスレッドの方が多いのでは無いでしょうかねぇ(笑)
コメント1件

73
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/13 16:30:47
>72
それはどの作家のスレでも同じなんじゃないの?
2ch発足初期のころは、ネット普及率も低くてそんなに人が集まらなかっただろうし。

74
( ̄^ ̄)[]   投稿日:2008/04/13 16:41:35
おやおや、何やらふむ臭いと思って居ったら脳軽失禁老人が股靄、熱便を垂れて流して居り増したかねぇ〜(笑)

75
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/14 02:38:10

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/14 16:11:00
雑誌『考える人』立ち読みしてきた。

若島正の海外小説1位はなんとアンナ・カレーニナだったwww
ロリータじゃないのかw

ロリータは2位か3位だったか忘れたが、
ナボコフの作品で若島ベスト10に入ってたのはロリータとディフェンスだけ
アーダはなし

かなり予想外ですた

77
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/14 16:19:33
>75
確かロリータ3にも似たような事を書いていた覚えがありますねぇ(笑)

78
76[]   投稿日:2008/04/14 16:20:47
亀山郁夫なんて、ベスト10に1位から5位くらいまで全部ドストエフスキー作品で埋めてて、
若島正もナボコフで埋め尽くされているのかと思ったのに…
実はナボコフそんなに好きじゃないんじゃないか
コメント1件

79
( ̄^ ̄)[]   投稿日:2008/04/14 16:48:56
いやはや、アンナ・カレーニナとはねぇ〜(笑)

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/14 18:08:39
いつアーダ訳すんだよ
はやくせい

81
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/14 18:36:27
次スレは
【アンナ】若島正part3【カレーニナ】
でお願いします

82
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/14 19:07:01
あんた彼(ナボコフ)いーなって

83
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/14 22:25:06
>78
俺なんてSF読者で、ナボコフ研究者って認識する前にスタージョンやディッシュの選集編むような
変な小説たくさん読んでる人って認識だったから別に5冊のうちにベスターの分解された男選んでるのを見ても
らしいなあ、としか思わなかった

84
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/15 03:37:18
ナブコフがいなければ、ロリ犯罪もなかっただろう。

85
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/15 11:33:46
本の雑誌の今年の予定に
東海大の数学の教授が残したパズル集を編纂するらしい

86
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/15 11:54:20
花沢正純という人だね

87
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/15 13:05:25
ルロワ・スマイリングとは何者なのでしょうかねぇ(笑)

88
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/15 13:35:22
>いくつかの地を転々とした後で、肖像画はルロワの故郷にある博物館によって買い取られた。

後、件の訳文で謎なのはここですねぇ(笑)
原文も併記されておりますが、
The portrait, after some obscure peregrinations, was acquired by the museum of Leroy’s native town.
若島さんはobscureの意味を除いてしまっているのですねぇ(笑)peregrinateは「旅行・遍歴」と言ったような意味があるわけですから、
「不明瞭な遍歴」とでも訳すべきなのではないので消化ねぇ(笑)「native town」を「故郷」と訳すのも少し引っ掛かりますけれどもねぇ(笑)

89
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/15 19:15:21
全集ってブライアン・ボイド編纂のものが出ているけど、
これって最初から英語で書かれたものしかないんだよね。
ロシア時代のものの英語版は、単行本で買うしかないの?

90
89[]   投稿日:2008/04/15 19:16:46
ありゃ、スレ間違えた

91
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/16 20:25:21
「いくつかの地」もとんでもない意訳ではないで消化ねぇ(笑)
ナバコフの原文に添う事を謳いながら、この様はどうなのでしょうかねぇ(笑)

92
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/16 20:42:07
おかしいと言えば、ここも引っ掛かりねぇ(笑)


>そこに肖像画がまだあるかどうか、ぜひ知りたいのだという。
My friend wished to know if the portrait was really there
ここで出てくる友人は、博物館に肖像が噂通りあるのかどうか聞いているのではないでしょうかねぇ(笑)
「まだあるかどうか?」ではなく「本当にあるかどうか?」では無いのかと(笑)
他の訳者もその意味で訳しておられますけれどもねぇ(笑)

>友人にしてみれば、その肖像画がほんとにそこにあるのかどうか、

>肖像画が本当にそこにあるのかどうかを友人は知りたいと言う。

いきなり主語を省いておられるのも減点対象では無いで消化ねぇ(笑)

93
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/16 20:43:00
引っ掛かりねぇ(笑)→引っ掛かりますねぇ(笑)ですねぇ(笑)

94
( ̄^ ̄) []   投稿日:2008/04/16 20:52:34
おやおや(笑)

95
( ̄^ ̄) []   投稿日:2008/04/16 21:00:00
いやはや、直訳すれば、

My friend wished to know if the portrait was really there
私の友人は肖像画が本当にそこにあったかどうか知ることを望んだ

で生姜、これを文才も無い翻訳が加工する必要がどこにあるので消化ねぇ(笑)

96
( ̄^ ̄) []   投稿日:2008/04/16 21:01:23
95
翻訳→翻訳家

97
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/16 21:19:29
と言いますよりそこはそう訳すより以外ありません(笑)若島はそれすらも出来ないのですよ(笑)
このような人間がロリータを訳し、ナボコフの翻訳者を気取ろうとしているのですねぇ(笑)
スタージョン「ビアンカの手」ですら誤訳が満載なのでは無いで消化ねぇ(笑)

98
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/17 00:03:20
あったかどうか、は誤訳。直訳もできずに批判(笑)

99
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/17 16:02:22
Amazonに

「乱視読者の冒険」

を出品した人をみつけました。

100
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/17 17:31:31
100

ハジメテダ

101
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/17 17:52:11
さてさて、誤訳の糾弾ですが、丁度いいテキストは無いんでしょうかねぇ(笑)
「ビアンカの手」を所持しておられる方はおられませんかねぇ(笑)

102
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/19 14:04:54
若島って高校時代新聞部だったんだな
元・洛星新聞新聞局編集長

103
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/22 21:18:09
若島って英検1級持ってるの?

104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/22 21:34:00
そんなもん必要か?

105
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/22 21:37:50
英文学者やってるのに英検1級とれなかたら恥ずかしいだろ

106
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/22 21:44:06
英検なんぞという次元をはるかに超えた世界に生きてる人たちに
言う言葉ではないだろう
そんなレベルの低い発想がどこから出てきたんだ?

107
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/22 21:53:58
英文学者ってみんな英検1級のレベルは当たり前のように超えてるの?

108
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/22 23:27:16
当たり前だろ
コメント1件

109
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 00:06:18
>108
そうなの?
その割には結構翻訳たくさん出してる人でも翻訳が多い気がする。
無名の英文学者は英検1級とれないくらいかと思ったけど違うのか。

110
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 00:13:20
「誤訳が多い」の間違い?

111
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 00:22:13
そう

112
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 00:26:42
英検1級なんてそんなもんだ

113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 17:50:47
若島って英語もろくに書けないレベルって煽ってる人がいたけど、
それは煽りで、さすがにそんなレベルではないわけ?

でも留学経験ないみたいだし、本当に英検1級すんなり取れるレベルなんだろうか
最初は老人と海すら読めないってくらいだったんだから、若島にも英検1級を目標としてたころがあったはずでしょ?
英検1級はいつごろ取ったんだろう?

114
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/23 18:18:44
フィネガンをすらすらと解読するような人間だぞ若島は

コメント1件

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/23 20:40:18
>114
本当かよそれ
ソースは?

116
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/23 20:43:58
書評を書いてるから読んだら?
フィネガンとロリータの比較論も書いてるし
フィネガン訳者の柳瀬は若島を尊敬しているんだぞ

コメント1件

117
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 20:53:16
>116
その書評どこで読めるの?
しかも、すらすらと解読したというのはどこでわかったわけ?

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/23 21:01:35
若島の書き方
「乱視読者の新冒険」
柳瀬は数学でも将棋でもチェスでも英語でも若島さんの頭脳の
すごさを書いてたよ
フィネガンにチェスプロブレムの問題を載せたいから6手詰めで出来上がった
図柄が蝶のように見える問題を作ってくれと若島に注文出したら5分で
ファックスが帰ってきて完璧な問題が出来ていたため、「いったいこの男の
頭脳はどうなってるんだ?」と驚いていた
コメント2件

119
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/23 21:02:47
笑わせますねぇ(笑)権威の名を使わないと若島さんの凄さを立証できない、と言う訳です(笑)まさに失笑ものでしょうねぇ(笑)

120
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 21:04:43
わかりやすいからいいんじゃないでしょか
お前は一日中文学版回ってるのか?
他にいたにもいるのか?

121
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/23 21:07:55
チェスの才能と翻訳者の才能は全くの別物なのですよ(笑)失笑ものですねぇ(笑)

122
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 21:08:53
英語力も上だと認めてるんですがね

123
( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q []   投稿日:2008/04/23 21:15:14
頭がおかしいのではないでしょうかねぇ(笑)若島の英語力とやらは上でさらした通りお粗末な物です(笑)ロリータなど粗探しをすれば幾らでもでてくるでしょうねぇ(笑)

124
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 21:16:31
若島以上の人間がいないという結論になったようですね

125
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/23 21:32:20
>118
若島って数学でも何か実績出してるの?

126
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/23 21:36:56
で、若島のチェスのレーティングはいくつなの?
プロブレムはどうでもいいからさ

127
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/24 06:40:54
ロリータのどこがおもしろいんだろう?

128
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/04/27 23:59:21
若島のチェスのレーティングはいくつなんだ?
実力が数値で出る本試合からは逃げているのか?

129
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/29 16:52:52
「海を失った男」の文庫がデタネ。

GETシマシタ

130
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/29 16:57:31
おめでとう
コメント1件

131
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/29 19:39:31
>130

そういってくれるのは アナタダケダヨ・・・

132
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/29 22:24:22
若島の訳者としての売りがわからん

133
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/30 10:07:37
この男、頭脳、力量、充分過ぎる程だ。

文学者としてあるものが足りない、それも決定的に。
舐めてもらっては困るな、この文学という仕事。

134
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/04/30 12:50:58
何を期待してるんだ?

135
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/12 05:56:30
HPを大幅に改装
コメント1件

136
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/12 10:12:30
>135
ロリータ注釈とか、若島の単行本未収録の評論とか読めなくなったのかな

137
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/12 11:59:57
今のところチェス、将棋のみだね
拡充希望

138
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/12 14:39:07
文学系は完全に廃止なの?
なんで?

139
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/12 14:41:02
これからいれるんじゃなかろうか

140
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/18 09:10:55
> 3行の英文も書けない。 英語では論文・記事、一切ナシ。

英文が全く書けない無能者ということは本当だろうが、そういう無能者の若島でも本場の研究者にとって面白い視点を提供する可能性はあると思う。

http://www.libraries.psu.edu/nabokov/wakashima.htm
Double Exposure: On the Vertigo of Translating Lolita
by Tadashi Wakashima

translated from the Japanese by Jeff Edmunds in collaboration with Akiko Nakata

46 いつも自分がいかにナボコフと「ロリータ」の理解者かを自慢してる男が 短い英語の記事一本が書けなくて、二人に英訳してもらってやっと、か・・・

47 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/04/04(金) 11:38:40
中田晶子さんこそもう少し名前を出していかれるべきなのではありませんかねぇ(笑)若島ごときの理解力ではろくな翻訳が出来ませんからねぇ(笑)

50 誰かガイジンに手伝ってもらって英語に訳すのなら分かるが、それもできないのか。

「自分で書いた記事」を辞書引きながらやっとこさ読んでる若島の姿が目に浮かぶ。

51 http://cruel.org/newwords/newwordslolita.html
ここでロリータの若島訳が山形浩生という人にこき下ろされていて、

「この訳で引っかかる部分に遭遇するたびに、人は悩むことになる。
これは翻訳が変なのか、それとも何かのことば遊びや他の文学
作品への言及なのか? 実は二割くらい前者だが」
コメント3件

141
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/21 14:11:22
山形浩生(笑)

142
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/22 17:42:05
>140やカラマーゾフの兄弟の誤訳を寄せ集めた本を読んだときの
このもどかしさって何なんだろう

143
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/22 18:15:41
ぼくたちに 必要なのは

もう一度何も知らなかった時期に戻って

モノを考えたり・本を読んだりするということでしょうね

144
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/25 02:28:06
若島正って、理学部を卒業してから文学部に1年から入りなおしたの?
それとも大学院から?
あるいは文学部3年から?

145
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 03:58:11
しらん、学歴気になる症乙

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 06:56:21
自分で調べろ

147
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 12:10:06
円城塔論書けるのは若島だけじゃないか?


148
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/25 15:00:44
どうみても谷崎>>>>>>>>>>ナボコフだろ
コメント1件

149
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/05/25 15:04:22
>140
>51 http://cruel.org/newwords/newwordslolita.html
>ここでロリータの若島訳が山形浩生という人にこき下ろされていて、

>「この訳で引っかかる部分に遭遇するたびに、人は悩むことになる。
>これは翻訳が変なのか、それとも何かのことば遊びや他の文学
>作品への言及なのか? 実は二割くらい前者だが」

もっと具体的に指摘してくれないと参考にならないよ

150
( ̄ω ̄)獲らぬ狸 ◆ycr5A7VfSw []   投稿日:2008/05/25 18:34:50
>148
谷崎の悪口は言いたくはありませんが、ナバコフと並べるならばナバコフの方が小説家としては名手になるでしょうかねぇ(笑)

151
(o`.´o)[sage]   投稿日:2008/05/25 18:45:17
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

152
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/25 19:00:26
理系からやってきた人たちってなぜこうも馬鹿なんでしょう。
理系じゃ出世できそうもないからやってきた、ただのチンピラばかり

153
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/26 12:16:47
フィツジェラルドの「夜はやさし」が若島の弟子・森慎一郎の訳で集英社からでたな
春樹涙目

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/05/26 12:18:24
150 151
いつもこの程度の時間差で書き込む自演。

155
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/06 12:14:45
早稲田大学 大久保孝治


若島正『ロリータ、ロリータ、ロリータ』(作品社)を購入し、電車の中で読む。彼自身が翻
訳をした『ロリータ』の研究書だが、最初にナボコフの創作したチェスの次の一手問題の
分析から始まっているのがいかにも若島らしい。若島は若い頃、詰め将棋の作家として
アマチュア将棋の世界ではよく知られた人物である。将棋がほとんど唯一の趣味であっ
た学生時代の私は、京都大学の数学科に若島という将棋の強豪がいることを知っていた
。その彼が、大学院進学のときに英文学に転じたことを知って非常に驚いた記憶がある
。なんで数学から英文学なのだと。もしかしたら若島自身がそのことをどこかで書いてい
るのかもしれないが、私は知らない。しかし、それを知らなくても、その後の若島が英文
学の世界で素晴らしい仕事をしてきたことを知っていればそれで十分だ。それにしても
、この『ロリータ、ロリータ、ロリータ』は詰め将棋作家であった若島の面目躍如たるもの
がある。

  「というわけで、『ロリータ』のすべてを論じ尽くすという意図は本書にはまったくない。
その代わり、目標は小さく設定し、『ロリータ』のごく一部、新潮文庫版でわずか五ペー
ジ足らずの一節を、徹底的に精読する。それはあくまでも読みの実践例であり、ナボコ
フを、あるいは『ロリータ』をどのように読めばいいのか、一つの方向性と方法を提示す
るものである。『ロリータ』全体は文庫版で五〇〇ページ以上あるから、ここで示すような
精読を一〇〇倍以上積み重ねて、初めて全体が見晴らせる場所に到達できるのだとご
了解いただきたい。中間報告にすぎないわたしの実践例を一つのサンプルとしながら
、読者が自分の力で『ロリータ』の読み直しにとりかかる。そんな動機付けに本書がなれ
たとしたら、わたしはそれだけで満足である。」(15頁)

  これが文学的な文学研究の姿勢であるとすれば、社会学者ジンメルの真似をするわ
けではないけれども、私は文学者にはなれそうもない。いかなる意味でも文学者にはな
れそうもない。

156
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/06 13:13:43
読んでないなら読んでないと書けばいいのに

157
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/06 16:18:26
大学院からいきなり英文学を専攻したのか?
英文学科の学生が4年間かけて勉強したことをスルーして他の専攻の人間を入れてしまってもいいものなの?
それじゃあ英文学科の学生は何を今までやってきたんだってなるじゃないか

158
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/13 08:38:31
・日本スタンダール研究会TOP  http://www.geocities.jp/info_sjes/

●会報最新号 http://www.geocities.jp/info_sjes/kaihou/kaihou18.pdf
会報の14ページから
書評 「赤と黒」新訳について 下川茂 

野崎訳『赤と黒』の誤訳もその多くが「語学力不足」による「単純な誤訳」であり、「不自然だなと思う」箇所にある。「それをまずクリア」しなければならないのは野崎自身である。野崎の偉そうな「翻訳論」は机上の空論だったらしい。

誤訳の例としてここに挙げたのはほんの一部にすぎない。大小の誤訳の総計は数百箇所に上る。

野崎訳に既訳と比べて優れている箇所がないとは言わない。野崎が「訳者あとがき」で触れているが、プレイアード新版の注を活かした箇所もある。しかし、私が調べた限り、それらを合計してもせいぜい十箇所程度にしかならない。

『赤と黒』には本稿で使わせていただいた冨永訳をはじめ優れた翻訳が既に存在する。既訳を数百箇所で改悪しておいて、十箇所程度の改良では、新訳と称する資格はない。しかも野崎訳の日本語は慣用から外れた間違いだらけの日本語である。

野崎は直ちに現在書店に出回っている本を回収して絶版にし、全面的な改訳に取り組むべきである。

一日も早く野崎訳が書店から姿を消すことを私は願っている。便々と前代未聞の欠陥翻訳を売り続けるとしたら、野崎には翻訳者・学者としての能力だけでなく、読者に対する良心もないとみなすことにする。

_____________

「回収して絶版にし」  w w w

そんなこと言ったら、若島という無能な男の『ロリータ』新訳も誤訳だらけなんだが。

159
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/13 09:13:54
いや、ロリータはそこまで酷くはないだろ

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/13 10:59:27
若島以上はいないからね

161
( ̄ω ̄)獲らぬ狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2008/06/13 12:32:39
若島はナバコフ協会に所属しておりますからねぇ(笑)それ程表立って叩かれはしないのですよ(笑)
内心、と言うのはあるでしょうがねぇ(笑)

162
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/13 19:42:35
絶対そんなこと無いと思うんだがなあ
あてはまる要素は多いよ

高学歴(亀山学長、野崎東大)
まともな論文書かない
メディア露出多い
やっつけ翻訳(ロリータで一ヶ月だっけ?)

若島、ぜひ光文社で出してくれ
賜物かアーダ

163
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/13 19:52:11
若島は昔下川の立場に立ったことがあるんだよ
「翻訳しなおしたい小説10作」というアンケートで大津栄一郎の「賜物」を
あげたら、大津が怒って反論してきたのに対して、数百箇所の誤訳を指摘して
叩き潰した人間だよ
「乱視読者の冒険」に収録されてるよ

164
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/14 02:32:14
若島って何だろう

学者じゃないよな
翻訳家でもない
ナボコフも将棋も趣味だろ

旅行?

165
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/14 08:02:19
いいね旅行。てか観光がいいなサイトシーイング

166
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/17 12:12:31
将棋とチェスが並はずれて強いだけで尊敬に値する。

167
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/17 20:16:26
将棋は強いんだろうが、
チェスでは強いのかどうか定かではないんでないの?
レーティングはいくつあるのさ

168
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/20 18:46:36
今日若島さんの講演があったんだけれど、この人、人と眼を合わせまいとしてる
コメント1件

169
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/20 18:59:00
どんな講演?
コメント1件

170
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/20 19:08:51
>168
また部屋の照明落としたのかw?
コメント1件

171
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/20 19:54:58
>169
勉強会という名前がついてた
多分たくさん人が来る事を予期していたんだろうけど、20人30人しか来ず、会場変更
私もちょっと通りかかったときにロリータという文字が眼の端に映ったから何だろうと思って見たら、若島先生がこれから講演しますとあったので一応参加
ロリータ一度も読んだ事ないけどねw
>170
映画見せるときには落としてた

172
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/20 20:52:37
しかし、何十年もロリータを研究し続けるほど、
ロリータってのは深い物語なわけ?

173
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/20 21:00:39
若島って何だろう

学者じゃないよな
翻訳家でもない
ナボコフも将棋も趣味だろ

174
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/20 21:03:03
文学というのは趣味でやらないと面白くないんですよ

175
( ̄ω ̄)獲らぬ狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2008/06/20 21:18:12
おやおや(笑)

176
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/21 01:41:42
物語が深いと言うより、書き方が深いんだよね。
コメント1件

177
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/21 02:47:59
>176
具体的にどう深いの?
コメント1件

178
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/21 03:21:53
>177
今日言ってたけどね、

主人公がロリータの家に初めて来る場面

家の内部の描写にネンフィット?がこの家にいることを暗示するアイテムがたくさんある
でも主人公はこの家を出たいから、読者もつられてこの家の場面を終わらせて欲しくなりこのアイテムに気が付かない

初め、主人公はLOっていうのを黒人女中だと推測する
読者はそれによって黒人女中の名前がLOUISEだと知れたときにLOは女中を意味するのだなと確信する
LOUISEがLOと呼ばれる可能性は無いのに

この場面メキシコの土産があるんだけど
この時代新婚旅行はメキシコにいくのが通例だったようで
この土産は新婚旅行の土産であることを意味し
後々ロリータが蜜月ベイビであるという事が判明することとリンクしてる

この場面でタバコトントンするくせのあるロリータ母がでるけど
これもタバコトントンする妊娠したロリータとリンクしてる

このようなこと言ってた
2番目のに関しては日本語版でどう処理されてるのか知らないけど

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/21 03:26:55
ネンフィットて
ほんとうにロリータ読んだことないんだなw

しかしねえ
こういう読み方はやっぱり一種の病気だよ
少なくとも俺は魅力を感じない
コメント1件

180
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/21 03:56:50
>179
正しくは何?ww

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/21 04:03:58
http://ja.wikipedia.org/wiki/ニンフェット

要はロリータことドロレス・ヘイズ

182
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/21 07:43:42
てかわりと不通に使う言葉

183
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/22 15:28:04
大久保訳が懐かしいけど、大久保訳のどこがおかしいのか教えてください。
当方文学には素人です(電子工学専門w)。

184
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/22 16:20:01
出た当時は丸谷才一ほかに酷評されて、
大久保訳は誤訳悪文の代名詞、新訳が必要、みたいに言われてた
が、
若島が新訳だした途端
大久保訳は文庫化にともなって大幅に訳が改善されてて
しかも当時としてはかなりレベルの高いナボコフ研究が織り込まれてる
と、当の若島が発言して今に至る

185
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/22 21:02:11
細かいナボコフ研究はわからないけど、大久保訳ってハンバートやロリータの心理解釈や人物造形に根本的な欠陥があったの?

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/23 12:13:01
エロい人に教えてもらいたいのだがドロレス・ヘイズの愛称がローになるのは普通のことなのか?
さらにそこからロリータという愛称になるのも。
コメント1件

187
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/23 12:16:42
細かく『ロリータ』の謎解きやることの意味ってある?そんなに重要かな?
これをもとにみなさんも再読し続けてくれって、なんでそんな読み方を強制
されなきゃならんのだ?
その暇があるならチェスや将棋をやる方がましだ。

188
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/23 20:32:38
チェスという言葉が出てきたところで

>118
> フィネガンにチェスプロブレムの問題を載せたいから6手詰めで出来上がった
> 図柄が蝶のように見える問題を作ってくれと若島に注文出したら5分で
> ファックスが帰ってきて完璧な問題が出来ていたため、「いったいこの男の
> 頭脳はどうなってるんだ?」と驚いていた

このプロブレムってどこに載ってる?見てみたい。


189
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/06/23 23:49:59
ン? 『乱視読者の冒険』、Amazonで売っているジャナイ!

190
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/25 01:40:37
英語の読み書きもほとんど出来ぬ小谷野だの(ロリータ新訳を出した若島正だの)が日本語で書いた英文学エッセイ本というものは、その存在そのものが珍妙だ。

若島正、生涯で唯一の英語論文:
Wakashima,Tadashi, Between Art and Life--The Case of Philip Roth′s My Life as a Man
The Albion p23〜42,1986/10(ISSN 0568921X) (京大英文学会)

驚いたことに、東大の英文学科も若島正レベルのクズ(英語の記事・論文が書けない)が揃っているようだ。

http://markwaterman.blogspot.com/2007/08/white-paper-on-faculty-of-letters.htm...
> 特に英文学科の教授の研究業績をみると、語学の教師ではあるかもしれないが本当に英文学者かと首を傾げたくなるほどだ。唯一、MITでPh.D.を取ってきた渡邉明准教授の業績は輝いている。

リンク先の http://www.gengo.l.u-tokyo.ac.jp/pdf/KN_1a.PDF を見て驚いた。
上記の言語学教授を例外として、東大英文学の教授、助教授に英語の論文・著作が一本も無い。

742 --- 20年後出しジャンケンして負けた若島の誤訳は文庫本では直ってる?

Lolita(第2部16章) Your license number is on record here.

大久保訳 p.315「あなたのお車番号はこちらに控えてございます」(正しい)

若島訳 単行本 p.294「ナンバープレートはこちらでご記帳ください」(誤訳)

743 いくつか直してるね

745 ちっ。文庫出てから指摘してやるべきだったな。

746 若島の出生の秘密ってなんだろう --- 在日ってことは知ってるけど --- 父親は中国人?

191
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/26 08:21:17
ドロレスってラテン系の名前だと思っていたが、英米にも多いのか?

192
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/27 23:14:05
>186
新垣のガッキーみたいなもんじゃね?

193
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/06/28 00:06:43
ローはママもそう読んでるけど、
ロリータってよんでるのはハンバートだけだろ?

194
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/02 02:13:02
191 ドロレスは英米にも多い。 ぐぐれ。

下川の方は71年に東大を出て、76年に院に入り直している。 野崎は81年に東大を出て多分そのまま院だろうから、既知の間柄だわな。
下川の方は博士は岡山で取っているのがちょっと不思議。 Amazon書評での粘着ぶりを見ると、何かあったんだろうな。 (ソースはREADとRの教員紹介)


作文能力を比較したらこんな感じか?

(英国人、米国人の平凡な大学生の英作文能力を10とする)

山形浩生(米国で修士号)の英作文能力: 6

小谷野敦(英語ダメダメでカナダ留学に失敗し日本に逃げ帰った)の英作文能力: 4

若島正、大橋洋一 の英作文能力: 3

下川茂、「誤訳の野崎歓」 の仏作文能力: 2

「誤訳の亀山」 の露作文能力: 1.5

平凡な日本の大学生 の英作文能力: 1

竹田青嗣 の独作文能力: 0.5

>>> 竹田青嗣はドイツ語が一切できず、日本語訳でニーチェを読んで ニーチェの解説本を書いているらしい。 いくらなんでもひどすぎる。野崎以下。

195
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/02 07:46:48
哲学の学生は語学できない、はデフォ。

196
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/14 17:02:39
若島はフランス語もできるよね

197
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/14 18:48:00
若島正っていう名前はフランス語できそうな名前だな
何でだろう

198
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/15 20:20:41
ドイツ語は出来なさそうだな。そいで、ロシア語はちょっと出来る。

199
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/15 21:35:21
あたり

ちょっとがどの程度か知らないが

200
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/18 10:28:57
>200

GET

201
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/18 14:41:27
なんだ、こいつ・・・・。

202
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/18 15:42:20
若島のロリータには数百箇所にもおよぶ誤訳が含まれている。
これはナボコフ研究を遅らせる犯罪でもある。
これは何も無名の2ちゃんねらが言ってるだけじゃなく
あの山形氏もちゃんと指摘していることだ。
今すぐの絶版を求める。
コメント1件

203
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/19 12:16:14
>202
あの山形氏www

なら若島の翻訳は問題ないなwww

204
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/19 23:07:15
若島正 === 3行の英文も書けない。 英語では論文・記事、一切ナシ。

英文が全く書けない無能者ということは本当だろうが、そういう無能者の若島でも本場の研究者にとって面白い視点を提供する可能性はあると思う。

http://www.libraries.psu.edu/nabokov/wakashima.htm
Double Exposure: On the Vertigo of Translating Lolita
by Tadashi Wakashima

translated from the Japanese by Jeff Edmunds in collaboration with Akiko Nakata

いつも自分がいかにナボコフと「ロリータ」の理解者かを自慢してる男が 短い英語の記事一本が書けなくて、二人に英訳してもらってやっと、か・・・

誰かガイジンに手伝ってもらって英語に訳すのなら分かるが、それもできないのか。

「自分で書いた記事」を辞書引きながらやっとこさ読んでる若島の姿が目に浮かぶ。

205
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/20 13:46:12
若島が今翻訳してるリチャード・パワーズの小説って、
The Gold Bug Variationsで確定なの?
どこからそんな情報出てきたんだ。
これはパワーズの小説の中でもAmazon.comで一番評価が高いから楽しみではあるが

206
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/21 11:33:20
"Gold Bug" は『ロリータ』以前から抱えてたはず。
いつまでも出ないから流れた話だと思っていた。
コメント1件

207
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/21 15:00:07
>206
ロリータ以前かあ、ずいぶん前からだな
それで今はアーダをやっているという話もあるってことは流れたのかあ

208
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/21 15:52:58
10個ぐらいかかえてるでしょ

209
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/07/28 16:47:26
夏休み特別まったり談“名作探偵 KOTEN” ▽ナボコフ「ロリータ」

http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=NLlSbLOf&c=2

210
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/07/28 18:19:28
「ロリータ」三国錬太郎と山崎ナオコーラ出演

http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=NLlSbLOf&c=2

山崎ナオコーラ出演

211
金神弁天[]   投稿日:2008/07/28 18:45:33
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

212
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/18 07:02:00
「ロリータ」

213
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/19 02:15:14
実際、この人ってなぜ教授になれたの?

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/24 00:46:13
この人の解説ってネタバレ多いよね(´・ω・`)

215
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/24 17:10:24
若島さんって海外で生活したこと全くないんだよね?
一時的な出張とかそういうのはなしにして
それでも英文学者として十分な語学力や英米の文化というのは理解できるものなの?

コメント1件

216
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/24 17:22:36
アメリカに住んだら文化が理解できるなら馬鹿でもできることになる

217
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/24 20:00:27
>215はアメリカに住むのはアメリカ文化を理解する必要条件なのではと言っているだけだろ
頭悪いな

218
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/25 21:53:30
若島さんは小説の読み方を教えているだけで、文化を教えているわけではない。
本人は自分のことを小説愛好家である、と言ってるよ。
本の中のことは分かるが、現実のことは海外どころか日本のこともよく分からんらしいよ。

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/09/25 22:01:49
あー、そんな感じ。ノンポリ。

220
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/09/28 18:24:59

221
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/01 19:24:15
日経新聞で王座戦(将棋)の観戦記が始まっている件

222
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/01 19:32:47
>220
若島のエッセイを良く読んでる人なんだなあという感想しか浮かばない
コメント1件

223
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/01 21:14:07
ひどいもんだね
逆にいえば若島正のナボコフ言説の影響力の凄まじさに気分が悪くなる
コメント1件

224
222[]   投稿日:2008/10/02 17:26:05
あ、悪い
本当に若島のエッセイの書評だった

でも>223には同意
この人がロリータ評書いても全く同じ文章になりそうだよな

225
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/02 17:33:01
まあこういう書評になってない書評をする人は多いから、そんな気にすることじゃないかも

226
( ̄ω ̄)獲る狸 ◇ycr5A7VfSw[sage]   投稿日:2008/10/02 21:47:17
http://book.geocities.jp/takobar3/index.html
こちらのサイトなどは如何ですかねぇ(笑)書評になってはおりませんけれどもねぇ(笑)いかにも若島シンパと言う感じが致しますが(笑)
因みに若島本人もBBSの降臨しておるようですが(笑)これは許されるので消化ねぇ(笑)おやはや(笑)
コメント1件

227
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/03 18:50:10
>222-224
お前らw

228
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/10/11 18:52:02
>226
見てないから完全な憶測だが
本人が降臨してるなら
・教え子
・昔の若島HPにあった感想文投稿コーナーの投稿者
のどちらかだろう

229
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/27 19:32:28
黄金虫まだ?

230
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/27 20:22:06
アーダの翻訳してるって本当かよ
ソースはどこなの?
いつになったら出るんだ・・・

231
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/27 20:24:50
早川からでるだろうが
時間かかるんじゃない?

232
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/10/29 16:14:02
進行状況知りたいな
いったいこがねむし何年やってるんだ?
コメント1件

233
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/07 12:18:43
きっと頑張って地道に翻訳していたが
ある日金蔵が焼けて、そこに保管していた原稿がみんな焼けちゃったんだよ

234
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/07 13:53:28
この人もう文芸には飽きてるんでしょ?
早くチェス一筋になりたいよーって日記で書いてた気がする

235
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/07 16:31:04
アーダの翻訳もやってるんだろ
すごい大作をうけもってるな

236
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/11/07 21:49:51
>232
この人ってこつこつタイプじゃないから、
進行状況なんて意味なくねw

ロリータも確か一ヶ月ぐらいでやったんだし

237
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/08 11:59:33
まあね
でもロリータも長年研究の蓄積があったから実質かなり時間かけてるといえる
パワーズの「黄金虫交響曲」はパワーズが日本に来た数年前に若島が京都案内したとき
疑問点をパワーズ本人にぶつけて色々聞きだしたと書いてたから
もう6,7年やってるんじゃないの?
凝りすぎというきもする

238
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/08 12:50:51
ロリータは夏休みの2ヶ月でやったと言ってはいるが、
これは誤訳が見つかったときの逃げ道な気がしないでもない。
ロリータは、翻訳家・文芸評論家として、自身の代表作になるのは明確なのに、適当にやるはずがない。

239
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/08 14:06:09
ロリータはその後文庫に入れる際に誤訳の訂正が行われている
単行本→文庫が1年ぐらいか?その間見直ししてるから時間はかけている

240
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/11/25 15:21:34
若島正氏の17連覇記念詰将棋が配られた。17という数字から解く11手詰め。控え室から羽
生さんがひょっこり姿を現された。「本日はおめでとうございます。」茶々丸さんと一緒にご挨拶
。その後梅田望夫氏を始め多くの方が羽生さんの控え室を訪問されていた。

http://blog.goo.ne.jp/tiger3916/e/12bbd87957da7f159c208ac97d9082bd

241
(o`.´o)materialist[sage]   投稿日:2008/11/25 16:17:18
奇才が放つ尻作(ケツさく)
「おおっ、ロリータ ロリータ」老人は云った。
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=200809100000...

242
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/09 14:33:06
若島さんて将棋倶楽部24で指してるのかな

243
吾輩は名無しである[]   投稿日:2008/12/09 15:37:05
さしてません

244
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2008/12/09 21:23:59


このスレを立てた>1は
この顔のブスおばはんだよんw
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080417/1009508/thumb_250_no...

ほとんでブスおばはんの自演スレだよんw

245
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/02 15:49:43
とりあえずは国書刊行会から二月に刊行予定のチェス小説アンソロジー(若島正編)で一篇訳しておりますんで、それをお楽しみに。

246
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/01/31 21:11:50
2月下旬に、海外チェス小説アンソロジー『モーフィー時計の午前零時』を国書刊行会から出します。
SF,ミステリ、怪奇、ユーモア、普通小説、ノンフィクション……と取り揃えてみました。

247
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/15 11:16:24
「ジョイスの声」訳せ

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/23 19:04:28
モーフィー時計の午前零時

出たよ

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/23 22:21:04
序文 チェスという名の芸術 小川洋子
モーフィー時計の午前零時 フリッツ・ライバー 若島正訳[単行本初収録]
みんなで抗議を! ジャック・リッチー 谷崎由依訳[初訳]
毒を盛られたポーン ヘンリイ・スレッサー 秋津知子訳
シャム猫 フレドリック・ブラウン谷崎由依訳[初訳]
素晴らしき真鍮自動チェス機械 ジーン・ウルフ 柳下毅一郎[初訳]
ユニコーン・ヴァリエーション ロジャー・ゼラズニイ 若島正訳[新訳]
必殺の新戦法 ヴィクター・コントスキー 若島正訳
ゴセッジ=ヴァーデビディアン往復書簡 ウディ・アレン 伊藤典夫訳
TDF チェス世界チャンピオン戦 ジュリアン・バーンズ 渡辺佐智江訳[初訳]
マスター・ヤコブソン ティム・クラッベ 原啓介訳[初訳]
去年の冬、マイアミで ジェイムズ・カプラン 若島正訳[単行本初収録]
プロブレム ロード・ダンセイニ

250
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/23 22:44:51
全部若島正が訳したわけじゃないのか
翻訳家でもなんでもない素人が混ざってないか?
なんていい加減なんだ・・・
コメント1件

251
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/24 14:59:54
帯は羽生善治

序文は小川洋子

252
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/25 02:22:36
>250
素人なんていないだろ。全員本職の翻訳家じゃないか

あと、こういうアンソロジーを一人ですべて翻訳するのはまれだと思うぞ

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/02/25 16:21:59
いや、翻訳家じゃない人が混ざってる。

254
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/02/25 16:45:55
誰?

255
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/04 14:20:24
原啓介は翻訳者じゃないみたいね
数学者?

チェスが得意な理系の研究者で若島と友達

256
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/14 19:46:26
http://members.at.infoseek.co.jp/juumei/p300.htm

表題:第六回読売アマ日本一決勝戦
先手:若島正
後手:小池重明

真剣師小池重明とアマ名人戦で対局していたとは
コメント1件

257
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/14 22:05:00
>256
新宿の厚生年金会館での、公開対局だった。
優勝賞金100万円、準優勝は50万円。

258
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/03/14 23:11:17
チェスなんてコンピューターが一番強いんでしょ
コンピューターに金やれよ

259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/15 01:19:24
『アーダ』まだかいな

260
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/03/15 02:25:04
院生がうつになる確率高いな

261
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/04/02 19:06:26
アマゾンのレビュー見たら、ロリータより前にロリータコンプレックスという
言葉が出来てたと勘違いしているレビュアーがいて苦笑。

262
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/10 05:38:41
ho

263
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/05/22 15:30:25
若島のヒュー・ケナー「機械という名の詩神」の書評みんな読んでるみたいだね

264
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/06/30 18:52:04
ホームページ無くなった?

265
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/30 18:55:05
あるだろ

266
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/06/30 18:59:07
なくなってた

267
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/03 16:57:56
>140
>51 http://cruel.org/newwords/newwordslolita.html
>>> ここでロリータの若島訳が山形浩生という人にこき下ろされていて、

>「この訳で引っかかる部分に遭遇するたびに、人は悩むことになる。
> これは翻訳が変なのか、それとも何かのことば遊びや他の文学
> 作品への言及なのか? 実は二割くらい前者だが」


若島訳が稚拙なのは、本当だろうが、

もっと具体的に指摘してくれないと参考にならないよ

268
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/09 07:39:48
若島の訳は、特に、「C行」を無理やり「カ行」にしたり、
ロリータに現代語をしゃべらたりしてるところが気に入らないな。

269
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/17 12:01:49
ロリータの若島訳が出版されたのが10年ほど前だったら
ロリータはコギャル語をしゃべってた気がしてならない
「マジで〜?チョベリバ〜!」みたいな

270
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/30 20:24:13
朝日アマプロ角落ち戦1979年4月15日
下手:若島正氏
上手:大山康晴十五世名人

△8四歩 ▲7六歩 △6二銀 ▲6八銀 △5四歩 ▲5六歩
△5三銀 ▲5八飛 △4二銀上 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 角
△5四歩 ▲7七角 △4四歩 ▲5七銀 △4三銀 ▲5六銀
△5二金右 ▲4六歩 △4二玉 ▲4八玉 △6四歩 ▲3八玉
△6三金 ▲2八玉 △7四歩 ▲3八銀 △9四歩 ▲9六歩
△5二金 ▲1六歩 △1四歩 ▲5九金左 △7三桂 ▲4八金左
△8五歩 ▲4七金 △5一玉 ▲3六歩 △6五歩 ▲3七桂
△6二玉 ▲9七香 △8四飛 ▲5九角 △7五歩 ▲同 歩
△6四銀 ▲5五歩 △7五銀 ▲5四歩 △同 銀 ▲4八角
△6六歩 ▲同 歩 △7四飛 ▲5五銀 △5三歩 ▲4四銀
△8六歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五歩 △4三銀 ▲同銀成
△同 金 ▲6五歩 △7九飛成 ▲5九飛 △7八龍 ▲8四歩
△8二歩 ▲3二銀 △4二金 ▲2一銀成 △6五桂 ▲1一成銀
△6七歩 ▲5六飛 △8九龍 ▲6四歩 △同 金 ▲7六桂
△5七桂打 ▲3九金 △7五金 ▲5四歩 △同 歩 ▲同 飛
△7六金 ▲4五桂 △6三玉 ▲5一飛成 △7四玉 ▲4二龍
△8五玉 ▲6二龍 △7七桂成 ▲3三桂成 △9七銀成 ▲5七金
△9六玉 ▲6五龍 △6八歩成 ▲2六角 △8七玉 ▲5三角成
△9八玉 ▲2九金 △6七金 ▲同 金 △同 と ▲3七玉
△8七成銀 ▲2五香 △4一桂 ▲4二馬 △3三桂 ▲同 馬
△3一香 ▲4二馬 △3二金 ▲4一馬 △3四銀 ▲4四金
△2五銀 ▲同 龍 △4七歩 ▲5五龍 △5六歩 ▲同 龍
△2五桂 ▲4七玉 △2九龍 ▲9六龍 △9七成銀 ▲2九銀
△5七金 ▲3八玉 △9六成銀 ▲9九歩 △8七玉 ▲7九桂
△8八玉 ▲9八飛 △7九玉 ▲9六馬 △7八歩 ▲9七馬
△6九玉
まで151手で上手の勝ち

271
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/31 00:23:36
将棋は全然わからない。
チェスならわかるんだが。

272
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/30 12:25:46
『フィネガンズウェイク』 -------- 宮田抄訳 が良い

柳瀬訳 はクズ 「勝手に必要を超えたカバン語作ってんだから」

柳瀬訳 は一行目から誤訳だらけ

riverrun, past Eve and Adam's, from swerve of shore to bend,
of bay, brings us by a commodius vicus of recirculation back to,
Howth Castle and Environs.


     せんそう   れいはいてい す  ね  きしべ わ きょく
Yanase: 川走、イブ・アダム礼盃亭 を過ぎ、 く寝る 岸辺 から輪ん曲する


Miyata: 川は流れる。 「イブとアダム教会」を過ぎ、弧を描く河岸 から 湾曲する


riverrun には「戦争」という意味はない。 柳瀬訳 は第一語から誤訳


273
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/09/30 12:27:46
riverrun には「戦争」という意味はないし、最初のセンテンスにも「戦争」は出て来ない。
「礼盃亭」も不要で醜悪。悪趣味。

宮田抄訳、柳瀬悪訳 を比べれば読めば、柳瀬の悪訳ぶりは一目瞭然だが、検索してみても、皆、温厚で柳瀬に優しいね。

柳瀬悪訳 の珍妙さ(醜悪さ)を論じてるページがあれば教えて下さい。


柳瀬は、こんな↓悪訳もしてた。(柳瀬は以前には良い仕事もアリ)

Amazon: チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダール、 評論社、2005)

■> あとがきで旧作の翻訳家批判をしているが、 これが本書の質を落とす一因となっている。 載せるべきではなかったと思う。

■>>> 名前の「ソルト(塩)」を「ショッパー」としたり、「ティーヴィー(TV)」を「テレビスキー」としたりするのは、翻訳家の内輪受けの悪ふざけとしてはおもしろいのですが、
それを世間一般の子供たちに提示するのはいかがなものでしょうか。翻訳者の分をわきまえてほしいものです。

■> この訳者には、この物語がまず「子どものためのおはなし」であるという認識が決定的に欠けている。
〈こんなに新しくて気の利いた訳〉をやってのけた俺ってどうよ? とでも言いたげな、大人の読者の目を意識した『斬新な言葉遊び』とやらにはうんざり。
当方は田村訳でじゅうぶん。これは読まなかったことにします。

■>>> あとがきを読んでさらにガッカリ。自分の訳に自信があるからと言って「原文理解が本当に出来ていたのか?」などの旧訳者を馬鹿にしたようなあの書き方は非常によろしくない。
しかももう亡くなった方のことを。【・・・】 翻訳者としての人間性を疑います。

■> 新訳がとてもよろしくないです。ダールが生きていてこういう訳され方をしたらどう思うのでしょうか。これを最初に読んで変な印象がついてダールの作品がつまらないと誤解してしまうのは勿体ないことです。


■■■ Joyceには柳瀬という害虫が、Nabokovには若島という害虫が付いて、それぞれ悪訳を出している。

柳瀬、若島、どちらも Joyce、Nabokovが楽しめるだけの英語力がない。

この二人のクズが「理解者」気取りで解説・紹介してるので、 Joyce、Nabokov の素晴らしさを知らずままの人が多そうで、残念だ。

274
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/02 15:31:33
王座戦の観戦記者やったみたいだね


http://upp.sakura.ne.jp/src/upp30478.jpg

(両対局者のほか、桐山九段・谷川九段・西川七段=写真右手前から=
なども姿を見せている。羽生王座と山崎七段の間にいるのは、観戦記担当の若島正さん)

275
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/07 12:55:05
群像でナボコフ論
コメント1件

276
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/07 15:58:25
>275
むかしはそういうのあれば買ってたんだが、今ナボコフどうでもよくなったなぁ・・・

277
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/10/19 18:27:46
アーダ
翻訳してるって書いてたな
ブライアン・ボイドが

278
ヤオチューハイ[]   投稿日:2009/10/19 19:00:06
そーず

279
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/10/20 02:01:26
あーだはまーだかい

280
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/12/26 16:03:19
豊崎と柴田とはどんな話したんだろう?

281
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/14 15:02:28
はやくしろ

282
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/14 17:29:10
ロリータがものすごい美文というなら谷崎級の文章で訳してほしかった

283
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/15 07:37:38
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

284
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/07 09:40:48
中崎町のitohenっていう本屋さんで若島正がトークショーやるとか。
3月12日(金) 17時30分?。http://www.skky.info/itohen/news/index.html

285
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/07 23:27:29
トークショーはアーダを訳してからにしてよ

286
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 19:40:54
2001年12月10日 TrackBack
昔の雑誌を読み返していたら、懐かしい話題を見つけた。
若い部員は知らないと思うので紹介する。
将棋世界昭和63年4月号の付録に「タイムトライアル112」というのがあった。
プロ棋士達がどれだけの時間で解けたかが載っていた。
初級編(3手・5手詰)40題で、谷川4分21秒 森内4分26秒 村山4分39秒 
羽生4分40秒 佐藤4分59秒 田中5分28秒 浦野5分48秒 清水女流7分55秒 
塚田8分35秒 沼15分20秒 山田女流22分52秒という結果だそうである。
これを見た岡田敏氏(あぶり出しで有名な詰将棋作家で全日本詰将棋連盟会長)
が挑戦したところ8分34秒だったという。ところが、
とてつも無く凄い人が居た。そう、あの若島正氏(詰将棋の神様のような人)
である。何と!2分29秒!!1問あたり約3.7秒である。頁をめくる時間を考えたら
3秒くらいで解いている計算になる。ちなみに今の若島氏は詰チェスに転向し、
日本人初のインターナショナルマスターとなっている。
「詰将棋でやりたい事が無くなった」のが転向の理由とか

287
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/21 18:58:32
http://twitter.com/propara


若島先生始めたよ

288
イノウエ・アル[]   投稿日:2010/03/21 21:49:25
若島先生と一局チェスの勝負をした知人がいまして、
案の定負けたわけなんですが、若島先生は対局をすべて記憶していたそうです。
若島先生の訳したナボコフの『ヴェイン姉妹』は
純粋に抒情的な『フィアルタの春』以上に技巧の冴えがこころに響く小品でした。

289
イノウエ・アル[]   投稿日:2010/03/21 21:53:42
柳瀬先生の訳したボルヘスの『幻獣辞典』はお疲れさまですとおもえるんですが、
以降の先生の文章は翻訳もふくめてなんだかすごく不毛な感じがします。

290
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/21 22:18:13
そのとおりです

291
イノウエ・アル[]   投稿日:2010/03/21 22:31:37
『ロリータ』にかんしてのほとんどぼくの妄想なんですが、
″ローラ・ドローレス″、『吸血鬼幻想』で種村先生が
″ドローレス″はスウィンバーンの詩からの借用かもと指摘してましたが、
それでは″ローラ″はひょっとして同じ吸血鬼関係のレ・ファニュの
『カーミラ』にでてくる主人公のローラからですかね?

292
イノウエ・アル[]   投稿日:2010/03/21 22:36:04
これも似たような妄想ですが、ローラの友人で真っ先に登場する″ローズ″の名前は
ラスキンの幼な妻である″ローズ・ラ・トゥーシュ″からかなと。
どうもナボコフとジョイスは深読みがひどくなる傾向が...

293
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2010/03/21 23:00:33
Rose and Ruskin's romance is alluded to in Nabokov's novel Lolita.
とまで英語版ウィキペディアにかかれておりますから、あながち嘘ともいえぬのでは(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

294
イノウエ・アル[]   投稿日:2010/03/21 23:08:28
ラスキンとローズの恋の物語は『阿片常用者』のド・クインシーとアンや
ボリス・ヴィアンの『日々の泡』を思い起こさせますね。

295
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/22 10:57:09

296
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/15 07:20:08
大学院のゼミで、出席者の半数近くが海外からの留学生という驚くべき事態になっている。
しかも、その全員がナボコフの愛読者だからやってきた、というのでますます驚き。
日常的に、自然に国際化している。楽しい。

297
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/15 09:04:31
ほんとかよ

298
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/29 18:32:50
ショーン・オフェイロンの短篇選集を翻訳中。
昔に買ったPenguin版の短篇集The Talking Treesが、
何度も読みすぎてついにバラバラになってしまった。"
Hymeneal"を再読するたびに泣けてくる。ええ話やなあ、これ。

299
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/25 19:17:25
浅田彰プロデュースによる『世話噺数理巷談』(『森毅の学問のススメ』ちくま文庫)
の森毅VS森敦対談で、「数学を志していたのに、詰将棋にはまってしまい、
とうとうそっちに行ってしまった学生」の話が出てくるが、それは言うまでもなく
わたしのことです。 12分前 webから

propara
Problem Paradise

http://twitter.com/propara/statuses/19486832659

300
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/25 19:18:45
森さんに直接教わったことはない。しかし、わたしが出入りしていたゼミのT先生は森
さんと一緒に共同研究室住まいをしていたので、どうもわたしのことはそこから
筒抜けだったようだ。『現代思想』のゲーデル特集号で、わたしがかつて
ゲーデリアンだったことを森さんにばらされているのはそういう理由。 18分前 webから

propara
Problem Paradise
http://twitter.com/propara/statuses/19486638461

301
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/07/25 19:55:54
大学1回生のとき、森さんの授業に何度か出たことがある。教室は満員だった。
今でも印象的なのは、煙草を吸いながら講義していたこと。
チョークと煙草の扱い方が名人芸で、煙草を消したと思えばまた一本
火をつけて手にしている。講義の内容はそっちのけで、その奇術師の
ような手捌きに見とれていた。 約1時間前 webから

propara
Problem Paradise

302
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/07/26 00:26:36
そういや若島は元々数学出身だったか

303
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/08/25 12:14:30
作品社からのナボコフの邦訳について、追加情報をひとつ。若島正氏が現在翻訳して
いる作品は、ひとつだけではありません。2点です。短篇全集2冊の新装版とあわせ、
4冊が待機中ということになります。乞うご期待。 6:20 PM Aug 23rd webから


sakuhinsha
作品社

304
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/08/25 18:35:35
ロリータの大久保訳復刊しないかなー

305
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/08/27 21:37:20
少し先の話を。SFマガジンの新年号から、「乱視読者の小説千一夜」という新連載を
始めます。相変わらずの、海外小説をめぐる与太話ですが、五年は続けたいと
思っていますので、どうぞよろしく。 2分前 webから
http://twitter.com/propara/statuses/22262932425

propara
Problem Paradise

306
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/08/29 18:18:03
四股かけてねえで早く訳せコラ
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
報道ステ−ション★3 (782)テレ朝実況
☆ダウンタウンDX★卓球金メダル吉村真晴が美技披露 ★1 (1001)NTV実況
☆ダウンタウンDX★卓球金メダル吉村真晴が美技披露 ★2 (87)NTV実況
櫻井・有吉THE夜会★1 (877)TBS実況
有吉ジャポン ゴールデン!芸能人のリアルお金事情大調査SP ★5 (926)TBS実況
とんねるずのみなさんのおかげでした  ★2 (789)フジ実況
秘密のケンミンSHOW!北海道最強ラムしゃぶ&新潟転勤はるみ絶景ビーチ★3 (518)NTV実況
<木曜劇場>セシルのもくろみ #06 ★1 (474)フジ実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【話題】舛添要一氏、テレビ復帰切望!現在の月収11万円で「生活の糧が必要なんです」 (634)音楽・芸能ニュース
【卑劣な人体実験】NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評「同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元」 (1001)ニュー速+
【アメリカ】米ネット企業、白人至上主義排除の動き相次ぐ ★2 (1001)ニュー速+
【女子バレー】韓国代表キム・ヨンギョン、スポンサー契約している日本製シューズのロゴ隠して「大韓独立万歳」のテープ貼って試合に★2 (910)音楽・芸能ニュース
【ネット】「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到 制作意図は答えず★8 (1001)ニュー速+
【仮想株式】VALUで価格つり上げ→全株売却 YouTuberヒカル氏に批判 全株買い戻しへ 運営会社「新たなルール作る」★4 (300)ニュー速+
ゾウガメ「15分で発見」…園長が語った「大きな声では言えないこと」 調べる必要ない場所、甲羅ピカピカでお腹も空かせている様子なく… (1001)ニュー速+
【国連】日本海呼称問題 韓国がまた「東海」との併記主張、日本は反論 (570)ニュー速+
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (518)
【仲の良い】文学板雑談スレ237【塩対応】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (877)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
純文学5誌総合スレ第61巻目 (1034)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (181)
夏目漱石 八十四夜 (759)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (886)
西村賢太 21 (735)
町田康8 (952)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (213)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (886)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+2【120度】 (127)
タブーなし!ビートたけし「安倍政権メッタ斬り」 (71)
三島由紀夫Part54 (342)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (406)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
文学板でレイシズムについて議論しよう vol.4 (471)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (634)
トマス・ピンチョン12 (926)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
文学理論 10 (434)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: