板検索:
●●●芥川賞候補予想→受賞作予想29●●●(957)
まとめビュー
1
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/15 22:44:34
前スレ
●●●芥川賞候補予想→受賞作予想28●●●
文学板の別スレッドへ


2
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:45:46
たててよかったよねぇ?

3
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:47:44
あーあ・・

4
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/15 22:49:02
しーらないっと!

5
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:49:11
熱い思い、青臭さを忘れてはならない、というのがイソケン受賞による結論、でいいのかしら。
小手先で勝負してはなりません。

イソケンの今回の作品がダメって話じゃなくてね。

6
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:50:05
あれぇ、俺あかんことしてもうたんかなあ。

7
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:50:50
イソケン・オブ・ジョイトイ

8
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:51:20
インケン・オブ・ブンガクカイ

9
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/15 22:52:47
前回ポトスライムの人、めざましで電話出演してましたね。
今回はどうでしょうか?

10
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/15 22:53:00
実を言うと磯崎さんの作品を読んでないんですよね。

11
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 22:54:05
さて(笑)

12
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:54:52
ん、俺も。
肝心の子供しか読んでない。
ツムラさん出演は漢方薬会社の後援があった、とか、なかったとか。

13
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:55:46
紫 花はかいとるのか?
実作者?


14
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 22:56:51
手始めに何万部刷り?

15
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 22:57:04
外国語は出来るのですか(笑)おやはや(笑)

16
(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ []   投稿日:2009/07/15 22:59:12
狸はイソザキ作品読んだの?

17
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/15 23:00:15
建築会社の後援があってもよさそうなものですが…

18
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 23:00:59
読んでおりませんれどもねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

19
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 23:01:20
本谷さんの読んだけどさ、新幹線で読んだけどさ。
途中でパニック発作起きた。
人生二度目の発作だった。

20
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/15 23:06:04
つっこみたい…

21
(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ []   投稿日:2009/07/15 23:12:22
でも狸は南米文学も詳しいよね。

22
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/15 23:13:48
パニック障害の人はMDMAを飲むと改善すると思うんだよな。

23
(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ []   投稿日:2009/07/15 23:14:58
マジックリアリズムとか詳細に語れそうだよな。

24
(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ []   投稿日:2009/07/15 23:16:36
俺は百年の孤独よりも枯木灘の方が凄いと思うけど。
コメント1件

25
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 23:39:39
南米文学で全作品読んだ作家と言いますとルルフォですか(笑)ところでこのルルフォの訳者ですけれども、ちと興味深い事を書いております(笑)
これから現代風の小説を書こうとしておる方々への、南米からのメッセージのような物です(笑)おやはや(笑)以下適当に纏めて引用しますか、

日本語→英語の訳を、スペイン語に翻訳するソログレン夫婦と「歌舞伎を見た帰りに」銀座の洋書屋へ立ち寄ったぼく(ルルフォの訳者)は、
ソログレン夫人に村上春樹や吉本ばななの英訳を進めてみるが、まるで興味が無い。
スペインでも村上吉本の小説が翻訳されているが、批判も多い。それは村上吉本の小説が従来の「日本的ではない」小説だったからだ、と(笑)
「どこにでもあるような世界が描かれているのでしょう?」と眉をしかめて言うソログレン夫人。
日本人の書く小説は欧米の都会に暮らす人間に共通な現代であり、言葉は違えど、共時的なテーマが描かれ文体にも違いが無くなった。
そういう手段でしか日本の作家は書いていくことができない、と(笑)

26
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/15 23:44:12
朝鮮人の デキレース 文学賞

27
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 23:45:52
だけれども、異国趣味ばかりに引き付けられてい言う訳では無いけれど、外国人はどうしても「日本的な」小説を期待してしまう、と(笑)
日本の微意意識や風俗に関心が引かれ、新しい世代の作家などよりも三島川端谷崎と言った作家の方が興味がある、と(笑)
この本よ、と言いつつソログレン夫人が手に取ったのはなんと「少将滋幹の母」
抄訳したことはあるが全訳をしてみたかったの、ということである。もうスペイン語訳が出ていても構わない、それでも訳してみたい、とのことである。

28
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/15 23:49:07
この基準に照らし合わせてみれば、今回の芥川候補なんぞはばっさりでしょうねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
それとは反対に日本礼賛する外国人なんぞ見たこと無い、と外国人の知り合いの多い方はそう断言しておりましたか(笑)どちらが正しいので消化ねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

29
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/15 23:52:30
南米からのメッセージ、拝受いたしました。
しかし外国の若い世代はまた違うのではないでしょうか?
外国の友人がいれば質してみたいものですが…

とはいえ、私もたとえば南米なら南米的なものを読みたい、と思う気持ちもありますね。

30
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/16 00:07:27
これが約十二年前に書かれた文章なのですけれども、当時と余り様相は変わっていない、のではないでしょうかねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
http://akisugak.blogspot.com/2008/03/mario-bellatin.html
若い作家のレスポンスとしてはこんなところでしょうか(笑)やはりこれからの日本作家は回帰、でしょうかねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

31
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 00:12:58
今回の磯崎の受賞は別の意味で俺には衝撃だった。
つまりあんな古典的なモチーフと文体で平成の芥川賞を取れるんだ、と。
もちろん皮肉でも中傷でもなく、純粋な感想。
コメント1件

32
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 00:22:09
>31
>つまりあんな古典的なモチーフと文体で平成の芥川賞を取れるんだ、と。

つまり、なんかたりねんだろ?

33
( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw [sage]   投稿日:2009/07/16 00:23:27
恐らく如何足掻いたところで、西欧人があるいは北米南米の作家達が、日本人のアメリカナイズ(笑)された生活を受け入れる訳は無いのですよ(笑)おやはや(笑)
オタク文化、などというものもある種のオリエンタリズムもあるのでは、というきもしないではありません(笑)所謂hentaiが日本で規制されて、そのデーターが外国で保管される、ということもあるやも知れませんねぇ(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)
ですから小説はあくまで表面上は日本文化に則って書かねばなりません(笑)おやはや(笑)そうしなければ活路は開けませんよ(笑)おやはや(笑)

34
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 00:23:30
このバカ女が! まで読んだ。

35
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 00:25:35
>24
枯木灘は評価するけど、百年の孤独もええわな。
何度か読んだがその度にええわと思うし。

36
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 00:33:11

芥川・直木賞は、審査員の顔ぶれが・・・w

こんなんからもろても全然嬉しくもないと思えるような・・・

最低w

37
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 01:19:29
>36
品のいいのがいないねぇ。テレビで料亭に入る所をやってたけどさ。
しかしnhkは心得とる。得ろ作家は映してなかったから。

38
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 03:26:44
欧州人の友人が何人かいるんだけど、彼らは日本の文化が大好きだと言うね。
でも主に彼らが興味を持つのはアニメや漫画なんだな。萌えカルチャーとか。
日本語を学習していて文学とかを突っ込んで探求しようとする人はいないね。
まず小説を読むという習慣がないんだよ今の若者は。これは全世界共通だね。
逆にそういう人たちが興味を持つ作家は村上春樹であり吉本ばなななんだな。
彼らにとって読書は勉強でしかなく漫画やアニメの娯楽性には勝てないのさ。

39
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 03:30:24
そして俺自身は漫画やアニメに全く興味がないにも関わらず、
彼らに文学の魅力を伝える言葉を持たないんだよ。
それは日本人に対しても同じだね。話題になりうるのは映画かな。

40
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 03:47:03
世間的にはどうしようもない受賞者を選んじゃったよな
いや、小説読みとしてはいいんだろうけどな

41
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 03:55:15
俺らが認識すべきなのは、今や「文学」は必須の教養ではないし、
読書をする人間は「変態」とは言わないまでも確実にマイノリティだということ。

これからの日本文学はどこへ向かうべきなのかわからないけれど、
どんどん二極化していくだろうね。読書する人間=マイノリティに向けた文学か、
読書しない人間=マジョリティに向けた文学。後者は村上春樹のようなものだろう。

マイノリティに向けた文学は、やはり狸の言うようなものを目指すべきだろうね。
コメント1件

42
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 03:59:28
>41
せめて、磯崎シリンW受賞にするべきだったな
シリンが受賞してたら、日本全国大盛り上がりだったはずなんだよな
「あのイラン人の美人見た?」って話題で
たぶん明日会社に行っても芥川直木賞の話題は皆無だな・・

43
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:03:07
果たしてそれがいいのかどうか。。。
もうどうしたらいいのかわかんないよね。
やっぱりもう文学は滅びる運命なのかな。
文学が新しい形で生き延びる道はないのか。。。
それがケータイ小説とも思えないし、どん詰まりだね。
コメント1件

44
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 04:03:55
ここまで盛り上がらない芥川賞も近年めずらしいな。
磯崎カワイソス。
コメント1件

45
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:07:07
でも42の言うような手でも使って文学を延命せざるを得ない状況なのかもね。
選考委員のやつらは金に困ってないやつばかりだし、所詮どうでもいいんだろう。
自分たちがなんとなく偉そうに見えればそれで満足なんだろうな。死んじまえよ。

46
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 04:09:42
>43
俺たち(読者)がもっと割りきりゃいいんだと思う
芥川直木賞は本を読まない人向けの賞
だからシリン本谷西川あたりに受賞させておく
磯崎には野間文とかそのへんをあげる
出版不況なんだから芥川直木に理想を求めてる場合じゃないんだよ
明日学校や会社で話題になる人にあげときゃいいの

47
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:14:27
そうかもね…でも純文学作家って基本的に芥川賞取らないと食えないんだよな。
例外もいるけどさ。貧乏な人にやるべきだからポトスライムは良かったと思う。
でも今回の人は三井物産でしょ。選考委員って本当に何も考えてないんだよね。

48
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 04:15:18
>44
カワイソスだけど、磯崎の話なんて一般人はしないだろうな
綿矢金原川上みたいなアホな作家に受賞させるのも、仕方ない事なんだと最近気付いてきた

49
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:17:12
やっぱり話題づくりに走るべきなのかね。悲しいね。

50
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 04:20:10
芥川直木賞=CMなんだよ
読書家なのにそこに理想を求める奴はちょっと甘すぎるんじゃないか?
読書家なら野間山本谷崎読売そういうのを評価してやりゃいいんだよ
今まで以上に

51
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:24:02
今回に限って言えば本谷とシリンのW受賞を期待してたの俺。
さっきから言って文句は何なんだって感じだけど。
俺イラン人好きだし、本谷には結構期待してるんだよね。
読んだことないんだけど(笑)文学に詳しい数少ない友人が
本谷の小説を絶賛していたというそれだけの理由なんだけど。

52
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 04:46:58
三井オッサンより売れない純文学作家(松波)にでも受賞させてやればいいのにと思ったが、甘いかw

53
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 04:51:09
いや、ほんとそうだよね。作品読んでないんだけどw

54
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 05:07:17
モトヤは気合い入れて直木賞ねらえ
純文学ではないよ

55
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 05:09:34
純文学でいいじゃない。

56
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 05:15:48
直木賞は芥川賞よりレベル高いよ
個性で誤魔化せないから

57
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 07:34:18
> 本谷有希子さんの「あの子の考えることは変」(群像6月号)は、
>1回目の投票では2番目に高い評価だったという。だが山田さんは
>「トータルでは面白く、評価も高かったが、小説でやるべきではない。
>芝居のせりふなら面白いんだけど…」とやや辛口の評価。
山田もたまにはいいこと言うな

58
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 08:28:41
身勝手に選ばれたものなんて読みたくないし、そこに価値もない。
読者にとって賞なんぞ意味なし。だいたい時代遅れ。
選ぶ人間がどれ程なんだ?って

59
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 09:19:22
沖縄豚ハイは永遠に嫉妬の奴隷w
コメント1件

60
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 09:37:23
ちょっと出来レースやりすぎたから、
今回はまっとうなところに落ちつけた感じだね。
本谷は直木賞に行くべき。三浦しをんみたいに
出来レースで賞をもらえるかもしれないぞ。
三浦しをんが売れてないのでブスはダメだと
思ったかもしれない。

61
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 10:12:50
>59
鎖つけようね@どっちり重いヤツ 

62
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 10:17:27
新潮のサイトに冒頭が少しだけ掲載されているのを読んだが、
やたら読みづらいと思うのは自分だけか?
数十年前の翻訳調を意識してわざと読みにくく書いたつもりなんだろうが
描写のレベルがいまひとつな上に
文と文のつながりがあまりにもぎこちないから
単に拙いようにしか感じられない。これ悪文だろ。

…ということは内容的に相当優れているのか?
でも最近の受賞作はどれも変な日本語のような気がするから自分のせいか。
コメント1件

63
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 10:31:24
>62
読みにくい、それは「異化」ですね。
異化する目、イカスルメ。
コメント1件

64
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 10:34:34
>63
いや、そういう狙いはあるんだろうが
成功してないのでは?と書いたつもりだったんだが。
コメント1件

65
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 11:02:19
>64
ふむ、成功しているかしていないか。
それは難しい問題ですね。
ミヒャエルエンデでも読みますか。

66
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 11:06:23
受賞後のこの閑散ぶりを見ると未映子受賞のときの祭りが懐かしいな・・・。
なんだかんだ言ってお前らみんな未映子のこと好きなんだな。
好きな女ほどイジメたくなるっていうあの心理だったんだなw

67
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 11:14:04
財務会計講座(2年目担当職対象)
ラインマネージャーのための人材育成研修
管理職のためのメンタルヘルス基礎講座

68
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 11:16:19
本谷さんに直木賞は無理だよ

いずれ、芥川賞は穫れるでしょ、川上だって受賞しちゃったんだから

コメント1件

69
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 11:27:21
ちょww
評論家に人気だったよもぎが
石原にだけ支持されてたんだとwww

70
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 12:02:54
>68
川上は明らかに文学よりじゃん

71
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 13:12:47
三井物産でバリバリ仕事やってるオサーンに小説は書けないと思う。
小説家は世捨て人(社会を外側から見る視点のある人)でないと良いものは書けないよ。
石原慎太郎や田中康夫、村上龍なんかが小説家として大成しなかったのがその良い例。
これらオサーンたちは世捨てどころか社会のど真ん中で言いたいこと言ってるしw
コメント1件

72
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 13:34:55
今時の小説家なんて大手出版社の下請け労働者

73
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/16 18:12:34
今回もめざましで電話出演ありましたね。
知名度のある方、たとえば未映子嬢はスタジオに呼ばれる、
且つ、ドキュメンタリー映像も用意されるという待遇。
それ以外は生電話。しかしこの生電話企画もここ数年の話ですね。
芥川賞を注目させよう、という意図が感じられました。
もちろん良いことだと思います。願わくば冒頭1Pほど映してくれれば尚良い。

74
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 18:41:02
三井物産辞めて専業になる根性あるなら本買ってやってもいい
サラリーマンという逃げ道を確保しながら文学なんかできるかゴルァ!!

75
無名草子さん []   投稿日:2009/07/16 18:55:22
ここで書いてる奴は、わかっていない。
芥川賞の前に、文学賞があって、そこで作家が入ってくる。
だから、カスみたいなのしか入らないと、芥川賞候補もカスになる。
芥川賞の候補が、駄目になったのは、それが関連してる。
いくら良い作品を選べと言っても、無理がある。

コメント1件

76
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 18:58:20
>75
>文学賞
そうか、文学賞が問題なのか。
コメント1件

77
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:08:56
その、有給だらけの人生からつむぎだされる小説ってのが審査員には新鮮だったんだろう
空気読まずに魂の流れるまま書く太宰タイプが日の目をみることもたまにはあるが、ね。
とにかくサラリーマン小説だね。

発想が近代。
コメント1件

78
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:16:00
ちゃんとした職業に就き、顔立ちも整った
平穏で悩みの無さそうなおっさんだよな。
読む気がまったくしない。

79
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:21:13
>76
>そうか、文学賞が問題なのか。

わざわざ第三世界人を仕立てて、芥川賞にまで潜り込ませたのに
日本のサラリーマンに破れる新人賞はホント問題多々。

80
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:23:38
>77
>審査員には新鮮だったんだろう

違うな。
他に選択肢がなかったからだ。
一押しがなく授賞を渋る選考委員につけ込んで
「コレなんかいかがでしょう」と横から口を挟む
編集者ってのは、安吾の頃から変わらないんだ。
すべてが仕組まれたインチキショーなのさ。

81
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 19:36:20
しかし、作家にしてはイケメンだな

コメント1件

82
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:45:53
新聞で評に文学への信頼と献身のような事が書いてあった。
要するに何とも闘わず新しい所の無い内容を感じさせた、て事だよね。
また早稲田閥かという感だし一冊も読むことは無いだろうね、俺は。

83
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 19:48:31
>71
作家の大半が会社で働いてる兼業作家なのにこいつ何言ってんの?
コメント2件

84
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:51:07
しかし中身のねぇページだな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%AF%E5%B4%8E%E6%86%B2%E4%B8%80%E9%...

終の住処〜単行本未収録だってよ。
バカじゃねぇの?
これから単行本になるんだろ。

85
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 19:53:09
読む気全くしないけど読まなきゃ口汚く罵れないから我慢して読む。
反吐出るだろうけどな。

86
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:53:25
>83
兼業がほとんどなのはそれだけ支持されている作家がいないということでしょ。
収まりきった小説なんか要らんよ。
文学的なものの死を思わせる。
コメント2件

87
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:55:25
>81
>しかし、作家にしてはイケメンだな

http://www.yomiuri.co.jp/book/photo/BK20090716101627091L0.jpg

これか。
Jリーグでチームを率いて連戦連敗、その不甲斐なさを星野智幸ブログでチクチクやられる
サッカーのダメ監督みたいだな。
コメント2件

88
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 19:56:24
>86
>文学的なものの死を思わせる。

コイツ、保坂じゃねぇのか?
高橋だったら爆死。

89
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 20:04:07
保坂は磯崎の兄貴分だよ

コメント1件

90
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 20:04:38
>86
>文学的なもの

どんなの? 
中卒にも分かりやすく。

91
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 20:06:26
>89
>保坂は磯崎の兄貴分だよ

俺の兄貴は大藪春彦であり、石原慎太郎であり、野坂昭如だ。
ずいぶん歳が離れているからね。だから、いい。
保坂なんか兄貴にしてどうしようってんだ?
コメント1件

92
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 20:08:28
>兼業がほとんどなのはそれだけ支持されている作家がいないということでしょ。
海堂尊はあれだけ売れてるけど今でも兼業だな
コメント1件

93
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/16 20:11:31
専業の資格があるのは田中慎弥氏のみ。

>87
言い得て妙ですねぇ。
服装の故でしょうか。




94
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 20:13:40
>92
>海堂尊

チームなんたらの人かい。たしかお医者だろ?
仕事を通して作品にまとめてるならいいじゃん。
リストラ係はどうだ?

95
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 20:39:59
職場で小説書いてます。

96
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 20:40:41
とにかく卑怯な奴らは全員死ね。

97
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 20:43:56
>91
死ね!

98
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 21:13:09
顔立ちが整ってるって、、ハードル低すぎだろ

99
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 21:13:13
文学板の芥川賞なら太郎なのに、まで読んだ。

100
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 21:17:08
太郎?バカじゃないのwwwww

101
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 21:27:28

102
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 21:28:32
結局は磯崎の停滞性=現世肯定性と既成の小説枠組への怠惰な寄り掛りが批判されてると思うし俺もその立場

俺は決して古い意識(苦労してるヤツが偉い、報われないヤツが偉い)から磯崎が無価値だって断じてるわけじゃない
もちろんバブル世代のちゃっかり型リア充が小説書いて認められたって外形への嫉妬も全く無いわけじゃないが、
批判の核心は3行上のことについて。因みに磯崎の停滞性のソースは文芸賞受賞の言葉
>小説にもともと内在する力に寄り添って、その力に作者は身を任せなければならない。


コイツの同世代の文学青年(笑)が小説という終わったジャンルにおいて、何ができるかというプロブレマティークに憑り付かれ身動きを取れずに居たら
その問題が問題とされない地点でリアルの生活を送ってきたオッサンが人材不足の分泌業界にのこのこやってきて
小説の不可能性の共通認識が霞んできた時点を見計らったかのように、古びた文学意識を持ち込んで賞採ってったってカタチだかんね。
20〜15年前に、まったく同じ内容のものを提出しても箸にも棒にもかからなかっただろうね
まぁ逆に30年前ならアリだったかもしれないが。それはまた別のお話。

ともかくこの15年間、文学?と指示されてた領域を覆ってた暗黙の了解を破ったって罪は重い
『文学』が無意味化したことで活動停止した旧文学青年が、その旧来の文学概念に寄りかかった古い形の作品を量産することにGOサインだしたようなもんだからね
コメント8件

103
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 21:32:53
苦労して報われない奴が偉いに決まってんだろ!!お前は何もわかってない。

104
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 21:40:39
>102
>『文学』が無意味化したことで活動停止した旧文学青年が、その旧来の文学概念に寄りかかった古い形の作品を量産することにGOサインだしたようなもんだからね
>その問題が問題とされない地点でリアルの生活を送ってきたオッサンが人材不足の分泌業界にのこのこやってきて
小説の不可能性の共通認識が霞んできた時点を見計らったかのように、古びた文学意識を持ち込んで賞採ってったってカタチだかんね。

だから俺は「ダッシュ(′)」をつけて出てきた西村賢太を応援するんだ。
磯崎なんかに受賞させるくらいなら、どうして中原や西村に出さなかったんだ!
「文学青年」なんか潰しが利かなくてダメだ、こんなもの。
寂聴! 袈裟を貸せ。明日から俺が説法する。
オラ山田詠美、審査員交代だ!

105
さよなら前妻たち[sage]   投稿日:2009/07/16 21:48:09
高橋と保坂が消えたら変わるかな?
コメント1件

106
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 21:51:38
>105
>変わるかな?

わからないけど、中上健次がいなくなってブッツリ切れた感じはする。
やっぱキャラ的にワケのワカらん人って必要かも。

107
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 21:57:40

文学のダッチロール・高橋源一郎まで読んだ。
ぶつかるから向こうへ行け!

108
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 22:46:25
>102

まあ、俺は磯崎の作品を読んだこと無いから何ともいえないけど
所謂「文学」バカの信仰が木っ端微塵になるのは慶賀すべきことだよ
現実社会ではクソの役にも立たない、
パートのレジ打ちのおばちゃん以下の知識(実効性という観点でね)しか
もたない基地外どもが神学論争をやって、結局出てきたのが
島田とか高橋とか柄谷とかだろう?
笑っちゃうよ
こういう子供の世界(ゴミダメ)に
普通の大人が乗り込んできたんだから
文学にしがみついてしか生きていけない畸形(精神の)どもの
プライドがどうズタズタになるかだけでも見物だ
コメント4件

109
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 22:53:14
>102
ほとんど読まずに勘違いのグダグダ言ってる大勢に比べるとマシな評だが。
実際には、この作品は10〜15年前には書けなかったさ。
今回作品でも妻の描き方は、人生経てきた夫でなきゃ書けない代物。
これ、10〜15年前に書いてたら、底の浅いポストモダンになってたはずw
コメント1件

110
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/16 23:01:51
要はサラリーマン小説でしょ

陳腐な
コメント1件

111
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/16 23:02:55
お前サラリーマンバカにすんな!サラリーマンは大変だよ?

112
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 23:22:00
サラリーマンになれないクズやろ

113
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/16 23:44:15
>110
なんという陳腐な書き込みw

114
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 00:11:15
サラリーマンなんかなりたくないでしょ普通

115
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 00:14:05
>108
>こういう子供の世界(ゴミダメ)に
>普通の大人が乗り込んできたんだから

鹿島田がナンタラ文学賞を受賞したときの笙野頼子との対談を読んだけど、(新潮、三島賞?)
小さなバースデーケーキを囲んではしゃぐ子供みたいで貧乏くさくてイヤだったね。
小さくて貧乏臭いケーキを囲むなら笙野ひとりだけじゃないと絵にならない。
なんで笙野はこんなワケの分からん新人を相手にしてるんだ。
デビューの頃を思い出せ!

116
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 00:21:36
>108
>パートのレジ打ちのおばちゃん以下の知識(実効性という観点でね)しか
>もたない基地外どもが神学論争をやって、結局出てきたのが

渡辺ナオミとかいうインチキ評論家の本を読んだことがあるくらいですけど、
「村上龍は武蔵美しかでてないところがいい。いやみでなく」
を思い出しました。
勉強して文学してる奴はバカじゃないかと思う。
だからダメなんだ、オマエらは!

117
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 00:23:54
>109
>今回作品でも妻の描き方は、人生経てきた夫でなきゃ書けない代物。

先輩の話を聞いてりゃ充分に想像がつくよ。
くだらない。

118
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 00:26:11
かならずエクスクラメーション! で終わる無意識。
誰コイツ?

119
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 02:14:05
>83
>作家の大半が会社で働いてる兼業作家

要するに大した作家じゃないから兼業なんだろ?
お前、何言ってんの?w

120
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 02:16:12
83の必死なところ見るにおそらく関係者と思われ

121
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/17 03:09:55
>102
あーすごい腑に落ちた・・・。正しい切り口だと思います。
反応の多さもそれを裏付けるような。

関係ないけど、決してイケメンではない。
うさんくさい、うそばっかりついてきちゃった顔に見える。

122
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/17 03:17:00
磯崎の小説って、読書好きの大学生が熱狂的に支持してそうなんだよな。
だが、それを作家が認めてしまうのが、今の作家のレベルの低さを露呈してる。
コメント1件

123
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/17 06:49:09
>102で十分ではあるが、もう少し足りないかなあ。

>108>102合わせて1つだと思う。磯崎自身への評価は>102だけど
これで火病しちゃう層は>108だろうし。良くも悪くも商業主義なんだろね。
売れない時代だから、売れるものを探そうとしてることは理解できるけれど
かといって、虚飾で売れるほど文学が甘くないのも事実ではある。ただし、
文学から見ても、つまるところのそれを予測できうるほど甘くもない現実。

124
123[sage]   投稿日:2009/07/17 06:50:06
もちろん>122も言える。
それは某京大現役書生風味のときと一緒だけどね。
三島も知らない人たちが、絶賛してた例の彼。

125
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 14:24:37
早稲田閥って望まれもしないのに増殖してやがて本体を破壊しつくす癌細胞のようだ。
文学の再興のためには病巣の切除が必要なのではなかろうか。

126
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 14:31:31
いちばん間抜けなのは早稲田に担がれる中原だろう。
笑いすぎて中原痛いとはこのことだ。
コメント1件

127
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 14:36:59
学閥で粗悪品に権威付けするんじゃないよ。
もう終わってるじゃないのそれでは。

128
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/17 14:38:57
新人賞でも早稲田卒は有利なんかな?

129
123[sage]   投稿日:2009/07/17 16:05:59
早稲田の文系で少しでも頭の良いやつは近年見たこと無いなあ。
コメント1件

130
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/17 16:12:31
受賞作読んで思ったんだが、マジックリアリズムって、
日本人がやると、単に頭のおかしい奴も妄想になっちゃうんだな
やり方が悪いのかもしれんが

131
リストラマン[]   投稿日:2009/07/17 16:49:46
>126
>中原痛い

かたはら‐いた・い【片腹痛い】
[形](文)かたはらいた・し(ク)
(「傍」のカタハラを片腹の意に誤ったことから起こった語)身のほど知らずな相手の態度を笑いとばす意。
笑止である。ちゃんちゃらおかしい。日葡辞書「カタハライタイ」。
浄瑠璃、出世景清「腕無しのふりづんばい、―・し、事をかし」
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

132
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 16:50:06
>129
お前の言う「頭のいい奴」って誰?平野啓一郎?w
コメント1件

133
123[sage]   投稿日:2009/07/17 16:50:46
こんなやつらだからなあ。
別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/ビジネスnews+板)

早稲田と慶応の経済関係で頭の良いやつみたことないお。

134
123[sage]   投稿日:2009/07/17 16:51:31
>132
平野くんは「可哀想な頭の子」かなあ。
東大卒の書いた文章を○○まるっと。

135
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 16:52:36
京大と早稲田なんてほっとんど偏差値はかわらんよ

136
123[sage]   投稿日:2009/07/17 16:54:10
さすがに早稲田は入ろうと思えばいくらでも方法があるから、ないわ。
最近では京大も文系は面白くもない馬鹿しかいないけど、入試難易度がまだマシ。

137
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/17 17:12:27
あんたほんと下らないことに囚われて生きてるんだね。可哀想だわ。

138
123[sage]   投稿日:2009/07/17 17:13:36
コテホイスレはNGnameを登録できるのでありがたい。

139
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/17 17:15:53
見えないか?お前が可哀想だと言ったんだよ。

140
123[sage]   投稿日:2009/07/17 17:35:09
どうして文学板のコテさんのほとんどが透明にされた瞬間に名無しにシフトするの?アホだから?

141
ザ・スミス[]   投稿日:2009/07/17 17:41:40
何言ってんだお前?頭おかしいんじゃないの?

142
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/17 17:55:17
>102氏の現世肯定性と磯住(や保坂氏)が言う「世界を肯定する」は同じ意味かな?

143
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/18 01:00:24
このスレのレベルが急激に落ちていること自体が、芥川賞が単なる文学権威の残骸でしかない事を
如実に証明しているな。文学を志そうとするヤツラが、誰もが知っているような作家や作品の名前
しか出せないってのはどういう事だ?
コメント1件

144
リストラマン[]   投稿日:2009/07/18 01:17:40
>143
>誰もが知っているような作家や作品の名前
>しか出せないってのはどういう事だ?

男尊女卑を唱えるわけではないが、史上、重要な位置を占めてこなかった女流文学でありながら
文学板で上がり続ける川上の怪を考えたことがあるか。
文学が終わってることは、このスレの動向を中止すればミミズにもわかるんだゼ。
女なんか、俺が望んだときだけ股を開けばいいんだ!
http://www.youtube.com/watch?v=4LscA4kI87U

145
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/18 09:14:12
またレベルの低い戯言を…

146
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/18 17:37:57
なあ、作品がいいとか悪いかとか、正しく読めないやつが減ってきているとか、それが本当に問題なのか?
そうじゃないだろ?
「わかるやつだけわかればいい」って姿勢で本当におまいらはいいのか?
なんだかんだ言ったって、おまいらは文学が好きなんだろ?
売れない売れない言ったって、純文学は売れてるんだぜ。
俺、詩人だからさ、売れ行きで言えば小説家がうらやましいんだ。
でも純文学作家はラノベやケータイ小説の売れ行きを揶揄しながらもうらやましがってるじゃないか。
それなのに、「わかるやつだけわかればいい」なのか?
いつまでそんな姿勢でいるんだ?

147
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 17:43:40
ぶっちゃけ今後、ただの一冊の新刊がなくったって俺は
全く困らないんですがwまじで。新しさへの期待値なんてのは本当、
その程度にしかじぶんにはない。――んで、またね、なーんか
出てくればだが、あくまでもそれをそれとして、個別にまた単独に。
そんな感じ。

148
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 17:48:18
それと、営業の否定はじぶんだってやらないが。

何よりも、じぶんの時間こそが一番の価値。
馬鹿にくれてやる時間はないよ。

149
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/18 17:54:50
148
脳が膿んでやしませんか。他人に伝わる文章になってないようだよ。

150
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 17:57:58
おーのー(AA略

151
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 19:37:56
       m9
        ノ
プギャー!  (^Д^)
      ( ( 9m
       < \

152
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/18 19:38:38
       _, ,_
     (^Д^) プギャー
    m9  ヽ)
     /  ノ
    (,/^ヽ)

153
[]   投稿日:2009/07/19 20:27:39
現在入院中

154
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/19 20:35:45
          _ −  ̄ − ̄ − _ 
          |               | 
         |___________| 
         |____________ | 
       /____________\ 
        _|」    / |   | \    |」_ 
       ( d    /   o| ∩ |o   \   b ) 
       (_]  \_ / (  )\_/   [ _)  / ̄ ̄ ̄ ̄ 
         |   _    __`´__    _  |   < ドーン 
        |   | | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| |  |    \____ 
        |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | 
         |   ヽ┬┬┬┬┬┬┬ ノ   | 
         \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /___ 
        / ̄\ ̄ ̄ ̄――― ̄ ̄ ̄ /| \ 
      , ┤    ト、 /   \    / |  \ 
     |  \_/  ヽ      \ /  |   \ 
     |   __( ̄  |       /    |   < 
     |    __)_ノ \    /      |    / 
     ヽ___) ノ    \/       |   / 

155
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/20 16:33:00
これでわかったが
無難な受賞ほど話題もすぐ消えるな
乞食ライターにバカにされても、話題先行でいくべき

156
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/20 22:27:42
未映子ノーベル文学賞受賞

157
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/22 10:06:11



ここ四十年ぐらい新人賞とって出てくる新人作家ってほぼ帰化か在日の朝鮮系だよ。
チョンじゃないと文学賞の最終にすら残れない。

すでに日本の文学賞はチョンのデキレースになったんだよ。

なぜかって? 朝日や毎日みたいに戦後GHQの保護下で朝鮮人に乗っ取られたからだよ。
出版社も完全に朝鮮人に乗っ取られている。
アカヒだ変態毎日だって叩くネラーもなぜか出版社だけはクリーンだと勘違いしてる。

醜い朝鮮人が日本人に受賞させるとでも? 受賞者なんて日本人のふりしたチョンだよ。


158
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/22 11:33:35
はいはいイラン人も朝鮮人だし
早稲田も東大も朝鮮人ね

159
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/23 10:51:43
朝鮮人参でも煎じて飲みなはれニダ
コメント1件

160
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/23 11:01:41
>159
なはれニダは秀逸

161
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/23 14:26:53
カメレオンの人はなぜファンタジー大賞ではなくて
群像に応募したの?群像なら受賞できると思ったの?
日本文学をなめてるの?
無職ってなに?そんな甘えたやつの文学に価値あるの?
ニート作家は田中だけでいっぱいだよ

162
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/24 23:03:45


       m9
        ノ
プギャー!  (^Д^)
      ( ( 9m
       < \



       _, ,_
     (^Д^) プギャー
    m9  ヽ)
     /  ノ
    (,/^ヽ)


163
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/24 23:41:16
http://web.parco-city.com/literaryawards/141/ar_01.html

なにがメッタ斬りだ、こんなもの。
クダラねぇ。

164
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/24 23:42:26
文学の仕掛けがわかれば、ずいぶんとショボくれた板になるんだな。
いつものことかい。

165
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/25 22:18:00
http://ameblo.jp/akitabaku/entry-10302423697.html

もう、次の芥川賞の予想が始まっている。
ムリがあるな、さすがに。

166
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/25 22:22:30
滅茶苦茶だわ(笑)

167
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/25 22:45:06
「過去3回くらいの候補者の中から適当に選んでみました。」
とかいってるし。
これから賞を取って出てくる人が候補になるんじゃないの?
鹿島田、本谷、ナオコーラはもういいって。

168
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2009/07/26 02:03:09
ただ、田中慎弥氏の可能性は大ですね。
「犬と鴉」と12月あたりに1本発表されるでしょう。

169
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/26 07:33:01
みんな順番をまってるのか? 何だかなぁ。
いつも同じ顔ぶれだが、まるで市役所の職員人事だな。
デビュー作でいきなり芥川賞! ってセンセーショナルなパターンがいいね。
スリルのないことおびただしい……。
新人ってのはいつまでが新人なんだろう。

170
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/07/26 13:53:12
何がいいのさ!もっと真面目に文学の未来を考えようよ!

171
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/26 18:48:19
直木賞を罵倒して降りた
横山先生クラスの作家がいないのが純文学の閉塞

172
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/27 22:38:04
横山先生クラスとは、ずいぶん低いクラスですな

173
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/27 22:40:33
横山先生はいろんな評論家がおほめになった
直木賞を降りた時もみながほめたたえた
コメント1件

174
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/28 02:14:33
>173
評論家が褒めれば偉い作家なのか?
半落ちなんてたいした作品じゃないよ
あの事実誤認がなくても落ちてしかるべき作品

175
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/28 02:27:57
あからさまに愉快犯だろうけどマジレスすると横山は短編が抜群にうまい
長編は悪くはないけど毎回そこそこレベル
コメント1件

176
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/28 03:11:54
>175
あ、いや愉快犯のつもりじゃないよ
半落ちとクライマーズハイはくだらないと思った
(もちろんそれなりに面白かったが直木賞のレベルじゃない)
そうか、短編は読んでなかったな
読んでみるか

177
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/28 10:26:44
伊坂先生も辞退されましたが

178
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/28 19:49:22
いや、短編もひどいぞ
プロットはまあいいのだろうが、文章がひどすぎ
コメント1件

179
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/07/30 22:46:39
シリンが目玉になってる、と叩くことにより
磯崎のコネを雲隠し 出版社御用のライターたち

180
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/10 20:40:34
×石原、龍、宮本、高木

△川上、山田、黒井

○小川、池澤

ってところか

181
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/10 21:15:07
磯崎推した人?

182
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/11 08:12:14
いつも思うけど山田詠美の選評ってただの感想文じゃん
コメント1件

183
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/11 08:13:41
>182
>いつも思うけど山田詠美の選評ってただの感想文じゃん

やっつけ仕事だ。
金もらえるんなら何でも言うよ、この女。

184
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/11 11:07:44
山田詠美の選評は酷いですねぇ〜(笑) 辞めさせてはどうで消化ねぇ〜(笑)
コメント1件

185
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/14 01:41:30
>178
良くも悪くも新聞的な文章じゃん
これが文学脳か

186
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/14 18:47:50
受賞者インタビュー:「サラリーマン」と「作家」の時間術
ってださいよな…啓蒙書のタイトルかよ。

187
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/15 17:27:07
龍が「いけにえ」評価してたのは驚いた

188
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/16 09:49:22
何考えてるのか分からんがここんとこ龍は女を推す事が多いな

189
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2009/08/23 13:58:40

190
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/08/27 20:16:09
「あの怪獣はあいつらのペットで、ハチ公という名に違いない!」

毎年恒例「ホシヅルの日」星新一先生のお墓参り。
9月6日日曜日、13時00分集合。

191
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/07 17:37:08

192
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2009/09/09 22:45:21
>184
でも、山田詠美だけなんだよね。
候補者全員の選評、毎回書いてるの。
そこだけは、褒めるべきところではあると思う。

193
吾輩は名無しである[]   投稿日:2009/09/10 01:09:09
鳩山幸さんはサイエントロジーというカルトと関係があるという噂があります。
http://an★tikimchi.see★saa.net/art★icle/127578850.html
↑ 日本アンチキムチ団

鳩山幸さんの旧姓が不明だそうですよ。

764 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2009/09/06(日) 01:04:07 ID:/WrcABwtO
北海道苫小牧在住の者ですが、老人ホームで暮らす朝鮮人のお婆ちゃんから聞いた話です。
幸夫人のごお父様は中国人ではなく、キム・ジョンウォン(漢字不明)という朝鮮北部出身の貿易商だったようです。
戦後は日本に渡り、幸さんが渡米するまでは神戸の商社に勤めていたようです。
キムさんは幸さんが渡米した直後、北海道室蘭に引っ越し、貿易商を営みながら総連支部の設立に尽力されたと話しておりました。
中国語・英語・ロシア語がお上手だったようですね。

866 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2009/09/06(日) 18:53:04 ID:/WrcABwtO
宝塚時代はこんちゃんのニックネームで呼ばれていたようですね。
宝塚のニックネームはたいてい、名字か名前に由来しており、名字に”こん”が含まれるのは、間違いないと思います。

【ファーストレディー】鳩山幸をウォッチするスレ 2
別スレッドへのリンク(タイトル情報なし/既婚女性板)

194
無名草子さん[]   投稿日:2009/10/19 18:45:05
klo

195
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/05 07:58:05

芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

1月5日5時14分配信 時事通信
 第142回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が4日発表された。
芥川賞では、昨年8月に文芸賞を受賞した「大森兄弟」と藤代泉さんが共に初のノミネート。大森兄弟は兄と弟の二人が合作するスタイルで話題になった。
直木賞は辻村深月さんが初。選考会は14日夕、東京都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。
 【芥川賞】大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(「文芸」冬号)▽羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(「文学界」12月号)
▽藤代泉「ボーダー&レス」(「文芸」冬号)▽舞城王太郎「ビッチマグネット」(「新潮」9月号)▽松尾スズキ「老人賭博」(「文学界」8月号)
 【直木賞】池井戸潤「鉄の骨」(講談社)▽佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)▽白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)
▽辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)▽葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)▽道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)。 

196
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/05 16:30:57
ひさびさに舞城キター!
しかしこれかよ

197
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/05 17:34:22
これは酷い候補馬鹿りですねぇ〜(笑) 芥川賞は今回は「該当者無し」では無いので消化ねぇ〜(笑) 話題の「共作」ではチープ杉増すよ〜(笑)

芥川賞、直木賞候補
【芥川賞】
大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(「文芸」冬号)
羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(「文学界」12月号)
藤代泉「ボーダー&レス」(「文芸」冬号)
舞城王太郎「ビッチマグネット」(「新潮」9月号)
松尾スズキ「老人賭博」(「文学界」8月号)

【直木賞】
池井戸潤「鉄の骨」(講談社)
佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)
白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)
辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)
葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)
道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)。 

コメント2件

198
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/05 21:01:14
前回もひどかったが今回もひどい

199
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/06 01:13:16
今期は舞城王太郎で決まりだな。
「謎の覆面作家、ついに王冠」
こんな感じだ。話題のないヤツはとれないよ。それが文学界だから。
穴は松尾だが、、、やはりないだろう。
小説界が置かれた状況の貧しさにスポットを当てても仕方ないしな。

コメント1件

200
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 03:02:39
話題性なら大森兄弟じゃね?
コメント1件

201
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 03:17:23
>200
ホモで近親相姦してるなら受賞できそうだがな

202
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 03:27:28
舞城受賞で異例の代理出席
本人は顔出しなし
間違いないな
コメント1件

203
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/06 09:12:16
>199
>穴は松尾だが、、、やはりないだろう。
>小説界が置かれた状況の貧しさにスポットを当てても仕方ないしな。

そんなことでいちいち駆り出される松尾も緩くないな。
コメント1件

204
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 09:14:25
>202
>舞城受賞で異例の代理出席
>本人は顔出しなし

もう一つの顔は直木賞にかすりもしないが、
やっぱり純文学なんて楽勝なんだね。

コメント1件

205
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/06 18:46:11
いささか伊坂で売れすぎた?
舞城ちゃんどうするのかい君。

206
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 18:52:11
誰が受賞してもネタとしか思えない

207
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 19:02:38
>204
>直木賞

直木賞を制してこそ本物の作家といえるだろう。

208
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 19:04:20
>203
>松尾も緩くないな。

北海道弁だから太郎だ。
名無しでごまかしてもダメ。
http://www.furano.ne.jp/saladhouse/html/hougenyurukunai.htm

209
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 19:06:35
>197
>佐々木譲「廃墟に乞う」

語りの巧さでいえば、芥川ノミネートと直木は段違いだ。

210
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/06 22:50:46
佐々木譲はベテランだからな。
もうそろそろ受賞しても良いだろう。
芥川は松尾にやるか受賞者無しかの何れかだな。
コメント2件

211
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/06 23:48:50
大森兄弟ってふざけてんの?
コメント1件

212
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:01:06
>211
>大森兄弟

兄弟で書いてるのかい?
エラリー・クイーンもそうだろ。
岡嶋二人はちがうのか?

213
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:02:25
>210
>受賞者無し

それはない。
なんでも出しさえすれば売れるんだ。
半年に一度のチャンスを棒に振るわけがない。

214
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:16:58
伊坂と舞城って同一人物なの?
あきらかに伊坂の方が下手糞だとおもうが・・
コメント1件

215
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:35:01
いや、両方たいしたことないよ。
ただ時代にマッチしたんだろうな。


216
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:45:35
大森兄弟は斎藤美奈子がベストにあげてたから受賞もありうる

217
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 00:50:23
伊坂と舞城褒めてた評論家は二人といっしょに消えろw

218
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 02:12:15
>214
ありえないなw
二つのキャラクターを使い分けれるほど器用な作家ではない、というか
すでに一人で二刀流みたいな作家なのに
コメント1件

219
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 08:50:34
どうすれば伊坂と舞城が同一人物という結論に至るのか

220
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 09:34:22
>218
>二つのキャラクター

舞城は顔出ししないんじゃなくて、したくてもできないんだろう。
私生活で二者を演じられないところが中途半端な二刀流だ。

221
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/07 23:28:46
久しぶりの受賞なしで

222
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/08 14:08:44
今回ほど、盛り上がりのない回は珍しい

223
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/08 22:00:49
舞城の正体は誰ですか?
コメント1件

224
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 02:57:38
ただの顔出し勇気のないおじさんです
コメント2件

225
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 04:03:11
>223
教育者とかのような気がする。
作風的にも公務員的にも表沙汰にできんし

226
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 09:38:18
>224
>ただの顔出し勇気のないおじさんです

授賞式には代理人が出席することも可能だ。たとえば出版社の担当編集など適任といえるだろう。
だが、それもない。なぜか。
「顔出し無し」がひとつの売りとなっているからだ。
いかにも出版業界が考えそうなアイディアだ。
コメント1件

227
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 12:04:44
>224
英語の先生らしいね

228
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 14:02:41
>226
三島賞は編集が代理受賞したじゃん

229
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 17:48:45
そうか。
知ったかぶると恥かくな。

230
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/09 23:52:44
代理のほうが話題になるからなw
ただのおっさんだと正体ばらしたら
ファンも減りそうだしw

231
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 00:00:34
舞城の正体は伊坂でしょ?
平野だったらすごいな。
もう悪口やめてもいいよ。

232
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 00:02:03
いしいしんじだったら衝撃だな。
でも高橋源一郎だったら生臭くて逆に嫌だな。

233
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 00:42:57
だからこうやって「実はあの作家」と噂してるのって
工作員でしょ?

234
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 02:51:05
まず伊坂は仙台在住で舞城は福井在住だから同一人物じゃねーだろ
コメント1件

235
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 08:11:46
>234
今は福井じゃなくて調布だろ?

236
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/10 14:17:34
内田樹は2CH脳  by福原伸治(フジテレビ)
http://twitter.com/shinjifukuhara

「下流志向」は目からウロコ本だったのですけど。著書もたくさん買いました。
それだけに最近の内田さんのお花畑的思考は残念でなりません。
返信 私は一部賛同していますが(笑)でもメディア論はまったく笑止千万です。
RT @deadcatbouncepn ちなみに、僕は内田樹の思想にはまったく賛同できません。
基本的にくだらない書生論にしか思えない。
40分前 webで
返信 はい、うまく理解されていません。スポンサーとの関係とか、かなり思い込みの
連続で、2ch的ですらあります。RT @deadcatbouncepn 僕もテレビ業界にも詳しくないの
ですが、外から見てると「うまく理解していない」のではないかと思えますね。
43分前 webで
返信 でも、内田さんの著作を読んでいると、まず「いまのテレビはどうしようもない」とい
う思い込みがベースだから、彼のテレビ論は信用できません。確かにどうしようもないと
こありますけ

237
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/10 23:49:33
俺の予想
芥川賞は受賞作なし
ありなら松尾スズキ「老人賭博」(「文学界」8月号)

直木賞は受賞作なし
ありなら葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)

てかまさか文藝賞の2つとも候補になるとは
最近、すばる文学賞はみてないな

238
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 00:15:15
伊坂が直木賞候補を「今は創作に専念」で辞退してから
舞城フラグ立ちっぱなし

239
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 00:27:44
舞城が伊坂のはずは無いで症ね〜(笑) まず、あの文体が同一人物は蟻獲ないですねぇ〜(笑)
コメント1件

240
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 00:36:02
>239
>舞城が伊坂のはずは無いで症ね〜(笑) まず、あの文体が同一人物は蟻獲ないですねぇ〜(笑)
あのパサパサ感は同じ書き手によるものだ。
パサパサが好きな人もいるだろうけど、米の品種でいうなら、
舞城=伊坂はジャポニカ米ではなくインディカ米。

241
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 02:49:30
舞城=伊坂はねーよ。
随分熱心に言ってるけど
パサパサ感が一緒なのは、両方ハルキチルドレンだからでしょ
コメント1件

242
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/11 03:23:51
今回の候補作を見て、文藝賞は知りませんが――私はまず、安心しましたよ。
誰々の作品とは書きませんが、登場人物がまるで生きていない印象を持ちました。血が通っていないと言いますか。
ミート、ビッチ、賭博の3作品は人物が生き生きとしていて、特にミートが候補入りしたのは喜ばしいですね。黒井選考委員の支持は得られないでしょうが。
「流跡」や「神キチ」が入っているともっと面白くなるのですが、やや残念ですね…。

さて予想ですけれども、読んだ3作の中では松尾氏の「老人賭博」ですか。
比喩や擬音がぴったりはまっている、しかも思わず頬が緩む、という箇所がたくさんありました。
線を引いた箇所をいくつか書き出しますと――「普通のヤクザだよ」「いい!」「表情で舌打ち」「だめだこれ。病院!」「テテテ」「DVDのロゴマーク」「ゾンビのように」などなど。
読み物として十分に楽しい上に、言葉のはまり方が気持ち良いので、好感を持ちました。
そしてグラドルの海の不気味さが強烈に印象に残っていますね。黒柳さんの向こうを張る少女なんてなかなかいませんよね。
終盤、あっけなく終わってしまったようにも感じましたが、それまでが濃厚すぎた故なのかもしれません。

243
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 03:29:11
劇団系の松尾にとらすんだったら、
おなじ劇団系で女性の本谷に穫らせた方が部数としては良い気もするが
松尾が穫ったらもう無理かもね

244
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 03:39:11
本谷は無理というか文学路線向いてない
エンタメ路線で直木賞狙えばいいのに
コメント1件

245
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 09:06:02
ミートの三人称視点は失敗だろ
特に内面描写。幼さが無自覚に露呈されてて
読んでるこっちが思わず恥ずかしくなってきたよ
一人称にすればまだキャラとしてごまかせたのに

246
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 09:21:09
描くべきところは描く。描くべきではないところは描かない
ミートは何でもかんでも描写しようとしすぎ

247
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 09:25:48
なぜ叔父の家から予備校に通うことになったのか
一言触れて欲しかった

248
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 09:30:39
初夏の設定なのにびしょ濡れになった服から湯気が上がるのは
変じゃないの?

249
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 10:26:49
>241
>パサパサ感が一緒なのは、両方ハルキチルドレンだからでしょ

翻訳文てきなパサパサとはちょっとちがう。
たとえばチャンドラーなんか、とてもウォームに読んでいる。
感情が入ってるとかそういうのではなく、ううんわからんかなぁ、
あんたセンスないんだよ。
コメント2件

250
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 10:27:16
>244
エンタメに失礼

251
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 11:20:27
だなw

252
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 11:23:20
俺もそう思う。

253
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 11:24:07
エンタメは馬鹿じゃ書けないよ
純文は馬鹿女のたわ言でも許されるけど
本当はそんなの許しちゃいけないんだけどな
コメント1件

254
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 11:44:03
>249
>ううんわからんかなぁ、

低脂肪乳みたいな? 

255
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 17:03:07
>253
文学は馬鹿女や子供のたわごとに真実を聞く人間の読み物なんだがな。
「純文」はどうだか知らないが。

256
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/11 21:55:46
純文学は大きな風呂敷広げた奴が勝ちなんだ。
評論家などと徒党を組んで、派閥単位で勝ちを狙うゲームだ。

257
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/11 22:45:18
評論家に大人気の舞城って
子供と女の戯言ばっかりじゃんw

258
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/12 00:37:06
>249
センスないって・・・
大体「同一人物!」とか主張出来る人って
個人の読書量が貧弱で、
なんでもシンクロニシティーを感じてるだけってことが多いんだけどね
とりあえず伊坂=舞城は絶対ない。これだけは断言できる

259
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/12 00:41:03
だからただのさえないおじさんだってw
あんまり神格化すんなよw
まんまと出版社の作戦にのってるぞw

260
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/12 02:41:59
大森兄弟って何なの?
あんな不二子不二男みたいな手法許されんの?

261
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/12 02:44:35
「日本文学では斬新な手法」らしいよw

262
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/12 03:10:12
ゴンクール兄弟の日記が岩波から出るのは大森兄弟合わせなのか?

263
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/12 10:46:49
なんでもいい、とにかく話題だ。

264
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/12 10:50:35
1 :吾輩は名無しである:2010/01/09(土) 17:32:52
存命の作家では日本人作家は絶滅したと思うが。。全部日本人ではなく、本当は外国人。
だから反日左翼しか日本の文壇にはいなくなった。何かといえば韓国、朝鮮上げで、日本は
駄目だとの自虐のオンパレード。
これは出版社に日本人が採用されなくなって、文学の新人賞受賞者に日本人であるというだけで
選ばれなくなったから。

265
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/12 12:32:21
MY城 = 伊坂

266
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 03:41:35
話題無い候補作ばかりだな。不作。

267
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/13 04:07:43
舞上はメフィスト編集長って誰かが暴露してたな

268
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 10:24:54
もう芥川発表された?
ニュー速出てないようだけど

269
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 11:27:46
今日が発表なのか?

270
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 12:03:17
あさって午後7時とか8時とかだべ? 選考会終了後。決まり次第。

271
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 13:12:30
どれが芥川賞になったところで文学界全体の底上げにはならないんだよね。
あるていど受賞作が売れてオシマイ。そんなことを年に二度もやってるわけだ。
大学も出た立派な先生たちが雁首揃えてよ。セコイ業界だ、まったく。
それで「文学は人類の叡智」だぁ? 笑わせるんじゃねぇや。
へそでシチューつくるぞ。

272
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 18:49:03
常識的には「受賞作なし」が妥当なんだろうけど
そんなんではビジネスにならないから…

まあ 誰が取ってもおかしくないようなレベルではあるな





273
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 19:15:57
とにかく話題だ。
島田でも猫でもいいからエントリーさせろ。

274
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/13 23:37:11
237の俺の予想があたったらなんかちょうだいね

275
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 00:05:07
明日の午後7時のニュースと九時のニュースをお楽しみに

276
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 01:01:19
ビジネスを考えるなら、逆に一回受賞作無しにして、
次に期待させるのもありかと思うけどねえ。
次を待ってる間に、窒息してしまうのかなあ……

277
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 01:12:22
次なんて誰も期待してないから意味ないよ。
前回受賞作すらもう忘れられてんじゃん。

278
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 01:16:02
いやいや、さすがに覚えてるぞ。

279
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 01:17:16
クソフザケたやつはみんなコピー係だ!

280
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 02:12:35
今回、全部読んだけど、例年に比べレベルが高いと思う。
松尾・舞城・大森はどれが取ったとしても不満はないな。

281
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 02:15:47
話題性で松尾だな。

282
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 02:19:43
全部読むなんてよっぽどひまか、文学に人生かけてるかだな。
こういう人たちが純文学を支えているんだなあ。
コメント1件

283
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 02:22:10
でも、そういう連中に合わせるべきではないよ。

284
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 02:23:45
>282
はは、どっちでもないよ。ただ好きなだけ。でもまあ変わり者かもしれないな。
嫁でももらえばこんなこともしないだろうが……、ってことはやっぱりヒマってことか。
おやすみ。

285
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 02:26:21
とりあえず、受賞するかは別として松尾のやつはすげー面白いぞ。
食わず嫌いせずに読んでみるといい。
ちょうど単行本も出たばかりだし。

286
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 02:28:35
両賞受賞作なしで話題作り

287
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 02:29:45
話題作ったところで、それじゃあ肝心の本が売れねーよ。

288
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 02:57:11
> 松尾・舞城・大森

この3人全員受賞でいいじゃん

289
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 09:42:14
全員受賞したらスポーツ新聞が放っておかないな。

290
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 11:53:26
初の三人受賞ならば
たしかに話題にはなるでしょうね

さすがにそれはないかw

291
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 12:09:02
糞馬鹿りで甲乙憑けがたいので荒れば候補者全員受賞は面白いのでは〜(笑) 話題どころの放しでは無いで笑殻ねぇ〜(笑) 選考者の頭を疑われるで症がねぇ〜(笑)

292
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/14 13:14:55
「ボーダー&レス」がまったく出ていませんね。
普通は同じ賞から二つも候補入りしないものですから悪くはなさそうですが…。

293
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 17:56:42
芥川賞発表より、あと数時間で発表になるこっちが気になる。ささききでしょうけど?
http://www.youtube.com/watch?v=2FjLZjaB2Uc

294
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 19:03:53
受賞作なし決定!

295
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:05:22
このスレで一番人気はだれなの?

296
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:06:59
該当者なしワロタ

297
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/14 19:13:52
え?マジで受賞作なしになったの?

298
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:31:59
                タマヤー!!

☆          ∵∴∴☆※☆∴∵∴       ./
     \  ※∵☆☆★☆★☆★☆☆∵※
        *∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∴*
      ※∴★☆☆*°°|°°*☆☆★∴※
     *.∴☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∴ *
    *∴☆★☆°\°☆☆★☆☆°/°☆★☆∴
   .. ※☆☆*°°★°° 人   ★ °°*☆☆※  *
   ∴☆★☆°°☆     (__)   ☆ °°☆★☆∴
   ∴☆☆*°°☆    (__)   ☆°°*☆☆∴
   ※☆★☆――★  ∩ ・∀・)∩  ★――☆★☆※   ⌒★
   ∵☆☆*°°     〉    _ノ   °°*☆☆∵ *
   ∵☆★☆°°☆   ノ ノ  ノ      ☆°°☆★☆∵
   ※☆☆☆*°°★ し´(_)  ★ °°*☆☆☆※ *
   *∵☆★☆°/°☆☆★☆☆°\°☆★☆∵
      ∵☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∵    うんこーーー!!!
      ※∵★☆☆*°°|°°*☆☆★∵※
      *...☆∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∵☆    .ζ
         ※∴∵☆★☆★☆★☆∵∴※      ☆
            ∴∵∴☆※☆∴∴∵

直木賞、ばんざーい!!
佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)
白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)

299
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:35:00
朝のラジオで大森望が
久しぶりに該当者ナシもありえると言ってたな。

300
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:38:12
エンターテインメントの人にはみんな直木賞をあげてもいいくらいだ。
でも芥川賞となると「ふざけるな馬鹿、どうしてオマエが!」と反発しか感じないのはなぜか。

301
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:40:43
ヤフートップきたあ

【芥川賞・直木賞】第142回芥川賞は該当作なし、直木賞は佐々木譲氏と白石一文氏が受賞

1月14日19時28分配信 オリコン
日本文学振興会は14、都内で第140回芥川賞・直木賞(平成21年度下半期)の選考と発表を行い、芥川賞は該当作なし、
直木賞は佐々木譲氏『廃墟に乞う』と白石一文氏『ほかならぬ人へ』が選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100113-00000025-oric-ent

302
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:43:17
久しぶりに芥川賞の良心を見た

303
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:45:02
    .,,.    '"ろ,,,..      O :∵o∞∞o∵:   O
,,,,.. ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;"そ   O .:∴o      o∴:  O
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,... ...,"て  O :∴8      .8∴  O
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"ろ O :∴o     o ∴: O
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"  .O ∵:∴∞∞∴:∵ O ,、*
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"      O :∵∴∵∴: O    -*
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~          O O O O      -*
: |'''''''""~~''"                 *-         -*
: |                       *'" i  i  i "'*
: |  /■\           !         *  *  *
iii;, (:::::::::::: )          :   !
|||ii/::::::::::"ヽ⌒ヾ        :   :
|||||::::::::::::: |"' ノ  .__         :
|||||:::::::::::::,ゝ`つ  ) (
―ヽ;;;;;;;;;;;;;,,,_ノ─ロ| |:::::::::..............
::::::::::::::::::................................................................
::::::::::................................................

芥川賞
該当作なし。

304
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 19:46:01
第121回(1999年上半期) - 該当作品なし
以来

305
娯楽小説万歳[sage]   投稿日:2010/01/14 19:46:33
..
           .|
 .        ._∧_ .
           .∨     ☆.
  ゜    。    |   ☆      °
    ..           ゜
              *○○○○*
           ○○○ ☆☆☆ ○○○
          ○○ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ○○    . ☆ 。
        ○☆☆◇◇ ◎◎◎◎ ◇◇☆☆○
       ○☆☆◇◎◎○○○○◎◎◇☆☆○
      ○☆◇ ◎◎○ ☆☆☆☆ ○◎◎ ◇☆○      ..
     ○☆◇◎ ○ ☆*※※※※*☆○◎◇☆○    .|
     ○☆◇◎○*※*【ネ 兄】*※*☆○◎◇☆○  ._∧_ .
 ☆.   ○☆◇◎○☆*※*☆*※*☆○◎◇☆○ .   ∨
     ○☆☆◇◎○☆※※※※※ ☆○◎◇☆○      |  ° ..
 ゜   。○☆☆◇◎ ○ ☆☆☆☆ ○ ◎◇◇☆○
       ○☆☆◇◎◎○○○○◎◎◇☆☆○
         ○☆☆◇◇ ◎◎◎◎ ◇◇☆☆○
           ○○ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ○○
             ○○○☆☆☆ ○○○
               *○○○○*
                     ..
                   .|
        ☆         ._∧_ .
                    ∨             ☆
          ゜    。    |   ☆      °
    ..

306
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/14 20:11:11
そんなに人材乏しいのか・・・

307
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 21:21:10
前回の受賞作の評判けちょんけちょんが響いた。

308
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 22:15:28
>197
わたくしの予想、芥川賞は今回は「該当者無し」が的中の用ですけれどもねぇ〜(笑) 今後はわたくしを選考医員に咥えては動で消化ねぇ〜(笑) 過去にも幾度か的中させて増す死ねぇ〜(笑)

309
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 22:17:54
舞城には10年後くらいに直木賞を取らせてやりたい

310
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 22:20:37
芥川賞・直木賞はすでに業界の賞ではない
毎年のことだが、選考が著しく不公平だ
来年から「文春賞」に名前を変えるべき
だいたい選考委員にはプライドないのか
そんなに文春に媚を売りたいのか
腰抜け選考委員ばっかりだな

コメント1件

311
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 22:22:29
310はマルチw

312
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 23:29:59
終の住処が読者に糞味噌に言われてたから受賞を控えたのかもな

313
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/14 23:35:37
そして直木賞の一人は元文春社員、身内受賞。腐ってるわ。
コメント1件

314
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 23:48:10
いまさら受賞作なしとしたところで失われた信頼はもう戻らない

315
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 23:54:43
どうせ「祭りなんだから受賞作ぐらいだせw」と煽るんだろw
寄生虫ゴミカスライターさんたちw

316
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/14 23:58:20
今回は候補作のラインナップが謎すぎ。
松尾か舞城のためのシフトだったのか? で、選考委員に拒否された。

317
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/15 00:19:59
見事受賞作なしを的中した人、おめでとうございます。鋭いですね〜。
松尾さんの作品好きだったのにな…ちょっと励ましの言葉を入れてきます。

318
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 00:21:56
文藝の2作品が候補になった理由がわからんわ。。

319
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 00:22:02
>313
そろそろ巣に帰ってくれないかな
うざいんで

320
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 00:29:23
> 210 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:2010/01/06(水) 22:50:46
> 佐々木譲はベテランだからな。
> もうそろそろ受賞しても良いだろう。
> 芥川は松尾にやるか受賞者無しかの何れかだな。

> 213 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:02:25
> >210
> >受賞者無し
>
> それはない。
> なんでも出しさえすれば売れるんだ。
> 半年に一度のチャンスを棒に振るわけがない。


> 221 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 23:28:46
> 久しぶりの受賞なしで

321
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 01:08:27
綿やっていう奴、今何やってんの?

322
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 01:09:18
文芸春秋に選考中に有力だった芥川賞候補作が一編載ると思うけど、
松尾あたりかね? 
コメント1件

323
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 01:11:35

324
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 02:14:50
文芸春秋社の元社員に身内特別枠で直木賞授与。
終わってるわ!
コメント1件

325
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 03:17:08
>322
かもね。「文学界」掲載作だし。

>324
あのねぇ、もと身内でも他の出版社から出てる作品ならまだましだよ。
(つーか、元社員だからって文春から出してなければ利益はないでしょ)
問題は佐々木さんのほうしょ。もっと前に別の作品でとっていてもよかったはず。
角川書店や新潮社から出した作品では取れず、文芸春秋から出したとたんに受賞って。

今回も、二作受賞のいつものパターンで、文春だけの利益誘導と思われないための
方策として白石さんが添えられたってのはあるとは思うけど、
むしろそういう場合のほうが作品がちゃんと評価されてるのかも。
コメント2件

326
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 03:48:40
324は馬鹿なので構うな

327
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 08:12:35
>325みたいな馬鹿意見ってよく見るけど、なんなんだろうね

328
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 08:44:13
>325
>新潮社から出した作品では取れず、文芸春秋から出したとたんに受賞って。

新潮の三島賞だって似たようなもんだろ。
どうせ文学界なんてそんなもんだ。
利益が出ないなら今年でやめてもいいくらいだ。


329
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 09:44:12
 スポーツ用品メーカー                    ★
★ NIKE誕生にまつわる汚れた歴史をご存知ですか? ★
★ オニツカを騙して強奪した金で、現在があるのです。  ★
★ これでも、日本人のあなたはNIKEを使いますか?   ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
'63年にアメリカ人の若者フィル・ナイトが
アメリカのランニングシューズマーケットに関する広範な
研究結果を携えて日本のオニツカタイガー(現アシックス)の
鬼塚喜八郎社長を訪ねてきた。

そして、オニツカのシューズが世界で最も優れているから、
アメリカ国内で販売させて欲しいと頼んだ。
鬼塚はそのアメリカ人に感銘を受け、彼と取引することに合意。
フィル・ナイトは帰国後、オレゴン州にブルーリボンスポーツ社
(NIKEの前身)を設立した。
オニツカとブルーリボンスポーツの業務提携は大成功を収める。

ところがその後1970年、オニツカがブルーリボンスポーツと共同の
販売会社を設立する直前に、フィル・ナイトは裏切った。
シューズ製造を事前承諾なく別のメーカーに変更、
さらにブルーリボンスポーツはサブブランドネームの使用に関して、
契約の盲点を突いて、オニツカを告訴した。

両者の話し合いの結果、
オニツカが多額のお金をブルーリボンスポーツに支払うこととなった。
全てにおいて用意周到に計画を遂行してきたフィル・ナイトの勝利だった。
その直後にブルーリボンスポーツは社名を「 NIKE 」と変更。
オニツカから強奪した資金を元に快進撃が始まるのであった。
幹部は、ほとんど韓国系。なるほど・・・・。
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/k1/1171691363/325

330
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/15 10:02:48
俺はウィキを見ていて恐ろしいことに気づいたぜ
どうやら9のつく年には受賞作なしを出さなければならないという陰謀ができたようなんだ

331
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 10:40:39
>9のつく年

旋回は1999年上半期か。
だがこのときは新潮の踊り子・平野啓一郎「日食虫」の反動じゃないのか?
強引な手法で賞を与えてやった割に読者の反応が薄かったので、
一時的に賞の方向性を見失っていたのだ。
平野自身も、ああ僕はこんなものを書いてたら食べていけないんだ、
とうなされていたっていうからな。それからだ。やつが世間に媚びるようになったのは。
世の中のことが少し分かってきたのだろう。
とにかく芥川賞は今年で最後だ。
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/list1.htm

332
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 10:44:45
>旋回は

前回は、でしょ。
島田、恨みがましい真似はよせ。ひっこめ。
それより「文學界、群像、すばる、新潮、文藝」からしか受賞作が出ないのはどうして?
もともと身内体質のヤラセ賞だからじゃないの?

333
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 11:40:21
男が結納をくれないと警察に駆け込んで逮捕された結婚詐欺の女みたいな文学界。

334
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 14:25:25
ホームレスの世界で場仕切りの権利を持っててえばっているジジイのような芥川賞

335
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 14:28:01
松尾スズキのツイッター読んでちょっとがっかりした。この人、普通の人だったんだ。
芥川賞なんて、けっ、て人かと思ってた。
コメント2件

336
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 15:01:28
実際その業界でやっていくとなると、そういう中二病のスタンスではやっていけないもんだ
今の日本は、はみ出し者は息も絶え絶えになるほど、叩きつぶす社会だし

337
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 16:53:23
>335
中年過ぎて「権威なんざクソ食らえ」っていうほど恥ずかしいことはないよ。
そもそもおまえが権威だろかと(団塊とかにおおいよね)

338
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 17:52:46
前回受賞作三井物産首切り馬鹿の面白くなかった。鬼のように。

339
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 18:26:23
>335
>松尾スズキ

貧乏を糊で固めた演劇界には意地汚いのがおおいからな。
島田雅彦がツイッターで気炎を吐いているが、彼の言うとおりだ。
芥川(直木)賞だけ騒ぐのはもうよそう。
たとえば直木賞の場合、受賞をきっかけに売れっ子になるのはよくあるケースだが、
彼は昔からよい作品を書いていたのだ。ということは、脚光を浴びる別のものがあれば
直木賞でなくても構わないわけだ。というより文学賞ではないものでもいいのに違いない。

ああ、しかしウインドウズってのはつくづくモバイルに向かないOSだな。マウスがなけりゃ不便なこと極まりない。
「就職に有利、エクセル検定」とかやってるけど、みんなうまいこと乗せられてるなあ。
コメント1件

340
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 18:31:56
だいたい松尾なんか文学の新人じゃないだろ。
どっから引っ張ってくるんだ、こんなもん。
タマが揃わねぇなら止めちまえ、ばか野郎。

341
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 19:36:57
芥川賞が嫌いなら候補を辞退する
円城にしろ松尾にしろ、「芥川賞なんてw」と思ってるのはまわりだけ。
本人たちはそんなこと言ってない。心の中では知らないにしろ。

342
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 19:41:45
舞城なんかが候補に挙がってる時点からして、
芥川賞も酷い有様だと思ったが、
やっとひさびさの該当作無しを出した点で見直した。

いつもの駄作を推したがる女作家共の戯言を、ようやく封じ込めることが出来たのかな。

343
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 19:46:37
>310
「そんなに文春に媚を売りたいのか 腰抜け選考委員ばっかりだな 」

一回の銓衡で百万も貰えるんだから、そりゃある媚を売りたくなるんだろうな。
委員になったばかりの若手なんか特にそうかも。

今回の受賞作無しを気に、いいんの入れ替えをすればいいのに。
勿論、小川と川上と高城、または池澤と黒井を。

コイツらが芥川賞をダメにした。

344
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 19:51:41
選考委員の報酬。「該当作なし」

345
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 19:52:22
該当作なしで1000万円もかかってるのか。
なんて無駄な。

346
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 20:23:07
カス評論家たちへの報酬は無駄じゃないのか?w

347
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 20:28:22
出版社から栄養費をもらった評論家は
その出版社から本を出した作家本に特化して
筆がなめらかになるから、生かしておいて損はない。

348
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 20:34:19
芥川賞もメディアで宣伝される唯一の文学賞だから
高い選考費払ってでも、後々の利益に繋がってるんじゃないの?
受賞作なしもパフォーマンスのひとつだろう。
コメント1件

349
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 20:55:07
話題の作り方がうまい。
なぜ他の賞は真似できないのだろう。
文学の真の価値を一般に問うことの無意味にはやく気づこう。

350
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 20:56:27
そうそう。偉い文芸評論家に任せておけばよい。
そして今読むべき作家は舞城・ミエコ・円城・中原だけ!

351
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 21:05:21
カオなし、歌手崩れ、科学落語に100グラム80円、
ろくなのいねぇな。

352
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 21:48:03
芥川の落選者の中で泣き言たれてるの松尾だけだろ。
ほかの連中は黙って耐えてるのにw

353
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 22:04:28
小説界の仕組みを知ってるからだ。
そこへ行くと松尾だけが純粋なんだろうな。
芥川賞の権威を松尾だけが信じていたんだ。
でもあいつは人相が悪いよ。

354
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 22:07:02
ゲイの顔

355
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 23:11:50
社会には相手にされないがマスコミにはまだ相手にされてる。芥川賞。

356
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/15 23:22:56
舞城は出版社勤務の50のおっさんだから顔出しできるわけがない

357
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:25:54
だから業界関係者は褒めなきゃならんのかw

358
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:32:52
>348
ある程度までは宣伝効果があるけど、
あまりに変なのを出しすぎると賞の権威自体が失墜してしまうからね。
芥川賞がレコード大賞みたいになったらそれこそ純文学を売るきっかけが消滅してしまう。
特に新人作家がますます手薄になって危険過ぎる。
…と思ったが漫画本が売れれば経営的には問題ないのか。

それにしてもよくしょうもないのばかり探して来るよなぁ。
毎度毎度よくほめられると思うよw
例えばブッカー賞みたいな作風になると直木賞の範囲になるのか?
コメント1件

359
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:36:28
ブッカー賞クラスなら直木賞候補になれません

360
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:47:02
素人にかみつく松尾スズキ。「ノミネートの失敗」という素人の指摘は正しいと思うが
コメント1件

361
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:47:57
ならどんな候補作ならよかった?

362
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:54:47
百発百中ではないにしろ、
この手の文学賞の中では最も定評があって
しかもアメリカを除く英語圏という広い範囲が対象になって
最終候補ですら売り文句になるブッカー賞の受賞作より
直木賞の候補作が上回っていたとは…
どうりで翻訳小説が売れないわけだ。

>360
たとえ一時の感情で言ったとしても残っちゃうのが怖いね。
ただ、受賞作無しってことは競合の質関係無しに自分の作品の質が…ゲホゲホ

363
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/15 23:56:40
いや、反対の意味なのだが・・・

364
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 00:06:40
>339
>島田雅彦がツイッターで気炎を吐いているが、彼の言うとおりだ。
>芥川(直木)賞だけ騒ぐのはもうよそう。

何を言ってるのか知らないけど、
芥川賞は別格であり、社会的エスタブリッシュメントの隠喩ですらある(だから欲しい)
と、若い頃に言ってた人間がいまさら何を言ってるんだ?という感じでね。
島田は文壇政治が本業なのに口が軽すぎるんだよ。
だから、受賞も出来ないし、影響力も保てない。
彼は文学賞の意義を論じる前に、自身の軽率さを反省すべきなんだよ。

365
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 00:08:52
ジョークで言ったんだってw

それにしても芥川賞候補作のあの読みにくさは何なのであろうか…
選考委員が罵倒する理由は大抵納得できるのだが
誉める理由は何でそうなるのか分からん。
池澤夏樹って普通の書評をする分には上手いと思ってるんだけどなぁ。

366
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 00:15:40
舞城、円城、中原を読めなければ文学者失格です
コメント1件

367
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 00:49:10
>366
なんかそれも文春アンチの新潮推しにみえなくもない

368
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 01:20:13
池澤の弁を読む限りでは
最終選考で舞城派と松尾派との一騎打ちになったが
何れも過半数を獲得出来なくて、
それぞれの候補作を推す選考委員間でのけなし合いが深刻になったので、
今回は見送った、と。
あれじゃ松尾も舞城も納得しないし、作品ではなく創作姿勢(人格)批判
というのもどうかと思うな。
というか、文壇の人事システムとしての文学賞ですら機能しないのね。
コメント3件

369
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 01:23:37
あだくし、トヨザキなんすけどね、
舞城推したのは池澤、山田、小川、川上だとおもうんだす。ぜったいね。
逆に反対したのはテルちゃん、シンちゃんじゃないかしら。だす。だすわよ。

370
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 01:29:58
山田、小川、川上、
その三人はいつも同じだね。
高樹は世代が違うから仲間外れだろうか?
しかし世代で語れちゃう文学ってのもなんか安っぽいね。

371
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 01:33:35
松尾作品、今読み終わった。
確かに盛り上げてくれるけど、純文学という範疇じゃないのかな・・.
でも面白かったけどね。

372
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 02:27:13
たぶん他ジャンル(演劇)からの流入というのに反発したんだろう。
池澤の謂う「小説という形式へのこだわり」とはそういうことだと思う。
他所者に俺(わたし)たちの縄張りを荒されてたまるか、と。
逆にいえば危機感が強いんだな。他ジャンルからの転向でよければ
文芸誌の新人賞による発掘や、それに参与する自分たちの利権が揺らぐもの。
コメント3件

373
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 03:00:12
>372
個人的にあのコメントは感心しなかったな。
「成長をえがけているのはいいが〜」みたいな選評も、はじめに評価すべきことがあるって前提を立てている感じで
文学って、そういう枠組みを壊していくものじゃないかな、と思ったりして
「最近の小説家は書きたいことがなくて、書くならの前提でかいている」ってのは同意するけど

374
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 03:30:52
おまいらに聞きたいんだけど、戦時中と同じような虚偽報道
(検察のリーク→マスゴミの世論誘導)が盛んに進行してるん
だが、なぜ作家連中はそのことを批判したりしないんだろうか

海の向こうの出来事(アメリカのイラク攻撃等々)には敏感に
反応して発言したりするのに日本国内の問題はダンマリ決め込む
のは何故だろう?
コメント2件

375
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 05:04:58
>374 神経使って繊細に論じてみても、
結局「右派」「左派」みたく雑に分類されちゃうから、
黙ってた方がマシと思ってるのかな。

376
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 05:13:39
1 自分の新刊が新聞広告に掲載してもらえなくなる
2 新聞のコラムや批評で小銭稼いで生活してるので収入がなくなる
3 新聞に連載小説書いてるのでストップされるのが怖い

現代作家は戦時中より劣化してるのです
コメント1件

377
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 07:15:44
>374
しかし911テロが自作自演であることには反応しない。
日本社会全体がユダヤに支配されている。

378
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 07:24:03
今回は芥川賞出なかったわね。しめしめ。話題はいつでもあたしに集まれ〜。
直木賞は出たのね、あたしが解説するわ。

佐々木譲『廃墟に乞う』(文藝春秋)  直木賞みたいな廃墟みたいな2流文学賞を取りたいと願う佐々木のおじさま。
白石一文『ほかならぬ人へ』(祥伝社) ボクはもと文春社員ですよ、ほかならぬ私に直木賞くださいと哀願する白石のおじさま。

二人のメッセージが標題にはいっててんなー。私には読み取れたわ。
「乳が乱」「イジメ天国」の美人女流作者より(キネマ旬報新人賞受賞しました)

379
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 10:14:21
>372
>たぶん他ジャンル(演劇)からの流入というのに反発したんだろう。
違うだろw
どんだけ演劇界のヤツが文芸誌に登場して賞を受けてると思ってるんだよ
だったら川上未映子だって受賞できてないはず
知ったかカッコ悪い
コメント2件

380
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 11:34:33
>358
>それにしてもよくしょうもないのばかり探して来るよなぁ。
毎度毎度よくほめられると思うよw

既に芥川賞が御祭騒ぎの低質な大賞に落ちぶれたからじゃないかな。
とりあえずつまらなくても名前だけで売れるわけだし。
だからこそ、売らんかなとする版元が平気で下らないもんを候補に挙げる。

結局、真の読書家ではない消費者が、アホみたいにマスコミにつられて買いあさるから、
こんなことになってるんだと思うね。

別に純文学が好きでもないくせに、みんなが読んでるから・売れてるから・人気があるから、
それだけでステータスのために買ってるみたいな風潮だし。

>368
>あれじゃ松尾も舞城も納得しないし、作品ではなく創作姿勢(人格)批判
というのもどうかと思うな。

それは昔からのことだよ。
純粋に作品だけを見て判断せず、作者の履歴をなぜか批評に籠めるんだよね。

381
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 11:35:36
不況の影響で三人分の賞金を用意することができなくて
それで芥川賞の分を直木賞に回したのかと思ったがw
直木賞の方は一人分を山分けになるのかな。

>368
単に意見がまとまらないならまだしも
票が減っていくんだからそれまでってことなのでは。

382
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 12:49:07
>376
>現代作家は戦時中より劣化してるのです

で、ミュージシャンとコラボって「プロジェクトなんちゃら」とかやって先端ぶってるんだろ。
それも出版社主導の茶番劇で、茶坊主みたいな顔で行く先の知れぬ神輿の上に乗って
ゆられていて、よく恥ずかしくないもんだ。恥の観念が特殊なんだろうな。

383
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 14:41:30
■ 特別対談 ■
情報革命期の純文学/東 浩紀+平野啓一郎

http://www.shinchosha.co.jp/shincho/201001_talk01.html


コメント2件

384
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 15:08:58
ひどい組み合わせだな

385
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 15:38:45
東と平野の小説にくらべたら
松尾も舞城もクソクソクソ
コメント1件

386
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 16:03:16
>385
少なくとも純文のカテゴライズには入らないもんな

387
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 16:37:11
くんくん。おや? 
やけに新潮臭いな。
胸焼けするほど新潮の臭いがプンプン漂っている。
あ、これか>383
派閥文学の総決算でもやってるのか?

γ⌒ヽ∧_∧!?
(_ )(`・ω-)
 ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ( 'θ)
 ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|彡(,,ノ
"""゙"""゙゙"""゙゙゙"""゙゙

388
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 18:08:10
それにしても今回の候補作じゃ該当作なしでも仕方ないか
どの作品からも高尚な文学の香りがしてこないもんな
せめてほのかな匂いだけでも漂わせてほしかった
器用でうまいのはあったけど……

389
[]   投稿日:2010/01/16 19:18:41
ば〜かw

390
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/16 20:14:52
>383
長かったけど読んだ
平野は日食虫読んでから敬遠してたけどまた読んでみようかなあ

391
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/16 21:29:30
で、業界寄生虫たちは受賞作なしの結果になんていってるの?

392
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 21:36:39
>平野は日食虫読んでから敬遠してたけどまた読んでみようかなあ

どうせ平野は作家としての出自が胡散臭いんだから、
変な気負いは捨てて、もっとフツーの書けばいいじゃないか。
カニの兄弟がでてくる短編があったけど、ああいうのは好きだ。

393
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/16 23:44:38
>368
どこで読んだ情報なの?

394
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 00:24:51
5作品全てに「愛が感じられなかった」 - 芥川賞は「該当作なし」
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/15/003/index.html

選考過程では、1回目の投票において、『犬はいつも足元にいて』と『ミート・ザ・ビート』が落選。
残った3作品に関しても、以後2回の投票では、「投票するたびに誰の(作品の)票も減っていった」とし、
「(支持する作品への各委員の)応援演説が効果がなく、足の引っ張り合い」(池澤氏)のような状況となり、
最終的には1つの作品が抜きん出ることなく「これは駄目だ」(同氏)という結論となったという。


395
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/17 00:31:56
日本レコード大賞などを見ていて思うことですが、選考委員のうち幾人が日常的にJ-POP(たとえば大賞のEXILEなど)を聴いているのでしょうか?
芥川賞の選考委員についても、候補として上がってきて初めて読んだ、という委員が多数でしょう。
年配者が若手の作品を理解できない、などと言いたいのではありません(とはいえ前回の磯住瓩筝誼さんの作品について少し見当違いな感想を書いていた委員も一部に認められはしましたが)。
選考委員は、せめて文芸誌に載っている作品くらいは目を通しておくべきではないでしょうか?
そして面白いと思った作品が候補にも挙がっていない場合――なくはない話です――「どんな候補選びをしていますか?なぜ○○が入っていませんか?」くらい怒ってもよいでしょう。
コメント1件

396
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 00:45:40
選考委員が魔友に候補作を呼んでおる試しは皆無で笑止、磯銃罎亙欹笋隣圓佑脳仍漾後は自作自演か、二世か枕営業に夜ものと見れば魔違いは無いで症ね〜(笑)

397
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 00:49:07
>395
意外と読んでるんじゃない?
作家の読書量ってもの凄いでしょ。
数ページ読んで放棄したのがほとんどだと推測するが。

398
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 00:54:07
候補作は素晴らしい殻、鳴るのでは鳴く、編集者の推薦、もしくは事故立候補です殻ねぇ〜(笑) 候補作謎、新人でも「出たい」と家ば候補作に鳴れるのですよ〜(笑)
阿呆は候補作は素晴らしい作品と騙されるので症がねぇ〜(笑) 優れた作家でも「出ない」と家ば候補作には楢無いのですねぇ〜(笑)

399
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 02:17:04
選考委員も選ばれる作家(作品)も、世間ではキチガイ扱いされている。誰も面白いといわない(例・磯崎作品)。
以上です。

400
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 03:36:31
存命の作家では日本人作家は絶滅したと思うが。。全部日本人ではなく、本当は外国人。
だから反日左翼しか日本の文壇にはいなくなった。何かといえば韓国、朝鮮上げで、日本は
駄目だとの自虐のオンパレード。
これは出版社に日本人が採用されなくなって、文学の新人賞受賞者に日本人であるというだけで
選ばれなくなったから。

401
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 08:16:48
在日ネタはもうゲップがでる。
日本には1憶4千万人いて、そのうち本を読むのが3千万、文芸になると2百万になって、在日問題に関心があるのは3万人だ。
いつまでも在日小説書いてる作家って、異化を知らんのだろうか。

402
372[sage]   投稿日:2010/01/17 08:55:42
>379
>どんだけ演劇界のヤツが文芸誌に登場して賞を受けてると思ってるんだよ
>だったら川上未映子だって受賞できてないはず
知っていますよ。
ただし、最近急に増えましたよね?
だから、その反動として
ああいった動きや発言があったのでは?
というのが>372における私の発言の本意なんですけどね。
その理由として文芸誌の新人賞経由を挙げた訳です。
また、松尾と同じように劇団主宰で文芸誌経由ではない、
川村毅(劇団第三エロチカ主宰)の「ギッターズ」も選考から漏れたと思うんですけどね。
あと、唐十郎の場合は大江健三郎の押しで辛くも受賞出来たような気がします。
コメント1件

403
372[sage]   投稿日:2010/01/17 09:01:22
しかしまあ、池澤氏の発言は(本人の物では無いんでしょうが)
迂闊というか、世間を舐めていますね。
まあ、ある意味正直だとは言えますが、建前は押し通さないと。
それと、「題名が…」「ストーリーが気に入らない」というのは
蛇足以外の何物でもありませんね。

404
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 12:03:49
でもさ芥川賞受賞作のリストにあの題名は嫌だ、という選考委員は、俺は好きだね。本当に。納得するよ。

405
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 13:46:29
>402
いや、その、演劇人に小説家の縄張りを荒らされたくない、ってお前の単なる想像じゃん
松尾スズキも、受賞しかけたけど欠点を指摘されて落ちた、って書いてあるし
とりあえず妄想乙

406
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 14:29:26
404
題嫌いなら魔だ死も、オナコーラはあの顔は嫌われ落ちておるので消化ねぇ〜(笑)

407
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 14:31:25
あの顔は→あの顔が

408
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 14:51:11
今回ばかりは芥川賞選考委員に正しいね
松尾は芥川賞じゃなくてもいい あんなのは文学でもなんでもないから

409
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 15:11:56
>379
ちょっと待ってね、川上見栄張る君は、当時は演劇界とは何の関係も無かったぞ?
「パンドラのハコ」でキネマ旬報助演女優賞取ったけど、これが映画初出演。舞台経験無し。

コメント1件

410
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 15:33:29
>409
川上未映子は元ミュージシャンでしょ
他ジャンルからの流入に選考委員が反発するなら授賞しなかったはず
そもそも、元画家の尾辻克彦とか池田満寿夫、元ミュージシャンの町田康、
他ジャンルからの芥川賞受賞者なんていっぱいいるじゃん
それに選考委員の村上龍は元画家志望、山田詠美は元漫画家でしょ

411
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 15:59:45
過疎化した日本文壇に今、星いのは話題性です殻ねぇ〜(笑) 今の日本文壇では元ソープ嬢の書いた携帯小説にも太刀打ち出来ないで笑止、ここは話題作りの溜めに見栄子にはヘアヌードに鳴って貰い鯛者ですねぇ〜(笑)
コメント1件

412
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 19:22:21
しんちゃんの有名な台詞。

「自分が苦労(?)して書いた作品を表象する題名も付けられぬ者に、
どんな文章が書けるものかと思わざるをえない。」


>411
誤字すら直せないお前は、携帯小説だけを読んどけ
コメント1件

413
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 19:40:02
「全体として平板であり、無理に奇策を弄している」

これって至言だと思うね。

前回の候補作にもあったけど、変に奇抜な案を盛り込んで
それを作品の特徴にしようとしてるんだよな。

そのせいか、文体とかをあまりに疎かにして、
更に、普通なんだけど、とても濃くて深い世界ってのが描けなくなってきてるような。

まるで売れない芸人が、下ねたや過激なネタに走るみたいだ。
コメント2件

414
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:03:41
>413
同感。確かに今回の作品はどれもそんな感じがするよ。
まあ、今の新人作家で最も奇策を弄しているのは山崎ナオコーラだと思うけど。
今回は候補にならなくてよかった。

415
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:11:11
>413
その通り!
しかし、そういうものを喜ぶ読者がいるから、そういうものが売れ
書く方でも、そういうもので良い、と思う悪循環。
日本の今の平均的民度を反映してるだけ、とも言える。

416
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:18:33
平均的な人間が喜んでればこんな出版不況にはならんよ。
ひたすらそういうくだらない作品を目先の利益で薦め続けた結果
まともな脳みそを持った人たちは呆れ果てて離れていき
一部の騙されやすい人たちだけが残ったからそこをターゲットに作ってるだけ。
コメント1件

417
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:20:15
松尾スズキがうだうだ言ってるようだけど、あれ、芥川賞じゃなくてエンタメだろ

418
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:23:31
選考委員をああやって批判したら良いことないのにね

419
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:24:04
>416
前回の「終の棲家」は酷かったな
サラリーマンていうので興味を持って、周りの純文学には興味のない人が数人買ったんだが、
不愉快でくだらない、もう二度と芥川賞は買わないと口を揃えて言ってた
そんなものを受賞させる事が文学を衰退させてるのだが、
肝心の出版業界は気づいてないようだ
コメント3件

420
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:30:08
>412
その通りだ。

421
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:31:54
>>416

その意味では文藝のやってきたことは万死に値する。

422
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:37:32
>>417

あんな泥棒顔にまでなめられてんじゃおわってんな。

423
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:42:39
>419
純文学ってそもそも大衆に受けるものじゃなくね?
コメント1件

424
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:50:31
>419
必ず愉快/不愉快で選ぶべきだとは思わないけど
ああいう威嚇するような姿勢を捨てたら
中身ペラッペラなのがバレるような作家しかいなくて
選ぶとしたらああいうのしか選択できないんじゃない?

>423
が、純文学に興味があったら地雷であることを知っているから
最初から踏まないというジレンマがw

425
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:54:31
>>423
だったらスポンサーの数だけ印刷すればそれでいいだろ。
それでペイできるのか?

426
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 20:56:13
そもそもペイしてない

427
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 20:56:51
編集者の高給はどっから出るんだ?
次は綿矢のヘアヌードでもだすか?
コメント1件

428
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/17 21:01:00
俺前回の受賞作嫌いじゃなかったんだけどそんなに評判悪かったんだなあ
確かに積極的に良いとは思わなかったけど
勝ち組めケッとも思ったけど

429
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 21:06:39
>427
>編集者の高給はどっから出るんだ?

エンタメ誌。
純文の奴らは寄生虫みたいなもんです。
売れてる雑誌にたかって吸血するヒルみたいなもんですわ。
僕も5年間、純文学の編集室で豚飯を食らってきましたが、
大先生の前ではお追従しか言えないくせに、新人にはやたら威張って見せる。
繰り出すキャバクラでは先生にたかってタダ酒を飲み、その背中越しから
ホステス相手にいっぱしの文学論をぶち上げて悦に入る、そんなドロボーみたいな
連中には反吐が出て飲み込んでまた吐いたもんですわい。
昨年の春、ようやく希望部署に移動となりました。わっはっは。

430
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 21:08:47
             /ヽ〈〉ヘ〈〉_
   、-----,    /o /二二//
   [〒 〓]   |o/ [〒 〓]    +  . * +
   (;´Д`)   ∨ (*´Д`)  *  ヽ__/  + +
   日〔__Y__〕]     「□つつ  +.ヽ[〓*]ノ *
   Uヽ ¥/     </_フ +  </_フ +
     >>      >>   + *  /ヽ   +

       一流出版社勤務、かっちょいい!! もっとボトル入れて!

431
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 21:21:20
>419
その通り。

432
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 21:57:10
終の住処は、近年ではかなり良い方の受賞作だと思ったがな
エリートサラリーマンがああいうヘンテコなものを書けるというのはすごい
コメント2件

433
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 21:58:40
>432
磯崎本人乙
最低の作品だよ、保坂と最低の師弟だよ。

434
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 22:39:27
>エリートサラリーマンがああいうヘンテコ

ちがうんだ。エリートだからヘンテコなのだ。
結構売れたはずだが、次はないだろうな。
デビュー作の受け入れられ方は、動物園のパンダみたいなもんなんだ。
そうだろ?

435
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 22:55:36
>432
エリートか?首切り部署の暇なリーマンの慰みだろ

436
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 22:58:41
それでもボーナスは人並だ。

437
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/17 23:29:36
リストラー磯崎


438
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/17 23:59:13
ほんと評判最悪の受賞作だったわ>磯崎の。
自分はリストラーで作品は「終の住処」。ブラックユーモアな。

山田、川上、小川、腐れ羊水3馬鹿女な。
高樹先生は問題全然なしな。

439
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 00:00:35
結局ミエコの一人勝ちでつね

440
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:20:39
俺の周りじゃ、磯崎は人気高かったけどなー
コメント1件

441
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:32:09
磯崎は特にひどいとも思わないが、薦めたいとも思わない程度の出来
ひでーなとおもったのは暗闇のなんたらってやつだな。あんだけノミネートさせて変わり映えしなかった人間に
新人賞なんて期待もたせんじゃねえよ、っていう出来だった
コメント1件

442
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:35:13
あと純文は思ったより売れる、というか
日本一売れてる世界のムラカミさんは純文出身だしw
基本小粒だが、時々社会現象になるようなヒットがでたりする大穴馬券だから
ダラダラと買い続ける価値くらいはあるのよ。
ダラダラと売れ続ける本がでたりね

443
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 01:37:34
>440 >441
いくら自作自演しても磯崎のが「反吐が出るほど最低」とみんなが言っていた事実は消えないよ。

444
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:40:58
エリートコンプハズカシイ

445
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:48:51
磯崎のアンチは最早上げてんだか下げてんだか分からないな

446
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 01:59:32
嫉妬のカタマリ

447
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 02:10:32
逆にあんな無個性な内容の小説のどこに
そこまで血気上げて怒る部分があったのか知りたいわw

448
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 02:30:27
不感症を自慢されても

449
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 02:36:09
磯崎と同世代の元文学青年なんじゃね?w
コメント1件

450
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 07:36:29
>449
あー、そうだろうなw
あれくらいの年代のヤツって、意外に2chやってて嫉妬丸出しのレスして溜飲を下げてることが多いらしい
ガキみたいな大人

451
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 09:21:38
いまどき小説なんか誰が書いても同じなんだ。文章で読ませるタイプではないからなおさらだ。
磯崎だってただの会社員。ところが「一流企業の首切り課長が書いた」ってことで話題となるんだ。
そうしないと出版社だって売りようがないだろ。「保坂いち推し」では誰も読まんのよ。
何を書くかではなく、誰が書いたかが問題となる。で、そんなのが次から次へと入れ替わっていく。

452
[]   投稿日:2010/01/18 10:35:04
悲しいけど正解。

ただ、1点間違っているのは、それが今どきの傾向では決してなく、
昔から小説なんてそういうもの。

453
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 11:47:11
自殺をした小説家だけが一流、みたいな。

あと「保坂いち推し」みたいなコネ?批判するやつもいるけど
普通に才能ある人だったら先につばつけとけ、とか
後押ししたい、って思うやつがいてもおかしくはないと思うが
ましてや芥川賞なんて「その時期にデビューされた小説作品」の賞なんだから

454
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 11:54:00
w>ただ、1点間違っているのは、それが今どきの傾向では決してなく、
昔から小説なんてそういうもの。

バカの達観乙w

455
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 14:33:19
磯崎の芥川賞受賞作がとても評判の悪かったことはガチガチの事実…。

456
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 14:49:59
終の住処
(和書)
磯崎 憲一郎
新潮社
2009年7月24日

平均 2.74点(404人)

457
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 18:33:34
石幾山奇の糸冬のイ主タ几
ってしょっぱいドライブよりもひどいの?

コメント1件

458
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 18:34:36
保坂の弟子の柴崎友香も文章見たら、
なにこの高校生の作文としか思えない酷さだった。

ただ礒先だけじゃなく、
記久子も美映子も中国人もと、連続して酷いのばかりが受賞してるのも事実。
ここ数年で一気に質が落ち、単なる女作家の戯れ言マンセーになっちまった。

最早、最近のは純文学の域にも達してないよ。
余りにも平易な文章で、ブロガー上がりが書いたような文章しかない。
だから中国人でも受賞できたんだろう。

かつての芥川賞受賞作を愛するものには、軽すぎて中身がなさ過ぎて、
とても読み進められない。

459
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 18:42:26
>457
>しょっぱいドライブよりもひどいの?

あのころはまだ文句を言いながらも楽しむ余裕があった。
でもこの頃では笑いさえでない。
かなり深刻だ。

460
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 18:59:57
>余りにも平易な文章
それで磯崎みたいなのに受賞させたんだろ。
磯崎は平野みたいなものなんだろうね。
何でか知らないがあの人上手く生き残ってるよね。

461
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 19:15:07
そりゃそうだ。
新潮のヒモ付き作家だからな。
売れても売れなくても次があるし、
企画もちゃんと用意されてるんだ。
時代を鋭くエグる気鋭の作家ズラこくのが平野の仕事だ。

462
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 20:30:58
こんなことやってたら、
いずれ、というか既にだけどテレビ業界みたいになって、
分かり易くて中身のない、ただの時間潰しのための娯楽になると思うよ。

それで売り込むのは、自分の好みや意見を持ってない、
だけど無駄に費やす金だけは持ってるF1-F2層の女性。

版元も、ますますそう言った簡単につられて物を買う人らに向けて、
買う価値もないような本を、アホみたいな宣伝を打つ様になってるし。


早くAmazon様と作家との直接取引による、売り方が主流になって欲しい。

463
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 20:36:27
でたよ中間搾取批判w
文学なんて暇つぶしだ。それ以上意味あるかっての

464
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 20:43:22
でたよ中間搾取批判w

465
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 21:46:16
うるせぇから死ねコラ。
紙に火ぃ点けるぞ。

466
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/18 22:16:12
でたよ中間搾取批判w

467
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/18 23:56:06
とにかく話題だ。
中身なんてどうだっていい。
コメント1件

468
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 00:19:45
話題だけで中味が薄ければ賞自体の信用が無くなる。
今はだいたいこの段階に相当するだろう。

469
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 00:30:33
ミエコは100年に1度の逸材と呼ばれるくらい
評論家たちから大人気
芥川賞は復権した!!!!!!!!!!

470
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 00:47:24
           文春解体           日本文学            世界文学
           ┝━━━━━━━━━━┿┝━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━━┥
     88彡ミ8。   /)
    8ノ/ノ^^ヾ8。( i )))
     |(| ∩ ∩|| / /   <ココ!
    从ゝ__▽_.从 /
     /||_、_|| /
    / (___)
   \(ミl_,_(
     /.  _ \
   /_ /  \ _.〉
 / /   / /
(二/     (二)

471
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/19 01:22:48
新聞で選考のおおまかな流れを読みましたが。
『老人賭博』(基本的に弱者を笑う小説)、『ビッチ…』(大きなフォントが文学表現としての洗練を欠く)
しかし『老人…』は弱者のみを笑っていませんし、特大フォントに到っては『アサッテの人』の■を思い出しました。
フォントの件についてはむしろ積極的に工夫するのも面白いと思うのですけどね(環境が許すなら文字色も)。
「一本、強いものが足りない」はなんとなくわかりますね…。

472
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 01:36:06
大きなフォントは橋本治が何十年も前に使ってる
ださい手法

473
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 03:16:11

474
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 05:27:17
朝鮮人新人文学賞なのに
なぜ日本で開催されて、日本人風の通名の人たちが日本人面で受賞しているの?


475
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 09:24:14
        戦後教育が悪いから   朝鮮は日本の属国だから   大川が馬鹿だから
             ┝━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━━┥
     88彡ミ8。   /)
    8ノ/ノ^^ヾ8。( i )))
     |(| ∩ ∩|| / /   <ココ!
    从ゝ__▽_.从 /
     /||_、_|| /
    / (___)
   \(ミl_,_(
     /.  _ \
   /_ /  \ _.〉
 / /   / /
(二/     (二)

476
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 09:41:10
川上も同胞ワセブン市川とのタッグでのぼりつめたしな

477
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 11:43:22
フォントがどうこう言うなら安部公房の芥川賞作品はどうなるんだって話でしょ!!!

まあ作品が全体としてレベルが授賞まで行っていないというのは分かる、
ただ機械的官僚的にフォント変えたら駄目とかいうのも見識浅く情熱が無いね。

コメント1件

478
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 11:54:49
磯崎なんかが受賞するから俺はいつまでも就職できない
これからも監視を忘れるな

479
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 12:38:54
478さんに賛成

480
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 12:40:19
ミエコは100年に1度の逸材と呼ばれるくらい
評論家たちから大人気
芥川賞は復権した!!!!!!!!!!

コメント1件

481
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 13:57:41
小説の他にも価値あるものは一杯あるのだから
書くことがなければ書かなければいい
                 
          by 村上龍

482
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 14:25:01
>467

頼むから、「このミス」や「本屋大賞」のスレに行ってくれ。

483
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 14:52:42
>480
一レス5円の書き込みバイトくん乙

484
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 17:04:59
>477
文学表現としての洗練を欠かない大きなフォントだったらいいんじゃないの?
やたらとそういう表現を誉めると勘違いした作品を氾濫させてしまうから
優れてない限りは誉めたくないのは分かると思うが
コメント1件

485
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 17:49:57
フォントそうですよね いえなんでもありません

486
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/19 19:33:25
>484
例えば登場人物の顔の特徴を読者に伝えようと思ったとき、挿絵を入れて
説明するか? 言葉で人物の顔を想像させるのが小説家としての本分のはず。
フォントのこともそれと同じだろ。強調するのにフォントを大きくしなくても
言葉で幾らでもできると選考委員は言いたいんじゃないの? 安易な道に逃げるな、
作家なら言葉で勝負しろ、と。作家としての決意や覚悟が感じられなかったのでは。
それが「気が抜けた」とか「一本、強いものが足りない」とかの評価にも表れてる
のではなかろうか? とマジレスしてみる。
コメント2件

487
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/19 21:31:57
そのうち舞城はAAを使ってくるだろう
俺の予言
コメント1件

488
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/20 14:05:28
>486
正論だな。
だから感嘆符や三点リーダの多用も嫌われるくらいだし。

下手したら将来、多種多用のフォントを駆使した、会話文だけの小説も出そうだ。

>487
舞木は純文にいるのがおかしい。さっさとラノベへ行けばいい。

489
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/20 18:43:49
>下手したら将来、多種多用のフォントを駆使した、会話文だけの小説も出そうだ。

ってか……将来っておまえ……。
そんなものバカバカしいから誰もやらんだけ。

490
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/20 22:54:43
会話文だけの小説はすでにある。

491
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/20 23:21:16
松尾も舞城もサブカル臭い ただそれだけだ
松尾や舞城を評価してる奴はどいつもこいつも
自己愛に溺れた権威嫌いのバカばっか
twitterで吠えてて笑えるんだが

492
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/21 00:02:26
ボクだけは舞城と松尾のよさを分かってるんですっ(キリッ

493
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/21 01:10:36
>486で書かれているような感想を選考委員の何人かが持ったのでしょうね。
しかし『アサッテの人』の最後のページなどは丸々説明図ですし、
ということは、結局フォント云々は「言いがかり」に過ぎないわけですね。
いずれにしましても、あの「キモッ!」は作品全体の1%にも満たない「瑕」なので、
要はそんな小さなところで文句を言われないような作品を書けば、
認めざるをえなくなるわけですね。

ところで、00年代のベスト3を考えてみました。
順不同で「きれぎれ」「アサッテの人」「終の住処」です。
「蹴りたい背中」も迷いましたが、いま読みたいかどうか。
上の3作に及ばないと思い、外しました。
コメント1件

494
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 01:37:06
新潮の犬は死ね。

495
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/21 01:48:18
0年代の代表作家は
舞城、中原、ミエコで決まり。

496
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 01:55:05
その「0年代」ってのが新潮臭いんだ。
なんだ「0年代」って? そこに何があったんだ。
「0年代」の言葉が機能するのは10年後だ。
馬鹿どもが。
女優のミエコはなんたら賞を受賞したそうだが、
話題不足は向こうの業界もおなじらしい。
劇団出身の演技派個性派女優は結構いる。
横からやってきて最初から破格の待遇。
不思議なのは、歌だけどうしてもダメなんだね、この人。
シビアな音楽をやってるのが原因だろう。
モノホンを求めるリスナーに弾かれてんだ。
そっちこそ良識ある業界かもね。

497
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 02:04:57
はっはっは馬鹿どもが、まで読んだ。

498
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 02:13:48
新しいものを求めてカスばかり掴んでる人たち、そんな印象。

499
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/21 02:34:45
ちょっと考えてみろ。
役者を目指している新人は山ほどいるんだ。
他の道を捨てて本気で学んでいるやつばかりだろう。
それらを差し置いて、ミエコが新人賞を獲ったんだ。
ミエコはモノホンの天才だと言えるだろう。

500
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 14:22:38
>493
「00年代」とか言う区切りに何の意味がある? 
多種多様の作者がいる中で、年代毎に作品の特徴を表せられるのか?

しかもベストスリーという狭い抽出することで、
真っ当に本を読んではないなってのがよく判ったうえ、
挙げた作品への理由が全く書けてない時点で、更に納得した。

まるで、血液型で判断するアホ女と同じ思考だし、
如何にも能無し書店員が考えそうな、陳腐で貧相な思考だな。

新旧と意外性でしか読めない奴が、しかもろくすっぽ感想も書けない奴が、
偉そうにベスト3などと論ずるとは笑止千万。

日記はブログサイトで書いていろ。
コメント1件

501
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/21 19:20:35
それより酷い日記が雑誌に載ってることについて

502
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 19:24:54
今日の俺の日記はすごいぞ。
新潮と矢野を糾弾しちゃうからな。
0時までにUPする。

503
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/21 19:29:29
矢野と前田ってどっちがバカ?

504
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/21 20:17:37
前だって誰?

505
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/22 12:04:56
朝鮮人新人文学賞なのに
なぜ日本で開催されて、日本人風の通名の人たちが日本人面で受賞しているの?


コメント1件

506
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/22 15:43:57
>505
死ね

507
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/23 00:40:57
芥川賞は人が感動感銘しない小説を世に送り出し、
人を読書嫌いにさせる必要悪。間違えた害悪。

508
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/23 10:18:36
文顎界と松尾の関係は八百長スキャンダルと似ている。
ただしこちらは発覚してもびくともしない開き直りが強みだが、
文学的には末期的なものを感じる。

509
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/23 10:20:08
松尾スズキ。
この男は前回ノミネートされた時もそうだった。
「芥川賞やるから書かないか?」
そんなやりとりがあるのだろうか。
コメント1件

510
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/23 12:30:08
「老人賭博」昨日読んだ。
ところどころ面白かったけどこれでは受賞は無理だと思った。

個人的にだが、腑に落ちない箇所が多い。
「顔面崩壊」は何の象徴なのか。
「ボク」が従順すぎる理由。(裏で暴力、というのもとってつけたよう)
じいさんの真意(手紙、なぜ出さない?)。
黒崎(だよな)の町の描写(「自暴自棄」な町なんてどこにでもあるだろう。
うち親戚がいるからなんとなくわかったけど、あの町にした価値がない)
海の病気の必要性。
「沖縄の女」の存在価値(ただのにぎやかし?)。

もろもろの問題が、じいさんとヤマザキのドタバタで
丸く収まる、というのも腑に落ちなかった。
主人公はボクでなくてもよかったのではないか?



511
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/23 17:24:16
偉いなぁ、俺は受賞作しか読まない、そしていつも呆れる。

512
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/23 19:56:21
510みたいなのはありがたい。

しかし不思議かつ残念なのは、新聞を初めとしたジャーナリズムが
候補作・受賞作の独自の分析をしないことだ。

513
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/23 23:47:02
浅田彰によると文芸誌に全部目を通していると
頭がクルクルパーになるんだそうだ。
候補作に絞り込んだとはいえ、精神的負荷が…

514
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 00:01:04
たしかにメッタ斬りコンビを見てると頷けるw

515
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 01:12:48
>509
ビートたけしが自作の「漫才病棟」について「直木賞をあげるという話で書いたんだけどなぁ」とか言っていたことがある。
落選会見の時だったかな。あれは新潮から出した本だったけど。
コメント1件

516
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 01:26:34


ところで文學界不正疑惑を知っているかいw

http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

三回連続同じ会社だったそうなw

517
紫 花 ◆F4.Dz5A93E [sage]   投稿日:2010/01/24 01:56:30
>500
感想と言われても特にないのですが、その3作が特に印象に残っているのです。
そして、00年代に何の意味があるかというと、これも特になく、
10年間でどれが良かったかなと気になったからです。
コメント1件

518
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 03:56:55
>515
たけしは直木賞に色気を出してた時期があったね。
もう二十年以上前だけど。それ以来、直木賞のなの字も出さなくなった。
結局、コネがないとにっちもさっちも行かないガチガチの業界であることがわかっちゃったんだろう。
しらけてしまったんだね。

>517
「0年代」ってのは新潮の矢野編集長が商売のキーワードに使い回してるだけだから。
たしかにチープではあるんだけど、まぁ彼もまだ若いしね。その若さが良いほうに出ればいいんだけど。
どのみち商品が「文芸」だしねぇw

519
吾輩は名無しである[age]   投稿日:2010/01/24 06:58:07
たけしはエッセイも小説も口述筆記じゃなかったけ
専属のゴーストライターがどこまで手を加えてるか今一はっきりせん

520
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 08:32:26
「ボーダー&レス」について誰もレスせんな。
そんじゃミーがちょこっと触れとこ。
なんでも芥川賞落っこちた理由がリアリティがなくて登場人物がさわやかすぎるとか。
やっぱ女目線の男じゃリアリティがなくなるわな。
電車の中で露出狂の男がチンポしごいてるのを見たときの主人公「りーりん」の反応。
>でも、これと同じことを自分もしているんだという恐怖が足の先から這い上がってきた。
場所が違うだけで、同じことを。
オナることに罪悪感を抱くのは思春期の頃の話だろ。
二十歳を過ぎたいっぱしの社会人(?)の反応じゃない。
オヤジとオフクロがたまたま乳繰り合ってるのを思春期のガキが見たら
罪悪感や嫌悪感や恐怖などの感情を抱くかもしれん。
でも二十歳を過ぎた男がそんなもん見ても一瞬驚くだけで
怖がったりなんかしない。それと一緒。作者の女の部分が出てきちゃった感じ。

521
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 10:06:11
一言でいえば青臭いのだ。
子供しか読まんよ、そんなもの。
まぁ文学なんて子供だましてナンボの側面もあるけど。

522
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 12:18:15
今の芥川賞作品は、大人にも子供にも「何これ?」で終り。
次作の売り上げなんてゼロに等しい。どんだけ大衆の心を打たないか、だ。

523
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 12:37:12
ゼロ年代を
00年代でもなく
0年代って書いてるとこってあるの?
もの凄い字面が変なんだが

524
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 13:09:17
字ずらの問題ではないね。そのおかしさをあからさまにする露悪的技法だろう。
なにもないのにあるふりをする。
文学業界とは手品師みたいなもんだ。

525
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 13:10:00
まあ、子供子供って、自分はどんだけ大人のつもりなのか知らんが、
自分が「大人な作品」と呼べるものを作れてから言えよなw
どんだけ上から目線だよwそういうのは勘違いというか、
「自分が優越している」という決め付けとか思い込み、要するにコンプレックス、
たいていの場合それは劣等コンプレックスの裏返しだろ

まあ、それはともかく、現代において大人/子供なんていう価値判断は意味がないんだよ
現代においては金が動けば大人も子供もない。
たとえば、Exileの音楽はある種の人たちには子供だましかもしれないが、
横浜アリーナに数万人の観客を動員する彼らのショーはもはや
「子供だまし」とは言えない。数千万、数億の金が動くだろうからね。
大人の文学とか気取っても誰も見向きもしなければなんの意味もない
コメント1件

526
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 13:13:53
そういった編集方針ならそれでいいじゃないか。

>現代においては金が動けば大人も子供もない。

とうとう正体あらわしやがったコノ野郎。
オマエは山師みたいな男だ。
オウムつれて石炭でも掘ってろ。


527
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 13:29:59
「35歳問題」やショッピングモール、村上春樹など、現代を読み解くキーワードをちりばめたSF作品。
批評家の東浩紀さん(38)が初の長編小説『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社・2100円)を刊行した。
 「文学を読むはずの人たちが、面白いものが見つからないという理由で遠ざかっているのではないか。
そういう人たちに向けて、小説を書いたつもりです」

何気取ってるんだ。
かっこつけてんじゃねぇって、バカ。

528
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 13:38:01
20年後、新潮社は普及した電気自動車に電気を供給する「電気スタンド」を全国にオープンさせ、
それが主業務となるだろう。おうしてその事業は成功する。
100年後、もはや祖業が何であったか思い返す者は誰もいないだろう。

529
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 13:42:06
いや、給電時に配るリーフレットの編集だけ細々と続いているはず。
希少な紙媒体。

530
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 16:43:28
>「子供だまし」とは言えない。数千万、数億の金が動くだろうからね。

金が動けば子供だましじゃねぇのか、この馬鹿。
新潮は3000部しか売れないから大人だましだってか。
テメェが面白いと思えないもので威張るな、死ねコノ野郎

531
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 16:54:53
前提条件としてビジネスとして成立しないと駄目だよ。
部数が出ないんだったら、
地方文壇の地方文学賞受賞作で地方紙に掲載されて出版されるのと
大して変わらないからね。
あれだけ時間と労力をかけて派手に花火を打ち上げて10万部も売れなきゃ意味がない。
極端な話、地方文学賞受賞作から年間優秀作を選出するような形でも
メディアを巻き込んで上手く宣伝すれば10万部は行くだろうからね。
もっとも、そういうことをしたら
国体のように各ブロック持ち回りのようになるだろうけどさ。

532
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 16:59:28
今回の滅多切りってないの?

533
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 17:13:20
>前提条件としてビジネスとして成立しないと駄目だよ。

最初からそう言えばいいだろ。
なんだ10万部って? 東か、それとも新潮がか。
0万部の間違いじゃねぇのか? いつまで初夢の話をしてるんだ。
コメント1件

534
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 17:36:50
全社一丸となっての強烈一押しで文学の問題作をでっちあげる。
あんたたちは電子書籍時代を迎えても同じことをやるつもりか?
「国民の民度が低いから」
佐藤洋二郎がまた怒っちゃうぞ。
民度の低い国民を相手にして、もう一方では世界の偉大な純文学を称揚する。
オマエらまるでパラノイアだ。とんだキチガイ野郎の所作だ。

535
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 17:39:12
「35歳問題」ってなんだ。
どこにそんな問題があるんだ?
ひとりで言ってんじゃねぇぞコラ。

536
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 18:13:12
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000435-yom-soci

537
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 18:27:02
>525
つうかエExileやスマップの、代表曲っていうか評判のいい曲あたりについては、
悪く言う奴いないし。
磯崎の芥川賞作をよく言う一般人がいないのと反対に。

538
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 18:37:11
「つうかエExileやスマップの、代表曲っていうか評判のいい曲あたりについては、悪く言う奴いないし。」
誰と誰に訊いたんだ?
「磯崎の芥川賞作をよく言う一般人がいないのと反対に。」
誰と誰に訊いたんだ?
コメント1件

539
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 18:49:48
>533
あの…、この件に関しては初参加なんですが…。
作品の内実(子供だましか否かは別として)はともかく
商業的に成立しないと駄目でしょう?
それと10万部と言うのは10万部以上がベストセラーだからだよ。
いちおう、これが出版界での指標となっている。
芥川賞受賞作で10万部以下だと問題なんだよ。

540
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/24 18:54:51
芥川賞受賞作って10万部も売れるのかあ
いいなあ欲しいなあ

541
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 19:12:12
>あの…、この件に関しては初参加なんですが…。
作品の内実(子供だましか否かは別として)はともかく
商業的に成立しないと駄目でしょう?
それと10万部と言うのは10万部以上がベストセラーだからだよ。
いちおう、これが出版界での指標となっている。
芥川賞受賞作で10万部以下だと問題なんだよ。


……だからなんなんだよ。
コメント1件

542
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 19:16:51
>538
あのぅ、僕の周りで500人くらいに聞いたんですけど…。
みんなそう言ってるよ?

543
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 19:35:08
「クイズ100人に聞きました」と同じじゃねぇか。
10万部売れる本の話をしてるんだからよ。
アンタ、たかだか500人の感想で10万部突破のイメージつかむのか?
そんなことだからハズしてばかりいるんじゃないのか。
作品がいいから売れるのと宣伝したから売れるのとではまるで話が違うだろう。

544
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/24 19:38:11
>541
10万部いかなかったら賞としてやる意味が無いという事。
そういうビジネス。
それが分からないのなら、大人/子供なんて言う資格はないね。

545
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 19:52:56
だから「売るために手段を選ばないのが芥川賞」だと、そう言ってんだろ?

546
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 20:01:20
35歳問題がどうしたってよ。
ああ?

547
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 20:02:30
60歳問題はどうなったんだ。
団塊! 高橋! 逃げ切るつもりか。
まったく空疎な連中だ。

548
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/24 23:47:20
芥川賞受賞作は世間ではキチガイ小説と思われ馬鹿にされている。
例)「終の住処」

549
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/25 01:09:15
大体がダネ、
石原慎太郎は「女が閉経して腐れマンコになっても生きているのが文明の最大の過ち」とか言ったろ?
そのただしいことを言った人のそばに、川上、山田、小川のような馬鹿ババア3人がいる選考会が、おかしいんだよ!
高樹先生の悪口は言わない。
コメント2件

550
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/25 02:34:48
>549
でもこの人たちは現役そうだ。
ワタヤは開発されなかったからフェードアウト

551
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/25 10:33:35
>>549
これかい? ぐぐったら最高に素晴らしいブログがでてきた。

「文明がもたらした最も悪しき有害なものはババァ」
http://purplecoelacanth.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_6b1c.html

552
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/25 15:04:58
ババァどもは死ね。

553
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/26 01:28:08
>交尾が終ったらたちまちメスに食べられて生まれてくる子供の栄養となるカマキリのオスこそ生物として理想的

なるほど…。

554
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/26 02:05:30
高樹のぶ子は舞城推してたそうな
意外だ

555
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/26 02:18:35
三島賞でも推してただろ

556
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/26 10:33:06
>549
週3日の登庁で年収3,000万以上もらってる税金ドロボー都知事には言われたくないんじゃないの?!



557
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/26 14:58:43
都知事は仕事してるよ。
その前の連中とか、週何回登庁してたのか知らないが、下らん都庁舎なんか作りやがって。
そういう都知事よりよっぽどマシな都知事だ。
オリンピック招致失敗など屁でもない。
支持率は高いぞ。
コメント1件

558
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/26 18:57:29
トヨザキより仕事してるだろう。
だいたいあのオバサン、ツイート(ぷっ)しすぎ。

559
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/26 20:05:16
>557
都知事乙。誰も支持してねーし。
コメント1件

560
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 00:03:17
>559
誰も指示してない?
嘘吐きなの? めくらつんぼなの? 馬鹿なの?

561
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 03:07:29
三井物産首切り役の小説は糞。

562
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 04:54:47

右翼と誤解している奴が多いが
弟の裕次郎が芸能界で成功したわけは朝鮮人だったから

563
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 08:38:56
いい加減なことを言うんじゃねぇよ。
文学業界じゃねんだからよ。
コメント1件

564
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 08:40:09
とにかく山田ババァ、川上ババァ、小川ババァは透明アボンだな。

565
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 09:33:49
>563
おまえはバカだから騙されてんだよ
石原家は帰化朝鮮人の一族だ
コメント1件

566
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 10:10:43
そうじゃねぇだろスカトロ野郎。
なぜ帰化朝鮮人なら芸能界で成功できるのかということだ。

567
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 12:42:26
石原の親父さんは銀行家だったんでは?
帰化人ではない血筋だよね。

ま、街宣右翼は朝鮮人だとは聞くけど。

コメント1件

568
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 13:06:05
先々代が財を築いた成り上がり者の家系に過ぎない
それ以前は どこの馬の骨だか よくわからないのが実情

569
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/27 13:19:47
どこの国の人だろうと、石原がカスなのには変わりはないなw

570
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/27 15:15:27
石原がカスなら、
川上、山田、小川は人類史上最悪のキチガイ糞馬鹿。
わけのわからん磯崎の狂人日記なんか推しやがって。
最低なんだよあの蛆虫ババアどもは。

571
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 01:41:12
今の文芸春秋の「文学界」編集長の舩山は早稲田の教育かなんかだろ?
低学歴DQNに日本文学は任せられないっての!
本人は先に人に喋らせといて後出しでまとめの一言言えばいいって喋り方するムカつく野郎。
文学を見る目は全然無い無能。

コメント1件

572
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 07:01:07
ルサンチマン丸出しの>571わらすww
コメント1件

573
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/28 07:40:40
>565
帰化鮮はお前だろ(笑)

574
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 09:06:19
文額界なにするものぞ。世のなか舩山の思い通りにはいかない、まで読んだ。

575
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 14:23:32
>572
鈍臭いネズミみたいな顔をした舩山さん本人ですか? 氏ねばいいのに

576
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/28 16:42:15
>567
海運会社山下汽船(現・商船三井)の常務。
ただし、丁稚上がりの叩き上げだから
氏素性は判然としない。
大正時代は系図や家紋がバカ売れした時代だから
出自なんかこの時代に成り上がった人間ならどうにでもなるんだよ。
コメント1件

577
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 17:24:21
時代的にはその頃はまだ。超賎人はほとんどいなかったね。
証拠がないと肯けない。石原は半島に手厳しい口出しね。

コメント1件

578
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 18:30:11
僕がマフィアなら舩山と花村を手錠でつないで東京湾に蹴落とすんだが。

579
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 18:33:40
芸能界は完全に朝鮮人の業界
弟の裕次郎が芸能界で成功したわけは朝鮮人だったから
確か石原家はあの小泉家wともww親戚筋wだったとかw
コメント1件

580
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 18:36:59
朝鮮人ネットワークにできるのは仕事の世話だけだ。
裕次郎ファンはチョンしかいないのかい?

581
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 18:45:08
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| (     )  どうしてこうなった・・・
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| ( ^ω^ )  どうしてこうなった!?
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /

 ___ ♪ ∧__,∧.∩
/ || ̄ ̄|| r( ^ω^ )ノ  どうしてこうなった!
|.....||__|| └‐、   レ´`ヽ   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/ノ´` ♪
|    | ( ./     /

 ___        ♪  ∩∧__,∧
/ || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった!
|.....||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ    
|    | ( ./     /      `) ) ♪

582
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/28 23:47:19
純文学界は完全にキチ○イの業界。
誰も褒めない馬鹿小説を毎年毎年芥川賞にする。
なかでも酷いのは、
川上、山田、小川のキチ○イ3ババア。

583
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/28 23:51:17
じゃあ毎年東野圭吾を受賞させればいいじゃん

584
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/29 00:03:05
>577
大量に来たのは明治末から大正期だよ。
コメント1件

585
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/29 00:03:54
>579
帰化鮮はお前だろ(笑)

586
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/29 05:40:34
>584
今現在日本に寄生している半島系のほとんどは戦後の混乱に乗じて密入国したボートピープル。
だからまともな帰化申請書類がどうしても用意できず、「帰化申請の簡略化」を訴えている。

587
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/29 08:01:08
最近は作家って言ったらチョンだと判断するのが普通になったな。。
テレビに出ているやつとかも、日本人だとはまったく考えていない。

コメント1件

588
ザ・スミス[]   投稿日:2010/01/29 08:29:53
お前みたいな日本人の面汚しが日本人を語るなよ。

589
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/29 09:50:15
>587
>テレビに出ているやつとかも、日本人だとはまったく考えていない。

紳助や北野武をチョンだと思ってるけど、ジミー大西や江頭、出川みたいな
奴の事はどうせ「日本人」と思ってるんだろ(笑)?
なぜならお前が帰化鮮だから(笑)。
バレてるで?(笑)

590
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/29 10:13:38
木下優樹菜の

朴優樹菜 説は

ガチ。

591
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/29 14:52:02
>576
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%BD%94
石原潔
明治32年(1899年)
12月2日 - 愛媛県喜多郡長浜町に警察官石原信直、ササヨの三男として生まれた。
幼少期は八幡浜や宇和島など、西宇和、南宇和地区で過ごした。
コメント1件

592
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/29 15:11:36
>591
だからなんだよ! 朝鮮人なんて嘘を平気でつく民族の証言なんか張り出して何が言いたい
本人たちがそういっているだけだろ、チョンが本当のこと言うかよ。
系図や戸籍を闇で買って、それを根拠にしているだけだ。
今の石原のチョンの土建屋と組んでの悪行三昧をみて、まだ自称日本人を信じんのかよ。
平和ボケ。
お前フィギアの織田とか言うチョンが信長の末裔とかほんとに信じているわけw


コメント2件

593
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/29 15:20:45
>592
煽るねぇwww織田とかどうでもいいよ。
石原は昔から朝鮮には厳しい奴だよ。
絶対とは言わないがwikiに出てても嘘の一言で完全否定とはwww
ちょっと頭がおかしくないか?

594
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/29 17:49:21
>592
>朝鮮人なんて嘘を平気でつく民族
お前の事じゃねーか(笑)
早く帰化しろや(笑)
この貰い乞食の鮮奴が(笑)

595
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 02:24:44
ゴミ川賞は
権威失墜した。

596
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/30 07:15:58
語呂悪ッ!

597
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 14:59:49
後出しジャンケン話法ドブネズミ・舩山が、

日本純文学を駄目にした!

598
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 15:57:36
黒井の後釜は萬月で決りだな。
で、もっとめちゃくちゃになる。
べつにいいけどね。
芥川賞・直木賞は国の文化ではなく、文春の商売道具に過ぎないわけだから。

599
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 16:01:49
       ___
     /ノへゝ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | \゜д゜)ゝ  < ったく、冗談キツい業界だね。
     \__ ̄ ̄ヾ.    \__________
      \__/

600
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/30 17:49:47
今更って感じじゃね?
石田とかテレビで見てても、つか作家全体だけど朝鮮人がなんかしゃべってるとしか
思わないし。
コメント1件

601
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 18:36:49
文藝と文學界ツイッターないのかな?
24時間常駐して爆弾闘争展開してやるのに。

602
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/30 19:27:06
>600
>今更って感じじゃね?
訳:「日本で有名な作家は全員在日なのは公然の秘密ニダ」

>石田とかテレビで見てても、つか作家全体だけど
>朝鮮人がなんかしゃべってるとしか思わないし。
訳:「あ、またウリの同胞がテレビに出てるーッ!作家はみんな我が同胞ニダ、ウリナラマンセーッ」

意地はってないで早く帰化しろぃ(笑)
工作したって何も変わんないぞ(笑)
コメント1件

603
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/30 19:33:33
>602
部外者だが黙れよ、お前も
コメント1件

604
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/30 19:38:19
>603
×部外者だが
○朝鮮人だが

605
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 20:42:00
俺は朝鮮人だけど何か文句ある?

606
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/30 23:38:42
劣等民族は黙ってろ。

607
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 00:42:15
文芸春秋の舩山はネズミじゃない。
カピパラを直立させてメガネ掛けさせたら舩山だ。
↓ はいここで突っ込み

608
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 00:54:50
そいつを倒したら、尾っぽをプロペラみたいに振り回してクソを四方にまき散らす大川が出てくるのか?

609
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 00:55:45
それ、大川ではなく大カバでは?

610
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/31 01:01:13
次回はミエコがまさかの2度目の受賞だよ

611
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 01:10:43
【業務連絡】
大川タブーでOK?

612
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 02:27:03
3馬鹿
川上、小川、山田。

613
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/01/31 13:48:24
よく言われる話だが、
芥川賞受賞作を読んで、
日本純文学に興味を無くす(正確に言えばちょっと興味を持って接してみてやはり駄目だわと興味を持てなかった)人は多い。

614
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/31 19:38:10
結構。そういうやつらは東野圭吾読んでおけ
コメント1件

615
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/31 19:44:41
人を見下せるほどレベルが高い世界じゃありませんがな。

616
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/01/31 19:48:19
例えば誰ならいいんだ?
芥川賞憎しの方々に大人気な
中原とか青木を受賞させたら
それこそ「最近の純文学って」と離れていく人多そうだが

617
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/01/31 19:50:54
きゃわいい女の子とかイケメンとか劣化春樹とか受賞させればみんなついてくるかもよ

618
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/01 12:51:39
ともかく前回の磯崎の受賞作は酷かった。
磯崎と保坂のペテン師弟、川上小川山田の腐れマンコ3ババア、ネズミ男舩山、
いろんな膿がドロドロッと出た回だった。

619
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/01 21:44:05
なかなかいい作家が生まれない。

620
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/02 02:03:21
>614
こういう痛い奴がいるんだよね。
誰からも相手にされないような芥川賞作品(その証拠は受賞第一作が全く売れないこと)を
ありがたがってうやまう馬鹿。

621
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/02 15:16:11
現状肯定派はいつでもいる。
今、現状肯定派でいる勇気を称えたい。

622
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/02 23:19:57
だから、お前は東野よんでればいいじゃん。
なにがご不満?
コメント1件

623
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/03 00:33:16
>622
お前があまりにも不憫。
文学メクラでハゲでデブで口臭の臭いところが哀れ。

624
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/03 00:43:53
では東野読めば文学的に開眼し口臭も治ると?
コメント1件

625
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/03 01:47:10
>624
論理構成、明白に間違えている。馬鹿すぎるよお前。

純文学の現状を肯定するお前が、文学メクラでハゲでデブで口臭の臭いところが哀れ。

よって
× 東野読めば文学的に開眼し口臭も治る
○ 純文学の現状を批判し、純文学の将来に建設的な意見を述べる人間はスマートで髪があり口臭も臭くない。

相手を東野好きとか叫びまくるのはお前の馬鹿な脳内でだけの仮定前提独断なり。

626
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/03 01:55:20
だって直木賞はえらいんでしょ?
直木賞とった東野も偉い

627
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/03 02:48:18
620なんて、まんま純文学のことだろうw

628
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/04 16:54:42
芥川賞、背中が煤けてる

629
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/04 23:52:37
なんでまだ日本でやるんだろうな

改名して韓国かどっかでやればいい

そのほうが嘘がなくていい
コメント1件

630
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/05 00:12:02
文芸春秋も皇太子殿下を侮辱したからキチ○イ左翼認定せざるをえないんだよな。
こんな下卑た雑誌が選ぶ新人賞なんてもう全然ダメ。

631
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/05 10:24:16
>629
もしかして 文学的才能のある日本人が ほとんどいないせいかもしれないよ

ガンガレ 小日本人!!!

632
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/05 12:13:24
日本語は特異言語だから、
優れた文学があるのか無いのか、世界のほかの国の人には、判断できないんだよね。

で、あるけど無い。
本当はあるけど、芥川賞というメクラキチ○イ文学賞が、潰しているのさ。ネズミフナヤマとかが。

633
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/06 10:21:48
>ネズミフナヤマ

群像の編集長?

634
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/06 10:25:47




これまでの受賞者の経歴からいって

朝鮮人反日左翼新人文学賞

反日日本人逆差別朝鮮人マンセーニダ新人賞

アイグ歴史認識歪曲竹島韓国領新人賞





にしたらどうでしょう?


635
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/06 10:33:20
駄目だな。
なぜなら、朝日新人文学賞はそのやりかたで
全国民にそっぽを向かれて解体したんだから。

636
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/06 10:57:49
日本に住んでいるからといって皆同じではなく、
民族、宗教、国境を意識して書いてるのが在日外国人だってか。
笑わせるな馬鹿。オマエらの今までの誌面作りはなんだったのか。
クソの役にも立ってねぇだろ。

637
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 01:34:25
同人誌活動している人はたしかに年齢は上の人が多いけど
純文学の読み手としても支えている人たち。
そういう人たちの書くものの9割はリアリズムに基ずく話。
芥川賞作品はそれとは違う狂人日記が8割くらいを占めていないか?
文芸春秋社が日本文学を駄目にした諸悪の根源。

638
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 15:04:53
文芸春秋社は3年以内に倒産する。

639
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 18:37:55
>>637
あと、高橋源一郎な。
アイツに餌を与えてはだめだ。

640
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 18:41:41
新潮のツイッターって方向性がおかしいな。
この世の中、右を向いても左を向いても広告だらけだ。
っての、いま書いてるけどね。文芸誌批判だから、こんなもんも載るわけないけどね。

641
ザ・スミス[]   投稿日:2010/02/07 18:51:42
俺新潮にフォローされたよ。

642
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 18:54:35
いまはね、来るべき電子書籍化時代に新潮は作家の手配師集団と堕しているだろうと、
そういうはなしになってるんだ。

643
ザ・スミス[sage]   投稿日:2010/02/07 19:06:17
まるで太郎みたいな言い草だな。

644
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 19:59:05
とにかく餌を与えるな。

645
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 21:33:22
『@Monthly_Shincho 寄稿作家の方々にお伝えしたい感想です。』

ちゃんと批判も公開しろよ。バランス悪いぞ。
大本営じゃねんだからよ。

646
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/07 23:08:37
朝日新人文学賞って終わってたんだw
そりゃ朝鮮人の反日小説ばかりに受賞させているとそうなるわな。

647
ザ・スミス[sage]   投稿日:2010/02/07 23:12:30
ニュー速に行け。

648
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 23:50:27
>同人誌活動している人はたしかに年齢は上の人が多いけど

今日、初めて合評会ってのに参加したよ。
初めて会った人に「次回も期待しています」って声かけられたの、初めてだね。
初めてだらけの経験だった。

649
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/07 23:53:28
「いえいえ、ベテランの皆さんに比べて、まったくお恥ずかしい代物で」
謙虚な小市民をやってるときの俺をオマエらに見せたいな。

650
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:15:35
文芸誌、とくに純文誌において、掲載作品の三分の二がどうでもいいことをテーマにしている。
わざとそうしているのだろうか。

651
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/08 00:18:20
大衆小説誌はどうでもよくないことだけテーマにしてるの?

652
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:21:46
そういうのは少ないな。なぜならマスに向けて書いてるからだ。
誰も興味をもたないことをかき続けたって仕方ない。
ってか、基本的に、娯楽誌にそんな書き手いないでしょう。
純文誌は別だ。あれはナスとカボチャを相手に書いてるんだ。

653
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/08 00:26:22
娯楽誌にのってるものは全てが傑作
出せば必ず売れる

654
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:29:30
ここ2、3年の話だ。
新潮編集愚は解体されるだろう。
で、小説新潮とヨムヨム編集部に仕分けられて、
使えないのはボイラー係だ。

655
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:31:49
>あれはナスとカボチャを相手に書いてるんだ。

だから、ひとりの新人を売りだすのに怪しげな応援団が組織され、
ロートル作家が後見人ヅラでヤラセ文学賞を与えたりする。
それでも売れない純文作家は生ゴミみたいなもんだ。
システムに吐き気を催す。

656
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/08 00:32:32
円城や青木って売れない純文の代表だね
あんなの褒めてるやつらみんなまとめて消えろ

657
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:39:48
うまいのに売れない作家には必ず原因がある。
たとえば炎上、青木の場合は、純文誌なんかに書いてるからだ。
コメント1件

658
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/08 00:43:15
プッ

結局オレが好きだけど売れないのは原因がある
って言いたいだけだったのw

659
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 00:47:56
好きな作家の売り上げなんて、大して興味ないね。
売れないより売れたほうがいいだろうけど。
でも多くの読者に共感されるようになると、作品が甘くなるでしょう。
それが純文の場合、とても顕著だ。

660
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/08 02:10:40
んなこたあねえよ

661
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 07:05:06
青木は顔がチョンコ過ぎて受け入れられなかったw

662
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 09:12:42
『@ynytk 夜が更けても、反響が止まらない。本当に感謝したい。
http://twitter.com/Monthly_Shincho/favorit

電通的ヤラセ臭がタマラナイ。癖になってるんだろう。
こんなに評判いいのに、どうして部数が伸びないのか不思議だ。

663
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/08 09:23:14
新潮なんか面白いわけねぇべや。
金かかってないのに。

664
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 00:18:32
>657
目を通した限り円城はうまいというより馬鹿向けの作家だと思った。

665
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 00:45:43
大森さんや東さんがバカだってぇ?
おまえのほうがバカだ!

666
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 00:46:19
ホントのことを言うと、最近の若い奴でうまい奴なんか誰もいないよな。
悔しいほどうまい奴なんてひとりもいないね。

667
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 00:46:54
ミエコはうますぎだろ?

668
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 00:53:45
あれは、ぷっ、だって、童話でしょう、ぷぷっ。
まぁ子供だって、同じお金を払って買ってくれるわけだから、
そうじゃけんにもできないけど。
とにかく早稲田の生ゴミども暗躍しすぎ。ぷっ。翻訳の禿げとか。

669
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 01:02:26
これからの出版界は、大日本印刷とか印刷会社の傘下に全体が入る。
もっと実利的な、読者の支持を集める作品に、賞が与えられるようになるだろう。

670
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 01:04:02
ミエコを批判した評論家はまだ一人もいないよ?
芥川賞選考員のほうが潔いよ?

671
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 01:05:52
実利をいうなら、純文学なんかなくなるぞ。
別にいいけど。俺は今風のアプローチで『枯木灘』できるから。
でも高橋源一郎はキツイだろうな。
あれは貧乏の子沢山しか取り柄がないからな。

672
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 01:08:47
石原慎太郎はケチョンケチョンに貶してたじゃないか。
評論家? ……、文学の評論家? 
あいつらは出版社の指令で動いてるんだから、
文学と関係ないじゃん。ぷっ。

673
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 01:29:03
編集者なんて人種ははやいはなし、出版乞食だからな。

674
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 02:24:05
純文学いらんから、すべてエンタメになればいいんだ。
そうすれば、新人賞の倍率も緩和されるだろう。
純文学なんか誰も読んで無いじゃん。

675
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 02:24:50
誰も読んでないから他の板行ってね。

676
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 02:33:54
改革の旗手にむかって何という口のききよう。
ふっ。

    ゜    o   ゜            。          
゜    ○             o      o      o  
 o ゜      .   ○    ゜                 
_\  _   ゜         。               。   
  ○ \    o    ゜                      
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜                
∃  |   |  | l l ゜  わんわんお               
    |田 | 。| | l            ⌒ヽ     ゜    ゜  
∃○|   |  | |。  ゜   (U^ω^) (ω^  ) おっおっおっ.
    |田 |  | l‐   C/    l と   ヽ .....   ....   
∃  |   |○― ....   し−し−J  (__ト、__丿  o      
   o.... 一      ....     ○             

677
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 02:35:36
純文誌は京極や宮部や綾辻だけ載せればいいと思う。
世界一の文芸誌になるから。

678
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 02:55:53
                    、ゞヾ'""''ソ;μ
                   ヾ  ;' 3    彡
                   ミ        ミ  ブワッ
                   彡        ミ
                   (;;:/ソ,, , ,; ,;;:、ヾ⌒;:)
                   (;:⌒ ;:( ;:) ⌒;:)
                   (;: ( ;:) );: ;:)
                     (;:(;: ;:) ;:)
                      (⌒⌒)   ドカーン・・・
                       ii!i!i
          /~~\       ./~~~\
         /      \/~~\/.  ,' 3  \       /~~\
...............,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘:::::   \:::::::::::::::::::::傘傘.....,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘

679
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 02:58:00
たとえば純文ですごいといわれてるミエコ?礒崎?
あんなの、例えば、エンタメのそうだな、森ヒロシにすら劣ってるだろ。
まだ森のほうが技術的に上。
恥ずかしくないの?森なんてエンタメでは下のほうだよ。

680
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 06:02:52
エンタメ脳の連中は失せろ

681
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/09 07:23:34
早い話、出版社のキムチ臭い人間は
通名名乗ってりゃ日本人だと思われるとでも勘違いしているけど



「お前ら全員、   朝鮮人    だってばれているからな」

なんて言えば出版社の人間にわかる?

チョン キムチ野郎 エラ 歯茎 朝鮮人

682
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 17:36:05
新人賞なのに権威ありすぎだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

683
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/02/09 19:20:38
森は前に読んだけど評判のわりには肩すかしだったなあ
あとエンタメってなんであんなに厚いんだろうね
清涼飲料水とか読む気無くす

684
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/09 19:41:42
純文:薄い上に内容なし、くだらない文章
エンタメ:濃い上に内容たっぷり、技術的に高い文章

685
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/10 00:48:05
文芸春秋社は日本の恥

686
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/10 01:17:23
エンタメには物語しかないんだよね
話の筋しかないのさ。

687
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/10 01:18:18
豊崎さんが言うには「文春を貶した覚えはない!名誉毀損」だってさ

688
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/10 11:44:26
文芸春秋社内では月刊の文芸春秋を本誌とか言うんだけど、
皇太子殿下の廃太子とかやっちゃって、もう相当読者にも不満マグマが溜まっている。
この雑誌も会社も極端な凋落は、ありえるよ。

689
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/11 13:13:20

690
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/11 15:54:06
せめて今月号が出ている間は自粛すべきじゃないのかなあ。常識的に。

691
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/11 17:24:36
石原慎太郎先生の素晴らしい選評を全世界の民に一刻でもはやく報せたいとか。
コメント1件

692
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/11 18:15:54
>691
「これがこの国の現代における新しい文学の可能性の表示なのだろうか。何かがおかしい、何かが衰弱している、何かが見当違いだ。」
この後にちゃんと、その症例として、候補作中、カタカナ題名が三つもある! と言ってるのを載せないと。

いや、意外と重要なこと指摘してると、漏れは思ったけど、マジで。

693
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/02/11 18:59:29
文藝買ってきた
今回はまだ読んでないけど、というか作品から先に読んでるので選評は後回しなんだけど
石原さんは毎回結構良いこと言うよね

694
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/11 19:03:31
「何かがおかしい、何かが衰弱している、何かが見当違いだ。」

ホント、この言葉に尽きるな。
昨今のアニメ/ゲーム時代にあって人は、何のために小説を書き、
何のために雑誌はそれを掲載するのか。
コメント1件

695
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/11 19:21:43
大森兄弟への反応が石原兄弟のプライドを感じさせておもろい・

696
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/11 19:25:17
>694
終の住処がその感想にぴたりと当てはまるけどな

697
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/11 19:58:47
「村上春樹、吉本ばなな、島田雅彦、高橋源一郎」どれも取らなくて妥当。しかし
山田詠美をそこに入れないのはどういういやみなのか。
コメント2件

698
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/12 00:42:50
>697
さすがに選評者はかけんだろw
しかしエイミーの文章ツッコミは良かった

699
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/12 00:48:02
> 村上春樹、吉本ばなな、島田雅彦、高橋源一郎

うわっ、恥ずかしいwこの4人が受賞した賞って恥ずかしいw
コメント1件

700
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 02:22:38
三島由紀夫も受賞していない。ゲイの俺的には許せない事実だ。

701
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/12 11:54:27
毎度のことながら作品をけなす選評は本当に納得感があるなw

>697
後で大成したのを見れば、やはり春樹には取らせたかったんじゃないのかな。
谷崎賞を若くして取らせたのはその埋め合わせ、とかいう話がなかったっけ。
ただ、あれだけ読んで取らせるのには結構勇気がいると思うが。
コメント1件

702
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 13:22:45
>701
もちろん取らせたかったんだよ。
でも野間新人賞取ったこともあって。
第三作「羊をめぐる冒険」の候補ノミネートを、本人が辞退した。
ゴミ川賞くらい、羊で取れたって。本人が拒否ったの。

703
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 13:29:18
『羊をめぐる冒険』は長編だろ。長編は芥川賞の範囲外なんだよ。
だからノミネートなんかされてない。
コメント1件

704
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 13:46:08
>703
違う。本人が野間も取ったし断ったと書いている。

705
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 14:17:58
断ったのは『羊』のあとの短編の時だ。

706
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/12 14:47:07
「論外として最初から選から外された」

石原慎太郎のこの姿勢は大いに評価したい。
というか、こんなもの(羽田となんとか兄弟)を候補作に挙げてる時点で、
芥川賞がヤバくなってきてるのが大いに判るね。

ついでに春樹は純文学じゃないだろ。
余りにダラダラと呟きを書きすぎてて、しかも同じような言い回し、
同じような台詞が多すぎて、とても洗練されてない。

ここんところの候補作でもそうだけど、
なんで露骨な性描写や、人が余り目にしたくないものをあえて書くんだろうね。

そうやってでしか、作品の特徴を出せないんだろうって勘ぐっちゃうよ。
本当にいい話を書ける人は、下らないエロやグロや過激なネタに頼らなくても書ける。

むしろ、そう言ったのを省いた上で面白いと唸らせるものこそ、
本物なんだろうね。
最近の若手とか春樹は、売れない芸人のB級コントみたいだ。
真の花が無いね。

707
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/12 21:34:33
いい話とは関係なくても現代小説は書けるだろ。

もっとも、過激な話なんていくらでもあるから
その点においても尖っているわけではないよね。

708
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 00:13:45
>699
むしろ、橋本治を例に出すべきだったんじゃないか。

はるき、ばなな、は純文学とは異質なものだと思う。
島田は単に下手なだけなんじゃないか。
高橋源一郎も『あだると』読んで、この人ニセモノなのかなあって。
保守的な日本男児の心性がありのまま出てるといわれりゃそれまでだけど。

709
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 00:28:59
村上春樹は長文ツイッター。

710
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 00:31:58
保守的な日本男児

そういったところをネガティブかつコミカルにほじくるのも、もう飽き飽きだね。

711
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 11:01:25
俺が飽き飽きなのは、
芥川賞作品の登場人物。
なんか純粋で真面目な人がいないの。
はすに構えたシニカルな若者ばっかり。
だから大衆の心を打たない。

712
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 12:24:06
それはすべて日教組のせいなんだ。
日教組を打倒さないと戦後が終わらないんだ。

713
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/13 12:40:07
教育者で人生変えられる程度の作家なんぞいらん

714
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 12:50:49
フッ、作家じゃないんだ。
なにを面白がるかは編集さんの問題さ。

715
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 12:54:59
編集さんは
お馬鹿な批評家と
作家の仲間誉めに
右往左往するだけの事務屋だよ

716
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 13:12:58
それが分かってるおまえさんが編集者であることは
スパっとサクッとお見通しだ!

717
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/13 22:26:42
俺が飽き飽きなのは、しみじみと読めない作品が多いから。

螢川とか忍ぶ川とかみたいに、
情緒溢れてじんわりとした描写が溢れているような、
まるで、いわさきちひろの絵を見るような、そんな話がなくなっちゃった。

こんな現代なのに、
わざわざ本で過激で殺伐とした世界を読み直したくないよ。

今の芥川賞受賞作には、救いがない。
しみじみと考え直す必要性が無い作品ばかり。
ドラゴンや都知事なんかの作品に、受賞させたのが大きな間違いだろ。

変に五月蠅いストーリー以外に、
濃い部分が蒸発してるみたいに中身が無かったりするし。

718
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/13 22:49:10
救いがあるとかないとか
そういう次元でしか小説を読めない人は
そもそも芥川賞のターゲットじゃないってことを
覚えておいても良いと思う。
これは好みの問題だから
そういう作品が出てきた時だけ読めばいい。

問題なのはそういうことではなくて
表面だけをいじっただけの幼稚な作品
…と言いたいところだが作品と呼べるレベルに到達してないブログレベルの
日本語もどきが多いことだから。

719
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/14 02:28:26
>螢川とか忍ぶ川とかみたいに、
>情緒溢れてじんわりとした描写が溢れているような、
>まるで、いわさきちひろの絵を見るような、そんな話がなくなっちゃった。

いい意見だな。その通りと思う。

720
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/15 01:58:08
「ビッチマグネット」読んでみた。
文芸春秋で、候補作として掲載されてた奴。
これはあれだ、ケイタイ小説を大人仕様にしたキワモノだな。
風景描写とかなくて。
人間関係がややこしく、こじれて、会話とか地の文としての女の語り口に、
言っちゃった言っちゃった。
キモッ
とか入れて、浮揚させようとしている、でも、人の心を打たない駄作。

「ビッチマグネット」というのは、弟が性根の悪い女をひきつける男として
そう呼ばれているという意味なんだけど、やはり題名として糞だわ。
コメント1件

721
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/15 04:27:12
<トリノ五輪後に4年がかりで真央がされてきたこと>
・キムヨナがフリーで3回も使う2Aの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が
 難しい3回転と同じなので、簡単な2Aの前後には工夫ができあっさり毎度3L以上の点に
・3Lzと3Fの踏みわけが厳格化され、真央が1試合3回使う得点源であり
 3回転で一番基礎点の高い技3Lzが不正扱いで使う度平均2,3点も減点
 修正しない限り組み込めなくなる
・真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。しかし真央即座に対応し深いシットスピンに
・実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高い3Fの不正があった。
 ところが何故かキムヨナの不正3Fだけは見逃され続け驚異の加点
 それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう
・その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表
 更に3Lz跳べないでる浅田に、浅田の得意な3回転半を除いた
 3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる
・予想通り真央の3Aと3L、安藤の3L、特に二人ともセカンド3Lが怖いぐらい全く認められなくなる
・ところがキムヨナの得意なセカンド3Tだけは決して回転不足にならず
 初戦のアメリカ戦で3Fがまた見逃される。しかしVTRではっきり3Fの不正が映ってしまい、
 2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、
 彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。
・真央が3Sを克服しLzもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナは3Lが跳べなる
 真央が文句のつけようのない演技をしてGPF優勝
 するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに
・五輪シーズン、8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技3Fも、
 蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。
 ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ浅田の最後の砦3Fも減点、
 しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでに3Tも減点ジャッジが登場
・2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ
 5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確に
 キムヨナは3Fの不正は再び注意もつかなくなり、フリーでは3Fを跳ばずに世界最高得点更新

722
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 14:42:16
>720
慎太郎が、糞タイトルからして選考対象外にしたってのが、肯けるよね。

けど、池澤夏樹みたいにおかしな選考者がいるから、
いつまでも場違いの芥川賞に候補作として上げられるのが、おかしい。
こんな安易な題名点けて、流行言葉と風潮をトリ入れただけの駄文に、
賞を渡してたら、みんな芥川賞に見向きもしなくなると思う。

723
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/16 14:57:26
相変わらず、石原都知事は新人たちの作品を切り捨てるのが上手いなぁ・・・

とは言え、都知事本人も60年代には
「狼生きろ、豚は死ね」
なんていうタイトルの戯曲を書いて喜んでたんだけどねw

724
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 18:23:59
そもそも石原の阿呆が新人たちの作品なぞ呼んではおらないのに選考する事実が可笑しいのでは〜(笑)仕事中に執筆の税金ドロボウ、阿呆の石原の文学界新作の法が 藁貸し増すねぇ〜(笑)

725
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 18:30:51
「狼生きろ、豚は死ね」

素晴らしいタイトルだ。

726
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/02/16 18:38:32
ビッチマグネット読んだけど個人的には悪くないと思った
でも候補作がこんな感じばかりなら衰弱してるって言われても仕方ないとも思った
文学読んだなあって感じがしないし。そこが現代に求められてるって奴なのかもしれないけど
しかしどんなのが受賞すればいいんだかさっぱりわかんないわ俺は
コメント1件

727
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 18:46:20
>726
で、おたくは「終の住処」という大駄作まで認めるの?
人の心を打たない、ギミックなインチキ駄文群ばかりが、芥川賞の候補作とか受賞作とかになるんだよ。

コメント1件

728
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 18:58:59
最近の芥川賞は利権にまみれた政治ショーだからね。
選考委員でも、怒ってる人たちのほうがまともに見えるだろ?
それだけひどいんだ。ひどいというより、世の中に必要とされてないんだ、この手の文学は。

729
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 19:00:11
芥川笑受賞作は優れた作品と逝った世間の認識、これを払拭せぬ鍵り、「終の住処」のようなチープな糞文の仮面夫婦が持て囃されるので消化ねぇ〜(笑)

730
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/02/16 19:10:57
>727
あれはあれでそれなりにうまく作ってあったんじゃないかな
二回読みたくはないけどw
人の心がどうのは知らないけど誰のどんな作品を候補にすればいいのかわからない

731
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 20:52:23
ナイフを入れて肉汁が滴るような生焼けのステーキみたいなやつだ。

732
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 22:30:46
なるほど、『狼生きろ、豚は死ね』は、「おお、月が昇った。月の明かりで遠くの花が白く煙って見える。こうしてみると都の花も今が盛りだ。」
といった老中松平帯刀のすこぶるもったいぶった紋切型の台詞で始まっている。ところが『坂本竜馬』の方は、いきなり事件の核心にとびこんで、
「なんだ、まだ話が決まらないのか。クジにせいよ、クジに。六人もあればたくさんだ。」といったような人斬り以蔵のテロリストたちに対する無造作な提案で幕が開く。
これでは、もはや第一歩を踏み出した途端に、すでに勝負は、ハッキリついてしまっているようなものである。 (「幕末太陽族」)

733
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/16 22:54:35
あーさすが花田清輝。

上手いこと言うなぁ。

734
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/16 23:35:37
花田清輝が存命してたら、ビッチマグネットをどう評価してるの?

735
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/16 23:59:14
大津姉弟の講釈あたりに混線して大伯皇女とか大津皇子とかの事跡を論ったりなんだりかんだりして、
「しかしわたしには○○○(その周辺のあまり目立たなかった人物)の方が〜だと思われるのである。」
ってノリで古代日本の転形期について脱線に次ぐ脱線を繰り返した挙句肝心のビッチマグネットは置いてけぼり

736
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 00:54:57
そんな話なの?
インターネットのおかげで調べものがやりやすくなったせいか
そういうの多いよね。
コメント1件

737
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:16:50
花田清輝の偉いところは、演劇だろうと映画だろうと現代美術だろうと
文学だろうとすべて同水準、まったく同平面上で語ったということだろう。
彼こそ真のモダニストだ。

738
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:37:21
>736
たしかに現在では「調べる」という行為そのものが
くだらないものに成り下がっているんだよなぁ
情報ならそこいら中に溢れかえっているし、
かつての少年少女たちが持っていた「調べる楽しみ」はなくなった。
今じゃウィキとかgoogleとかで調べ物をしていると、
まるで肥え溜めに手をつっ込んで掻き廻しているような錯覚におちいるもの。
今どき調べ物をして喜んでいるような大人はバカですよ。そんなことは学生とかに任せておきなさい。
大切なのは、調べ物をして得た知識をどう活用するか、だよ。
コメント2件

739
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:40:40
これからの文学はつるつるした文体こそ最先端の価値ある文章だから
終わりの住処など時代錯誤のクソ文学ですね〜
2000年も過ぎたのにこんなものを有り難がってるなど
今後の文学史に汚点として残るでしょうなあ〜(笑)
コメント2件

740
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:50:20
>739
2000年も過ぎた・・・?西暦のことですか?
文学はそれよりももっと古くからあるはずですが。
それはともかく、あなたは西暦2000年を越えたこれからの
文学の未来について何か展望をお持ちのようですのでぜひ語ってください。

741
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 01:53:59
東、舞城、円城。
これだけを受賞させれば、あっという間に復興。
売上もウナギのぼり、景気も上がってウハウハ、売れない文学者涙目。

742
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/17 02:09:12
俺、東野圭吾(まさかの芥川賞おかわり)、
これだけを受賞させれば、あっという間に復興。
売上もウナギのぼり、景気も上がってウハウハ、売れない文学者涙目。

743
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 02:12:59
たしかに東より東野のほうが売れてるし知名度もあるし幅広い世代に人気だな。

744
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/17 02:22:16
どうでもいいが、東野圭吾って芥川賞とってたか??
直木賞だろ?比較対象としておかしいだろw

745
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/17 07:16:33
両方 獲ってもいいと思うね

あとあるようなないような年齢制限は芥川もなくせばいい

746
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/17 10:34:09
>738
>まるで肥え溜めに手をつっ込んで掻き廻しているような錯覚におちいるもの。

・ビッチマグネット、なんだかくだらなさそうだね。

・いまでは知識を得るというより、事実を捏造し、偏った思想へと導く時代で、
 中国などはヤラセ班を国家レベルで組織しているそうだ。

“やらせ評論員”活躍?中国はネット世論も誘導
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100215089.html

747
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/17 10:41:17
>>739
>これからの文学はつるつるした文体こそ最先端の価値ある文章

つるつる? どんなの

748
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/18 00:49:44
>738
調べる楽しみは今もあると思うよ。
なければWikipediaが流行るわけないだろう。
ただ調べたこと自体にに対する加点はもの凄く低くなってるよね。
その分、知識を活用することに配点が多く割り振られるようになったのは確かだけど。

>739
あんなの染みにもならない。
それにあれは時代錯誤なのが問題じゃなくて根本的なレベルの低さ。
どんな文体で書こうが、テーマ/技術/文体のいずれにおいてもろくな点はつかないよ。
別にあれが特別酷かったわけでもないが。
コメント1件

749
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/18 05:29:23
「終の住処」は特別酷かったぞ?

750
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/18 16:51:23
個人的に、あの盛り上がった綿矢&金原の受賞回は、
他の作品もレベルが高かったように思う。

金原ひとみ「蛇にピアス」
綿矢りさ 「蹴りたい背中」
糸山秋子 「海の仙人」
島本理生 「生まれる森」
中村航  「ぐるぐるまわるすべり台」

むしろ「海の仙人」と「ぐるぐるまわる…」の方が
受賞作より好きだったけど。

最近は受賞作も候補作もパッとしねーなぁ。
コメント1件

751
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/18 23:58:37
>750
うわっ、全部秀作じゃん。
候補選んだ人、優秀だったんだな

752
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/19 05:06:58


545 :吾輩は名無しである:2010/02/19(金) 00:42:37
そういえば、文化庁のホームページキムチ臭かった・・・・・
NHKと癒着してる在日っぽい文化人ばっかだったような・・・・・

753
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 11:22:42
>748
配点・・・?ここでも受験社会の弊害なのか?
なんでも数値化しないと気が済まないタイプなのか?
まあよくそんなので文学やってるなぁと思うよ。点数とか、順位とか。
もしかして「文学研究」とかいって、ある作家の文学作品から
特定の語彙をさがしてその語彙が何回出てきたか、とかw
そんな小役人みたいな研究をやっているのか?w

まあ経験上、人の書いたものに点数を付けるなんて
根本的にはできないと俺は思っているんだよねえ。
別の採点者が採点すればまた別の結果が出る。それほど文章の採点というのは危ういものだ。
まあ、特定の課題に答えるレポートのたぐいならともかくね。
まして文学作品に点数を付けるとかw
そんなげびたセンスで文学をやって欲しくないわww
コメント2件

754
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/19 11:39:09
>753
ある程度はレベルを整理するために必要だよ
松竹梅くらいなら許してくれるのか?

755
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 11:45:06
A-とかB+とかだったらいいんじゃないかな?w
だがそれだと序列がつかないんだけどねw

756
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 12:00:07
序列はつかないが(細かくつけたところであまり意味がない)
ダメかダメじゃないかの目安にはなるんじゃないかな

>753
じゃあ文学賞自体良くないことだね

757
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 12:26:16
芥川賞は枚数制限はずすべきじゃないかそろそろ

758
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 16:33:17
新人がえらい長編の秀作書いて、それが芥川賞対象外になるって問題が
起こってるなら枚数制限は問題だけど
実際どうなの?
コメント1件

759
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/19 23:19:09
>758
平野啓一郎みたいなチョンなら対象外どころか、なにがあっても優遇されて受賞できるよ。
たとえば盗作だったとしてもな。
芥川、直木が朝鮮新人賞と言われる所以。
まあ、どこの賞も朝鮮系じゃないと受賞はできないけどな。。。
コメント4件

760
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 01:36:50
朝鮮総連ぶっ潰したら、国内の作家の半分はいなくなるといわれてるからな。

761
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 02:29:54
>新人がえらい長編の秀作書いて、それが芥川賞対象外になるって問題が
>起こってるなら枚数制限は問題だけど
>実際どうなの?

というか純文学の長編の秀作なんて無いから。

でなくても新人には書けないから。
新人賞は枚数制限があるし、
文芸誌だって「よほどのものでないと新人の長編は載せられない」というスタンスだし。
それで最初に戻って新人の(あるいは全作家の)長編の秀作なんて、この世に出現しないから。


762
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 08:36:43
さて、選考委員が候補作をろくに呼んでないことが明らかと鳴り増したねぇ〜(笑) 石原も辞任しては〜(笑)

五木寛之さん、直木賞選考委員を辞任の意向

2010年2月20日(土)6時18分配信 読売新聞

 作家の五木寛之さん(77)が、1978年から務める直木賞選考委員を辞任する意向を示していることが19日、分かった。
 同日発行の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。
 五木さんは22日発売予定の「オール読物3月号」(文芸春秋刊)に佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞(こ)う」の選評を書いたが、
その中に「間違いがあった」ため責任を取るという。
 同誌編集部によると、五木さんは誤って、佐々木さんの作品中にはない「破顔した」という表現について言及した。
文芸春秋側では「見過ごしたのは我々のミス」として慰留している。

763
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 08:47:45
みんな読んでなかったりして。
「私の男」だかいうキワモノが受賞したとき、
こうした作品は昔からありましたとして彼は猛反対してたね。
あの態度は正しかった。
高橋源一郎世代にはまったく期待できないが、いや、
高橋だから期待できないが、五木さんはもう77歳だしな。

764
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 09:03:28
書いた者のミスなのか、見逃した者のミスなのか、いっそのこと直記笑を廃止しては動なので消化ねぇ〜(笑) ミスの恐れも鳴く鳴り増す殻ねぇ〜(笑)

765
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 09:07:17
磯崎憲一郎の『終の住処』もそうだ。
新潮版で「おながどり」となっていたものが
文春版で「おなが」に直されたことがあったじゃないか。
新潮にはバカしかいないから?

766
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 09:43:44
意味が違うのでは〜(笑)藁貸し増すねぇ〜(笑)

767
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 09:52:59
お‐なが【尾長】ヲ‥
#尾の長いこと。
#スズメ目カラス科の鳥。頭は黒色、背は灰色、腹は灰白色。翼と尾の大部分は美しい灰青色。尾は長い。
低山帯や人家近くの樹林に営巣、昆虫や果実を食べる。群棲し、やかましい声で鳴く。東アジアとイベリア半島に分布。
日本では本州東半にのみ分布するが、かつては西日本にもいた。〈饅頭屋本節用集〉

おなが‐どり【尾長鳥】ヲ‥
(→)長尾鶏ちょうびけいに同じ。
#お‐なが【尾長】ちょうび‐けい【長尾鶏】チヤウ‥
鶏の一品種。日本固有の珍種。雄の尾羽の一部は抜けかわらずに長く伸び、8メートルを超すものがある。
止箱とめばこという箱に入れて飼育し、尾羽の切れるのを防ぐ。高知県産。特別天然記念物。ナガオドリ。オナガドリ。サザナミ。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

おなが
http://images.google.com/images?hl=ja&client=safari&rls=en&resnum=0&q=オナガ&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

おながどり
http://images.google.com/images?um=1&hl=ja&client=safari&rls=en&tbs=is...尾長鶏&spell=1&start=0

768
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 11:42:19
でも100枚ぐらいの長さだと能力を把握できないと思う
300枚まで拡大すればいいと思う
コメント1件

769
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 13:27:43
>768
文章の巧拙など、400字詰め原稿用紙1枚書かせればすぐに分かる。
「構成が〜」というのであれば、100枚で十分だろう。
100枚で書けることを300枚費やして書くのは文章が下手な証拠だろ。
コメント1件

770
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 13:51:06
「終の住処」はオナガがどうしたオナラがどうしたじゃなくて
 全部が駄目、全部がオナラみたいな糞駄作。

771
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 13:54:27
>769

文章だけが文学ならね
でも女子高生の世界をみずみずしい文章で描いたものが
とってしまうからなあ
コメント1件

772
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 14:11:59
>771
ぶっちゃけ、それでもいいと思うんだよね〜
その時限りのみずみずしい感性に受賞させる方向で。
その後、それを継続できるかどうかは本人次第。

だいたい、新人賞で欲得に満ちたドロッドロの文章を読まされても堪らないからなぁ

773
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 15:52:27
>759
> 芥川、直木が朝鮮新人賞と言われる所以。
> まあ、どこの賞も朝鮮系じゃないと受賞はできないけどな。。。


一見「チョン」や「朝鮮」という蔑称を用いる事により、日本人のレスであると
偽装しているが(それはあたかも通名を名乗り、日本人になりすます様に)
よく読めば何のことはない。日本の知をリードするべき人材が集まる出版界を
我々朝鮮系が牛耳っているんだという、願望(というよりは印象操作か)である。
肉を斬らせて骨を断つが如く、自身の蔑称を使ってまで、民族の優越性と
自尊心の維持強化に努める>759のような「朝鮮系」の工作にはご用心下さい。
コメント1件

774
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/20 17:29:40
どちらもただのパラノイアです

775
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/20 20:15:49
   O  
      o               …と、思うキモオタであった。                      
       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、             
       ,ノ         \             
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ         
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、 
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/  
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 / 
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /  
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\  
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ  
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

776
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 00:05:52
>773
じゃあ、なんで平野の受賞作はソッコウで韓国語に翻訳された?
なんで川上の受賞時に写真付でエンジョイコリアに掲載され絶賛された?
なんで日本の作家に自虐史観の左翼しかいなくなった? 口を開けば謝罪と賠償、そして死刑廃止論ばかり。。

なんでイシダイラみたいな魚の腐ったようなエラの持ち主が作家になってNHK教育で韓国人とは仲良くするのは
当然と言うの?
韓国の反日教育知ってる?
コメント1件

777
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 00:12:39
 ノノハヽ
从●・ω・)  だからみてみなよ。
 (U   )   「日本の文学」なんて、だれも見向きもしなくなったじゃん。
 (_)  )    明らかに「彼ら」はやり過ぎたんだ。

778
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 00:13:51
 ノノハヽ
从●・ω・)  とにかく、日本とか朝鮮とか、そんなのカンケーないんだ。
 (U   )   ただフザけた奴は殺るよ、アタイは。
 (_)  )

779
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 01:29:51
芥川賞はキチガイじみた筋書きの小説に与えられる賞。
そこに新しさ、衝撃があるとありがたがる。
本当に愚劣な商売道具である。

780
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 02:59:56
> 芥川賞はキチガイじみた筋書きの小説に与えられる賞。

ほんとにそう。阿部とかミエコとか綿矢とか最低最悪の受賞作だったね。

781
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 09:09:54
>776
> じゃあ、なんで平野の受賞作はソッコウで韓国語に翻訳された?
韓国では春樹が翻訳されてこの方、空前の日本の小説ブームだから。
宮部みゆきや奥田英朗、東野圭吾といった人気作家だけでなく、
阿部和重や糸山秋子、長嶋有、吉田修一、果ては中村航まで翻訳されてる。
平野については「現役京大生」「権威ある賞を受賞」「イケメン(?)」
この2.5点だけで「ソッコウ」翻訳される理由としては充分。

> なんで川上の受賞時に写真付でエンジョイコリアに掲載され絶賛された?
端的に美人だから。綿矢&金原の時も(エンコリは知らないが)韓国でも話題になった。
日本における米のグラミーみたいなもの。ちなみに玄月が受賞した時も報道されが
話題というほどにはならなかったらしい。

> なんで日本の作家に自虐史観の左翼しかいなくなった?口を開けば謝罪と賠償、そして死刑廃止論ばかり。
池澤夏樹曰わく「世界中のインテリ(と呼ばれる)人々には、愛国心は受けが悪い」
まぁ確かにその通り。サルトル然り、アインシュタイン然り。三島や都知事が
異端だっただけで、例えばトーマス・ベルンハルトみたいな作家、日本にいる?
辺見庸?冗談はよせよ。
あと「左翼」の大谷昭宏は強烈な「死刑存置論者」だし、天皇制の撤廃をのたまう
渡部直己の父は自衛隊のお偉いさん(統合幕僚長!)で、上で挙げた池澤夏樹は
左翼を自認するも皇室に対する敬意と親愛を表明している。それらについて
お前はどう思うの?

> なんでイシダイラみたいな魚の腐ったようなエラの持ち主が作家になってNHK教育で韓国人とは仲良くするのは当然と言うの?
クソダイラでなくとも公共の電波で、韓国人と仲良く「しない」のは当然、なんて
言えると思う?
素直に、「我々朝鮮系が日本の言論を支配していると思いたい」、って言いなよ。
それで日々の辛酸から一時でも逃れられるなら、何も言わず見過ごしてやるから。
日本人のフリして工作するから俺みたいなのに絡まれるんであって、願望と現実を
一緒くたにすんな。別に俺は朝鮮系を差別したりしないけど、お前みたいなのは別な。
コメント2件

782
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 11:24:11
>781
途中まで読んだがキムチ臭くて鼻が痛くなった。で、読むのを止めた。

コメント2件

783
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 12:27:59
>782
昼飯に食べたオモニの漬けたキムチが
鼻にひっついていたんだね。
コメント1件

784
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 12:33:56
  ←日本    北朝鮮→              

     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <にゃ〜〜〜、にゃ、にゃ、にゃ
  =〔~∪ ̄ ̄〕
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

785
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 16:59:56
>783
君は>781ですかぁ?
俺は>782ですけど、踏み絵を踏みますね?
韓国人は劣等嘘吐き糞酒飲み猫悔い激情火病最低人種。
はい、
俺が韓国人が大嫌いな日本人だと分かりましたかぁ?
お前も踏み絵、踏んでみろ、在日ハゲ!

コメント1件

786
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 18:02:03
>785
俺は781かつ783ですが…

>踏み絵を踏みますね?
>韓国人は劣等嘘吐き糞酒飲み猫悔い激情火病最低人種。
>はい、俺が韓国人が大嫌いな日本人だと分かりましたかぁ?

そもそも「劣等嘘吐き最低人種」であるお前は、踏み絵どころか親の顔を踏むことすら
躊躇しないわけで、781で看破したよう、お前はその惨めな日常から離脱すべく
みずから自身の民族を貶めてでも、「(我々朝鮮系が)日本の知を牛耳っている」と
印象操作するため、血の涙を流しながら(笑)懸命に工作しているわけで、
お前のキムチがこびりついた足で何を踏もうが、お前が朝鮮系でない事の証明には
ならないわけで(笑)
あと、
>〜(略)糞酒飲み「猫悔い」激情火病(略)〜
この「猫悔い」の「悔い」が、「喰い」の誤変換であるのは斟酌しても、
本来ならば「猫を喰う」ではなく、当然「犬を喰う(犬喰い)」であるべきで、
この間違いは、自尊心を棄てて工作活動に身をやつしながらも、棄てるに
棄てれぬ民族の誇りの最後のひとかけらを(無意識にも?)守るための
「抵抗」だったのだろうと想像するが、お前も難儀な人生送ってるな(笑)
「有名人はみな在日だ」、何て惨めな工作せずに、帰化しろよ。それか半島に帰って
1からやり直してみなよ。日本語が出来るってのは、それだけで仕事には
苦労しないだろうよ?もちろんお前がハングルを解するなら、だけどな。

787
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 18:07:52
781が何を書き込もうが、芥川も直木も朝鮮臭が漂いまくって、一般国民がそっぽ向いただけなんだけどね。
TBSが韓琉ドラマ流しまくって、ちまたで社員在日ばかりと言われて、必死でそんなことはないニダ、おらは日本人ニダって言ってるようなものw


テレビ、新聞と同じく出版業界なんて朝鮮人の宝庫、勝手にほろべや、帰化と在日の朝鮮人。おまえらが何を喚こうが、キムチ臭いものは
キムチ臭い。
コメント4件

788
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 18:14:56
>787
朝鮮人は日本人より能力が高いから、出版業界やテレビ局といった
知的職業に就くことは出来ない。そう仰りたいんですね、分かりますニダ。

789
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/21 18:16:43
>787
今度は夜メシに食べたオモニ特製キムチが
鼻にこびりついているんだね。
コメント1件

790
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/21 19:56:16
伊坂幸多郎の作品に対して、酷評をしっかりと挙げた直木賞はだいぶ信用できるかと思いきや、
「あかね空」みたいに御都合主義ありまくりの、
どうでもいい豆腐屋物語が受賞する位なんだから、やばい。

791
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 01:30:19
なんだかキチガイ超賎人が湧いてるな。
超賎は劣等とキッチリ書くと
訳の分からない反撃に出る(>789みたいに)

ほんと超賎人はどうしようもない蛆滓だわ。
死ねばいいのに。
コメント4件

792
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/22 02:41:38
>791
お前がかねてから劣等だと書き散らしてんのは、鮮奴に支配されてるという日本人の事だろ?
ホンっトに鮮奴は息を吐くように嘘を吐くんだなぁ…、いい加減日本人のフリ止めろよ。

そんなに「ボクはニホンチンたよッ」って言うなら、お前が奴隷民族じゃないって
証明出来る「踏み絵」を用意してやるよ(笑)


『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』

ほれ、踏んでみろよ(笑)そのキムチ臭い豚足でさ(笑)どうしたのかな?踏めないの(笑)(笑)?

賭けてもいいけど、お前は言わないよ。お前がとる態度は、
1.逆ギレ
2.他人を装ったレス
3.無視(数日後にまた>759>787の様な工作レス)
この3つのいずれかだろうね。ま、無難に1あたりだろうなぁ。血の涙を流しながら
>791みたいな事を言うんだろ?お前は在日ニダ!ウリこそチョッパリニダ!って(笑)
早く踊ってくれよ、なぁ鮮ちゃん。
コメント4件

793
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 04:51:09
なんだかキチガイ超賎人が湧いてるな。
超賎は劣等とキッチリ書くと
訳の分からない反撃に出る(>792みたいに)

ほんと超賎人はどうしようもない蛆滓だわ。
死ねばいいのに。

血が汚れているんだよな。
馬鹿なんだよ。
差別されて低学歴、低収入。
劣等民族で36年も植民地支配されて、
戦争に一度も勝ったことが無くて(大爆笑)
世界中から嫌われている超賎人。
死ねばいいのに。
コメント2件

794
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 04:52:11
なんだかキチガイ超賎人が湧いてるな。
超賎は劣等とキッチリ書くと
訳の分からない反撃に出る(>792みたいに)

ほんと超賎人はどうしようもない蛆滓だわ。
死ねばいいのに。

血が汚れているんだよな。
馬鹿なんだよ。
差別されて低学歴、低収入。
劣等民族で36年も植民地支配されて、
戦争に一度も勝ったことが無くて(大爆笑)
世界中から嫌われている超賎人。
死ねばいいのに。

コメント1件

795
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 04:54:48
なんだかキチガイ超賎人が湧いてるな。
超賎は劣等とキッチリ書くと
訳の分からない反撃に出る(>792みたいに)

ほんと超賎人はどうしようもない蛆滓だわ。
死ねばいいのに。

血が汚れているんだよな。
馬鹿なんだよ。
差別されて低学歴、低収入。
劣等民族で36年も植民地支配されて、
戦争に一度も勝ったことが無くて(大爆笑)
世界中から嫌われている超賎人。
死ねばいいのに。

コメント1件

796
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/22 06:06:05
>793>794>795

>ま、無難に1あたりだろうなぁ。血の涙を流しながら>791みたいな事を言うんだろ?



大w正w解w
コメント2件

797
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 09:26:35
そんなことより「都市部の人間の方がリテラシーが高い」とか言ってるのがいるが、そうなのか?

798
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 13:46:17
>796
日本語使えないの? 何言ってるか分からないんだけど?
涙目脱糞頰プルプル?
怒っちゃって頭がおかしくなったの?

コメント1件

799
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/22 14:19:17
頼むから朝鮮人と、日本にいるけど日本人でもなければ朝鮮人でもないやつは、
ほかでやってくれよ。

なんでいつもいつもそうやって、人んところに来て余計な騒動を起こすんだ君たちは。
文句があるなら故郷に帰ればいいだろ。
頼むから人んちの庭を穢さないでくれたまえ。

こうやって火病を起こすから、世界で疎まれ日本で嫌われるんだって。
もう一度言う。
頼むから、色んな所にしゃしゃり出てきて騒動を起こさないでくれ。
そう言うのは北でやっとけ。

800
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/22 14:25:02
>798
お前は俺が用意してやった、朝鮮系では決して口に出来ない、

『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』

という踏み絵を、踏むことがついぞ出来ず(笑)、あまつさえ俺が前もって予想し記した

>賭けてもいいけど、お前は言わないよ。お前がとる態度は、
>1.逆ギレ
>2.他人を装ったレス
>3.無視(数日後にまた>759>787の様な工作レス)

>この3つのいずれかだろうね。ま、無難に1あたりだろうなぁ。血の涙を流しながら
>791みたいな事を言うんだろ?お前は在日ニダ!ウリこそチョッパリニダ!って(笑) (>792

というレスそのままに行動(>793〜795)してみせた(しかも三ww連ww投ww)、
その愉快痛快ぶりを嘲笑ってやったのが>796何だけど、分からなかったかな(笑)?
あ、君にはニホンゴまだムツカシイかな(笑)?ごめんね〜パクくんにはまだムツカシかったねwww

まぁお前がどうしても自分が日本人だと証明したいなら、上記『』内のセリフを
言って、日本人の知的職業者の水準が、朝鮮系の入る隙間もない事を認めるこったな(笑)
ま、言えないだろうなぁ(笑)だってお前ら朝鮮系はユダヤ人よろしく他国のメディアを
牛耳ってるって願望を、現実の事のように印象づけたいんだもんなぁ(嘲笑)

さぁ次はどんなダンスを見せてくれるのかな、鮮ちゃん?
コメント5件

801
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/23 03:40:05
>800
ねえ超賎人のハゲ。
俺が用意した踏み絵、早く踏めよ。
韓国人は劣等嘘吐き糞酒飲み猫悔い激情火病最低人種。
踏めないんだろ?
俺は、踏んでやるよ。お前の踏み絵。
『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』
『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』
『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』
『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』
『日本の知的職業集団が、劣等な朝鮮系の支配を許容するほど、脆弱であるはずがない』
早くお前、踏んでみろや、俺の踏み絵。
踏めないだろ?
踏めるのか?
踏めないだろ?
早く踏めや、超賎人!

802
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/23 03:40:45
なんだかキチガイ超賎人が湧いてるな。
超賎は劣等とキッチリ書くと
訳の分からない反撃に出る(>800みたいに)

ほんと超賎人はどうしようもない蛆滓だわ。
死ねばいいのに。

血が汚れているんだよな。
馬鹿なんだよ。
差別されて低学歴、低収入。
劣等民族で36年も植民地支配されて、
戦争に一度も勝ったことが無くて(大爆笑)
世界中から嫌われている超賎人。
死ねばいいのに。

803
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/23 12:44:59
嫌韓厨死ね

804
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/23 22:31:27
こういう人達ほんと迷惑

805
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 03:57:11
>800
お前結局、超賎人だったんだな(爆笑)
超賎人の負け。
超賎人は、絶対に日本人に勝てない(爆笑)
ここで真理。

日本は列島
韓国は劣等

覚えとけドアホ!
コメント1件

806
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 04:26:10
三並夏の芥川賞受賞が濃厚かな
文学板の別スレッドへ

話題を作る為にこうなりそうだ

807
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 15:49:14
>800>805
が書き込みの特徴から同一人物と思われる
朝鮮人による自作自演説をでっち上げたいらしいが、

出版界の朝鮮臭はこいつらが否定しようとしても、購買層に広がっていると思われる
左翼を進歩的な 日本 の知識人と洗脳したいらしいが、


「左翼は在日か、帰化の朝鮮人作家」
との認識が一般的である

808
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 17:57:46
新潮の「52人作家リレー」を読んで唖然としたが、
どうして朝鮮系の作家ばかりでつないでるんだ?
あれはそういったメッセージなのか。
だとしたら、徹底抗戦しかないな。

809
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 18:04:43
808が読んだのは「新チョン」では?

810
SSAGM2670[]   投稿日:2010/02/24 18:32:19
大江のつまらん冗談からはじまる日記のことか。
とにかく俺たち民族派ネオ右翼の根拠地と定めた文学板だ、
不審なカキコを見つけたら徹とした弾圧と迫害をもって
制裁をくわえる必要がある。

811
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/24 18:38:44
SSAGM2670ってなに?
コメント1件

812
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 18:40:13
よくきいた。スーパーストロング赤狩りマシーン皇紀2670年の意味だ。

813
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/24 18:40:55
だったら今年は皇紀2671年では?

814
SSAGM2671[]   投稿日:2010/02/24 18:42:20
これより文学板における朝鮮人の話題を徹底的に検閲する。
ただしキム・ヨナ以外。

815
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/24 18:43:08
どうしてキムヨナ以外なの?
あっ間違った、皇紀2670でいかったんだ。
コメント1件

816
SSAGM2670[]   投稿日:2010/02/24 18:47:42
>>815は朝鮮スパイだ。
弾圧と迫害が必須。

817
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/24 23:50:21
@Monthly_Shincho 「手書き風」と申しましたが、実際にデザイナーが手で書いた線を使ったデザインです。

クダラナイことに金かけてないで本体価格を下げる努力をしろよ。
単行本じゃないだろ。雑誌なんだから。

818
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/25 04:02:55
>800
お前結局、超賎人だったんだな(爆笑)
超賎人の負け。
超賎人は、絶対に日本人に勝てない(爆笑)
ここで真理。

日本は列島
韓国は劣等

覚えとけドアホ
コメント2件

819
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/25 10:33:53
>818
死ねアスペルガー
コメント1件

820
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/25 18:19:03
>818
お前書き込みに特徴があるからすぐにばれるよw

コメント1件

821
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/25 20:53:01
>811->815

自演コントは他でやろう!

822
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/26 06:33:55
>819 >820
いよぅ! 超賎人! 結局踏めなかったよな、踏み絵! 偉そうな事書いてwww
お前ら劣等には、生きている資格がないんだよ! 早く踏めよこの血の穢れた劣等!

韓国人は劣等嘘吐き糞酒飲み猫悔い激情火病最低人種。

↑早くこの踏み絵を踏め! ほら! 踏んでみろ! 超賎人! 踏めよ! 早く踏め!
日本人の「振り」して! 卑怯者! 嘘吐き! 超賎人は産業廃棄物。

823
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/26 18:07:39
・キムヨナのためにキムヨナがやる技の評価点が軒並み上がるルール改変
・フィギア副会長(韓国人)の意向でSPでやっていた日本人審判が外され、カナダ人審判に変わる
・フィギア副会長(韓国人)がキムヨナに配慮しろと審判団に伝えている事が判明
・2002W杯で各国担当者に高価な贈り物を贈ったり、娼婦を抱かせ弱みを握ろうとした人間がキムヨナのスポンサー

こんなんでは、例え浅田が完璧な演技をしていても勝てなかっただろうな
150点与えたのも、浅田がキムヨナより後だったから点を無理やりあげていたんだろう


824
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/28 18:48:41
山田詠美がビッチを読んで。
「安達哲の漫画の「バカ姉弟」が、舞城版倫理社会の教科書を読みながら成長すると、こうなるのではないか。」

なんで文学の選評に、漫画の話でもって応えるんだろうね。
こんな喩えが判りやすいとでも思ってるんだろうか。

ミート・ザ・ビート:
「この作者が、「文学的」描写と思い込んでいる箇所は、すべて、おおいなる勘違い。
どこぞの編集者に入れ知恵されたのではないかと勘ぐりたくもなって来る」

もう、言いたい放題\(^o^)/。

825
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/02/28 20:44:50
ビチマグに漫画の話で応えるのはあながち間違いでもないような。
例えの意味はわからんがw

826
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/02/28 21:31:00
フィギュアの採点改革に効果なし
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/02/post-1018.php?page=1

827
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/03 05:24:08

朝鮮人反日左翼新人文学賞

反日日本人逆差別朝鮮人マンセーニダ新人賞

アイグ歴史認識歪曲竹島韓国領新人賞

828
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/03 05:26:23
ミエコも綿矢も阿部も石原も龍も諏訪も
在日だったのか

829
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/03 11:07:27
在日文学賞かどうかは知らないが、

「キチガイ文学」賞だとは、思う。

830
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/03 17:21:45
キチ○イ=朝鮮人
ほとんど同意語だけどね。

831
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/06 04:17:50
「第三の新人」の受賞作とか今読んでも面白い。
最近のものの半分は、本当に最低。
コメント1件

832
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/06 15:28:57
>831
半分以上が最低。
吉田のパークライフ以降、おかしくなり始めている。

833
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/06 22:57:43
8割がたが最低。
そしてその状況はペテン師弟保坂・磯崎の「終の住処」で今、頂点を極めた!

コメント1件

834
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 12:21:32
>833
あれは素晴らしいペテン劇だったな。

直木賞で「あかね空」が受賞したときも思ったけど。

835
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/08 21:37:08
芥川賞取っても食っていけないんでしょ?
それだけ大衆の心を掴めないってことだよね。
実力がないというか。

コメント1件

836
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/09 16:53:35
>835
今や大衆は低きに流れるが如く、解りやすい文章で、すいすいと読み進められて、
最後にアッと驚くような似非ミステリーばかりに移ってるのも一因。

それととても現代では泣けないクサい台詞を、容易に書き記せる時代小説とかにね。

読書が趣味の人らの読み解く能力と、対象作品の幅が圧倒的に狭まっていると思うよ。
もちろん、つまらない作品を選ぶのも悪いけどさ。
コメント1件

837
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/09 19:07:48
ペテン師弟保坂・磯崎の「終の住処」はペテンクンニカス平野絡みの新潮の自作自演の継続でしてねぇ〜(笑) 芥川笑が今腐ったわけでも無いのですよ〜(笑)

838
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/09 19:20:03
>836
純文学のクオリティがある程度高ければまだ説得力があるんだけど
あのざまだからね。
読者にまともに読み解く能力が備わったら
それこそあっという間に化けの皮を剥がされて蒸発しそうだから
むしろ読者のエンタメ偏重のおかげで純文学は死なないでいるのかも。

839
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/10 15:27:04
芥川賞はキ○ガイ文学賞。

840
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/10 20:23:54
選考者に於かれては、もしも次回も下らない作品ばかりなら、
文芸春秋担当者の圧力にも負けずに、是非、受賞作無しで臨んで欲しい。

本当に良いものと思える物だけを選んでね。
そうすれば、自ずと芥川賞の意味も深まるだろうし。

そうなれば、中国人や磯崎や川上とかに授与したという汚点を返上できる。

841
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/12 00:31:40
芥川賞はもう権威ない。

842
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/12 21:25:56
平野の評価がネットでは悉く低いんだが、
いったいなんでそんなに、駄目なの?

コメント1件

843
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/12 21:46:42
俺も不思議だ。つまらん。というのは
(そう言う人もいるだろうとは)分かる。
文体が煩雑だし途中で飽きる人もいるだろうとは思う。
しかし、そこまで憎まれるような表現をしてるのだろうかと思う。
まあ無視されるよりは良いんだろうが。

844
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/12 22:15:37
勉強的な頭はいいけど、作家のしての才能はない典型だからな
文体模倣とかは上手いけど、それだけだろ
コメント1件

845
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/13 10:49:10
>842
チョン臭すぎる


846
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/13 12:01:25
平野は顔がダウン症だから読む気がしません。

847
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/13 13:46:56
>844
文体模倣って言っても実力不足が露呈しているから…
それなのに多分世渡りが上手くて出世しているのが評価の低い理由かと
コメント1件

848
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/13 20:13:00
涯 底濁 という作家の作品を知っているお方、教えて下さい

849
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/13 20:38:51
>847
女性の為のシンポジウムとか、日経新聞の芸術面とか、
やたら作家業以外のところで人気あるよね。

それに三島の再来とか言われてたんだけど、
そんなに模倣ばかりで実力不足なのか?

850
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 01:45:26
「○○の再来」は個性や独創性がないってことでしょ
実力があったら「○○の再来」なんて呼ばれ方はしない
模倣にしても文章のうわっつらだけの模倣で、アンガージュマンじゃない

851
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 12:55:17
平野啓一郎の場合
普通の文章を書く能力もないのに日蝕みたいなのを書いたから明らかに底が浅い
だが辞書を駆使してあれを書いた事自体は立派
最近はマシになっているのかと思っていたが
文章が普通になった分、ただの下手な文章になってた

852
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/14 14:23:45
ン、その通り。

853
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 14:44:05
<これは一体何なのだろう?子供染みた疑念が、意識の腋をくすぐっているような
奇妙な感覚だった。金属線を巻きつけられて目一杯引っ張られた羊の腸が、
指で弾かれたり、馬の尻から伸びた毛で摩擦されたりして、世にも美しく鳴り響いている。
そして、それに合わせて繰り返されるのは、「聖なるかな、聖なるかな、……」という言葉!
少年の若い声帯が、大人の男にはもう決して届かない高みの音を、
失われた無垢そのもののように響かせてみせる。------死を嘆き、悲しむというのは、
人間特有の崇高な感情なのだという。しかし、その感情は、こんな馬鹿な道化じみた遊びで
、慰められるように出来ているのだろうか?こんな、ちんどん屋に毛の生えたようなのに、
涙ながらに聞き入って、心静かに死んだ人間のことを思うのが、美しい人間というわけか!
清らかだ!……ああ、いかにも浄らか!……>(「決壊」下巻 p. 377)

854
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 14:48:07
――いいかね?人間とは、単なる
データの束だ。そして、その束のあり様が、たまたまあなたの場合、殺人者であるために
最適だった!世界は、直接には感じ取れないような、ありとあらゆる微細な作用を、
多年に亘って、偏執狂的に根気強くあなたに及ぼし続けて――そう、遺伝のための
気の遠くなるような時間と、固体の成育のための、あなたのせいぜい十数年!――、
ようやく植えつけられた一個の殺意を、今、活性化することに成功しつつある。
あなたの固有名詞をラベルとして貼ってね。」
「人間は、それを運命と呼び慣わしている。しかし、それもまた、欺瞞の一形式に過ぎない
がね。」(「決壊」上巻)

855
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 14:49:19
――ナザレにイエスは、死ぬ直前にそれに気がついて慌てふためいたのだよ。しまった!
とね。あの処刑は、つまり、運命というものの支配の完成だよ。イエスは、両手と両脚とを
三本の釘で打ちつけられた。三本!クロト、ラケシス、アトロポス!モイライは――
運命の三女神は、高が大工の倅が神の子になることを断じて許さなかった!
だからこそ、ナザレのイエスは、釘と、金槌とで、材木に打ちつけられて死んだのだ!
――いいか?どんな人間も、運命に釘打たれている。絶対に、それからは逃れられない。
しかも、その釘を打っているのは、この世界そのものなのだ!」
(「決壊」上巻)
コメント1件

856
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/14 14:50:16
石筍は、真直上方に伸び四半分程を剰して一度括れた後に、一層大きく膨み、
その儘緩やかに先端を結んでいる。対を成す鍾乳石も殆ど同じ形である。
丈は各が人の三倍もあろうか。二つの滴石は、将に触れ合い、溶け合わむと
する刹那の所で、纔かに指二本分程の隔たりを保っている。
間隙は存在の予感に閃き、爛熟し、存在以上の充実した緊張を孕んでいる。

                                      −日蝕p128



対立は、その面貌にも見えている。閉ざされた瞼は、苦痛の故とも、眠りの故とも
判ずるを得ない。眉間に仄めく数条の皺は、愁いと快楽とを両つながらに予感させ、
その謎を、際立った鼻準の直線の裡にあずけ、永遠に隠してしまう。
瞼際は締まり、顎の曲線は熟し遣らぬ果実のように滞らない。
それらを覆い侵さむとする髪は、叢がる爬虫類の如、又、甕より零れる清水の
ようでもある。

-日蝕p132

857
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/15 13:56:01
古びた眠たい文章だな。

858
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/15 13:59:06
小太郎は巣にかえれよwww
コメント1件

859
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/15 14:47:19
>858
お前、なんか人違いしてるよ。

860
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/16 13:15:30
磯崎の作品が
評判最悪だったのは
ガチ

861
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/16 14:05:46
>855
>命の三女神は、高が大工の倅が神の子になることを断じて許さなかった!
>だからこそ、ナザレのイエスは、釘と、金槌とで、材木に打ちつけられて死んだのだ!

死してこそ更に神に近づいたのに、なんだこの理窟は。
それなら弟子を含めてみんな磔にして、根絶やしにするべきじゃないの。

862
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/18 10:20:24
絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」

「私は恋愛感情というものを信じていなかった。似たようなものは何度でも私の内に発生
したが、真夏の朝の雲のように薄く気まぐれなものだった。」(p22)

「結局、私のようなお安い隙間家具では嫌だということだろうか・・・・私はクーリングオフされ
た通信販売の商品だった」(p23)

「まあ、政治家なんてものは皆尤もなことを言うに決まっているのだが、飲み屋で聞いた話
がずっとわかりやすい言葉で書いてあった。政治家は翻訳家でもあるのだ」

安っぽい描写と認識絲山って全然たいしたことないんですが

863
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/18 16:14:06
磯崎と保坂のペテン師弟は酷い。

864
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/21 15:26:45
もうそろそろ次回候補作の元となる
雑誌掲載作の大体のリストは出揃いつつあるんだろうが、
はてさて、どこの雑誌が勝つのだろうか。

865
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/21 19:13:43
詩人調査は入ると思う。受賞はまず無理だが。
あとナオコーラちゃんは入るかな?短編どこかにのっけた?
コメント1件

866
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/21 19:55:44
>>863
矢野と平野に置き換えても読めるな。

867
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/21 20:16:14
ペテンで出てきた奴に限って、傲慢な性格なのはなんでなんだろうな

868
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/22 00:18:45
それはあなた傲慢な性格でないと
ペテンなど出来ませんもの。

869
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/03/23 14:14:13
>865
ナオコは日経新聞で芥川賞批判を載せちゃったから、
もう受賞は無理だと思う。

870
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/23 22:58:38
芥川賞=メディア宣伝。低俗贋作知ったかぶり呆け恥知らず
うんこ並みの踏ん反り作り物騙り偽芥川放満低級品むさ苦しい
駄文駄物語もう必要ない。馬鹿ばっかり。子供も嫌がる。
馬鹿青少年並み。堕落冒涜悪徳。反吐が出る。もういらん。

871
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/27 02:49:06
funayama
baka

872
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/31 05:17:35
くたばれ芥川賞

873
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/31 06:29:09
リービ英雄がもうすぐ芥川賞の選考委員になるだろうね。

874
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/31 16:55:20
それはない
それほどの書き手ではないし
現在の選考委員は
受賞者からしか出ない。

875
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/31 21:15:39
角田とか伊藤たかみとか青山とか北村とか萬月が席を連ねたら、
いよいよ没落が加速するだろう。
まるで直木賞に批評音痴の宮部がいるように。

彼女のお蔭で、他の賞の受賞作は、既にその酷さを増している。
ついでに重松とか伊集院もヤバい。


876
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/03/31 21:53:06
文学賞の選考委員の席を巡っての、作家や批評家を巻き込んだ
出版社内の権力闘争の醜さを笙野 頼子がいつだったかの三田文学に
書いたことがあって、批判の矢が直撃した田中という批評家がせん滅
されたようなことがあっちこっちで起きてるんじゃないの?
ジョニ−・ウインターじゃないけどall tore downなんてことにもw

877
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/01 01:47:55
文芸春秋の文学界の舩山って早稲田の教育かなんかだろ?
そんな低学歴のDQNに日本文学は任せられないの。
バーカ!

878
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/09 12:53:44
あはん?

879
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/09 19:08:54

文壇のほとんどが親韓売国奴でチョン左翼
コメント1件

880
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/10 09:16:40
>879
>文壇のほとんどが親韓売国奴でチョン左翼

「ほとんど」って事は「そうでない」作家も当然いるんだよね?
例えば誰が、君の考える「日本人作家」なの?もちろん存命で、ね。
それともやっぱり「作家たちはウリの同胞であって欲しいニダ」?

881
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/10 13:53:20
でもさ、きっちりと韓国と在日朝鮮人に対する批評を物語に組み入れて、
生活保護の不正受給や、犯罪問題、それに戦後のどさくさに紛れて土地を奪い、
パチンコ産業を興して権力者に賄賂送ってる問題とかを、
小説にした人って居ないわな。

Goしても、いつものように日本人が悪くて在日朝鮮人は悪くないって言う、一方的で都合の良い主張を表しただけだし。

朝鮮人や中国人を非難し、このままじゃヤバいって小説を書いたら、
それこそヤバいんだろうか?
みんな手放しで中国を褒め、日本を貶し、朝鮮問題に触れないのは異常だと思うけど。
コメント1件

882
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/10 14:27:31
>881
> でもさ、きっちりと韓国と在日朝鮮人に対する批評を物語に組み入れて、
> 生活保護の不正受給や、犯罪問題、それに戦後のどさくさに紛れて土地を奪い、
> パチンコ産業を興して権力者に賄賂送ってる問題とかを、
> 小説にした人って居ないわな。
梁石日はそういうの書いてるよ。でもこれは当事者だから書けた話しで、
やはり日本人の感性から言って、(絶対的に正しかろうが)少数の集団を
告発する様なものは、書くのも読む(採算をとる)のも難しいわけ。だからこそ
「嫌韓流」は画期的な試みだったわけだが(多少差別的な表現の問題があったにせよ)。

「GO」は反吐が出る作品だったけど、渡部や浅田と言った左翼評論家も
酷評してたから、まぁ溜飲は下がった(福田和也は誉めてたけどな!)。
コメント1件

883
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/10 14:37:48
>882
あと今の時代、どの国も自国批判的な作品ばかりで、
「ヴェニスの商人」みたいなのはウケが悪いんだよ。
まぁ「コーヴ」みたいな例外的なクソもあるけど。
全世界的な仮初めの人権思想の弊害だね。

884
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/11 13:58:07
所詮需要がないのと、人権差別団体の講義が怖くて書けないんだろうけど、
でも例えば中国に関してだと、
かつてはこんな凄い国だった。今の中国の若者はエリートが多いとか、
そうやってやたら褒める小説やエッセイが多いんだけど、
勝手に海底をボーリング調査したり、反日教育していたり、来日した留学生が雲隠れして犯罪に荷担しているとか、
賄賂が横行し、一党独裁の国家であり、もはや学ぶものは何もないって、
はっきり言っても良いとは思うんだけどな
コメント1件

885
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/11 14:20:16
>884
左翼を自認する池澤夏樹は、エッセイでも小説でも繰り返し中国を批判してるよ?
例えば「すばらしい新世界」では作中にダライ・ラマ法王猊下を出して、チベットを
擁護する徹底ぶり。
コメント1件

886
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/12 14:05:54
>885
そうか、それはthx。
ちょっと読んでみる。

887
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/13 21:29:57
松本圭二の詩人調査ってどんなだった?
アストロノートからタクシー・ドライヴァーズ・ユニオンへ後退したんか

888
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/14 15:36:46
前作は知らんけど、詩人調査はよかったよ
候補入りすると思う

889
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/14 15:37:48
あと今月の時評によると
二人とも鹿島田褒めてたから入るかも

890
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/15 13:46:12
池澤先生が芥川賞の選考会で絶賛する本って、どうも色物っぽいというか、
頼むからそんな作品を推さないで下さいって思うものが多いんだけど。

あの人は芥川賞より別の賞に言った方がいいyo。

891
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/17 22:27:35
以前は池澤夏樹が推すのが受賞することはほとんどなかったのにな。
大抵は一人だけ絶賛していることが多かったなあ。

892
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/19 02:41:02
文芸春秋の文学界の舩山って早稲田の教育(超低学歴)の低能。
すごい頭悪いのwwww
馬鹿なのwwww
オレだよオレ、2年前に話したことのある俺だよ、バーカ!

893
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/19 12:05:25
>>890

読売文学賞で高村押したの池澤じゃなかったか
あれもどうしようもない本だけど

894
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/19 14:52:33
池澤はお父さんと2代揃って馬鹿だから。
筋金入りって言うんだよ。

895
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/19 17:09:27
池澤の受賞作がとてつもなく陳腐に感じたのは俺だけだろうか。

ちょっと格好良く、気怠げに書いてみましたよって感じがして、吐き気を催す。

896
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/20 06:25:04
問題は、
小川、川上、山田の馬鹿ババアトリオだろ!

コメント1件

897
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/21 11:39:17
>896
確かに、そのメンツは賞の意味を薄めてるな。
ついでに高城も。

安易に時代に迎合しないで、芥川賞として愉しめるものを薦めろって思う。

外国人や商社マンの表面的な雰囲気に靡いてないでさ

898
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/23 04:52:29
高樹な。

三井物産のペテン小説は酷かったな。

899
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/23 15:42:52
もっと純文学を支援しますよっていう態度を主催社が見せないと、
ますますまともな作家は純文を離れ、
とりあえず書いてみました系のトンデモ作家ばかりが純文作家を名乗りそう。

佳い作家ってのはみんな直木の方や、ミステリーに行っちゃってんじゃない?
コメント1件

900
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/23 22:06:24
>899
そんなことはとっくに自明だろう。
なんで能力ある書き手や作家がわざわざいろんな意味で
制約や負のイメージついた純文やるんだ?
逆に売れれば好きな書き方や実験も幾らでも出来るのに。
コメント1件

901
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/24 02:13:16
結局のところポストモダン批評あたりが
キチガイ小説ばかり褒めて純文は壊滅的打撃を受けた。
出版社の編集者は
全然能無し。

902
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/24 18:41:49
舞城を褒めた池澤夏樹は、なぜ芥川賞の銓衡委員をやってるんだろう。
あと浅田彰みたいな上辺だけの批評家は引っ込んで欲しい。

>900
そうだね。つまりは能ある作家はあえて別の道を選んでるんだね。
だから純文デビューする作家の質が、自然と酷くなるんだね。

近年の芥川賞とか文藝賞とか文學界新人賞とか三島賞とかのことがよく理解できた。

903
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/24 19:56:18
第23回三島賞候補

長嶋有里枝『背中の記憶』
円城塔『烏有此譚』
東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』
山崎ナオコーラ『この世は二人組ではできあがらない』
村田沙耶香『星が吸う水』

今回は胸が熱くなるな……本命は東か?

904
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/04/24 20:15:59
東さんが取っちゃったらどうなっちゃうんだw

905
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/24 22:20:49
東では無いで消火、自分に媚び売るクンニカスが東を一押しするのは若り切手増す殻ねぇ〜(笑) 自演ですよ〜(笑)

906
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/24 23:01:30
まあ、高橋源一郎が江藤淳に媚びて受賞したようなものだね。

907
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/25 16:06:19
東も含めて「絶対にメジャーになれない、100%無理」な連中だな。
いつものように、賞を取って終わり。芥川賞も取れたとしても、そこで終わり。
そういうメンツ。

908
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/26 14:25:12
天下の新人賞なのに、取った後に消えて行く人って多いよね。

何の為の新人賞なんだろ。

909
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/26 16:57:44
たま〜に若い女とか売りだすためじゃね?
直木賞などと違ってむしろパっと消えてなんぼ

910
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/26 23:09:39
叙勲制度の廉価版だよ。
単なる読み物に権威付けをするためには必要なの。
これによって芸能にすぎない小説やヤクザな出版業に
文化的権威付けがなされるわけ。
菊池寛や文春は上手い事をやったなあ。

911
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/27 03:41:12
「第三の新人」あたりをまとめて読んだことあるが、
あのころはマトモな作品が取っていた。

912
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/27 09:59:52

芥川賞→芥川龍之介→日本を代表する文豪で、教科書にも出てきた!→芥川賞も凄いんじゃね?→受賞者もすごいんじゃね?

913
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/27 13:02:04
でも、結局は無視られてほとんど消えちゃうよなあ

914
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/27 16:35:55
無視られるって言うことだけど、
大衆の目に十分晒されて、大衆が「感動しない」から、
ファンとして根付かないんだよね。
駄目じゃん。
コメント1件

915
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/27 17:20:16


[疑惑の家系図]

織田信長
- 2代織田信高(七男)
- 3代織田高重
- 4代織田一之
- 5代織田信門
- 6代織田信倉(養子)
- 7代織田信直(養子)←←← 大和宇陀松山藩主織田高長の孫(信雄の系統)
- 8代織田長孺
- 9代織田長裕
- 10代織田信真(1842〜?) ←←←疑問点 〔声0歐係紂⊆命浸佞砲覆辰董△修慮緇誕不明

- (11代から14代は不明)←←←疑問点◆/得未北堆任鬚けるからと、16代信義氏が限定300部で製作配布した家系図では4代不明とした(週刊新潮の記事より)

- 15代織田重治(1917〜1995?) ←←←疑問点 自慢の信の字も付いてないし、70年の間に5人もいるのはなぜ?
- 16代織田信義 ←←←疑問点ぁ屬里屬茲掘廚任呂覆「しんぎ」と読むのはなぜ?
- 17代信成(次男) ←←←疑問点ァ17代目っていうけど、次男じゃんwww




       織田信成が織田信長の子孫って本当?【2代目】/スケート板


916
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/27 21:28:46
>914
まあ、映画の原作にはよくなるし(糸山、吉田、金原、長嶋、町田など)
映画の方が却って評判が良かったりもする。
ただし、それが原作の売り上げにつながる事はまず、ない。

917
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/28 18:50:55
映画化とかって、別に作者に金が支払われるわけじゃないんでしょ?
儲けるのは版元だけで。
余程の大作家なら違うだろうけどね。


コメント2件

918
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/28 23:58:12
>917
さあ?
ただ、作者の許可は要るみたいだから
いくらかは支払われるんじゃないの?

919
名無しの語り手 ◆2XSMEvSIr6 [sage]   投稿日:2010/04/29 10:44:03
マンガの話だったと思うけどアニメ化してもたいして儲けはないって聞いたな
宣伝効果のほうが大きいとか

920
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/29 18:07:36
文学界新人賞:鶴川さんらに
 第110回文学界新人賞(文芸春秋主催)は鶴川建さんの「乾燥腕」と、
穂田川洋山(ほたかわようさん)さんの「自由高さH」に決まった。

 鶴川さんは1981年生まれ、東京都出身、温泉旅館勤務。穂田川さんは75年生まれ、東京都出身、校正業。
受賞作と選評は5月7日発売の『文学界』6月号に掲載される。

題名見ただけで吐き気がするほど前衛的。フナヤマじゃ駄目だ、あの文学メクラ!

921
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/29 21:09:10
915
織田の子孫ですら曖昧なのです殻ねぇ〜(笑) 魔してや庶民の死らぬ時分の天皇の子孫謎はすでに断絶してどこぞの馬の骨やも死れ魔戦殻ねぇ〜(笑) もちろんその証拠謎も密約動揺紛失しておるので生姜ねぇ〜(笑)

922
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/29 21:31:58
>917
映画の売り上げの2割が出版社に払われ、さらにそこから2割が原作者に払われる。
つまり映画の売り上げ全体の1/25が原作者には支払われる。
コメント2件

923
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/04/30 11:16:28
そんなに支払われるの?
JKローリング
羨まし杉

924
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/04/30 21:38:29
>922
二割だったら、本書いてるよりももらえるってことじゃん。
だから東野とか伊坂は……
コメント1件

925
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/03 03:32:14
>922
それって、海外の場合(しかもエグゼクティブプロデューサー)じゃね?
日本だとこんなとこ
http://haru.pya.jp/w-joho07.html
ちょっとはもらえる
ただ、固定額だけで印税のような契約では基本的にないため
ヒットしようがしまいが関係ない上
ヒットされると「原作」って肩書きになるのが嫌って人も多い
>924
もちゃんと文章読め

926
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/03 14:30:42
「ダビンチコード」のダン・ブラウンは一時年収70億超えたらしいw

927
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/03 21:32:00
下記は、とある新人賞の応募要項に書かれているんだけど、映画化されても印税は出ると言うことで?

「受賞作の出版権、及び映画上映権などの諸権利は弊社に帰属します。」

928
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/11 18:08:51
ゴミ川賞、2回連続該当作なしは無いだろうけど。
候補作はクズばかり?

929
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/11 19:54:10
思うんだけど、最近の純文が悪いんじゃなくて、
変な話題性だけで候補にする版元が悪いんじゃないだろうか。

じゃあ、良い作品はどれよと言われると、返す言葉がないんだけど。
コメント2件

930
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/11 21:33:26
実際、柄谷(群像)、浅田(文学界)が選考委員時代に送り出した
団塊Jr.(とその周辺)以降はパッとした新人が出ていないだろう。
阿部、吉田、長嶋の下からが続かないんだよ。
平野は教養もそこそこあるし、理屈も吐けるから文壇的には踏ん張れるんだけど
文章的にスター性が乏しいから作家としては厳しいものがある。
本当は多少(でもないが…)低脳であっても、村上龍や吉本ばななのようなのが
求められているわけ。
コメント1件

931
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/11 23:02:43
>930
その最後の意見が>929への答えになっている。
大体純文学(芥川賞)が「キチガイ的な迫力」を追い求めすぎて、
全然一般読者(大衆)から見向きもされないキワモノ作品を世に出しすぎている。
コメント1件

932
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/12 06:48:31
中間文学の方でも、新人賞の作品とか、
(少々古いが)
西村、赤川、内田みたいなのとは全然違うよね。

933
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/12 16:24:48
>931
でも青山みたいに、だからなんだよと言うようなスッカラカンな小説も嫌だ。
川上美映子も、どうしようもない呟きだし。

934
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/12 21:45:04
東さんに芥川賞あげないから文壇は終わってる

935
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/12 22:49:45
宮崎県知事?

936
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/12 22:55:13
ビートたけし殺人事件だっけか?
あれよりQFは面白いの?

937
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/13 00:21:01
そこで羽田くんですよ

938
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/13 00:54:40
残念っ!て人?

939
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/13 13:49:36
それで、今度の回、めぼしい人(作品)、なんか出た?
教えてエロくてエラい人。

940
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/13 13:51:28
両手でバッテンして、水落ちてくる

941
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/13 14:31:31
鹿
詩人


942
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/13 15:26:50
鹿島田真希は、大したことない。

943
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/14 13:45:51
「しかしまだ」ってよんでたことにきづいた

944
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/15 17:25:21
しかし、まだ……。

945
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/16 00:41:33
名前である以上、いつまでも「しかし、まだ」で終わるという暗示ですね?

946
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 12:08:19
しかし、まだ……
中原の小説にありそうなタイトル

947
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 13:31:59
? 点だけだろ。

948
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/16 13:35:55
ちょっとなに言ってるのか分かりません

949
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 14:26:36
「しかし、まだ……。」が中原の小説のタイトルっぽいというのは
三点リーダー部分だけではないですか、という意味。

950
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 15:00:30
既に、まだ…

951
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/16 18:01:11
中原とか舞城とか、サブカルとして一部のおたくに人気という形で終わって欲しい。
漫画とか適当な世界を持ち込んで、程度を下げないでね。

952
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 19:51:43
>929
それだけが原因かどうかはわからないけれど、
もう随分と前から買い手(読者)は勿論、文壇や才能ある作家らも
版元曰くの純文ジャンルなんか見下して歯牙にもかけないよな。

953
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/16 21:42:03
ところがどっこい、権威主義者達は純文こそ文学の最高峰とか放言するから、たちが悪い。


954
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/16 22:39:41
そう、それで現実の扱いや評価見れば、負け犬の遠吠えにしか聞こえんからまた情けない・・・

955
吾輩は名無しである[sage]   投稿日:2010/05/17 01:37:09
集団シャドーボクシング?

956
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/17 13:21:15
売れてるから良いものとは限らないけど、
ろくすっぽ売れない現代の純文が優れているかというと、これもまた疑問だよね。

螢川みたいに、古臭いけど味わいのある芥川賞作品が出てこないと、もうだめかもしれんね。

コメント1件

957
吾輩は名無しである[]   投稿日:2010/05/17 13:27:24
>956
なかなかいいこと言うね。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

文学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
しくじり先生 俺みたいになるな!!★2 (1001)テレ朝実況
サンデースポーツ ★2 (528)NHK実況
Mr.サンデー★3 (448)フジ実況
林先生が驚く初耳学★1 (959)TBS実況
NHKスペシャル「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」★10 (720)NHK実況
おしゃれイズム『山里亮太』★1 (883)NTV実況
行列のできる法律相談所 「あの時魔が差しましたSP」★3 (485)NTV実況
ごめん愛してたって秘密はある★3 (357)TBS実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【話題】クルマ離れどころか“免許離れ”する若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★6 (859)ニュー速+
【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」★5 (305)音楽・芸能ニュース
【話題】世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち…ポルノまがいのイラスト乱発に「頭が痛くなる」★5 (1001)ニュー速+
【話題】クルマ離れどころか“免許離れ”する若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★5 (1001)ニュー速+
【話題】世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち…ポルノまがいのイラスト乱発に「頭が痛くなる」★6 (301)ニュー速+
【建築】加計獣医学部の図面で発覚 最上階に“豪華パーティー会場”  「ワインセラー」「ビールディスペンサー」などの表記 (829)ニュー速+
【話題】クルマ離れどころか“免許離れ”する若者 「大きな買い物は宅配で。車は維持費が大変。使わないものにお金をかけたくない」★4 (1001)ニュー速+
【話題】世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち…ポルノまがいのイラスト乱発に「頭が痛くなる」★4 (1001)ニュー速+
文学板の人気スレ
【憂国の】文学板雑談スレ239【獅子たち2】 (269)
【憂国の】文学板雑談スレッド238【獅子たち】 (1001)
☆★☆★ドストエフスキー☆★☆★Part44[無断転載] (932)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (321)
方言板の糞コテ、広島世界一は広島大学文学部 (345)
純文学5誌総合スレ第61巻目 (1034)
純文学5誌総合スレ第62巻目 (199)
夏目漱石 八十四夜 (800)
町田康8 (961)
【犬と鴉】田中慎弥15【もらっといてやる】 (892)
ノーベル文学賞を予想するPart5 (251)
西村賢太 21 (741)
芥川賞総合スレ@文学板 2 (887)
三島由紀夫Part54 (353)
【森友学園】文学板雑談スレ226【ジミン】 (407)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (377)
文学とは関係ないどうでもいい事を書くスレ (842)
【ばふりばふり】蓮實重彦 X+1【120度】 (997)
純文学5誌総合宣伝1丁目スレ (867)
文学理論 10 (435)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (259)
方言板の糞コテ広島世界ー(広島大学文学部在学中) (489)
【芥川賞またも落選】山崎ナオコーラ4【國學院】 (638)
トマス・ピンチョン12 (941)
文学板でレイシズムについて議論しよう vol.4 (546)
綿矢りさの作品を語ろう (878)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: