板検索:
洋書を読んで英語の勉強43 (796)
まとめビュー
1
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/16 23:47:52  ID:PwqwvVMW.net
英語学習のために洋書を読む人が英文を読むスレです。
たくさん読んで英語学習に役立てましょう。
ペーパーバック、雑誌、新聞、専門書、英文ならジャンルは問いません。
上級者の有益な解釈から初学者の英文の疑問質問までどんどん書いてください。

前スレ
洋書を読んで英語の勉強 42
洋書を読んで英語の勉強42
コメント2件


2
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/17 00:02:26  ID:aS6kE/lS.net
>1
乙!!

3
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/18 22:58:51  ID:u/jeka5U.net(2)
The Blue Jays re-signed infielder Munenori Kawasaki to a Minor League contract with an invitation to Spring Training on Friday afternoon.
http://mlb.mlb.com/mlb/fantasy/news/#player_id=493128

がんばれ川崎!!

4
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/18 23:13:57  ID:u/jeka5U.net(2)
Kawasaki likely will begin the year at Triple-A Buffalo, but he'll also have an opportunity to compete for a job at second base.
Kawasaki is expected to be in the mix alongside Ryan Goins, Maicer Izturis, Steve Tolleson and prospect Devon Travis.Kawasaki began each of the past two seasons without a defined role,
but injuries to the big league roster led to rather substantial opportunities for the 33-year-old. Kawasaki spent part of the 2014 campaign as the starting second baseman, appearing in 82 games overall.
Kawasaki has played professionally in North America since signing with the Mariners in 2012. Kawasaki doesn't possess a lot of range in the field, but he can be used at second, shortstop or third base.
He's a career .235 hitter with a .315 on-base percentage in 584 at-bats.

5
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/19 13:56:33  ID:4JdjQcBe.net(2)
Marlins open to two-year deal with Ichiro
MIAMI -- The Marlins have intensified talks with 10-time All-Star outfielder Ichiro Suzuki and are open to a possible two-year deal,
MLB.com has learned.Multiple reports on Saturday said talks between the two sides were progressing. Miami is searching for a fourth outfielder,
and the 41-year-old appears to be its primary target.Suzuki, a career .317 hitter, has 2,844 hits over 14 MLB seasons. Currently sitting 156 hits shy of the 3,000 mark,
a two-year deal could help him reach the milestone in a Marlins uniform.A member of the Yankees since midway through the 2012 season, Suzuki appeared in 143 games and batted .284 with a .324 on-base percentage in 385 plate appearances in '14.
His role with the Marlins would be as a fourth outfielder and a left-handed pinch-hitting option.Along with Suzuki, the Marlins have also had conversations with another left-handed-hitting, free-agent outfielder, Nate Schierholtz.

6
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/19 14:03:29  ID:4JdjQcBe.net(2)
http://m.marlins.mlb.com/news/article/106741458/marlins-targeting-ichi...
ヤンキースと同じ使われ方みたいだな。
とにかく後156本打たないといかん。
2年あればなんとかなるだろう。

7
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/01/22 08:27:31  ID:sPRO82tP.net(5)
【D. H. Lawrence's "Women in Love" -- Chapter 29】

"The Rainbow" が前半で、この "Women in Love" が後半だけど、やっと
Chapter 29 の p.411 にまでこぎつけた。せっかく小説の世界の中にどっぷり
使って深く理解できたような気がするときがあっても、続きを読んでいると
下らない日常の雑事に紛れて、ついつい小説の世界から離れていったりして
いるうち、なんせ母国語じゃないから、ついついわからなくなる。何とかわかっても、
せっかくの美しい文章の醍醐味がわからないままにページをめくっていくことも
多い。

僕にとって目新しい言い回しを見つけた。

She (= Gudrun) thought of the wives and daughters of the pit-managers,
their tennis-parties, and their terrible struggles to be superior 【each to the other】.

(D. H. Lawrence, "Women in Love," Chapter 29, p.411)

このように each と "to the other" とが続く言い方は、あんまり見たことがないような
気がする。このようなことを表現するには英語ではどういえばいいのかと
ぼんやり頭の片隅で疑問には思っていた。

実は、これについては、フランス語文法では、初級のうちにさんざん勉強しなければ
ならない。でもこれに相当する英語表現は、初級や中級文法でそんなに前面に
押し出されているだろうか?

Pour se prouver qu'ils sont superieur 【l'un a l'autre】,
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&;ion=1&espv=2&ie=UTF-8#newwindow=1&q=%22superieur+l%27un+a+l%27autre%22&spell=1

上記のフランス語表現である l'un a l'autre を英語に直訳すると、まさにこの
each to the other になる。これと関連して、おそらくは each from the other,
each with the other, each toward the other, each from another, each against
the other (OR another) などという表現も可能なのだろう。(まだ確かめてはいないが。)
コメント1件

8
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/01/22 10:05:18  ID:sPRO82tP.net(5)
>7
"l'un a l'autre" を直訳すると "each to the other" に相当するなんてことを言ってしまったが、
正確には、これを直訳すると "one to the other" になる。しかしこのフランス語の
言い回しは、英語の "each to the other" という意味で使われているはずだ。
ちなみに、"l'un l'autre" は、"each other (one another)" という意味。
"each to the other" にそっくりな言い方としては "chacun a l'autre" という
言いまわしがある。

ともかく、l'un l'autre にいろいろな前置詞を入れて、さまざまの言い回しができる。

  l'un avec l'autre --- one with the other
  l'un a partir de l'autre --- one from the other
  l'un de l'autre -- one from the other
  l'un comme l'autre -- one like the other

ただ、フランス語を相当に忘れているので、少し不正確な部分があるかもしれない。

それはともかく、僕が言いたかったのは、フランス語では文法体系がきわめて
緻密で、初級のころから学生に徹底的に教え込むという方式をフランス人たちが
取っているらしく、初級文法のうちから徹底的に、"l'un a l'autre" つまり
"one to the other" つまり英語の "each to the other" に相当する言いましや、
この中の前置詞をいろいろに変えたものも大いに練習しないといけないのだが、
英語文法については、少なくとも初級や中級の場合、こういうものを前面に押し出して
いるだろうか?どうもそうではないように思える。

だから今回、この Lawrence の "each to the other" という英語表現を見て、
これをしっかりと英作文でも使いたいと思ったのだ。

9
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/22 12:27:44  ID:sPRO82tP.net(5)
【会話文の文頭に目的語が来る例】

書き言葉においても文頭に目的語が来ることはそんなに頻繁には起こらないけど、
会話ならもっと珍しいと思う。いま読んでいる小説で、再びこのような貴重な例が
出てきたので、メモしておく。なお、原文でのイタリックを、ここでは大文字にしておいた。

Do you see, you MUST NOT confuse the relative work of action, with the
absolute world of art. 【That you MUST NOT DO.】

(D. H. Lawrence, "Women in Love," Chapter 29, p.424)

10
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/22 16:10:44  ID:sPRO82tP.net(5)
【Shall I die! Shall I die! -- D. H. Lawrence, "Women in Love"】

形は疑問文みたいだけど、これは疑問文ではないはずだ。
次に掲げる一節は、Gudrun という若い女性とその恋人 Gerald
とが抱き合って、おそらくは sexual intercourse の最中だと思う。
そのときに Gudrun が叫ぶ言葉が "Shall I die!" の連呼だ。

  'My God, my God,' she cried, in anguish, in his embrace, feeling
her life being killed within her, And when he was kissing her,
soothing her, her breath come slowly, as if she were really
spent, dying.
  '【Shall I die! Shall I die!】' she repeated to herself.

(D. H. Lawrence, "Women in Love," Captter 30,
Everyman's Library, p.438)

ここで anguish と言っているのは、おそらく快楽の極致にあることを
示すのだと思う。orgasm のときに "Shall I die! Shall I die!" と
言っているのではないかと思う。1920年の小説なので、決して
orgasm だとかそれに似た言葉を使っていない。すべてはぼかして
ある。だから僕としては、想像するしかない。

ところで、このような Shall I die! というような倒置は、たとえば Boy!
などという間投詞が最初についたときには現代でもよく使われる。
英会話の教材にさえ出てくるくらいだ。

  Boy, am I glad to hear that!

これはもちろん、疑問文ではない。これをパラフレーズすると、次のようになろう。
  Wow, I am really glad to hear that!
しかし、今回のように、間投詞も否定の副詞などもついていないのに
倒置になっている例は、初めて見たように思う。

11
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/22 18:55:23  ID:sPRO82tP.net(5)
【"in his paroxysms of suffering" の in の使い方
  -- DS. H. Lawrence's "Women in Love"】

次のような一節に出てくる in の使い方に注意したい。これについては、
すでに何度か触れたが、これからもこういう例が出てくるたびに
メモ書きしていく。

'I can be free of her (= Gudrun),' he (= Gerald) said to himself
【in his paroxysms of suffering】.

("Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30,
  Everyman's Library, p.439)

過去のスレの下記の URL においても、僕はこれに触れた。

http://2ch.log-for.me/read/english/1378544220/277-278

12
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 07:02:45  ID:ccosbqOn.net(13)
【"like a bird gaping ready to. . . . -- "Women in Love" (DHL)】

途中で、実に簡単なことを言っているように見えて、僕には
なかなか意味のわからない一節があった。

  'I am not fascinated,' she said, with cold repelling innocence.
  'Yes, you are. You are fascinated by that little dry snake,
like 【a bird gaping ready to fall down its throat】.'

("Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30 の真ん中あたり,
  Everyman's Library, p.448)

一つ目の台詞は、女性の Gudrun の台詞。二つ目の台詞は、その
恋人である Gerald の台詞。Gudrun がドイツ人 Loerke に魅力を
少し感じているので、それに嫉妬して「あんな虫けらみたいな野郎に
なんで夢中になってるんだよ?」と Gerald が Gudrun をなじっている。

ちゃんと読める人なら簡単にわかったかもしれないが、僕にはすぐには
わからなかった。

僕なりの和訳
You are fascinated by that little dry snake,
  君はあのつまらん乾いた蛇に夢中になってるんだよ。

like a bird gaping ready to fall down 【its】 throat.
  ぽかんと口をあけて蛇に呑み込まれそうになってる鳥みたいにな。

(続く)
コメント1件

13
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 07:11:27  ID:ccosbqOn.net(13)
>12 の続き 【like a bird gaping ready to. . .】

つまり、a bird を "gaping ready to fall down its throat" が
修飾している。そして "a bird (who is) gaping" に
"ready to fall down its throat" がかかっている。こういうのを
準補語とでも言うのだろうか?文法用語は知らないけど、
たとえば次の文における【 】 の中の語句と似た働きをしている

  (1) He came home 【safe and sound】.
  (2) While they were talking, James went in 【unnoticed】.

だから、"ready to fall down its throat"の主語は "a bird" だ。
さらに、"its throat" とは "the snake's throat" だ。

したがって、今回のこの部分を別の英語で(くどくなってもいいから
説明的に)パラフレーズすると、次のようになろう。

原文
You are fascinated by that little dry snake,
like 【a bird gaping ready to fall down its throat】.

パラフレーズした文
You are fascinated by that little dry snake,
like a bird who is gaping, being ready
to be swallowed by it [= the snake].

14
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 10:25:28  ID:ccosbqOn.net(13)
【会話調の文の中で、長い補語句が文頭に】

次のものもメモとして残しておく。女性の Gudrun が考えている
ことを綴った文章だが、書き言葉というよりもそのまま口に出して
言えるような言葉だから、一応は会話調の文だと言えると思う。
とても長い補語句(補語のような string of words)が文頭に来ている
例だ。

【Built out of the limitation of conceit】 they are, and nothing else.

(Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30,
  Everyman's Library, p.457)

15
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 12:10:15  ID:ccosbqOn.net(13)
【Arthur Donnithorne という固有名詞を複数形にすると?】

Gerald という人名を使って "a Gerald" とすると「Gerald のような人」
となるが、「Gerald みたいな人」が何人もいるときは、Geralds となる。
さて、Arthur Donnithorne みたいな人が何人もいるときは、どう
言えばいいのか?それについては考えたことがなかった。
答えは、次の通り。Geralds という複数形と共に、Arthur Donnithornes
という複数形にも注意。

Ha -- the Arthur Donnithornes, the Geralds of this world.

("Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30,
  Everyman's Library, p.460)

このような問題は、英語を読むだけなら問題ない。でも、
英作文するときには途端に困る。いったい、こんなことを
きちんと書いてくれている辞書や文法書があるだろうか?
たぶん例の2冊の分厚い文法書 (Quirk et al. と Cambridge の
CGEL) になら載っているだろうけど、いちいち該当箇所を探す
のも面倒だ。こういうことはやはり、普段からこのように小説など
を読んでおいて、頭にインプットしておかねばならない。
もちろん、このような表現が思い浮かばなかったら、仕方がないので
"persons (OR people) like Arthur Donnithorne" というふうに
ごまかすけど。

ところで、上記の英文に出てくる Arthur Donithurne は、
George Eliot という19世紀のイギリス女流作家の書いた
"Adam Bede" に出てくる登場人物だ。まだ読んだことがない
けど、荒筋を Wikipedia で読んだだけでも、何とも言えない
気持ちになる。手元にちゃんと買って置いてある。近いうちに
是非読まねばならぬたくさんの本のうちの一冊だ。

16
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 12:32:06  ID:ccosbqOn.net(13)
【日常性を極度に嫌う Gudrun
  --- "D. H. Lawrence's "Women in Love"】

"Women in Love" は "The Rainbow" の続編だけど、この二つは
一つの小説の前半と後半である割には、かなり様相が異なっている。
"Women in Love" は、最初から Gudrun が日常性を極度に嫌って
いる様子が描かれる。それは小説の続きを読んでいてもそういう
感じであり、小説の最後の方でもやはり同じである。

Gudrun は彫刻家だったか画家だったか忘れたが、ともかく芸術家
であり、海外での体験も豊富で、姉妹の Ursula が the Midlands で教師を
したり大学に行ったり、そのあとも the Midlands に留まっている
のとは違って、イギリス国内では田舎を嫌って London にしか
住みたがらない。

小説の最後の方では、Ursula も Gudrun も二人ともドイツなどの
海外にいるが、Gudrun は、ドイツにいてもやはり気が狂うほど
日常性を心の底から憎悪している。本当に気が狂いそうになる
らしい。そのような気分は、僕にも少しはわかるような気がする。
Chapter 30 の後半において、その気分を雄弁に語ってくれている。
この部分は、これからも何度も立ち返って、熟読吟味したい。
以下、いくらか引用するけど、この小説を読んでいない人がいきなり
文脈から離れてこの一節だけを読んでもわかりにくいだろう。
かといって、この小説のプロットなどを前回の "The Rainbow" の
ときみたいに詳しく語り続ける気力が今はない。

(続く)

17
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 12:47:26  ID:ccosbqOn.net(13)
続き 【日常性への嫌悪】

It WILL be amusing to take part in German Bohemian life.
And Loerke (ドイツ人。Gudrun はこの男を敬愛している。この
男も、Gudrun のことを愛しているらしい) IS an artist., he is a free
individual. One will escape from so much, that is the chief thing,
escape so much hideous boring repetition of vulgar actions,
vulgar phrases, vulgar postures, I don't delude myself that
I shall find an elixir of life in Dresden. I know I shan't. But I
shall get away from people who have their own homes and their
children and their own acquaintances and their own this and
their own that. I shall be among people who DON'T own things
and who haven't got a home and a domestic servant in the
background, who HAVEN'T got a standing and a status and a
degree and a circle of friends of the same. 【Oh God, the wheels
within wheels of people, it makes one's head tick like a clock,
with a very madness of dead mechanical monotony and
meaninglessness. How I HATE life, how I hate it.】 How I hate the
Geralds, that they can offer one nothing else.

("Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30;
  Everyman's Library, p.458)

この直後にも、Gudrun による日常性への嫌悪と、日常性から
何とか離脱して生きていきたいと切望しながらも、生きている限りは
それが不可能なのだという絶望感のあまり気が狂いそうになる
思いを雄弁に綴っている。

このような思いを抱きつづけながらこの退屈きわまりない日常に
満ち満ちたこの世界に耐えながら生き続けている人は、この2ちゃんねるの
住民の中にもおられることと思う。そういう人たちと共に、ごくたまにでも
いいからこのようにコミュニケーションできることは、ほんの少しだけど慰めになる。

18
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 13:36:30  ID:ccosbqOn.net(13)
【nights of horrified watching the hours
  -- D. H. Lawrence's "Women in Love"】

たかが100年前の小説なのに、僕にとってはまだ少し難しいというか、
少なくとも僕には絶対に書けない、思いつきもしないような言い回しが
たくさん出てくる。20世紀最大の小説家かもしれない人の文章だから
当然だとも言えるが、こんな形の英文もあるのか、と思えるような
ものがある。

He [= Gerald] knew that this would be too much for him,
to have to face nights of sleeplessness and of 【horrified
watching the hours】.

("Women in Love," D. H. Lawrence; Chapter 30;
  Everyman's Library, p.461)

上記の【  】の中に焦点を置いてみる。これは、
  
  nights of horrified 【watching the hours】

という形をしている。"watching the hours" という string of words
の全体を horrified という形容詞が修飾している。この horrified は、
"a horrified look" という場合の horrified と同じような使い方を
しているのだろう。

(続く)
コメント1件

19
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 13:39:59  ID:ccosbqOn.net(13)
>18 の続き

この horrified は、もしかしてもともとは次のような文を念頭に置いて
使っているのだろうか?

  (1)  He was watching the hours, horrified.

つまり、"watching [the hours]" という string of words の全体を
horrified が修飾しているとか、horrified が分詞構文になっている
とも言えるかもしれないが、他の説明の仕方をすると、horrified が
He の主格補語というか準補語みたいに修飾しており、
"He was horrified." なのだ。だから、無理やりに

上記の (1) をパラフレーズすると、次のようになる。

  He was watching the hours in a horrified state.

なお、ここでも、あるいは他のところでも、僕が文法用語を使うときには、
理解の助けのために仕方なく使っているのであって、文法用語を
正確に使うことには興味はない。文法用語に詳しい人から見れば
不正確きわまりない文法用語の使い方をしているだろうから、
その点は突っ込まないでほしい。要は、僕にとっては、全体の意味が
正確にわかればそれでよいのだ。

20
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 18:35:41  ID:ccosbqOn.net(13)
【D. H. Lawrence の "Women in Love" を読了】

洋書を読んで英語の勉強42 の 430番
別板リンク(english)kako/1416/14160/1416019566/430

上記のスレの430番にて、2014年12月30日に D. H. Lawrence の
"The Rainbow" を読み終わったことを書いた。そのあとゆっくりと
その続編である "Women in Love" を読み、今日、やっと読み終えた。
この二冊は、もともと Lawrence が一本の小説として書いたものだ。
だから、この二冊の原文の合計 1,000ページほど(日本語版の
文庫本版では 2,000ページ)は、少し長いけど一本の小説だ。
長いから途中で挫折するかと思ったけど、なんとか読み終えた。

今回のような純文学(古典的あるいは準古典的な作品)はやはり
そんなに楽には読めないので、原文 1,000 ページはさすがに
読み続けるのが辛かった。しかし、娯楽小説とか通常の歴史書なら
以前に1,000ページくらいの英文の、それぞれのページに字がぎっしり
詰まった本を3冊ほど読んだことがある。

  (1) "Gone with the Wind" (Margarette Mitchell), 1,050ページくらい
  (2) "The Brothers Karamazov" (Penguin Books など), 900 ページくらい
  (3) Paul Johnson 書いたの歴史書、1,000ページ前後

しかし、(1) はただの娯楽小説だから読みやすかった。(2) は、
すでに日本語版で読んだあとに英語版に取り組んだから、
読めないことはなかった。(3) は、歴史書とはいえ、素人向けに
書かれた読みやすい本だった。

でも、今回の D. H. Lawrence の 1,000ページは、さすがにしんどかった。
コメント1件

21
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 18:47:03  ID:ccosbqOn.net(13)
>20 で挙げたリンクが、うまく機能していないから、訂正したものを
貼りなおす。

別板リンク(english)kako/1416/14160/1416019566.html

上記のリンク先の >430 だ。

さて、この長大な小説についても、何度も読み返したり、重要な
場面を何度も思い返したり、いろいろと評論を読んでみたりして、
考えをまとめたり反芻したあとに、プロットや人物の心理や
作者の世界観などについて、おいおい解説していきたい。
やはり、20世紀最大の小説かもしれないと言われるだけあって、
読み応えがあった。それだけでなく、やはり Lawrence は
僕向きだという感想をますます深くした。

さて、"Women in Love" の最後の方のプロットを少しだけ紹介する。
主な登場人物は、前半の "The Rainbow" に出てきた主要な人物
である女性 Ursula とその恋人である Birkin、そして Ursula の
姉妹である芸術家の Gudrun とその恋人である Gerald だ。

4人はイングランドを離れてドイツの雪山で時を過ごしている。
Ursula はその場所が嫌になって、Birkin と共にそこを離れて
イタリア(だったと思う)に向かう。そこに残った Gudrun と Gerald
だが、Gudrun は最初は Gerald にうつつを抜かしたし、そもそも
Gudrun が Gerald を口説いたようなものなんだけど、だんだん
Gerald が嫌になってくる。二人の間は少しずつぎくしゃくしてくる。

(続く)
コメント1件

22
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 18:57:08  ID:ccosbqOn.net(13)
>21 の続き 【D. H. Lawrence の "Women in Love" の結末】

そもそも、Gerald は基本的に女性を愛することができないタイプらしい
というふうに Gudrun は思うようになる。自己愛性の性格らしい。
Gerald は、たくさんの女性の歓心を引いて、主人公でいるのが
好きなタイプであるらしいのだ。Gudrun は、そういう自惚れた
Gerald がとことん嫌になる。さらには、実業家の Gerald
と芸術家の Gudrun とでは、根本的に相いれないものがある。
Gudrun は日常性が大嫌いであり、憎んでさえいる。その反対に、
Gerald は日常の生産活動こそが最も重要だと考えるタイプだ。

そんな中で、Gudrun は同じく芸術家であるドイツ人の Loerke に
出会う。Gudrun は彼に魅かれていく。Loerke も彼女の美しさと
聡明さ、芸術的な感性に魅かれていく。それに嫉妬した Gerald
は、徹底的に Gudrun をなじる。Gudrun はますます Gerald に
愛想を尽かす。そんな Gudrun を、内心で殺してやりたいと
強く思う Gerald。

Gudrun はついに Gerald と別れて Loerke と時を過ごすようになる。
そこに現れた Gerald は、Loerke を殴り倒して気絶させ、そのあと
Gudrun の首を絞めて殺そうとする。彼女を殺さないと自らの
identity が守れないというか、存在を存続させることができないと
いう感じの Gerald だったが、もう少しで Gudrun が窒息死する
というところで彼女の首から手を放す。そして Gerald は立ち去る。

そのあと、Gerald は雪山を歩き回り、雪の中で遭難して死んでしまう。
Gudrun は Birkin と Ursula を呼び出す。3人は出会っていろいろ
話をする。Birkin と Ursula との対話でこの小説が終わる。

23
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 19:05:03  ID:ccosbqOn.net(13)
【目的語が文頭に来る例など】

(1) Biscuits there are still.

ここで、Biscuits という補語が文頭に来ている。

(2) And this he [= Gerald] he crushed, this he could crush.

ここでは、this という目的語が文頭に来ている。

この二つの文の出典。
"Women in Love," D. H. Lawrence, Chapter 30;
  Everyman's Library, p.465

面白い例文が、この小説の終わりから10行目あたりに見つかった。

You are enough for me, as far as woman is concerned.
【You are all women to me.】 But I wanted a man friend,
as eternal as you and I are eternal.

上記は、Rupert Birkin がその恋人 Ursula に対して言う台詞。
【  】の中は、「君 (Ursula) は、僕にとって女性の全体だ」というか、
「僕にとっては、女性と言えば、君だけでいい」ということであり、
他には女性は必要ないという意味。ここで、you という単数が
主語となっているのに、その補語が women というふうに複数に
なっているが、このような英文は、とてもじゃないけど僕は自力では
考えつかない。そのまま暗記するしかない。

24
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/23 19:45:31  ID:ccosbqOn.net(13)
【D. H. Lawrence's "Women in Love" の映画化作品】

Lawrence の "Women in Love" に基づく映画化作品が有名らしい。
そのごく一部が YouTube 上でも公開されている。

(1) Women in Love (Ken Russell, 1969) -- 5'30"
https://www.youtube.com/watch?v=fYCQok8xVbo

(2) The Fig - Ken Russel's Women in Love (1969) -- 2'10"
https://www.youtube.com/watch?v=b3iL8euEvO4

(3) Women in Love (1969) Trailer -- 3'40"
https://www.youtube.com/watch?v=ARDQeNzXCXU

(4) Women In Love (1969) - Blinding
https://www.youtube.com/watch?v=cXz3lGBubhk

この映画はまだ見たことがない。ただ、その断片を YouTube で
見ていると、他の Lawrence に基づく映画と同じく、せっかくの
Lawrence の作品の雰囲気を壊してしまっていると僕は感じる。
Lawrence の作品の中では、こんなに安っぽく sex and love を
描いてなぞいないと言いたくなる。そもそも、sex and love を
視覚化すると、安っぽくならざるを得ないのかもしれないとも
思う。かくいう僕は、決してヌードが嫌いなのではなく、それどころか
ポルノをときどき見ている。しかしそれは単にトイレに行くのと同じで、
生理現象でしかない。Lawrence の世界は、もっともっと精神的
というか清らかで美しい。sex and love を宇宙と結びつけている。

25
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/24 11:16:53  ID:KVERjDjs.net(2)
【my Elizabeth, our Willy -- D. H. Lawrence の短編集】

The way she said "Here is 【my Elizabeth】!"--that annoyed him. Why
not "Here's Elizabeth" simply? It was insincere. And Elizabeth
didn't like it either.
("Mrs. Dalloway," Virginia Woolf, Project Gutenberg)
http://gutenberg.net.au/ebooks02/0200991.txt

上に掲げた一節では、主人公 Clarissa Dalloway が昔の恋人である
Peter Walsh に対して娘の Elizabeth を紹介するときに
"Here is my Elizabeth!" と言ったのだが、わざわざ my をつけること
なかろうと Peter が内心で気分を害している。娘の Elizabeth も
嫌な思いをしている。

これを見ると、固有名詞に my をつけただけで特別な意味合いを持つ
のだということがわかる。

これと同じように固有名詞をの前に my や our をつけた例を
D. H. Lawrence の小説でも見てきたが、いま読み始めた Lawrence
の短編集にも、さっそく出てきた。

   She's courting 【our Willy】.

("Her Turn" という題名の短編より、
"Collected Stories," D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.42)
コメント1件

26
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/24 21:21:49  ID:KVERjDjs.net(2)
【目的語が文頭に出る例】

いま手元にある Lawrence 短編集があるけど、62編の短編が
収められていて、1,400ページもある。日本語訳して文庫本に
収めると、2,800ページくらいになるだろう。こんなに大きな本を
読み切れるだろうか?短編だから、読みたい分だけを読めば
いいとも言えるが、できればすべて読み通したいもんだ。
できるだろうか?すでに3本ほど読んでみた。

短編だから気楽に読めそうな気もする。よくわからなくても
気にしないで次の作品を読み始めれば、まったく新しい
物語が始まるから、やり直しが何度でもできる。長編になる
と、途中がわからなければ、その続きもわからない。
長編ではさらに、途中までわかっていたのに、途中で疲れてしまって、
そのあとはまるでわからなくなるということもある。

ただし、長編の場合、途中までわかっていたら、その続きの文章が
かなり難しくても、それまでの流れによってその難解な部分の
意味が推測できることもある。だから、長編も短編も一長一短。
決してどちらかが読みやすいわけではなさそうだ。結局は、
長編も短編も、差し引きすれば難しさは同じということになるだろう。

いま、特に短いものばかりを先に読もうとしている。長いものは
後回しにする。

目的語が文頭に来ている例を、また見つけた。

A few papers were blank; several had 'I suspect nobody' -- 【these】
I threw in the paper basket; two had the name of an old thief, and
【these】 I tore up;
("A Lesson on a Tortoise" という短編、
"Collected Stories," D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.180)

27
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/25 07:50:42  ID:uDetiZkB.net(5)
【courage -- 「勇気」だけではなく、「精神力」
  -- "Collected Stories," D H. Lawrence】

courage と言うと、ついつい「勇気」という訳語を思い出してしまう。
そして反射的に連想するのは、危ないことをやり遂げる勇気だ。
現に、ある有名な英英辞典を引いても、courage にはそういう定義
しか与えていない。

courage
the ability to do something that you know is difficult or dangerous
(以下、たくさんの例文があるけど、すべて「危ないこと、困難なことを
行う」勇気という意味で使っている例文ばかり。)
(Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary)

有名な英英辞典でさえこうなのだ。しかし、実際の courage の使われ
方を見ると、そういう「勇気」とは違った意味に思えることが多い。
有名な「ジーニアス英和」は、ただの学習辞典に過ぎない小さな
辞書だけど、見事な和訳を載せてくれている。

courage
(苦痛・反対・不幸などに耐える)精神力(bravery)
(反対語:cowardice)
His courage rose up [almost failed him].
(彼は元気が出てきた)(彼の勇気はほとんど尽きた)
(ジーニアス英和、第5版、2014年)

Oxford はさすがであり、「ジーニアス」よりもさらに小さく、ページ数は
半分以下であり、情報量は4分の1くらいじゃないかと思うが、
それでも実に簡潔に courage の二つ目の意味を載せている。

courage --- (2) strength in the face of pain or grief
(Pocket Oxford English Dictionary, 11th, 2013)
コメント1件

28
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/25 08:02:33  ID:uDetiZkB.net(5)
>27 【「精神力」という意味での courage】

「ジーニアス英和」の第4版以前はすべて手放したので、courage を
どのように訳しているかは知らないけど、少なくとも第5版の和訳は
見事だ。(ただし、これくらいの和訳は、他の学習辞典でも載せている
かもしれない。)僕は、自力ではこのような和訳は考え出せなかった。
「やる気、元気、悲しみなどに負けない心、気をしっかり持つという
意味での「しっかりした気持ち」」などという和訳しか思いつかなかった。

courage はもちろんフランス語からの直輸入の単語であり、
フランス語の辞書を見ると、小さな学習辞典でも、英語の courage
以外の意味がはっきりと載せてある。

courage
(2) 熱意、やる気
  perdre courage やる気をなくす、意気阻喪する、屈する
  travailler avec courage 熱心に働く(勉強する)
(3) (間投詞的に)
  Courage! = Du courage! 頑張れ、しっかりしろ。
  Bon courage! 頑張って

courageux (英語の courageous に似たフランス語)
  (2) 熱心な、精力的な、勤勉な
   Il n'est pas tres courageux pour l'etude.
    彼はあまり勉強熱心ではない。
(プログレッシブ仏和、第2版より -- これは、「ジーニアス英和、第5版」
の情報量の半分くらいと思われる小さな辞書)
コメント1件

29
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/25 08:11:56  ID:uDetiZkB.net(5)
>28 【「精神力」としての courage】

「精神力」という意味での courage に僕が初めて出会ったのは、
若い時にフランス語を勉強していたときだったけど、英語の
courage をそういう意味で使っているのを最初に意識したのは、
20年くらい前に CNN で有名なアメリカの Larry King Live
の中で、もともとスーパーマンの役者として有名だった
イケメンの役者が首から下が不随になっているのに、その
不幸にめげない様子を "his incredible courage" と
言って賞賛していたときだった。

そして今日も、Lawrence の小説の中で、「精神力」という意味で
courage を使っている場面に出くわした。小説の主人公の男性が、
愛する恋人に死なれて悲しんでいるときに、その女性が死んだことを
知らせた修道女が "Courage!" と男性に対して言っているのだ。
簡潔な日本語訳をすると、さしずめ次のようになるだろうか。

  (1) しっかり。
  (2) しっかりしてね。
  (3) 気をしっかり持ってね。
  (4) めげないでね。

(出典: 短編の題名は "Smile"
"Collected Stories," D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.1034)

30
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/25 20:11:32  ID:uDetiZkB.net(5)
【D. H. Lawrence の "Strike-Pay" という短編】

それぞれが6ページから8ページくらいの特に短い短編から
読み始めている。このように短いものを、今まで5-6本くらい読んで
きた。しかしあまり面白いとは思えなかった。退屈なので "Wuthering
Heights" を再読しようかとも思ったが、我慢して読み続けたら、
少しだけ面白くなってきた。

"Strike-Pay" という8ページの短編を読み終わった。短くて他愛ない
話のように見えて、単語が見慣れないものがたくさんあり、おそらくは
19世紀終わりあたりと思われる時代を背景にした the Midlands
の炭坑町を舞台にした話であり、方言もじゃんじゃん出て来るし、
方言以外のところでも、アメリカ英語とは違ってイギリス英語独特の
言い回しも多く出てきて、さらには古めかしい単語も多い。だから
辞書を引きまくらないと読めなかった。それでもやはりわかりにくく、
完全には理解できていないかもしれない。

どうやら、炭坑労働者がストライキをしている日の物語らしい。
方言丸出しの炭坑労働者である Ephraim が9マイルも歩いて
事務所に行って、給料を受け取った。その事務所に
集まるたくさんの労働者たちを一人一人呼び出して、経理担当者が
現金で給料を払っていく。給料を胸ポケットにしまいこんだ労働者たちの
多くは、その町で行われるスポーツ大会を見に行く。どういう種目の
スポーツなのかは、読み取れなかった。現代では、たとえば野球を
見に行くとなると日本では電車などで気楽に身に行けるが、この当時の
イギリスの片田舎では、往復で18マイルも歩かなければならなかった
ことが伺える。これは、29 km だ。早歩きしたとしても往復で6時間
くらいかかる。

(続く)
コメント1件

31
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/25 20:13:21  ID:uDetiZkB.net(5)
>30
スポーツ大会を見に行ったあとに自宅に戻ると、妊娠5か月の
若い妻や姑たちが待っている。姑が徹底的に男をなじる。
家族や妻を放っておいて、自分勝手に遠くまで遊び歩いて
どういうつもりだ、というわけだ。この男はいつも真面目に働いて
いて、今日だけは気晴らしをしただけなのだが、それでも姑は
許せないようだ。姑は若妻に対して、「お前のロクデナシの旦那に
紅茶なんか出すんじゃないよ。もしそんなことをしたら、お前は
ただのアバズレだからね」と言うが、若妻は、母親よりも夫を
取り、紅茶を出し始める。

実に他愛ない話だけど、炭坑町の労働者たち、そしてその家族の
生活ぶりがリアルに描かれている。これらの短編は、Lawrence の
長編を理解する上での基本資料としての役割を果たすものとして
利用できそうだ。

なお、荒筋を書いてはみたが、僕が読み違えや記憶違いをしている
こともあるだろうから、厳密には考えないでほしい。なんせかなり
辞書を引かないとわけがわからなくなりそうだった。こういう文章も、
辞書なしですいすいと読めるようになりたいものだ。
コメント1件

32
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/25 23:00:33  ID:NP0aWi5F.net
>31
Deflation and secular stagnation are the threats of our time.
The risks are enormously asymmetric,” said Larry Summers, the former US Treasury Secretary.
“There is no confident basis for tightening. The Fed should not be fighting against inflation until it sees the whites of its eyes.

OEDさんくらいになると until it sees the whites of its eyesが何のもじり
か見た瞬間分かるものですか?

自分は浅学で結構調べました。
コメント4件

33
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 07:03:25  ID:0urG5l64.net(15)
>32
それは "The Telegraph" という新聞か何かにあった記事ですね。
僕は、時事問題にも経済にも無頓着で、その記事を読んでも
文字面の意味しかわからず、背景の社会情勢がまるでわかりませんが、

The Fed should not be fighting against inflation
until it sees the whites of its eyes.
これは、次のような意味でしょうか?
「FRB は、インフレを徹底的にやっつけてしまうなどということは、
しない方がいい」
(インフレが白目をむくまでそれと闘うなどということは、しない方がいい)

ともかく、"sees the whites of its eyes" という言葉は、初めて見ました。
だからそれが何かのもじりだということも知りませんでした。でも、
何かのもじりだとすれば King James Version の The Bible だろう
と思って見てみれば、それに似た言い回しが見つかりました。

King James Bible
His eyes are as the eyes of doves by the rivers of waters,
washed with milk, and fitly set.
http://biblehub.com/songs/5-12.htm

(続く)

34
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 07:05:22  ID:0urG5l64.net(15)
>32 への返答の続き
【"the white of the eye"】

上記のページではさらに、この言い回しについて次のように詳しく
解釈してくれています。

Sanctius thinks the allusion is to the humours in which the eye
is enclosed, and, as it were, swims in; hence the eyes are called
"natantia lumina", by Virgil (h); but it denotes eyes like 【those of
doves, quick and lively, as clean as milk white doves, as if they
had been "washed in milk"】; clear and perspicuous, sharp sighted,
and behold all persons and things, in all places, and at once; and
as doves look only to their mates, so Christ's eyes of love are
only on his church; he looks to none but her with his eye of
special and peculiar love.

もともとは "the white of the eye"(白目)は、ハトの目を連想させ、
あたかも乳で洗ったかのように清らかで、あらゆるものを的確に
見通すことができる能力を連想させているわけですね。そして
キリストの目も同じだというわけです。しかし今回の "The Telegraph"
の記事では、「白目をむく」つまり「徹底的にやっつけられて参ってしまう」
というような意味で使っているのではないかと思います。もし間違って
いたら教えて頂けますか?

なお、上記の聖書の一節は、"Song of Solomon 5:12" ですね。

35
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 07:48:41  ID:0urG5l64.net(15)
>32 への返答の続き(その3)

現代英語を作っている土台は King James Version の The Bible
と Shakespeare だと言われるので、次に Shakespeare を調べて
みたら、eye(s) と white(s) とを同時に使っている一節としては、
次のようなものしかありませんでした。

our general himself makes a
mistress of him: sanctifies himself with's hand and
turns up 【the white o' the eye】 to his discourse.
("Coriolanus 4.5.205)
http://www.opensourceshakespeare.org/search/search-results.php

上記の "turns up the white o' the eye" についての注釈として、
"Everyman's Library" の Shakespeare においては、
"in pious wonder" と書いています。つまり、"our general" が
"his discourse" を聞いていて、"pious wonder" のあまり
"turned up the whites of his eyes" したのだということですね。
ただ、この Shakespeare の一節はさほど面白くないように思うし、
それよりもはるか昔の King James Version の Song of Slomon
の方がもとになって今回の "The Telegraph" の一節ができている
と考えたいと思います。

(続く)

36
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 07:49:07  ID:0urG5l64.net(15)
>32 への返答の続き(その4)

なお、"the white of the eye" については、OED をも参照しましたが、
"turn up the whites of one's wonder" という形で使われることが多い
と書いていますが、その由来などについては書いていません。

OED の white の項目
2. The white part (sclerotic coat) of the eyeball, surrounding the
coloured iris. Usually in full, the white of the eye , pl. the whites
of the eyes .
Often in to turn up the whites of one's eyes and similar phrases
(usually, in affected devotion, but also in death, in astonishment,
horror, etc.).

OED ではこのあと、"the white (of the eye)" という言葉を含んだ
例文を、1400年ごろの文献から現代まで、15種類くらい並べていますが、
King James Version とか Shakespeare の文献には触れていません。
最も古いのは、次の通りです。(特殊文字が使われているので、
文字化けするかもしれません。)

c1400 Lanfranc's Cirurg. 19 A watir tat comet bitwene
【te white】 of te i?en & te appil.
(OED Online)
コメント1件

37
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/26 08:07:11  ID:kuJVxIvm.net(3)
>36
南北戦争のバンカーヒルズの戦いでの指揮官の言葉からの引用らしいです。


don't fire until you see the whites of their eyes


don't fire until you see the whites of their eyes in Culture Expand



Don't fire until you see the whites of their eyes definition


Don't react to a situation too early. This saying comes from an order allegedly given by American officer William Prescott at the Battle of Bunker Hill in the American Revolutionary War.

敵の白目が識別できるくらい近くまで引きつけてから撃てという意味のようです。
インフレの目の白目が識別できるくらいはっきりインフレになるまで通貨の量的緩和はするなという意味だと思います。
コメント1件

38
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/26 08:08:52  ID:kuJVxIvm.net(3)
南北戦争じゃなくて独立戦争でした。

39
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 08:11:54  ID:0urG5l64.net(15)
>37
なるほど、そうですか。

40
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/26 08:14:22  ID:kuJVxIvm.net(3)
William Prescott (February 20, 1726 – October 13, 1795) was an American colonel in the Revolutionary War who commanded the rebel forces in the Battle of Bunker Hill.
Prescott is known for his order to his soldiers, "Do not fire until you see the whites of their eyes", such that the rebel troops may shoot at the enemy at shorter ranges,
and therefore more accurately and lethally, and so conserve their limited stocks of ammunition. It is debated whether Prescott or someone earlier coined this memorable saying.
コメント1件

41
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 09:55:10  ID:0urG5l64.net(15)
>40
僕はまったく知りませんでしたが、英語圏の人にとっては
常識なんでしょうね。勉強になりました。

42
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 10:48:11  ID:0urG5l64.net(15)
【"make love" という表現の古い意味
  --- D. H. Lawrence,'s "Collected Stories"】

"to make love" を "to have sexual intercourse" という意味で初めて使ったのは
アメリカ人であり、1927年のころだそうだ。詳しくは、次の解説と例文を見てほしい。

"make love" の定義と例文
(b) orig. U.S.
To engage in sexual intercourse, esp. considered as an act of love. Freq. with to, with.

●1927 J. S. Bolan Deposition in L. Schlissel 3 Plays Mae West (1997) 218
Jimmy embraces Margie LaMont and goes through with her the
business of 【making love to】 her by lying on top of her on a couch,
each embracing the other.
(8つの例文が並んでいるが、あとは省略する)

(OED Online)

したがって、1885年から1930年にかけて生きたイギリス人の D. H. Lawrence が
make love という表現を使ったときは、古い意味に限られているようだ。

★ make love to
  [dated] pay amorous attention to (someone)
(Oxford Dictionary of English, Third Edition, 2010)

古い意味での "make love" という表現を使っていると思われる Lawrence の文章

I had loved her (= Anita) when I was a boy. (中略) I was much too green and
humble-minded to htink of 【making love to】 her. (中略) When at last she
accepted me as a lover, she told me about it.

(短編小説 "Once" の中の一節; "Collected Stories," Everyman's Library, p.155)

43
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/01/26 11:34:45  ID:eCxnXVzT.net
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

44
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 12:17:54  ID:0urG5l64.net(15)
【またもや目的語が文頭に
  --- 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence】

またもや目的語が文頭に出てきた。D. H. Lawrence はもしかして、
他の作家に比べて、目的語や(be 動詞のあとの)補語を文頭に
持ってきて強調することが多いのだろうか?それとも、他の作家
の文章を読んでいたときには僕はぼんやりしていてそれに気づかず、
実はこういうことはどんな作家にでも、あるいは文学以外のどんな
文章にでも頻出するもんなんだろうか?

もちろん、純文学じゃなくてもどんな分野においても、こういう
形が使われることは使われる。しかし、いま僕が取り組んでいる
Lawrence は、頻度が特に高いような気がするし、会話文にさえ
よく出てくるような気がするが、気のせいだろうか?

And he said he should never forget the velvety feel iof my skin.
Lots of beautiful things he told me.
(短編小説の "I" つまり私に対して、私の恋人である Anita が
言う台詞。Anita はドイツの aristocrat。「私」は middle class の出身)

(短編小説 "Once"; 短編集 "Collected Stories,"
  Everyman's Library, p.162)
コメント2件

45
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 13:03:30  ID:0urG5l64.net(15)
【archaeologist は、「考古学者」のみならず「考古学を趣味にしている人」も】

-ist とか -er (-or) をつけると、ついつい「〜学者」とか「〜専門家」だと
思ってしまいやすい。英和辞典にも、たとえば economist だったら
「経済学者、経済専門家」などと書いてある。経済学専攻の学生は
含まれないのかと言いたくなる。

editor in chief というと「編集長」と書いてあるから、まさか高校の
新聞部部長は含まれないだろうと思っていると、"Beverley Hills 90210"
の中で、高校生が新聞部部長をやっていて、自らを editor in chief
と名乗っていたような気がする。(ただしこれは、20年以上も前に
見たので、うろ覚えだから、本当にそうだったかどうかわからない。)

jurist を「ジーニアス英和、第5版」で引くと、「法律専門家、法学者」などの
他に、やっと「法学生」という訳語も載せてくれている。

同じ「ジーニアス、第5版」でも、他の単語を引くと、途端に専門家や
学者ばかりを意味する訳語が並ぶ。economist, archaeologist,
pianist, guitarist, philosopher などなど。

しかし、英英辞典を引くと、たとえば philosopher を引くと、次のように
書いてあるから、哲学専攻の学生とか哲学書が読むのが好きな
一般人も含まれるのではないか?

philosopher = a person who studies philosophy
(Merriam-Webster's Advanced Learner's Dictionary)

同じように、ecoomist というと「経済専門家、経済評論家、経済学者」とか
いう錚々たるメンバーのみならず、たとえば高卒の証券マン、
経済学部の学生、中卒・高卒だけどこつこつと経済学の
本を読みかじっている人なども含まれるのではないか?
じゃあ、それ以外のたくさんの -ist, -er, -or で終わる名詞はどうか?
コメント2件

46
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 13:16:32  ID:0urG5l64.net(15)
>45 の続き 【archaeologist には、「考古学を趣味にしている人」も含まれる】

こんなことは、英語圏で暮らしてきた人とか、英語圏の人との付き合いが長い人、
あるいは膨大な洋書を読んできた人にとっては常識だろうから、僕なんかが
こんなところでこんなふうな疑問を発すると馬鹿にされそうで怖い。

しかし、日本では「〜学者、〜専門家、〜評論家」などという名詞によって
表される人たちはとてつもなく偉い人たちで、「〜の学生、〜を趣味で
やっている人、〜の関係の仕事に会社員として取り組んでいる人」
とは一線を画しており、これら二つの範疇は相いれることなく、
まったく別の概念なので、まさかこれら二つの、はっきりと分かれた範疇を
一つの単語で言い表せるなどとは考えにくい。

だからこそ、jurist が
「法学者、法律専門家、弁護士、裁判官」だけでなく「法学生」も意味するの
だと【はっきりと】英和辞典に書いてくれていない限り、なかなかその単語の
意味の広がりがつかめない。
コメント1件

47
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 13:20:08  ID:0urG5l64.net(15)
>46 の続き 【趣味で考古学をやっている archaeologist】

archaeologist についても、英和辞典では「考古学者」だとしか載っていない。
しかし、あるアメリカ映画の中で、二人の30代くらいのむさくるしい男性が、
自分たちのことを "We are amateur archeologists." だと言っていた。
「趣味で考古学をやってます」という感じだろう。趣味で、あちこちの遺跡
などを訪ね歩いて、地面を掘り起こしていろんなものを発見したりも
してるんだろう。

「趣味で考古学をやっている人」という意味での archaeologist という
単語を、やっと文字の上で確かめることができた。しかも Lawrence の
文章の中で。

Mr Colbran (= the vicar of Beauvale) is an archaeologist. He does not
take himself seriously, in his hobby, so that nobody knows the worth of
his opinions on the subject.

(短編 "A Fragment of Stained Glass";
  短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.269)

そう言えば、また別の映画の中で、趣味で絵画を書いている人で、一度も
絵を売ったこともない完全な素人が、自分のことを "I'm an artist."
と言っていたし、また別のテレビドラマでも、映画を作るのが好きな
小学生が自分のことを "I'm a cinematographer." と言っていたような
気がする(これも記憶がぼやけている。なんせ20年以上も前だ)。

というわけで、こんなに簡単なことさえ確信を持って述べることができない
くらいに、僕が英語を聞いたり読んだりしてきた体験は、あまりにも少ない。

48
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/01/26 15:33:33  ID:F8pgV8q6.net
> We are amateur archeologists.
って文で
> 「趣味で考古学をやっている人」という意味での archaeologist という
> 単語を、やっと文字の上で確かめることができた
になるのかさっぱりわからん
わざわざamateurをつけてるってことは、
つけないと本職だと思われるってことだから
こいつの認識とは真逆の例文じゃねーか

49
momi[]   投稿日:2015/01/26 15:44:34  ID:GIjw/i+3.net
それは見てる例文が違うべ。mr coblan以下の文
を指してる

50
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 15:49:15  ID:0urG5l64.net(15)
【またも文頭に目的語が】

また出てきた。

She [= Anne] spread her knees, and put in her lap a handful of
hazel nuts, whity-green leafy things whose one cheek was
tanned between brown and pink. 【These】 she began to crack and eat.

(短編小説 "Second Best";
  短編集 "Collected Stories," Everyman's Library, p.294)

51
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/26 16:21:04  ID:ARWPMFr5.net
ロレンス興味出てきた
積ん読してたチャタレー読んでみるで
コメント1件

52
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 17:33:09  ID:0urG5l64.net(15)
>51
おお、D. H. Lawrence ファンが一人でも増えてくれると、
うれしいねえ。僕も、2,500ページくらいにわたる長い長い
Lawrence の伝記の原書(英語)を積読してるから、
いずれは読まないといけない。

53
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 18:31:38  ID:0urG5l64.net(15)
【不可算名詞が形容詞などで修飾されて a がつく例】

通常は不可算名詞(uncountable noun)であっても、形容詞や形容詞句がついて修飾されると、
具体的な概念のように感じられるらしく、その結果、a が付く例がよくある。

She (= Frances) did not know, but she felt 【a rather stubborn pride】
in her isolation and indifference.
(短編小説 "Second Best"; 短編集 "Collected Stories,"
  D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.297)

このような例は、つい数日前にも別のスレで紹介された。

This feeling of identity with the cultural background of one's ancestors
along with 【a pride in being an American】 has long been a characteristic
of the American people.
(Thisは「この」と訳して下さい、前文の指示語です)
ビジュアル英文解釈50番
スレッド立てるまでもない質問スレッド part301

上記の例においては、"take pride in [something]" という熟語においてもわかるように、
通常は無冠詞で不可算名詞(uncountable noun)であっても、"in being an American"
という形容詞句(?)によって修飾されているため、具体的な概念のように感じられ、
a がついて、あたかも可算名詞(countable noun)のようになるらしい。

以上のようなことは、silence などのいろいろな uncountable noun についても
言える。詳しくは、樋口にょる「冠詞事典」に詳しく書いてあり、たくさんの
用例も載っている。

54
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/01/26 19:03:12  ID:ruaYntTo.net
D H Lawrence (1885 - 1930)
http://gutenberg.net.au/pages/lawrence.html

55
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/26 19:21:16  ID:0urG5l64.net(15)
【The Midlands にいる人が "I'm still in Liverpool." と言う場合】

いま読んでいる短編小説では、Frances という若い女性が
England の the Midlands の畑で妹と一緒に遊んでいる。
Frances は普段、Liverpool にいるのだが、今は the Midlands
にある実家に帰ってきているらしい。村の知り合いの男である
Tom から話しかけられる。

'You are back, then!' said Tom. (中略)
'No,' she laughed, 【'I'm still in Loverpool,'】 . . . .

(短編小説 "Second Best"; 短編集 "Collected Stories,"
  D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.298)

上記の例を見ると、今は the Midlands の村に帰ってきて
いても、普段は Liverpool にいるのであれば、
"I'm still in Liverpool." と言えるのだということがわかる。
この点は、日本語とまったく発想が同じだ。もちろんこれは、
読んだり聞いたりするときは問題ない。

でも英語を書いたり
しゃべったりしているときには、悩んでしまう。このように、
どれ一つとして難しい単語がないどころか、すべて僕らが
中学1年生の最初の3か月以内に習うような単語と文法だけを
使った言い回しでも、こういう言い方をさんざん頭にインプット
しておかないと、「はて、今の瞬間は Liverpool にいないんだから、
I'm still in Liverpool. と言えないんじゃないか?そうすると、
I'm temporarily back from Liverpool. とかいうふうに言えばいいのか?」
とか何とか悩むことになる。
コメント1件

56
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/27 08:05:01  ID:YkQvmTNF.net(2)
>55 への補足 【日常的な曖昧表現 -- 'Im still in Liverpool."】

うっかりしていたが、夕べ引用した一節には、大切な続きがあった。その続きも含めて、
すべてを書き出してみる。

  'You are back, then!' said Tom. (中略)
  'No,' she laughed, 【'I'm still in Loverpool,'】 (中略)
  '★This isn't you, then?★' he asked.
  (中略)
  'Why, what do you think?" she laughed.

  (短編小説 "Second Best"; 短編集 "Collected Stories,"
  D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.298)

つまり、Frances という若い女性は普段は Liverpool に住んでいるけど、
休暇か何かで里帰りしている。畑でくつろいでいると幼馴染の男から
話しかけられる。「戻ってきたんだな」と彼は言う。しかし「そうじゃないの」
と Frances は答える。「まだ Liverpool にいるの」と答える。このあたりは、
英語でも日本語と同じような発想でしゃべるのだということがわかる。

しかし、幼馴染は冗談で、「まだ Liverpool にいるってことは、今ここに
いるお前は別人なんだな」と言う。それに対して Frances は、またまた
冗談で「どう思う?」と笑う。

というわけで、日常的な次元では英語でも日本語でも、「(私は)まだ
(ここに)戻っては来てないの。まだ Liverpool にいるのよ」という
言い方ができる。しかし、厳密な言葉づかいでは、英語でも日本語でも
やはり、たとえ一時的であれ、現実の肉体が田舎に戻ってきていたら、
「一時的にここに戻って来ている」 (Yes. I'm back for a holiday. But
I haven't left Liverpool permanently.) と言わないといけないという
ことがわかる。
コメント1件

57
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/27 08:05:35  ID:YkQvmTNF.net(2)
>56 の続き

こういうふうな、日常的な次元での曖昧な表現を
たくさん知りたいものだ。厳密な言い方なら、僕らは学校での
英語の授業で習うこともできるし、日本人はそういうことを覚えるのが
得意だ。しかし、英語でも、日本語と同じような曖昧な言い回しも
ちゃんとあるらしい。とはいえ、何でもかんでも日本語をそのまま
英語に直訳すると、とんでもないことになる。

果たして、どういうときに
日本語と同じような曖昧な表現ができるのか、どのあたりは厳密で
ないといけないのか、そういう細かいことについては、やはり
ネイティブと長いあいだ付き合うとか、映画やドラマを見まくるとか、
小説(特に気楽な英語で書いてある娯楽小説)とか、気楽な雑誌を
読みまくらないといけないことになる。

58
momi ◆pJfmDqWDTI [sage]   投稿日:2015/01/27 16:17:48  ID:tXSz+pC3.net
Stylistics: A Practical Coursebookを読んでるのだが、
ものすごく面白いわけではないが、自分が意識していなかった視点は
提供してくれる。例えば、ジェームズボンド小説のふたつの朝ごはんの描写を、
名詞句構造から比較して、文化論までつなげている。そのひとつは、別の
食事の描写や英語の標準と比べ、名詞句のスロット2(名詞の前置形容詞)が長い。
これはthe ‘sex and shopping’ novelに多く見られ、商品やブランドが強調される。
ボンド小説においては、イギリス帝国が世界中の文化を嗜む、という視点が反映している
という。こういった視点そのものは知らないわけではなかったが、律儀に文構造から
やっているのは面白く感じた。

Then there were two thick slices of wholewheat toast, a large pat of
deep yellow Jersey butter and three squat glass jars containing
Tiptree ‘Little Scarlet’ strawberry jam; Cooper’s Vintage Oxford marmalade
and Norwegian Heather Honey from Fortnum’s. The coffee pot and
the silver on the tray were Queen Anne, and the china was Minton,
of the same dark blue and gold and white as the egg cup.

59
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 10:49:08  ID:X2p4AITq.net(10)
【a man come home from the wars -- 自動詞の過去分詞が名詞を後置修飾
  -- 短編 "The Thimble," D. H. Lawrence】

come のような自動詞の過去分詞が名詞を修飾している例は、さほど多くはない。
文法書に例文が並んでいるが、実際に僕らが日常的に読む新聞雑誌や小説や論文で
見かけることは、さほど頻繁ではない。だから、一つでも出てきたら、メモしておきたい。

Perhaps it was a man 【come】 home from the wars:
there were wars then.

(短編小説 "The Thimble"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence,
  Everyman's Library, p.506)

60
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 11:05:31  ID:X2p4AITq.net(10)
【曖昧表現 -- 短編小説 "The Thimble," D. H. Lawrence】

英語での曖昧表現。文脈を無視していきなり it とか he などで文を作って
He did it. などと叫んでいる人に対して、相手が "Who did what?" と
問い返すなどという例をよく見る。英語でも、日本語と同じように曖昧な
表現を使ってしまうこともある。曖昧表現を追っかけていると、英語圏の
人々の深層心理にまで分け入っているような感じがして、面白い。

短編小説 "The Thimble" は、その題名通り、金で出来た100年くらい前の指ぬき
を椅子のクッションの裏側で見つけた女性が、かつての夫としんみり話をしている
という作品だ。そこで、夫が曖昧な言葉をつぶやく。曖昧だけど、その場の雰囲気で
元の妻は意味を理解する。

(元の妻の台詞) 'I found it (= the thimble)." (中略)
'I found it just before you came in.' (中略)
'I found it here, in the sofa.' (中略)
'Did you really? Why, how did it come there?' (ほんとかい?でも、どうしてそんな、
ソファーの中なんかに入ったんだろう?)
'I suppose it had got pushed down by accident.' (偶然に入り込んだんだと思うわ)
(中略)
(元の妻の台詞) 'How did it happen?' she said, and her voice was changed,
penetrating with sadness and approach. 【He knew what she meant.】

(短編 "The Thimble"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
  Everyman's Library, p.508)

上記のように、急にまったく別の話になって、「何があったの?」と元の妻は尋ねる。
元の夫と10か月ほど会ってなかったのだが、そのあいだに彼は軍隊の仕事の最中に
爆弾で顔にひどい傷を受け、完全に変形してしまったのだ。口も変形してしまったので、
まともに発音もできないし、笑っても、顔の上半分だけが笑っていて、下半分は
神経がなくなっているため、笑った表情ができない。(続く)
コメント1件

61
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 11:06:50  ID:X2p4AITq.net(10)
>60 の続き

元の妻は、元の夫に対して "How did it happen?"(何があったの?)と尋ねている。
it が何を指すかを言わなくても、雰囲気で元の夫は意味を理解している。

62
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 13:32:14  ID:X2p4AITq.net(10)
【him who was dead --- 短編 "The Thimble," D. H. Lawrence】

he とか him などの人称代名詞に関係代名詞が付く例は、現代英語においては
きわめて珍しいことなんだろうと思う。ただ、D. H. Lawrence が文章を書いたのは
1915年くらいから1930年ごろまでだから、今から100年近く前だ。だからたまには
"him who + 動詞" という形も Lawrence の小説に出てくるのだろう。

  But her eyes were watching 【him who】 was dead, 【who】 was there
  like Lazarus before her, as yet unrisen.

  (短編 "The Thimble"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
    Everyman's Library, p.508)

63
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/01/28 14:14:31  ID:1XLC8MXO.net
働け

64
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 14:57:35  ID:X2p4AITq.net(10)
>25 に関連して 【her Joe -- 短編 "In Love," D. H. Lawrence】

her Elizabeth, our Willy など、「人称代名詞 + first name」がかなり特別な意味を持って
いるらしいと僕は言ったけど、Lawrence の小説に、また出てきた。今回の例でも、
単に Joe とだけ言ってしまう時も多いはずだが、今回の場合、Hester という女性が
Joe と許嫁の関係にあるので、her Joe と言っているらしい。もし、fiance(e) ではなく
二人の関係がいくらか冷めていたり、新鮮味がそれほどまでなくなってしまったら、
単に Joe と言うはずではないかと思う。

And Hester set off alone, down to Wiltshire, where 【her Joe】
had just started a little farm, to get married on.

(短編 "In Love"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence,
  Everyman's Library, p.1102)

65
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 19:00:31  ID:X2p4AITq.net(10)
【再び your Janet -- 短編 "Rawdon's Roof," D. H. Lawrence】

your Janet という言い方も出てきた。

  What about your Janet?

  (短編 "Rawdon's Roof," D. H. Lawrence;
   短編集 "Collected Stories," Everyman's Library, p.1216)

上記の台詞の背景を説明する。この短編には、Rawdon というピアノ愛好家が美しく
孤独な Janet Drummond という女性の娘二人にピアノを教えに行っている。
この数か月、一日に一度ずつ、いや、最近は一日に二度も通っている。

それなのに、Rawdon は「僕の自宅には二度と女性を泊めるなんてことはしないと
誓った」などと言っている。だからこの短編の語り手は、この台詞
"What about your Janet?" と言っているのだ。結婚していないし、恋人になった
わけでもないけど、子供たちを教えに行くためとはいえ、足しげく通っている
相手の女性のことだから、「あなたの大事な Janet」というような意味合いで
"your Janet" と言っているのだろうと思う。

これからも、このような「人称代名詞の所有格 + first name」が出てくるたびに
ここに書き留め、それぞれの使われ方を見ていきたいと思う。

こんな作業をしていると、「そんなもん、大学の偉い先生とかネイティブに
質問するとか、あるいはそれについてずばり書いている本を探せばいいだけだろ?」
と言われそうだが、すぐにその答えが出てこないときは、自分で答えを探す
作業を僕は大事にしている。

66
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 19:07:41  ID:X2p4AITq.net(10)
【目的語が文頭に出た例 -- That one could understand.
  -- 短編 "Rawdon's Roof," D. H. Lawrence】

If he (= Rawdon) meant he wouldn't have his wife sleep under his roof again,
【that one could understand】.

(短編 "Rawdon's Roof"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
  Everyman's Library, p.1216)

上記の【  】の中では、that という目的語が動詞や主語の前に出てきている。

67
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 19:22:10  ID:X2p4AITq.net(10)
【会話文の中での独立分詞構文
  -- there being no fire in the drawing-room】

D. H. Lawrence の作品の中では、【会話文での独立分詞構文】を見るのは、
今日が初めてのような気がする。Jane Austen では、会話文の独立分詞構文
がときどき見つかった。

I showed her into the dining room,
【there being no fire in the drawing-room】.

(短編 "Rawdon's Room"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
  Everyman's Library, p.1217)

上記の台詞は、Rawdon の召使らしき男のものだ。

68
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 19:38:10  ID:X2p4AITq.net(10)
>44 に関連して 【目的語が文頭に来る例 -- D. H. Lawrence】

>44 にて、Lawrence の作品においてはもしかしたら文頭に目的語や
(be 動詞の)補語が来る例が多いかもしれないと言ったが、やっぱり
そういうふうなことを今でも感じる。またもや出てきた。

  Me she absolutely ignored.

  (短編 "Rawdon's Roof"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
    Everyman's Library, p.1218)

上記の me はこの短編の語り手。she は、二人の子供を持つ美人女性である
Janet Drummond だ。Janet は、この短編の主人公である Rawdon と部屋で
一緒にいるところを「私」(語り手)に見られてしまったのだが、その「私」を
Janet は完全に無視しているというくだり。

69
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/28 21:19:21  ID:X2p4AITq.net(10)
【先行詞と関係代名詞とが離れている例 --- D. H. Lawrence の短編】

月並みだけど、そういう例を Lawrence の短編の中で見つけたので、
復習の意味で、ここに書き出しておく。文脈としては、父親が金運が悪く、
したがって母親も金に困っているのを見かねて、少年がわずかな金を
競馬に賭ける。運よく多額の金を手にした少年は、自分の金だと母親に
は知らせず、叔父に頼んで弁護士を通して trust に預けてもらい、
母親に対してはその金が親戚からの遺産か何かで手に入ったことにして、
5年にわたって少しずつ母親の手元に入るような仕組みを作り上げるという
くだりだ。

Paul (少年), at the other's (叔父) suggestion, handed over five
thousand pounds to his uncle, who deposited it with the family lawyer,
who was then to inform Paul's mother that a relative had put
【five thousand pounds】 into his hands, 【which sum】 was to be paid out
a thousand pounds at a time, on the mother's birthday, for the next
five years.

(短編 "The Rocking-Horse Winner"; 短編集 "Collected Stories";
  D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.1231)

***********************

さらに、倒置の例も短編の中に出てきたので、復習のためにここに
引用する。

【Not for a second could she】 forgive me for existing on the earth.

(短編 "Rawdon's Roof"; 短編集 "Collected Stories,"
  D. H. Lawrence, Everyman's Library, p.1218)

70
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/29 11:48:05  ID:KtihKjI5.net(2)
【They still had Italy. という表現 -- 短編 "Things," D. H. Lawrence】

And they (短編の主人公である夫婦) still had so much in their lives.
【They still had Italy】 -- dear Italy.

(短編 "Things"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
  Everyman's Library, p.1275)

上記の They still had Italy. は、日本語なら
   「二人には、まだイタリアがあった」
とでも訳せるだろう。今でもイタリアに行ける、二人にはまだ
イタリアでの生活を大切にするという生活態度がある、つまり
二人にはまだイタリアという生きがい(希望)がある、という
ようなときに、日本語では「二人には、まだイタリアがある」という
言い方をする。そういうときに英語では、このように
"They still have Italy." と言えるのだ。
"For them, there is still Italy." とは言わないらしい。

これによく似た言い回しが、有名な "Casablanca" という映画の中で、主人公
Humphrey Bogart が女主人公 Ingrid Bergman に対して言っている。

ILSA -- But what about us?
RICK -- 【We'll always have Paris.】 We didn't have, we'd lost it,
until you came to Casablanca. We got it back last night.
ILSA -- And I said I would never leave you.

http://screenplayexplorer.com/wp-content/scripts/Casablanca.pdf

上記の Rick (Humphrey Bogart) の台詞は、
「これからもずっとパリがあるじゃないか」
とでも訳せるだろう。僕ら二人には、パリという思い出があるんだから、
これから二人が離れ離れになっても問題ないというわけだ。

71
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/29 12:14:04  ID:KtihKjI5.net(2)
【Twenty-five had become thirty-five.
  -- 短編 "Things," D. H. Lawrence】

こんな言い回しもできるんだなあ、と感心する。こんな言い方もできる
のだということは、文法書や辞書をいくら眺めても思いつかない。
たくさんの英文を読んでいって、頭の中に膨大な言語資料を
ため込んでいくしか方法がない。

But they (主人公たち夫婦) were now no longer so very young.
【Twenty-five and twenty-seven had become thirty-five
and thirty-seven.】

(短編 Things"; 短編集 "Collected Stories," D. H. Lawrence;
  Everyman's Library, p.1276)

72
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/01/30 13:12:37  ID:78dlm4Xv.net
【more than died in car crashes という表現 --- "The Economist"】

他のスレで別の人が引用していた文章。

Over 40,000 Americans took their own lives in 2012
-- 【more than died in car crashes】 --
says the American Association of Suicidology.
("The Economist")
The Economistを読むスレ3

僕が上記の【 】の中のことを自力で表そうとしたら、次のようにしか書けない。

  marking a larger number than that of those who died in car crashes

それを "The Economist" の記事では、見事に簡潔な言葉で表現している。
このあたりの表現がまだまだ僕にはできない。上記の "The Economist" の
文章をそのまま暗記しようとしても、すぐに忘れてしまいそうだ。

73
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/01/31 11:47:25  ID:0SbSlbW6.net
Louis Sachar 'Holes'

74
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 18:50:49  ID:qInB5cpi.net(7)
【I wonder what you have agait next! --- "Wuthering Heights"】

D. H. Lawrence の "Collected Stories"(短編集)を読んでいても、どうも
感情移入しにくくて馴染めないので、今回は諦める。Emily Bronte の
"Wuthering Heights"(嵐が丘、1847年)の方がはるかに面白く感じるので、
2日ほど前から再読している。

3年ほど前、2回ほどざあっと読んだ。最初は、YouTube 上にある
Librivox というボランティア団体による全編朗読をすべて聴きながら、
本文すべてを目で追っかけた。そのあと何度も歩きながら朗読を
聴き、数か月後に再び Penguin Books で通読した。2回も通読したし
朗読は全編を何度も(たぶん5回か10回くらい)聴いたけど、
やはりわからない単語がたくさんあるので、辞書をじっくり引きながら
精読しないといけないといつも思っていた。

というわけで、2日前から精読を始めたんだけど、やり始めると今度は
精読が面白くて、亀のようにノロノロと読むのが楽しくなる。1か月くらい
前から、歩く時には必ずその朗読を再び聞いている。でも今回は
Librivox による無料の朗読ではなく、お金を払って買った朗読CDだ。

   Wuthering Heights (英語) CD ? Audiobook, Abridged
   Emily Bronte (著), Juliet Stevenson (監修)
     http://www.amazon.co.jp/dp/0141804475/

この朗読は全編ではなく、その抜粋だ。でも Royal Shakespeare Company の Juliet Stevenson
というきわめて才能豊かな女優が朗読している。だから朗読を聴くのがとても楽しい。Librivox も
素晴らしいが、それは無料にしては素晴らしいということであって、やはりこの Juliet Stevenson
はダントツに素晴らしい。"Wuthering Heights" に少しでも興味のある人は、ぜひこの有料の
朗読を聴いてほしい。この女優は、数か月前に紹介した Samuel Beckett による "Play" という
芝居の映画版に出てくる3人の役者のうちの一人で、その芝居においても見事な演技を披露している。

75
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 19:05:44  ID:qInB5cpi.net(7)
続き 【I wonder what you have agait next! --- "Wuthering Heights"】

というわけで、上記のタイトルに沿ったことを書くのを忘れていた。タイトルにあるこの
一節の前後をここに引用してみる。

"Well, Mr Earnshaw," she crieed, "I wonder what you'll have 【agait】 next!
Are we going to murder folk on our very door-stones? (以下略)"

("Wuthering Heights, Emily Bronte, Chapter 2 の終わりの方、
  Everyman's Library, p.18)

上記の会話文は、主人公 Heathcliff が雇っている家政婦の Zillah の台詞。
Heathcliff の家にご機嫌伺いにきた Mr Lockwood だったが、Heathcliff を
初めとして、その家の人すべてが冷たいし、帰り道がわからないので途中まで
送ってくれる人さえ寄越してくれないので、雪が深く、暗くなった夜道を仕方なく
一人で帰ろうとして、せめて lantern だけでも拝借しようとしてそれを拾い上げて
一人で帰ろうとすると、年老いた不愛想な Joseph が方言丸出しで「泥棒だ」と
叫び、獰猛な犬を二頭もけしかけて Mr Lockwood を倒した。犬二頭の下敷きに
なって雪の中で脅え、怪我もしている Mr Lockwood を見ても、Heathcliff と
Hareton は大声で笑っている。

憐れな Mr Lockwood を誰一人として助け出そうとはしないかと思うと、
一人 Zillah だけが彼を助けてくれる。その Zillah が言っている台詞が、
上記のものだ。「この家で人を殺そうと言うんですか?次は何をしでかそうと
言うんですか?」と怒っている。

上記の【  】の中の agait は、辞書によると agate と同じであり、これは a- (= on)
と gate つまり「門」という二つの単語を合成してできたもの。「門の上に、門に向って」
という意味。そこから "on the way, on the road" つまり「(何かに向かう)途上に」という
意味になり、そこから「何かが進行中」というような意味になるそうだ。この agait, agate
という単語は、POD にも ODE にもない。だから OED に登場して頂いた。

76
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 19:16:31  ID:qInB5cpi.net(7)
さらなる続き 【I wonder what you have agait next! --- "Wuthering Heights"】

agait, agate という単語についての OED の解説を少し引用したい。やはり OED は
素晴らしい。古い英語、通常の辞書にはあまり載っていない単語、そして詳しい
語源、古い定義(意味)などを OED でノロノロと調べていると、何とも言えない
郷愁に似たものを感じる。実用的な知識を吸収することは大事だし、それによって
世の中で有用な人間になれるということは素晴らしいことだけど、このように
無用に見える古い語義や語源、古い単語を追っかけていると、生きがいを感じる。
(以下、OED を少し引用するが、特殊文字は文字化けするかもしれない。)

agate (adverb)

Forms:
α. lME a gate, 15? agate; Eng. regional (chiefly north.) 18? agaat, 18? agaat, 18? agaate,
18? agaet, 18? agait, 18? ageat, 18? ageatt, 18? ageeat, 18? agyet; Sc. pre-17 agaite,
pre-17 agate, pre-17 ageit, pre-17 aget, pre-17 18 agait.

β. lME o gate, 18? ogate (Eng. regional (north.)).

γ. 15 on gate.

上記のように、agate は18世紀あたりには agait というふうにも綴られていたということだ。
この agait という綴りこそ、今回の "Wuthering Heights" に出てきた綴りだ。そして上記の
形態変化表の一番下に書いてあるように、15世紀には "on gate" という形をしていたわけだ。
"on gate" (= on the gate, on to the gate) が a-gate となり、agate, agait となったわけだ。
このような on- が a- に変わる例は、他にもたくさんある。abroad も、もともとは "on + broad"
だったし、"aboard" も "on + board" だったのだ。
コメント1件

77
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 19:19:55  ID:qInB5cpi.net(7)
>76 の続き 【agait, agate (= on the way, on the road)】

上記のような Forms(つまり agate, agait という単語の歴史的な形態変化)についての
情報のあとに、次のような語義が載せてある。

2. On the way, on the road.
Hence: going, in motion, in a busy state.
Now Sc. and Eng. regional (chiefly north.).

さらにその下に、いくつか用例が載っているが、そのうち、"Jane Eyre" からの
引用だけをここに載せておく。

1847 Charlotte Bronte Jane Eyre III. ii. 72
  I'm fear'd you have some ill plans 【agate】.

  (OED Online)

78
momi[]   投稿日:2015/02/01 19:43:30  ID:Xb4cPigb.net(2)
Your Son Is Deceased
The city has one of the highest rates
in the country of fatal shootings by police,
but no officer has been indicted.

よく読むRACHEL AVIVの新しいルポ。
警官が自前の銃を携帯できるというのがスゴイ。
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/02/son-deceased

最近もっと重いもの、シリアスな文学とかに少し
飢えているかなあ。でも自分は日々の小刻み読書だと、
重いものが楽しめないので、ストレスだ。

79
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 20:48:33  ID:qInB5cpi.net(7)
【「いやな(変な)奴」という意味での friend --- "Wuthering Heights"】

friend が、「いやな(変な)奴)」という意味になることもある。まずは辞書の解説を見てみる。

friend
名詞 (4) やつ、いやな(変な)やつ。(●知らない人に、時に皮肉にも用いる)
  Look! Our 【friend】 is staring at us. (あいつがじろじろ見てる)
(ジーニアス英和、第5版、2014)

friend
★"Friend" is sometimes used in a humorous or ironic way to refer to someone
who is annoying or disliked.
  ●Has our 【friend】 with the rude attitude been bothering you lately?
  ●Don't look now. Here comes your 【friend】.
(Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary)

Merriam-Webster の解説は、さすがだ。さて、上記のような意味での friend の
使い方に初めて触れたのは、僕が "Casablanca" (featuring Humphrey Bogart
and Ingrid Bergman) を見ていたときだった。

    *********************

Laszlo turns off the light. Ilsa walks over to the couch and
sits down.

LASZLO
Well, our 【friend】 outside will think
we've retired by now. I'll be going
in a few minutes.


http://screenplayexplorer.com/wp-content/scripts/Casablanca.pdf
コメント2件

80
momi[]   投稿日:2015/02/01 20:50:46  ID:Xb4cPigb.net(2)
おおMWALD使ってくれてるんだ。
うれしいなあ。
コメント1件

81
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 21:01:47  ID:qInB5cpi.net(7)
>79 の続き 【「いやな奴」という意味での friend】

>79 の最後で引用した映画の場面は、革命家 Laslo が恋人 Ilsa (performed
by Ingrid Bergman) と共に部屋にいるとき、部屋のライトを消す。そうすれば、
自分を追っている警官(特高のような男)が自分たちがもう寝たものだと
考えてくれるだろうというわけだ。警官が安心したところを見計らって、
部屋をこっそりと抜け出し、革命家の集会に出席しようというわけだ。
外で見張っている警官のことを our friend と呼んでいる。この映画も、
特に好きで見ていたわけじゃないが、英語の勉強のために必須だったので、
20年前か25年前くらいに、少なくとも10回くらいは見たし、英語版のシナリオも
買って、辞書を引きながら読んだもんだった。

そして今日も、この「いやな奴」という意味での friend が、何と "Wuthering
Heights" に出てきたではないか。

At the top of an extra page, quite a treasure probably when first lighted
on, I was greatly amused to behold an excellent caricature of my 【friend】
Joseph, rudely yet powerfully sketched.
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3 の最初の方、
  Everyman's Library, p.21)

上記の一節は、Mr Lockwood が獰猛な犬2頭から抑え込まれたあと、
Heathcliff の家政婦である太っちょの Zillah に案内された部屋で
寝ようとするが、その前に、部屋にある本棚にある Catherine(女主人公、
そして彼女は20年前に死んだ)の残した蔵書と日記をあちこち拾い読み
しているところだ。そして、Catherine の日記の中に、例の年とった
偽善的なクリスチャンである嫌な性格の Joseph が戯画化されて
描かれているという話だ。ここで、例の嫌な性格の Joseph のことを
"my friend" と呼んでいる。

このような friend という言葉の皮肉的な使い方に典型的に表れているが、
イギリス文学においては、本当に皮肉が多い。それでどれだけ笑わされたことか。

82
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/01 21:16:01  ID:qInB5cpi.net(7)
>80 【愛用する辞書】
そうそう。Merriam-Webster は、momi さんが愛用していることを聞きつけ、
気になって仕方がなかったけど、2か月くらい経ってハードカバー版を
買い求め、そのあとは毎日毎日、使ってるよ。

仕事のときは別として、英文小説を読んだりして英語そのものを勉強する
ときは、数か月前から次のような辞書を毎日、使っている。
使う頻度が最も高い順番に並べてみる。

(1) Pocket Oxford English Dictionary (11th, 2013) -- POD
(2) Oxford Dictionary of English (3rd, 2010) -- ODE
(3) Merriam-Webster's Advanced Learner's English (MWALD)
(4) ジーニアス英和、第5版、2014年
(ジーニアス第5を買う前は、1年ほど毎日、「オーレックス第2版」を使っていた。)

Merriam-Webster の辞書も、痒いところに手が届くという感じで、手放せない。
しかし、やはり僕が最も愛しているのは、(1) の POD。その次が ODE(1巻本)。
もちろん OED(20巻本)も大好きだけど、いくら好きって言っても、毎日毎日、そればかり
何十回も使っていると、普通の本が読めない。だから OED はたまに引くだけ。

POD は、カバーの分厚さとその中の紙の厚さが何とも言えない
快い厚さであり、いくら酷使してもびくともせず、分厚いからこそめくりやすく、
アンダーラインを引きまくっても平然としている。POD と結婚したいくらいだ。
「アホか」と言われそうだが、そんなことまで考えてしまうくらいに、僕は
POD を深く愛している。そして、紙版の ODE(一巻本)にも、かなり慣れた。
今は、その紙版で単語を引きながら古典文学でも平気で読める。


やはり僕は、古い人間なので、電子データによる辞書や書籍よりも、
できるだけ紙版を使いたい。ただ、OED(20巻本)だけは別。というか、
一巻本の辞書だけは紙で使いたいけど、何冊にもわたる辞書は、
たとえ電子が嫌いでも、僕は電子版を使いたい。

83
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/02 02:22:47  ID:F/gHQmFH.net
技リングハイツの英語難しくないですか?
コメント1件

84
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 06:45:30  ID:kA4WChv5.net(6)
>83
"Wuthering Heights" の英語は、確かに、現代の大部分の小説に比べたらダントツに
難しいと思います。19世紀の文学の中でも、難しい方に属するんじゃないかと思います。
19世紀と言えば、僕が今まで真面目に読んできたのは Thomas Hardy, Charles Dickens,
Charlotte Bronte, Edgar Allan Poe ですが、それらと比べても、Emily Bronte は難しい
と感じます。(ただし Charles Dickens の "Bleak House" は、あまりにも文体が凝っている
らしく、僕が辞書なしで通読してもあまりよくわかりませんでした。)

なぜ "Wuthering Heights" が難しく感じるのでしょうか?まずは単語。大雑把な雰囲気を
つかんで楽しむだけなら、辞書なしで通読できます。しかし、読み味わうためには、
僕の場合は辞書を引きまくらないといけません。D. H. Lawrence なんかは、精読に近い
読み方をしても、英英辞典の定義文を余白に片っ端から書き込んでいくこともできましたが、
"Wuthering Heights" の場合は、余白がまるで足りないのです。さらに、POD, ODE(一巻本)
では足りず、どうしても知りたい単語が現代では使われていなかったり、単語は今でも
存在しているけど単語の意味(定義)が古くて、OED(20巻本)を引かないといけないことも
あります。(ただし、「リーダーズ英和」でも済ませられるかもしれないけど、僕はあんな
チャチな辞書、しかも英和だけで済ませるのは嫌なのです。)

それから、England 北部を舞台にしていること。他の文学小説は England 南部または
中部を舞台にしているけど、"Wutthering Heights" の舞台である北部は、南部とは
風土もしきたりも人々の発想も性格も、まるで違っているらしいです。そもそも、
(Scotland が England とは違っているのは当然として)England だけを取っても、
その北部と南部とでは、まるで二つの国であるかのようだと England 北部の人自身が
言っています。だから言葉もまるで違っています。

(続く)
コメント1件

85
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 06:55:42  ID:kA4WChv5.net(6)
>84 の続き
登場人物の一人である例の機嫌の悪い偽善的なクリスチャンである年老いた男性召使
Joseph や、その他の一部の使用人たちは Yorkshire 方言丸出しでしゃべりますが、
それに慣れるのもけっこう大変です。方言の部分なんて最初は適当に流せばいいの
ですが、やはりせっかく Emily Bronte が作り上げてくれた独特の作品世界を細かく
理解しようとすれば、方言も細かく理解したいものです。

そして何よりもこの小説の英文が僕ら外国人にとって難しい最大の理由は、おそらく
Emily Bronte がとことん文章にこだわって言葉を選んでいるからでしょう。いい加減には
書いていないのだろうと思います。自分が書きたいことを渾身の力を振り絞って、
徹底的に文章を練りあげているのでしょう。作者 Emily Bronte の sister である
Charlotte もたくさん小説を書き、当時の大ベストセラー作家になりましたが、Charlotte
の文章は、Emily と違ってとても読みやすいと思います。それはおそらく、Charlotte が
読者にとってなるべくわかりやすい文章を書こうという姿勢を持っていたからでしょう。

そもそも、Charlotte は生まれ育った Yorkshire を出てあちこちに暮らし、実にたくさんの
人と交わったようですが、最初から彼女は人との関わりの中で自分を変えていくという
タイプだったのでしょう。だから、他人に合わせて自分の作品世界や発想や考え方や
文体までをも変えていくのです。だからこそ、Charlotte は Emily に対して、方言を
使いすぎていて南部の読者にはわからなくなるからと心配して、最初は "Wuthering"
の草稿に手を入れて、方言を薄めていたのです。

その sister である Emily は、かなり性格が違っていて、Yorkshire からほとんど外へは
出ないで生涯を暮らし、近所の人とさえほとんど接触しなかったようです。Charlotte
と違って、Emily は自分の内面世界を大切にし、他人とは隔絶された自らの内的真実
に忠実であろうとするタイプだったので、他の誰とも違う独特の作品世界を作ることが
できたようです。

それは実に素晴らしいことなので、ぜひとも Emily Bronte の独自の世界を理解したい
ものですが、僕なんかにとっては、それだからこそ英文が実に難しいのです。

86
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 11:44:29  ID:kA4WChv5.net(6)
【価格破壊 "We hammer down the prices." -- 100年以上も前の新聞より】

僕の住む(日本国内の地方にある)マンションから5分ほど歩いたところにある
自動販売機では、100円くらいで各種のジュースなどが買えるが、そこには
PRICES と書いてある文字を男性の若者が大きなハンマーで叩き割っている
絵が描いてあり、大きな字で英語で次のように書いてある。

   We hammer down the prices!

たぶんこれは正しい英語なのだろうと思って、面白く思っていたが、
本当に正しいということを確かめたことはなかった。今ふと思い出して
検索してみると、信頼性が高いと思われる情報源にて、これと同じ
文章が出てきた。

Quality with us is always the first consideration;
this secured, 【we hammer down the prices】 to make them acceptable to you.

http://cdnc.ucr.edu/cgi-bin/cdnc?a=d&;d=LAH18991029.2.177.1

出典はなんと、100年以上も前の1899年の California での消費者向け新聞である
らしい。英文の使われ方を探るには、もちろんのことながら文学小説などだけを
読んでいてはダメなので、OED(20巻本)は過去の傾向を反省して、現在編集中の
(23年後に完成予定の)Third Edition では、文学小説のみならずカタログや
マニュアルなど各種の文章からも例文を拾っていくそうだが、上記のような
古い消費者向けの新聞も、とても興味深い情報源だ。

87
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/02 15:41:59  ID:H9dhkHA2.net
☆☆☆☆☆
☆ 自民党、グッジョブですわ。 ☆
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html

☆ 日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、改憲の参議院議員が
3分の2以上を超えると日本国憲法の改正です。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。
私たちの日本国憲法を絶対に改正しましょう。☆

88
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 18:36:45  ID:kA4WChv5.net(6)
【ODE(一巻本)による NEET という単語の定義】

今の今まで知らなかった。恥ずかしいことだ。NEET という言葉は日本人が作った
英語の略語だと思い込んでいた。たった今、ODE(一巻本)を開いて目についた
単語を見て、びっくりした。なお、この略語は、POD には載っていない。
MWALD にも載っていない。しかし「ジーニアス英和、第5版」には載っている。

NEET (plural NEETs)
[British English] a young person who is no longer in the education system
and who is not working or being trained for work
- ORIGIN: early 21st century: acronym for "not in education, employment,
or training"
(Oxford Dictionary of English, Third Edition, 2010)

上記のように、NEET は British English だとのことだが、OED Online には
まだ載っていない。

89
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 21:30:30  ID:kA4WChv5.net(6)
【sconce = head (an archaic word)】

"a person's head" という意味での sconce という単語が出てきた。POD, ODE(一巻本)には
載っていない。「リーダーズ」には載っているかもしれない。

sconce
[archaic]
A jocular term for: The head; esp. the crown or top of the head; hence,
‘head’, ability, sense, wit. †Also put for the person himself.

Forms: Also 15?16 sconse, skonce.
Etymology: Of obscure origin; possibly a slang use of sconce n.1 or of sconce n.3
(though in our quots. recorded earlier than the latter).

(OED Online)

   **************

sconce という単語を含んだ小説の一節
(Mr Lockwood が Heathcliff の家に泊まることになり、部屋にある Catherine
の蔵書や手記を拾い読みしたあとに寝ていると、悪夢にうなされる。490章から
なる長くて退屈な説教を聞かされ、文句を言うと、説教師や Joseph などから
ひどい逆襲を受けるという悪夢だった。その乱闘の中で、人々から Mr Lockwood
は叩かれそうになるが、その拳は別の人の頭(sconces)に当たってしまうという話。)

In the confluence of the multitude, several clubs crossed; blows, aimed at me,
fell on other 【sconces】.

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Capter 3, Everyman's Library, p.26)

90
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/02 21:56:18  ID:kA4WChv5.net(6)
【smartly = (sharply, severely, intensely) --- "Wuthering Heights"】

単語そのものは現在でも使われているけど、その古い意味で使っている
例がたくさん見られる。smartly は "sharply, severely, intensely) という
意味が古くはあったそうだが、そういう意味で "Wuthering Heights" では
使われている。その古い意味合いは、POD, ODE には載っていない。

   . . . and Branderham (退屈な説教をした牧師), unwilling to remain idle, poured
   forth his zeal in a shower of loud taps on the boards of the pulpit which
   responded so 【smartly】, that, at last, to my unspeakable relief, they woke me.
   ("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3; Everyman's Library, p.26)

群衆が乱闘を展開する中で、退屈な説教をした例の牧師 Jabez Branderham が
自分もその騒ぎに参加しようとして床をどんどんと踏み鳴らしているのだが、
その音が smartly に響いているのだ。そして Mr Lockwood は悪夢から醒める。

   smart
    I. Painful, uncomfortable; sharp, severe, intense.
    2. Of a blow, stroke, etc.: sufficiently hard or severe to cause pain; sharp, stinging;
   (in later use sometimes without implication of pain being caused) delivered quickly and
   sharply (cf. sense 8a). Also in figurative contexts.
    d. Of a sound: short and sharp; abrupt and loud.
   (OED Online)

そういう古い意味から smart が現代のような意味に変わっていった経緯については、
ODE(一巻本)には、次のように書いてある。
 
   The adjective. . . the original sense (late Old English) being 'causing sharp pain';
   from thise arose 'keen, brisk', whence the current senses of 'mentally sharp'
   and 'neat in a brisk, sharp style'.
   (Oxford Dictionary of English, 3rd Edition, 2010)

91
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 08:14:40  ID:4mKG4Hd7.net(8)
【The branch of a fir-tree rattled its dry cones against the panes.
(モミの木の枝についている乾いた松かさが窓ガラスに当たってガタガタと音を立てた)
  --- "Wuthering Heights" より】

上記のような自然描写を細かく読んで味わおうと思ったら、cone が「松かさ」だと
いうことを知る必要があった。僕は今日までその意味を知らなかったので、
このあたりは適当に読み流していた。もったいないことだ。さらに、この
一節は実は、原文をかなり単純化してあるからわかりやすいが、実は
次のようにもう少し複雑だから、余計のこと、僕は今までは読み流してしまっていたのだ。

Merely, the branch of a fir-tree that touched my lattice, as the blast
wailed by, and 【rattled its dry cones against the panes】!
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3; Everyman's Library, p.26)

  僕なりの和訳:
  ただ、私の部屋の格子に触れているモミの木の枝が、突風の
  むせび泣きと共に、その乾いた松かさを窓ガラスに突き当てて
  ガタガタと音を立てていたのだ。(「嵐が丘」)

僕は自然の美しさにかなり無頓着なため、若い時には日本語で文学小説を
読んでいても、その自然描写は飛ばし読みしていた。英文なら余計のこと
そうだった。齢(弱い?)を重ねて、やっと自然にも目を少しは向けるように
なってきたので、英文でもそのような文章をなるべく読み解こうとする
ようになってきた。Thomas Hardy の自然描写は、僕にとって新鮮だった。

ところで、上記の一節に出てくる cone(松かさ)についてだが、conifer という
植物の名前は、そこから来ているということも知った。さらには、ice cream cone
は、松かさ (cone) にそっくりだからこそそのように命名されたのだということにも、
初めて気づいた。そして、松かさは円錐形をしているので、cone が数学において
そういう意味で使われるようになったのだということにも気づき、ますます
面白く思った。
コメント1件

92
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 08:19:23  ID:4mKG4Hd7.net(8)
>91
「モミの木の【松かさ】」などと書いてしまったが、これは変だった。「モミの木の【球果】」と
書くべきなのだろうか?しかしそのように訳されても、僕なんかにはさっぱりわからない。
やはり、仮に間違った日本語でもいいから「モミの木の【松かさ】」と言ってくれれば、
理解できる。

93
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 12:42:19  ID:4mKG4Hd7.net(8)
【for という前置詞の意味合い --- "Wuthering Heights"】

for は学校で英語を習い始めてから1か月以内に習う言葉だし、それにはいろんな意味合いが
あるとはいえ、中学高校のあいだに完全に理解したような気になってしまう。しかし、その意味合いが
辞書ではっきりとは確かめにくい場合もある。あまりにも基本的すぎる単語であり、あまりにも
多義的であるがゆえに、その意味をネット検索や書籍での調査をしようとしても、なかなか
見つかりにくい。

With that concluding word, the whole assembly, exalting their pilgrim's staves,
rushed round me in a body, and I, having no weapon to raise in self-defence,
commenced grappling with Joseph, my nearest and most ferocious assailant, 【for his】.
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3, Everyman's Library, p.26)

上記の文の文末にある【for his】とはどういう意味なのか、すぐにわかるだろうか?
そして、それが確かにそういう意味だということを明示している辞書の該当項目を
指摘できるだろうか?僕は、その意味が一応はわかった。でも、さてそれでは、
学習辞典の for の項目にあるきわめてたくさんの情報の中で、どれがそれに該当する
のかをしっかりと人に指し示すことができない。ジーニアス第5版でさえ、この点については
見落としているのではないだろうか?あるいは、一応はそれに似たことは解説してあっても、
誰でもすぐにわかるようには書いていないような気がする。

まずは、上記の一節の単語のうち、難しいものについて注釈をつけておく。

(1) 1行目: pilgrim = a person who journeys to a holy place for religious reasons. (POD)
(2) 1行目: staves = staff の古い形の複数形
  staff = a rod or sceptre held as a sign of office or authority. (POD)
(3) 3行目: grapple = struggle or fight physically, without using weapons. (POD)
(4) 3行目: assailant = attacker // assail = attack violently (POD)
コメント2件

94
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 12:58:28  ID:4mKG4Hd7.net(8)
>93 の続き 【for の意味合い --- "Wuthering Heights"】

さて、さっき引用した一節の直前で、490章にもわたる長い長い退屈な説教を聞かされ、
あくびしたり席を立ったり、自らの体をつねったりしながら眠気に耐えてきた
Mr Lockwood は、(実はこれはすべて夢の中での出来事なんだが)491章に
入ろうとする説教師に対して大々的に文句を言う。すると説教師は、Mr Lockwood
を弾劾する演説をして、居合わせた信者たちをけしかけて、Mr Lockwood
を暴力で懲らしめようとする。そこで出てきた >93 で引用した一節を、僕なりに
和訳してみる。

(1) With that concluding word,
  (説教師による)その結論を受けて、

(2) the whole assembly,
  居合わせた信者全員が

(3) exalting their pilgrim's staves,
  巡礼者の杖を高く上げながら、

(4) rushed round me in a body,
  一丸となってどっと押し寄せてきて私(Mr Lockwood)を取り囲み、

(5) and I, having no weapon to raise in self-defence,
  私の方はというと、自衛のための武器がないので、

(6) commenced grappling with Joseph, my nearest and most ferocious assailant,
  いちばん近くにいていちばん凶暴に攻撃をしかけてくる Joseph と取っ組み合いを始め、

(7) 【for his】.
  【彼の武器を取り上げようとしたのだった。】

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3, Everyman's Library, p.26)
コメント1件

95
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 13:06:33  ID:4mKG4Hd7.net(8)
>94 【for の意味合い --- "Wuthering Heights"】

(6) と (7) を単純化すると、次の通り。

I commenced grappling with Joseph 【for】 his (weapon).
  私は、Joseph の持っている武器を取り上げようとして、取っ組み合いを始めた。

この for は、for が本来持っている【(何か)を求めて】という意味合いを持っている
はずなのだが、このような "grapple with someone for something" の
場合、確かに「何か【を取り上げようとして】誰かと取っ組み合いする」という
意味だということは、少なくとも「ジーニアス英和、第5版、2014年」には、
はっきりとは書いていない。

もちろん、for の持つ「〜を求めて」という意味合いさえわかっておれば、
そんなことはわかるだろうから、最初から辞書編纂者はそんなことまでは
書かないのだとも言えるだろう。でも、天下の「ジーニアス」だし、
高校生や教師たちもこれだけを頼りにすることが多いから、
これくらいは明示的に書いてもよかろうと思う。

ただし、これは「ジーニアス」編纂者に苦情や不平を言っているのではない。
それどころか、ここまで網羅的でわかりやすく、権威ある学習辞典を
こんなにまで携帯に便利な形で、こんなにまで安い価格で提供してくれて
いることに、心から感謝している。僕は、これからも一生、おそらくは毎日、
使い続けるだろう。

96
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 14:26:35  ID:4mKG4Hd7.net(8)
【僕にはわからない for の使い方 --- "Wuthering Heights"】

僕にはどうしてもわからない for が出てきた。次の一節は、20年前から荒野を
さまよっている Catherine の亡霊が Mr Lockwood の悪夢の中に出てきた
ところだ。窓越しに見えた子供の顔に脅えて、Mr Lockwood が "Who are you?"
と尋ねると、亡霊は次のように答える。

"Catherine Linton," it (= the voice) replied, shiveringly. (why did I
think of *Linton*? I had read *Earnshaw*, twenty times 【for】 Linton.
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3; Everyman's Library, p.27)

上記の一節では、亡霊が "Linton" だと名乗っている。Mr Lockwood は、
Earnshaw という名前を20回も見たのに、なんで Linton という名前を
思い出してしまったのだろうか、と言っている。なお、この一節の7ページほど
前、すなわち Chapter 3 の冒頭あたりでは、次のように、Catherine の思い出
が詰まったこの部屋の壁に Catherine Earnshaw, Catherine Heathcliff,
Catherine Linton というふうな三種類の名前が何度も繰り返し書いてあると
いう一節がある。

This writing, however, was nothing but a name repeated in all kinds of
characters, large and small -- *Catherine Earnshaw*; here and there
varied to *Catherine Heathcliff*, and then again to *Catherine Linton*.
(上記 * に挟まれた文字は、原文ではイタリック。
  "Wuthering Heits," Chapter 3 冒頭近く、Everyman's Library, p.20)

ともかく、今回のレスの一つ目の引用文に出てくる【for】がどういう意味
なのかが、僕にはどうしてもわからない。
コメント1件

97
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 15:56:51  ID:4mKG4Hd7.net(8)
【"Wuthering Heights" -- Mr Lockwood と Heathcliff が口論しているところ】

8か月ほど前にも、"Wuthering Heights" を拾い読みしていた。

【隔離・孤立スレ】専門的すぎる書き込みを歓迎 -397

そして上記のスレにて 395-397 のようなコメントを書いていた。そこで
取り上げた
  Oh, God confound you, Mr Lockwood,
  I wish you were at the --

という台詞を、いま読みなおしているところだ。Catherine の亡霊に脅えて夜中に
Mr Lockwood が大声を張り上げると、Heathcliff が飛び起きて、ロウソクを
携えてその部屋に恐る恐るやってきた。Mr Lockwood がそんな部屋に泊まって
いるなんて想像もしなかった Heathcliff は、怒りをぶつける。

Mr Lockwood は、「亡霊の住むこんな部屋に私を泊めたあなたの家政婦のせいですよ。
家政婦はきっと、この部屋に確かに亡霊が取りついているということを
私を餌食にして証明したかったんでしょうよ」と盛んに文句を言う。
このあと Heathcliff は、一人でその部屋に入り、20年前に死んだ愛する
Catherine に対して「どうか俺の前に姿を現してくれ」と男泣きする。

98
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/03 16:48:44  ID:+nLslL6T.net
ヒント:まず不明のforのある文を和訳せよ

99
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/03 19:22:45  ID:zEiTcSk7.net
DF-X10001 一括検索 対応コンテンツ

ランダムハウス英和大辞典 第2版
新英和大辞典 第六版
リーダーズ英和辞典 第3版
リーダーズ・プラス
新編 英和活用大辞典
ジーニアス英和大辞典 用例プラス
ロングマン英和辞典
ナノテクノロジー用語英和辞典 電子版
180万語対訳大辞典 英和・和英
人文社会37万語英和対訳大辞典
ビジネス技術実用英語大辞典V5 英和編
ビジネス技術実用英語大辞典V5 和英編
[理・工・農・医]自然科学系和英大辞典 増補改訂新版(第4版)
英文ビジネスeメール実例集 Ver. 2.0
新和英大辞典 電子増補版
プログレッシブ和英中辞典 第3版
カタカナで引くスペリング辞典
オックスフォード連語辞典 第2版
オックスフォード現代英英辞典 第8版
ロングマン現代英英辞典5訂版
コウビルド新英英辞典
オックスフォード 新英英辞典 第3版
オックスフォード 類語辞典 第3版
オックスフォード センテンスディクショナリー
オックスフォード 学習者のための慣用句辞典 第2版
オックスフォード 学習者のための句動詞辞典 第2版
Britannica Concise Encyclopedia
Longman Pronunciation Dictionary
10万円の電子辞書、それがDF-X10001 http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t401506740

100
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/03 21:56:08  ID:4mKG4Hd7.net(8)
【"Hear me this time -- Catherine, at last!" -- from "Wuthering Heights"】

何度も目にしたし、何度も何度も歩きながら聴いたこの台詞。

"Come in! come in! he sobbed. "Cathy, do come. Oh do -- *once* more!
Oh! my heart's darling, hear me *this* time -- Catherine, at last!"

("Wutherine Heights," Emily Bronte, Chapter 3; Everyman's Library, p.31)

この台詞は、もちろん感動的だし、この小説の雰囲気を象徴する台詞だけど、
そこに使われている "Hear me this time -- at last!" という言い回しは、
英作文するときに役立ちそうだ。「今度こそ〜してくれ」と言いたいときに
どのような英語が適切なのか、今までよくはわからなかったから。
もちろんこの小説は 1847年に書かれたものだから、全体的に文体が
古めかしいとはいえ、この台詞だけは現代でもおそらくそのまま使える
のではないかと思う。
コメント1件

101
momi[]   投稿日:2015/02/03 23:13:36  ID:CJHfk1yQ.net
It didn’t take more than an hour
after they pulled her out from between
my legs for me to realize something was
wrong. Really wrong. She was so black
she scared me.

so that のthatがないバリエ。
Sweetness
BY TONI MORRISON
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/09/sweetness-2

ここのところ文体を吟味しようと努力しているが、
それなりに実感できることも多くなった。この
トニモリスンも、平易さと上手さをはっきりと
感じることができる。
コメント1件

102
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 06:52:58  ID:sMA7VTzP.net(11)
【sockpuppeting = 自作自演?】

今日の、他の人の書いた英文から知った単語。sockpuppeting は、「自作自演」に似た
意味があるらしい。Google Books により、出版された書籍からの例文を拾った。

Several authors have been embarrassed to be caught using fake online identities
to praise their own efforts and lambast rivals, something known as “【sockpuppeting】.”
https://www.google.com/search?q=%22something+known+as+sockpuppeting%...;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

103
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 07:42:35  ID:sMA7VTzP.net(11)
>101
Toni Morrison の書きたてほやほやのその文章。まだ冒頭の20行ほども
読まないうちに、唸ってしまった。前々からこの作家の名前はよく
知ってたし気になってはいたけど手が付かなかった。彼女の本が買いたくて
たまらなくなり、貧乏な癖にまたもや2冊も注文してしまった。

著作権がもちろんまだ存続しているから、古典と違って値段が張る。ペーパーバックでも
1冊が2,000円くらい。でも幸い、僕の大好きな布張りハードカバーの
Everyman's Library 版でも一冊が2,000円くらいだった。それだけ安かったのは、
ほんの1年ほど前の円ドルレートによるものだからだ。今を逃すと
5割くらい高いものを買わされることになるので、急き立てられるように
今日のうちに発注しようという気になった。

Toni Morrison の本の背文字をチラホラ見ていて、"Burn This Book" という
タイトルが衝撃的だったので、その本の解説を読んでいて、単なる解説に
またもや唸った。言い古されたことを繰り返して言っているに過ぎないけど、
このようなことは、何度でも繰り返して述べられねばならぬ。特に純文学が
遊びや娯楽に過ぎないから本気で取り組むには値しないと考える風潮が
ますます色濃くなっている昨今であれば、余計にこのような主張は繰り返され
ないといけない。特に重要な箇所に【  】をつけておく。

"Burn this Book" is a powerful collection of essays that explore the meaning of censorship,
and 【the power of literature to inform the way we see the world, and ourselves】
(中略)
Nadine Gordimer discusses the role of the writer as observer, and as someone who sees
"what is really taking place."
(中略)
ultimately concluding "【Literature has been and remains a means of people
rediscovering themselves.】"

http://www.amazon.co.jp/dp/0061774006/

104
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/04 08:10:53  ID:UvYP8iDt.net
英語上達のコツ
1.わかった気にならないこと
2.ほんとうにわかったかどうか検証すること
3.和訳したものを書いてみる
以上のことを地道に続ければ十年後くらいにはものになるだろう

105
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 12:47:25  ID:sMA7VTzP.net(11)
【I'm still *the* bad parent being punished forever." -- Toni Morrison】

The New Yorker に掲載された例の Toni Morrison の文章の軽快さ、美しさ、
それでいて痛々しいことこの上ない会話調の独白を2度、読んだ。平易なる
ことこの上ないが、それでも、細かい部分まで味わおうとしたら辞書を
引きながら読まねばならないほど英語力が不足していることが
哀しい。

63歳の女性が別の人に語りかけているかのような軽快な語り口。読者に
向けて本当に語りかけているかのようなこの調子は、太宰治に似ている
かもしれない。全般的に知的な感じのする言葉づかいだけど、
途中、ほんの5回ほど、わざと黒人っぽく非標準の英語をしゃべる。

そのまま書き言葉としても使えそうな文体だけど、たまに you を使って、
目の前にいる一人の人に語りかけていることを匂わせている。
さらに、スラングではないけど、口語そのものと言った感じの文体が
あちこちに見られる。長文と短文とが入り混じる。短文は、ほんの
2語だけのセンテンスだったりする。それが適度に混ざって、小気味よい。

最後の方で、下に示すような一節がある。【 】の中が the になっている。
これは、語り手が育てた娘にとって自分は悪い親にしか見えていないという
ことを感じていて、自虐的に語っているのだが、a ではなく the であることに
注目したい。

確かに、この短編の前の方からすでに述べられているように、
「死ぬまで恨まれる悪い親」なのだから the ということでよいのだけど、
それでもやはり、僕がこういう英文を書く時には a と書いてしまいそうだ。

I’m still 【the】 bad parent being punished forever till the day I die
for the well-intended and, in fact, necessary way I brought her up.
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/09/sweetness-2

106
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 13:52:28  ID:sMA7VTzP.net(11)
【Lula Ann を she と呼んだ直後に、その人を you と呼ぶ】

Now 【she’s】 pregnant. Good move, Lula Ann. If 【you】 think mothering is all cooing,
booties, and diapers you’re in for a big shock.
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/09/sweetness-2

これも、さっきの Toni Morrison の文章の最後の方の一節。語り手の娘は Lula Ann
という名前なんだけど、この一節ではまずは娘を she と呼んで客観的に語り、その
直後には Lula Ann と名指しで呼びかけ、そのあと you と言って、娘に直接に話しかけ
ている。

このようなことは、英文を読むだけならまるで問題ないが、これに似た文章を英文でゼロから
書く時には、「はて、この場合は she と書けばいいのか?それとも you と書いて相手に
直に語りかけるような英文を書けばいいのか?」と悩んでしまうところだ。

上記の一節に関しては、発想が、日本語も英語もほとんど同じらしいということが伺われる。

107
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 14:14:01  ID:sMA7VTzP.net(11)
【Toni Morrison の "Sweetness"】

"The New Yorker" の最新号に掲載されたこの短編は、冒頭が実に小気味よい。
そして平易なることこの上ない。ネイティブなら、小学生でも読めるんじゃないだろうか?
さらには、最初の数行ですでに、語り手とその娘との数十年の関係を見事に
凝縮している。実に哀しく、痛々しい物語だ。


It’s not my fault. So you can’t blame me. I didn’t do it and have no idea how it happened.
It didn’t take more than an hour after they pulled her out from between my legs
for me to realize something was wrong. Really wrong. She was so black she scared me.
Midnight black, Sudanese black.
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/09/sweetness-2

語り手の口調は、概して知的であり、文法的な破格もなく、整然とした語り口だ。
でも、僕が見つけたところでは、5か所だけ African-Americans や方言や
一部の若者に見られる非標準的な英語が見られる。

(1) 【Ain’t nobody】 in my family anywhere near that color.
(2) yet 【her hair don’t】 go with the skin. I
(3) I 【ain’t never】, ever fooled around with another man.
(4) 【She don’t】 call or visit anymore.
(5) I 【ain’t seen】 her in I don’t know how long.

さらに、非標準の英語ではないが、きわめて口語的な言い回しがある。

(6) Taught me a lesson. (主語の省略)
(7) Had to. (主語の省略)

(続く)

108
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 14:23:32  ID:sMA7VTzP.net(11)
【続き: Toni Morrison の "Sweetness"】

全般的に、一人の聞き手に対して話しかけているような口調が見られるが、
特にそのように思える箇所を列挙してみる。

(8) 【Oh, yeah】, I feel bad sometimes about how I treated Lula Ann when she was little.
(9) But 【you】 have to understand: I had to protect her.
(10) I wasn’t a bad mother, you have to know that, but (以下、略)

本質的に同じことを三度も繰り返して、言いたいことを強く強調しているところもある。

(11) Her color is a cross she will always carry.
【But it’s not my fault. It’s not my fault. It’s not.】

きわめて口語らしく、1語から3語くらいに短く切った文をあと二つだけ列挙する。

(12) At first I couldn’t see past all that black to know who she was and just plain love her.
【But I do. I really do.】 I think she understands now. 【I think so.】
(13) Or the times I shouted when she stumbled or dropped something. 【True.】

(続く)

109
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 14:31:05  ID:sMA7VTzP.net(11)
【その3: Toni Morrison の "Sweetness"】

この短編の全体を通して、語り手がいかにアメリカでの黒人差別をひしひしと感じとって
傷ついてきたかということ、そしてそんな社会において肌が真っ黒な娘が生き延びられる
ようにしつけるためにいかに苦労したか、そしてその中でいかなる失敗をしてきたかを
語っている。African-Americans がどのような差別を受けているかについて語り手が
語っているエピソードを、ここで二つだけ紹介しておく。

(14) When she (語り手の母親) and my father went to the courthouse to get married, there were
two Bibles, and they had to put their hands on the one reserved for Negroes.
The other one was for white people’s hands. The Bible! Can you beat it?

上記の (14) の話は、次のようなものだ。語り手の母親は黒人の血を引いてはいるが
肌が真っ白なので白人のふりをしていてもばれずに済み、裕福な白人たちの家政婦として
働いていたときも、入浴の時に背中を流してくれと頼まれるくらいに、通常の黒人とは
まったく違った特別な扱いを受けていたのだが、そんな肌の白い母親でさえ、結婚式のときは、
黒人専用の聖書に手を置かねばならなかった。隣にある聖書は、白人専用だったのだ。

(15) How else can we avoid being spit on in a drugstore, elbowed at the bus stop,
having to walk in the gutter to let whites have the whole sidewalk, being charged
a nickel at the grocer’s for a paper bag that’s free to white shoppers?

以上、Toni Morrison の文章の出典はすべて、以下の通り。
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/09/sweetness-2

110
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 18:58:51  ID:sMA7VTzP.net(11)
【"understand (a situation) fully" という意味での appreciate】

"Wuthering Heights" では、僕のよく知っているものとは別の意味で
appreciate という単語が使われている。

(1) By this curious turn of diisposition I have gained the reputation of deliberate
heartlessness, how undeserved I alone can 【appreciate】.
  ("Wuthering Heights," Chapter 1, Everyman's Library, p.5)

(2) The distance from the gate (of Wuthering Heights) to the (Thrushcross) Grange
is two miles: I believe I managed to make it four; what with losing myself
among the trees, and sinking up to the neck in the snow, a predicament
which only those who have experienced it can 【appreciate】.
  (ibid., Chapter 3 の最後の方、Everyman's Library, p.35)

  ★appreciate の ODE(一巻本)による定義
  understand (a situation) fully; grasp the full implications of
  例文:
    (1) They failed to 【appreciate】 the pressure he was under.
    (2) I 【appreciate】 that you cannot be held totally responsible.
  (ODE, Third, 2010)

111
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 19:48:04  ID:sMA7VTzP.net(11)
【Heathcliff is close-handed. --- "Wuthering Heights"】

close-handed という古い言葉が出てきて、POD, ODE(一巻本)には載っていない。

"Rich, sir!" she (= Nellie Dean) returned, "He (= Heathcliff) has, nobody
knows what money, and every year it increases. Yes, yes, he's rich enough to
live in a finer house than this; but he's very near -- 【close-handed】; and (以下略)."

("Wuthering Heights," Chapter 4 冒頭あたり、家政婦 Nellie Dean が
ロンドン出身の Mr Lockwood に Heathcliff やその周辺の人について
長話をし始める場面。Everyman's Library, p.37)

close-handed
1. = close-fisted adj. arch. or Obs.
(OED online)

上記のように、close-handed は archaic word だそうだ。そこで
close-fisted という単語を引く。

close-fisted
a. That keeps the hand tightly shut; usually in the fig. sense of:
Loath to give, stingy, niggardly, miserly, penurious.
The opposite of open-handed.
(OED Online)

というわけで、close-handed (close-fisted) は「手や拳を閉じている」すなわち
ケチという意味。それは open-handed の反対語だということだ。
コメント1件

112
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/04 21:08:22  ID:mFXjl+iY.net
>111
Wiktionary

Etymology

close +‎ handed

Adjective[edit]

closehanded (comparative more closehanded, superlative most closehanded)
1.covetous; penurious; stingy

私はよくWiktionaryを使います。
コメント1件

113
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 21:22:55  ID:sMA7VTzP.net(11)
>112
ありがとうございます。僕も、ときどきだけど、Wiktionary を使っています。

114
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/04 22:07:55  ID:sMA7VTzP.net(11)
【幼い Heathcliff が Earnshaw 家に紹介される場面 --- "Wuthering Heights"】

Chapter 4 では、Earnshaw 家や Heathcliff 家の家政婦として何十年も
働いてきた Nellie (Ellen) Dean が、ロンドン出身の Mr Lockwood に
昔話をし始める。

40年ほど前、Mr Earnshaw は歩いて Liverpool へ行った。買い物や商売の
ためだろう。3日間、歩きに歩いて自宅と Liverpool とのあいだを往復し、
疲れ切って帰ってきた Mr Earnshaw は、なんと、全身が汚れた、髪の毛が
黒い gypsy の男の子(a dirty, ragged, black-haired child) を連れ帰ってきたのだ。
おそらくは gypsy の言語である Roma 語を話していたらしいが、家族のものには
その言語は gibberish にしか聞こえない。

この男の子を Mr Earnshaw はどういうわけか気に入って、使用人として
迎え入れたのだ。Mr Earnshaw はその子を、Heathcliff と名付けた。
なお、この子は black-haired と書いてあるが、日本人が自分たちを
「黒髪」だと思っているけど、これは実は black-haired ではなく brown-haired
だそうだ。少なくとも、あるヨーロッパ人が、生粋の日本人である僕の髪を
brown だと言っていた。black-haired なのは、たとえば Pakistanis などだそうだ。

この Heathcliff も、もし本当に gypsy なのだとしたら、インド亜大陸
(Indian Continent) に住んでいた黒髪の民族が長い年月をかけてはるばる
ヨーロッパへ、さらには England へと移り住んできた民族の一人なのだろう。

gypsies の歴史などについても、いずれは詳しく勉強したいと思う。ヨーロッパの
歴史や社会背景の重要な一部だからだ。

115
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 07:14:26  ID:8hPHaHAf.net(9)
【"to fashion to do something" = "to have the effrontery to do something"
 -- "Wuthering Heights"】

"Wuthering Heights" には、"to fashion to do something" という Yorkshire 方言が
出てくる。「あつかましくも〜する」という意味だ。それがわかっていないと、
この小説に出てくる方言丸出しの言葉がまるでわからなくなってしまう。

fashion
5 c. intr. To bring oneself, ‘have the face’ (to do something).  dial. (Cf. quot. a1616 at sense 5a.)

(1) 1847 E. Bronte Wuthering Heights I. ii. 28
Aw woonder hagh yah can 【faishion】 tuh stand thear i' idleness.

●上記 (1) は、"Wuthering Heights" に出てくる年老いた厳格なクリスチャンの男性使用人の台詞。

(2) 1847 E. Bronte Wuthering Heights I. iv. 78
She did fly up?asking how he could 【fashion】 to bring that gipsy brat into the house.

●上記 (2) は、"Wuthering Heights" の Chapter 4 の冒頭付近で、幼い Heathcliff を
Liverpool で拾って、家まで連れ帰ってきた Mr Earnshaw に対してその妻が言う台詞。

(3) 1883 T. Lees Easther's Gloss. Dial. Almondbury & Huddersfield
‘Why don't you go and ask him for it?’ ‘I cannot 【fashion】’.

(OED Online)

そしてこの "to fashion to do something" という言い回しは、次の Shakespeare の
文章に出てくる fashion と関連があると OED には書いてある。

a1616 Shakespeare Two Gentlemen of Verona (1623) iii. i. 135
How shall I 【fashion】 me to weare a cloake?
コメント1件

116
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 07:24:27  ID:8hPHaHAf.net(9)
>115 の最後に引用したこの Shakespeare の書いた台詞
  How shall I 【fashion】 me to weare a cloake?
は、「どうすれば私は cloak が着られるようになるだろうか?」というような
意味だと思う。このような例に見られる fashion という言葉の意味について、
OED には、次のように書いてある。

fashion
5. a. To give (a person or thing) a fashion or form suitable to or to do (something);
to accommodate, adapt to. Also refl. and intr. for refl. Now rare.
(OED Online)

fashion はもともと「仕方、やり方」という意味だから、それを動詞にして、このように
「(人に)(何か)を行うのにふさわしいやり方や形を与える」つまり「(人や物)を
(何か)に適合させる、それにふさわしいものに変える」というような意味になっていった
らしい。

こういうところでも Shakespeare が引用されていて、Shakespeare のその
脚本を開いてこの該当箇所の前後を読んでいるうちに、またもや Shakespeare が
読みたくなってきた。わかろうがわかるまいが、ともかくいずれ、その脚本すべてを
読んで、全作品の荒筋だけでもつかみ、その古い英語の大雑把な文法と古い
単語の大雑把な特徴をつかんでおけば、あとでどこかで引用されても、その世界に
入って行きやすくなるはずだ。

117
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 08:06:02  ID:8hPHaHAf.net(9)
【14回も it と呼ばれた幼い Heathcliff -- "Wuthering Heights"(嵐が丘)】

Chapter 4 の冒頭付近では、Mr Earnshaw が Liverpool にいるあいだ、幼き Heathcliff
が往来でたった一人でいて、その親や保護者がどこにいるのかもわからず、
住まいがどこだとか、名前も何もわからない状態にあることに気づいた。
さらには、Heathcliff は英語が一言も話せなかった。おそらくは gypsies たちの
話す Roma 語しかしゃべれなかったのだろう。こんな子をこのまま飢え死にさせて
おくことはどうしてもできないと思った Mr Earnshaw は、再びまる1日ほど歩いて
Yorkshire の自宅にその子を連れ帰ることにした。

Earnshaw 家では、Mrs Earnshaw も子供たちも、全員が Heathcliff を嫌った。
第一、さほど裕福でもなく、すでに子供を抱えていてその子たちを食べさせて
いかないといけないのに、またもや見ず知らずの、しかも gypsy の子を連れ帰って
来るなんて、どういう了見なのか、気でも狂っているのか、と妻は怒るばかり。
Mr Earnshaw は、寝る場所がないから、その子を自分の実の子供たちの部屋で
寝かせようとする。

しかし子供たちはそれを断固として拒否するだけでなく、Catherine に至っては
Heathcliff に唾を吐きかけるほどだ。Heathcliff は子供部屋の外の階段で
一夜を過ごそうとしていたが、Mr Earnshaw の気配を感じてその部屋の前で
寝る。朝になって Heathcliff がそんなところにいることを知った Mr Earnshaw は
怒り、何の手だても尽くさなかった家政婦 Nellie Dean を叱りつける。

(続く)
コメント1件

118
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 08:12:06  ID:8hPHaHAf.net(9)
>117 の続き 【14回も it と呼ばれ続けた Heathcliff】

そして Mr Earnshaw は彼を Heathcliff と名づけるに至るのだが、それまでの間の
いきさつを話す家政婦 Nellie Dean が Heathcliff のことを言うたびに he ではなく
it と言っている。しかも 14 回も it と呼んでいる。it と呼ばないときには、普通名詞
で彼を呼んでいる。すなわち、
  (1) a dirty, ragged, black-haired child
  (2) that gypsy
  (3) the stranger
  (4) the stupid little thing
と呼んでいるのだ。このように、家に連れ帰って来られたばかりで名前もつけられ
ていない Heathcliff が it と 14 回も呼ばれていることは、まさにこの家で
いかに最初は冷たくあしらわれていたかということ、そして Earnshaw 家の人々が
いかに Heathcliff に対して違和感を感じていたかを表していると思う。それにしても、
赤ん坊でさえ it と 14 回も呼ばれ続けている場面を僕は小説や映画の中で
出会ったことがなかった。

ここで思い出すのは、
  A Child Called 'It' (It と呼ばれた子)
という本だ。
http://www.amazon.co.jp/dp/0752837508/

この本を僕は読んだことがない。でも、両親から完全に無視されて育ち it と呼ばれ
続けて傷つき続けた子供が、後になって social worker のような人から人間として
初めて扱われ、その心の傷を癒していく実話が描かれているそうだ。

この A Cild Called 'It' の話と、Heathcliff が最初は 14 回も it と呼ばれた話とを
考えあわせると、やはり、愛情をまるで感じていない相手に対しては、英語圏の人は
it と呼び続けるものだということがよくわかる。

119
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 08:31:12  ID:8hPHaHAf.net(9)
【"Wuthering Heights" に出てくる登場人物や地名の味わい】

"Wuthering Heights"(嵐が丘)に出てくる登場人物の名前や地名も、味わい深い。
すべての地名や人物名を解明したわけではないけど、そのいくつかだけはわかる。

●(1) Wuthering Heights

小説の題名にもなっているが、Heathcliff の家の名前が Wuthering Heights だ。
この名前については、小説の冒頭付近にはっきりと次のように書いてある。

Wuthering Heights is the name of Mr Heathcliff's dwelling. "Wuthering"
being a significant provincial adjective, descriptive of the atmospheric
tumult to which its station is exposed, in stormy weather, Pure, bracing
ventilation they must have up there, at all times, indeed: one may guess
the power of the north wind, blowing over the edge, by the excessive
slant of a few, stunted firs at the end of the house; and by a range of
gaunt thorns all stretching their limbs one way, as if craving alms of
the sun. Happily, the architect had foresight to build it strong: the narrow
windows are deeply set in the wall; and the corners defended with large
jutting stones.

("Wuthering Heights," Emily Bronte; Chapter 1 冒頭付近、
  Everyman's Library, p.2)

上記の一節も実に美しく、暗記したくなるほどだ。さて、あとで Heathcliff や
Thrushcross Grange という固有名詞についても触れたい。
コメント1件

120
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/05 08:36:01  ID:8w5WryDk.net(2)
なぜ味わい深く美しいと思えるのか、説明してみよう

121
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 10:24:24  ID:8hPHaHAf.net(9)
【Wuthering という言葉について --- "Wuthering Heights"(嵐が丘)】

僕は、今の今まで、この小説の wuthering が weathering という標準語の方言版だと
思い込んでいた。

★weathering, adj.
That wears away or disintegrates through the action of the weather.

1855 C. Kingsley Glaucus 21
Syenite usually does so in our damp climate, from the 【‘weathering’】 effect of frost and rain.

1860 J. Tyndall Glaciers of Alps i. xxi. 148
The cliffs of the Breithorn are much exposed to 【weathering】 action.

1892 in A. E. Lee Hist. Columbus (Ohio) I. 676
The uses of the clays derived from the 【weathering】 shale are only in their infancy as yet.

1912 Hibbert Jrnl. Oct. 106
What we call changing physical objects -- 【weathering】 hills or ageing suns.

(OED Online)

そのような理解でも間違いとは言いきれないのかもしれないが、OED Online で見る限り、
weathering の変化形として wuthering という形もあるとは書いていない。一方、
whithering という別の単語には、wuthering という形も variant として存在すると書いている。

(続く)

122
momi ◆pJfmDqWDTI [sage]   投稿日:2015/02/05 10:28:05  ID:0/HVedMC.net
Here’s a phrase you don’t read much nowadays: brown study.
http://www.theparisreview.org/blog/2015/02/03/golden-brown/
現代では、brownからgloomyをイメージすることは難しい。

http://www.theparisreview.org/blog/2014/01/03/truth-in-advertising/
去年の冬の記事だが、センスのいい看板。

http://www.theparisreview.org/blog/2015/02/04/readings-journey-from-chore-t...
からリンクされている記事が以下。アメリカでEnglish majorsが減り続けているという事例の紹介。
http://www.slate.com/articles/life/inside_higher_ed/2015/01/englis...

123
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 10:34:00  ID:8hPHaHAf.net(9)
続き 【wuthering という言葉について】

★whither (verb)
Forms: ME quhedir, quhethir, qwedyr, ME?15 quhidder, 15 quhiddir; 15?16, 18 whidder,
17?18 whedder, whuther, 18 whudder, 【wuther】, 17? whither.

Sc. and dial.
1. intr. To move with force or impetus, to rush; to make a rushing sound, to whizz;
to bluster or rage, as the wind.
2. To tremble, shake, quiver.
3. trans. To strike or beat forcibly; to throw violently.

上記の Forms(歴史的な形態変化)の欄に、はっきりと、whither の variant として
wuther という形もあるということを示している。

なお、quhethir という形などに qu- という
音(そして綴り)が見られることにも注意したい。印欧語比較言語学(comparative linquistics
of Indo-European languages) をかじっていればよくわかるが、h- とか hw- という音は
qu- とか kw- という音や綴りと関連があり、相互に入れ替わりやすい。この whither
という単語においても wh- という音が quh- などという音に入れ替わっていることが
わかって、とても面白い。そしてそのような傾向は、Scotland を初めとする the Britrish Isles の
北部で見られるのだ。"Wuthering Heights" の舞台である Yorkshire も、Scotland に近い
England 北部だ。

この whither (wuther) という単語の変化形として、次のような形容詞がある、と
OED Online には書いてある。

★ ?whithering adj. (also 【wuthering】, etc.) rushing, whizzing, etc.;
also, very large or vigorous (cf. thumping adj., whopping adj.).

(OED Online)

124
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 15:12:19  ID:8hPHaHAf.net(9)
>119  【"Wuthering" という単語についての小説内の説明】

僕なりに訳してみる。

(1) Wuthering Heights is the name of Mr Heathcliff's dwelling.
  Wuthering Heights(嵐が丘)とは、ヒースクリフさんの住まいの名前だ。

(2) "Wuthering" being a significant provincial adjective,
  "Wuthering" というのは、方言としての形容詞できちんと意味を持っており、

(3) descriptive of the atmospheric tumult to which its station is exposed, in stormy weather,
  嵐の吹く日に屋敷を取り巻く大気の荒れ具合を表す言葉なのだ。

(4) Pure, bracing ventilation they must have up there, at all times, indeed:
  実際、そこでは常に体験するはずの清らかで爽やかな風通しのことを言っているのだ。

(5) one may guess the power of the north wind, blowing over the edge,
  屋敷の端を吹きすさぶ北風の威力がどれほどかを知ろうと思えば、

(6) by the excessive slant of a few, stunted firs at the end of the house;
  屋敷の端に立っている少数の、生育しきっていないモミの木が傾きすぎていることや、

(続き)
コメント1件

125
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/05 15:12:58  ID:8hPHaHAf.net(9)
>124 からの続き

(7) and by a range of gaunt thorns all stretching their limbs one way,
  並んでいるやつれたトゲの数々がみんな一方に手足を伸ばして、

(8) as if craving alms of the sun.
  まるでお日さまからの施しを乞い願っているかのように見える様子を見ればいいかもしれない。

(9) Happily, the architect had foresight to build it strong:
  幸い、屋敷を作った人は先見の明があって、丈夫に作ってくれている。

(10) the narrow windows are deeply set in the wall;
  狭い窓は壁に深く埋め込んであり、

(11) and the corners defended with large jutting stones.
  角っこは、突き出た大きな石で守ってあるのだ。

("Wuthering Heights," Emily Bronte; Chapter 1 冒頭付近、
  Everyman's Library, p.2)

126
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/05 17:03:10  ID:8w5WryDk.net(2)
和訳してみて大意を掴んだら原文を音読してみよう
発音に自信のない場合は無料のオーディ・テキストなどを利用
そして、ほかの部分とどこがどう違っているのかを考えてみよう

127
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/06 14:02:57  ID:9pmumM7r.net(2)
【singular they が "Wuthering Heights" にも?】

someone などを代名詞で受けるときは、昔は he が一般的で、そのあとは he or she
となり、最近は they で受けることが多くなった。これをもちろん singular they と
呼ぶが、singular they をもしかして "Wuthering Heights" の中でも使っているのだろうか?
もしかしてそうかもしれない箇所を見つけた。

"And who showed you up to this room?" he (= Heathcliff) continued, (中略)
"Who was it? I've a good mind to turn 【them】 out of the house, this moment!"

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3 の半ば、
  Everyman's Library, p.29)

上記の一節は、ロンドンから来た Mr Lockwood が Heathcliff の家で一夜を過ごす
ことになり、太っちょの家政婦 Zillah の案内によって一つの部屋に通されたのだが、
そこで寝ているうちに Lockwood は20年前に死んだ Catherine の亡霊に悩まされる。
恐怖のあまり大声を出してしまった Lockwood のところに駆けつけた Heathcliff が、
「何事だ?そもそも誰がこの部屋にあなたを通したのか?そいつ(そいつら?)を
追い出してやる!」と怒り心頭だ。

Heathcliff は、この部屋に Lockwood を案内するのは家政婦だと考えたはずだが、
しかしもしかしたら男の Joseph か Hareton が案内したと考えたかもしれない。
いずれにしても、二人が同時に Lockwood をその部屋に案内したとは考えにくい。
だからこの them は複数の人ではなく、やはり一人の人を指しているはずだと
考えるのが普通だ。しかしその部屋に案内した一人の人が男か女かは
定かでないと Heathcliff は考えていただろう。そこで him でもなく her でもない
them を使ったのだろうか?果たして、この時代、つまりこの小説の舞台である
1801年の段階(あるいはこの小説を Emily Bronte が書いた1847年あたりの段階)
では、すでに singular they が口語あるいは方言に於いては使われていたのだろうか?

128
momi[]   投稿日:2015/02/06 14:35:36  ID:bWdaQK3V.net
その例と完全に重なるか不明だけど、
MWDEUのp901にsingular theyの昔の
用例がありますよ。
コメント1件

129
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/06 15:04:12  ID:9pmumM7r.net(2)
>128
ありがとうございます。その本は momi さんの奨めに従って買ってあったので、
さっそく見てみました。さらには、この本に書いてあることの一部は、
Wikipedia の "singular they" の項目にも紹介されていることがわかりました。

それにしても、singular they は最近数十年間の傾向であって、昔は
someone とくれば he に決まっていたのだと思い込んでいました。
Merrriam Webster's Dictionary of English Usage には、これを he
とすべきだと主張してそれを流行させたのは 18 世紀の文法家たちだった
んですねえ。
コメント1件

130
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/06 21:20:53  ID:txui7mS7.net
>129
LDOCE
grateful adjective

1.feeling that you want to thank (someone) because of something kind that (they) have done, or showing this feeling [≠ ungrateful]

131
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/07 09:20:17  ID:LuL4cASq.net
Our adieux were limited to a hasty bow.

132
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/07 10:18:26  ID:ZUJEzN/G.net(2)
【アメリカの学校が提供する抱腹絶倒の、しかし音楽として美しくもある歌】

ここは洋書スレだから歌を紹介するのは少しずれるが、歌詞もやはり英文なので、
勘弁してほしい。あまりにも面白く、それでいて音楽として美しくもある歌を収録
したビデオを見つけた。

Moses Brown - School Is Closed
https://www.youtube.com/watch?v=OjE72Q8s8wo

上記の歌は、アメリカの Providence にある Moses Brown School という
学校が提供している歌のビデオ。「今日は雪が深いから、学校は休みです」
という学校側から生徒や保護者に対する告知という形を取ってはいるが、
抱腹絶倒。僕は、一度これを見ただけで、少なくとも10回は大声で笑った。

歌声はプロだが、それに合わせて身振りや豊かな表情で演技しているのは、
なんとこの学校の校長。Matt Glendinning, Moses Brown Head of School。
学校の校長が(教育者の割には)イケメンで、楽しいこときわまりない。
やはりアメリカというところは、教育者でさえショービジネスの才能がないと
生き残れないのだろうと思わせる。時間があれば、あとでこの歌を聴き取り、
すべてを書き取ってみたい。
コメント2件

133
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/07 10:29:56  ID:ZUJEzN/G.net(2)
>132 で紹介したビデオでの歌声の主も、何とこの学校の音楽教師だった。

http://www.bostonglobe.com/lifestyle/2015/01/27/providence-school-head-y...

上記の新聞に、このビデオについての記事がある。これを見ていて思い出すのだが、
アメリカでは宗教の世界までもがショービジネス化していると言っても過言ではない
と思う。キリスト教の教会で牧師が、芸能人そのものの説教の仕方をするし、
礼拝のあとに行われる讃美歌は、ショービジネスそのものと言っていいくらいに
楽しいこときわまりない娯楽になっている。これがいいことか悪いことかなどと
云々するつもりはないが、世界の中でともかくアメリカは独自の路線を走っている。

134
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/08 09:43:00  ID:ZjWH7R1/.net
It’s a cuckoo’s, sir.
コメント1件

135
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/08 11:11:04  ID:K9IP9IiK.net(3)
>134
>>"It's a cuckoo's sir."

それは "Wuthering Heights" の中で、ロンドン出身の Mr Lockwood が家政婦 Nelly Dean
に対して、「Heathcliff さんについて何か教えてくれ」とせがむと、開口一番に
Nelly が言う台詞。僕はこの台詞の意味が辞書には載っていないので、ろくに
調べようとも思わず、おそらくは「それは内緒の話だけど、みんな知ってます」という
程度の意味だろうと思っていた。

今、検索してみて、初めてその意味を知った。次の通り。

A cuckoo is a bird famous for laying its eggs in other birds' nests and throwing out
the real chicks. The comparison with Heathcliffe's upbringing is described
The comparison of Heathcliff and the cuckoo bird is hardly unintentional. ...
The cuckoo leaves its child to the care of a random bird, typically a different species
entirely. Cuckoos have no nurturing instinct; they just birth the egg and abandon it forever.
Bronte was trying to symbolize Heathcliff’s orphanage by comparing him to a cuckoo.
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2440130
コメント1件

136
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/08 14:15:07  ID:K9IP9IiK.net(3)
>132  【アメリカの学校が提供する抱腹絶倒の歌唱ビデオの書き取り】

Moses Brown - School Is Closed
https://www.youtube.com/watch?v=OjE72Q8s8wo

The snow goes white on Route 95
Not a tire track to be seen
We couldn't make you come to school
But that wouldn't just be me
The ploughs are running
But still traffic starts to slide
So don't come to school
Just stay inside
Don't come to school
Here I am he(???)
Today the snow has said you'll freeze
To no school just stay at home
You can stay at home
School is closed
School is closed
'Cause it snowed so much last night
School is closed
School is closed
So stay at home and sit tight
Stay inside
Or go hot and play
???
The cold never bothered me anyway
Snow need have some snowflakes
Can bring things to and fro
And the streets that once flowed smoothly
(続く)
コメント2件

137
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/08 14:15:48  ID:K9IP9IiK.net(3)
>136 の続き 【抱腹絶倒の歌唱ビデオの書き取り】

Become entangled ???
It's time for ???
To be that engaged in ?? go to
Today no Moses ground for me
I'm free
School is closed
School is closed
Because the snow is too deep
School is closed
School is closed
You can stay in bed and sleep
Here I'll snooze and
Here I'll stay
Let the storm raid come
Let the flurry through the air into the ground
Well, Dr. Kruzen shows us frozen fractals all around
Though this just hits me like an icy frozen bla??
We'll soon be going back
When the storm has been back
School is closed
School is closed
Don't come to school has(???) dawn.
School is closed
School is closed
So stay at home and sleep ???
At home you'll sit
There's no school today
Let the storm raid down
The cold never bothered me anyway
(End)


138
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/09 00:46:42  ID:fbB9xVKS.net(2)
>135
普通に次の文を読めば調べるまでもないことだな
And Hareton has been cast out like an unfledged dunnock!

I let her know.

139
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 07:21:49  ID:m6C3QSmW.net(9)
>136
この歌詞を正しく書き取ったものを紹介したサイト。
ただしこれは、僕が見つけたのではなく、
他の人が知恵袋で見つけてくれた。

http://alic152.blog123.fc2.com/blog-entry-1448.html

140
必殺翻訳人[sage]   投稿日:2015/02/09 11:45:28  ID:SQcUpDqQ.net
うーん、こりゃ驚いた。
確かに傑作だ。

「勝手に翻訳教室」スレで訳すことにしました。

141
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/09 13:10:42  ID:fbB9xVKS.net(2)
He's exactly like the son of the fortune-teller
that stole my tame pheasant.

142
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 19:00:37  ID:m6C3QSmW.net(9)
Let It Go  忘れよう
https://www.youtube.com/watch?v=L0MK7qz13bU

Disney 映画 "Frozen"(アナと雪の女王)の主題歌 "Let It Go" を
僕なりに訳してみる。上手な和訳がネット上でたくさん発表されて
いるだろうけど、僕なりにこの歌詞を感じ取ってみたい。

The snow glows white on the mountain tonight
  今夜は雪が山に積もって白く輝いてる
Not a footprint to be seen
  足跡は一つも見えない
A kingdom of isolation
  孤独の王国
And it looks like I'm the queen
  私はそこの女王であるらしいわ
The wind is howling like this swirling storm inside
  心の中に渦巻く嵐のように、風が吹きすさぶ
Couldn't keep it in, heaven knows I tried
  抑えきれなかった ほんと一生懸命やったのに
Don't let them in
  知られちゃいけない
Don't let them see
  悟られちゃいけない
Be the good girl you always have to be
  いつものようにちゃんとした子じゃないと
Conceal, don't feel
  隠すのよ 苦しいなんて思っちゃいけない
Don't let them know
  知られたらおしまい
Well, now they know
  でも、ばれちゃった
(続く)

143
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 19:01:24  ID:m6C3QSmW.net(9)
(その2)
Let it go!
  忘れよう
Let it go!
  忘れるの
Can't hold it back anymore
  もう抑えきれない
Let it go!
  忘れるのよ
Let it go!
  忘れるの
Turn away and slam the door
  そんなのほっといて、扉を閉めちゃえ
I don't care
  気にしないわ
What they're going to say
  みんながどう言うかなんて
Let the storm rage on
  嵐よ、怒り狂うがいいわ
The cold never bothered me anyway
  どうせ寒さはもともと平気だし
It's funny how some distance
  少し離れると
Makes everything seem small
  すべて小さく見えるのがおかしいわ
And the fears that once controlled me
  怖くて仕方なかったのに
Can't get to me at all
  もうぜんぜん平気
It's time to see what I can do
  何ができるか考える時期が来たのよ
(その3に続く)

144
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 19:02:16  ID:m6C3QSmW.net(9)
(その3)
To test the limits and break through
  限界に挑戦して突破するためにね
No right, no wrong, no rules for me
  正しいとか間違ってるとか、規則なんて私にはないの
I'm free!
  私は自由なんだから
Let it go!
  忘れるのよ
Let it go!
  忘れるの
I am one with the wind and sky
  私は風や空と一体だわ
Let it go!
  忘れるのよ
Let it go!
  忘れるの
You'll never see me cry
  絶対に涙は見せない
Here I stand and here I'll stay
  ここに立って、ここに留まるの
Let the storm rage on
  嵐よ、怒り狂うがいいわ
(その4に続く)

145
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 19:02:43  ID:m6C3QSmW.net(9)
(その4)
My power flurries through the air into the ground
  私の力が空気中を通って地面に入り込んでいく
My soul is spiraling in frozen fractals all around
  私の魂も、雪の結晶になって一面を渦巻いてる
And one thought crystallizes like an icy blast
  一つの考えが、氷みたいに冷たい突風のように結晶化していくの
I'm never going back. The past is in the past
  私はもう戻らない 過ぎたことは過ぎたこと
Let it go!
  忘れるのよ
Let it go!
  忘れるの
And I'll rise like the break of dawn
  夜明けみたいに起き上がるの
Let it go!
  忘れるのよ
Let it go!
  忘れるの
That perfect girl is gone
  例の品行方正な子に戻らなくていいの
Here I stand in the light of day
  昼の光の中に、いま立ってるのよ
Let the storm rage on!
  嵐よ、怒り狂うがいいわ
The cold never bothered me anyway
  どうせ寒さはもともと平気だし  

(終わり)

146
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 21:01:07  ID:m6C3QSmW.net(9)
>96 にて "for Linton" がどういう意味なのか分からないと書いたが、
あれからいろいろ考えて、自分なりの仮説を立て、ネイティブたちに
尋ねてみたら、僕の仮説は当たっていたようだ。

Wordreference.com における僕の質問とネイティブたちの回答
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2966304
コメント1件

147
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 21:13:08  ID:m6C3QSmW.net(9)
【you foul-mouthed thief, you! という言い回し --- "Wuthering Heights" より】

Hold your tongue, 【you foul-mouthed thief, you!】
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 6; Everyman's Library, p.55)

上記のように、you を繰り返したような罵り方をよく見たり聞いたりする。
これはけっこう面白い。引き続き、こういう言い回しに注意しながら
ウォッチングしていく。

ところで、>146 で紹介した Wordreference.com に僕は昨日から参加していて、
質問だけでなくあちこちで回答もしているんだけど、ものすごく面白そうな
人たちが多い。英語ネイティブだけでなくいろんな言語の話者たちが、
英語のみならずさまざまの言語を勉強中であり、日本語についての質問も
たくさんある。戦時中に書かれた文語調の日本語による歴史資料に
出てくる日本語表現についての質問とか、あるいは奈良時代あたりに
出てくるような古い日本語についての質問もある。

英語についての質問も、初級のものからネイティブ顔負けのかなり高度なものに
至るまである。2ちゃんねるや知恵袋は、英語について日本語で語るにはふさわしいけど、
少しでも突っ込んだ話になると、どうしてもネイティブの助けを得ないと
いけないので、こういうサイトは助かる。

さらに、単なる薄ら馬鹿のネイティブではなく、本格的に日本語などを勉強している
英語ネイティブもたくさんいるようだし、彼らが英語についての質問に答えるときは、
本格的な文法用語を駆使して答えてくれている。

148
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 21:27:28  ID:m6C3QSmW.net(9)
【Oxford University での遠隔者向けの文学講座】

前にも紹介したけど、Oxford University では、少し料金は高いけど、
きちんと教授による指導の元で英文学などをネット上で勉強できる講座が
ある。Cambridge などでも行われているが、Oxford の方がはるかに
充実していると僕は感じる。いずれこれに参加したいと思っている。

でも、参加者はほとんどがネイティブまたはそれに近い英語力と
英文学についての深い造詣を持った人たちだと想像する。
だから、そういうところに入り込んでも金の無駄遣いになってしまわないように、
じっくり準備したいと思う。そのためにも、古典的な英文学の作品を
できるだけたくさん、できるだけ深く読み込んでいかないといけない。

たとえば Emily Bronte についての講座については、次のリンク先で解説されている。
https://www.conted.ox.ac.uk/courses/details.php?id=Q200-269&;search=&submitbutton=Search&multisearch=single&search_type[]=100

一人の教授による指導の下でのほんの10週間のネット上での話し合いを中心とする講座で、
その具体的な内容は、次の通り。

1. Bronte lives and myths
2. Reading the Brontes
3. Charlotte Bronte: structure and themes of Jane Eyre
4. Charlotte Bronte: contexts of Jane Eyre
5. Anne Bronte: contexts of Agnes Grey and The Tenant of Wildfell Hall
6. Anne Bronte: representations of women
7. Emily Bronte: themes and motifs
8. Bronte manuscripts and editions
9. Emily Bronte: structure and language of Wuthering Heights
10. The endings of the Brontes’ novels, rewritings, prequels and sequels, and opportunities for further exploration.

受講料は、EU 圏内の人であれば安いけど、僕ら EU 圏外の者が払う受講料は、
295 pounds だ。今のレートでは、53,300 yen くらいだ。
コメント1件

149
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/09 21:39:04  ID:m6C3QSmW.net(9)
>148 で紹介したこの講座を受けるにあたっては、次のような本を読め、と書いてある。

Recommended reading
To participate in the course you will need to have regular access to the Internet
and you will need to buy the following paperback books: ?
(1) Bronte, Charlotte --- "Jane Eyre"
(2) Bronte, Emily --- "Wuthering Heights"
(3) Bronte, Anne --- "Agnes Grey"
(4) Bronte, Anne --- "The Tennant of Wildfell Hall"
(5) Poems of the Brontes (any edition ? also available online)
(6) [selected poems]. ? Alexander, Christine, & Smith, Margaret,
(7) The Oxford Companion to the Brontes (Oxford, OUP, 2006).
The novels are listed in the order they will be studied.

なお、ここまでの紹介はすべて Bronte 姉妹についての講座についての
ものだ。英文学の講座だけなら Jane Austen や Shakespeare を含めて
13コースある。それについては、

https://www.conted.ox.ac.uk/courses/results.php?search=&;submitbutton=Search&multisearch=single&search_type%5B%5D=100&search_startdate=Starting+on+or+after+%28date%29#rightcontent

上記のページに書いてある。そして、英文学以外にも、考古学や
コンピュータなど、いろんなコースがある。日本での通信教育
に飽き足らない人は、Oxford University の通信教育を受けてみては
どうだろうか?実際に受けてみた感想を、この2ちゃんねるでいずれ
交感し合えればうれしい。外国人とならいくらでも意見交換を
する機会はあっても、日本語ネイティブ同士となると、そもそも
こういう講座を受けそうな人が限られているので、貴重だ。

150
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/10 08:47:43  ID:9SpN5EAD.net
She cut up the wing of a goose before her.

151
momi[]   投稿日:2015/02/10 09:01:33  ID:30m2v9kA.net(2)
Shih was responsible for sending out text messages to
teen-agers across the country, alerting them to various
altruistic opportunities and encouraging them to become
involved in their local communities: running food drives,
organizing support groups, getting their cafeterias to
recycle more.

R U There?
A new counselling service harnesses the power of the text
message.
BY ALICE GREGORY

alertの語義
ランダムハウスにある自覚させる、喚起する の語義がウィズダムにはなかった。

If you alert someone to a situation, especially a dangerous
or unpleasant situation, you tell them about it.
▶ He wanted to alert people to the activities of the group.

Cobuildも日本人向けではないのでしょうがないが、
触れていない。
コメント1件

152
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 10:14:07  ID:c+Ub6x58.net(6)
>151
(1) >>【alerting】 them to various altruistic opportunities

なるほど。"to alert (a person) to (something)" というと、something の部分には
a danger などが来るとばかり思ってしまうけど、上記 (1) のような気楽な状況で
も使えるんだね。

POD, ODE(一巻本)でも、やはり "to warn (someone) of a danger, a problem, etc."
というような意味のことしか書いていない。

MWALD なら、さすがに少しだけ気楽な場面を想定した定義文と例文を載せている。

●alert
to make (someone) aware of something
例文: The teacher 【alerted】 the students that tests would be given
the next day.
例文: A friend recently 【alerted】 me to the existence of a new museum
in my city.
(Merriam-Webster's Advanced Learner's Dictionary)

(続く)
コメント2件

153
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 10:14:45  ID:c+Ub6x58.net(6)
>152 からの続き

そして、OED Online では、2012年に改訂されたばかりの alert の項目において
そのような気楽な状況を想定した定義文と例文を載せている。

●alert [verb]
rare before 20th cent. (動詞としての alert は、19世紀までは稀だったとのこと)
trans. To make alert to or 【aware】 of something; to warn; to instruct to be vigilant to
do something.

例文は6つあるが、気楽な状況を想定した例文は最新のもののみ。
2002 N.Y. Times Mag. 15 Dec. 123/2
When one girl spots the prince, she..【alerts】 her gaggle of teenage friends.

なお、上記の OED Online の記述は、下記のように、ごく最近に改訂されたのだと
書いている。したがって、最新の CD-ROM(つまり第2版)よりも内容が新しい。
This entry has been updated (OED Third Edition, September 2012).

(OED Online)

154
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 10:48:23  ID:c+Ub6x58.net(6)
【My tooth is loose!】

「歯が抜けそうだ!」と言いたいとき、仮に tooth (teeth) と "is (OR are) loose" とを
使えばいいということを知ってはいても、さて、それでは

  (1) One of my teeth is loose!
  (2) A tooth of mine is loose!
  (3) The tooth is loose!
  (4) A tooth is loose!
  (5) One tooth of mine is loose!
  (6) One tooth is loose!

このうち、どれを使えばいいのかと悩みながらしゃべらないといけない。
そして、ネイティブが "My tooth is loose!" と言っているのを聞いて、
やっと「なんだ、それでいいのか」と胸を撫で下ろす。同じように
「足が痛い」というとき、「肩の調子がおかしい」とか、「ほっぺにキス」とか
「手を見せてごらん」とかいうときにも、すべて

  my leg, my foot, my shoulder, (her) cheek, your hand

などどと言えばいいらしい。もちろん、これらの leg, foot, shoulder, cheek
などについてはまったくの初出であって、いきなり手、足、頬、肩などの
話が出てきても、やはり my shoulder, your cheek, her leg などというふうに
「所有格の代名詞(my, her, your, etc.) + 単数の名詞」でよいらしいのだ。
(ほんとかいな?確かそうだったと思うけど、不安になってきた。)

ともかく、ネイティブならおそらくは3歳の子供でも間違いなくとっさに言える
だろうと思われるこういう簡単な会話においてさえ、悩むのだ。

(続く)
コメント1件

155
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 10:49:47  ID:c+Ub6x58.net(6)
>154 の続き

なお、このコメントの最初に掲げたタイトルである "My tooth is loose!" という
言葉は、次のサイトに出てきた。

   ************************

Losing baby teeth: What to expect and when

【"My tooth is loose!"】

Those words represent a big milestone in your child's life. Baby teeth have to fall out
to make way for permanent teeth to grow ? a process that lasts six or more years
from start to finish.

http://www.babycenter.com/0_losing-baby-teeth-what-to-expect-and-when_3...

156
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 11:08:02  ID:c+Ub6x58.net(6)
【You'll break your leg.】

さっきの話題の続き。「そんなところから飛び降りたら、脚を骨折するぞ」と
言いたいとき、You'll break your leg. という。one of your legs なんて
言わなくてもいいらしい。そのことを示す例文を小説の中から紹介する。

    She glanced down, quickly squeezing her eyes shut. Ten feet
  remained between her and the hard-packed dirt below, She'd surely
  【break her leg】 if she let go now. "Pull that bail beneath me. I'll jump
  down."
    It's too far. You'll 【break your leg.】"
    "Maybe I'll 【break my left leg,】" she gasped. "Together Jo and I will be
  one whole person."

     Source: "Winning The Widow's Heart" by Sherri Shackelford
     https://www.google.com/search?q=%22you%27ll+break+your+leg%22&;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl
コメント1件

157
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/10 11:14:22  ID:c+Ub6x58.net(6)
>156
ところが、有名な別の決まり文句として "Break a leg!" というものがある。
だからややこしい。"Break a leg!" という決まり文句につられてしまって、
「そんなところから飛び降りたら you'll break a leg.」と言ってしまいそうだ。

こんなふうに、理屈で考えることなく、膨大な英文を読んだり聴いたりして
頭にたくさんの言語資料のデータベースを構築し、その中から適切な
ものが瞬時に引き出せるようにするしかない。

だからこそ、映画やドラマを見まくり、洋書を読みまくる必要がある。
その一環として、僕はこの二三日、Disney の "Let It Go" の元歌や
その替え歌のビデオを見たり書き取ったりしていたし、"Wuthering Heights"
を読んだりしている。

158
momi ◆pJfmDqWDTI [sage]   投稿日:2015/02/10 12:08:57  ID:30m2v9kA.net(2)
>152
おお、ありがとう。自分はMWALD引かずにスマホで済ませていたw
コメント1件

159
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/10 20:33:08  ID:71fujVpG.net
>158
MWALD alert
to make (someone) aware of something
◾A friend recently alerted me to the existence of a new museum in my city.

160
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/11 01:55:33  ID:+7jwpTAZ.net
The soft thing looked askance through the window.

161
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/11 23:49:10  ID:PnnLnz93.net
She took the shot out of the master's fowling-piece.

162
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/12 13:43:17  ID:O6ILf6WL.net(4)
【read (a person) a lecture = a "magisterial reprimand" --- "Wuthering Heights"】

(1) Wuthering Heights -- 1847年出版
(2) 樋口一葉 -- 執筆活動は、1896年あたり
(3) 夏目漱石「こころ」 -- 1914年出版
(4) 森鴎外 -- 主な執筆は、1909-1916年あたり

漱石の「こころ」あたりは平易な日本語で書いてあるとはいえ、
「猫」はかなり凝った文体だし、鴎外も現代の日本語に比べると
かなりかけ離れたものだし、樋口一葉となるとかなり古め家悪しくなる。
しかし、樋口一葉でさえ、1896年あたりだ。"Wuthering Heights" は
それよりもさらに50年も古い。江戸時代末期だ。

江戸末期でも、堅い文体のものもあれば「東海道中膝栗毛」のように柔らかく、
現代人でも古文の知識がなくても何となくわかったような気になれるもの
もあるけど、やはり"Wuthering Heights" の出版されたころは、
今から見ればかなり古い時代だ。

前にも言ったけど、Emily Bronte とさほど違わない時代の小説と
言っても、たとえば Charles Dickens などは、少なくとも
"David Copperfield" (1850) なんてけっこう取っつきやすい英文で
書いてあるように思うし、Thomas Hardy の "Far from the Madding Crowd" (1874)
や "Tess of the d'Urberville" (1891) なども読みやすく感じる。

それに比べると、"Wuthering Heights" (1847) は、どうも読みにくく感じる。
難しく感じる単語がオンパレードだ。何となく意味の想像できる単語や
フレーズでも、現代のものからかなりかけ離れている。
コメント1件

163
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/12 13:58:49  ID:O6ILf6WL.net(4)
(続き) 
【read (a person) a lecture = give (someone) a "magisterial reprimand"
   --- "Wuthering Heights"】

And then, Mr Linton, to mend matters, paid us a visit himself,
on the morrow; and 【read the young master such a lecture】
on the road he guided his family, that he was stirred to look
about him, in earnest.

("Wuthering Heights," Emily Bronte; Chapter 6 の最後, Everyman's Library, p.58)

上記の【 】の中も、古めかしい表現ではないだろうか?
"give (someone) a lecture" という言い回しなら通常の辞書にも
載っているけど、give の代わりに read が使われているところが
古めかしく感じられる。(そんな気がしているだけかもしれないが。)

lecture
6. An admonitory speech; esp. one delivered by way of reproof or correction;
‘a magisterial reprimand’ (Johnson). Phr. 【to read (a person) a lecture】. (OED Online)

  (1) read him a lecture
  (2) give him a lecture
  (3) preach to him

この三つの使用頻度を歴史的に示したグラフがある。
https://books.google.com/ngrams/graph?content=read+him+a+lecture%2Cgiv...
+preach+to+him&year_start=1800&year_end=2000&corpus=15&smoothing=3&share=&direct_url=t1%3B%2Cread%20him%20a%20lecture%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cgive%20him%20a%20lecture%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cpreach%20to%20him%3B%2Cc0

このグラフにどれくらいの信頼性があるかは知らないけど、今のところは
少しこれを信用しておこう。これによると、三つとも使用頻度は
年月の経過と共にどんどん低くなっていくけど、特に
"read him a lecture" の使用頻度が低い。

164
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/12 15:04:33  ID:O6ILf6WL.net(4)
【美しく変貌した Catherine の帰還 -- "Wuthering Heights," Chapter 7】

Heathcliff と Catherine は二人で moor を走り回って遊ぶことが多かったが、
Chapter 6 の終わりの方では、二人で Thrushcross Grange の方まで
遠征した。すると、その家の番犬が Chatherine に噛みついてきた。
脚をひどく負傷した Catherine は、そこに住む Linton 家の人たちに
介抱され、その傷が治るまでは歩かない方がよいというわけで、5週間
ものあいだその家に留まる。Heathcliff は Linton 家の人たちから
追い出され、彼は仕方なく Wuthering Heights に戻る。彼は、
大好きな Catherine のことが心配でならない。

長い滞在期間中、外に出ないで何もしなかったので、肌も真っ白になり、
さらには洗練された趣味を持つ Linton 家の人たちからセンスのよい
きれいな服を着せてもらったりおしゃれな髪型にしてもらったりして、
美しく変貌した Catherine が Wuthering Heights に戻ってくる。
以前はずっと moor を裸足で駆け回るおてんば娘だったので、
Heathcliff と同じくらいに田舎っぽく、野卑でさえあった Catherine が
美しく洗練されて戻ってきたので、以前のように汚れたままの
田舎者である Heathcliff は、Catherine の前でおどおどする。
Catherine の目に届かないところで隠れている。いぶかしく思った
Catherine は「Heathcliff はどこにいるの?」と言う。

"Is Heathcliff not here?" she demanded pulling off her
gloves, and 【displaying fingers wonderfully whitened with
doing nothing, and staying in doors】.
("Wuthering Heights," Chapter 7; Everyman's Library, p.60)

やはり、日に当たらないで屋内にいて何もしない(力の必要な作業も家事もしない)
でいることは、妙齢の女性にとっては美しくなるための秘訣の一部なんだろうかと
感じさせる一節。ただ、現代では、170年ほど前のこの時代とは違って、炊事や洗濯に
もさほど手足を汚さなくてよいし、体力もさほどいらないので、屋内にいると太って
ばかりということになる。
コメント1件

165
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/12 15:10:41  ID:O6ILf6WL.net(4)
>164
うっかりしていた。170年前なんて言ってしまったが、それは
この小説が書かれた 1847年のことだった。しかしこの
小説の舞台は、冒頭に書いてある通り、1801年だから、
200年以上も前だ。しかも London などの大都会ではなく、
England 北部の Yorkshire の、風の吹きすさぶ丘の上の
荒野の中にある家に住む人たちの話だ。
コメント1件

166
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/12 20:24:42  ID:Hc/a+b6h.net
He's a bird of bad omen.

167
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/12 22:34:39  ID:jtAbKVWg.net
>165
Kate Bushの有名な歌に、その名もWuthering Heightsというのがあるのをご存知ですか。
白い服を着て踊るビデオクリップは、まさに恐ろし美しいですw
コメント1件

168
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/13 00:20:48  ID:giVZH7q2.net(2)
She was feeding some pigeons.


169
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 06:18:34  ID:3yCy5fL5.net(13)
>167
Kate Bush のその歌は、2年くらい前に
初めて YouTube 上で知りました。
この人は、かなり個性的な歌手ですね。

170
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/13 08:21:42  ID:giVZH7q2.net(2)
She tore the pillow with her teeth.

171
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 11:32:05  ID:3yCy5fL5.net(13)
【once in a way (= once in a while) --- "Wuthering Heights," Chapter 7】

once in a while はよく出てくるが、once in a way は見たことがなかった。
手軽な一般の辞書にも載っていないような気がする。次に示す一節は、
犬にかまれて負傷して動けなくなった Catherine が Thrushcross Grange で
5週間も滞在したあと、洗練された美しさをたたえながら Wuthering Heights
に戻ってきたけど、Heathcliff は恥ずかしがって Catherine と握手も
できないでいるのを見て、Mr Earnshaw が偉そうに「握手しなさい。
たまには、それもいいだろう」と言っている場面。

"Shake hands, Heathcliff," said Mr Earnshaw, condescendingly,
"【once in a way】, that is permitted."

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 7 冒頭付近、
  Everyman's Library, p.61)

(for) once in a way / once in a [every] while
まれに、たまに 
*Once in a while we visit the theater.
  たまに芝居を見に行きます。
(上記は "once" の項目にある例文。)

once in a way たまには
*Once in a way I don't mind it.
  たまには、それもかまわない。
(上記は、"way" の項目にある例文。)

以上、出典は「英語イディオム・句動詞辞典」、安藤貞雄。)
コメント1件

172
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 11:44:44  ID:3yCy5fL5.net(13)
>171 【once in a way (= once in a while)】

OED Online では、どのように書いているか?

way の項目で
i. once in a way: on a single (exceptional) occasion; as a solitary or rare instance;
rarely, exceptionally; quasi-adj., of rare occurrence, exceptional. Also 【for once in a way】.
This phrase would seem to be a corruption of the earlier 【once and away】,
which may have meant originally ‘once and then go away’, ‘once and no more’,
though all the instances quoted under once adv., conj., adj., and n. Phrases 3
admit of being interpreted in the sense above explained.
Cf. once in a while at once adv., conj., adj., and n. Phrases 9.

(1) 1842 J. H. Newman Church of Fathers 302,
  I must beg indulgence 【once in a way】, to engage myself in a dry
  and somewhat tedious discussion.

(2) 1853 J. L. Motley Corr. (1889) I. v. 157
  The opportunity of seeing what she could 【for once in a way】.

(3) 1858 Trollope Dr. Thorne xix,
  Now I like this kind of thing 【once in a way】.

(4) 1860 C. Reade Cloister & Hearth liii,
They agreed to take a holiday 【for once in a way】.

(続く)
コメント2件

173
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 11:45:22  ID:3yCy5fL5.net(13)
>172 の続き 【once in a way】

(5) 1891 J. M. Dixon Dict. Idiomatic Eng. Phrases 230
【Once in a way】, sometimes; at long intervals; on rare occasions.

(6) 1913 Sat. Rev. 21 June 762/2
The case of Ulster..really offers him this luxury 【for once in a way】.

(7) 1928 E. O'Neill Strange Interlude ii. 76
Well, then, a little truth 【for once in a way】!
(上記の7の言葉は、「たまには、いいことを言うじゃないか!」という
日本語の語調にかなり近いと思う。)

(8) 1934 G. B. Shaw On Rocks i. 197,
I really think, father, you might 【for once in a way】 take some slight interest in the family.

(OED Online)

さて、再び下記の Ngram Viewer という統計を一応は信用できるものと想定すると、
"once in a way" は確かに "once in a while" に比べて、使用頻度が極度に低い。

https://books.google.com/ngrams/graph?content=once+in+a+way%2C+once+in...;year_start=1800&year_end=2000&corpus=15&smoothing=3&share=&direct_url=t1%3B%2Conce%20in%20a%20way%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Conce%20in%20a%20while%3B%2Cc0

174
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 12:01:59  ID:3yCy5fL5.net(13)
>172
OED というと、単語レベルでの語源に詳しいことはよくわかっていた
けど、この once in a way というフレーズなどのの語源についても
詳しく書いてくれていることがここでよくわかる。実にありがたい。

単語でも熟語でも、単に現代での意味を棒暗記するなんて
僕は嫌いだし、第一、棒暗記が僕は中学生のときから苦手だ。
きちんと元の意味合いを考えながらでないと覚えられない。
だからこそ、OED などというややこしい辞書を使わないでは
いられない。

記憶力のいい人は、こんなに大きな資料で
語源とか歴史的変遷などという面倒なものをたどらなくても、
小さな辞書に書いてある意味を棒暗記してしまえるだろう。

175
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 13:18:14  ID:3yCy5fL5.net(13)
【the solitary neighbor that I shall be troubled with --- "Wuthering Heights," 冒頭】

"Wuthering Heights" の冒頭2行目で、その言葉づかいにいきなり疑問を感じてしまう。

1801. -- I have just returned from a visit to my landlord -- the solitary neighbor
that I shall be 【troubled with】.

これはもちろん、人間嫌いの Mr Lockwood がロンドンの喧噪を嫌って Northern England
の Yorkshire の丘の上にある Wuthering Heights に住む Heathcliff から、その近くに
ある彼の持家である Thrushcross Grange をしばらく借り受けようとしているところ。
   the solitary neighbor that I shall be troubled with
をどのように訳せばいいのか?最初は、ろくに調べもしないで、わかったような気に
なっていた。「私が御厄介になる予定の孤独な隣人」とでもいえるような意味だろう
くらいに思っていた。しかし、本当にそれでいいのか?

単語としては、高校1年生でも知っていそうな単語ばかり。しかし、これらは現代でも
使われている表現なのか。そして仮に現代でも使われているとしても、それは現代の
意味で使われているか、あるいは200年前には別の意味で使われていたのか、それを
調べてみる。なお、これについては、「勝手に翻訳教室」というスレでも扱われている。
勝手に翻訳教室

● solitary
[ODE 一巻本によると]
done or existing alone
   I live a pretty 【solitary】 life.
   Tigers are essentially 【solitary】.

(続く)
コメント4件

176
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo []   投稿日:2015/02/13 13:30:25  ID:3yCy5fL5.net(13)
>175 の続き
● solitary
[OED 20巻本によると]

1. a. Quite alone or unaccompanied; destitute or deprived of the society of others.
1863 ‘G. Eliot’ Romola I. xiv. 229
He foresaw himself wandering away 【solitary】 in pursuit of some unknown fortune.

b. Keeping apart or aloof from society; avoiding the company of others; living alone.

以上が OED Online からの引用。これを見ると、>175 の冒頭に出した
"the solitary neighbor (= Heathcliff)" の solitary は「孤独を好む、人を避ける」
という意味らしいことがわかる。しかし、「勝手に翻訳教室」で紹介されている
有名な二人の翻訳家によると「唯一の」というような意味で解釈されている。
確かに、solitary は sole や single という意味でも使われる。それについては、
下に掲げる OED (20巻本)による解説の通り。

● solitary についての OED 20巻本による解説

d. With a, one, etc.: single; sole.

(1) 1748 T. Gray Ode in R. Dodsley Coll. Poems II. 266
Poor moralist! and what art thou? A 【solitary】 fly!

(2) 1769 ‘Junius’ Stat Nominis Umbra (1772) I. xxvii. 199
He gives but seven 【solitary】 lines to the only subject, which can deserve his attention.

(3) 1802 G. Morris in J. Sparks Life G. Morris (1832) III. 160,
I believe it is a 【solitary】 instance.

(続く)
コメント1件

177
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 13:45:46  ID:3yCy5fL5.net(13)
>176 の OED(20巻本)による solitary についての解説の続き

(4) 1830 G. Cruikshank Gentl. in Black i,
Not a sous have I in the world besides that 【solitary】 five franc piece.

(5) 1890 Hardwicke's Sci.-gossip 26 49
With one 【solitary】 exception the nebular hypothesis explains all.

ただ、例文を見てみると、すべて物事についてのものだ。人間についてでは
ない。もしかして、「唯一の」という意味での solitary は、人間や動物については
使えないのではないか?人間や動物を solitary と言った場合は、
自動的に「孤独を好む、一人で行動する」という意味になるのではないか?

しかし、Oxford Dictionaries Pro というオンライン辞書には、「唯一の」という
意味での solitary を人間にも使っていた。

solitary
[ATTRIBUTIVE, OFTEN WITH NEGATIVE] Single; only:
Dozens of officers forming a Guard of Honour snapped to attention as the procession,
headed by two mounted officers and the 【solitary drummer】, sombrely approached the building.

というわけで、Heathcliff を "the solitary neighbor that I shall be troubled with"
と書いているときの solitary は、「唯一の」(single, sole)という意味にも、
「孤独を好む、一人で行動する」という意味にも解釈できそうだ。もしかして、
Emily Bronte はこの両方の意味を込めたかったからこそ、わざとこの単語を
選んだのではないだろうか?

178
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 14:02:43  ID:3yCy5fL5.net(13)
>175 【the solitary neighbor that I shall be troubled with】

さて、次に "be troubled with" という表現の意味について調べる。

● be troubled with
(病気などで)困っている
He was 【troubled with】 a severe headache.
(安藤貞雄「英語イディオム・句動詞辞典」)

上記の「(病気などで)困っている」という意味での(受け身の形での) be troubled with は、
OED(20巻本)によると、ずいぶん古くから使われているようだ。(特殊文字が、文字化けすると思う。)

● trouble という単語についての OED(20巻本)による解説

b. Of disease or ailment: To cause bodily derangement, pain, or inconvenience to;
to afflict; sometimes in weakened sense, to affect. (【Often in pass. with with】; also fig.)

(1) c1400 tr. Secreta Secret., Gov. Lordsh. 72
Ty stomak shal fille hym with euyl humours.., and tat shall 【trobbyl】 ty brayn
【with】 euyll fumosyte.

(2) ?1507 W. Dunbar Poems (1998) 94,
I..【Am trublit now with】 gret seiknes.

(3) a1616 Shakespeare Othello (1622) iii. iii. 419
【Being troubled with】 a raging tooth, I could not sleep.

(4) 1684 J. Bunyan Pilgrim's Progress 2nd Pt. ii. 84
He said, That Mercy was a pretty Lass; but 【troubled with】 ill Conditions.

(5) 1751 Johnson Rambler No. 153. ?19
All whom I intreat to sing 【are troubled】 with colds.

179
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 14:17:59  ID:3yCy5fL5.net(13)
>175-178 までで引用した辞書の解説をもとにすると、Heathcliff のことを
    ● the solitary neighbor that I shall be troubled with
と言っているこの台詞を、次のように訳せるだろう。
    ★ 私がこれから面倒な思いをする原因となる孤独で唯一の隣人

ちょっと堅いけど、そのように訳さずにはいられない。一つには、solitary
が「唯一の」という意味と「孤独を好む」という意味との両義性を持っていて、
Emily Bronte がわざとその両義性を生かすためにこの言葉を選んだと
僕は思うから、「孤独で唯一の」とでも訳すしかない。それから、
be troubled with (something) の something の部分には病気の名前などが
入る例文がたくさんあるので、Heathcliff を Mr Lockwood を悩ませる
病気のようにたとえていると考えられる。そのような意味合いを生かすために、
一応、堅いけど上記のように訳しておく。もっとこなれたきれいな日本語訳が
思いついたら、あとでここに書く。

ただ、ここで疑問がある。つまり、この冒頭のこの台詞を Mr Lockwood が
言ったのは、Heathcliff の家に初めて行って帰ってきたばかりのときだ。
ということは、Heathcliff が変な人だということ、ましてやその家に忌わしい
話があるなんてまったく知らないときだ。現に、そのあとで Heathcliff の
邪慳な性格を知った時に、小説の冒頭で言っていた "(He is) a capital fellow!"
という言葉を撤回している。

すると、この be troubled with は、病気に例えるべき嫌な人から
悩まされるなどという意味ではなく、「ご厄介になる」とか「関わり合う」
というような neutral な意味なのだろうか? 果たして、この be troubled with
はそういう neutral な意味での "be associated with" というような
意味も持つのだろうか?

そのあたり、わからないことばかりだから、自力で調べられたら調べるし、
Word Reference Forum でネイティブたちに質問するかもしれない。
コメント2件

180
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 14:47:33  ID:3yCy5fL5.net(13)
>179 で述べた内容(the solitary neighbor that I shall be troubled with)
について、Word Reference Forum で質問してみた。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2968513&;p=15010825#post15010825

回答がつくかどうかわからないけど、しばらく待ってみる。この forum にいるネイティブたちは、
本当に真面目な人たちで、ものすごく初心者レベルの下らない質問から、かなり高度で
面倒な質問に至るまで、すべて答えてくれる。しかも瞬時に。ぜひ他の日本語ネイティブの
人たちにも参加してもらいたいもんだ。
コメント1件

181
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/13 17:00:52  ID:63krmMcZ.net
丁寧に読み込んでらっしゃいますね
私は英文科で嵐が丘も原文で読んだことありますが、ある程度意味が取れればぐらいの気持ちで読んでいたと思います
こうした少しずつの積み重ねが、次第に大きな差になって行くんでしょうね
コメント1件

182
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/13 18:01:03  ID:lSWSx4Hh.net
>179
>すると、この be troubled with は、病気に例えるべき嫌な人から悩まされる
>などという意味ではなく、「ご厄介になる」とか「関わり合う」というような
> neutral な意味なのだろうか?

時間が取れないので取りあえずこの点だけに反応しておきます。
『翻訳問答』では、片岡義男氏は naturalなニュアンスと解釈しているようです。
以下、引用します。

鴻巣: さて、二文目の trouble を私は「めんどうな」と訳し、片岡さんは
訳していないですね。他の方は「厄介な」とか「うるさい」と訳しています。
片岡: それは「trouble」という言葉に引きずられているからでしょう。
(中略)
片岡: trouble という言葉を見たとき、深刻に受け取りすぎるのではないかな。
これはいわゆる「トラブル」なのだ、というふうに。しかしけっしてそうではなく、
訳さなくてもいいような軽い言葉は、たくさんあるんですよ。
(以下略)
コメント1件

183
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 18:17:10  ID:3yCy5fL5.net(13)
>182
ありがとうございます。片岡義男氏は英語の達人に違いないのですが、
彼が言っていることが正しいという証拠は示しておられませんね。
やはり辞書の記述でも何でもいいから、何か有力な証拠を示して
くれないと僕らは納得ができないですね。

184
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/13 18:42:52  ID:3yCy5fL5.net(13)
>181
やはり、"Wuthering Heights" は英文学の最高峰であるらしく、
英語圏の人も高校か大学で必ず読まされ、日本語ネイティブも
英文学専攻の人は大学1年くらいで読まされるようですね。
僕は英文科専攻ではなく外国語大学の英米語学科にいましたので、
かなり実用的な英語の習得を重視するということで文学の
講義は中途半端でした。とはいえ、一応は1年生のときに
"Wuthering Heights" の講義がありました。

18歳から19歳のときに、大して優秀でもない僕が "Wuthering Heights"
なんていきなり読んでもわかるはずはありませんでしたので、講義は
ろくに聞かず、講義の最中に、まずは僕が何とか読める洋書の
ペーパーバックをせっせと読んでいました。しかしそのころは、
娯楽小説の洋書でも苦労していました。

長年にわたって娯楽小説・童話・ビジネス書などの洋書をたくさん
読みましたので、やさしい英語だけはそれなりに読んだり
書いたりしゃべったり聞いたりできるようになったので、
歳を取ってから、やっとの思いで英米の古典文学を原書で
読み始めたというわけです。若い時にも古典的な作品や
哲学書や教養書を英語で読もうと取り組んではいましたが、
60% から80% もわかればそれで上出来だというほどの
いい加減なものでした。そのいい加減な読み方でも、
継続するのは本当に大変でした。まあ、それくらいに僕は
出来が悪い(才能がない)ということなんですけど。
コメント1件

185
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/13 23:09:37  ID:PoiFtlAm.net
>184
謙虚な方ですね。
あなたはみんなの目標ですよ。
コメント1件

186
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/14 00:10:03  ID:Zt1CdSsg.net
How is the winter life of the swallow?

187
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/14 00:42:07  ID:r4jq8jvV.net
so so

188
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/14 06:47:17  ID:PVs4GPHn.net
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

189
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/14 11:08:52  ID:lplxe4uD.net
like a bird out of its nest and back

190
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/14 23:00:53  ID:bYmLYhqJ.net
His unnurtured soul has been like young winged thing.

191
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/15 03:15:12  ID:wMDwNmta.net(2)
Them things are easier said nor done,
and I'm partly ashamed of talking.

192
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/15 10:18:42  ID:wMDwNmta.net(2)
He saw no career open to him.

193
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/15 14:25:18  ID:ubpyElyB.net(4)
【let the guy down gently --- "Longman Dictionary"】

【let somebody down lightly/gently】: to give someone bad news in a way that will not upset them too much:
I get asked out on dates quite often, but I always try to 【let the guy down gently】.
Longman dictionary
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2969347

数日前から Wordreference.com というサイトに出入りしているけど、
上記のような話題も出た。"let somebody down gently" は、
「丁重にお断りする」とでも訳せばよいのだろう。この言い回しそのもの
も面白いけど、例文の中で the guy というふうに the をつけているところが
面白い。こういうときに、ゼロから英作文するときに、果たしてこの場合に
単に the guy だけでよいのかどうかと僕なら悩んでしまうところだが、
ネイティブは迷わずに the guy とだけ言ってしまう。

194
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/15 14:47:48  ID:ubpyElyB.net(4)
>180
"the solitary neighbor that I shall be troubled with" という "Wuthering Heights"
の冒頭の一節について Wordreference.com で僕は質問したが、ネイティブたちから
の丁寧な回答があった。そのエッセンスをここにまとめる。

● (1) solitary の意味

"the only" という意味に、一種のしゃれとして "living alone" という意味を重ねている
という意見が主流。

[回答者 wandle
The sentence means that Heathcliff is the only neighbour that he will have to bother about.
The word 'solitary' in this case could also, as a kind of pun, bear the meaning 'living alone'.
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2968513

(続く)
コメント2件

195
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/15 14:48:14  ID:ubpyElyB.net(4)
>194 の続き

● (2) "be troubled with" の意味

「近所づきあいをする」というような意味であり、さほどネガティブな意味ではない、とのこと。
これは、片岡義男氏の考えと一致している。

[回答者 wandle]
The 'trouble' or 'bother' of neighbours is that you have to be polite to them, engage
in conversation with them when you meet, invite them to dinner etc. etc. Lockwood
says he is a misanthrope: a hater of society, someone who wants to avoid other people.
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2968513

[回答者 bennymix]
I think 'troubled' with is more like 'concerned with' or 'bothered with'; nothing negative,
since the speaker *appreciates* the unsocial traits he sees in Heathcliffe.

It's a bit like saying. "I live alone and the only duty to a living creature that I have
to trouble myself with {bother with} is feeding my dog."

[回答者 ewie]
I'm not sure if he doesn't mean "the one and only neighbour I shall have to
deal with [be bothered with]" ~ I don't believe Lockwood ever mentions any other neighbours.

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2968521
コメント1件

196
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/15 15:38:49  ID:ubpyElyB.net(4)
【gays というべきときに "the gays" というと差別的】

そういうことについての話題が、次のスレで出た。こういうことは、
まったく知らなかった。

洋画・海外ドラマで英語のお勉強 Part 10
洋画・海外ドラマで英語のお勉強 Part10
(上記のスレの 916 から)

197
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/15 21:55:08  ID:Vpx0cb8g.net
He listened to the wind singing through the grass.
That's it. It's all over.

Next: Reach constantly at something that is near it.

198
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/16 08:22:48  ID:cERyeAip.net
【"a long hour" = one indicated by a great number of strokes
  -- "Wuthering Heights," Chapter 7】

"long hours" という言葉が出てきた。前後の脈絡から考えて、おそらくは
10時から12時くらいのことだろうということはわかったけど、何となく
辞書で確かめたくなった。すると、振り子のついた「ボーン、ボーン」という
時計や、教会の鐘で時を知らせていた時代の様子が見えてきて、
面白く思った。

次の一節は、Mr Lockwood の求めに応じて家政婦の
Nelly Dean が Heathcliff の幼いときから今までの
生き様を長々と話し続けて、夜の11時になったので
おいとましようとすると、Mr Lockwood が「もっと
話を続けてくれ」とせがむ場面。

"No matter -- I'm not accustomed to go to bed in the
【long hours】. One or two is early enough for a person who
lies till ten."
("Wuthering Heights," Chapter 7; Everyman's Library, p.69)

ODE(一巻本)や「ジーニアス英和、第5版」には、このような
"long hours" を載せていない。OED(20巻本)を見てみた。

long
II. With reference to serial extent or duration.
5. a. Of a series, enumeration or succession, a speech, a sentence,
a word, a literary work, etc.: Having a great extent from beginning to end. (中略)
【long hour: one indicated by a great number of strokes.】 (OED Online)

というわけで、"a long hour" は、振り子時計や教会の鐘で知らせるときに
たくさんの回数だけ打たねばならないような時刻のことだ。
現代でも使う言葉なんだろうか?少なくとも、僕は聞いたり見たりしたことがない。
コメント1件

199
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 10:19:58  ID:i3FjRWle.net(4)
As some of us have noted, however, there’s a peculiar selectivity in the use of Weimar as cautionary tale:
it’s always about the hyperinflation of 1923, never about the deflationary effects of the gold standard and austerity in 1930-32, which is, you know, what brought you-know-who to power.
クイズ you-know-who とは誰でしょう?
コメント1件

200
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 10:23:32  ID:i3FjRWle.net(4)
Thinking about this led me to an interesting question.
We know that part of the reason large postwar reparations were such an unreasonable and irresponsible demand was the dire, shrunken state of the German economy after World War I.

なぜsuch an unreasonable and irresponsible demand なのか説明しなさい。
コメント1件

201
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 10:25:41  ID:i3FjRWle.net(4)
>198
>199>200
http://krugman.blogs.nytimes.com/
気分転換にどうぞ!!

202
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 19:11:48  ID:B+Nls1Kk.net(2)
こっちはだれかがLady Chatterley's Loverを読んでいたのでそれで

1.
義理の姉さんというのが結構厄介なんだな

203
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 19:45:31  ID:MExT3dhs.net
横槍失礼だが、洋書より洋雑誌のほうがいいよ
http://koigakubo.seesaa.net/
特に小説は、非文法的な文が多発したりする。日本語の会話も、単語並べてるだけの応酬とかあるだろ?
それと同じ

204
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 21:28:13  ID:i3FjRWle.net(4)
Feb 15 9:56 am
Weimar and Greece, Continued
http://krugman.blogs.nytimes.com/

1. As some of us have noted, however, there’s a peculiar selectivity in the use of Weimar as cautionary tale:
it’s always about the hyperinflation of 1923, never about the deflationary effects of the gold standard and austerity in 1930-32, which is, you know, what brought you-know-who to power.
クイズ you-know-who とは誰でしょう?

2. Thinking about this led me to an interesting question.
We know that part of the reason large postwar reparations were such an unreasonable and irresponsible demand was the dire, shrunken state of the German economy after World War I.

なぜsuch an unreasonable and irresponsible demand なのか説明しなさい。

3. GreeceとWeimarどう対比しているか述べなさい。

205
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/16 21:44:27  ID:B+Nls1Kk.net(2)
2.
傷痍軍人だから同情の余地はあるものの空虚でありながらプライドだけはバカ高い旦那ってのも厄介だな

206
必殺翻訳人[]   投稿日:2015/02/16 21:49:42  ID:oMetGfT0.net
>194
>195
ふーむ、興味深いね。

207
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/17 06:51:54  ID:5bcGmt+V.net(5)
【未来のことを現在形で言って、いら立ちを示す場合】

ロンドン在住の英語ネイティブが、次のようなことを言っている。もともと
未来のことを現在形で言うのは、そのような予定があるということを
示す用法として定着しているので、そこから派生して、たとえば
「朝起きたらすぐに歯を磨くなんてアホな奴だ」というような
苛立ちを示すときに、未来形の代わりに現在形を使うことがあるらしい。
いやはや、奥が深いのなんの。

   ****** 以下は引用 ******

We sometimes use the present tense for the future,
and these sentences are possible:

   (1) As soon as he gets up tomorrow, he 【brushes】 his teeth.
   (2) As soon as he gets up tomorrow, he 【is brushing】 his teeth.

Both of these suggest complulsion and even threat to me
- the speaker intends to enforce the tooth brushing, with brutality
if necessary! This is the sort of thing that irritated parents say regularly
of their children. I can imagine one parent saying it to another parent,
with the implication "you are too lax with that child's tooth brushing".

I suppose that this nuance of threat or enforcement is related to the principle
that we use the present tense for scheduled futures.

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2970053

208
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/17 08:18:20  ID:5bcGmt+V.net(5)
【膨大な英文を読んだり聞いたりして初めて見につく言語感覚】

質問: Is it possible to say "I've already known many places"????

上記の質問に対して、英語ネイティブが次のように回答した。

It's possible, but that is an unusual thing to say. It sounds odd and dramatic to me.
"I know many places" would still sound dramatic and strange, but it wouldn't sound
as odd to me as your version with the present perfect does.

"I'm familiar with many places" sounds ordinary although somewhat boastful.

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2970324

こんなふうに、"I know many places" が dramatic に聞こえるという感覚、
"I'm familiar with many places" が少し boastful に聞こえるという感覚、
そういうネイティブの感覚を僕も身につけたいものだ。そのためには、
膨大な英文を読んだり聞いたりしないといけないと思っている。


209
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/17 09:30:04  ID:LFd95lv0.net(2)
そんなことよりOEDは嵐が丘読み切ったのか?

210
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/17 18:00:41  ID:5bcGmt+V.net(5)
【"be habituated to" = "be used to, accustomed to" --- "Wuthering Heights"】

"be used (accustomed) to" という意味での "be habituated to (動詞または名詞)"
などという言い方も、現代英語にはあまり出てこないのではないだろうか?
出てきても、かなり formal なんだろう。しかし、"Wuthering Heights" では、
ロンドン出身の Mr Lockwood が家政婦の Mrs Nelly Dean に対して
この言葉を使う。

ただ、フランス語を少しばかり知っていれば、こんな言葉が
出てきても、少しもびっくりはしない。この英語の habituate は、現代フランス語
における日常語である habituer に、綴りも意味もそっくりだ。基本的に、時代が
古くなって英語が古めかしくなればなるほど、フランス語やドイツ語に似た言葉が
多くなる。Shakespeare を読んでいても、強くそれを感じる。

"Excuse me," I (= Mr Lockwood) responded; "you, my good friend, are a
striking evidence agaisnt that assertion. Excepting a few provincialisms of
slight consequence, you (= Mrs Nelly Dean) have no marks of the manners
that I 【am habituated to】 consider as peculiar to your class (= 家政婦つまり
労働者階級)."

("Wuthering Heights," Chapter 7; Everyman's Library, p.71)

211
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/17 19:06:21  ID:5bcGmt+V.net(5)
【「テストの得点」を marks と言うようになった由来 --- OED(20巻本)より.】

「テストの得点」を marks と呼ぶようになったのはなぜかについてなど、
考えたこともなかった。OED をチラホラと拾い読みして、たまたま
その由来について書いてある一節に出会った。面白い。もともと、
学生の名前の上に、その学生の返答がよかったということを
示す印をつけるという習慣があり、それが由来となったそうだ。

mark
17. a. 【Originally: a symbol placed against a pupil's name to record a correct answer
given or some other indication of merit; a character or symbol placed beside a name
in a register (of students, prison convicts, etc.) as a record of good or bad conduct.】
Subsequently: a point awarded for a correct answer in a test; a score for a test,
piece of work, etc. (representing either the total number of points awarded, or
a general standard achieved). Freq. fig. (esp. in full marks, high marks, top marks). (OED Online)

なお、上記の項目についても、2000年に改訂したばかりの OED Third Edition だという
ことだ。以下のように書いてある。
This entry has been updated (OED Third Edition, December 2000).

OED がどんどん改訂されていくのは、楽しい。
CD-ROM に比べると高くつくが、OED Online は、Second Edition のままで留まる
CD-ROM と違って、どんどん Third Edition に入れ替わりつつあるのだ。
全面的に Third Edition に入れ替わるには、あと23年ほどかかる。

辞書と言えば、12月後半に買ったばかりの「ジーニアス英和、第5版」が、
50日しか使っていないのに、さっそく背が2か所も大きく割れた。この辞書が
ばらばらボロボロになるまでに、あと数か月も持たないのではないかと思う。
第4版に比べると、装丁の見かけは同じだが、糊などの付け方がいい加減な
ようで、壊れやすい。それに比べて、Pocket Oxford English Dictionary などの
Oxford 関係の辞書や、Merriam-Webster's Advanced Learner's Dictionary の
ハードカバー版は、装丁がしっかりしている。

212
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/17 19:21:11  ID:LFd95lv0.net(2)
3.
浮気相手のマイケリス。his voice affected her very womb.

213
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/17 19:32:54  ID:5bcGmt+V.net(5)
【no marks of the manners peculiar to your class -- "Wuthering Heights"】

再び、さっきの Mr Lockwood による 家政婦 Nelly Dean に対する台詞を引用する。

Excepting a few provincialisms of slight consequence, you have 【no marks】
of the manners that I am habituated to consider as peculiar to your class.

("Wuthering Heights," Chapter 7; Everyman's Library, p.71)

この場合の marks は characteristics という意味であるらしい。

(1) have (got) all the marks of. . .
(〜の跡が歴然としている、〜であることがありありとわかる)
  This book 【has all the marks of】 having been written in haste.
(安藤貞雄「句動詞・イディオム辞典」)

(2) OED Online より

mark
b. A characteristic property; a criterion; a distinctive or distinguishing feature
or characteristic (of something). Freq. in 【(all) the marks of】 .

1767 W. Blackstone Comm. Laws Eng. II. v. 63
This tenure of knight-service 【had all the marks of】 a strict and regular feud.

1912 H. Belloc This & That 20
The town was not a lazy, dirty town with 【all the marks of】 antiquity and none of energy.

(OED Online)

214
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/18 11:02:14  ID:tDhwN1sD.net(3)
Medal weighs 7.25 oz. and measures 2.5'' in diameter, consistent with the original Nobel Prizes awarded in 1971.
Case measures 5.5'' x 5.5'' x 1''. Accompanied by a copy of the Nobel Prize speech owned and annotated by Kuznets.
This is the fifth Nobel Prize ever put up for auction, and the first in the category of Economic Sciences. Presented in near fine condition.
With an LOA from the consignor, Simon Kuznets' son.
http://natedsanders.com/LotDetail.aspx?inventoryid=35304

ノーベル経済学賞のメダルが始めてオークションにかかる。
ノーベル賞メダルとしては5回目。
困った息子だね。
クズネッツ曲線なんて経済学部卒じゃなきゃ知らないだろ。
経済学者がこの件に注目してるようだ。

215
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/18 11:19:12  ID:tDhwN1sD.net(3)
Income inequality first increases and then decreases as countries experienced economic growth.
The reasoning was that in order to experience growth, countries had to shift from agricultural to industrial sectors.
While there was little variation in the agricultural income, industrialization led to large differences in income.
Additionally, as economies experienced growth, mass education provided greater opportunities which decreased the inequality and the lower income portion of the population gained political power to change governmental policies.

で、縦軸に不平等、横軸に所得を取ると凸のグラフになる。
これがクズネッツ曲線だそうだ。

216
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/18 20:40:02  ID:1niRnLFP.net
4.
ケンブリッジの厭らしさが出とるね
"There are nice women in the world."
"If they be nice to me
What care I how nice they be!"

217
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/18 21:54:44  ID:mXY4PP0M.net(2)
【"go the length of" = 〜さえもする -- "Wuthering Heights"】

"Wuthering Heights" の Chapter 8 の終わり。妻 Frances が Hareton を
産んで間もなく死亡。ではなく、Mr Hindley Earnshaw は、妻の死を嘆き悲しむ
ことによって少しずつその悲劇から立ち直るタイプではなく、放蕩三昧の
生活をしながら怒りを周囲の者にぶつけ、ひどい暴力までをも振るって
しまう。

Hindley の息子である幼い Hareton さえをも殺しかねないので、
家政婦 Nelly Dean は、Hindley が酒を飲んで帰宅したときには、
こっそりと Hareton を隠す。Hindley は、そばに誰かがいて、少しでも
その機嫌を損ねると、何をしでかすかわからない。彼は狩猟のための
銃を触るのが好きだが、家族の者を撃っては大変なので、Nelly Dean
はそれを隠す。

. . . and I (= Nelly Dean) had hit upon the plan of removing it (= 銃),
that he might do less mischief, if he did 【go the length of】 firing the gun.

("Wuthering Heights," Chapter 8 の最後, Everyman's Library, p.82)

"go the length of" は、ODE(一巻本)には載っていない。

go (to) the length of (doing)
    〜までもする、さえもする
  They do not 【go the length of】 denying that. (否定することまではしなかった)
  I 【went to the length of】 seeing him off. (見送りさえもした)
(安藤貞雄「句動詞・イディオム辞典)

(続く)
コメント2件

218
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/18 21:58:08  ID:mXY4PP0M.net(2)
>217
この "go the length of" を OED Online で引いてみる。

length
b. fig. in advb. phrases:
The distance or extent to which one ‘goes’(in a line of action, opinion, etc.);
the degree of extremity to which something is ‘carried’.
Chiefly, to 【go (to) the length of】 ,
to go a (great, etc.) length ,
to go (all, etc.) lengths .


1875 B. Jowett tr. Plato Dialogues (ed. 2) I. 404
They do not 【go the length of】 denying the pre-existence of ideas.

(OED Online)

219
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/18 22:29:03  ID:tDhwN1sD.net(3)
>217
リーダーズ英和辞典

go(to)the length of doing

〜するほど極端に走る、〜までもする(go so far as to do)

220
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/19 02:48:42  ID:22tUiOwY.net
ODE length

An extreme to which a course of action is taken:
‘they go to great lengths to avoid the press’

221
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/19 13:11:16  ID:DrVhqQHJ.net(5)
【You needn't laugh. = You shouldn't laugh. --- "Wuthering Heights"】

"need not" が単に「〜する必要がない」という意味ではなく
「すべきでない」という意味になるときもあるらしいという
ことは薄々は感じていたけど、ちゃんと辞書で確かめた
ことはなかった。これはイギリス英語の用法だそうだ。
アメリカ英語ばかり追っかけていたころは、確かに
そういう使い方にはあまりお目にはかからなかった。

妻を若くして失くして自暴自棄になっている Hindley Earnshaw
が、いつものように酒に酔っぱらって家族に対して当り散らして
いるのだが、ここでは家政婦の Nelly Dean に対して、
次のように言っている。「Nelly、お前の喉に carving knife
を突っ込んでやる。冗談で言ってるんじゃねえぜ。
医者の Kenneth を沼にぶち込んでやったしな。一人やっつける
のも二人やっつけるのも、同じことだ。お前らのうち何人か殺して
やりたい。やるまでは落ち着かんよ」

"But, with the help of Satan, I shall make you swallow
the carving knife, Nelly! you 【needn't】 laugh; for I've
just crammed Kenneth (= the family doctor), head-downmost,
in the Blackhorse marsh: and two is the same as one --
and I want to kill some of you, I shall have no rest till I do!"

("Wuthering Heights," Chapter 9 の冒頭, Everyman's Library, 83)

need not がイギリス英語では should not という意味になることがある
ということについては、「ジーニアス英和、第5版」にも書いてある。

222
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/19 13:21:56  ID:DrVhqQHJ.net(5)
【red herrings = 燻製ニシン(人の注意を他にそらす手段)】

red herrings という言葉は、ときどき見たことがあったけど、それが
文字通りの「燻製ニシン(色が赤い)」という意味から、「人の注意
を他にそらす手段」という意味の idiom として使われているとは
知らなかった。ただし、次の一節に出てくる red herrings は、
文字通りの「燻製ニシン」だ。

"But I don't like the carvingknife, Mr Hindley;" I answered,
"it has been cutting red herrings -- I'd rather be shot if
you please."
("Wuthering Heights," Chapter 9 の冒頭、Everyman's Library, p.83)

上記の一節では、家政婦 Nelly が Hindley に対して「carving knife
を私の喉に突っ込むのはやめてください。燻製ニシンを切った
包丁だから、嫌です。銃で撃たれる方がましです」と言っている。
燻製ニシンは強烈な匂いがするそうなので、Nelly はそれで
殺されるのは嫌だと言っているようだ。

red herrings という言葉があるけど、具体的に赤い色をした
herring(ニシン)の種類があるわけではなく、塩漬けにして
燻製にすると赤く染まるのでこのように呼ばれているのだそうだ。

そして、red herrings はあまりにも強烈な匂いがするので、
物を追っかける犬を訓練するときに使われる。
つまり、red herrings を使って犬の嗅覚をごまかそうとしても、
それでもそれに惑わされないできちんと標的を捕まえてくれる
ように犬を訓練するのだそうだ。そういう話から、red herrings は、
「人の注意を他にそらす手段」という意味の idiom になったということだ。

以上のことは、
red herrings というタイトルの Wikipedia の記事に載っている。
コメント1件

223
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/19 19:05:17  ID:DrVhqQHJ.net(5)
>222 【red herring】

red herring の意味についての、いろいろな辞書による定義文などを示す。

red herring
a thing that draws attention away from something important
- ORIGIN: from the use of the scent of a smoked herring in training hounds
(POD)

red herring
(1) a dried smoked herring, which is turned red by the smoke
(2) a clue or piece of information which is or is intended to be misleading
or distracting
The argument about women's choices is largely a 【red herring】.
[so named from the practice of using the scent of red herring
in training hounds.
(ODE 一巻本)

red herring
somthing unimportant that is used to stopp people from noticing or
thinking about something important
The argument is a 【red herring】. It actually has nothing to do with the issue.
The plot of the mystery was full of 【red herrings】.
(Merriam-Webster's Advanced Learner's Dictionary)

この

224
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/19 21:08:04  ID:DrVhqQHJ.net(5)
【誕生と共に母を失い、父は呑んだくれている幼き Hareton
のために家政婦 Nelly が歌う暗澹たる子守唄 -- "Wuthering Heights"】

幼い Hareton Earnshaw は、生れて間もなく母親の Frances Earnshaw
が死に、その死を受け止めることのできない父親 Hindley が呑んだくれ、
家族を罵倒し暴力を振るい続ける。Chapter 9 では家政婦 Nelly に
「殺してやる」と脅迫しながら大きな包丁を家政婦の歯に突き立てる。
幼き息子 Hareton が嫌がるのを無理やりに抱えて殺そうとしたが、
階段から Hareton が滑り落ちて、すんでのところで真っ逆さまに落ちて
死ぬところだったが、通りかかった Heathcliff が受け止めて、Hareton
は死なずに済む。

母を失い、父は呑んだくれて自分を殺そうとまでする幼き不幸な
Hareton を、家政婦 Nelly Dean だけは大事に育てようとする。
子守唄を歌ってやるのだが、その子守歌が、また実に哀愁を
帯びている。2行だけが小説に出てくるが、方言まるだしであり、
OED Online を引きまくらないとわけがわからない。しかし、
意味が少しわかってくると、このたったの2行の子守唄にさえ
Emily Bronte は自らの暗澹たる人生観を託して表現しようと
苦心していることが伺えて、とても面白い。

(続く)
コメント1件

225
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/19 21:13:47  ID:DrVhqQHJ.net(5)
>224
    "It was far in the night, and the bairnies grat,
    The mither beneath the mools heard that."

    ("Wuthering Heights," Chapter 9; Everyman's Library, p.86)

(1) bairnie: これは bairn に似た単語。bairnie については、
northern dialect の単語であり、little child という意味だと OED に書いてある。

(2) grat は、greet の past tense の形。greet とは、Scottish and northern dialect
の言葉で、"to weep, cry, lament, grieve" という意味だそうだ。

(3) mither -- これは、mother という単語の variant。

(4) mool -- これも、Scottish and Irish English and English regional の
単語だそうで、"the soil used to fill a grave" という意味で、複数形の
mools となると、"grave-clods" という意味になり、metonymy により
"the grave" という意味にもなると OED Online に書いてある。

Everyman's Library 版の Emily Bronte 詩集を持っている。全部を読んだわけでは
ないけど、彼女の詩は、実に暗澹としたものが多い。きわめて pessimistic
な雰囲気に満ち満ちた彼女の詩を読んでいると、"Wuthering Heights" を
書かずにおれなかった著者の心情が伺えるような気がする。

226
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/20 00:13:18  ID:0+Fgkfel.net
5.
all the pretentious little things that make up this meaninglessness.

227
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/20 08:11:28  ID:NTSF+c8l.net
やっと1984読み終えた

228
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/20 11:33:32  ID:8+7EbP8q.net(5)
【asunder, sundry (sundries), sondern (German) --- この三つは語源が共通

(1) asunder (= apart) --- split asunder などという熟語でおなじみ。
(2) sundry (= of various kinds) --- sundry goods などというフレーズでおなじみ。
(3) sondern (German; nicht AAA sondern BBB = not AAA but BBB)

この (3) の sondern というドイツ語は、Beethoven の Symphony No. 9 に
ついている Chorus "An die Freude" の歌に出てくるから、よく覚えている。
しかも冒頭だ。

O Freunde, nicht diese Tone!
【Sondern】 lasst uns angenehmere anstimmen,:
(Friedlich Schiller, "An die Freude")

ともかく、上記の (1), (2), (3) の語源が共通しているとは、
初めて知った。なお、なぜ asunder の話が出てきたかというと、
いま読んでいる "Wuthering Heights" に何度か出てくるからだ。

   Her (Catherine's) lips were half 【asunder】 as if
   she meant to speak:
   ("Wuthering Heights," Chapter 9; Everyman's Library, p.87)

上記の一節は、家政婦の Nelly Dean が幼き Hareton をあやしている
ときに、Catherine が相談事を持ちかけようとして様子を伺っているところ。
Heathcliff を深く愛しながらも、Edgar Linton に求婚され、承諾してしまった
のはいいのだけど、やはり良心が咎めるので、Nelly Dean に、本当に
それでよかったかどうか相談したくてたまらないのだ。

(続く)
コメント1件

229
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/20 11:43:06  ID:8+7EbP8q.net(5)
>228 からの続き

(1) asunder は、ODE 一巻本によると、Old English の "on sundrian"
から来ている。これは。、"in or into a separate place" という意味だそうだ。

(2) sunder は、もちろん Old English の sundrian に由来するが、これは
"split apart" という意味の動詞。ODE 一巻本には、例文として
"A universe 【asundered】 ages ago in a divine war."
と書いてある。そして Old English の sundrian は、ドイツ語の sondern
に関連があるということだ。

(3) ドイツ語の sondern は、"nicht AAA sondern BBB" という形で、
"not AAA but BBB" という意味。

(4) sundry は、Old English では syndrig と書き、"separate, special,
private, exceptional" という意味だと OED Online に書いてある。

230
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/20 19:41:12  ID:8+7EbP8q.net(5)
【Keep fast! の意味】

次の一節に出てくる "Keep fast!" という言葉の意味について、
僕なりに意味を想定し、その通りでよいかどうかを
ネイティブたちに尋ねてみた。

A beast of a servant came up with a lantern, at last, shouting
?“【Keep fast】, Skulker, keep fast!” He changed his note, however,
when he saw Skulker’s game.
("Wuthering Heights," Chapter 6)
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2971936

231
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/20 19:42:26  ID:8+7EbP8q.net(5)
【The abrupt use of "he" or "he" -- is it rude?】

このようなテーマについても、ネイティブたちに質問してみた。
前々から質問してみたかったことだった。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2970417

232
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/20 19:44:21  ID:8+7EbP8q.net(5)
【"a (mountain) pass"(峠)という言葉をめぐるネイティブたちの話】

その話題について、ネイティブたちがいろいろと話をしてくれている
のだけど、とても勉強になった。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2971679

233
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 00:02:51  ID:rkWjLcAd.net(8)
6.
people must be less than it.

234
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 02:51:25  ID:mvdYJGWk.net
OEDさん、こんばんは
OEDさんの書く英語は未熟者の私の目から見ても教養を感じる綺麗な英語だなと感じます
回答者のネイティヴ達の文章と比べても引けをとらない水準だと思います
私もOEDさんのように英語が書けるようになりたいのですが、どのような方法で勉強なさっているんですか?
よろしければ教えてください
コメント1件

235
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/21 06:32:20  ID:iNEO9PCm.net
>234
そういう質問を、僕だけじゃなくて、いろんな人に発する人が
多いのですが、僕はいつも次のように思っています。

まずは、質問者がどのくらいに英語ができる人か、
何をどれくらい勉強してきたのか、英語以外の
適性・能力・興味などはどのようであるか、今は
何歳で、どういう人間になりたいと思っているのか、
母国語はどれくらいできるのか、母国語でどういう本を
何冊くらい読んできたか、それらを少なくとも100ページ
くらいにわたって説明してもらわないと、質問者が
どういう人間で、何をめざし、今はどれくらいのどういう人で、
そして回答者はどういう風に何をアドバイスしていいかわかりません。

もしも現実にあなたにお会いして、1年くらい学校や職場で
毎日のように顔を合わせてお話をしてきたのであれば、
少しはそういうことがわかります。でもネット上のこういう
席では、あなたのことを回答者は何も知りません。

次に、仮にあなたがどういう人間かがすべてわかったとしても、
今度は、回答者である私は、何をどのように私が勉強してきた
かを解説すると、少なくとも原稿用紙で300枚は書かないといけません。

しかし、仮に僕がそういう文章を一か月くらいかけて書いたとしても、
そんなものは下らないものです。なぜかというと、有名な英語の達人
(たとえば松本亨、松本道弘、国弘正雄、東後勝明)が、
どのように英語を勉強してきたかを、それぞれ一冊または
何冊かずつ書いてくれているので、それを読めばおしまいだからです。

僕は、そういう達人たちが書いた本と重複するような内容を、
ここで、大いに劣化させて、下手な文章で、しかも
苦労して書いても仕方がないと思うので、書きません。ご理解ください。

236
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 08:26:01  ID:rkWjLcAd.net(8)
7.
it is only phallus to bridge across the chasm.

237
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 09:25:12  ID:rkWjLcAd.net(8)
いよいよエロく盛り上がってきたので一気に
8.
she wakened the sleeping dog.

238
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 10:16:01  ID:rkWjLcAd.net(8)
9.
mrs gaskell, george eliot, miss mitford, and mrs bolton.

239
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 10:55:37  ID:rkWjLcAd.net(8)
10.
mr mellorss penis stirred like a bird.

240
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/21 16:18:42  ID:jlJGNO88.net
Penguinのレベル5まで来たが、若干難しくて4に戻ったり、5に戻ったりを繰り返して早半年
一つだけ言えることは、スティーブンキングの小説は読みにくい

241
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 19:42:37  ID:rkWjLcAd.net(8)
11.
which england is my one?

242
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/21 20:04:25  ID:KgMYmKKZ.net
英語って大文字ないのか?

243
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 20:16:16  ID:rkWjLcAd.net(8)
12.
best bit of cunt left on earth

244
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 21:06:40  ID:syQBMdZo.net
Unknown Sherlock Holmes story that Sir Arthur Conan Doyle wrote for fundraising sale is unearthed after lying in an attic for almost 50 years
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2961527/Unknown-Sherlock-Holmes-...

発掘作品の原文も載ってる。なかなか面白かった。

245
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 21:13:38  ID:rkWjLcAd.net(8)
13.
she was bored of self-important mentalities.

246
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/21 23:47:28  ID:qKWwjaH4.net
英語の達人たちの英語学習法はぶっ飛んでて、実践するのが難しいことが多いんですよね
新渡戸稲造みたいに衣装哲学何回も読み込んだり、南方熊楠みたいに洋書を書き写したり…
パンピーには時間も、そんなことをする根気がない
だからこそ彼らは達人なんだろうけど

247
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 00:14:50  ID:5iTFOAuI.net(6)
14.
the calling of blackbirds and thrushes in the wood

248
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 01:17:39  ID:5iTFOAuI.net(6)
15.
sees ter.

249
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 02:57:03  ID:5iTFOAuI.net(6)
16.
i dunna care yer continuity.

250
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 03:38:16  ID:5iTFOAuI.net(6)
17.
the human consistency and dignity he has been led to expect from his fellowmen
seem nonexistent.

251
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 05:09:41  ID:5iTFOAuI.net(6)
18.
tenderness is the only future for their children.

252
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/22 11:30:52  ID:5iTFOAuI.net(6)
19.
thomas the engine said good-night to lady jane.
というのは冗談だが
斯様に階級を乗り越えて愛を成就するには馬力が要るのである
嵐が丘からチャタレイ、チャタレイから嵐が丘へというのは
読みのひとつの方便である
これにミドルマーチを加えてみようというのが更なるプレイ
もっとも途中でサイラス・マーナーは被せてはみたのだが
どうも最近の日本ではジョージ・エリオットはあまり読まれなくなったようで
寂しい限りである

253
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 11:59:32  ID:A0SBiD7j.net(7)
【Joseph's statement --- "Wuthering Heights"】

"Wuthering Heights" を Juliet Stevenson という Royal Shakespeare Company
の一員である女優が朗読したものを歩きながら何度も聞いているんだけど、
何度聞いても何を言っているのかわからないところがあった。
よく見ると、Joseph の方言まるだしの台詞だった。

原文: 'And how isn't that nowt comed in fro' th' field, be this time?
What is he about? girt idle seeght!' demanded the old man,
looking round for Heathcliff.

標準語訳: 'And hasn't that nobody [useless person] come in from the field by now?
What is he up to? great idle sight!' demanded the old man, looking round for Heathcliff.

(Wuthering Heights," Chapter 9)
http://www.wuthering-heights.co.uk/josephs-speech.php

254
名無しさん@英語勉強中[age]   投稿日:2015/02/22 12:49:26  ID:zcT+Bue7.net(2)
momiさんいる?
アマゾンのレビューに書いてた、ダン・ブラウンの文を添削してるという向こうの文章読本みたいなものの書名教えてください。
私も読んでみたい。
コメント1件

255
momi[]   投稿日:2015/02/22 13:52:24  ID:QntkXZcQ.net
テメエで探せよ、この情報コジキ野郎。

256
momi[sage]   投稿日:2015/02/22 14:04:19  ID:h7OuPL7b.net
探す努力ぐらいしろよ、このなまけニホンザルが

257
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/22 14:19:49  ID:cAKhWEyY.net(2)
>254
It Was the Best of Sentences, It Was the Worst of Sentences:
A Writer's Guide to Crafting Killer Sentences ですね。ダヴィンチコードの書き出しです。

Renowned curator Jacques Saunière staggered through the vaulted archway of the museum's Grand Gallery.

http://itre.cis.upenn.edu/~myl/languagelog/archives/000844.html
このトピックは、もとは、上のGeoffrey K. Pullumのブログから話題になったものです。
現代を代表する文法学者がベストセラーのスタイルを分析するのは非常に参考になります。
ブログの関連記事では、たとえば、他にも
"Terrorism," the professor had lectured, "has a singular goal."
このlectureの使い方はおかしい、とかいろいろ指摘があります。

It Was the Best of Sentences, It Was the Worst of Sentences
は今、円安で高めですが、なかみ検索できるので読んでみるといいでしょう。
コメント1件

258
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 14:27:45  ID:A0SBiD7j.net(7)
【shall like to, will like to, would like to, should like to
  --- "Wuthering Heights" に関連して】

"would like to" は頻繁に使われる。"should like to" はそのイギリス版
なので、イギリス人がよく使う。しかし、"will like to" や "shall like to" は
使わないものだと思い込んでいた。しかし、"would (should) like to" に
比べたら圧倒的に頻度は低いけど、一応は使われていることがわかった。

(1) would like to, should like to, shall like to, will like to
https://books.google.com/ngrams/graph?content=would+like+to%2C+should+...;year_start=1800&year_end=2000&corpus=15&smoothing=3&share=&direct_url
=t1%3B%2Cwould%20like%20to%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cshould%20like%20to%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cwill%20like%20to%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cshall%20like%20to%3B%2Cc0

上記の Google Books Ngram Viewer のグラフを見れば、その様子がわかる。
さらに、"will like to" と "shall like to" の頻度の差については、次の
グラフを見るとわかる。

(2) shall like to, will like to
https://books.google.com/ngrams/graph?content=will+like+to%2Cshall+lik...;year_start=1800&year_end=2000&corpus=15&smoothing=3&share=&direct_url=t1%3B%2Cwill%20like%20to%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cshall%20like%20to%3B%2Cc0

The Corpus of Contemporary American English (COCA) でも調べてみたが、
やはり would (should) like to に比べると、will (shall) like to の頻度は実に低い。

検索をしないで洋書などで実際に "will like to" を見たことはなかったけど、
"shall like to" については、今日、初めて見た。

"And he will be rich, and I 【shall like】 to be the greatest
woman of the neighborhood, and I shall be proud iof
having such a husband."
("Wuthering Heights," Chapter 9; Everyman's Library, p.88)

259
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 14:38:25  ID:A0SBiD7j.net(7)
【現代でも使われる "shall like to"】

The Corpus of Contemporary American English (COCA) で "shall like to"
を検索すると、2件だけ引っかかった。少ないけど、一応は現代でも使われて
いるのだ。次の文章では、shall が連発され、未来のことを述べ続ける。

Date 2001 (20011017)
Title Commentary: Mourning the more than 5,000 killed in terrorist attacks
Author BOB EDWARDS
Source NPR_Morning
Expanded context:

. . . and your beauty as the Earth tilts. The radiating streets, the gleaming buildings,
the bridges, the rivers all spinning away from me, as you have. I 【shall】 behold
the roaming cities, the distant ocean, the blur seam of the sky. I 【shall】 stand
proudly beside your names, floating in the space where you have been,
where I can summon your images, your voices, your smiles. I 【shall】 see
you glorious in sunlight. I 【shall】 find you wreathed in fog, moonbeams
in your bones, through your skin. I 【shall like to】 see sunset shimmer
playfully on your faces, all saying that our loves, our lives, our dreams
can never be wholly stolen from us. When night falls, our towers 【shall】
stand like bright brothers in the darkness, guiding us, uniting us. And you,
our dear ones, now belong not only to us but also to all the world.

EDWARDS: Andrew X. Pham is the author of " Catfish and Mandala:
A Two Wheeled Voyage Through the Landscape and Memory of Vietnam

http://corpus.byu.edu/coca/

260
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/22 14:42:08  ID:cAKhWEyY.net(2)
巻き添えのFuck

http://stuartcantrill.com/2015/02/08/a-quantitative-analysis-of-how-oft...
Nature紙に登場するfuckという語を調べた記事。1937年に掲載されたFuckは... という話など。

261
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 14:43:14  ID:A0SBiD7j.net(7)
【"shall like to" を使った現代の文章(2つ目) --- COCA より】

あと一つだけだから、一応、これも引用しておく。ところで、この本のタイトルが
この下の2行目に書いてあるけど、笑ってしまった。

Date 1995 (Fall)
Publication information Fall95, Vol. 15 Issue 2, p97, 18p
Title 【Darwin and pain: Why science made Shakespeare nauseating.】
Author Levine, George
Source Raritan
Expanded context:

. . . moment and attended to every fluttering of her pulse. The consolation
from that week was for both Darwin and his wife the record of his relentless
observation of the fluctuations in his daughter's symptoms. He tells Emma
that " it is a relief for me to tell you... how every hour passes. " Emma replies, "
your account of every hour is most precious. " And she asks him, now aware
that her daughter is dead, not to throw away an optimistic letter of that day
that he did not send. "【I shall like to】 see it sometime. "
# His daughter's pain had been unbearable and yet he was compulsively and
lovingly driven to confront it. Both sensitive father and husband and recording
scientist are present in these letters. But for the death of his daughter there
was no consoling explanation. Nothing could make it meaningful, and both he
and Emma admitted to bitterness. Beyond the careful recording of the slow
death, Darwin had to turn away from the grave and return to his loving wife, whom he

http://corpus.byu.edu/coca/

262
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 15:52:53  ID:A0SBiD7j.net(7)
【「馬鹿にしたようにニヤリと笑う」という意味での smile?
   --- "Wuthering Heights," Chapter 9】

現代では、smile とだけ言って、それに形容詞や副詞をつけなかったら、
必ずと言っていいほど「よい意味での微笑み」を意味するのではないだろうか?
僕自身は、標準的な現代英語を読んだり聞いたりして、形容詞も副詞も
伴わない smile が否定的な「馬鹿にしたときのニヤリとした笑い」を
意味している場面に出くわしたことがない。ただ、フランス語を母国語とする
ベルギー人が僕にやたらに「バカにしないでちゃんと聞いてね」という
意味で "Don't smile." と頻繁に言っていたことはあるが、それは
その人がフランス語またはベルギー風のフランス語からの類推で
そのように言っていただけだろうと思っていた。

ここで、"Wuthering Heights" の中で、「形容詞や副詞を伴わない
smile が否定的な意味を持つ例」を見つけた。こんなのは、初めてだ。

And this is one -- I'm going to tell it -- but 【take care not to smile】
at any part of it."
"Wuthering Heights, Chapter 9; Everyman's Library, p.90)

上記の一節は、Catherine の台詞。隣人の Edgar Linton から求婚され、
すぐに承諾したものの、Heathcliff を愛しながらも Edgar と結婚しても
本当によいものかどうか良心の呵責を感じるので、家政婦 Nelly Dean
に相談を持ちかけて、「今から私の本心を話すから、笑わないでよ」と
言う場面。

もしかしたら、昔は smile をこのように悪い意味でも使うことがあったの
だろうか?もちろん、現代でも、悪い意味で使うときはあるだろう。しかし
そのときは、必ず "a wry smile" などというふうに、悪い意味の形容詞を
伴う。形容詞や副詞を伴わないで、いきなり "Don't smile." などと
言って、「(馬鹿にして)笑っちゃいやよ」という意味では、現代標準語では
使わないのではないかという気がする。
コメント1件

263
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 17:47:36  ID:A0SBiD7j.net(7)
>262
これについて、ネイティブたちに質問してみた。

Take care not to *smile*. (Wuthering Heights)
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2972918

264
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/22 18:37:24  ID:zcT+Bue7.net(2)
>257
迅速な返答有難うございます。
きっかけはCGELの人でしたか。かなり厳しく言われてますね。
コメント1件

265
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/22 18:51:38  ID:A0SBiD7j.net(7)
【Investigation I will not comment on it this time.】

And I will like to answer the questions here,
but 【investigation I will not comment on it】 this time.

Source information:
.Date 2012 (120328)
Title For March 28, 2012, CBS
Source CBS_ThisMorning

(Corpus of Contemporary American English)

"will like to" を使った例文を COCA で探していたら、たまたま
上のような面白い例文を見つけた。アメリカの CBS の番組での
話し言葉の一部だ。【  】の中では、目的語である investigation
をまずは文頭に置き、そのあとに comment on だけで終わらせるのは
心もとないのかもしれないが、on のあとに it を置いている。
書き言葉ではこのようにはならないのだろうけど、少なくとも
話し言葉では、テレビの報道番組の最中でもこのような
英語が使われるのだということを知って、面白く思う。

266
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 07:11:26  ID:7w2X97H/.net(10)
【Ellen, shut the window. I'm starving! -- "Wutheriing Heights"】

Heathcliff のことを愛してはいるが Edgar Linton と婚約したということを
Catherine が家政婦 Nelly Dean に対して打ち明けた直後に、
それを物陰から聞いた Heathcliff がこっそりと Wuthering Heights
を抜け出し、どこか遠いところへ行ってしまう。Catherine はあちこちを
血眼で探し回るが、Heathcliff の姿は見えない。半狂乱の Cathy は、
雨の降る中を外で、shawl も bonnet もつけずに、ずぶぬれに
なりながら徹夜する。そして、朝、イライラした口調で Cathy が Nelly に
次のように言う。

   "Ellen, shut the window. I'm 【starving】!"
   And her teeth chattered as she shrunk closer
   to the almost extinguished embers.
     ("Wuthering Heights," Chapter 9 の終わり近く,
     Everyman's Library, p.98)

前後の関係から、この starving は「おなかがペコペコ」という
意味でなく、「寒くてたまらない」という意味だとわかる。

starve
[archaic or dialect] be freezing cold
例文: Pull down that window for we are perfectly 【starving】 here.

方言や古い英語もふんだんに出てくるので、こういう小説は読みにくい
ともいえるけど、同時に、とても面白いとも言える。これをすべて現代の
標準英語に書き換えると、その面白みもがくんと減ってしまう。
夏目漱石の「猫」を現代の NHK のアナウンサーみたいなしゃべり方
に書き換えたら、誰も読まないだろう。
コメント2件

267
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 07:21:26  ID:7w2X97H/.net(10)
>266 の starve の定義は、ODE(一巻本)によるもの。
OED Online も見てみよう。

starve
9. a. To cause to die of cold, to kill with cold;
also hyperbolically, to benumb with cold;
more emphatically to starve to death .
Chiefly pass. Obs. exc. dial.

そのあとに例文が10例も挙げてあるが、前後の文脈がはっきりしていて、
しかもかの John Milton による文章から引用する。

1667 Milton Paradise Lost ii. 600
Thither..the damn'd Are brought:.
From Beds of raging Fire to 【starve】 in Ice
Thir soft Ethereal warmth.

(OED Online)
コメント1件

268
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 07:38:10  ID:7w2X97H/.net(10)
>267
starve は、見てもわかる通りフランス語やラテン語から来たものでは
ないが、やはりゲルマン語由来のものだそうだけど、OED Online
の語源欄を見て、実はこれがドイツ語の sterben と語源が同じだ
ということに気づいた。sterben といえば、ドイツ語で "to die" という
意味の日常語だ。やはり、英語を勉強するにあたっては、
英語だけを眺めていてはダメだとつくづく感じる。

比較言語学の初歩の初歩でいいからかじって、英語の周辺のいくつかの言語
(つまりフランス語・ラテン語・ドイツ語・古典ギリシャ語)を少しで
いいから眺めながら英語を見れば、英語が立体的に理解できる。

現代ドイツ語での sterben が "to die" という意味で、おそらくはその他の
ゲルマン諸言語(Germanic languages) においてもよく似たものだろうと
認識しさえすれば、英語の starve も、実はもともとは "to die" という
意味であったかもしれず、それが後になって「凍えて死ぬ」という意味や
「飢え死にする」というふうに意味が発展していったのかもしれないと
想像することは容易だ。そして実際に OED Online で、starve の
意味の歴史的発展の様子を眺めてみる。

その前に、研究社「英語語源辞典」を見てみる。その辞典に載って
いることを、わかりやすく書き直しながら抜粋してみる。

   starve
   (1) Old English (1657) 死ぬ
   (2) (1436) 餓死する
   (3) (1530) 餓死させる、(方言)凍死させる

   ●Old English -- steorfan (to die [of hunger]); 原義 to become rigid
   ●Dutch -- sterven (to die) (オランダ語は、ドイツ語よりもさらに英語そっくり)
   ●German -- sterben
コメント1件

269
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 08:02:28  ID:7w2X97H/.net(10)
>268 【starve という言葉の意味の歴史的発展(OED Online より)】

単語の意味が歴史的にどのように発展してきたかを見るには、
OED がダントツに役立つ。OED では、古くからある意味合いが
先頭にあり、そのあと少しずつ新しくなっていく。だから、
前から順番に読んでいけばいい。starve という単語の意味を
歴史的に辿ってみると、やはり面白い。この単語についての
OED の定義文のうち、主なものをここに列挙してみる。

starve
I. Intransitive uses.

●1. To die. Said of a person or animal.
In late use apparently
to die a lingering death, as from hunger, cold, grief, or slow disease.
Also, in spiritual sense, of the soul. Obs.
(例文の年号: c1000?a1657)

●2. With various constructions, specifying the cause of death.
In later use with modified sense:
To be brought gradually nearer to death, to be in process of being killed;
to suffer extremely. Now only dial.
(例文は 1124年から)

●†3. Of plants or their parts:
(3の前についている十字架のマークは、「今は使われていない語義」という意味)
To die, wither. Of a material substance:
To lose its characteristic quality, spoil, deteriorate. Obs.
1393?a1722

(続く)

270
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 08:10:25  ID:7w2X97H/.net(10)
(続き)
●4. a. [Originally ellipt. = 2b]
To die of hunger;
to perish or be in process of perishing from lack or insufficiency of food;
to suffer extreme poverty and want;
more emphatically to starve to death .
Also hyperbolically in colloquial use: To be extremely hungry.
1124?1910

●b. transf. Of an animal or plant:
To die or lose vitality for lack of proper nutriment.
a1680?1866

●5. a. [Originally ellipt. = 2c]
To die of exposure to cold;
chiefly used hyperbolically,
to suffer extreme cold, to be benumbed or ‘dead’ with cold.
【Now only north.】(この部分に注意。"Wuthering Heights" で
使われている starve の意味は、これ。)
1602?1772

●†b. quasi-trans. to starve out : to endure in perishing cold. Obs.

★ II. Transitive uses.
●†6. a. To cause to die, to kill, destroy. Const. by, for, with. Obs.
a1529?1706

●†b. To cause (a plant, bodily limb or organ) to wither or perish. Obs. Cf. 8.
1580?a1616

(続く)

271
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 08:15:36  ID:7w2X97H/.net(10)
(続き) OED Online による starve の意味

●7. a. To cause to perish of hunger;
to deprive of or keep scantily supplied with food;
†also with up; †more definitely to starve for hunger or meat ;
more emphatically to starve to death .
1530?1861

●b. To subdue by famine or low diet;
also with down, out;
to force into (a course of action) by starvation.
a1625?1839

●c. To cure (a disease) by abstemious diet; also with out.
1617?1885

●8. To produce atrophy in (a plant, an animal or vegetable organ, a morbid growth)
by withholding nutriment.
Also fig. with immaterial object.
So to starve out , to destroy by absorbing all the available nutriment.
1630?1899

●9. a. To cause to die of cold, to kill with cold;
also hyperbolically, to benumb with cold;
more emphatically to starve to death .
Chiefly pass. Obs. exc. dial.
1600?1893

(OED Online による "starve" という単語の意味の歴史的変化の終わり)

272
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 08:34:20  ID:7w2X97H/.net(10)
>266 にて紹介した Cathy の「凍えそうだわ」.という意味の
"I'm starving!" の starve という単語の意味は、こういうわけで、
昔は一般的だったが、今では Northern English でしか使われない
方言だということだ。それについての OED Online の解説を
例文つきで紹介する。

starve [intransitive verb]
5. a. [Originally ellipt. = 2c]
To die of exposure to cold;
chiefly used hyperbolically, to suffer extreme cold,
to be benumbed or ‘dead’ with cold.
【Now only north.】(北部方言においてのみ使用)

例文
(1) [c1380 【Steruen】 for cold [see sense 2c].
1526 【Storuen】 for colde [see sense 2c]. ]

(2) 1602 S. Rowlands Greenes Ghost (1872) 27
So out of doores go they with his clothes..
and left Nicholas Nouice 【staruing】 and quaking in that doghole.

(3) [a1604 【Starve】 for cold [see sense 2c].
a1620 【Staru's】 with cold [see sense 2c]. ]

(4) 1710 Swift Jrnl. to Stella 30 Dec. (1948) I. 144 (★かの有名な Johnathan Swift)
The weather grows cold... I'll go rise, for my hands are 【starving】 while I write in bed.

(5) 1731 Pope Epist. to Earl of Burlington 11 (例の Alexander Pope)
Imitating Fools..Shall call the Winds thro' long Arcades to roar,..
And if they 【starve】, they 【starve】 by Rules of Art.

(続く)

273
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 08:34:46  ID:7w2X97H/.net(10)
(続き)

(6) [1735 【Starves】 with cold [see sense 2c].
1756 【Starve】 of cold [see sense 2c]. ]

(7) 1772 J. W. Fletcher Appeal Matter of Fact iii. 106
Whether they 【starve】 in the snows of Lapland, or burn in the sands of Guinea?

(8) [1867 【Starving】 with the cold [see sense 2c]. ]

(OED Online)

274
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 15:31:06  ID:7w2X97H/.net(10)
【She weathered it through. (= Cathy weathered her delirium through.)
   "Wuthering Heights," Chapter 9】

Catherine が Edgar と婚約したことを Heathcliff が知った直後に
失踪したため、半狂乱になった Catherine は病気になる。
かなり大変な状態だったが、何とか持ちこたえた。

   . . . she weathered it through.

   ("Wuthering Heights," Chapter 9; Everyman's Library, p.100)

このような weather という動詞の使い方が面白い。OED Online による次のような
解説を読んでもわかるように、最初は海事用語として、船が嵐を無事に
乗り越えるという意味だったが、それが比ゆ的に「困難を乗り越える」という
意味になったらしい。それにしても、昔の船は現代のジェット機と同じくらいの
最先端技術を駆使した乗り物だったのだが、イギリスは特に船の技術で世界を
席巻していたのだから、余計のこと海事用語がはびこり、そのうちのおびただしい
単語が、日常語として発展していったことだろう。

weather
4. trans.
a. Naut. To withstand and come safely through (a storm). Often with out (also absol.).

b. fig. or in fig. context. To come safely through
(a period of trouble, adversity, affliction, etc.);
to sustain without disaster.

c. gen. To pass through and survive (severe weather).

(OED Online)

275
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/23 21:52:41  ID:7w2X97H/.net(10)
【"Wuthering Heights" の Chapter 9 の終わりあたり】

構文がよくわからないというか、どの phrase がどの
phrase を修飾しているのかわからない箇所があった
ので、例のごとくネイティブたちに質問してみた。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2973478

276
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/23 23:21:39  ID:9GLGsWon.net(2)
>264
厳しいですね。相当な厭味です。逆にいうとダビンチコードブーム
がそれほどのものだったということでしょうね。

Holy Writ
Learning to love the house style.
http://www.newyorker.com/magazine/2015/02/23/holy-writ

70年代から、new yorkerの校正を担当しているMary Norrisの回顧。
John UpdikeやOliver Sacksなどをチェックしてきたという。が、中心は
スタイルについてのよもやま話し。serial commaなど、カンマにまつわる
思いが綴られていて非常に面白い。NYTimesで“That is nutty, of course.” と
揶揄されたNew Yorkerの独特なカンマ遣い。Maryは上司であったEleanor Gould
(50年以上New Yorkerの "the" grammarianをしていた。)に、
“What if Eleanor goes crazy?” と思いを馳せる。

Ben Yagodaのツッコミと、その返答はこちら。
http://opinionator.blogs.nytimes.com/2012/04/09/fanfare-for-the-comma-man/
http://www.newyorker.com/culture/culture-desk/in-defense-of-nutty-comm...

277
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/23 23:31:14  ID:9GLGsWon.net(2)
Yagodaの件の記事に、なるほど、というよい例が紹介されていた。

So in the first line of “Pride and Prejudice” (1813), Jane Austen wrote:

“It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession
of a good fortune, must be in want of a wife.”

By about a century later, comma rules had been codified such that
both commas in the sentence (after “acknowledged” and “fortune”)
would be dispensed with.

278
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/24 07:32:49  ID:r3vntj2E.net(4)
【"Just be yourself."(自然体で。ありのままに)、そして "Let It Go"】

「洋書を読む」という趣旨から少しはずれるけど、wordreference.com での
ネイティブによるコメントを読んでいて、"Be yourself." という表現について
の話題が出た。"Be yourself." と言っても "Be you." と言ってもいいけど、
"Be youurself." を使うことの方が多いし、その方が適切だと感じる人が
主流のように見える。日本語の「自然体でいきなよ」とか「ありのままにね」
という言い回しに近いだろう。

Sometimes when a person is anxious about an interview or going on a date
a friend will tell them "【Just be yourself】". They'd be unlikely to say
"Just be you", though it's possible.

「ありのままに」で思い出すけど、Disney のアニメとして2年くらい前に日本でも
"Frozen"(アナと雪の女王)は大流行したそうだが(その大流行に僕は
気づかなかったけど)、主題歌の "Let It Go" が「ありのままに」と訳されている。

歌のリズムに乗せて原文とは違った意味の歌詞を作らねばならないのだから
そのように訳されたのだが、しかし英語を学ぶ人たちが "Let It Go" を
「ありのままに」という意味だと覚え込んでしまったらよくないだろう。

"Let it go" は、「ありのままに振る舞え」という意味ではなく、あくまで
「過去のことやいろんな問題は忘れろ」という意味であるはずだから。
あるいはもしかして、「ありのままに振る舞え」という意味で使うことも
あるのだろうか?
コメント1件

279
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/24 07:34:06  ID:r3vntj2E.net(4)
>278 に出てきた英文の出典である URL を貼り付けるのを忘れていた。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2973708

280
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/24 07:57:02  ID:r3vntj2E.net(4)
【目的語が文頭に出る例(That I had a great mind to tell him.)
   --- "Wuthering Heights," Chapter 10】

目的語が文頭に出る例を、検索や文法書によってではなく
洋書や新聞雑誌や映画などを読んだり聴いたりしている
ときに出っくわした経験は大事にしたい。そんなにしょっちゅう
あるわけではなく、ぼんやりしていると見逃す(聞き逃す)
ことも多い。

さらには、that という目的語が文頭に来ていると、
それが接続詞の that だと言い放つ人も多い。さらには、
せっかく目的語が文頭に来て強調されているのに、
それは単に目的語のあとの目的格の関係代名詞が
省略されている例に過ぎないと主張する人も出てくる。

Scoundrel! He is not altogether guiltless in this
illness of mine; and 【that】 I had a great mind to tell him.

("Wuthering Heights," Chapter 10 の冒頭近く,
  Everyman's Library, p.103)

上記の一節は、London からここ Yorkshire までやってきた
Mr Lockwood が、Heathcliff の家でいろいろ苦労したあと、
ひどい風邪を引いて4週間も寝込んでしまったのだが、
そのあいだ、Heathcliff が見舞いに来てくれた。その
Heathcliff について Mr Lockwood が心の中でブツブツ
言っている場面。

(続く)
コメント1件

281
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/24 07:57:44  ID:r3vntj2E.net(4)
>280 の続き 【目的語を文頭に出した例】

Chapter 10 - Wuthering Heights by Emily Bronte
https://www.youtube.com/watch?v=KwHZhyc69Xw&;t=50s

上記のリンクをクリックすると、ビデオの冒頭から50秒目のところ、
つまり Chapter 10 のこの部分が出てくるが、朗読者ははっきりと
that を強く発音しているので、少なくともこの朗読者は、
この that を接続詞としてではなく、「あれ、それ」という意味の
指示代名詞(って言うんだったかな?)として使っていると
解釈していることがわかる。
コメント1件

282
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/25 09:56:07  ID:v1RF1VFR.net
>100
"Come in! come in! he sobbed. "Cathy, do come. Oh do -- *once* more!
Oh! my heart's darling, 【hear me *this* time -- Catherine, at last!】"

この台詞についても、wordreference.com で質問してみた。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2974303

283
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/25 13:42:27  ID:oxXzNwkm.net
Eテレで伊集院がやってるフランケンを原書で読んだ人いる?

284
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/02/25 14:18:43  ID:Nl+zYPN6.net
>281
この朗読ビデオ、章ごとに分かれているところがいい。ありがとう。

285
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/26 19:00:26  ID:zTuNCF/O.net(4)
【sough (= a boggy or swampy place; a small pool)
  -- "Wuthering Heights"】

Ireland, Scotland, Northern England を舞台にした小説を読んでいると、
沼とか湿地という意味の言葉がよく出てくる。やはり、そういう地域なんだ
ろう。Samuel Beckett の作品にもよく出てきたが、Yorkshire を舞台にした
"Wuthering Heights" にも、やはりよく出てくる。

sough (= a boggy or swampy place; a small pool) という言葉も、
この小説に出てくる。この言葉はさほど一般的ではないらしく、
どんな辞書にも載っているというわけではない。

(1) A Pious Discourse delivered by the Reverend Jabez Branderham,
in the Chapel of Gimmerden 【Sough】.

(2) They sat together in a window whose lattice lay back against the wall,
and displayed, beyond the garden trees, and the wild green park, the valley
of Gimmerton, with a long line of mist winding nearly to its top (for very
soon after you pass the chapel, as you may have noticed, the 【sough】
that runs from the marshes joins a beck which follows the bend of the glen).

この sough という単語は、cuff と rhyme するように発音する。OED Online によると、
語源ははっきりしないが、Antwerp dialect で zoeg (= a small ditch in a meadow)
という単語があるそうだ。Antwerp は Denmark だ。そもそも、Northern England や
Scotland は、Scandinavia との交流が昔から盛んだったので、Scandinavian の
言語からの影響も強く受けている。その一環として、おそらくこの Antwerp dialect
の単語も Yorkshire に入り込んだのだろう。大昔からの船による Scandinavia と
Northern England との交易や人的交流が偲ばれる、奥ゆかしい言葉だ。
しかし、このように奥ゆかしく歴史が古く、人間の本質にも迫るような言葉こそ、
実は現代の実用的な学問や技能からはほど遠く、馬鹿にされ、軽視されてしまう。

286
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/26 19:15:25  ID:zTuNCF/O.net(4)
【beck (= a stream; Northern English) --- "Wuthering Heights"】

beck という言葉も出てくる。Northern English で "a stream" という
意味だそうだ。

============= ODE 一巻本より、引用はじめ =============
beck
Northern English; a stream
  ORIGIN: Middle English
  -- Old Norse: bekkr
  -- Dutch: beek
  -- German: Bach

Used as the common term for a "brook" in northern areas,
"beck" often refers, in 【literature】, to a brook with
a stony bed or following a rugged course, typical of such areas.
============ ODE 一巻本より、引用おわり ==============

上記のように、文学の上で特徴的な意味を帯びて使われるらしいので、
ぜひとも覚えておきたいと思う。というか、そう言えば、詩などで
beck という単語はよくお目にかかる。僕自身がこの意味をしっかりとは
理解しないで読み流してきたに過ぎない。

さらに、上記の語源欄のところで、beck はドイツ語の Bach と語源が
同じで、意味も似ているらしいことに注意したい。音楽の世界での
巨人である例の Bach の名前にそういう意味があったとは知らなかった。
コメント1件

287
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/26 19:34:49  ID:6NAf4aMB.net
1.
a perfect misanthropists heaven

288
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/26 19:38:25  ID:zTuNCF/O.net(4)
>286
beck という言葉については、OED Online には、
次のように書いてある。Scandinavia からの
影響が色濃い地域ならではの言葉の一つが、
この beck だということがよくわかる。

beck
1. A brook or stream: the ordinary name in those parts of England
from Lincolnshire to Cumbria which were 【occupied by the
Danes and Norwegians】;

hence, often used spec. in literature to connote a brook with
stony bed, or rugged course, such as are those of the north country.

(OED Online)

289
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/26 21:10:31  ID:Y5dOUbgT.net
OEDさん洋書読む時毎回ここまで文法や単語精査してるんですか?やっぱり最初は流し読み?
コメント1件

290
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/26 21:20:05  ID:zTuNCF/O.net(4)
>289
そうです。たいていの本は、最初は流し読みします。本当に気に入った本でないと、
こんなにまで真剣に辞書を引きまくったりはしません。

そもそも、 "Wuthering Heights" については、3年前から、すでに2回も辞書を
引かずに通読しました。今は、3回目です。通読しただけでなく、朗読を
何十回も聴きました。それだけ何度も読み流したり聞き流したりしたあとだからこそ、
やっと今、精読しようという気になったのです。

僕が精読する本と、辞書なしで通読するだけの本との数の比率は、
たぶん 1 対 50 か、あるいは 1 対 80 くらいかもしれません。

291
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/26 23:15:53  ID:dczmIRDx.net
もし気に入ったら精読しようかな、と考えて読んでいる。
The Last Unicorn

She did not look anything like a horned horse, as unicorns are often pictured,
being smaller and cloven-hoofed, and possessing that oldest, wildest grace
that horses have never had, that deer have only in a shy, thin imitation and
goats in dancing mockery.

冒頭付近からなかなか歯ごたえのある文を収集。dancing mockeryって変だなって
随分考えたが、ネイティヴ曰く単に詩的表現であるとのこと。
コメント2件

292
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/27 10:41:08  ID:NAptiAlA.net(4)
>291
けっこう難しいですね。僕なりに構文を分析してみます。

She (人間のことだと想定してみる) did not look anything like a horned horse,

as unicorns are often pictured,

(A) being [unicorns が主語] smaller and cloven-hoofed,
and
(B) possessing [unicorns が主語]
   【that (1)】 oldest, wildest grace(これが先行詞)
      【that (2)】 horses have never had, (関係代名詞に導かれる節)
      【that (3)】 deer have only in a shy, thin imitation (関係代名詞に導かれる節)
        and
              goats [have only] in dancing mockery.(上の" deer have only 〜"と呼応)

【that (1)】は、そのあとの【that (2)】および【that (3)】という
関係代名詞の先行詞が "oldest. wildest grace" であると
いうことを示すための印だと解釈します。

僕なりの全訳(後ろから訳し上げ):
一角獣というものは、クローバーのような蹄(ひづめ)をしていて、
馬が一度も持ったことがなく、鹿は恥ずかしげにかすかに真似るだけで、
山羊はというと、からかったように踊りながら醸し出すだけの、
古来からの例の野生的であること極まりない品位を持った角つきの馬として、
絵に描かれることが多いのだが、彼女はそんなふうには少しも見えなかった。

★ダメだ。僕には、わかりやすくこれを訳すなんてことは、そんなに
簡単にはできない。ほとんど降参。momi さんとか必殺翻訳人さんなら、
どう訳すだろうか?

293
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/27 11:05:02  ID:NAptiAlA.net(4)
>291
今度は、無理やりに前から訳し下ろしてみる。

(1) She did not look anything like a horned horse,
  彼女は、角を持った馬には少しも見えなかった。

(2) as unicorns are often pictured,
  一角獣は、そういうふうに絵に描かれることが多いのだ。

(3) being smaller and cloven-hoofed,
  一角獣は、もっと小さくて蹄(ひづめ)が二つに裂けていて、
  (さっきは、cloven と clover とを間違って訳してしまった。)

(4) and possessing that oldest, wildest grace
  例の、古来からの奔放この上ない品位を醸し出しているものだ。

(5) that horses have never had,
  そういう品位は、馬は一度も持ったことはなく、

(6) that deer have only in a shy, thin imitation
  鹿は恥ずかしげに微かに真似るだけであり、

(7) and goats in 【dancing mockery】.
  山羊はというと、【からかったように踊りながらしか】醸し出せないのだ。

最後の (7) の "dancing mockery" は、
僕にはきちんとした意味がわからない。
検索すると、これを使った用例はたくさん
見つかるけど。一種の決まり文句なんだろうか?
コメント2件

294
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/27 12:37:10  ID:NAptiAlA.net(4)
>293
>>(3) being 【smaller】 and cloven-hoofed,
  >>一角獣は、【もっと小さくて】蹄(ひづめ)が二つに裂けていて、

"smaller" と書いてあるが、何と比べて smaller なんだろうか?
"smaller than ordinary horses" ということか?それとも、
「小さ目」という感じで、"smaller than averagel animals" と
いう感じだろうか?

>>(4) and possessing that oldest, 【wildest grace】
  >>例の、古来からの【奔放この上ない品位】を醸し出しているものだ。

これは、「奔放この上ない」という意味ではなく、
「自然な品位」という感じだろうか?

295
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/27 12:56:39  ID:6uXTdxy5.net(2)
>293
sheは主人公であり、the last unicornです。文脈不足でした。
構文の構造は自分の読みと一緒です。ただ、
「彼女は、よく描かれるようなタイプの角をもった馬には見えなかった」
とし、その後の各分詞構文の主語はあくまでshe(=the last unicorn)と読みます。
蹄が割れているというのは、馬とはちがう彼女の特徴を表しています。
で、dancing mockeryですが、正直よくわかんないですね。検索で
かかるのは、この引用が多いはずです。google booksでは、
His eyes held dancing mockery という文がでてきますが、これは
DANCE • (of someone's eyes) sparkle with pleasure or excitement.
he grinned, his grey eyes dancing. (ODE)の仲間でしょう。本書の用例は、
この文学的変化形のような気がしています。ということは、mockeryという質が、
あくまで楽しげに躍動しているさま、というイメージになります。

smallerは、一般的に描かれる一角獣よりも小さく、ですか。
コメント1件

296
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/02/27 13:10:56  ID:6uXTdxy5.net(2)
that oldest, wildest grace は、
非常に古く、人の手が加わっていない状態に見られる
優雅さ、ということでしょう。that「かの〜」くらいかなあ。

297
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/02/27 13:16:54  ID:NAptiAlA.net(4)
>295
なるほど、解説をありがとうございます。

DANCE
(of someone's eyes) sparkle with pleasure or excitement.
he grinned, his grey eyes dancing. (ODE)

このような dance という言葉の使い方を、
しっかり覚えておきたいなあ。
理解するだけじゃなく、自分で使えるようになりたい。

298
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/28 00:13:42  ID:NuKc9+Mg.net(4)
2.
you are a castaway

299
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/28 00:57:56  ID:700OriFr.net
“This book is dedicated to my parents, Ayn Rand and God.”

引き続き
Holy Writ
Learning to love the house style.
http://www.newyorker...2015/02/23/holy-writ
より、シリアルカンマ無いが故の可笑しな実例。

300
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/28 09:37:30  ID:NuKc9+Mg.net(4)
3.
the speaker sprang to a safer distance,
obviously acquainted with its weight.

301
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/28 10:35:40  ID:NuKc9+Mg.net(4)
4.
everybody knew that he was a kind of vain weathercock.

302
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/02/28 10:48:23  ID:NuKc9+Mg.net(4)
5.
she cannot always be a good lass.

303
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/01 00:18:26  ID:tZ2DG0b9.net(2)
6.
やっぱりここだよな
my tame pheasant

304
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/01 02:25:25  ID:4XVTma2O.net(3)
「英文解釈教室」より新々英文解釈の方がはるかに優れている
英語の勉強をやり始めて長いけど、『新々』は今でも
時々参照している。「解釈教室」から学ぶところは今では
殆どない。一番の問題は、伊藤氏の解説は、しばしば体系的、
構造的といわれているけど詳細に読んでみると、場当たり的で、
どんどん横道に逸れて行ってしまう部分が多い。そういうのはまあ、
現場で多くの受験生を相手に指導していたということが原因と思う
んだけど、つまり時間が無かったと・・。
 英文の構造に着目し考察した、というけどほんとにそう言える?
解説を読んでみると、「読解の力点」を提示していったという感じ。
でも結局、そういうのって、単に国語の力の問題ではないかなと思う。
また、読解の力点の提示にしても、そういうのは熟語とか語法、英文法の
知識があってはじめて浮き上がってくるものだと思う。それらの知識が
ないのに、「読解の力点」の受容なんて絵に描いたモチだと思う。そういう
ところから、伊藤氏は後期に転向して「ビジュアル」書いたと言えない?

305
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/01 03:53:24  ID:4XVTma2O.net(3)
そもそも、「解釈教室」で提示されているような文章レベルだったら
伊藤氏が提示している方法、視点から読まなくても、文法とか語法、
熟語表現の知識で充分に対応出来る。もっと高度な文章を読むんだったら
彼の方法から学べるところも多いと思うけど、つまり文章としてもっと
入り組んだ文章ということなんだけど、こればかりは彼のテキストが
ないからなんとも言えない。要するに肩に力が入りすぎた読解で、
柔軟に英文に対応できない。それに長文の読解だったら、ある程度
読解の「視点」が見えなくても、前後関係からそれを明らかにすることが
充分に可能。これは代ゼミの西氏についても言えるけど、長文の文章から
ある中心部分を引き出してきて読解させるような方法はどうかなと思う。
つまりそこで教えられているようなことって結局、前後の文章を読めば
見えてくるんじゃない?ってこと・・。
 それに比べれば、代ゼミの富田氏は、文法、語法、熟語の大切さをよく
分っている。動詞の数を数えるなんていう教え方もそこに理由があると思う。

306
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/01 03:54:42  ID:4XVTma2O.net(3)
その上で彼は、伊藤和夫氏が受験英語に持ち込んだ、英語の基本的な
成り立ちを理解した上で、つまり5文型を理解した上で英文読解をしていく
という道程を提示していると思う。またその点に伊藤氏の現在の評価が
あるのであって、彼の、特に「解釈教室」で提示した方法を過度に評価
するのは間違っていると思う。彼の、英文解釈における総合的な視点なんて、
雲の上に立てられた建築物なんだから。それは「解釈教室」の目次を見る
だけで分る。もちろん自分も解釈教室はやった上で言っているんだけど。
 もっと入り組んだ英文の読解ということでは多田氏の「思考訓練」がある
けど、あれをやるんだったら素直に対訳本を読んだほうがいいと思う。
 「新々・・」は単にイディオム学習の教本じゃないし。解説をくまなく
読めば、英文の成り立ちに遡って、専門的にも正確な解釈が提示されているし。
 伊藤氏のテキストの一番の問題は、「解釈教室」にしても「長文読解教室」
にしても、選択されている英文の内容が古いっていうこと。80年代の
時事的な問題意識が彼の中心にあると思うんだけど、今読んだらやはり古い
という感じな否めない。文章として死んでしまっているものが殆ど。
それに比べたら「新々」で選択されている文章は、今読んでも興味深い
ものが多いし、学ぶところが多い。これは自分にとっては一番大きい。
確かに「新々」で解説されていることは、文法として古いものが多い
かと思うけど、古典とか読むこともあるわけだし、別に気にならない。

307
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/01 10:19:21  ID:tZ2DG0b9.net(2)
7.
he can perhaps extract as much enjoyment from the whole.

308
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/01 19:46:15  ID:4QUMDuqN.net
【"Let me hope my constitution is almost peculiar.
  --- "Wuthering Heights"】

"Wuthering Heights" の Chapter 1 に出てくるこの台詞は、
何十回もその朗読を歩きながら聞いたが、いまだに違和感を
感じる。これについて、やはりネイティブたちに質問してみた。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2976457

309
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/02 01:23:40  ID:TlYhTED2.net
8.
except in a very ghoulish fashion

310
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/02 23:57:32  ID:AJlf7paR.net
9.
his and mine are the same.

311
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/03 02:19:23  ID:KdZvGJeQ.net
10.
should the meanest thing slap me on the cheek,
i would not only turn the other,
but i would have to ask pardon for killing it.

312
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/03 20:23:35  ID:v5f8vnyz.net
【先行詞を含んだ関係代名詞 what と同じ意味での that】

Isabella swears that the love Edgar has for me is nothing
to 【that】 she entertains for you.

("Wuthering Heights," Chapter 10; Everyman's Library, p.120)

Catherine の義理の姉妹である Isabella が Heathcliff に
恋していることを知った Catherine は、Isabella がいる前で、
Heathcliff に対して上のような台詞を言っている。
「Edgar(Catherine の夫)が私(Catherine)に対して抱いている
愛情なんて、Isabella があなた(Heathcliff)に対する恋心に
比べたら、ゼロに等しいんだって言い張るのよ」
というわけだ。

ここで使っている that は、現代英語での what と同じで、
先行詞を含んだ関係代名詞であるはずだ。1847年に出版された
この小説の古めかしい英語が、何とも言えず味わい深いと
感じてしまう僕は、やはり現代の社会にはあまり向いていない。
現代の軽薄なアメリカ英語なんかよりも、200年前の英語の方が
快く感じられてしまう。

ただ、こういう古めかしい英語を
縦横無尽に読みこなせるようになるまでには、相当な時間がかかり
そうだ。しかし、それを乗り越えたら、それよりもさらに200年前の
Shakespreare の英語も身近に感じられるようになるに違いない。
コメント1件

313
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/03 20:34:44  ID:Z9qOcCzN.net
カズオイシグロ新作出たし買わなければ

314
momi[]   投稿日:2015/03/03 23:29:11  ID:H/mSpq1+.net
>312
entertainsは自動詞で、thatは名詞節を導く
ように見えるけどどうなんだろうか。無論、
今の英語ではこうは使わないけど。
コメント1件

315
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/04 00:14:22  ID:uI6/lsnO.net(2)
11.
your presence is a moral poison.


316
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 06:38:15  ID:PCdJ6qLq.net(6)
>314
そう言われると、わかっていたつもりの僕は、
実は大してわかっていなかったことに気づいた。
考え直してみよう。

(1) Isabella swears that
   the love [that] Edgar has for me --- (主語。「Edgar が私に対して抱いている愛情」)
     is nothing to --- (AAA は、BBB に比べるとまったくつまらない)
       【that】 she entertains for you.

(2) 【that】 (she entertains) の that は、ひとまず
置いておこう。

(3) "AAA is nothing to BBB." という表現については、
「ジーニアス英和、第5版」の to の項目の
(14) には、例文として、次のように書いてある。

   This book 【is nothing to】 the one I read yesterday.
     (この本は、昨日読んだのと比べるとまったくつまらない。)
        (p.2200, 左の上から15行目あたり)

(4) entertain は、少なくとも「ジーニアス英和、第5版」では、
自動詞としては、「食事をしてもてなす、話や演奏などで楽しませる」
と書いてある。

一方、entertain の他動詞としては、「(希望などを)抱く」とある。

   He 【entertained】 the idea of visiting Japan.
   He still 【entertains】 hopes (a hope of) being mayor.

(続く)
コメント1件

317
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 06:47:40  ID:PCdJ6qLq.net(6)
>316 の続き

(5) その上で、原文に立ち返ってみる。

Isabella swears that
   the love [that] Edgar has for me
     is nothing to
       【that】 she entertains for you.

最後の "that she entertains for you" の that が
the love that (OR which) と考えれば、すんなりと
意味が通じると思うのだが、どうだろうか?

"that" を "the love that" に書き換えると、次のようになる。
Isabella swears that
  the love [that] Edgar has for me
    is nothing to
      【the love that】 she entertains (OR has) for you (= Heathcliff).

このような理由で、1847年(つまり170年前)に出版された
この本においてのこの that は、通常の関係代名詞ではなく、
先行詞を含んだ関係代名詞である what と同じ意味でも
使われていたに違いないと感じている。

318
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 07:04:49  ID:PCdJ6qLq.net(6)
【先行詞を含んだ関係代名詞 what と同じ意味での that】

そういう that についての OED の解説を引用してみる。なお、
あまりに古い文献からの引用は、難しすぎるので省く。

that
3. As subj. or obj. of the rel. clause, with ellipsis of the antecedent.

a. Of things: th?t [that の a の上に谷型の特殊文字がついている]
= (the thing) that, that which, what.
Very common down to 16th c.; now arch. and poetic, what being the prose form.
In later use the single that may become emphatic,
and is then demonstrative with ellipsis of the relative: see that pron.1 7.

(1) 1611 Bible (King James) Job xlii. 3
Therefore haue I vttered 【that】 I vnderstood not.

(2) a1616 Shakespeare As you like It (1623) iii. ii. 71,
I earne 【that】 I eate: get 【that】 I weare.

(3) 1887 W. Morris tr. Homer Odyssey xii. 301
In peace eat 【that】 ye have.


3. b. Of persons: th?t [that の a の上に谷型マーク]
= (the person) that, he (or him) that, one that;
pl. (persons) that, they (them), or those who.
Now only after "there are" and the like: see there adv. 4f.

(続く)

319
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 07:14:25  ID:PCdJ6qLq.net(6)
(続き)
さらに、僕にとっては難しいのだけど、OED の別のところには、
次のようにも書いてある。

that [pronoun 1]

7. With ellipsis of a following relative (subj. or obj. of the relative clause):
= that person or thing (sc. ‘that’ or ‘which’).

Now only where that is definitely demonstrative or emphatic, as in A. 1.
【In earlier use the antecedent pron. was omitted】: see that pron.2 3.
From the 16th c. onwards there are examples in which it is difficult
to say whether the single that is the antecedent or the relative.
Wherever it is emphatic it may be considered the demonstrative.
Cf. also that pron.2 3, 10.

例文についても、直近のもの3つだけをここに列挙する。

(1) 1852 M. Arnold Tristram & Iseult i. 7
Who is 【that】 stands by the dying fire?

(2) 1883 J. G. Whittier Our Country 12
The best is 【that】 we have to-day.

(3) 1894 H. H. Gardener Unofficial Patriot 49
She was not of his fold! It was 【that】 she thought of.

(OED Online)
コメント1件

320
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/04 08:59:02  ID:zHiY3jic.net
Japantimes ST で、かつて若者のたまり場だったショッピングモールが
減少してきている旨を伝える記事の冒頭部分です

"Cierra Dorsey has happy memories of hanging out at the mall as a
teenage girl, an adolescent rite of passege under threat in parts
of the U.S. as old-fashioned malls close their doors. "

この文章は、〜a teenage girl,( which is )an adolescent rite 〜と
と関係詞が略されてるのか、それともコンマ以下は、" an adolescent rite
of passage " を主語とする分詞構文で under の前に being が略されてる
んでしょうか
コメント3件

321
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 09:59:34  ID:PCdJ6qLq.net(6)
>320
その二通りの解釈で、原文を無理やりに書き換えてみます。

● (1) a teenage girl, 【which is】 an adolescent rite と解釈すると

  Cierra Dorsey has happy memories of hanging out at the mall as a teenage girl,
  【which is】 an adolescent rite of passege under threat in parts
  of the U.S. as old-fashioned malls close their doors.

これを言い換えると、

  Cierra Dorsey has happy memories of hanging out at the mall as a teenage girl.
  【Hanging out at the mall as a teenage girl is】
  an adolescent rite of passege under threat in parts
  of the U.S. as old-fashioned malls close their doors.

一応、これできちんと辻褄があるような気がします。

● (2) an adolescent rite of passage 【being】 an adolesceint rite と解釈すると

  Cierra Dorsey has happy memories of hanging out at the mall as a teenage girl,
  an adolescent rite of passege 【being】 under threat in parts
  of the U.S. as old-fashioned malls close their doors.

そして分詞構文を普通の文に変えると、

  Cierra Dorsey has happy memories of hanging out at the mall as a teenage girl,
  An adolescent rite of passege 【is now】 under threat in parts
  of the U.S. as old-fashioned malls close their doors.

これは、少し変だと僕は思います。上記の "An adolescent rite" の an は
The とか This に変えないと変です。したがって、僕が思うには、(1) の解釈だけが成り立ちます。
コメント1件

322
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/04 10:03:27  ID:DknOpYr/.net(2)
>319
すいません、そっかー、関係詞節っぽいですね。entertainの自動詞の意味も
合わないし。昔めの英語読もうと思った時から、ずっと変なthatに悩んでいるん
ですよね。で、今の文法書には書いてない。歴史的にthat whatみたいなかたちもあって、
カンマとの絡みもあって、読みながら一番ひっかかる項目になっています。そのあたり
用例に当たるには、文法書よりもOEDなんでしょうね。

323
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/04 10:28:03  ID:Cj3hvDb0.net
repairman Jack、中々次作が翻訳されないんで、しびれを切らして原書に挑戦して読み始めた。
したら、意外に読みやすく良かった良かったと喜んで読んでいたら、なぜか全然終わらない…

自らの英語力の程を思い知った。

324
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/04 10:36:22  ID:DknOpYr/.net(2)
>320
同格表現のように見えるがよくわからんな。
hanging out at the mall as a teenage girl 
=an adolescent rite of passage

確かにasに至るまでの全体の節のつながりは、
アレってなる文例だと思う。
コメント2件

325
必殺翻訳人[sage]   投稿日:2015/03/04 17:26:25  ID:x2HoMkHw.net
>320
>324ですでに指摘されていますが、文法用語で言うと「同格」になります。

「hanging out at the mall」という動名詞の名詞句と「an adolescent rite
of passege 〜」という名詞句が「同格」の関係です。

文法書で「同格」の項を読んでみてください。

「同格」ですから、大抵の場合、whice is(または and it is 〜)で書き換えられます。

訳例
Cierra Dorseyは10代の頃ショッピング・モールをぶらぶらした幸福な思い出を
持っている。それ(ショッピング・モールをぶらぶらすること)は思春期の若者の
「通過儀礼」であったが、アメリカの各地で旧来のショッピング・モールが姿を
消すにつれて、この通過儀礼もまた消滅する危機にさらされている。
コメント1件

326
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/04 17:57:31  ID:uI6/lsnO.net(2)
12.
you are talking in your sleep.

327
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/04 21:54:29  ID:PCdJ6qLq.net(6)
【文頭に目的語 -- "Wuthering Heights"】

久しぶりに、文頭に目的語が出た例を見た。次の一節は、
Heathcliff が失踪したあと3年ぶりに帰ってきたのを
欣喜雀躍した Catherine を夫の Edgar が見とがめると、
Catherine も Heathcliff も激しく彼を非難する。
Catherine は、ハンガーストライキを始めることにより、
夫 Edgar に対して盛んに抗議する。

3日目になって、Catherine はさすがに空腹に耐えられなくなり、
本当に死にそうだと訴えてきて、水と gruel とを所望する。
この話をしているのは家政婦 Nellie Dean だが、Nelly 自身
は Catherine の気まぐれとわがままを熟知しているため、
本気では取り合わない。

【  】の中は、「それ(Catherine が本当に死にそうだと
感じていること)が旦那さんに向けての言葉だろうと私
(Nellie Dean)は思った」と言っている一節。That という
目的語が文頭に来ている。

Mrs Linton (= Chatherine), on the third day, unbarred her door;
and having finished the water in her pitcher and decanter,
desired a renewed supply, and a basin of gruel, for she believed
she was dying. 【That I set down】 as a speech meant for
Edgar's (Edgar は Catherine の夫) ears; I believed no such
thing, so I kept it to myself, and brought her some tea
and dry toast.

("Wuthering Heights," Chapter 12 の冒頭近く、
  Everyman's Library, p.137)

328
320[sage]   投稿日:2015/03/04 21:55:54  ID:65zUXVv1.net
>321>324>325
ご回答、ありがとうございました
同格で、この場合は which is をはさんで書き換えられるということなんですね

最近たまにこんな感じの、文章がコンマで終わってその後にポンと言い換えの名詞
が出てきて補足的な説明が続くケースに出会って気にかかっていたんで、少し
すっきりしました。

329
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/04 22:49:09  ID:BG9JMFTL.net
13.
ye may hev it all to yerseln, un him
as allus maks a third, i sich ill company.

330
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 07:53:26  ID:qW7xB6R7.net(11)
【to the extent that S V】

中高生スレでの話題。どうやら、TOEIC を受験する人たちのために書かれた本の中に
出てきた文章らしい。最後のセンテンスに出てくる "to the extent that" の意味合いが
つかみにくい例だ。僕には、まだここに出てくる "to the extent that" の意味が
よくわからない。英文での解説を離れて、別のところにまた同じような
例が出てきたら、またも悩みそうだ。

中高生スレの 758
中高生の英語の宿題・質問に答えるスレlesson217

The colonial population also contained other elements that long sustained
their identities as groups. The Pennsylvania Germans, held together by
religion and language, still pursue their own way of life after three centuries.
The great 19th century German migrations, however, contained a variety of
elements that dispersed in the cities as well as in the agricultural areas of the West;
【to the extent that】 ethnic ties have survived, they are largely sentimental.

これについて、別のサイトでは、次のように英語で解説されている。

It suggests that there aren'tvery strong ties among the German migrants,
and that such ethnic ties as have survived are sentimental rather than stronger bonds.
http://www.usingenglish.com/forum/threads/7816-sentimental-German-migrati...
コメント2件

331
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/05 08:27:18  ID:Nfu0tha8.net
>330
その中高生スレの文はブリタニカ百科事典の "United States" という項に出ているらしい。
ネットでは全文を読めないけれど、移民の人種グループ (ドイツ系etc.etc.) の話のようだ。
人種の絆が残っている【かぎりにおいては】と読んだがどうだろう?
実質的 (経済的etc.) な絆はほとんど失われたが、心情的な絆が辛うじて残っている。
コメント1件

332
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 15:20:13  ID:qW7xB6R7.net(11)
【Marketing 分野での動詞としての position】

マーケティングや経営の分野で、日本語でも「位置づける」という
言葉がやたらに出てくる。企業の重役が使いたがる言葉だ。
OED を拾い読みして、marketing 分野における動詞としての
この position という言葉についての解説を見つけた。

見てみると、目新しい New York Times Financial Review など、
経済界の新聞雑誌からの引用が並ぶ。この解説は、
OED Third Edition だと書いてある。2006年に公表された
ばかりの新しい OED 解説だ。

もともと文学作品からの
引用に偏りがちだった OED だが、いま編纂中の Third Edition
においては文芸作品以外の様々な文献からも引用すると
編集者たちは張り切っているが、さっそく marketing 関係の
斬新な引用をふんだんに入れてくれている。

   **********************************

This entry has been updated (OED Third Edition, December 2006).

★ position (as a verb)

b. Marketing (orig. U.S.).
To identify or establish (a product, service, or business)
as belonging to a particular market sector, esp. for the
purposes of promotion in relation to competitors;

to promote (a product, service, or business) strategically
or distinctively, esp. as fulfilling or exceeding the
requirements of a targeted market sector. Also refl. (続く)
コメント1件

333
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 15:20:48  ID:qW7xB6R7.net(11)
>332 からの続き

(1) 1955 N.Y. Times 24 May 42/2
A new product must be 【‘positioned】’ in relation to every
other product on the market.

(2) 1971 N.Y. Times 7 Apr. 56/1 (advt.)
Should you 【position】 Schweppes as a soft drink?or as a mixer?

(3) 1980 Financial Rev. (Austral.) 28 Mar. 30
‘Whilst we realise that most Australians regard Pizza Hut
as fast food, it is our intention to 【position】 ourselves as a fast
food service restaurant, rather than fast food,’ Mr Levy says.

(4) 1986 Marketing Week 29 Aug. 42/2
They come in boxes of 4 × 5 oz flans and are 【positioned】
both as a quick snack or..main meal.

(5) 1993 Byte Dec. 136/1
As recently as 1991, dye-diffusion printers were selling in the
$40,000 neighborhood, positioned as preview devices in the
prepress environment.

(6) 2000 DigitalFoto Oct. 76/1
Ricoh is 【positioning】 itself as a high-end data collection device
for style-conscious executives and dot-commers.

(OED Online)

334
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 15:28:47  ID:qW7xB6R7.net(11)
>331
なるほど、あなたの提案する和訳は辞書に載っている
"to the extent that" という言葉の定義に忠実に
則りながらも、きちんと文脈に沿っていますね。

   【to the extent that】 ethnic ties have survived, they are largely sentimental.
     (人種の絆が残っている【限りにおいて】、大いに心情的なのである。)

しかもあなたの解釈なら、>330 にて示した英語での解説に
合致しているように思います。

   It suggests that there aren't very strong ties among the German migrants,
   and that such ethnic ties as have survived are sentimental rather than stronger bonds.
   http://www.usingenglish.com/forum/threads/7816-sentimental-German-migrati...

335
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 18:36:57  ID:qW7xB6R7.net(11)
【ケルト民族にとって重要だと思われる bog】

Scotland や Ireland を舞台にした文学作品に触れていると、
England や北米の文学ではさほど出てこない単語がたくさん
あるけど、その中の一つに、bog という言葉がある。

   ******************

bog
1327年の文献に初出。沼地、湿地
  Middle English (bog)
  <-- Gaelic and Irish (bogach)
  <-- bog (= soft)
  <-- Celtic *buggo- (= flexible)
Gaelic における bog という単語は、複合語の中で「沼地」という
意味で使われている。Scotland 方言には Gaelic から入り、
英語には 17世紀にアイルランド語から借入された。

(以上、研究社「英語語源大辞典」の bog の項目の解説の一部を、
僕なりにわかりやすく書き直した。ただし、趣旨は変えていない。
僕の私見を入れたりもしていない。)
コメント1件

336
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 18:45:23  ID:qW7xB6R7.net(11)
>335
bog の定義については、百科事典を引くと解説が長すぎて読む気になれないが、
OED の解説文なら短いので、すぐに読める。bog が decayed or decaying moss and
other vegetable matter から出来ているとは知らなかった。

bog
a. A piece of wet spongy ground, consisting chiefly of decayed or decaying moss
and other vegetable matter, too soft to bear the weight of any heavy body
upon its surface; a morass or moss.

(OED Online)

337
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/05 18:59:35  ID:b7tTPfjL.net
14.
my history is dree.
たしかにそうかもしれない
dree, and dreary.
それもそうかもしれない
けれども extremely facinating so far.

338
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 19:10:21  ID:qW7xB6R7.net(11)
【proprietary という単語の意味の広がりや歴史的変遷】

proprietary という単語は、何度も目にしているけど、
出てくるたびに少し考えないと意味が僕にははっきりとは
つかめなかったりする。フランス語の proprietaire(家主)と
いう日常語と形がそっくりだし、どうせ Old French から
この英単語も借り入れたに決まってるけど、英語の
中ではかなり堅い意味で使われているようで、出てくる
たびに僕は戸惑うのだ。

しかし、このように意味の広がりが
なかなかつかめないと思う単語でも、 OED でその単語の
語源と意味の広がりと歴史的変遷とを丹念にたどっていけば、
その単語のイメージが立体的につかめるような気がする。

この単語の語源はさほど複雑ではないので、OED の語源欄は
引用しない。しかし歴史的な意味の変遷をたどると面白いので、
定義文だけを最初からずっと引用してみる。特に面白いところには、
【  】の印などをつけておく。

proprietary

A. n.
†1. a. Church Hist. The holder of an appropriated benefice; = approprietary n. Obs.

b. 【A member of a religious or monastic order who violates the vow of poverty
by owning property. Also in extended use: a self-seeking or selfish person.】 Obs.

(続く)
コメント1件

339
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 19:14:26  ID:qW7xB6R7.net(11)
>338 の続き (その2)

2. †a. A person who owns something; an owner, a proprietor. Obs.

b. spec. 【A person (or one of a group) holding granted rights of government
over any of various British colonies in North America (see sense B. 3).
Also more fully lord proprietary. Now hist.】

c. A body of proprietors; proprietors as a class.

3. Something owned, esp. a landed property or estate; a possession;
(also) possessions collectively. Now rare.

4. The condition or fact of owning something; proprietorship,
ownership. Now chiefly hist.

5. orig. U.S. A proprietary drug or medicine.
B. adj.

1. That is a proprietor or owner; property-owning, propertied.
In quot. c1450 applied to members of a religious order, indicating
either ownership of property (in violation of a vow of poverty)
or excessive concern with worldly possessions; cf. sense A. 1b.

a. Belonging to a proprietor or proprietors; owned or held as property;
held in private ownership. With to: owned by a specified person, company, etc.

b. Of a product, esp. a drug or medicine: of which the manufacture
or sale is restricted to a particular person or persons; (in later use) spec.
marketed under and protected by patent or registered trade name.
Cf. generic adj. 1b.
(現代においては、この意味でよく使われる。)

340
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 19:15:04  ID:qW7xB6R7.net(11)
(その3)
3. 【Amer. Designating any of various colonies in North America in which
rights of government were granted by the British to an individual or group;
of or relating to these colonies or their government. Cf. sense A. 2b. Now hist.】
(歴史が偲ばれる意味合いで、とても面白い。)

4. Of or relating to property or proprietorship. Also: characteristic of
a proprietor, proprietorial.

(OED Online)

上記の proprietary の項目については、次のように、Third Edition
として改訂されたばかりだと書いてある。

【This entry has been updated (OED Third Edition, June 2007).】

このように、改訂されたばかりの部分を読んでいると、ああ、
高いお金を払って OED Online の会員であってよかったと思う。
OED は僕にとっては高値(高嶺)の花(鼻?)だけど、
わからないなりにゆっくりと拾い読みしていると、故郷(ふるさと)に
帰ったような気分になるというか、自分の本来の姿に戻っているという
感じがする。(終わり)
コメント1件

341
えワ[]   投稿日:2015/03/05 21:25:40  ID:Riy2qbGe.net
>340
荒らしに来るなら、荒らしに来るからね。
やめてね。

342
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 21:29:35  ID:qW7xB6R7.net(11)
【in play, at play --- "Wuthering Heights"】

"Wuthering Heights" に "in play" というイディオムが出てきた。
Catherine が「自分は死にかけている」と大げさに騒ぎ立てて
いる。私は死にかけているのに、なんで夫の Edgar は書斎なんかに
こもって本なんか読んでるのよ、と拗(す)ねている。

家政婦 Nellie Dean の言葉
  "He (= Edgar) is continually among his books, since he has
   no other society."

Catherine の言葉
  "Among his books!" she cried, confounded, "★ And I dying!
   ★ I on the brink of the grave! My God! does he know how I'm altered?"
   continued she, staring at her reflection in a mirror, hanging against
   the opposite wall. "Is this Catherine Linton? He imagines me in a pet
   -- 【in play】, perhaps."

   ("Wuthering Heights," Chapter 12 の冒頭近く, Everyman's Library, 138)

(続く)
コメント2件

343
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/05 21:33:33  ID:qW7xB6R7.net(11)
>342 続き

"in play" と "at play" では、大違いだ。in と at という二つの preposition
の意味合いがしっかりと理解できていれば、この二つのイディオムの
意味の違いをしっかりと理解できるはずなのだが、at の意味合いが
「〜しているときに」という意味合いを表すことが多いのに対して、
in となるとどういうことになるのか、まだはっきりと僕にはわからない。

   play
   (1) an activity engaged in for enjoyment and recreation, especially
   by children
     A child 【at play】(遊んでいるとき) may use a stick as an aeroplane.

   (2) behavior or speech that is not intended seriously
     I flinched, but only 【in play】. (ふざけて)

   *******************

ところで、>342 で引用した "Wuthering Heights" の中での
Catherine の台詞の中での★の部分にも注意を向けたい。

   ★ And I dying!
   ★ I on the brink of the grave!

動詞(または動詞に似たもの)が省かれた形だ。独立分詞構文が
単独の文として成り立っているかのような形をしている。こういう
形の文は、現代の英語にも大いに見られるはずだけど、自分で
書いたりしゃべったりするときには、なかなか出てこない。
コメント1件

344
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/06 15:44:19  ID:wcaNSJ09.net(2)
>343
There are outliersーUtah especially, but also Montana and Wyoming,( of which more in a minute), but overall the relationship is really clear.
At the county level, the “diabetes belt” ー that’s the CDC’s term, not mine ー is clearly very Republican.
http://krugman.blogs.nytimes.com/?_r=0

of which more in a minuteの省略と意味の解説を宜しくお願い致します。
コメント2件

345
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/06 15:54:12  ID:QT0cZHMX.net(3)
>344
There are outliers -- Utah especially,
but also Montana and Wyoming, 【(of which more in a minute),】

そのリンク先のブログそのものは読んでいませんが、
たぶん次のような意味でしょう。

of which more in a minute
= Of Montana and Wyoming, I will tell you more in a minute.
  (Montana と Wyoming については、このあとすぐ
   詳しく説明しますが。)

346
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/06 16:07:25  ID:QT0cZHMX.net(3)
>344 への回答の続き

さっきは、ブログを読みもせずに答えました。少しだけ該当箇所の前後を読んで
みました。

(1) First, yes, there is a clear correlation between obesity and Republican
lean at the state level. Here’s the scatter for the 2012 election:

(2) There are outliers -- Utah especially, but also Montana and Wyoming,
【of which more in a minute】, but overall the relationship is really clear.
At the county level, the “diabetes belt” -- that’s the CDC’s term, not mine --
is clearly very Republican.

http://krugman.blogs.nytimes.com/2015/03/05/heavy-politics/

"of which" の which は、その前の全体を指しているようです。
すなわち

of which more in a minute
  = of the fact that there are outliers (Utah especially, but also
  Montana and Wyoming), I will tell you more in a minute

つまり、上記の図によって、obesity と Republican lean との
相関関係について上記の (1) では述べていて、(2) では、
相関関係があるとはいえ、outliers すなわち「外れ値、異常値」が
あるというわけです。その異常な値は、これら三つの州に見られますが、
【それについては、この後すぐに詳しく述べます】と Krugman は
書いています。

僕は、こういうふうな時事問題にものすごく弱くて、普段は
新聞も雑誌も読まず、テレビも持っていないため、
トンチンカンなことを言っていないかどうか、不安です。
コメント1件

347
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/06 16:27:16  ID:wcaNSJ09.net(2)
>346
丁寧な解説ありがとうございました。
先生の投稿はいつも楽しく拝見しております。
今後とも宜しくお願い致します。

348
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/06 16:49:58  ID:iklTodfw.net(2)
"of which more in a minute"
は定型表現として読んでいいと思う。
コメント1件

349
momi[]   投稿日:2015/03/06 17:10:33  ID:iklTodfw.net(2)
あれコテが外れてる

350
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/06 18:00:52  ID:QT0cZHMX.net(3)
>348
確かに、"of which more in a minute" は、Google Books で
検索しても、たくさんの用例が見つかりますね。

of which more in a minute
https://www.google.com/search?q=%22of+which+more+in+a+minute%22&;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

さらには、"More, after these important messages." という
言い回しや、それに似たものもあるようで、テレビの司会者が
「この続きは、コマーシャルのあとで」という意味で
よく使われているようですね。

More, after these important messages.
https://www.google.com/search?q=%22more+after+these+important+messag...;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

351
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/07 01:48:08  ID:77tlTxv4.net(5)
15.
do be quick.

352
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/07 06:33:54  ID:h/dxm+7e.net(5)
【Who is this government to tell us that S V?】(覚え書き)

【Who is this government to tell】 us that there is not enough wealth in this country
to provide even the minimum requirements of its people?
https://www.google.com/search?q=%22who+is+this+government%22&;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

上記のように、"this government" を who で受けているところが、
面白い。というか、まさか who で受けられるとは思わなかった。
この文章の前後の文脈は見ないでこの sentence しか読んでいないけど、
おそらくこの文の大意は、次のようなものだろう。

● 「〜だなどと言うとは、この政府は何様のつもりだ?
  (そんなことを言える資格があるのか?)」

そう言えば、
  Who are you to 動詞?
  Who is he to 動詞?
というような決まり文句もあったと思う。聖書か何かの言葉が
下地になって、それが一般に流布したものだったと思う。
たとえば、"Who are you to" という string of words を
検索すると、次のリンク先のような結果が出る。

https://www.google.com/search?q=%22who+are+you+to+%22&;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

"Who are you to judge?" という例文が最初に出てくる。この言葉が最も
有名なのだろう。聖書におそらくは出てきた言葉がもとになっているのだろう
と思わせる。2年くらい前にこれについて調べたのだけど、調べた結果を
忘れてしまった。
コメント1件

353
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/07 06:38:57  ID:h/dxm+7e.net(5)
>352
【Who are you to judge?】

検索すると、すぐに出てきた。やはり聖書だ。

Romans 14:4

(1) New International Version
【Who are you to judge】 someone else's servant? To their own master,
servants stand or fall. And they will stand, for the Lord is
able to make them stand.

(2) King James Bible
【Who art thou that judgest】 another man's servant? to his own master
he standeth or falleth. Yea, he shall be holden up: for God is able
to make him stand.

http://biblehub.com/romans/14-4.htm

やはり聖書は、The Old Testament も The New Testament も
含めて、現代英語訳と King James Version とを隅々まで
読み込んでおかないとダメだとつくづく感じる。ちなみに
僕はクリスチャンではない。

354
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/07 09:40:31  ID:GqWBLw3h.net
piping hot:熱々の

>In Scotland, ceremonial dishes of food are often brought to the table to the accompaniment
of bagpipes, that is, they are 'piped in'. This could easily be imagined to be the origin of
'piping hot'. It isn't though. Nor does the phrase derive from food being 'piped aboard' ships.
The derivation of this little phrase is the sizzling, whistling sound made by steam escaping
from very hot food, which is similar to the sound of high-pitched musical pipes.

355
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/07 10:00:40  ID:h/dxm+7e.net(5)
【You are our regular customer.】(覚え書き)

この下の一節で、"You are our regular customer." と
言っていて、"You are one of our regular customers."
とか "You are a regular customer of ours." と
いうふうには言っていないことに注目したい。

One particular day Sarah asked for the medicines and
returned without buying them. Michael stopped her and
asked, 'Miss, why do you go without taking the medicines?'
'No, it is none of your fault. Just so.'
'No, it can't be just so. 【You are our regular customer】.'
They were in the corner of the shop counter and there,
presently was no other one. Sarah was confused by what
Michael said. She had insufficient funds with her. The
doctor had changed a. . . .

Where Gods Die
By P. Shankar.
(Google Books より)

356
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/07 12:21:50  ID:h/dxm+7e.net(5)
【would have liked to, would have loved to, would have wanted to】
このタイトルに出ている表現について、wordreference.com で質問してみた。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2979247

これら3つは同じような意味だと思っていたが、実は違っていて、
"would have wanted to" だけは「そうしたいと思っただろう」つまり
「実際にはそうしたいとは思っていなかった」ことを示唆するのだ
という回答が出た。これらをきちんと使いこなせるようになるには、
僕にはまだ時間がかかる。これら三つの表現を何度も使っている
一節を載せた本が見つかった。

僕はこの小説を読んだことはないが、次の一節を拾い読みしてみる限り
では、この小説の語り手とその姉妹である Carol とが、母親の葬式のために
実家に帰ってきて、母親の死後の片づけをし、母親が生前に何をしたかったろうかと
想像している場面らしい。過去形、過去完了形、仮定法の過去完了形がたくさん出てきて、
とても勉強になる。簡単な文章であり、おそらくはただの娯楽小説
並みの文章でしかないとは思うけど、そういうものこそ
丁寧に読んで、英語の基礎力を鍛えたいものだと思う。

My sister, Carol, flew to California and helped me with with a
few of the arrangements but I had most of it already taken care
of by the time she arrived. Mom 【had wanted to】 be cremated and
the process had already started. There wasn't a lot for Carol to do
except help me clean out Mom's room. I was probably doing it too
quickly but I preferred taking care of the situation while Carol was here.
Mom's room didn't take us too long to clean out. She didn't have a lot
of items since her move to California. Her clothes, furniture, and
a few personal items were donated to a local charity.
I was happy to be able to give the items to an organization that
could really use them. I'm not going to say it's what Mom 【would
have wanted】. I really didn't know what Mom 【would have wanted】
and I'm surprised when people always say that about their loved ones. (続く)
コメント2件

357
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/07 12:24:41  ID:h/dxm+7e.net(5)
>356 の続き

Given the choice, I think Mom 【would have wanted to】 live.
I think she 【would have loved to】 be back on the road again, traveling
aimlessly around in circles with me. I think she 【would have wanted to】
finish our goal to travel through America by driving to Washington
and Oregon. She 【would have wanted to】 find a way to get to Alaska
and Hawaii, too. That's what she 【would have wanted】. What to do with
her things....I don't think she really 【would have cared】. It really wasn't
hard to donate her clothing, actually. She didn't have anything that
was fashionable. All of her clothes were just functional. Clothes
just served the function of covering her tiny body. She didn't really
care about the styles or colors.

https://www.google.com/search?q=%22+I+think+Mom+would+have+wanted+to...;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl

358
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/07 12:41:33  ID:77tlTxv4.net(5)
16.
he cried, with frightful vehemence,
stamping his foot, and groaning
in a sudden paroxysm of ungovernable passion.

359
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/07 14:08:27  ID:77tlTxv4.net(5)
17.
it was named Catherine;
but he never called it the name in full,
as he had never called the first Catherine short.

360
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/07 18:25:23  ID:gUajKMAX.net
「Japan News の文法に関するコラムより」

such that 節で副詞的用法の場合

Actually, I believe he used blood such that the police would follow
certain forensic procedures.

such that 節が used blood の部分を修飾

361
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/07 18:42:49  ID:77tlTxv4.net(5)
18.
you could not climb them,
they are too high and steep.

362
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/07 23:24:49  ID:77tlTxv4.net(5)
19.
and thrust him out, if ye darr.

363
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 02:04:27  ID:yoCysbLs.net
20.
tut, tut.

364
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 06:52:39  ID:y/jnhK3E.net(8)
>356-357
ここで【would have wanted to】が頻出する小説の一節に
ついて、wordreference.com で質問してみた。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2979738

死んだ人のことについて "would have wanted to" を使うことがよくあるそうだ。
そう言われれば、まさにそれにぴったりの表現だ。

365
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 11:47:53  ID:n3K9Wy61.net(14)
21.
her pride overcame her shame.

366
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:05:51  ID:n3K9Wy61.net(14)
22.
only birds could touch the upper fruit.
翼あるものの悲劇、
翼ないものの喜劇。

367
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:21:54  ID:n3K9Wy61.net(14)
23.
my little mistress behaved like an angel.

368
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:31:57  ID:n3K9Wy61.net(14)
24.
he was robbing our woods of pheasants.

369
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:39:50  ID:n3K9Wy61.net(14)
25.
these things happened last winter=前世紀である18世紀に起こったこと。

370
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:43:05  ID:n3K9Wy61.net(14)
26.
minny obeyed her like a dog.

371
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 12:51:05  ID:n3K9Wy61.net(14)
27.
she may think twice before she takes the cockatrice.

372
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 14:12:32  ID:n3K9Wy61.net(14)
28.
he struck her down, and wrenched it off the chain,
and crushed it with his foot.

373
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 14:26:08  ID:n3K9Wy61.net(14)
29.
she has disturbed me, night and day, through eighteen years.

374
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 19:33:26  ID:n3K9Wy61.net(14)
30.
he put out his hand and stroked one curl,
as gently as if it were a bird.

375
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 19:38:45  ID:n3K9Wy61.net(14)
31.
you gathered them, as a magpie gathers silver spoons.

376
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 19:43:42  ID:y/jnhK3E.net(8)
【wean(動物の子供を乳離れさせる)という単語
  --- "Wuthering Heights," Chapter 12】

Chapter 12 の後半を読んでいるところ。Heathcliff が(確か)
3年ほど失踪していたけど、突然、帰ってきた。数キロほど
離れた屋敷の息子である Edgar Linton と結婚していた
Catherine は、この3年間、Heathcliff の居所がわからず、
気が気でなかったが、彼の帰郷を手放しで喜ぶ。

しかし、夫の Edgar と Heathcliff は、もとから犬猿の仲。Catherine
の目の前で、二人の男は憎悪の火花を飛ばし合う。苦しんだ
Catherine は、部屋に丸3日間も閉じこもって、一歩も外に出ず、
誰とも会わず、食事もいっさい断る。そこまですれば、夫 Edgar は
自分と Heathcliff との仲を認めてくれるだろうと甘い期待を
Catherine はしていたのだ。

ただ、家政婦の Nellie Dean は、そんな Catherine の様子を
わざと主人の Edgar には知らせない。Catherine は Nellie が
自分の様子を Nellie が Edgar に知らせてくれているだろうと
高をくくっていた。また、Edgar の方はまた、書斎に閉じ籠って
毎日を過ごし、妻がこの3日間、どのような様子かを家政婦に
尋ねもしない。

丸3日たって、空腹に耐えかね、少しの食事と水とを
要求した Catherine。しばらく Nellie と話をするが、
そのうちに Catherine は delirious な状態になる。
Catherine と Nellie との話し声を聞いて奇妙に思った
Edgar が部屋に入ってくると、Catherine の様子は
奇妙だった。夫の Edgar から抱きかかえられているのに、
Catheine は遠くを見たまま、目の前の夫に気づかない。
しばらくしてやっと、夫の存在を認識した Catherine の
様子を見て心配する Edgar。(続く)
コメント1件

377
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 19:46:51  ID:n3K9Wy61.net(14)
32.
he received at least five kisses,
and he generously returned.

378
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 19:53:45  ID:y/jnhK3E.net(8)
>376 の続き
Edgar は、Catherine との夫婦仲が今は険悪な状態にあるとはいえ、
やはり Catherine を深く愛しているので、その妻の精神状態が
こんな状態にまで落ち込むのをそのまま夫の自分に知らせてくれなかった
家政婦 Nellie を恨む。そういう文脈に出てきた次の一節。

At first she (= Catherine) gave him (= Edgar Linton) no glance of
recognition. . . he was invisible to her abstracted gaze. The delirium
was not fixed, however; having 【weaned】 her eyes from contemplating
the outer darkness; by degrees, she centered her attention on him,
and discovered who it was that held her.

"Ah! you are come, are you, Edgar Linton?) she said with angry animation

("Wuthering Heights," Chapter 12; Everyman's Library, pp.145-146)

上記の【 】の中の wean という言葉の意味がわからなかった。wean という
のは、もともとの意味は「(動物の子供を)乳離れさせる」という意味だ。
この言葉は、Yorkshire などの田舎に住む人たちにとっては慣れ親しんだ
日常語だったはずだ。いつもいつも山羊や羊や牛などを相手にしていて、
その子供を乳離れさせる (wean) ことは、彼らにとって重要な仕事だった
はずだ。(現代でも、その地域の人にとっては身近な言葉だろう。)

しかし、現代の都会の人間にとっては、馴染みにくい言葉だ。しかし、その
馴染みにくい言葉の意味を探っていると、England の田舎、特に
北部の Yorkshire の、Emily Bronte が育った地域の人々の息吹が
感じられて、とても奥ゆかしい言葉だと感じられてくる。(続く)
コメント1件

379
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 20:00:20  ID:n3K9Wy61.net(14)
33.
the whole world is a collection of memoranda that she existed,
and that I have lost her.

380
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 20:02:43  ID:y/jnhK3E.net(8)
>378 の続き

というわけで、wean という言葉の意味を調べてみる。ODE 一巻本で
調べただけでは、その言葉の深い意味合いが十分には感じられなかった
ので、OED(20巻本)を紐解いた。まず、この言葉はフランス語やラテン語から
借り入れた言葉(つまり貴族や支配者の言葉)ではなく、the British Isles に
もともと住んでいた土着の人々の言葉だということが、語源欄を見ると
よくわかる。

wean

Etymology: Old English w?nian to accustom (once only, to wean),
corresponding to Old Frisian wennia , Old Saxon wennian
(Middle Low German, Middle Dutch, modern Dutch wennen ),
Old High German wennen
(Middle High German wenen , modern German -wohnen ),
Old Norse venja (Swedish vanja , Danish vanne )
< Old Germanic *wanjan , < *wano- accustomed (Old Norse van-r );
cognate with Old Norse vane weak masculine, custom, habit.
For the Germanic root *wan- : *wun- , to be accustomed, to dwell,
see wane n.2, wone n.2, wont n.

上記の OED の語源欄は、語源オタクである僕にとってもかなり難しいから、
適当に流しておくけど、ざあっと見ただけでも、この wean がラテン語や
フランス語とはほど遠く、あくまで Old English にもともとあった言葉であり、
それはまたゲルマン諸語 (Germanic languages) にも共通した、
おそらくは何千年も前から the British Isles や広大なゲルマン民族
たちの居住地域に流布していた言葉だと思われる。そういうふうに、
ゲルマン民族にとっては古代から綿綿と存続してきた土着の、
よい意味で土の匂いのする言葉なのだ。
コメント1件

381
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 20:10:47  ID:y/jnhK3E.net(8)
>380 の続き

wean

1. trans. To accustom (a child or young animal) to the loss of
its mother's milk; to cause to cease to be suckled.
(これが、「乳離れさせる」という意味。)

2.
a. fig. To detach or alienate (a person, his desires or affections)
【from】 some accustomed object of pursuit or enjoyment;
to reconcile by degrees to the privation of something.
(これが、「(相手)をその楽しみなどから引き離す」という意味で、
さっきの "Wuthering Heights" から引用した一節で使われていた意味。)

この意味での例文はたくさんあるけど、そのうち、少しだけ紹介しよう。

(1) 1836 Dickens Sketches by Boz 1st Ser. II. 327,
(例の Charles Dickens の作品からの引用)
I trust the plan I have devised will be effectual
in 【weaning】 my daughter from this absurd idea.

(2) 1876 R. Bridges Growth of Love xxxv,
Few there be are 【wean'd】 from earthly love.

(OED Online)

382
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 21:42:08  ID:y/jnhK3E.net(8)
【"Wuthering Heights" の楽しみ】

Everyman's Library 版では 385 pages あるこの小説。そのうち、
153ページまで読み進んだ。今、Chapter 13 に差し掛かったところ。
これを読むのは3回目とはいえ、最初の2回は流し読みだったので、
細かいところはまるで読み取れていない。荒筋さえわかればよいと
言う態度だった。

今回、初めて、辞書を丹念に引きながら読んでいるけど、
難しい単語が多すぎ、ODE(一巻本)のみならずOED(20巻本)まで
紐解かねばならないので、膨大な時間をかけて、実に遅々たる
歩みで進めている。さすがにこんなにまでゆっくりと読んでいると
途中で挫折しそうだし、何よりも、ある程度の速度で読まないと
ストーリーの流れのテンポというか話の雰囲気をつかみにくいので、
途中で辞書を引くのを差し控えて、強引に何ページも読み進めて
しまうときもある。

"Wuthering Heights" だけでなく、僕は古典あるいは準古典の
文学作品を英文で読むときは、ストーリーをさほど重視しては
いない。かなり年齢を重ねてきたので、どうせ人間社会には
大したことは起こらず、すべては単調で退屈きわまりなく、
平凡で矮小であることこの上ないと観念している。だから、
文学作品におけるストーリーでさえ、どうせ退屈なものであっても
構わないのだ。僕にとっては、ストーリーの面白さよりも、
言葉の響き、リズム、詩的な美しさ、音色などの方がはるかに
大切だ。だからこそ、原文で読んでいるのだ。

(続く)
コメント1件

383
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 21:50:16  ID:y/jnhK3E.net(8)
>382 の続き 【"Wuthering Heights" の楽しみ】

19世紀のイギリス文学の中でも、"Wuthering Heights" は特に
文体が凝っていて、晦渋な単語がずらずらと並び、決して
スイスイとは読めないという感じがする。ネイティブなら
僕みたいに辞書を引きまくることはせず、辞書なしで
読むだろうとはいえ、それでも、通常の小説に比べたら
この小説を読むときはゆっくりと、何度も立ち止まりながら
噛みしめるように読むはずだ。

Shakespeare となるとこれよりもさらに僕にとっては英文そのものが
難しくなるが、そのリズムだけでも追っかけていると、実に
小気味よく、Shakespeare の全作品が音楽の大作という
ふうに見える。"Wuthering Heights" も同じだ。これは一つの
音楽の傑作のように思える。

確かに、文学作品は音を出さない。だから音楽そのものではない。
第一、僕は音楽というものをよくは知らないので偉そうなことは言えない。
でも、何も知らないなりに、僕は、古典・準古典的なイギリス作品を
読んでいて、音楽性を感じるのだ。そもそも、12歳のときに英語に
生れて初めて触れたときから、僕は日本語に引き続いて、
英語を初めとするいくつもの言語に恋焦がれてきたけど、
僕を外国語の学習に駆り立てたものは、やはりその言語群の
美しい音楽性にあった。

(続く)
コメント1件

384
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/08 21:54:33  ID:y/jnhK3E.net(8)
>383 の続き

外国語学習は、実用的であるとともに、
音楽をたしなむことにつながる。そういう僕にとって、ふだんは
ほとんど音楽を聴かない生活をしていても、常に音楽の神髄に
触れているという感じがする。

それはちょうど、アラブ人たちが
学校で音楽教育をほとんど受けることなく、大人になっても
通常の音楽は聴かない人が多いようだけど、コーランの
朗読を聴いたり自ら朗読したりすることを毎日のように繰り返して
いるため、通常の音楽をたしなまなくても、毎日、音楽の
神髄を実践しているように見えるのとよく似ている。

ちなみに、僕が大学生のとき、後輩に、英語のよくできる
男がいた。その人は、僕の二倍くらい英語ができた。
しかし、彼自身は英語をさほど勉強はしていなかったのに、
そんなにできた。それは才能があるからというよりも、
もともと彼は音大に入るために音楽の勉強ばかりをして
いた人だったのだ。そして大学受験の少し前に
家庭の事情があり、急きょ、音大に進むのをやめて、
外国語大学の英米学科に入学してきたのだった。

彼の例を見ていると、つくづく音楽と語学は共通している
と思う。そして、音楽を本格的にやっている人にとっては、
語学なんてものは本気でやらなくても、片手間で
取り組めば十分に高いレベルに達することができるもの
であるように見える。音楽は、外国語学習を包括しているらしい。

385
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/08 23:00:47  ID:n3K9Wy61.net(14)
34.
no one knows where the little dark thing came from.
傑作というのは何度読んでも解けそうで解けない謎が残るもの
このわからなさを頭に残してしばらくは二ちゃんを離れてミドルマーチに専念するとしましょ
簡単なものなどなにもないのだから
真面目に正直にコツコツ読んでいきましょね
でも結局それが一番楽しい

386
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/09 11:07:18  ID:s3ygHyZ2.net
音楽をしている人は英語は文字より発音から入るのかな。

387
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/09 21:04:59  ID:Zm/PRP1o.net(4)
【文頭に目的語 -- "Wuthering Heights," Chapter 13】

何度も言うように、文頭に目的語が来て強調される例は、
Google 検索などではきわめて見つけにくい。だから
小説などを通読しているときにこれを見つけたら、
メモ書きしておきたい。

【The second question, I have great interest in; it is this】 --
Is Mr Heathcliff a man? If so, is he mad? And if not, is
he a devil? I shan't tell my reasons for making this inquiry;
but, I beseech you to explain, if you can, what I have married
-- that is, when you call to see me; and you must call, Ellen,
very soon. Don't write, but come, and bring me something
from Edgar.

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 13;
  Everyman's Library, pp.155-156)

上記の一節を説明する。Thrushcross Grange に住む Linton 家の
娘である Isabella が Heathcliff に恋してしまったのだが、
Heathcliff は、まるで Isabella には興味がないどころか、
大嫌いな相手なのにもかかわらず、彼女の財産目当てで
結婚する。二人は2か月にわたって駆け落ちし、そのあと
Heathcliff の本拠地である Wuthering Heights で二人は
落ち着く。

(続く)
コメント1件

388
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/09 21:06:51  ID:Zm/PRP1o.net(4)
>387 の続き

Heathcliff に恋してしまって彼の本性をまるで気づきもしなかった
Isabella は、結婚直後に彼の正体を知り、上記のような
手紙を家政婦 Ellen Dean に書いたのだ。兄である Edgar Linton
は宿敵 Heathcliff などにうつつを抜かして駆け落ちした
Isabella のことをまったく許す気がない。それどころか、兄妹の
縁を切るつもりでいる。

だから妹の Isabella は Edgar に手紙を書くこともできない。それで、
こっそりと家政婦 Ellen に手紙を書き、兄 Edgar やその妻 Catherine
(つまり Isabella にとっては義理の姉妹)の様子を伺っているのだ。
Heathcliff を悪魔か人でなしのようにしか感じられない Isabella は、
何とかして家政婦 Ellen Dean と連絡をつけ、彼女を通して兄や
Catherine と寄りを戻したいのだ。

389
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/09 21:46:15  ID:Zm/PRP1o.net(4)
【18世紀後半の pavement --- "Wuthering Heights"】

pavement とか paved yard などという言葉が18世紀や19世紀の
文学作品にもよく出てくるのだけど、pavement というとついつい
僕などは日本でよく見る舗道を思い出してしまう。日本で
庶民が paved road に出会い始めたのが今からたぶん45年くらい
前だったと思うけど、England の18世紀から19世紀に
僕らが知っているような例の舗道なんてあったのか、と
疑問に思っていた。

pavement とか pave という単語の意味をきちんと調べてみると、
僕がよく知っている例の「舗道」だけじゃなくて、もっと意味が
広いということがわかった。つまり石畳みたいなものも含めて、
ともかく土以外のもので堅く固めてある道路や床のことを
pave とか pavement という言葉で表現するのだということを、
僕は今まで知らなかった。(何という無知。)

Wikipedia の pavement というタイトルの記事には、いろいろな
pavement を写真で紹介してくれている。なあんだ、この写真に
載っているようなものも pavement と言うのなら、おそらく2000年
ほど前、あるいはもっと前からあったかもしれない。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pavement_(architecture)

そう言えば、19世紀、あるいはもっと古い時代を描いた
映画を見ていても、馬が屋敷に近づくときに、
石畳のような道を「カッポ、カッポ」と軽快な高らかな
音を立てながら走っている。そして屋敷に住む人たちが
馬車から降りる客人を出迎えるのだが、彼らは
土の上を歩いたりはしていない。屋敷のすぐ前は、
あたり一面が pavement なのだ。そういうことに、
今ごろになって気づいた。

390
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/09 21:53:39  ID:Zm/PRP1o.net(4)
【18世紀後半の England での pavement について】

paved road に日本の庶民が初めて出会ったのが
45年くらい前だろうと言ってしまったが、それは
東京の中心部の話ではなく、あくまで地方在住の
僕自身が自宅の近くにまで舗道が敷設され始めた
のがそのころだという話だ。

それはともかく、たとえば "Wuthering Heights" を
読んでいても、18世紀後半を描きながらも、
屋敷の周囲の paved yard などという言葉が
何度も出てくる。当時は、paved yard が
住まいのすぐ前にあるなどということは、
おそらくものすごく裕福であったということを
意味したのだろうと想像する。裕福でない人たちは、
みんな泥だらけになりながら住まいの周囲を
歩いていたに違いない。

391
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/09 23:24:43  ID:HOoPSGHo.net
もはやは洋書を読むより英字新聞読んだ方利口。

392
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/10 07:22:31  ID:qRY89hYA.net(4)
【pave, pavement という言葉の意味の広がり】

pave とか pavement という言葉の意味がどれくらいに
広いのかを OED Online で確かめてみる。
この下の定義文を見ると、pave するための材料としては、
"any hard surfacing material" であり、"to tile (a floor" という
意味でも使われるということだ。このことを僕は知らなかったため、
古い文学小説を読んでいるときに pave が出てくるたびに、
僕は不思議に思っていたのだ。

pave

a. To lay paving, a pavement, or (later also) 【any hard surfacing material】
on (a road, floor, etc.); (also) 【to tile (a floor)】. Freq. with with.
Also occas. intr.: to lay paving.

例文としては、1325年の文献からのものもある。Middle English は僕には
わからないのでそれは省いて、その他の例文を挙げてみる。
ほとんどが「stone や brick によって pave する」というような文脈で
pave という単語が使われている。

a1500 De Passione in Laudate (1935) 13 45 (MED),
Thei brou?t him in to an house that was 【paued with stone】.
(上記のセンテンスにある二つ目の単語 brou*t の * の部分は、z に似た特殊文字。)

1585 T. Washington tr. N. de Nicolay Nauigations Turkie i. xvi. 17 b,
The court is 【pavid with Mosaique stone】.

(続く)
コメント1件

393
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/10 07:22:58  ID:qRY89hYA.net(4)
>392 の続き

1602 T. Lodge tr. Josephus Bk. Antiq. Iewes xx. viii, in Wks. 525
Permitting them..to 【paue their citie with broad stone】.

1686 tr. J. Chardin Trav. Persia 399
The Tomb is 【pav'd with Tiles】 of Cheney.

1707 J. Mortimer Whole Art Husbandry (1721) II. 104
Some 【pave their Walks all over with large Pibbles or Flint-stones】,
and lay their Gravel on the Top of them.

1781 R. B. Sheridan Trip to Scarborough Prol.,
The streets..were 【paved with stones】
Which, aided by a hackney-coach, half broke your bones.

1815 J. Smith Panorama Sci. & Art I. 187
The streets are every-where 【paved with a hard kind of bricks】,
known by us under the name of clinkers.

1893 E. E. Hale New Eng. Boyhood 3
The more important business streets of this town of Boston
were 【paved in the middle with round stones】 from the neighboring beaches.

1913 Times 1 Feb. 6/3
The Kentish rag 【stone】 he sold to pave the London streets.

(OED Online)

394
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/10 07:32:39  ID:qRY89hYA.net(4)
【pavement という単語の OED による定義】

pave という動詞については上記の通りだが、pavement という
名詞についても見てみる。

pavement

a. A paved surface; a hard covering laid on the ground,
outside or (less commonly) in a building, formed of
【stones, bricks, tiles, or similar materials fitted closely together】,
usually on a prepared bed of hard core; (also) a similar covering
formed of a layer of cement, concrete, asphalt, etc.
Now chiefly in technical contexts.

(OED Online)

というわけで、中世であろうが古代であろうが、石畳や煉瓦などで
できた床や中庭や道は、すべて paved road, paved floor, paved
yard, pavement などと呼べることがわかった。すると、中世の
宮殿や教会や、はたまた日本の寺院や城にある床や中庭や道
にも、すべてこの pave, paved, pavement という単語を安心して
使えることになる。

395
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/10 07:36:11  ID:qRY89hYA.net(4)
【研究社「和英辞典」による「石畳」の英訳】

Weblio 上にある研究社「和英中辞典」による「石畳」の英訳を
ここに貼り付けておこう。きちんと pave, paving, pavement という
言葉を活用している。

● 石畳
(a) stone pavement [flooring]
a cobble paving (丸石を敷いた)
flagstones

● 石畳の道
a stone‐paved road
a cobbled path [street, road]

● 石畳になっている
be paved [floored] with stone [flagstones, cobble‐stones (丸石の)]
be flagged.

(Weblio、研究社「和英中辞典:)
コメント2件

396
えワ[]   投稿日:2015/03/10 18:29:38  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>395
of which の話もここでしとけや。
ちょっとは自分が無知だと気付いてきたのかな。

397
えワ[]   投稿日:2015/03/10 18:33:45  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>395
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?
コメント1件

398
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:00:46  ID:XDBK3FFm.net(5)
>397
薬飲んで今日は早く寝なさい。
脳病院先生に宜しく。
コメント1件

399
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:03:30  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>398
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?
コメント1件

400
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:10:15  ID:XDBK3FFm.net(5)
>399
くやしいの?
コメント1件

401
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:11:05  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>400
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?
コメント1件

402
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:11:44  ID:XDBK3FFm.net(5)
>401
図星かw

403
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:14:19  ID:XDBK3FFm.net(5)
同じ事をぶつぶつ繰り返し言う・・・
あの病気の特徴だな
コメント1件

404
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:15:58  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>403
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?

405
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 19:20:58  ID:XDBK3FFm.net(5)
親泣いてるぞ

406
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 20:25:40  ID:uZ76ol+o.net

407
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/10 20:56:19  ID:m1L5Bt/N.net
えワさん、ここには来ないでくださいね
コメント1件

408
えワ[]   投稿日:2015/03/10 21:49:43  ID:ZVaj5IOD.net(6)
>407
OEDに言いな。

409
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/10 23:41:10  ID:3I/yZqxM.net
塩 塩 塩 塩 塩 塩

塩 塩 塩 塩 塩 塩

清めないとね 
コメント2件

410
えワ[]   投稿日:2015/03/11 00:02:11  ID:ijO7kZPJ.net(4)
>409
荒らしに来なければ、嵐には来ないんだよ。
君には電通の「組織犯罪処罰法で逮捕された高嶋会長」が払うの?

411
えワ[]   投稿日:2015/03/11 00:24:28  ID:ijO7kZPJ.net(4)
>409
塩を撒いたら「ナメクジODE」が溶けるんじゃないの?

412
えワ[]   投稿日:2015/03/11 00:27:03  ID:ijO7kZPJ.net(4)
OEDは兵役を済ませたの?
コメント1件

413
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 01:28:15  ID:PB2We0cN.net(2)
>412
明日必ず精神科に行くんですよ
忘れちゃだめ

414
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 01:29:43  ID:PB2We0cN.net(2)
今日行けますね

415
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 01:30:47  ID:ijO7kZPJ.net(4)
OEDは兵役を済ませたの?

416
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 11:21:27  ID:K10i2jxO.net(7)
【"The Economist" による報道ビデオ】

さすが "The Economist" だ。実にわかりやすい英語で、
美しくわかりやすい映像に合わせて、英語に慣れていない
外国人にもよくわかる報道番組を提供している。
こんなにまでわかりやすい英語報道番組も珍しいのではないか?

   Why pigs are so important to China
   https://www.youtube.com/watch?v=LOZlSENGbSI
コメント1件

417
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/11 13:10:50  ID:BaAbYGfU.net(12)
何と比較してのことなのか不明
どこがどう分かりやすいのか理由を

418
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 13:16:36  ID:K10i2jxO.net(7)
【仮定法過去の構文に付随する時制は、現在形】

ここは文法スレではないけど、あえてここに書いておく。前々から知りたかった
ことだ。僕がこのところ足しげく出入りする wordreference.com で、
「仮定法過去の構文に付随する時制は、時制の
一致をしないで【現在形のまま】」という話が出た。

   (1) I’d appreciate it enormously
     if you could leave us in peace
     until I 【finish】 this lovely pint of Guinness.
      http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2979500

上記は正しい英文。【 】の中は現在形。これは finish または have finished
にすべきであり、その前に仮定法過去があるからと言って、
それによる時制の一致を受けて finished にしてはいけない、という話だ。
同じような例を、上記のリン先ではさらに挙げている。

   (2) I'd appreciate it if you could wait
     until 【we've got (OR get)】 to Broadway.

アメリカ人の回答者はここで、「アメリカ人には、小学校・中学校・高校・大学を通して、
conditional についての文法をしっかりとは習っていない人が多い」と言っている。
この点は、間違いやすいので、これからもこれについて観察を続けていきたい。
コメント1件

419
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/11 13:20:35  ID:BaAbYGfU.net(12)
OEDは自分が英語出来るアピールをしたいだけなの?

420
必殺翻訳人[sage]   投稿日:2015/03/11 13:37:11  ID:wBBPLmxd.net(2)
>416
なるほど、これはスピードもそれほど速くないし、ペースも一定、発音も明瞭で
聞き取りやすいね。

421
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/11 13:47:19  ID:BaAbYGfU.net(12)
OEDと必殺翻訳人は同一人物だとおもうが
説明になっていないな
アメリカのPBSなんかも速くないし、ペースも一定、発音も明瞭で
聞き取りやすいね。

422
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 14:19:31  ID:BaAbYGfU.net(12)
あれ、黙っちゃったよw
上げとこ

423
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 14:19:35  ID:hk/Nx1vn.net(4)
完全に別人だよ
翻訳のスタンスが違うし

424
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 14:22:06  ID:BaAbYGfU.net(12)
翻訳家でもないのにスタンスの違いもへったくれもあるのかねw

425
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 14:38:38  ID:hk/Nx1vn.net(4)
二人ともプロの翻訳家だよ

426
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 14:47:42  ID:BaAbYGfU.net(12)
笑かしてくれるな〜
OED=必殺翻訳人=ID:hk/Nx1vnの名無し
2ちゃんライフをどんだけエンジョイしてるのさw

427
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 15:03:06  ID:hk/Nx1vn.net(4)
なんだあの糖質か

428
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 15:12:42  ID:BaAbYGfU.net(12)
しまった、ばれちゃったw
大した英語力でもないのに達人に見せようとがんばっても
実力ないから失笑を買うようなことやっちゃうね
わかりやすいねw

429
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 15:30:58  ID:hk/Nx1vn.net(4)
だめだ病院さぼっちゃ
ちゃんと薬のむんだよ
いいね!!

430
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 15:57:25  ID:BaAbYGfU.net(12)
つまらんかえしだな〜
おまえが↓で偉そうにわかりやすいとか言ってるこれ、
おまえがちゃんと理解できてるか怪しいな

416 :OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo :2015/03/11(水) 11:21:27.60 ID:K10i2jxO【"The Economist" による報道ビデオ】

さすが "The Economist" だ。実にわかりやすい英語で、
美しくわかりやすい映像に合わせて、英語に慣れていない
外国人にもよくわかる報道番組を提供している。
こんなにまでわかりやすい英語報道番組も珍しいのではないか?
コメント2件

431
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 16:05:31  ID:K10i2jxO.net(7)
【"The Economist" の報道番組の書き取り(中国の豚肉消費】

Why pigs are so important to China
https://www.youtube.com/watch?v=LOZlSENGbSI

このビデオの script も、どうせどこかにあるんだろうけど、
それはあえて探さず、自力で書き取ってみる。100% 書き取れることを
目指す。書き取った文章につけた【 】の印は、文法的あるいは
表現的に興味深いところ、注意すべきところを示している。
今までにいろんなビデオの書き取りをしてきたが、
今回のように98% くらい書き取れることは珍しい。

(1) Of all the meat options, pork 【reigns supreme】 in China.
(2) To keep up with demand, China now rears and eats nearly
500 million pigs a year, more than half of all the swine in the whole world.
(3) However, the significance of pork goes deeper than culinary tastes.
(4) They have been at the center of Chinese culture, cuisine, and family life for
thousands of years.
(5) So why are pigs so important to China?
(6) Historically, sacrificial pigs featured in all forms of commemoration,
including weddings, funerals, and festivals.
(7) In Chinese, the character for "family" is a pig under a roof. (「家」という漢字)
(8) But up until recently, pork was pricey and scarce.
(9) Most people ate 【it】 only a few times a year.
(10) As China became richer over the past three decades,
meat became a symbol of wealth and consumption soared.
(11) Chinese people like pork best.
コメント2件

432
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 16:06:13  ID:K10i2jxO.net(7)
>431 (続き)
(12) So much so that [it can prices](???) 70 percent of all meat
eaten in China today. (聴き取りは、不完全)
(13) Since the government liberalized agriculture in the late 1970s,
swine consumption has increased more than sevenfold.
(14) The government has backed the cultural love of pork
with determined efforts to intensify pig production
and keep Chinese plates piled high with cheap pork.
(15) The Chinese Communist Party seized keeping pork
affordable and plentiful as an important way of maintaining
stability.
(16) And because the Chinese eat so much pork, when the
price of bit(???) rises, all prices rise.
(17) So these pork big farmers were huge subsidies and had
the world's only pork reserve, live and frozen, to try and keep
prices stable.
(18) 【Demand】 for pork is also driving Chinese investment abroad.
(19) 【By one count】, Chinese companies have bought 5 million hectares of land,
more than half the size of Portugal
to grow food and real animals like pigs in other countries.
(20) In 2013, China's largest pork producer bought Smithfield's Foods,
the world's largest hog farmer and pork processor.
(21) It was the biggest Chinese takeover of an American company
at the time.
(22) Chinese pigs are only going to have a greater impact
in the future.
(23) Chinese per capita meat consumption is still far low
in carnivorous nations, such as Australia or 【America】.
(End of video)

433
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 16:11:42  ID:hTWC/cov.net(2)
>430
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?

434
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 16:17:35  ID:BaAbYGfU.net(12)
OED=必殺翻訳人=ID:hk/Nx1vnの名無し
認めたんだな
あんまりつまらん自演は自粛しろよ

The EconomistのYoutubeだが
この程度のが98%しか聞き取れないようではいかんね
コメント1件

435
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 16:22:03  ID:hTWC/cov.net(2)
>434
朝鮮人学校では「英語博士」と呼ばれていたの?

436
必殺翻訳人[sage]   投稿日:2015/03/11 16:42:19  ID:wBBPLmxd.net(2)
>431
scriptじゃないだろうけど、動画の下部に字幕ボタンがあって
クリックすると英文が表示されるよ。
ピリオドその他がないから、たぶん自動音声認識ソフトを使ってると思う。
100パーセント信用はできないが、自分のわからない単語だけ確認したい
ときに便利。
コメント1件

437
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 17:33:31  ID:BaAbYGfU.net(12)
いじめてばっかりでもかわいそうだから英語上達の一つのヒントを上げよう
映像つきのものではなく
なるべくことばだけのもの
海外のラジオ・ニュースなどを聞いてディクテーションをやるといい
一日10分でもいいから毎日続けると確実に聞く力が上がる

438
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 17:55:32  ID:K10i2jxO.net(7)
>436
YouTube の自動音声認識ソフトは、僕も少し
試したことがある。でも、まったくデタラメだという
ことが、最初の2分以内にわかってしまった。
だから、ほとんどそのソフトを使ったことがない。

ただ、今回のビデオについては、その字幕の
出来栄えは試していない。

439
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 18:13:10  ID:BaAbYGfU.net(12)
じゃ、も一回
100%目指して自力で書き取ってみよう

440
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 18:19:33  ID:4bPjxq/9.net
Economistは普段podcastを聞いているが映像付きだと分かりやすくなるね
今回のが特に簡単というのもあるが負荷はだいぶ軽くなると感じた

441
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 18:42:52  ID:K10i2jxO.net(7)
>418
仮定法過去が主体の文の中で、それに付随する部分が現在形のままで
時制の一致を受けない例については、「徹底例解ロイヤル英文法」にも
書いてあった。

    ~*********************

(1) 時制の一致が行われない場合
仮定の範囲に含まれず、意味上現在のことであることを示しておくとき。

If I 【had】 more money, I 【would】 buy the car I 【have】 long wanted.
*欲しいと思う気持ちは、現在も変わっていない。

(2) 時制の一致が行われる場合
主節の動詞が過去形であるため、それにつられて過去形になる。
(例文は、省略する。)

    ***********************
出典: 徹底例解ロイヤル英文法、Section 354 (p.735)

442
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/11 19:06:16  ID:BaAbYGfU.net(12)
文法書を書き写しても英語の上達にはつながらんな

443
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/11 19:47:18  ID:K10i2jxO.net(7)
【"an amateur linguist"】

何かをやっている人で、それを趣味としてやっている場合の言い回しについて、
以前もこのスレで書いたが、それに関連した表現を今さっき見つけたので、
ここにメモしておく。英語ネイティブのカナダ人による書き込み。

【I'm an amateur linguist】 (read: occasionally reads about languages)
with absolutely no training in the field, so don't go too hard on me.
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2981969

444
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/11 23:38:31  ID:1CDVGvM+.net
http://www.newyorker.com/magazine/2015/03/16/in-the-memory-ward

New Yorkerらしい文体を代表するAdam Gopnikの記事。
日本でも結構知られているWarburg Instituteの話だが、華麗な(回りくどい)
文体。結果いうまでもなく長い文が多くなり、その流れを楽しめるかどうかで
好き嫌いが分かれると思われる。

Yet he was the spirit behind the “iconographic studies” that dominated
art history for most of the second half of the twentieth century― he man
who reoriented the scholarly study of art from a discipline devoted essentially
to saying who had painted what pictures when to one asking what all the
little weird bits and pieces within the pictures might have meant in their time.
コメント1件

445
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 00:32:12  ID:GMjQrU1W.net(11)
いちいち文句をつけてもうしわけないが↑の文は
華麗でも回りくどくもないよ
極めてストレイトフォワード
量的な長さにではなく、論理の流れや語彙の選択を考えてみよう
それがわからないで文体がどうだとか言ってはマズイな

446
momi[]   投稿日:2015/03/12 01:27:14  ID:4WBdqsMm.net(6)
ああそうね。この文は普通め。華麗というのは言い過ぎだな。
俺基準で基礎精講が好むようなタイプなので挙げた。ことさら
難文を引き合いにしているわけではない。ただ彼のエッセイは、
署名記事のなかではスノッブさが感じられるもので、教養の素振り
が多い。まあ雑誌全体を読んでみないと位置付けがわからないだろうな。
週刊紙のなかではそっち寄りの語りということだ。

447
momi[]   投稿日:2015/03/12 01:32:10  ID:4WBdqsMm.net(6)
それから、この書き方はgopnikの多用する語り方なんだ。
これを、またか、回りくどいな、と感じたわけだね。
コメント2件

448
えワ[]   投稿日:2015/03/12 01:40:55  ID:YxgKdDww.net(20)
>447
gopnik なら「華麗」なの?
「サブカルの文章」以外の意味があるの?

449
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:02:31  ID:GMjQrU1W.net(11)
まあ気にするな
いちいち指摘して悪かったな
2ちゃんに英語できる人間なんかいるわけないもんな
英語の勉強というより
孤独を紛らわせるための絆を作った方が2ちゃんでは意味あるな
そもそも真面目に英語やってる人間は2ちゃんなんかやってない
コメント1件

450
えワ[]   投稿日:2015/03/12 02:05:05  ID:YxgKdDww.net(20)
>449
「君が英語が出来ないと認めた」と思っていいの?

451
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:13:44  ID:GMjQrU1W.net(11)
どーぞどーぞ
ところでこの「えワ」ってのはそもそも英語に興味あるんか?
コメント1件

452
えワ[]   投稿日:2015/03/12 02:16:46  ID:YxgKdDww.net(20)
>451
君の主張
「2ちゃんに英語できる人間なんかいるわけない」
「君は2ちゃんに書き込んでいる」

「君は英語が出来ない」

簡単な三段論法(演繹的論証)だね。

453
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:18:18  ID:GMjQrU1W.net(11)
そうだよ
英語出来ないよ
だれが出来るっていった、あ?
コメント2件

454
えワ[]   投稿日:2015/03/12 02:20:05  ID:YxgKdDww.net(20)
>453
君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

455
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:21:45  ID:YxgKdDww.net(20)
>453
2ちゃんでは、ケネディ駐日大使sageの反米コメントがあったね。
君もリッパート襲撃の共犯者なの?
君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

456
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:21:59  ID:GMjQrU1W.net(11)
は?
なんでそういう話になるんだか
コメント1件

457
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:22:31  ID:YxgKdDww.net(20)
>456
2ちゃんでは、ケネディ駐日大使sageの反米コメントがあったね。
君もリッパート襲撃の共犯者なの?
君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

458
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:25:07  ID:GMjQrU1W.net(11)
ここだけの話
おれのバックにはCIAがついてる
コメント1件

459
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:27:16  ID:YxgKdDww.net(20)
>458
「2ちゃんで民団の反米勢力が日米離反工作をしていた」
十分、アウトプットはあるんだよ。

で、君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

460
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:29:42  ID:GMjQrU1W.net(11)
いや、じつは公安がついてるんだな
コメント2件

461
えワ[]   投稿日:2015/03/12 02:31:53  ID:YxgKdDww.net(20)
>460
「民団」と書いたんで、民団の実行部隊はこのスレを見てる。
君がCIAと書いたんで、CIAも見てるだろうね。

で、君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

462
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:34:36  ID:GMjQrU1W.net(11)
そうか、そりゃまずいな
となるとそろそろ出頭して身の安全を図らにゃなるまい
コメント1件

463
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:35:56  ID:YxgKdDww.net(20)
>462
で、君の後ろに「民団の反米勢力」が付いているの?

464
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:40:10  ID:GMjQrU1W.net(11)
そうなんだな、ついてるんだな反米勢力が
べっとしついてんだな反米勢力がな
コメント1件

465
えワ[]   投稿日:2015/03/12 02:43:16  ID:YxgKdDww.net(20)
>464
大使を襲撃されてアメリカは何かしなきゃいけない。
北朝鮮への空爆があるかもね。

466
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 02:53:52  ID:GMjQrU1W.net(11)
反米マンセー
将軍様はアメリカ帝国主義を完膚なきまでに打ちのめすので大丈夫
さて寝るか
ながながのスレチ、「えワ」以外の人間にはお詫びせにゃ
麺後
明日は英語の話をしたいもんだわな
コメント1件

467
えワ[]   投稿日:2015/03/12 03:01:16  ID:YxgKdDww.net(20)
>466
英語が出来ない事を認めたのに?
まぁ、君は朝鮮人だからね。

''''─- .....,,,_        
 ̄"゙'"''''''─‐- ゙"ニ ─,,,___
 r─┬─┬┐. ___
. 三__☆☆☆_i . |ニ| ̄ lニ ≡ )
 lニ .(´⊂_`. )l.  lニ  |!カ_
 |  (.  と /,,!  Lニ-‐′´
 '''''゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄_,, -‐'''∧,,_∧っ ゚.  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
--─="゙ ̄    ⊂<`Д´;> 彡 < ちょっと待つニダ! 考え直すニダ!
ニ─        _,.. ゝ金 9 ダッ !! .\_______________
      _,.. -‐'"    しへ ヽ 彡
__,, -‐''"         ,  ゙ー' /
            , '     /
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
''''─- .....,,,_. .   |  .| __ _
 ̄"゙'"''''''─‐- ゙"ニ |  .|─__-_-
 r─┬─┬┐.. ___.|  .|
. 三__☆☆☆_i.. ..|ニ |  .| ≡
 lニ .(´⊂_`. )l   lニ|  .|ヽ、\ バチーン!! /
 |  (.  と /,!   Lニ|  .| 人_人_
 '''''゙゙゙゙゙ ̄  _,, -‐''|北|ヘ_,,∧。て  ゚
--─="゙ ̄     ('|の.|田´;li>゜( 哀ゴ───ッ!!
ニ─        _,..|国.|金と ) (
      _,.. -‐''  (,|○.|へ ヽ /
__,, -‐''"       |  .|  ゛ー'
   .          ,'|  .|  /
            , ' .`|  .|ー' /

468
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 03:10:40  ID:GMjQrU1W.net(11)
ばかだな
朝鮮人で英語出来ないから2ちゃんやってんだよ
そんなことも知らないなんて「えワ」ってばかだねー
コメント1件

469
えワ[]   投稿日:2015/03/12 03:17:09  ID:YxgKdDww.net(20)
>468
今の私の関心は、「アメリカが北朝鮮を空爆するか」だよ。
韓国首相の辞任なんか関心はないし、まして、君などどうでもいい。
民団の人事にはちょっと関心があるけどね。
失脚する人がいるかもしれないね。

470
」えワ[]   投稿日:2015/03/12 03:54:07  ID:YxgKdDww.net(20)
>460
>いや、じつは公安がついてるんだな

君は公安の「内通者」なんだね。

471
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 12:22:13  ID:NFUbnX/X.net(7)
>45 にて、僕が前々から疑問に思っていたことに触れたけど、
これについて、wordreference.com で質問してみた。

   Are philosophy majors in college "philosophers"?
   http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2982436

すでに何度も言ったことだけど、この forum の人たちはものすごく
真面目だし、サイト全体のレイアウトが素晴らしく、読みやすく、
メンバーたちの知的レベルもすごいし、人間的にも出来上がった人が
多く、回答も懇切丁寧なものが即座に返ってくる。

日本語ネイティブの参加者も多い。高度な英語を駆使する人も多いけど、
英検で言えば2級くらいかと思われるかなりの初心者の日本語ネイティブも、
堂々と質問するし、それに対して英語ネイティブたちが何人も、実に懇切丁寧に
答えてくれる。

どうか、他のみなさんもこのフォーラムで発言してほしいと願う。最初は、
僕自身もこのフォーラムの使い方がよくわかっておらず、その素晴らしさの
一面しかわからなかった。毎日のようにここで30分以上を過ごすようになって
から、初めてその奥深さがわかってきた。どのボタンを押せばどういう
機能が使えて、どのように情報を探せばよいかがわかってくると、
実に面白くなる。

472
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 12:39:23  ID:NFUbnX/X.net(7)
>444
Adam Gopnik のこの文章は、最初にざっと読み流したときには、
when, what などの wh- で始まる疑問詞がいくつも出てくるので、
さっぱりわからなかった。二度目にゆっくり読んでみて、やっと
わかった。

Yet he was
  ★the spirit behind the “iconographic studies”
     ◆that◆ dominated art history for most of the second half of the twentieth century
       -- the man    (この dash つまり -- のあとに続く "the man who 〜" は、上記★の
                   "the spirit behind 〜" と同格)
           ◆who◆ 【reoriented】 the scholarly study of art
               (1) 【from】 a discipline << devoted essentially to >>
                  saying [who had painted what pictures when]
               (2) 【to】 one asking
                  what [all the little weird bits and pieces within the pictures]
                     <might have meant> in their time
コメント2件

473
えワ[]   投稿日:2015/03/12 15:31:10  ID:YxgKdDww.net(20)
>472
もう少し、日本語を煮詰めてから英語に直して質問した方がいいみたいだね。
ただ、日本語苦手だからねぇ、君は。
英語も「回答者が出来るレベル」にないから、荒らしにこないでね。

474
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 16:22:03  ID:slpTaLOQ.net(15)
>447
英文が簡単過ぎる。もっと難解な英文頼む。
ただし初出の物限定。
コメント1件

475
えワ[]   投稿日:2015/03/12 16:52:24  ID:YxgKdDww.net(20)
>472
「比喩表現が理解出来ていない」と指摘されているね。

476
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 19:08:32  ID:NFUbnX/X.net(7)
【meeting や interview とは何か?】

この二つの単語についても、その意味の広がりがどの程度かを
厳密に知りたいと前々から思っていた。今日、それを下記の URL にて
尋ねてみた。ものすごく丁寧な回答がたくさん寄せられた。

   Thread: My 10-minute talk with a friend -- "interview"? "meeting"?
     http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2982462

なお、すでに紹介した下記の質問に対しても、実に丁寧な回答が
いくつも寄せられた。何度も読み返し、これからの読書においても
その知識を生かしたいと思う。

   Are philosophy majors in college "philosophers"?
     http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2982436
コメント2件

477
えワ[]   投稿日:2015/03/12 19:21:36  ID:YxgKdDww.net(20)
>476
身の程を知ってね。
「意識高い系」のOED君。
コメント1件

478
えワ[]   投稿日:2015/03/12 19:44:18  ID:YxgKdDww.net(20)
>476
せっかくだから紹介すればいいじゃないか。
お題「 meeting と interview 」の違い。

I use "meeting" to mean "meeting for a particular purpose."
I don't normally use it to refer to casual interactions that have no definite purpose.
If I needed a noun to describe that 10-minute talk, I'd call it a "conversation."
インタビューじゃなく「会話」をつかうね。

If we meet for some reason, then "meeting" is ordinary:
I met with her/had a meeting with her to discuss my retirement account.
あとは「検討する」を使うね。

It's essentially a one-way process between interviewers and an interviewee.
インタビューは「話し手」と「聞き手」がいる場合だね。

479
えワ[]   投稿日:2015/03/12 20:01:40  ID:YxgKdDww.net(20)
これはOEDが「日本の英和辞典の jurist に書いてある」に対するレス。
相当、イラッとしてるのが読み取れるかな。
普通はこんな文章は書かないからね。

Most of the terms indicate as least a BA, and some suggest an MA or more likely Ph.D, possibly with professional accreditation (chemist, philosopher, psychologist).
Hence hence undergrads, except in play or drunken pretence do not go around saying. e.g 'I'm a psychologist"
They said, "I"m a psych major." Further on in life, Mahan's criterion also applies; a degree in X without apparent ability
and actual practice of earning a living at it (or, let's say, publishing recognized papers) means one is not really that.

ADDED: A 'jurist' (leaving aside juries) is a law professor or an established judge, not a law student. I agree with other posters.

480
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 21:37:10  ID:slpTaLOQ.net(15)
>477
Collins English dictionary

jurist (ˈdʒʊərɪst Pronunciation for jurist )


Definitions


noun
1.a person versed in the science of law, esp Roman or civil law
2.a writer on legal subjects
3.a student or graduate of law
4.(in the US) a lawyer

juristが法学生というのはイギリス英語だと思います。
コメント2件

481
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 21:52:21  ID:NFUbnX/X.net(7)
>480
ほう、ありがとうございます。
コメント1件

482
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 22:02:23  ID:slpTaLOQ.net(15)
>481
釈迦に説法で恐縮です。
ODEのCDでも

In the Universities: A student of law, or one who takes a degree in law.

イギリス英語で少し古めでしょうか。
コメント1件

483
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 22:03:46  ID:slpTaLOQ.net(15)
OEDでした。

484
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 22:06:48  ID:NFUbnX/X.net(7)
>482
ODE の CD とは、どういうものでしょうか?
僕は、普通の ODE(一巻本)は持っていますが、
それには jurist についてそこまで詳しくは書いていません。
さらに、Collins についても、Collins Cobuild Advanced
Learner's Ditdionary なら持っていますが、
そこにもやはりそんなに詳しいことは書いていませんでした。

いずれにしても、教えて下さってありがとうございます。
アメリカ人たちが口を揃えて jurist には「法学生は含まれない」
と断言していたので、「ジーニアス英和、第5版」が間違いなのか
と思ってしまうところでした。

485
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 22:08:41  ID:NFUbnX/X.net(7)
ああ、OED(20巻本)でしたか。
それにしても、ODE と OED をうっかりと
言い間違ってしまう人も多いし、
読み間違ってしまう人も多いですね。
Oxford University Press は、
紛らわしい呼び名にしないで、ODE については
昔の名前のままにしてくれたらよかったのに、と
思います。

486
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/12 22:23:32  ID:NFUbnX/X.net(7)
たった今、OED Online でも、あなたの言う通りの
jurist についての定義文を確認しました。
貴重な情報をありがとうございます。
コメント2件

487
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 22:23:34  ID:slpTaLOQ.net(15)
>480
Collins English dictionary
http://www.amazon.co.uk/Collins-English-Dictionary-Dictionaries/dp/00...

これはODEに押されてあまり売れてないんでしょうね。
コメント1件

488
えワ[]   投稿日:2015/03/12 22:27:03  ID:YxgKdDww.net(20)
>486
処女航海って知ってる?

489
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 22:28:32  ID:slpTaLOQ.net(15)
>487>486
失礼しました。
OED Onlineは3ヶ月だけ契約したことがあります。
Onlineは高いので円高のとき2万円くらいで現行のCDを買いました。
CDはかなり端折ってる感じですね。
コメント1件

490
momi[]   投稿日:2015/03/12 22:28:55  ID:4WBdqsMm.net(6)
物書堂のCED買おうかずっと迷ってる。

491
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 22:41:39  ID:slpTaLOQ.net(15)
OED Online 3ヶ月 1万円
       1年  3万9千円

高いなあ

492
momi[]   投稿日:2015/03/12 22:45:25  ID:4WBdqsMm.net(6)
>474
こんなのどうかな。語彙、表現に難渋さは
ないが、一読目でスラスラならエライ。
I wondered if the lectures survived in some form,
and, recalling that Clark, elsewhere in his
memoirs, writes that he had never given an
“improvised” lecture, decided, while I waited for
the Warburg judgment to come down, to seek
them out in the Clark archives, at the Tate.
コメント3件

493
えワ[]   投稿日:2015/03/12 22:46:45  ID:YxgKdDww.net(20)
買う車を考える前に、運転免許を取った方がいいよ。

494
momi[]   投稿日:2015/03/12 22:53:59  ID:4WBdqsMm.net(6)
cgelの人が、「カンマについてはあんま書かない。カンマのルールは予め英文構造を理解して
いることが前提だから」みたいなこと書いてた
気がする。自分はカンマの本が和書で書かれて
いないことを不思議に思っている。

495
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:03:59  ID:slpTaLOQ.net(15)
>492
私はクラークが回想録のどこか他の場所でけして即興の講義は
やらなかったと書いたのを書いたのを思い出しながら
なんらかの形で講義が残っていないかなあ思い、
ワーバーグ判決が出るを待ってる間にテイトでクラークのアーカイブ
から講義を探し出すこと決めた。

496
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:06:20  ID:slpTaLOQ.net(15)
訂正
私はクラークが回想録のどこか他の場所でけして即興の講義は
やらなかったと書いたのをを思い出しながら
なんらかの形で講義が残っていないかなあと思い、
ワーバーグ判決が出るを待ってる間にテイトでクラークのアーカイブ
から講義を探し出すことを決めた。

497
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:07:37  ID:slpTaLOQ.net(15)
簡単だと思ったのは勘違いしてるからかな?

498
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:14:49  ID:slpTaLOQ.net(15)
私はなんらかの形でクラークの講義が残っていないかなあと思った。
そして彼が回想録のどこかほかで即興の講義はけしてやらなかった
と書いているのを思い出した。
そしてワーグバーグ判決が出るのを待つ間に
テッドでクラークのアーカイブからその講義
を探し出すことに決めた。

499
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:18:22  ID:slpTaLOQ.net(15)
ライブ授業が講義録の形で残っている可能性に賭け、それを探そうみたいな話だろ。

500
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:20:22  ID:slpTaLOQ.net(15)
これ小説だよね。小説の文体。
論説文みたいなの頼みます。

501
momi[]   投稿日:2015/03/12 23:31:01  ID:4WBdqsMm.net(6)
いや前のと同じエッセイだよ。
多分俺は自動改行8行でそれ読んでるから、
難度が上がってるんだろな。
コメント1件

502
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:44:07  ID:slpTaLOQ.net(15)
前の文章の方が硬い感じがした。
あれも和訳しようと思っていたら先解説されてしまいました。

503
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/12 23:55:36  ID:slpTaLOQ.net(15)
>501
簡単すぎます。もっと難しいのお願いします。

504
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 00:06:02  ID:RcQOAvYX.net(11)
嵐が丘はどうした?
継続は力なりだよ
コメント2件

505
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 00:34:44  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>504
ローマ帝国衰亡史解説授業宜しくお願い致します。


506
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 00:40:47  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>504
http://www.gutenberg.org/files/731/731-h/731-h.htm
特に難解ところだけ解説お願い致します。
コメント2件

507
えワ[]   投稿日:2015/03/13 00:51:20  ID:s93LfunZ.net(13)
>506
君の分からない所を質問してね。

508
えワ[]   投稿日:2015/03/13 00:54:04  ID:s93LfunZ.net(13)
>506
朝鮮人だと、全部分からないだろうね。
「分からないところが分からない」という奴だね。
コメント1件

509
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:04:25  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>508
朝鮮人ではありません。カメムシです。
コメント1件

510
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:16:33  ID:RcQOAvYX.net(11)
505と506の意味がわからん
あと、張り付けてあるurlには触らない主義
コメント1件

511
えワ[]   投稿日:2015/03/13 01:20:23  ID:s93LfunZ.net(13)
>509
日本人で外国語をやっている人間にとって、
中浜万次郎と大黒屋光太夫は特別でね。
この二人を超えられないんだよ。
もがいても、あがいても、この二入を超えられないんだよ。
で、これはそのまま、戊辰戦争につながるんだけどね。
コメント1件

512
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:34:43  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>511
司馬凌海が一番だと友人のオオクワガタ君が言ってました。

513
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:37:35  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>510
あなたはオットセイのち○ぽの焼酎漬けの飲みすぎです。
コメント1件

514
えワ[]   投稿日:2015/03/13 01:41:59  ID:s93LfunZ.net(13)
>513
オットセイとアザラシの違いを知ってる?
コメント1件

515
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:44:42  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>514
なまいきなのがオットセイ

かわいいのがアザラシ(ごまちゃんが代表)

これ動物界の常識
コメント1件

516
えワ[]   投稿日:2015/03/13 01:48:44  ID:s93LfunZ.net(13)
>515
オットセイとアザラシの違いを知ってる?
コメント1件

517
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:52:04  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>516
まだアザラシのち○ぽの焼酎漬けは飲んだことがありませんので比較できません。
コメント1件

518
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 01:53:47  ID:RcQOAvYX.net(11)
言っても仕方ないけど
せっかくNew YorkerのWarburg Instituteについての記事読んだなら
嵐が丘がなぜ20世紀に入って高く評価されるようになったのかがなんとなくわかって
この小説の再読がさらに楽しいものになるとおもうんだがな
コメント1件

519
えワ[]   投稿日:2015/03/13 02:01:04  ID:s93LfunZ.net(13)
>517
オットセイとアザラシの違いを知ってる?
コメント1件

520
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 02:02:45  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>518
自分が読んで感銘をうけた英文を貼ってコメントして下さい。
ひとには好みがあるので批判は無駄だし、聞いてもしょうがないです。

521
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 02:05:24  ID:RcQOAvYX.net(11)
やはり言っても仕方なかったか
コメント1件

522
えわ[]   投稿日:2015/03/13 02:08:38  ID:s93LfunZ.net(13)
>521
オットセイとアザラシの違いを知ってる?

523
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 02:12:11  ID:Lk/XXXn7.net(9)
>519
”南アフリカ共和国のマリオン島で、オットセイとペンギンの交尾が目撃されています。”。
ペンギンに手を出すスケベな方がオットセイ。
性的に淡白なのがアザラシ。
コメント1件

524
えワ[]   投稿日:2015/03/13 02:22:01  ID:s93LfunZ.net(13)
>523
オットセイとアザラシの違いを知ってる?

525
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 06:17:08  ID:FlCJNlUK.net(7)
>489
OED についての Wikipedia での解説によると、
OED CD-ROM 版は、あくまで Second Edition
であって、OED Online は、3か月ごとにどんどん
Third Edition へと変貌しつつあるのです。

ただ、Third Edition への更新が完成するには
あと23年もかかります。OED Online の
各単語 (entry) の右上の端には、それが
Third Edition なのか Second Edition なのか、
そして更新日もきちんと書いています。

OED Online は確かに高いですが、しょっちゅう
使う人にとっては、これでも安いと感じるでしょう。
僕は「しょっちゅう」というほどではないけど、
ひと月に4回から20回くらい使っていると思います。

526
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 06:47:47  ID:FlCJNlUK.net(7)
>492
確かに単語も表現も簡単なのに、構文が複雑ですね。
100年くらい前までは、こういう文章が多かったんだろうな
と思います。

I (私は)
  (1) wondered if the lectures survived in some form, (これらの講義が何らかの形で存続しているだろうかと思った)
   
and,
    recalling that (wondered にぶらさがる分詞構文)
      【Clark】,
         elsewhere in his memoirs, (回想録の中の別のところで)
        【writes】 that he had never given an “improvised” lecture, (クラークは「即興」講義をやったことがないと書いている)

  (2) << decided >>, (私は、以下に述べることを行うことにした)
    {{ while I ●waited● for the Warburg judgment to come down }}, (ワールブルクの判決? が出るのを待つあいだ)
      << to >> seek them out in the Clark archives, (それらをクラークの書いた文献の中で探すことにした)
         ●at the Tate●. (waited 〜 at the Tate と続く)(「テイト」という場所で待ちながら)

全訳 Version 1
私は、
(1) これらの講義が何らかの形で存続しているだろうかと思い、
  クラークが回想録の中の別のところで、
  「即興」講義を行ったことがないと書いていることを思い出し、
(2) ワールブルクの判決 (?) が出るのを「テイト」という場所で待つあいだ、
  クラークの書いた文献の中で探すことにした。

527
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 09:58:35  ID:FlCJNlUK.net(7)
>492
わかりやすく書き換えてみる。

原文
I wondered if the lectures survived in some form,
and, recalling that Clark, elsewhere in his
memoirs, writes that he had never given an
“improvised” lecture, decided, while I waited for
the Warburg judgment to come down, to seek
them out in the Clark archives, at the Tate.

書き換え文
(1) I wondered if the lectures survived in some form.
(2) And, recalling that Clark writes elsewhere in his
memoirs writes that he had never given an
“improvised” lecture.
(3) So I decided to seek them out in the Clark archives,
while I waited forthe Warburg judgment to come down
at the Tate.

このように、
   (AAA) 三つの文に分けた。
   (BBB) 新しく加えた単語は (3) の So だけ。
        他には単語の削除もしていない。
   (CCC) 少し文の中の各要素の順番を変えた。

三つのことをやっただけで、ものすごく読みやすくなった。
コメント2件

528
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 10:00:24  ID:FlCJNlUK.net(7)
>527
訂正
write を二回も書いてしまった。二つ目の write を消して、
次のようにする。

(2) And, recalling that Clark writes elsewhere in his
memoirs that he had never given an “improvised” lecture.

529
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 10:09:45  ID:FlCJNlUK.net(7)
>527
しまった。(3) の "at the Tate" の場所も、このままでは
わかりにくい。wait の直後に入れて、次のようにする。
(1) から (3) まで、再びすべて表示する。

(1) I wondered if the lectures survived in some form.

(2) And, recalling that Clark 【writes】 elsewhere in his
memoirs that he had never given an "improvised" lecture.

(3) So I decided to seek them out in the Clark archives,
while I waited at the Tate for the Warburg judgment to come down.

上記の一節全体が過去形と過去完了のオンパレードだが、
その中で (2) の writes が現在形だということに注目したい。

もちろんこれは現在形にすべきだということは、読んでいるときは
すんなりわかるけど、さて、それでは、長い英文を書いているときに、
周囲の過去形と過去完了の並ぶ中で、条件反射的にここを
すぐに現在形にできるかどうか、それが問題だ。

頭で考えているだけなら簡単なことでも、たくさんの英文を
書き続けていると、ポカミスをしてしまうものだ。
コメント1件

530
momi[]   投稿日:2015/03/13 10:17:51  ID:zq48e3S3.net(10)
紹介した文で有益なレスが進んだようで光栄だ。
昨日はこれを読んだ。基本的に、近現代の犯罪とか文化的事件
のサーベイが自分は好きらしい。これもヘッドラインでグッと
心をつかまれた。

Burn After Reading
In 1971, William Powell published The Anarchist Cookbook, a guide to making
bombs and drugs at home. He spent the next four decades fighting to take it out of print.

http://harpers.org/blog/2015/02/burn-after-reading/

531
momi[]   投稿日:2015/03/13 10:33:46  ID:zq48e3S3.net(10)
>529
前提としてケネスクラークのアーカイブはテイトにあるので、
at the Tateがどうかかっているかは曖昧なんですよね。

個人的な考えでは、以下のような括りのカンマとして読めると
思います。直前とのつながりを切るカンマではなく、カンマで
連続を示すという感じ。

the Clark archives, at the Tate.
コメント3件

532
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 10:44:11  ID:FlCJNlUK.net(7)
>531
「カンマで連続を示す」って、どういう意味ですか?
「つながりを切るカンマ」のことしか、僕にはわかりませんが。

533
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/13 10:47:20  ID:FlCJNlUK.net(7)
>531
あっ、わかったような気がする。

I 【waited】 for the Warburg judgment to come down, to seek
them out in 【the Clark archives】, 【at the Tate】.

momi さんが言いたいのは、最後の "at the Tate" が
直前の "the Clark archives" をも修飾しているし、
同時に "waited" にも「つながっている」ということでしょうかね。
コメント2件

534
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 11:39:04  ID:RcQOAvYX.net(11)
>もちろんこれは現在形にすべきだということは、読んでいるときは
すんなりわかるけど、

へー
では聞くが、なぜwritesにすべきなのか、説明してみな

535
えワ[]   投稿日:2015/03/13 13:38:21  ID:s93LfunZ.net(13)
>533
同格の「 , 」が理解出来なかった「偽えワ」は君だったんだね。

536
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 16:38:01  ID:13wiv28O.net
>531
waitedだけを修飾するなら

while I waited(at the Tate) for the Warburg judgment to come down

となる気がしますし、文章を読んだ感じはthe Clark archivesを修飾してると思います。

しかしカンマ付けた理由を考えるとthe Clark archivesとwaitedの両方というのは

正しい考えだと思います。

是非WRで訊いてみてください。
コメント1件

537
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/13 17:16:17  ID:zq48e3S3.net(10)
>536
>while I waited(at the Tate)
そうなんですよね。そう思いました。で、別にgopnikは判決の朝に
テイトに行って、判決がおりるまでの時間を使って、調べ物をした
とかそういうことではないので、waitedにはかかってないと思います。

>533「カンマで連続を示す」
列挙や、付け足し情報のカンマのような感じで、構文全体に組み込まれて
解釈されないようにカンマをつけたのかと考えました。もしかしたら
非制限的な用法と言えるかなあ。これは例のnew yorkerの独自の
ハウスルールが関係しているかもしれないし、gopnikがリズム的に
つけただけかもしれない。
コメント1件

538
えワ[]   投稿日:2015/03/13 18:28:49  ID:s93LfunZ.net(13)
>537
>at the Tate
冠詞が付いている理由を考えてみよう。

539
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:14:25  ID:RcQOAvYX.net(11)
おや、OEDくんは沈黙しちゃったようだね
じゃmomiくんの「, at the Tate.」にヒントを上げよう
まずこのコンマは文法的には付加情報
ではなぜこの情報を付加的にしたのか
XXXXのため(つまり筆者の筆力だな)
記事をちゃんと読めばわかるよ
Warburgは現状どんな研究機関になってしまっているかを考えてみよう

540
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:22:01  ID:zq48e3S3.net(10)
気持ちは分かるが、ズレてる気がする。
まずはケネスクラークを調べてみようず。

541
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:25:42  ID:RcQOAvYX.net(11)
ほほう
どうズレれてるのかにゃ?
コメント1件

542
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:28:45  ID:zq48e3S3.net(10)
それから「付加情報のカンマ」についての
出典元をお願い。それを俺も読みたい。

543
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:31:50  ID:RcQOAvYX.net(11)
出典元はない
読んでそう思ったからそう書いただけだよ
コメント1件

544
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:32:34  ID:zq48e3S3.net(10)
>541
それが本文中で触れられてるんだなあ〜
全部読んでみ。

545
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:34:16  ID:zq48e3S3.net(10)
>543
そう、じゃあ今度から「思った」って書いてよ。
コメント1件

546
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:36:39  ID:RcQOAvYX.net(11)
>それが本文中で触れられてるんだなあ〜

「それ」ってなに?

>じゃあ今度から「思った」って書いてよ。

なんで?
コメント1件

547
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:40:25  ID:s93LfunZ.net(13)
>545
>at the Tate
冠詞が付いている理由を考えてみよう。

548
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:43:24  ID:zq48e3S3.net(10)
>546
ね、思わせぶりなのってイライラ来るでしょ。
俺の中では君の誤解も含め決着ついたから後は
ご自由に。
コメント1件

549
えワ[]   投稿日:2015/03/13 19:44:40  ID:s93LfunZ.net(13)
>548
>at the Tate
冠詞が付いている理由を考えてみよう。

550
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:47:03  ID:RcQOAvYX.net(11)
ははは
じゃ、この件はこれにて終了ね

551
momi[]   投稿日:2015/03/13 19:51:28  ID:zq48e3S3.net(10)
そうね。君はケネスクラークを調べて、
自分の誤解に気付いたんだね。
コメント1件

552
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 19:53:43  ID:RcQOAvYX.net(11)
いや、違うよ
君がこの記事をちゃんと読んでいないことがはっきりしたからだよ
コメント1件

553
えワ[]   投稿日:2015/03/13 19:58:35  ID:s93LfunZ.net(13)
>551
>at the Tate
冠詞が付いている理由を考えてみよう。

554
498[]   投稿日:2015/03/13 20:59:58  ID:RxYhGzm8.net(3)
I wondered if the lectures survived in some form,
and, recalling that Clark, elsewhere in his
memoirs, writes that he had never given an
“improvised” lecture, decided, while I waited for
the Warburg judgment to come down, to seek
them out in the Clark archives, at the Tate.

私はなんらかの形でクラークの講義が残っていないかなあと思った。
そして彼が回想録のどこかほかで即興の講義はけしてやらなかった
と書いているのを思い出した。
そしてワーグバーグ判決が出るのを待つ間に
テッドでクラークのアーカイブからその講義
を探し出すことに決めた。

簡単だと思うよ。
一読で at the Tateはseek outにかかると思った。
議論する課題とは思えない。
コメント1件

555
498[]   投稿日:2015/03/13 21:03:39  ID:RxYhGzm8.net(3)
>552
今日読んだWebの英文を貼ってコメントして下さい。
あなたのコメントが是非聞きたい。

556
momi[]   投稿日:2015/03/13 22:47:56  ID:zq48e3S3.net(10)
>554 あえて仕組みとして考えてみると、
主節である I decided to seek them out in the Clark archives.
を従属節が I decided SSS to seek them out in the Clark archives SSS.
と挟むことはおそらくないから、そこは大きな問題ではないか。
もし仮に I decided that〜 という流れならもうすこし複雑だろう。

一方、「, at the Tate.」 のカンマがどういった性質であるかは、
決め手に欠けるように思う。
コメント1件

557
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/13 23:41:56  ID:RxYhGzm8.net(3)
>556
文章を読んでカンマを付けたのは何らかの理由でat the Tateを強調したいからだと感じた。
文章の流れでそう感じた。
センスだね。

558
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/14 01:01:43  ID:bJIbI/Cb.net(2)
まあ、2ちゃんであっても一生懸命英語を勉強しようというのは良いことだとは思うけど
それはそれとして
もうちょっと英語がわかりたいと思っているなら
いちど英語の試験を受けて
自分の習熟度を客観的にとらえてから
大学の社会人講座なり
そういうのが近くになければ通信制の講座なりを受講して
地道に勉強するってのも悪くないと思うよ
もちろん英語というより2ちゃんが主の楽しみなんだということなら
そういうのは要らぬことでしかないけどね

559
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/14 07:28:07  ID:1c6CTYhN.net
【辞書や文法書を「洋書」として読む】
洋書を読むという話になると、ついつい小説や新聞雑誌や
ノンフィクションや論文や教養書を思い出し、なかなか
辞書や百科事典や文法書のことは話題に出ない。
僕自身も、辞書や文法書を読み物として読もうとは
あまり思わない。

ただ、辞書については、一日に2時間も3時間も毎日毎日、
読んでいたこともある。文法書については、日本語で
書いてあるものにせよ英語で書いてあるものにせよ、
読みふけるなんてことは今までなかった。

日本語で書いてある文法書については、安藤の
「現代英文法講義」だけは通読する気になった。
洋書の文法書については、分厚いわりに Quirk et al.
は読んでいて面白い本だということに気づいた。
1,800 ページもあるので、文法が基本的には嫌いな
僕にとってはなかなか通読する気にはなれないのだけど、
いつか通読したい。ついでに、Cambridge CGEL も通読したい。
この二つを読んでいると、頭の中に雑然と溜まっている
言語資料が整理されていくという感じがする。

誰かがよく「Quirk et al. とか Cambridge CGEL に書いてある
ことなんて、たくさん読んでたくさん聴いていれば
自然と身につくから、読む必要はない」と言うけど、
確かにこの二つは読まなくても洋書と映画ビデオ
などをがんがん読んだり聴いたりしていれば
自然とわかってはくるけど、何となく「たぶんこうだろうなあ」と
推測していることを文法書の中で確かめられるのは楽しいことだし、
第一、文法書には索引などが充実しているから、文法事項をすぐに
引き出して、適切な例文をすぐに参照し、他人と話をするときにでも、
どの文法書のどのページを読め、といえばすむので、楽だ。

560
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/14 10:46:17  ID:DL682OUW.net
文法書についての書き込みは珍しいから一切の
予見をもって読まなかったけれどoedさんの文章
には癖があるから最後まで読んで正しかったこ
とを確かめた。
同じことについて考えてる他人と話をするような
ものだから本を読むことは確かに楽しいし、そう
あるような読書をするように勉めるべきだとおも
うんだ

561
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/14 13:17:18  ID:bJIbI/Cb.net(2)
OEDはNew YorkerのWarburg記事でのwrites
なぜ現在形なのか、答えてね

562
momi[]   投稿日:2015/03/14 13:39:12  ID:WLURzj8J.net
図鑑や百科事典は面白いな。完全通読じゃないけど、
The Cambridge Encyclopedia of the English Language
は何年か前に読んだが、飽きなかった。

563
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/14 18:18:07  ID:+Yamr/mL.net
ブリタニカ・コンサイス百科事典(英語)

Encyclop&aelig;dia Britannica, Inc. 収録数:約25,000項目/約2,600図


ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版

ブリタニカ・ジャパン 収録数:約155,000項目、写真・イラストなど:約13,000点

25000と155000で随分差がある。

risk premiumを引いたらブリタニカ国際大百科事典 でヒットした。


リスク・プレミアム
risk premium

こんな見出しなんだが英語併記だと検索がかかる。

広辞苑でもリスク-プレミアムでヒットするが内容に問題がある。

564
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/14 20:19:09  ID:VcOR8a09.net
洋書読むのもいいんだけどアウトプットの練習もしなくちゃなぁ
コメント1件

565
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/14 21:37:08  ID:mJAFpk3y.net
>564
あんまり上品でない登場人物ばっかり出てくる本ばっかり読んでいるんだけど、
こないだ外国人と話していて、"Me and my sister will go there"などと自分が口走っていることに気付いたorz
そのときは相手もそんな感じのしゃべりかたの人だから良かったけどw

566
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 07:16:53  ID:B4/IZKTf.net(10)
【文頭に動詞などの特殊なものが出て強調される例】

「スレッド立てるまでもない」スレで話題に出たことを、
ここにメモしておく。文頭に目的語や補語や動詞などが
出てきて強調される例は、検索ですぐに見つけるのは
難しいので、出てくるたびにここにメモしておきたい。

(1) Perhaps I would not pity him and love him as much if I were not a part of him.
But 【pity and love him I do】.
https://www.google.com/search?q=%22alcohol+free%22&;btnG=Search+Books&tbm=bks&tbo=1&gws_rd=ssl#newwindow=1&tbm=bks&q=%22pity+and+love+him+i+do%22

(2) >>Things certainly have changed.(状況は確かに変わりましたね)
>>【That they have.】(本当ですね)

(2) の出典は、わからない。質問者が持っている本に出てきたらしい。
They have changed. のうちの changed が文頭に出てくるなどという
例は、僕自身も初めて見た。Quirk et al. とか Cambridge CGEL とか
安藤講義あたりにこういう例が集めてあるだろうか?調べる暇が
今はないけど。
コメント2件

567
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 08:18:21  ID:B4/IZKTf.net(10)
【文頭に動詞などが出てくる例】

これも、別の人が書き込んだ内容。辞書に出ていたらしい。
たぶん、will の項目に載っていたのだろうけど、
あとで僕も調べてみる。こういう例は確かに
ときどき見かけるが、さてそれでは検索するとなると、
他の雑情報に紛れてしまって、自分の探している情報が
なかなか見つからない。

(1) “Then I'll go round and get in at the window. ” “【That you won't. 】”

(2) "Will you take this to her?" "【That I will.】"

568
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 09:02:05  ID:Qfj626JX.net
いかりや長介:だめだこりゃ

569
momi[]   投稿日:2015/03/15 09:26:40  ID:G0ekEao7.net(2)
“Will you give me a lift home?” “That I will.”
「うちまで乗せていってくれませんか」 「ああ, いいとも」
(!thatは前文のgive以下の内容をさす)
ウィズダムで見つけた
コメント2件

570
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 09:59:45  ID:B4/IZKTf.net(10)
>569
momi さんが挙げてくれたウィズダムの解説にある通り、"That I will."
は、"Give you a lift I will." という形がもともとあって、その
Give me a lift を that に置き換えるのが流行ったんだろうと
僕は推測する。そしておそらく、"Give you a lift I will." か
あるいはそれに近いような用例が、どこかにあるはずだ。
現に、すでに >566 で挙げたように、

(1) Perhaps I would not pity him and love him as much if I were not a part of him.
But 【pity and love him I do】.

こういう例もあるのだ。この pity and love him が that に置き換わって、
That I do. という言い回しも発展していったはずだ。そのことから推測すると、
例の、今月の NHK の英会話テキストに出てきたと質問者が「スレッド立てるまでもない」
スレで紹介してくれた "That they have." も、"Changed they have." の
changed が that に置き換わったんだろうと思う。そしておそらくは、
根気よくネット上を探せば、"Changed they have." に似たような例文も
見つかるはずだ。

571
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 10:36:48  ID:gcwuJcfO.net
>162
それほど古くはなくても火垂るの墓は読みにくいけどな
黒い雨は平易だけどな

572
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 10:39:53  ID:B4/IZKTf.net(10)
>566
(2) >>Things certainly have changed.(状況は確かに変わりましたね)
>>【That they have.】(本当ですね)

出典は、この例文を挙げてくれた質問者によると、
2015年3月のNHK ラジオテキスト「実践ビジネス英語」、p.22 だそうだ。

   *************

「ジーニアス英和、第5版」にある that についての解説も引用しておく。

  (10) そのこと
     (1) 先行の動詞または動詞の補語によって表されたことを強意的に
       反復する。
     (2) 人称代名詞の主語(または there)と助動詞(または be 動詞)
       と共に用いる)
           Is he happy? -- That he is.
           Will you take this to her? -- That I will.
コメント2件

573
えワ[]   投稿日:2015/03/15 14:32:21  ID:R/Y0t1s8.net(5)
>572
>Is he happy? -- That he is.
・Yes, he is. じゃない理由は?

>Will you take this to her? -- That I will.
・Yes, I will. じゃない理由は?

574
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 15:23:32  ID:B4/IZKTf.net(10)
【It's too good to be true. -- sarcasm? genuine praise?】

"It's too good to be true."
いろいろな辞書を見ても、"It's too good to be true." は、
「話がうますぎる」というような否定的な意味合いで
定義されている。本気でそれを褒めているときには
使えないかのように書いている。

●(1) ジーニアス英和、第5版、good の項目

(It's) too good to be true (too good to last).
(略式) 話がうますぎて信用できないよ。夢みたいな話だ。

●(2) Merriam-Webster's Advanced Learner's Dictionary

too good to be true -- used to say that something cannot be
as good as it seems to be
  (2-1) The price of the car is 【too good to be true】.
  There must be something wrongt with it.
  (2-2) If it looks/seems 【too good to be true】, it probably is.
  (= there is probably some cost or bad part you do not know about.)

(3) Oxford English Dictionary Online

b. too good to be true: expressing disbelief or doubt that something
could genuinely be as good as it seems.

ひょっとしたら、(3) の OED の記述は neutral なのかもしれない。
しかし、(1) と (2) は、はっきりと否定的なニュアンスだけを
伝えている。
コメント2件

575
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 15:25:06  ID:LHXMORy8.net
15の不思議な物語(A Twist in the Tale)
http://www.tora-2.com/ATwistintheTale.HTM
輸入盤DVDオンラインショップ:DVD Fantasium Twist In The Tale()
http://www.fantasium.com/detail.phtml?ID=TVC34805

この作品は、
A Twist in the Tale
でアマゾン検索すると、イギリスで小説が売られているようなのですが、
これは、ドラマと同じものになるのでしょうか?

ただ、アマゾンレビューでは「イギリス人の内輪もめ」とあり、
DVDの販売国は米国だから、別物かな?

でも、ドラマの動画を聞くと、
どうもイギリス英語っぽい。


その場の状況だけで判断するから誤解は生まれる(mf固定TV再撮STD)15の不思議な物語 A Twist in the Tale.wmv
https://www.youtube.com/watch?v=j4DDrnPUgaU
生活保護叩きしてなぜ人の幸せを奪う?(TV固定mf再撮STD)15の不思議な物語 A Twist in the Tale.wmv
https://www.youtube.com/watch?v=et3gP7hYqZc
A Twist In The Tale TV Show Opening and Ending Credits High Quality
https://www.youtube.com/watch?v=DKibBL4ltaM
William Shatner's A Twist in the Tale - Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=NgcHbh_jzQE


質問まとめ
1・アマゾンでイギリスで出てくるA Twist in the Taleという小説は、ドラマと同じなのでしょうか?
2・イギリスで放映されたドラマなのに、アメリカでDVD化されるということはあるのでしょうか?

576
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 15:26:08  ID:B4/IZKTf.net(10)
>574
これについても、wordreference.com で質問してみた。その結果、
語り手の口調や表情によって、あるいは語り手と聞き手との
関係が親密であるかどうかによって、否定的な意味になったり
純然たる褒め言葉になったりするのだ、という話だった。

"too good to be true" のみならず、too のあとに
元来なら肯定的な形容詞が来たときにどのようなニュアンスに
なるか様々の実例を挙げてもらった。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2983980
コメント1件

577
えワ[]   投稿日:2015/03/15 15:28:59  ID:R/Y0t1s8.net(5)
>574
>Is he happy ? -- That he is.
・Yes, he is. じゃない理由は?

>Will you take this to her ? -- That I will.
・Yes, I will. じゃない理由は?

578
えワ[]   投稿日:2015/03/15 15:51:38  ID:R/Y0t1s8.net(5)
>576
英語は苦手?
「too 〜 to の表現とは関係ない。」と読み取れないの?

"She's too good for me." or "They're too amazing".
Like you said, it depends on tone and expression, as well as how well you know a person
(a stranger might misunderstand you, where your best friend would laugh).

In this case, I would say no.
It sounds to me like a genuine praise of the beer being good, considering that it is non-alcoholic.
It could be also said in disbelief, but again,
that is still praising the beer because it doesn't taste
like something that should be non-alcoholic.

It can have either meaning.
The speaker's tone of voice and facial expression
are critical to understanding the intended meaning.

579
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 16:47:44  ID:fY4rRTM1.net
>569
>572
OED CD second edition version4

that,dem,pron B.2.b

Representing a word or phrase in the previous clause or sentence:

usally standing first in its own clause with inverted constraction.

(That I will=I will do that).colloq.

I can say them all!

That you can't.

釈迦に説法ですね。
コメント1件

580
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 17:51:54  ID:B4/IZKTf.net(10)
>579
OED からの引用をありがとうございます。

それにしても、周りにある辞書では
can とか will の後の動詞を文頭に持ってきて that に
置き換えた例は載せている。

でも、NHK テキストにあった
ような have + past participle の past participle
が文頭に出て、それが that に置き換わった
例そのものを載せてくれないんですよね。

僕は、実例をこの目で見ないと信用しない
タイプで、NHK テキストだけでは用例が
足りなさすぎる。
コメント2件

581
えワ[]   投稿日:2015/03/15 17:53:50  ID:R/Y0t1s8.net(5)
>580
自演は止めなよ。

>Is he happy ? -- That he is.
・Yes, he is. じゃない理由は?

>Will you take this to her ? -- That I will.
・Yes, I will. じゃない理由は?

582
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 19:35:41  ID:HayISkjC.net(4)
>580
Things certainly have changed.(状況は確かに変わりましたね)
That they have.(本当ですね)

強調したいのはchangeじゃなくてcertainiyの方じゃないでしょうか?
changedは引きずられて前に出たみたいな。
元の文がThings have changed.ならThat they have.は成立しないのでは?
コメント2件

583
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 19:40:39  ID:B4/IZKTf.net(10)
>582
ということは、that は certainly を指しているということですか?
僕は、そう思いません。そういう例を見たことがないから、
そう思わないのです。

その反面、動詞、目的語、補語、文全体、フレーズを
that で受けている例は、よく見ます。

584
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 19:41:45  ID:B4/IZKTf.net(10)
>582
もちろん、あなたが自説を証明して下さったら、
信じますよ。今のところ証拠不十分だから、
僕としては受け入れられないだけです。
コメント1件

585
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 20:07:08  ID:HayISkjC.net(4)
>584
これこそnativeの人に聞いて見て下さい。
コメント1件

586
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/15 20:14:13  ID:B4/IZKTf.net(10)
>585
それはあなたの説なのであって、僕の説ではありません。
それなのに、なぜ僕が尋ねないといけないのですか?
妙なことを言わないでください。
コメント1件

587
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 20:17:55  ID:HayISkjC.net(4)
that=certainlyプラスhaveですがcertainlyが前文にないなら倒置は成立しない
ということが言いたいのです。

588
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/15 20:19:47  ID:HayISkjC.net(4)
訂正
that=certainlyプラスchangedですがcertainlyが前文にないなら倒置は成立しない
ということが言いたいのです。
コメント1件

589
えワ[]   投稿日:2015/03/15 21:50:21  ID:R/Y0t1s8.net(5)
日本語は苦手?
「起承転結」って知ってる?

>588
that = so なのは理解出来ないかな。

590
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/15 23:42:38  ID:G0ekEao7.net(2)
http://www.newyorker.com/magazine/2015/03/16/where-the-bodies-are-buri...

40年前のベルファストで、10人の子持ちの母親が拉致され、そのまま行方不明になった。
その後、元IRAのテロリストが、Boston Collegeのオーラルヒストリー調査のなかで、
事件の首謀者を告白。それは現在、シン・フェイン党の党首で、大きな影響力をもつ
政治家Gerry Adamsだった。この筋を中心に北アイルランド問題のさまざまな事件が
展開するロングリード。日本での情報の少ない分野ということもあり、面白かった。

https://bostoncollegesubpoena.wordpress.com/supporting-documents/cnn-secrets-of-the-belfa...
これはGerry Adamsを追求する立場のブログ。各メディアの扱いをチェックできる。このような事件を
軸に、ある大きな社会問題を追いかけるというのも、ウェブ時代の楽しい英文の楽しみ方かもしれない。

英文的には特に気になったところはなかった。下は and then の and の省略されたタイプ。

In 1972, the British Army launched a clever operation. It set up a washing service
called Four Square Laundry, issued coupons offering steep discounts, then sent
a van into Catholic neighborhoods to pick up and drop off clothes.

weeは語彙読み物で知ったが、雑誌記事のなかで見たのははじめてかもしれない。スコットランド
出自の語として有名。
She came home from hospital to a wee house with an outside toilet, 〜

wee 1 |wiː|
adjective (weer |ˈwiːə| , weest |ˈwiːɪst| ) chiefly Scottish
little: when I was just a wee bairn | the lyrics are a wee bit too sweet and sentimental.(ODE)
コメント1件

591
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 00:52:10  ID:fTm1UnoL.net
カズオイシグロおじさんの本買ったけど読む時間ない

592
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 10:22:28  ID:k9XV+yrs.net(2)
MW

wee

adjective

: very small or very young

Full Definition of WEE
1 : very small : diminutive

2 : very early <wee hours of the morning>

Examples of WEE

He's just a wee lad.

Origin of WEE

Middle English we, from we, noun, little bit, from Old English w&aelig;̄ge weight; akin to Old English wegan to move, weigh — more at way
First Known Use: 15th century

593
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 10:29:39  ID:k9XV+yrs.net(2)
Collins English dictionary

wee1 (wiː Pronunciation for wee1 )


Definitions


adjective
1.very small; tiny; minute

noun
2.(mainly Scottish) a short time (esp in the phrase bide a wee.)

Word Origin
C13: from Old English wǣg weight

594
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 13:52:30  ID:TR/Cz6f0.net(3)
591 名前:名無しさん@英語勉強中 :2015/03/16(月) 00:52:10.80 ID:fTm1UnoLカズオイシグロおじさんの本買ったけど読む時間ない

カズオイシグロって読んだことないけど人気アルネ
旧作でおすすめあったらおしえて

595
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 15:20:39  ID:r9wPb5gb.net
日本で言う司馬遼太郎みたいな歴史小説ってある?
コメント1件

596
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 15:40:29  ID:TR/Cz6f0.net(3)
>595
歴史は苦手なんで歴史小説も読まないんだけど
たとえば司馬の小説の英訳本とかなら英語の勉強にいいかな

597
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 18:18:40  ID:dj/2qMbW.net(5)
>590
More specifically, Sumner is right that if the euro’s fall is being driven by expansionary monetary policy,
this affects the U.S. through the demand channel as well as competitiveness, so it may be( a wash).

このwashはODEによると
9 [in singular] North American informal A situation or result that is of no benefit to either of two opposing sides:
‘the plan’s impact on jobs would be a wash, creating as many as it costs’
だと思いますが、こういう意味でのwashをOEDさんはよく見かけますか?
コメント1件

598
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 18:22:13  ID:dj/2qMbW.net(5)
>597>586
More specifically, Sumner is right that if the euro’s fall is being driven by expansionary monetary policy,
this affects the U.S. through the demand channel as well as competitiveness, so it may be( a wash).

このwashはODEによると
9 [in singular] North American informal A situation or result that is of no benefit to either of two opposing sides:
‘the plan’s impact on jobs would be a wash, creating as many as it costs’
だと思いますが、こういう意味でのwashをOEDさんはよく見かけますか?
コメント1件

599
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/16 18:45:55  ID:qkoXjWyV.net(5)
>598
いえ、まったく初めてです。最近は特に、現代アメリカから離れて
古いイギリス英語ばかりに触れているので、余計にわからなくなります。
コメント1件

600
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 18:59:45  ID:TR/Cz6f0.net(3)
べつに自演するのはその人の勝手だし法律で禁じられているのでもないからから非難はしない
単純な興味から教えてもらいたいだけだ
OEDはなんで自演するの?
自分なりにスレを盛り上げようとして?
それともただのクセなの?

601
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 19:25:03  ID:dj/2qMbW.net(5)
>599
ちょっと安心しました。
私も見かけた記憶がなかったので。

602
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/16 19:32:42  ID:qkoXjWyV.net(5)
このスレで Collins English Dictionary を使っている人が
おられたので、それに触発され、すぐにそれを買い求めた。
ハードカバー、ものすごく立派な布によるもの。愛着を
感じさせてくれる。撫でているだけで気持ち良くなる。
さすが Scotland だ。アメリカやイングランドに対抗して、
何でも真剣に取り組んでいる地域だからこそこんなことを
やってくれるのだと思う。

2,300ページもある。大きさは、ODE(一巻本)よりも
少し小さく、Merriam-Webster's Advanced Learner's
Dictionary よりも少し大きい。

ODE(一巻本)にさえ載っていないような定義も
チャンと載せているから感心した。ODE に比べて、
印刷された文字がぎっしり詰まりすぎて、空白が
なさすぎるので、文字を追いかけるのが少し苦しい
が、ODE に載っていない定義を探すために、これからも
愛用することにしよう。

今日は、wax という単語には、archaic な意味として、
become という意味があるのだということを、この Collins
English Dictionary で確かめた。ODE 一巻本には、この定義は
載っていない。もちろん、OED 20巻本には詳しく載っている。
コメント2件

603
えワ[]   投稿日:2015/03/16 20:20:36  ID:tSkguBY0.net(2)
>602
wax は熱すると溶ける = change の意味しかないよ。
コメント1件

604
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 20:21:43  ID:dj/2qMbW.net(5)
>602
Hardcover: 2340 pages
Publisher: Collins; 12th edition edition (23 Oct. 2014)

去年の10月に12版が出たばかりですね。
大辞典では一番新しいのではないですか?
コメント1件


605
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/16 20:30:16  ID:dj/2qMbW.net(5)
>603
Oxford Thesaurus of English

wax 3

Jimmy seldom waxed enthusiastic about anything.

become, grow, get, come to be, turn
コメント1件

606
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/16 20:41:30  ID:qkoXjWyV.net(5)
>604
そうそう。英英の大辞典としては、おそらく最新でしょうね。
あなたは Collins English Dictionary だけではなく、
OED CD-ROM も、さらには Oxford Dictionary of Thesaurus
まで持っていて、さらにはそれを使いこなしておられるようですね。
実は、僕もつい3か月ほど前にその大きな thesaurus を買った
ばかりです。あなたに比べると、ただの積読で終わってしまっているけど。
さっそくあなたが紹介してくれた wax の項目を僕の thesaurus でも
確認しました。すごいですね。この辞書も。さすが Oxford。

607
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/16 20:45:20  ID:qkoXjWyV.net(5)
>605
wax が become という archaic な意味もあるということについては、
「スレッド立てるまでもない」スレでついさっきも書いたけど、
ここにも書いておく。

   ********************

古いイギリス英語では大いに使われていたようです。僕がいま読んでいる
"Wuthering Heights"(嵐が丘)では "She waxed lacrimose."
(= She became sad.) という文も出てきます。

ドイツ語を少しでも勉強したことがある人なら、この wax
がドイツ語の wachsen と語源が同じだということに気づけば、わかりやすいです。

Oxford English Dictionary つまり例の20巻本には、次のように
書いています。すべては紹介しませんが、特にわかりやすいものだけを
抜書きします。

wax (as verb) の意味と例文
   To become, turn. (Sometimes used with reference to a sudden or immediate change.)

例文(例文は15例くらいありますが、そのうち1例だけをここに紹介します。)
   1866 Trollope Belton Estate III. ii. 35
     (19世紀のイギリスの小説家である Anthony Trollope の文章から)
   Captain Aylmer saw that the man was 【waxing】 angry.

(OED Online)
コメント1件

608
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/16 21:09:14  ID:qkoXjWyV.net(5)
>607
"Wuthering Heights" では、380 ページほどの小説の中で、become という
意味での wax が6回も使われている。

(1) I suppose Catherine fulfilled her project, for the next sentence
  took up another subject: she 【waxed】 lachrymose.

(2) she seized his shoulders, and shook him till the poor child 【waxed】 livid,

(3) Hareton and the woman laughed, and she joined them,
  and 【waxed】 more impertinent still;

(4) and though still at intervals she inquired of her father
  when Linton would return, before she did see him again
  his features had 【waxed】 so dim in her memory that she
  did not recognise him.

(5) My companion 【waxed】 serious at hearing this speech.

(6) Catherine was 【waxing】 cross at this;

     "Wuthering Heights," Emily Bronte
        Project Gutenberg
       http://www.gutenberg.org/files/768/768-h/768-h.htm
コメント1件

609
えワ[]   投稿日:2015/03/16 22:14:08  ID:tSkguBY0.net(2)
>608
全て become ではなく change だね。
日本語は苦手?

610
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/17 00:50:23  ID:+7tgKfTG.net
ふと思ったが
英語上達のための第一ステップは2ちゃんねるをやめることじゃないか
英語のできる人たちは勉強熱心で意志が強いのが共通した特性のように思う
2ちゃんねるで暇つぶしをしているような柔弱なやつは
英語に限らずなにをやらせても中途半端

611
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/18 10:04:30  ID:TxEQ1sAn.net(2)
【物語を書くとき、"She WAS an Irish woman."
  --- 現在でも彼女は Irish なのに】

wordreference.com で、この見出しにあるような話題が出た。
"She was an Irish woman." というふうに物語で書いてよいのだろうか。
今でも彼女は Irish なのに、ここで was と書いてしまうと、今では
Irish ではないことになってしまわないか?そういう質問だ。

そして、この質問をしているのは、アメリカ人の英語ネイティブ。
そう言えば、僕ら日本語ネイティブだって、物語または他人に
話を聞かせるときに「僕は一人の女の人が好きでたまらなかった。
その人は、青森出身だった」とか言うけど、今でもその人は
ちゃんと生きていて、さらには青森県出身なのに、そのように
言っていいものかどうか、悩んでしまうこともあるかもしれない。

ともかく、この英語ネイティブによる質問に対して、他のネイティブたちが
いろいろ意見を言っている。どうやら主流の意見を簡単に言ってしまうと、
次のような発言に集約されるらしい。

If you want to discuss what she was at the time, 【use the past tense.
Maybe she still is that. Maybe she isn't. It doesn't matter.
You are not writing about what she is now. 】

If you use the present tense, you aren't saying anything
about what she was then.

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2936996

(続く)
コメント2件

612
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/18 10:05:33  ID:TxEQ1sAn.net(2)
>611 の続き

ともかく、この wordreference.com というサイトは、
外国人の英語学習者だけのためのサイトではない。
他のいろいろな外国語を学習する人たちの意見交換も
盛んだし、ネイティブ同士が英語の語源や歴史言語学の
かなり専門的な話もしているし、そして上記のような
ネイティブでさえ迷うような細かい英語の問題について
ネイティブ同士で質疑応答もしている。
コメント1件

613
えワ[]   投稿日:2015/03/18 11:57:38  ID:kwYCLaDR.net
>612
「意識高い系」は理解したのかな。
君は「時制」も理解していないんだね。
まず、「文法の正しさ」と「文章の正しさ」を考えてみてね。

>611
これは個人の好みで、文法が支配する問題ではないよ。

614
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 13:46:56  ID:gOMgLhnc.net(2)
皆それぞれ自分に適したと思われるやり方で学べばいいと思うが、
どんなやり方でも根気と情熱がなければ成果は上がらない。
山登りにたとえるのもなんだが、
少々キツイ箇所があっても前進しなければ頂上には辿り着けない。
安易に自分に楽をさせると難しい本は読了できないし、
頂上からの景色を眺めることもできないのである。

615
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 22:29:46  ID:MR7c6NQS.net(4)
The Righteous Mind: Why Good People Are Divided by Politics and Religion
by Jonathan Haidt
ハーバードのMankiwが春休みに遅ればせながら読むというのでちょっと
目を通している。
語り口が上手く引き込まれる感じがする。
翻訳が出てるね。
コメント1件

616
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 22:39:02  ID:MR7c6NQS.net(4)
http://www.nytimes.com/2012/03/25/books/review/the-righteous-mind-by...

The Righteous MindについてのNYTのbook reviw。 3年前のだけど読みやすい英語で書かれてる。

617
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 22:40:41  ID:MR7c6NQS.net(4)
rev

618
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 22:41:53  ID:MR7c6NQS.net(4)
reviewね。キーボードが少し変だわ。

619
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 23:07:48  ID:gOMgLhnc.net(2)
>ちょっと目を通している。
>読みやすい英語で書かれてる。
↑こんなこと言ってる馬鹿が読めるとは思えんなw

620
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/18 23:24:59  ID:kg9wD7yJ.net
>615
Webに転がってるね

621
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/19 12:03:10  ID:5MLFNfM3.net(2)
【The Annotated Wuthering Heights】

"Wuthering Heights" は、3種類の version を手元に置いている。批評文も載せている
Norton 版もある。でも、本文そのものに出てくる古い言葉や社会的・文化的背景についての
詳しい注釈を懇切丁寧に載せているものは、まだ持っていなかった。昨日、
"Wuthering Heights" を読んでいて、辞書では埒の明かない文化的背景について
Google 検索していて、ふと行き当たったのが、次の本。

The Annotated Wuthering Heights (by Janet Gezari)
http://www.amazon.co.jp/dp/0674724690/

これは、5か月前に出版されたばかりだから、最新の研究成果が反映されているはず。
そして、ハードカバーしかなく、4,400円ほどだから、僕としてはそれなりに
高い。でも、研究書としては安い方だ。なんせ、たとえば Samuel Beckett の研究書を
去年あたりにいろいろ探したのだが、一冊で1万とか2万もするものはざらだし、
ものすごく薄っぺらくて文字数の少ないものでも3,000円もするとか、ともかく
高い。それを考えると、この本はたぶん別に高いわけじゃないと思う。
ネット上で読める範囲内のページを拾い読みして、非常に気に入ったから、
注文した。あと数時間で届く。楽しみじゃわいて。冥土(メイド?)の土産にするつもり。
コメント1件

622
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/19 12:09:06  ID:5MLFNfM3.net(2)
>621
Penguin Books は安い割には信頼度の高い注釈や序文がついている
ということで定評があるけど、それでも、"Wuthering Heights" の
Penguin Books 版についている本文注釈は、たったの14ページ。
これでは、僕にとってはまるで足りない。さらに、ネット上の
情報も、信頼度がどれくらい高いかもわからず、僕の知りたいことが
きちんと効率よく探し出せるとも限らない。

だから、少し高いけど、今回のこの本のような、annotated という枕詞のついた本は
重宝すると思う。annotated という枕詞の付いた本で、イギリスや
アイルランド文学のものとして有名なのは、James Joyce の
"Ulysses" の annotated 版や、Alice in Wonderland を僕は
思い起こす。というか、洋書屋さんに行けば、必ずそういう本が
目立つように置かれているのだ。
コメント1件

623
えワ[]   投稿日:2015/03/19 14:02:39  ID:1B5yqR5P.net(2)
>622
イチローと同じ背番号にしても野球は上手くならないんだよ。
で、「意識高い系」の意味は分かったの?
「独りよがりのOED」君。
コメント1件

624
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 16:04:48  ID:4CwjC+ch.net(3)
>623
こんなところで書き込みする人間は少ないんだから
えワもOEDも仲良くやんなよ
コメント1件

625
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 16:21:36  ID:8m/O1YqH.net
Thd Buried Giant読み始める
ファンタジーらしいけど面白いのかどうか

626
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 16:22:50  ID:4CwjC+ch.net(3)
あんた、だれ?

627
えワ[]   投稿日:2015/03/19 18:19:37  ID:1B5yqR5P.net(2)
>624
甘いな。
「優しい」と「腑抜け」は違うからね。
コメント1件

628
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 18:30:16  ID:4CwjC+ch.net(3)
>627
ふーん、そうなんだ

629
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 21:31:49  ID:aQQUtrb6.net(2)

630
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/19 21:31:49  ID:aQQUtrb6.net(2)
2重書き込みのため表示しません 内容を確認する

631
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/20 00:40:58  ID:hBJdCXAi.net(2)
さっきようやくMiddlmarchを読み終えた
約二か月かかった
よく一晩で2,300頁読んだりする人がいるが
そういう人はやはり特別なトレーニングを受けてたりするんだろうか?
コメント1件

632
エワ[]   投稿日:2015/03/20 01:50:59  ID:dC8/m0Gc.net(2)
>631
嘘をついてるだけだよ。
コメント1件

633
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/20 02:15:41  ID:hBJdCXAi.net(2)
>632
やはりそうか
日本語でも難しいのに英語でそんなスイスイ読めるわけないもんね

634
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/20 06:08:01  ID:Nur5Aoeb.net
ハリーポッターの訳者が原作の1巻目を読んだときに、夢中で読んで一晩で読んでしまったとか
聞いたことあるけど。それで無理を承知で原作者に連絡を取ったらしいよ。
コメント1件

635
えワ[]   投稿日:2015/03/20 17:59:35  ID:dC8/m0Gc.net(2)
>634
彼女は「お仕事」だからね。
それでも、「一気に」は許すけど、「一晩で」は許さないな。
「みんなが魔法を使える世界」は当時、なかったジャンルなんで、
最後まで読んでなくても、原作者に版権の話を持ち掛けたんだろうね。
それまでは、「普通の人の中に、魔法を使えるのは一人」っていうのが「お約束」だったからね。

636
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/21 05:58:51  ID:CxyA3a8b.net(2)
昔買って手付かずだったEmbracing Defeatを読み進め中。
学校で余り習わない終戦後の日本の様子と、今の日本の基礎・成り立ちが描かれてる。
自分の国の事は分かりにくいが、外人の視点から描写で、客観的に自分の国を見られる。
Pulitzer Prizeを取ってるだけの事はあるね。

637
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/21 07:20:45  ID:69f88LU6.net
意味ないなあ(ポツリ)

638
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/21 07:38:17  ID:CxyA3a8b.net(2)
近現代史を意味無いと思うのは無知故なんだよなあ(ポツリ)

639
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/21 09:42:48  ID:DdYY034f.net
ここは>1英語学習のために洋書を読む人が英文を読むスレです。

英文を貼ってコメントするスレだから雑談はスレ違い。

640
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/21 15:43:29  ID:eYnZXk0n.net
ちょっと何を言ってるのか良く分からない。
コメント1件

641
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 04:02:35  ID:pRnkAkhj.net(5)
>英語学習のために洋書を読む人が英文を読むスレです。
>たくさん読んで英語学習に役立てましょう。
>ペーパーバック、雑誌、新聞、専門書、英文ならジャンルは問いません。
>上級者の有益な解釈から初学者の英文の疑問質問までどんどん書いてください。

ここは読んだ英文についてのコメント、質疑応答をするスレです。

642
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 04:08:49  ID:pRnkAkhj.net(5)
>640
洋書についての雑談はスレ違いですので下記専用スレでお願いします。

洋書について雑談と情報交換をするスレ

643
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 04:16:42  ID:pRnkAkhj.net(5)
ここは英文を貼ってコメント乃至質疑応答するスレです。

洋書についての雑談はスレ違いですので下記専用スレでお願いします

洋書について雑談と情報交換をするスレ

644
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/22 06:47:13  ID:x+QrdLmH.net
誘導するならURLぐらい正しいの貼れよ

洋書について雑談と情報交換をするスレ

645
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 09:48:34  ID:pRnkAkhj.net(5)
ここは英文を貼ってコメント乃至質疑応答するスレです。

洋書についての雑談はスレ違いですので下記専用スレでお願いします。

洋書について雑談と情報交換をするスレ

646
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 09:52:17  ID:pRnkAkhj.net(5)
ここは英文を貼ってコメント乃至質疑応答するスレです。

洋書についての雑談はスレ違いですので下記専用スレでお願いします


洋書について雑談と情報交換をするスレ

647
えワ[]   投稿日:2015/03/22 17:28:23  ID:TtECDOFM.net(4)
英語板を荒らすのに必死なのかな。

「スタートレック」のウィリアムシャトナー
[TWIST IN THE TALE]のレビュー
review
I love love love this series.
I used to watch it as a kid and when
I found it on Amazon years and years later,
I decided to buy it anyway.
Along with the Adventures of Shirley Holmes,
MythQuest, Outriders,
William Tell,
Swiss Family Robinson, and the Cave of the Golden Rose,
this mystery-packed show was a major part of my childhood.
It has 13 episodes, each more enticing than the other.
I really cannot point out why its such an awesome show; all I can say is
I watch it whenever I feel nostalgic.
I do however, recommend it to parents looking for something
a little less superficial than the majority of kids' shows today.

648
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 17:55:09  ID:m2LaCKVe.net(3)
all I can say is I watch it whenever I feel nostalgic.

→ all I can say is I feel nostalgic whenever I what it.

じゃないかな。

649
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 17:56:19  ID:m2LaCKVe.net(3)
訂正
all I can say is I watch it whenever I feel nostalgic.

→ All I can say is I feel nostalgic whenever I watch it.

じゃないかな。
コメント1件

650
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 18:02:57  ID:m2LaCKVe.net(3)
a little less superficial than
この言い方も面白い。控えめな表現なんだろうね。
コメント1件

651
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/22 18:59:07  ID:Se712Qz7.net(2)
【He it was. = It was he. (そこにやってきたのは、Heathcliff その人だった)】

久しぶりに、補語が文頭に出てきて強調される例が小説に出てきた。

I (= Nelly Dean) was about to hurry home as fast as I could, when
an approaching sound arrested me. It was the trot of a horse;
Cathy's (この Cathy は、女主人公である Catherine の娘)
dance stopped; and in a minute the horse stopped also.
  "Who is that?" I whispered.
  "Ellen (= Nelly Dean), I wish you could open the door," whispered back
my companion (= Cathy), anxiously.
  "Ho, Miss Linton (= Nelly Dean)!" cried a deep voice, (the rider's)
"I'm glad to meet you. Don't be in haste to enter, for I have an
explanation to ask and obtain."
  "I shant speak to you, Mr Heathcliff!" answered Catherine.
"Papa (= Edgar Linton) says you are a wicked man, and you have
both him and me; and Ellen says the same."
  "That is nothing to the purpose," said Heathcliff. (【He it was.】)

("Wuthering Heights," Chapter 22; Everyman's Library, p.266)
(上記の下から4行目の shant は、Everyman's Library 版ではこのように
apostrophe なしで綴られている。)

というわけで、上記の一節の最後に "He it was." とある。最初、
遠くから馬に乗ってやってくる人の気配がしたけど、誰なのかは
Cathy と家政婦 Nelly Dean にはわかっていなかった。そして
その人は話しかけてきた。Cathy がそれに対して、「パパが
あなた(ヒースクリフさん)のことを悪い人だって言ってるから、
私はあなたには話しかけないわ」と言う。そのとき、
"He it was." と書いているのだ。これは It was he. (= It was Heathcliff.)
という言葉の he という補語が文頭に出て強調されたのだが、
「そこにいたのは、Heathcliff その人だった」とでも訳しておこう。
コメント2件

652
えワ[]   投稿日:2015/03/22 19:00:24  ID:TtECDOFM.net(4)
>649
「昔を思い出す度に見る。」
「見る度、懐かしい気持ちになる。」
両方ありそうだけどね。
「私の思いでの一冊」なんだろうね。

>650
「地味ながらこんなのもありますよ」ぐらいかな。
「佳作です。」ぐらいか。

>651
書き込むのは「現在完了」を理解してからにしたら。

653
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/22 19:09:03  ID:Se712Qz7.net(2)
>651
この【 】の中の "He it was." は、簡潔でこなれた日本語に
訳そうとすると、僕などにはなかなかできないが。

   確かに彼だった。

とでも訳せばよいだろうか。ともかく、目的語や補語や
動詞などが文頭に出て強調されている例として、
ここにメモしておく次第だ。なお、今回の He it was.
における He が文法用語として本当に「補語」と
呼ばれるものなのかどうかについては、僕は
よく知らないし、そんなことはどうでもよい。
要は、本来は

  He it was.
    = It was he.
    = It was he who said that.

というような意味合いだということを理解し、ここでは he
を強調のために文頭に置いているということがわかれば、
僕にとっては十分なのだ。
コメント3件

654
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 19:11:18  ID:TtECDOFM.net(4)
>653
書き込むのは「現在完了」を理解してからにしたら。

655
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/22 21:18:34  ID:SleAYUno.net
今の自分にお勧めの栄所をお願い済ます。高1です。
コメント2件

656
えワ[]   投稿日:2015/03/22 21:45:21  ID:TtECDOFM.net(4)
>655
英書だね。
好きな作家は?
映画の原作でもいい。

夏休みまでなら、「川端康成の雪国」
三島由紀夫の英訳だと思う。
一度は(読み飛ばしでもいいから)読んでおくべきだと思う。

657
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 23:21:06  ID:GqfE7ORE.net(2)
>653
It was he who said that.

He said it who said that.のような強調構文の倒置は現代でも
よく見かけます。

>655
えワ先生の教えをよく聞きなさい。
間違いありませんよ。

658
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/22 23:26:00  ID:GqfE7ORE.net(2)
>653
訂正
He it was who said that.
コメント2件

659
えワ[]   投稿日:2015/03/23 00:05:16  ID:39mP4QA7.net
>658
君が言ったんだよね。
お前が言ったんだろう。
おのれが言ったんだよな。
言ったのは、君だよね。 ← ここから倒置
言ったのは、お前だろ?
言うたんはおのれだろうが。
言ったのは誰や?


やんのんか、ワレ?

ここら辺の自分の日本語に対応する英語の表現を用意して置くと、
倒置(強い表現)も大丈夫なんだけどね。

660
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 06:32:10  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>658
He it was who said that. ですか。なるほど。ありがとうございます。
The Corpus of Contemporary American English (COCA) で調べてみました。
"he it was who" で検索したら、4つの最近の例文が出てきました。

(1) There was another man with him, who got up from his chair.
We were introduced. This was Mr. Valdes-Stewart from Glasgow,
the Spanish Consul for Scotland. 【He it was who】 had brought the
guest here two days ago.
(Michigan Quarterly Review, 2005)

(2) " I thought you might want to talk to the butler first, "
said he to Sir John. " Always a good place to start. "
" 【He it was who】 opened the door to that murderous crew. "
("The Color of Death," Bruce Alexander, New York, 2001)

(3) A clerk of the cathedral was guardian and messenger of the
widow's estate. 【He it was who】 took word of Agnes's death and
final testament to Margaret, along with asum of money to finance
the spinster's journey to her new demesne.
(Fantasy & Science Fiction, Hallowmass, 2000)

(4) She could not believe she was being strongly attracted to
another man; Ben, Bennet was the other man. Yet in a way
■it was he who■ made another man possible, wanted, because
★he it was who★ had shown her, up in the mountains with those
friends of a group photograph, what love-making could be, how
many revelations of excitement and wild sensation it could mean
beyond what she had thought was its limit, with the husband
who was out of the way at war.
(Nadine Gordimer, "None to Accompany Me," New York, 1994)

661
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 12:42:40  ID:MN8ZXqHR.net(9)
【OED Third Edition に載っているヒップホップ関係の例文】

ここは辞書スレじゃないので辞書そのものの話題は遠慮しないといけないのだが、
一つだけ、許してほしい。

CD-ROM 版の OED(20巻本)は、Second Edition であり、OED Online の方は
Third Edition にどんどん入れ替わりつつある。Wikipedia の OED についての
記事によると、OED 3 においては、それまでの文学偏重の傾向を改めて、
文学以外の文献をもどんどん取り入れていくと書いてある。

知恵袋でヒアリングの回答をしているときに調べた OED による rock という
言葉の現代的で口語的な意味の定義文と例文を見て、やはり OED 3 は
それまでよりも大いに変貌していると痛感した。ヒップホップ系の文献から
たくさんの例文を引用している。Run-DMC などのアフリカ系アメリカ人
のグループが叫んでいる台詞までをも例文に挙げている。

     *************************

★ rock
c. To wear, esp. with panache; to display, flaunt, or sport (as a personally
distinctive style, accessory, possession, etc.).

例文
(1-a) 1997 ‘Mase’ in Can't Nobody hold me Down (song, perf. ‘Puff Daddy’)
in Hip-hop & Rap (2003) 38
Brothers wanna rock the Rolls, 【rock】 my clothes, Rock my ice, pull out
Glocks, stop my life.

(1-b) 1995 Select Mar. 69/1
David Niven will totally 【rock】 the blazer and the turtleneck.
Or he'd 【rock】 the cravat.
(続く)
コメント3件

662
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 12:43:09  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>661 の続き

(1-c) 1993 ‘Digable Planets’ Rebirth of Slick (song) in Hip-hop & Rap (2003) 348
Hip-hop kept some drama. When Butterfly 【rocked】 his light blue suede Pumas.

(1-d) 1992 Black Enterprise Dec. 67
Then, Run-DMC yelled out, ‘Okay, everybody in the house,
【rock your Adidas】.’ On cue, three thousand pairs of Adidas shot in to the air.

(1-e) 1987 ‘Boogie Down Productions’ Elementary (transcript of song)
in www.asklyrics.com (O.E.D. archive)
Watchin all these females 【rock】 their pants too tight.

(Source: OED Third Edition, June 2010, available on OED Online)

663
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/23 18:51:43  ID:87xw9ib4.net(3)
>661
ODE3版 wear

3[with obj]<informal> wear(a garment)or affect(an attitude or style),

especially in a confident or flamboyan way

She was rocking a clingy little leopard-skin number.

  大阪のおばちゃんかいな

664
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/23 18:52:36  ID:87xw9ib4.net(3)
訂正
>661
ODE3版 rock

3[with obj]<informal> wear(a garment)or affect(an attitude or style),

especially in a confident or flamboyan way

She was rocking a clingy little leopard-skin number.

  大阪のおばちゃんかいな
コメント1件

665
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 19:18:19  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>664
ODE 3 を、うっかりと "OED 3" と
読み間違ってしまった。ほんとに
Oxford University Press は
この二つの辞書の名前を
混同しやすいようにしてしまって、
僕らとしては(少なくとも、僕としては)
困るのであります。

だから僕は、いつも
  ODE(一巻本)
  OED(20巻本)
などと、くどくど書いている。

そして、誤解を避けるために
丁寧に書けば書くほど「無駄に長い」
とさんざん馬鹿にされるのだ。
コメント1件

666
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/23 19:33:49  ID:87xw9ib4.net(3)
>665
ODE2版には wear(a garment)or affect(an attitude or style),

especially in a confident or flamboyan way はありません。

3版で追加です。
コメント1件

667
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 20:01:51  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>666
ODE みたいな分厚い辞書でも、ちゃんと2冊とも
保管しておられるんですね。すごい。
僕などは、古い版は、新しい版を買った
その日に手放します。

668
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 20:28:59  ID:MN8ZXqHR.net(9)
You recollect the two days we agreed to spend,
in the place and way, each thought pleasantest?
("Wuthering Heights," Chapter 26; Everyman's Library, p.298)

上記の一節は、何でもないような文章に見えるけど、
このような趣旨の日本文が出てきたときに、
なかなかこのような英文が出てこないのだ。
ああでもない、こうでもない、と考えて、
冗長な英文しか書けなくなってしまう。

なお、上記の一節は、若くして死んだ Catherine の
娘である Cathy が病弱な Linton に対して言う台詞。
この言葉は、Chapter 24 にて二人がした話の続きだ。
つまり、二人は、自分にとって最高の一日の過ごし方は
どういうものかを話し合ったのだ。

Linton は、朝から夕方まで、静寂な中にいることが
理想であり、Cathy は、鳥や風や木々が騒がしく
音を立て、活気にあふれた状態にいることが理想だと
言う。Linton が Cathy にとっての理想の世界にいたら、
すぐに疲れるという。Cathy は、Linton の理想の世界に
いたら、すぐに眠ってしまうという。だから二人は、
一日ずつお互いの理想の世界で過ごして、合計で
2日間を二人で過ごすことにしたのだ。

そういう意味で、このレスの冒頭に挙げたような
台詞を Cathy が言ったのだが、僕にはこういう英文が
すぐには出てこない。これを暗記しようとしても、
若い時のようには暗記できない。

それはともかく、Cathy と Linton とのこのような理想の世界の
食い違いは、そのままこの二人の対照的な性格を反映している。
コメント1件

669
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 20:59:19  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>668 に関連して
【Linton と Cathy との理想の食い違い -- "Wuthering Heights"】

Linton の思い描く理想的な一日の過ごし方と、Cathy のそれとは、
大きく食い違っている。Linton の理想は peaceful そのもの、
Cathy の理想の世界においては、すべてが輝き、踊っているのだ。
その二人の理想の食い違いについて Cathy 自身が語っている
言葉がきれいなので、ここに引用したい。

One time, however, we (= Linton and Cathy) were near quarrelling.
He said the pleasantest manner of spending a hot July day was
lying from morning till evening on a bank of heath in the middle
of the moors, with the bees humming dreamily about among the
bloom, and the larks singing high up over head, and the blue sky,
and bright sun shining steadily and cloudlessly. That was his
most perfect idea of heaven's happiness -- mine was rocking
in a rustling green tree, with a west wind blowing, and bright,
white clouds flitting rapidly above; and not only larks, but throstles,
and blackbirds, and linnets, and cuckoos pouring out music
on every side, and the moors seen at a distance, broken into cool
dusky dells; but close by great swells of long grass undulating in
waves to the breeze; and woods and sounding water, and the whole
world awake and wild with joy. He wanted all to lie in an ecstasy
of peace; I wanted all to sparkle, and dance in a glorious jubilee.
  I said his heaven would be only half alive, and he said mine
would be drunk; I said I should fall asleep in his, and he said he
could not breathe in mine, and began to grow very snappish.
At last, we agreed to try both as soon as the right weather came;

("Wuthering Heights," Chapter 24; Everyman's Library, p.283)
コメント1件

670
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/23 21:19:00  ID:fW9zx/A6.net
>669
テンポが良いので一気に読みました。
女の人じゃないと書けない文章だと思います。
コメント1件

671
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 21:50:29  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>670 --- おお、読んでくれてうれしいです。もちろん僕が書いたものじゃないとは
言っても、僕が気に入っている文章を最後まで読んでくれて、
うれしいのです。「女の人じゃないと書けない」というのは、その通りだと
思います。

Everyman's Library の Pocket Poets という小さなハードカバーの
シリーズがあり、その中に Emily Bronte の詩集もある。まだ
全部を読んだわけじゃないけど、大事にしている。研究者たちが
書いた文章や注釈を読むと、Emily Bronte の "Wuthering Heights"
の文章の萌芽が Emily Bronte の詩のあちこちに見られるという。

もちろんそれはそうだろうけど、ともかく、Wuthering Heights と
共通したものを彼女のあちこちの詩の中に見出すのは、
まだこの小説も彼女の詩もロクに理解してはいない僕にとって
さえ、とても楽しいことだ。

Librivox という文学小説朗読オーディオを無料で提供している
ボランティア団体が提供している Wuthering Heights の朗読は、
3年前に初めて、そのビデオに流れる原文テキストを読みながら、
最後まで聞いた。ろくに英語がわかっていなかったはずなのに、
最後まで読み続け聴き続け、不思議にそれを楽しむことができた。
2回も通読したあと、いま3回目を読み、しかも今回は辞書を
引きまくりながら読んでいるんだけど、それでも難しい。

日本語で読んだことはなく、予備知識も何もなかったのに、
3年前にいきなり朗読を聴きながら、途中で止めることもなく、
ずっとそのテキストを読みながら最後まで読んだ僕は、
いったい何だったのか?これは、ろくに英語がわからなくても
楽しませてくれるくらいにリズムが美しいということ、そして
ロクにわからない人にさえ、わかったような気分にさせてくれるような
魅力が Emily Bronte にはある、ということではないかと
僕は思っている。(続く)
コメント1件

672
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/23 21:59:54  ID:MN8ZXqHR.net(9)
>671 の続き
これとまったく同じことが、Shakespeare にも言える。僕なんかに
Shakespeare がろくにわかっているはずがないのだが、
日本語版を読んだこともなく予備知識も何もない僕が、
たとえば "Romeo and Juliet" の Librivox による朗読ビデオを
YouTube 上で聴きながらテキストを読み、最後まで読み、最後まで
聴いたが、感動できた。どういうわけか、作品のエッセンスが理解できた
ような気がした。それはたとえ自己満足でもいい。そのような気分に
させてくれる Shakespeare は、やはり偉大なのだろうと思う。

Romeo and Juliet のみならず、他のいくつかの作品も、
ざあっと聞いたり読んだり、あるいはその映画版をざあっと見るだけでも、
それなりに楽しむことができた。もちろん、本当に味わうには
一つ一つの単語をきちんと調べて、その時代背景をとことん
勉強しながらゆっくりゆっくり読んだり聴いたりしないといけないのだが、
ざあっと読んだり聴いたりしても楽しめて、いつの間にか最後まで
読んだり聴いたり、あるいは映画版を最後まで見てしまえる
というところが、本当にすごい。やはりリズムが素晴らしいからだろう
と僕は思っている。

日本語版を読んでいる人はこれらの作品を
理解してはいない、などと言うつもりはないけど、やはり、せっかく
英語を勉強していて、しかもこういう作品に興味があるのなら、
日本語版ではなく、ぜひとも英語版に触れて、その美しいリズムに
身をゆだねてほしいものだとつくづく思う。

Shakespeare と Emily Bronte は、英文学史上の巨大な2本の柱
だろうと思うけど、この二人の作品を、なかなかきちんと理解したり
はできないけど、その全文を暗記してやる、という気構えで
向かっていきたい。僕などに本当にその全文を暗記するなんて
できっこないし、その気力さえないけど、せめて気分だけでも
「暗記してやるぞ」と思いながら読んでいきたいのだ。そうする価値のある作家たちだ。

673
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 11:30:02  ID:TJPDkQ2R.net(6)
【"A sad thing it will be for us all." (補語が文頭)
  --- "Wuthering Heights"】

上記のような、補語が文頭に出て強調される例が、
また出てきた。しかも会話文の中で。次の【 】の中の部分だ。

"No; my master (= Edgar Linton) is dying," I (= Nelly Dean) replied,
"it is true enough. 【A sad thing it will be for us all, but a blessing for him!】"

("Wuthering Heights," Chapter 27; Everyman's Library, p.305)

この【 】の中では、Thrushcross Grange の主人である Edgar Linton が
Catherine 亡きあとに死の床にあるのだが、家政婦 Nelly Dean が
主人の死は周囲の人にとっては哀しいことだけど、本人にとっては
素晴らしいこと(祝福すべきこと)だと言っている。

Nelly Dean は、Catherine が死んだときも、Isabella や Heathcliff が
死んだ時も、常にこのように、人が死ぬことは周囲の人にとっての
哀しみだけど、本人にとってはそれが最高に幸せなことだと
言い続けている。このような死生観は、Emily Bronte の本音であるらしい。
そのことは、彼女書いた詩の中でも、繰り返し述べられている。
さらにこれは、古くからの仏教思想にもつながる。だからこそ、
日本人にとっても彼女の文学が親しみやすいものとなっている
のかもしれない。

674
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 19:58:13  ID:TJPDkQ2R.net(6)
【Catherine の墓を掘り起こす Heathcliff -- "Wuthering Heights"】

Chapter 19 の真ん中あたり。
https://www.youtube.com/watch?v=894kPcqyJO4&;t=7m35s

上記のリンクをクリックすると、Heathcliff が家政婦 Nelly Dean に
対して、昨夜の夜中、Catherine の墓を掘り起こし、Catherine の
遺体を抱き、そのおかげでやっとこの18年にわたる自分の
苦しみが癒えて安堵したという強烈な体験を告白する。原文では
ほんの3ページほどの告白だ。これでやっと Heathcliff は
この世に生きるという地獄から逃れることができ、静かに
死ぬことができるのだ。

675
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 20:14:02  ID:TJPDkQ2R.net(6)
【I reject any presence at kindness you have the hypocrisy to offer!
  --- "Wuthering Heights"】

Catherine の娘である Cathy は、Hareton Earnshaw と仲が悪い。
彼女が彼に次のような嫌味っぽい言い方をする。

Mr Hareton, and the whole set of you will be good enough
to understand that I reject any pretence at kindness
you have the hypocrisy to offer!
("Wuthering Heights," Chapter 30, Everyman's Library, p.339)

僕自身は英語でこんな嫌味を言ったり書いたりする機会は
ないだろうけど、こういう台詞を翻訳してくれという依頼が
来るときがある。それに対応できる英語表現力を
身に付けておきたい。そのためにも、小説に出てくるこのような
嫌味な表現もしっかりと頭に叩き込まないといけない。

ただ、これは170年前の小説の中の一節なので、現代にすぐに
適用できるかどうかは疑問だけど、一応、参考にはなる。
さらには、仮に現代には使えないとしても、古めかしい表現を
覚えておくことも大いに重要だ。

676
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 21:00:41  ID:TJPDkQ2R.net(6)
【会話の中での "from which" --- "Wuthering Heights"】

それにしても、170年も前に出版されたこの小説では、
会話の中でさえ "from which" などという、
現代英語から見ればかなり堅い表現が使われている。
次に挙げるのは、Cathy が、ロンドンから来た Mr Lockwood
に対してかけた言葉。

   "You (= Mr Lockwood) must tell her (= Nelly Dean),"
   she (= Cathy) continued, "that I would answer
   her letter, but I have no materials for writing, not
   even a book 【from which】 I might tear a leaf."

   ("Wuthering Heights," Chapter 31, Everyman's Library, p.343)

それにしても、このように現代英語とは大いにかけ離れた英語、
そして標準英語からほど遠い Yorkshire 方言などに触れている
と、楽しいものだ。

677
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 21:43:45  ID:TJPDkQ2R.net(6)
【I was invited to DEVASTATE the mooors of a friend.】

devastate という言葉を不思議な意味合いで使っていると思われる
一節を見つけた。

1802. -- This September, I was invited to 【devastate】 the moors
of a friend, in the North.

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 32; Everyman's Library, p.348)

Mr Lockwood がロンドンの喧噪を逃れて Yorkshire の田舎でのんびりと
休暇を楽しもうとするやいなや、彼は何週間ものあいだひどい風邪を
引いてしまい、家に閉じこもる生活を送ることになり、退屈しのぎのために
家政婦 Nelly Dean から Heathcliff とその周辺の人々についての長い
長い物語を聞いた。

その話もついに終わり、医者の予告していたよりも
はるかに早く元気になった Mr Lockwood は、もう Yorkshire なんて
こりごりだから自分の借りている Thrushcross Grange という家を
早々に出ていき、ロンドンに帰る。しばらくロンドンにいたあと、1年ぶり
くらいなのだろうか、彼は Yorkshire にいる友人から「来ないか?」と
いうお誘いを受ける。そのときの Mr Lockwood の言葉が上記のものだ。

そのとき、invited to devastate the moors と言っているけど、
devastate というのは destroy という定義しか通常の辞書には
出ていない。OED でさえそうだ。

(続く) 👀
コメント2件

678
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/24 21:46:01  ID:TJPDkQ2R.net(6)
>677
devastate
trans. To lay waste, ravage, waste, render desolate.

1842 Macaulay Frederic the Great in Ess. (1854) 683/2
A succession of cruel wars had 【devastated】 Europe.

1847 R. W. Emerson Poems 179
We invade them impiously for gain, We 【devastate】 them unreligiously.

1874 J. R. Green Short Hist. Eng. People v. §4. 241
[Black Death] 【devastating】 Europe from the shores of the Mediterranean to the Baltic.

まあ、おそらくは >677 の冒頭に出てきた devastate は、「荒らしまわる」という
のが文字通りの意味とは言え、おそらくは「hunting のために moors を
二人で駆け巡る」というような意味で使っているのだろう。

679
えワ[]   投稿日:2015/03/24 21:59:12  ID:BYRwBrkk.net
英国も経済であえいでいるみたいだね。

Is this levy the most financially illiterate tax ever designed?

The Chancellor’s increase in the banking levy threatens to spark a City exodus
Everyone knows the story, resonant as it is with moral indignation and
famously portrayed by El Greco in his painting, Cleansing of the Temple .
Here’s the account from John 2:13-16 “In the temple he found those who were
selling oxen and sheep and doves, and the money-changers at their business.
コメント3件

680
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/25 13:58:23  ID:N+b+1kpF.net
【Much of the books is about AAA.】

much of the books is about how she sees two men,
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2989745

このような言い回しにも注目しておきたい。英文が読めても、
それを書く時にどのように書くべきか悩んでしまうような
言い回しだ。前々から、このような言い回しを実際に
洋書の中で確かめたかったことを、wordreference.com
の質問者がここで質問してくれて、僕は勉強になった。
コメント3件

681
えワ[]   投稿日:2015/03/25 16:01:23  ID:j0Ndzm6N.net(2)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき

And making a whip of cords, he drove them all, with the sheep and oxen, out
of the temple; and he poured out the coins of the money-changers and
overturned their tables.
And he told those who sold the doves, ‘Take these
things away; you shall not make my Father’s house a house of trade.”
Few UK politicians I’ve ever come across seriously think that getting rid of
the City money changers altogether in punishment for the financial crisis
makes much sense; the bankers may be loathed and blamed, but they are also
far too important a source of tax revenue to want to drive them out
completely.

682
えワ[]   投稿日:2015/03/25 18:59:33  ID:j0Ndzm6N.net(2)
>680
ただのミスプリみたいだよ。

683
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/25 22:34:34  ID:5x5EPKFI.net
>680
>679のEveryone knows the story, resonant as it is with moral indignation and
famously portrayed by El Greco in his painting, Cleansing of the Temple.なんですが

1.Everyone knows the story (in the way that )it is resonant with moral indignation and
famously portrayed by El Greco in his painting, Cleansing of the Temple.

2.Everyone knows the story (because) it is resonant with moral indignation and
famously portrayed by El Greco in his painting, Cleansing of the Temple.

resonant as it isはas it is resonantの倒置だと思いますが、
上記のどちらに書き換えるのが正しいでしょうか?
それとも全くの誤解でしょうか。
通常、このような倒置は譲歩でthough it is resonant withが普通だと
思いますがこの場合それでは意味が通じません。

宜しくご指導お願い致します。
コメント1件

684
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/25 23:12:45  ID:1nUO3+fF.net(2)
G5 p.121によると、「理由」をこの構文で表すことが
あるらしい。ま、この文脈だと譲歩じゃへんだよね、
知らなかったわ。ありがとう。

ウィズダム3にも同様の記述がある。
⦅かたく⦆では⦅比較的まれ⦆に形容詞や分詞が強意のため
文頭に出されることがある
▸ Short as I was [As I was short], I couldn't see anything.
何しろ私は背が低いので何も見えなかった.
コメント2件

685
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/25 23:40:49  ID:1nUO3+fF.net(2)
忙しくてほとんど読む時間ない。
A Loss for Words
Can a dying language be saved?
http://www.newyorker.com/magazine/2015/03/30/a-loss-for-words
を読んだ。

言語の話題といえばこれがすごく印象に残っている。
アメリカのアマ言語学者がつくった人工言語が何故かロシアで受けてるっていう話。
ジョージレイコフにメールだして無視されるとかエピソードがいちいち可笑しい。
こういうのを読むと自分も自分らしいユニークな仕事をしたいなと思う。
Utopian for Beginners
An amateur linguist loses control of the language he invented.
http://www.newyorker.com/magazine/2012/12/24/utopian-for-beginners

686
えワ[]   投稿日:2015/03/26 00:36:08  ID:gchf94KD.net(5)
>684
これが分詞構文になっていくんだよ。
コメント1件

687
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/26 02:30:10  ID:1jTInPPS.net
>686
レベルの高い英文読んでますね。
感心しました。
コメント1件

688
えワ[]   投稿日:2015/03/26 08:37:26  ID:gchf94KD.net(5)
>687
「単語の意味は分かるけど、文章の意味が分からない」というタイプの英文だね。
中身は「今、イギリスが進めている税制改革はどうよ」で、ほとんど、日本と同じ話が展開されてる。
>679は冒頭、「日本の戦国代)重い年貢に苦しむ農民」のイギリス版。
「筆者も税金払いたくないんだなぁ。」と気付くと、結構、意味が取れるようになる。

689
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 10:20:25  ID:9XZilJRZ.net(6)
>684 >683
"kind as he was" のような形で although he was kind とか
because he was kind という意味になるということについては、
ジーニアスなどの小さな辞書でしか確かめたことがなかったんだ
けど、OED(20巻本)ではどう書いてあるか調べてみた。
ところが、as の項目の解説が多すぎて、なかなか見つからない。
3回くらい上から下まで流し読みして、やっと見つけたと思ったら、
「譲歩」の意味での as しか解説していない。

OED Online の as の項目
4. In parenthetical clauses forming an extension of the subject or predicate,
with a somewhat 【concessive force: though, however, to whatever degree or extent.】

†a. With antecedent so. Obs.

b. With antecedent as.
2008 Independent 5 Nov. 34/4
As poor as they are, the fashion sense here blows my mind.

c. Without antecedent.
1976 R. Coover Public Burning 155 Nevertheless, tough as he was,
I could have whipped his ass from Foley Hill to Jenkins Hill and back again.

1999 B. Gordon Hollywood Exile xiv. 154
There was a call waiting from Yordan. Late as it was, I reached him in Madrid.

This entry has been updated (OED Third Edition, June 2011).

上記のように 2011 年の改訂版である OED Third Edition なのに、
"kind as he was" のような形としては concessive(譲歩)の意味として
の例文と定義しか挙げていない。もしかしたら僕が because の意味での
定義文や例文を見逃しているだけかもしれないけど。

690
momi[sage]   投稿日:2015/03/26 10:35:36  ID:dkwBC7VP.net(3)
青ロイヤル§295

ただし,次のように as がこの位置で「理由」を表すこともあるので,文脈で判断する必要がある。
Young as he is, he is reckless. (彼は若いから向こう見ずだ)

[参考] as を用いた譲歩構文:
この譲歩構文は文語調で,本来は being as young as he is のような分詞構文からできたものといわれる。《米》
コメント2件

691
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 10:50:12  ID:9XZilJRZ.net(6)
>690
なるほど、"being as young as he is" から派生したと
考えるとわかりやすいですね。中型の学習辞典では
これを、アメリカの "as young as he is" の最初の
as が取れた形だと解説してあるんだけど、それだけ
だったら、僕にはわかりにくかった。単語レベルの
語源だけでなく、このようなイディオムや表現などの
連語の語源もきちんと知っておきたい。でないと、
棒暗記してもすぐ忘れる。
コメント1件

692
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/26 11:02:14  ID:gchf94KD.net(5)
>691
君は「可算名詞」と「不可算名詞」の意味も分かっていないんだね。

>690
「何故、分詞構文のような表現が出来るのか」を考えてみよう。
これは、日本語の問題だよ。英語も「同じ理由」というだけ。

693
momi[]   投稿日:2015/03/26 11:38:39  ID:dkwBC7VP.net(3)
安藤講義のp606-7により詳しく書かれているね。
用例もとても良い。が、最初のasが無いタイプの
「理由」の用例はなぜか掲載していない。

何にせよ質問の文は、リアルな用例として非常に
いいと思う。
コメント1件

694
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 11:41:06  ID:9XZilJRZ.net(6)
高校教師のようなレベルの初心者が僕に喧嘩を
吹っかけてきたので、念のために言っておこう。
(ともかくうざいので、初心者の癖に俺に喧嘩を売ってくるな。)

僕がすでに紹介した
  much of the books
は、many of the books とは違う。そして typo でも
なさそうなのだ。それは、きちんとした学者の書いた
本格的な本の中の一節。それについて、
wordreference.com で、1ページではなく
2ページ目にまで議論が続いている。
(つまり、回答の数が20個くらいにわたっている。)

But 【much of the books is】 about how she sees two men,

出典
"From ‘Little Men’ to ”The Hunger Games': How To Make Young Adult Fiction Work
For Young Boys" BY ALYSSA ROSENBERG:

これについては、質問者の韓国人もネイティブそっくりの英語を書く
人なので、かなりレベルの高い疑問を提示していると思われる。
そしてこの much of the books is は、many of the books are
または much of the content of the books is と書くべきものを
タイプミスしたものだと考えるネイティブもいるし、あるいは
このままでも正しいというネイティブもいる。これについては、
韓国人の質問者は、この本の著者も出版社もしっかりした
ものだから、おそらく原文通りで正しいのではないかと
疑問を発している。この議論は、まだ続くかもしれない。
コメント3件

695
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 11:44:11  ID:9XZilJRZ.net(6)
>694
これは、>680 にて僕が話題にしたもの。
wordreference.com のリンクもそこに貼ってある。

696
えワ[]   投稿日:2015/03/26 11:44:29  ID:gchf94KD.net(5)
>694
君は「可算名詞」と「不可算名詞」の意味も分かっていないんだね。

697
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 12:04:01  ID:9XZilJRZ.net(6)
ついつい喧嘩を買ってしまったが、
昔と違って、今は「透明あぼーん」機能
を使い始めたので、ウザいクズどもを
すぐに削除することができるので
楽になった。それでもときどき反応して
しまうのは、一日のうちの最初の
レスは「あぼーん」できず、最初の
レスを読んだあとでしかその ID を
削除できないからだ。お願いだから、
クズどもは自らのクズ性を自覚し、
固定ハンドルをつけてほしい。
毎日毎日毎日毎日、俺はクズども
の削除で忙しい。
コメント1件

698
えワ[]   投稿日:2015/03/26 12:10:00  ID:gchf94KD.net(5)
>697
「現在完了」が理解出来ていないのがバレてるのに、今さら気取ってもダメだよ。

699
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/26 12:51:00  ID:9XZilJRZ.net(6)
【Yorkshire dialect の録音教材をふんだんに提供しているサイト】

Survey of English Dialects
http://sounds.bl.uk/Accents-and-dialects/Survey-of-English-dialec...

イギリスの方言学の研究は、本当に目を見張るものがあるかもしれない。
いや、そうは言っても、ドイツなどに比べるとまだまだ小規模なのかもしれない
けど、僕のように何も知らずろくな文献や教材も持っていない人間としては、
無料でいつでもネット上でこのようなサイトで、イギリスの各地の方言を
録音した教材をふんだんに提供してくれるサイトはありがたい。

上記のリンク先では、Yorkshire の方言を聞かせてくれる。YouTube などでも
Yorkshire 方言や、それよりももっと北にある Scotland の方言もたくさん
聞いてきたけど、やはり今でも Yorkshire 方言は難しく感じる。そう簡単に
わかるようにはならない。Yorkshire dialect は、"Wuthering Heights" を理解
する上で重要なので、できるだけ親しみたいと思っている。
コメント1件

700
683[]   投稿日:2015/03/26 21:26:59  ID:IPD3Zuaw.net
>693
>699
ご指導ありがとうございました。

701
momi[sage]   投稿日:2015/03/26 22:26:29  ID:dkwBC7VP.net(3)
>694
だけど、今日、イギリス人と会ったので、
そのページ見せたら、タイポだと言っていた。
中世専攻で大学出の人。
コメント1件

702
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/27 06:24:16  ID:OVdN0L08.net(2)
>701
ありがとう。

703
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/27 13:49:38  ID:OVdN0L08.net(2)
【死後の静寂な世界 --- "Wuthering Heights"】

Emily Bronte が死後の世界を静寂だと感じていたらしいことは
その詩を読めばわかる。彼女の詩については、いずれじっくり
検討してみたい。彼女の死後の世界についての考え方は、
"Wuthering Heights" の中のあちこちで垣間見させてくれるけど、
結末部分で最もはっきりと描いているようだ。

"No, Mr Lockwood," said Nelly (家政婦の Nelly Dean), shaking
her head, "I believe 【the dead are at peace】, but it is not right to
speak of them with levity."
(中略)
"I lingered round them, under 【that benign sky】; watched the moths
fluttering among the heath, and hare-bells, listened to the soft
wind breathing through the grass; and wondered 【how anyone could
ever imagine unquiet slumbers, for the sleepers in that quiet earth】.

("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 34, 結末;
  Everyman's Library, pp.384-385)

ここに引用した結末の4行は、何とも言えない。リズムの美しさと
静謐さを湛え、著者の諦観が見事に表現されたこの一節について
きちんと語ることは、今の僕にはできないけど、何度も読み味わい
たい。Librivox というボランティア団体に所属する Ruth Golding という
見事な役者による朗読を聴いてほしい。

Chapter 34 - Wuthering Heights by Emily Bronte
https://www.youtube.com/watch?v=b4gBVe5WaOU&;t=34m45s
コメント2件

704
えワ[]   投稿日:2015/03/27 18:47:22  ID:UmF/c52x.net(2)
>703
君が「可算名詞」と「不可算名詞」の意味を分かっていないと認めるんだね。
コメント2件

705
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/27 20:37:26  ID:4CA4Glj2.net(2)
>704
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed?

The Chancellor’s increase in the banking levy threatens to spark a City exodus
Everyone knows the story, resonant as it is with moral indignation and
famously portrayed by El Greco in his painting, Cleansing of the Temple .
Here’s the account from John 2:13-16 “In the temple he found those who were
selling oxen and sheep and doves, and the money-changers at their business.
And making a whip of cords, he drove them all, with the sheep and oxen, out
of the temple; and he poured out the coins of the money-changers and
overturned their tables.
And he told those who sold the doves, ‘Take these
things away; you shall not make my Father’s house a house of trade.”
Few UK politicians I’ve ever come across seriously think that getting rid of
the City money changers altogether in punishment for the financial crisis
makes much sense; the bankers may be loathed and blamed, but they are also
far too important a source of tax revenue to want to drive them out
completely.

解説のポイントがずれてます。
自分が理解出来ない英文は、貼らないで下さい。

706
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/27 20:39:02  ID:4CA4Glj2.net(2)

707
えワ[]   投稿日:2015/03/27 23:05:55  ID:UmF/c52x.net(2)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき
It used to be the North Sea that provided the Exchequer with its milch cow
source of taxes; today it’s the City. Since the nadir of the financial
crisis, the banking sector alone is estimated to have yielded an average of
£40bn a year in taxes and levies, a sum equivalent to more than 6pc of the
entire UK tax take last year. Adding in the plethora of business service
industries that ride on the back of finance, and we are probably talking
about nearer 10pc.
This is a source of revenue that Britain’s cash strapped government still
struggling with one of the biggest Budget deficits in the OECD ? can ill
afford to lose. Yet even the Tory led Coalition seems to be doing its level
best to do so.
コメント1件

708
momi ◆pJfmDqWDTI []   投稿日:2015/03/28 01:02:29  ID:gOtKvon/.net
今日、たまたまNick Virgilioという人の有名な俳句を
知った。これはいいね。どこかしら「もの派」のような
物質と観念の「冴えた」扱い方を感じる。

lily:
out of the water . . .
out of itself
コメント1件

709
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 01:59:50  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>707
>679は冒頭、「日本の戦国代)重い年貢に苦しむ農民」のイギリス版。
「筆者も税金払いたくないんだなぁ。」と気付くと、結構、意味が取れるようになる。

全く理解していないね。
ロンドンの金融機関を、聖書の両替商のように、蹴散らしてもいいのか
という話。

もう書き込むな。

710
えワ[]   投稿日:2015/03/28 02:10:10  ID:AJVmUICB.net(10)
>708
無駄な言葉を全てそぎ落とす。
「俳句」と「good English」は同じ言葉が書かれているんだよね。
季節なんで、私はこっちを。

A fallen flower returning to the branch ?
It was a butterfly
コメント2件

711
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 02:19:10  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>710
>冒頭、「日本の戦国代)重い年貢に苦しむ農民」のイギリス版。
>「筆者も税金払いたくないんだなぁ。」と気付くと、結構、意味が取れるようになる。

これじゃただの馬鹿だよ。
恥ずかしくない?
コメント1件

712
えワ[]   投稿日:2015/03/28 02:24:25  ID:AJVmUICB.net(10)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき
The latest example is the decision in last week’s Budget to raise the banking levy to 0.21pc .
This was another piece of populist, Labour fox shooting, for the Opposition
had already proposed much the same thing. George Osborne’s Lib Dem
bedfellows have also suggested raising corporation tax on the banks from a
prevailing 20pc to a special rate of 28pc.

しばらくデータが書かれるけど、「言外にもっとやりようがあるだろう」と言ってる。
映画「デーブ」になった感じが分かるかな。

713
えワ[]   投稿日:2015/03/28 02:29:56  ID:AJVmUICB.net(10)
>711
自分よりも愚かな人間は、どれぐらい愚かか分かるんだよ。
君にこの英文を読むだけの英語力は無い。

714
えワ[]   投稿日:2015/03/28 02:48:52  ID:AJVmUICB.net(10)
>710
「落花枝に返らず」=「覆水盆に返らず」が引かれている。
A fallen flower never return.
で、その価値観を butterfly が覆す。
すごい人は居るんだよ。

これが本歌、荒木田守武
落花枝に帰ると見れば胡蝶かな
胡蝶の象徴するものが(個人によって違うけど)深みなんだよね。
コメント1件

715
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 03:30:27  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>714
>The latest example is the decision in last week’s Budget to raise the banking levy to 0.21pc .
>This was another piece of populist, Labour fox shooting, for the Opposition
>had already proposed much the same thing. George Osborne’s Lib Dem
>bedfellows have also suggested raising corporation tax on the banks from a
> prevailing 20pc to a special rate of 28pc.

これ何の話してるか分かる?

恥ずかしくないの?
コメント1件

716
えワ[]   投稿日:2015/03/28 03:41:06  ID:AJVmUICB.net(10)
>715
君が分かっていない事は分かる。

映画「デーブ」はネタばれにならない範囲で書くけど、
大統領とうり二つの人間が替え玉になるという話で、
ハッピーエンドなんで、お薦め。
大統領夫人のしたい政策が予算が無くてポシャリそうになるけれど、
その予算を捻出するんだよね。
筆者はそれを意識して書いていて、
ただ、いかんせん、彼はその地位にいないんだよね。
コメント1件

717
えワ[]   投稿日:2015/03/28 03:44:47  ID:AJVmUICB.net(10)
ここら辺はまさに「デーブ」だね。
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき

Not to be out done, in comes Mr Osborne to spike their guns.
The increased levy was the biggest of all the tax raising measures announced in last
week’s Budget.

It doesn’t sound much, does it, 0.21pc? Yet with Bank Rate at just 0.5pc, it
can make the difference between profit and loss on many lines of business.
This is in fact the ninth such rise in the Bank Levy since it was introduced
in 2011, and unlike all the others, which were instigated to protect
revenues from the erosion caused by bank deleveraging, this one is actually
designed to increase the amount of money raised by about £1bn a year. The
banks can afford it, so why not, the Treasury must have thought. Only that’s
not the way it works.
コメント5件

718
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 03:45:28  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>716
その話は記事と全く関係ないよ

恥ずかしくないの?

719
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 03:51:08  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>717
アホなの?

720
えワ[]   投稿日:2015/03/28 03:53:36  ID:AJVmUICB.net(10)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき
On almost every level, this is a grotesque, financially illiterate and highly
destructive tax. Whoever dreamt it up should be taken out and shot. Because
the tax is levied on balance sheet size, it acts as a positive incentive
further to shrink credit availability at a time the economy desperately
needs the banks to start lending again.
Already some foreign banks have shifted certain operations particularly repo

「天国から来たチャンピオン」も、同じような設定で、これもお薦め。
ハッピーエンドだからね。
「同じ価値観」が全てを超えるんだね。

721
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 03:54:08  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>717
もうこのへんでかんべんしたるわ
ところでG5はもっとるんか?
きょうわてのとどいたんやで
コメント1件

722
えワ[]   投稿日:2015/03/28 04:04:57  ID:AJVmUICB.net(10)
>721
チビのOEDは、やっぱり、池乃めだか師匠なんだね。
コメント1件

723
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 04:18:24  ID:uD8WZ6zZ.net(7)
>722
チッチキチー

そんなやつおらへんやろ〜

724
えワ[]   投稿日:2015/03/28 04:52:44  ID:AJVmUICB.net(10)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき

Already some foreign banks have shifted certain operations particularly repo
? out of London in response. Others have abandoned plans to invest here. But
perhaps worst of all, the levy has begun to make banks forced to pay it
internationally uncompetitive. Why would any international bank want to
locate in Britain any more with this kind of smash and grab nonsense to deal
with? But then it sometimes seems that this is actually what the Government
wants ? to reduce the City to a domestic banking system alone.

まさに、デーブが大統領夫人の政策実現の予算を捻出するための演説だね。

725
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 19:53:21  ID:y1WB03fa.net(2)
>703
>717のIt doesn’t sound much, does it, 0.21pc? (Yet)with Bank Rate at just 0.5pc, it
can make the difference between profit and loss on many lines of business.

このyetはstill; even (used to emphasize increase or repetition):
‘snow, snow, and yet more snow’

‘yet another diet book’

‘the rations were reduced yet again’

の意味で良いでしょうか?

ご指導宜しくお願い致します。
コメント1件

726
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/28 20:24:32  ID:5CjVvLiD.net
>725
>>still; even (used to emphasize increase or repetition):

そういう意味での yet は、
  (1) yet + 比較級の形容詞(副詞)
  (2) yet + another という「もう一つの」という意味合いを付け加えたとき
  (3) yet + again という「もう一回:という意味を付け加えたとき
というような使い方をしています。つまり、(1) から (3) まではすべて、
yet のあとに何かを付け加えるような意味の単語をつけているのです。

でも、>717
【Yet】 with Bank Rate at just 0.5pc, it
can make the difference between profit
and loss on many lines of business.

という場合の yet は、そのあとに「何かをさらに付け加える」ような
意味合いの単語が来ていません。だから別の意味であるはずです。
ここでは文頭に来ていて、しかも否定を表す副詞である not などが
来ていないから、
  however; despite that(けれども、しかし)
という意味だと思います。
コメント2件

727
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 20:57:07  ID:y1WB03fa.net(2)
>726
ご指導ありがとうございました。

728
えワ[]   投稿日:2015/03/28 21:48:58  ID:AJVmUICB.net(10)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき
yet は筆者が好きな表現なのかもしれないね。

Intellectually, the levy is justified as a way of recouping some of the public
money spent during the financial crisis bailing out the City.
Yet ironically, the three biggest payers, HSBC, Barclays (LSE: BARC.L ? news)
and Standard Chartered (HKSE: 2888.HK ? news) ,
were also the three that didn’t actually need a bailout.
They pay so much because the tax is levied on wholesale deposits worldwide, not just Britain.
All three are highly international in their make-up, particularly Standard
Chartered, which has no British operations to speak of.
This in turn has infuriated some overseas jurisdictions, who are in effect seeing their own
money markets taxed by Britain. George Osborne, the Chancellor, hits the
roof whenever Europe attempts to do the same thing, as it has done with the
Financial Transaction Tax. He seems to see no contradiction in his position.

729
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/28 23:13:49  ID:1oQk4+dz.net
>717
not to be out done 負けじとばかりに
spike a person's guns 人の計画をくじく
That's the way it works. 他に選択の余地はない。

730
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/28 23:31:15  ID:ln1GMPmS.net
最近洋書音読してるだけで全然「勉強」してない気がするなぁ

731
えワ[]   投稿日:2015/03/29 22:06:27  ID:Je83yDUG.net
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき

George Osborne is playing a dangerous game by alienating the banks
Take HSBC, which on account of its size, pays around 40pc of the entire levy,
this despite the fact that 80pc of its assets are outside the UK.

This is just financial gouging.
Already both HSBC and Standard Chartered are perilously close to re-domiciling
to the other side of the world, where the bulk of their business resides.

Again Standard Chartered in particular is under growing pressure from shareholders
to do so.
The only things standing in the way are the fiendishly complex tax
implications, and fear of upsetting the growing queue of hopeful alternative hosts.

732
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/30 02:17:14  ID:kmPP6CuO.net
>726
It doesn’t sound much, does it, 0.21pc? Yet with Bank Rate at just 0.5pc, it
can make the difference between profit and loss on many lines of business.
This is in fact the ninth such rise in the Bank Levy since it was introduced
in 2011, and unlike all the others, which were instigated to protect
revenues from the erosion caused by bank deleveraging, this one is actually
designed to increase the amount of money raised by about £1bn a year. The
banks can afford it, so why not, the Treasury must have thought.Only that’s
not the way it works.

0.21%は多いとは思えないだろうか。
しかしたった0.5%の公定歩合がビジネスの多くの分野では
損益の分岐点になり得る。
これは2011年に銀行税を導入してから実に9回目の利上げである。
他の8回の利上げはすべて銀行デレバレッジによる目減りから
歳入を守るために推進されたのであるが、これとは異なり、今回は実のところ
年約10億ポンドの金額を増やすことを意図したものである。
銀行にはそれに耐える余裕がある。だからなぜ利上げがいけないのかと
財務省は考えたに違いない。だがそれは唯一の方法ではない。

添削お願いします。
コメント1件

733
えワ[]   投稿日:2015/03/30 02:29:21  ID:L4Zxq9u9.net(4)
>732
「民団反米派」のOEDいらっしゃい。
コメント1件

734
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/03/30 02:36:35  ID:QH1nF9mL.net
>733
プーの性さん最近冗談きついね

今日音読した?

735
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/03/30 08:23:31  ID:MWk26lJx.net
えワってなんか頭悪いと思ったらやっぱ性だったかww

736
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/03/30 08:25:40  ID:E0A2gE1g.net
【"Wuthering Heights" での男性召使 Joseph の台詞を巡って】

夕べ僕が wordreference.com にて "Wuthering Heights" の一節に
ついて提出した質問に対して、思いがけなくたくさんの回答が寄せられた。
けっこう難しい問題を含んでいるようだ。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2992047
コメント1件

737
えワ[]   投稿日:2015/03/30 10:33:00  ID:L4Zxq9u9.net(4)
>736
英語が読めないから何に盛り上がったのか分からないだろうね。
>She was never so handsome, but that somebody might look at her without winking.
彼女は美人ではなかったけど、人の目を引き付ける魅力があった。

velisarius
"'Shoo wer niver soa handsome, but what a body mud look at her 'bout winking."
この winking が正しいかをみんなが話しているだけで、君の質問には関係ないよ。

738
えワ[]   投稿日:2015/03/30 12:21:18  ID:L4Zxq9u9.net(4)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき

George Osborne is playing a dangerous game by alienating the banks
Take HSBC, which on account of its size, pays around 40pc of the entire levy,
this despite the fact that 80pc of its assets are outside the UK.

This is just financial gouging.

Already both HSBC and Standard Chartered are perilously close to re-domiciling
to the other side of the world, where the bulk of their business resides.
Again Standard Chartered in particular is under growing pressure from shareholders
to do so.

739
えワ[]   投稿日:2015/03/30 23:44:24  ID:L4Zxq9u9.net(4)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき(長いけど、ここまでが前フリ)

The only things standing in the way are the fiendishly complex tax implications,
and fear of upsetting the growing queue of hopeful alternative hosts.

Hong Kong would feel slighted if Standard Chartered opted for Singapore, and vice versa.
If jurisdictional neutrality is these days all that London’s got
going for it, then it is finished as a financial centre.

As for HSBC, the board must be wondering why they ever domiciled to Britain in the first place.
Partly it was about escaping the Chinese takeover of Hong Kong.
Bad decision.
As it turns out, China looks positively enlightened compared to the

740
えワ[]   投稿日:2015/03/31 14:03:08  ID:GFldFxHT.net(2)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき(1行落ちた))
anti-banker frenzy HSBC has stepped into over here.

初めて、I が出てきてここから筆者の考えが紹介される。

I exaggerate, obviously, but only to make the point.
It seems unlikely that the increase in the
banking levy will in itself tip Britain’s major international banks over the
edge, but these things are cumulative, and London no longer feels like an
hospitable place for finance.

I know I’ll be accused by some of being a spokesman for the banking lobby by
writing this piece, but those who would expel the financiers first need to
explain how else Britain is going to pay for the public services it has come to expect.

741
えワ[]   投稿日:2015/03/31 22:36:00  ID:GFldFxHT.net(2)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ?
つづき
“sorry, but I’m afraid there’s no money left” が、今は冗談で済んでいるけれど・・・。

I can’t see any other industry even remotely as tax lucrative and
employment rich waiting in the wings to replace them.
Gordon Brown’s going away present
When Liam Byrne, then chief secretary to the Treasury, left office in 2010, he
wrote a note for his successor, which went something along the lines of
“sorry, but I’m afraid there’s no money left”. It was a good joke, and with
the deficit then running at 10pc of GDP, also a pointed one.
Labour had spent the lot.

742
えワ[]   投稿日:2015/04/01 15:46:44  ID:UO4XtdyC.net(2)
Is this levy the most financially illiterate tax ever designed ? 最後
これが筆者の主張で、ここだけ読めば、前の部分は読む必要はない。
相当「技」を使っているんで、「単語の意味」が分かっても「文章の意味」は分からないだろうね。
でも、読むのに必要なのは「英語の知識」ではなく「経済の知識」でね、新聞を読もう。

Yet as it turns out, there was the odd cheque still lying around.
One of them has the name Northern Rock stamped on it,
and according to the Chancellor’s Budget statement last week,
it could be worth upwards of £13bn.

Since the Government paid nothing for this notionally “insolvent” bank
?it was nationalised without compensation in early 2008 ?
this is all profit, and via a little accounting jiggery pokery therefore allows the Chancellor
to claim that he has met his fiscal target of public debt falling as a
proportion of GDP by the final year of the parliament.
Nevermind that this is just a balance sheet transaction.
The debt falls, but so too do the assets.

There is no overall gain.
Indeed, had the mortgage assets involved been held to maturity,
they would probably be worth a good deal more.
In any case, there’s one thing Gordon Brown did manage to get right
?by confiscating Northern Rock from its shareholders,
he managed to leave taxpayers a little going away present.
Northern Rock never was in truth insolvent,
even if it did run an unsafe funding model.

The assets always were worth more than the liabilities,
as the Government’s proposed sale of some of the Rock’s remaining mortgage book
now makes glaringly obvious.

743
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/01 21:38:36  ID:/dC40sm0.net(2)
【I've been a waif for twenty years.
-- Catherine の亡霊による台詞 (Wuthering Heights)】

"Wuthering Heights" についての注釈がふんだんに取り入れてある
   "The Annotated Wuthering Heights"
   edited by Janet Gezari
という本をちらちらと読んでいるんだけど、そこに Catherine の亡霊が
Lockwood に対して "I've been a waif for twenty years." と
言っている場面について、waif という言葉を選んだのは
実に素晴らしいと言っている。

‘Begone!’ I shouted. ‘I’ll never let you in, not if you beg for twenty years.’
‘It is twenty years,’ mourned the voice: ‘twenty years.
I’ve been a 【waif】 for twenty years!’
("Wuthering Heights," Emily Bronte, Chapter 3)

上記が Emily Bronte の原文だが、この waif について、Janet Gezari という
annotator は次のように書いている。

waif
A remarkable choice of a word to describe tyhe child outside
the window. A "waif" can be a homeless person, an "unowned
or neglected child," or something "borne or driven by the wind."
The OED cites 1854 as the first instance of this last meaning of the word.

というわけで、waif は、住まいを失った人のことにもなるし、
親や保護者のいない、あるいは捨てられた(放っておかれている)
子供という意味にもなるし、風に飛ばされているものという
意味にもなるというわけだ。こんなにまで意味深長な言葉を
入念に著者は選んでいたのだ。何気なくぼんやりと読んでしまって
いた僕は、きちんとこの waif の言葉の重みと深みを感じて
いなかったのだ。
コメント1件

744
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/01 21:47:32  ID:/dC40sm0.net(2)
>743
OED Online で waif の定義文のうち、主なものを
ここに引用しておく。なお、waif には "an extremely thin person"
という意味もあるが、この意味は 1980年以降にしか使用例が
見当たらないようで、Bronte の時代にはこの意味はなかったと
考えておこう。

waif

(1) A person who is without home or friends;
one who lives uncared-for or without guidance;
an outcast from society;
an unowned or neglected child.

(2) Something borne or driven by the wind;
a puff (of smoke), a streak (of cloud).

(OED Online)
コメント6件

745
えワ[]   投稿日:2015/04/01 23:29:45  ID:UO4XtdyC.net(2)
>744
「goose じゃなく白鳥だよ。以外に何かやらかしたの?

746
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 01:54:16  ID:uyEgSzFV.net(7)
>744
「goose じゃなく白鳥だよ。以外に何かやらかしたの?
私は知らないんで、教えてよ。

747
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 07:04:37  ID:2WureTlg.net(9)
>744
wikitionary

waif (plural waifs)
1.(obsolete) Goods found of which the owner is not known; originally, such goods as a pursued thief threw away to prevent being apprehended, which belonged to the king unless the owner made pursuit of the felon, took him, and brought him to justice.
2.(obsolete) Hence, anything found, or without an owner; that which comes along, as it were, by chance.
3.A wanderer; a castaway; a stray; a homeless child.

4.(botany, of a plant outside its native range) A plant that has been introduced but is not persistently naturalized.

泥棒が逃げるとき投げ捨てた物が転じて他の意味になった
みたいですが、面白いですね。
コメント2件

748
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 07:17:19  ID:2WureTlg.net(9)
>744
Collins English dictionary

a person, esp a child, who is homeless, friendless, or neglected
2.anything found and not claimed, the owner being unknown
3.(nautical) another name for waft (sense 5)
4.(law, obsolete) a stolen article thrown away by a thief in his flight and forfeited to the Crown or to the lord of the manor

コリンズさすが詳しいですね

749
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 07:21:13  ID:2WureTlg.net(9)
>744
MW
1

a : a piece of property found (as washed up by the sea) but unclaimed

b plural : stolen goods thrown away by a thief in flight

2

a : something found without an owner and especially by chance

b : a stray person or animal; especially : a homeless child

750
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 07:23:55  ID:2WureTlg.net(9)
MWはすっきりしてます。

751
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 07:43:30  ID:2WureTlg.net(9)
>744
2.(obsolete) Hence, anything found, or without an owner; that which comes along, as it were, by chance.

これor変じゃないですか?
コメント1件

752
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 08:12:51  ID:vT9D1bwg.net(6)
>751
何が変なんですか?
コメント2件

753
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 08:46:17  ID:2WureTlg.net(9)
>752
このorの意味をどう捉えてますか?

754
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 08:57:23  ID:2WureTlg.net(9)
>752
同格のようですが、正式な使い方ですか。

従って発見物、すなわち所有者なき物、いわば偶然出てきた物

なんか変な感じがします。
コメント1件

755
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 09:47:38  ID:vT9D1bwg.net(6)
>754
「同格」かもしれないし、「あるいは」かもしれないけど、
別に変だとは思いません。

そもそも、"found" という言葉は、落し物など持ち主が不明な
ものを言い表すときにも使われているようです。

たとえば駅などの「落し物の受け取りセンター」は、
  Lost and Found
とかいうふうに呼ばれているんじゃないでしょうか?
コメント1件

756
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 09:57:07  ID:vT9D1bwg.net(6)
>755
>>"found" という言葉は、落し物など持ち主が不明な
>>ものを言い表すときにも使われているようです。

ここまで言うと言い過ぎですね。正確に言うと、
found という言葉は、「持ち主が不明なものだという
ことを匂わせる」場合もある、とでも言っておきましょう。

だからここでの "anything found" は、
"anything lost and found" というふうな意味合いを
匂わせているような気がします。たとえば
道で財布を拾ったとき、海岸で金貨の入った瓶を拾った
とき、それを "something found" と呼べると思います。
それはすなわち "something lost and found" だし、
あるいは "something without an owner" とも
言えます。

だから、
2. (obsolete) Hence, 【anything found, or without an owner】;
that which comes along, as it were, by chance.
   (>747 Wiktionary)

この言い回しを僕は自然だと思っています。
コメント2件

757
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 10:46:46  ID:2WureTlg.net(9)
>756
Hence, anything found,( or )without an owner; that which comes along, as it were, by chance.

この文章のorなんですがMW、Colinsによると発見物かつ所有者がいない物
または発見物かつ所有権主張者がいない物となります。
もしこれがなければorは”あるいは”と解する方が英文として自然だと思います。
しかしそれではMW,Collinsとの整合性が取れるないため、しかたなく同格
と解さざるを得ないということです。
変とはそういう意味です。

758
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 10:59:54  ID:2WureTlg.net(9)
>756
やはり、orを著者は"あるいは"の意味で使い、waifの説明が間違ってると思います。
コメント1件

759
えワ[]   投稿日:2015/04/02 17:05:48  ID:uyEgSzFV.net(7)
ジョージ フィリップ クラップ 「いい英語とは」

What Is Good English?
Conclusion of Modern English: Its Growth and Present Use,
by George Philip Krapp (1909)

In the discussions of the preceding pages a good deal has been said here
and there concerning good English and bad English.

It may be of advantage to gather together, by way of conclusion,
the various threads of these discussions, and to endeavor
to present some connected answer to the ever-recurring question,
What is good English ?

It is plain that the question of good English may arise with reference to any of the different sides of language.
Thus the point to be determined may be one of sound, or pronunciation; of words, or vocabulary; or one of grammar
in the narrower sense, the way in which the sounds and words of the language are united for the expression of thought.
But the principles which govern the answer to all questions of good English,
whether of pronunciation, or vocabulary, or grammar, are the same.

The feeling which underlies the distinctions of right and wrong, of good and bad,
is a general feeling for the language as a whole,
and the threefold division that has been made is only of practical value as a convenient way of
ordering the various kinds of detail which come up for discussion.
コメント1件

760
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 17:52:56  ID:vT9D1bwg.net(6)
>758
その解説が間違っているかどうか僕にはわかりませんが、
仮に間違っていても、それは Wiktionary の解説ですよね?
Wiktionary の解説に信頼性を求める方がおかしいのではないですか?
Wikipedia にせよ、その他の Wiki 関係の記事、それからネット上の無料の
情報のほとんどは、信頼性が低いものですから。9割くらいが正しければ
それでよしと思えばいいと思います。
コメント1件

761
えワ[]   投稿日:2015/04/02 18:01:52  ID:uyEgSzFV.net(7)
>760
Wiktionary はWebster の引用だね。
こっちには例が付いてる。

Webster's Revised Unabridged Dictionary
Waif
Hence, anything found, or without an owner; that which comes along, as it were, by chance.
Rolling in his mind old waifs of rhyme.
コメント1件

762
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 18:18:27  ID:vT9D1bwg.net(6)
>747
すみませんが、これからはこういうような、素人でも誰でも、仮にデタラメ
であっても自由に書き込めるようなサイトの情報が正しいかどうかなどと
いう議論を僕には吹っかけないでください。あなたが何をおっしゃっている
のかわからないからついつい付き合ってしまいましたが、時間の
無駄遣いでした。議論をするなら、きちんと責任を持って作ってくれて
いる文献(主に有料の文献)についてだけに限定しましょう。

763
momi[]   投稿日:2015/04/02 18:29:22  ID:Nd7lIVlO.net
WAIF, n. Goods found, of which the owner is not
known. These were originally such goods as a thief,
when pursued, threw away to prevent being
apprehended. They belong to the king, unless the
owner makes fresh suit of the felon, takes him and
brings him to justice. (webster 1828)

さすがに昔の法律w
コメント1件

764
えワ[]   投稿日:2015/04/02 18:36:59  ID:uyEgSzFV.net(7)
>759 ざっと大意

いい英語、悪い英語の話は良く聞く。

色々な意見を集めて「いい英語」を定義付けるのがいいと思う。

この議論は言語の別の面を見る事になるだろう。

言語には「音声、発音、文字、文法」などがある。
特に「音声と文字」は思想の表現する大事な要素である。

しかし、「いい英語の議論」は他の要素も含まれる事になるだろう。
いわゆる「良いと悪いの差」は言語にもあるはず。

多方面からの検証により、実効的な議論が可能だと思う。

765
えワ[]   投稿日:2015/04/02 18:55:58  ID:uyEgSzFV.net(7)
What is good English ? つづき

英語にも「的を射る: hit the mark 」という表現があるんだね。
まだ、総論で、キーワードを追いかけるぐらいでいい。
「Standard English が Good English ではない。」が大意。

Any English that "hits the mark"(的を射た英語)

In the first place, there should be a clear understanding of
the difference between "good English" and "conventional" or "standard English."
Standard English is likely to be good English, but all good English is not necessarily standard English.

What, then, is good English? The purpose of language being the satisfactory communication of thought and feeling,
that is good English which performs this function satisfactorily.

Such a definition of good English, it will be observed, is purely utilitarian and practical. It defines good English
only in the terms of its activity, without reference to any theoretical and abstract conceptions of its value or significance.
Whenever two minds come into satisfactory contact with each other, through the medium of language,

we have then, so far as each instance taken by itself is concerned, a good use of language.
The rustic with his dialect, and in his own homogeneous dialect community, realizes as much the purpose of language
as the most polished speaker in the "best society" of the city.

Each expresses himself satisfactorily and is understood satisfactorily, and more than this language at its best cannot do.

Our definition of good English is, therefore, very simple; any English that "hits the mark" is good English.
To hit the mark in the center, it must express exactly what the speaker or writer wishes to express,
in such linguistic terms as will convey to the hearer or reader exactly
those impressions which it is intended that he shall receive.
コメント2件

766
OED Loves Me Not ◆5o7MC4F0bo [sage]   投稿日:2015/04/02 19:11:18  ID:vT9D1bwg.net(6)
>763
なるほど。昔の法律に絡んでるんですね。OED Online での法律用語
としての定義文も、ここに引用しておきます。実に面白い。

waif
1. Law.
a. A piece of property which is found ownerless and which, if unclaimed
within a fixed period after due notice given, falls to the lord of the manor;
e.g. an article washed up on the seashore, an animal that has strayed.
Often 【waif and stray】 or †straif : cf. stray n. 1, straif n.

(OED Online)

さらに、OED Online や研究社「英語語源大辞典」を見ているうちに気づいたの
ですが、次の単語群は形が似ているだけでなく、語源的につながっている
ようです。

waif, wave, weft, weave, web, wasp, waive, weaver, Weber (ドイツ語),

つまり、waif はふらふらと放浪している様子という概念が中心にありますが、
wave は「ふらふらとする波」だし、weft は「織物の横糸」だけど、これも
ふらふらと揺れ動く感じがあるし、web はその横糸で作った織物だし、
weave は「織る」という意味で、Max Weber の Weber はどうやら英語の
weaver つまり「織物職人」という意味のようです。さらに、waif は
「見捨てられた」という意味だけど、waive は「見捨てる」つまり
「放棄する」という意味。

というわけで、これらの単語は語源的に
すべてつながっているようです。なお、これについては、
ざあっと調べて、その複雑な語源解説を慌てて僕の頭で
整理したため、不正確なところもあるだろうけど、その点は
勘弁してください。9割くらいは正しいはずです。
コメント3件

767
えワ[]   投稿日:2015/04/02 19:16:29  ID:uyEgSzFV.net(7)
>766
何を書いてもデタラメだから、誰もあてにしてないよ。

768
えワ[]   投稿日:2015/04/02 20:54:22  ID:uyEgSzFV.net(7)
>766
まさか英語語源大辞典にそんな事は書いていないよね。
日本語が読めていないのかな。

769
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/02 23:22:27  ID:WNz239LN.net
>765
興味深い英文ですね。

770
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 00:02:59  ID:NUEP/2Em.net
>761
>766
Webster's Third New International Dictionary of the English Language
waif

2 a: something found without an ower; especially: something that comes
along by chance

Webster's Revised Unabridged Dictionary
waif
Hence, anything found, or without an owner; that which comes along, as it were, by chance.

Web3だとsomething found without an owerとなってますので
anything found, or without an ownerは
現代ではsomething found without an owerと同義にはならないと思います。
コメント1件

771
えワ[]   投稿日:2015/04/03 00:11:35  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>770
同義にならないなら、どうなるの?

772
えワ[]   投稿日:2015/04/03 00:38:36  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>765 ざっと大意。
キーセンテンスはこれで、ここだけ意味が取れていれば他は、まぁ、いい。

The purpose of language being the satisfactory communication of thought and feeling,
言語の目的は、何を感じ、何を考えているか伝えられればいい。

Our definition of good English is, therefore, very simple; any English that "hits the mark" is good English.
To hit the mark in the center, it must express exactly what the speaker or writer wishes to express,
in such linguistic terms as will convey to the hearer or reader exactly
those impressions which it is intended that he shall receive.

これは最後のパラグラフ。
「いい英語の定義」はシンプルだ。的を射た英語の表現が「いい英語」
的の中心を射る為に、筆者は読者が正確にその意味を取れるような表現をしなければならない。

100年前の論文なんだけれど、永遠のテーマなのかもね。

773
momi[]   投稿日:2015/04/03 00:49:52  ID:t+/LasK2.net(2)
How to Read a Bookと似たような書きぶりだな。
啓蒙的ではあるけど、ぶっちゃけ適切な使用としか
言っていないから物足りんけど。
コメント1件

774
えワ[]   投稿日:2015/04/03 00:58:16  ID:oFbeR1Mb.net(14)
What is good English ? つづき

ここには Populer English という単語が出てくる。
Standard English も Popular English も Good English ではない、という流れだね。
このあと、第二、第三が出てくるんで、ここは第一の話し言葉

Three kinds of speech (三種類の話し言葉)

When we come to analyze the situation a little more closely, however,
we find that there are various kinds of good English,

that the question of "bad English" usually arises when one kind of English is used in circumstances
which require a different kind, when one has tried to hit the mark with the wrong arrow.
hus there is that form of English which is known as "popular English."
his is the speech of those who, usually through limited experience and education, are unacquainted with the usage
which the community in general regards as the better social custom.

Sometimes, as in the poetry of Burns, it is made the vehicle for literary expression.
Usually, however, it is a purely colloquial speech.
Naturally, the limits of popular English are not absolutely defined, but are largely a matter of opinion.
The term usually carries with it some unfavorable connotations.

Popular English is the "vulgar" English of the lower classes of society.
But just who these lower classes are, just the dividing line between the upper and the lower, these are matters hard to determine.
A positive test of culture, outside the dogmatic opinion of individuals, has never yet been discovered.

Certainly it can hardly be said that the person who has received the conventional education is, by and for that reason solely,
a more highly cultivated person than one who has not.
コメント1件

775
えワ[]   投稿日:2015/04/03 01:00:01  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>773
waif と wave の語源の話でも考えていればいいんじゃないかな。

776
momi[]   投稿日:2015/04/03 01:07:18  ID:t+/LasK2.net(2)
まあ思想でいえば、構造主義以前の書き物って
鮮やかな洞察力で驚くってことあんまないよね。
「いきの構造」以前にロクなこと日本人が書いて
ないのと似てる。
コメント1件

777
ワえ[]   投稿日:2015/04/03 01:28:56  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>776
朝鮮人には理解出来ていないだけじゃないかな。

778
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 01:53:49  ID:lPj7JXAr.net(6)
ワえさんに聞きたいんだけど、
どうしていちいち朝鮮人とかいうの?
なんか昔やなことでもあったの?
コメント3件

779
えワ[]   投稿日:2015/04/03 02:05:33  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>774 ざっと大意。

「これは Good English ではない。」という主張が続くんで、
あまり、深入りしない方がいい。

教養のある人間の英語がいい英語。
じゃ、教養のある、とないの区別はどこでするの?

「教養がある」では「いい英語」を定義出来ない」という結論だね。

780
えワ[]   投稿日:2015/04/03 02:50:45  ID:oFbeR1Mb.net(14)
What is good English ? つづき
二種類目 口語
この後、相当重くなってくるんで、まずはこれぐらいで。
「個人の好みを普遍化出来るか」というのが大意。

A second kind of English is called "colloquial English."
This is the speech of the commonplace concerns of daily life and of less serious conversation,
a speech freer and less conscious than formal speech,
but not carrying with it the suggestion of illiteracy which characterizes popular speech.

The degree of colloquialism which one permits, in one's self or in others, depends on the subject of conversation,
on the intimacy of the acquaintanceship of the persons speaking, and in general on all the attendant circumstances.
コメント2件

781
えワ[]   投稿日:2015/04/03 02:59:10  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>778
君が朝鮮人だからだね。

782
えワ[]   投稿日:2015/04/03 03:12:12  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>778
私は穏やかな人間でね、もめ事は嫌いだ。
でもね、売られた喧嘩は買うんだよ。
スレ潰されて、泣き寝入りしたりはしない。
そっちが売った喧嘩だ。
とことんやろうや。
「ゴキブリ朝鮮人」君。
コメント2件

783
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 03:24:49  ID:lPj7JXAr.net(6)
>782
ケンカを売ろうというんじゃないよ
>どうしていちいち朝鮮人とかいうの?
>778は単純な疑問だよ
でも>782では>ゴキブリ、とか言ってるから
どうやらえワさんはいわゆる嫌朝の人ということなのかな?
なんでそうなったのか、差支えのない範囲で聞かせてくれないかな
コメント2件

784
えワ[]   投稿日:2015/04/03 03:36:03  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>783
日本語は苦手?
コメント1件

785
えワ[]   投稿日:2015/04/03 03:46:52  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>783
売った喧嘩買われてびびってんじゃねぇよ。
とことんやろうぜ。
コメント1件

786
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 04:00:13  ID:lPj7JXAr.net(6)
>784
ヘンで分かりにくい言い回しがあったら訂正するので指摘してね。
>785
そうだね、とことんやろうね。
コメント1件

787
えワ[]   投稿日:2015/04/03 04:11:37  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>786
リッパート大使暗殺は民団反米派が主導だったんだよね。
民団反米派がケネディ駐日大使を暗殺するの?
コメント1件

788
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 04:16:21  ID:lPj7JXAr.net(6)
>787
へーそうなんだ。
駐日大使の暗殺計画の件はわからないなー。
えワさんは民団のことも総連のことも詳しいの?
コメント1件

789
えワ[]   投稿日:2015/04/03 04:19:03  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>788
「在留カード」への切り替えは済ませてるの?
コメント1件

790
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 04:21:22  ID:lPj7JXAr.net(6)
>789
いや、まだだけど、なんで?
コメント1件

791
えワ[]   投稿日:2015/04/03 04:23:35  ID:oFbeR1Mb.net(14)
>790
大丈夫なの?
コメント1件

792
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 04:29:17  ID:lPj7JXAr.net(6)
>791
大丈夫さ。
もう朝か。
えワさんも宵っ張りだねw
こちらはもう寝ますy
じゃあね。

793
えワ[]   投稿日:2015/04/03 05:02:16  ID:fx5umJsJ.net(2)
>780 ざっと和訳
まずキーワードを
popular English
Colloquial English
formal English

and in general on all the attendant circumstances.
「状況が支配している」
「いい英語」を求めているなけど、現実の英語を書いている。
で、この状況が支配するは、今でも相当なんだよね。
「日本語だったら」と考えておくと、この後の解釈が楽になる。

794
名無しさん@英語勉強中[sage]   投稿日:2015/04/03 11:39:23  ID:GgBPCOxf.net
webだけどこれ面白かった
http://abcnews.go.com/GMA/Books/story?id=2093510

795
名無しさん@英語勉強中[]   投稿日:2015/04/03 22:02:22  ID:fx5umJsJ.net(2)
>780
What is good English ? つづき
三種類目、
キーワード
"formal or literary English."
formal conversation
colloquial English
colloquial speech
the literary speech

A third kind of English is "formal or literary English."

This is the English of public speaking, of more formal conversation,
and of printed and written literature.

It varies widely in the degree of its formality, the style of a philosophic treatise being appropriately
more formal than that of a light essay.

There is also one manner of speaking for the pulpit and another for the lecture-platform,
one manner for the judge in court and another for the stump orator.

The line of demarcation between formal and colloquial English is not sharp, just
as it is not between colloquial and popular English.

The style of some authors or public speakers, for example, is decidedly more colloquial, more familiar, than
that of others.

With all, however, whatever the degree of formality, the dependence of the literary speech
upon the colloquial speech of natural intercourse is necessary.

It is from the colloquial speech that the literary speech has its vitality.

796
えワ[]   投稿日:2015/04/05 19:44:01  ID:ZSgKRhpD.net
What is good English ? つづき

If left to itself, its tendency would be to develop into a highly specialized
and artificial form of expression--a special high-caste language for literature
that would grow less and less real and expressive as it detached itself more
and more from the colloquial speech in which the common human concerns
of life and death find their most intimate expression.

It is perhaps better, therefore, to speak of these three kinds of speech,
popular, colloquial, and literary, not as three distinct and separate species,
but rather as three tendencies of development of
what is at bottom one speech, and that a popular speech in the sense that it comes directly
from the experiences of men and women, in the immediate affairs of life.

Language, as Walt Whitman says,
"is something arising out of the work, needs, ties, joys, affections, tastes, of long generations of humanity,
and has its bases broad and low, close to the ground. Its final decisions are made by the masses,
people nearest the concrete, having most to do with actual land and sea."

Each of these three tendencies of English speech has its appropriate uses.
They are three kinds of arrows with which different speakers at different moments
strive to hit the mark of good English.
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

ENGLISH板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
第99回全国高校野球選手権大会 第9日★194 (313)NHK実況
バイキングとグッディ★3 (966)フジ実況
実況 ◆ テレビ朝日 48884 火事大好きテロ朝 (626)テレ朝実況
実況 ◆ TBSテレビ 28283 (590)TBS実況
NHK総合を常に実況し続けるスレ 136917 冷麦 (933)NHK実況
実況 ◆ フジテレビ 84151 (825)フジ実況
ビビット 8/17(木) 競歩50キロ銅・小林快選手が生出演! ★1 (643)TBS実況
羽鳥慎一モーニングショー★4 (463)テレ朝実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【芸能】ウーマン村本「愛国心って言うなら愛するに足る国になれ」「国のために死を覚悟してる人がいることにゾッとした」★2 (908)音楽・芸能ニュース
【芸能】ウーマン村本「愛国心って言うなら愛するに足る国になれ」「国のために死を覚悟してる人がいることにゾッとした」 (1001)音楽・芸能ニュース
【ネット】「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到 制作意図は答えず★5 (346)ニュー速+
【ネット】「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到 制作意図は答えず★4 (1004)ニュー速+
【詐欺師】YouTuberヒカルがインサイダー疑惑で炎上 疑似株式サービスVALU(バリュー) ★13 (1002)音楽・芸能ニュース
【個人価値売買売り逃げ】YouTuberヒカルらの「VALU」大量売却問題、運営会社「新たなルール作る」 (550)ニュー速+
【神奈川】「お前が原付きで平塚に来たことで怒っている。指落とすか現金を用意しろ」 恐喝容疑で男2人逮捕 平塚市 (696)ニュー速+
【女子バレー】キム・ヨンギョン、日本製シューズのロゴ隠して「大韓独立万歳」のテープ貼って試合に (1004)音楽・芸能ニュース
ENGLISH板の人気スレ
セレンさんの経歴・英語力を検証するスレ21 (75)
セレンさんの経歴・英語力を検証するスレ20 (1001)
【コテハン禁止】TOEIC L&R公開試験各回統一スレ262 (1002)
英検一級スレ Part154 (685)
【コテハン禁止】TOEIC L&R公開試験各回統一スレ263 (95)
オンラインDMM英会話★36レッスン目 (145)
TOEICer総合スレ 8 (564)
スレッドを立てるまでもない質問スレッド Part 336 (486)
翻訳家・翻訳者を目指している人 トライアル 26回目 (639)
英検準1級スレ part151 (877)
DUO3.0 part57 (861)
Chat in English (英語で雑談) part 201 (1001)
なんでも翻訳してやるから英文持って来い 15 (281)
英語はディープラーニング (939)
英語の発音総合スレ Part38 (849)
【セルビア】DMM英会話【ボスニア】 (595)
【NHKラジオ】高校生からはじめる「現代英語」 (885)
日本人男性が英会話教室以外で米英人と会話する方法 (235)
【NativeCamp】ネイティブキャンプ4【ke**出禁】 (531)
英語のディープラーニング その99 (397)
おとなの基礎英語 9 (278)
月間480円で英語学び放題 (955)
多読のすゝめ 7冊目 (925)
高学歴なお前らが英会話にオススメの参考書 (106)
■英文法書総合スレ Chapter34■ (817)
新スレ・NCC綜合英会話学校 (834)
紙の英和辞典について語るスレ 12 (619)
【NHK】実践ビジネス英語【14】 (975)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード:差分取得 - 新着書き込みなし(304)