板検索:
ラブマスター2青年期part2 (929)
まとめビュー
最新スレッド候補が見つかりました
ラブマスター12 (34) スレ作成日時:2016/11/04 14:24:35
過去ログ ラブマスター12 (34) 2016/11/04 14:24〜
過去ログ ラブマスター9 (55) 2016/10/17 14:03〜
過去ログ ラブマスターキッズ (10) 2016/10/03 09:02〜
1
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:56:22  ID:N+C3I1tF0.n(13)
ラブマスター2青年期の続きです


2
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:56:46  ID:N+C3I1tF0.n(13)
聖子とデートの用事
「聖子あのな」
シンジは言う

3
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:57:18  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「んっ?」
「もうすぐ誕生日だよな手裏剣なんかどうかなと」
シンジは言う

4
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:57:47  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「物はいらない・・・・・・・・・・・・・・・体が欲しい」
聖子は言う

5
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:58:15  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「こうか?」
シンジは聖子にキスする

6
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 19:59:57  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「うん」
聖子は言う

7
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:00:24  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「聖子はさ誕生日プレゼント何が好き?」
シンジは言う

8
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:00:42  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「その時によってだよ」
聖子は言う

9
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:01:16  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「帰りレストラン寄るか?」
「高校生なんだから高級なとこ行こうよ」
シンジは言う

10
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:01:54  ID:N+C3I1tF0.n(13)
シンジはこの頃聖子のことばかり考えていて授業がはかどっていない

11
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:02:36  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「シンジ、松浦のことばかり考えてないで・・・・・・・・・・・・・」
担任が言う

12
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:03:16  ID:N+C3I1tF0.n(13)
放課後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「シンジ最近調子よくないんだって?」
聖子は言う


13
リュカ[]   投稿日:2016/07/12 20:03:50  ID:N+C3I1tF0.n(13)
「聖子レストラン寄ろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「私を気にしすぎだよ」
聖子は言う

14
恋する名無しさん[]   投稿日:2016/07/12 20:07:50  ID:Li21dmcRa.n
けんちゃん愛してる

15
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:42:06  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
「えっでも聖子レストラン行くんだろ?」
「今日はやめよう」
聖子は言う続く

16
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:43:09  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
「なんでだよ」
「私、私の事ばかり気にされるの好きじゃないの頼むから他の事やってから私に構ってよ」聖子は言う続く

17
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:43:54  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
「聖子……………………………」
「ごめん今キスをする暇ないのごめんね」聖子は言う続く

18
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:44:48  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
「(シンジごめんこれ終わったら裸で抱き合おうね)」聖子は思う続く

19
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:45:30  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
放課後
帰宅
「聖子のやつ…………………………」
シンジの家続く

20
リュカ[]   投稿日:2016/07/15 09:46:28  ID:GpqP3Ctr0.n(6)
「ふう聖子のやつ………………………しばらくデートもしてくれない」シンジは言う続く

21
リュカ[]   投稿日:2016/07/16 17:10:34  ID:45IR15v10.n
「裸になっちゃお」
聖子は言う

22
リュカ[]   投稿日:2016/07/17 23:49:34  ID:y5+qRcfX0.n(3)
「ふう私の素っ裸シンジ見てくれるかな」
聖子は言う

23
リュカ[]   投稿日:2016/07/17 23:50:32  ID:y5+qRcfX0.n(3)
「ふう」
聖子は言う

24
リュカ[]   投稿日:2016/07/17 23:51:25  ID:y5+qRcfX0.n(3)
「シンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子は素っ裸で悲しそうにシンジの家を見る

25
リュカ[]   投稿日:2016/07/21 22:53:45  ID:Dygbw+iJ0.n(5)
「聖子?」
気配を感じ見る

26
リュカ[]   投稿日:2016/07/21 22:54:06  ID:Dygbw+iJ0.n(5)
ドロン
聖子は忍術でシンジの家に上がり込む

27
リュカ[]   投稿日:2016/07/21 22:54:47  ID:Dygbw+iJ0.n(5)
「裸で上がってくるなよな」
シンジは言う

28
リュカ[]   投稿日:2016/07/21 22:55:05  ID:Dygbw+iJ0.n(5)
「いいじゃない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子は言う

29
リュカ[]   投稿日:2016/07/21 22:57:20  ID:Dygbw+iJ0.n(5)
「お前はいつもそうやってさ」
「私の何がいけないの」
聖子は言う

30
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:02:54  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「体つき」
「そんなこと言わないの」
聖子は言う

31
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:03:47  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「嫌なら里に帰るよ?私言っとくけど肉体的な体罰厳しいんだからねあそこ」
忍者の子孫の聖子は言う

32
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:04:44  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「このまま俺と結ばれないまま里に帰ったらどうなるんだ?」
「処分だよ・・・・・・・・・・・・拷問の果てに焼けた鉄の柱に縛り付けられて焼かれるの」
聖子は言う

33
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:05:25  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「マジかよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「忍者に恋は許されないの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子は言う

34
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:06:14  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「私ね缶詰工場に勤めてるのでもバイトのうちだけだよ」
聖子は言う

35
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:07:06  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「聖子・・・・・・・・・・・・・・お前の体俺にくれよ」
シンジは言う

36
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:07:28  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「えっ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やだよ」
聖子は言う

37
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:08:11  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「こんなギクシャクした中でセックスしても楽しくないやめよ」
聖子は言う

38
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:08:33  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「言われてみればそうだな」
シンジは言う

39
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:09:07  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「ねえ今度の日曜龍ケ崎行かない?{滝が綺麗だよ}」
聖子は言う

40
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:09:28  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「やな予感がする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
当日

41
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:10:09  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「ねえ飛び降りてみない?」
聖子は言う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

42
リュカ[]   投稿日:2016/07/31 17:10:56  ID:YR2a8N8d0.n(13)
「飛び込ませるかよ自殺したいのか」
「そうだよほっといてよもう」
聖子は言う

43
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:09:12  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「死んだら俺とセックス出来なくなるぞそれともお前の愛はその程度だったのか?」シンジは言う続く

44
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:10:28  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「だから今こんなギクシャクした中でのセックスなんて………………………………」
「動くなよ?俺がお前をレイプしてやるからな」シンジは言う続く

45
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:11:18  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「やだっやめて、いややめなくていいけど今はとにかくやめて本当に」聖子は言う続く

46
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:12:11  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「聖子の体を俺のものだ」
「……………………やめて」
聖子は強制的に離れる続く

47
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:13:40  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「わっ分かった飛び込んだりしないからお願いやめて」
「聖子手上げろ」
「えっ?うん」
聖子は手を上げる続く

48
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:15:08  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「きゃははははははははは!!!!!!!!くすぐったい!!!!!!!!!でもだめだよシンジ、忍者の人は仲嫁(いいなづけ)以外体に触ってはいけない決まりなのセクハラだめだよ」聖子は言う続く

49
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:18:01  ID:HJsQvkcc0.n(9)
忍者の里
「松浦聖子、忍者の端くれにもおけぬ男に触られるとは聖子を連れて来い足爪剥ぎ取りとする」忍者は言う続く

50
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:19:02  ID:HJsQvkcc0.n(9)
「焼けた鉄の靴や棒も持って来ます」
忍者は言う続く

51
リュカ[]   投稿日:2016/08/01 08:20:55  ID:HJsQvkcc0.n(9)
その夜
「聖子がいない…………………………」シンジは言う続く

52
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:13:24  ID:ky6mQbTj0.n(12)
ちなみに聖子は前世破壊神だった経歴がある

53
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:14:07  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「きっと忍者に連れて行かれたんだ」
シンジは言う

54
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:14:32  ID:ky6mQbTj0.n(12)
聖子の里
「やだ熱そう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子は言う

55
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:14:53  ID:ky6mQbTj0.n(12)
ジュー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
聖子は焼けた鉄板を押し付けられる

56
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:15:19  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「うぎゃあああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子の断末魔のうめき声が聞こえる

57
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:15:51  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「シンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子の足の骨が露出している

58
恋する名無しさん[]   投稿日:2016/08/05 11:28:17  ID:tq9z66xKa.n(2)
なんだそれwアーッヒャヒャヒャーΨ(゚∀゚ )Ψ(゚∀゚)Ψ( ゚∀゚)Ψアーッヒャヒャヒャー

59
恋する名無しさん[]   投稿日:2016/08/05 11:29:20  ID:tq9z66xKa.n(2)
あかねの悲劇が読みたくなった

60
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:30:26  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「シンジと付き合うのをやめろ」
忍者は言う

61
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:31:11  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「ううんやめないよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
聖子は言う

62
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:33:58  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「この里にだけ伝わる肉体再生薬は許しをもらったものしか与えん」
忍者は言う

63
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:35:03  ID:ky6mQbTj0.n(12)
肉体再生薬
あるにはあるがこれが出ると世の中の全てが変わるため里からは出さない

64
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:36:44  ID:ky6mQbTj0.n(12)
シンジの家・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「なあシンジ・・・・・・・・・・・・・・・・デートしよう」
ホアンヴァムニャンが言う

65
リュカ[]   投稿日:2016/08/05 11:37:49  ID:ky6mQbTj0.n(12)
「聖子が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「今急いでも聖子は会えねえ今はデートだ」
ホアンヴァムニャンは言う

66
リュカ[]   投稿日:2016/08/11 19:58:20  ID:uux6+LFU0.n(2)
中央公園にて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

67
リュカ[]   投稿日:2016/08/11 19:58:47  ID:uux6+LFU0.n(2)
「お前はベトナムと日本どっちがいい?」
ヴァムは言う

68
リュカ[]   投稿日:2016/08/20 20:23:12  ID:iDXiCaPN0.n(3)
聖子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

69
リュカ[]   投稿日:2016/08/20 20:23:31  ID:iDXiCaPN0.n(3)
聖子は裸でくすぐられるらしい

70
リュカ[]   投稿日:2016/08/20 20:25:03  ID:iDXiCaPN0.n(3)
「くすぐりでも吐かないから」
聖子は言う

71
恋する名無しさん[]   投稿日:2016/08/21 16:38:02  ID:kdZLGGdxp.n
SMAP解散について爆笑問題太田が辛辣なコメント
https://youtu.be/Z7NxWfjDJhs

72
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2016/08/22 02:44:58  ID:IsrYwhm7M.n(2)
恋愛相手・遊び相手・ご飯友など
大手サイトなら必ず見つかります

ジェイメル
「誘い飯掲示版」が新設!ご飯友探しでどんどん異性の友達を増やせてかなりの評判です
http://nsk.one/k2

わくわく
誰かと一緒にご飯を食べたい時には「おねだりゴハン」が好評。ライトな出会いから上手くいくパターンが成功の秘訣
http://nsk.one/k3

はぴめ
気持ちが伝わるタイプ検索が優秀。無料でどんどん写メでみれてしまう画期的なサービスです
http://nsk.one/k4

73
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2016/08/22 02:45:16  ID:IsrYwhm7M.n(2)
メルパラ
アクセスメンバー検索が優秀(今現在アクセスしてる人にメールを送れる)
http://nsk.one/k5

PCマックス
裏プロフィール検索がとっても使える(相手の裏好みで検索)
http://nsk.one/k6

74
恋する名無しさん[]   投稿日:2016/08/22 14:06:37  ID:e/yCLPZpp.n
検証 キスだけで女は落ちるのか?
https://youtu.be/pCZsZTIy6YE

75
リュカ[]   投稿日:2016/08/22 21:52:23  ID:in3xRnvF0.n(3)
こちょこちょこちょ♪
聖子は素っ裸で全身くすぐられる

76
リュカ[]   投稿日:2016/08/22 21:52:52  ID:in3xRnvF0.n(3)
「ぎゃあああああああああああああああああああはっはははははあははははははは」
あ聖子は大笑いする

77
リュカ[]   投稿日:2016/08/22 21:53:20  ID:in3xRnvF0.n(3)
忍者に両手両足押さえつけられてもがくが聖子は動けない

78
リュカ[]   投稿日:2016/08/25 22:36:27  ID:k/m4vHvV0.n(2)
葉っぱが聖子の全身をくすぐる

79
リュカ[]   投稿日:2016/08/25 22:37:07  ID:k/m4vHvV0.n(2)
選択肢
日本
ベトナム
日本押さないと聖子ルートいけなくなる

80
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 20:55:12  ID:31hOrR/o0.n(38)
「あっあのこんな私じゃダメかな?」
ヴァムはキャラが変わった

81
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 20:55:52  ID:31hOrR/o0.n(38)
ロウきゅーぶの三沢真帆型のキャラだったのがコクリコ風になるヴァム

82
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 20:57:22  ID:31hOrR/o0.n(38)
「ヴァム?」
「隠しててごめんね私これが本当の私なの」
ヴァムは言う

83
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:00:02  ID:31hOrR/o0.n(38)
「お前・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「んっ?私こんなの嫌?」
ピン留めをほどくとベトナム風の少女に変わるヴァム

84
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:01:17  ID:31hOrR/o0.n(38)
「俺には聖子がいるから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「私待ってるね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ヴァムは言う

85
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:02:12  ID:31hOrR/o0.n(38)
さっきまで玉ねぎ頭の少女だったのが一気にベトナム美女に変貌

86
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:03:05  ID:31hOrR/o0.n(38)
「中央公園でいいか?」
「もっと遠いところがいい」
ヴァムは言う

87
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:04:49  ID:31hOrR/o0.n(38)
「遠いところ?」
「海に決まってるじゃない」
ヴァムは言う

88
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:05:26  ID:31hOrR/o0.n(38)
「でも俺」
「knongだめ」
ヴァムは言う

89
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:06:02  ID:31hOrR/o0.n(38)
とても高校生には見えないヴァム
ベトナムの女の子にしか見えない

90
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:07:04  ID:31hOrR/o0.n(38)
海当日
「シンロイ遅くなっちゃった髪飾りに悩んだんだよ」
ヴァムは言う

91
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:07:42  ID:31hOrR/o0.n(38)
「俺なんかのために」
「ほら遅れちゃうよ行こうよ」
ヴァムは手を引っ張る

92
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:08:08  ID:31hOrR/o0.n(38)
「どうかな?」
ビキニを着てくるヴァム

93
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:10:01  ID:31hOrR/o0.n(38)
選択肢
1美人だ
2似合ってるよ
3綺麗だ
2を押す

94
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:10:49  ID:31hOrR/o0.n(38)
「イアムサオ本当に?」
悪い印象を与えたようだ

95
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:12:45  ID:31hOrR/o0.n(38)
「今度アオザイ持ってくるよ」
ヴァムは言う

96
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:14:02  ID:31hOrR/o0.n(38)
「泳ごう遠慮したってコンだよ」
ヴァムは言う

97
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:15:12  ID:31hOrR/o0.n(38)
「分かったよ」
ヴァムのイベント
「きゃっほーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
ヴァムははしゃぐ

98
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:16:31  ID:31hOrR/o0.n(38)
「こらヴァム、ウォータースライダーで遊ぶな」
シンジは言う

99
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:17:24  ID:31hOrR/o0.n(38)
「イアムサオ?シンロイ?遊ぶから海にいんでしょ?」
ヴァムは言う

100
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 21:19:07  ID:31hOrR/o0.n(38)
「そうだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・仮に姿のヴァムとは大違いじゃないか」
シンジは言う

101
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 22:55:22  ID:31hOrR/o0.n(38)
「だからこれが本当の私なんだよ」
ヴァムは言う

102
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 22:56:15  ID:31hOrR/o0.n(38)
「しかし全然前とイメージ違うよく別人になりすましたな」
「悪かったな昔のがよかった?」
ヴァムは言う

103
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 22:57:02  ID:31hOrR/o0.n(38)
「なあんてシンジは今の私の方が好きなんだよねねえ聖子と分かれてみる気ない?」
ヴァムは言う

104
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 22:57:43  ID:31hOrR/o0.n(38)
「なっ聖子と別れるなんて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ベトナム人は嫌?」
ヴァムは言う

105
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 22:59:16  ID:31hOrR/o0.n(38)
「いや別に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「私あなたが好きお願い聖子と別れて」
ヴァムは言う

106
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:00:12  ID:31hOrR/o0.n(38)
ベトナムを選んでいる場合と日本を選んだ場合とで異なる

107
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:00:42  ID:31hOrR/o0.n(38)
ベトナムを選んだ場合ヴァムに告られるエンディング

108
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:02:01  ID:31hOrR/o0.n(38)
選ばなかった方は悲惨な終わり方する

109
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:02:46  ID:31hOrR/o0.n(38)
聖子は聖子エンド以外だと忍者としてどこかへといなくなる

110
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:03:35  ID:31hOrR/o0.n(38)
「家族とみんなで暮らせるんだベトナムで私の家族5人いるんだ」
ヴァムは言う

111
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:04:08  ID:31hOrR/o0.n(38)
「ヴァム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「うっううああん」
ヴァムは泣く

112
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:06:12  ID:31hOrR/o0.n(38)
「フエからハノイまでどのくらいかかると思う?」
ヴァムは言う

113
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:06:59  ID:31hOrR/o0.n(38)
「中央ベトナムから南ベトナムだから」
「ベトナム人の足だと5時間だ」
ヴァムは言う

114
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:07:55  ID:31hOrR/o0.n(38)
「足速いなヴァム」
「アジアでは当たり前だよ家族養うんだよ」
ヴァムは言う

115
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:08:24  ID:31hOrR/o0.n(38)
聖子のいる里

116
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:10:14  ID:31hOrR/o0.n(38)
「もう一度シンジを誘ってみろそれができれば」
「あひぃあひぃ」
聖子は拷問の末声が出なくなっている

117
リュカ[]   投稿日:2016/09/02 23:11:32  ID:31hOrR/o0.n(38)
「くすぐりをやめてやれ」
「シンジ待っててね」
聖子は言う

118
リュカ[]   投稿日:2016/09/04 19:44:35  ID:NOcYmXCe0.n(2)
「ねえ夕方までここにいようよ」
ヴァムは言う

119
リュカ[]   投稿日:2016/09/04 19:45:06  ID:NOcYmXCe0.n(2)
夕方
「ねえまだ帰りたくなくないよどこか寄り道してこうよ」
ヴァムは言う

120
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:21:17  ID:PdRfn6xT0.n(6)
「ああ」
「ベトナムレストラン行こうよ」
ヴァムは言う

121
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:21:49  ID:PdRfn6xT0.n(6)
「金ないぞ今」
「私が払うよ」
ヴァムは言う

122
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:23:20  ID:PdRfn6xT0.n(6)
ベトナムレストラン、トラングォ

123
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:23:41  ID:PdRfn6xT0.n(6)
「シンチャオ」
ベトナム人店長は言う

124
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:25:12  ID:PdRfn6xT0.n(6)
「ああここ日本語通じないから気をつけてね」
ヴァムは言う

125
リュカ[]   投稿日:2016/09/07 15:26:52  ID:PdRfn6xT0.n(6)
「私このインド風メガガネーシャカレーベトナム式がいい」
ヴァムは言う

126
リュカ[]   投稿日:2016/09/09 20:50:49  ID:lsfC4MxH009
「俺は」
「ダメお口あーん」
ヴァムは言う

127
リュカ[]   投稿日:2016/09/21 16:20:06  ID:UwmiJOS30.n
「ヴァムはせっかく………………………」
「グェンサォ…………………」ヴァムは言う続く

128
リュカ[]   投稿日:2016/10/01 19:56:42  ID:meQuO8cP0.n(2)
ヴァムは口移しした

129
リュカ[]   投稿日:2016/10/01 19:56:57  ID:meQuO8cP0.n(2)
しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・

130
リュカ[]   投稿日:2016/10/03 09:11:00  ID:A5a+mQUP0.n
聖子が来る続く

131
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:23:22  ID:DFLU2cYM0.n(6)
「シンジ?」
聖子は言う

132
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:23:59  ID:DFLU2cYM0.n(6)
ラブマスター特有のシステム
ライバルヒロインのシステム

133
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:24:39  ID:DFLU2cYM0.n(6)
「ねえシンジ今度海行こうよ」
聖子は言う

134
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:29:33  ID:DFLU2cYM0.n(6)
「なんで?」
ヴァムは言う

135
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:29:53  ID:DFLU2cYM0.n(6)
「なんでもなの」
聖子は言う

136
リュカ[]   投稿日:2016/10/08 19:30:22  ID:DFLU2cYM0.n(6)
「そこの最高級カレーを」
聖子はジェラシーしてる

137
リュカ[]   投稿日:2016/10/10 00:17:03  ID:zcx93hPr0.n
「ならあたしも」
ヴァムは言う

138
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:08:45  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「ヴァム私負けないよ」
聖子は言う

139
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:09:04  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「何を?」
ヴァムは言う

140
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:09:46  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「さあカレー冷めるよ食べよう」
聖子怖っ

141
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:12:26  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「ヴァムには20000もないよね」
聖子は言う

142
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:12:52  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「あるさ」
「なかったらだめなの」
聖子は言う

143
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:13:29  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「払おっか?」
聖子は奢る機だ

144
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:13:52  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「聖子の情けなどいるか」
ヴァムはいう

145
リュカ[]   投稿日:2016/10/11 00:14:31  ID:ucwYOHIc0.n(8)
「じゃあ払おう仲良く」
聖子は言う

146
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2016/10/16 00:10:16  ID:4Kz05ush0.n
セクロスによる快楽は、一時的なものでしかない。
ときがおわれば再び孤立感にさいなまれるだろう。
だが、愛があれば違う。お互いがお互いを愛していると知ったとき、
僕たちは真のしあわせを手に入れるのだ。


貴幸より愛をこめて

147
リュカ[]   投稿日:2016/10/17 14:01:47  ID:9UWEcQCO0.n
聖子は帰ったらくすぐりの刑にされる事になった続く

148
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:16:20  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「聖子ーーーーーーーー大人しくシンジを渡せ」
「きゃはははははははははははははは」
聖子はこちょこちょされてる続く

149
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:17:18  ID:wSLV3K+c0.n(25)
次の日
「あーシンジ苦しかったよヴァムったらね」聖子は言う続く

150
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:18:37  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「お弁当20個作るんだけど手伝ってくれない?」
海外旅行の手はずを整える
現時点で一番好感度高いヒロインによって異なる続く

151
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:19:56  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「京都がいいかプノンペンがいいかで悩んでるのシンジはどうする?」
聖子とヴァムが好感度ブッキングしてるため選択肢発生続く

152
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:21:00  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「ベトナムがいいかな」
「ハノイだね」
聖子が何か言ってる続く

153
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:22:05  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「思い出した俺は聖子とベトナムへ行く予定だった」
シンジはベトナムへ行く事を思い出した続く

154
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:23:10  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「まもなくホーチミンホーチミン」
「チャオチー」
外国人が話しかけて来るベトナム語で続く

155
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:24:29  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「シンジ、手握っていいかな?」
「コン!!!!!!!」
ヴァムがやきもちだ続く

156
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:25:36  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「トイシンカイナイ?」
道を訊いて来るベトナム人続く

157
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:26:59  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「今日1日ホーチミン市で過ごして明日京都だって………………………………」
「明後日フランスか」
シンジは言う続く

158
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:28:34  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「ディー(あちらです)」
ヴァムはベトナム人にベトナム語で答える続く

159
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:30:38  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「ディーシンラオ(あの人御老体なんだ)」
ベトナム語で言うヴァム続く

160
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:31:52  ID:wSLV3K+c0.n(25)
ホーチミン市に到着
「カムオン」
いきなりスリが聖子の財布を…………………
がしっ
「盗まないの」
聖子はダミー財布を用意してスリを騙す続く

161
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:33:13  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「でねシンジ」
聖子はわざとらしくベンチに財布を置く
スリを待っているのだ続く

162
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:34:18  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「あー!!!!!!私の財布がない!!!!!(勿論演技)」
聖子は慌てふためく続く

163
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:35:39  ID:wSLV3K+c0.n(25)
そのスリは
「日本人の金はっと………………はっ?」
{これは偽物だよごめんね}
聖子の落書き入りの財布をスリは開き驚愕続く

164
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:36:43  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「さっシンジ{どこかで何か食べよっか}」聖子は言う続く

165
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:38:07  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「聖子お前はダミー財布いくつ持ってるんだ?」
「私作ったんだよベトナムのために」
聖子は言う続く

166
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:39:23  ID:wSLV3K+c0.n(25)
ベトナム人達
「いきなり来た外国人旅行客に騙された」
「あの可愛い子だろ?あいつ侮れない」
ベトナム人スリは言う続く

167
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:41:02  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「あいつ知ってるよ…………………松浦聖子、伝説のスリ騙しだ」
ベトナム人は言う続く

168
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:42:00  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「あんな可愛い子が!?!?あれが忍者!?!?」
ベトナム人スリは言う続く

169
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:43:02  ID:wSLV3K+c0.n(25)
ベトナムスリVS超現役忍者聖子続く

170
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:44:06  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「そこっ!!!!!」
ベトナム人がスリを仕掛けて来たが聖子も忍者だからスリの動きが見える続く

171
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:44:50  ID:wSLV3K+c0.n(25)
「私の勝ちだね」
スリからスリを仕返した聖子続く

172
リュカ[]   投稿日:2016/10/19 09:45:50  ID:wSLV3K+c0.n(25)
ドロン
聖子はまた忍術でどこかへと消えた続く

173
リュカ[]   投稿日:2016/10/24 16:19:42  ID:Qp4JrNLd0.n(4)
「あっ聖子だ」
聖子が裸で突っ立ってる

174
リュカ[]   投稿日:2016/10/24 16:20:07  ID:Qp4JrNLd0.n(4)
「んっんーあう」
聖子は喘ぎ声を上げてる

175
リュカ[]   投稿日:2016/10/24 16:20:40  ID:Qp4JrNLd0.n(4)
シンジの前に扉がある
そこに入るといきなり台所に出る

176
リュカ[]   投稿日:2016/10/24 16:21:03  ID:Qp4JrNLd0.n(4)
気が付くとシンジは野菜になっていた

177
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:07:57  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「ああ美味しい」
聖子の腹の中
「うう俺の体が溶けて行く」
シンジは言う続く

178
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:08:46  ID:zrfKhKkc0.n(11)
シーンジ!!!!!!!!!!!
聖子の声が聞こえる続く

179
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:09:28  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「わあ聖子が俺を食べて」
「寝ぼけないの」聖子は言う続く

180
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:11:59  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「泳ぎに行くよ」
市内で平気でマッパしてる聖子続く

181
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:13:05  ID:zrfKhKkc0.n(11)
ベトナムの川
「気持ちいい」素っ裸の聖子は言う続く

182
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:13:50  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「んっ?泳がないの?」
「ヴァム」聖子は言う続く

183
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:14:38  ID:zrfKhKkc0.n(11)
ホアンヴァムニャンイベント発生続く

184
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:15:16  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「水のかけっこしよう」ヴァムは言う続く

185
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:15:52  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「自分だけ抜けないの」
聖子がシンジを引き止める続く

186
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:17:42  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「夕方5時にはハノイに行ってホテル予約するんだからね?はっ?ツアー?自分で予約して自分でホテル選ぶんだよお金なかったりしたら野宿だからね」聖子は言う続く

187
リュカ[]   投稿日:2016/10/25 14:19:51  ID:zrfKhKkc0.n(11)
「超高層ビル型ホテルと超古風な旅館とどっちがいい?」
選択肢
→高層ビル
旅館
聖子の感情値→激減
ヴァムの感情値→激減
選ぶメリット皆無のとこ選んじまった続く

188
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:14:56  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「聖子は俺を食べないよな?」
「要望があれば食べてあげるよ?」
聖子は言う続く

189
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:15:39  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「人生にリタイアした男が私に食べられに来るの」聖子は言う続く

190
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:16:34  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「人生に疲れたら私のお口においで」
聖子は言う続く

191
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:17:27  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっああ気が向いたらな」
シンジは言う続く

192
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:18:44  ID:y/UJlsbv0.n(44)
高層ビルに到着続く

193
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:19:26  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「自由行動自由行動♪」
聖子は言う続く

194
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:20:23  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっここのお風呂混浴だ……………ねぇシンジ」
聖子は言う続く

195
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:21:32  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっいいな…………………………」
「ねぇ部屋に来て」
「セックスか」
「シンジーーーーーーーこちょこちょこちょ」聖子はシンジをくすぐる続く

196
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:22:20  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ぎゃははははははははははははははははははは」
「シンジ?まだ脇腹も行ってないよ?」
聖子は言う続く

197
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:23:02  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あー惜しい夕飯だ」
聖子は言う続く

198
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:23:55  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ねぇシンジは何食べたい?」
選択肢
1カレー
2豪華料理
3聖子の手料理
4聖子
4を押す続く

199
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:24:36  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「私食べたらラブマスター2終わっちゃうでしょ」聖子は言う続く

200
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:25:28  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「そういう事はバッドエンドの時以外言わないの」聖子は言う続く

201
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:26:21  ID:y/UJlsbv0.n(44)
結局聖子の手料理に変えられた上ヴァムが嫉妬し始めた続く

202
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:27:01  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ドラゴンフルーツにしろ」
ヴァムは言う続く

203
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:30:31  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「味噌漬けがいいの」
聖子は言う続く

204
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:31:06  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「いいやビクチーフォーだね」
ヴァムは言う続く

205
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:31:52  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「味噌の肉漬け奈良漬けがいいの」
聖子は言う続く

206
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:32:53  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「聖子俺の好きな飯にしろよ……………」
「えっ?…………………………」
大岡裁きが発動続く

207
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:33:39  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「うっうん……………………………」
聖子とヴァムの喧嘩が収まった…………………………………………続く

208
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:34:43  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「はいフランス料理/ベトナム料理」聖子は日本料理をつくってなかった!!!!!!!!続く

209
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:35:17  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ポトフだよ」聖子は言う続く

210
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:36:05  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「湯出しフォーだ」ヴァムは言う続く

211
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:36:41  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「どっどうかな?私口付けたんだよ?えへへ」聖子は言う続く

212
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:37:35  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「これはラム酒だな?」シンジは言う続く

213
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:38:15  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ムール貝と私のおしっこだよ」聖子は言う続く

214
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:39:06  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「聖子のおしっこ結構美味しいな」
「もうそんなストレートに言わないの」聖子は照れ隠しする続く

215
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:39:43  ID:y/UJlsbv0.n(44)
新キャラ登場イベント発生続く

216
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:40:21  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっあの…………………………私……………………………………」
気弱そうな女の子が来る続く

217
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:40:53  ID:y/UJlsbv0.n(44)
アメリカ人のアメリアだ
もう第2形態入ってる続く

218
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:41:29  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「アメリア大丈夫だよおいで」
聖子は言う続く

219
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:42:29  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっあのシンジさん…………………よろしく………………………お願い」
「ああお願い」シンジは言う続く

220
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:43:40  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「私アメリカのテキサス、コーパスクリスティから来ました」アメリアは言う続く

221
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:44:18  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あたし南ベトナムのサイゴンから来たんだ」ヴァムは言う続く

222
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:46:20  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「正しくはサワンナケートでしょ?」聖子は言う続く

223
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:47:01  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「正しくはフエ市だばーか」
ヴァムは言う続く

224
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:50:15  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あはははははは」アメリアは言う続く

225
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:51:17  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「エルナビシフォナドありますよ」
アメリアは言う続く

226
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:53:40  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「ナマズの生焼きよりはましだな」
ヴァムは言う続く

227
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:55:37  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「アメリア……………………これ腐ってない?」聖子は言う続く

228
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:56:39  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「それはゴルゴンゾーラチーズと言って」
アメリアと話してる内9時を回る続く

229
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:57:43  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「別館で怖い話ししようよ」
「あはははははははははは」
アメリアとヴァムは大笑いしてた続く

230
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:58:49  ID:y/UJlsbv0.n(44)
日本の怖い話し
「ぎゃああああああああああ」
「あははは愉快です」
「シンジちゃんと話し聞けよ」
それぞれの国民性が出る怖い話し続く

231
リュカ[]   投稿日:2016/10/28 23:59:57  ID:y/UJlsbv0.n(44)
「あっ足がないって…………あはははははトムとジェリーじゃないんだから」
「金ぶん盗ればいいのにな」
それぞれ国民性が出ている続く

232
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:00:47  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ベトナム人ってジパングの怖い話しそう取るんだ」聖子は言う続く

233
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:01:38  ID:3j7HTufc0.n(55)
「だって幽霊出たらスリをしなきゃ」
ヴァムは言う続く

234
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:02:29  ID:3j7HTufc0.n(55)
「あはははははははは!!!!!!!鏡に映るなんて……………………そんな怖い話しでも何でもない………………………」アメリアは言う続く

235
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:03:55  ID:3j7HTufc0.n(55)
「きゃあっ!!!!!!!!黒い影が!!!!!!!!!!」
「あっ出たんだ可愛い」
日本人二人がパニクる中余裕で幽霊を見て喜ぶアメリア続く

236
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:04:56  ID:3j7HTufc0.n(55)
「あれは……………………………やばい方だぞ…………………………………」
ヴァムの顔がマジになるベトナムのやばい幽霊に遭遇したようだ続く

237
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:05:49  ID:3j7HTufc0.n(55)
黒い影は窓を叩くそれが真っ黒で顔も見えない続く

238
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:06:55  ID:3j7HTufc0.n(55)
「あれは日本で言う死に神の類だあの手はベトナムでは危険視されてるんだ」ヴァムは言う続く

239
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:08:25  ID:3j7HTufc0.n(55)
「象のお守りはない?」
ヴァムは言う
「ヨーロッパのお守りではだめなんですか?」アメリアは言う続く

240
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:09:42  ID:3j7HTufc0.n(55)
「わあ何あの影」
シルエットとも取れる大きな影が椅子に座っている…………………………………
「まずいもう入り込んで来てる」ヴァムは言う続く

241
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:10:44  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ぶつぶつぶつ……………………」
ヴァムは何か唱える
するとその幽霊は消える続く

242
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:11:47  ID:3j7HTufc0.n(55)
「もう11時だ…………………寝よう」
就寝時間到来続く

243
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:13:40  ID:3j7HTufc0.n(55)
翌朝
受付でチェックアウトした際ある恐ろしい事を受付から聞いた
「あなた達良くあそこから生還出来たわね別館はあれが出るから危ないのに………」受付はベトナム語でそう話した続く

244
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:15:38  ID:3j7HTufc0.n(55)
「さあ次はフランスだよ!!!!!……………………………!!!!!!」
聖子がふと例の別館の向くと夜に見たあれがまた立っていた………………………………………………
相当強力な霊体らしいがもはや聖子達には関係もなかったのだった…………………続く

245
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:16:57  ID:3j7HTufc0.n(55)
フランス到着後恐ろしい話しを聞く
「さっきのホテルあの別館行った人がいて死んだって……………………………」
ヴァムがそういう話をする続く

246
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:17:55  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ひええええええええええ恐ろしい……………………………………私守られてたのかな」聖子は言う続く

247
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:19:31  ID:3j7HTufc0.n(55)
パリ…………………………………………
「私あっち行って来ます!!!!!!!!」アメリアは言う続く

248
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:21:29  ID:3j7HTufc0.n(55)
「シンジどこ行こっか…………………ああやだなさっきのベトナム幽霊が忘れられない」聖子は言う続く

249
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:22:25  ID:3j7HTufc0.n(55)
パリの洋服店にて
「あなたこんな服が似合いますよ?」
渡されたのはへそ出しルックだった続く

250
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:23:23  ID:3j7HTufc0.n(55)
「聖子着てみたら?」
シンジは言う続く

251
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:23:55  ID:3j7HTufc0.n(55)
「私こういうの嫌い」
聖子は言う続く

252
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:24:41  ID:3j7HTufc0.n(55)
そして………………………………………
「あのねシンジ…………………………」
聖子は狸の着ぐるみ着せられた続く

253
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:25:20  ID:3j7HTufc0.n(55)
その後スクール水着ビキニなどを着せたが聖子は承諾しなかった続く

254
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:26:10  ID:3j7HTufc0.n(55)
「もう昼過ぎだよ…………………………バス遅過ぎだよ………………………………」
聖子は言う続く

255
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:26:56  ID:3j7HTufc0.n(55)
「キスしようか聖子」
「うん……………………………」
そんな時になっていきなりバスが来る続く

256
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:27:39  ID:3j7HTufc0.n(55)
「なんか嫌な予感…………………………」
そのバスには人が乗ってない…………続く

257
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:28:35  ID:3j7HTufc0.n(55)
「さっきのベトナム幽霊が乗ってるかもしれない気をつけろ」シンジは言う続く

258
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:29:48  ID:3j7HTufc0.n(55)
間もなくOO火山行き
「シンジ!!!!!!!!だめ!!!!!!!!そのバス乗っちゃ」
寸前で聖子が気付き止める続く

259
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:31:42  ID:3j7HTufc0.n(55)
「どうした?聖子普通のバスだよ」
「今そのバス火山とか言ってた絶対変なとこ行くバスだよ」
そのバスをやめる
バスが遠ざかったのを見ると驚愕した…………………………………………
バスの後ろの方で女の子が山積みになっていたのだ勿論楽しい旅行をしているようには見えなかった続く

260
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:32:54  ID:3j7HTufc0.n(55)
「とにかく気をつけようよ………………ベトナムもベトナムだけどこっちもかなり危険だよ」聖子は言う続く

261
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:34:17  ID:3j7HTufc0.n(55)
「おたくのウィリアムズちゃん………………………ずっとバスに乗る夢見てたんだって…………………………遂に死んだか」
お婆さんが隣で言う
英語分からない二人だが火山と夢ってとこだけはドリームとボルケーノで予想出来た続く

262
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:35:06  ID:3j7HTufc0.n(55)
「やっぱり乗らなくてよかったよシンジあれは多分やばいとこ行くバスなんだ」聖子は言う続く

263
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:39:26  ID:3j7HTufc0.n(55)
やめればいいのに近くのコンビニで偶然アメリカの霊の世界の本を見つけた
「小さい内に死んだ子供は母親がいないのをいいことに迎えが来て子供を死の火山へ落とす」
聖子は震えている続く

264
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:40:34  ID:3j7HTufc0.n(55)
「これに限ってはマリアも手助け出来ない世界であり連れていかれたらアウトである」
聖子は読み終えた続く

265
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:42:13  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ここはパリだろ?アメリカ……………」
「しっベトナムの霊の事書いてあった」
「影鬼さっきのあれそう呼ばれてるみたい」聖子は言う続く

266
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:43:54  ID:3j7HTufc0.n(55)
「その火山てのは……………………」
「しっベトナムのが先だよ………………さっきのあれは大人でも連れ去られたらおしまいだって………………………………」聖子は言う続く

267
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:46:20  ID:3j7HTufc0.n(55)
「影鬼……………………大人でも平気で連れ去るアジアでも最凶の霊、主にベトナムにだけ生息するが規制決まりがなくベトナムにいればどこにでもついて来る」聖子は言う続く

268
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:47:16  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ヴァム大丈夫かな?あいつくっついてないよね?」聖子は言う続く

269
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:48:22  ID:3j7HTufc0.n(55)
「しっ………………………コンビニから出るななんか変なのがずっとコンビニの前をループしてる明らかにマフィアとは違う」シンジは言う続く

270
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:49:28  ID:3j7HTufc0.n(55)
「何であれがついて来てるの!?!?ベトナムのあいつじゃない…………………」
影鬼だった………………………………
ベトナムのホテルからついて来てたのだ続く

271
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:51:04  ID:3j7HTufc0.n(55)
「多分聖子を狙っているんだお前俺もアジアだからあいつの管轄なんだ」シンジは言う続く

272
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:52:04  ID:3j7HTufc0.n(55)
「パリ市街へ戻ろうあいつそこまでは来ないはずだ」
シンジは言う続く

273
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:53:05  ID:3j7HTufc0.n(55)
シャンゼリゼ通り……………………………
「またさっきのバス!!!!!!!私達どうやら両方から目つけられてるみたいだよ」聖子は言う続く

274
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:53:59  ID:3j7HTufc0.n(55)
「しめた影鬼と幽霊バスが揉めてる」
シンジが言う続く

275
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:54:45  ID:3j7HTufc0.n(55)
「とにかく逃げよう………………………私達あいつらに目つけられてるんだよ」
ホテルに到着続く

276
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:55:57  ID:3j7HTufc0.n(55)
しかし運命は意地悪だった
幽霊バスが影鬼に負けたのだ続く

277
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:57:09  ID:3j7HTufc0.n(55)
「あいつがホテルの下で聖子を探してる………………………………今窓から顔出すのやめた方がいいぞ」シンジは言う続く

278
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 00:58:15  ID:3j7HTufc0.n(55)
「いないなら………………………また………………………………ベトナムで……………………………………」
あいつは去って行った続く

279
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 01:00:07  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ふう……………………………きゃっ!!!!!!!!!」
「違う!!!!!!!!あいつのさっきのは嘘だったんだ!!!!!!!!!糞こいつめ」
影鬼は聖子を引っ張ろうとする
しかし…………………………………
フランスホテルにいた騎士の幽霊が影鬼を押さえて聖子を助けようとする続く

280
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 01:00:57  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ふう助かったよ…………………………」
「………………………………」
騎士の幽霊は姿を消した続く

281
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 01:03:09  ID:3j7HTufc0.n(55)
「とにかく今日1日終われば明日日本だからもう大丈夫だ」
シンジは言う続く

282
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 09:02:21  ID:3j7HTufc0.n(55)
「シンジ…………………………愛してる」
聖子は言う続く

283
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 09:03:08  ID:3j7HTufc0.n(55)
「ああ愛してる…………………………」
「セックスしよっか?シンジ」聖子は言う続く

284
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 09:03:52  ID:3j7HTufc0.n(55)
「じゃあ股広げてくれ」
シンジは言う続く

285
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 09:04:34  ID:3j7HTufc0.n(55)
「じゃあ制服脱ぐから待ってて」
聖子は制服を脱ぎ捨てる続く

286
リュカ[]   投稿日:2016/10/29 09:06:16  ID:3j7HTufc0.n(55)
すると聖子の真っ白い肌が現れる続く

287
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:50:32  ID:rcixb0rV0.n(57)
「しないの?シンジ」
聖子は逝っちゃってる続く

288
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:51:17  ID:rcixb0rV0.n(57)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

289
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:51:49  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あーやっぱりやめやめ」
聖子は言う続く

290
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:52:29  ID:rcixb0rV0.n(57)
「テンポが遅いから疲れるよニース行こっ」聖子は言う続く

291
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:53:12  ID:rcixb0rV0.n(57)
「アメリアが話したいそうだ聖子先に行っててくれ」シンジは言う続く

292
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:53:49  ID:rcixb0rV0.n(57)
「どうしてもっと私に相談してくれなかったの?」
アメリアが言う続く

293
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:54:36  ID:rcixb0rV0.n(57)
「アイムソー…………………」
「アイムソーリーはだめだよ」アメリアは言う続く

294
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:55:18  ID:rcixb0rV0.n(57)
アイムソーリーは全責任を負うような事になる続く

295
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:55:57  ID:rcixb0rV0.n(57)
アメリアの好感度↑↑↑↑↑
やばい続く

296
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:56:53  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あなたばっかり背負わないでよ」
気弱のアメリアは言う続く

297
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:57:38  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あっすまん聖子が…………………」
道にトラップが仕掛けてあった続く

298
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:58:17  ID:rcixb0rV0.n(57)
{浮気しないの}
聖子からの反抗だった続く

299
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:59:02  ID:rcixb0rV0.n(57)
「なんだか凄く爆弾の気配がする」
聖子の元へ続く

300
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 14:59:52  ID:rcixb0rV0.n(57)
「ニースで何か食べようと思ったのに」
聖子がキレてる続く

301
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:00:35  ID:rcixb0rV0.n(57)
機嫌取り後レストラン
「どうしたの?」
聖子は言う続く

302
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:01:25  ID:rcixb0rV0.n(57)
話題を降る
聖子の事
「血液型はA型くすぐりで弱いのは脇腹」
聖子が言う続く

303
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:02:18  ID:rcixb0rV0.n(57)
話題
忍者について
「訊かないのそんな事」
教えてくれなかった続く

304
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:03:07  ID:rcixb0rV0.n(57)
アメリアについて
「好きな人がいるなら私に付き合わないの」聖子が言う続く

305
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:03:49  ID:rcixb0rV0.n(57)
がちゃ
あの女が来た
アメリアが来た続く

306
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:04:37  ID:rcixb0rV0.n(57)
「シンジさんどうして私を誘ってくれないの」
こんな時にアメリカ人バリバリのアメリア続く

307
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:05:35  ID:rcixb0rV0.n(57)
「さあ踊ろうよ」
アメリアは気弱のはずなのにレストランのど真ん中で踊り出しビートルズを歌い出す続く

308
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:06:24  ID:rcixb0rV0.n(57)
「アイアムアーラブユー」
なんか良く分からない歌を歌い踊るアメリア続く

309
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:07:42  ID:rcixb0rV0.n(57)
「シンチャオーーーーーーーシンジ一緒に食べようよ」
もう一人外国人が来た続く

310
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:08:17  ID:rcixb0rV0.n(57)
ベトナム人のヴァムだ続く

311
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:09:07  ID:rcixb0rV0.n(57)
「アロートイテンラーホアンヴァムニャン」
わざわざ出前取るヴァム続く

312
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:10:46  ID:rcixb0rV0.n(57)
「コン、カイナイ、ヴェトナム料理、コン、コンサオ」
ベトナム語で話している続く

313
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:12:09  ID:rcixb0rV0.n(57)
「私の知り合いに連絡したの今から料理持って来てくれるよ」
「私もだ、あーわたくし松浦聖子にございまする」聖子がどこかに連絡を取る続く

314
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:14:53  ID:rcixb0rV0.n(57)
「ハッローアイム、アメリア、ヘイロサンゼルス、フードショップ?イエス」アメリアも出前続く

315
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:16:08  ID:rcixb0rV0.n(57)
「アメリア私サイゴンやハノイの最上級料理頼んだよ」ヴァムは言う続く

316
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:16:52  ID:rcixb0rV0.n(57)
「ロサンゼルスの最高級ホテルに頼んだから」アメリアは言う続く

317
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:17:36  ID:rcixb0rV0.n(57)
「私なんか石松寿司だよ」
聖子は言う続く

318
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:19:56  ID:rcixb0rV0.n(57)
そして…………………………
「わおっグランデリーシャス」
周りのフランス人が驚いている続く

319
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:22:31  ID:rcixb0rV0.n(57)
「割り勘だよ?シンジ」
「たりめぇだろ!!!!!こんな料理三つ払えねぇよ」シンジは言う続く

320
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:24:41  ID:rcixb0rV0.n(57)
石松寿司
キャビア、マグロ大盛り
ざっと80000円
ヴェトナム料理
120000円
アメリカ料理
35000ドル
合わせると……………………続く

321
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:25:58  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あー美味しかった……………………」
「ミートュ」
「俺は寿命縮んだわ」シンジは言う続く

322
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:26:46  ID:rcixb0rV0.n(57)
「パリの夜景見に行くよシンジ」
「もうやだこいつら…………………」
聖子いくつ金あるんだ?続く

323
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:27:42  ID:rcixb0rV0.n(57)
夜景…………………………………
「ずっとこうしていたいね……………何だか私眠くなってきちゃった…………………」聖子は言う続く

324
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:28:31  ID:rcixb0rV0.n(57)
「すーすー」
聖子は寝息を立てて寝てる続く

325
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:30:47  ID:rcixb0rV0.n(57)
「聖子よしよし」
シンジは聖子を撫でる続く

326
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:31:46  ID:rcixb0rV0.n(57)
シンジも寝た……………………
翌日
「起きて寝ぼけないの」
飛行機が発着しちゃう続く

327
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:32:42  ID:rcixb0rV0.n(57)
「うわああああああああああ待ってくれーーーーーーーーーーーー」
京都行きの便に乗り遅れたがなんとか乗せてもらえた続く

328
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:33:42  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あっ見て手を振ってる人がいる………………………………見なかった事にしよう」
聖子は言う
ベトナム幽霊が手を振っていたのだ続く

329
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:34:55  ID:rcixb0rV0.n(57)
「フランスは楽しかった?またベトナムに来てね次は負けないよ」
飛行機内に影鬼がいてそう言い残した続く

330
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:35:45  ID:rcixb0rV0.n(57)
「ゾゾーーーーーーーーー………………」
次の駅京都
京都に到着続く

331
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:36:38  ID:rcixb0rV0.n(57)
京都奈良……………………………
「シンジどこ見に行く?」
聖子は言う続く

332
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:37:37  ID:rcixb0rV0.n(57)
選択肢
1食べ物屋
2街並みを見に行く
3聖子の裸
3を押す
「やっやだなもう」
聖子は言う続く

333
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:38:33  ID:rcixb0rV0.n(57)
「ちょっと…………………だけだよ?」
聖子は言う続く

334
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:39:30  ID:rcixb0rV0.n(57)
「聖子のお腹柔らかい」
「ふにゅふにゅうううううう」
聖子はセクハラされて気持ちよさそうだ続く

335
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:40:14  ID:rcixb0rV0.n(57)
「はあ京都って広いねぇ迷いそうだよ」
聖子は言う続く

336
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:40:50  ID:rcixb0rV0.n(57)
「あら?荘園に出ちゃったよ?」
聖子は言う続く

337
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:41:52  ID:rcixb0rV0.n(57)
「川を渡り過ぎたようだな…………聖子」
「きっもちいい」
聖子イベント発生
素っ裸で畑に寝転ぶ聖子続く

338
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:42:50  ID:rcixb0rV0.n(57)
素っ裸で寝転ぶ聖子など気にもせずに
近くを通る車が通り過ぎる続く

339
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:43:45  ID:rcixb0rV0.n(57)
「日焼け日焼け」
そうこうしてる内にホテルに戻る時間がきた続く

340
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:45:00  ID:rcixb0rV0.n(57)
ホテル
「あちゃーホテルの浴室のバルブが壊れてる聖子お湯貸してくれる?」シンジは言う続く

341
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:45:50  ID:rcixb0rV0.n(57)
「シンジーーーーーーーー頭使おうよー女湯借りればいいんだよー」聖子は言う続く


342
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:46:49  ID:rcixb0rV0.n(57)
「聖子の裸見ちゃうじゃないか」
「深く考えないの」
聖子が無理やりシンジを女湯に連れ込む続く

343
リュカ[]   投稿日:2016/11/04 15:47:53  ID:rcixb0rV0.n(57)
「シンジさんこんにちは」
「でもただ借りもいやらしいからシンジ私の全身石けんでこすってくれる?」
聖子は言う続く

344
リュカ[]   投稿日:2016/11/05 09:28:58  ID:qA8C2c1e0.n
「あうっそこおっぱいだよ」聖子は言う続く

345
リュカ[]   投稿日:2016/11/06 00:23:12  ID:kF05cqqn0.n(2)
「聖子の胸って饅頭みたい」
シンジは言う続く

346
リュカ[]   投稿日:2016/11/06 00:23:43  ID:kF05cqqn0.n(2)
「ありがとね」
聖子は言う続く

347
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:28:27  ID:xcvDFCj+011(19)
「いいよ聖子の胸が揉めるだけで」
シンジは言う続く

348
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:34:26  ID:xcvDFCj+011(19)
「隙有り」聖子はシンジをくすぐる続く

349
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:35:17  ID:xcvDFCj+011(19)
「裸くすぐりだーーーーーーーーー」
聖子は言う続く

350
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:36:38  ID:xcvDFCj+011(19)
「ぎゃあああははははははははははは」
「気絶しないでね?」聖子は言う続く

351
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:38:07  ID:xcvDFCj+011(19)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

352
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:38:42  ID:xcvDFCj+011(19)
「あっほんとだあはは」
聖子は言う続く

353
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:41:10  ID:xcvDFCj+011(19)
「くすぐり返し」
「やったなー」
「二人共次が詰まってるんでラブなら自室でお願い」先生が言う続く

354
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:41:56  ID:xcvDFCj+011(19)
ホテルの自室
「お酒呑む?シンジ」
浴衣着て寛ぐ聖子続く

355
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:43:01  ID:xcvDFCj+011(19)
「んっ?シンジ下でヴァムが騒いでるよ?」
「せっかくの二人きりだろ?キスしようぜ」シンジは言う続く

356
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:43:33  ID:xcvDFCj+011(19)
「だめだってばもうヴァム!!!!」
アメリアは言う続く

357
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:44:16  ID:xcvDFCj+011(19)
「フォーがないビクチーフォーがない」
ヴァムは言う続く

358
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:44:49  ID:xcvDFCj+011(19)
「落ち着いてってばここは日本なんだから」アメリアは言う続く

359
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:45:35  ID:xcvDFCj+011(19)
シンジ自室
「聖子…………………愛してるよ」
シンジは言う続く

360
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:46:19  ID:xcvDFCj+011(19)
「私も……………………………」
ドロン
聖子は姿を消したまた忍術である続く

361
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:47:01  ID:xcvDFCj+011(19)
「おーいシンジ!!!!!!!!」
ヴァムが来た続く

362
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:47:52  ID:xcvDFCj+011(19)
「私の事嫌い?」ヴァムは言う続く

363
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:48:30  ID:xcvDFCj+011(19)
「聖子は今散歩中みたいで………………」
シンジは言う続く

364
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:49:06  ID:xcvDFCj+011(19)
「屋形船乗りたいな」
ヴァムは言う続く

365
リュカ[]   投稿日:2016/11/11 11:50:02  ID:xcvDFCj+011(19)
「そうだラブマスター2最大のミステリーポイント、国道66号線行かない?」ヴァムは言う続く

366
リュカ[]   投稿日:2016/11/27 08:32:34  ID:lVOO6am+0.n(2)
「あそこ?」
シンジは言う続く

367
リュカ[]   投稿日:2016/11/27 08:33:51  ID:lVOO6am+0.n(2)
謎が多いミステリースポットで
そこだけは一切の情報がない
いきなり踏切の音がするなど意味不明な場所でもある続く

368
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:23:32  ID:OMaymo8h0.n(15)
「私行くよ」
聖子は言う続く

369
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:25:52  ID:OMaymo8h0.n(15)
「その前に神経衰弱しよう負けたら裸にされてくすぐられる」ヴァムは言う続く

370
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:27:45  ID:OMaymo8h0.n(15)
「よーし私負けないよ!!!!!!!!!」
しかし
「あーーーーーーーーーー」
聖子は負けた続く

371
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:31:27  ID:OMaymo8h0.n(15)
「聖子にはこれ」
「えっ?それって」
「我慢出来ない棒」
ヴァムは言う続く

372
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:32:29  ID:OMaymo8h0.n(15)
「お願いこれほどいてお願い」
「聖子ちゃん大人しくしましょうね」
棒が聖子のお腹に触れる続く

373
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:35:48  ID:OMaymo8h0.n(15)
「ひっきゃあああはははははははははははは!!!!!!!!!!!!」
聖子の笑い声は凄まじい続く

374
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:36:27  ID:OMaymo8h0.n(15)
聖子はパンツ一丁に縛られてるのがまた悲壮感を漂わせる続く

375
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:43:18  ID:OMaymo8h0.n(15)
「聖子ちゃん脇閉じましょうね」
ヴァムは言う続く

376
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:43:55  ID:OMaymo8h0.n(15)
「シンジーーーーーーーーーーー」
聖子は言う続く

377
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:44:29  ID:OMaymo8h0.n(15)
「足裏はやめてね」
聖子は言う続く

378
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:48:22  ID:OMaymo8h0.n(15)
「足裏は希望だ」
「いいいいいいいいいやああああああああああ」笑う聖子続く

379
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:48:53  ID:OMaymo8h0.n(15)
シンジは突然昔の事を思い出した続く

380
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:49:40  ID:OMaymo8h0.n(15)
田村南という女の子がいたのを思い出したのだ続く

381
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:50:18  ID:OMaymo8h0.n(15)
「南は今頃どうしてるかな」
シンジは思う続く

382
リュカ[]   投稿日:2016/11/28 22:52:12  ID:OMaymo8h0.n(15)
回想
公園続く

383
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:06:22  ID:LSByc3RC0.n(112)
「あー私の砂山崩しただろう」
田村南は言う続く

384
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:06:55  ID:LSByc3RC0.n(112)
「崩してないってば」
シンジは言う続く

385
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:07:33  ID:LSByc3RC0.n(112)
「じゃあ指切り」
指切り要求された続く

386
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:08:15  ID:LSByc3RC0.n(112)
「うん……………………………」
それなりに南とも仲良くなった頃聖子が来た続く

387
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:09:15  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ずっとあなたの家の隣の家にいたのに気付かなかった私は松浦聖子」聖子は言う続く

388
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:09:55  ID:LSByc3RC0.n(112)
「シンジだ…………………………」
「何照れてるの?」
聖子は言う続く

389
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:10:40  ID:LSByc3RC0.n(112)
「しばらく会えなくなるんだよねシンジ…………………………」南が泣いてる続く

390
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:11:22  ID:LSByc3RC0.n(112)
「引っ越すんだってシンジ泣かないの南」
聖子は言う続く

391
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:12:06  ID:LSByc3RC0.n(112)
「うわあああああああああああん」
引っ越し当日
「南……………………………………くっ」
回想終わり続く

392
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:13:04  ID:LSByc3RC0.n(112)
「明日学校に教育実習生が来るみんな静かにするように」
先生は言う続く

393
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:13:53  ID:LSByc3RC0.n(112)
「なんだ?この嫌な予感は…………………」
「まっさかね」
聖子とシンジは悪寒を覚えた続く

394
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:14:39  ID:LSByc3RC0.n(112)
89号線の話しは番外編でやるから飛ばす事にして……………………………………
帰宅続く

395
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:15:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
「実習生は田村とか言ってた…………偶然だよな」シンジは言う続く

396
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:17:02  ID:LSByc3RC0.n(112)
「そしてあの金髪でバイク乗った女が実習生でXXXの訳ないよな」シンジは言う続く

397
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:17:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はい……………………田村ですはい」
その女は田村と言った続く

398
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:18:38  ID:LSByc3RC0.n(112)
聖子に電話した後
二人でベンチに座り話し合う事に続く

399
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:19:33  ID:LSByc3RC0.n(112)
「まっさか実習生って……………………」
「違うだろ………………………多分」
嫌な予感を拭い切れないまま翌日学校に続く

400
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:20:31  ID:LSByc3RC0.n(112)
学校
「えー今日転入してきた実習生の田村南先生だ」担任が言う続く

401
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:21:24  ID:LSByc3RC0.n(112)
「えー今日この学校を勤める事になった田村南です………………………………」
田村は言う続く

402
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:22:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
「(やっば聖子田村南だったよ……………)」
「(うっそこんなタイミングで帰ってきたの?)」聖子は言う続く

403
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:23:36  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ではルートAマイナスは?」
「えーと」
聖子が当てられた続く

404
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:24:15  ID:LSByc3RC0.n(112)
「聖子まさか南のやつあんなに美人になるなんて」シンジは言う続く

405
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:25:12  ID:LSByc3RC0.n(112)
「これからが修羅場だよあいつ絶対爆弾つけまくるから私に電話かけてチェックした方がいいよ」聖子は言う続く

406
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:26:12  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ああ………………………………」
休み時間
「シンジ君ちょっといいかしら」
聖子とシンジの席に座る南続く

407
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:26:52  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はっはい田村先生」
「南でもいいのよ?」
南は言う続く

408
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:27:29  ID:LSByc3RC0.n(112)
「シッシンジ学食行こうよもうお昼だし」
聖子は言う続く

409
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:28:22  ID:LSByc3RC0.n(112)
学食
「あーびっくりしたまさか南が帰って来るなんて……………………………………」
聖子は言う続く

410
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:29:25  ID:LSByc3RC0.n(112)
「これからが大変だぞ……………………」
なんだかんだで下校
南がいた
呼び名変えよう
南にしよう続く

411
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:30:05  ID:LSByc3RC0.n(112)
「南!!!!!!!!!!!」
「なあに?シンジ君」南は言う続く

412
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:31:08  ID:LSByc3RC0.n(112)
「南俺と一緒に帰らない?」
「だめよ私忙しいの」南は言う続く

413
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:31:44  ID:LSByc3RC0.n(112)
「帰ろっかシンジ」
手繋ぎイベント発生続く

414
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:32:32  ID:LSByc3RC0.n(112)
「今日は送ってくれてありがとう………そのもうちょっといたいから夜まで喫茶店にいない?」聖子の好感度MAX続く

415
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:33:17  ID:LSByc3RC0.n(112)
喫茶ハイボール
「やっぱり夜はお酒だよね」
聖子は言う続く

416
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:34:10  ID:LSByc3RC0.n(112)
「眠くなっちゃった………………………」
「シンジはいい子だ」
聖子の膝枕を借りるシンジ続く

417
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:34:58  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ありがとねシンジ」
ときめいた顔で聖子は言う続く

418
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:35:41  ID:LSByc3RC0.n(112)
「また」
翌日
南とデートをする約束をした続く

419
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:37:19  ID:LSByc3RC0.n(112)
ちなみにショッピング街
「待ったかしら」南は言う続く

420
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:37:58  ID:LSByc3RC0.n(112)
南のイベント発生(しかもこれやると好感度上がる)続く

421
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:38:57  ID:LSByc3RC0.n(112)
「懐かしいな昔これ欲しくてあなたにねだったっけ」南は言う続く

422
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:39:27  ID:LSByc3RC0.n(112)
「アクセサリーか」
回想入る続く

423
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:40:00  ID:LSByc3RC0.n(112)
「これほしいよー」南は言う続く

424
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:40:50  ID:LSByc3RC0.n(112)
「だめっゲーム買うの」
「シンジの馬鹿!!!!!!!!!」
南は言う続く

425
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:41:51  ID:LSByc3RC0.n(112)
「うっうっ……………………」
「ほら買ってあげたぞ」
シンジは言う続く

426
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:42:25  ID:LSByc3RC0.n(112)
「わあ熊さんだ」南は言う続く

427
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:43:37  ID:LSByc3RC0.n(112)
が…………………………………
「わあい」聖子が来た続く

428
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:44:27  ID:LSByc3RC0.n(112)
「……………………聖子だ………………」
「シンジ?何赤くなってるの?その子好きなの?」南は言う続く

429
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:45:24  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ふうんまあいいやもう私帰るね」
そして聖子と二人きり
「聖子お前の事がすすすすすすすすすす」
「連呼しないの」
ペチン続く

430
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:46:14  ID:LSByc3RC0.n(112)
「やっぱ聖子の事が忘れられない……………」
花屋戦意の星で花買った続く

431
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:46:49  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ダリア?アマリリスがよかった」
聖子は言う続く

432
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:47:52  ID:LSByc3RC0.n(112)
「高かったんだぞ………………………」
「お花ありがとね…………………」聖子は言う続く

433
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:48:30  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ねぇシンジ、戦意の星のCM流れてるよ」聖子は言う続く

434
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:49:29  ID:LSByc3RC0.n(112)
{ますます楽しい戦意の星、ユイアートー}
街頭テレビが言う続く

435
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:50:27  ID:LSByc3RC0.n(112)
「今度のクリスマス戦意の星買ってもらうんだ」聖子は言う続く

436
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:51:10  ID:LSByc3RC0.n(112)
「俺はエナ武勇伝買うよ」
シンジは言う続く

437
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:52:00  ID:LSByc3RC0.n(112)
「戦意の星はみんな持ってるんだよ」
聖子は言う続く

438
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:53:07  ID:LSByc3RC0.n(112)
「戦意の星買ったら対戦しない?」
聖子は言う続く

439
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:53:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
回想終わる続く

440
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:54:50  ID:LSByc3RC0.n(112)
シャクラ•ブロッサムの人形がある続く

441
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:55:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
「んっ?それチェリー•ブロッサムのキャラだろ?」シンジは言う続く

442
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:56:17  ID:LSByc3RC0.n(112)
「女の子に人気なんだって」
「アマネリアちゃん人形は?」
「どっちにしようかしら」
南は言う続く

443
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:57:13  ID:LSByc3RC0.n(112)
選択肢
1シャクラ•ブロッサム人形がいい
2アマネリア人形がいい
3聖子人形
3を押す続く

444
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:57:59  ID:LSByc3RC0.n(112)
「いくら同社だからってそれはここなんだからだめ」
悪い印象を与えたようだ続く

445
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:58:48  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ユイアートでもよる?」南は言う続く

446
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 22:59:21  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ユイアートデジタルエンターテイメントか」シンジは言う続く

447
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:00:03  ID:LSByc3RC0.n(112)
ユイアート社の入ってるビルに入るシンジ続く

448
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:00:50  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ここはチェリー•ブロッサム開発グループあっちは戦意の星」南は言う続く

449
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:01:47  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はいっ君達どいてラブマスター2に戻って私達これからエナ武勇伝作るんだから」
スタッフが言う続く

450
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:02:52  ID:LSByc3RC0.n(112)
「今回のエナ武勇伝は徹夜までかかるはいどいた」スタッフが言う続く

451
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:03:54  ID:LSByc3RC0.n(112)
「メナリスは…………………」
「おーい戦意の星開発を手伝ってくれ」
忙しそうだ続く

452
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:04:54  ID:LSByc3RC0.n(112)
「チェリー•ブロッサムマスターアップ終わったぞ」
まだやってる続く

453
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:05:53  ID:LSByc3RC0.n(112)
「帰ろうか」
「そうしてくれお前らラブマスター2の仕事あるだろ」追い出された続く

454
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:06:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
「今日はとっても楽しかったわありがとう」南は言う続く

455
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:07:13  ID:LSByc3RC0.n(112)
翌日
聖子とデート続く


456
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:07:53  ID:LSByc3RC0.n(112)
同じくショッピング街
「待った?」聖子は言う続く

457
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:08:46  ID:LSByc3RC0.n(112)
「聖子その服」
「ああこれ?戦意の星のアマネリアの服だよ」聖子は言う続く

458
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:09:29  ID:LSByc3RC0.n(112)
「良く売ってたなそれ」
「細かい事気にしないの」
聖子は言う続く

459
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:10:37  ID:LSByc3RC0.n(112)
「どこ行く?」
1洋服店
2小物店
3ジャンク屋
2を押す続く

460
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:11:35  ID:LSByc3RC0.n(112)
「わあっこれほしい」
選択肢
1このドクロ?
2このコアラ
3聖子がほしい
3を押す続く

461
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:12:12  ID:LSByc3RC0.n(112)
「まだ卒業してないの」
悪い印象を与えたようだ続く

462
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:12:54  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ねぇまだ時間あるからどっか寄っていかない?」
モスバーガーを選択続く

463
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:13:52  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はいお口あーん」聖子は言う続く

464
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:14:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はい私のよだれ付きだよーーーーーー」
聖子のよだれ追加続く

465
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:15:10  ID:LSByc3RC0.n(112)
「はいこの巨大バーガーあげる」
聖子は言う続く

466
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:15:51  ID:LSByc3RC0.n(112)
「うあっこれ何の骨かった」
「何の骨でしょう?んふふふふふふふ」
聖子は言う続く

467
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:16:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
調べたところアンモナイトの骨だったとか続く

468
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:17:14  ID:LSByc3RC0.n(112)
「古代の味だよね」
「あははははは」
シンジは恐怖を覚えた続く

469
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:17:55  ID:LSByc3RC0.n(112)
「あっテレビにエイトバトラーズクロスが映ってる」聖子は言う続く

470
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:18:50  ID:LSByc3RC0.n(112)
「エイトバトラーズクロス闘技場!!!!!!」シンジは言う続く

471
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:19:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
「アマネリア二人をどう倒すって言うの?」
難易度は最高難易度HELLでやってる続く

472
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:20:39  ID:LSByc3RC0.n(112)
「あっだめだバトラーがやられてる………………………………これやってる人ゲームのプロなのに」聖子は言う続く

473
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:21:26  ID:LSByc3RC0.n(112)
「だめだよHELLでやったらあれは難し過ぎるよ」聖子は言う続く

474
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:22:34  ID:LSByc3RC0.n(112)
ウォータークライと天楼真駆を両方出されて逃げ場がない続く

475
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:24:15  ID:LSByc3RC0.n(112)
結局負けた続く

476
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:28:28  ID:LSByc3RC0.n(112)
「さてと帰ろっかシンジ」
聖子は言う続く

477
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:29:07  ID:LSByc3RC0.n(112)
「歩道橋歩こっか」
聖子は言う続く

478
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:29:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
「時々ね私考えちゃうんだ…………………」
聖子は言う続く

479
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:30:26  ID:LSByc3RC0.n(112)
「何を?」
「卒業した後の好きな人の事」
聖子は言う続く

480
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:31:37  ID:LSByc3RC0.n(112)
「そうなんだ」
「だからうちに来てシンジ沢山色んな思いいをしたいの」
選択肢
1当たり前だろ?
2それは出来ない
実は1が外れ続く

481
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:32:09  ID:LSByc3RC0.n(112)
バッドエンド行く訳じゃないから2を押す続く

482
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:33:03  ID:LSByc3RC0.n(112)
「だめだまだ早すぎる!!!!!!!まだやるべき時じゃない」シンジは言う続く

483
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:33:56  ID:LSByc3RC0.n(112)
「馬鹿っ!!!!!!!!!!なんでそういう事言うんだよこんなに愛してるのに」
「愛してるからこそ言うんだ」
喧嘩続く

484
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:34:42  ID:LSByc3RC0.n(112)
「なんで…………………なんでなんだよぉ!!!!!!!!あんなにいっぱいデートもしたのに」聖子は大泣きする続く

485
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:35:46  ID:LSByc3RC0.n(112)
「まだだまだやるんじゃない………………」
「ううっうううわああああああああああああああ」
聖子は大泣きした続く

486
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:36:35  ID:LSByc3RC0.n(112)
それはとても寒い冬の事だった続く

487
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:37:46  ID:LSByc3RC0.n(112)
聖子は張り裂けるような大声で泣き喚き続けた続く

488
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:38:24  ID:LSByc3RC0.n(112)
「それは卒業まで取っておくんだ」
シンジは言う続く

489
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:39:37  ID:LSByc3RC0.n(112)
「私の事好き?」
聖子は言う続く

490
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:40:29  ID:LSByc3RC0.n(112)
「当たり前だろ?」
「本当だよね」聖子は言う続く

491
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:42:18  ID:LSByc3RC0.n(112)
「嘘じゃないよ」
「本当?嘘ついてる子はこうだ
」聖子はシンジをくすぐる続く

492
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:43:05  ID:LSByc3RC0.n(112)
「悪いけどギャグやってる時じゃないからじゃれても仕方ない」
くすぐりが効いてない続く

493
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:43:49  ID:LSByc3RC0.n(112)
「そうだよね…………………ねぇ本当に嘘ついてないよね?」聖子は言う続く


494
リュカ[]   投稿日:2016/12/02 23:52:41  ID:LSByc3RC0.n(112)
「ああお前は充分本心を言ってくれてる」
シンジは言う続く

495
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:02:49  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「この馬鹿勇気ってのはねこうやるもんだよ」
聖子は歩道橋から飛び降りた続く

496
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:03:49  ID:g2WBtlXm0.n(11)
ぐちゃっ
聖子が潰れた…………………………
「聖子……………………………馬鹿なやつだ飛び込むなんて…………………………」
「驚いた?シンジ」聖子が言う続く

497
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:04:48  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「演技でもない冗談やめろ」
「ほら笑った笑った」
聖子はシンジをくすぐる続く

498
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:05:56  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「ぎゃはははははは!!!!!!!!!!!!!脇はだめ」
「思いっきり苦しまなきゃもったいないよ」聖子は言う続く

499
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:07:04  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「この馬鹿」
シンジは大笑いする続く

500
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:07:56  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「ここかな?」
「ぎゃああああっはっはっ!!!!!!!」断末魔の笑い声が聞こえた日だった続く

501
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:08:39  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「たーべちゃおっかなぁ」
聖子ははしゃいでいる続く

502
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:09:19  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「やめて聖子」
二人のじゃれあいは終わった続く

503
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:10:15  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「何だか今日はすっごく遊んだよ………………………………………とても楽しかったありがとね」
聖子は帰って行った続く

504
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:10:55  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「明日特別休暇か……………………」
シンジは言う続く

505
リュカ[]   投稿日:2016/12/03 00:11:44  ID:g2WBtlXm0.n(11)
「シンジ?明日遊園地行かない?」
聖子が連絡してきた続く

506
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 16:53:08  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「いいけど何があったの?」
「何でもいいの」
聖子はときめいている続く

507
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 16:54:17  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「まさかデッドデー目当てじゃ……………」
「うん死者が本当に出るアトラクション」聖子は言う続く

508
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 16:56:19  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「確か人殺せるのとかなかったか?あれ」
「あるよデッドデーだけは殺してもいいんだよ」聖子は言う続く

509
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 16:57:35  ID:2aHH9zhW0.n(51)
何かの力の人口削減人減らしか何かなのか
ラブマスター2にはこういう日がある続く

510
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 16:59:02  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「ああ死体が沢山落ちてるから」
「……………………………」
遊園地
「もう死んでるねお客さん」
聖子は言う続く

511
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:00:08  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「デッドデーに行く?」
ちなみに運動パラメータが180以上ないと本当にストレスが999になる続く

512
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:01:03  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「デッドコースターだなになに?
90%の確率で死にます本当に」
書いてある続く

513
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:02:30  ID:2aHH9zhW0.n(51)
デッドデー選択
どれがいい?
1デッドコースター
2ヒューマンオンシューター
3床叩きつけ観覧車
3を押す続く

514
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:03:36  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「死んだらごめん」
観覧車に乗る
からんからん
すとーん
なんと観覧車が床に落ちる仕組みだ続く

515
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:04:32  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「うぶっ…………………私体が丈夫で助かった…………………………うぐっ」
聖子は思い切り頭ぶつけたが無事だ続く

516
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:05:19  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「ああっぶな天使が見えなかったら死んでた」シンジは言う続く

517
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:06:31  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「ヒューマンオンシューター」
人間が並んでる
「シンジ、君は大丈夫だよあれに並べさせられるのは脇役だけだから」聖子は言う続く

518
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:07:34  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「本物の人間だろうあれ?」
「デッドデーに選ばれた人達だよ撃っていいよなくならないから」
聖子は言う続く

519
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:08:22  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「怯えてる人撃つと高得点だよ」
「よしっ胸当たった」
シンジは言う続く

520
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:09:31  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「やった!!!!!!!高得点」
終わったが
「うぷっ本物の人間撃つんだから気持ち悪い」
「ちゃんとやってよねもう」
聖子は言う続く

521
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:10:38  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あーあもう夕方デッドデー終わっちった」
「よかった生き残れたよ」
ヒューマンオンシュートの対象にされた人間が言う続く

522
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:11:44  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「デッドデーで意識ない人は生きてても死んでても構わず焼くから見て行く?」
聖子は言う続く

523
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:12:39  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「つあちちちちちちちちちちちち!!!!!!!!」
「綺麗燃えてる」
人間が生きたまま燃えて行く続く

524
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:14:18  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「シンジもせっかくなんだから見て行こうよ」
「ああ……………………………………」
終わった
「おえっぷデッドデーってのは……………」
「知らない方がいいよ世の中には知らない方がいい仕組みもあるんだよ」聖子は言う続く

525
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:15:41  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「聖子はそことグルなのか?」
「まあね忍者には恐ろしい裏もあるって事嫌なら別れるよ?」聖子は言う続く

526
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:16:54  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「なら別れる」
「ラブマスター2終わるよ?」
「そうだった」
やっぱり続ける続く

527
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:17:47  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「別れたって仕方ないだろうが……………」
「本当にそう思ってる?」
聖子は言う続く

528
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:18:47  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「どんな局面に遭遇しても聖子が好きだ」
「今日みたいな恐ろしいの見ても?」
聖子は言う続く

529
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:19:42  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「ええい構わない……………………」
ばしっ
「人間の原型無くさないの」
聖子は言う続く

530
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:20:41  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「それでも好きなのが男だろうが何故殴る聖子にも殴られた事なかったのに」
「ボケないの」聖子は言う続く

531
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:21:59  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「とにかく…………………………少しは遠慮してよ………………………………馬鹿」
「馬鹿じゃないさ……………………………」
「シンジ、少しデートやめにしよっ?考える時間がほしい」聖子は言う続く

532
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:23:02  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「ふんそうしてくれよ今日の聖子は何か変だ」
「変だよデッドデーだもん気付かない方がばっかじゃないの」聖子は言う続く

533
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:24:24  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「聖子結構言うなお前」
「デッドデーが嫌なら来なくてもよかったのに私はこういうキャラ分かった?」聖子は言う続く

534
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:25:12  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「分かんないやつだな………………」
ばしいばしいばしいばしい(エコー)
シンジは聖子に平手打ちかました続く

535
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:26:27  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「なんだよ!!!!!!!!!!デッドデー好きな私見て平然と好きなんて言っちゃってこういう場合敬遠して引くのが普通だろも」聖子は言う続く

536
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:27:34  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「聖子の趣味だろ?それが」
「分かってるの!?!?命奪うアトラクションやって喜んだんだよ?さあ殴れよさあ」聖子は言う続く

537
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:28:54  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「うるさいやつだな…………………気になんかしてないと言うのに………………」
「デートやめっ!!!!!!!帰る!!!!!!!!!!!!」
聖子はデート中断続く

538
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:30:27  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あーあ………………………これでもう聖子との仲もおしまいか………………………」
「少年そういう事もあるさ人生…………………………………………デッドデーではカップルが必ずと言ってそういうトラブルを起こすものだ」
美形なお兄さんが言う続く

539
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:31:32  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あんたは?」
「本編に関係ないから言わないが俺も彼女ともめてな」美形男は言う続く

540
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:35:07  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あんたもか…………………………………」
「お前は落ち着き過ぎていたんだ……………それで彼女が…………………美形男は言う続く

541
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:35:50  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「俺は聖子を追うよ」
シンジは言う続く

542
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:36:52  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「難しいぞよりを戻すのは………………」
「それでも行くさ」
聖子を見つけた
「馬鹿…………………………………追って来るなよ」聖子は言う続く

543
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:38:22  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「彼氏だよだから………………………ほっとく訳には行かなくて…………………」
「まだ私を諦めない気なの?」
「ああ勿論だ」
「うう……………………うううううあああああああああああああ」聖子は泣く続く

544
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:39:18  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「笑えば可愛いよ聖子」
「笑わせようとしないの!!!!!!!!!ほら脇触らない」
聖子は言う続く

545
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:40:09  ID:2aHH9zhW0.n(51)
更にあの女が来た
「田村………………………………南…………………………」シンジ絶望続く

546
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:41:11  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あら………………………あなたそんな仲だったんだ………………………ふうん先生と話ししよっか」
南が爆弾状態続く

547
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:42:24  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「聖子とはそういう仲だ否定出来ない」
「幼少期の約束嘘だったのねシンジ君ひっどーい」南は言う続く

548
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:43:42  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あれは子供の頃だぞ?六歳か七歳くらいの時の」
「女の子に軽々しく言うもんじゃないのよ結婚するなんてね…………………………」南は言う続く

549
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:44:44  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「聖子とはこれからもやって行くつもりだ例えお前が何をしても………………………」
「その勇気は認めるわでも………………」南は言う続く

550
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:45:35  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「あなたの本心バトルで聞かせてもらうわよ」バトルに突入続く

551
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:46:09  ID:2aHH9zhW0.n(51)
ファイナルファンタジー方式の戦闘続く

552
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:47:05  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「必殺始技炸裂」南の必殺技発動続く

553
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:48:20  ID:2aHH9zhW0.n(51)
※この闘いは強制的に絶対主人公が負けるようになってる(例え勝てるように鍛えててもダメージが通らなくなり勝てないようになる)続く

554
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:49:50  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「それで聖子を取り戻そうと?馬鹿ねこれからもデートしましょう卒業式でまたバトルするからその時あなたが負けたら聖子は諦めるいいわね」南は言う続く

555
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:52:24  ID:2aHH9zhW0.n(51)
「シンジ……………………帰るよ?」
帰宅続く

556
リュカ[]   投稿日:2016/12/05 17:53:13  ID:2aHH9zhW0.n(51)
シンジ宅
「シンジ?入るよ」
聖子が入って来て続く

557
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:26:32  ID:hKgNzTLh0.n(39)
聖子は素っ裸だった

558
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:26:54  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「シンジの目可愛い」
聖子はそうに言う

559
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:27:25  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「んっ?シンジこれ?」
聖子の頭になにかついてる

560
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:27:59  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「妖精帽子だよ」
聖子は言う

561
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:28:22  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「えっ?似合わない?失礼だなもう」
聖子は言う

562
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:29:22  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「ぶっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
シンジは鼻血吹いた
聖子の腹部露出服見たからだ

563
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:29:52  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「えへへーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
聖子は言う

564
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:30:20  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「じゃれるなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
結局聖子は何のために来たのか不明だった

565
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:31:05  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「聖子可愛かったなぁ」
シンジは言う

566
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:31:48  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「通販で買ったけど妖精帽子って恋に効果あるの本当なんだ」
聖子は言う

567
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:32:11  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「んっ?」
聖子は言う

568
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:32:40  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「次はたぬきのしっぽ行ってみよう」
聖子は言う

569
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:33:06  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「シンジ」
聖子がたぬきしっぽつけて訪ねてきた

570
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:33:24  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「わっ可愛い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
シンジは言う

571
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:33:55  ID:hKgNzTLh0.n(39)
べしっ
「はい照れない」
聖子は言う

572
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:34:27  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「だって可愛いんだもの」
「人を動物みたいに言わないの」
聖子は言う

573
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:34:57  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「一歩間違えば小動物だよお前は」
シンジは言う

574
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:35:38  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「じゃ、今からイタチになるね」
聖子は言う

575
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:36:17  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「どっからそんなでっかいカエルがいるんだ」
「ガマだよ」
聖子は言う

576
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:37:01  ID:hKgNzTLh0.n(39)
聖子はガマに乗る

577
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:37:23  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「踏み潰してあげるね」
聖子は言う

578
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:37:45  ID:hKgNzTLh0.n(39)
うぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シンジ悶絶

579
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:38:07  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「くすぐっちゃおうかな」
聖子は言う

580
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:38:34  ID:hKgNzTLh0.n(39)
プッちゅ
聖子はシンジにキスをする

581
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:43:04  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「おへそくっつけちゃお」
聖子はそうに言うと寝てしまう

582
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:43:35  ID:hKgNzTLh0.n(39)
翌日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「聖子起きろ学校だぞ」
シンジは言う

583
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:44:12  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「まだ夜中の3時だよ?」
「それでも学校に遅れるこれ以上寝ると」
シンジは言う

584
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:44:44  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「要するに私とデートしたいんだね?そういえばいいのに」
聖子は言う

585
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:45:12  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「せっせっせっ聖子のことが」
「ほら行くよ」
夜中のデート

586
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:45:42  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「つまずくから蝋燭つけてて」
聖子は言う

587
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:46:09  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「聖子のおしり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「はいっセクハラ終わり」
聖子は避けた

588
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:46:57  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「なんでわかったんだ?」
「どうせ後ろにいるからそうだろうと思っただけだよ図星か」
聖子は言う

589
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:47:51  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「いつも触られてると触るタイミングわかるんだよ」
聖子は言う

590
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:48:28  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「ごめん聖子お前の体ばかり」
「ダメとは言ってないよ触りたければ触りなよいくらでもあるから」
聖子は言う

591
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:49:07  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「別にいいよ聖子」
「だめっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
セクハラ強制された

592
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:49:29  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「あーあもう朝だよバカシンジ」
聖子は言う

593
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:49:59  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「少し遅れて登校しようか」
聖子は言う

594
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:50:51  ID:hKgNzTLh0.n(39)
学校
「松浦と0000(主人公の苗字)は欠席」
先生が言う

595
リュカ[]   投稿日:2016/12/10 00:51:45  ID:hKgNzTLh0.n(39)
「そういえば今日は催しあるのに」
「うん」
学生は言う

596
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:06:30  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
聖子はお尻に何かの尻尾をつけている続く

597
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:07:02  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「これ?」
聖子がお尻につけてる尻尾について言う続く

598
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:07:33  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「タヌキの尻尾だよ」
聖子は言う続く

599
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:08:13  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「違うだろ明らかに…………………それ………………………………」
「ばれた?えへへー」聖子は言う続く

600
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:08:45  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「本当は悪魔の尻尾なの」
聖子は言う続く

601
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:10:02  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「そんなのつけて大丈夫なのか?」
「結構可愛いよほらほら」
聖子は悪魔の尻尾を振り回す続く

602
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:10:53  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子ってなんか凄いな…………………意外と似合ってて可愛いのが怖いが……………………………………」シンジは言う続く

603
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:11:54  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「シンジも付けてみる?」
きゅぽシンジは付けてみた
しかし
「だめだダークネスな何かが強くてとても付けていられない」シンジは言う続く

604
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:13:02  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「そう可愛いのに………………………」
そのまま登校した聖子
「見て見てこれ悪魔の尻尾」
聖子は言う続く

605
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:14:04  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「うわっ可愛い聖子が付けると悪魔の尻尾凄く似合う」
同級生が言う続く

606
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:15:00  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「くるりんぱ、この尻尾動くんだよほらほら」聖子は悪魔の尻尾を振り回す続く

607
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:15:44  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子すごーい!!!!!!!!!」
聖子は裸になってくるりんぱする続く

608
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:16:25  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子がそれ付けると凄く似合う」
シンジが言う続く

609
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:17:11  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「まだあるから少しあげよっか?」
聖子は悪魔の尻尾をまだまだ持ってる続く

610
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:18:29  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「本当はそれ持ってるだけでやばいもんじゃないのか?」シンジは言う続く

611
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:19:35  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「やだすねてる可愛い………………………我慢しないでほしかったらほしいと言えばいいの」
無理やり悪魔の尻尾渡された続く

612
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:21:07  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「またほしかったらあげるよ」
「どこで………………………やめとこう訊いたらやばそうだ(まさか本当に)」シンジは言う続く

613
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:22:08  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「もらってくれたから教えてあげるあれは参加すればもらえるよ」聖子は言う続く

614
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:22:46  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「何に?」
「なんだろうねあはははははは」
聖子は言う続く

615
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:23:34  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「まさか聖子サ…………………………」
「当たり!!!!!!!!!!」
聖子は言う続く

616
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:24:21  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「はいこの骸骨あげるほら授業始まったよシンジ」聖子は言う続く

617
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:26:12  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「なんだこの骸骨あっ紙がついてる」
{もとしょうがっこういちねんせいのおんなのこのほね}
「ゾゾーーーーーーーっ」
シンジは戦慄した続く

618
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:27:54  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「あーこの問題分からない………………あれ?答えが脳に浮かんで来る」
シンジはテストの答えをすらすらと解く続く

619
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:29:54  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
休み時間
「シンジ問題すんなり解けたでしょ?だってシンジの真後ろにいたもん」
聖子が言う続く

620
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:30:46  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「何が……………………………?」
「尻尾の持ち主がだよ」
聖子は言う続く

621
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:31:31  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「お代は熱湯ね絶対逃げられないから覚悟しといてね」
聖子は言う続く

622
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:32:56  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「覚悟しといてね」
その夜
「誰だ」
何かの影がシンジを襲う続く

623
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:34:54  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
???
「シンジ来たね熱湯を受ければ代償は終わりだよ」
「でも…………………………………熱湯というよりマグマじゃね?それ」
シンジの前にマグマがある続く

624
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:35:52  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「さっ寝た寝た」
聖子はシンジを台に寝かせ
素っ裸にして両手両足お腹まで固定する続く

625
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:40:17  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「やっやだやめて………………………ぎいああああああああああ……………………」
シンジは熱湯をかけられた後自宅に気がついたらいた続く

626
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:41:06  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「さっ普通の生活に戻るよシンジ」
聖子がいた続く

627
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:42:02  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「そんな裸で…………………………」
「小悪魔のくちうつし」
聖子はシンジにキスをする続く

628
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:43:21  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子はプリティ•デビルだな」
シンジは言う続く

629
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:53:57  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「いたずら好きって事?」
「いたずら好きだし小悪魔にはぴったり」
シンジは言う続く

630
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:55:14  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「でもいいや俺は聖子が好きださっ唇貸して小悪魔ちゃん」シンジは言う続く

631
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:56:04  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「じゃっ今日1日だけ小悪魔でいようね」
聖子はシンジとキスをする続く

632
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:57:08  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「明日からまたデートだよ?シンジ」
「まだその尻尾付ける気かよ」
シンジは言う続く

633
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:58:06  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「私だってこういうのに触りたくなる時あるんだよ」
聖子はまだ尻尾にアレを付けている続く

634
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 10:59:05  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ばーかこのお馬鹿」
「いったいなぁ本当に」聖子は言う続く

635
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:01:37  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子のいたずら好きなところ大好きだ」
「うん私もあのねもう好感度下げてもだめたからね?」聖子は言う続く

636
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:02:41  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「爆弾爆発しても?」
「もうこれからいくら他の女の子にくっついて私の好感度下げても無駄だよ」聖子は言う続く

637
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:03:39  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「好感度最低でもか?」
「もっちろん行くよ!!!!!!!!もし君がおならとかしたりしてもだよ」
聖子は言う続く

638
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:04:55  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ありがとうこのお馬鹿」
「嬉しいよ今はお馬鹿でも………………」
聖子は言う続く

639
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:05:37  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

640
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:06:43  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「このプチデビル!!!!!!!」
「じゃあ私からの贈り物こちょこちょこちょーーーーーーーーーーー」聖子はシンジをくすぐる続く

641
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:08:01  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ぎゃははははははははははははははは」
「脇に蓄積してきたな?ダメージえへへこれからが本番なんだ♪」
聖子は楽しそうにシンジをくすぐる続く

642
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:10:00  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ぐぎゃあああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
「シンジも沢山苦しまないともったいないよ?」聖子は言う続く

643
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:11:11  ID:1PxbP+Rs011
「もういいーーーーーーーーー!!!!!!体中苦しくってたまらないーーーーーーーー」
「今は沢山苦しんどけ」
聖子はこちょこちょを続ける続く

644
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:12:21  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「あはは!!!!!!!凄くくすぐったそう………………………………たまにはこういうのも体験しなくちゃ」
聖子は言う続く

645
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:13:27  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「もう限界だやめろーーーーーーーー」
「わっ楽しくなってきちゃった」聖子は言う続く

646
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:14:15  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「脇が痛いかくすぐったいかもう分からない」シンジは言う続く

647
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:14:53  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「あーあもう限界ラインかつまんないやめよ」聖子はやめた続く

648
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:15:40  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「はぁはぁはぁ死ぬかと思った聖子ずーーーーーーーーーーーっと脇腹をくすぐるんだから」シンジは言う続く

649
恋する名無しさん[  ]   投稿日:2016/12/11 11:19:49  ID:ZTFq21LOd.n
ねー♪つまんないよ♪♪

650
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:28:41  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「人生一度は90%通る道だよ」
聖子は言う続く

651
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:29:50  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「はぁはぁ………………………失神出来ないのがなんともむかつく」シンジは言う続く

652
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:31:23  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「失神したら一番苦しいとこスルーしちゃうやる人が損だからやめて」聖子は言う続く

653
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:32:35  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「死ぬかと思ったよ!!!!!!!!!体中やばかった」
「一度はやらなきゃだめ」
聖子は言う続く

654
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:33:22  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「さっそろそろ慣れは消えたかな?」
また聖子が指を近付ける続く

655
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:34:01  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「もうやめて」
がしっ
聖子がシンジの手を押さえつけ座らせる続く

656
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:34:49  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ここはそういう目に逢うようになってるんだからダメッ」
聖子はシンジをくすぐる続く

657
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:35:47  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ぐぎゃおおおおおおおおおおおおお」
「暴れてる物凄くくすぐったいんだろ?でもだめ」聖子は言う続く

658
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:36:34  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「もういい何でも言う事聞くから」
「くすぐりを続けさせて」
聖子は言う続く

659
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:37:30  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「もう本当に我慢出来ないだから本当にやめて」
「こっちは楽しいからだめ」聖子は言う続く

660
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:39:20  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「えへへシンジ本当に苦しそうでもだめ」
聖子は言う続く

661
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:44:13  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ぎゃあああはははははははははは!!!!!」シンジは大笑いする続く

662
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:45:37  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「限界ライン終わりかはいおしまい」
聖子は言う続く

663
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:46:40  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「はぁはぁはぁ………………もうやだ……………………………………」
「こんな指で苦しんでくれるんだから嬉しいよね」聖子は言う続く

664
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:51:05  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「えっ?」
「こんなに苦しんでくれるシンジ可愛い」
聖子は言う続く

665
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:51:45  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「さっ彼女からの奢りレストラン行くよ」
聖子は言う続く

666
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:52:29  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「嬉しいな…………………………」
「アメリカ高級レストランだよ」
高級レストランに到着続く

667
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:53:28  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「うめぇ」
「はいあーん」
聖子は言う
しかし
「聖子……………………許せない」
ピーーーーーーーが言う続く

668
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:54:26  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「……………………聖子何頼んだの?」
「はいっ?」
「ゲロでも注文した?」
シンジは言う続く

669
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:55:26  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ううん…………………それムチンだけど………………………………」
「違っっ!!!!!!!これゲロだ」
「…………………ふふふふふ」
アメリアが言う続く

670
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:56:15  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ふうっシンジが騒いだせいで台無しだよ………………………………」
「済まない」シンジは言う続く

671
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:57:08  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「次はラーメン屋にするよ」
聖子は言う続く

672
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:57:53  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
帰宅後………………………
「シンジ結局手つけなかったでしょ?私夜食作ってくるね」聖子は言う続く

673
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 11:58:55  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「はい質素だけどどうぞ」
「美味しいやっぱり手料理は最高だ」
「ねぇちゃんと聞いてよゲロってのは何?」聖子は言う続く

674
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 12:00:00  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「聖子……………注文したのゲロだろ?あれ」
「ちゃんとしたアメリカ風にアレンジしたジンギスカンだったよ?」聖子は言う続く

675
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 12:01:05  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「誰かが毒をもしかしたら」
「南かな?でも分からないものを断定するのは危ないよ」聖子は言う続く

676
リュカ[]   投稿日:2016/12/11 12:02:01  ID:1PxbP+Rs0.n(79)
「ああ………………………正体すらわからないからなゲロってのが…………………」
「明日学校で聞いてみようよ」
聖子は言う続く

677
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:37:57  ID:acKvsqXK0.n(38)
学校続く

678
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:38:42  ID:acKvsqXK0.n(38)
「みんなシンジと行ったレストランでの事なんだけど」聖子は言う続く

679
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:39:15  ID:acKvsqXK0.n(38)
「そんな事があったの!?!?」
同級生は驚く続く

680
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:39:53  ID:acKvsqXK0.n(38)
「うんだから犯人を探してほしいの」
聖子は言う続く

681
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:40:32  ID:acKvsqXK0.n(38)
「私も探すからどこ探そっか?シンジ」
聖子は言う続く

682
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:41:19  ID:acKvsqXK0.n(38)
「商店街とか……………………………」
「うーん………………………………どうかなぁ」聖子は言う続く

683
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:41:53  ID:acKvsqXK0.n(38)
「あれっ?アメリアがいない」
聖子が言う続く

684
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:42:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「あれっ?そういえば…………………いない」
「ちょっと探して来るシンジはここで待ってて」聖子は言う続く

685
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:43:28  ID:acKvsqXK0.n(38)
聖子はアメリアを探す………………………
「いないどこに行ったんだ?」
聖子は言う続く

686
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:45:01  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ふう…………………………………どこにもアメリアいないよ………………………」
聖子は言う続く

687
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:45:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「あれっ?悪魔の尻尾が指差してる」
聖子が言う続く

688
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:46:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ありがとね…………………」
聖子は悪魔の尻尾にお礼を言っては
尻尾が指差す先を進む続く

689
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:47:35  ID:acKvsqXK0.n(38)
そこは森だった………………………
「いたっアメリア!!!!!!!何してるの!!!!!!!!」聖子は言う続く

690
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:48:11  ID:acKvsqXK0.n(38)
「だってそんな尻尾付けて来るんだもん」アメリアは言う続く

691
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:48:57  ID:acKvsqXK0.n(38)
「悪魔の尻尾でしょ?これで怒っていたの?」聖子は言う続く

692
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:49:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「違うよ………………………でも……………爆弾付いたら嫉妬しないといけない決まりだから」アメリアは言う続く

693
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:50:31  ID:acKvsqXK0.n(38)
「この尻尾ねくるくる回るんだよ」
聖子は悪魔の尻尾を付けてくるくる回す続け

694
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:51:11  ID:acKvsqXK0.n(38)
「何だか本当にプリティデビルって感じ」
アメリアは言う続く

695
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:51:56  ID:acKvsqXK0.n(38)
「アメリアも付けてみる?」
「うん」
アメリアは言う続く

696
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:52:36  ID:acKvsqXK0.n(38)
そこには小さくて可愛い悪魔が二人いた…………………………続く

697
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:53:12  ID:acKvsqXK0.n(38)
「帰ろシンジに謝ろうよ」
聖子は言う続く

698
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:53:59  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ごめんねシンジ、アメリアの爆弾付いてたせいみたいなの」聖子は言う続く

699
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 14:54:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ごめんなさい私爆弾付いてて邪魔しないといけないから」アメリアは言う続く

700
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:33:04  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ううんいいんだよ」聖子は言う続く

701
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:33:36  ID:acKvsqXK0.n(38)
「聖子って可愛いんだね」アメリアは言う続く

702
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:34:08  ID:acKvsqXK0.n(38)
「別に?普通だよ」聖子は言う続く

703
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:35:04  ID:acKvsqXK0.n(38)
「じゃあまた」
「じゃあ聖子帰ろうか今日はテストで早く帰れるから」シンジは言う続く

704
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:36:04  ID:acKvsqXK0.n(38)
帰宅途中
「たまには悪魔みたいな私もいいよね」
聖子は服を脱ぎ出す続く

705
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:36:49  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ああこの悪魔…………………」
「ううんああうあう」
聖子はキスされてうなる続く

706
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:37:45  ID:acKvsqXK0.n(38)
「うっうん…………………………もっとやって………………………………………」
それは聖子がプリティデビルから普通の………………………続く

707
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:38:37  ID:acKvsqXK0.n(38)
「キスしちゃうの」
聖子は小悪魔のようにシンジにキスをする続く

708
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:39:33  ID:acKvsqXK0.n(38)
「この馬鹿」
こつっシンジは聖子を殴る続く

709
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:40:29  ID:acKvsqXK0.n(38)
この小さな悪魔はまるで無邪気にシンジとじゃれる続く

710
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:41:20  ID:acKvsqXK0.n(38)
素っ裸で尻尾つけて………………………
「さあ帰ろっかシンジ」聖子は言う続く

711
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:42:03  ID:acKvsqXK0.n(38)
「はいこの帽子あげる」
聖子は言う続く

712
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:42:40  ID:acKvsqXK0.n(38)
「これは?」
「妖精の帽子だよ」
聖子は言う

713
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:43:23  ID:acKvsqXK0.n(38)
「ふうん…………………………………」
「男の子にも似合うと思うよ」
聖子は言う続く

714
リュカ[]   投稿日:2016/12/14 16:44:02  ID:acKvsqXK0.n(38)
「じゃっ手繋いで帰ろっか」
聖子は言う続く

715
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:18:10  ID:PZFKrzVD0.n(54)
その小さな悪魔は嬉しそうに手を繋いだ続く

716
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:19:09  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ありがとうシンジ」
その無邪気な笑顔を発した可愛い女の子はその後家へと帰還した続く

717
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:19:53  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「あーあ……………………………聖子のやつ……………………………」シンジは言う続く

718
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:20:45  ID:PZFKrzVD0.n(54)
ピピピピピ
聖子から電話だ
「今日夜出かけるけど一緒に行く?」
聖子は言う続く

719
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:21:26  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ああ勿論だ」
「じゃあ駅で待ち合わせね」
聖子は言う続く

720
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:22:06  ID:PZFKrzVD0.n(54)
駅………………………………………
「待った?」
聖子は再び来た続く

721
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:24:47  ID:PZFKrzVD0.n(54)
聖子は例の悪魔の尻尾着用済みだ続く

722
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:25:44  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「似合ってるよ聖子……………………」
「嬉しい」
パタパタパタパタ聖子は悪魔の尻尾を振り回し喜びを表現した続く

723
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:26:33  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「当たり前だろうが……………………」
シンジは聖子に意地悪をする続く

724
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:27:24  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「うんありがとう…………………………」
聖子は嬉しそうに唇を奪われる続く

725
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:28:19  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「よっ聖子……………………………………」
「あはははははははははははは」
聖子は笑う続く

726
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:29:14  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「尻尾似合ってるよ聖子」
「うんありがとうでも頭撫でてほしいな」
聖子は言う続く

727
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:29:55  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「甘えん坊のプチデビルめ」
「きゃは」聖子は言う続く

728
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:30:45  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「用事というのは………………………ラブホテルなんだ」
聖子は真面目な顔をして言う続く

729
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:31:26  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ラブホテル?」
「痛めつけてほしいの」
聖子は言う続く

730
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 12:32:27  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「痛めつけるって………………………お前」
「やきゴテでも鞭打ちでもいいから殴られたいの」聖子は言う続く

731
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:13:21  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ああいいぜ」
シンジは言う続く

732
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:14:04  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「この馬鹿っ!!!!!!!!」
「お前こそ」シンジは言う続く

733
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:14:45  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「こんな私でも………………………」
「このっプチデビル」シンジは言う続く

734
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:15:37  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ばーか!!!!!!!!!!!プチデビルを甘く見ないでよ」
ドロン
聖子は忍術で消えた続く

735
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:16:30  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「なんだ聖子のただのいたずらか……………寝よう」シンジは寝る続く

736
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:17:01  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「聖子……………………馬鹿………………」
翌日続く

737
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:17:39  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「図書館に行かない?」
聖子が来た続く

738
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:18:14  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ああいいよ……………………………」
シンジは言う続く

739
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:19:11  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ねぇシンジは図書館好き?」
選択肢
1ああもちろん
2聖子には負けるがな
3もっちろん
2を押す続く

740
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:19:57  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「本当かなぁ?…………………なんか違うような気がする………………………」
悪い印象を与えたようだ続く

741
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:20:46  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「今日は疲れたよレストランに寄ろうよ」
聖子は言う続く

742
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:21:25  ID:PZFKrzVD0.n(54)
レストラン
「たまには質素がいいよね」
聖子は言う続く

743
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:21:58  ID:PZFKrzVD0.n(54)
レストランアインスト•シュヴィツア続く

744
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:23:38  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「えへへ…………………いいでしょ?」
聖子は言う続く

745
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:24:19  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ああ最高だよ………………………」
「はいお口あーん」聖子は言う続く

746
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:24:55  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「はい悪魔パイ」
聖子は謎のパイを差し出す続く

747
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:27:35  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「何?これ」
「悪魔パイ…………………………」
聖子は言う続く

748
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:28:19  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「わっ…………………………噛むごとに味が染みて来る」シンジは言う続く

749
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:28:58  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「美味しいでしょ?」
「なんだろこれ美味しい」
シンジは言う続く

750
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:29:54  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「だってこれ……………………………だもん」
「えっ?嘘」
シンジは言う続く

751
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:30:39  ID:PZFKrzVD0.n(54)
関係者以外立ち入り禁止の扉を見つけた
そこに入るシンジ続く

752
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:31:33  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「こらこら覗かないの世の中には知らなくていい事だって事もあるの」
聖子に連れ戻された続く

753
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:32:47  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「そう言えばさあこの間いたウェイトレス、いなくなったな………………………」
「知らない事知ろうとしないのだめっ」
聖子は言う続く

754
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:34:30  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「まさかこのレストランのメニューOOOOの………………………」
「関係ないかも知れないしそうかも知れないよ」聖子は言う続く

755
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:36:34  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「丸焼き頼もう♪」
「これ…………………………………近くの小学校にいた…………………………そういえばこの頃小学校少ない気がするんだけど………………………………」
「世の中には………………………ね」
聖子は言う続く

756
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:37:42  ID:PZFKrzVD0.n(54)
シンジと聖子は
明らかに小学生くらいの女の子にしか見えないお肉を頬張る続く

757
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:39:51  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ふう美味しかった……………………!?!?!?!?」
シンジは立ち入り禁止の扉から従業員が出てきてちらりと中が垣間見えた
一瞬女の子が吊されていて
女の子が釜に閉じ込められてるような景色が見えた気が……………………………続く

758
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:41:03  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「見なかった事にしよう」
「危ないから消されないように記憶消してあげるね」
聖子はシンジをぶん殴る続く

759
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:42:37  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「レストランアインスト•シュヴィツアは美味しかったな………………………………」
「調達には色々と苦労があるんだよ…………………………………………犠牲もあるしね」聖子は言う続く

760
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:44:42  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「だから女の子が少ないのか」
「食べ物も…………………………ね」
聖子は言う続く

761
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:46:05  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「祭りとかパレード行った人が突然いなくなるのは…………………………」
「私達は大丈夫、ルート間違えなければ(聖子はしくじらなければと言っている)」
聖子は言う続く

762
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:47:43  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「ああそうだな…………………………」
「世の中の知らなくて良い事は忘れて帰ろうよ」聖子は言う続く

763
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:49:02  ID:PZFKrzVD0.n(54)
翌日
また小学生が何人かいなくなっていた続く

764
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:50:09  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「シンジ謎工場に行こうよ」
聖子が言う
謎工場とはラブマスター2のミステリースポットの一つ続く

765
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:51:32  ID:PZFKrzVD0.n(54)
その工場だけはよく分からない
廃棄されたかどうかも分からない………………
ただあそこは謎が多過ぎる場所なのだ続く

766
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:52:43  ID:PZFKrzVD0.n(54)
謎工場…………………………………
「シンジ………………………ここは………………………………………………なんか変だよ」
「何?この生き物」
丸い大きな生き物がいる続く

767
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:53:41  ID:PZFKrzVD0.n(54)
謎の生き物はベルトコンベアから赤いメロンを出して来た続く

768
リュカ[]   投稿日:2016/12/15 22:55:18  ID:PZFKrzVD0.n(54)
「何?これ」
シンジは言う続く

769
リュカ[]   投稿日:2016/12/17 21:41:18  ID:JCkOjcbH0.n(3)
「さあ………………………食べてみたら?」聖子は言う続く

770
リュカ[]   投稿日:2016/12/17 21:41:54  ID:JCkOjcbH0.n(3)
はぐっ
シンジは赤いメロンを食べる続く

771
リュカ[]   投稿日:2016/12/17 21:42:35  ID:JCkOjcbH0.n(3)
「わあっシンジ美味しそう食べてもいい?」
聖子は言う続く

772
リュカ[]   投稿日:2016/12/29 22:28:01  ID:oS0GBdxl0NI
はむっ
聖子はメロンを頬張る

773
リュカ[]   投稿日:2016/12/31 22:57:57  ID:YRw09Zmk0.n
「そういえば明日からサーカスだ」
聖子は言う

774
恋する名無しさん[]   投稿日:2017/01/02 08:04:29  ID:rk2/frbZK.n
ホットケーキックボード(*`-´*)

775
リュカ[]   投稿日:2017/01/05 16:44:48  ID:eTReLK6W0.n
聖子は悪魔のしっぽを付ける

776
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:52:38  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
シンジは突然扉が目の前に現れる

777
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:53:01  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
シンジはそこを開けるといきなり聖子に食べられてしまう

778
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:53:41  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
そこは聖子のお腹の中だった

779
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:54:12  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
聖子の声が聞こえる
「シンジって美味しいね」
聖子が言う

780
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:54:30  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
突然正気に戻るシンジ

781
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:54:46  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
「聖子俺お前に食べられた」
シンジは言う

782
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:55:19  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
「シンジ?ここ大丈夫?疲れてるなら食べてあげよっか?」
聖子は言う

783
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:55:35  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
「いやいいよ」
シンジは言う

784
リュカ[]   投稿日:2017/01/08 22:56:13  ID:Q7Z5JHjr0.n(9)
「人生に疲れたら食べてあげるよ」
聖子は言う

785
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 12:58:04  ID:83hMEPGw0.n(88)
聖子はリトルデビルのあだ名がある続く

786
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 12:58:40  ID:83hMEPGw0.n(88)
「うんありがとう」
シンジは聖子の口にくちづけをする続く

787
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 12:59:20  ID:83hMEPGw0.n(88)
「じゃあもう行こっか」
聖子は謎工場を後にする続く

788
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:00:11  ID:83hMEPGw0.n(88)
デート続行
聖子はすっぽんぽんにシャツ一枚というラフな格好をする続く

789
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:00:53  ID:83hMEPGw0.n(88)
その格好の上悪魔の尻尾を付けた上で街まで買い物続く

790
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:01:37  ID:83hMEPGw0.n(88)
「お客さんおめでとうございますあなたで千人目のお客さん」店員が言う続く

791
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:02:08  ID:83hMEPGw0.n(88)
「割引券だ」
聖子は言う続く

792
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:02:41  ID:83hMEPGw0.n(88)
「何か食べよっか?シンジ」
聖子は言う続く

793
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:03:20  ID:83hMEPGw0.n(88)
「何がいい?」シンジだ
「あなたの好きなもの」聖子は言う続く

794
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:03:49  ID:83hMEPGw0.n(88)
結局オマール海老に決まった続く

795
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:04:38  ID:83hMEPGw0.n(88)
話題を振る
1聖子の将来
2卒業後の事
3これからの付き合いについて
続く

796
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:05:23  ID:83hMEPGw0.n(88)
1を押します
「笑わないで聞いてくれる?」
聖子は言う続く

797
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:06:18  ID:83hMEPGw0.n(88)
「なんだろうイヤな予感がする」シンジだ
他のヒロインが爆弾&やきもちになってる続く

798
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:07:19  ID:83hMEPGw0.n(88)
「実は私忍者を続けるための旦那様がほしいの」聖子は言う続く

799
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:08:16  ID:83hMEPGw0.n(88)
「それってもしかして………………」シンジだ
「ふつつかものですがどうもよろしく………………………………やめよう」聖子は言う続く

800
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:09:21  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ねぇあなたのお兄ちゃんがいるマンション行ってもいい?」
シンジの兄とは初代ラブマスターの主人公だ続く

801
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:10:34  ID:83hMEPGw0.n(88)
シンジの兄のいるマンション………………
「あのシンジの彼女の松浦聖子ですが、高木浩二さんいらっしゃいますか?」聖子は言う続く

802
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:11:22  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ああ、シンジか今ひなげしと雛子が来てるんだ」浩二が言う続く

803
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:12:36  ID:83hMEPGw0.n(88)
「浩二、この女の子、シンジの彼女?」
雛子が言う続く

804
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:13:43  ID:83hMEPGw0.n(88)
「そうらしい、聖子と言ったな上がれ」
浩二は言う続く

805
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:14:13  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ふつつかものですが………………」
聖子は言う続く

806
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:15:37  ID:83hMEPGw0.n(88)
「いいかシンジ、恋愛というものは最後の最後まで油断出来ない……………………ましてやときめいてからが本当の勝負なんだ、いきなり呼び捨てで悪いが聖子こっち来い」浩二は言う続く

807
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:16:34  ID:83hMEPGw0.n(88)
「兄ちゃん!?!?」シンジだ
「悪いなシンジ、聖子は俺がもらった」
浩二が言う続く

808
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:18:04  ID:83hMEPGw0.n(88)
「シンジ、あのね恋愛というのは生優しいものではないの、土曜日遊園地に誘ってハネムーンするくらいが」ひなげしが言う続く

809
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:19:17  ID:83hMEPGw0.n(88)
ネタバレになり楽しみがなくなるので詳しい事は言えないが
初代ラブマスターはロマンスの神様をリアルで行く路線だったのだ続く

810
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:23:02  ID:83hMEPGw0.n(88)
「浩二君、あなたの家で飲み会でしょ?」
牧香織(初代ラブマスターのヒロインの一人)が来た続く

811
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:23:53  ID:83hMEPGw0.n(88)
「あなた、テストは点数いくつ?」
サングラスかけたお姉さん香織はシンジに言う続く

812
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:24:41  ID:83hMEPGw0.n(88)
「香織さんはテストで合格ラインを越えるとサングラス取るんだ」ひなげしだ続く

813
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:25:36  ID:83hMEPGw0.n(88)
「笑顔が素敵真顔も素敵思わず見とれてしまうの」雛子が言う続く

814
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:27:01  ID:83hMEPGw0.n(88)
「誉め過ぎよ雛子さん」
クールガイの美女香織が言う続く

815
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:28:12  ID:83hMEPGw0.n(88)
「シンジ、女の子には、友情より愛情が優先だ」浩二が言う続く

816
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:28:56  ID:83hMEPGw0.n(88)
「帰りは送らせてくれない?」
香織がシンジに言う続く

817
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:29:53  ID:83hMEPGw0.n(88)
「もっちろんですよ!!!!!いた」
シンジを聖子が殴る
「早速OKちょっと信じられない」聖子は言う続く

818
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:30:55  ID:83hMEPGw0.n(88)
「やきもちかよ」シンジだ
「私と一緒に帰ろうよ」聖子は言う続く

819
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:34:48  ID:83hMEPGw0.n(88)
「(恋してる瞬間きっと誰かを感じてるこの感じ聖子も)」雛子は言う続く

820
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:36:41  ID:83hMEPGw0.n(88)
「今夜飲み会期待しているわよ」
香織は言う続く

821
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:37:31  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ねぇシンジ、みんな盛り上がってて目立つにはどうしたらいいの?今一番の悩みだよ」聖子は言う続く

822
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:38:59  ID:83hMEPGw0.n(88)
「いつも割り込むじゃん」シンジだ
「この人達先輩だよ?」聖子は言う続く

823
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:39:40  ID:83hMEPGw0.n(88)
「さて聖子、シリアスな話題だが」
浩二は言う続く

824
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:40:15  ID:83hMEPGw0.n(88)
「うん………………………私はシンジが好き」聖子は言う続く

825
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:41:24  ID:83hMEPGw0.n(88)
「恋愛は、最後まで油断は禁物だましてやメインヒロインが二人こほん恋仇がいる時は特に」浩二は言う続く

826
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:42:19  ID:83hMEPGw0.n(88)
「私は大丈夫だよ…………………例え私の爆弾が爆発してもシンジが好き」
聖子は言う続く

827
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:43:01  ID:83hMEPGw0.n(88)
「馬鹿が」
浩二は聖子に言う続く

828
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:44:06  ID:83hMEPGw0.n(88)
「シンジ、お前も来い本当に聖子を愛しているのか」浩二は言う続く

829
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:45:08  ID:83hMEPGw0.n(88)
「当たり前だろ!!!!!!!!」シンジだ
「卒業式まで油断は出来ないぞいいな」
浩二は言う続く

830
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:46:00  ID:83hMEPGw0.n(88)
「卒業式のギリギリまで何があるか分からないんだぞ」浩二は言う続く

831
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:47:11  ID:83hMEPGw0.n(88)
「聖子お前もな!!!!!!!!必ず、ライバルは出て来る必ずな」浩二は言う続く

832
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:47:58  ID:83hMEPGw0.n(88)
マンションの外
田村南がいた続く

833
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:48:44  ID:83hMEPGw0.n(88)
「卒業式ですって?聖子の食事に毒を持ってやるわ」南は言う続く

834
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:50:17  ID:83hMEPGw0.n(88)
聖子食事中
「うっ」聖子は吐き気を催す続く

835
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:50:58  ID:83hMEPGw0.n(88)
「シンジが持って来た食事からだよ、」
聖子は言う続く

836
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:51:33  ID:83hMEPGw0.n(88)
「俺は知らないよ!!!!!!!」シンジだ
続く

837
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:52:22  ID:83hMEPGw0.n(88)
「本当?まさか私に飽きたんじゃ」
聖子は言う続く

838
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:53:18  ID:83hMEPGw0.n(88)
「はぁはぁ………………毒を抜いてもらったけど、シンジ」聖子は言う続く

839
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 13:54:01  ID:83hMEPGw0.n(88)
「お前の恋心はこの程度かよ!!!!」シンジは言う続く

840
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:35:06  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ううん、何を言うのよ」
聖子は言う続く

841
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:35:50  ID:83hMEPGw0.n(88)
「だってお前!!!!!!!!!!そんな恋心で俺と付き合ってたの?ばっかみてぇ」シンジは言う続く

842
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:36:34  ID:83hMEPGw0.n(88)
「なんなのよいきなり」聖子は言う続く

843
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:37:12  ID:83hMEPGw0.n(88)
「聖子、ミルクを飲むんだ」
浩二が意味不明な事を言う続く

844
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:37:57  ID:83hMEPGw0.n(88)
「えっ?ミルクを?うん」聖子はミルクを飲む続く

845
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:38:28  ID:83hMEPGw0.n(88)
「このミルクがどうしたんだ?」
シンジは言う続く

846
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:39:06  ID:83hMEPGw0.n(88)
「母親ってのはなこんなの出すんだぞ」
浩二は言う続く

847
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:40:07  ID:83hMEPGw0.n(88)
「お前がシンジと結婚したら、嫌でも母乳は必要になるそれを忘れるな」浩二は言う続く

848
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:40:46  ID:83hMEPGw0.n(88)
「私いつかこんなのを自分の子供にあげるんだ」聖子は言う続く

849
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:41:40  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ああだから、いくらでも敵はいるって事さ」
そういうと浩二は聖子に言う続く

850
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:42:18  ID:83hMEPGw0.n(88)
「でも毒を入れるなんてシンジ!!!!!」
更に運命は冷酷に続く

851
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:42:57  ID:83hMEPGw0.n(88)
本当にシンジが毒を入れた証拠まで偶然あってしまう続く

852
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:43:46  ID:83hMEPGw0.n(88)
南が入れてシンジは無罪のはずなのに
偶然にもシンジが犯人だと言える証拠が揃ってしまう続く

853
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:44:29  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ねぇこの手の形シンジのだよ?本当に毒入れたんだね」聖子は言う続く

854
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:45:17  ID:83hMEPGw0.n(88)
「くそっなんでこんな偶然にも証拠が揃うんだよ」シンジだ
「じゃあ本当なんだ」聖子は言う続く

855
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:46:23  ID:83hMEPGw0.n(88)
「………………………………私帰るよく分からないんだ」聖子は言う続く

856
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:47:04  ID:83hMEPGw0.n(88)
「ああもう、なんなのよ、お金がないじゃない」聖子が言う続く

857
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:47:48  ID:83hMEPGw0.n(88)
本当は南が持ち去った
「お金ならこれを持って行け」
浩二は言う続く

858
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:48:40  ID:83hMEPGw0.n(88)
田村南
「これを入れて盗難の疑いかけてやるわ」
田村南はまたシンジに罪被せようとする続く

859
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:58:23  ID:83hMEPGw0.n(88)
「聖子待て、海に行かないか?」
浩二が言う続く

860
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:58:56  ID:83hMEPGw0.n(88)
「海?いいけどどこかあるの?」
聖子は言う続く

861
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 14:59:43  ID:83hMEPGw0.n(88)
「荒々しい場所なんだ………………そこでビーチバレーをやろうと思う」浩二が言う続く

862
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:00:22  ID:83hMEPGw0.n(88)
「今ビキニ持ってないよ私」
聖子は言う続く

863
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:01:09  ID:83hMEPGw0.n(88)
「予備があるから俺の借りろ」
浩二が言う続く

864
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:01:42  ID:83hMEPGw0.n(88)
「わっ可愛いビキニ」
聖子は言う続く

865
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:02:35  ID:83hMEPGw0.n(88)
そのビキニは胸だけを覆うパット式ではなくお腹だけ露出するタイプのやつだ続く

866
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:48:32  ID:83hMEPGw0.n(88)
人前で素っ裸になりそのビキニを付ける聖子勿論悪魔の尻尾も付けて………続く

867
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:49:06  ID:83hMEPGw0.n(88)
「どうかな?」
聖子は言う続く

868
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:49:37  ID:83hMEPGw0.n(88)
「アンケート取ってみない?」
雛子は言う続く

869
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:50:21  ID:83hMEPGw0.n(88)
「あっそっか」
聖子は裸で外へ出てアンケートを取る続く

870
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:51:08  ID:83hMEPGw0.n(88)
「9割が似合ってるって」
聖子は言う続く

871
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:52:02  ID:83hMEPGw0.n(88)
「聖子さすがだな」シンジだ
「シンジはいいから話しかけないで」
聖子は言う続く

872
リュカ[]   投稿日:2017/01/18 15:52:35  ID:83hMEPGw0.n(88)
「まだ毒の事気にしてるの?」
シンジは言う続く

873
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:39:42  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「当たり前だろ?」聖子は言う続く

874
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:40:18  ID:LlFz6xHo0.n(48)
聖子の悪魔の尻尾がくるくる回っている続く

875
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:40:52  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「えいっ」
聖子はシンジに体当たりかます続く

876
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:41:39  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「えいっ肉棒タックル」
聖子はシンジの肉棒にアタックする続く

877
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:42:11  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「いったぁ!!!!!!!肉棒やめろ」
シンジは言う続く

878
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:42:56  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「あまり変な事言わない方がいいよ?シンジ」聖子は言う続く

879
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:43:28  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「はい…………………………」
シンジは言う続く

880
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:44:01  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「肉棒痛かったんだだろ?」聖子は言う続く

881
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:44:40  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「もう勘弁して下さい…………………痛い……………本当に痛かったぞ」シンジは言う続く

882
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:45:34  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「もう、せっかくの海なんだからちゃち入れないの」聖子は言う続く

883
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:48:04  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「聖子こそ」
シンジは言う続く

884
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:48:40  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「ならやめようよ」聖子は言う続く

885
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:49:18  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「えいっこのプチデビル」
シンジは言いかけた続く

886
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:50:05  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「うんありがとう……………………でもシンジ海行く時焦らないでね?」聖子は言う続く

887
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:50:39  ID:LlFz6xHo0.n(48)
まるで聖子は小悪魔のように微笑んだ続く

888
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:51:16  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「シンジ、お義兄ちゃんが」
聖子は言う続く

889
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:51:51  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「さてそろそろ支度出来たか?」
浩二は言う続く

890
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:52:45  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「うん、大丈夫だよお義兄ちゃん」
聖子は言う続く

891
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:53:13  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「じゃあレッツゴー」
聖子は言う続く

892
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:53:56  ID:LlFz6xHo0.n(48)
夜中海に向かって走行中
続く

893
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:54:47  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「うーん…………………」
聖子は何かやってるらしくぶつぶつ言っている続く

894
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:55:37  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「何それ?」
聖子は何か紙を見て必死に考えている続く

895
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:56:17  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「難易度最高の色当てゲームだよ」
聖子は言う続く

896
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:57:13  ID:LlFz6xHo0.n(48)
赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤
青青青青青青青青青青青青青青青青青青青青青
青はいくつ?続く

897
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:57:57  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「うわぁ」シンジは言う続く

898
恋する名無しさん[]   投稿日:2017/01/19 09:58:01  ID:TxPiNTvp0.n

899
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:58:55  ID:LlFz6xHo0.n(48)
そうこうしてる内に海に到着続く

900
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 09:59:29  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「何やってるの?シンジ」
聖子はもうビキニになってる続く

901
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:00:05  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「早っ聖子ビキニに着替えるの」
シンジは言う続く

902
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:00:54  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「シンジ、着替えないの?さっきから毒とかおかしいよ?あなた」聖子は言う続く

903
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:01:38  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「うん………………………………」
シンジは海パンに着替える続く

904
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:02:12  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「いっくよーーーーーーーーー」
聖子はバレーボールを投げる続く

905
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:03:42  ID:LlFz6xHo0.n(48)
そのバレーボールがシンジに当たる続く

906
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:05:19  ID:LlFz6xHo0.n(48)
シンジはレシーブをする続く

907
恋する名無しさん[]   投稿日:2017/01/19 10:13:29  ID:qYuvRF180.n
ゆりこキモイ;〉

908
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:15:47  ID:LlFz6xHo0.n(48)
聖子は悪魔の尻尾を振り回しつつサーブを放つ続く

909
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:16:56  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「ちょっ聖子そんなところから撃つなよ」
シンジは言う続く

910
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:17:43  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「気にしない気にしない」
聖子は言う続く

911
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:25:44  ID:LlFz6xHo0.n(48)
聖子の撃ったレシーブがシンジに当たる続く

912
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:26:15  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「シンジ大丈夫!?!?」
聖子は言う続く

913
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:28:16  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「大丈夫………………………なもんかよ」
シンジは言う続く

914
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:28:55  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「打ち所悪かった?」聖子は言う続く

915
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:29:27  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「ちっちんちんが」
シンジは言う続く

916
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:30:00  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「大変!!!!!!!!!舐めてあげるね」聖子は言う続く

917
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:30:34  ID:LlFz6xHo0.n(48)
聖子はシンジのおちんちんを舐め回す続く

918
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:31:05  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「感じてる?」聖子は言う続く

919
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:31:50  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「ううっあう……………………」シンジは喘ぎ声を上げる続く

920
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:33:05  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「はい治ったよ」
その後もまたバレーボールは続く、続く

921
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:35:25  ID:LlFz6xHo0.n(48)
「ちょっと待ったぁ」
シンジは物凄いサーブを顔面に直撃する続く

922
リュカ[]   投稿日:2017/01/19 10:36:00  ID:LlFz6xHo0.n(48)
目が覚めると………………………続く

923
リュカ[]   投稿日:2017/02/07 23:37:13  ID:HVmvoUTz0.n(2)
聖子は悪魔のしっぽをつけている

924
リュカ[]   投稿日:2017/02/07 23:37:48  ID:HVmvoUTz0.n(2)
「わっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!この」
シンジはビキニの聖子に言う

925
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2017/02/13 02:10:46  ID:g9CFmGUJ0.n(3)
恋愛相手・遊び相手・ご飯友など
大手下記のサイトなら必ず見つかります

ジェイ
「誘い飯掲示版」ご飯友探しでどんどん異性の友達を増やせてかなりの評判です
https://lc.cx/JxHQ

h a p p y
街の繁華街あちこちでみかける看板 例 http://imgur.com/gUx5ZoR.jpg
宣伝日本一!会えるサイトナンバーワンの称号は伊達ではありません
https://lc.cx/JxHP

w a k u
「趣味友」掲示板が大好評!ゲーム趣味、海外ドラマ趣味など趣味関連で友達が探せます。趣味からだと簡単に異性友達を増やせて、そこから恋人発展の流れが当たり前に
https://lc.cx/JxHW

926
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2017/02/13 02:11:03  ID:g9CFmGUJ0.n(3)
めるぱら
アクセスメンバー検索が優秀(今現在アクセスしてる人にメールを送れる)
https://lc.cx/JxHm

まっくす
LIKE検索が新登場! 【望む相手】を登録しておくと、その条件に合った女性が、LIKE検索に来た際にあなたのプロフィールが一覧に紹介される
https://lc.cx/JxHe

 効率のいい方法
条件を書きこんだら今度は相手に送るメールの内容を考えます。
毎日2,3人に送ることを想定しその大元の文章をつくっておきます。
ただし多くの女性は自分だけにメールが来ることを望んでいます。
従って一人ひとりに書く文章も必要です。
たとえば、
『最近はポケモンGOにはまっています。』
と書いてあれば定型文の最後に自然な形で
『僕も最近かなりはまってましてついにラプラスをゲットしましたよ。出現場所や捕獲した方法など教えましょうか?』
というような彼女宛のメッセージに見せかけた文章を付け足します。
つまり定型文+オリジナルメッセージというようにします。
そのほうが返事が来ます。

927
恋する名無しさん[sage]   投稿日:2017/02/13 02:11:20  ID:g9CFmGUJ0.n(3)
ネット系出会いが上手くいかない人はこのような段階で1人に執着して追いすぎる人です。
無理と感じたら即次の女性を探しましょう。
ここですべきことは相手が自分と趣味や考え方で共有できる部分が多いとみせることです。
簡単にいえば趣味があう、気が合う、ノリが同じ!にみせるわけです。
ある程度話が進んでいけばそのうち自然に会う流れになります。会ってしまえばほぼ成功と言えます。相手は既にあなたの内面に興味を持ってるわけですから。

928
リュカ[]   投稿日:2017/02/23 17:10:04  ID:D4CyHWgG0.n
ちなみに聖子が天皇になれるルートも存在する

929
恋する名無しさん[]   投稿日:2017/02/25 21:19:56  ID:IPQ9rREmp.n
これでも聴いて眠りなさい
https://youtu.be/2sQwXYwuN-E
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

恋愛サロン板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
情熱大陸【筒香嘉智】 (623)TBS実況
Mr.サンデー★4 金正男(まさお)はポアされた? (565)フジ実況
ビートたけしのスポーツ大将2017 ナインティナインも参戦スペシャル★12 (460)テレ朝実況
林先生が驚く初耳学★2 (605)TBS実況
関ジャム 完全燃SHOW ★1 (129)テレ朝実況
日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」 第7話★5 [無断転載禁止]©2ch.net (775)TBS実況
乳スポ 2 (474)NHK実況
大貧乏★1 (774)フジ実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【森友学園】安倍夫人、名誉校長辞任 安倍首相「寄付を募る紙を見て私も驚愕した。断っているのに名前を使われ遺憾だ」★72 (680)ニュー速+
【森友学園】安倍夫人、名誉校長辞任 安倍首相「寄付を募る紙を見て私も驚愕した。断っているのに名前を使われ遺憾だ」★71 (1000)ニュー速+
【森友学園】安倍夫人、名誉校長辞任 安倍首相「寄付を募る紙を見て私も驚愕した。断っているのに名前を使われ遺憾だ」★70 (1000)ニュー速+
【森友学園】安倍夫人、名誉校長辞任 安倍首相「寄付を募る紙を見て私も驚愕した。断っているのに名前を使われ遺憾だ」★69 (1000)ニュー速+
【交通】「時速260キロまで追跡された!」 最速覆面パトカーの正体はスーパーチャージャー搭載360馬力のトヨタマークX (285)ニュー速+
【社会】非喫煙者がたばこの煙を吸い込む“受動喫煙”対策、全居酒屋を禁煙とする方向★10 (237)ニュー速+
【森友学園】安倍夫人、名誉校長辞任 安倍首相「寄付を募る紙を見て私も驚愕した。断っているのに名前を使われ遺憾だ」★68 (1001)ニュー速+
【宮崎】「会いたかった」日南市長(37)、20代女性職員宛てラインを市職員50人に誤送信 ネットに拡散★17 (1000)ニュー速+
恋愛サロン板の人気スレ
【社会人】ところでアナタってどんな人?1179人目 (828)
独り言 1200 (1000)
【片思い専用】社内恋愛中の人いますか?523 (1000)
【片思い専用】社内恋愛中の人いますか?524 [無断転載禁止]©3ch.net (129)
好きな人と何したい?何してほしい?Part64 (107)
【必ず】書き込むと願いが叶うスレ・619ナモナモ【叶う】 (704)
好きな人におやすみを言うと会えるスレ157 (827)
必ず誰かが相談に乗ってくれる恋愛相談室Part592 (973)
好きな人から連想される単語578 (379)
【社会人】アナタの好きな人ってどんな人?3578人目 (316)
【必ず】書き込むと願いが叶うスレ・619ナモナモ【叶う】 (583)
☆好きな人の名前を書くと愛しあえるスレ☆433☆ (997)
【新参歓迎】恋サロ暇人談話室【コテハン歓迎】 (162)
【伝われ】好きな人に言いたい聞きたい事197 (1000)
☆好きな人の苗字を書くと愛し合えるスレ97★ [無断転載禁止]©2ch.net (642)
もう無理なんだなと気づいた瞬間 Part.3 (293)
誰か助けて (159)
好きだって気づいた瞬間 Part345 (903)
明日もあの人が幸せでありますように part17 (355)
逢いたい人の名前を書くスレ221 (571)
好きな人の好きなところPart257 (427)
新宿のミスドで待ってます (174)
【エロ専】好きな人と何したい?何して欲しい? (883)
【好きな人に「おはよう」と言うと会えるスレ】69 (584)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
Amazon


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード:差分取得 - 新着書き込みなし(304)