板検索:
分からない問題はここに書いてね369 (761)
まとめビュー
最新スレッド候補が見つかりました
分からない問題はここに書いてね431 (517) スレ作成日時:2017/08/15 22:32:08
 ▼もっと見る
1
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 00:27:30
さあ、今日も1日頑張ろうぜぇ?
ワイルドだろぉ?★

前スレ
分からない問題はここに書いてね367
分からない問題はここに書いてね368


2
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 00:29:14
さあ、今日も丸投げ、逆ギレOK

3
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 01:02:00
レポート丸投げで急ぎの問題はこちらへ

急いでいる問題はここに書いてね 1

4
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 01:26:46
前スレ >992

それが載っている「中学の本」をぜひ紹介してください。

「中学の本」というのは教科書ではなく中学生が使用する本という意味ですか?

> 992 名前: 132人目の素数さん [sage] 投稿日: 2012/05/08(火) 23:44:10.55 
> >÷を表記しておきながら×を省略するという表記は通常しない 
> 
> 残念ながらそんなことはなく、「2x^2y÷xyを計算せよ」みたいな問題は 
> 中学の本には載っている。解答には、正解は2xとある。 
> 
> もちろんこんなのはルールを無視した糞問だと思う。 

コメント1件

5
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 02:30:55
[5]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

6
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 08:21:02
> 991 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2012/05/08(火) 23:40:27.98
> しかし除法はともかく乗法を左から順に計算するルールというのはおかしくありませんか?
> なぜなら乗法は交換法則によってかける順序を変えられるからです
おかしかねえよ。
ってか、変えられるってのは変えても同じだから変えてもいいってことだろ?
変えても同じって、何と同じなのか考えてみろよ。
本来、どういう順に計算するのかは決まっていて、それと同じになるってことだろ?
交換法則や結合法則が法則として存在しているってことは、そういうことだよ。

> さらに乗法は除法に改められるので、上の式のようになると思うのですがどうでしょうか
論点がわかっていない。

7
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 09:28:25
ここは問題ではなく疑問も書いて良いですか?
他に適切なスレがありましたら誘導お願いします

8
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 11:50:06
問題になっていないなら雑談辺り
コメント1件

9
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 13:17:31
オレは疑問でも良いと思う

10
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 13:43:14
疑問は問題だろ。
テスト問題や試験問題に未だなってないだけで。
「疑問」を説明せよ。と書けば形式も合うし

11
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 16:17:41
          __ノ)-'´ ̄ ̄`ー- 、_
        , '´  _. -‐'''"二ニニ=-`ヽ、
      /   /:::::; -‐''"        `ーノ
     /   /:::::/           \
     /    /::::::/          | | |  |
     |   |:::::/ /     |  | | | |  |
      |   |::/ / / |  | ||  | | ,ハ .| ,ハ|
      |   |/ / / /| ,ハノ| /|ノレ,ニ|ル' 
     |   |  | / / レ',二、レ′ ,ィイ|゙/   私は只の数ヲタなんかとは付き合わないわ。
.     |   \ ∠イ  ,イイ|    ,`-' |      頭が良くて数学が出来てかっこいい人。それが必要条件よ。
     |     l^,人|  ` `-'     ゝ  |        さらに Ann.of Math に論文書けば十分条件にもなるわよ。
      |      ` -'\       ー'  人          一番嫌いなのは論文数を増やすためにくだらない論文を書いて
    |        /(l     __/  ヽ、           良い論文の出版を遅らせるお馬鹿な人。
     |       (:::::`‐-、__  |::::`、     ヒニニヽ、         あなたの論文が Ann of Math に accept される確率は?
    |      / `‐-、::::::::::`‐-、::::\   /,ニニ、\            それとも最近は Inv. Math. の方が上かしら?
   |      |::::::::::::::::::|` -、:::::::,ヘ ̄|'、  ヒニ二、 \
.   |      /::::::::::::::::::|::::::::\/:::O`、::\   | '、   \
   |      /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::'、::::\ノ  ヽ、  |
  |      |:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::'、',::::'、  /:\__/‐、
  |      |/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::O::| '、::| く::::::::::::: ̄|
   |     /_..-'´ ̄`ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:/`‐'::\;;;;;;;_|
   |    |/::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::|::/::::|::::/:::::::::::/


12
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 19:55:42
前スレ857で-1のn乗根について質問した者です
大変遅くなりましたが、具体的なレスをつけて頂き本当にどうも有難うございました
おかげさまで、目の前の重いドアが急にぐっと少し開いたような感じです
精進します

13
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/09 20:09:27
          __ノ)-'´ ̄ ̄`ー- 、_
        , '´  _. -‐'''"二ニニ=-`ヽ、
      /   /:::::; -‐''"        `ーノ
     /   /:::::/           \
     /    /::::::/          | | |  |
     |   |:::::/ /     |  | | | |  |
      |   |::/ / / |  | ||  | | ,ハ .| ,ハ|
      |   |/ / / /| ,ハノ| /|ノレ,ニ|ル' 
     |   |  | / / レ',二、レ′ ,ィイ|゙/   私は只の数ヲタなんかとは付き合わないわ。
.     |   \ ∠イ  ,イイ|    ,`-' |      頭が良くて数学が出来てかっこいい人。それが必要条件よ。
     |     l^,人|  ` `-'     ゝ  |        さらに Ann.of Math に論文書けば十分条件にもなるわよ。
      |      ` -'\       ー'  人          一番嫌いなのは論文数を増やすためにくだらない論文を書いて
    |        /(l     __/  ヽ、           良い論文の出版を遅らせるお馬鹿な人。
     |       (:::::`‐-、__  |::::`、     ヒニニヽ、         あなたの論文が Ann of Math に accept される確率は?
    |      / `‐-、::::::::::`‐-、::::\   /,ニニ、\            それとも最近は Inv. Math. の方が上かしら?
   |      |::::::::::::::::::|` -、:::::::,ヘ ̄|'、  ヒニ二、 \
.   |      /::::::::::::::::::|::::::::\/:::O`、::\   | '、   \
   |      /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::'、::::\ノ  ヽ、  |
  |      |:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::'、',::::'、  /:\__/‐、
  |      |/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::O::| '、::| く::::::::::::: ̄|
   |     /_..-'´ ̄`ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:/`‐'::\;;;;;;;_|
   |    |/::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::|::/::::|::::/:::::::::::/

14
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:13:22
高1です
先日友人になぞなぞを出されました
「豚が3匹います。この豚にホールケーキを2本の包丁を一回ずつ使って分け与えたいと思います
どうやって分けるでしょうか?」というものです
答えは「その2つの包丁で2匹を殺して残りの1匹にケーキすべてを与える」でしたーww
というもので雑な答えだwwと思ったのですが
仮に真面目に縦に3等分しようとしたらその間隔はどうなるのでしょうか?
解けるものでしょうか?
僕はこのように考えたのですが計算ができず厳しいです。。
XとYを求めたいです
http://uproda.2ch-library.com/5245177ms/lib524517.jpg
http://uproda.2ch-library.com/524518XVL/lib524518.jpg
http://uproda.2ch-library.com/5245199xx/lib524519.jpg



コメント4件

15
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:21:24
補足です
半径をAに置いた理由
実際は18とか20だと思いますが
Aで置くことで計算を楽にするのと半径との関係を明確に出すためにそうしました
単に数がわからないという理由で文字で置いたわけではないです

16
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:32:29
お世話になります。
実際のゲームから、確率問題の質問です。

あるゲームで以下の条件があります。
●3種類の装備強化方法
A.成功確率30%、コスト 30、失敗時:強化値が0になる
B.成功確率40%、コスト430、失敗時:強化値を-1する(最低値0)
C.成功確率50%、コスト430、失敗時:強化値が0になる

強化値は0〜12で、1度の成功につき+1されます。
強化値をm⇒nに強化したい時に、以下の求め方をご指南いただけませんでしょうか。

〆任皀灰好箸鰺泙┐蕕譴覿化方法の組み合わせ
 2⇒4に強化する際に、失敗した際の0からの再試行含めて
 強化対象の強化値が0〜2の時はA、3の時はCで強化する、
 といったイメージです。
各方法の利用回数とコストの期待値
 2⇒4に強化する期待回数は、Aがx回、Bがy回、Cがz回・・
 期待コストは????、という形で求めたいです。
成功確率
 ここでいう成功確率とは、強化が期待値内で成功する確率です。
 さいころを6回振って、1度は1の目が出る確率みたいなイメージです。
 そこから1度は1の目が出る確率を90%以上にしたい時は
 何回さいころを振れば良いか、という方向まで出したいです。
 分散を利用した考え方をすれば良いのでしょうか。

自分も数学は好きで結構考えてはみたのですが、
AとCはなんとなく出来てもBの失敗時の条件が壁となってます。
完全な趣味としての数学で申し訳ございませんが、
急ぎではありませんのでお力添え頂けますと幸いです。
宜しくお願いします。
コメント2件

17
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:34:15
>16
A. のコストが低すぎね?

コメント1件

18
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:42:26
>17さん
レスありがとうございます。
コストは現状の実値をご提示しましたが可変値としたいです。
確かに低いのですが、一定の強化値あたりからBの方が得になる気がしています。
宜しくお願いします。

19
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:45:59
>14
π-3θ+3cosθsinθ=0
を解く

θはx軸から第一象限の半径までの角度

20
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:46:15
12( )3+4×5( )6( )7+8×9=100
1( )2( )3+4+56÷7+89=100
12( )3÷4+5( )6+78( )9=100
( )の中に+ − × ÷を使って式を完成させる問題が分かりません。
教えてください。お願いします。
コメント2件

21
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:49:12
>20
小町算でggってみてそれっぽいのを探す

コメント1件

22
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 20:59:54
>14
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1325262908
4分割で良ければX型にカットして(60°+60°,120°,120°)

23
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 21:04:49
>20
こうかな?
昔作った小町算プログラムを全文検索

12_3+4*5_6_7+8*9=100
12-3+4*5+6-7+8*9

1_2_3+4+56/7+89=100
1*2-3+4+56/7+89

12_3/4+5_6+78_9=100
12/3/4+5*6+78-9

コメント1件

24
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 21:16:08
>21
ggったけど解き方はないみたいですね。
>23
ありがとうございます。小町算は苦手なので助かりました。

25
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 22:11:54
12( )3+4×5( )6( )7+8×9=100
12( )3+4×5( )6( )7=28
4×5( )6( )7=28+(-15, -9, -36, -4)=(13, 19, -8, 24)
4×5(+)6(−)7=19
12(−)3+4×5(+)6(−)7+8×9=100

1( )2( )3+4+56÷7+89=100
1( )2( )3+4+8+89=100
1(×)2(−)3=-1
1(×)2(−)3+4+56÷7+89=100

12( )3÷4+5( )6+78( )9=100
12( )3÷4+5( )6=100+(-87, -69, -702, -8)=(13, 31, -602, 92)
12(÷)3÷4+5(×)6=31
12(÷)3÷4+5(×)6+78(−)9=100
コメント2件

26
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 22:53:10
>25
解説お願いしてもいいですか?

27
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 22:54:50
贅沢言うな

28
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/09 23:06:19
贅沢言ってすいませんでした。
>25の回答を理解できるように頑張ってみます。ありがとうございました。

29
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 02:52:23
解説も何も、ただ四則計算するだけじゃん

30
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 03:55:05
内積(ベクトル)空間におけるピタゴラスの定理はΣ[k=1,N]とΣ[k=-N,N]の場合で証明は異なりますか?

31
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 04:06:22
全く同じ。
Nは項の個数を表すだけであり、添え字kには整数としての演算や大小、符号を考えているわけではない。
コメント1件

32
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 04:18:54
>16
http://codepad.org/inXzk79h
0→ 1 : A / cost:100.000000 total:100.000000
1→ 2 : A / cost:333.333333 total:433.333333
2→ 3 : A / cost:1111.111111 total:1544.444444
3→ 4 : C / cost:2404.444444 total:3948.888889
4→ 5 : B / cost:4681.666667 total:8630.555556
5→ 6 : B / cost:8097.500000 total:16728.055556
6→ 7 : B / cost:13221.250000 total:29949.305556
7→ 8 : B / cost:20906.875000 total:50856.180556
8→ 9 : B / cost:32435.312500 total:83291.493056
9→10 : B / cost:49727.968750 total:133019.461806
10→11 : B / cost:75666.953125 total:208686.414931
11→12 : B / cost:114575.429687 total:323261.844618
豪快に間違ってても責任は取れませんのであしからず
コメント1件

33
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 04:25:24
物凄いストレス溜まりそうなゲームだな
コメント1件

34
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 07:40:33
[34]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

35
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 08:06:22
>8-10
ありがとうございました。一応まずはここで質問してみます。

【疑問】
0.00…01 の1は本当に1なんですか?
あるいは条件によって違うものを同じ表記として扱っているのでしょうか。

例えば、5進法で基数を5にした場合の 0.00…01は
10進数では、0.00…02になり 20進数では、0.00…04 になりますか。


10÷3=3.333… となり3倍して 3.333…×3=9.999… になりますが
この場合の9.999…は 極限としての9.999…と同じなのでしょうか
それとも極限とは関係なく、10=9.999… なのですか。

極限とは関係ないとすれば計算する過程でどうして9.999…の表記になりますか。
あるいは極限だとすれば、基数を変えれば 9.999…と10.0…01 の間に
隙間が出来てしまいます。どうして3で割った後、3倍しても元に戻らないのですか。


表記として 1.00…01でも、その逆向きは基数が10ならば0.999…になり
基数が9ならば0.888…になり、基数が8ならば0.777…になりそうですが、
条件を提示した上で1は1として扱って良いのでしょうか。
それとも1は最小の単位として便宜上使っているだけで、実は1ではないのでしょうか。
限りなく近づくことがポイントですか。
コメント4件

36
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 09:18:58
>35
10÷3=3.333…の時点で極限の話だから
その後の議論も全部極限絡みの話になっている
ここでの…をちゃんとした形に書き直すと
10÷3=lim_[n→∞]Σ_{k=0,n}3/(10^k)
となる

基数10の0.99…=lim_[n→∞]Σ_{k=1,n}9/(10^k)=1
基数9の0.88…=lim_[n→∞]Σ_{k=1,n}8/(9^k)=1
基数nの0.(n-1)(n-1)…=lim_[m→∞]Σ_{k=1,m}(n-1)/(n^k)
= (n-1)/n + (n-1)/n^2 + (n-1)/n^3 + …
= 1 - 1/n + 1/n - 1/n^2 + 1/n^2 - 1/n^3 + …
= lim_[m→∞] 1 - 1/n^m = 1

厳密に議論するならそもそも0.00…1が何かというところから
はじめなくてはならない
たいていは0.00…1を、0.1, 0.01, 0.001,と並べていった場合に
「とある限りなく近づいていく値」とする

それは例えば0.0001ではない。なぜならば
0.1、0.01、0.001、0.0001までは確かに近づくのだが
0.00001以降は離れていってしまうからである
それは例えば-0.0001ではない。なぜならば
どこまでいっても0.0001以上の差が残ってしまうからである

普通の数学において
(2以上の自然数という普通の基数において)0.00…1は0である
また同じ理屈で(扱えない基数を除き)0.00…2や0.00…3なども0である
コメント2件

37
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 09:29:03
>35
>35
>0.00…01 の1は本当に1なんですか?
本当に1です。

>あるいは条件によって違うものを同じ表記として扱っているのでしょうか。
いいえ。

>例えば、5進法で基数を5にした場合の 0.00…01は
>10進数では、0.00…02になり 20進数では、0.00…04 になりますか。
5進数の0.1は10進数の0.2ですが、5進数の0.01は1/(5×5)となり0.04となります。

>10÷3=3.333… となり3倍して 3.333…×3=9.999… になりますが
>この場合の9.999…は 極限としての9.999…と同じなのでしょうか
10÷3=3.333…=1÷3であり、3.333…×3=9.999…=1÷3×3=1となる。

>それとも極限とは関係なく、10=9.999… なのですか。
9.9999…は小数点以下の桁数をnとした場合に、10−(1÷10)^nと表される
ので、nを∞にしたときに10と等しくなります。
コメント1件

38
16[sage]   投稿日:2012/05/10 09:30:47
>32さん
レス・コーディングありがとうございました。
想像以上にスッキリしたコードで凄くありがたいです。
最安コストの結果としてはほぼ予測・経験則どおりの結果です。
これからじっくり解析させていただきます。
また、出していただいた答えから残りの一部データも求められそうです。
本当にありがとうございました。


>33さん
確率から見ると非常にストレスが溜まりますね。
ゲーム内でのリスクマネジメントをしたくこの質問となりました。


成功確率に関しては、期待値内での連続失敗確率の観点から考えてみようと思っております。
自身でも解き方はぼんやりと見えてきましたが、に関しては引き続き質問を継続させていただきます。
お力添え宜しくお願い致します。

39
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 10:32:34
>31
ありがとうございます

40
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 10:37:08
すこしエスパーだな

41
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 10:40:11
>36
> 普通の数学において
> (2以上の自然数という普通の基数において)0.00…1は0である
> また同じ理屈で(扱えない基数を除き)0.00…2や0.00…3なども0である
????????????????????????????????

42
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 10:59:21
>36-37
桁数のnが無限になってしまうのには、何か法則があるのでしょうか
法則があるとすれば分かっているのでしょうか

10進数ではなく、3進数、6進数、12進数でしたら
表示する際に10÷3は循環小数になりません

逆に11進数にしてしまうと 10÷5=2.222…
9進数にしてしまうと 10÷4=2.222… となってしまいます

こうすると循環小数になる、という約束事はありますか。

1.00…01 や 9.999… は1に向かっているのはイメージできなくないのですが
3.333…、2.222…、1.111…はどこに向かっているのでしょうか
見やすい数式はありますか
コメント4件

43
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 11:03:42
>42
Wikipedia 循環小数 分数表現との関係
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%B0%8F%E6%95%B0#.E5.88.86.E6.95.B0.E8.A1.A8.E7.8F.BE.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82

44
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 11:07:40
>37
5進数の0.01を、10進数に直すと0.04なのは、桁数を無限にしても
成立する法則なのでしょうか?

成立するとなるの1が4になってしまい、まだ4等分できそうに見えます。
4等分できますか。

それとも、そもそも数学としての思考の型が別物なのでしょうか。
コメント2件

45
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 11:42:15
>42
> 1.00…01 や 9.999… は1に向かっているのはイメージできなくないのですが
1.000…01 と 1.000…、9.999…9 と 0.999…では意味が違う
1.000…01 と 9.999…9 は有限桁の数を表すもので1ではないが、
1.000… と 0.999…は1に向かっているというものではなく、単に1の別表現なだけで1そのもの

> 3.333…、2.222…、1.111…はどこに向かっているのでしょうか
これらも向っているというものではなく、それぞれ1/3、2/9、1/9そのもので、その小数表現
コメント3件

46
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 11:53:14
>42
1.111… = 1 + 1/10 + 1/100 + 1/1000 + …
= (10/9 - 1/9) + (1/9 - 1/90) + (1/90 - 1/900) + (1/900 - 1/9000) + …
= 10/9 - lim_[n→∞]1/{9*(10^n)}
= 10 - 0 = 10/9

47
46[sage]   投稿日:2012/05/10 11:54:05
最後一行ミスった。まあわかるよね

48
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 11:59:46
>42
10÷5=2(10進数)=2(11進数)
10÷4=2.5(10進数)=2.5555…(11進数)

0.1111…=1/9だから
3.3333…=3+3/9=10/3(10進数)
2.2222…=2+2/9=20/9(10進数)
1.1111…=1+1/9=10/9(10進数)

>44
A=0.abcdefg…と表されている場合
その値を10進数で表すと
2進数ではA=a*2^(-1)+b*2^(-2)+c*2^(-3)+d*2^(-4)・・・
4進数ではA=a*4^(-1)+b*4^(-2)+c*4^(-3)+d*4^(-4)・・・
5進数ではA=a*5^(-1)+b*5^(-2)+c*5^(-3)+d*5^(-4)・・・
となる

49
45[sage]   投稿日:2012/05/10 12:19:30
>45
> これらも向っているというものではなく、それぞれ1/3、2/9、1/9そのもので、その小数表現
10/3、20/9、10/9だな

50
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 12:23:59
複素数の三角関数が実数の三角関数と同じく以下の式を満たすことを示せ。
(オイラーの公式使用可)
cos(z1+z2)=cosz1cosz2-sinz1sinz2

という問題で、

cos(z1+z2)=1/2(e^i(z1+z2)+e^-i(z1+z2))
=1/2(e^(iz1)*e^(iz2)+e^(-iz1)*e^(-iz2))
=1/2((cosz1+isinz2)(cosz2+isinz2)+(cosz1-isinz2)(cosz2-isinz2))

ここまでは解いたのですが、ここからどうやって
cosz1cosz2-sinz1sinz2の形にもっていくか分かりません。
そもそも、ここまでの式が正しいのかも疑問です。
どなたか教えていただけると幸いです。
コメント1件

51
45[sage]   投稿日:2012/05/10 12:32:04
> =1/2((cosz1+isinz2)(cosz2+isinz2)+(cosz1-isinz2)(cosz2-isinz2))
=1/2((cosz1+isinz1)(cosz2+isinz2)+(cosz1-isinz1)(cosz2-isinz2))
だろう。あとは展開するだけ
コメント1件

52
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 12:44:02
>50
e^(i(z1+z2))=e^(iz1)*e^(iz2)
cos(z1+z2)+isin(z1+z2)=(cosz1+isinz1)(cosz2+isinz2)
この式の実部を比較すればいい
コメント1件

53
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 12:44:15
もし収束判定に用いる距離に離散距離ぶち込んだら
lim_[n→∞]Σ[k=1,n]9*10^-kは
収束しなくなって収束値は論じられなくなる…んだろうか?

54
52[sage]   投稿日:2012/05/10 12:52:29
>52
複素数の三角関数じゃ実部比較はまずいか

55
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 12:53:36
[55]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

56
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 12:56:56
なんだかテンパってきたので何方かお願いします

TVゲームで金のカードの出現率が2%
試行回数がx回だとすると入手できる確率の式は
xCy*1/50^1*49/50^x-1
となり
xPy/y*1/50^1*49/50^x-1 x>y>1 xとyは整数  y=入手確率
と、考えて計算すればいいのでしょうか?

57
50[]   投稿日:2012/05/10 13:13:49
>51
うっかりしてました!ありがとうございます!

展開の方法ですが、iが入っている場合のやり方が分かりません。
よろしければ正しい展開式を教えていただきたいです。
コメント1件

58
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 13:15:50

59
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 13:23:10
>57
副素数の積の定義どおり
(a+bi)*(c+di)=(ac-bd)+i(ad+bc)
コメント1件

60
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 13:32:04
ゆとり(乙)

61
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 13:40:32
>58
100%を基準に出現率に試行回数を乗っけて引く……。
俺のバカバカバカバカorz
元々の出現率が低いのでその式で満足です
ありがとうございます

62
50[]   投稿日:2012/05/10 13:48:33
>59
できました!ありがとうございます!

63
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 20:26:25
有限生成アーベル群の基本定理について質問です。
今読んでる本でにはGを有限生成アーベル群、E_ iを有限巡回群、I_ jを無限巡回群とすると
G=E_ 1?…?E_ i?I_ 1?…?I_ j
と書かれているんですが、ネットで調べてみると=ではなく同型であると書かれているサイトばかりです。
これは単純に今読んでいる本に誤植があったということなのでしょうか。

64
63[]   投稿日:2012/05/10 20:27:25
すいません?になっているところは直和の記号です

65
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 20:35:51
厳密には同型であるところを、おおざっぱに=と書くのはよくあること
コメント1件

66
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 20:39:19
>65
ありがとございます!
この部分が理解できなくてかなりの時間を無駄にしてしまいましたorz

67
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 20:57:44
同じ群の部分群同士でなきゃ、
= とか ≠ とか意味ないじゃんね。

68
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 21:15:00
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

69
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 21:27:33
施設設置問題の定式化を書いてもいいですか><

70
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 21:31:48
いいんじゃない
計画法っぽいし

コメント2件

71
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 21:41:50
>70
ありがとうございます

問題は施設配置問題なんですが、これの定式化です。
(建設費)+(配送費)を最小にしたい
どこに倉庫を建設し、どのように配送すればよいか定式化せよ

与えられてるもの
倉庫iから店jへの配送量→0≦Xij≦1
倉庫を建設する、しないYi∈{0,1}

倉庫の建設費用Fi(i=1,2)
倉庫iと店j間の配送費用Cij(i=1,2;j=1,2,3)
各店の需要は1
分割配送可能

式が全く分かりません><
お願いします

72
63[]   投稿日:2012/05/10 21:47:00
すみません。連続で申し訳ないのですがもうひとつだけ質問させてください。
先ほどと同じ本に、有限生成アーベル群Gを直和分解した場合に、それぞれの有限巡回群の位数は
直和分解の仕方によらずGにより一意的に定まる。とあるのですが、これはどういう意味なのでしょうか。
その下のほうに位数180のアーベル群の直和分解の仕方として、
位数6と位数30、位数2と位数90などの有限巡回群への分解が書かれているのですが、
6と30、2と90と分解できるのに一意的に定まると言えるのでしょうか

コメント1件

73
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/10 22:54:35
facebookで見かけたパズル。

1個1ドルのチョコの包み紙を3枚集めるとチョコ1枚と交換してくれる。
15ドルあれば何個チョコが食えるか。

答えは、15+[15/3]+[5/3]+[(1+2)/3]=22っていう他愛ないパズルなんで
すが、これをNドルで何個食えるかと、一般化するとどうなるかってのが
質問です。

予想としてはN*(1+1/3+1/3^2+1/3^3...)=N*3/2 を越えない最大の
整数なんですが、証明ができません。
コメント1件

74
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/10 23:49:03
>73
相当古いパズル
M.ガードナーあたりが書いてるような古さ
「タバコ 吸殻 パズル」でggれば出てくる

パズルであろうと類題を知らないのは勉強不足

コメント1件

75
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 00:11:45
[75]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

76
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 00:31:52
>74
やはり亀の甲より年の功ですね。
まだ惚けてないお年寄りは頼りになります。ありがとうございました。

しかし、タバコの吸い殻の例だと分かりやすいですね。
チョコの場合だと、チョコ1枚を3包装紙とみなして、1個食べるごとに
包装紙が3枚減って1枚追加され、差し引き2枚減ると考えれば良いわけね。
そうすると最初に3N枚の包装紙があるから、3N/2回食えるというわけか。
ただし、3Nが偶数だと、最後に2包装紙だけ残ってもチョコに交換できないから、(3N-2)/2=3N/2-1回しか食えない。3Nが奇数だと、最後に1枚だけ
包装紙が残るから、(3N-1)/2回。
ということで、3N/2を越えない最大の整数で正解か。

77
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 00:50:52
>70
>最後に2包装紙だけ残ってもチョコに交換できないから

2つ残ったら、誰かに1つ借りてチョコを食べて
それで出来た包装紙を返すってパターンじゃないの?


78
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 01:56:41
>72
「それぞれの有限巡回群の位数」が一意的
位数nの巡回群をC_n,直和を+と書くと、C_6+C_30とC_2+C_90は同型ではなく、他の分解の仕方も無いということ

分かってるかもしれないが、これは
C_n1+C_n2+…+C_nk+(無限巡回群のいくつかの直和)
(ただし、n1はn2の約数、n2はn3の約数、…)
という形の分解に限った一意性な
そうでなければ、例えばC_2+C_3とC_6は同型
コメント1件

79
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 07:01:43
>45
>44の再質問みたいになってしまいますが、
無限桁の場合には末尾の下一桁は定義しない(できない)認識で良いですか。
定義できないとすると何か不都合があるのでしょうか、あるとすればどういう事が起きますか。
なにか証明のようなものはありますか。
コメント1件

80
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 07:02:09
>45-48
たぶん私の疑問とは異なる形、あるいは逆向きの形なのだと思います。
もしかすると幾何が関係しているのかなと思うのですが。フラクタルみたいな。

1.111…と10/9が同じということではなく、1.111…になる形を探しています。

例えば □□□□□ □□□□□ を □□□で割ろうとします。
その際に□□□□□ □□□□□ □□や□□□□□ □□□□を基数としていれば、
余った□は、□□□□□ □□□□□ □□や□□□□□ □□□□に分割され、
□□□が等分に入るので循環しなくなります。

□□□□□ □□□□□を基数とすると、余った□をまた
□□□□□ □□□□□等分することになるので、□余り、余った□をまた
□□□□□ □□□□□等分することになり…と循環します。


他には、□□□□□ □□□□□ □ を □□□□□で割る際に
基数が□□□□□ □□□□□ ならば循環することなく止まります。
基数を□□□□□ □□□□□ □ にすると循環します。
数字に直すと、2.222… です。

一方で、□□□□□ □□□□ を □□□□で割る際に
基数が□□□□□ □□□□□ ならば循環することなく止まります。
基数を□□□□□ □□□□ にすると循環します。
数字に直すと、2.222… です。

数量的には、11/5と9/4は違います。分母を合わせると、44/20と45/20になります。
ですが方法によっては(基数をいじると?)、2.222…と同じ表記がでてきます。

この、同じ表記がでてくる構造には、なにか普遍性があったり
専門の分野は何になるのかと言う疑問です。
コメント4件

81
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 07:02:51
>80の続き

例えば、
□□□□□ □□□□□ を □□□□□ □□□□で割り、基数を□□□□□ □□□□□にする。
□□□□□ □□□□ を □□□□□ □□□で割り、基数を□□□□□ □□□□にする。
□□□□□ □□□ を □□□□□ □□で割り、基数を□□□□□ □□□にする。
□□□□□ □□ を □□□□□ □で割り、基数を□□□□□ □□にする。
□□□□□ □ を □□□□□で割り、基数を□□□□□ □にする。
□□□□□ を □□□□で割り、基数を□□□□□にする。
□□□□ を □□□で割り、基数を□□□□にする。
□□□ を □□で割り、基数を□□□にする。
□□ を □で割り、基数を□□にする。

これらはどれも、表記としては1.111…になります。ですが数量はどれも違います。

82
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 07:16:48
さっぱり読む気が起こらん。 他の人フォローヨロシク。

もしまともなレスが付かなかったら、もう少しまとめてから
書くことをおすすめする。

83
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 07:20:39
>80-81
□ばかりで何を言いたいのかわからん

> 1.111…と10/9が同じということではなく、1.111…になる形を探しています。
これはn進数小数表記で1.111…となる数xを求めたいといってるのか?
ならn進数における小数の定義から
x=1+Σ[k=1,∞](1*(1/n)^k)
=1+1/(n-1)=n/(n-1)

というか人に伝える気が無いようにしか見えないんだが
コメント1件

84
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 09:29:12
>78
直和分解されたものが、同型ならばそれぞれの巡回群の位数が一意的であって、
複数の非同型なものに分解した場合を対象にして一意的と言っているわけではない
ということですか?
コメント1件

85
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 09:54:10
ひとまず>79は正しい。
無限桁ってことは終わり無いんだから定義できるはずかない。
仮に無理矢理定義したとしても、収束の定義から0.0…01=0となってしまい、意味がない。

>80-81はまとめると、
「有理数p,qをそれぞれm進法、n進法で小数展開して表記が一致するとき、p,q,m,nにはどのような関係があるか?」
という問題でいいんだよな?
コメント2件

86
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:13:13
>35
正確に表記しろ、以上

87
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:21:56

88
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:30:54
>80
10進法では異なる値11/5=2.2と9/4=2.15をX進法で表すことで
同じ表記にしたいということだろうけど、それは以下の式が
成り立つように1より大きい整数XとYを決めればいい。
X進法で2.2=a+b/X+c/X^2+d/X^3・・・
Y進法で2.15=a+b/Y+c/Y^2+d/Y^3・・・
xがx>1の整数で、a,b,c,d…が等しく一つの値aが0≦a<xを満たす整数としたとき
a.aaaa…(x進数)=a+a/x+a/x^2+a/x^3+a/x^4+…=a/(1-1/x)=ax/(x-1)
2.15であれば、2.15=ax/(x-1)を満たす整数aとxが存在すれば
循環小数で表すことができる。
コメント2件

89
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:42:36
×9/4=2.15
○9/4=2.25

90
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:49:46
>87
ありがとうございます!

91
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 10:59:52
0.aaaa…の場合は、ax/(x-1)-a=a/(x-1)となるから
0.2は、0.2=a/(x-1) x-5a+1=0を満たす整数aとxの組み合わせで表せる。
0.2=0.1111・・・(6進数)=0.2222・・・(11進数)

92
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 11:22:49
一般に、0<a<bの整数a,bに対して、a/b=0.aaaa… (b+1進数)が成立する。

93
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 11:46:00
すみません。数学は全く分りません。中学2年位で放棄してしまいました。
次の問題を解いて下さい。教えて下さい。

平面上の鋭角三角形△ABC の内部(辺や頂点は含まない)に点P をとり,
A¢ をB, C, P を通る円の中心,
B¢ をC, A, P を通る円の中心,
C¢ をA, B, P を通る円の中心とする。
このとき, A, B, C, A¢, B¢, C¢が同一円周上にあるための必要十分条件は
Pが△ABC の内心に一致することであることを示せ。

コメント1件

94
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 12:13:46
平面上の領域Dがあり,その凸包は円であるとする。次を示せ。
(1)この円周上の点はDの境界に属す
(2)この円周上の点aで,次のような条件を満たすものがある:
 適当なr>0を取るとD∩B(a;r)は凸集合になる。(B(a;r)は中心a,半径rの開円板)

上手な説明ができません。
コメント2件

95
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 12:44:01
はさみうちの原理の証明についての質問です。

定理
a[n]≦b[n]≦c[n] (n=1,2,3,...) かつ lima[n]=limc[n]=αであれば、limb[n]=αである。
証明
0≦b[n]-a[n]≦c[n]-a[n]→0 (n→∞) より、b[n]-α=(b[n]-a[n])+(a[n]-α)→0 (n→∞)
すなわち、limb[n]=αが得られる。

この証明で(b[n]-a[n])+(a[n]-α)→0となっていますが、これはどうやって示されたんでしょうか?
0≦b[n]-a[n]≦c[n]-a[n]という不等式からb[n]-a[n]→0を言おうとすると循環論法になってしまいますし…
コメント2件

96
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 12:44:24
p≠2の素数、m,nは整数
m+n,m^2+n^2が共にpの倍数ならば、
m^2+n^2はp^2の倍数であることを示せ


全くわかりません
教えて下さい
コメント1件

97
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 13:01:20
>95
0≦b[n]-a[n]≦c[n]-a[n]→0 (n→∞)
はn→∞のときに両辺が0ではさまれるということで
b[n]-a[n]→0 (n→∞)
コメント1件

98
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 13:01:33
>96 
方針を示す。

m+nがpの倍数であるということはその二乗である(m+n)^2 = m^2+2mn+n^2 はpの倍数。
ここでm^2+n^2はpの倍数なのだから2mnもpの倍数。
2mnがpの倍数ということは少なくともmnのうちひとつがpの倍数。
しかしm+nもpの倍数なのでmn両方がpの倍数でないとならない。
mnの両方がpの倍数ということはm^2+n^2はp^2の倍数。

端折ったところでわからないとこがあるならまた質問するように。

99
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 13:06:39
>93
をお願いします。中学2年で放棄というので、メンドクサイなぁと思われるでしょうが、
解答だけで結構です。某スレで「お前ら数学できないだろ」と挑戦されました。


コメント1件

100
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 13:38:10
某動画投稿サイトで見たんですが

1/2÷3/4=?

という問題の解は2/3と1/24のどっちでしょうか?
PCの記述上÷を/としてると思うので解釈次第でどっちとも取れてしまう気が。
問を正確に見せるとしたら、ちゃんと分数表記で問題を出すか(1/2)÷(3/4)=とすべきなのかな?
詳しい方見解をお願いします。

コメント1件

101
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 13:59:39
>100
あなたのいうとおり、その問題がどういう計算をすることを求めている問題なのかがはっきりしないので答えようがない。
ずいぶん前からちょくちょく見られた、わざと曖昧な表記にして回答者をからかうクソ問題だと思う。
コメント1件

102
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:05:54
二分の一 を 四分の三 で割るなら 答は 三分の二

コンピュータで記述しやすいように分数を 2/3のように/をつかって書くことはあるが
本来算数にも数学にも /に割るという意味は無いし、/は÷の記号ではない。
という理由でそのように解釈できる。

また問題文や数式に曖昧さが残るのは、解釈する側の問題ではなく、出題者の責任。
さらにいうと、問題を解釈をして初めてそこからが数学なのであって、その解釈の理由や方法は数学ではない。
コメント1件

103
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:08:08
数学では、曖昧さが残るそれぞれの問題をそれぞれが自由に解釈して回答して良い。
ただしどのように解釈したのかについては触れておく必要が有る。

出題者の意図を汲んだり空気を読んだりするのは本来の数学とは関係ない。

104
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:11:06
ドラえもんはアンコと皮とどっちが好きかって問題といっしょ。
コメント1件

105
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 14:19:52
>101
ありがとうございます。これだけだと答えようが無い悪問ですよね。
まぁ常識的に考えれば/と÷を一つの問題内で使い分けているので、ここは/を分数と判断して2/3で答えるのが一般的ですかね。
これ以外にも色々引っ掛け問題があったので、妙に捻くれて考えてしまいました。

106
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 14:26:10
>102,103
すごく分かりやすい回答ありがとうございます。流石数学板。
確かに/はPC用表記で、数学上では使われていませんね。
つまり、曖昧さが残る問題については回答者側が自由な解釈で答えて良い訳ですね。
例え人によって結果が異なったとしても、どういう解釈で解が求められたかが説明されていればどちらも正解となりうるのですね。

>104
(アンコ)とっても大好きだから皮が好きに決まってるでしょう!派の僕です^o^

107
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:31:13
いやまてその論では「皮が好き」ということが言えるだけで
アンコとどちらがより好きかという比較はされていない。
皮をとっても大好きなのか、それともそうでないのかを比較対象実験するべき。

コメント1件

108
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:31:40
>97
それだとはさみうちの原理の証明にはさみうちの原理を使ってることになって何か問題があったりしないんでしょうか?
コメント2件

109
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:35:25
>99
できないんだから仕方がない。 
よくある問題無ので答だけが知りたければググれ。

110
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:37:37
オイラーはa÷bの意味をa:bと書くこともあったとある書籍で指摘してましたが、割り算とその記号については大学でもちゃんと教えまえんし教科書でもできるだけ触れないようにしてます。
等分除などの除法はもちろん割合・比率・逆作用・整数・環など本質的で難しいことが多すぎるのでこれについて体系だって正確に理解している人はまずにいません。
コメント1件

111
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:40:48
>107
「○○『も』・・」と言う時は、一番があって「二番以降も・・」と言う場合に使う。
この場合は文脈から「アンコが一番だけど、とっても・・」と解釈できる。
コメント2件

112
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:44:14
>110
馬鹿が湧く日か
コメント1件

113
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:46:53
>111
× 「○○『も』・・」と言う時は、一番があって「二番以降も・・」と言う場合に使う。 
○ 「○○『も』・・」と言う時は、一番があって「二番以降も・・」と言う場合にも使う。

もちろん順序のないただの並列の時も使う。 
好きなものを下位位から順に発表するときにも使う。


コメント1件

114
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:48:07
>108
君は正しい。
でも、あんな証明で誤摩化してる教科書に言っても無駄。
そもそも証明じゃなくて、違和感の相対的軽減にすぎない。
コメント1件

115
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:50:21
>94はなんとかならないでしょうか。

116
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:50:31
>113
で、文脈から採用するのは何?
コメント1件

117
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 14:57:52
>112
おじいちゃん(乙)
コメント1件

118
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 15:09:24
>111
「取っても」の「も」は「取る前のどら焼き」と併記と考えるほうが自然。
コメント1件

119
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 15:10:51
>116
>118 たとえ先行が1位であるとしても。

120
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 15:33:20
モンハンが出たらVITAは3DSに勝てる←論破してみ /ハード・業界板
14 名前:名無しさん必死だな[] 投稿日:2012/05/10(木) 19:57:18.49 ID:NjWM4aAGO
実数xに対して、
x^2<-1 ならば x<3 である
という命題の反例が見つけられないのと同じ

このスレタイは論破出来ない


96 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2012/05/10(木) 21:20:01.86 ID:uomtEiO00
誰か>14につっこんでやれよw


100 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2012/05/10(木) 21:25:10.51 ID:RTozjsKW0
i^2=-1
x=実数という問いに合わず
二乗で負の数になる実数は存在しないことから>14のレスがなりたつんだけど
なにいってんだおまえ


この命題って、そもそも成立するの?
コメント1件

121
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 16:05:54
>114
ありがとうございます
やはり循環論法なんですね
とりあえずこの本はあまり本気では読まないようにしときます

122
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 16:16:15
>117
糞論厨当たり
コメント1件

123
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 16:19:47
>94
(1)境界点の定義は「その点の任意の近傍が境界内外を含む」だから、
円周上に境界でない点があれば、その点を中心として境界内を含まない円板がある。
その円と凸包円の2交点を結ぶ弦で切り取られた三日月は凸包に含まれないことになって矛盾。
(2) Dとして次のような領域を考える。
まず開円板を考え、円内から境界に近づいて行く無限螺旋を考える。
その螺旋上に無限点列を考え、点の間隔は0に近づいて行くとする。
円板からその点列を除いた物をDとすると、Dの凸包は元の円板であり、円周上の任意点近傍は点列を含むため凸集合でない。

124
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 17:19:31
>108
0≦b[n]-a[n]≦c[n]-a[n]→0 (n→∞)
これは、b[n]-a[n]がnを∞にしたときに、0以上であり0以下であるということを示している
ので、nを∞にしたときには
b[n]-a[n]→0 (n→∞)
となる。このことから、b[n]-α=(b[n]-a[n])+(a[n]-α)→0が示せる。
循環論法ではない。

125
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 17:29:24
と思ったが、α=0の特別な場合になっているようなw

126
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 17:35:28
>120
A⇒B
A=φ(空集合)のときは、命題は真。

127
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 17:40:14
>95,108
これははさみうちの原理ではないんじゃないのか?

収束の定義
∀ε>0 ∃N (n>N⇒|an-α|<ε)

0≦b[n]-a[n]≦c[n]-a[n]→0 (n→∞)
これから任意のεに対し、n>N⇒|b[n]-a[n]-0|≦c[n]-a[n]<εとなるNが存在する
よってb[n]-a[n]→0 (n→∞)

128
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 21:00:56
お願いします。証明するのが難しいんです。

円周上にm個の赤い点とn個の青い点を任意の順序で並べる。これらの点により円周はm+n個の弧に分けられる。このとき、これらの弧のうち、両端の点の色が異なるものの数は偶数であることを示す。ただしm,n≧1とする。


コメント1件

129
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/11 21:01:59
[129]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

130
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 21:22:43
ファックな問題だな、
02東大文科 とある
http://aozoragakuen.sakura.ne.jp/betukai/node19.html

131
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/11 21:39:12
>128
マルチ。
しかも、すでに回答されとるのに。

132
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 09:40:21
線形代数の質問です
問題のヒントに、Wは原点を通らない直線なので、R^2の部分空間に成り得ない、と書いてあったのですがよく意味がわかりませんでした。
どなたか教えてください。
コメント1件

133
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 09:41:06
Pの必要十分条件はQである。
という文章って正しいですか?
Pを同値変形していったものは
総じてPの必要十分条件で複数あって
全部を列記することは無理そうですが
Pの必要十分条件はコレ!って言うのは
おかしくないんですか?
QはPの必要十分条件である。
という表現はわかるのですが。
コメント4件

134
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 09:53:10
>133
全部列記する必要があると思うところがよくわからない。
複数書かなきゃならないのなら、それぞれは同値変形じゃないことになるだろ。

135
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 09:55:16
>133
> Pの必要十分条件はQである。
どこに出てきた?
いくつか選択肢があってそのうちでPの必要十分条件であるのはQって意味じゃないの?

136
134[sage]   投稿日:2012/05/12 09:55:38
質問の意味を間違えていた。スルーしてくれ。

137
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 11:35:16
実はググると東大数理に限っても結構ある

http://www.google.co.jp/#hl=ja&safe=off&q=%22%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E5%8D%81%E5%88%86%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%AF%22+site:ms.u-tokyo.ac.jp

河東先生の所でも

>[1] 次の事を示せ.これらはいずれも授業中に「簡単にできる」と
>言ったことである.
>
>(3) 超実数 $\alpha$ に対し,$\alpha$ が無限小であるための
>必要十分条件は $|\alpha|$ が無限小であることである.

とある

改めて考えると変な表現だけど
慣用化しちゃってるぽい

138
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 12:10:31
>132
部分空間なら 0 ベクトルを含んでいなければならない。

コメント1件

139
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 12:16:17
>133
志村さんの「数学の好きな人のために」(ちくま学芸文庫)のあとがきを読め。
君が期待する答が載っている。

140
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 13:15:02
>133
「Pの必要十分条件はQである」と「QはPの必要十分条件である」は同じ意味。
同値変形したものはどれも必要十分条件。当然、どれか一つだけでも。

141
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 13:23:58
>138
ありがとうございます!

142
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 13:43:57
日本人は菅直人
菅直人は日本人



こう書いてみると却って怪しく思えてくる

143
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 15:22:07
確かに微妙に違和感のある言い回しだな
英語で使われてる表現を訳したら「は」の意味が邪魔をして意味がずれてしまったとか?

144
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 15:30:13
日本人は東京電力
東京電力は日本人

145
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 16:44:05
>85
はい、そうです。できればまとめて勉強したいのでどの分野になるのか教えてくださると助かります。
自分が何をやっているのかがよく分かっていない状態なので。

たぶんそこで「"10"と表記されるn進数のnは、n進数で表せる整数の数と等しいのか?」と
少数の無限桁の末尾が定義できない事についてです。
「∞進数とした時に、整数として"10"と表記することは出来ない」となるのでしょうか。
一桁で示される整数が無限にあるとすれば、次の位にいつまでも上がらなくなります。

もしも上の桁に上がらないのだとすれば、下の桁に下がることも同様にないイメージがあります。
無限桁にする為にはn進数が有限であることが条件ですか。
それともn進数のnが無限で、桁も無限な構造はあるのでしょうか。
そこで例えば、無限桁の末尾の整数一桁を∞にしてしまった場合はどうなりますか。

>88 >83
その場合に0.aaa…を満たすXは無限にありますか。ありそうなのですが、あるとすると
Xを増やしていくと、0.aaa…は無限に小さくなります。

ここで有理数と無理数についてです。循環しないので無理数ではないです。
有理数の分数で表せる性質からすると、Xを満たす数だけ0.aaa…があることに
なってしまい、分数の表記が一つではなくなってしまいます。これはいわゆる
有理数と同じなのでしょうか。

1.000…=0.999… がイコールなのもx進数の一つがイコールで繋がっているだけだとすると、
1.000…と0.999…は、それぞれが別々の有理数の一つの表示です。

一つの表示に過ぎないとなると、集合論的な無限の濃さを調べる際の、
有理数の数を数えることは一体なにをやっている事になるのでしょうか。


極端な考えとして、aaaa.000…と表示した際に、各桁によってaの進数が違う数学の
体系はあるのでしょうか。あるとすればどの数学になりますか。ないとすると何故ないのでしょうか。
コメント4件

146
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 17:19:51
>145
> その場合に0.aaa…を満たすXは無限にありますか。
>88
> a.aaaa…(x進数)=a+a/x+a/x^2+a/x^3+a/x^4+…=a/(1-1/x)=ax/(x-1)
をいじれば
0.aaaa…(X進数)=a/(X-1)
になることはすぐにわかる
Xはaより大きい自然数を任意にとれ、0.aaaa…で表現できる数は無限に存在する

> 1.000…=0.999… がイコールなのもx進数の一つがイコールで繋がっているだけだとすると、
> 1.000…と0.999…は、それぞれが別々の有理数の一つの表示です。
1.000…=0.999…
は10進法において9が10の1つ前の自然数だから0.999…が使われるのであって、
n進法での話にするなら、m=n-1と置いて、1.000…=0.mmm… になるだけ

これは、ある(m+1)を底とする記数法で、1という1つの数に1.000と0.mmm…という異なる小数表現があることを示したもので、
> その場合に0.aaa…を満たすXは無限にありますか。
の、ある小数表現を満たす数が記数法の底ごとにある、という話とは別のもの
コメント1件

147
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 17:23:55
>145
その論点について考えようとしても学部卒業レベル(数学経験四年程度)では難しいでしょうね。
コメント2件

148
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 18:04:24
馬鹿に馬鹿がれす、楽しいね!?

149
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 18:05:44
馬鹿乙
コメント2件


150
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 18:12:19
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

151
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 18:33:49
∫(-x^(-2)+A)^(-1/2)dxってどうやって積分するんですか?

ツールで計算して答えはわかり、それを微分してみて合ってるのも確かめたんですが
手動でやる方法を教えて欲しいです
部分積分ではできませんでした

152
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 18:53:33
とりあえずwolframalphaに入れてshowstepsを押してみる

153
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 19:21:42
だからそれで計算させて答えが合ってるのは確かめたってば

154
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 19:26:19
>Can I see the steps used to compute the result?

>No. Computers evaluate integrals in a way that is qualitatively different from the way most humans do it with pencil and paper.

FAQにこう書いてある
要するに大抵の人間がやる方法とは違うよってことでしょ?

155
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 19:28:39
と思ったら違うサイトでした

大変申し訳ありません
解決しました

ほんとにごめんなさい

156
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 19:51:24
>145
>ここで有理数と無理数についてです。循環しないので無理数ではないです。
循環する小数は必ず分数(有理数)で表すことができる、循環しない小数で
無限に小数点以下の桁が続く、(=分数として表すことができない)ものが無理数。

>Xを満たす数だけ0.aaa…があることになってしまい、分数の表記が一つでは
>なくなってしまいます
0.aaaa・・・(X進数)=a/X+a/X^2+a/X^3+…=a(1/X+1/X^2+1/X^3+…)=a/(X-1)
となり、Xに対して分数の表記は1つになる。

>1.000…と0.999…は、それぞれが別々の有理数の一つの表示です。
有理数はp,qをp≠0,q≠0の任意の実数としてp/qと表せるもの。
コメント1件

157
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 20:10:34
致違いで申し訳ございません。
どこにもこれから質問するものに関連するものがなかったのでここで質問させていただきます。

今現在研究で(大学生4年です)解析をしています。
解析手法としては線形加速度法という陰解法を使用していますが、
この手法の欠点としては、ステップ間隔を短くしなければなりません。

実際研究で使う地震波は、100秒もあり、扱う対象のものは
固有円振動数だけで330個、その中の最小のものより1/60程度にしなければ
なりません。そうしなければ、解は拡散してしまうからです。

そこで、0.0005秒間隔で100秒までとなると20万ステップしなければなりません。
構造解析のソフトウェアではそれにどれだけいったいかかるのか
図ったことはありませんが、最適化ですのでこれを少なくとも100回は回していかなければ
なりません。線形加速度法で扱う行列は、330行列。。。
この前0.0005秒間隔で20000ステップやるのですら、
1時間かかていました。。 20万ステップですから単純計算で
一回終えるのに10時間。これが最低でも100回回さなければならないため、
1000時間かかってしまいます。

そこで、解析手法を変えようと思っているのですが、
どの方法が適切でしょうか?何卒ご協力お願い申し上げます。

コメント5件

158
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 20:34:34
∬xydxdy=∫xdx∫ydy
の証明を教えてください(>_<)

159
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 20:40:07
>157
たいへんだね、100台用意すれば

160
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 20:51:12
Rで可積分かつ0より大きい連続関数は有界と言えますか?
コメント2件

161
あのこうちやんは始皇帝だった[shikoutei@chine]   投稿日:2012/05/12 21:00:00

 お前たちは、定職に就くのが先決だろがあああああああ!!!!!!!!!!!!

 ニート・無職の、ゴミ・クズ・カスのクソガキどもがああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

162
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 21:02:38
>157
そんなこと先生に聞けよw

163
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 21:06:05
>160
君の可積分の定義はどうなっている?
コメント1件

164
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 21:14:41
>157
ごるち

165
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 21:40:03
>163
fのR上での積分が収束してる時、fはR上可積分とします
コメント1件

166
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 21:45:38
>165
言い方をかえよう
この場合に適用する積分に関する定理を書け
コメント1件

167
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 22:28:34
ルベーグ積分の話なんですけど
2次元ハルナック集合は基本正方形(区間塊?)を使ったジョルダンの意味では面積は測れません。
しかし有界閉集合を使ったルベーグの意味では可測です。
問題は、有界閉集合を使うとどういう点で都合がいいのか、というところです。
わかる方いたら教えてください、お願いします。
コメント2件

168
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:32:09
>145
分野は知らない、というより無い気がする。どちらかというとパズルっぽい問題で本質的な話じゃないし。
自分でいろいろ研究してみるといいと思う。

>「"10"と表記されるn進数のnは、n進数で表せる整数の数に等しいのか?」
一桁の整数の数、という意味で聞いてるのなら当然YES。

>少数の無限桁の末尾が定義できない事
>85の通り。

あと、∞進数とかいうよく分からないものが出てきたが、そんなものはない。
勝手に定義するのは自由だけど。その場合、自然に考えれば確かに10という整数は無いだろう。
小数を定義しようとすると、例えば1と2の間を∞等分しなきゃならない。これは自然には不可能。

一応言っとくと、∞は数じゃないからな。
コメント1件

169
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:41:36
logの底eなんですけど、どうしてeは実数でe>0と言う定義を採用しているんですか?

170
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:42:56
そんな定義はねーよ

171
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:50:02
真性か
それとも対数の底が正であることに不満を感じてるのか

172
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:54:35
>157
偵察に来ました。お役に立てるかな・・・と。

基本的にプログラマはアルゴリズムが解らないとプログラムを作ることはできません。
アルゴリズムを考えるのは貴方です。しかもタダでプログラマ作る人を期待しないように。

*分散処理
並列処理が可能なプログラム構造なら分散処理で。
それでも100回すなら最適化して100台のPCが必要。
昔はPCも高かったのでソースコードが並列処理に変更可能でも直列処理になってるかも知れない。

ネットワークでつながってればプロセス間通信でなんとかなるかも知れないけど。
しかし光ファイバーでつながった何台ものPCより一台のスパコンが処理速いと聞いたことはある。

*アルゴリズムの見直し
数値解析が近似値として許容できる決まった数値になるなら
予め計算した数値をテーブルに用意して置くとか。あるいはその近似値を使って制度の高い数値を得るとか。

コメント1件

173
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:55:07
logの定義なんですけど、どうして底eは実数かつe>0かつe!=1と言う定義を採用しているんですか?
そういう定義にしておかないと古典数学全体が崩壊するような何かの謎があるんですか?
コメント3件

174
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:56:00
x)プログラマ作る人を期待しないように。
○)プログラム作る人を期待しないように。

175
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:56:27
e!=1って何?

176
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 22:59:45
>173
logの定義を書いてみてください

177
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:01:59
>172
補足
・ベクトル計算機
・いきなり本番のプログラムをつくる馬鹿はいない
・最適化の方法は理論から実装まではいくらでもある
コメント1件

178
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:02:20
>166
どういうことですか…?
コメント1件

179
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:03:52
>178
関数が積分できることに関する定理だよ、わかんないのー
コメント1件

180
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:04:10
eって書くから紛らわしいけど、一般の対数の底について言ってるのか。
例えばlog[1]5というのは1^a=5を満たす実数aのことになるが、そんな実数はないので定義できない。
0や負の数の場合も同様に変なことになる。自分で試してみるといい。
コメント2件

181
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:04:13
ベクトル計算機アーキテクチャって2012年現在でも開発してるところあるんですか?

182
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:04:52
http://contest2002.thinkquest.jp/tqj2002/50027/index.html
このページの一番上の問題間違ってないですか

183
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:05:11
>173
あと、底eの定義もちょっと書いてみてください

184
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:05:31
>173
log_a(x)の底aは、どうして実数かつa>0かつa≠1とされているのですか?

と訳してみる

185
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:06:16
エスパーあらわる

186
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:07:02
リンクできてない…
正負の数の3つ以上の数の乗法除法のところ
24÷(−3)×4という問題

187
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:07:39
なるほど、「e」って書いてあるから、このeは自然対数の底のことかと思ってました。
そう書いてないから、一般に対数関数の底のこととも解釈できますね。
「うちのポチはよくなく」と言ったとき、「ポチは犬だろう」と勝手に解釈してしまう心理ですね。

188
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:09:40
2^0+2^1+2^2+2^3+2^4=2^5−1)÷)2−1
になる理由おなしゃす
コメント1件

189
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:11:54
>180
e!=1なので1^a==5は定義から除外されてるのでそもそも考慮外ですが・・
logはどうしてそういう定義を歴史的に採用したのかlogの作用・演算の線形性(の公理)の観点からの考察を問うてます。
コメント4件

190
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:14:03
あらたな馬鹿あらわる

191
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:16:46
>179
何か定理を使うのですか…?

コメント1件

192
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:18:48
>191
定理を使わずに積分するのか?数学じゃないだろ
コメント1件

193
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:20:32

194
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:22:31
>188
俺のイージーな奴先といてくれよ
コメント1件

195
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:23:18
>194
1を100回読め

196
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:25:53
>192
必ずしも定理を使う必要はないと思うのですが…
コメント1件

197
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:27:35
>196
基本的な質問だと言ってるのだが

198
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:28:26
>189
用語並べて悦に入ってる哲か?

199
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:28:37
>177
いつの時代の方ですか? ↓のような記載があります。
>ベクトル計算機
http://ja.wikipedia.org/wiki/
最近ではベクトル計算機という呼び方をすることは少なくなっている。最近のプロセッサの命令セットには
AltiVec や Streaming SIMD Extensions (SSE) などのベクトル処理命令が含まれている。

次に「本番のプログラム」の意図が解りませんね。
プログラムを作ることが本番なのかテストプログラム(プロトタイプ)の後に作ることが本番なのか。

>・最適化の方法は理論から実装まではいくらでもある
ではそれらを披露して下さい、「ベクトル計算機」とかでw

口先だけであれば何とでも言えますから。

コメント2件

200
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:29:41
y=sin^3x+cos^3xの最大値、最小値を教えてください。
y'、y"は出来たけどy'=0の解が出ません
コメント2件

201
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:30:25
>199
いやだよーん

202
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:31:57
n を自然数とするとき、
  p^n+q^n=r  
を満たす正の有理数の組 (p,q,r) が存在するための必要かつ十分な条件は
  n=1 or 2  
である、ということを証明し、それを解説してください。


コメント1件


203
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:32:11
>189
あなたが何の話をしているのか分からないので
あなたのいう「log」とか「e」の定義を教えてください
コメント1件

204
201[sage]   投稿日:2012/05/12 23:33:21
>199
どういう問題も書いてないのに、馬鹿かおまえ
コメント1件

205
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:37:08

206
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:41:18
>203
知らないなら黙っていてください
私は知識と頭脳のある人に聞いている
コメント1件

207
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:42:29
逆ギレしちゃった

208
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:42:49
>206
用語並べて悦に入ってる哲か?

209
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:44:18
>160
連続関数で、無限遠方に行くにつれて高くなる山を持ち、山の幅は狭くなって面積は2^(-n)のように減少して行くとする。
これは有限な積分を持ち、有界でない。

210
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:45:44
「丸太」と「電子の」(接頭語)

211
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:46:47

212
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:47:14
>189
もし底を1にしてしまうと>180みたいにおかしなことが起きちゃうから底を1にしてはいけない、ということなんだが

213
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:47:20
>200
その出来た y'、y'' を
まずはここに書いてはどうだろう

コメント1件

214
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:48:40
>202 は、
たぶん、r=1 もしくは 式中右辺の r が r^n だろう。

215
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:49:43
卒論に「2chの皆様に感謝します」か

216
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:49:46
>189
logの定義のどこに疑問を持ってるの?
難しい言葉は並べなくていいから、疑問点をはっきり指摘した方がいい
コメント1件

217
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:49:59
n を自然数とするとき、
  p^n+q^n=1  
を満たす正の有理数の組 (p,q) が存在するための必要かつ十分な条件は
  n=1 or 2  
である、ということを証明し、それを解説してください。


コメント1件

218
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:51:31
>204
既にそれなりに動くプログラムはあるようでテストはしてるようです。
先輩の残してくれたプログラムかも知れませんけど理系では良くある話です。

>どういう問題も書いてないのに、馬鹿かおまえ
地震波の測定と書いてるしその精度を高めたいとも。
しかし精度を高めるとなると時間がかかり過ぎるのでどうしたらと良いかと言う相談です。

「いやだよーん 」で終わればマダしも内容を全然理解してないコメントは恥の上塗りがぴったりの表現。

>157
と言う経緯で日を改めるか別な掲示板で相談しないと建設的な条件を整えることは難しいです。

コメント1件

219
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:52:04
フェルマーの大定理

220
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/12 23:54:13
>213
y'=3(sinxcox)(sinx-cosx)
y"=3(2sinxcos^2x-sin^3x)-3(cos^3x-2sin^2xcosx)

間違ってたらすみません
コメント1件

221
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/12 23:57:02
>218
ここは痔芯板か?
つっこみの意図がわかないのならプログラムかくのやめろ

222
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 00:06:35
つか、C君がまた降臨してるだけに見える

223
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:07:47
>200
t=cos(x)+sin(x) とおいて、y を t で表すことを考える。
ここに、|t|≦√2 だ。
コメント1件

224
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 00:15:19
>223
微分を使って解く問題なんですけどtに置き換えしても解けるんですか?
コメント1件

225
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:18:20
わかる方いたらお願いします。
>167

226
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:21:47
>216
logの定義に不満があるんじゃなくてwell-definedだなと関心しています。
しかし、古典数学の期間(ニュートンオイラーまでとする)ではそれで必要十分でも、近代・現代ではlog関数がそのような定義である必然性はありません。
例えばlog[x]==yについて、eの定義により現代でも禁則事項とされている1^y==x, 0^y==xはこの板でもよく議論され、結局logの古典的定義と線形性(の演算作用)の再考に集約されます。
この板でも複素数(オイラー公式)への親しみが進んだとこともあり、ここでどうしてlogはそういう定義を歴史的に採用したのかlogの作用・演算の線形性(の公理)の観点からの考察を問うことは、log関数と線形作用の深い理解を助ける蓋然性が高いと考えます。
したがって、そういう定義にしておかないと古典数学全体が崩壊するような何かの謎があるんですか?と現代数学の深部に到達することができます。
コメント3件

227
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:23:13
>167
ジョルダン測度とルベーグ外測度の違い

228
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:23:24
だから、お前の言ってる
log、eの定義はなんだよw
コメント1件

229
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:24:30
logの定義の必然性ってなに?

230
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:24:44
>226
崩壊するわけがない
別の定義をしたのなら、それは別の関数なのであって、本来のlog(とその性質)とは無関係だろう

231
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:27:14
たぶん関数方程式 f(xy)=f(x)+f(y), f(1)=0
で(底の違いを除いて)特徴付けられるんじゃないか
fに適当な滑らかさを仮定したりして

232
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 00:27:24
たとえば、解析概論に書いてあるように、
円周の長ささえ分かれば、どのような経緯をたどってもsinxは同じように定義されるだろう
(定義のしかたは違っても、数学的に同じ概念として定義されるだろう)
ってこと
コメント1件

233
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:28:01
>226
> eの定義により現代でも禁則事項とされている1^y==x, 0^y==x
eの定義でなぜ1^y==x, 0^y==xが出てきて、その上禁止されてるんだ?
他の人たちとは別のものを「e」と言っているように思えるんだが

234
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:29:04
歴史的にみて、拡張の必要上定義が変更されるなんて、べつに珍しいことじゃないだろ

235
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:31:25
>224
t^2=1+2cos(x)sin(x) だから cos(x)sin(x)=(1/2)(t^2-1)
y=(cos(x)+sin(x))^3-3cos(x)sin(x)(cos(x)+sin(x))
=t^3-(3/2)(t^2-1)t
=(1/2)(-t^3+3t)
これはtの3次関数だから微分を使って頑張ってくれ。

236
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:48:28
>228
logが正関数で、logの逆関数がexpとなるような定義(公理)が構築出来れば十分です。
体はもちろん環(可換環)の代数の方まで理論構築できそうですが、トポスやフローなど先端ツールを理解できてないので私には力及ばずそんな彼方までは見えてません。


237
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:53:15
ナイス釣り

238
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:54:50
やっぱコンピュータ君だな。
馬鹿さ加減は健在。

239
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:56:24
トポスw
たぶんその単語を使いたかったんだろうな
もう満足か?

240
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:57:00
こんな事もあったな
万年、知ったかぶりのコンピュータ君

372 名前:132人目の素数さん[] 投稿日:2009/10/16(金) 22:03:08
2つの2次曲線C1 C2 の交点のうちx座標を4つ求めよ。
C1: 10 x y - 11 x + 2 y =0
C2: -45 - 25 x + 22 x^2 - 25 y + 18 x y - 4 y^2 =0

471 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 19:12:49
>372

 C1 から x+y = x(10x+13)/(10x+2),
これを
C2: -45 + (x+y){26x -4(x+y) -25} = 0,
に代入する。

472 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 19:49:04
>471
なるほどカルダノですか。

241
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:57:17
トポスて観葉植物だよな
コメント1件

242
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 00:59:17
>220
>y'=3(sinxcox)(sinx-cosx)
となるのであれば、y'=0となるのは、sinx=0, cosx=0, sinx-cosx=0

243
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:00:43
2^x+3^y+5^z=120を満たすx,y,zが存在しないことを示せ
コメント1件

244
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:01:14
い や だ

245
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:02:17
でーきーなーいーの?

246
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:03:19
い  や  だ

247
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:04:23
2^x+3^y+5^z=n!(n≧5)を満たすx,y,zが存在しないことを示せ
でもいいけど、無理でしょw

248
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:05:15
>243
x=log[2](118)
y=z=0

249
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:05:51
条件x,y,z,nは整数を追加

250
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:17:16
>226
> eの定義
って、exp(x)の定義か?

と思ったけどそれでも
> 1^y==x, 0^y==x
が出てくるのが分からんなぁ
コメント1件

251
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:25:01
>232
もちろん高校数学までは一般角と言ってもsin(x + 2 PI k)==sin(x)のことですが、xが動点(可動点)であり周期かどうか未定(理論上無限長可動)であるとき
例えば円弧長x=4200; sin(4200)==sin(4200+2*PI)==sin(4206.28...)と等号式とみなして議論して本当によいかどうかは、sinやexpが古典数学を越える事象の計算では十分な議論が必要な論点です。
なお被覆についても近い論点なので演算作用(のルール)の観点から同時に何か少し見えてくるかもしれません。

252
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 01:28:07
大したことではないのだが、これの証明がいまひとつうまくできないんだ。

f:X→Y を局所Noetherスキームの間の固有射であるとし、
X , Y の構造層 , の間には f*( )= が成り立つと仮定する。
このとき、任意の y∈Y に対し、 f^-1(y) は、空でなく、連結である。

253
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 02:13:43
>250
簡潔に徹して書いたので分かりづらいところはあります。
従来数学どおりオイラー数E(ネイピア数とも呼ばれる)の実数累乗、E^y (exp(y))の逆関数としてlogを定義したから、底eは上のような制約が科されているのではないかと考えてもこの議論(リニア性質の論点)では差し支えありません。
この板でもよく議論される0^0, 0^y, (e^0は別定義による)は、logの(演算規則の)世界で成立させるには底の定義方法によって現代でも禁則事項とされている底=0を考えのと同質
すなわち0^y==xを満たす必要があり、いつまでも曖昧にしたままだとsqrt(-1)と同じ歴史のてつを踏むかもしれません。
普通の人は考えませんが、位取りの基数とみなした底eが整数でない・可変である・無限であるなどの時はどうなのか数学研究は行われているのかという疑問もこの板ではたまに出てきてます。
1^y==x, (-1)^y==xについては字面上出てきませんが、当該議論を演算規則(の公理)によって意思疎通出来るなら実はこの板でもよく議論され、結局logの古典的定義と線形性(の演算作用)の再考に集約されます。
しかしながら非力な私が出来るのはここまでです。

254
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 02:26:00
質問です(´;ω;`)
まず下の2つの画像を見てください。
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm50946.jpg
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm50947.jpg
で、この画像の1番目の問題を見てください。
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm50949.jpg
これをロピタルの定理Bが使えるようにあれこれやってみたのがこの画像です。(見づらいですがご勘弁を)
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm50950.jpg

なぜ1になるのか論理的に示すことができません(´;ω;`)
やむをえず勝手に仮定とかしちゃいました(´;ω;`)
どうすれば1と示すことができますか?(´;ω;`)
コメント1件

255
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 04:36:09
>217
0^3+1^3=1

256
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 04:38:03
おっと、正という条件があったか。

257
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 04:44:50
最初の変形がおかしい。
なぜ素直に定理を使わない?
コメント1件

258
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 07:54:45
2^0+2^1+2^2+2^3+2^4=2^5−1)÷)2−1
になる理由おなしゃす
コメント2件

259
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:19:37
>258
2^n+2^n=2^(n+1)

260
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:21:23
ごめん分からん
詳しくおなしゃす

261
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:23:44
等比数列の和の公式

でも>258の式を見て何かおかしいと気付かないレベルだと多分理解できない
コメント1件

262
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:26:09
>261
あ、そうだったありがと
あとこの式おかしいか?

263
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:28:27
÷)ニヤリ
コメント1件

264
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:30:05
>263
わかりやすくしたつもりなんよ
すまんな
コメント1件

265
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 08:52:40
>264
意味がわからん

266
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 11:59:45
大したことではないのだが、これの証明がいまひとつうまくできないんだ。

f:X→Y を局所Noetherスキームの間の固有射であるとし、
X , Y の構造層 G , H の間には f*(G)=H が成り立つと仮定する。
このとき、任意の y∈Y に対し、 f^-1(y) は、空でなく、連結である。

267
254[]   投稿日:2012/05/13 13:47:05
>257
そのままだったら分母も分子もx→∞のとき∞だから、
ロピタルの定理Bが使える条件の一つ:x→∞のときf(x)、g(x)→0
が満たされないじゃないですか(´;ω;`)

268
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 14:02:57
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY9J21Bgw.jpg

例題42の
「sinθ+2 > 0 であるから」
というのはどうすれば
分かるのでしょうか?

269
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 14:12:41
sinθは
-1から1までの間
つまり
一番小さくても1、大きくて3
コメント1件

270
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 14:27:56
>269
ありがとございます!

271
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 15:08:42
祭りの出店に以下のようなゲームがありました
確率を求めたいのですが分子が分からないため方針教えてください


6*6の正方形、36マスのビンゴの枠があります
同様に1から36まで書かれた玉が各1個=36個の玉があります
ここから15個玉を引き(先に15個引くから重複はしない)縦横斜のどれかがビンゴしたら景品
複数ビンゴは不問で1列揃えばok

この時のビンゴする確率を求めたいです
よろしくお願いします
コメント2件

272
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 15:41:22
>254
x > 0 の時
x = log(e^x) < log(1 +e^x) < log(2e^x) = x +log(2)
1 < log(1 +e^x)/x < 1 +(1/x)log(2)
ゆえに x → ∞の時 ロピタルいらなくなった
ロピタル使わないといけないのに極限の存在を示そうとすると
どうしても極限値1が分かってしまう
誰だよこんなアホな問題作った奴は
コメント1件

273
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 15:52:17
教えてください


+−より×÷のほうを優先するという計算規則はいったい誰が決めたのでしょうか?
また、その規則を採用してもあとあと困らない(矛盾が生じない)ことは証明可能なのでしょうか?

274
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 16:01:28
一つの式の計算順を一つに定めてるので矛盾は生じない

275
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 16:17:28
関数f(x、θ)について
x→aの時
f(x、θ)→f(a、θ)
が成り立つ時

sup(−π/2≦θ≦π/2)|f(x、θ)−f(a、θ)|→0(x→a)

は言えますか?
コメント1件

276
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 17:09:34
慣例通りの優先順:(a+b)(c+d)、ab+cd
和を積より優先:a+bc+d、(ab)+(cd)
優先順がある場合は全てカッコを使う:(a+b)(c+d)、(ab)+(cd)

まあ迷ったらカッコを使っておくのが無難

277
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 17:57:36
数3定積分です

∫(上底1下底0)exp(√x) dx です
(∫(上底1下底0)e^(x~1/2))
高校数学の範囲で答えられる問題でしょうか?
よろしくお願いします。
コメント1件

278
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 18:13:17
複素関数論の問題です
zcotzの孤立特異点はz=kπ (kは整数)になります
各特異点が何位の極か、あるいは除去可能な特異点かどうか調べて、その点での留数を求めよ
という問題です。
とりあえず除去可能な特異点はz=0に限り、その留数は0であることまで分かりました。
その他の点はローラン展開の主部を持つことになりますが、どの位数はどのように調べれば良いでしょうか?

279
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 18:50:17
cotzの周期性に注意

280
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 18:53:34
>277
u=√x

281
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 18:56:32
>271
まず結果は
a.縦1本だけ揃う
b.縦2本が揃う
c.横1本だけ揃う
d.横2本が揃う
e.縦横だけ揃う
f.縦斜だけ揃う
g.横斜だけ揃う
h.縦横斜が揃う
i.ハズレ
があって、全部でa+b+....+h+i = 36C15通り

hは6×2×5 = 60通り
e = (少なくとも縦横が揃う組み合わせ)-(縦横斜が揃う組み合わせ(h)) = 25C4×36-60通り
f = (少なくとも縦斜が揃う組み合わせ)-(縦横斜が揃う組み合わせ(h)) = 25C4×12-60通り
g = (縦横は対称なので)f = 25C4×12-60通り
b = 24C3×6C2通り
d = b = 24C3×6C2通り
a = (特定の縦1本が揃う組み合わせ×6)-(縦2本が揃う組み合わせ(b))-(縦横だけ揃う組み合わせ(e))-(縦斜だけ揃う組み合わせ(f))-(縦横斜が揃う組み合わせ(h))
. = (特定の縦1本が揃う組み合わせ×6)-(縦2本が揃う組み合わせ(b))-(少なくとも縦横が揃う組み合わせ)-(少なくとも縦斜が揃う組み合わせ)+(縦横斜が揃う組み合わせ(h))
. = (30C9×6)-(24C3×6C2)-(25C4×36)-(25C4×12)+60通り
c = a = (30C9×6)-(24C3×6C2)-(25C4×36)-(25C4×12)+60通り

これで必要なのは全部
求めたいのは(a+b+.......+g+h)/36C15
= {2×((30C9×6)-(24C3×6C2)-(25C4×36)-(25C4×12)+60+24C3×6C2+25C4×12-60)+25C4×36-60}/36C15
=。。。。

試験中にこんなん計算してたら完璧間に合わないし、
多分エレガントかつスマートな解法が他にあると思う
コメント1件

282
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 19:54:21
>281
ナナメ2本

283
281[sage]   投稿日:2012/05/13 20:19:29
ああ〜気付かなかった。指摘ありがとう。

斜2本 = 24C3
斜1本 = (特定の斜1本×2)-(斜2本)-(縦斜(f))-(横斜(g))-(縦横斜(h))
= (特定の斜1本×2)-(斜2本)-(少なくとも縦斜)×2+(縦横斜(h))
= (30C9×2)-(24C3)-(25C4×12)×2+60

を分子に加えれば完成かな?

284
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 20:51:14
>275をお願いします

285
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 20:56:09
言えない
反例は簡単に分かるだろ
コメント1件

286
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 21:07:35
A∪B=B⇔A⊆B
の証明をどなたか教えてください。
コメント1件

287
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/13 21:31:51
>285
どのような例でしょうか…?
コメント1件

288
254[]   投稿日:2012/05/13 21:35:44
>272
なるほど・・・はさみうちでやると1に収束するのが分かりますね(*´ω`*)

wikiにf(x)/g(x)→∞/∞ (x→∞) 形のロピタルの定理の証明があったのですが(↓)、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%...#.E2.88.9E.2F.E2.88.9E.E5.BD.A2
式変形過程が省略されていたので自分なりの解釈を加えつつ分かりやすく書き下してみました。
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm50964.jpg


ああああああああああああああああああああああああスッキリした(*´ω`*)

289
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 21:41:19
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYk9ivBgw.jpg

248の(2)なんですが

答えには 5π/4 となっていました。

なぜ π/4 は含まれないのでしょうか?

http://beebee2see.appspot.com/i/azuY6YCrBgw.jpg


コメント1件

290
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 21:46:01
書いてるじゃん.....

はぁ....釣りか?
コメント1件

291
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 21:49:42
きっと分からんのだろう
この手の深刻な質問は良くある

>289
第二象限と角度の対応が付いてない か
そもそも「象限」の意味が分かっていない の
どちらか

コメント1件

292
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 22:06:35
>290
>291


なす角と間違えていました!!

失礼こきました!!!

ぷ〜!!

293
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 22:56:44
>286
まず基本的なことは分かってるだろうか

これを証明するには「左⇒右」と「右⇒左」を示せばいい。
左⇒右は、A∪B=Bであるとして、A⊆Bを示す。
A⊆Bとは、任意のa∈Aに対してa∈Bとなるということ。
右⇒左は、A⊆Bであるとして、A∪B=Bを示す。
A∪B=Bとは、A∪B⊆BかつA∪B⊇Bということ。
A∪B⊆Bとは、任意のa∈A∪Bに対してa∈Bとなるということ。逆も同様。

ここまで整理すればあとはA⊆A∪Bとかを使ってできるはず

294
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 23:24:23
(1/9)の確率で当たるくじを30回引いた時、当たる回数の期待値はなんですか?
コメント1件

295
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 23:53:53
Σ[i=0,30](C[30,i]*(1/9)^i*(8/9)^(30-i)*i)=10/3
コメント1件

296
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/13 23:58:54
>295
ありがとうざおいます

297
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:00:27
>294
めんどくさ

298
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 00:21:14
「数列a[n],b[n]がともにコーシー列であるとき、数列{a[n]+b[n]}もコーシー列である」
の証明はどのようにすればいいのでしょうか?
ε-δ論法やこの問題など、大学数学の問題がどうもわかりません・・・
コメント1件

299
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:23:07
>298
コーシー列の定義は?
コメント1件

300
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 00:36:10
>299
数列a[n]がコーシー列である

任意の正数εに対し、自然数Nがあり、
n,m>N⇒|a[n]-a[m]|<ε
が成立することである
となっています

a[n]がコーシー列なので
n,m>N⇒|a[n]-a[m]|<ε/2…
同様にb[n]についても
n,m>N⇒|b[n]-b[m]|<ε/2…
,鉢△鯊して
|a[n]-a[m]|+|b[n]-b[m]|<ε
⇔|(a[n]+b[n])-(b[n]-[m])|<ε
という風に考えたのですが、,鉢△鯊したことや絶対値絡みの計算がいいのかどうかわからないのです
コメント1件

301
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:38:06
>300
高校生レベルの方程式を解くときみたいな、同値変形しか頭にないと、不等式は扱えんよ

302
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:40:54
|(a[n]+b[n])-(a[m]+b[m])|
=|(a[n]-a[m])+(b[n]-b[m])|
≦|a[n]-a[m]|+|b[n]-b[m]|<ε
コメント1件

303
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 00:45:55
a-a<e,b-b<e for n,m>max(Na,Nb)
a+b-(a+b)<(a-a)+(b-b)<2e
コメント1件

304
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:48:48
添え字くらい付けろよw

305
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 00:57:35
添え字は添えるだけ

306
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 01:01:38
>287
不連続関数を考えてみろ。
原点で0だが正から近づくと∞になるやつとか。
コメント2件

307
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 01:04:33
>302,>303
三角不等式というものがあるんですね
わかりました!ありがとうございます!

308
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 01:06:31
コーシー列を知ってるのに三角不等式を知らなかった…だと…

309
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 01:19:26
ありえない、何かの間違いではないのか?

310
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 01:22:19
あるかもよ。
学位取得口頭試問で、自分の理論の具体例を聞かれてな〜んにも挙げられなかった奴が生まれる時代なんだから。
コメント2件

311
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 03:04:07
可換な群をわざわざ「アーベル群」と呼ぶのは何故なんだぜ?

312
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 04:14:30
>271
417114528/7307872110 = 69519088/1217978685 ≒ 0.057077...

きっとどこかでバグっている…
http://codepad.org/nOhmLA1n

313
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 04:25:51
さっそくイージーバグあった。アホか俺
87行目
×:think2(16-1, 0-1, b);
○:think2(15-1, 0-1, b);
199478416/5567902560 = 12467401/347993910 ≒ 3.5826%

314
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 09:22:47
>306
具体的に反例となる関数を挙げていただけませんか…?
コメント1件

315
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 10:14:24
>314
>306じゃないけど
|θ|≦|x|ならf(x,θ)=1
|θ|>|x|ならf(x,θ)=0
a=0
とか。
式じゃ分かりにくいからグラフで理解してくれ。
3次元のグラフじゃなくて、xを固定してθの関数としてグラフを書いて、
xが変化する毎にグラフが変形していく、とイメージするといい。

316
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 11:27:24
x^2/e^(-1/x)
の積分はどうすればいいのでしょうか?

xy'-y=x^3の解を出したいのですが。
コメント1件

317
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 11:37:19
>316
自己解決しました。計算ミスしてました。

318
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 12:19:37
1+1の答えがわかりません!

319
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 16:18:06
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

320
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 16:21:18
>310
具体例が存在しないかもしれない条件で論文を書きました。すみません

321
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 16:30:33
>310
200年位前だと
ノルウェーのアーベルって奴とか
簡単な具体例をその理論に当てはめてくれと言われて


あれーーーーーーーーーー間違えちゃったーーーーーーー



って事あったな

322
132人目の素数さん []   投稿日:2012/05/14 17:36:47
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1170964671
これの説明できる人いる?
ベストアンサーよりわかりやすく
コメント1件

323
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:01:29
>322
ベストアンサーがわかりやすすぎるので俺にはちょっと無理。

324
132人目の素数さん []   投稿日:2012/05/14 18:02:47
あまりのペアとかわけわかんないんだけど・・・

325
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:07:02
わかりにくいと感じる人がいたら、それは「1」ばっかりで見辛いとかいう理由じゃないのか?

326
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:10:32
表裏の確率が同じのコインがある
コインが4回連続で表になるまでコイントスを繰り返すとする
例:
表表表裏表表表表→7回

上の試行を繰り返したとき平均何回目で終わるか求めよ
コメント2件

327
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 18:17:32
Aをn次正方行列とする。Aのある列の成分が全て0ならば、Aは逆行列を持たないことを示せ。

この問題なのですが、僕は背理法で示そうとしましたがうまくいきません。
解)Aのm列の成文がすべて0のときAが逆行列を持つ、すなわちAB=EかつBA=Eを満たす行列Bが存在すると仮定する。ただし1≦m≦nである。
(i)BAについて、BAはm列の成分がすべて0となるが、BA=Eであるから矛盾。

↑ここまではできました、次ABについても矛盾することを言いたいのですが、できません。

続きを教えてください。または他に適当な解法があれば、そちらを教えてください。
よろしくお願いします。

328
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:24:38
予定通り矛盾を導けたのに、まだやることがあると思っているわけか
コメント1件

329
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 18:30:11

330
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:32:26
(10^1001-1)/9 mod 2003 = 0

331
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 18:34:25
>328
ABのほうも矛盾を導かないといけないと思ったのですが、違いますか?
コメント2件

332
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:53:30
統計から

エクセルの回帰分析って結局は被説明変数と説明変数がどれだけ相関しているか
信用できるかを示す尺度でしかないの?
コメント1件

333
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 18:55:20
>331
逆行列って右と左で違うのかい?
その辺やってないのかな?
コメント1件

334
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:58:21
>331
Pから矛盾が導ける
Qから矛盾が導ける
よって、PまたはQと仮定すると矛盾する

この場合と混同してるんだろ
今は「PまたはQ」ではなく「PかつQ」と仮定して矛盾を導いたんだ

335
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 18:59:09
>329
このクッソ簡単な問題を解くために一体君はどんな努力をしたんだい?

336
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 19:01:53
y=3-2xを代入すると

x^2+y^2
=x^2+(3-2x)^2
=x^2+9-12x+4x^2
=5x^2-12x+9
=5(x-6/5)^2+9-36/5
コメント1件

337
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 19:02:29
>336
1行目から2行目はどう変形したのですか?
コメント2件

338
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 19:04:14
>337
疑問を感じたら、ちょっとは文章を見直すとかしろよ

339
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 19:06:10
>337
そうだな。
たしかに、代入とかよく考えると不思議だよな
でも、これは等式の性質から論理的に導けることだ
直感的には当たり前だから、中学では厳密にはやらないけどな
証明もただ計算するだけだから、是非自分でやってみたまえ

340
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 19:08:49
連立一次方程式なんですが、なんで式同士足し引きして解いても、一文字について解いてから代入して解いても、同じ答えが得られるのですか?
コメント6件

341
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 19:08:55
y=3-2xを代入すると ← 1行目
              ← 2行目
x^2+y^2
=x^2+(3-2x)^2

342
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 19:41:09
>333-334
なるほど分かりました。ありがとうございました

343
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 20:04:55
>329
まずy=-2x+3のグラフを書く

x^2+y^2は正で、平方根は原点(0,0)からの距離になる
x≧0,y≧0で一番原点から離れてる点を探すと(x,y)=(0,3)、x^2+y^2=9

一番近い点は原点からy=-2x+3への垂線との交点
垂線は原点を通るのでy=ax、直交するのでa=-(-2)^(-1)=1/2→垂線はy=x/2
y=-2x+3に代入してx/2=-2x+3→x=6/5、y=3/5、x^2+y^2=45/25

344
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 20:17:13
>340
なにか例題出してみて。
それ使って解説してあげる。
コメント2件

345
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/14 20:20:58
>344
3413421x +132412y +8987z = 2341
4335322x +981341y +3141z = 3141
3421411x -389214y +3414z = 8098

これでお願いします。
コメント4件

346
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 20:26:42
>332
その手の分析は全部そうじゃね?
検定とかも含めて。

347
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 21:07:48
>345
  ∧_∧
⊂(#・д・)  やってられっかボケ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄
そのお題は解説するのがめんどくさすぎるから却下。
要するにね、代入ってのは式の足し算引き算という計算操作を手短にしたものなんだわ。
代入して得られた式ってのは式の足し算引き算の到達点なわけ。
つまりパッと見やってることは違うけどゴールは同じってわけ。
だから答えも一緒。
コメント1件

348
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 21:10:47
>345
ふいたww
>347はやさしいなー

349
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 21:53:51
>344
ax + by + fz = u
cx + dy + gz = v
0x + 0y + ez = w

これでお願いします
コメント2件

350
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:02:11
>340
論理的に正しい変形である以上、矛盾は起こらない。
順序が適当でなくて答に行き着かない事はあっても、答に達したなら同じ答にしかならない。
コメント2件

351
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:03:57
どういう変形をしたって同値なら3平面の交点ってだけだねえ
もっとも交わった箇所が点でない場合はまたいろいろあるけど

352
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:05:08
>350
道がたったひとつの山頂に繋がっているかぎり、どこかあ登っても山頂に辿り着けるようなもん
コメント3件

353
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:05:32
安価ミス350→>540

354
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:05:58
安価ミス
>352>340

355
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:23:28
安価ミス
>340>345

356
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:25:08
>352安価ミス
>350>340

357
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:32:23
高価なIT資産を無駄使いするんじゃない。

358
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:39:55
>349
今度の例題はzが自明だね。
まず一般的な話をするね。足し引きして得られる式と代入して得られる式が同じ事を示すよ。
ax + by + fz = u ・・・
cx + dy + gz = v ・・・

からzを消去してみるよ。
足し引き算で消去するやり方の場合、
,gをかけて agx+bgy+fgz=gu ・・・
△fをかけて cfx+dfy+fgz=fv ・・・
として-い鬚垢襪茲諭
(agx+bgy)-(cfx+dfy)=gu-fv ・・・

今度は,らz=の形にしてそれを△紡綟すると
cx+dy+g(u-ax-by)/f=vだよね。この式を書き変えてみるよ。
両辺に-fをかけると -cfx-dfy-g(u-ax-by) = -fv
これは-(cfx+dfy)-gu+(agx+bgy) = -fvだから、両辺にguを足せば
(agx+bgy)-(cfx+dfy)=gu-fv
これはイ汎韻玄阿世茲諭

つまり足し引き算も代入も結局は同じ式に行きつくんだよ。ゴールは同じ。

これで分かった・・・よね?
コメント2件

359
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:50:51
ケミルトンハーリーで場合わけをする理由を教えてください
コメント2件

360
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 22:53:18
>359
詳しく

361
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:10:24
>358
そのガウス消去法(数学3C)の例題から、アフィン写像か上三角行列(対角行列)においての一次独立性とベクトル空間の議論に発展することを期待してたんですけど・・・
コメント3件

362
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:14:47
>361
自分で線型代数の本を読んだほうが早いよ。
コメント1件

363
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:18:23
>359
A=(a,b,c,d)がA^2-A-E=0を満たすとき、a+b,ad-bcの値を求めよ。等式の数値は適当です。

A^2-A-E=0・・・
ケーリーハミルトンの定理より
A^2-(a+3)A+(3a+b)E=0・・・
-△茲
...
{-1+(a+3)}A+{-1-(3a+b)}E=0
A≠kEのとき、
Aの前とEの前が共に0(略表記)
A=kEのとき、
...


と進みますが、まぁこのようにして説明されれば分かるのですが、そもそもこのような場合わけが生じる理由が知りたいです。
コメント2件

364
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:23:09
>361
そこまで分かってるのなら何故質問したんだ?

365
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:32:28
>361
アホか
5時間も時間を無駄にしたろ
それを聞きたいならさっさと聞けよ
なんでそんなに回りくどいんだ?

366
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:38:02
スレを劇場と見立てて演技してるんだろ。
コメント1件

367
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:40:13
>362
別人なんですけど、>345をネタにして議論をしやすいように>349の例題に改変しただけです。
一次独立性の視点がないなら、せっかくなので加減法・代入法・等値法の3つの計算方法(中学数学)から、この計算方法を成立させるため理論への発展があると興味深い議論になったかもしれません。
中学数学と言ってもガウス消去法とLU分解の議論ならそれでも面白いと思います。

368
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:44:34
なるほど、確かにスレの主旨を履き違えている人がいるようだ

369
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:45:47
議論も何もとっくの昔に研究し尽くされてるじゃねーか
おとなしく線形代数の本でも読んどけっつーの
それか線形代数スレにでも行け

370
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/14 23:55:25
コンピュータ君が徘徊する季節か

371
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 00:01:25
>352
もちろん、>340の疑問は興味深いのでベクトル空間の視点か、計算方法の視点からどういう議論するのか興味があったからです。
ベクトル空間(加法性)と一次独立性に触れないで、あの方法でもこの方法でも答えは同じでこれらすべての計算方法は常に正しいことを説明するのは少し難しいじゃないかと思いまして・・・

372
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 00:02:58
>363
お願いします
コメント1件

373
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/15 00:10:57
>363
ベクトルで一次独立というものをやると思うがそれと同じ。

A と E が一次独立な時だけ係数比較ができる。

つまり、一次独立な時は
pA + qE = O ⇔ p = q = 0

一次従属だと係数比較が使えない。
pkE + qE = O から p = q = 0 は言えない。

定数倍とか平行のような状況の時に係数比較は使えないから
係数比較が使える時と、使えない時で場合分けするんだよ。

374
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 00:13:10
>358
f=0のとき、足し引き算の方法はよくて、代入する方法はfで割ることになるのでだめかもしれないのはどうしてですか?
ゴールは同じならいいんですよね?
コメント1件

375
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 00:25:05
>374
fが0のときは,鉢△鬚匹βし引き算でもzを消去できないだろ
両方だめという同じゴールじゃん

376
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 01:28:36
>366
おひねり?

377
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 01:57:55
代入法と消去法で
現れる途中式が同じであることは、
中学生の目にも明らか。

378
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/15 10:28:12
R^2における次の各集合について、(a)図示できる場合は図示せよ、(b)開集合である場合はそのことを証明せよ、(c)閉集合である場合はそのことを証明せよ。

(1)空集合
(2)R^2
(3){(0,0)}
(4)→x1,...,→xn∈R^2とするとき、{→xi;1≦i≦n}
(5)(0,1)×(2,3)
(6)[0,1]×(2,3)
(7)[0,1]×[2,3]
(8){(x,y);1<x^2+y^2<4}
(9)(0,∞)×(0,∞)
(10){(x,y);x^3≦y≦x^2}
(11)R^2\{(0,0)}.

さっぱりです。
どなたか教えてください…
コメント1件

379
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 10:38:46
>326
n回投げたときに3回、2回、1回連続表の確率をq(n)、r(n)、s(n)とし
裏となる確率をt(n)とすると
q(n)=r(n-1)/2 r(n)=s(n-1)/2 s(n)=t(n-1)/2
t(n)=(q(n-1)+r(n-1)+s(n-1)+t(n-1))/2
t(1)=1/2 t(2)=1/2 t(3)=1/2 t(4)=1/2
n回投げたときに4回連続表が出る確率をp(n)とすると
4回連続するのは、表が出てから裏表表表表と出る場合か
裏が出てから4回表が連続する場合だから
p(n)=(q(n-5)+r(n-5)+s(n-5))/32+t(n-4)/16 ただしP(4)=1/16
コメント1件

380
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 12:25:19
ここで図示せよと言われてもなぁ〜


381
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 12:38:45
>378
(1)〜(11)の(a)(b)(c)が一つも分からないのか?
分かったやつがあれば言ってくれ

382
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 13:55:52
>326
5641/128

383
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/15 15:11:03
378です

問題が理解するので精一杯で全く解りません…。
コメント1件

384
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 15:13:47
>241
ポトフ?

385
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 15:31:50
>383
考えようとしてないのではなかろうか
(3)の(a)とかもできない?

あと開集合の定義書いてみて

386
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 15:51:42
次の集合の上限、下限を求めよ
?{1+1/n|n∈N}
?円周率πの少数展開において、第(n+1)以下を切り捨てた値をanとするときの集合{an|n∈N}

どなたかお願いします。
コメント2件

387
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/15 15:55:50
開集合は、その境界上にある点を自分自身は含まない集合。あるいはその任意の点の十分小さな近傍をそれ自身に必ず含む集合のこと、で良いんですよね?

コメント1件

388
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 16:03:45
>387
それが分かっててなぜできない
境界とか近傍とかの意味も分かるよな?
それと、(3)の(a)はできたのか?

389
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 16:04:46
確率変数 X,X_1,X_2,…,X_n,…が互いに独立で、同一の離散型確率分布に従い、
P(X>0)=1, E[1/X]が存在して有限であるとき

n→∞で
E[n/(X_1 + … + X_n)] → E[1/X]

は成立しますか?


いくつかの例で具体的に計算してみたら、そうなりそうなんですが
うまく証明できません。
ご助力お願いいたします。
コメント1件

390
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 20:43:27

391
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:13:34
>390
どこらへんがやや難なんだ?

392
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:19:47
>390
その前に一つ質問してもいい?

6(何らかの数)^2+7(何らかの数)-10=0という式がある。

この(何らかの数)を求めてください。
求め方を君は知っているはずですよね。さんざん学校で解いてきたはずですよね。
どうぞ。

393
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:20:08
>390
2次方程式を因数分解で解く。sinからcosを求める。

394
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:21:04
何らかの数ワロタwwwww
まぁ、xってやっといてやれよ

395
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:39:49
甲二自ラヲ乗ジ、サラニ六ヲ乗ゼシモノニ、甲ニ七ヲ乗ゼシモノヲ
加ウルトコロ壱拾ニアイナラム。甲ハ幾バクナルゾ。
のほうがわかりやすいか?

396
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:49:10
>389
E[X]が存在しない場合も試した?

397
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 21:51:34
証明も反例をつくることも同じくらいたいへんなことがわからないのだろ

398
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 22:40:49
>390
カンタンに言えばお前は中学生以下だから小学6年生あたりからやり直せって言われてんのw
そこんところを恥て猛勉強しろアホ

399
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/15 23:53:37
コンプがちゃの話で
レアカードが出る確率が5%でそのレアカードはABCDEFGHの8種類。
GとHはA〜Fに比べて出る確率が半分。
というやつを見たのですが、この場合にレアカードをコンプするときのがちゃ回数の期待値を
どう計算したらいいかよくわかりません。

8種類全部同じ確率なら
20*(1+8/7+8/6+・・・・・+8/1)でいいんだろうとは思うのですが。

コメント2件

400
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 00:37:03
>399
30/700の確率でA〜F(6種)のいずれかが出現するから
(700/30)*(6/6+6/5+・・・+6/1)=343回すればA〜Fはコンプできると期待できる。

5/700 の確率でG〜H(2種)のいずれが出現するから
(700/5)*(2/2+2/1)=420回すればG〜Hはコンプできると期待できる。

343<420だから
G〜Hをコンプする前に、A〜Fはコンプできていると期待できそうだから
420回でA〜H(8種)をコンプできると期待する。


かなりいい加減な論法だけどまじめに計算しても同じか近い数値になると思う

401
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 02:55:08
強引にモンテカルロ応用したら期待値は約514回になった

402
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 07:12:44
線型微分方程式
dx/dt=A(t)x
A(t)∈M(n,R)
x:R→R^n
の解全体の集合Sをベクトル空間として見たとき

{x1,x2,…,xk}⊂Sが一次独立
⇔ ∀t∈R,{x1(t),x2(t),…,xk(t)}⊂R^nが一次独立

は、どのように証明するのですか?
コメント2件

403
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 07:20:14
>402
A(t)の各成分がtについて連続なら

404
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 10:44:49
>386お願いします。

405
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 10:49:57
>386
単調増加数列だから
上限は極限のπ
下限は初項のa[0]=3

406
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 16:30:29
∫_[0,1]t^(n-1)|loglog(1+1/t)|^n dt
をどなたかお願いします!
値を求められなくても有限かそうじゃないか判別していただけるだけでも嬉しいです!
コメント2件

407
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 20:37:40
さっさと教えろください

408
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 20:39:20
さっさと答えろよ無能かおまえら
コメント1件

409
\______________/[]   投稿日:2012/05/16 20:41:13
      ∨
   |/-O-O-ヽ| ブツブツ・・・
   | . : )'e'( : . |
   ` ‐-=-‐
   /    \
||\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
||\\.          \      ∧_∧
||. .\\          \    ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.    \\          \ /    ヽ.
.      \\         / .|   | |
.        \∧_∧   (⌒\|__./ ./
         ( ´,_・・`)目合わせるなって ∧_∧
.         _/   ヽ          \  (     ) うわー、こっち見てるよ

410
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 20:45:50
わたくしめは無能でございますので
どうか>408さま、
無知蒙昧な私に蒙をあたえてくだしあませ

411
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 20:47:35
>402
(⇒) 解の存在と一意性
(?) 明らか

412
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 21:06:43
Xを空でないコンパクトハウスドルフ空間、f:X→Xを連続写像とします

FnはXの空でない閉集合列、F1⊃F2⊃…
とした時
(1)
∩(n=1〜∞)Fnは空でない

(2)
A=∩(n=1〜∞)f^(n)(X) とすると f(A)=Aとなる
この解説お願いします 1番は直感的にはわかるのですが、厳密な証明がわかりません 2番は方針もわかりません
解説お願いします
コメント1件

413
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 21:28:04
そもそも(2)は記号が分からん
コメント1件

414
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/16 21:36:57
>413
すみません
f^(n) はfをn回合成して得られる写像です

415
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 21:43:39
>412
(1) はFnの補集合が開集合になるから、コンパクトの定義を使う。
(2) は x∈A の f(x) が何処に入るか考えてみな。
コメント1件

416
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 21:57:35
>415
頭いい

417
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:28:53
>400
トン。数学力が足りないので、理解するのに時間がかかったスマン。
でもA〜Hが同じ確率だと、約435回だからG,Hの確率が半分を考えるともっとかかるよね。
もしかして数式にすると綺麗とか簡単な形にならなくて、ひたすら面倒くさくなる?

>401
なるほど。わからん。
プログラム走らせて期待値平均とるとそんな感じになるってこと?

418
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:29:49
1から100まで足すといくつになる?
これ5秒で答えられますかね?
コメント1件

419
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:33:16
1+2+3+...+100
コメント1件

420
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:36:58
>419
正解

421
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:41:33
>418
小学校の時に計算して覚えてる。1000までも推測した。

422
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/16 23:42:11
えええええええええええええええ

423
前スレ992[sage]   投稿日:2012/05/16 23:49:26
>4
まだ見てるかな?
一つだけだけど、例を引っ張ってきたよ。

「学校図書 中学校数学3」
H23.2.24文部科学省検定済
ISBN 9784762552229

P7下部 (2) 8x^2÷2x
P9下部 (2) (8a^2b-2ab^2)÷2ab
P17上部 (7) (4a^2b-ab^2)÷ab

コメント1件

424
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 00:38:31
微分方程式
y'=(5x-7y)/(x-3y+2)
の解が
{y-x+(1/2)}/{(3y-5x+5)^2}=C(C∈R)、y=(5/3)*(x-1)
となったのですが、答えには2つ目の式がありません。

1つ目の式で定数を適当に代入しても2つ目の式は出てこないですよね?
x>7/4の時C→∞、x<7/4のときC→-∞としてCの定義域に±∞を付け加えたら1つ目だけで表現できます(?)が…
答えのCの定義域はRとなっています。

誰か正しい答えを教えてください。

425
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 00:50:47
ほかに覚えてるのは、24までは300であり、36までは666、50までは1275くらいかな。

426
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 01:56:02
A{y-x+1/2}+B(3y-5x+5)^2=0
コメント1件

427
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 02:07:22
どなたか>406をお願いします。。

428
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:10:16
>426
あぁ、確かにそれなら一つの式で全ての解が表現されますね
ありがとうございます。

1つの定数で表現しようとしたらどうなりますか?
一応、1階の微分方程式なので任意定数は1つで十分だと思うのですが……
それともその場合は独立した式が2つ必要ですか?

429
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:26:45
両辺Bで割れ
コメント1件

430
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 02:28:03
>一応、1階の微分方程式なので任意定数は1つで十分だと思うのですが……
特異解がなければ
コメント1件

431
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:38:32
>429
y-x+1/2=0のときはB=0なので割れないですよね?

>430
Oh……今のところ特異解をもつ方程式がなかったので忘れてました

みなさんありがとうございます!
おかげさまでなんとか越えられそうです

432
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:48:16
意外と馬鹿の集まりでしたね。
暗記ではなくちゃんと式で答えが出ますよ。
100が200でも500でも5秒で答え出ますので誰か答えてよ
コメント1件

433
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:50:17
>432
からかわれていたことにお気付きでない??

434
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 02:57:51
あぁ、あの超有名な計算法ね。
知ってるけどお前の態度が気に食わない

435
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 03:59:08
・ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの開集合であることを示せ

・ユークリッド空間E^nの相違なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ

この2つに苦戦しています
よろしくお願いします
コメント1件

436
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 04:23:09
>435
どこまで考えた?
問題に出てくる言葉の意味は分かるか?
あと、一つ目問題が違う気がする
コメント1件

437
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 04:38:15
>436
ありがとうございます
「開」集合ではなく「閉」集合でした
正しくは↓です

・ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの閉集合であることを示せ

この問題は「有限個の点から成る部分集合A」という条件から
A内の任意のxに対し、∃ε>0 s.t. (x-ε,x+ε)⊂A
であることを示せればいいのかな、と考えています


・ユークリッド空間E^nの相違なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ

これは開近傍というのがいまいち掴み切れていないためにほぼお手上げ状態です
開近傍の定義は「近傍であり開集合」でいいと思うのですが
どうやったら U∩V=Φ まで辿りつけるのかわかりません
コメント2件

438
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 04:42:09
>437の1問目の考え方は間違えていました
閉集合なので

E^n\A内の任意のxに対し
∃ε>0 s.t. (x-ε,x+ε)⊂E^n\A
であることを示せればいい
ですかね

439
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 04:57:14
>437,438
一つ目の考え方は大体間違ってないが、(x-ε,x+ε)を使うのは1次元での話。
今はn次元だから、中心x,半径εの開球{y∈E^n|d(x,y)<ε}を使う。(d(x,y)はxとyの距離)

また、この開球は「xの開近傍」の最も基本的な代表例でもある。
二つ目も開球を使う。
コメント1件

440
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 05:29:27
>406
n=0のとき発散します(∫[0,1]t^(-1)dtが発散するから)。
|loglog(1+1/t)|^nはt=0に対数特異点を持つが可積分であり、
n>0のとき収束します。

具体的な値は
n=1 のとき 0.36859903882779434004634763…
n=2 のとき 0.04144591922453292540903867…
n=3 のとき 0.00702647644177698328787033…

コメント1件

441
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 05:31:43
>439
とりあえず自分なりに解答を作ってみました
*をつけたところが怪しいと思います

【ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの閉集合であることを示せ】
E^n\Aが開集合であることを示す
*「有限個の点から成る部分集合A」内の最小値をε/2とすると
E^n\A内の任意のxに対し、∃ε>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <ε}
∴E^n\Aは開集合
∴Aは閉集合


【ユークリッド空間E^nの相違なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
こちらは全くです・・・
スタートとしてはこれでいいのでしょうか?

開近傍Uが存在⇔∃ε>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <ε} ⊂ U
開近傍Vが存在⇔∃δ>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <δ} ⊂ V

UとVについてそれぞれεとδのように文字を変える必要はあるでしょうか?
コメント1件

442
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 05:57:32
>441
うむ、やはりよく分かってないようだ

一つ目
>「有限個の点から成る部分集合A」内の最小値
この言葉が意味不明。1次元と勘違いしてるのか?
まずどういう問題なのかイメージしろ。
例えば2次元とかでイメージしてみるといい。
平面にいくつか点がある。それらの点以外の点Pを任意に取り、点Pを中心とする円を書く。
半径を十分小さくすることで元の点が円に入らないようにすることができるか?という問題だ。

二つ目
Uはxの近傍で、Vはyの近傍だからな。記号は適宜付け替えてくれ。
εとかδとか以前になんのために開球を使うのか分かってないな。
こっちもイメージしてみろ。
コメント1件

443
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 06:52:06
>442
何度もありがとうございます
書いてくださった一つ目のイメージはとてもわかりやすく
間違っていたのはわかったのですが、示せとなるとやはりわからないです
3次元でもイメージしてみたのですが

*点xを中心とする球体の半径を小さくし、Aに存在する有限個の点が入らないようにできる
⇒E^3\A内の任意のxに対し、∃ε>0 s.t. { y∈E^3 | d(x,y) <ε}
∴E^3\Aは開集合
∴Aは閉集合

という考えであっているでしょうか?

あっているとしても*をうまく言い表すことはできないのですが・・・

444
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 07:07:45
うむうむ

445
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 08:17:55
早くこたえてよー
小学生レベルの問題ですよー
ププッ…
皆さん中卒ですかね?

446
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 08:19:58
うむ、やはりよく分かってないようだ

447
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 08:25:13
【ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの閉集合であることを示せ】
E^n\Aが開集合であることを示す
∀x∈E^n\A に対して ∃ε>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <ε}⊂E^n\A
∴E^n\Aは開集合
∴Aは閉集合


2つ目も3次元でイメージしてみました
x,yをそれぞれ中心とする球体2つを考える(現時点では2つの球体の共通部分が存在するかも)
それぞれの半径ε,δを小さくしていけば(u,vがそれぞれx,yに近づけば)
共通部分は小さくなっていき、十分に小さくなると U∩V=Φ となる
この考えで2つ目の解答も作りました

【ユークリッド空間E^nの相違なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
開近傍Uが存在⇔∃ε>0 s.t. { u∈E^n | d(x,u) <ε} ⊂ U
開近傍Vが存在⇔∃δ>0 s.t. { v∈E^n | d(y,v) <δ} ⊂ V
ε+δ<d(x,y)となるε,δを取れば U∩V=Φ とできる

できのよくない頭をフル回転させた結果です
どうでしょうか?
コメント2件

448
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 09:27:58
>440 ありがとうございます!!
n>0の時収束することを具体的に式で証明できませんか??
コメント2件

449
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 11:05:45
超亀レス

> >分からない問題はここに書いてね366

こんなページ見つけた
http://home.ku.edu.tr/~eyazici/Research/MDS/2-(10,4,4)/mds21044_01.txt
ここで理論値30個からなる集合が示されている

どうも
http://home.ku.edu.tr/~eyazici/Research/MDS/
には他のパターンも載ってるっぽい

450
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 13:46:51
>447
一つ目はその理解でOK。
あとはεをどの程度小さくすればいいか、という問題だが、
Aが1点の場合、2点の場合、3点の場合…と考えてみてはどうだろう。

二つ目はかなり正解に近い。
ただ、その書き方だとU∩V=φになると言えない。
U,Vが与えられてるんじゃなくて、自分でU,Vを作るんだからな。
ε,δも、例えばεとδを具体的にいくつにすればいいのか書いた方がいい。
コメント1件

451
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 14:04:59
具体的に紙の上に点を描いてコンパスで作図してみたら?

452
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 15:29:41
教えてください

http://mup.2ch-library.com/d/1337236141-DVC00083.jpg

まったくわからん
コメント1件

453
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 15:36:27
等差数列の和の計算→分子の有理化

454
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 15:48:00
>452 よくあるタイプだ

455
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 15:55:25
これ難しい?

ちなみに答えはなんだろうか

456
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 16:02:13
いいえ、クソ簡単です
というか下にやりかたっぽいのが書かれてるみたいだけど、それ見てもわからなかったの?

457
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 16:25:05
>448
積分が上から抑えられ、絶対収束することを示せばよい。

1/(e-1)≦t≦1 のとき loglog2≦loglog(1+1/t)≦0であり
t^(n-1)|loglog(1+1/t)|^n≦max((e-1)^(1-n),1) |loglog2|^n
で有界であるので、区間[1/(e-1),1]の積分は収束する。

0<t<1/(e-1) のとき
0 < loglog(1+1/t) < loglog(2/t) = log(log2-logt) < log(1-logt)
logの図よりlogx<x-1であることを考慮すると 0 < loglog(1+1/t) < -logt
したがって、
t^(n-1)|loglog(1+1/t)|^n
< t^(n-1)(-logt)^n
= t^(n/2-1)(t^(n/2)(-logt)^n)
ここで、t^(n/2)(-logt)^n は t=e^(-2)のとき最大値 e^(-n)2^n を取る。
この最大値は1以下なので
0 < t^(n-1)|loglog(1+1/t)|^n < t^(n/2-1)
であり、n>0のとき
∫[0,1/(e-1)]t^(n/2-1) dt = (2/n)(1/(e-1))^(n/2)
は可積分で、積分は収束する。

458
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 17:05:59
簡単なことかもしれませんが、以下のことが分からないので教えてください。
−−−
空集合でない有限集合の族Fがあります。
A,B∊Fなる集合A,Bに対して、d(A,B)= 1- (|A∩B| / |A∪B|)と定義したとき、d(A, B)は距離でしょうか?

なお集合Sに対して、|S|とはSの要素数を表します。

コメント1件

459
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 17:11:41
>458
距離の公理を確かめてみたら。

460
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 17:33:49
>448
ソボレフ空間の問題聞いたやつだろ、センスなさすぎ、代数幾何でもやれば

461
447[sage]   投稿日:2012/05/17 17:37:09
>450
こういうことでしょうか?
【ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの閉集合であることを示せ】
E^n\Aが開集合であることを示す
A={a1,a2,・・・,an}とする
ε=min{d(x,a1),d(x,a2),・・・,d(x,an)}ととると
∀x∈E^n\A に対して ∃ε>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <ε}⊂E^n\A
∴E^n\Aは開集合
∴Aは閉集合


【ユークリッド空間E^nの相違なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
こちらは>447
・開近傍U,Vが存在する証明
・εとδの具体的な値
を加えればよいという解釈でイイでしょうか?
コメント1件

462
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 17:44:55
突然だけど因数分解やってくれ

a*b*c*d*x^2 + x*(a*c+b*c+b*d) + 1 =0
コメント2件

463
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 17:48:46
急に問題が来た、kmk

464
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 18:45:38
>462 不可能

465
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 18:57:45
だよね

(○x+△)*(□x+▽)ってできるって先生が言ってたけど無理だよね

さてどうしたものか…

466
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 19:40:33
>462
無理数の範囲ならばできるけれどね
abcd/4(2x+ac+2bd-√(a^2c^2+4b^2d^2)(2x-ac-2bd+√(a^2c^2+4b^2d^2))
コメント1件

467
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 20:08:08
>466
(Ax+1)(Bx+1)の形にはできませんか?
A,Bは分数でおkです

AB=abcd
A+B=ac+bc+bd

とやっても解けません
コメント1件

468
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 20:21:05
a[0]=1,a[n+1]=2-(1/(a[n]+1)で定義されている{a[n]}について次の問いに答えよ。
(1){a[n]}は単調増加関数であることを示せ。
(2)1≦a[n]<2を示せ。
(3)lim[n→∞]a[n]が存在する理由を述べ、その極限値を求めよ。

この問題で(3)の極限値が分かりません、単調増加で上に有界なのでlim[n→∞]a[n]=2になると思うのですが、どういうふうに述べればよいのか分かりません。
教えてください。よろしくお願いします。
コメント1件

469
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 21:01:48
>467
466はマチガイだった。√の中も因数分解しておいた。解の公式でつくれます。
(√|abcd|x + (ac+bc+bd+√(ac+bc+bd+2√|abcd|)(ac+bc+bd-2√|abcd|))/2√|abcd|)
×(√|abcd|x + (ac+bc+bd-√(ac+bc+bd+2√|abcd|)(ac+bc+bd-2√|abcd|))/2√|abcd|)

470
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/17 21:24:39
>468
(2)から言えることは極限値は2以下ということですね。
a[n]とa[n+1]をxと置いて極限値の候補を求めましょう。
コメント1件

471
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 22:24:38
>470
ありがとうございました。
コメント1件

472
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/17 22:52:59
>461
一つ目
xをとってからεを決める、という書き方にすべきかな。あとは文句なし。

二つ目
存在の証明という感じではないかな。UもVも具体的に作る。
具体的な値とはいっても、ε=0.001とかじゃなくてx,yで表すんだからな。
コメント1件

473
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 01:43:52
分かりません。助けてください

ある決まりに従って、次のように数が並べられている

1, 207, 293, 410, 419, 625, 819, 843, 1157, 1228, 1691, 1889, ?, …

?に当てはまる数字を半角で答えよ。

474
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 01:48:33

475
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 01:51:23
>472
連日ありがとうざいます
1つ目は順序を変えてみました
2つ目はU,V,ε,δを具体的に、ということでしたが
わからなかったのでだいぶ無茶なことになってしまいました

【ユークリッド空間E^nの有限個の点から成る部分集合AはE^nの閉集合であることを示せ】
E^n\Aが開集合であることを示す
A={a1,a2,・・・,an}とする
∀x∈E^n\A に対して ε=min{d(x,a1),d(x,a2),・・・,d(x,an)}ととると
∃ε>0 s.t. { y∈E^n | d(x,y) <ε}⊂E^n\A
∴E^n\Aは開集合
∴Aは閉集合

【ユークリッド空間E^nの相異なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
x∈U⊂E^nに対してInt(U)を考えると開近傍Uが存在することがわかる
y∈V⊂E^nに対してInt(V)を考えると開近傍Uが存在することがわかる
開近傍Uが存在⇔∃ε>0 s.t. { u∈E^n | d(x,u) <ε} ⊂ U
開近傍Vが存在⇔∃δ>0 s.t. { v∈E^n | d(y,v) <δ} ⊂ V
ε+δ<d(x,y)となるε,δを取れば U∩V=Φ とできる
コメント1件

476
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 02:12:37
>423
ありがとう、その感じじゃ他の教科書にもありそうですね。 見てみます。
コメント1件

477
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 02:35:18
>475
一つ目
最低限筋の通った解答にはなったな。「∃ε>0 s.t.」は書かなくてもいい。
一応まだ「本当にε>0となっているのか?」と「本当に{y∈E^n|d(x,y)<ε}⊂E^n\Aとなっているのか?」というツッコミがある。
そこの説明も書ければ完璧。

二つ目
こっちはまだやるべきことが分かってない。U,Vは自分で決めていいんだ。
一例を言ってしまうと、例えば
ε=d(x,y)/2
U={v∈E^n|d(x,v)<ε}
とか決めてやればいい。δ,Vもそんな感じで決める。
コメント1件

478
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 03:08:56
>477
U={ v∈E^n | d(x,v) <ε}
V={ y∈E^n | d(v,y) <δ}
ε=d(x,y)/2
δ=d(x,y)/2
とおいて三角不等式をつかってみたら
d(x,y)≦d(x.v)+d(v,y)<ε+δ=d(x,y)  ∴d(x,y)<d(x,y)
となってしまったのですがVとδの決め方が悪いのでしょうか?
コメント1件

479
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 03:30:35
>478
Vは{v∈E^n|d(v,y)<δ}の書き間違い?
δはそれでいい。

なんのために不等式を作ったのか知らんが、それは使える。
その不等式は、vという点がUにもVにも入ってるとして書いてるよな。
つまり、「UにもVにも含まれる点が存在すると仮定すると矛盾が生じる」ことが示せたことになる。
すなわち…あとはわかるな?
コメント1件

480
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 03:49:49
全然わかっていませんでしたがたぶん今回のでわかった気がします
これで大丈夫だと思うのですがどうでしょうか?

ユークリッド空間E^nの相異なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
U={ v∈E^n | d(x,v) <ε}
V={ v∈E^n | d(v,y) <δ}
ε=d(x,y)/2
δ=d(x,y)/2
と仮定する
d(x,y)≦d(x.v)+d(v,y)<ε+δ
これはd(x,y)<d(x,y)となり矛盾
よって U∩V=Φ とできることが示せた
コメント1件

481
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 03:50:20
2重書き込みのため表示しません 内容を確認する
コメント2件


482
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 04:23:28
>481
いや、分かってないw
U,V,ε,δは今そこで決めたんだから仮定もなにもないだろ。
示したいことの否定を仮定しなきゃ。
コメント1件

483
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 04:35:39
>482
>481の書き方で「UにもVにも含まれる点が存在すると仮定する」になっているかと思ったんですが・・・

U={ v∈E^n | d(x,v) <ε}
V={ v∈E^n | d(v,y) <δ}
であるとする、つまりUにもVにも含まれる点が存在すると仮定する
そのとき、
ε=d(x,y)/2
δ=d(x,y)/2
と考えると
d(x,y)≦d(x.v)+d(v,y)<ε+δ
これはd(x,y)<d(x,y)となり矛盾
よって U∩V=Φ とできることが示せた

これで大丈夫でしょうか?
コメント1件

484
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 04:57:32
>483
なってない。そのvはΣの下に書くkみたいなもんで、vと書くことに意味はない。
U=…
V=…
と書いただけでは、単に2つの集合が定義されたに過ぎない
あと、U,Vの定義にε,δを使ってるんだからそっちを先に書くべき

485
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 05:08:00
なんでこんなのまで背理法使ってるんだ?
それにわざわざεδなんて記号使ったりして。
意味分からずに記号だけ同じように書いてるんじゃないか?
これで正解を出したとしても分かってるかどうかアヤシい。
コメント1件

486
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 05:44:02
>485
わかったと思って友人と確かめた結果が>480なのでかなりワケのわからないことになってしまっています・・・
>479を見て背理法が思い浮かんだため使っているのですが間違っているでしょうか?
意味を考えずにただ記号を並べて解答を書いたことはないと思います

【ユークリッド空間E^nの相異なる2点 x,y∈E^n に対し
E^nにおけるそれぞれの開近傍U,Vが存在して U∩V=Φ とできることを示せ】
ε=d(x,y)/2
δ=d(x,y)/2
として集合U,Vを次のように定める
U={ v∈E^n | d(x,v) <ε}
V={ v∈E^n | d(v,y) <δ}

ここで U∩V≠Φ とする
d(x,y)≦d(x.v)+d(v,y)<ε+δ
これはd(x,y)<d(x,y)となり矛盾
よって U∩V=Φ とできる

やっぱり前回と変わらない感じになってしまったのですが、根本的に間違っているのでしょうか・・・
みなさんから見るとボロボロの証明ばかりでしょうが、これでも精一杯やっているつもりなのでよろしくお願いします
コメント2件

487
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 08:29:33
健全でない言葉が含まれているため表示しません 内容を確認する

488
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 09:47:48
記号とか日本語とかいう以前に、絵を描いてみれば証明の方法ともども一発でわかると思うけど
コメント1件

489
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/18 11:54:44
>486
εとδは同じ値なのにどうして異なる文字を使うの?

490
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 14:32:10
たぶん、>486が「意味」と思ってるモノは普通の人から見たら「形式」なんじゃないかな。
「考える」と思ってるコトは「形式にあてはめる」だから、ああなるんだろう。

491
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 14:35:41
>488
これが一番だな。

492
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 20:35:45
有限生成R加群の部分加群で、有限生成じゃないのってありますか?
コメント1件

493
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/18 22:52:15
Rを可換環として、SをRの非零因子全体とすると

Sは積閉集合であることを示せ

Sに0が入らないことは分かるのですが、Sに1が入ること、Sの任意の元aとbを取った時abがSに入ることが分かりません

証明の方向性だけでも示してもらえれば幸いです


コメント2件

494
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 22:57:35
零因子の定義を知らないなら、そりゃどうしようもないわな
コメント1件

495
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 22:58:13
>493
1 の定義はなんだ?
ab が零因子になったらどういうことが起こる?
積の結合則は伊達じゃないぜ。
コメント1件

496
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 23:02:24
失礼します。
フーリエ級数の問題なのですが、力を貸してください。

[L,0]上の関数
f(x)=cos(πx/L)のフーリエ正弦級数を計算しなさい。

という問題です。
これは、
bn=2/L(0→L)f(x)sin(nπx/L)dx
として計算して行けばよいのでしょうか.
..

アドバイスください。よろしくお願いします!
コメント1件

497
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/18 23:05:55
>495
1は積についての単位元っていう認識でおkですか?
コメント3件

498
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 23:07:40
定義がわからんような本はすてなさい

499
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 23:32:08
>492
変数無限個の多項式環
R=Z[x1,x2,・・]
を考えるとRのイデアルはR加群。
R=<1>は有限生成R加群。
<x1,x2,・・>は有限生成でない部分R加群。
コメント1件

500
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 23:34:42
|x|=max{x,-x}ならば、| |x| - |y| |≦|x±y|≦|x|+|y|が成立する事を証明せよ。

どなたか証明お願いします

コメント1件

501
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/18 23:36:44
まんどくせー

502
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 00:03:01
>500
場合分けすれば誰でもできる
コメント1件

503
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 00:04:58
>497
言葉を変えよう。1の性質はなんだ?

504
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 00:07:09
>497
言い方を変えよう、環と零因子の定義を100書け

505
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 00:09:43
>497
単位元てなんだ?
1です、ってか。

506
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 03:37:39
>493
証明の方向性が「abが零因子ならaまたはbが零因子」を証明することであるのは自明だろう。
コメント2件

507
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 03:39:47
1が零因子でないことも自明のはずなんだが。

508
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 03:46:29
>506
つまり
>494ということですよ。

509
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 03:47:39
∀x∈R[1x=x1=x]
∃x∈R[x≠0∧(xz=0∨zx=0)]

510
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 08:45:27
可換体が整域なのはなぜ?

511
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 08:53:35
教科書嫁

512
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 09:15:10
極大イデアルは素イデアルだからだよ

513
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 10:47:20
>502
|x|=max{x,-x}、|y|=max{y,-y}
を用いてスマートに証明出来ないですか?

514
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 10:51:35
すまーと、電気科ーを使って蓄電するやつか

515
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 11:00:08
圏論について
圏C1 から 圏C2へのfunctorの定義をする時に
C1=(A1、O1)
C2=(A2、O2)
と書いてあったのですが、A1A2O1O2は普通何をさすのですか?

コメント1件

516
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 11:10:11
>496
どなたかわかりませんか?

517
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 11:14:46
[517]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

518
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 11:30:28
素数modulusが与えられた時の多項式の拡張ユークリッドアルゴリズムは
具体的にどの様に計算すればよろしいのでしょうか?
一応Mathematicaで「PolynomialExtendedGCD[-x^2 + 2 x + 1, x^2 + 3 x + 2, x, Modulus -> 7]」と入力してみましたが
出力が「{2 + x, {3, 3}}」となり、入力にBezout係数をそれぞれ掛けて足すとちゃんと9 + 15x ≡ 2 + x mod 7となります。
ですが、途中結果が見られないので一般的な場合にどの様に算出していいか分かりません。
どなたかご教示お願いします。

519
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 11:39:58
>506
なるほどおおおおおおおお

ありがとうございます

他のみなさんもありがとうございました

ちなみに聞きたいのですが、可換環なのでabが零因子ならaとbはどちらも零因子ですよね
コメント2件

520
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 12:07:21
未来の数学者さん達, お願いします.

B:=(B_t)_{t \in \mathbb{R}^+}:一次元線形ブラウン運動

\limsup_{t \rightarrow \infty} \frac{B_t}/{\sqrt{t}} > 0 a.s.

を示したいです.

スケーリングで何とかなるだろうと思っていますが,
確率が1/2になってしまい詰まってしまいます.


見解は間違っていますか?


521
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 12:17:54
>515
それ以前のページに書いてあったりしないの?
コメント1件

522
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 12:27:56
>519
Z/4Zにおいてa=1,b=2とするとあら不思議
コメント1件

523
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 12:40:03
[523]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

524
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 12:51:37
>522
ぐっふぁあ

確かにその通りでした

525
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 13:05:03
>519
> ちなみに聞きたいのですが、可換環なのでabが零因子ならaとbはどちらも零因子ですよね
aが零因子ならa・1=aだから、a・1も零因子。すると君の説なら1が零因子。

526
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 13:06:30
[526]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

527
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 13:35:59
>521
すみません A1は射全体 O1は対象全体でした

関手を定義した後に、自然変換の定義で
圏C1からC2への2つの関手F、Gがあたえられたとき、tがFからGへの自然変換であるとは
すべてのC1の元Aに対してtは
t(A):F(A)→G(A)なるC2の射t(A)
を次の性質が満たされているように対応させている
(以下 t(A)の性質)

の形で書かれているのですが、結局tはFに対して何を対応させているのでしょうか…?
圏論を勉強したばかりで慣れていません。詳しく解説お願いします
コメント2件

528
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 13:38:04
F(x,y)=x+y, G(x,y)=xy
が連続であることはどうやって証明するのですか?
コメント1件

529
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 14:08:50
さあ

530
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 14:47:20
(9x+1)f(x)+(x^2+1)g(x) (f(x),g(x)は整数係数の整式)の形の整式全体の集合をIとする

(1)Iに含まれる最小の自然数を求めろ
(2)x+nがIに含まれる最小の自然数nを求めろ

お願いします

531
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 14:48:40
お願いされちゃったぁ!

532
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 15:22:35
失礼します。
フーリエ級数の問題なのですが、力を貸してください。

[L,0]上の関数
f(x)=cos(πx/L)のフーリエ正弦級数を計算しなさい。

という問題です。
これは、
bn=2/L(0→L)f(x)sin(nπx/L)dx
として計算して行けばよいのでしょうか.
..

アドバイスください。よろしくお願いします!必死ですみません。
コメント1件

533
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 15:25:03


534
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 16:56:17
>527
Gに決まってる。
>528
εδで適当にやる。

535
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 17:32:52
>532
試しにそれでやってみれば?

536
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 17:50:55
>527
t(A)の集まりがtそのものだと思えばいい

537
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 19:18:36
新高1です
3x-1≦2x+3<5x-7 を解くとき

なぜ 3x-1≦2x+3 と 2x+3<5x-7 を解くだけで十分なのでしょうか?
    3x-1と5x-7 についての式は考えないのですか? 

それともうひとつ
3x-1≦2x+3・・・(齠)

として  (齠)⇔ x≦4 という表記「同値の記号の使い方」は正しいですか?
以上 よろしくお願いします
コメント2件

538
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 19:39:07
>537
数直線を考えれば、a<=bかつb<cのとき、a<cとなる

p⇒q (pならばq) かつ q⇒p (qならばp)
が成立するときp⇔q
コメント1件

539
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 19:52:15
>538
なるほど!ありがとうございます!

同値のことですが
聞きたかったのは 
(齠) などの誘導する記号?みたいなものと
同値の記号で数式と結んでもよいのかということです
わかりづらくて申し訳ないです。。



コメント2件

540
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 20:30:15
>399
A,B,C,D,E,F,G,Hのカードが出た回数をそれぞれ、a,b,c,d,e,f,g,hとし
A,B,C,D,E,Fのカードが出る確率をx=1/140、G,Hのカードが出る確率をx=1/280
はずれのカードが出る確率をz=19/20とする
n-1回目までABCDEFのカードが5種類、GHのカードが2種類出る確率をa(n-1)とすると
a(n-1)=Σ[a,b,c,d,e,g,h>=1,a+b+c+d+e+g+h<=n-1](6*8^(n-1)/(a!*b!*c!*d!*e!*g!*h!)*x^a*x^b*x^c*x^d*x^e*y^g*y^h*z^(n-1-a-b-c-d-e-g-h))
n-1回目までABCDEFのカードが6種類、GHのカードが1種類出る確率をb(n-1)とすると
b(n-1)=Σ[a,b,c,d,e,g,h>=1,a+b+c+d+e+f+g<=n-1](2*8^(n-1)/(a!*b!*c!*d!*e!*f!*g!)*x^a*x^b*x^c*x^d*x^e*x^f*y^g*z^(n-1-a-b-c-d-e-f-g))
求める確率p(n)は
p(n)=x*a(n-1)+y*b(n-1)
コメント2件

541
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 20:53:20
同時微分方程式の問題です。

((d^2)x)/(dt^2)+2*(dx/dt)+10x=0
x(0)=2,x'(0)=-1

という問題で、

H(P)=P^2+2P+10=0
P=-1+j3,-1-j3

xh=c0exp^((-1+j3)t)+c1exp^((-1-j3)t)
=exp^(-t)*(A0cos3t+jA1sin3t)

までは分かるのですが、ここからA0とA1の求め方が分かりません。
どなたか教えていただけると幸いです。
コメント1件

542
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 20:58:19
          __ノ)-'´ ̄ ̄`ー- 、_
        , '´  _. -‐'''"二ニニ=-`ヽ、
      /   /:::::; -‐''"        `ーノ
     /   /:::::/           \
     /    /::::::/          | | |  |
     |   |:::::/ /     |  | | | |  |
      |   |::/ / / |  | ||  | | ,ハ .| ,ハ|
      |   |/ / / /| ,ハノ| /|ノレ,ニ|ル' 
     |   |  | / / レ',二、レ′ ,ィイ|゙/   私は只の数ヲタなんかとは付き合わないわ。
.     |   \ ∠イ  ,イイ|    ,`-' |      頭が良くて数学が出来てかっこいい人。それが必要条件よ。
     |     l^,人|  ` `-'     ゝ  |        さらに Ann.of Math に論文書けば十分条件にもなるわよ。
      |      ` -'\       ー'  人          一番嫌いなのは論文数を増やすためにくだらない論文を書いて
    |        /(l     __/  ヽ、           良い論文の出版を遅らせるお馬鹿な人。
     |       (:::::`‐-、__  |::::`、     ヒニニヽ、         あなたの論文が Ann of Math に accept される確率は?
    |      / `‐-、::::::::::`‐-、::::\   /,ニニ、\            それとも最近は Inv. Math. の方が上かしら?
   |      |::::::::::::::::::|` -、:::::::,ヘ ̄|'、  ヒニ二、 \
.   |      /::::::::::::::::::|::::::::\/:::O`、::\   | '、   \
   |      /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::'、::::\ノ  ヽ、  |
  |      |:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::'、',::::'、  /:\__/‐、
  |      |/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::O::| '、::| く::::::::::::: ̄|
   |     /_..-'´ ̄`ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:/`‐'::\;;;;;;;_|
   |    |/::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::|::/::::|::::/:::::::::::/

543
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 21:07:33
x=f(y),x=g(t)のときd^2y/d^2tを求めよ
ただし、x=f(y),x=g(t)はともに2回微分可能、f'(y)≠0とする
という問題なのですが
dy/dt=(dy/dx)(dx/dt)と考えてg'(t)/f'(y)まで変形しましたがここからがよくわかりません
よろしくお願いします
コメント3件

544
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 21:07:47
>541
解にx(0)=2,x'(0)=-1を適用する。jとは工学系ですね。

コメント1件

545
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 21:09:08
x(0)=2, から見るからに代入、
x'(0)=-1 で微分してから代入、
んでもって連立させるとかじゃねーの

コメント1件

546
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 21:10:39
>543ですが訂正です
d^2y/d^2tではなくd^2y/dt^2でした

547
541[]   投稿日:2012/05/19 21:31:19
>544
>545

x'(0)=-1 の微分の部分ですが、

x =exp^(-t)*(A0cos3t+jA1sin3t)
x'(t)=-exp^(-t)*(A0'*cos3t+A0*cos3t'+jA1'*sin3t+jA1*sin3t')
=-exp^(-t)*(-A0sin3t+jA1cos3t)
x'(0)=-jA1=-1
jA1=1

このような答えになってしまいましたが、正しいでしょうか?
お察しの通り工学系ですが、訳ありのため微分が苦手
(というより教科書を見ながらじゃないとできない)
のため、自信がありません。

解答いただけると幸いです。
コメント1件

548
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 21:34:43
>540 訂正
a(n-1)=Σ[a,b,c,d,e,g,h>=1,a+b+c+d+e+g+h<=n-1](6*(n-1)!/(a!*b!*c!*d!*e!*g!*h!*z!)*x^a*x^b*x^c*x^d*x^e*y^g*y^h*z^(n-1-a-b-c-d-e-g-h))
b(n-1)=Σ[a,b,c,d,e,g,h>=1,a+b+c+d+e+f+g<=n-1](2*(n-1)!/(a!*b!*c!*d!*e!*f!*g!*z!)*x^a*x^b*x^c*x^d*x^e*x^f*y^g*z^(n-1-a-b-c-d-e-f-g))

549
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 21:50:37
>539
二つの命題が同値(互いに必要十分の関係にあること)であることを「命題1⇔命題2」と書いたりする。
不等式 A≦B や 等式 A=B も命題であり(書き方は簡略化されてはいるが)
それを⇔で繋ぐのはなんの問題もない。
式だけ書くことが素っ気無く不安なら、言葉を補えばいい。
「A≦Bが成立する⇔C≦Dが成立する」などのように。
コメント1件

550
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 22:02:38
>547
cos3tを微分するとは、3tをひとまとめにしてまずは -sin3t、さらに、3tを微分した3を掛けて-3sin3t となります。
積の微分はexp^(-t) と (A0cos3t+jA1sin3t) の積として行う。
x'(t)=(exp^(-t))'(A0cos3t+jA1sin3t) + exp^(-t)(A0cos3t+jA1sin3t)'
あとは計算してみてください。
コメント1件

551
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:11:32
数学中3
乗法公式応用です
式もいただけるとありがたいです

展開せよ。
(x+3)(y-1)
コメント3件

552
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:16:29
>551
分配則を使う。

553
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:23:25
>551
マジで聞いてるなら
オマエの方から先生に頼みこんで
中学を留年させてもらうレヴェル

554
541[]   投稿日:2012/05/19 22:27:50
>550

ありがとうございます。
なんとか正解にたどりつく事が出来ました。

ただ、最後に0を代入した結果、
x'(0)= -A0 + 3jA1 =-1 となりました。

A0=2, A1=1/3 なので間違いないとは思うのですが、
この場合複素数jは無視してよいものなのでしょうか?

555
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 22:30:10
>543お願いします

556
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 22:41:06
>539
本当に同値なのか確かめるクセはつけとくべき。
今の例で言うと、「3x-1≦2x+3という不等式を満たすxの集合」と
「x≦4という不等式を満たすxの集合」が完全に一致するというのが同値であるという事。
ちなみに、
「x≦4という不等式を満たすxの集合」と、「x+10≦4+10という不等式の集合が満たすxの集合」が一致するのは分かるよね。
つまり同値だ。
一般に、ある不等式とその両辺に“同じ数”を足したり引いたりして作られた不等式は互いに同値である事が言える。
もうひとつ、「x≦4という不等式を満たすxの集合」と「3x≦3・4という不等式の集合が満たすxの集合」も一致するのは分かるよね。
左辺はx+x+xで、xのとれる最大の数は4だから、x+x+x≦4+4+4、つまり3x≦3・4だからね。
一般に、ある不等式とその両辺に同じ“正の数”を掛けたり割ったりして作られた不等式は互いに同値である事が言える。
この二つの一般的事実を用いてx≦4が3x-1≦2x+3と同値である事を示してみる。
x≦4の両辺に2xという数を足すと3x≦2x+4で、これはx≦4と同値だ。つまり両者が示すxの集合は一致する。(x≦4⇔3x≦2x+4)
さらにこの両辺から-1を引くと3x-1≦2x+3で、これは3x≦2x+4と同値だ。つまり両者が示すxの集合は一致する。(3x≦2x+4⇔3x-1≦2x+3)
つまり、⇔記号で結ばれた不等式が示すx集合は等しい。これも一般的に成り立つ事実だ。
よってx≦4⇔3x-1≦2x+3なので、>537中の同値の記号の使い方は正しい!
この記号、何となくで使っちゃいけない大事な記号だから気をつけてね。
コメント1件

557
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:48:32
>543
とりあえず商の形なんだから商の微分を使う。
f'(y)の微分は、
df'(y)/dt=(df'(y)/dy)(dy/dx)(dx/dt)
でできる
コメント2件

558
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:50:32
>551
(a+b)(c+d)=なんちゃら
という公式を習っただろう。それに当てはめる。

559
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 22:50:46
[559]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

560
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 22:53:27
>557
意味はわかるんですがg'(t)/f'(y)をtで微分するとg''(t)/f'(y)にならないのが不思議です
f'(y)はtの関数ではないように思えるのです
コメント2件

561
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 23:00:33
>560ですがごめんなさい、>557納得できました
スルーでいいです

562
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/19 23:01:57
>560
f(y)=g(t)の関係からyはtの関数であるということになる。

コメント1件

563
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/19 23:03:24
>562
ありがとうございます

564
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 00:05:55
すみません、教えてください。

確率変数Xの密度関数が
f(x)=cx^2(1-x)^3 (0<x<1)
であるとき、定数cの値を求めよ。

この問題でなぜc=60になるのかわかりません。特に例題もないため手がかりがつかめません。よろしくお願いします。

565
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 00:08:18
積分して1にならなければならない
コメント1件

566
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 00:10:13
>565さん
なるほど!わかったのか曖昧ですがすごくわかりやすいです!ありがとうございます!

567
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 00:36:16
失礼します。質問です。
g(x)=0 (-L≦x≦0)
g(x)=f(x) (0<x≦L)
と定義するとき、g(x)のフーリエ係数とf(x)のフーリエ正弦係数、フーリエ余弦係数の
違いを説明会しなさい。
という問題なのですが、
計算したら数値が倍になってるくらいの違いしかでてこなかったのですが、これが正解なのでしょうか?
だとしたらなぜ倍になるのでしょうか?

568
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 01:08:54
>499
ありがとうございます!

569
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 01:35:26
次の公式なのですが、
1/(x-iε) = P(1/x) + iπδ(x) Pは主値 εは無限小の正の整数

右辺は複素数zとして積分を行い
∫(1/z)dz = 2πi

左辺はx[-∞,∞]の領域で積分を行い
P∫(1/x)dx +iπ∫δ(x)dx = iπ + iπ = 2πi
よって右辺と左辺が等しい事から公式が成立するという、
浅い考えでは駄目でしょうか? (超函数なのですが。)
コメント1件

570
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 02:14:07
>569
P∫[-∞,∞](1/x)dx=0 でないの?
コメント1件

571
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 02:30:30
>570
確かに orz
何をやってるんだ。。。
左辺をどう扱っていくか。。。半円にするのかな。。。

572
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 02:34:07
しかも「右辺」と「左辺」を間違えてるな。

573
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 02:37:01
1/(x-iε)=(x+iε)/(x^2+ε^2)
コメント1件

574
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 02:43:29
>146 >147 >156 >168
返事遅れました。ありがとうございました。

575
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 03:08:15
>573
普通に左辺を積分するとiπになりました。
それだけの事だったのか。。。

576
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 10:29:15

地方分権で日本がなくなる

テレビで韓国ドラマばかり流れても、見なければ良いので大きな問題はありません
しかし、地方分権で警察組織・権力を地方の犯罪については国から移行し
採用条件・組織等も地方で自由に決めれるようになったらどうなるでしょう。
今のテレビ局が数十年前に在日枠を受け入れて、今や完全に在日朝鮮人に乗っ取られ
都合の悪い報道は一切しなくなり、民主党が与党になったように
地方分権された警察組織が数10年後に、反日感情を持った外国人に支配される可能性はないでしょうか
在日の犯罪は取り締まられず、日本人の犯罪は過大な罰を与えられたりしないと言い切れるでしょうか。
住民の希望(自分個人の希望)を採用されるという幻想(反日感情を持った住人もいる)
で日本人の人権が無くなっても良いでしょうか。

橋下氏(維新)の大阪都構想しかり
中京圏の大村氏、河村氏も地域政党を作って国政で候補者をだす予定です。
まだ時間はあります、一度じっくり検討したほうが良いかもしれません

577
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 11:56:16
1. 政治が官僚支配を許してきた。官民格差を考えれば、どれだけ公務員優遇が
なされてきたのか?
1.1 民間と比較して高い給与水準。2割下げてもまだ民間平均よりも高い。
1.2 共済年金、は厚生年金と比較して職域加算の分優遇されている。
1.3 公務員宿舎。全国に多数あり、市価の1/3以下の家賃で居住している。
1.4 退職金は5年に1度しか見直しをせず、退職金のない民間企業もあるなかで
高い水準が維持されている。
1.5 健康保険料の料率が低く抑えられている。

2. 世界有数の高い歳費を国会議員は受け取り、政党助成金や企業団体献金も
受領しているのにも関わらず、自らのために一等地に議員宿舎を建設し
市価の1/5以下の家賃で居住している。

3. 電力事業の総括原価方式を長い間継続させ、コストが掛った分だけ料金に反映
できる仕組みを続け、随意契約による電力産業の既得権益を拡大させた。

4. 原子力発電の危険性を警告する声を無視して、安全性向上の取り組みをして
こなかった。

5. エネルギーの研究開発投資を原子力関係に偏らせて、結果的に新エネルギーの
普及を遅らせた。

6. 労働法制の規制緩和を進めたために、リストラの横行や過当競争を加熱させ
不当なサービス残業を蔓延させた。

578
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 17:44:10
>549
>556
ありがとうございます!

579
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 17:46:33
微分方程式の問題です。

dx/dt + 6x = t x(0)=1/6

という問題で、

xh(t) = Cexp^(-6t)
xp(t) = At + B と仮定して、
xp'(t) = A
A + 6At + 6B = t から
A=1/6 B=-1/36

x(t) = Cexp^(-6t) + (1/6)t - 1/36
x(0) = C = 1/6

よって、
x(t) = (1/36)*(-1 + 6exp^(-6t) + 6t)

となってしまいます。しかし解答は
(1/36)*(-1 + 7exp~(-6t) + 6t)
と書いてあります。どこが間違っているでしょうか?
どなたか教えていただけると幸いです。

580
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 18:10:02

581
579[]   投稿日:2012/05/20 18:20:59
>580
うっかりしてました!
解決しました。ありがとうございます。

582
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 18:49:02
【関東】国立大学法人採用試験 その29【甲信越】 /公務員試験板

どなたか暇な人、ここの坂道論争に決着つけて欲しいです…
もう俺1人じゃ戦えん…

俺が間違ってるなら間違ってるでうまく指摘して欲しいです…
コメント2件

583
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 18:53:38
>582
気ィきかねーアホだなお前
どこら辺からそのハナシが始まってるかくらい一緒に書けよ

お前はきっと不合格だよ 試験

コメント1件

584
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 18:58:50
>583
そうなんですよね…
一応630辺りから始まってます。

問題出来るだけわかるように書きますね。

585
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 18:59:31
0<z<1 について
an=[z・10^n]/10^n とします

つまりanはzの小数n桁でのきんじです
この時、十分大きいnに対して、an≠0となるみたいなのですが、何故でしょうか?直感的には、anが小数n桁でのきんじだから わかるのですが、厳密に証明できません
解説お願いします
コメント2件

586
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:01:59
問題は、奥行き1km、高さ1kmの坂道が図示されています。

水平方向に30度で上った場合の距離は?

が問いでした。

で、2√2派と2派にわかれたんですが…

水平に対して30度なら高さ1kmなんだから2kmだろう、となりまして。

その後840辺りからこじれてきました…

587
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:05:01
[587]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

588
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:08:09
840の図が間違っていると思うのですが、どうしてもうまく伝わらなくて…
私が間違っているんでしょうか…

589
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 19:32:53
「水平面」から30゜なら2

「坂と水平面との境界線」から30゜なら2√2

普通は前者の解釈をすると思う
コメント1件

590
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:35:27
>589
ありがとうございます。
私もそこはそれで正しいと思います。

でも、840の図解がおかしい気がするのですが、どうにもわかってもらえないのです。
坂道上を進んでも2kmで辿り着けますか?

591
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 19:37:49
偏微分の問題です
関数g(x,y)=3x^2-10xy+7y^2+4x-4y+12
に対して方程式g(x,y)=0の定める陰関数y=y(x)の導関数
dy/dxは求められたのですが、これによって曲線g(x,y)=0上の接線が水平になる点2箇所が求めることができません
どなたか教えていただけると幸いです。
コメント3件

592
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:40:20
>582
どんな論争か見てみたのだが、論争ではなかった。大袈裟なことだ。
問題文がどうだったかはっきりとされれば解決する。
コメント1件

593
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 19:44:17
>591
そもそもなんでdy/dxを求めようと思ったんだ
コメント1件

594
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:48:04
>592
ありがとうございます。
解答は概ね決着ついていたのですが、解法でもめていました。

結局意味のない話ではあります。

595
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 19:50:15
>593
説明不足申し訳ありません。
問題の形式がdy/dxを求めた後、接線が求まるような形だったためなのですが
正直な所なぜdy/dxを求めなければならないのかも分かっておりません。

コメント1件

596
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 19:53:40
>585お願いします
コメント1件

597
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:00:10
>591
傾いた楕円ですね。dy/dx は接線の傾きじゃなかったかな
高校生ならy=kとおいてD=0とするか、微分

コメント1件

598
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 20:08:06
>585
1/zの常用対数を整数に切り上げて n を求める。

599
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:08:24
>596
任意のnに対してan=0と仮定すると[z・10^n]= 0 となr
0 < z・10^n < 1 となって、.......
コメント2件

600
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 20:09:54
>597
水平というのは傾きが0という考え方であってるでしょうか?
コメント3件

601
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:14:15
>600 はい。あとは連立方程式。

602
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:16:56
[602]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

603
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:19:44
>599
ありがとうございます
最後に
anは広義単調増加になるみたいなのですが、何故でしょうか…?
nを増やせば、小数の桁が増えていくから 直感的にはわかるのですが、厳密な理由がわかりません…

604
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 20:21:11
>600
ありがとうございます。
やってみます

605
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:26:41
>599
ありがとうございます
最後に
anは広義単調増加になるみたいなのですが、何故でしょうか…?
nを増やせば、小数の桁が増えていくから 直感的にはわかるのですが、厳密な理由がわかりません…
コメント1件

606
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 20:27:13
連投すみません 間違えました

607
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 21:05:04
>605
z・10^n = N + α(N = [z・10^n],0≦α<1) とおくと
[z・10^(n+1)] = [10N + 10α] = 10N + [10α]となり
10N ≦ [z・10^(n+1)] < 10N + 10
   (途中略)
0≦a_n+1 / a_n < 1が証明できます。

608
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 21:19:33
ウェブサイト(http://erectuswalksamongst.us/Chap9.html)につき
そこでいう“Caucasian”は、
   {Caucasians} ⊂ {Caucasoids}
である。また、そこでいう“Asian”は、「Mongoloid」の定義いかんでは
   {Asians} ∩ {Mongoloids}C ≠ Φ
 ({Mongoloids}C は {Mongoloids} の余集合を表わす)
という集合をつくる。簡単に分かることであるが、
   {Caucasians} ∩ {Asians} = Φ
である。 そして、次のような集合(集団) S が存在し得る:
   S ⊂ {Asians} s.t. S ⊂ {Caucasoids}\{Caucasians} .

このような集団 S に属する人々としてどのような例がありますか?


609
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 21:21:50
[609]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

610
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 22:12:43
失礼します。質問です。
g(x)=0 (-L≦x≦0)
g(x)=f(x) (0<x≦L)
と定義するとき、g(x)のフーリエ係数とf(x)のフーリエ正弦係数、フーリエ余弦係数の
違いを説明会しなさい。
という問題なのですが、
計算したら数値が倍になってるくらいの違いしかでてこなかったのですが、これが正解なのでしょうか?
だとしたらなぜ倍になるのでしょうか?

611
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/20 22:23:04
説明会を開かなきゃならんのか

612
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/20 23:13:29
g(x)はf(x)とヘヴィサイドの階段関数の積。
フーリエ変換するとコンボリューションだ。

613
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 00:32:35
>591 >595 >600

蛇足だが、
 (∂/∂x)g(x,y) = 6x -10y +4 = 0,
 (∂/∂y)g(x,y) = -10x +14y -4 = 0,
より中心は
 (x,y) = (1,1)

 g(x,y) = 3(x-1)^2 -10(x-1)(y-1) +7(y-1)^2 +12
  = (5+√29)ξ^2 - (√29 -5)η^2 +12,

g(x,y)=0 は中心が(1,1)にある、傾いた双曲線・・・・

614
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 00:38:42
1,2回微分の符号が同じで、3回微分が正と負で違っていると
グラフの見た目ではどう違うのでしょうか?

615
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 01:45:02
すべてのxについて
f'(x)f'(-x)>0
f''(x)f''(-x)>0
f'''(x)f'''(-x)<0
ということでいいのか?

616
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 06:36:59
x,y∈G(群)、積μ(x,y)=xy
が連続になるような最小の位相とかってあるの?
あと、Xを位相空間として
f,g:X→Gが連続なら、f(x)g(x)も連続になる条件って何かある?
コメント1件

617
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 07:57:37
[617]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

618
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 08:03:44
同次形の微分方程式
dy/dx=g(y/x)
において、w=y/xと置換すると
dw/dx={g(w)-w}/x
と変数分離形になる、とあるのですが
計算すると
dy/dx=dy/dw・dw/dx
=x・dw/dx
∴ dw/dx=g(w)/x
となってしまいます
計算ミスですか?
コメント2件

619
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 08:11:28
u,v∈R^2、A:正方行列とすると
A(u,v)=(Au,Av)
ですよね?だから、
det(Au,Av)=det(A(u,v))=(detA)(det(u,v))
ですよね?だから
det(2u,2v)=det(2(u,v))=2det(u,v)
一方、行列式は行(列)に関して線形性があるので
det(2u,2v)=2det(u,2v)=4det(u,v)
となってしまいます
どこが間違っていますか?
コメント2件

620
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 08:24:01
γ:R→R^n
γ'(t)/|γ'(t)|を微分せよという問題で、私は

{|γ'(t)|γ"(t)-|γ"(t)|γ'(t)}/|γ'(t)|^2

になると思うのですが、答えは

{|γ'(t)|^2γ"(t)-<γ"(t),γ'(t)>|γ'(t)}/|γ'(t)|^3

になっています。なぜ内積が出てくるのでしょうか?次数も違うし
コメント1件

621
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 08:24:32
>618
dy/dx=dw/dx*x+w

622
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 08:25:44
>619
kを実数、Aをn次正方行列とすると
det(kA)=(k^n)detA

623
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 08:40:31
>618
y=wx,dy/dw≠x
xもwに依存しているから
y'(w)={wx(w)}'=1x(w)+wx'(w)
∴ dy/dx=(x+wdx/dw)dw/dx=xdw/dx+w

>619
det(2E)が本当に2かどうかもう一度考えてみろ
一辺2の正方形の面積だ

>620
|x|の定義を見直せ

624
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 09:55:20
f(x)πcot(πix)が
[0、b]で連続なとき

lim(ε→+0)∫(ε→b)f(x)πcot(πix)dx=∫(0→b)f(x)πcot(πix)dx
は言えますか?
コメント1件

625
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 11:46:49
サイクロイドの弧長を求めているのですが
∫√(1-cost)dt
ってどうやって積分するんですか?
コメント1件

626
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 11:48:57
>625
cost=cos^2(t/2)-sin^2(t/2)
=1-2sin^2(t/2)

627
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 12:24:59
25√X=0.25

Xの数値を知りたいです
お願いします
コメント1件

628
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 12:34:13

629
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 12:38:45
>628
ありがとうございます!

630
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 12:44:56
>616
密着位相

631
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 13:03:42
[631]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

632
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 13:07:34
有限体での除算についての質問です。
1と30の値が与えられた時、
1 / 30 = (1 + 11・19) / 30 = 210 / 30 = 7
と手計算では30で割り切れる(1 + 11・19)を総当りで出して答えを求めましたが、
これを総当りではなく形式的に求める方法はないのでしょうか?
コメント1件

633
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 13:07:59
すみません。上記のレスの法は11です。

634
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 13:34:19
30≡-3 mod 11なので1/30≡1/-3 mod 11
…ではいかんのだろうか

(1+11a)/30 = b
1+11a = 30b
1+11a=(33-3)b
11(a-3b)+1=-3b
1≡-3b mod 11
うーん…

635
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 15:09:37
>624お願いします

636
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 15:09:39
>632
11と30でユークリッドの互助法
11a+30b=1となるa,bをとれば1130b≡1(mod11)
コメント1件

637
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 15:11:06
>636
ありがとうございます。

638
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 15:12:41
ちょっと書き間違えたけどまあ伝わったようだからいいや

639
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 16:30:17
ルベーグ積分のベッポレヴィの定理と 単調収束定理は 呼び方が違うだけですよね?

640
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 17:32:30
[640]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

641
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 19:20:43
RとQは環である
写像f:R→Qは全射である
任意のRの元a,bについてf(ab)=f(a)f(b)である
このときf(1)=1が成り立つことを証明せよ

f(1)=f(1)f(1) より f(1){f(1)-1}=0 から f(1)が零因子でないことをどうやって示せば良いのでしょうか?
コメント1件

642
あのこうちやんは始皇帝だった[shikoutei@chine]   投稿日:2012/05/21 19:31:39

 お前たちは、定職に就くのが先決だろがあああああああ!!!!!!!!!!!

 ニート・無職の、ゴミ・クズ・カスのクソガキどもがああああ!!!!!!!!!!!

643
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 19:41:17
>641
そんな発想ではできないと思うぞ。
P,Qは1をもつ環なんだろうな。
Qの1の定義をf(1)がみたすことをいえばいいだろう。
コメント1件

644
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 20:15:33
>643
うわああああああああ1時間近く考えてしまった

超簡単やんwwwww

ありがとうございました

645
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 20:37:11
[645]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

646
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/21 20:40:47
[646]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

647
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/21 21:30:57
>379,382 (つづき)
t(n+4)=t(n+3)/2+t(n+2)/4+t(n+1)/8+t(n)/16
t(1)=1/2 t(2)=1/2 t(3)=1/2 t(4)=1/2
n≧9で
p(n)=t(n-8)/256+t(n-7)/128+t(n-6)/64+t(n-4)/16
p(n)=t(n-4)/8-t(n-5)/32
E(n)=Σ[k=4,n]p(k)*k=Σ[k=4,8]p(k)*k+Σ[k=9,n]p(k)*k
であり
Σ[k=4,8]p(k)*k=p(4)*4+p(5)*5+p(6)*6+p(7)*7+p(8)*8=1/16*4+1/32*5+1/32*6+5/128*7+11/256*8=155/128
Σ[k=9,n]p(k)*k=Σ[k=5, n-5]t(k)*(3k+11)/32+t(n-4)*n/8-t(4)*9/32
E(n)=Σ[k=5, n-5]t(k)*(3k+11)/32+t(n-4)*n/8+137/128
プログラムの結果
Σ[k=1,∞]t(k)=15
Σ[k=1,∞]t(k)*k=416
を用いると
Σ[k=5,∞]t(k)*(3k+11)/32=43
となるから
lim[n→∞]E(n)=5641/128
コメント1件

648
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 00:40:39
>647 (つづき)
s(n)=Σ[k=1,n]t(k)とすると
s(n)-s(4)=(s(n-1)-s(3))/2+(s(n-2)-s(2))/4+(s(n-3)-s(1))/8+s(n-4)/16
lim[n→∞]s(n)=xとおくと
x-s(4)=(x-s(3))/2+(x-s(2))/4+(x-s(1))/8+x/16
x/16=s(4)-s(3)/2-s(2)/4-s(1)/8=2-3/2/2-1/4-1/2/8=15/16 ∴x=15
Σ[k=1,∞]t(k)=15

u(n)=Σ[k=1,n]t(k)*kとすると
u(n)-u(4)=(u(n-1)-u(3))/2+(s(n-1)-s(3))/2+(u(n-2)-u(2))/4+2*(s(n-2)-s(2))/4+(u(n-3)-u(1))/8+3*(s(n-3)-s(1))/8+u(n-4)/16+4*s(n-4)/16
lim[n→∞]s(n)=15、lim[n→∞]u(n)=yとおくと
y-u(4)=(y-u(3))/2+(15-s(3))/2+(y-u(2))/4+2*(15-s(2))/4+(y-u(1))/8+3*(15-s(1))/8+y/16+4*15/16
y/16=u(4)-u(3)/2+(15-s(3))/2-u(2)/4+2*(15-s(2))/4-u(1)/8+3*(15-s(1))/8+4*15/16
=5-3/2+(15-3/2)/2-3/2/4+2*(15-1)/4-1/2/8+3*(15-1/2)/8+15/4=26 ∴y=416
Σ[k=1,∞]t(k)*k=416

649
前スレ992[sage]   投稿日:2012/05/22 00:59:35
>476
見てくれてよかった。

こういう表記の問題は他でもしばしば見かけるものの、
「"÷"よりも、"省略された積"の方が優先度が高い」
というルールが明記された本は一度も見たことないんだよね。

個々人による解釈の相違を限界まで減らすことに意義がある学問なんだから、
こういう「暗黙の了解」「俺様ルール」の強要みたいのはやめてほしいものだ。

650
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 01:47:19
死にます
(返信数:14) 返信
http://hamusoku.com/archives/5055365.html

体験談
ID:Nzc2Yzhk
前田敦子 さん 
2012-05-21 22:00:46
さよなら皆さんもう生きていくのも無理です
どう考えてもこの目の疲れをどうすることも出来ない
本当にこんな人生になるなんて思わなかった
本当にどうしてレーシックしたんだろう
あの時やめておけばよかった
どうして浅はかでした
本当に後悔しています
最近は激痛と右目が全くかすんで見えない精神的にもうだめです
AKB48も首になったしこんな状態で生きる希望も持てない
普通に働いて普通に生きたかった
さようなら明日電車に飛び込みます
秋元康さん今までありがとう
ごめんなさい




りゅう さん  ( 30代 男性)
2012-05-22 01:08:22
あっちゃん大丈夫だったのでしょうか?

もしかして…

とても心配です。死んだなんて考えたくありません。
コメント1件

651
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 01:50:32
>650

ID:2M2UyN2E

レーシック医 さん  ( 30代 男性)
2012-05-22 01:28:39
いやだから?医療に事故はつきものっしょ?
おバカちゃんがリンク張ってるアメリカの青年は術後6年くらい苦しんだ末
の自殺って書いてるからそれよりマシじゃね?
失敗したら半永久的につまり死ぬまで後遺症で苦しむんだよねー。

自分レーシック医だけど、こんなヤバイの勿論受けませんよw

過矯正の患者で診察中に失神した奴いたし、後遺症の客がんがんきてんだけ
ど金の誘惑には逆らえないw

真面目な人がバカ見る世の中だけでさ、わるいことしてるのばれても誰も止
めないんだもの?そりゃ続けるしかないじゃんよ?レーシックっていいよね〜

652
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 02:05:40
f(1^{-1})=f(1)^(-1)を掛ける

653
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 02:06:42
2重書き込みのため表示しません 内容を確認する

654
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 02:19:04
ゲームに参加するためにN円払う
ゲームの内容は、確率pで当たりを引くボタンを押すこと
当たりを引くともう一回ゲームができる
n回連続で当たりを引くと、掛け金は
N+Nr+Nr^2+…Nr^(n-1)
になる。はずれを引くと、掛け金は0になる。
掛け金の上限はMとする。これ以上続けると破産してしまう。
終了を宣言するか、はずれを引くか、掛け金が上限に達したらゲームは終了する。
終了した時点で、溜まっていた掛け金がもらえる。

Nがいくらまでなら、このゲームに参加してもいいですか?

655
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 04:06:13
複素関数fは原点で微分可能とします
ε>0は十分に小さい数で
0≦Θ≦πのとき
|f(εe^(iΘ))|

|εe^(iΘ)/sin(εe^(iΘ))|

はそれぞれε Θによらない定数でおさえられますか? 上に関しては、fが原点で連続だということが効いてると思うのですが…
お願いします
コメント5件

656
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 04:08:40
実数と複素数はどっちのほうが偉いんですか?

657
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 05:16:09
>655
f'(0)=lim_[h→0] ( f(h)−f(0) )/h
⇒ ∀α>0 ∃δ>0 ∀h∈C [ 0<|h|<δ → | ( f(h)−f(0) )/h − f'(0) |< α ]
β=( f(h)−f(0) )/h − f'(0) とすれば |β|< α で
|f(h)|=|f(0)+h(β+f'(0))|≦|f(0)|+δ(α+|f'(0)|)


sin は級数展開して評価。
コメント2件

658
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 07:15:57
[658]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

659
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 07:50:26
>657
ありがとうございます…
どのように級数展開して評価するのでしょうか…?

660
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 08:10:16
[660]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

661
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 08:57:31
[661]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

662
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 09:37:25
>655の後半お願いします
前半は>657で解答していただきました
>655の前半はやはりεδ論法に持ち込まないとわからないのでしょうか…?

663
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 10:14:17
3^n/2^mをnを無限に近づけて2^mを3^m以下の最大の数をすると
1になりますか?
コメント3件

664
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 10:22:20
>663
なる。自然対数を取り、log 2, log 3 が Q 上一次独立なる事を使う。

665
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 10:22:48
[665]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

666
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 10:57:11
ちょっとまて

667
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 11:03:09
任意の正の実数εに対して
|1-3^n/2^m|<εかつ2^m<3^nとなるような自然数の組(n,m)は存在しますか、なら
存在するといえるけど
>663-664のやりとりは、なんか怪しい

668
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 11:35:54
>655をお願いします…

669
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 11:53:28
[669]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

670
664[]   投稿日:2012/05/22 12:20:30
間違った。
>663
ならない。自然対数を取り、log 2, log 3 が Q 上一次独立なる事を使う。

671
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 12:53:27
なんで分布関数が負になるんよ...

672
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 13:14:04
>655
1−(sin z)/z=z^2/3!−z^4/5!+・・
|z|< r <1 なら |1−(sin z)/z|< (r^2+r^4+・・)/3!=r^2/(3!(1−r^2))
これが 1/2 以下になるようにしておけば |z/(sin z)| < 1/2
コメント1件

673
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 15:05:05
[673]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

674
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 15:42:16
>672
|1−(sin z)/z|< (r^2+r^4+・・)/3!
は何故でしょうか?
コメント1件

675
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 16:35:31
[675]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

676
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 19:45:59
数学の微分の問題なんですけど、

次の関数の最大値と最小値を求めよ

(1)f(x)=x^4/4+x^3/3-x^2

(2)f(x)=sinxcos^3x (0≦x≦π)

で、参考書見ても何をどうすればいいかわかりません…!!
コメント1件

677
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 20:02:15
>676
まず微分しろ
特に(1)、これができなきゃ高校やりなおせ

678
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 20:20:50
いやです

679
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 20:22:29
この問題教えてください.

1/(1+x^n)をxで不定積分せよ.
コメント2件

680
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 20:23:21
いやです
コメント1件

681
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 20:27:41
>674
ひとつ上の式と見比べても分からんのか?

682
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 20:29:43
>679
部分分数分解する。

683
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 20:38:19
[683]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

684
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 20:49:31
>679
nが整数のときだけでけれども.積分定数は省略する。
n=1のときlog|1+x|
n=2のときarctan(x)
n=3のとき1/6*log|(1+x)^3/(1+x^3)| + 1/√3*arctan((2x-1)/√3(2x-1))
n=4のとき1/4√2*log|(x^2+√2x+1)/(x^2-√2x+1)| + 2*arctan(√2x/(1-x^2))
n=5のとき1/4*log|x+1)-1/20*log|x^5+1| + 1/4√5*log|(2x^2+(√5-1)x+2)/(2x^2-(√5-1)x+2)|
+ 1/10(√(10+2√5)arctan(4x-1+√5)/√(10+2√5)) + 1/10(√(10-2√5)*arctan(4x-1-√5)/√(10+2√5))
n=6のとき1/4√3*log|(x^2+√3x+1)/(x^2-√3x+1)| + 1/6*arctan(x/(1-x^2)) + 1/2√3*arctan(√3x/(1-x^2))
とここまでは√が出るのだが、n=7になるとx^7=1の解が必要なので解けない。正6角形までは作図できるのと同じ。
ということは1/(1+x^17)も部分分数に分解して計算できるはずだ。

685
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 21:09:51
>680
は?

686
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 21:13:25
∫1/(1+x^7)dx
=1/7*sin(3*π/14)*log(x^2+2*x*sin(3*π/14)+1)
-1/7*sin(π/14)*log(x^2-2*x*sin(π/14)+1)
-1/7*cos(π/7)*log(x^2-2*x*cos(π/7)+1)
+1/7*log(x+1)
+2/7*sin(π/7)*atan(csc(π/7)*(x-cos(π/7)))
+2/7*cos(3*π/14)*atan(sec(3*π/14)*(x+sin(3*π/14)))
+2/7*cos(π/14)*atan(sec(π/14)*(x-sin(π/14)))+C
コメント2件

687
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 21:42:20
>686
係数が超越数になった。別にかまわないか。

688
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 22:23:39
うっさいハゲ

689
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 22:40:17
>686
それ マクローリン展開だよ

690
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/22 23:03:27
レッツ、ハングリー精神!

691
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 23:24:13
言いかえれば、クレクレ厨カモンウェルカム!

692
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/22 23:26:20
[692]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

693
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 00:05:41
明日はバイトの面接があります
明日腹を壊してバイトの面接にいけなくなる確率を教えてくんろ
コメント1件

694
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 00:27:07
たとえ腹を壊しても面接に行けば0

695
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 00:59:59
>693
腹を壊すとはどういう状態なのかを定義しないとな。



1, 切開
2, 爆破
3. 溶解

696
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 01:37:43
[696]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

697
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 16:13:29
R-線形同型の定義を教えてください

ここでのRは実数全体です
コメント1件

698
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 16:35:18
[698]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

699
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 16:45:04

700
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 16:52:22
>697
線型代数の教科書くらい読むべき
>699
見てすぐ分からないなら、2次方程式の解の公式を使ってしまえ
コメント1件

701
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 16:55:36
>700
本に線形同型なんて言葉出てこないのです

702
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 16:56:52
その本を捨てろ
コメント1件

703
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:00:40
>702
教えてくださいお願いします
コメント1件

704
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:01:37
写像が線形同型ってこと?
コメント1件

705
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:04:05
>703
どうぞ、いやです

706
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:08:22
>704
f : R ? R' は R-線形写像 っていう使われ方してます

ほぼ等しいみたいな記号

コメント2件

707
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:09:40
>706
ずれました ↑は?にかかってます

708
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:12:18

709
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:15:02
>708
ありがとうございます

それです

710
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:17:35
同型写像かつ線形写像っていみだろうね。
コメント1件

711
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:24:00
>710
ありがとうございました

712
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:24:49
>699
たすきがけって習ったはずだろうが。
3=1・3、2=1・2、1・2+3・1=5だから(x+1)(3x+2)だな。
ちなみにもう一歩踏み込んだ話をしてやろう。代数学の基本定理といって、
2次方程式だろうが4次方程式だろうがn次方程式だろうが少なくとも1つは解をもつ。
その解をαとすると、因数定理により元の方程式は(x-α)(次数が一つ下がった方程式)と書くことができる。
再び代数学の基本定理により、この次数が一つ下がった方程式は少なくとも1つの解をもつのでその解をβとすると、
またまた因数定理により元の方程式は(x-α)(x-β)(次数が二つ下がった方程式)となる。
以下同様に繰り返すことで、n次方程式は(x-α)(x-β)(x-γ)・・・(x-ζ)Aというn個の(x-解)と最高次数の係数Aで表すことができる。
その2次方程式は解の公式を使うなりして2個の解を得る事が出来るだろ?
んでその最高次数の係数は3だから、解をα、βとすればその式は3(x-α)(x-β)と表せられる。
これは(x+1)(3x+2)と一致するはずだ。やってみろ。

713
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:33:16
すげー

714
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 17:48:45
わーい!わーい!

715
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 17:51:25
[715]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

716
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 18:18:04
2つの整数6186と4709の最大公約数(6189、4709)を求めよ。
またこの最大公約数に対して
(6186、4709)=6189x+4709y

となるx、yを求めよ。
簡単にやる方法?公式みたいなのが分かりません…。

717
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 18:40:30
互除法を実行すればおk

718
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 18:41:13
[718]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

719
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 21:06:20
http://or2.mobi/data/img/32471.jpg
これの解き方を教えてください
答えは「x=0.6」になるそうですが、途中式がわかりません

コメント1件

720
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:15:39
>719
分母を払え
コメント1件

721
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/23 21:19:19

722
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:22:31
さすがに、自分でやれ

723
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:34:48
>720
xついてる場合の払い方がわかりません
コメント1件

724
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:35:24
\がわからんのではすくいようがない

725
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:40:55
>723
例え話するぞ?
1/2=1.5/3という等式の分母を払えって言われたらまずどうする?
コメント1件

726
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:45:31
>725
その場合は6をかけるでいいですか
今回の場合はどうすればいいんでしょうか
コメント1件

727
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:50:43
>726
その前に、なぜ6をかけたら分母が払えたか分かるか?

728
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 21:53:10
すみませんでした

729
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 22:18:23
おくすり出しておきますね

730
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 22:40:33
解析概論第1章の「1.数の概念」から質問です。ここには、

>今P=(x[1],x[2],…,x[n]), P'=(x'[1],x'[2],…,x'[n])なるとき
>  √((x[1]-x'[1])^2+(x[2]-x'[2])^2+…+(x[n]-x'[n])^2)
>なる数をP,P'の距離と略称して、それをPP'と書く。然らば’三角関係’ PP'+P'P''≧PP''が成り立つ。

とありますが、確かにPP'+P'P''≧PP''という関係は、PP'などを普段使うような、図形的な距離として捉えれば、
下のような図を想像して当たり前のように思えます。
     P'
   /  \
 /      \
P―――――P''

ですが、本文の中ではPP'というのは「距離」という名こそ冠しているものの、あくまで
  PP'=√((x[1]-x'[1])^2+(x[2]-x'[2])^2+…+(x[n]-x'[n])^2)  ……(※)
という風に定義された「数」であるに過ぎないので、「PP'+P'P''≧PP''が成り立つ」というのも、
「実数x[1],x[2],…,x[n],x'[1],x'[2],…,x'[n],x''[1],x''[2],…,x''[n]について
  √((x[1]-x'[1])^2+(x[2]-x'[2])^2+…+(x[n]-x'[n])^2) + √((x'[1]-x''[1])^2+(x'[2]-x''[2])^2+…+(x'[n]-x''[n])^2) ≧ √((x[1]-x''[1])^2+(x[2]-x''[2])^2+…+(x[n]-x''[n])^2)
が成り立つ」……(☆) という命題に過ぎないのですよね。
このような「実数についての命題」を勝手に上図のようなものによって納得しようとしてはいけない……という考え方は合ってるでしょうか?

つまり、上に引用した文だけでは「図形的な意味での距離」と「(※)式で定義された数としての『距離』」が同じものであるかどうかが分からないように思うのです。
だから、「PP'+P'P''≧PP''が成り立つ」と言うためには実数についての命題(☆)の証明を示さなければならないと思うのですが、
そのことは特に本文に書かれていなかったので少し混乱してしまいました。
どなたかこのあたりの解説をお願いできないでしょうか?
コメント4件

731
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 22:49:58
貴方が言ってることは全く正しい
そして、そのことは文脈からすぐにわかるので、「命題(※)を示せ」と書く代わりに、幾何学的に表現してあるだけ
「証明は省くから読者は自分で確かめるように」と著者は言っている
コメント1件

732
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 22:54:59
[732]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

733
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 22:56:04
両辺の2乗の大小比較したらすぐ証明できそうじゃね?
コメント1件

734
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 23:02:26
>730
本論でない準備運動にまで全部いちいちコーチングされないとできないなんて幼稚園児にも劣るぞ。

735
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/23 23:10:10
>730

(※) はn次元ユークリッド空間E^n における距離でつね。

一般に、次の公理を満たす非負関数ρを「距離」とか「計量」とか云うらしい。。。

() ρ(x, x') ≧ 0
   ρ(x, x') = 0 ⇔ x = x'
() ρ(x, x') = ρ(x', x)
() ρ(x, x') + ρ(x', x") ≧ ρ(x, x")

〔Frechet〕

736
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/24 00:08:14
[736]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

737
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 00:12:12
>730
彼の時代と現在(君のレベル)の感覚の違いだろ

738
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 02:03:21
n⇒∞のときn/a^nの極限を求めてください。
コメント1件

739
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 02:11:43
>738
分からない

740
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 02:19:08
>731 >733

 |PP'| + |P'P"| ≧ |PP"|

(略証)
 (|PP'| + |P'P"|)^2 - (PP")^2
  = 2|PP'|・|P'P"| ー 2Σ[k=1,n] (x[k]-x'[k])(x'[k]-x"[k])

これに |PP'|・|P'P"| + Σ[k=1,n] (x[k]-x'[k])(x'[k]-x"[k]) >0 を掛けて2で割ると、

  |PP'|^2・|P'P"|^2 - {Σ[k=1,n] (x[k]-x'[k])(x'[k]-x"[k])}^2
  = Σ[1≦i<j≦n] {(x[i]-x'[i])(x'[j]-x"[j])-(x[j]-x'[j])(x'[i]-x"[i])}^2
  ≧ 0,  ・・・・・ ラグランジュの恒等式

741
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 02:40:48
以下、ベクトル「A→B」 を →(AB)と書きます。 また0ベクトルを→(0)と書きます。

平面上に相異なる4点ABCDがある。
→(AB) + →(CD) = →(CB) + →(AD)  であることを証明せよ。

という問題なんですが、

→(AB) + →(BC)  + →(CD)  + →(DA) = →(0)
両辺から   →(BC) と + →(DA) を 引く
→(AB) + →(BC)  + →(CD)  + →(DA) − →(BC)  −  →(DA) = →(0)  − →(CD) − →(DA)  
辺々整理して
→(AB) + →(CD)  =  −→(CD)  − →(DA)  
右辺を逆向きのベクトルに
→(AB) + →(CD)  =  →(DC) + →(AD)  
以上で題意は証明された。

という方針で間違いないですか?

模範解答を見ると、問題の両辺をそれぞれ→(AB)などを
一度 →(OB)−→(OA) のようになおして両辺が同じになるようにしています。 
これはこれで理解できるのですが、私のやり方のように代数の式変形のような
やりかたにはなにか問題があるのでしょうか?

742
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 03:21:51
方針に問題はないが計算は間違ってる。

743
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 04:11:00
ああすいません、写しミスです。

→(AB) + →(BC)  + →(CD)  + →(DA) − →(BC)  −  →(DA) = →(0)  − →(BC) − →(DA)   
→(AB) + →(CD)  =  −→(BC)  − →(DA)   
→(AB) + →(CD)  =  →(CB) + →(AD)   

ですね。

744
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 05:10:54
>730
関係ないけどその本著作権切れてるからとかで今ネット上でも見れるよ。全部じゃないけど
http://ja.wikisource.org/wiki/%E8%A7%A3%E6%9E%90%E6%A6%82%E8%AB%96
コメント3件

745
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/24 07:16:11
[745]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

746
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/24 11:25:21
∠A=75°∠B=15°∠C=90° の直角三角形で、
ABの長さが2^(1/6)の場合、
AC,BCの長さはいくつになりますか?
解き方も合わせて教えていただきたいです。
コメント1件

747
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/24 11:59:48
[747]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

748
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 12:01:38
>746
正弦定理、半角の公式、あとは自分でやれ

749
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 12:03:00
線分BC上にDを∠CAD=60°となる点としAD=xとすると
AC=x/2、CD=√3/2*x、BD=x
コメント1件

750
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 12:22:38
数列t(n)が以下の漸化式を満たすとき
t(n)=t(n-1)/2+t(n-2)/4+t(n-3)/8+t(n-4)/16 (n≧5)
t(1)=1/2 t(2)=1/2 t(3)=1/2 t(4)=1/2
Σ[k=1,n]t(k)*kがn→∞で収束することを証明せよ
コメント1件

751
746[]   投稿日:2012/05/24 12:49:50
>749
ここまでは理解できました。
が、肝心のxの値の求め方が分かりません。
ご指南お願いします。
コメント1件

752
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 12:50:08
>744
また著作権侵害サイトか
コメント1件

753
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 12:53:40
大体、解析概論の質問をしてきた人に、解析概論を見られるページ紹介してどうすんだよw

754
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 13:07:26
>751
三平方の定理

755
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 13:22:08
>744
>その本著作権切れてるから
>752
>また著作権侵害サイトか
噛み合ってないな
コメント1件

756
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 13:34:36
>750
自己解決しました

757
132人目の素数さん[]   投稿日:2012/05/24 15:25:30
[757]スレ埋め荒らしです(重複回数:35)

758
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 16:31:17
さっさと答えろってんだ、数学オタクども

759
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 16:39:28
いやだ

760
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 16:56:06
何をだよ

761
132人目の素数さん[sage]   投稿日:2012/05/24 18:34:31
>755
改訂著者の著作権がまだ存在する書籍を、原著者死後50年だからといって
公開してるのがそのサイト。切れてないものを公開してるから侵害サイトが正しい。
>744は騙されてるだけ。
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

数学板 タイトル検索

このスレッドが人気です(実況系)
ブラタモリ「#80 夏休みSP 長瀞」★5 (676)NHK実況
めちゃ×2 イケてるッ!★1 (863)フジ実況
クイズ!金の正解!銀の正解!★2 (494)フジ実況
満点☆青空レストラン (838)NTV実況
名探偵コナン「資産家令嬢殺人事件(前編)」★3 (855)NTV実況
MUSIC FAIR【長渕剛特集】★2 (779)フジ実況
実況 ◆ テレビ朝日 48909 修羅の国とバルセロナ (819)テレ朝実況
僕のヒーローアカデミア 第33話「知れ!昔の話」★2 (687)NTV実況
このスレッドが人気です(ニュース系)
【高校野球】3回戦 仙台育英2−1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く ★4 (1001)音楽・芸能ニュース
【高校野球】3回戦 仙台育英2−1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く ★3 (1001)音楽・芸能ニュース
【高校野球】3回戦 仙台育英2−1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く ★5 (150)音楽・芸能ニュース
【高校野球】3回戦 仙台育英2−1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く ★2 (1001)音楽・芸能ニュース
【高校野球】仙台育英2−1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く (1001)音楽・芸能ニュース
【札幌】母子家庭、「月30万円必要」 健康で文化的な生活送るため 道労連が最低生計費試算★6 (1001)ニュー速+
【社会】元朝日新聞記者・稲垣えみ子さん「私の本を読んでくれていると思ったら、なんと図書館で借りた本!」「私は傷ついた」★4 (222)ニュー速+
【モロッコ】ロバを獣姦した少年たち、次々と狂犬病に (1001)ニュー速+
数学板の人気スレ
現代数学の系譜 古典ガロア理論を読む39 (147)
分からない問題はここに書いてね431 (517)
現代数学の系譜 古典ガロア理論を読む38 (772)
現代数学の系譜 古典ガロア理論を読む37 (681)
面白い問題教えて〜な 24問目 (298)
現代数学の系譜 古典ガロア理論を読む36 (679)
【専門書】数学の本第72巻【啓蒙書】 (234)
耳栓をしたら世界が変わってワロタ (527)
不等式への招待 第8章 (627)
現代数学の系譜 古典ガロア理論を読む35 (662)
現代数学の系譜11 ガロア理論を読む34 (686)
現代数学の系譜11 ガロア理論を読む33 (713)
大学学部レベル質問スレ 8単位目 (260)
現代数学の系譜11 ガロア理論を読む31 (805)
現代数学の系譜11 ガロア理論を読む32 (702)
Inter-universal geometry と ABC予想 19 (948)
数学板の天才方、表現論の教科書教えてください 数論方面で (139)
現代数学の系譜11 ガロア理論を読む30 (654)
【数学検定】数学検定(数検)総合スレッド Part.10 (682)
分からない問題はここに書いてね425 (873)
哲学を初めとした文系の学問と数学について (102)
小学校のかけ算順序問題×15 (875)
増田芳雄が増田哲也にしたことは躾か虐待か決着を (991)
関東弁は下品なエビス言葉と認めるしかないのでは? (91)
分からない問題はここに書いてね422 (767)
\って何なんだよ…… (213)
社会人のお前らに聞きたい (196)
このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
画像のインライン表示機能について
画像のURLの後ろにある[画像をインライン表示]をクリックすると、URLの下に表示します。
表示される画像は横幅100pxに縮小されていて、クリックすると原寸で表示します。
このサイトの特徴
1)スレッド内検索ができます
2)レス(「>>1」など)のポップアップができます
3)不適切な言葉を含む投稿を表示しません
4)ページ内で画像を直接表示できます
5)2ch他スレッドへのリンクはタイトル・板名つきでリンクします
6)すっきりとしたデザインで表示します
7)最新スレや前スレをチェック・一覧表示します
8)NGワード機能の搭載でイヤな言葉が目に入りません
9)荒らしを自動チェックします
10)スレッド内・同一IDの書き込みだけ表示できます
11)レスの返事をレスされた発言の下に表示する「まとめビュー」が利用できます
12)シリーズ化したスレッドの一覧を表示します
13)最新のスレッドがある場合はお知らせします
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ
広告


首都圏の方、ソフトバンク光オススメですよ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: