板検索:
関数型プログラミング言語Haskell Part29 (1001)
まとめビュー
スレッド全体を見る 

55
デフォルトの名無しさん[sage]   投稿日:2015/07/19 16:48:46  ID:OqblcV5w.net
>51
まず最初に、モナドと全く関係のない言語が、副作用を無節操に広く適用した
そうして無節操に広がったIOの適用範囲の一部をIOではなくMaybe等で書き直している
Maybeが広くなった分だけIOが狭くなるのでモナド全体の広さは変わらない


61
デフォルトの名無しさん[sage]   投稿日:2015/07/19 21:26:06  ID:BgJ/88od.net
>51 のような疑問は、Applicative と Monad のパワーの違いとは?ということであり、
それについてはすごいHaskell に平易な解説があったと思う。

要するに>>= があるおかげで、 モナドから取り出した値を見て、次に行う副作用を作れるってことだ。

66
デフォルトの名無しさん[sage]   投稿日:2015/07/20 02:08:57  ID:u/oPh9jr.net
つか正直>51が何言ってるかわからん

>63
mapでできることをfoldや再帰でやらないってのと同じ発想だね

<前の書き込み | 次の書き込み> スレッド全体を見る
更新情報
・スレッド一覧ページで過去ログのタイトル検索・一覧表示ができるようになりました(2016/1/20)
NGワード登録
登録する
スレッド内検索

プログラム板 タイトル検索

このサイトについて
このサイトは2ちゃんねるからデータを取得し、表示するサービスです。
削除について
こちらをご覧ください
機能要望について
現在機能要望受付中です。
問い合わせについて
こちらのページからどうぞ


このサイトは2ch.scからデータを取得・表示しています。削除などについてはこちらをご覧ください。 アクセスモード: